KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • ウルムチ
  • 小型無人機
  • カシュガル
  • ドローン
  • カザフ自治州
  • ホータン
  • シルクロード
  • タクラマカン砂漠
  • 貧困脱却
  • 天山山脈

「新疆ウイグル自治区」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
4,871
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
4,871
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月13日
    (2)西部陸海新ルート寧夏班列が初運行

    11日、西部陸海新ルート寧夏班列の出発式。中国西部の省・自治区・直轄市が東南アジア諸国と協力して打ち出した新たな陸海複合貿易ルート「西部陸海新ルート」の専用列車、寧夏班列の最初の列車が11日午前、寧夏回族自治区中衛市から南へ向けて出発した。列車には約600万元(1元=約17円)相当、約2500トンの貨物45組が積み込まれていた。同ルートは重慶市を中心に運営され、広西チワン族自治区や貴州省、甘粛省、青海省、新疆ウイグル自治区などを重要ハブとしている。貨物は鉄道や船舶、自動車などで運ばれ、広西チワン族自治区北部湾を経て世界各地に向かう。中国東部地域からの海上輸送に比べ、所要時間が大幅に短縮される。(中衛=新華社記者/呂沢)= 配信日: 2021(令和3)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月13日
    (3)西部陸海新ルート寧夏班列が初運行

    11日、寧夏回族自治区中衛市を出発した西部陸海新ルート寧夏班列の列車。中国西部の省・自治区・直轄市が東南アジア諸国と協力して打ち出した新たな陸海複合貿易ルート「西部陸海新ルート」の専用列車、寧夏班列の最初の列車が11日午前、寧夏回族自治区中衛市から南へ向けて出発した。列車には約600万元(1元=約17円)相当、約2500トンの貨物45組が積み込まれていた。同ルートは重慶市を中心に運営され、広西チワン族自治区や貴州省、甘粛省、青海省、新疆ウイグル自治区などを重要ハブとしている。貨物は鉄道や船舶、自動車などで運ばれ、広西チワン族自治区北部湾を経て世界各地に向かう。中国東部地域からの海上輸送に比べ、所要時間が大幅に短縮される。(中衛=新華社記者/呂沢)= 配信日: 2021(令和3)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月13日
    (1)西部陸海新ルート寧夏班列が初運行

    11日、寧夏回族自治区中衛市を出発した西部陸海新ルート寧夏班列の列車。中国西部の省・自治区・直轄市が東南アジア諸国と協力して打ち出した新たな陸海複合貿易ルート「西部陸海新ルート」の専用列車、寧夏班列の最初の列車が11日午前、寧夏回族自治区中衛市から南へ向けて出発した。列車には約600万元(1元=約17円)相当、約2500トンの貨物45組が積み込まれていた。同ルートは重慶市を中心に運営され、広西チワン族自治区や貴州省、甘粛省、青海省、新疆ウイグル自治区などを重要ハブとしている。貨物は鉄道や船舶、自動車などで運ばれ、広西チワン族自治区北部湾を経て世界各地に向かう。中国東部地域からの海上輸送に比べ、所要時間が大幅に短縮される。(中衛=新華社記者/呂沢)= 配信日: 2021(令和3)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月13日
    (4)西部陸海新ルート寧夏班列が初運行

    11日、西部陸海新ルート寧夏班列の列車を見守る鉄道職員。中国西部の省・自治区・直轄市が東南アジア諸国と協力して打ち出した新たな陸海複合貿易ルート「西部陸海新ルート」の専用列車、寧夏班列の最初の列車が11日午前、寧夏回族自治区中衛市から南へ向けて出発した。列車には約600万元(1元=約17円)相当、約2500トンの貨物45組が積み込まれていた。同ルートは重慶市を中心に運営され、広西チワン族自治区や貴州省、甘粛省、青海省、新疆ウイグル自治区などを重要ハブとしている。貨物は鉄道や船舶、自動車などで運ばれ、広西チワン族自治区北部湾を経て世界各地に向かう。中国東部地域からの海上輸送に比べ、所要時間が大幅に短縮される。(中衛=新華社記者/呂沢)= 配信日: 2021(令和3)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月11日
    (3)南京からオランダ・ティルブルフ行きの「中欧班列」が運行開始

    10日、南京の尭化門貨物ターミナル駅からオランダ・ティルブルフへ向け出発する「中欧班列」の第1便。中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車「中欧班列」が10日、江蘇省南京市の尭化門貨物ターミナル駅からオランダ・ティルブルフに向けて出発した。南京発ティルブルフ行き中欧班列の第1便として運行された同列車は、液晶パネルや工業機械部品、繊維・服飾品など100TEU(20フィートコンテナ換算)の貨物を積載し、新疆ウイグル自治区の阿拉山口口岸(通関地)から出国。途中、カザフスタン、ロシア、ベラルーシなど各国を経由し、約18日間かけて目的地に到着する予定。(南京=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月11日
    (6)南京からオランダ・ティルブルフ行きの「中欧班列」が運行開始

    10日、尭化門貨物ターミナル駅で出発を待つ、南京とオランダ・ティルブルフを結ぶ「中欧班列」の第1便。中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車「中欧班列」が10日、江蘇省南京市の尭化門貨物ターミナル駅からオランダ・ティルブルフに向けて出発した。南京発ティルブルフ行き中欧班列の第1便として運行された同列車は、液晶パネルや工業機械部品、繊維・服飾品など100TEU(20フィートコンテナ換算)の貨物を積載し、新疆ウイグル自治区の阿拉山口口岸(通関地)から出国。途中、カザフスタン、ロシア、ベラルーシなど各国を経由し、約18日間かけて目的地に到着する予定。(南京=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月11日
    (5)南京からオランダ・ティルブルフ行きの「中欧班列」が運行開始

    10日、尭化門貨物ターミナル駅で出発を待つ、南京とオランダ・ティルブルフを結ぶ「中欧班列」の第1便。中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車「中欧班列」が10日、江蘇省南京市の尭化門貨物ターミナル駅からオランダ・ティルブルフに向けて出発した。南京発ティルブルフ行き中欧班列の第1便として運行された同列車は、液晶パネルや工業機械部品、繊維・服飾品など100TEU(20フィートコンテナ換算)の貨物を積載し、新疆ウイグル自治区の阿拉山口口岸(通関地)から出国。途中、カザフスタン、ロシア、ベラルーシなど各国を経由し、約18日間かけて目的地に到着する予定。(南京=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月11日
    (1)南京からオランダ・ティルブルフ行きの「中欧班列」が運行開始

    10日、南京の尭化門貨物ターミナル駅からオランダ・ティルブルフへ向け出発する「中欧班列」の第1便。中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車「中欧班列」が10日、江蘇省南京市の尭化門貨物ターミナル駅からオランダ・ティルブルフに向けて出発した。南京発ティルブルフ行き中欧班列の第1便として運行された同列車は、液晶パネルや工業機械部品、繊維・服飾品など100TEU(20フィートコンテナ換算)の貨物を積載し、新疆ウイグル自治区の阿拉山口口岸(通関地)から出国。途中、カザフスタン、ロシア、ベラルーシなど各国を経由し、約18日間かけて目的地に到着する予定。(南京=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月11日
    (2)南京からオランダ・ティルブルフ行きの「中欧班列」が運行開始

