KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • ちょう
  • オンラインショップ
  • コウシンバラ
  • タオバオ
  • フォロワー
  • ムー
  • ライブ配信
  • 令和
  • 位置
  • 余り

「新河鎮」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
10
( 1 10 件を表示)
  • 1
10
( 1 10 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月14日
    大学生が故郷で起業江蘇省沭陽県

    14日、沭陽県章集街道大瀋荘村で、母親の趙紅霞(ちょう・こうか)さんから花木の手入れについて学ぶ趙紫瑄さん(右)。中国江蘇省宿遷市沭陽(じゅつよう)県は、中国の南と北気候帯の中間地点に位置することから、さまざまな種類の花木の生育に適している。同県の花木の栽培面積は60万ムー(4万ヘクタール)、育成品種は3千種以上あり、省内最大の花木生産県となっている。2019年の花木売上高は200億元(1元=約15円)に上った。同県は近年、起業家に対し優遇策を次々と打ち出しており、19年は故郷に戻って起業した若者が20万人に達した。1996年生まれの趙紫瑄(ちょう・しせん)さんは大学卒業後、都会での就職をやめ、故郷に戻ってオンラインショップ「彩鼎園鮮花」を立ち上げた。ネット販売と店舗での対面販売を組み合わせ、切り花や観葉植物、盆栽などを大規模に栽培している。趙さんはこれまで、中国の通販サイト「淘宝網(タオバオ)」やライブ配信の運営について全く知識がなかったが、空いた時間に専門知識を身に付け、ライブ配信中はできる限り詳しく商品を紹介した。数カ月後、趙さんのフォロワー数は増え、番組配信中に毎日何万人ものフォロワーから問い合わせや購入が続くようになった。趙さんの花木栽培基地は現在、面積が千ムー(約67ヘクタール)余りに達し、年間売上高は300万元を超え、周辺地域や県外から従業員50人余りを雇用するまでになった。同県新河鎮の楊婷婷(よう・ていてい)さんも現在、コウシンバラの栽培基地を経営している。楊さんは17年初め、20ムー(約1・3ヘクタール)余りの土地を借り、コウシンバラの栽培を始め、各種規格の苗を育てた。楊さんの栽培基地は今では60ムー(4ヘクタール)以上に広がり、栽培するバラの種類は200品種を超えた。苗の生産量は年間150万株以上、年間売上高は180万元以上になった。(南京=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052104648

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月14日
    大学生が故郷で起業江蘇省沭陽県

    14日、沭陽県章集街道大瀋荘村に広がる花木栽培用のビニールハウス。(小型無人機から)中国江蘇省宿遷市沭陽(じゅつよう)県は、中国の南と北気候帯の中間地点に位置することから、さまざまな種類の花木の生育に適している。同県の花木の栽培面積は60万ムー(4万ヘクタール)、育成品種は3千種以上あり、省内最大の花木生産県となっている。2019年の花木売上高は200億元(1元=約15円)に上った。同県は近年、起業家に対し優遇策を次々と打ち出しており、19年は故郷に戻って起業した若者が20万人に達した。1996年生まれの趙紫瑄(ちょう・しせん)さんは大学卒業後、都会での就職をやめ、故郷に戻ってオンラインショップ「彩鼎園鮮花」を立ち上げた。ネット販売と店舗での対面販売を組み合わせ、切り花や観葉植物、盆栽などを大規模に栽培している。趙さんはこれまで、中国の通販サイト「淘宝網(タオバオ)」やライブ配信の運営について全く知識がなかったが、空いた時間に専門知識を身に付け、ライブ配信中はできる限り詳しく商品を紹介した。数カ月後、趙さんのフォロワー数は増え、番組配信中に毎日何万人ものフォロワーから問い合わせや購入が続くようになった。趙さんの花木栽培基地は現在、面積が千ムー(約67ヘクタール)余りに達し、年間売上高は300万元を超え、周辺地域や県外から従業員50人余りを雇用するまでになった。同県新河鎮の楊婷婷(よう・ていてい)さんも現在、コウシンバラの栽培基地を経営している。楊さんは17年初め、20ムー(約1・3ヘクタール)余りの土地を借り、コウシンバラの栽培を始め、各種規格の苗を育てた。楊さんの栽培基地は今では60ムー(4ヘクタール)以上に広がり、栽培するバラの種類は200品種を超えた。苗の生産量は年間150万株以上、年間売上高は180万元以上になった。(南京=新華社記者/韓瑜慶)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052104698

