KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • らせん階段
  • れんが
  • 中華
  • 令和
  • 全国重点文物保護単位
  • 八角形
  • 四つ
  • 国宝
  • 平面
  • 建築

「斜辺」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
5
( 1 5 件を表示)
  • 1
5
( 1 5 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2021年02月16日
    (4)「中華第一塔」定州開元寺塔を訪ねて河北省

    定州開元寺塔。(資料写真)中国河北省定州市にある開元寺塔は、開元寺に建てられたことからその名が付いた。11層構造で高さは83・7メートル。中国で現存する最も高い磚塔(れんが塔)で「中華第一塔」とも呼ばれる。全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。平面が八角形の楼閣式建築で、基座、塔身、塔刹(とうさつ)の3部分からなり、上へいくほど細くなっている。1~9層の四つ正辺には扉があり、四つの斜辺には彩色で描かれた盲窓(装飾的な窓)がある。10層と11層には軍事的目的から8面すべてに扉が設けられている。塔の内部は内塔と外塔の2重構造で、らせん階段が内塔を通り抜け11層までつながっている。(石家荘=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年2月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021710842

  • 2021年02月16日
    (2)「中華第一塔」定州開元寺塔を訪ねて河北省

    ライトアップされた定州開元寺塔。(資料写真)中国河北省定州市にある開元寺塔は、開元寺に建てられたことからその名が付いた。11層構造で高さは83・7メートル。中国で現存する最も高い磚塔(れんが塔)で「中華第一塔」とも呼ばれる。全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。平面が八角形の楼閣式建築で、基座、塔身、塔刹(とうさつ)の3部分からなり、上へいくほど細くなっている。1~9層の四つ正辺には扉があり、四つの斜辺には彩色で描かれた盲窓(装飾的な窓)がある。10層と11層には軍事的目的から8面すべてに扉が設けられている。塔の内部は内塔と外塔の2重構造で、らせん階段が内塔を通り抜け11層までつながっている。(石家荘=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年2月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021711016

  • 2021年02月16日
    (1)「中華第一塔」定州開元寺塔を訪ねて河北省

    定州開元寺塔。(資料写真)中国河北省定州市にある開元寺塔は、開元寺に建てられたことからその名が付いた。11層構造で高さは83・7メートル。中国で現存する最も高い磚塔(れんが塔)で「中華第一塔」とも呼ばれる。全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。平面が八角形の楼閣式建築で、基座、塔身、塔刹(とうさつ)の3部分からなり、上へいくほど細くなっている。1~9層の四つ正辺には扉があり、四つの斜辺には彩色で描かれた盲窓(装飾的な窓)がある。10層と11層には軍事的目的から8面すべてに扉が設けられている。塔の内部は内塔と外塔の2重構造で、らせん階段が内塔を通り抜け11層までつながっている。(石家荘=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年2月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021710812

  • 2021年02月16日
    (3)「中華第一塔」定州開元寺塔を訪ねて河北省

    定州市内にそびえる開元寺塔。(資料写真)中国河北省定州市にある開元寺塔は、開元寺に建てられたことからその名が付いた。11層構造で高さは83・7メートル。中国で現存する最も高い磚塔(れんが塔)で「中華第一塔」とも呼ばれる。全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。平面が八角形の楼閣式建築で、基座、塔身、塔刹(とうさつ)の3部分からなり、上へいくほど細くなっている。1~9層の四つ正辺には扉があり、四つの斜辺には彩色で描かれた盲窓(装飾的な窓)がある。10層と11層には軍事的目的から8面すべてに扉が設けられている。塔の内部は内塔と外塔の2重構造で、らせん階段が内塔を通り抜け11層までつながっている。(石家荘=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年2月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021710951

  • 00:51.38
    2021年02月16日
    「新華社」「中華第一塔」定州開元寺塔を訪ねて河北省

    中国河北省定州市にある開元寺塔は、開元寺に建てられたことからその名が付いた。11層構造で高さは83・7メートル。中国で現存する最も高い磚塔(れんが塔)で「中華第一塔」とも呼ばれる。全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。平面が八角形の楼閣式建築で、基座、塔身、塔刹(とうさつ)の3部分からなり、上へいくほど細くなっている。1~9層の四つ正辺には扉があり、四つの斜辺には彩色で描かれた盲窓(装飾的な窓)がある。10層と11層には軍事的目的から8面すべてに扉が設けられている。塔の内部は内塔と外塔の2重構造で、らせん階段が内塔を通り抜け11層までつながっている。(記者/楊知潤) =配信日: 2021(令和3)年2月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021712011

  • 1