KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • 建物
  • 記者
  • 令和
  • 指定
  • 組物
  • 全国重点文物保護単位
  • 重要文化財
  • 研究
  • 位置
  • 日本

「斗拱」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
32
( 1 32 件を表示)
  • 1
32
( 1 32 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  知恩院三門の内部
    -
    知恩院三門の内部

    知恩院三門の楼上。鏡天井に極彩色で、天人や迦陵頻伽が描かれている。天井と柱の間に三手先斗拱が見える。鏡天井・三手先斗拱は、室町以降広く行われた禪宗様で愛用された普遍的な様式である。中央に釈迦如来像、その後ろに十六羅漢像が安置されている。=撮影年月日不明、京都、撮影者:日下部金兵衛、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号2‐17‐0]

    商品コード: 2017080200803

  •  長江以南で最古の木造建築物、華林寺をゆく福建省
    2019年11月30日
    長江以南で最古の木造建築物、華林寺をゆく福建省

    華林寺の大殿の全景。(11月30日撮影)中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺(かりんじ)は、北宋・乾徳2(964)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。繁栄と衰退を繰り返したこの寺は、今では大殿を残すのみとなっている。その建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特なもので、18本の木の柱があり、建物の柱上はすべて軒などを支える木の組物、斗拱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗拱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この独特な特徴は、中国南部の木造建築システムを研究する上での貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、同寺の大殿が日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」、「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与え、中日の文化交流を示す重要な歴史的証拠となっていることが分かった。中国の長江以南で最古の木造建築物として、1982年に国務院により第2回全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120407007

  •  長江以南で最古の木造建築物、華林寺をゆく福建省
    2019年11月30日
    長江以南で最古の木造建築物、華林寺をゆく福建省

    華林寺の大殿周辺の様子。(11月30日撮影)中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺(かりんじ)は、北宋・乾徳2(964)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。繁栄と衰退を繰り返したこの寺は、今では大殿を残すのみとなっている。その建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特なもので、18本の木の柱があり、建物の柱上はすべて軒などを支える木の組物、斗拱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗拱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この独特な特徴は、中国南部の木造建築システムを研究する上での貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、同寺の大殿が日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」、「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与え、中日の文化交流を示す重要な歴史的証拠となっていることが分かった。中国の長江以南で最古の木造建築物として、1982年に国務院により第2回全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120407062

  •  長江以南で最古の木造建築物、華林寺をゆく福建省
    2019年11月30日
    長江以南で最古の木造建築物、華林寺をゆく福建省

    福建省福州市にある華林寺の大殿の窓。(11月30日撮影)中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺(かりんじ)は、北宋・乾徳2(964)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。繁栄と衰退を繰り返したこの寺は、今では大殿を残すのみとなっている。その建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特なもので、18本の木の柱があり、建物の柱上はすべて軒などを支える木の組物、斗拱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗拱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この独特な特徴は、中国南部の木造建築システムを研究する上での貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、同寺の大殿が日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」、「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与え、中日の文化交流を示す重要な歴史的証拠となっていることが分かった。中国の長江以南で最古の木造建築物として、1982年に国務院により第2回全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120407023

  •  長江以南で最古の木造建築物、華林寺をゆく福建省
    2019年11月30日
    長江以南で最古の木造建築物、華林寺をゆく福建省

    華林寺の大殿を構成する保存状態の良い装飾用部材。人物の彫刻が施されている。(11月30日撮影)中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺(かりんじ)は、北宋・乾徳2(964)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。繁栄と衰退を繰り返したこの寺は、今では大殿を残すのみとなっている。その建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特なもので、18本の木の柱があり、建物の柱上はすべて軒などを支える木の組物、斗拱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗拱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この独特な特徴は、中国南部の木造建築システムを研究する上での貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、同寺の大殿が日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」、「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与え、中日の文化交流を示す重要な歴史的証拠となっていることが分かった。中国の長江以南で最古の木造建築物として、1982年に国務院により第2回全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120407026