    10日、南京の尭化門貨物ターミナル駅からオランダ・ティルブルフへ向け出発する「中欧班列」の第1便。中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車「中欧班列」が10日、江蘇省南京市の尭化門貨物ターミナル駅からオランダ・ティルブルフに向けて出発した。南京発ティルブルフ行き中欧班列の第1便として運行された同列車は、液晶パネルや工業機械部品、繊維・服飾品など100TEU(20フィートコンテナ換算)の貨物を積載し、新疆ウイグル自治区の阿拉山口口岸(通関地)から出国。途中、カザフスタン、ロシア、ベラルーシなど各国を経由し、約18日間かけて目的地に到着する予定。(南京=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(令和3)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月10日
    南京からオランダ・ティルブルフ行きの「中欧班列」が運行開始

    10日、尭化門貨物ターミナル駅で出発を待つ、南京とオランダ・ティルブルフを結ぶ「中欧班列」の第1便。中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車「中欧班列」が10日、江蘇省南京市の尭化門貨物ターミナル駅からオランダ・ティルブルフに向けて出発した。南京発ティルブルフ行き中欧班列の第1便として運行された同列車は、液晶パネルや工業機械部品、繊維・服飾品など100TEU(20フィートコンテナ換算)の貨物を積載し、新疆ウイグル自治区の阿拉山口口岸(通関地)から出国。途中、カザフスタン、ロシア、ベラルーシなど各国を経由し、約18日間かけて目的地に到着する予定。(南京=新華社記者/季春鵬)=2021(令和3)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月08日
    阿拉山口経由の「中欧班列」、1~4月の貨物輸送額が100億ドルを突破

    1日、「中欧班列」の出境前車体検査と施封確認作業を行う阿拉山口の税関職員。中国新疆ウイグル自治区の阿拉山口税関によると、同税関を経由した「中欧班列」(中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車)の今年1~4月の運行本数は前年同期比56・7%増の1918本で、貨物輸送額は80・5%増の100億1千万ドル(1ドル=約109円)となった。(ウルムチ=新華社配信/黄標)= 配信日: 2021(令和3)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:52.73
    2021年05月07日
    「新華社」クムタグ砂漠で蜃気楼が頻繁に出現新疆ウイグル自治区

    中国新疆ウイグル自治区ピチャン(鄯善)県にあるクムタグ(庫木塔格)砂漠では1~5日の労働節(メーデー)連休中、たびたび蜃気楼(しんきろう)が出現した。各地から訪れた観光客は、砂漠に浮かび上がった湖面や砂丘、高層ビルなどを目にし、神秘的な自然現象を楽しんだ。正午ごろになると、砂漠から火焔山の支脈に向かう長さ約40キロ、幅約20キロの範囲に湖が出現、湖面の波や水草などもかすかに見ることができる。蜃気楼は光が屈折することで生じる自然現象で、見え方は時間の経過とともに変化し続ける。同砂漠では連日、蜃気楼が頻繁に出現し、通常、午前11時半ごろから午後6時半ごろの間に見られる。(記者/周生斌) =配信日: 2021(令和3)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:55.55
    2021年05月06日
    「新華社」天山山脈の奥地に雪、送電線の巡回検査を実施新疆ウイグル自治区

    中国新疆ウイグル自治区バインゴリン・モンゴル自治州和静県バルグンタイ(巴倫台)鎮の天山山脈奥地にある220キロボルトの帆湖送電線がこのほど、激しい吹雪に見舞われた。中国の送電大手、国家電網傘下の巴州(バインゴリン・モンゴル自治州)供電の巡回検査員は、2・5キロにわたる送電線と沿線の鉄塔を空と地上の両方から点検した。この送電線は稼働以来、天山山脈奥地の林業、牧畜業、観光業の発展や各民族の生活のために電力を提供している。(記者/阿曼) =配信日: 2021(令和3)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月05日
    (4)シルクロードの宿場跡「ジリガル遺跡」新疆ウイグル自治区

    3日、ジリガル文化遺跡の宿場遺構ヤルトゴンバイズの近くで羊を放牧するタジク族の女性。中国新疆ウイグル自治区カシュガル地区タシュクルガン・タジク自治県に、約1万年前の後期旧石器時代に属するジリガル(吉日尕勒)文化遺跡がある。「ジリガル」とはタジク語で「宿場」を意味する。遺跡に残る宿場遺構ヤルトゴンバイズ(亜尓特拱拜孜)は、タシュクルガン川のほとりにたたずみ、シルクロードを静かに見守っている。(カシュガル=新華社記者/侯昭康)= 配信日: 2021(令和3)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月05日
    (2)シルクロードの宿場跡「ジリガル遺跡」新疆ウイグル自治区

    3日、ジリガル文化遺跡の宿場遺構ヤルトゴンバイズの近くで羊を放牧するタジク族の女性。中国新疆ウイグル自治区カシュガル地区タシュクルガン・タジク自治県に、約1万年前の後期旧石器時代に属するジリガル(吉日尕勒)文化遺跡がある。「ジリガル」とはタジク語で「宿場」を意味する。遺跡に残る宿場遺構ヤルトゴンバイズ(亜尓特拱拜孜)は、タシュクルガン川のほとりにたたずみ、シルクロードを静かに見守っている。(カシュガル=新華社記者/侯昭康)= 配信日: 2021(令和3)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月05日
    (3)シルクロードの宿場跡「ジリガル遺跡」新疆ウイグル自治区

    3日、ジリガル文化遺跡の宿場遺構ヤルトゴンバイズの近くで草をはむ羊の群れ。中国新疆ウイグル自治区カシュガル地区タシュクルガン・タジク自治県に、約1万年前の後期旧石器時代に属するジリガル(吉日尕勒)文化遺跡がある。「ジリガル」とはタジク語で「宿場」を意味する。遺跡に残る宿場遺構ヤルトゴンバイズ(亜尓特拱拜孜)は、タシュクルガン川のほとりにたたずみ、シルクロードを静かに見守っている。(カシュガル=新華社記者/侯昭康)= 配信日: 2021(令和3)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月04日
    (2)変電所にロボット導入、24時間点検可能に新疆ウルムチ市

    4月27日、新疆ウイグル自治区ウルムチ市にある三宮変電所の地下施設内を走行する点検ロボット。中国送電大手、国家電網傘下の国網ウルムチ供電は昨年11月、220キロボルト三宮変電所に軌道型スマート点検ロボットを導入した。24時間体制で送電線の点検ができるようになり、作業効率が向上したことで、安定的な生産活動の継続にも役立っている。(ウルムチ=新華社記者/侯昭康)= 配信日: 2021(令和3)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月04日
    (1)変電所にロボット導入、24時間点検可能に新疆ウルムチ市

    4月27日、新疆ウイグル自治区ウルムチ市の三宮変電所で点検ロボットの動作状況を確認する作業員。中国送電大手、国家電網傘下の国網ウルムチ供電は昨年11月、220キロボルト三宮変電所に軌道型スマート点検ロボットを導入した。24時間体制で送電線の点検ができるようになり、作業効率が向上したことで、安定的な生産活動の継続にも役立っている。(ウルムチ=新華社記者/侯昭康)= 配信日: 2021(令和3)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月03日
    (7)2200年の歴史新疆ウイグル自治区の唐王城遺跡

