KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 感染拡大
  • 新型コロナ
  • 緊急事態宣言
  • 感染防止
  • コロナ禍
  • 会見雑観
  • コロナ対策
  • トラベル
  • 外出自粛
  • 官房長官

「新型コロナウイルス感染拡大」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 映像
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
52
( 1 52 件を表示)
  • 1
52
( 1 52 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:16.73
    2021年01月05日
    テレワークで出勤7割減を 西村担当相記者会見

    西村康稔経済再生担当相は5日の記者会見で、新型コロナウイルス感染拡大が続く東京都と埼玉、千葉、神奈川の3県への緊急事態宣言では、飲食店の営業時間短縮に加え、テレワーク推進とイベント開催要件の厳格化が対策の柱になるとの考えを示した。テレワークでは昨年春と同様に出勤者の7割削減を目指すと説明した。 西村氏は、新型コロナ感染症対策分科会が飲食を通じた感染拡大を抑える必要があると何度も提言しているとして「飲食につながる人の流れを減らすことが大事だ」と強調。「テレワーク推進やイベントの厳格化もその一つになってくる」と述べた。<映像内容> 西村担当大臣の記者会見の様子、撮影日:2021(令和3)年1月5日、撮影場所:東京都千代田区

    撮影: 2021(令和3)年1月5日

  • 01:39.80
    2020年12月31日
    年末ジャンボ宝くじ コロナ禍、無観客抽せん会

    1等と前後賞を合わせて10億円が当たる「年末ジャンボ宝くじ」の抽せん会が31日、東京都新宿区の東京オペラシティで開かれた。抽せん会には例年、多くの宝くじファンが訪れるが、新型コロナウイルス感染拡大の状況を考慮し、無観客での開催となった。観客席には抽せん会のスタッフや報道関係者のみで、感染防止のため間隔を空けて座った。1等の抽せんに参加した武田良太総務相は、コロナ禍にみまわれた2020年を振り返り「来年(21年)こそ、皆さまにとって明るい年になることを祈念したい」と述べた。<映像内容>東京都新宿区の東京オペラシティで開かれた「年末ジャンボ宝くじ」の抽せん会の様子。、撮影日:2020(令和2)年12月31日午後0時45分~午後1時ごろまで撮影、撮影場所:東京都新宿区の東京オペラシティ

    撮影: 2020(令和2)年12月31日午後0時45分~午後1時ごろまで撮影

  • 00:50.15
    2020年12月28日
    空撮 GoTo停止、観光地不安 全国一斉、影響どこまで

    新型コロナウイルス感染拡大に歯止めがかからないことを踏まえ、政府の観光支援事業「Go To トラベル」が28日、全国で一斉に停止された。期間は来年1月11日までの15日間で、例年なら年末年始の休みを利用した人たちでにぎわう観光地の関係者らは「どんな影響が出るのか」と不安を隠せないでいる。<映像内容>GoTo停止で人出がまばらになった京都各地の空撮(京都駅周辺、清水寺、八坂神社と円山公園、嵐山の渡月橋付近)、撮影日:2020(令和2)年12月28日、撮影場所:京都府

    撮影: 2020(令和2)年12月28日

  • 01:11.07
    2020年12月27日
    那智の滝で正月準備 和歌山、しめ縄張り替え

    和歌山県那智勝浦町の世界遺産・熊野那智大社のご神体「那智の滝」の上に架かる大しめ縄が27日、正月を前に張り替えられた。高さ133メートルある滝の上で白装束に烏帽子姿の神職ら5人が命綱を着けて作業。滝の落ち口まで長さ約26メートル、重さ4キロの新しい大しめ縄を運び、流れる水に足を取られないよう慎重に取り付けた。滝は大みそから元日の朝にかけてライトアップされ、参拝客を迎える。今年は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、拝殿前にポールを置き、参拝客が間隔を取れるようにするなどの対策をとる。<映像内容>那智の滝を下から撮影した映像のほか、滝上で神職らがしめ縄を張り替える様子など、撮影日:2020(令和2)年12月27日、撮影場所:和歌山県那智勝浦町

    撮影: 2020(令和2)年12月27日

  • 02:10.53
    2020年12月15日
    聖火の通過自治体変更なし 東京五輪組織委会見

    東京五輪・パラリンピック組織委員会は15日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期された五輪の聖火リレーについて、延期前と同じ47都道府県の859市区町村を121日間かけて回るルートの概要を発表した。通過する自治体は変わらず、効率的な運営や警備などのため一部で順番を変更した。<映像内容>東京都内で行われた東京五輪・パラリンピック組織委員会の聖火リレーについての記者会見、布村幸彦組織委副事務総長、福島、岩手、宮城、東京の各県都の代表の話など、撮影日:2020(令和2)年12月15日、撮影場所:東京都

    撮影: 2020(令和2)年12月15日

  • 01:38.33
    2020年12月08日
    感染拡大防止へ73兆円対策 コロナ克服、GoTo延長

    政府は8日、新型コロナウイルス感染拡大を受けた追加経済対策を閣議決定した。国の予算は約30兆6千億円、民間投資を増やす効果を含めた事業規模は約73兆6千億円で、感染対策に加えて消費下支えへ観光支援事業「Go To トラベル」を延長する。<映像内容>閣議後に記者会見する西村康稔経済再生担当相、撮影日:2020(令和2)年12月8日、撮影場所:東京都

    撮影: 2020(令和2)年12月8日

  • 01:48.20
    2020年12月01日
    大阪万博、25年開催承認 「コロナ後描く」担当相

    2025年大阪・関西万博に向け、博覧会国際事務局(BIE、本部・パリ)は1日のオンライン総会で、万博の事業計画を盛り込んだ「登録申請書」を承認した。井上信治万博相は「ポストコロナを見据え、強靱(きょうじん)で持続可能な社会を描く」と決意を表明。参加150カ国を目標に招致を本格化する。新型コロナウイルス感染拡大の影響により、総会は当初予定の6月から半年遅れた。開催地の大阪では招致活動の遅れや会場建設費の高騰を懸念する声もある。 井上氏は東京・霞が関の合同庁舎から参加した。<映像内容>オンラインで行われた総会の様子、万博の承認、旗渡し式、井上大臣のスピーチ(英語)、井上大臣の囲み取材など、撮影日:2020(令和2)年12月1日、撮影場所:東京都千代田区

