KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 記者
  • 令和
  • 鄭州
  • かめ
  • チャンス
  • 伝承
  • 北冶鎮
  • 千年
  • 大気汚染
  • 家庭

「新安県」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
22
( 1 22 件を表示)
  • 1
22
( 1 22 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2018年02月06日
    「トイレ」が生活に大いに恩恵をもたらす 河南新安

    2月6日に撮影した新安県のある公共トイレ。「用を足す」ことが、どのような過程を経てより便利になったのだろうか?中国河南省新安県では「トイレ革命」を都市と農村の生活に恩恵をもたらし、生活の質を改善するための大事として捉え、常に重要視してきた。2016年以来、新安県は1100万余元の資金を投入して公衆トイレ535カ所を設けており、公衆トイレが市街区域だけでも73カ所に達したことで、県の中心エリアで徒歩5分以内で「用を足す」という問題を解決させることができた。新安県は観光景観地区の道路、郷鎮政府の所在地、美しい農村のモデル村などに基準に基づいた観光トイレ44カ所を設け、農村の汲み取り式トイレ820カ所を水洗トイレに改めた。都市、農村に広く普及した新型のトイレは、街の風景となっただけでなく、人々の幸福感も大いに高めている。(新華社記者/顧立林)=2018(平成30)年2月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018030100951

  • 2018年02月06日
    「トイレ」が生活に大いに恩恵をもたらす 河南新安

    2月6日に撮影した新安県のある公共トイレで掃除している清掃員。「用を足す」ことが、どのような過程を経てより便利になったのだろうか?中国河南省新安県では「トイレ革命」を都市と農村の生活に恩恵をもたらし、生活の質を改善するための大事として捉え、常に重要視してきた。2016年以来、新安県は1100万余元の資金を投入して公衆トイレ535カ所を設けており、公衆トイレが市街区域だけでも73カ所に達したことで、県の中心エリアで徒歩5分以内で「用を足す」という問題を解決させることができた。新安県は観光景観地区の道路、郷鎮政府の所在地、美しい農村のモデル村などに基準に基づいた観光トイレ44カ所を設け、農村の汲み取り式トイレ820カ所を水洗トイレに改めた。都市、農村に広く普及した新型のトイレは、街の風景となっただけでなく、人々の幸福感も大いに高めている。(新華社記者/顧立林)=2018(平成30)年2月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018030100942

  • 2018年02月06日
    「トイレ」が生活に大いに恩恵をもたらす 河南新安

    2月6日に撮影した新安県のシティーセンター広場の公共トイレ。「用を足す」ことが、どのような過程を経てより便利になったのだろうか?中国河南省新安県では「トイレ革命」を都市と農村の生活に恩恵をもたらし、生活の質を改善するための大事として捉え、常に重要視してきた。2016年以来、新安県は1100万余元の資金を投入して公衆トイレ535カ所を設けており、公衆トイレが市街区域だけでも73カ所に達したことで、県の中心エリアで徒歩5分以内で「用を足す」という問題を解決させることができた。新安県は観光景観地区の道路、郷鎮政府の所在地、美しい農村のモデル村などに基準に基づいた観光トイレ44カ所を設け、農村の汲み取り式トイレ820カ所を水洗トイレに改めた。都市、農村に広く普及した新型のトイレは、街の風景となっただけでなく、人々の幸福感も大いに高めている。(新華社記者/顧立林)=2018(平成30)年2月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018030100952

  • 2018年02月06日
    「トイレ」が生活に大いに恩恵をもたらす 河南新安

    2月6日に撮影した新安県にある観光トイレ。「用を足す」ことが、どのような過程を経てより便利になったのだろうか?中国河南省新安県では「トイレ革命」を都市と農村の生活に恩恵をもたらし、生活の質を改善するための大事として捉え、常に重要視してきた。2016年以来、新安県は1100万余元の資金を投入して公衆トイレ535カ所を設けており、公衆トイレが市街区域だけでも73カ所に達したことで、県の中心エリアで徒歩5分以内で「用を足す」という問題を解決させることができた。新安県は観光景観地区の道路、郷鎮政府の所在地、美しい農村のモデル村などに基準に基づいた観光トイレ44カ所を設け、農村の汲み取り式トイレ820カ所を水洗トイレに改めた。都市、農村に広く普及した新型のトイレは、街の風景となっただけでなく、人々の幸福感も大いに高めている。(新華社記者/顧立林)=2018(平成30)年2月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018030100963