    4月28日、トムシュク市の新疆屯墾歴史博物館で展示されている漢代の単耳紅陶罐(唐王城遺跡出土)。中国新疆ウイグル自治区トムシュク市で4月28、29両日、同市にある古城遺跡「唐王城遺跡」と中国の開拓・駐屯の歴史文化に関するシンポジウムが開かれた。唐王城は2200年余り前に屯田要塞として築かれ、これまでに4千点以上の遺物が出土するなど極めて高い考古学的価値を持つ。歴史文献によると、西域を安定させる上で重要な役割を担い、古代シルクロードの重鎮と栄えたこともあった、多元的な文化が同地で交わり、複数の文明が共存していた。(ウルムチ=新華社記者/王菲)= 配信日: 2021(令和3)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月03日
    (2)「中国規格」が新疆綿の質の高い発展を促進

    綿花品種「中綿所127」。(4月11日撮影)中国綿花協会は4月30日、「中国綿花生産管理規範」を発表し、業界中核企業6社と国産綿花の持続可能な発展プロジェクト生産側協力協定を締結した。同プロジェクトの正式稼働は、業界の質の高い発展を促進する。中国は世界最大の綿花消費国であり、最大の繊維製品輸出国でもある。綿花生産量は世界第2位を占める。中でも新疆ウイグル自治区は、中国で最大、世界でも重要な綿花生産地で、2020年の生産量は516万1千トンと全国生産量の87・3%を占めた。綿花栽培の機械化と自動化はこの10年で大きく進展し、同自治区農業部門が発表した2020年のデータによると、機械収穫の割合は69・83%に達した。(ウルムチ=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2021(令和3)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月03日
    (6)2200年の歴史新疆ウイグル自治区の唐王城遺跡

    4月28日、トムシュク市の新疆屯墾歴史博物館で展示されている唐代仏教寺院遺跡の壁画の破片(トムシュク市付近出土)。中国新疆ウイグル自治区トムシュク市で4月28、29両日、同市にある古城遺跡「唐王城遺跡」と中国の開拓・駐屯の歴史文化に関するシンポジウムが開かれた。唐王城は2200年余り前に屯田要塞として築かれ、これまでに4千点以上の遺物が出土するなど極めて高い考古学的価値を持つ。歴史文献によると、西域を安定させる上で重要な役割を担い、古代シルクロードの重鎮と栄えたこともあった、多元的な文化が同地で交わり、複数の文明が共存していた。(ウルムチ=新華社記者/王菲)= 配信日: 2021(令和3)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月03日
    (8)2200年の歴史新疆ウイグル自治区の唐王城遺跡

    4月28日、トムシュク市の新疆屯墾歴史博物館で展示されている漢代の土器の蓋(唐王城遺跡出土)。中国新疆ウイグル自治区トムシュク市で4月28、29両日、同市にある古城遺跡「唐王城遺跡」と中国の開拓・駐屯の歴史文化に関するシンポジウムが開かれた。唐王城は2200年余り前に屯田要塞として築かれ、これまでに4千点以上の遺物が出土するなど極めて高い考古学的価値を持つ。歴史文献によると、西域を安定させる上で重要な役割を担い、古代シルクロードの重鎮と栄えたこともあった、多元的な文化が同地で交わり、複数の文明が共存していた。(ウルムチ=新華社記者/王菲)= 配信日: 2021(令和3)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月03日
    シルクロードの宿場跡「ジリガル遺跡」新疆ウイグル自治区

    3日、ジリガル文化遺跡の宿場遺構ヤルトゴンバイズ。中国新疆ウイグル自治区カシュガル地区タシュクルガン・タジク自治県に、約1万年前の後期旧石器時代に属するジリガル(吉日尕勒)文化遺跡がある。「ジリガル」とはタジク語で「宿場」を意味する。遺跡に残る宿場遺構ヤルトゴンバイズ(亜尓特拱拜孜)は、タシュクルガン川のほとりにたたずみ、シルクロードを静かに見守っている。(カシュガル=新華社記者/侯昭康)=2021(令和3)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月03日
    (1)「中国規格」が新疆綿の質の高い発展を促進

    新疆ウイグル自治区カシュガル地区ヤルカンド県で、綿花品種「中綿所127」の種をまく綿作農家の人。(4月11日撮影、小型無人機から)中国綿花協会は4月30日、「中国綿花生産管理規範」を発表し、業界中核企業6社と国産綿花の持続可能な発展プロジェクト生産側協力協定を締結した。同プロジェクトの正式稼働は、業界の質の高い発展を促進する。中国は世界最大の綿花消費国であり、最大の繊維製品輸出国でもある。綿花生産量は世界第2位を占める。中でも新疆ウイグル自治区は、中国で最大、世界でも重要な綿花生産地で、2020年の生産量は516万1千トンと全国生産量の87・3%を占めた。綿花栽培の機械化と自動化はこの10年で大きく進展し、同自治区農業部門が発表した2020年のデータによると、機械収穫の割合は69・83%に達した。(ウルムチ=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2021(令和3)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月03日
    (5)2200年の歴史新疆ウイグル自治区の唐王城遺跡

    4月28日、シンポジウムで発表を聞く考古学者ら。中国新疆ウイグル自治区トムシュク市で4月28、29両日、同市にある古城遺跡「唐王城遺跡」と中国の開拓・駐屯の歴史文化に関するシンポジウムが開かれた。唐王城は2200年余り前に屯田要塞として築かれ、これまでに4千点以上の遺物が出土するなど極めて高い考古学的価値を持つ。歴史文献によると、西域を安定させる上で重要な役割を担い、古代シルクロードの重鎮と栄えたこともあった、多元的な文化が同地で交わり、複数の文明が共存していた。(ウルムチ=新華社記者/王菲)= 配信日: 2021(令和3)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月03日
    (1)2200年の歴史新疆ウイグル自治区の唐王城遺跡

    上:唐王城遺跡。(2020年9月20日撮影)下:トムシュク市全景。(2019年4月27日撮影)中国新疆ウイグル自治区トムシュク市で4月28、29両日、同市にある古城遺跡「唐王城遺跡」と中国の開拓・駐屯の歴史文化に関するシンポジウムが開かれた。唐王城は2200年余り前に屯田要塞として築かれ、これまでに4千点以上の遺物が出土するなど極めて高い考古学的価値を持つ。歴史文献によると、西域を安定させる上で重要な役割を担い、古代シルクロードの重鎮と栄えたこともあった、多元的な文化が同地で交わり、複数の文明が共存していた。(ウルムチ=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月03日
    (2)2200年の歴史新疆ウイグル自治区の唐王城遺跡

    4月29日、唐王城遺跡を調査する考古学者ら。中国新疆ウイグル自治区トムシュク市で4月28、29両日、同市にある古城遺跡「唐王城遺跡」と中国の開拓・駐屯の歴史文化に関するシンポジウムが開かれた。唐王城は2200年余り前に屯田要塞として築かれ、これまでに4千点以上の遺物が出土するなど極めて高い考古学的価値を持つ。歴史文献によると、西域を安定させる上で重要な役割を担い、古代シルクロードの重鎮と栄えたこともあった、多元的な文化が同地で交わり、複数の文明が共存していた。(ウルムチ=新華社記者/王菲)= 配信日: 2021(令和3)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月03日
    (4)「中国規格」が新疆綿の質の高い発展を促進