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月14日
    大学生が故郷で起業江蘇省沭陽県

    14日、沭陽県章集街道大瀋荘村で、淘宝のライブ配信でフォロワーに花木の手入れについて紹介する趙紫瑄さん。中国江蘇省宿遷市沭陽(じゅつよう)県は、中国の南と北気候帯の中間地点に位置することから、さまざまな種類の花木の生育に適している。同県の花木の栽培面積は60万ムー(4万ヘクタール)、育成品種は3千種以上あり、省内最大の花木生産県となっている。2019年の花木売上高は200億元(1元=約15円)に上った。同県は近年、起業家に対し優遇策を次々と打ち出しており、19年は故郷に戻って起業した若者が20万人に達した。1996年生まれの趙紫瑄(ちょう・しせん)さんは大学卒業後、都会での就職をやめ、故郷に戻ってオンラインショップ「彩鼎園鮮花」を立ち上げた。ネット販売と店舗での対面販売を組み合わせ、切り花や観葉植物、盆栽などを大規模に栽培している。趙さんはこれまで、中国の通販サイト「淘宝網(タオバオ)」やライブ配信の運営について全く知識がなかったが、空いた時間に専門知識を身に付け、ライブ配信中はできる限り詳しく商品を紹介した。数カ月後、趙さんのフォロワー数は増え、番組配信中に毎日何万人ものフォロワーから問い合わせや購入が続くようになった。趙さんの花木栽培基地は現在、面積が千ムー(約67ヘクタール)余りに達し、年間売上高は300万元を超え、周辺地域や県外から従業員50人余りを雇用するまでになった。同県新河鎮の楊婷婷(よう・ていてい)さんも現在、コウシンバラの栽培基地を経営している。楊さんは17年初め、20ムー(約1・3ヘクタール)余りの土地を借り、コウシンバラの栽培を始め、各種規格の苗を育てた。楊さんの栽培基地は今では60ムー(4ヘクタール)以上に広がり、栽培するバラの種類は200品種を超えた。苗の生産量は年間150万株以上、年間売上高は180万元以上になった。(南京=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052104693

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月15日
    大学生が故郷で起業江蘇省沭陽県

    15日、沭陽県新河鎮の栽培基地でコウシンバラの苗を運ぶ楊婷婷さん(左)と夫の陳武(ちん・ぶ)さん。中国江蘇省宿遷市沭陽(じゅつよう)県は、中国の南と北気候帯の中間地点に位置することから、さまざまな種類の花木の生育に適している。同県の花木の栽培面積は60万ムー(4万ヘクタール)、育成品種は3千種以上あり、省内最大の花木生産県となっている。2019年の花木売上高は200億元(1元=約15円)に上った。同県は近年、起業家に対し優遇策を次々と打ち出しており、19年は故郷に戻って起業した若者が20万人に達した。1996年生まれの趙紫瑄(ちょう・しせん)さんは大学卒業後、都会での就職をやめ、故郷に戻ってオンラインショップ「彩鼎園鮮花」を立ち上げた。ネット販売と店舗での対面販売を組み合わせ、切り花や観葉植物、盆栽などを大規模に栽培している。趙さんはこれまで、中国の通販サイト「淘宝網(タオバオ)」やライブ配信の運営について全く知識がなかったが、空いた時間に専門知識を身に付け、ライブ配信中はできる限り詳しく商品を紹介した。数カ月後、趙さんのフォロワー数は増え、番組配信中に毎日何万人ものフォロワーから問い合わせや購入が続くようになった。趙さんの花木栽培基地は現在、面積が千ムー(約67ヘクタール)余りに達し、年間売上高は300万元を超え、周辺地域や県外から従業員50人余りを雇用するまでになった。同県新河鎮の楊婷婷(よう・ていてい)さんも現在、コウシンバラの栽培基地を経営している。楊さんは17年初め、20ムー(約1・3ヘクタール)余りの土地を借り、コウシンバラの栽培を始め、各種規格の苗を育てた。楊さんの栽培基地は今では60ムー(4ヘクタール)以上に広がり、栽培するバラの種類は200品種を超えた。苗の生産量は年間150万株以上、年間売上高は180万元以上になった。(南京=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052104650