  • 2020年06月13日
    中国の東西交流の証、天下の要害「函谷関」

    河南省霊宝市の函谷関歴史文化観光区を見学する観光客。(6月13日撮影)中国河南省には三つの函谷関(かんこくかん)がある。霊宝市の秦函谷関、洛陽市新安県の漢函谷関、黄河河畔に築かれ秦函谷関に隣接する魏函谷関で、うち秦函谷関が最も古い。記者はこのほど、霊宝市内にある秦函谷関を訪れた。同市函谷関歴史文化観光区管理処の郜俊明(こう・しゅんめい)副主任は「歴史に名高い関所の中で函谷関は最も特殊だといえる。西の長安から東の洛陽に至る交通の要衝であり、千数百年にわたり「兵家必争」の地であり続けた。古代中原地域(黄河中・下流の平原)の中心部と西北地域との文化・経済交流の拠点でもあった」と説明した。(鄭州=新華社記者/李安)=2020(令和2)年6月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091400321

  • 2020年06月13日
    中国の東西交流の証、天下の要害「函谷関」

    河南省霊宝市の函谷関歴史文化観光区。(6月13日、小型無人機から撮影)中国河南省には三つの函谷関(かんこくかん)がある。霊宝市の秦函谷関、洛陽市新安県の漢函谷関、黄河河畔に築かれ秦函谷関に隣接する魏函谷関で、うち秦函谷関が最も古い。記者はこのほど、霊宝市内にある秦函谷関を訪れた。同市函谷関歴史文化観光区管理処の郜俊明(こう・しゅんめい)副主任は「歴史に名高い関所の中で函谷関は最も特殊だといえる。西の長安から東の洛陽に至る交通の要衝であり、千数百年にわたり「兵家必争」の地であり続けた。古代中原地域(黄河中・下流の平原)の中心部と西北地域との文化・経済交流の拠点でもあった」と説明した。(鄭州=新華社記者/李安)=2020(令和2)年6月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091400357

  • 2020年06月13日
    中国の東西交流の証、天下の要害「函谷関」

    河南省霊宝市の函谷関歴史文化観光区にある函関古道。(6月13日撮影)中国河南省には三つの函谷関(かんこくかん)がある。霊宝市の秦函谷関、洛陽市新安県の漢函谷関、黄河河畔に築かれ秦函谷関に隣接する魏函谷関で、うち秦函谷関が最も古い。記者はこのほど、霊宝市内にある秦函谷関を訪れた。同市函谷関歴史文化観光区管理処の郜俊明(こう・しゅんめい)副主任は「歴史に名高い関所の中で函谷関は最も特殊だといえる。西の長安から東の洛陽に至る交通の要衝であり、千数百年にわたり「兵家必争」の地であり続けた。古代中原地域(黄河中・下流の平原)の中心部と西北地域との文化・経済交流の拠点でもあった」と説明した。(鄭州=新華社記者/李安)=2020(令和2)年6月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091400369

  • 2020年06月13日
    中国の東西交流の証、天下の要害「函谷関」

    河南省霊宝市の函谷関歴史文化観光区に立つ関楼。(6月13日、小型無人機から撮影)中国河南省には三つの函谷関(かんこくかん)がある。霊宝市の秦函谷関、洛陽市新安県の漢函谷関、黄河河畔に築かれ秦函谷関に隣接する魏函谷関で、うち秦函谷関が最も古い。記者はこのほど、霊宝市内にある秦函谷関を訪れた。同市函谷関歴史文化観光区管理処の郜俊明(こう・しゅんめい)副主任は「歴史に名高い関所の中で函谷関は最も特殊だといえる。西の長安から東の洛陽に至る交通の要衝であり、千数百年にわたり「兵家必争」の地であり続けた。古代中原地域(黄河中・下流の平原)の中心部と西北地域との文化・経済交流の拠点でもあった」と説明した。(鄭州=新華社記者/李安)=2020(令和2)年6月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091400308

