KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 農家
  • 記者
  • ムー
  • 出荷
  • 地域
  • 手段
  • 風景
  • 七つ星
  • 北欧

「新店鎮」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
39
( 1 39 件を表示)
  • 1
39
( 1 39 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2019年01月21日
    収穫期迎えた特産野菜のダイトウサイ四川省内江市

    21日、ダイトウサイの収穫時期を迎え活気に満ちた四川省内江市威遠県新店鎮十字村の畑で、ダイトウサイの収穫作業に追われる農民。厳しい寒さの中、わずかに暖かさを感じさせる日差しが降り注いだ21日、中国四川省内江(ないこう)市威遠(いえん)県新店鎮十字村の畑では、農民たちが忙しく立ち働いていた。以前冬場は農閑期だったが、今ではダイトウサイ(大頭菜)の収穫や日干し、塩漬け作業に追われる忙しい時期になっている。この見栄えがしない野菜は、現地の農民に大きな収益をもたらしている。ダイトウサイは中国の有名な特産野菜であり、長江より南の地域で多く栽培されている。中国人は多肉根や茎、葉を塩漬けにして食べるが、歯触りがよくさっぱりしており、栄養も豊富で、人々に愛されるおかずとなっている。この地では、ダイトウサイの成長サイクルが短く、栽培技術も簡単だ。秋から冬にかけて生長するため、生育期に病気や虫による被害が少なく、肥料の管理技術も簡単なため、農民たちの栽培意欲は大いに高まった。新鮮なダイトウサイは収穫後、針金で吊るされて干された後、塩漬け槽で漬け込まれ、「販売に合わせて出荷」する形で、四季を通じて市場に出回っている。現在、威遠県のダイトウサイは向義鎮、新店鎮、鎮西鎮などを中心に、周辺の10村でも生産され、栽培面積は4万ムー(約2667ヘクタール)に達し、現地の農民が増収を実現する重要な手段となっている。(成都=新華社記者/童芳)=2019(平成31)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012820228

  • 2019年01月21日
    収穫期迎えた特産野菜のダイトウサイ四川省内江市

    21日、ダイトウサイの収穫時期を迎え活気に満ちた四川省内江市威遠県新店鎮十字村の畑で、ダイトウサイの運搬作業に追われる農民。厳しい寒さの中、わずかに暖かさを感じさせる日差しが降り注いだ21日、中国四川省内江(ないこう)市威遠(いえん)県新店鎮十字村の畑では、農民たちが忙しく立ち働いていた。以前冬場は農閑期だったが、今ではダイトウサイ(大頭菜)の収穫や日干し、塩漬け作業に追われる忙しい時期になっている。この見栄えがしない野菜は、現地の農民に大きな収益をもたらしている。ダイトウサイは中国の有名な特産野菜であり、長江より南の地域で多く栽培されている。中国人は多肉根や茎、葉を塩漬けにして食べるが、歯触りがよくさっぱりしており、栄養も豊富で、人々に愛されるおかずとなっている。この地では、ダイトウサイの成長サイクルが短く、栽培技術も簡単だ。秋から冬にかけて生長するため、生育期に病気や虫による被害が少なく、肥料の管理技術も簡単なため、農民たちの栽培意欲は大いに高まった。新鮮なダイトウサイは収穫後、針金で吊るされて干された後、塩漬け槽で漬け込まれ、「販売に合わせて出荷」する形で、四季を通じて市場に出回っている。現在、威遠県のダイトウサイは向義鎮、新店鎮、鎮西鎮などを中心に、周辺の10村でも生産され、栽培面積は4万ムー(約2667ヘクタール)に達し、現地の農民が増収を実現する重要な手段となっている。(成都=新華社記者/童芳)=2019(平成31)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012820400

