KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 情報
  • 画像
  • 可能性
  • 委託
  • 研究
  • 記載
  • 説明文
  • 昭和
  • 場所
  • 平成

「料亭」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
297
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
297
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • -
    万安楼

    キーワード:銀座、万安楼、京橋区木挽町にあった高級料亭(割烹店)、庭園、滝、料理屋=撮影年月日不明、東京、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

    商品コード: 2017103100923

  • -
    金沢八景

    瀬戸の料亭。平潟湾の眺望にすぐれ、明治以降、多くの文人や政治家たちが利用した。写真は瀬戸橋から撮影したもの。三棟のうち一番左が千代本楼(ちよもとろう)。正面に写る茶屋は扇屋(おうぎや)か村田屋か。=撮影年月日不明、横浜、撮影者:スチルフリード、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号78‐6‐0]

    商品コード: 2017082400673

  • -
    踊りの稽古

    料亭風の庭の石畳で、芸者風の若い女性と振り袖を着た5人の若い女性が、ぽっくりをはいて遊技をしている様子。庭にはたくさんの植え込みが見られる。あるいは踊りのお稽古であろうか。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号18‐25‐0]

    商品コード: 2017080201692

  • -
    円山からの京都市街

    京都市街北部を円山吉水温泉楼閣から西に望む。中央から左奥に向けて延びる道は、神苑で覆われた八坂神社境内へと続く参道である。後に円山公園となる敷地はいまだ未整備のままであるが、所々に料亭が建ち並ぶ。後に公園の名所となる枝垂桜の北東側には、寄棟造の2階建て洋館が建つ。背後には西山連峰が霞んで見える。=撮影年月日不明、京都、撮影者:玉村康三郎、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号79‐5‐0]

    商品コード: 2017081401135

  • -
    円山からの京都市街

    京都市街北部を円山吉水温泉楼閣から西に望む。中央から左奥に向けて延びる道は、神苑で覆われた八坂神社境内へと続く参道である。後に円山公園となる敷地はいまだ未整備のままであるが、所々に料亭が建ち並ぶ。後の名所となる枝垂桜の北東側には、寄棟造の2階建て洋館が建つ。背後には西山連峰が霞んで見える。=撮影年月日不明、京都、撮影者:玉村康三郎、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号80‐3‐0]

    商品コード: 2017081401210

  • -
    王子の茶屋

    右が料亭の扇屋で音無川を挟んで左手が庭。扇屋は慶安元年(1648)初代弥左衛門が掛茶屋を出したのが始まりとのこと(扇屋パンフレットによる)。三代将軍徳川家光の時代である。当代早船武彦氏は十四代目とのこと。現在は鉄筋コンクリート5階建てのビルとなり、2階が扇屋である。1階入口に門構えだけ残している。明治中期。=撮影年月日不明、東京、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号91‐3‐0]

    商品コード: 2017081400907

  • -
    和楽器で合奏する女性たち

    料亭の一室であろうか。左より太鼓、鼓、三味線、三味線、を演奏する女性達。付け書院(明り床)には明清楽に用いる月琴が飾られている。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号51‐158‐2]

    商品コード: 2017081002397

  • -
    円山からの京都市街

    京都市街南部を円山吉水温泉楼閣から西に望む。左方には土塀に囲まれた東大谷の大谷祖廟が見え、西に向けて参道が延びている。右奥には八坂神社の本殿と拝殿の入母屋屋根が神苑の中から姿を見せる。後に円山公園となる敷地はいまだ未整備のままであるが、所々に料亭や楼閣が建つ。背後には西山連峰が霞んで見える。=撮影年月日不明、京都、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号52‐14‐0]

    商品コード: 2017081002426

  • -
    王子の茶屋

    王子の茶屋は王子稲荷の参道にあった。王子稲荷は関八州の稲荷の総司(そうじ)で稲荷大明神を祀る。大晦日には関東中の狐が集まる。狐は近くの装束稲荷で女官の装束に改めて参拝するとの伝説がある。江戸期や明治期には上野の山から道灌山、飛鳥山とトレッキングして、王子稲荷に参拝し、扇屋などの料亭や茶屋で一杯やるのが流行ったそうだ。=撮影年月日不明、東京、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号53‐19‐0]

    商品コード: 2017081002619

  • -
    隅田川の舟遊び

    明治4年(1871)~6年(1873)に来日した、有名なアメリカの国民的詩人ヘンリー・ロングフェロー(Henry Wadsworth Longfellow)の長男チャールズ・ロングフェロー(Charles Appleton Longfellow)の記念アルバムに同じ写真が貼ってある。チャールズが内田九一に依頼して撮影したと思われる。障子の間から顔を出している大柄な和服を着た男がそのチャールズの可能性がある。左から2人目の女性は山谷堀にあった料亭有明楼(ゆうめいろう)の女将お菊で、他はチャールズ馴染みの芸者=1872(明治5)年頃、東京、撮影者:内田九一、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号53‐50‐0]