    新疆ウイグル自治区カシュガル地区ヤルカンド県で、綿花品種「中綿所127」の種をまく綿作農家の人。(4月11日撮影、小型無人機から)中国綿花協会は4月30日、「中国綿花生産管理規範」を発表し、業界中核企業6社と国産綿花の持続可能な発展プロジェクト生産側協力協定を締結した。同プロジェクトの正式稼働は、業界の質の高い発展を促進する。中国は世界最大の綿花消費国であり、最大の繊維製品輸出国でもある。綿花生産量は世界第2位を占める。中でも新疆ウイグル自治区は、中国で最大、世界でも重要な綿花生産地で、2020年の生産量は516万1千トンと全国生産量の87・3%を占めた。綿花栽培の機械化と自動化はこの10年で大きく進展し、同自治区農業部門が発表した2020年のデータによると、機械収穫の割合は69・83%に達した。(ウルムチ=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2021(令和3)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月03日
    (5)「中国規格」が新疆綿の質の高い発展を促進

    新疆ウイグル自治区カシュガル地区ヤルカンド県で、綿花品種「中綿所127」の種をまく綿作農家の人。(4月11日撮影、小型無人機から)中国綿花協会は4月30日、「中国綿花生産管理規範」を発表し、業界中核企業6社と国産綿花の持続可能な発展プロジェクト生産側協力協定を締結した。同プロジェクトの正式稼働は、業界の質の高い発展を促進する。中国は世界最大の綿花消費国であり、最大の繊維製品輸出国でもある。綿花生産量は世界第2位を占める。中でも新疆ウイグル自治区は、中国で最大、世界でも重要な綿花生産地で、2020年の生産量は516万1千トンと全国生産量の87・3%を占めた。綿花栽培の機械化と自動化はこの10年で大きく進展し、同自治区農業部門が発表した2020年のデータによると、機械収穫の割合は69・83%に達した。(ウルムチ=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2021(令和3)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月03日
    (4)2200年の歴史新疆ウイグル自治区の唐王城遺跡

    4月28日、シンポジウムで基調講演を行う広西玉林師範学院の林立(りん・りつ)教授。中国新疆ウイグル自治区トムシュク市で4月28、29両日、同市にある古城遺跡「唐王城遺跡」と中国の開拓・駐屯の歴史文化に関するシンポジウムが開かれた。唐王城は2200年余り前に屯田要塞として築かれ、これまでに4千点以上の遺物が出土するなど極めて高い考古学的価値を持つ。歴史文献によると、西域を安定させる上で重要な役割を担い、古代シルクロードの重鎮と栄えたこともあった、多元的な文化が同地で交わり、複数の文明が共存していた。(ウルムチ=新華社記者/王菲)= 配信日: 2021(令和3)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:31.68
    2021年05月03日
    「新華社」2200年の歴史新疆ウイグル自治区の唐王城遺跡

    中国新疆ウイグル自治区トムシュク市で4月28、29両日、同市にある古城遺跡「唐王城遺跡」と中国の開拓・駐屯の歴史文化に関するシンポジウムが開かれた。唐王城は2200年余り前に屯田要塞として築かれ、これまでに4千点以上の遺物が出土するなど極めて高い考古学的価値を持つ。歴史文献によると、西域を安定させる上で重要な役割を担い、古代シルクロードの重鎮と栄えたこともあった、多元的な文化が同地で交わり、複数の文明が共存していた。(記者/何軍、王菲、張嘯誠) =配信日: 2021(令和3)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月01日
    Highway Construction Through The Taklimakan Desert Highway Construction Through The Taklimakan Desert

    Aerial photo taken on May 1, 2021 shows workers laying asphalt at the construction site of a highway in Yuli County, northwest China‘s Xinjiang Uygur Autonomous Region, which runs through the Taklimakan Desert.=2021(令和3)年5月1日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年05月01日
    Highway Construction Through The Taklimakan Desert Highway Construction Through The Taklimakan Desert

    Aerial photo taken on May 1, 2021 shows workers laying asphalt at the construction site of a highway in Yuli County, northwest China‘s Xinjiang Uygur Autonomous Region, which runs through the Taklimakan Desert.=2021(令和3)年5月1日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年05月01日
    Highway Construction Through The Taklimakan Desert Highway Construction Through The Taklimakan Desert

    Aerial photo taken on May 1, 2021 shows workers laying asphalt at the construction site of a highway in Yuli County, northwest China‘s Xinjiang Uygur Autonomous Region, which runs through the Taklimakan Desert.=2021(令和3)年5月1日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年05月01日
    Highway Construction Through The Taklimakan Desert Highway Construction Through The Taklimakan Desert

    Aerial photo taken on May 1, 2021 shows workers laying asphalt at the construction site of a highway in Yuli County, northwest China‘s Xinjiang Uygur Autonomous Region, which runs through the Taklimakan Desert.=2021(令和3)年5月1日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年05月01日
    Highway Construction Through The Taklimakan Desert Highway Construction Through The Taklimakan Desert

    Aerial photo taken on May 1, 2021 shows workers laying asphalt at the construction site of a highway in Yuli County, northwest China‘s Xinjiang Uygur Autonomous Region, which runs through the Taklimakan Desert.=2021(令和3)年5月1日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年05月01日
    Highway Construction Through The Taklimakan Desert Highway Construction Through The Taklimakan Desert

    Aerial photo taken on May 1, 2021 shows workers laying asphalt at the construction site of a highway in Yuli County, northwest China‘s Xinjiang Uygur Autonomous Region, which runs through the Taklimakan Desert.=2021(令和3)年5月1日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年05月01日
    Highway Construction Through The Taklimakan Desert Highway Construction Through The Taklimakan Desert

    Aerial photo taken on May 1, 2021 shows workers laying asphalt at the construction site of a highway in Yuli County, northwest China‘s Xinjiang Uygur Autonomous Region, which runs through the Taklimakan Desert.=2021(令和3)年5月1日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年05月01日
    Highway Construction Through The Taklimakan Desert Highway Construction Through The Taklimakan Desert

    Aerial photo taken on May 1, 2021 shows workers laying asphalt at the construction site of a highway in Yuli County, northwest China‘s Xinjiang Uygur Autonomous Region, which runs through the Taklimakan Desert.=2021(令和3)年5月1日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年05月01日
    Highway Construction Through The Taklimakan Desert Highway Construction Through The Taklimakan Desert

    Aerial photo taken on May 1, 2021 shows workers laying asphalt at the construction site of a highway in Yuli County, northwest China‘s Xinjiang Uygur Autonomous Region, which runs through the Taklimakan Desert.=2021(令和3)年5月1日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年05月01日
    Highway Construction Through The Taklimakan Desert Highway Construction Through The Taklimakan Desert

    Aerial photo taken on May 1, 2021 shows workers laying asphalt at the construction site of a highway in Yuli County, northwest China‘s Xinjiang Uygur Autonomous Region, which runs through the Taklimakan Desert.=2021(令和3)年5月1日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年05月01日
    Highway Construction Through The Taklimakan Desert Highway Construction Through The Taklimakan Desert

    Workers lay asphalt at the construction site of a highway in Yuli County, which crosses the Taklimakan Desert in Tarim Basin, northwest China‘s Xinjiang Uygur Autonomous Region, May 1, 2021.=2021(令和3)年5月1日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年05月01日
    Highway Construction Through The Taklimakan Desert Highway Construction Through The Taklimakan Desert

    Workers lay asphalt at the construction site of a highway in Yuli County, which crosses the Taklimakan Desert in Tarim Basin, northwest China‘s Xinjiang Uygur Autonomous Region, May 1, 2021.=2021(令和3)年5月1日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年05月01日
    Highway Construction Through The Taklimakan Desert Highway Construction Through The Taklimakan Desert

