KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 小型無人機
  • ドローン
  • 新型肺炎
  • 中国福建省
  • スタッフ
  • 中国河北省
  • 伝統文化
  • 黒竜江省
  • 中国江蘇省
  • 国際交流

「新華社」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
142,928
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
142,928
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:58.23
    2021年04月15日
    「新華社」ジャイアントパンダの求愛行動を撮影四川省

    中国ジャイアントパンダ国家公園四川省管理局広元管理分局の研究員がこのほど、唐家河エリアでパンダの繁殖行動を観察していた際、野生のパンダ2頭が求愛する珍しい場面を撮影した。同国家公園の四川エリアで求愛行動が撮影されたのは今回が初めて。パンダは毎年3~5月に発情期を迎えるため、研究員は3月20日に観察を開始。4月初旬に摩天嶺エリアで発情期特有の鳴き声を立て続けに聞き、6日には標高2300メートルに位置する針広混交林のトウヒの木の上で追いかけっこをする成体のパンダ2頭を発見した。パンダたちの争いは1頭が低木の中に隠れるまで約3時間続き、研究員は一部始終をカメラで撮影した。映像は四川省管理局専門家委員会の胡錦矗(こ・きんちく)氏により、雄雌の成体2頭による通常の求愛行動であることが確認された。摩天嶺エリアでは今年に入り、野生のパンダの映像がすでに5回撮影されている。(記者/蕭永航) =配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月15日
    (6)スポーツ施設をワクチンの臨時接種拠点に遼寧省瀋陽市

    12日、瀋陽市大東区の臨時接種拠点1階にある接種エリア。中国遼寧省は新型コロナウイルスワクチンの接種を加速させており、同省瀋陽市大東区のスポーツ施設「大東全民健身センター」にこのほど、省内初のワクチン臨時接種拠点が完成した。同拠点は今後、需要に応じて随時、ワクチン接種を実施。総面積4千平方メートルで、稼働後は1日当たり6千回の接種が可能となる。(瀋陽=新華社記者/潘昱竜)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:30.29
    2021年04月15日
    「新華社」スポーツ施設をワクチンの臨時接種拠点に遼寧省瀋陽市

    中国遼寧省は新型コロナウイルスワクチンの接種を加速させており、同省瀋陽市大東区のスポーツ施設「大東全民健身センター」にこのほど、省内初のワクチン臨時接種拠点が完成した。同拠点は今後、需要に応じて随時、ワクチン接種を実施。総面積4千平方メートルで、稼働後は1日当たり6千回の接種が可能となる。(記者/潘昱竜) =配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月15日
    (4)15・81カラットのピンクダイヤモンド、上海で公開

    13日、サクラ・ピンクダイヤモンドを見せるクリスティーズのスタッフ。美術品競売大手、クリスティーズが13日、中国上海市で内覧会を開き、絵画数点と15・81カラットの「サクラ・ピンクダイヤモンド」を公開した。ダイヤの推定価格は3億香港ドル(1香港ドル=約14円)に上る。同社関係者は、ポストコロナ時代の世界のコレクション市場で、中国の重要性はますます高まっていると説明した。「サクラ・ピンクダイヤモンド」は、世界オークション史上最も大きなパープル・ピンクダイヤモンド。春の日に優雅に舞う桜の花びらのような色合いから名付けられた。今回のオークションでの推定落札価格は1億9500万~3億香港ドルとされる。(上海=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月15日
    (4)中英両国の古生物学者、1億年前の昆虫の糞石を発見

    今回発見されたヒゲボソケシキスイ科の甲虫。(資料写真)中国科学院南京地質古生物研究所は14日、中国と英国の古生物学者がミャンマーで見つかった約1億年前の琥珀からこのほど、大量の花粉で構成された二つの昆虫の糞石(糞の化石)を発見したと明らかにした。糞石の近くからは花粉がついた昆虫の化石も見つかり、昆虫による被子植物の受粉が約1億年前に始まっていたことを示す証拠となった。(南京=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月15日
    (10)「中国一の牛の県」陽信県の牛骨彫刻芸術山東省