    商品コード: 2017081600865

  • -
    諸岡マツの料亭「ボルガ」

    志賀の波止割石にあった、諸岡マツの経営する料亭「ボルガ」。ロシア人相手のホテル・レストランである。現在の旭町・旭大橋の進入路の下付近。江戸時代には市街から西岸地区は浦上渕村で、志賀氏が代々庄屋をつとめた。志賀氏が造った波止場である。ここにはロシア人将校クラブもあった。明治20年(1887)頃の写真。=撮影年月日不明、長崎、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号107‐5‐0]

    商品コード: 2017081502014

  • -
    万安楼庭園内の安平神社

    キーワード:東京市京橋区木挽町割烹店、万安楼、庭園、安平神社、料亭=撮影年月日不明、東京、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

    商品コード: 2018040601011

  • -
    池上湯治場大梅園明ぼ乃楼梅の間

    キーワード:池上温泉、大梅園、曙楼、明ぼ乃楼、梅の間、湯治場、外観=明治後期、東京、撮影者:不明、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

    商品コード: 2019013021868

  • -
    円山からの京都市街

    京都市街北部を円山吉水温泉楼閣から西に望む。中央から左奥に向けて延びる道は、神苑で覆われた八坂神社境内へと続く参道である。後に円山公園となる敷地はいまだ未整備のままであるが、所々に料亭が建ち並ぶ。後に公園の名所となる枝垂桜の北東側には、寄棟造の2階建て洋館が建つ。背後には西山連峰が霞んで見える。=撮影年月日不明、京都、撮影者:玉村康三郎、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号48‐115‐0]

    商品コード: 2017080903205

  • -
    万安楼

    キーワード:銀座、万安楼、木挽町にあった高級料亭(割烹店)、料理屋=明治後期、東京、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

    商品コード: 2017103100393

  • -
    茂木

    茂木の海岸と茂木村本郷の家並み。写真は立岩寄りの海岸に立ち、現在の茂木中央から片町付近を撮影。背後の山は茂木の岡、その後ろは唐八景。右端の山は北浦方面で、現在、橘湾に面した海岸は沿岸漁業の漁船の船着き場となっている。また、手前の海岸には海鮮料亭が並ぶ。=撮影年月日不明、長崎、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号114‐7‐0]

    商品コード: 2017081502425

  • -
    長岡京料亭

    キーワード:長岡京料亭=撮影日不明、撮影場所不明、撮影者:不明、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

    商品コード: 2018101931615

  • -
    万安楼

    キーワード:東京市京橋区木挽町割烹店、万安楼、庭園、料亭、銀座一丁目、木挽町=撮影年月日不明、東京、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

    商品コード: 2019020713002

  • -
    布引山入口

    現在の、山陽新幹線新神戸駅から新神戸オリエンタルホテルあたりの風景(中央区)。明治中期から後期の撮影。中央の「滝道」左手の山麓には、地下から噴出する炭酸水を沸かして浴場とした「布引温泉」がある。生田神社の東北からこのあたりまで、道路に沿って旅館や料亭、茶店などが軒を連ね、とくに夏場は納涼客で賑わった。=撮影年月日不明、神戸、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号56‐13‐0]

    商品コード: 2017081002536

  • -
    神戸諏訪山

    南から六甲山系の山並みと諏訪山を望む。現中央区。道路の左手に見える庭園は、小寺泰次郎邸 (現在の相楽園) 。諏訪山の中腹にある大きな建物は、料亭常磐楼。その上の高台から、明治7年(1874) フランス観測隊が金星の日面通過の観測に成功し、記念碑が建てられたことから、そこが「金星台」と呼ばれるようになる。=撮影年月日不明、神戸、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号79‐10‐0]

    商品コード: 2017081401219

  • -
    向島植半

    キーワード:向島、植半、菖蒲、料亭=撮影年月日不明、東京、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

    商品コード: 2019102302641

  • -
    散歩中の芸妓たち

    仕事場である大きな料亭を背にしている三人の芸妓。中央と右の女性は、仕事着の振袖、長い帯をしている。裾を手で上げているのは、長い裾が動きの邪魔になるため。典型的な芸妓のポーズでもある。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号51‐137‐0]