    Workers lay asphalt at the construction site of a highway in Yuli County, which crosses the Taklimakan Desert in Tarim Basin, northwest China‘s Xinjiang Uygur Autonomous Region, May 1, 2021.=2021(令和3)年5月1日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年05月01日
    Highway Construction Through The Taklimakan Desert Highway Construction Through The Taklimakan Desert

    Workers lay asphalt at the construction site of a highway in Yuli County, which crosses the Taklimakan Desert in Tarim Basin, northwest China‘s Xinjiang Uygur Autonomous Region, May 1, 2021.=2021(令和3)年5月1日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年05月01日
    Highway Construction Through The Taklimakan Desert Highway Construction Through The Taklimakan Desert

    Workers lay asphalt at the construction site of a highway in Yuli County, which crosses the Taklimakan Desert in Tarim Basin, northwest China‘s Xinjiang Uygur Autonomous Region, May 1, 2021.=2021(令和3)年5月1日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年05月01日
    Highway Construction Through The Taklimakan Desert Highway Construction Through The Taklimakan Desert

    Aerial photo taken on May 1, 2021 shows workers laying asphalt at the construction site of a highway in Yuli County, northwest China‘s Xinjiang Uygur Autonomous Region, which runs through the Taklimakan Desert.=2021(令和3)年5月1日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年05月01日
    Highway Construction Through The Taklimakan Desert Highway Construction Through The Taklimakan Desert

    Aerial photo taken on May 1, 2021 shows workers laying asphalt at the construction site of a highway in Yuli County, northwest China‘s Xinjiang Uygur Autonomous Region, which runs through the Taklimakan Desert.=2021(令和3)年5月1日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年05月01日
    Highway Construction Through The Taklimakan Desert Highway Construction Through The Taklimakan Desert

    Workers lay asphalt at the construction site of a highway in Yuli County, which crosses the Taklimakan Desert in Tarim Basin, northwest China‘s Xinjiang Uygur Autonomous Region, May 1, 2021.=2021(令和3)年5月1日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年05月01日
    Highway Construction Through The Taklimakan Desert Highway Construction Through The Taklimakan Desert

    Workers lay asphalt at the construction site of a highway in Yuli County, which crosses the Taklimakan Desert in Tarim Basin, northwest China‘s Xinjiang Uygur Autonomous Region, May 1, 2021.=2021(令和3)年5月1日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年05月01日
    Starry Skies Over The Taklamakan Desert Starry Skies Over The Taklamakan Desert

    Starry skies are seen above a road crossing the hinterland of the Taklamakan Desert in Tarim Basin, northwest China‘s Xinjiang Uygur Autonomous Region, May 1, 2021.=2021(令和3)年5月1日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年05月01日
    Starry Skies Over The Taklamakan Desert Starry Skies Over The Taklamakan Desert

    Starry skies are seen above a road crossing the hinterland of the Taklamakan Desert in Tarim Basin, northwest China‘s Xinjiang Uygur Autonomous Region, May 1, 2021.=2021(令和3)年5月1日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年05月01日
    Starry Skies Over The Taklamakan Desert Starry Skies Over The Taklamakan Desert

    Starry skies are seen above a road crossing the hinterland of the Taklamakan Desert in Tarim Basin, northwest China‘s Xinjiang Uygur Autonomous Region, May 1, 2021.=2021(令和3)年5月1日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年05月01日
    Starry Skies Over The Taklamakan Desert Starry Skies Over The Taklamakan Desert

    Starry skies are seen above a road crossing the hinterland of the Taklamakan Desert in Tarim Basin, northwest China‘s Xinjiang Uygur Autonomous Region, May 1, 2021.=2021(令和3)年5月1日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年05月01日
    Starry Skies Over The Taklamakan Desert Starry Skies Over The Taklamakan Desert

    Starry skies are seen above a road crossing the hinterland of the Taklamakan Desert in Tarim Basin, northwest China‘s Xinjiang Uygur Autonomous Region, May 1, 2021.=2021(令和3)年5月1日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年05月01日
    Starry Skies Over The Taklamakan Desert Starry Skies Over The Taklamakan Desert

    Starry skies are seen above a road crossing the hinterland of the Taklamakan Desert in Tarim Basin, northwest China‘s Xinjiang Uygur Autonomous Region, May 1, 2021.=2021(令和3)年5月1日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年05月01日
    Starry Skies Over The Taklamakan Desert Starry Skies Over The Taklamakan Desert

    Starry skies are seen above a road crossing the hinterland of the Taklamakan Desert in Tarim Basin, northwest China‘s Xinjiang Uygur Autonomous Region, May 1, 2021.=2021(令和3)年5月1日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年05月01日
    Starry Skies Over The Taklamakan Desert Starry Skies Over The Taklamakan Desert

    Starry skies are seen above a road crossing the hinterland of the Taklamakan Desert in Tarim Basin, northwest China‘s Xinjiang Uygur Autonomous Region, May 1, 2021.=2021(令和3)年5月1日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年05月01日
    Starry Skies Over The Taklamakan Desert Starry Skies Over The Taklamakan Desert

    Starry skies are seen above a road crossing the hinterland of the Taklamakan Desert in Tarim Basin, northwest China‘s Xinjiang Uygur Autonomous Region, May 1, 2021.=2021(令和3)年5月1日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年05月01日
    Starry Skies Over The Taklamakan Desert Starry Skies Over The Taklamakan Desert

    Starry skies are seen above a road crossing the hinterland of the Taklamakan Desert in Tarim Basin, northwest China‘s Xinjiang Uygur Autonomous Region, May 1, 2021.=2021(令和3)年5月1日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年05月01日
    Starry Skies Over The Taklamakan Desert Starry Skies Over The Taklamakan Desert

    Starry skies are seen above a road crossing the hinterland of the Taklamakan Desert in Tarim Basin, northwest China‘s Xinjiang Uygur Autonomous Region, May 1, 2021.=2021(令和3)年5月1日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年05月01日
    Starry Skies Over The Taklamakan Desert Starry Skies Over The Taklamakan Desert

    Starry skies are seen above a road crossing the hinterland of the Taklamakan Desert in Tarim Basin, northwest China‘s Xinjiang Uygur Autonomous Region, May 1, 2021.=2021(令和3)年5月1日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年05月01日
    Starry Skies Over The Taklamakan Desert Starry Skies Over The Taklamakan Desert

    Starry skies are seen above a road crossing the hinterland of the Taklamakan Desert in Tarim Basin, northwest China‘s Xinjiang Uygur Autonomous Region, May 1, 2021.=2021(令和3)年5月1日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年05月01日
    Starry Skies Over The Taklamakan Desert Starry Skies Over The Taklamakan Desert

    Starry skies are seen above a road crossing the hinterland of the Taklamakan Desert in Tarim Basin, northwest China‘s Xinjiang Uygur Autonomous Region, May 1, 2021.=2021(令和3)年5月1日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年05月01日
    Starry Skies Over The Taklamakan Desert Starry Skies Over The Taklamakan Desert

    Starry skies are seen above a road crossing the hinterland of the Taklamakan Desert in Tarim Basin, northwest China‘s Xinjiang Uygur Autonomous Region, May 1, 2021.=2021(令和3)年5月1日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年04月30日
    Starry Skies Over The Taklamakan Desert Starry Skies Over The Taklamakan Desert