    撮影: 2020(令和2)年12月1日

  • 02:17.07
    2020年11月26日
    接待店に休業要請、札幌 鈴木北海道知事の記者会見

    北海道は26日、新型コロナウイルス感染拡大のため、札幌市の接待を伴う飲食店に休業要請すると発表した。28日から12月11日まで。すでに要請している同市の不要不急の外出や他地域との往来の自粛、繁華街・ススキノの接待を伴わないバーやナイトクラブの時短営業も、当初11月7日から27日としていた期間を、12月11日まで延長した。<映像内容>鈴木北海道知事の記者会見、撮影日:2020(令和2)年11月26日、撮影場所:北海道札幌市

    撮影: 2020(令和2)年11月26日

  • 02:34.58
    2020年11月24日
    札幌、大阪3週間GoTo除外へ 予約済み割引は無効、感染拡大で

    政府は24日、観光支援事業「Go To トラベル」について、札幌市、大阪市を対象地域から一時除外すると発表した。新型コロナウイルス感染拡大に伴う措置で、決定から3週間、新規予約を停止し、予約済みの旅行は割引適用を無効にする。利用者のキャンセル料負担がないようにして、旅行会社や宿泊施設の損害は国が補償する。24日中にも決定する。<映像内容>赤羽一嘉(あかば・かずよし)国土交通相の記者会見、撮影日:2020(令和2)年11月24日、撮影場所:東京都千代田区

    撮影: 2020(令和2)年11月24日

  • 01:57.08
    2020年10月31日
    配送ロボット実験を視察 加藤官房長官

    加藤勝信官房長官は31日、東京都内で日本郵便などが実施する自動配送ロボットの公道走行の実証実験を視察した。政府の未来投資会議が7月に決定した成長戦略実行計画で、新型コロナウイルス感染拡大による宅配需要増を受け「年内に走行実証を実現する」と明記している。 遠隔操作で公道を使用した配送ロボット実験は国内初。 <映像内容>視察の模様。公道の走行の様子と視察、麹町郵便局の荷物積み降ろし、加藤官房長の囲み取材、撮影日:2020(令和2)年10月31日、撮影場所:東京都千代田区

    撮影: 2020(令和2)年10月31日

  • 00:59.11
    2020年10月30日
    「新華社」キューバの武術学校が創立25周年、壮大な演武で祝い

    キューバの首都ハバナで武術と気功を教えている「キューバ武術学校」はこのほど、市内のチャイナタウンで大規模な演武を披露し、創立25周年を祝った。創立者で指導者のロベルト・バルガス・リー氏は、中国武術を習う人がハバナ以外でも増えており、健康増進に役立てられているほか、自然との調和に目覚めるきっかけにもなっていると語った。学校は新型コロナウイルス感染拡大を受けて7カ月ほど閉鎖されていたが、最近になって再開。現在、8千人以上の生徒がおり、うち2500人はハバナ在住者だという。<映像内容>キューバ武術学校の演武披露の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:35.92
    2020年10月28日
    世界マスターズの延期発表 コロナ禍で1年程度

    関西を中心に行われる生涯スポーツの世界大会「ワールドマスターズゲームズ(WMG)」の組織委員会は28日、2021年5月の開催時期を1年程度延期すると発表した。同日開催の理事会で決定。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、国内外から多数参加するイベント開催は困難と判断した。 組織委会長の兵庫県の井戸敏三(いど・としぞう)知事と、関西経済連合会の松本正義(まつもと・まさよし)会長(住友電気工業会長)は28日午前、大阪市内で記者会見。井戸氏は「選手同士や地域の方々に交流してもらい、大会後に関西で観光を楽しんでもらうこと」がWMGの理念だとし「その理念を全うするのは(来年では)厳しい」と延期の理由を語った。理事会の決定内容は11月にスイスで開かれる国際マスターズゲームズ協会の総会で報告する。  <映像内容>ワールドマスターズゲームズ組織委員会の記者会見(向かって右が兵庫県の井戸知事、向かって左が関西経済連合会の松本会長)、会見雑観など、撮影日:2020(令和2)年10月28日、撮影場所:大阪市北区

    撮影: 2020(令和2)年10月28日

  • 00:49.66
    2020年10月22日
    「新華社」マカオ三大展示会、予定通り開催

    中国マカオ特別行政区で22日、第25回マカオ国際貿易投資展覧会(MIF)、マカオ国際ブランドフランチャイズ展2020(MFE)、2020年ポルトガル語国家製品・サービス展(マカオ)(PLPEX)の三大展示会が同時に開幕した。開幕式には同特別行政区の賀一誠(が・いつせい)行政長官や中央政府駐マカオ連絡弁公室の傳自応(ふ・じおう)主任、中国国際貿易促進委員会の高燕(こう・えん)会長、外交部駐マカオ特派員公署の王冬(おう・とう)署理特派員らが出席した。新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けたが、今年のマカオ三大展示会は数々の困難を克服し、予定通りに開かれた。9月23日に中国本土居住者に対するマカオへの観光査証発行手続きが再開された後、マカオ貿易投資促進局が主催する初の大型展示イベントで、感染状況下でマカオのコンベンション業界の自信を深めることを目指している。会期はいずれも3日間で、総展示面積は2万5千平方メートルとなっている。(記者/王晨曦、郭鑫)<映像内容>マカオ三大展示会の様子、撮影日:2020(令和2)年10月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:24.35
    2020年10月21日
    上空から北方領土先祖慰霊 ビザなし訪問中止で元島民