    商品コード: 2017081002412

  • -
    王子滝野川の紅葉

    王子の料亭から女性が音無川(石神井川)を眺めている。江戸時代には美しい清流だった。音無川で点てたお茶は最高とも言われた。また音無川に沿った傾斜地は茶の栽培にも適しており、ここで採れたお茶の風味は宇治にも劣らぬと賞賛された。料亭ではそういうお茶を飲めたのであろう。明治になってもまだ清流は残っていたことがこの写真で窺える。明治30年頃の幻灯映画。=撮影年月日不明、東京、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号98‐50‐0]

    商品コード: 2017081501590

  • -
    稲佐のロシア人居留地桟橋

    現在の旭町・旭大橋の進入路の下付近は、浦上村渕庄屋・志賀家の屋敷があり、「志賀の波止」と呼ばれた。左の地先の建物は諸岡マツ経営の料亭ボルガ。その手前の2階建ては、福田家の別邸で、「稲佐お栄」こと道永エイが働くことになるロシアの将校クラブ。さらに手前の大きな屋根は散使の福田家、右は庄屋の志賀家。=1874(明治7)年頃、長崎、撮影者:上野彦馬?、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号118‐19‐0]

    商品コード: 2017081601032

  • -
    也阿弥ホテルから楼上眺望した京都市街

    也阿弥ホテル楼上から京都市街を西北西に眺望する。後に円山公園となる敷地には料亭や旅館と思われる建物が点在し、桑畑などの畑地が広がっている。右方に広がる森は知恩院境内に続く森である。おうか右端の木陰に隠れている入母屋屋根は知恩院三門であろうか。背後に西山連峰が霞んで見える。=撮影年月日不明、京都、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号52‐33‐0]

    商品コード: 2017081002602

  • -
    円山からの京都市街

    京都市街北部を円山吉水温泉楼閣から西に望む。中央から左奥に向けて延びる道は、神苑で覆われた八坂神社境内へと続く参道である。後に円山公園となる敷地はいまだ未整備のままであるが、所々に料亭が建ち並ぶ。後に公園の名所となる枝垂桜の北東側には、寄棟造の2階建て洋館が建つ。背後には西山連峰が霞んで見える。=撮影年月日不明、京都、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号52‐22‐0]

    商品コード: 2017081002463

  • -
    円山からの京都市街

    京都市街北部を円山吉水温泉楼閣から西に望む。中央から左奥に向けて延びる道は、神苑で覆われた八坂神社境内へと続く参道である。後に円山公園となる敷地はいまだ未整備のままであるが、所々に料亭が建ち並ぶ。後に公園の名所となる枝垂桜の北東側には、寄棟造の2階建て洋館が建つ。背後には西山連峰が霞んで見える。=撮影年月日不明、京都、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号52‐32‐0]

    商品コード: 2017081002608

  • -
    隅田川の舟遊び

    桜をめでたり、墨堤の名所旧跡を見物したり、料亭で一杯やったりする隅田川の舟遊び。このように屋根に人が乗っていられるのは、両岸が土手で流れがおだやかだったからではないだろうか。コンクリートで土手が固められた現在は、波が吸収されないためか波高しである。とても悠長に屋根に座っていられないとだろう。=撮影年月日不明、東京、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号91‐15‐0]

    商品コード: 2017081400945

  • -
    王子の茶屋

    明治初期の王子の料亭扇屋。寛政年間(1789-1801)に開かれ、音無川(石神井川)端に立つ。関東稲荷の総帥、江戸名所の一つでもある王子稲荷への参詣客を相手にした有名な料亭である。落語「王寺の狐」でも有名。=撮影年月日不明、東京、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号14‐9‐0]

    商品コード: 2017080201415

  • -
    割烹料亭

    道を隔てて見える二階建ての割烹料亭の全景。1階は正面入口以外は高い塀を巡らし、内側が見えないようにしている。正面玄関には多くの人が集まり、人力車も見える。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号24‐4‐0]

    商品コード: 2017080400519

  • -
    王子の茶屋

    明治初期の王子の料亭扇屋。寛政年間(1789-1801)に開かれ、音無川(石神井川)端に立つ。関東稲荷の総帥。江戸名所のひとつである王子稲荷への参詣客を相手にした有名な料亭。落語の「王子の狐」で知られる。一番手前の棟に三層目がないので、改築前の写真であろう。=撮影年月日不明、東京、撮影者:F.ベアト、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号28‐5‐0]

    商品コード: 2017080902074

  • -
    向島の桜

    本写真では見えないが、左側が隅田川である。墨堤の下流から上流の方を望んでいる。向島には名所旧跡が多い。牛の御前と呼ばれる牛島神社、桜餅が名物の長命寺(ちょうめいじ)、梅若塚のある木母寺(もくぼじ)、布袋尊の弘福寺、向島百花園などが点在する。明治になると八百松(やおまつ)という料亭や言問団子が創業する。向島は文人墨客の遊興の場所として賑った。「目録番号2654と同じ写真」=撮影年月日不明、東京、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号59‐4‐2]