  •  長江以南で最古の木造建築物、華林寺をゆく福建省
    2019年11月30日
    長江以南で最古の木造建築物、華林寺をゆく福建省

    福建省福州市にある華林寺の山門。(11月30日撮影)中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺(かりんじ)は、北宋・乾徳2(964)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。繁栄と衰退を繰り返したこの寺は、今では大殿を残すのみとなっている。その建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特なもので、18本の木の柱があり、建物の柱上はすべて軒などを支える木の組物、斗拱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗拱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この独特な特徴は、中国南部の木造建築システムを研究する上での貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、同寺の大殿が日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」、「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与え、中日の文化交流を示す重要な歴史的証拠となっていることが分かった。中国の長江以南で最古の木造建築物として、1982年に国務院により第2回全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120407011

  •  長江以南で最古の木造建築物、華林寺をゆく福建省
    2019年11月30日
    長江以南で最古の木造建築物、華林寺をゆく福建省

    福建省福州市にある華林寺の山門の裏側。(11月30日撮影)中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺(かりんじ)は、北宋・乾徳2(964)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。繁栄と衰退を繰り返したこの寺は、今では大殿を残すのみとなっている。その建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特なもので、18本の木の柱があり、建物の柱上はすべて軒などを支える木の組物、斗拱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗拱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この独特な特徴は、中国南部の木造建築システムを研究する上での貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、同寺の大殿が日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」、「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与え、中日の文化交流を示す重要な歴史的証拠となっていることが分かった。中国の長江以南で最古の木造建築物として、1982年に国務院により第2回全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120407017

  •  長江以南で最古の木造建築物、華林寺をゆく福建省
    2019年11月30日
    長江以南で最古の木造建築物、華林寺をゆく福建省

    華林寺の大殿内部に保存されていた主要部分の木製装飾用部材。(11月30日撮影)中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺(かりんじ)は、北宋・乾徳2(964)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。繁栄と衰退を繰り返したこの寺は、今では大殿を残すのみとなっている。その建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特なもので、18本の木の柱があり、建物の柱上はすべて軒などを支える木の組物、斗拱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗拱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この独特な特徴は、中国南部の木造建築システムを研究する上での貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、同寺の大殿が日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」、「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与え、中日の文化交流を示す重要な歴史的証拠となっていることが分かった。中国の長江以南で最古の木造建築物として、1982年に国務院により第2回全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120407029

  •  長江以南で最古の木造建築物、華林寺をゆく福建省
    2019年11月30日
    長江以南で最古の木造建築物、華林寺をゆく福建省

    華林寺の大殿内部に保存されていた主要部分の木製装飾用部材。(11月30日撮影)中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺(かりんじ)は、北宋・乾徳2(964)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。繁栄と衰退を繰り返したこの寺は、今では大殿を残すのみとなっている。その建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特なもので、18本の木の柱があり、建物の柱上はすべて軒などを支える木の組物、斗拱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗拱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この独特な特徴は、中国南部の木造建築システムを研究する上での貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、同寺の大殿が日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」、「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与え、中日の文化交流を示す重要な歴史的証拠となっていることが分かった。中国の長江以南で最古の木造建築物として、1982年に国務院により第2回全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120407032

  •  長江以南で最古の木造建築物、華林寺をゆく福建省
    2019年11月30日
    長江以南で最古の木造建築物、華林寺をゆく福建省

    福建省福州市にある華林寺の大殿。(11月30日撮影)中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺(かりんじ)は、北宋・乾徳2(964)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。繁栄と衰退を繰り返したこの寺は、今では大殿を残すのみとなっている。その建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特なもので、18本の木の柱があり、建物の柱上はすべて軒などを支える木の組物、斗拱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗拱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この独特な特徴は、中国南部の木造建築システムを研究する上での貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、同寺の大殿が日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」、「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与え、中日の文化交流を示す重要な歴史的証拠となっていることが分かった。中国の長江以南で最古の木造建築物として、1982年に国務院により第2回全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120407014