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月15日
    大学生が故郷で起業江蘇省沭陽県

    15日、沭陽県新河鎮の栽培基地で顧客にコウシンバラの説明をする楊婷婷さん(左)。中国江蘇省宿遷市沭陽(じゅつよう)県は、中国の南と北気候帯の中間地点に位置することから、さまざまな種類の花木の生育に適している。同県の花木の栽培面積は60万ムー(4万ヘクタール)、育成品種は3千種以上あり、省内最大の花木生産県となっている。2019年の花木売上高は200億元(1元=約15円)に上った。同県は近年、起業家に対し優遇策を次々と打ち出しており、19年は故郷に戻って起業した若者が20万人に達した。1996年生まれの趙紫瑄(ちょう・しせん)さんは大学卒業後、都会での就職をやめ、故郷に戻ってオンラインショップ「彩鼎園鮮花」を立ち上げた。ネット販売と店舗での対面販売を組み合わせ、切り花や観葉植物、盆栽などを大規模に栽培している。趙さんはこれまで、中国の通販サイト「淘宝網(タオバオ)」やライブ配信の運営について全く知識がなかったが、空いた時間に専門知識を身に付け、ライブ配信中はできる限り詳しく商品を紹介した。数カ月後、趙さんのフォロワー数は増え、番組配信中に毎日何万人ものフォロワーから問い合わせや購入が続くようになった。趙さんの花木栽培基地は現在、面積が千ムー(約67ヘクタール)余りに達し、年間売上高は300万元を超え、周辺地域や県外から従業員50人余りを雇用するまでになった。同県新河鎮の楊婷婷(よう・ていてい)さんも現在、コウシンバラの栽培基地を経営している。楊さんは17年初め、20ムー(約1・3ヘクタール)余りの土地を借り、コウシンバラの栽培を始め、各種規格の苗を育てた。楊さんの栽培基地は今では60ムー(4ヘクタール)以上に広がり、栽培するバラの種類は200品種を超えた。苗の生産量は年間150万株以上、年間売上高は180万元以上になった。(南京=新華社記者/韓瑜慶)=2020(令和2)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052104672

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月15日
    大学生が故郷で起業江蘇省沭陽県

    15日、沭陽県新河鎮周圏村の盆栽市場。(小型無人機から)中国江蘇省宿遷市沭陽(じゅつよう)県は、中国の南と北気候帯の中間地点に位置することから、さまざまな種類の花木の生育に適している。同県の花木の栽培面積は60万ムー(4万ヘクタール)、育成品種は3千種以上あり、省内最大の花木生産県となっている。2019年の花木売上高は200億元(1元=約15円)に上った。同県は近年、起業家に対し優遇策を次々と打ち出しており、19年は故郷に戻って起業した若者が20万人に達した。1996年生まれの趙紫瑄(ちょう・しせん)さんは大学卒業後、都会での就職をやめ、故郷に戻ってオンラインショップ「彩鼎園鮮花」を立ち上げた。ネット販売と店舗での対面販売を組み合わせ、切り花や観葉植物、盆栽などを大規模に栽培している。趙さんはこれまで、中国の通販サイト「淘宝網(タオバオ)」やライブ配信の運営について全く知識がなかったが、空いた時間に専門知識を身に付け、ライブ配信中はできる限り詳しく商品を紹介した。数カ月後、趙さんのフォロワー数は増え、番組配信中に毎日何万人ものフォロワーから問い合わせや購入が続くようになった。趙さんの花木栽培基地は現在、面積が千ムー(約67ヘクタール)余りに達し、年間売上高は300万元を超え、周辺地域や県外から従業員50人余りを雇用するまでになった。同県新河鎮の楊婷婷(よう・ていてい)さんも現在、コウシンバラの栽培基地を経営している。楊さんは17年初め、20ムー(約1・3ヘクタール)余りの土地を借り、コウシンバラの栽培を始め、各種規格の苗を育てた。楊さんの栽培基地は今では60ムー(4ヘクタール)以上に広がり、栽培するバラの種類は200品種を超えた。苗の生産量は年間150万株以上、年間売上高は180万元以上になった。(南京=新華社記者/李博)=2020(令和2)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052104697

