KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • しんかい
  • りゅう
  • チーム
  • モミ
  • 世界食料デー
  • 中国科学院
  • 令和
  • 増加
  • 平均
  • 平成

「新和村」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
12
( 1 12 件を表示)
  • 1
12
( 1 12 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2003年02月19日
    牛 畜産(牛)

    和牛の放牧=2003(平成15)年2月19日、熊本県新和村、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [外15-258-10]

    商品コード: 2017101200891

  • 2003年02月19日
    牛 畜産(牛)

    牛の放牧=2003(平成15)年2月19日、熊本県新和村、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [外15-258-11]

    商品コード: 2017101200845

  • 2003年02月19日
    牛 畜産(牛)

    牛の放牧=2003(平成15)年2月19日、熊本県新和村、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [外15-258-E]

    商品コード: 2017101200843

  • 2003年02月19日
    牛 畜産(牛)

    和牛の放牧=2003(平成15)年2月19日、熊本県新和村、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [外15-258-23]

    商品コード: 2017101200889

  • 2003年02月19日
    牛 畜産(牛)

    牛の放牧=2003(平成15)年2月19日、熊本県新和村、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [外15-258-21]

    商品コード: 2017101200836

  • 2003年02月19日
    牛 畜産(牛)

    牛の放牧=2003(平成15)年2月19日、熊本県新和村、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [外15-258-10]

    商品コード: 2017101200833

  • 2021年10月19日
    (6)黄金色に色づく田んぼ、「巨大稲」が収穫期に浙江省

    16日、三都鎮新和村の袁隆平生態水稲栽培基地で、巨大稲の刈り取り作業をするボランティア。(小型無人機から)「世界食料デー」に当たる16日、中国浙江省建徳市三都鎮新和村の袁隆平(えん・りゅうへい)生態水稲栽培基地で試験栽培されている「巨大稲」が収穫期を迎え、刈り取り作業が始まった。巨大稲は中国科学院の夏新界(か・しんかい)研究員率いるチームが開発。今年は同鎮が試験栽培地に選ばれ、成功を収めた。大きく成長し、稲株が太くまっすぐ伸びているのが特徴で、高さは平均1・8メートル前後に達する。稲穂も長く、1本の穂に実るモミの数は約500粒に上る。1ムー(約667平方メートル)当たり予想収穫量は900~1千キロで、1ムー当たり生産量が通常の稲より200~300キロ増加する見通し。(建徳=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(令和3)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101911471

  • 2021年10月19日
    (4)黄金色に色づく田んぼ、「巨大稲」が収穫期に浙江省

    16日、巨大稲を刈り取る農家の人。「世界食料デー」に当たる16日、中国浙江省建徳市三都鎮新和村の袁隆平(えん・りゅうへい)生態水稲栽培基地で試験栽培されている「巨大稲」が収穫期を迎え、刈り取り作業が始まった。巨大稲は中国科学院の夏新界(か・しんかい)研究員率いるチームが開発。今年は同鎮が試験栽培地に選ばれ、成功を収めた。大きく成長し、稲株が太くまっすぐ伸びているのが特徴で、高さは平均1・8メートル前後に達する。稲穂も長く、1本の穂に実るモミの数は約500粒に上る。1ムー(約667平方メートル)当たり予想収穫量は900~1千キロで、1ムー当たり生産量が通常の稲より200~300キロ増加する見通し。(建徳=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(令和3)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101911468

  • 2021年10月19日
    (3)黄金色に色づく田んぼ、「巨大稲」が収穫期に浙江省

    16日、巨大稲を刈り取る農家の人たち。「世界食料デー」に当たる16日、中国浙江省建徳市三都鎮新和村の袁隆平(えん・りゅうへい)生態水稲栽培基地で試験栽培されている「巨大稲」が収穫期を迎え、刈り取り作業が始まった。巨大稲は中国科学院の夏新界(か・しんかい)研究員率いるチームが開発。今年は同鎮が試験栽培地に選ばれ、成功を収めた。大きく成長し、稲株が太くまっすぐ伸びているのが特徴で、高さは平均1・8メートル前後に達する。稲穂も長く、1本の穂に実るモミの数は約500粒に上る。1ムー(約667平方メートル)当たり予想収穫量は900~1千キロで、1ムー当たり生産量が通常の稲より200~300キロ増加する見通し。(建徳=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(令和3)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101911466

  • 2021年10月19日
    (1)黄金色に色づく田んぼ、「巨大稲」が収穫期に浙江省

    16日、三都鎮新和村の袁隆平生態水稲栽培基地。(小型無人機から)「世界食料デー」に当たる16日、中国浙江省建徳市三都鎮新和村の袁隆平(えん・りゅうへい)生態水稲栽培基地で試験栽培されている「巨大稲」が収穫期を迎え、刈り取り作業が始まった。巨大稲は中国科学院の夏新界(か・しんかい)研究員率いるチームが開発。今年は同鎮が試験栽培地に選ばれ、成功を収めた。大きく成長し、稲株が太くまっすぐ伸びているのが特徴で、高さは平均1・8メートル前後に達する。稲穂も長く、1本の穂に実るモミの数は約500粒に上る。1ムー(約667平方メートル)当たり予想収穫量は900~1千キロで、1ムー当たり生産量が通常の稲より200~300キロ増加する見通し。(建徳=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(令和3)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101911439

  • 2021年10月19日
    (2)黄金色に色づく田んぼ、「巨大稲」が収穫期に浙江省

    16日、三都鎮新和村の袁隆平生態水稲栽培基地で、巨大稲を手に写真に納まる観光客。「世界食料デー」に当たる16日、中国浙江省建徳市三都鎮新和村の袁隆平(えん・りゅうへい)生態水稲栽培基地で試験栽培されている「巨大稲」が収穫期を迎え、刈り取り作業が始まった。巨大稲は中国科学院の夏新界(か・しんかい)研究員率いるチームが開発。今年は同鎮が試験栽培地に選ばれ、成功を収めた。大きく成長し、稲株が太くまっすぐ伸びているのが特徴で、高さは平均1・8メートル前後に達する。稲穂も長く、1本の穂に実るモミの数は約500粒に上る。1ムー(約667平方メートル)当たり予想収穫量は900~1千キロで、1ムー当たり生産量が通常の稲より200~300キロ増加する見通し。(建徳=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(令和3)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101911463

  • 2021年10月19日
    (5)黄金色に色づく田んぼ、「巨大稲」が収穫期に浙江省

    16日、巨大稲を刈り取る農家の人。「世界食料デー」に当たる16日、中国浙江省建徳市三都鎮新和村の袁隆平(えん・りゅうへい)生態水稲栽培基地で試験栽培されている「巨大稲」が収穫期を迎え、刈り取り作業が始まった。巨大稲は中国科学院の夏新界(か・しんかい)研究員率いるチームが開発。今年は同鎮が試験栽培地に選ばれ、成功を収めた。大きく成長し、稲株が太くまっすぐ伸びているのが特徴で、高さは平均1・8メートル前後に達する。稲穂も長く、1本の穂に実るモミの数は約500粒に上る。1ムー(約667平方メートル)当たり予想収穫量は900~1千キロで、1ムー当たり生産量が通常の稲より200~300キロ増加する見通し。(建徳=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(令和3)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101911469

  • 1