  • 2019年01月21日
    収穫期迎えた特産野菜のダイトウサイ四川省内江市

    21日、ダイトウサイの収穫時期を迎え活気に満ちた四川省内江市威遠県新店鎮十字村の畑で、ダイトウサイを干す作業に追われる農民。厳しい寒さの中、わずかに暖かさを感じさせる日差しが降り注いだ21日、中国四川省内江(ないこう)市威遠(いえん)県新店鎮十字村の畑では、農民たちが忙しく立ち働いていた。以前冬場は農閑期だったが、今ではダイトウサイ(大頭菜)の収穫や日干し、塩漬け作業に追われる忙しい時期になっている。この見栄えがしない野菜は、現地の農民に大きな収益をもたらしている。ダイトウサイは中国の有名な特産野菜であり、長江より南の地域で多く栽培されている。中国人は多肉根や茎、葉を塩漬けにして食べるが、歯触りがよくさっぱりしており、栄養も豊富で、人々に愛されるおかずとなっている。この地では、ダイトウサイの成長サイクルが短く、栽培技術も簡単だ。秋から冬にかけて生長するため、生育期に病気や虫による被害が少なく、肥料の管理技術も簡単なため、農民たちの栽培意欲は大いに高まった。新鮮なダイトウサイは収穫後、針金で吊るされて干された後、塩漬け槽で漬け込まれ、「販売に合わせて出荷」する形で、四季を通じて市場に出回っている。現在、威遠県のダイトウサイは向義鎮、新店鎮、鎮西鎮などを中心に、周辺の10村でも生産され、栽培面積は4万ムー(約2667ヘクタール)に達し、現地の農民が増収を実現する重要な手段となっている。(成都=新華社記者/童芳)=2019(平成31)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012820944

  • 2019年01月21日
    収穫期迎えた特産野菜のダイトウサイ四川省内江市

    21日、ダイトウサイの収穫時期を迎え活気に満ちた四川省内江市威遠県新店鎮十字村の畑で、ダイトウサイを干す作業に追われる農民。厳しい寒さの中、わずかに暖かさを感じさせる日差しが降り注いだ21日、中国四川省内江(ないこう)市威遠(いえん)県新店鎮十字村の畑では、農民たちが忙しく立ち働いていた。以前冬場は農閑期だったが、今ではダイトウサイ(大頭菜)の収穫や日干し、塩漬け作業に追われる忙しい時期になっている。この見栄えがしない野菜は、現地の農民に大きな収益をもたらしている。ダイトウサイは中国の有名な特産野菜であり、長江より南の地域で多く栽培されている。中国人は多肉根や茎、葉を塩漬けにして食べるが、歯触りがよくさっぱりしており、栄養も豊富で、人々に愛されるおかずとなっている。この地では、ダイトウサイの成長サイクルが短く、栽培技術も簡単だ。秋から冬にかけて生長するため、生育期に病気や虫による被害が少なく、肥料の管理技術も簡単なため、農民たちの栽培意欲は大いに高まった。新鮮なダイトウサイは収穫後、針金で吊るされて干された後、塩漬け槽で漬け込まれ、「販売に合わせて出荷」する形で、四季を通じて市場に出回っている。現在、威遠県のダイトウサイは向義鎮、新店鎮、鎮西鎮などを中心に、周辺の10村でも生産され、栽培面積は4万ムー(約2667ヘクタール)に達し、現地の農民が増収を実現する重要な手段となっている。(成都=新華社記者/童芳)=2019(平成31)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012820571

  • 2019年01月21日
    収穫期迎えた特産野菜のダイトウサイ四川省内江市

    21日、ダイトウサイの収穫時期を迎え活気に満ちた四川省内江市威遠県新店鎮十字村の畑で、ダイトウサイを洗う作業に追われる農民。厳しい寒さの中、わずかに暖かさを感じさせる日差しが降り注いだ21日、中国四川省内江(ないこう)市威遠(いえん)県新店鎮十字村の畑では、農民たちが忙しく立ち働いていた。以前冬場は農閑期だったが、今ではダイトウサイ(大頭菜)の収穫や日干し、塩漬け作業に追われる忙しい時期になっている。この見栄えがしない野菜は、現地の農民に大きな収益をもたらしている。ダイトウサイは中国の有名な特産野菜であり、長江より南の地域で多く栽培されている。中国人は多肉根や茎、葉を塩漬けにして食べるが、歯触りがよくさっぱりしており、栄養も豊富で、人々に愛されるおかずとなっている。この地では、ダイトウサイの成長サイクルが短く、栽培技術も簡単だ。秋から冬にかけて生長するため、生育期に病気や虫による被害が少なく、肥料の管理技術も簡単なため、農民たちの栽培意欲は大いに高まった。新鮮なダイトウサイは収穫後、針金で吊るされて干された後、塩漬け槽で漬け込まれ、「販売に合わせて出荷」する形で、四季を通じて市場に出回っている。現在、威遠県のダイトウサイは向義鎮、新店鎮、鎮西鎮などを中心に、周辺の10村でも生産され、栽培面積は4万ムー(約2667ヘクタール)に達し、現地の農民が増収を実現する重要な手段となっている。(成都=新華社記者/童芳)=2019(平成31)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012820196