    北方領土の元島民らが21日、チャーター機で北海道の中標津空港を出発し、4島に近い知床半島や根室半島周辺の上空から先祖を慰霊した。道主催の新事業で、新型コロナウイルス感染拡大の影響でビザなし訪問が中止になったことに伴う事実上の代替策。チャーター機は午前10時45分ごろ出発し、約1時間後に中標津空港に到着。フライトは25日までの計5回で、チャーター機はロシアが領空と主張するエリアには入らない。元島民やその親族は、1回当たり約20人が搭乗する。<映像内容>上空慰霊の出発式の様子、あいさつする北海道の鈴木直道知事や鈴木宗男参院議員ら、機内へ向かう島民ら、チャーター機出発と帰着、参加した島民の囲み(手前が元島民の河田弘登志さん、もう1人が得能宏さん)、知事と元島民らの懇談など、撮影日:2020(令和2)年10月21日、撮影場所:北海道中標津町

    撮影: 2020(令和2)年10月21日

  • 01:21.81
    2020年10月04日
    世界遺産の滝で献茶式 和歌山、熊野那智大社

    和歌山県那智勝浦町にある世界遺産・熊野那智大社のご神体「那智の滝」前で4日、江戸時代の茶人川上不白(1719―1807年)をしのぶ献茶式が開かれた。流れ落ちる滝の水の音が響く中、不白を流祖とする江戸千家宗家蓮華庵の川上紹雪副家元(61)が厳かにお点前を披露した。 不白は同県新宮市生まれ。那智の滝を信仰していたと伝わり、2007年に新宮市で開催された没後200年の記念茶会の翌年08年から、毎年秋に滝前での献茶が行われている。 例年は全国から流派の仲間が訪れて茶会が開かれるが、今年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で献茶式のみとなった。 <映像内容>世界遺産・那智の滝、滝前で行われた献茶式の様子など、撮影日:2020(令和2)年10月4日、撮影場所:和歌山県那智勝浦町

    撮影: 2020(令和2)年10月4日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:24.55
    2020年09月25日
    朝鮮紙、コロナ阻止訴え 警戒続く平壌市内

    北朝鮮の朝鮮労働党機関紙、労働新聞は25日、新型コロナウイルスの流入阻止に向けた「防疫障壁」の一層の強化を訴えた。韓国人男性が北朝鮮兵士により射殺されたと韓国政府が発表したことについては触れていない。 北朝鮮メディアは、陸上だけでなく、海や河川からもコロナウイルスが流入しうると強調、監視所が増設されたと伝えている。 現地からの情報では、首都平壌では市民は外出時や公共の場所で引き続きマスクを着用。公共交通機関や商店での消毒なども徹底されている。 <映像内容>平壌市内の様子、大型テレビで世界各地の新型コロナウイルス感染拡大に関するニュースを放映する様子、市民らはみなマスク姿、10月10日の朝鮮労働党創建75年を祝う看板など。平壌市内のレストランでのコロナ対策の様子、手すりからテーブルまで徹底消毒、従業員の話、ガラスの張り紙「新型コロナウイルス感染症を徹底して阻止しよう」、入店する前に手を消毒、体温を測る客など。レストラン従業員の金光玉さん(40)の話 訳「非常防疫活動が長期化しているのに対応し、ウイルスが流入しうる場所を徹底して探し出して対策を取っている。客のマスク着用や体温計測、手の消毒などを一層強化している。一瞬の気の緩みがもたらしうる深刻な結果を認識し、防疫活動をいっそう強化したい」、撮影日:2020(令和2)年9月25日、撮影場所:北朝鮮平壌

    撮影: 2020(令和2)年9月25日

  • 01:07.93
    2020年09月05日
    あしかがフラワーパークで見頃 「下野新聞」色とりどり スイレン鮮やかに

    栃木県足利市迫間(はさま)町の「あしかがフラワーパーク」で、熱帯性スイレンが見頃を迎え、青や白、ピンク色などの花が水面を彩っている。今年は新型コロナウイルス感染拡大防止で手入れ作業に当たる人員が限られる中、7月中旬から園内の水路や池などに800株を植栽した。同園によると、長雨の影響で成育が危ぶまれたが、8月中旬ごろから安定して日照時間を確保できたため、全ての株で花が咲いているという、撮影日:2020(令和2)年9月5日、撮影場所:栃木県足利市

    撮影: 2020(令和2)年9月5日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:06.25
    2020年08月15日
    最多4閣僚が靖国参拝 終戦の日、第2次内閣後

    小泉進次郎環境相、高市早苗総務相ら4閣僚が15日、東京・九段北の靖国神社を個別に参拝した。終戦の日に合わせた閣僚参拝は4年ぶりで、4人は2012年12月の第2次安倍内閣発足以降、最多。安倍晋三首相は自民党総裁として玉串料を私費で奉納した。 超党派議員連盟「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」は、会長の尾辻秀久元参院副議長、事務局長で日本遺族会会長の水落敏栄参院議員が参拝した。例年の一斉参拝は新型コロナウイルス感染拡大を受けて見送った。高鳥氏ら自民党グループ「保守団結の会」、稲田朋美幹事長代行が率いる「伝統と創造の会」もそれぞれ参拝した。<映像内容>議員の入りや出、囲み、コロナ対策や熱さを含めた靖国神社雑観など。 中谷元・元防衛相、日本遺族会会長の水落敏栄元文科副大臣、衛藤晟一沖縄北方担当相(囲みも)、高市早苗総務相(囲みも)、尾辻秀久元参院副議長(囲みも)、稲田朋美幹事長代行(囲みも)など、撮影日:2020(令和2)年8月15日、撮影場所:東京都千代田区

    撮影: 2020(令和2)年8月15日

  • 01:46.74
    2020年08月11日
    「新華社」新型コロナ期間を中国で過ごしたトルクメニスタン留学生

    中国山西省の太原理工大学に留学するトルクメニスタン出身のアガムラドフ・ダヤンチさんはこのほど、同省で家族と共に過ごした新型コロナウイルス感染拡大時の生活を振り返った。ダヤンチさんは「新型コロナの感染対策期間中、太原理工大学は留学生にマスクなどの感染防止物資を無料で提供してくれた。私と妻は大学の国際教育交流学院の業務態勢に積極的に協力した。時間通りオンライン授業を受け、先生らとコミュニケーションを取った」と語る。ダヤンチさんは7月、同大を無事卒業し、機械工学の修士号を取得した。今後については「トルクメニスタンと中国との貿易に携わり、中国の商品をトルクメニスタンで販売したい」と抱負を述べた。<映像内容>中国での新型コロナ感染拡大時の生活について、トルクメニスタン留学生のインタビュー、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:58.65
    2020年08月10日
    リゾートみのり引退運行 ファン見送り、仙台―新庄

