KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • 一帯一路
  • 中欧班列
  • 令和
  • 欧州
  • 経由
  • 建設
  • つながり
  • アルマトイ
  • インフラ
  • シルクロード

「新ユーラシア・ランドブリッジ」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
33
( 1 33 件を表示)
  • 1
33
( 1 33 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  【SCO青島サミット】写真で振り返る青島の今昔
    2018年04月16日
    【SCO青島サミット】写真で振り返る青島の今昔

    上:「青島画報」のカメラマン、張岩氏が1996年に撮影した青島の五四広場とその周辺。(青島=新華社配信)下:2018年4月16日にドローンで撮影した青島の五四広場とその周辺。(青島=新華社記者/郭緒雷)(合成写真)「青島画報」のカメラマン、張岩氏は1996年からヘリコプターで青島市を撮影し始め、この美しい海浜都市の成長を記録してきた。そして時は流れて2018年。新華社記者がドローンによる撮影で、かつての写真と照らし合わせながら新しい青島を記録した。改革開放から40年にわたり、青島は中国初の沿岸開放都市として、活力にあふれ、ファッショナブルで美しく、独特の魅力を備えた国際都市へと成長し、新ユーラシアランドブリッジ経済回廊(NELBEC)の主要な結節点(ハブ)であり、海上協力戦略の支点という「二つの位置づけ」を持つ都市となった。(青島=新華社配信)=2018(平成30)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018061100777

  •  【SCO青島サミット】写真で振り返る青島の今昔
    2018年04月16日
    【SCO青島サミット】写真で振り返る青島の今昔

    上:「青島画報」のカメラマン、張岩氏が2000年に撮影した青島・北海造船所(現在のオリンピックセーリングセンター)とその周辺。(青島=新華社配信)下:2018年4月16日にドローンで撮影した青島オリンピックセーリングセンターとその周辺。(青島=新華社記者/郭緒雷)(合成写真)「青島画報」のカメラマン、張岩氏は1996年からヘリコプターで青島市を撮影し始め、この美しい海浜都市の成長を記録してきた。そして時は流れて2018年。新華社記者がドローンによる撮影で、かつての写真と照らし合わせながら新しい青島を記録した。改革開放から40年にわたり、青島は中国初の沿岸開放都市として、活力にあふれ、ファッショナブルで美しく、独特の魅力を備えた国際都市へと成長し、新ユーラシアランドブリッジ経済回廊(NELBEC)の主要な結節点(ハブ)であり、海上協力戦略の支点という「二つの位置づけ」を持つ都市となった。(青島=新華社配信)=2018(平成30)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018061100805

  •  【SCO青島サミット】写真で振り返る青島の今昔
    2018年05月04日
    【SCO青島サミット】写真で振り返る青島の今昔

    上:「青島画報」のカメラマン、張岩氏が1996年に撮影した青島桟橋とその周辺。(青島=新華社配信)下:2018年5月4日にドローンで撮影した青島桟橋とその周辺。(青島=新華社記者/李紫恒)(合成写真)「青島画報」のカメラマン、張岩氏は1996年からヘリコプターで青島市を撮影し始め、この美しい海浜都市の成長を記録してきた。そして時は流れて2018年。新華社記者がドローンによる撮影で、かつての写真と照らし合わせながら新しい青島を記録した。改革開放から40年にわたり、青島は中国初の沿岸開放都市として、活力にあふれ、ファッショナブルで美しく、独特の魅力を備えた国際都市へと成長し、新ユーラシアランドブリッジ経済回廊(NELBEC)の主要な結節点(ハブ)であり、海上協力戦略の支点という「二つの位置づけ」を持つ都市となった。(青島=新華社配信)=2018(平成30)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018061100778

  •  【SCO青島サミット】写真で振り返る青島の今昔
    2018年05月04日
    【SCO青島サミット】写真で振り返る青島の今昔

    上:「青島画報」のカメラマン、張岩氏が1996年に撮影した青島・団島とその周辺。(青島=新華社配信)下:2018年5月4日にドローンで撮影した青島・団島とその周辺。(青島=新華社記者/李紫恒)(合成写真)「青島画報」のカメラマン、張岩氏は1996年からヘリコプターで青島市を撮影し始め、この美しい海浜都市の成長を記録してきた。そして時は流れて2018年。新華社記者がドローンによる撮影で、かつての写真と照らし合わせながら新しい青島を記録した。改革開放から40年にわたり、青島は中国初の沿岸開放都市として、活力にあふれ、ファッショナブルで美しく、独特の魅力を備えた国際都市へと成長し、新ユーラシアランドブリッジ経済回廊(NELBEC)の主要な結節点(ハブ)であり、海上協力戦略の支点という「二つの位置づけ」を持つ都市となった。(青島=新華社配信)=2018(平成30)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018061100892