  • 2020年06月13日
    中国の東西交流の証、天下の要害「函谷関」

    河南省霊宝市の函谷関歴史文化観光区にある老子像の前で行われたパフォーマンス。(6月13日撮影)中国河南省には三つの函谷関(かんこくかん)がある。霊宝市の秦函谷関、洛陽市新安県の漢函谷関、黄河河畔に築かれ秦函谷関に隣接する魏函谷関で、うち秦函谷関が最も古い。記者はこのほど、霊宝市内にある秦函谷関を訪れた。同市函谷関歴史文化観光区管理処の郜俊明(こう・しゅんめい)副主任は「歴史に名高い関所の中で函谷関は最も特殊だといえる。西の長安から東の洛陽に至る交通の要衝であり、千数百年にわたり「兵家必争」の地であり続けた。古代中原地域(黄河中・下流の平原)の中心部と西北地域との文化・経済交流の拠点でもあった」と説明した。(鄭州=新華社記者/李安)=2020(令和2)年6月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091400301

  • 2020年06月13日
    中国の東西交流の証、天下の要害「函谷関」

    河南省霊宝市の函谷関歴史文化観光区。(6月13日、小型無人機から撮影)中国河南省には三つの函谷関(かんこくかん)がある。霊宝市の秦函谷関、洛陽市新安県の漢函谷関、黄河河畔に築かれ秦函谷関に隣接する魏函谷関で、うち秦函谷関が最も古い。記者はこのほど、霊宝市内にある秦函谷関を訪れた。同市函谷関歴史文化観光区管理処の郜俊明(こう・しゅんめい)副主任は「歴史に名高い関所の中で函谷関は最も特殊だといえる。西の長安から東の洛陽に至る交通の要衝であり、千数百年にわたり「兵家必争」の地であり続けた。古代中原地域(黄河中・下流の平原)の中心部と西北地域との文化・経済交流の拠点でもあった」と説明した。(鄭州=新華社記者/李安)=2020(令和2)年6月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091400323

  • 2020年08月21日
    歴史ある陶磁器の村、産業復興に向けた夢河南省甘泉村

    21日、甘泉村の陶磁器工場で型枠を運ぶ職人。中国河南省洛陽市新安県北冶鎮の甘泉村は、陶磁器生産で千年近い歴史を持つ。かつては家庭用食器やかめ、壺などの製造で知られていたが、1990年代以降の販路縮小と石炭窯による大気汚染の深刻化により次第に衰退していった。2016年に同村が第4次中国伝統村落リストに登録されると、陶磁器の焼成技術は伝承と発展に向けた新たなチャンスを得た。職人らは石炭窯を電気窯に変え、製品の種類を増やし、オンライン販路に活路を求めることで陶磁器産業の復興を図っている。(鄭州=新華社記者/韓朝陽)=2020(令和2)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090100326

  • 2020年08月21日
    歴史ある陶磁器の村、産業復興に向けた夢河南省甘泉村

    21日、甘泉村の陶磁器工場で型枠を外し生地を取り出す職人。中国河南省洛陽市新安県北冶鎮の甘泉村は、陶磁器生産で千年近い歴史を持つ。かつては家庭用食器やかめ、壺などの製造で知られていたが、1990年代以降の販路縮小と石炭窯による大気汚染の深刻化により次第に衰退していった。2016年に同村が第4次中国伝統村落リストに登録されると、陶磁器の焼成技術は伝承と発展に向けた新たなチャンスを得た。職人らは石炭窯を電気窯に変え、製品の種類を増やし、オンライン販路に活路を求めることで陶磁器産業の復興を図っている。(鄭州=新華社記者/韓朝陽)=2020(令和2)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090100443