    Starry skies are seen above a road crossing the hinterland of the Taklamakan Desert in Tarim Basin, northwest China‘s Xinjiang Uygur Autonomous Region, May 1, 2021.=2021(令和3)年4月30日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年04月30日
    Starry Skies Over The Taklamakan Desert Starry Skies Over The Taklamakan Desert

    Starry skies are seen above a road crossing the hinterland of the Taklamakan Desert in Tarim Basin, northwest China‘s Xinjiang Uygur Autonomous Region, May 1, 2021.=2021(令和3)年4月30日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:50.94
    2021年04月29日
    「新華社」新疆ウイグル自治区、新エネ中古車を初輸出

    中国新疆ウイグル自治区から始めて輸出される中古の小型新エネルギー車(NEV)が26日、カザフスタンと国境を接するコルガス(霍爾果斯)を通関した。北京汽車集団や広州汽車集団、江淮汽車、比亜迪(BYD)などの車両21台、総額41万ドル(1ドル=約109円)で、カザフスタンを経由してウズベキスタンへ送られる。同自治区の中古車輸出企業は現在、周辺国市場での新エネ中古車需要に注目しており、オンラインでの顧客マッチングを積極的に進めるほか、オンライン販売と対面アフターサービスを組み合わせた新たなビジネスモデルを模索している。(記者/周生斌) =配信日: 2021(令和3)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月29日
    2200年の歴史新疆ウイグル自治区の唐王城遺跡

    4月29日、唐王城遺跡の現在の様子。中国新疆ウイグル自治区トムシュク市で4月28、29両日、同市にある古城遺跡「唐王城遺跡」と中国の開拓・駐屯の歴史文化に関するシンポジウムが開かれた。唐王城は2200年余り前に屯田要塞として築かれ、これまでに4千点以上の遺物が出土するなど極めて高い考古学的価値を持つ。歴史文献によると、西域を安定させる上で重要な役割を担い、古代シルクロードの重鎮と栄えたこともあった、多元的な文化が同地で交わり、複数の文明が共存していた。(ウルムチ=新華社記者/王菲)=2021(令和3)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月29日
    (12)中国盲導犬大連訓練基地を訪ねて遼寧省大連市

    22日、大連で盲導犬と共同訓練を行う新疆ウイグル自治区の障害者。中国遼寧省の中国盲導犬大連訓練基地は、2006年に設立された中国内地初の盲導犬訓練施設。中国残疾人聯合会の承認を受け、全国に向けて盲導犬の繁殖や訓練、運用など専門指導を行う唯一の非営利団体でもある。同基地で訓練を受けた盲導犬は計239匹で、全国の障害者に無償貸与され、活動している。(瀋陽=新華社記者/潘昱竜)= 配信日: 2021(令和3)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月28日
    錦の御旗掲げ、とりで攻略

    中国新疆ウイグル自治区・イリカザフ自治州

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月28日
    錦の御旗掲げ、とりで攻略

    中国新疆ウイグル自治区・イリカザフ自治州

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月28日
    錦の御旗掲げ、とりで攻略

    中国新疆ウイグル自治区・イリカザフ自治州

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月28日
    錦の御旗掲げ、とりで攻略

    中国新疆ウイグル自治区・イリカザフ自治州

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月28日
    柵で囲まれた収容施設 錦の御旗掲げ、とりで攻略

    中国政府が「職業技能教育訓練センター」と称する柵で囲まれた収容施設=2018年9月、新疆ウイグル自治区ウルムチ(ロイター=共同)

    撮影: 2018年9月、新疆ウイグル自治区ウルムチ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:59.32
    2021年04月28日
    「新華社」48万頭の家畜が春の大移動新疆ウイグル自治区

    中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州アルタイ地区ブルルトカイ(福海)県では4月中旬に入り、牧畜民が家畜48万頭を冬用の牧場から春・秋用の牧場へと移動させ始めている。アルタイ地区はここ数年、草原の生態保護に力を入れており、牧畜民が草原を科学的かつ合理的に利用するよう指導してきた。春の移動の場合、7~8カ所の中継点を経由しながら、約1カ月をかけて、春・秋用の牧場へと到着する。(記者/沙達提) =配信日: 2021(令和3)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月27日
    (4)スポーツブランド361度と国棉連盟が提携、綿花産業の発展推進

    24日、協定締結式の会場で、「361°」と国棉連盟がコラボした新製品を披露する、「361°」のバスケットボール用品のイメージキャラクターを務める中国男子バスケットボールの可蘭白克・馬坎(キーランベック・マカン)選手。中国スポーツ衣料大手、361度国際のブランド「361°(スリーシックスティワン)」と国家棉花産業連盟(以下、国棉連盟)は24日、新疆ウイグル自治区ウルムチ市で戦略的協力協定を締結した。双方は長期的提携を結び、「361°」は国棉連盟から棉、糸、生地などの優れた原材料を調達し、棉花産業の質の高い発展を進めていくことで合意した。(ウルムチ=新華社記者/王菲)= 配信日: 2021(令和3)年4月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月27日
    (1)スポーツブランド361度と国棉連盟が提携、綿花産業の発展推進

    24日、新疆ウイグル自治区ウルムチ市で行われた協定締結式の様子。中国スポーツ衣料大手、361度国際のブランド「361°(スリーシックスティワン)」と国家棉花産業連盟(以下、国棉連盟)は24日、新疆ウイグル自治区ウルムチ市で戦略的協力協定を締結した。双方は長期的提携を結び、「361°」は国棉連盟から棉、糸、生地などの優れた原材料を調達し、棉花産業の質の高い発展を進めていくことで合意した。(ウルムチ=新華社記者/王菲)= 配信日: 2021(令和3)年4月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月27日
    (5)スポーツブランド361度と国棉連盟が提携、綿花産業の発展推進

    24日、協定締結式の会場で、「361°」と国棉連盟がコラボした新製品を披露するモデル。中国スポーツ衣料大手、361度国際のブランド「361°(スリーシックスティワン)」と国家棉花産業連盟(以下、国棉連盟)は24日、新疆ウイグル自治区ウルムチ市で戦略的協力協定を締結した。双方は長期的提携を結び、「361°」は国棉連盟から棉、糸、生地などの優れた原材料を調達し、棉花産業の質の高い発展を進めていくことで合意した。(ウルムチ=新華社記者/王菲)= 配信日: 2021(令和3)年4月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月27日
    (2)スポーツブランド361度と国棉連盟が提携、綿花産業の発展推進

    24日、新疆ウイグル自治区ウルムチ市で行われた協定締結式の様子。中国スポーツ衣料大手、361度国際のブランド「361°(スリーシックスティワン)」と国家棉花産業連盟(以下、国棉連盟)は24日、新疆ウイグル自治区ウルムチ市で戦略的協力協定を締結した。双方は長期的提携を結び、「361°」は国棉連盟から棉、糸、生地などの優れた原材料を調達し、棉花産業の質の高い発展を進めていくことで合意した。(ウルムチ=新華社記者/王菲)= 配信日: 2021(令和3)年4月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月27日
    (3)スポーツブランド361度と国棉連盟が提携、綿花産業の発展推進