    商品コード: 2017081600904

  • -
    丘稜地からの京都市街

    京都市街南部を円山吉水温泉楼閣から西に望む。左方には土塀に囲まれた東大谷の大谷祖廟が見え、西に向けて参道が延びている。右奥には八坂神社の拝殿の入母屋の屋根が神苑の中から姿を見せる。後に円山公園となる敷地はいまだ未整備のままであるが、所々に料亭や楼閣が建つ。背後には西山連峰が霞んで見える。=撮影年月日不明、京都、撮影者:A.ファサリ、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号82‐11‐0]

    商品コード: 2017081401353

  • -
    (まんやすろう) 万安楼

    キーワード:京橋、銀座、新橋、万安楼、まんやすろう、料亭、和装、鶴=1882(明治15)年以降、東京、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

    商品コード: 2019081502374

  • -
    後姿の女性たち

    4人の女性(1人は少女)が、横長の台に背中を向けて座っている。4人とも十字にたすきを掛けているので茶屋か料亭で下働きをしている女性であろう。背後から見られる帯、たすき、髪型等珍しい日本女性の風俗を外国人向けに撮ったものであろう。=撮影年月日不明、場所不明、撮影者:小川一真、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号25‐40‐0]

    商品コード: 2017080400597

  • -
    池上の曙楼

    キーワード:池上の曙楼、料亭、割烹店、旅館=明治中期、東京、撮影者:不明、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

    商品コード: 2019013021857

  • -
    王子の茶屋

    明治初期の王子の料亭扇屋。寛政年間(1789-1801)に開かれ、音無川(石神井川)端に立つ。関東稲荷の総帥。江戸名所のひとつである王子稲荷への参詣客を相手にした有名な料亭。落語の「王子の狐」で知られる。=撮影年月日不明、東京、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号24‐47‐0]

    商品コード: 2017080400567

  • -
    諏訪山入口

    左手に諏訪神社参道の鳥居、中腹に、文人墨客や政治家らが遊んだ料亭常磐楼。その上の展望台からは、港や市街地をはじめ、紀伊半島から淡路島あたりまでの眺望が楽しめる。ここから撮影した写真は、アルバムや絵葉書、ガイドブックによく登場する。今の「ビーナスブリッジ」はこの展望台とその上の新しい展望台をつなぐ橋。=撮影年月日不明、神戸、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号56‐33‐0]

    商品コード: 2017081002539

  • -
    也阿弥ホテル楼上から眺望した京都市街

    也阿弥ホテル楼上から京都市街を西に眺望する。右手には八坂神社拝殿に至る参道、左手には同社石鳥居に至る参道が延びる。後に円山公園となる敷地には料亭や旅館と思われる建物が点在し、桑畑などの畑地が広がっている。中央奥には八坂神社の拝殿と本殿の屋根が姿をのぞかせる。背後に西山連峰が霞んで見える。=撮影年月日不明、京都、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号52‐21‐0]

    商品コード: 2017081002460

  • -
    音無川沿いに建ち並ぶ茶屋や料亭

    キーワード:音無川(王子川)沿いに建ち並ぶ茶屋や料亭、王子、日下部金兵衛撮影か?=明治中期、東京、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

    商品コード: 2018070900998

  • -
    万安楼の庭園

    キーワード:東京市京橋区木挽町割烹店、万安楼、庭園、料亭=撮影年月日不明、東京、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

    商品コード: 2018040600982

  • -
    上野の料亭

    キーワード:上野の料亭、雪景色=明治中期、東京、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

    商品コード: 2018041300897

  • -
    王子の茶屋

    今は名主の滝のみを残して枯れてしまったが、明治期には王子七滝と宣伝されるほど、王子は水の豊富な所だった。そこに目を付けた渋沢栄一が明治8年(1875)、抄子(しょうし)会社(王子製紙の前身)をここに興した。王子の料亭や茶店で一服し、煙突から立ち上る煙を見た人々は、当時はダイオキシンなど知らないから、文明開化だと喜んだそうである。=撮影年月日不明、東京、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号53‐10‐0]

    商品コード: 2017081002600

  • -
    雪景色の山谷堀

    山谷堀の最も下流に架かる今戸橋の上より上流を望んだ写真。明治中期までこの辺りは料亭があり芸者のいる花町だった。遊客を運ぶ猪牙舟(ちょきぶね)はこの山谷堀を通ったので、吉原通いを俗に山谷通いとも呼んだ。山谷堀には9つの橋が架かっていたが埋め立てで取り除かれた。跡地は山谷堀公園になっている。明治初年の内田九一撮影だが、これは後に彩色され販売された写真である。=撮影年月日不明、東京、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号51‐34‐0]