  •  【SCO青島サミット】写真で振り返る青島の今昔
    2018年05月04日
    【SCO青島サミット】写真で振り返る青島の今昔

    上:「青島画報」のカメラマン、張岩氏が1996年に撮影した青島・麦島とその周辺。(青島=新華社配信)下:5月4日にドローンで撮影した青島・麦島とその周辺。(青島=新華社記者/李紫恒)(合成写真)「青島画報」のカメラマン、張岩氏は1996年からヘリコプターで青島市を撮影し始め、この美しい海浜都市の成長を記録してきた。そして時は流れて2018年。新華社記者がドローンによる撮影で、かつての写真と照らし合わせながら新しい青島を記録した。改革開放から40年にわたり、青島は中国初の沿岸開放都市として、活力にあふれ、ファッショナブルで美しく、独特の魅力を備えた国際都市へと成長し、新ユーラシアランドブリッジ経済回廊(NELBEC)の主要な結節点(ハブ)であり、海上協力戦略の支点という「二つの位置づけ」を持つ都市となった。(青島=新華社配信)=2018(平成30)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018061100816

  •  【SCO青島サミット】写真で振り返る青島の今昔
    2018年05月07日
    【SCO青島サミット】写真で振り返る青島の今昔

    上:「青島画報」のカメラマン、張岩氏が1996年に撮影した青島港とその周辺。(青島=新華社配信)下:2018年5月7日にドローンで撮影した青島港とその周辺。(青島=新華社記者/郭緒雷)(合成写真)「青島画報」のカメラマン、張岩氏は1996年からヘリコプターで青島市を撮影し始め、この美しい海浜都市の成長を記録してきた。そして時は流れて2018年。新華社記者がドローンによる撮影で、かつての写真と照らし合わせながら新しい青島を記録した。改革開放から40年にわたり、青島は中国初の沿岸開放都市として、活力にあふれ、ファッショナブルで美しく、独特の魅力を備えた国際都市へと成長し、新ユーラシアランドブリッジ経済回廊(NELBEC)の主要な結節点(ハブ)であり、海上協力戦略の支点という「二つの位置づけ」を持つ都市となった。(青島=新華社配信)=2018(平成30)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018061100793

  •  【SCO青島サミット】写真で振り返る青島の今昔
    2018年05月13日
    【SCO青島サミット】写真で振り返る青島の今昔

    上:「青島画報」のカメラマン、張岩氏が2000年に撮影した青島体育センター。(青島=新華社配信)下:2018年5月13日にドローンで撮影した青島体育センター。(青島=新華社記者/李紫恒)(合成写真)「青島画報」のカメラマン、張岩氏は1996年からヘリコプターで青島市を撮影し始め、この美しい海浜都市の成長を記録してきた。そして時は流れて2018年。新華社記者がドローンによる撮影で、かつての写真と照らし合わせながら新しい青島を記録した。改革開放から40年にわたり、青島は中国初の沿岸開放都市として、活力にあふれ、ファッショナブルで美しく、独特の魅力を備えた国際都市へと成長し、新ユーラシアランドブリッジ経済回廊(NELBEC)の主要な結節点(ハブ)であり、海上協力戦略の支点という「二つの位置づけ」を持つ都市となった。(青島=新華社配信)=2018(平成30)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018061100814

  •  連雲港とトルコを結ぶカスピ海横断鉄道沿線国際定期貨物列車が運行開始
    2019年10月15日
    連雲港とトルコを結ぶカスピ海横断鉄道沿線国際定期貨物列車が運行開始

    連雲港‐トルコ間のカスピ海横断鉄道沿線国際定期貨物列車の運行が始まった。(15日撮影)自動車部品や日用品を積んだ41両編成の中欧班列(中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車)がこのほど、江蘇省連雲港市の中国カザフスタン物流基地から出発した。新ユーラシア・ランドブリッジ、カスピ海横断国際輸送ルートを経由して、アゼルバイジャンのバクー港およびカスピ海横断鉄道沿線の各駅に向う。これによって、連雲港‐トルコ間のカスピ海横断鉄道沿線国際貨物列車の定期運行が始まった。(連雲港=新華社配信/李海波)=2019(令和元)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

    商品コード: 2019102407050

  •  連雲港とトルコを結ぶカスピ海横断鉄道沿線国際定期貨物列車が運行開始
    2019年10月15日
    連雲港とトルコを結ぶカスピ海横断鉄道沿線国際定期貨物列車が運行開始

    連雲港‐トルコ間のカスピ海横断鉄道沿線国際定期貨物列車の運行が始まった。(15日撮影)自動車部品や日用品を積んだ41両編成の中欧班列(中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車)がこのほど、江蘇省連雲港市の中国カザフスタン物流基地から出発した。新ユーラシア・ランドブリッジ、カスピ海横断国際輸送ルートを経由して、アゼルバイジャンのバクー港およびカスピ海横断鉄道沿線の各駅に向う。これによって、連雲港‐トルコ間のカスピ海横断鉄道沿線国際貨物列車の定期運行が始まった。(連雲港=新華社配信/李海波)=2019(令和元)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

    商品コード: 2019102407083

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2023年06月19日
    新疆・阿拉山口経由の中欧班列、今年の運行本数3千本以上に