  • 2019年01月21日
    収穫期迎えた特産野菜のダイトウサイ四川省内江市

    21日、収穫期を迎え活気に満ちた四川省内江市威遠県新店鎮十字村の畑で、ダイトウサイを吊るす作業に追われる農民。厳しい寒さの中、わずかに暖かさを感じさせる日差しが降り注いだ21日、中国四川省内江(ないこう)市威遠(いえん)県新店鎮十字村の畑では、農民たちが忙しく立ち働いていた。以前冬場は農閑期だったが、今ではダイトウサイ(大頭菜)の収穫や日干し、塩漬け作業に追われる忙しい時期になっている。この見栄えがしない野菜は、現地の農民に大きな収益をもたらしている。ダイトウサイは中国の有名な特産野菜であり、長江より南の地域で多く栽培されている。中国人は多肉根や茎、葉を塩漬けにして食べるが、歯触りがよくさっぱりしており、栄養も豊富で、人々に愛されるおかずとなっている。この地では、ダイトウサイの成長サイクルが短く、栽培技術も簡単だ。秋から冬にかけて生長するため、生育期に病気や虫による被害が少なく、肥料の管理技術も簡単なため、農民たちの栽培意欲は大いに高まった。新鮮なダイトウサイは収穫後、針金で吊るされて干された後、塩漬け槽で漬け込まれ、「販売に合わせて出荷」する形で、四季を通じて市場に出回っている。現在、威遠県のダイトウサイは向義鎮、新店鎮、鎮西鎮などを中心に、周辺の10村でも生産され、栽培面積は4万ムー(約2667ヘクタール)に達し、現地の農民が増収を実現する重要な手段となっている。(成都=新華社記者/童芳)=2019(平成31)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012821034

  • 2019年01月21日
    収穫期迎えた特産野菜のダイトウサイ四川省内江市

    21日、ダイトウサイの収穫時期を迎え活気に満ちた四川省内江市威遠県新店鎮十字村の畑で、ダイトウサイの収穫作業に追われる農民。厳しい寒さの中、わずかに暖かさを感じさせる日差しが降り注いだ21日、中国四川省内江(ないこう)市威遠(いえん)県新店鎮十字村の畑では、農民たちが忙しく立ち働いていた。以前冬場は農閑期だったが、今ではダイトウサイ(大頭菜)の収穫や日干し、塩漬け作業に追われる忙しい時期になっている。この見栄えがしない野菜は、現地の農民に大きな収益をもたらしている。ダイトウサイは中国の有名な特産野菜であり、長江より南の地域で多く栽培されている。中国人は多肉根や茎、葉を塩漬けにして食べるが、歯触りがよくさっぱりしており、栄養も豊富で、人々に愛されるおかずとなっている。この地では、ダイトウサイの成長サイクルが短く、栽培技術も簡単だ。秋から冬にかけて生長するため、生育期に病気や虫による被害が少なく、肥料の管理技術も簡単なため、農民たちの栽培意欲は大いに高まった。新鮮なダイトウサイは収穫後、針金で吊るされて干された後、塩漬け槽で漬け込まれ、「販売に合わせて出荷」する形で、四季を通じて市場に出回っている。現在、威遠県のダイトウサイは向義鎮、新店鎮、鎮西鎮などを中心に、周辺の10村でも生産され、栽培面積は4万ムー(約2667ヘクタール)に達し、現地の農民が増収を実現する重要な手段となっている。(成都=新華社記者/童芳)=2019(平成31)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012821073