    9日、陽信県の牛骨彫刻芸術館に展示されている彫刻作品。中国山東省浜州市陽信県は「中国一の牛の県」と呼ばれ、肉牛繁殖規模の大きさと牛骨資源の豊富さで知られる。同県の牛骨彫刻は、蒸して脂肪や汚れ、臭いを除去し、切断や研磨、組み合わせを経た牛骨を、彫刻家がさまざまな彫刻技法を駆使し、生き生きとした人物や花、鳥などの芸術作品に仕上げる。(済南=新華社記者/郭緒雷)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月15日
    (9)「中国一の牛の県」陽信県の牛骨彫刻芸術山東省

    9日、陽信県の牛骨彫刻芸術館に展示されている彫刻作品。中国山東省浜州市陽信県は「中国一の牛の県」と呼ばれ、肉牛繁殖規模の大きさと牛骨資源の豊富さで知られる。同県の牛骨彫刻は、蒸して脂肪や汚れ、臭いを除去し、切断や研磨、組み合わせを経た牛骨を、彫刻家がさまざまな彫刻技法を駆使し、生き生きとした人物や花、鳥などの芸術作品に仕上げる。(済南=新華社記者/郭緒雷)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月15日
    (3)「故宮博物院所蔵の黄花梨・沈香文物展」開幕海南省瓊海市

    13日、海南省瓊海市の南海博物館で「故宮博物院所蔵の黄花梨・沈香文物展」を見学する来場者。中国海南省瓊海(けいかい)市の南海博物館で13日、同省特産の香木、黄花梨(ニオイシタン)や沈香で作られた逸品を展示する「故宮・故郷・故事-故宮博物院所蔵の黄花梨・沈香文物展」が正式に開幕した。黄花梨で作られた家具や沈香を使った器物計70点余りを故宮博物院の所蔵品から厳選し、シーン展示と主要展示を組み合わせる手法で紹介。海南省の特色ある地域文化を際立たせている。(海口=新華社記者/張麗蕓)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月15日
    (6)「故宮博物院所蔵の黄花梨・沈香文物展」開幕海南省瓊海市

    13日、海南省瓊海市の南海博物館で「故宮博物院所蔵の黄花梨・沈香文物展」を見学する来場者。中国海南省瓊海(けいかい)市の南海博物館で13日、同省特産の香木、黄花梨(ニオイシタン)や沈香で作られた逸品を展示する「故宮・故郷・故事-故宮博物院所蔵の黄花梨・沈香文物展」が正式に開幕した。黄花梨で作られた家具や沈香を使った器物計70点余りを故宮博物院の所蔵品から厳選し、シーン展示と主要展示を組み合わせる手法で紹介。海南省の特色ある地域文化を際立たせている。(海口=新華社記者/張麗蕓)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月15日
    (8)「故宮博物院所蔵の黄花梨・沈香文物展」開幕海南省瓊海市

    13日、海南省瓊海市の南海博物館で「故宮博物院所蔵の黄花梨・沈香文物展」を見学する来場者。中国海南省瓊海(けいかい)市の南海博物館で13日、同省特産の香木、黄花梨(ニオイシタン)や沈香で作られた逸品を展示する「故宮・故郷・故事-故宮博物院所蔵の黄花梨・沈香文物展」が正式に開幕した。黄花梨で作られた家具や沈香を使った器物計70点余りを故宮博物院の所蔵品から厳選し、シーン展示と主要展示を組み合わせる手法で紹介。海南省の特色ある地域文化を際立たせている。(海口=新華社記者/張麗蕓)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月15日
    (4)スポーツ施設をワクチンの臨時接種拠点に遼寧省瀋陽市

    12日、臨時接種拠点の1階にある接種エリアで机を並べるスタッフ。中国遼寧省は新型コロナウイルスワクチンの接種を加速させており、同省瀋陽市大東区のスポーツ施設「大東全民健身センター」にこのほど、省内初のワクチン臨時接種拠点が完成した。同拠点は今後、需要に応じて随時、ワクチン接種を実施。総面積4千平方メートルで、稼働後は1日当たり6千回の接種が可能となる。(瀋陽=新華社記者/潘昱竜)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月15日
    (5)中医薬材料の栽培で農家の増収を促進河北省邢台市

