KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 記者
  • イスマイル
  • スイス
  • 中国人
  • 内容
  • 平成
  • 情報
  • 映像
  • 様子
  • 歴史

「新疆大学」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
4
( 1 4 件を表示)
  • 1
4
( 1 4 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:59.55
    2019年03月13日
    「新華社」中国、ジュネーブで「新疆人権事業の発展成果」会議開催

    中国の国連ジュネーブ常駐代表団と中国人権研究会は第40回国連人権理事会の会期中の13日、ジュネーブで「新疆人権事業の発展成果」テーマ会議を開いた。歴史や現実、法律などの角度から新疆ウイグル自治区の実情を全体的に紹介し、一部の真実と異なる情報について重点的に誤りを正した。中国駐国連ジュネーブ事務局・スイスその他国際機関の兪建華(ゆ・けんか)代表は、現在の新疆は歴史的に見ても発展が最も急速で、最も安定した時期にあり、各民族人民の経済や政治、社会、文化、環境に関する権利も十分に保障されていると表明。中国政府はテロリズムや過激主義を撲滅し、新疆の繁栄と安定のため強固な基盤を築き上げたと述べた。中国人権研究会で理事を務める新疆大学政治・公共管理学院の祖力亜提・司馬義(ズリヤト・イスマイル)教授は、新疆で働き生活するウイグル族の学者としての立場から、新疆は古来、中国の不可分の一部であり、新疆の各民族は中華民族という大家族の一員であると表明。ウイグル族と中華民族の諸民族は、常に相手の中に自分を、自分の中に相手を感じるという親密な関係にあり、新疆の各民族の文化は常に中華文化という肥沃な土壌の中で繁栄し、発展を遂げてきたと指摘し、新疆は古来より多くの宗教が調和と共存を図り、発展してきた土地だと述べた。同会議には70カ国以上の外交官や国際機関の高官、関連NGO(非政府組織)の代表ら200人近くが参加した。(記者/杜洋、聶暁陽、施建国)<映像内容>「新疆人権事業の発展成果」テーマ会議の様子、撮影日:2019(平成31)年3月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032006230

  • 2019年03月13日
    中国、ジュネーブで「新疆人権事業の発展成果」会議開催

    13日、「新疆人権事業の発展成果」テーマ会議に出席した中国人権研究会理事で新疆大学政治・公共管理学院教授の祖力亜提・司馬義(ズリヤト・イスマイル)氏(中央)。中国の国連ジュネーブ常駐代表団と中国人権研究会は第40回国連人権理事会会期中の13日、ジュネーブで「新疆人権事業の発展成果」がテーマのサイドミーティングを開催した。歴史や現実、法律などの角度から新疆の実情を全体的に紹介し、一部の真実と異なる情報について重点的に誤りを正した。(ジュネーブ=新華社記者/徐金泉)=2019(平成31)年3月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031800461

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月08日
    新疆ウイグル自治区ウルムチ市、都市建設の推進に尽力

    8日、新疆大学新キャンパスの建設現場。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区ウルムチ市はここ数日、交通、教育、医療などの分野に及ぶ大型プロジェクトの建設工事を急ピッチで進めている。市内各地の建設現場では、機械の轟音が鳴り響き、作業員が忙しそうに行き交う光景が見られる。プロジェクトが完成すれば、都市サービス機能が向上し、現地および周辺住民の生活利便性が高まることが期待される。(ウルムチ=新華社記者/胡虎虎)=2020(令和2)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091400509

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:49.04
    2020年11月10日
    「新華社」大学が協力、ラクダ千頭に妊娠判別検査実施新疆アルタイ地区

    中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州アルタイ地区ジェミナイ(吉木乃)県の「万駝園」でこのほど、雌のラクダ千頭余りが順序よく列に並び、新疆農業大学の教師・学生による超音波検査を受けた。ラクダに対する超音波検査は、新疆農業大学と新疆大学、地元企業による共同事業で、雌ラクダの受精の成否をリアルタイムで判別し、妊娠した雌とそうでないものを速やかに分けて飼育する。飼育プランや飼料の配合を適時に調整することで、ラクダの健康的な出産と授乳を確保していく。万駝園は同県が導入した産業による貧困支援プロジェクトで、園内には1600頭余りのラクダがいる。現在、ラクダの飼育や牧草地の賃貸、収益配当などで農牧民1026世帯の増収を導いている。(記者/阿曼、郝玉、許晟)<映像内容>ラクダの妊娠判別検査の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111102759

  • 1