    阿拉山口駅で出発を待つ中欧班列。(5月撮影)中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車「中欧班列」のうち、新疆ウイグル自治区ボルタラ・モンゴル自治州の阿拉山口口岸(通関地)から出入国した列車の本数がこのほど、今年3千本を超えた。同口岸は中国国内の口岸のうち最も欧州に近く、「新ユーラシア・ランドブリッジ経済回廊」の重要な結節点となっている。「一帯一路」共同建設の深化に伴い、同口岸を通過し中欧班列で輸送される物資は増加の一途をたどっている。(ウルムチ=新華社配信)= 配信日: 2023(令和5)年6月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023061910828

  •  (13)カザフスタン・アルマトイと江蘇省連雲港市をつなぐ「一帯一路」
    2023年10月11日
    (13)カザフスタン・アルマトイと江蘇省連雲港市をつなぐ「一帯一路」

    江蘇省連雲港市の中国・カザフスタン連雲港物流協力基地でコンテナをつり上げるガントリークレーン。(5月9日、小型無人機から)カザフスタンは中国が初めて「一帯一路」構想を提唱した地で、同構想初の施設として建設された江蘇省連雲港市の中国・カザフスタン物流協力基地は、カザフスタンから直接太平洋につながる出口の役割を果たしている。同市は新ユーラシアランドブリッジ東側の「橋頭堡」にして中国初の沿海開放都市の一つであり、カザフスタンのアルマトイは同国最大の都市にして重要な商業と貿易の中心地となっている。両都市はそれぞれ黄海の浜辺と天山の麓に位置し、遠く離れているが、両国はここ数年、インフラの「硬聯通」(ハード面のつながり)を強化し続けており、カザフスタンを経由する中欧班列(中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車)が休みなく運行している。この「シルクロード」上の「鋼鉄のベルト」によって、両都市は発展のチャンスを共有し、共同繁栄を実現している。(連雲港=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2023(令和5)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023101110374

  •  (9)カザフスタン・アルマトイと江蘇省連雲港市をつなぐ「一帯一路」
    2023年10月11日
    (9)カザフスタン・アルマトイと江蘇省連雲港市をつなぐ「一帯一路」

    江蘇省連雲港市の中国・カザフスタン連雲港物流協力基地デジタル化配送センターで、港の稼動状況を確認する作業員。(5月9日撮影)カザフスタンは中国が初めて「一帯一路」構想を提唱した地で、同構想初の施設として建設された江蘇省連雲港市の中国・カザフスタン物流協力基地は、カザフスタンから直接太平洋につながる出口の役割を果たしている。同市は新ユーラシアランドブリッジ東側の「橋頭堡」にして中国初の沿海開放都市の一つであり、カザフスタンのアルマトイは同国最大の都市にして重要な商業と貿易の中心地となっている。両都市はそれぞれ黄海の浜辺と天山の麓に位置し、遠く離れているが、両国はここ数年、インフラの「硬聯通」(ハード面のつながり)を強化し続けており、カザフスタンを経由する中欧班列(中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車)が休みなく運行している。この「シルクロード」上の「鋼鉄のベルト」によって、両都市は発展のチャンスを共有し、共同繁栄を実現している。(連雲港=新華社記者/柳文恵)= 配信日: 2023(令和5)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023101110380

  •  (23)カザフスタン・アルマトイと江蘇省連雲港市をつなぐ「一帯一路」
    2023年10月11日
    (23)カザフスタン・アルマトイと江蘇省連雲港市をつなぐ「一帯一路」

    カザフスタン・アルマトイ州コナエフの100メガワット太陽光発電所。使用される太陽光パネルは中欧班列で運ばれてくる。(5月4日、小型無人機から)カザフスタンは中国が初めて「一帯一路」構想を提唱した地で、同構想初の施設として建設された江蘇省連雲港市の中国・カザフスタン物流協力基地は、カザフスタンから直接太平洋につながる出口の役割を果たしている。同市は新ユーラシアランドブリッジ東側の「橋頭堡」にして中国初の沿海開放都市の一つであり、カザフスタンのアルマトイは同国最大の都市にして重要な商業と貿易の中心地となっている。両都市はそれぞれ黄海の浜辺と天山の麓に位置し、遠く離れているが、両国はここ数年、インフラの「硬聯通」(ハード面のつながり)を強化し続けており、カザフスタンを経由する中欧班列(中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車)が休みなく運行している。この「シルクロード」上の「鋼鉄のベルト」によって、両都市は発展のチャンスを共有し、共同繁栄を実現している。(アルマトイ=新華社配信)= 配信日: 2023(令和5)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023101110475

  •  (21)カザフスタン・アルマトイと江蘇省連雲港市をつなぐ「一帯一路」
    2023年10月11日
    (21)カザフスタン・アルマトイと江蘇省連雲港市をつなぐ「一帯一路」