  • 2019年01月21日
    収穫期迎えた特産野菜のダイトウサイ四川省内江市

    21日、ダイトウサイの収穫時期を迎え活気に満ちた四川省内江市威遠県新店鎮十字村の畑で、ダイトウサイの塩漬け作業に追われる農民。厳しい寒さの中、わずかに暖かさを感じさせる日差しが降り注いだ21日、中国四川省内江(ないこう)市威遠(いえん)県新店鎮十字村の畑では、農民たちが忙しく立ち働いていた。以前冬場は農閑期だったが、今ではダイトウサイ(大頭菜)の収穫や日干し、塩漬け作業に追われる忙しい時期になっている。この見栄えがしない野菜は、現地の農民に大きな収益をもたらしている。ダイトウサイは中国の有名な特産野菜であり、長江より南の地域で多く栽培されている。中国人は多肉根や茎、葉を塩漬けにして食べるが、歯触りがよくさっぱりしており、栄養も豊富で、人々に愛されるおかずとなっている。この地では、ダイトウサイの成長サイクルが短く、栽培技術も簡単だ。秋から冬にかけて生長するため、生育期に病気や虫による被害が少なく、肥料の管理技術も簡単なため、農民たちの栽培意欲は大いに高まった。新鮮なダイトウサイは収穫後、針金で吊るされて干された後、塩漬け槽で漬け込まれ、「販売に合わせて出荷」する形で、四季を通じて市場に出回っている。現在、威遠県のダイトウサイは向義鎮、新店鎮、鎮西鎮などを中心に、周辺の10村でも生産され、栽培面積は4万ムー(約2667ヘクタール)に達し、現地の農民が増収を実現する重要な手段となっている。(成都=新華社記者/童芳)=2019(平成31)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012820891

  • 2019年05月01日
    郷土の風情でおもてなしメーデー連休、各地にぎわう

    1日、貴州省銅仁(どうじん)市玉屏(ぎょくへい)トン族自治県新店鎮老寨(ろうさい)村で長テーブルを囲む「長卓宴」を体験する観光客。(小型無人機から)労働節(メーデー)の連休期間中、中国各地では民族情緒や美しい自然の魅力にあふれた古鎮(古い街並み)および農村が、観光客に人気のスポットになっている。(銅仁=新華社配信/胡攀学)=2019(令和元)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051702365

  • 2020年03月05日
    福州市、「古厝」の保護・活用で都市の質的向上めざす

    5日、福州市晋安区新店鎮赤橋村の八一公園にある古厝を改造した茶館で、お茶を飲んでくつろぐ市民たち。中国福建省の省都で、古い歴史を持つ福州市には伝統的な住居、古厝(こせき)や古い建物が多く残っている。2020年の第44回世界遺産委員会年次会議の開催地である同市は現在、古厝の保護・修繕およびその活用に取り組み、都市の質的向上をめざしている。「福州市の新たな古厝の保護環境向上の作業方案」によると、同市が推進する古厝保護プロジェクト91項目211件のうち、すでに122件が完了しており、残りは5月末までにほぼ完成する見通しだという。(福州=新華社記者/姜克紅)=2020(令和2)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031603750

  • 2020年08月07日
    中国で最も辛いトウガラシの栽培で農民を豊かに四川省威遠県

    7日、七星椒を収穫する四川省内江市威遠県新店鎮十字村の農家。中国四川省内江市威遠県産の「七星椒」は中国で最も辛いトウガラシの一つで、辛さの度合いが「七つ星級」とされることから、この名が付いた。同県ではここ数年、七星椒の栽培に力を入れている。中でも、新店鎮での栽培面積は1500ムー(約100ヘクタール)に達し、年間生産量は生トウガラシが600トン、乾燥トウガラシが500トン。中国各地に出荷される他、北欧や東南アジアなどの国と地域に輸出され、年間売上高は約2千万元(1元=約15円)に上る。七星椒栽培は地元農民が収入を増やし豊かになるための重要な手段となっている。(内江=新華社配信/王斌)=2020(令和2)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081205294