    週末を中心に仙台と山形県・新庄間を11年以上運行してきた観光列車「リゾートみのり」が10日にラストランを迎え、ファンらがホームで見送るなどして引退を惜しんだ。 仙台駅のホームでは午前9時すぎ、「11年間の感謝を込めて」などと書かれた横断幕を駅員が掲げ、ファンら数十人が手を振ったりカメラで撮影したりして列車を送り出した。 リゾートみのりは2008年10月にデビュー。広大な田園地帯や景勝地・鳴子峡を通る車窓風景が人気で、これまでに延べ約21万人が利用した。車両の老朽化を理由に今年6月に引退予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で繰り下げになった。 <映像内容>JR仙台駅から発車する観光列車「リゾートみのり」、ホームで横断幕を掲げる駅員ら、手を振って発車を見送る鉄道ファンの様子など、撮影日:2020(令和2)年8月10日、撮影場所:仙台市のJR仙台駅

    撮影: 2020(令和2)年8月10日

  • 01:41.33
    2020年08月03日
    東京駅に新施設オープン グランスタ開業セレモニーなど

    JR東京駅に3日、レストランや土産物店など約150店舗、約1万1300平方㍍の商業施設「グランスタ東京」がオープンした。地下にあった既存の「グランスタ」に店舗数を60以上増設。東京駅初の吹き抜けのイベント広場に加え、新たな待ち合いスペースや改札口、通路の拡張と一体で駅ナカのサービス充実を図った。 JR東日本は6月17日の開業予定を新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期した。鉄道利用者は低迷したままだが、東京観光の人気スポットへの成長を期待している。 <映像内容>開業セレモニー雑観、小池邦彦東京駅長あいさつ、デジタルビジョン点灯式、内部の雑観など、撮影日:2020(令和2)年8月3日、撮影場所:

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:54.74
    2020年07月30日
    菅官房長官の記者会見 マスク延期明言せず

    菅義偉官房長官は30日の記者会見で、新型コロナウイルス感染拡大防止策として政府が介護施設などに7月末から予定していた布マスク約8千万枚配布の延期について明言を避けた。需要把握に努める考えを示した上で「いろいろな問題を指摘されているので、関係者と連携しながら厚生労働省が検討する」と述べるにとどめた。 また、国内の新型コロナウイルスの新規感染者数が29日に千人を超えたことに関し「現時点で緊急事態宣言を再び発出して、社会経済活動を全面的に縮小させる状況ではない」と述べた。 <映像内容>菅官房長官の記者会見、撮影日:2020(令和2)年7月30日、撮影場所:東京都千代田区の首相官邸

    撮影: 2020(令和2)年7月30日

  • 01:28.15
    2020年07月20日
    USJ、全国から受け入れ 都民へ「慎重に検討を」

    ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ、大阪市)は20日、来場者の対象を全国に拡大して営業を始めた。全国的に新型コロナウイルスの感染者が増えつつある中、感染防止対策をどこまで徹底できるかが課題となる。特に感染が広がっている東京都の在住者についてUSJは「来場時期の見直しなど特に慎重にご検討いただきたい」とし、購入済みチケットの日付変更を1年後までできるよう特別ルールの適用を発表した。運営会社の村山卓(むらやま・たく)執行役員副社長は「東京都民の方についてはご自身の判断で来場を決めてもらいたい」と述べた。<映像内容>村山執行役員副社長の囲み、愛知県から来た来場者へのインタビュー、屋内マスクフリーゾーン、パーク内雑観など、撮影日:2020(令和2)年7月20日、撮影場所:大阪市此花区のUSJ

    撮影: 2020(令和2)年7月20日

  • 01:49.50
    2020年07月12日
    アイヌ施設ウポポイ開業 文化発信、観光のけん引役

    アイヌ民族の文化の発信と継承、国民理解促進の拠点として北海道白老町のポロト湖畔に整備されたアイヌ文化施設「民族共生象徴空間(ウポポイ)」が12日、開業した。「先住民族アイヌ」をテーマとした初めての国立施設。政府は観光や地域振興のけん引役としても期待しており、年間来場者100万人を目指すとしている。 この日はPRアンバサダーで俳優の宇梶剛士さんらが参加し、オープニングセレモニーが開かれた。 当初は4月24日に開業予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で2度にわたって延期されていた。開業後は感染防止のため入場を事前予約制とし、平日は1日2千人、土日祝日は1日2500人程度に制限する。 主な施設は国立アイヌ民族博物館と国立民族共生公園、慰霊施設の三つ。博物館は民族衣装や工芸品など約1万点を収蔵し、うち約700点を展示している。 公園は伝統舞踊やムックリ(口琴)演奏を披露する体験交流ホールや、伝統的な家屋が並ぶコタン(集落)からなる。 <映像内容>オープニングセレモニー、会場全景、北海道の鈴木直道知事あいさつ、PRアンバサダーで俳優の宇梶剛士さんあいさつ、同じくアンバサダーでAKB48メンバー坂口渚沙さんや「TEAM NACS」の森崎博之さんらの様子、テープカット、見学者の入場や出迎える宇梶さんら、披露されたアイヌの踊りや楽器、見学者の様子、施設の雑観など、撮影日:2020(令和2)年7月12日、撮影場所:北海道白老町