  •  長江以南で最古の木造建築物、華林寺をゆく福建省
    2019年11月30日
    長江以南で最古の木造建築物、華林寺をゆく福建省

    華林寺大殿の木造の大門。(11月30日撮影)中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺(かりんじ)は、北宋・乾徳2(964)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。繁栄と衰退を繰り返したこの寺は、今では大殿を残すのみとなっている。その建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特なもので、18本の木の柱があり、建物の柱上はすべて軒などを支える木の組物、斗拱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗拱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この独特な特徴は、中国南部の木造建築システムを研究する上での貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、同寺の大殿が日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」、「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与え、中日の文化交流を示す重要な歴史的証拠となっていることが分かった。中国の長江以南で最古の木造建築物として、1982年に国務院により第2回全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120407041

  •  長江以南で最古の木造建築物、華林寺をゆく福建省
    2019年11月30日
    長江以南で最古の木造建築物、華林寺をゆく福建省

    華林寺の大殿内部の柱の間にある吹き放し部分にかかる梁。(11月30日撮影)中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺(かりんじ)は、北宋・乾徳2(964)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。繁栄と衰退を繰り返したこの寺は、今では大殿を残すのみとなっている。その建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特なもので、18本の木の柱があり、建物の柱上はすべて軒などを支える木の組物、斗拱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗拱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この独特な特徴は、中国南部の木造建築システムを研究する上での貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、同寺の大殿が日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」、「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与え、中日の文化交流を示す重要な歴史的証拠となっていることが分かった。中国の長江以南で最古の木造建築物として、1982年に国務院により第2回全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120407065

  •  長江以南で最古の木造建築物、華林寺をゆく福建省
    2019年11月30日
    長江以南で最古の木造建築物、華林寺をゆく福建省

    福建省福州市にある華林寺の山門。(11月30日撮影)中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺(かりんじ)は、北宋・乾徳2(964)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。繁栄と衰退を繰り返したこの寺は、今では大殿を残すのみとなっている。その建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特なもので、18本の木の柱があり、建物の柱上はすべて軒などを支える木の組物、斗拱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗拱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この独特な特徴は、中国南部の木造建築システムを研究する上での貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、同寺の大殿が日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」、「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与え、中日の文化交流を示す重要な歴史的証拠となっていることが分かった。中国の長江以南で最古の木造建築物として、1982年に国務院により第2回全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120406996

  •  長江以南で最古の木造建築物、華林寺をゆく福建省
    2019年11月30日
    長江以南で最古の木造建築物、華林寺をゆく福建省

    華林寺の大殿の軒を支える保存状態の良い純木製の斗拱。(11月30日撮影)中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺(かりんじ)は、北宋・乾徳2(964)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。繁栄と衰退を繰り返したこの寺は、今では大殿を残すのみとなっている。その建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特なもので、18本の木の柱があり、建物の柱上はすべて軒などを支える木の組物、斗拱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗拱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この独特な特徴は、中国南部の木造建築システムを研究する上での貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、同寺の大殿が日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」、「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与え、中日の文化交流を示す重要な歴史的証拠となっていることが分かった。中国の長江以南で最古の木造建築物として、1982年に国務院により第2回全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120407002

  •  長江以南で最古の木造建築物、華林寺をゆく福建省
    2019年11月30日
    長江以南で最古の木造建築物、華林寺をゆく福建省

    華林寺の大殿内部に保存されていた主要部分の木製装飾用部材。(11月30日撮影)中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺(かりんじ)は、北宋・乾徳2(964)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。繁栄と衰退を繰り返したこの寺は、今では大殿を残すのみとなっている。その建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特なもので、18本の木の柱があり、建物の柱上はすべて軒などを支える木の組物、斗拱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗拱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この独特な特徴は、中国南部の木造建築システムを研究する上での貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、同寺の大殿が日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」、「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与え、中日の文化交流を示す重要な歴史的証拠となっていることが分かった。中国の長江以南で最古の木造建築物として、1982年に国務院により第2回全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120407020

  •  長江以南で最古の木造建築物、華林寺をゆく福建省
    2019年11月30日
    長江以南で最古の木造建築物、華林寺をゆく福建省

    華林寺大殿の木造の門、大殿の抬梁式架構の斗拱。(11月30日撮影)中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺(かりんじ)は、北宋・乾徳2(964)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。繁栄と衰退を繰り返したこの寺は、今では大殿を残すのみとなっている。その建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特なもので、18本の木の柱があり、建物の柱上はすべて軒などを支える木の組物、斗拱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗拱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この独特な特徴は、中国南部の木造建築システムを研究する上での貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、同寺の大殿が日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」、「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与え、中日の文化交流を示す重要な歴史的証拠となっていることが分かった。中国の長江以南で最古の木造建築物として、1982年に国務院により第2回全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120407025