  • 2020年08月07日
    中国で最も辛いトウガラシの栽培で農民を豊かに四川省威遠県

    7日、四川省内江市威遠県新店鎮十字村の七星椒栽培基地。中国四川省内江市威遠県産の「七星椒」は中国で最も辛いトウガラシの一つで、辛さの度合いが「七つ星級」とされることから、この名が付いた。同県ではここ数年、七星椒の栽培に力を入れている。中でも、新店鎮での栽培面積は1500ムー(約100ヘクタール)に達し、年間生産量は生トウガラシが600トン、乾燥トウガラシが500トン。中国各地に出荷される他、北欧や東南アジアなどの国と地域に輸出され、年間売上高は約2千万元(1元=約15円)に上る。七星椒栽培は地元農民が収入を増やし豊かになるための重要な手段となっている。(内江=新華社配信/王斌)=2020(令和2)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081205407

  • 2020年08月07日
    中国で最も辛いトウガラシの栽培で農民を豊かに四川省威遠県

    7日、七星椒を収穫する四川省内江市威遠県新店鎮十字村の農家。中国四川省内江市威遠県産の「七星椒」は中国で最も辛いトウガラシの一つで、辛さの度合いが「七つ星級」とされることから、この名が付いた。同県ではここ数年、七星椒の栽培に力を入れている。中でも、新店鎮での栽培面積は1500ムー(約100ヘクタール)に達し、年間生産量は生トウガラシが600トン、乾燥トウガラシが500トン。中国各地に出荷される他、北欧や東南アジアなどの国と地域に輸出され、年間売上高は約2千万元(1元=約15円)に上る。七星椒栽培は地元農民が収入を増やし豊かになるための重要な手段となっている。(内江=新華社配信/王斌)=2020(令和2)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081205432

  • 2020年08月07日
    中国で最も辛いトウガラシの栽培で農民を豊かに四川省威遠県

    7日、四川省内江市威遠県新店鎮十字村の七星椒栽培基地で七星椒を買い付ける省外の顧客。中国四川省内江市威遠県産の「七星椒」は中国で最も辛いトウガラシの一つで、辛さの度合いが「七つ星級」とされることから、この名が付いた。同県ではここ数年、七星椒の栽培に力を入れている。中でも、新店鎮での栽培面積は1500ムー(約100ヘクタール)に達し、年間生産量は生トウガラシが600トン、乾燥トウガラシが500トン。中国各地に出荷される他、北欧や東南アジアなどの国と地域に輸出され、年間売上高は約2千万元(1元=約15円)に上る。七星椒栽培は地元農民が収入を増やし豊かになるための重要な手段となっている。(内江=新華社配信/王斌)=2020(令和2)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081205300

  • 2020年08月07日
    中国で最も辛いトウガラシの栽培で農民を豊かに四川省威遠県

    7日、七星椒を収穫する四川省内江市威遠県新店鎮十字村の農民。中国四川省内江市威遠県産の「七星椒」は中国で最も辛いトウガラシの一つで、辛さの度合いが「七つ星級」とされることから、この名が付いた。同県ではここ数年、七星椒の栽培に力を入れている。中でも、新店鎮での栽培面積は1500ムー(約100ヘクタール)に達し、年間生産量は生トウガラシが600トン、乾燥トウガラシが500トン。中国各地に出荷される他、北欧や東南アジアなどの国と地域に輸出され、年間売上高は約2千万元(1元=約15円)に上る。七星椒栽培は地元農民が収入を増やし豊かになるための重要な手段となっている。(内江=新華社配信/王斌)=2020(令和2)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081205306

  • 2020年08月07日
    中国で最も辛いトウガラシの栽培で農民を豊かに四川省威遠県

    7日、七星椒を収穫する四川省内江市威遠県新店鎮十字村の農家。(小型無人機から)中国四川省内江市威遠県産の「七星椒」は中国で最も辛いトウガラシの一つで、辛さの度合いが「七つ星級」とされることから、この名が付いた。同県ではここ数年、七星椒の栽培に力を入れている。中でも、新店鎮での栽培面積は1500ムー(約100ヘクタール)に達し、年間生産量は生トウガラシが600トン、乾燥トウガラシが500トン。中国各地に出荷される他、北欧や東南アジアなどの国と地域に輸出され、年間売上高は約2千万元(1元=約15円)に上る。七星椒栽培は地元農民が収入を増やし豊かになるための重要な手段となっている。(内江=新華社配信/王斌)=2020(令和2)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081205310