    撮影: 2020(令和2)年7月12日

  • 01:58.25
    2020年07月09日
    「伝統芸能、展示を肌で」 ウポポイ開業控え内覧会

    北海道白老町で開業するアイヌ文化施設「民族共生象徴空間(ウポポイ)」の報道向けの内覧会が9日、開かれた。伝統舞踊が見られる体験交流ホールや国立アイヌ民族博物館などが公開された。新型コロナウイルス感染拡大防止のため入場は事前予約制とする。既に修学旅行は600件を超える予約が入っているという。<映像内容>施設内の様子。国立アイヌ民族博物館の展示物や体験交流ホールでの演舞、建物の外観。このほかフードコートやお土産、再現された板綴舟やコタンの様子など、撮影日:2020(令和2)年7月9日、撮影場所:北海道白老町

    撮影: 2020(令和2)年7月9日

  • 02:04.42
    2020年07月09日
    長谷川町子記念館を公開 生誕100年、原画を展示

    「サザエさん」の作者として知られる漫画家長谷川町子さん(1992年に死去)の生誕100年を記念した「長谷川町子記念館」(東京都世田谷区)が9日、11日の開館を前に報道陣向けに公開された。長谷川さんが描いた原画や仕事道具などを展示し、その功績を紹介する。 同記念館は、長谷川さんと姉が収集した美術品を85年から展示している「長谷川町子美術館」の向かい側に、2階建ての分館として新設。代表作「サザエさん」「エプロンおばさん」「いじわるばあさん」の魅力などを伝える常設展示のほか、子ども向けコーナーやカフェも設けた。 当初は4月に開館予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期していた。 <映像内容>長谷川町子記念館の外観、展示品のブツ撮り、川口淳二(かわぐち・じゅんじ)館長と橋本野乃子(はしもと・ののこ)副館長のコメントなど、撮影日:2020(令和2)年7月9日、撮影場所:東京都世田谷区

    撮影: 2020(令和2)年7月9日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:53.01
    2020年07月06日
    森友で自殺職員妻が国提訴 コロナで文書開示延期違法

    学校法人「森友学園」の国有地売却問題を担当し自殺した財務省近畿財務局の職員だった赤木俊夫(あかぎ・としお)さん=当時(54)=の妻雅子(まさこ)さん(49)が同局に公務災害補償に関する文書を情報公開請求したのに、新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言を理由に、ほとんどの文書について開示可否決定の期限を翌年とされたことの違法確認を求める訴訟を6日、大阪地裁に起こした。 <映像内容>原告側弁護士の大阪地裁への入り、原告側の生越照幸(おごし・てるゆき)弁護士(向かって左)らによる記者会見(冒頭の説明、質疑応答、会見雑観など)、大阪地裁の外観、撮影日:2020(令和2)年7月6日、撮影場所:大阪市北区

    撮影: 2020(令和2)年7月6日

  • 01:06.93
    2020年07月04日
    ロシア首都、「配達人に感謝」で記念碑 コロナ禍の奮闘に

    ロシアの首都モスクワに3日、新型コロナウイルス感染拡大防止のための厳しい外出禁止期間中に、健康リスクを冒しながら食べ物や物資を運び続けた配達人に感謝を示す記念碑が設置された。設置に参画したロシア大手小売りグループは「世界初の配達人の記念碑」としている。記念碑は高さ約3メートルで、金属板をくりぬいて配達人のシルエットを表現し「自己隔離生活を可能にしてくれた皆さんに 2020」と感謝を示す言葉が添えられた。モスクワでは3月末から約70日間にわたり食料や薬の購入以外での外出禁止が続いた。  <映像内容>「配達人に感謝」の記念碑と、撮影する人などの雑観など、撮影日:2020(令和2)年7月4日、撮影場所:ロシア・モスクワ

    撮影: 2020(令和2)年7月4日

  • 01:31.02
    2020年07月03日
    「新華社」大学入試「高考」控えた試験会場新型コロナ対策も北京市

    中国北京市では新型コロナウイルス感染拡大防止のための厳しい措置が続く中、7日から4日間の日程で全国統一大学入試「高考」が実施される。3日、試験会場の北京市第十二中学では、入試本番に向け受験生の安全を確保するための措置が講じられていた。受験生は校門で待機エリアから検温テントへと進み、規定の体温以下であれば中に入ることが許される。校門から試験会場までは通路用のテントが設置されたため、雨天でもぬれることはない。試験会場の入り口には、アルコール手指消毒液などの感染防止用品が用意されている。会場となる教室には机と椅子が既に並べられていた。各会場とも収容人数を従来の30人から20人に減らしている。発熱が確認されるなどの緊急時に備え、予備の試験会場も設けられた。北京で今年「高考」に参加する受験生は4万9225人に上る。(記者/孟菁、王普)<映像内容>新型コロナ対策をした大学受験会場の様子、撮影日:2020(令和2)年7月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:02.96
    2020年06月16日
    空撮 クルーズ船「飛鳥Ⅱ」火災 横浜港に停泊、乗客なし

    16日午後1時すぎ、横浜市中区の横浜港大さん橋に停泊中のクルーズ船「飛鳥Ⅱ」の最上階で「火災が発生し、乗組員が消火活動をしている」と、第3管区海上保安本部に無線で通報があった。3管によると、乗客はおらず、けが人の情報もない。船からは煙が上がり、横浜市消防局などが消火活動に当たった。横浜市によると、新型コロナウイルス感染拡大の影響で運航を中止しており、4月1日から横浜港に停泊していた。乗組員は約150人。運航会社の親会社、日本郵船によると、出火元は最上階デッキの資材置き場という。飛鳥Ⅱは2006年2月に就航。全長241メートル、約5万トンの日本最大級のクルーズ船で、乗客定員は872人。<映像内容>火災が起きた横浜港に停泊中の「飛鳥Ⅱ」の空撮、撮影日:2020(令和2)年6月16日、撮影場所:横浜市中区の横浜港大さん橋