  •  長江以南で最古の木造建築物、華林寺をゆく福建省
    2019年11月30日
    長江以南で最古の木造建築物、華林寺をゆく福建省

    華林寺の大殿と大殿の前の石畳の道。(11月30日撮影)中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺(かりんじ)は、北宋・乾徳2(964)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。繁栄と衰退を繰り返したこの寺は、今では大殿を残すのみとなっている。その建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特なもので、18本の木の柱があり、建物の柱上はすべて軒などを支える木の組物、斗拱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗拱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この独特な特徴は、中国南部の木造建築システムを研究する上での貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、同寺の大殿が日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」、「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与え、中日の文化交流を示す重要な歴史的証拠となっていることが分かった。中国の長江以南で最古の木造建築物として、1982年に国務院により第2回全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120406998

  •  長江以南で最古の木造建築物、華林寺をゆく福建省
    2019年11月30日
    長江以南で最古の木造建築物、華林寺をゆく福建省

    福建省福州市にある華林寺の山門。(11月30日撮影)中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺(かりんじ)は、北宋・乾徳2(964)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。繁栄と衰退を繰り返したこの寺は、今では大殿を残すのみとなっている。その建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特なもので、18本の木の柱があり、建物の柱上はすべて軒などを支える木の組物、斗拱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗拱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この独特な特徴は、中国南部の木造建築システムを研究する上での貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、同寺の大殿が日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」、「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与え、中日の文化交流を示す重要な歴史的証拠となっていることが分かった。中国の長江以南で最古の木造建築物として、1982年に国務院により第2回全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120407001

  •  長江以南で最古の木造建築物、華林寺をゆく福建省
    2019年11月30日
    長江以南で最古の木造建築物、華林寺をゆく福建省

    華林寺の大殿の軒を支える木造の斗拱。(11月30日撮影)中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺(かりんじ)は、北宋・乾徳2年(西暦964年)に建てられ、千年以上の歴史を持つ。繁栄と衰退を繰り返したこの寺は、今では大殿を残すのみとなっている。その建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特なもので、18本の木の柱があり、建物の柱上はすべて斗拱(ときょう、軒などを支える木の組み物)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、組物と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この独特な特徴は、中国南部の木造建築システムを研究する上での貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、同寺の大殿が日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」、「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与え、中日の文化交流を示す重要な歴史的証拠となっていることが分かった。中国の長江以南で最古の木造建築物として、1982年に国務院により第2回全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120407038

  •  長江以南で最古の木造建築物、華林寺をゆく福建省
    2019年11月30日
    長江以南で最古の木造建築物、華林寺をゆく福建省

    華林寺大殿の内部の様子。(11月30日撮影)中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺(かりんじ)は、北宋・乾徳2(964)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。繁栄と衰退を繰り返したこの寺は、今では大殿を残すのみとなっている。その建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特なもので、18本の木の柱があり、建物の柱上はすべて軒などを支える木の組物、斗拱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗拱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この独特な特徴は、中国南部の木造建築システムを研究する上での貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、同寺の大殿が日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」、「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与え、中日の文化交流を示す重要な歴史的証拠となっていることが分かった。中国の長江以南で最古の木造建築物として、1982年に国務院により第2回全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120406959

  •  長江以南で最古の木造建築物、華林寺をゆく福建省
    2019年11月30日
    長江以南で最古の木造建築物、華林寺をゆく福建省

    華林寺の大殿の軒部分。(11月30日撮影)中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺(かりんじ)は、北宋・乾徳2(964)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。繁栄と衰退を繰り返したこの寺は、今では大殿を残すのみとなっている。その建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特なもので、18本の木の柱があり、建物の柱上はすべて軒などを支える木の組物、斗拱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗拱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この独特な特徴は、中国南部の木造建築システムを研究する上での貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、同寺の大殿が日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」、「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与え、中日の文化交流を示す重要な歴史的証拠となっていることが分かった。中国の長江以南で最古の木造建築物として、1982年に国務院により第2回全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120407012