  • 2020年08月07日
    中国で最も辛いトウガラシの栽培で農民を豊かに四川省威遠県

    7日、七星椒を収穫する四川省内江市威遠県新店鎮十字村の農家。中国四川省内江市威遠県産の「七星椒」は中国で最も辛いトウガラシの一つで、辛さの度合いが「七つ星級」とされることから、この名が付いた。同県ではここ数年、七星椒の栽培に力を入れている。中でも、新店鎮での栽培面積は1500ムー(約100ヘクタール)に達し、年間生産量は生トウガラシが600トン、乾燥トウガラシが500トン。中国各地に出荷される他、北欧や東南アジアなどの国と地域に輸出され、年間売上高は約2千万元(1元=約15円)に上る。七星椒栽培は地元農民が収入を増やし豊かになるための重要な手段となっている。(内江=新華社配信/王斌)=2020(令和2)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081205478

  • 2020年08月07日
    中国で最も辛いトウガラシの栽培で農民を豊かに四川省威遠県

    7日、七星椒を収穫する四川省内江市威遠県新店鎮十字村の農家。中国四川省内江市威遠県産の「七星椒」は中国で最も辛いトウガラシの一つで、辛さの度合いが「七つ星級」とされることから、この名が付いた。同県ではここ数年、七星椒の栽培に力を入れている。中でも、新店鎮での栽培面積は1500ムー(約100ヘクタール)に達し、年間生産量は生トウガラシが600トン、乾燥トウガラシが500トン。中国各地に出荷される他、北欧や東南アジアなどの国と地域に輸出され、年間売上高は約2千万元(1元=約15円)に上る。七星椒栽培は地元農民が収入を増やし豊かになるための重要な手段となっている。(内江=新華社配信/王斌)=2020(令和2)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081205311

  • 2020年08月07日
    中国で最も辛いトウガラシの栽培で農民を豊かに四川省威遠県

    7日、七星椒を収穫する四川省内江市威遠県新店鎮十字村の農家。中国四川省内江市威遠県産の「七星椒」は中国で最も辛いトウガラシの一つで、辛さの度合いが「七つ星級」とされることから、この名が付いた。同県ではここ数年、七星椒の栽培に力を入れている。中でも、新店鎮での栽培面積は1500ムー(約100ヘクタール)に達し、年間生産量は生トウガラシが600トン、乾燥トウガラシが500トン。中国各地に出荷される他、北欧や東南アジアなどの国と地域に輸出され、年間売上高は約2千万元(1元=約15円)に上る。七星椒栽培は地元農民が収入を増やし豊かになるための重要な手段となっている。(内江=新華社配信/王斌)=2020(令和2)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081205342

  • 2020年08月07日
    中国で最も辛いトウガラシの栽培で農民を豊かに四川省威遠県

    7日、四川省内江市威遠県新店鎮十字村の七星椒栽培基地の七星椒。中国四川省内江市威遠県産の「七星椒」は中国で最も辛いトウガラシの一つで、辛さの度合いが「七つ星級」とされることから、この名が付いた。同県ではここ数年、七星椒の栽培に力を入れている。中でも、新店鎮での栽培面積は1500ムー(約100ヘクタール)に達し、年間生産量は生トウガラシが600トン、乾燥トウガラシが500トン。中国各地に出荷される他、北欧や東南アジアなどの国と地域に輸出され、年間売上高は約2千万元(1元=約15円)に上る。七星椒栽培は地元農民が収入を増やし豊かになるための重要な手段となっている。(内江=新華社配信/王斌)=2020(令和2)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081205355