  • 2020年08月21日
    歴史ある陶磁器の村、産業復興に向けた夢河南省甘泉村

    21日、甘泉村の陶磁器工場で陰干し中の器の状態を確認する職人。中国河南省洛陽市新安県北冶鎮の甘泉村は、陶磁器生産で千年近い歴史を持つ。かつては家庭用食器やかめ、壺などの製造で知られていたが、1990年代以降の販路縮小と石炭窯による大気汚染の深刻化により次第に衰退していった。2016年に同村が第4次中国伝統村落リストに登録されると、陶磁器の焼成技術は伝承と発展に向けた新たなチャンスを得た。職人らは石炭窯を電気窯に変え、製品の種類を増やし、オンライン販路に活路を求めることで陶磁器産業の復興を図っている。(鄭州=新華社記者/韓朝陽)=2020(令和2)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090100313

  • 2020年08月21日
    歴史ある陶磁器の村、産業復興に向けた夢河南省甘泉村

    21日、甘泉村の陶磁器工場で生地に商標を入れる職人。中国河南省洛陽市新安県北冶鎮の甘泉村は、陶磁器生産で千年近い歴史を持つ。かつては家庭用食器やかめ、壺などの製造で知られていたが、1990年代以降の販路縮小と石炭窯による大気汚染の深刻化により次第に衰退していった。2016年に同村が第4次中国伝統村落リストに登録されると、陶磁器の焼成技術は伝承と発展に向けた新たなチャンスを得た。職人らは石炭窯を電気窯に変え、製品の種類を増やし、オンライン販路に活路を求めることで陶磁器産業の復興を図っている。(鄭州=新華社記者/韓朝陽)=2020(令和2)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090100389

  • 2020年08月21日
    歴史ある陶磁器の村、産業復興に向けた夢河南省甘泉村

    21日、ろくろを回す甘泉村の陶磁器職人。中国河南省洛陽市新安県北冶鎮の甘泉村は、陶磁器生産で千年近い歴史を持つ。かつては家庭用食器やかめ、壺などの製造で知られていたが、1990年代以降の販路縮小と石炭窯による大気汚染の深刻化により次第に衰退していった。2016年に同村が第4次中国伝統村落リストに登録されると、陶磁器の焼成技術は伝承と発展に向けた新たなチャンスを得た。職人らは石炭窯を電気窯に変え、製品の種類を増やし、オンライン販路に活路を求めることで陶磁器産業の復興を図っている。(鄭州=新華社記者/韓朝陽)=2020(令和2)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090100355

  • 2020年08月21日
    歴史ある陶磁器の村、産業復興に向けた夢河南省甘泉村

    21日、甘泉村の陶磁器工場で生地を磨く職人。中国河南省洛陽市新安県北冶鎮の甘泉村は、陶磁器生産で千年近い歴史を持つ。かつては家庭用食器やかめ、壺などの製造で知られていたが、1990年代以降の販路縮小と石炭窯による大気汚染の深刻化により次第に衰退していった。2016年に同村が第4次中国伝統村落リストに登録されると、陶磁器の焼成技術は伝承と発展に向けた新たなチャンスを得た。職人らは石炭窯を電気窯に変え、製品の種類を増やし、オンライン販路に活路を求めることで陶磁器産業の復興を図っている。(鄭州=新華社記者/韓朝陽)=2020(令和2)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090100377

  • 2020年08月21日
    歴史ある陶磁器の村、産業復興に向けた夢河南省甘泉村

    21日、甘泉村の陶磁器工場で機械を使い陶土を形成する職人。中国河南省洛陽市新安県北冶鎮の甘泉村は、陶磁器生産で千年近い歴史を持つ。かつては家庭用食器やかめ、壺などの製造で知られていたが、1990年代以降の販路縮小と石炭窯による大気汚染の深刻化により次第に衰退していった。2016年に同村が第4次中国伝統村落リストに登録されると、陶磁器の焼成技術は伝承と発展に向けた新たなチャンスを得た。職人らは石炭窯を電気窯に変え、製品の種類を増やし、オンライン販路に活路を求めることで陶磁器産業の復興を図っている。(鄭州=新華社記者/韓朝陽)=2020(令和2)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090100399