    撮影: 2020(令和2)年6月16日

  • 01:09.00
    2020年06月01日
    神戸の動物園営業再開 返還間近のパンダに再会

    新型コロナウイルス感染拡大の影響で休園していた神戸市立王子動物園が1日、営業を再開した。7月に契約期限を迎え中国に返還されることが決まった雌のジャイアントパンダ「タンタン(旦旦)」が久しぶりに来園者の前に姿を見せ、多くの人が密集を避けながら再会を楽しんだ。24歳のタンタンは2000年に来日。動物園は貸与の延長を求めたが、中国側は高齢化を理由に契約更新しなかった。動物園は4月9日から休園。当面は来園者を神戸市民など1日最大2千人に限定する。来園者にマスク着用を求め、入園時にサーモグラフィーで体温もチェックしている。【映像内容】神戸市立王子動物園の開園前に並ぶ人ら、開園時に体温のチェックを受ける来園者ら、パンダを見る来園者ら、えさを食べるなどするジャイアントパンダのタンタン、動物園内の雑観、上山裕之(うえやま・ひろゆき)園長のインタビュー、撮影日:2020(令和2)年6月1日、撮影場所:神戸市灘区の市立王子動物園

    撮影: 2020(令和2)年6月1日

  • 00:59.39
    2020年05月31日
    「北海道新聞」真夏日の十勝 輝く菜の花畑 音更町

    道内は5月31日、南から高気圧が張り出して道東を中心に気温が上がり、最高気温が30度以上になる真夏日を2日連続で観測した。十勝管内足寄町で32.5度など31地点で真夏日となった。2日連続で真夏日になった音更町では、農場で栽培する黄色い菜の花が満開になり、残雪の日高山脈を背に強い日差しを浴びて黄色く輝いていた。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、例年この時期に実施している集団観賞会は中止したが、写真愛好家らが個別に訪れ、帽子とマスク姿で盛んにシャッターを切っていた。<映像内容>、撮影日:2020(令和2)年5月31日、撮影場所:音更町、クレジット:北海道新聞/共同通信イメージズ

    撮影: 2020(令和2)年5月31日、音更町

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:38.42
    2020年05月27日
    黒川氏後任に林検事長就任 「信頼回復に努める」

    東京高検検事長に26日付で就任した林真琴氏(62)は27日、東京都内で記者会見し「謙虚な姿勢で使命を全うし、国民の信頼回復に努めていく」と述べた。新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言中に、新聞記者らと賭けマージャンをして辞職した黒川弘務前検事長(63)の後任で、「誠に不適切で改めておわびする」と謝罪した。<映像内容>林・新検事長の入り、会場雑観、記者会見(質疑の様子はありません)、東京地検の外観など、撮影日:2020(令和2)年5月27日、撮影場所:東京都千代田区の東京地検

    撮影: 2020(令和2)年5月27日

  • 01:00.19
    2020年05月25日
    「西日本新聞」ポピーやナデシコが見頃 大分「くじゅう花公園」

    大分県竹田市の「くじゅう花公園」でポピーやナデシコなど春の花が見頃を迎え、〝花のじゅうたん〞が訪れた人たちを楽しませている。久住高原にある同園では開花時期が平地より約1カ月遅い上、今年は涼しく、6月上旬まで見頃が続く。くじゅうの山々を眼前に望む「みはらしの丘」ではオレンジや赤など鮮やかなポピー約2500株が満開。「春彩の畑」ではナデシコやネモフィラ、ヒメキンギョソウなど約10種約3万株が寄せ植えされ、光を浴びて輝いている。同園は新型コロナウイルス感染拡大のために4月22日から休園。今月18日から再開し、24日も多くの人が訪れていた、撮影日:2020(令和2)年5月25日、撮影場所:大分県竹田市、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ

    撮影: 2020(令和2)年5月25日、大分県竹田市

  • 01:28.45
    2020年05月25日
    夕張メロン、2玉12万円 初競り、昨年の40分の1

    北海道の特産物で高級果物として知られる「夕張メロン」の初競りが25日朝、札幌市の中央卸売市場であり、2玉12万円で落札された。これまでの最高落札額だった昨年の2玉500万円の約40分の1となった。市場関係者は「新型コロナウイルス感染拡大という世相を表す結果になったのではないか」と話した。落札したのは、釧路市を拠点とする仲卸業「ふたみ青果」。札幌支店の宍戸泰弘支店長(57)は「夕張にはお世話になっており落札を決めた」と話した。落札したメロンは同日に札幌市内のショッピングセンターで展示し、26日から販売する予定。新型コロナ感染拡大の影響で、市場は4月20日から青果の競りを中止しているが、市経済観光局は業界関係者と協議し、夕張メロンの販売促進のため例外的に開催を決めた。<映像内容>夕張メロンのぶつ撮り、初競りの雑観、市場関係者で札幌みらい中央青果の木沢岳志(きざわ・たけし)取締役の話、撮影日:2020(令和2)年5月25日、撮影場所:北海道札幌市の中央卸売市場

    撮影: 2020(令和2)年5月25日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:36.89
    2020年05月22日
    黒川検事長が辞職 菅義偉官房長官の記者会見

    政府は22日、新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言中に、新聞記者らと賭けマージャンをしていた東京高検の黒川弘務検事長の辞職を閣議で承認した。天皇が裁可して正式に認められる。菅義偉官房長官は記者会見で「森法務相には職務をまっとうし信頼回復に努めてもらいたい」と話した。再調査については不要との認識を示し「法務省で必要な調査を行ったと聞いている」などと述べた。<映像内容>菅義偉官房長官の記者会見、撮影日:2020(令和2)年5月22日、撮影場所:東京都千代田区の首相官邸

    撮影: 2020(令和2)年5月22日

  • 01:47.84
    2020年05月20日
    空撮と地上写 夏も「聖地」に球音響かず 高校球児に無念の思い

    新型コロナウイルス感染拡大のため、日本高野連は20日、夏の甲子園大会の中止を決断した。今春の選抜大会もコロナ禍で中止となっており、戦後初めて春夏連続で「聖地」から球音が響かないことになった。最大の目標を奪われた高校球児だけでなく、監督や関係者には無念の思いがにじんだ。<映像内容>日本高野連の外観。オンラインで行われた記者会見に参加する担当記者。大会中止の決定を受けて取材に応じる神戸国際大付属高野球部の青木尚龍(あおき・よしろう)監督、撮影日:2020(令和2)年5月20日、撮影場所:大阪府