  • 2020年08月07日
    中国で最も辛いトウガラシの栽培で農民を豊かに四川省威遠県

    7日、七星椒を収穫する四川省内江市威遠県新店鎮十字村の農家。中国四川省内江市威遠県産の「七星椒」は中国で最も辛いトウガラシの一つで、辛さの度合いが「七つ星級」とされることから、この名が付いた。同県ではここ数年、七星椒の栽培に力を入れている。中でも、新店鎮での栽培面積は1500ムー(約100ヘクタール)に達し、年間生産量は生トウガラシが600トン、乾燥トウガラシが500トン。中国各地に出荷される他、北欧や東南アジアなどの国と地域に輸出され、年間売上高は約2千万元(1元=約15円)に上る。七星椒栽培は地元農民が収入を増やし豊かになるための重要な手段となっている。(内江=新華社配信/王斌)=2020(令和2)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081205348

  • 2020年11月15日
    野菜栽培で暮らし豊かに貴州省玉屏トン族自治県

    15日、銅仁市玉屏トン族自治県新店鎮洞坪村の野菜栽培基地でカリフラワーを収穫する村人。中国貴州省銅仁市玉屏トン族自治県はここ数年、野菜栽培に力を入れており、企業と合作社(協同組合)と農業基地と農家を組み合わせた生産モデルで、地元農民の増収を後押ししている。(玉屏=新華社記者/楊楹)=2020(令和2)年11月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111806440

  • 2020年11月15日
    野菜栽培で暮らし豊かに貴州省玉屏トン族自治県

    15日、銅仁市玉屏トン族自治県新店鎮洞坪村の野菜栽培基地。(小型無人機から)中国貴州省銅仁市玉屏トン族自治県はここ数年、野菜栽培に力を入れており、企業と合作社(協同組合)と農業基地と農家を組み合わせた生産モデルで、地元農民の増収を後押ししている。(玉屏=新華社記者/楊楹)=2020(令和2)年11月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111806441

  • 2020年11月15日
    野菜栽培で暮らし豊かに貴州省玉屏トン族自治県

    15日、銅仁市玉屏トン族自治県新店鎮洞坪村の野菜栽培基地のビニールハウスでカリフラワーを収穫する村人。中国貴州省銅仁市玉屏トン族自治県はここ数年、野菜栽培に力を入れており、企業と合作社(協同組合)と農業基地と農家を組み合わせた生産モデルで、地元農民の増収を後押ししている。(玉屏=新華社記者/楊楹)=2020(令和2)年11月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111806514

  • 2020年11月15日
    野菜栽培で暮らし豊かに貴州省玉屏トン族自治県

    15日、銅仁市玉屏トン族自治県新店鎮洞坪村の野菜栽培基地で農機を操作する村人。中国貴州省銅仁市玉屏トン族自治県はここ数年、野菜栽培に力を入れており、企業と合作社(協同組合)と農業基地と農家を組み合わせた生産モデルで、地元農民の増収を後押ししている。(玉屏=新華社配信)=2020(令和2)年11月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111806543

  • 2020年11月15日
    野菜栽培で暮らし豊かに貴州省玉屏トン族自治県

    15日、銅仁市玉屏トン族自治県新店鎮洞坪村の野菜栽培基地で収穫したキュウリを運ぶ村人。中国貴州省銅仁市玉屏トン族自治県はここ数年、野菜栽培に力を入れており、企業と合作社(協同組合)と農業基地と農家を組み合わせた生産モデルで、地元農民の増収を後押ししている。(玉屏=新華社配信)=2020(令和2)年11月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111806495

  • 2020年11月15日
    野菜栽培で暮らし豊かに貴州省玉屏トン族自治県

    15日、銅仁市玉屏トン族自治県新店鎮洞坪村の野菜栽培基地地のビニールハウスで作業する村人。中国貴州省銅仁市玉屏トン族自治県はここ数年、野菜栽培に力を入れており、企業と合作社(協同組合)と農業基地と農家を組み合わせた生産モデルで、地元農民の増収を後押ししている。(玉屏=新華社配信)=2020(令和2)年11月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111806533

  • 2020年11月15日
    野菜栽培で暮らし豊かに貴州省玉屏トン族自治県

    15日、銅仁市玉屏トン族自治県新店鎮洞坪村の野菜栽培基地。(小型無人機から)中国貴州省銅仁市玉屏トン族自治県はここ数年、野菜栽培に力を入れており、企業と合作社(協同組合)と農業基地と農家を組み合わせた生産モデルで、地元農民の増収を後押ししている。(玉屏=新華社記者/楊楹)=2020(令和2)年11月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111806593