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月15日
    大学生が故郷で起業江蘇省沭陽県

    15日、沭陽県新河鎮の栽培基地でコウシンバラの苗の手入れをする楊婷婷さん。中国江蘇省宿遷市沭陽(じゅつよう)県は、中国の南と北気候帯の中間地点に位置することから、さまざまな種類の花木の生育に適している。同県の花木の栽培面積は60万ムー(4万ヘクタール)、育成品種は3千種以上あり、省内最大の花木生産県となっている。2019年の花木売上高は200億元(1元=約15円)に上った。同県は近年、起業家に対し優遇策を次々と打ち出しており、19年は故郷に戻って起業した若者が20万人に達した。1996年生まれの趙紫瑄(ちょう・しせん)さんは大学卒業後、都会での就職をやめ、故郷に戻ってオンラインショップ「彩鼎園鮮花」を立ち上げた。ネット販売と店舗での対面販売を組み合わせ、切り花や観葉植物、盆栽などを大規模に栽培している。趙さんはこれまで、中国の通販サイト「淘宝網(タオバオ)」やライブ配信の運営について全く知識がなかったが、空いた時間に専門知識を身に付け、ライブ配信中はできる限り詳しく商品を紹介した。数カ月後、趙さんのフォロワー数は増え、番組配信中に毎日何万人ものフォロワーから問い合わせや購入が続くようになった。趙さんの花木栽培基地は現在、面積が千ムー(約67ヘクタール)余りに達し、年間売上高は300万元を超え、周辺地域や県外から従業員50人余りを雇用するまでになった。同県新河鎮の楊婷婷(よう・ていてい)さんも現在、コウシンバラの栽培基地を経営している。楊さんは17年初め、20ムー(約1・3ヘクタール)余りの土地を借り、コウシンバラの栽培を始め、各種規格の苗を育てた。楊さんの栽培基地は今では60ムー(4ヘクタール)以上に広がり、栽培するバラの種類は200品種を超えた。苗の生産量は年間150万株以上、年間売上高は180万元以上になった。(南京=新華社記者/李博)=2020(令和2)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052104704

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月15日
    大学生が故郷で起業江蘇省沭陽県

    15日、沭陽県新河鎮で育てたコウシンバラを見せる楊婷婷さん。中国江蘇省宿遷市沭陽(じゅつよう)県は、中国の南と北気候帯の中間地点に位置することから、さまざまな種類の花木の生育に適している。同県の花木の栽培面積は60万ムー(4万ヘクタール)、育成品種は3千種以上あり、省内最大の花木生産県となっている。2019年の花木売上高は200億元(1元=約15円)に上った。同県は近年、起業家に対し優遇策を次々と打ち出しており、19年は故郷に戻って起業した若者が20万人に達した。1996年生まれの趙紫瑄(ちょう・しせん)さんは大学卒業後、都会での就職をやめ、故郷に戻ってオンラインショップ「彩鼎園鮮花」を立ち上げた。ネット販売と店舗での対面販売を組み合わせ、切り花や観葉植物、盆栽などを大規模に栽培している。趙さんはこれまで、中国の通販サイト「淘宝網(タオバオ)」やライブ配信の運営について全く知識がなかったが、空いた時間に専門知識を身に付け、ライブ配信中はできる限り詳しく商品を紹介した。数カ月後、趙さんのフォロワー数は増え、番組配信中に毎日何万人ものフォロワーから問い合わせや購入が続くようになった。趙さんの花木栽培基地は現在、面積が千ムー(約67ヘクタール)余りに達し、年間売上高は300万元を超え、周辺地域や県外から従業員50人余りを雇用するまでになった。同県新河鎮の楊婷婷(よう・ていてい)さんも現在、コウシンバラの栽培基地を経営している。楊さんは17年初め、20ムー(約1・3ヘクタール)余りの土地を借り、コウシンバラの栽培を始め、各種規格の苗を育てた。楊さんの栽培基地は今では60ムー(4ヘクタール)以上に広がり、栽培するバラの種類は200品種を超えた。苗の生産量は年間150万株以上、年間売上高は180万元以上になった。(南京=新華社記者/李博)=2020(令和2)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052104757