  •  長江以南で最古の木造建築物、華林寺をゆく福建省
    2019年11月30日
    長江以南で最古の木造建築物、華林寺をゆく福建省

    華林寺の大殿を構成する保存状態の良い木彫りの装飾用部材。(11月30日撮影)中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺(かりんじ)は、北宋・乾徳2(964)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。繁栄と衰退を繰り返したこの寺は、今では大殿を残すのみとなっている。その建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特なもので、18本の木の柱があり、建物の柱上はすべて軒などを支える木の組物、斗拱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗拱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この独特な特徴は、中国南部の木造建築システムを研究する上での貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、同寺の大殿が日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」、「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与え、中日の文化交流を示す重要な歴史的証拠となっていることが分かった。中国の長江以南で最古の木造建築物として、1982年に国務院により第2回全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120407024

  •  長江以南で最古の木造建築物、華林寺をゆく福建省
    2019年11月30日
    長江以南で最古の木造建築物、華林寺をゆく福建省

    華林寺の大殿の裏門。(11月30日撮影)中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺(かりんじ)は、北宋・乾徳2(964)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。繁栄と衰退を繰り返したこの寺は、今では大殿を残すのみとなっている。その建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特なもので、18本の木の柱があり、建物の柱上はすべて軒などを支える木の組物、斗拱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗拱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この独特な特徴は、中国南部の木造建築システムを研究する上での貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、同寺の大殿が日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」、「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与え、中日の文化交流を示す重要な歴史的証拠となっていることが分かった。中国の長江以南で最古の木造建築物として、1982年に国務院により第2回全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120407035

  •  長江以南で最古の木造建築物、華林寺をゆく福建省
    2019年11月30日
    長江以南で最古の木造建築物、華林寺をゆく福建省

    華林寺の大殿内部の柱の間にある吹き放し部分にかかる梁。(11月30日撮影)中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺(かりんじ)は、北宋・乾徳2(964)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。繁栄と衰退を繰り返したこの寺は、今では大殿を残すのみとなっている。その建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特なもので、18本の木の柱があり、建物の柱上はすべて軒などを支える木の組物、斗拱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗拱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この独特な特徴は、中国南部の木造建築システムを研究する上での貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、同寺の大殿が日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」、「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与え、中日の文化交流を示す重要な歴史的証拠となっていることが分かった。中国の長江以南で最古の木造建築物として、1982年に国務院により第2回全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120407068

  •  「新華社」宋代と清代の黄鶴楼、精巧な模型で再現湖北省
    01:09.88
    2019年12月11日
    「新華社」宋代と清代の黄鶴楼、精巧な模型で再現湖北省

    中国湖北省武漢市にある「黄鶴楼(こうかくろう)」は李白の詩「黄鶴楼にて孟浩然(もう・こうねん)の広陵に之(ゆ)くを送る」などで日本でもよく知られている。現在ある黄鶴楼は再建されたものだが、元々はどのような姿だったのだろうか。中国の研究者が再現した模型がこのほど、黄鶴楼で一般公開された。古代の絵画や古い写真などの資料に基づき、伝統的木造建築の技術によって宋代と清代それぞれの黄鶴楼を極めて精巧に縮小再現している。黄鶴楼は「中華名楼」として名高く、「江南三大名楼」に数えられる。考証によると三国時代、呉の黄武2年(西暦223年)の創建で、歴史の中で何度も焼失と再建を繰り返し、明、清の時代だけで7回も破壊された。公開された宋代(西暦960~1279年)の復元模型は、当時の伝統絵画「界画」(かいが)に描かれた黄鶴楼を元にし、楼閣構造も正確に再現されており、軒先、柱梁、斗拱(ときょう、ますぐみ)、高欄などの細部に至るまで精緻に作られている。「黄鶴楼図」などの史料によると、宋代の黄鶴楼はすでに「建築群」に発展しており、山を背に長江に面していた。形状としては楼(重層建築)、台(眺望がきくように高く平らに造った建造物)、軒(小部屋)、廊(廊下)を持つ。主楼は2階建てで、屋根はいずれも反り返った「重檐」(ちょうえん、二重の屋根)となっている。建築群全体が厳格に配置され、各建物の主従関係が明確となっており、不ぞろいで変化に富んでいながら渾然一体となって宋楼の雄壮であかぬけた風采が見て取れる。宋代の黄鶴楼は南宋と金の戦いで破壊された。清代の黄鶴楼は古い画像に基づいて復元された。古い写真と文献によると清代の黄鶴楼は3層で、独特な壮麗さが建築の特色だったが、光緒10年(西暦1884年)に焼失した。スタッフによると、損壊した歴代の黄鶴楼の中で唯一残されたのは清代黄鶴楼の宝形造りの屋根だったという。現在の黄鶴楼は武漢市の長江南岸の蛇山に位置し、清代の残存構造の上に再建、1985年に完成し一般開放された。5層の黄鶴楼は歴史の精華の上に、新たな特色もはっきり示している。最高ランクの国家5A風景区に指定されており、武漢のランドマーク的存在の歴史的建造物となっている。(記者/馮国棟)<映像内容>黄鶴楼の外観と模型、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121110517