    商品コード: 2017081002333

  • 1904年12月31日
    鴨川四条橋

    鴨川四条大橋を同橋東詰より西に望む。この四条大橋は1874年に架けられた鉄橋で、高欄には球形の電灯が設けられる。西詰北側には料亭、矢尾政が建つ。橋の中央には「山紫水明」の銘を掲げた洋風アーチの門が仮設される。橋の上には蝙蝠傘を日傘代わりにして歩く女性の姿が見える。撮影は明治37年(1904)。=1904(明治37)年、京都、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号97‐45‐0]

    商品コード: 2017081401674

  • 1912年12月31日
    万安楼

    キーワード:東京市京橋区木挽町割烹店、万安楼、入口、料亭=大正期、東京、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

    商品コード: 2018040600999

  • 1912年12月31日
    万安楼の庭園

    キーワード:東京市京橋区木挽町割烹店、万安楼、庭園、料亭=大正期、東京、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

    商品コード: 2018040601007

  • 1912年12月31日
    万安楼の庭園

    キーワード:東京市京橋区木挽町割烹店、万安楼、庭園、料亭=大正期、東京、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

    商品コード: 2018040600983

  • 1912年12月31日
    万安楼の庭園

    キーワード:東京市京橋区木挽町割烹店、万安楼、庭園、料亭=大正期、東京、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

    商品コード: 2018040600973

  • 1932年05月14日
    日本電報通信社資料

    畳の上でくつろぐチャールズ・チャプリン(前列中央)と兄のシドニー・チャプリン。チャプリンの右は女優の夏川静江。日本に到着し最初の昼食はスキヤキを楽しんだ=1932(昭和7)年5月14日、神戸の料亭菊水(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 1932051400006

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1936年02月26日
    幸楽前の反乱軍 2・26事件

    陸軍の皇道派と呼ばれる青年将校たちが「昭和維新の断行」を叫んで決起し、首都の中枢部を占拠、その際、料亭・幸楽と山王ホテルを指揮本部として接収した=1936(昭和11)年2月26日、東京・赤坂

    商品コード: 1936022650003

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1936年02月28日
    幸楽前の反乱軍 二・二六事件(2・26事件)

    山王下の料亭「幸楽」前で銃を構える反乱軍=1936(昭和11)年2月26日から28日までの間のいずれか

    商品コード: 2009121100122

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1936年02月28日
    幸楽前の反乱軍 二・二六事件(2・26事件)

    山王下の料亭「幸楽」前の反乱軍。右の日章旗には「尊皇討奸」と書かれている=1936(昭和11)年2月26日から28日までの間のいずれか

    商品コード: 2009121100123

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1936年02月29日
    料亭「幸楽」 二・二六事件(2・26事件)

    反乱部隊が28日深夜まで占拠した山王下の日本料亭「幸楽」。左後方の建物は府立第一中(戦後に日比谷高校に)=1936(昭和11)年2月29日

    商品コード: 2009122500134

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1936年02月29日
    料亭「幸楽」 二・二六事件(2・26事件)

    反乱部隊が28日深夜まで占拠した山王下の日本料亭「幸楽」と、付近を警備する鎮圧部隊。左後方の建物は府立第一中(戦後に日比谷高校に)=1936(昭和11)年2月29日

    商品コード: 2009122500135

  • 1948年09月15日
    大橋須磨子(おおはし・すまこ)

    大橋須磨子(「金色夜叉」のお宮のモデルといわれる)東京の料亭「紅葉館」給仕時代の舞い姿=撮影年月日不明、社会記事「『金色夜叉』の真相」の併用として1948(昭和23)年9月15日に出稿(23年内地11866)

    商品コード: 2014070900540

  • 1949年09月03日
    長崎市

    長崎八景、料亭花月=整理1949(昭和24)年9月、長崎市(24年内地番号なし)

    商品コード: 2016092100485

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1949年12月03日
    池田蔵相招待のドッジ公使送別パーティー

    ドッジ公使夫妻を送るサヨナラ・パーティーが3日午後4時、東京都港区の般若苑(現在の畠山記念館隣にあった料亭)で盛大に開かれた。ドッジ氏は10月末に来日して以来、約1カ月にわたりわが国の財政金融状況を検討、この翌日4日の午後1時横浜出港のプレジデント・クリーブランド号で帰国した。写真は天麩羅料理を味わう、右から池田蔵相、ドッジ夫妻、池田蔵相夫人=1949(昭和24)年12月3日午後、東京都港区白金台(進駐軍549)