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月15日
    大学生が故郷で起業江蘇省沭陽県

    15日、沭陽県新河鎮の栽培基地でコウシンバラの苗を手入れする楊婷婷さん。(小型無人機から)中国江蘇省宿遷市沭陽(じゅつよう)県は、中国の南と北気候帯の中間地点に位置することから、さまざまな種類の花木の生育に適している。同県の花木の栽培面積は60万ムー(4万ヘクタール)、育成品種は3千種以上あり、省内最大の花木生産県となっている。2019年の花木売上高は200億元(1元=約15円)に上った。同県は近年、起業家に対し優遇策を次々と打ち出しており、19年は故郷に戻って起業した若者が20万人に達した。1996年生まれの趙紫瑄(ちょう・しせん)さんは大学卒業後、都会での就職をやめ、故郷に戻ってオンラインショップ「彩鼎園鮮花」を立ち上げた。ネット販売と店舗での対面販売を組み合わせ、切り花や観葉植物、盆栽などを大規模に栽培している。趙さんはこれまで、中国の通販サイト「淘宝網(タオバオ)」やライブ配信の運営について全く知識がなかったが、空いた時間に専門知識を身に付け、ライブ配信中はできる限り詳しく商品を紹介した。数カ月後、趙さんのフォロワー数は増え、番組配信中に毎日何万人ものフォロワーから問い合わせや購入が続くようになった。趙さんの花木栽培基地は現在、面積が千ムー(約67ヘクタール)余りに達し、年間売上高は300万元を超え、周辺地域や県外から従業員50人余りを雇用するまでになった。同県新河鎮の楊婷婷(よう・ていてい)さんも現在、コウシンバラの栽培基地を経営している。楊さんは17年初め、20ムー(約1・3ヘクタール)余りの土地を借り、コウシンバラの栽培を始め、各種規格の苗を育てた。楊さんの栽培基地は今では60ムー(4ヘクタール)以上に広がり、栽培するバラの種類は200品種を超えた。苗の生産量は年間150万株以上、年間売上高は180万元以上になった。(南京=新華社記者/李博)=2020(令和2)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052104643

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月15日
    大学生が故郷で起業江蘇省沭陽県

    15日、沭陽県新河鎮の栽培基地でコウシンバラの苗に水をやる楊婷婷さん。中国江蘇省宿遷市沭陽(じゅつよう)県は、中国の南と北気候帯の中間地点に位置することから、さまざまな種類の花木の生育に適している。同県の花木の栽培面積は60万ムー(4万ヘクタール)、育成品種は3千種以上あり、省内最大の花木生産県となっている。2019年の花木売上高は200億元(1元=約15円)に上った。同県は近年、起業家に対し優遇策を次々と打ち出しており、19年は故郷に戻って起業した若者が20万人に達した。1996年生まれの趙紫瑄(ちょう・しせん)さんは大学卒業後、都会での就職をやめ、故郷に戻ってオンラインショップ「彩鼎園鮮花」を立ち上げた。ネット販売と店舗での対面販売を組み合わせ、切り花や観葉植物、盆栽などを大規模に栽培している。趙さんはこれまで、中国の通販サイト「淘宝網(タオバオ)」やライブ配信の運営について全く知識がなかったが、空いた時間に専門知識を身に付け、ライブ配信中はできる限り詳しく商品を紹介した。数カ月後、趙さんのフォロワー数は増え、番組配信中に毎日何万人ものフォロワーから問い合わせや購入が続くようになった。趙さんの花木栽培基地は現在、面積が千ムー(約67ヘクタール)余りに達し、年間売上高は300万元を超え、周辺地域や県外から従業員50人余りを雇用するまでになった。同県新河鎮の楊婷婷(よう・ていてい)さんも現在、コウシンバラの栽培基地を経営している。楊さんは17年初め、20ムー(約1・3ヘクタール)余りの土地を借り、コウシンバラの栽培を始め、各種規格の苗を育てた。楊さんの栽培基地は今では60ムー(4ヘクタール)以上に広がり、栽培するバラの種類は200品種を超えた。苗の生産量は年間150万株以上、年間売上高は180万元以上になった。(南京=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052104710

  • 1