    24日、協定締結式でスピーチする、「361°」のバスケットボール用品のイメージキャラクターを務める中国男子バスケットボールの可蘭白克・馬坎(キーランベック・マカン)選手。中国スポーツ衣料大手、361度国際のブランド「361°(スリーシックスティワン)」と国家棉花産業連盟(以下、国棉連盟)は24日、新疆ウイグル自治区ウルムチ市で戦略的協力協定を締結した。双方は長期的提携を結び、「361°」は国棉連盟から棉、糸、生地などの優れた原材料を調達し、棉花産業の質の高い発展を進めていくことで合意した。(ウルムチ=新華社記者/王菲)= 配信日: 2021(令和3)年4月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:52.08
    2021年04月26日
    「新華社」和静県の高山にヤギの群れ新疆ウイグル自治区

    中国新疆ウイグル自治区バインゴリン・モンゴル自治州和静県のバルグンタイ(巴倫台)鎮古仁郭勒村近くの山中でこのほど、中国で国家2級保護野生動物に指定されるシベリアアイベックス(ヤギ属)200頭余りが確認された。同地で大規模な群れが確認されるのは今年2回目だという。シベリアアイベックスは、崖をよじ登ったりジャンプしたりするのが得意で、海抜3500~6千メートルの高原や山地に生息する。最も高い場所に生息する哺乳動物の一つとされる。(記者/宿伝義)=配信日:2021(令和3)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月25日
    (9)新疆カラマイリ山一帯に広がる野生動物自然保護区をゆく

    22日、カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区で撮影したノスリ。中国新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地東部にあるカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区は、モウコノウマ、アジアノロバ、コウジョウセンガゼルなど、絶滅の危機に瀕する希少な野生有蹄動物とその生息地の保護を目的として設立された。保護区内にはモウコノウマなどの国家1級重点保護動物が9種、コウジョウセンガゼルなどの国家2級重点保護動物が29種生息しており、中国の標高の低い荒漠(こうばく)地域では数少ない大型有蹄類野生動物自然保護区として知られる。(ウルムチ=新華社記者/侯昭康)= 配信日: 2021(令和3)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月25日
    (3)新疆カラマイリ山一帯に広がる野生動物自然保護区をゆく

    23日、カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区を歩くモウコノウマ。中国新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地東部にあるカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区は、モウコノウマ、アジアノロバ、コウジョウセンガゼルなど、絶滅の危機に瀕する希少な野生有蹄動物とその生息地の保護を目的として設立された。保護区内にはモウコノウマなどの国家1級重点保護動物が9種、コウジョウセンガゼルなどの国家2級重点保護動物が29種生息しており、中国の標高の低い荒漠(こうばく)地域では数少ない大型有蹄類野生動物自然保護区として知られる。(ウルムチ=新華社記者/侯昭康)= 配信日: 2021(令和3)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月25日
    (4)新疆の若者の間で科学普及・イノベーションがブームに

    24日、「風力エネルギー利用」部門への応募作品を調整する生徒ら。中国新疆ウイグル自治区ウルムチ市の新疆科技館で開催されていた「第7回全国青年科学普及・イノベーション実験および作品コンテスト新疆地区大会」が24日、閉幕した。同自治区の六つの大学と約40の中学(日本の中学・高校に相当)から集まった144人がクループに分かれ、「インテリジェント、セキュリティ、環境保護」の3テーマについて、「未来の教育、インテリジェント制御、生物環境、風力エネルギー利用」の四つの命題に関する競技に参加した。同コンテストは2020年12月に同自治区で予選が始まり、今月に入り2次戦が開かれた。多くの若者が参加し、学校に科学普及とイノベーションのブームを巻き起こしている。(ウルムチ=新華社記者/王菲)= 配信日: 2021(令和3)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月25日
    (2)新疆の若者の間で科学普及・イノベーションがブームに

    24日、「風力エネルギー利用」部門への応募作品を制作する生徒ら。中国新疆ウイグル自治区ウルムチ市の新疆科技館で開催されていた「第7回全国青年科学普及・イノベーション実験および作品コンテスト新疆地区大会」が24日、閉幕した。同自治区の六つの大学と約40の中学(日本の中学・高校に相当)から集まった144人がクループに分かれ、「インテリジェント、セキュリティ、環境保護」の3テーマについて、「未来の教育、インテリジェント制御、生物環境、風力エネルギー利用」の四つの命題に関する競技に参加した。同コンテストは2020年12月に同自治区で予選が始まり、今月に入り2次戦が開かれた。多くの若者が参加し、学校に科学普及とイノベーションのブームを巻き起こしている。(ウルムチ=新華社記者/王菲)= 配信日: 2021(令和3)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月25日
    (2)新疆カラマイリ山一帯に広がる野生動物自然保護区をゆく

    22日、カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区を走るトライノウサギ。中国新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地東部にあるカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区は、モウコノウマ、アジアノロバ、コウジョウセンガゼルなど、絶滅の危機に瀕する希少な野生有蹄動物とその生息地の保護を目的として設立された。保護区内にはモウコノウマなどの国家1級重点保護動物が9種、コウジョウセンガゼルなどの国家2級重点保護動物が29種生息しており、中国の標高の低い荒漠(こうばく)地域では数少ない大型有蹄類野生動物自然保護区として知られる。(ウルムチ=新華社記者/侯昭康)= 配信日: 2021(令和3)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月25日
    (5)新疆カラマイリ山一帯に広がる野生動物自然保護区をゆく

    22日、カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区を歩くモウコノウマの群れ。中国新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地東部にあるカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区は、モウコノウマ、アジアノロバ、コウジョウセンガゼルなど、絶滅の危機に瀕する希少な野生有蹄動物とその生息地の保護を目的として設立された。保護区内にはモウコノウマなどの国家1級重点保護動物が9種、コウジョウセンガゼルなどの国家2級重点保護動物が29種生息しており、中国の標高の低い荒漠(こうばく)地域では数少ない大型有蹄類野生動物自然保護区として知られる。(ウルムチ=新華社記者/侯昭康)= 配信日: 2021(令和3)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月25日
    (6)新疆カラマイリ山一帯に広がる野生動物自然保護区をゆく

    22日、カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区を走るモウコノウマの群れ。中国新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地東部にあるカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区は、モウコノウマ、アジアノロバ、コウジョウセンガゼルなど、絶滅の危機に瀕する希少な野生有蹄動物とその生息地の保護を目的として設立された。保護区内にはモウコノウマなどの国家1級重点保護動物が9種、コウジョウセンガゼルなどの国家2級重点保護動物が29種生息しており、中国の標高の低い荒漠(こうばく)地域では数少ない大型有蹄類野生動物自然保護区として知られる。(ウルムチ=新華社記者/侯昭康)= 配信日: 2021(令和3)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月25日
    (4)新疆カラマイリ山一帯に広がる野生動物自然保護区をゆく

    22日、カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区で、草をはむモウコノウマ。中国新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地東部にあるカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区は、モウコノウマ、アジアノロバ、コウジョウセンガゼルなど、絶滅の危機に瀕する希少な野生有蹄動物とその生息地の保護を目的として設立された。保護区内にはモウコノウマなどの国家1級重点保護動物が9種、コウジョウセンガゼルなどの国家2級重点保護動物が29種生息しており、中国の標高の低い荒漠(こうばく)地域では数少ない大型有蹄類野生動物自然保護区として知られる。(ウルムチ=新華社記者/侯昭康)= 配信日: 2021(令和3)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月25日
    (1)新疆カラマイリ山一帯に広がる野生動物自然保護区をゆく