  •  (16)中国各地に残る勇壮華麗な名楼
    2022年12月23日
    (16)中国各地に残る勇壮華麗な名楼

    山東省聊城市の光岳楼。現存する明代楼閣の中で最も規模が大きい。主楼は純木造構造で、多くの斗拱(ときょう、軒を支える組物)と飛檐(ひえん、反り返った軒先)を持ち、四周は回廊でつながっている。清の康熙(こうき)帝の御筆扁額は高い価値がある。(2015年6月9日撮影)中国建築の中で楼閣は重層の建物を指す。威風堂々とした姿は、国内はもちろん海外でも人気が高く、文人墨客や遷客騒人(失意の官吏・文人)の創作活動とも深いつながりがある。中国で名楼と呼ばれる各地の歴史的楼閣建築は、重厚な歴史と文化を蓄積するだけでなく、建築芸術として高い研究価値と保護価値を持つ。数ある名楼の中で現在に残るものは、いずれも歴史的、文化的背景に力強く支えられている。悠久の時を経た今も往時の姿を残すものもあれば、巧みな設計と構造で古人の知恵を現代に伝えるものもある。それぞれが各地の地域文化を反映しており、その土地の歴史的、文化的象徴とされている。(北京=新華社記者/王頌)= 配信日: 2022(令和4)年12月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022122306894

  •  (5)「中華第一の木造建築」飛雲楼山西省万栄県
    2023年03月23日
    (5)「中華第一の木造建築」飛雲楼山西省万栄県

    8日、飛雲楼の天井部分。中国山西省万栄県の県城(中心市街地)、解店鎮の東岳廟にある飛雲楼は、中国国内の純木造楼閣建築の代表作であり、第3次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。明代に建てられ、清代に改修されたこの建物は、高さ23・19メートルで、外観は3層だが、内部は5層となっている。木の表面は漆塗りされておらず建物全体が木の本来の色を呈している。部材は非常に多く、345組の斗拱(ときょう、組物)が緊密かつ変化に富む形で組み合わされており、その様子が雲に包まれるようであることから「飛雲楼」の名前が付いた。飛雲楼は建造技術、構造力学、造形芸術の面で特色があり、明清時代における木造楼閣建築の傑作とされることから「中華第一の木造建築」として称えられている。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2023(令和5)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023032309848

  •  (3)「中華第一の木造建築」飛雲楼山西省万栄県
    2023年03月23日
    (3)「中華第一の木造建築」飛雲楼山西省万栄県

    8日、山西省万栄県にある飛雲楼。中国山西省万栄県の県城(中心市街地)、解店鎮の東岳廟にある飛雲楼は、中国国内の純木造楼閣建築の代表作であり、第3次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。明代に建てられ、清代に改修されたこの建物は、高さ23・19メートルで、外観は3層だが、内部は5層となっている。木の表面は漆塗りされておらず建物全体が木の本来の色を呈している。部材は非常に多く、345組の斗拱(ときょう、組物)が緊密かつ変化に富む形で組み合わされており、その様子が雲に包まれるようであることから「飛雲楼」の名前が付いた。飛雲楼は建造技術、構造力学、造形芸術の面で特色があり、明清時代における木造楼閣建築の傑作とされることから「中華第一の木造建築」として称えられている。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2023(令和5)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023032309879