    13日、河北省邢台市経済開発区の鑫旺家庭農場で作業をする農家。中国河北省邢台市経済開発区はここ数年、栽培業の構造調整を推進し、間作や森林を活用した林下栽培などのモデルを模索してきた。地域の状況に応じて中医薬材料の栽培を発展させ、農業の産業化や特色化を推進することで、栽培効率を高め、農家の増収を促進している。(邢台=新華社記者/駱学峰)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月15日
    (6)前漢時代の墓地から銅鏡80枚人の顔映せるものも陝西省

    13日、大堡子墓地で発掘作業にあたる考古学スタッフ。中国陝西省西咸新区の大堡子墓地でこのほど、前漢時代の銅鏡80枚余りが出土した。2千年以上前の遺物だが、幾つかは人の顔を映すことができたという。同遺跡は秦漢新城高荘鎮大堡子(だいほうし)村の西にある。陝西省考古研究院が昨年5月から実施した発掘調査では、400基余りの墓が見つかり、前漢初期の土器や青銅器など各種遺物2千点(組)余りが出土した。(西安=新華社記者/楊一苗)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月15日
    (1)雲洞図書館の一般開放始まる海南省海口市

    13日、上空から見た海南省海口市の雲洞図書館。(小型無人機から)中国海南省海口市の海口湾エリアで13日、初の高標準スポットとなる雲洞図書館が一般開放された。建物は芸術性が高く、港のランドマークとして来館者に読書や休憩の場を提供する。同市は現在、海口湾エリアに質の高い観光スポットを建設し、都市景観の整備を進めている。(海口=新華社記者/蒲暁旭)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月15日
    (4)雲洞図書館の一般開放始まる海南省海口市

    12日、海南省海口市の海口湾にある雲洞図書館。中国海南省海口市の海口湾エリアで13日、初の高標準スポットとなる雲洞図書館が一般開放された。建物は芸術性が高く、港のランドマークとして来館者に読書や休憩の場を提供する。同市は現在、海口湾エリアに質の高い観光スポットを建設し、都市景観の整備を進めている。(海口=新華社記者/蒲暁旭)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月15日
    (10)雲洞図書館の一般開放始まる海南省海口市

    13日、海南省海口市の雲洞図書館で本を読む観光客。中国海南省海口市の海口湾エリアで13日、初の高標準スポットとなる雲洞図書館が一般開放された。建物は芸術性が高く、港のランドマークとして来館者に読書や休憩の場を提供する。同市は現在、海口湾エリアに質の高い観光スポットを建設し、都市景観の整備を進めている。(海口=新華社記者/蒲暁旭)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月15日
    (2)スポーツ施設をワクチンの臨時接種拠点に遼寧省瀋陽市

    12日、臨時接種拠点の2階にある接種エリアの準備をするスタッフ。中国遼寧省は新型コロナウイルスワクチンの接種を加速させており、同省瀋陽市大東区のスポーツ施設「大東全民健身センター」にこのほど、省内初のワクチン臨時接種拠点が完成した。同拠点は今後、需要に応じて随時、ワクチン接種を実施。総面積4千平方メートルで、稼働後は1日当たり6千回の接種が可能となる。(瀋陽=新華社記者/潘昱竜)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:00.88
    2021年04月15日
    「新華社」江西省の鄱陽湖、渇水期が終了連日の降雨で水位上昇

    中国江西省にある国内最大の淡水湖、鄱陽湖(はようこ)では、連日の降雨で水位が上がった。13日午前9時(日本時間同10時)時点で、都昌水位観測所の水位は12メートル、星子水位観測所は12・12メートルまで上昇。両観測所とも水位が12メートルを超えたため、鄱陽湖の今シーズンの渇水期は終了した。(記者/彭菁、張歓) =配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月15日
    (3)前漢時代の墓地から銅鏡80枚人の顔映せるものも陝西省