    カザフスタン・アルマトイの中国の商品を扱うスーパーマーケットで買い物をする客。(5月9日撮影)カザフスタンは中国が初めて「一帯一路」構想を提唱した地で、同構想初の施設として建設された江蘇省連雲港市の中国・カザフスタン物流協力基地は、カザフスタンから直接太平洋につながる出口の役割を果たしている。同市は新ユーラシアランドブリッジ東側の「橋頭堡」にして中国初の沿海開放都市の一つであり、カザフスタンのアルマトイは同国最大の都市にして重要な商業と貿易の中心地となっている。両都市はそれぞれ黄海の浜辺と天山の麓に位置し、遠く離れているが、両国はここ数年、インフラの「硬聯通」(ハード面のつながり)を強化し続けており、カザフスタンを経由する中欧班列(中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車)が休みなく運行している。この「シルクロード」上の「鋼鉄のベルト」によって、両都市は発展のチャンスを共有し、共同繁栄を実現している。(アルマトイ=新華社配信)= 配信日: 2023(令和5)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023101110454

  •  (16)カザフスタン・アルマトイと江蘇省連雲港市をつなぐ「一帯一路」
    2023年10月11日
    (16)カザフスタン・アルマトイと江蘇省連雲港市をつなぐ「一帯一路」

    カザフスタン・アルマトイの市街。(5月10日撮影)カザフスタンは中国が初めて「一帯一路」構想を提唱した地で、同構想初の施設として建設された江蘇省連雲港市の中国・カザフスタン物流協力基地は、カザフスタンから直接太平洋につながる出口の役割を果たしている。同市は新ユーラシアランドブリッジ東側の「橋頭堡」にして中国初の沿海開放都市の一つであり、カザフスタンのアルマトイは同国最大の都市にして重要な商業と貿易の中心地となっている。両都市はそれぞれ黄海の浜辺と天山の麓に位置し、遠く離れているが、両国はここ数年、インフラの「硬聯通」(ハード面のつながり)を強化し続けており、カザフスタンを経由する中欧班列(中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車)が休みなく運行している。この「シルクロード」上の「鋼鉄のベルト」によって、両都市は発展のチャンスを共有し、共同繁栄を実現している。(アルマトイ=新華社配信)= 配信日: 2023(令和5)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023101110406

  •  (4)カザフスタン・アルマトイと江蘇省連雲港市をつなぐ「一帯一路」
    2023年10月11日
    (4)カザフスタン・アルマトイと江蘇省連雲港市をつなぐ「一帯一路」

    江蘇省連雲港市の連雲港港から出航する遠洋船。(2022年9月7日、小型無人機から)カザフスタンは中国が初めて「一帯一路」構想を提唱した地で、同構想初の施設として建設された江蘇省連雲港市の中国・カザフスタン物流協力基地は、カザフスタンから直接太平洋につながる出口の役割を果たしている。同市は新ユーラシアランドブリッジ東側の「橋頭堡」にして中国初の沿海開放都市の一つであり、カザフスタンのアルマトイは同国最大の都市にして重要な商業と貿易の中心地となっている。両都市はそれぞれ黄海の浜辺と天山の麓に位置し、遠く離れているが、両国はここ数年、インフラの「硬聯通」(ハード面のつながり)を強化し続けており、カザフスタンを経由する中欧班列(中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車)が休みなく運行している。この「シルクロード」上の「鋼鉄のベルト」によって、両都市は発展のチャンスを共有し、共同繁栄を実現している。(連雲港=新華社配信/王健民)= 配信日: 2023(令和5)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023101110336

  •  (7)カザフスタン・アルマトイと江蘇省連雲港市をつなぐ「一帯一路」
    2023年10月11日
    (7)カザフスタン・アルマトイと江蘇省連雲港市をつなぐ「一帯一路」

    江蘇省連雲港市の連雲港港コンテナふ頭。(5月9日、小型無人機から)カザフスタンは中国が初めて「一帯一路」構想を提唱した地で、同構想初の施設として建設された江蘇省連雲港市の中国・カザフスタン物流協力基地は、カザフスタンから直接太平洋につながる出口の役割を果たしている。同市は新ユーラシアランドブリッジ東側の「橋頭堡」にして中国初の沿海開放都市の一つであり、カザフスタンのアルマトイは同国最大の都市にして重要な商業と貿易の中心地となっている。両都市はそれぞれ黄海の浜辺と天山の麓に位置し、遠く離れているが、両国はここ数年、インフラの「硬聯通」(ハード面のつながり)を強化し続けており、カザフスタンを経由する中欧班列(中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車)が休みなく運行している。この「シルクロード」上の「鋼鉄のベルト」によって、両都市は発展のチャンスを共有し、共同繁栄を実現している。(連雲港=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2023(令和5)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023101110325

  •  (6)カザフスタン・アルマトイと江蘇省連雲港市をつなぐ「一帯一路」
    2023年10月11日
    (6)カザフスタン・アルマトイと江蘇省連雲港市をつなぐ「一帯一路」