    撮影: 2020(令和2)年5月20日

  • 03:11.99
    2020年05月12日
    関西電力が決算発表 森本社長が記者会見

    関西電力は12日、2020年3月期連結決算を発表した。新型コロナウイルス感染拡大や金品受領問題の影響が焦点。森本社長が記者会見した。<映像内容>森本孝(もりもと・たかし)社長(中央)による記者会見(入り、森本社長による冒頭説明、新型コロナウイルス感染拡大による影響についての質疑と応答、会見雑観)、関西電力本店外観、撮影日:2020(令和2)年5月12日、撮影場所:大阪府大阪市の関西電力本店

    撮影: 2020(令和2)年5月12日

  • 01:12.90
    2020年05月11日
    大鳥居を青色ライトアップ 熊野本宮大社、感謝込め

    和歌山県田辺市の熊野本宮大社で11日、大鳥居建立20年を祝う神事が営まれ、夜には新型コロナウイルス感染拡大防止に努める医療従事者らに感謝を伝えようと大鳥居が青色にライトアップされた。同大社によると、大鳥居は高さ約34メートル、幅約42メートルで、2000年に旧社地の「大斎原(おおゆのはら)」に建てられた。鋼鉄製で日本一の大きさを誇るという。ライトアップは平日の午後8~9時で、21日まで。同大社のホームページに写真も掲載する。<映像内容>昼間の大鳥居や建立20年を祝う神事、ライトアップ準備、夜のライトアップされた大鳥居など、撮影日:2020(令和2)年5月11日、撮影場所:和歌山県田辺市の熊野本宮大社

    撮影: 2020(令和2)年5月11日

  • 01:14.44
    2020年05月01日
    「下野新聞」空撮と地上撮 3年の工期終え、歓声心待ち 宇都宮の新スタジアム完成

    栃木県が宇都宮市西川田地区で整備を進めている県総合スポーツゾーンの中核施設「カンセキスタジアムとちぎ」(県総合運動公園陸上競技場)が30日、トラックとフィールドの工事を終え、完成した。なでしこ親善試合中止 栃木県新スタジアムで6月予定 安全考慮「致し方ない」 新スタジアムは宇都宮競馬場跡地を活用し、2017年3月に着工。鉄筋コンクリート造り4階建てで、県内最多の2万5244席を誇る陸上競技場兼サッカー場だ。22年に開催される「いちご一会とちぎ国体」のメイン会場となる。概算事業費は約200億円。 この日は工事が設計通りかどうかを県職員らが検査していた。特徴的な白の膜屋根の中はトラックの青、ピッチの緑、観客席の黄色と色鮮やか。バックスタンド側上部には、赤の座席で表現した本県の象徴、イチゴがお目見えした。 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、5月に予定していた完成記念式典やこけら落としは延期に。県の担当者は「本県スポーツの拠点として胸を張れる施設が完成した。事態の収束後は、多くの県民に利用してほしい」と歓声が響く日を心待ちにしていた。<映像内容>「カンセキスタジアムとちぎ」の雑観、ドローン空撮など、撮影日:2020(令和2)年5月1日、撮影場所:栃木県宇都宮市、クレジット:下野新聞/共同通信イメージズ

    撮影: 2020(令和2)年5月1日、栃木県宇都宮市

  • 02:00.12
    2020年04月30日
    JR西日本の決算記者会見 減収減益、コロナ感染拡大影響

    JR西日本が2020年3月期連結決算を発表した。新型コロナウイルス感染拡大に伴う鉄道利用者の減少の影響を受けて減収減益となった。<映像内容>JR西日本の本社外観と記者会見冒頭。会見者は向かって左が藤原嘉人・執行役員財務部長、右が倉坂昇治・取締役兼専務執行役員、撮影日:2020(令和2)年4月30日、撮影場所:大阪府大阪市北区

    撮影: 2020(令和2)年4月30日

  • 00:52.48
    2020年04月27日
    日銀が追加金融緩和 国債買い入れ上限撤廃、コロナ対策

    日銀は27日に金融政策決定会合を開き、追加の金融緩和策を決めた。国債買い入れの上限を撤廃し、社債やコマーシャルペーパー(CP)の購入枠を拡大する。金融市場に大量の資金を供給できる態勢を整えて急激な金利上昇を防ぎ、社債などの購入を通じて新型コロナウイルス感染拡大で打撃を受けた企業の資金繰りを支援する。〈映像内容〉日本銀行本店の外観、撮影日:2020(令和2)年4月27日、撮影場所:東京都中央区

    撮影: 2020(令和2)年4月27日

  • 01:25.61
    2020年04月20日
    祇園祭の山鉾巡行中止 感染防止、神事も縮小

    ことし夏の祇園祭の山鉾巡行が新型コロナウイルス感染拡大防止のために中止されることが正式に決定し、八坂神社(京都市東山区)などが20日発表した。<映像内容>①八坂神社の外観、八坂神社で行われた記者会見(森壽雄宮司(もり・ひさお、向かって右から2番目)のあいさつ、祇園祭山鉾連合会の木村幾次郎理事長(きむら・いくじろう、同3番目)による説明、質疑応答、会見雑観)。20日午後2時ごろから午後3時ごろにかけて(外観は午後1時ごろ)京都市東山区の八坂神社で撮影。。②資料映像 2019年に行われた祇園祭山鉾巡行の雑観。2019年7月17日撮影、撮影日:2020(令和2)年4月20日、撮影場所:京都府京都市東山区

    撮影: 2020(令和2)年4月20日

  • 00:56.42
    2020年04月14日
    那智の滝前で優雅な舞 和歌山、五穀豊穣祈り

    和歌山県那智勝浦町の熊野那智大社で14日、自然の恵みに感謝し五穀豊穣を祈る「桜花祭(おうかさい)」が開かれ、ご神体の那智の滝の前で桜の花のかんざしを挿したみこが優雅な舞を奉納した。例年は神職が笛と太鼓を演奏するが、今年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で笛と太鼓は録音テープを使った。桜花祭は平安時代に花山法皇が那智山で千日間の山ごもりをした際、桜の美しさに感銘を受けて和歌を詠んだ故事にちなみ毎年行われている。<映像内容>滝の前で行われた桜花祭の様子。14日午前10~11時、、撮影日:2020(令和2)年4月14日、撮影場所:和歌山県那智勝浦町