    22日、カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区で、草をはむモウコノウマの群れ。中国新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地東部にあるカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区は、モウコノウマ、アジアノロバ、コウジョウセンガゼルなど、絶滅の危機に瀕する希少な野生有蹄動物とその生息地の保護を目的として設立された。保護区内にはモウコノウマなどの国家1級重点保護動物が9種、コウジョウセンガゼルなどの国家2級重点保護動物が29種生息しており、中国の標高の低い荒漠(こうばく)地域では数少ない大型有蹄類野生動物自然保護区として知られる。(ウルムチ=新華社記者/侯昭康)= 配信日: 2021(令和3)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月25日
    (11)新疆カラマイリ山一帯に広がる野生動物自然保護区をゆく

    22日、カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区で撮影したモウコノウマの群れ。中国新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地東部にあるカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区は、モウコノウマ、アジアノロバ、コウジョウセンガゼルなど、絶滅の危機に瀕する希少な野生有蹄動物とその生息地の保護を目的として設立された。保護区内にはモウコノウマなどの国家1級重点保護動物が9種、コウジョウセンガゼルなどの国家2級重点保護動物が29種生息しており、中国の標高の低い荒漠(こうばく)地域では数少ない大型有蹄類野生動物自然保護区として知られる。(ウルムチ=新華社記者/侯昭康)= 配信日: 2021(令和3)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月25日
    (1)新疆の若者の間で科学普及・イノベーションがブームに

    24日、「風力エネルギー利用」部門への応募作品を調整する生徒。中国新疆ウイグル自治区ウルムチ市の新疆科技館で開催されていた「第7回全国青年科学普及・イノベーション実験および作品コンテスト新疆地区大会」が24日、閉幕した。同自治区の六つの大学と約40の中学(日本の中学・高校に相当)から集まった144人がクループに分かれ、「インテリジェント、セキュリティ、環境保護」の3テーマについて、「未来の教育、インテリジェント制御、生物環境、風力エネルギー利用」の四つの命題に関する競技に参加した。同コンテストは2020年12月に同自治区で予選が始まり、今月に入り2次戦が開かれた。多くの若者が参加し、学校に科学普及とイノベーションのブームを巻き起こしている。(ウルムチ=新華社記者/王菲)= 配信日: 2021(令和3)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月25日
    (5)新疆の若者の間で科学普及・イノベーションがブームに

    24日、「インテリジェント制御」部門の弁論セッションで、応募作品の構想について審査員に説明する生徒。中国新疆ウイグル自治区ウルムチ市の新疆科技館で開催されていた「第7回全国青年科学普及・イノベーション実験および作品コンテスト新疆地区大会」が24日、閉幕した。同自治区の六つの大学と約40の中学(日本の中学・高校に相当)から集まった144人がクループに分かれ、「インテリジェント、セキュリティ、環境保護」の3テーマについて、「未来の教育、インテリジェント制御、生物環境、風力エネルギー利用」の四つの命題に関する競技に参加した。同コンテストは2020年12月に同自治区で予選が始まり、今月に入り2次戦が開かれた。多くの若者が参加し、学校に科学普及とイノベーションのブームを巻き起こしている。(ウルムチ=新華社記者/王菲)= 配信日: 2021(令和3)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月25日
    (3)新疆の若者の間で科学普及・イノベーションがブームに

    24日、「インテリジェント制御」部門への応募作品を調整する生徒ら。中国新疆ウイグル自治区ウルムチ市の新疆科技館で開催されていた「第7回全国青年科学普及・イノベーション実験および作品コンテスト新疆地区大会」が24日、閉幕した。同自治区の六つの大学と約40の中学(日本の中学・高校に相当)から集まった144人がクループに分かれ、「インテリジェント、セキュリティ、環境保護」の3テーマについて、「未来の教育、インテリジェント制御、生物環境、風力エネルギー利用」の四つの命題に関する競技に参加した。同コンテストは2020年12月に同自治区で予選が始まり、今月に入り2次戦が開かれた。多くの若者が参加し、学校に科学普及とイノベーションのブームを巻き起こしている。(ウルムチ=新華社記者/王菲)= 配信日: 2021(令和3)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月25日
    (12)新疆カラマイリ山一帯に広がる野生動物自然保護区をゆく

    22日、カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区で撮影したコウジョウセンガゼル。中国新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地東部にあるカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区は、モウコノウマ、アジアノロバ、コウジョウセンガゼルなど、絶滅の危機に瀕する希少な野生有蹄動物とその生息地の保護を目的として設立された。保護区内にはモウコノウマなどの国家1級重点保護動物が9種、コウジョウセンガゼルなどの国家2級重点保護動物が29種生息しており、中国の標高の低い荒漠(こうばく)地域では数少ない大型有蹄類野生動物自然保護区として知られる。(ウルムチ=新華社記者/侯昭康)= 配信日: 2021(令和3)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月25日
    (10)新疆カラマイリ山一帯に広がる野生動物自然保護区をゆく

    22日、カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区で、草をはむモウコノウマ。中国新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地東部にあるカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区は、モウコノウマ、アジアノロバ、コウジョウセンガゼルなど、絶滅の危機に瀕する希少な野生有蹄動物とその生息地の保護を目的として設立された。保護区内にはモウコノウマなどの国家1級重点保護動物が9種、コウジョウセンガゼルなどの国家2級重点保護動物が29種生息しており、中国の標高の低い荒漠(こうばく)地域では数少ない大型有蹄類野生動物自然保護区として知られる。(ウルムチ=新華社記者/侯昭康)= 配信日: 2021(令和3)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月25日
    (7)新疆カラマイリ山一帯に広がる野生動物自然保護区をゆく

    22日、カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区で撮影したトライノウサギ。中国新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地東部にあるカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区は、モウコノウマ、アジアノロバ、コウジョウセンガゼルなど、絶滅の危機に瀕する希少な野生有蹄動物とその生息地の保護を目的として設立された。保護区内にはモウコノウマなどの国家1級重点保護動物が9種、コウジョウセンガゼルなどの国家2級重点保護動物が29種生息しており、中国の標高の低い荒漠(こうばく)地域では数少ない大型有蹄類野生動物自然保護区として知られる。(ウルムチ=新華社記者/侯昭康)= 配信日: 2021(令和3)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:10.31
    2021年04月25日
    「新華社」タクラマカン砂漠貫く3本目の道路、舗装工事開始新疆ウイグル自治区

    「死の海」と呼ばれる中国新疆ウイグル自治区のタクラマカン砂漠で、バインゴリン・モンゴル自治州のロプノール(尉犁)県とチャルチャン(且末)県を南北に結ぶ「尉且(いしょ)砂漠道路」のアスファルト舗装工事が始まった。タクラマカン砂漠を縦断する3本目の道路で、全長330キロ余り。2017年10月に着工した。設計速度は時速60キロから80キロ。開通後はチャルチャン県から同自治州コルラ(庫爾勒)市までの距離が280キロ短縮され、所要時間も現行の12時間から6時間に半減する。(記者/宿伝義) =配信日: 2021(令和3)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月22日
    Protest in support of Uyghur Muslims in London, UK - 22 Apr 2021

    April 22, 2021, London, United Kingdom: Protesters hold placards during a demonstration in support of Uyghur Muslims at the Parliament Square..Protesters gathered as the UK parliament debated the ‘‘Motion on Mass Human Rights Abuses and Crimes Against Humanity in Xinjiang Uyghur Autonomous Region‘ (Credit Image: © Vuk Valcic/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Vuk Valcic/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...