    13日、大堡子墓地から出土した「長楽未央」などの銘文のある銅鏡。中国陝西省西咸新区の大堡子墓地でこのほど、前漢時代の銅鏡80枚余りが出土した。2千年以上前の遺物だが、幾つかは人の顔を映すことができたという。同遺跡は秦漢新城高荘鎮大堡子(だいほうし)村の西にある。陝西省考古研究院が昨年5月から実施した発掘調査では、400基余りの墓が見つかり、前漢初期の土器や青銅器など各種遺物2千点(組)余りが出土した。(西安=新華社記者/楊一苗)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月15日
    (1)前漢時代の墓地から銅鏡80枚人の顔映せるものも陝西省

    13日、大堡子墓地から出土した最も大きな銅鏡。中国陝西省西咸新区の大堡子墓地でこのほど、前漢時代の銅鏡80枚余りが出土した。2千年以上前の遺物だが、幾つかは人の顔を映すことができたという。同遺跡は秦漢新城高荘鎮大堡子(だいほうし)村の西にある。陝西省考古研究院が昨年5月から実施した発掘調査では、400基余りの墓が見つかり、前漢初期の土器や青銅器など各種遺物2千点(組)余りが出土した。(西安=新華社配信/陳逸達)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月15日
    (2)「故宮博物院所蔵の黄花梨・沈香文物展」開幕海南省瓊海市

    13日、海南省瓊海市の南海博物館で「故宮博物院所蔵の黄花梨・沈香文物展」を見学する来場者。中国海南省瓊海(けいかい)市の南海博物館で13日、同省特産の香木、黄花梨(ニオイシタン)や沈香で作られた逸品を展示する「故宮・故郷・故事-故宮博物院所蔵の黄花梨・沈香文物展」が正式に開幕した。黄花梨で作られた家具や沈香を使った器物計70点余りを故宮博物院の所蔵品から厳選し、シーン展示と主要展示を組み合わせる手法で紹介。海南省の特色ある地域文化を際立たせている。(海口=新華社記者/張麗蕓)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月15日
    (1)スポーツ施設をワクチンの臨時接種拠点に遼寧省瀋陽市

    12日、臨時接種拠点の2階にある接種エリア。中国遼寧省は新型コロナウイルスワクチンの接種を加速させており、同省瀋陽市大東区のスポーツ施設「大東全民健身センター」にこのほど、省内初のワクチン臨時接種拠点が完成した。同拠点は今後、需要に応じて随時、ワクチン接種を実施。総面積4千平方メートルで、稼働後は1日当たり6千回の接種が可能となる。(瀋陽=新華社記者/潘昱竜)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月15日
    (10)スポーツ施設をワクチンの臨時接種拠点に遼寧省瀋陽市

    12日、臨時接種拠点で、ワクチン接種に関する情報が書かれたパネルを設置するスタッフ。中国遼寧省は新型コロナウイルスワクチンの接種を加速させており、同省瀋陽市大東区のスポーツ施設「大東全民健身センター」にこのほど、省内初のワクチン臨時接種拠点が完成した。同拠点は今後、需要に応じて随時、ワクチン接種を実施。総面積4千平方メートルで、稼働後は1日当たり6千回の接種が可能となる。(瀋陽=新華社記者/潘昱竜)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月15日
    (4)小麦黄さび病の防除を実施陝西省

    13日、陝西省興平市の麦畑で農薬をまく村民。中国陝西省ではこのところ、気温の上昇に伴い、小麦が次々と穂を出しており、生産量に関わる重要な時期を迎えている。同省の各級農業部門は「予防を第一とした総合的な防除」の植物保護方針に基づき、夏穀物の豊作実現に向け、小麦黄さび病の全面的な防除活動を実施している。(咸陽=新華社記者/都紅剛)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月15日
    (3)小麦黄さび病の防除を実施陝西省

    13日、陝西省興平市の麦畑で作業する噴霧機を搭載したトラクター。中国陝西省ではこのところ、気温の上昇に伴い、小麦が次々と穂を出しており、生産量に関わる重要な時期を迎えている。同省の各級農業部門は「予防を第一とした総合的な防除」の植物保護方針に基づき、夏穀物の豊作実現に向け、小麦黄さび病の全面的な防除活動を実施している。(咸陽=新華社記者/都紅剛)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月15日
    (4)中医薬材料の栽培で農家の増収を促進河北省邢台市