    撮影: 2020(令和2)年4月14日

  • 01:08.90
    2020年04月06日
    「新華社」貴州省正安県のギター産業、72社全てが操業再開

    中国有数のギター生産地として知られる貴州省遵義市正安県でこのほど、新型コロナウイルス感染拡大を受け春節(旧正月)休暇明けの操業を停止していた国際ギターパークのギター製造企業と関連企業全72社が、感染対策に万全を期した上で操業を再開した。同県の昨年のギター生産量は約600万本。生産高は60億元(1元=約15円)近くに達し、1万人以上の雇用を生み出した。製品は米国やブラジル、日本など30余りの国や地域に輸出されている。(記者/劉勤兵)<映像内容>ギターの生産の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:02.32
    2020年03月31日
    五輪、来年7月23日開幕 30日の都知事会見

    新型コロナウイルスの感染拡大で史上初の延期に追い込まれた東京五輪について、来年7月23日に開幕する新たな大会日程が30日、決まった。8月8日に閉幕する。大会組織委員会と国際オリンピック委員会(IOC)、東京都、政府の4者が30日に合意し、同日のIOC臨時理事会で承認された。従来の計画では今年7月24日に開幕する予定だった。東京都の小池百合子知事が30日の記者会見で明らかにした。また、会見では、新型コロナウイルス感染拡大を受けて、「接客を伴う飲食の場で感染を疑う事例が多発している」として、ナイトクラブやバーなどへの入店を当面、控えるよう都民に呼び掛けた。拡大防止策として従来求めていた夜間外出自粛の要請をさらに強化し、業種を例示して特に注意を求めた。<映像内容>30日夜に都庁で行われた小池都知事の記者会見の様子、撮影日:2020(令和2)年3月31日、撮影場所:東京都新宿区の東京都庁

    撮影: 2020(令和2)年3月31日

  • 01:21.30
    2020年03月31日
    「新華社」名所の桜が見頃に江蘇省無錫市

    中国江蘇省無錫市の太湖北西岸に位置する半島、黿頭渚(げんとうしょ)は桜の名所として知られる。黿頭渚では現在、桜が最盛期に入っており、中国の新型コロナウイルス感染拡大の沈静化を受けて、自宅にこもっていた人々が花見に訪れるようになった。(記者/何磊静)<映像内容>黿頭渚の桜の風景、夜景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:50.47
    2020年03月27日
    小池都知事、協力訴え 東京と周辺県、外出自粛要請

    東京を中心とした新型コロナウイルス感染拡大を受け、東京と周辺県の知事が外出自粛を共同要請して初めての週末を迎える。爆発的な患者急増を防ごうと、同様の動きは首都圏以外にも広がるが、強制力はなく、若者の協力を得られるかが焦点だ。<映像内容>東京都の小池百合子知事の定例記者会見。入り、冒頭発言、質疑応答、雑観、撮影日:2020(令和2)年3月27日、撮影場所:東京都庁

    撮影: 2020(令和2)年3月27日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:57.31
    2020年03月18日
    北海道、緊急宣言19日終了 外出自粛引き続き呼び掛け

    北海道の鈴木直道知事は18日、臨時記者会見を開き、新型コロナウイルス感染拡大を受け道が独自に出した「緊急事態宣言」について、入院患者の激増を回避できたとして期限の19日に終了すると明らかにした。一方で感染するリスクの高い場所への外出を引き続き自粛するよう呼び掛け、今後は、感染拡大防止と経済活動を両立する「北海道モデル」をつくっていく方針を示した。<映像内容>鈴木直道知事の記者会見。入り、冒頭発言、モニターを使って感染者の増加状況を説明する様子など、撮影日:2020(令和2)年3月18日、撮影場所:札幌市

    撮影: 2020(令和2)年3月18日

  • 02:22.40
    2020年03月17日
    3県ゴール式典は無観客に 東京五輪聖火リレー 武藤事務総長ぶら下がり

    2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会の武藤敏郎事務総長は17日、福島、栃木、群馬の3県の五輪聖火リレーについて、新型コロナウイルス感染拡大の対策として各日のゴール地点のセレモニーを無観客で行うと発表した。沿道の観客密集を避ける対応も求める。各都道府県の聖火リレー実行委員会やスポンサー企業のPRブースも設置しない。<映像内容>武藤事務総長の会見、撮影日:2020(令和2)年3月17日、撮影場所:東京都中央区

    撮影: 2020(令和2)年3月17日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:08.66
    2020年03月06日
    最高裁が感染防止 法廷傍聴席、半分に制限

    最高裁第2小法廷は6日に開いた民事訴訟の上告審判決の法廷で、傍聴人同士の間隔を1㍍程度空けて座ってもらうため、開放する一般傍聴席を半分に制限する措置を取った。新型コロナウイルス感染拡大防止のためで、最高裁ではこうした対応は過去に例がないという。小法廷の一般傍聴席は48席あるが、この日は1席ずつ間隔を空け、24席だけを開放した。実際の傍聴者は9人だった。<映像内容>東京都内の最高裁で公開された感染防止対策をした第2小法廷の様子、最高裁外観、撮影日:2020(令和2)年3月6日、撮影場所:東京都内の最高裁

    撮影: 2020(令和2)年3月6日

  • 00:50.81
    2020年03月05日
    北海道でマスク配達開始 感染拡大の北見、中富良野

    新型コロナウイルス感染拡大を受け、北海道北見市と中富良野町で5日、国が業者から買い取ったマスクの配達が始まった。北見郵便局や富良野郵便局などが数日かけて各家庭に配る。<映像内容>北海道北見市の北見郵便局に搬入されるマスク、撮影日:2020(令和2)年3月5日、撮影場所:北海道北見市の北見郵便局

    撮影: 2020(令和2)年3月5日

  • 1