    商品コード: 2011012500053

  • 1954年07月24日
    スケッチ16545 両国の川開き

    舟に乗ったり、料亭前の桟敷席に陣取ったりして花火大会の開始を待つ見物客たち=1954(昭和29)年7月24日、東京都台東区柳橋

    商品コード: 2017060500834

  • 1955年06月28日
    スケッチ18586 ハチの巣の3階料亭

    3階建て料亭の各部屋からもれる明かりがまるでハチの巣のように見える=1955(昭和30)年6月28日、撮影場所不明

    商品コード: 2017072400289

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1961年02月04日
    救出される女性 大阪ミナミの朝火事

    大阪ミナミの料亭「いろは」の火事で消防署員に救出される女性=1961(昭和36)年2月4日(大阪消防署員撮影)

    商品コード: 2008102800570

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1961年02月04日
    大阪ミナミの朝火事

    大阪ミナミの料亭火災で、消防署のシュノーケル車で救出される人たち=1961(昭和36)年2月4日(大阪消防署員撮影)

    商品コード: 2008102800571

  • 1962年11月13日
    ハウスでスイカ栽培

    スイカといえば夏の果物と決まっているが、岡山県内でただ一人、季節はずれのスイカをつくっていたのが総社市長良の田上輝夫さん。ビニールハウスの中でメロンやトマトのように立体栽培している。物珍しさと希少価値のため高級料亭やお見舞い用が中心で庶民には高根の花といったところ。=1962(昭和37)年11月13日、岡山県総社市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018111304036

  • 1967年03月03日
    岩下志麻さん挙式

    記者会見する女優の岩下志麻さん(右)と映画監督の篠田正浩さん=1967(昭和42)年3月3日、京都市東山区の料亭「京大和」

    商品コード: 2011040500282

  • 1970年12月12日
    [あんやたん あの日・あの時]

    那覇市内の料亭では、週末は1組100人以上の忘年会の予約でいっぱい。飲めや歌えやのどんちゃん騒ぎが夜遅くまで続いた=1970(昭和45)年12月12日、場所不明、クレジット:沖縄タイムス/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020807859

  • 1974年01月28日
    忙しい東京のヤマニ石油相

    「ようこそ」-料亭を訪れたサウジアラビアのヤマニ石油相、和服女性の歓迎ぶりに思わずニッコリ=1974(昭和49)年1月28日、東京・赤坂

    商品コード: 2011091500271

  • 1974年09月02日
    スケッチ企画6576−16 赤坂料亭界わい夜景

    黒塗りの高級乗用車が主人を待つ赤坂料亭界わい=1974(昭和49)年9月2日、東京都港区

    商品コード: 2018051700598

  • 1974年11月21日
    フォード米大統領が来日

    舞妓(まいこ)さんに囲まれて慣れない手つきで天ぷらを食べるフォード米大統領。東京での公式日程をすべて終え京都入り、京都御所、二条城、金閣寺など晩秋の古都を満喫した夜、料亭「つる家」で非公式夕食会。用意されたナイフ、フォークには手をつけず左手で箸を使い「オー、デリシャス(おいしい)」=1974(昭和49)年11月21日、京都市左京区(代表撮影)

    商品コード: 2012060400135

  • 1975年05月10日
    エリザベス女王が来日

    首席接伴員主催の非公式晩さん会で日本酒を口にするエリザベス女王(奥右端)=1975(昭和50)年5月10日、京都市の料亭「つる家」

    商品コード: 2021122807471

  • 1975年11月07日
    カメのステーキはいかが?

    カメ肉のステーキを前におっかなびっくり「案外いけるじゃない」-“食道楽”のお嬢さんたちが神妙な顔で食べているのは海にいるあのアオウミガメ。「臭みもないし、子牛の肉みたい」という。7日、全国でも初めてというカメ料理専門店が横浜市保土ヶ谷区に誕生、試食会が行われた。将来の“食糧危機”に備え、アオウミガメを養殖しタンパク資源にしよう-という試み=1975(昭和50)年10月7日、横浜市保土ヶ谷区の料亭「貴水」(参考:50年内地 7616)

    商品コード: 2013041500175

  • 1975年11月07日
    カメのステーキはいかが?