  • 2020年08月21日
    歴史ある陶磁器の村、産業復興に向けた夢河南省甘泉村

    21日、甘泉村の陶磁器工場で生地の仕上げ作業する職人。中国河南省洛陽市新安県北冶鎮の甘泉村は、陶磁器生産で千年近い歴史を持つ。かつては家庭用食器やかめ、壺などの製造で知られていたが、1990年代以降の販路縮小と石炭窯による大気汚染の深刻化により次第に衰退していった。2016年に同村が第4次中国伝統村落リストに登録されると、陶磁器の焼成技術は伝承と発展に向けた新たなチャンスを得た。職人らは石炭窯を電気窯に変え、製品の種類を増やし、オンライン販路に活路を求めることで陶磁器産業の復興を図っている。(鄭州=新華社記者/韓朝陽)=2020(令和2)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090100508

  • 2020年08月21日
    歴史ある陶磁器の村、産業復興に向けた夢河南省甘泉村

    21日、甘泉村の建物によく見られる匣鉢(こうばち)で築いた外壁。中国河南省洛陽市新安県北冶鎮の甘泉村は、陶磁器生産で千年近い歴史を持つ。かつては家庭用食器やかめ、壺などの製造で知られていたが、1990年代以降の販路縮小と石炭窯による大気汚染の深刻化により次第に衰退していった。2016年に同村が第4次中国伝統村落リストに登録されると、陶磁器の焼成技術は伝承と発展に向けた新たなチャンスを得た。職人らは石炭窯を電気窯に変え、製品の種類を増やし、オンライン販路に活路を求めることで陶磁器産業の復興を図っている。(鄭州=新華社記者/韓朝陽)=2020(令和2)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090100541

  • 2020年08月21日
    歴史ある陶磁器の村、産業復興に向けた夢河南省甘泉村

    21日、甘泉村の陶磁器工場で窯入れをする職人。中国河南省洛陽市新安県北冶鎮の甘泉村は、陶磁器生産で千年近い歴史を持つ。かつては家庭用食器やかめ、壺などの製造で知られていたが、1990年代以降の販路縮小と石炭窯による大気汚染の深刻化により次第に衰退していった。2016年に同村が第4次中国伝統村落リストに登録されると、陶磁器の焼成技術は伝承と発展に向けた新たなチャンスを得た。職人らは石炭窯を電気窯に変え、製品の種類を増やし、オンライン販路に活路を求めることで陶磁器産業の復興を図っている。(鄭州=新華社記者/韓朝陽)=2020(令和2)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090100567

  • 2020年08月21日
    歴史ある陶磁器の村、産業復興に向けた夢河南省甘泉村

    21日、甘泉村の陶磁器工場で器の形状を整える職人。中国河南省洛陽市新安県北冶鎮の甘泉村は、陶磁器生産で千年近い歴史を持つ。かつては家庭用食器やかめ、壺などの製造で知られていたが、1990年代以降の販路縮小と石炭窯による大気汚染の深刻化により次第に衰退していった。2016年に同村が第4次中国伝統村落リストに登録されると、陶磁器の焼成技術は伝承と発展に向けた新たなチャンスを得た。職人らは石炭窯を電気窯に変え、製品の種類を増やし、オンライン販路に活路を求めることで陶磁器産業の復興を図っている。(鄭州=新華社記者/韓朝陽)=2020(令和2)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090100564

  • 2020年08月21日
    歴史ある陶磁器の村、産業復興に向けた夢河南省甘泉村

    21日、甘泉村の陶磁器工場で焼成を終えたもやしポット(もやし栽培用の小型陶器鉢)を並べる職人。中国河南省洛陽市新安県北冶鎮の甘泉村は、陶磁器生産で千年近い歴史を持つ。かつては家庭用食器やかめ、壺などの製造で知られていたが、1990年代以降の販路縮小と石炭窯による大気汚染の深刻化により次第に衰退していった。2016年に同村が第4次中国伝統村落リストに登録されると、陶磁器の焼成技術は伝承と発展に向けた新たなチャンスを得た。職人らは石炭窯を電気窯に変え、製品の種類を増やし、オンライン販路に活路を求めることで陶磁器産業の復興を図っている。(鄭州=新華社記者/韓朝陽)=2020(令和2)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090100351

  • 1