    江蘇省連雲港市の連雲港港コンテナふ頭。(5月9日、小型無人機から)カザフスタンは中国が初めて「一帯一路」構想を提唱した地で、同構想初の施設として建設された江蘇省連雲港市の中国・カザフスタン物流協力基地は、カザフスタンから直接太平洋につながる出口の役割を果たしている。同市は新ユーラシアランドブリッジ東側の「橋頭堡」にして中国初の沿海開放都市の一つであり、カザフスタンのアルマトイは同国最大の都市にして重要な商業と貿易の中心地となっている。両都市はそれぞれ黄海の浜辺と天山の麓に位置し、遠く離れているが、両国はここ数年、インフラの「硬聯通」(ハード面のつながり)を強化し続けており、カザフスタンを経由する中欧班列(中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車)が休みなく運行している。この「シルクロード」上の「鋼鉄のベルト」によって、両都市は発展のチャンスを共有し、共同繁栄を実現している。(連雲港=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2023(令和5)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023101110332

  •  (10)カザフスタン・アルマトイと江蘇省連雲港市をつなぐ「一帯一路」
    2023年10月11日
    (10)カザフスタン・アルマトイと江蘇省連雲港市をつなぐ「一帯一路」

    江蘇省連雲港市の中国・カザフスタン連雲港物流協力基地での荷役作業の様子。(5月9日撮影)カザフスタンは中国が初めて「一帯一路」構想を提唱した地で、同構想初の施設として建設された江蘇省連雲港市の中国・カザフスタン物流協力基地は、カザフスタンから直接太平洋につながる出口の役割を果たしている。同市は新ユーラシアランドブリッジ東側の「橋頭堡」にして中国初の沿海開放都市の一つであり、カザフスタンのアルマトイは同国最大の都市にして重要な商業と貿易の中心地となっている。両都市はそれぞれ黄海の浜辺と天山の麓に位置し、遠く離れているが、両国はここ数年、インフラの「硬聯通」(ハード面のつながり)を強化し続けており、カザフスタンを経由する中欧班列(中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車)が休みなく運行している。この「シルクロード」上の「鋼鉄のベルト」によって、両都市は発展のチャンスを共有し、共同繁栄を実現している。(連雲港=新華社記者/柳文恵)= 配信日: 2023(令和5)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023101110371

  •  (8)カザフスタン・アルマトイと江蘇省連雲港市をつなぐ「一帯一路」
    2023年10月11日
    (8)カザフスタン・アルマトイと江蘇省連雲港市をつなぐ「一帯一路」

    江蘇省連雲港市の連雲港港にある新ユーラシアランドブリッジの起点標識。(2017年6月7日撮影)カザフスタンは中国が初めて「一帯一路」構想を提唱した地で、同構想初の施設として建設された江蘇省連雲港市の中国・カザフスタン物流協力基地は、カザフスタンから直接太平洋につながる出口の役割を果たしている。同市は新ユーラシアランドブリッジ東側の「橋頭堡」にして中国初の沿海開放都市の一つであり、カザフスタンのアルマトイは同国最大の都市にして重要な商業と貿易の中心地となっている。両都市はそれぞれ黄海の浜辺と天山の麓に位置し、遠く離れているが、両国はここ数年、インフラの「硬聯通」(ハード面のつながり)を強化し続けており、カザフスタンを経由する中欧班列(中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車)が休みなく運行している。この「シルクロード」上の「鋼鉄のベルト」によって、両都市は発展のチャンスを共有し、共同繁栄を実現している。(連雲港=新華社配信/王健民)= 配信日: 2023(令和5)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023101110331

  •  (17)カザフスタン・アルマトイと江蘇省連雲港市をつなぐ「一帯一路」
    2023年10月11日
    (17)カザフスタン・アルマトイと江蘇省連雲港市をつなぐ「一帯一路」

    カザフスタン・アルマトイのパンフィロフ28戦士公園。(5月5日撮影)カザフスタンは中国が初めて「一帯一路」構想を提唱した地で、同構想初の施設として建設された江蘇省連雲港市の中国・カザフスタン物流協力基地は、カザフスタンから直接太平洋につながる出口の役割を果たしている。同市は新ユーラシアランドブリッジ東側の「橋頭堡」にして中国初の沿海開放都市の一つであり、カザフスタンのアルマトイは同国最大の都市にして重要な商業と貿易の中心地となっている。両都市はそれぞれ黄海の浜辺と天山の麓に位置し、遠く離れているが、両国はここ数年、インフラの「硬聯通」(ハード面のつながり)を強化し続けており、カザフスタンを経由する中欧班列(中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車)が休みなく運行している。この「シルクロード」上の「鋼鉄のベルト」によって、両都市は発展のチャンスを共有し、共同繁栄を実現している。(アルマトイ=新華社配信)= 配信日: 2023(令和5)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023101110409

  •  (14)カザフスタン・アルマトイと江蘇省連雲港市をつなぐ「一帯一路」
    2023年10月11日
    (14)カザフスタン・アルマトイと江蘇省連雲港市をつなぐ「一帯一路」