    ステーキ、竜田揚げ、刺し身類が並んだ“フルコース”の献立-東京都小笠原水産センターの倉田洋二所長が、料亭経営者の協力を得て実現したカメ料理専門店「貴水」の料理は、スープが付いたフルコースで7千円。少々お高いが、早くも予約客が相次いでいるとか…=1975(昭和50)年10月7日、横浜市保土ヶ谷区の料亭「貴水」(参考:50年内地 7615)

    商品コード: 2013041500176

  • 1978年06月01日
    円生門下は“孤立” 円蔵、志ん朝らは復帰

    調停会議の後、料亭「神田川」で記者会見する新宿末広亭の北村銀太郎席亭(左)と柳家小さん落語協会会長。調停会議で「戻ってくる者は不問に付し、円生一門の脱退届は席亭にお預け」−席亭側が落語協会などに呼び掛け、脱退騒動は一応の落着=1978(昭和53)年6月1日、東京・外神田(*参考 53年内地 4707−4 ◎落語三遊協会設立 設立を発表)

    商品コード: 2015062900753

  • 1978年06月01日
    古今亭志ん朝 円蔵、志ん朝らは復帰 円生門下は“孤立”

    「大義のためにメンツを捨てた」と語る古今亭志ん朝。調停会議で「戻ってくる者は不問に付し、円生一門の脱退届は席亭にお預け」と席亭側が落語協会などに呼び掛け−で“脱退騒動”は一応の落着=1978(昭和53)年6月1日、東京・外神田の料亭「神田川」(*参考 53年内地 4707−4 ◎落語三遊協会設立 設立を発表)

    商品コード: 2015062900761

  • 1978年06月08日
    坪内社長が記者会見 「佐世保重工救済」が決着

    佐世保重工の新社長就任問題について記者会見で語る坪内寿夫来島どっく社長。左は永野重雄日商会頭。坪内社長は「政治の力はこわい。内堀も外堀も埋められた」として佐世保重工再建に乗り出す意向を示した=1978(昭和53)年6月8日、東京・赤坂の料亭(53年内地 5203)

    商品コード: 2015062200371

  • 1978年10月26日
    京料理を味わう鄧副首相

    お座敷の畳に座るのにひと苦労、同席者の笑いを誘う中国の鄧小平副首相(中央)。一行は、日中平和友好条約の批准書交換など公式日程を終え、秋色濃い京都を訪れて日本料理の“非公式晩さん会”=1978(昭和53)年10月26日、京都市左京区岡崎の料亭「つる家」(鄧小平中国副首相、来日)

    商品コード: 2015081900091

  • 1979年10月31日
    新国劇の島田、辰巳両氏が会見

    「(新国劇の)宮川正信会長と手を切る」と語る島田正吾氏(左)と辰巳柳太郎氏。「新国劇」は10月始めに倒産し、内紛が続いている=1979(昭和54)年10月31日、東京・日本橋人形町の料亭(54年内地10304)

    商品コード: 2016100600127

  • 1980年12月02日
    原、巨人入り内定

    巨人入り内定後、父親の貢氏(右)と会見する原辰徳選手=1980(昭和55)年12月2日、神奈川県座間市の料亭(B4205、6)(原貢)

    商品コード: 2014050600215

  • 1980年12月02日
    原、巨人入り内定

    巨人入りが内定、握手する(左から)父親の貢氏、原辰徳選手、加藤スカウト、山崎マネジャー=1980(昭和55)年12月2日、神奈川県座間市の料亭(B4205、6)(原貢)

    商品コード: 1980120200006

  • 1983年01月16日
    トルドー首相歓迎夕食会

    夕食会を前にカナダのトルドー首相と歓談する中曽根首相(左)=1983(昭和58)年1月16日、東京・銀座の料亭

    商品コード: 1983011600008

  • 1984年05月08日
    河本・ブッシュ会談

    ジョージ・ブッシュ米副大統領(右)を迎える河本敏夫経企庁長官=1984(昭和59)年5月8日、東京都内の料亭

    商品コード: 1984050800007

  • 1987年08月16日
    量の政治より質の政治、政策的リーダーシップ必要 堤清二氏

    質の政治がなきゃいけないと語る堤清二氏=1987年8月11日、東京・銀座の料亭(辻井喬)

    商品コード: 1987081600007

  • 1989年05月26日
    9世紀中ごろの池の跡 寝殿造り以前の園池跡発見

    京都・嵐山の料亭跡地で見つかった9世紀中ごろ(平安時代初期)の池の跡。高級貴族の別荘の庭園とみられる

    商品コード: 2019120900352

  • 1991年08月08日
    (ゆぎ・ていいち) 湯木貞一

    吉兆社長(高級料亭)、1991(平成3)年1月17日撮影

    商品コード: 1999083100060

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1991年08月13日
    東洋信金今里支店 東洋信金不正融資事件

    大阪市の料亭経営者の女が東洋信用金庫今里支店の元支店長らと共謀し、預金証書を偽造して金融機関から融資を受けたなどの疑いで逮捕された。事件が発覚した東洋信用金庫今里支店=1991(平成3)年8月13日、大阪市東成区大今里西 「ザ・クロニクル 戦後日本の70年」第10巻使用画像(P86)