  • 2020年11月15日
    野菜栽培で暮らし豊かに貴州省玉屏トン族自治県

    15日、銅仁市玉屏トン族自治県新店鎮洞坪村の野菜生産基地。(小型無人機から)中国貴州省銅仁市玉屏トン族自治県はここ数年、野菜栽培に力を入れており、企業と合作社(協同組合)と農業基地と農家を組み合わせた生産モデルで、地元農民の増収を後押ししている。(玉屏=新華社記者/楊楹)=2020(令和2)年11月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111806421

  • 2021年02月03日
    (4)福州国家森林公園の桜、見頃迎える福建省

    1日、福州国家森林公園で花見を楽しむ観光客。(小型無人機から)中国福建省福州市新店鎮の福州国家森林公園では桜が見頃を迎え、春のような風景が広がっている。(福州=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2021(令和3)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020311819

  • 2021年02月03日
    (1)福州国家森林公園の桜、見頃迎える福建省

    1日、福州国家森林公園の湖面に映る満開の桜。中国福建省福州市新店鎮の福州国家森林公園では桜が見頃を迎え、春のような風景が広がっている。(福州=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2021(令和3)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020311823

  • 2021年02月03日
    (7)福州国家森林公園の桜、見頃迎える福建省

    1日、福州国家森林公園で満開になった桜。中国福建省福州市新店鎮の福州国家森林公園では桜が見頃を迎え、春のような風景が広がっている。(福州=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2021(令和3)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020311822

  • 2021年02月03日
    (2)福州国家森林公園の桜、見頃迎える福建省

    1日、福州国家森林公園で花見を楽しむ観光客。中国福建省福州市新店鎮の福州国家森林公園では桜が見頃を迎え、春のような風景が広がっている。(福州=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2021(令和3)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020311824

  • 2021年02月03日
    (3)福州国家森林公園の桜、見頃迎える福建省

    1日、福州国家森林公園で花見を楽しむ観光客。中国福建省福州市新店鎮の福州国家森林公園では桜が見頃を迎え、春のような風景が広がっている。(福州=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2021(令和3)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020311817

  • 2021年02月03日
    (6)福州国家森林公園の桜、見頃迎える福建省

    1日、福州国家森林公園で花見を楽しむ観光客。中国福建省福州市新店鎮の福州国家森林公園では桜が見頃を迎え、春のような風景が広がっている。(福州=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2021(令和3)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020311820

  • 2021年02月03日
    (5)福州国家森林公園の桜、見頃迎える福建省

    1日、福州国家森林公園で花見を楽しむ観光客。中国福建省福州市新店鎮の福州国家森林公園では桜が見頃を迎え、春のような風景が広がっている。(福州=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2021(令和3)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020311821

  • 2021年02月03日
    (8)福州国家森林公園の桜、見頃迎える福建省

    1日、福州国家森林公園で満開になった桜。(小型無人機から)中国福建省福州市新店鎮の福州国家森林公園では桜が見頃を迎え、春のような風景が広がっている。(福州=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2021(令和3)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020311825

  • 2021年05月07日
    (9)「立夏」到来中国各地で農作業に励む人たち

    5日、貴州省銅仁市玉屏(ぎょくへい)トン族自治県新店鎮の洞坪村で、農作業に励む村の人。(小型無人機から)二十四節気の「立夏」に当たる5日、中国各地の田畑では、農作業に励む村の人たちの姿が見られた。(銅仁=新華社配信/胡攀学)= 配信日: 2021(令和3)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050703325

  • 2022年04月12日
    (9)春の農作業に励む中国各地の農家

    10日、貴州省銅仁市玉屏トン族自治県新店鎮洞坪村の畑で作業する農家の人。(小型無人機から)春の耕作シーズンを迎えた中国各地では、農家の人々が畑仕事に精を出している。(銅仁=新華社配信/劉徳軍)= 配信日: 2022(令和4)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041208195

  • 1