    カザフスタン・アルマトイの市街。(5月10日撮影)カザフスタンは中国による「一帯一路」構想が初めて提唱された地で、同構想初の施設として建設された江蘇省連雲港市の中国・カザフスタン物流協力基地は、カザフスタンから直接太平洋につながる出口の役割を果たしている。同市は新ユーラシアランドブリッジ東側の「橋頭堡」にして中国初の沿海開放都市の一つであり、カザフスタンのアルマトイは同国最大の都市にして重要な商業と貿易の中心地となっている。両都市はそれぞれ黄海の浜辺と天山の麓に位置し、遠く離れているが、両国はここ数年、インフラの「硬聯通」(ハード面のつながり)を強化し続けており、カザフスタンを経由する中欧班列(中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車)が休みなく運行している。この「シルクロード」上の「鋼鉄のベルト」によって、両都市は発展のチャンスを共有し、共同繁栄を実現している。(アルマトイ=新華社配信)= 配信日: 2023(令和5)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023101110397

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2023年10月11日
    (18)カザフスタン・アルマトイと江蘇省連雲港市をつなぐ「一帯一路」

    カザフスタン・アルマトイ付近を走行する、アルマトイと中国新疆ウイグル自治区コルガスを結ぶ貨物列車。(5月12日、小型無人機から)カザフスタンは中国が初めて「一帯一路」構想を提唱した地で、同構想初の施設として建設された江蘇省連雲港市の中国・カザフスタン物流協力基地は、カザフスタンから直接太平洋につながる出口の役割を果たしている。同市は新ユーラシアランドブリッジ東側の「橋頭堡」にして中国初の沿海開放都市の一つであり、カザフスタンのアルマトイは同国最大の都市にして重要な商業と貿易の中心地となっている。両都市はそれぞれ黄海の浜辺と天山の麓に位置し、遠く離れているが、両国はここ数年、インフラの「硬聯通」(ハード面のつながり)を強化し続けており、カザフスタンを経由する中欧班列(中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車)が休みなく運行している。この「シルクロード」上の「鋼鉄のベルト」によって、両都市は発展のチャンスを共有し、共同繁栄を実現している。(アルマトイ=新華社配信)= 配信日: 2023(令和5)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023101110434

  •  (22)カザフスタン・アルマトイと江蘇省連雲港市をつなぐ「一帯一路」
    2023年10月11日
    (22)カザフスタン・アルマトイと江蘇省連雲港市をつなぐ「一帯一路」

    カザフスタン・アルマトイの大型中古車取引市場に置かれた自動車。現地ディーラーによると、中国や日本、韓国ブランドの自動車部品が中欧班列を通じて国内に入ってくるという。(5月5日、小型無人機から)カザフスタンは中国が初めて「一帯一路」構想を提唱した地で、同構想初の施設として建設された江蘇省連雲港市の中国・カザフスタン物流協力基地は、カザフスタンから直接太平洋につながる出口の役割を果たしている。同市は新ユーラシアランドブリッジ東側の「橋頭堡」にして中国初の沿海開放都市の一つであり、カザフスタンのアルマトイは同国最大の都市にして重要な商業と貿易の中心地となっている。両都市はそれぞれ黄海の浜辺と天山の麓に位置し、遠く離れているが、両国はここ数年、インフラの「硬聯通」(ハード面のつながり)を強化し続けており、カザフスタンを経由する中欧班列(中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車)が休みなく運行している。この「シルクロード」上の「鋼鉄のベルト」によって、両都市は発展のチャンスを共有し、共同繁栄を実現している。(アルマトイ=新華社配信)= 配信日: 2023(令和5)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023101110461

  •  (20)カザフスタン・アルマトイと江蘇省連雲港市をつなぐ「一帯一路」
    2023年10月11日
    (20)カザフスタン・アルマトイと江蘇省連雲港市をつなぐ「一帯一路」

    カザフスタン南部の中国国境地域にあり、中国・カザフスタン連雲港物流協力基地との業務連携や人員の相互派遣、情報の相互連絡、リソースの共有を実現した「コルガス-東大門」内陸港(ドライポート)に入る貨物列車。(2022年5月19日撮影)カザフスタンは中国が初めて「一帯一路」構想を提唱した地で、同構想初の施設として建設された江蘇省連雲港市の中国・カザフスタン物流協力基地は、カザフスタンから直接太平洋につながる出口の役割を果たしている。同市は新ユーラシアランドブリッジ東側の「橋頭堡」にして中国初の沿海開放都市の一つであり、カザフスタンのアルマトイは同国最大の都市にして重要な商業と貿易の中心地となっている。両都市はそれぞれ黄海の浜辺と天山の麓に位置し、遠く離れているが、両国はここ数年、インフラの「硬聯通」(ハード面のつながり)を強化し続けており、カザフスタンを経由する中欧班列(中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車)が休みなく運行している。この「シルクロード」上の「鋼鉄のベルト」によって、両都市は発展のチャンスを共有し、共同繁栄を実現している。(アルマトイ=新華社配信)= 配信日: 2023(令和5)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023101110436

  •  (2)カザフスタン・アルマトイと江蘇省連雲港市をつなぐ「一帯一路」
    2023年10月11日
    (2)カザフスタン・アルマトイと江蘇省連雲港市をつなぐ「一帯一路」