    商品コード: 2015062300313

  • 1991年08月13日
    尾上縫容疑者経営の料亭「恵川」 元支店長ら2人逮捕

    逮捕された尾上縫容疑者が経営する料亭「恵川」=1991(平成3)年8月13日、大阪市中央区千日前

    商品コード: 2018121311465

  • 1991年08月13日
    押収物を運び出す大阪地検の係官 元支店長ら2人逮捕

    尾上縫容疑者が経営する料亭「恵川」から押収した書類などを運び出す大阪地検の係官=1991(平成3)年8月13日午後2時、大阪市中央区千日前

    商品コード: 2018121311491

  • 1991年08月13日
    料亭「恵川」に詰め掛けた報道陣 元支店長ら2人逮捕

    東洋信用金庫元今里支店長の前川朝美容疑者と共謀、不正融資を受けていた尾上縫容疑者が経営する料亭「恵川」に詰め掛けた報道陣=1991(平成3)年8月13日午後、大阪市中央区千日前

    商品コード: 2018121311618

  • 1991年08月16日
    資料書類の一部 高額納税、実はゼロ

    東洋信金架空預金事件で逮捕された料亭経営尾上縫容疑者が金融機関に提出していた資料書類の一部

    商品コード: 2019011801028

  • 1991年08月31日
    押収書類を運び出す係官 尾上容疑者の税理士事務所捜索

    東洋信金架空預金事件で、料亭経営尾上縫容疑者の顧問税理士事務所を捜索し、押収書類を運び出す大阪地検特捜部の係官=1991(平成3)年8月31日、大阪市中央区高麗橋

    商品コード: 2019011803574

  • 1992年08月31日
    当選直後、渡辺被告と会食

    金子新潟県知事が渡辺被告らと会食した料亭「福田家」=東京都千代田区紀尾井町

    商品コード: 2019022003038

  • 1992年11月14日
    銀座の料亭「吉兆」 密室談議は料亭の地下物置

    竹下政権誕生をめぐり、密室会談の舞台になった銀座の料亭「吉兆」=東京都中央区

    商品コード: 2019050800423

  • 1992年12月08日
    国会前をデモ行進する社会党の議員ら 料亭会合、皇民党絡み示唆

    「竹下元首相議員辞職・佐川事件究明要求集会」の後、国会前をデモ行進する社会党の議員ら=1992(平成4)年12月8日夜

    商品コード: 2019060300230

  • 1993年11月06日
    荒井正三さん 幇間の「夜話百話」に人気

    軽妙な話芸で「夜話百話」を講演する荒井正三さん=福井市内の料亭(福井発)「土曜夕刊」

    商品コード: 1993110600001

  • 1994年01月16日
    秘書の語る利権の実態 建設省が育てる族議員

    夜の料亭近くに駐車する高級車=東京・銀座

    商品コード: 1994011600004

  • 1994年09月24日
    ウツセミカジカ 琵琶湖の雑魚も料亭に?

    滋賀県水産試験場で本格的な養殖が始まったウツセミカジカ。琵琶湖の珍味として注目を集めそう(元年国内561)「ネットワーク経済情報」(関西)

    商品コード: 1994092400023

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1995年06月27日
    接待用の料亭も捜索 動機や資金の流れを追及

    家宅捜索を終え、料亭「佐藤」から押収物を運び出す係官=27日午後5時45分、東京都港区赤坂(カラーネガ)

    商品コード: 1995062700081

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1995年06月27日
    接待用の料亭も捜索 動機や資金の流れを追及

    家宅捜索を終え、料亭「佐藤」から押収物を運び出す係官=27日午後5時45分、東京都港区赤坂(カラーネガ)

    商品コード: 1995062700083

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1995年06月27日
    処理スキームに批判も 融資に狂奔した金融界

    高橋治則容疑者が接待に使っていた料亭から運び出された押収物を入れた段ボール箱=27日午後5時45分、東京都港区赤坂

    商品コード: 1995062700086

  • 1996年03月01日
    お茶を楽しむ女子学生ら 華やかにひな祭り茶会

    「ひな祭り茶会」でお茶を楽しむ、阪神大震災で被災した女子学生ら=1日、京都市左京区の料亭(カラーネガ)

    商品コード: 1996030100049

  • 1996年03月29日
    嵐山の「吉兆」 「人物本位」で思惑交錯

    )、政治462S、4月5日付朝刊以降使用  自民党幹事長代理の野中広務と公明代表の藤井富雄が密談した場所といわれる高級料亭「吉兆」=京都市右京区嵯峨天竜寺(カラーネガ)

    商品コード: 1996032900119

  • 1
  • 2
  • 3