  •  (1)「中華第一の木造建築」飛雲楼山西省万栄県
    2023年03月23日
    (1)「中華第一の木造建築」飛雲楼山西省万栄県

    8日、山西省万栄県にある飛雲楼。中国山西省万栄県の県城(中心市街地)、解店鎮の東岳廟にある飛雲楼は、国内の純木造楼閣建築の代表作であり、第3次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。明代に建てられ、清代に改修されたこの建物は、高さ23・19メートルで、外観は3層だが、内部は5層となっている。木の表面は漆塗りされておらず建物全体が木の本来の色を呈している。部材は非常に多く、345組の斗拱(ときょう、組物)が緊密かつ変化に富む形で組み合わされており、その様子が雲に包まれるようであることから「飛雲楼」の名前が付いた。飛雲楼は建造技術、構造力学、造形芸術の面で特色があり、明清時代における木造楼閣建築の傑作とされることから「中華第一の木造建築」として称えられている。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2023(令和5)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023032309773

  •  (2)「中華第一の木造建築」飛雲楼山西省万栄県
    2023年03月23日
    (2)「中華第一の木造建築」飛雲楼山西省万栄県

    8日、山西省万栄県にある飛雲楼。中国山西省万栄県の県城(中心市街地)、解店鎮の東岳廟にある飛雲楼は、中国国内の純木造楼閣建築の代表作であり、第3次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。明代に建てられ、清代に改修されたこの建物は、高さ23・19メートルで、外観は3層だが、内部は5層となっている。木の表面は漆塗りされておらず建物全体が木の本来の色を呈している。部材は非常に多く、345組の斗拱(ときょう、組物)が緊密かつ変化に富む形で組み合わされており、その様子が雲に包まれるようであることから「飛雲楼」の名前が付いた。飛雲楼は建造技術、構造力学、造形芸術の面で特色があり、明清時代における木造楼閣建築の傑作とされることから「中華第一の木造建築」として称えられている。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2023(令和5)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023032309837

  •  (4)「中華第一の木造建築」飛雲楼山西省万栄県
    2023年03月23日
    (4)「中華第一の木造建築」飛雲楼山西省万栄県

    8日、飛雲楼の屋根。中国山西省万栄県の県城(中心市街地)、解店鎮の東岳廟にある飛雲楼は、中国国内の純木造楼閣建築の代表作であり、第3次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。明代に建てられ、清代に改修されたこの建物は、高さ23・19メートルで、外観は3層だが、内部は5層となっている。木の表面は漆塗りされておらず建物全体が木の本来の色を呈している。部材は非常に多く、345組の斗拱(ときょう、組物)が緊密かつ変化に富む形で組み合わされており、その様子が雲に包まれるようであることから「飛雲楼」の名前が付いた。飛雲楼は建造技術、構造力学、造形芸術の面で特色があり、明清時代における木造楼閣建築の傑作とされることから「中華第一の木造建築」として称えられている。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2023(令和5)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023032309847

  •  (7)「中華第一の木造建築」飛雲楼山西省万栄県
    2023年03月23日
    (7)「中華第一の木造建築」飛雲楼山西省万栄県

    8日、飛雲楼の屋根。中国山西省万栄県の県城(中心市街地)、解店鎮の東岳廟にある飛雲楼は、中国国内の純木造楼閣建築の代表作であり、第3次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。明代に建てられ、清代に改修されたこの建物は、高さ23・19メートルで、外観は3層だが、内部は5層となっている。木の表面は漆塗りされておらず建物全体が木の本来の色を呈している。部材は非常に多く、345組の斗拱(ときょう、組物)が緊密かつ変化に富む形で組み合わされており、その様子が雲に包まれるようであることから「飛雲楼」の名前が付いた。飛雲楼は建造技術、構造力学、造形芸術の面で特色があり、明清時代における木造楼閣建築の傑作とされることから「中華第一の木造建築」として称えられている。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2023(令和5)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023032309859

  • 1