    江蘇省連雲港市の海浜エリアの景色。(2022年8月7日撮影)カザフスタンは中国が初めて「一帯一路」構想を提唱した地で、同構想初の施設として建設された江蘇省連雲港市の中国・カザフスタン物流協力基地は、カザフスタンから直接太平洋につながる出口の役割を果たしている。同市は新ユーラシアランドブリッジ東側の「橋頭堡」にして中国初の沿海開放都市の一つであり、カザフスタンのアルマトイは同国最大の都市にして重要な商業と貿易の中心地となっている。両都市はそれぞれ黄海の浜辺と天山の麓に位置し、遠く離れているが、両国はここ数年、インフラの「硬聯通」(ハード面のつながり)を強化し続けており、カザフスタンを経由する中欧班列(中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車)が休みなく運行している。この「シルクロード」上の「鋼鉄のベルト」によって、両都市は発展のチャンスを共有し、共同繁栄を実現している。(連雲港=新華社配信/王健民)= 配信日: 2023(令和5)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023101110292

  •  (3)カザフスタン・アルマトイと江蘇省連雲港市をつなぐ「一帯一路」
    2023年10月11日
    (3)カザフスタン・アルマトイと江蘇省連雲港市をつなぐ「一帯一路」

    江蘇省連雲港市の花果山の景色。(2022年10月30日撮影)カザフスタンは中国が初めて「一帯一路」構想を提唱した地で、同構想初の施設として建設された江蘇省連雲港市の中国・カザフスタン物流協力基地は、カザフスタンから直接太平洋につながる出口の役割を果たしている。同市は新ユーラシアランドブリッジ東側の「橋頭堡」にして中国初の沿海開放都市の一つであり、カザフスタンのアルマトイは同国最大の都市にして重要な商業と貿易の中心地となっている。両都市はそれぞれ黄海の浜辺と天山の麓に位置し、遠く離れているが、両国はここ数年、インフラの「硬聯通」(ハード面のつながり)を強化し続けており、カザフスタンを経由する中欧班列(中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車)が休みなく運行している。この「シルクロード」上の「鋼鉄のベルト」によって、両都市は発展のチャンスを共有し、共同繁栄を実現している。(連雲港=新華社配信/王健民)= 配信日: 2023(令和5)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023101110312

  •  (11)カザフスタン・アルマトイと江蘇省連雲港市をつなぐ「一帯一路」
    2023年10月11日
    (11)カザフスタン・アルマトイと江蘇省連雲港市をつなぐ「一帯一路」

    江蘇省連雲港市の中国・カザフスタン連雲港物流協力基地から出発する中欧班列。(4月28日、小型無人機から)カザフスタンは中国が初めて「一帯一路」構想を提唱した地で、同構想初の施設として建設された江蘇省連雲港市の中国・カザフスタン物流協力基地は、カザフスタンから直接太平洋につながる出口の役割を果たしている。同市は新ユーラシアランドブリッジ東側の「橋頭堡」にして中国初の沿海開放都市の一つであり、カザフスタンのアルマトイは同国最大の都市にして重要な商業と貿易の中心地となっている。両都市はそれぞれ黄海の浜辺と天山の麓に位置し、遠く離れているが、両国はここ数年、インフラの「硬聯通」(ハード面のつながり)を強化し続けており、カザフスタンを経由する中欧班列(中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車)が休みなく運行している。この「シルクロード」上の「鋼鉄のベルト」によって、両都市は発展のチャンスを共有し、共同繁栄を実現している。(連雲港=新華社配信/王健民)= 配信日: 2023(令和5)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023101110366

  •  (19)カザフスタン・アルマトイと江蘇省連雲港市をつなぐ「一帯一路」
    2023年10月11日
    (19)カザフスタン・アルマトイと江蘇省連雲港市をつなぐ「一帯一路」

    カザフスタン南部の中国国境地域にある「コルガス-東大門」内陸港(ドライポート)で作業中のガントリークレーン。(2022年5月19日撮影)カザフスタンは中国が初めて「一帯一路」構想を提唱した地で、同構想初の施設として建設された江蘇省連雲港市の中国・カザフスタン物流協力基地は、カザフスタンから直接太平洋につながる出口の役割を果たしている。同市は新ユーラシアランドブリッジ東側の「橋頭堡」にして中国初の沿海開放都市の一つであり、カザフスタンのアルマトイは同国最大の都市にして重要な商業と貿易の中心地となっている。両都市はそれぞれ黄海の浜辺と天山の麓に位置し、遠く離れているが、両国はここ数年、インフラの「硬聯通」(ハード面のつながり)を強化し続けており、カザフスタンを経由する中欧班列(中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車)が休みなく運行している。この「シルクロード」上の「鋼鉄のベルト」によって、両都市は発展のチャンスを共有し、共同繁栄を実現している。(アルマトイ=新華社配信)= 配信日: 2023(令和5)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023101110435

  •  (1)カザフスタン・アルマトイと江蘇省連雲港市をつなぐ「一帯一路」
    2023年10月11日
    (1)カザフスタン・アルマトイと江蘇省連雲港市をつなぐ「一帯一路」

    江蘇省連雲港市の海浜市街区域の景色。(2022年10月11日撮影)カザフスタンは中国が初めて「一帯一路」構想を提唱した地で、同構想初の施設として建設された江蘇省連雲港市の中国・カザフスタン物流協力基地は、カザフスタンから直接太平洋につながる出口の役割を果たしている。同市は新ユーラシアランドブリッジ東側の「橋頭堡」にして中国初の沿海開放都市の一つであり、カザフスタンのアルマトイは同国最大の都市にして重要な商業と貿易の中心地となっている。両都市はそれぞれ黄海の浜辺と天山の麓に位置し、遠く離れているが、両国はここ数年、インフラの「硬聯通」(ハード面のつながり)を強化し続けており、カザフスタンを経由する中欧班列(中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車)が休みなく運行している。この「シルクロード」上の「鋼鉄のベルト」によって、両都市は発展のチャンスを共有し、共同繁栄を実現している。(連雲港=新華社配信/王健民)= 配信日: 2023(令和5)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023101110139

  •  (5)カザフスタン・アルマトイと江蘇省連雲港市をつなぐ「一帯一路」
    2023年10月11日
    (5)カザフスタン・アルマトイと江蘇省連雲港市をつなぐ「一帯一路」

    江蘇省連雲港市の連雲港港コンテナふ頭に停泊する貨物船。(5月9日、小型無人機から)カザフスタンは中国が初めて「一帯一路」構想を提唱した地で、同構想初の施設として建設された江蘇省連雲港市の中国・カザフスタン物流協力基地は、カザフスタンから直接太平洋につながる出口の役割を果たしている。同市は新ユーラシアランドブリッジ東側の「橋頭堡」にして中国初の沿海開放都市の一つであり、カザフスタンのアルマトイは同国最大の都市にして重要な商業と貿易の中心地となっている。両都市はそれぞれ黄海の浜辺と天山の麓に位置し、遠く離れているが、両国はここ数年、インフラの「硬聯通」(ハード面のつながり)を強化し続けており、カザフスタンを経由する中欧班列(中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車)が休みなく運行している。この「シルクロード」上の「鋼鉄のベルト」によって、両都市は発展のチャンスを共有し、共同繁栄を実現している。(連雲港=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2023(令和5)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023101110335

  •  (12)カザフスタン・アルマトイと江蘇省連雲港市をつなぐ「一帯一路」
    2023年10月11日
    (12)カザフスタン・アルマトイと江蘇省連雲港市をつなぐ「一帯一路」

    江蘇省連雲港市の中国・カザフスタン連雲港物流協力基地で中国の同僚と交流する両国合弁企業、連雲港中国・カザフスタン国際物流のカザフスタン側スタッフ、アズ副社長(中央)と、作業員のマハジャンさん(左)。(5月10日撮影)カザフスタンは中国が初めて「一帯一路」構想を提唱した地で、同構想初の施設として建設された江蘇省連雲港市の中国・カザフスタン物流協力基地は、カザフスタンから直接太平洋につながる出口の役割を果たしている。同市は新ユーラシアランドブリッジ東側の「橋頭堡」にして中国初の沿海開放都市の一つであり、カザフスタンのアルマトイは同国最大の都市にして重要な商業と貿易の中心地となっている。両都市はそれぞれ黄海の浜辺と天山の麓に位置し、遠く離れているが、両国はここ数年、インフラの「硬聯通」(ハード面のつながり)を強化し続けており、カザフスタンを経由する中欧班列(中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車)が休みなく運行している。この「シルクロード」上の「鋼鉄のベルト」によって、両都市は発展のチャンスを共有し、共同繁栄を実現している。(連雲港=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2023(令和5)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023101110367

  •  (15)カザフスタン・アルマトイと江蘇省連雲港市をつなぐ「一帯一路」
    2023年10月11日
    (15)カザフスタン・アルマトイと江蘇省連雲港市をつなぐ「一帯一路」

    カザフスタン・アルマトイのコクトベテレビ塔。(5月10日、小型無人機から)カザフスタンは中国が初めて「一帯一路」構想を提唱した地で、同構想初の施設として建設された江蘇省連雲港市の中国・カザフスタン物流協力基地は、カザフスタンから直接太平洋につながる出口の役割を果たしている。同市は新ユーラシアランドブリッジ東側の「橋頭堡」にして中国初の沿海開放都市の一つであり、カザフスタンのアルマトイは同国最大の都市にして重要な商業と貿易の中心地となっている。両都市はそれぞれ黄海の浜辺と天山の麓に位置し、遠く離れているが、両国はここ数年、インフラの「硬聯通」(ハード面のつながり)を強化し続けており、カザフスタンを経由する中欧班列(中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車)が休みなく運行している。この「シルクロード」上の「鋼鉄のベルト」によって、両都市は発展のチャンスを共有し、共同繁栄を実現している。(アルマトイ=新華社配信)= 配信日: 2023(令和5)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023101110395

  • 1