    13日、河北省邢台市経済開発区の鑫旺家庭農場で点滴かんがい設備を設置する農家。中国河北省邢台市経済開発区はここ数年、栽培業の構造調整を推進し、間作や森林を活用した林下栽培などのモデルを模索してきた。地域の状況に応じて中医薬材料の栽培を発展させ、農業の産業化や特色化を推進することで、栽培効率を高め、農家の増収を促進している。(邢台=新華社記者/駱学峰)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:09.08
    2021年04月15日
    「新華社」前漢時代の墓地から銅鏡80枚人の顔映せるものも陝西省

    中国陝西省西咸新区の大堡子墓地でこのほど、前漢時代の銅鏡80枚余りが出土した。2千年以上前の遺物だが、幾つかは人の顔を映すことができたという。同遺跡は秦漢新城高荘鎮大堡子(だいほうし)村の西にある。陝西省考古研究院が昨年5月から実施した発掘調査では、400基余りの墓が見つかり、前漢初期の土器や青銅器など各種遺物2千点(組)余りが出土した。同研究院で大堡子発掘チームのリーダーを務める朱瑛培(しゅ・えいばい)氏によると、銅鏡の年代は戦国時代末期から前漢時代末期に集中しており、蟠螭(ばんち)文や星雲文、草葉文など典型的な文様が含まれる。銘文があるものもあった。銅鏡は時代による鋳造技術の違いから寸法の差が大きく、最小のものは直径わずか8センチ、最大では22・1センチになる。うち1枚の草葉文鏡は、表面の土を取り除くと、鏡面は劣化しているものの人の顔を映し出すことができた。銅鏡の多くは、出土したそれぞれの墓の被葬者の頭の脇や上半身周辺に置かれていた。1枚の小型銅鏡の脇からは絹織物の残片も見つかった。考古学者は「銅鏡は恐らく絹の袋に入れられ、袋の口はひもで結ばれていた。被葬者が生前手元に置いて使っていたのだろう」と指摘する。銅鏡が出土した墓の被葬者は女性と限らず、多くの男性被葬者の墓からも見つかっている。史料によると、漢の高祖・劉邦(りゅう・ほう)は、帝陵の造営とその後の管理、貴族の反乱防止のため、有力豪族数万人を移転させて長陵邑(劉邦の陵墓・長陵に仕える人々が住む町)を建てた。大堡子墓地は長陵邑から約4キロの地点にあり、墓の年代が前漢初期に集中していることから、朱氏は同墓地が長陵邑住民の埋葬エリアではないかと指摘する。出土した銅鏡には「長楽未央」「長毋相忘」「家常富貴」などの銘文を持つものも多かった。朱氏はこれら銘文について、前漢時代の人々のよりよい生活への願望を示していると説明。今回の発見は秦漢時代の関中地域の人々の日常生活、銅鏡の発展史の研究に豊富な材料をもたらしたと語った。(記者/李華、楊一苗) =配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月15日
    (7)雲洞図書館の一般開放始まる海南省海口市

    13日、海南省海口市の雲洞図書館で本を読む観光客。中国海南省海口市の海口湾エリアで13日、初の高標準スポットとなる雲洞図書館が一般開放された。建物は芸術性が高く、港のランドマークとして来館者に読書や休憩の場を提供する。同市は現在、海口湾エリアに質の高い観光スポットを建設し、都市景観の整備を進めている。(海口=新華社記者/蒲暁旭)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月15日
    (5)雲洞図書館の一般開放始まる海南省海口市

    12日、海南省海口市の海口湾にある雲洞図書館。中国海南省海口市の海口湾エリアで13日、初の高標準スポットとなる雲洞図書館が一般開放された。建物は芸術性が高く、港のランドマークとして来館者に読書や休憩の場を提供する。同市は現在、海口湾エリアに質の高い観光スポットを建設し、都市景観の整備を進めている。(海口=新華社記者/蒲暁旭)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月15日
    (11)雲洞図書館の一般開放始まる海南省海口市

    13日、海南省海口市の雲洞図書館でくつろぐ観光客ら。中国海南省海口市の海口湾エリアで13日、初の高標準スポットとなる雲洞図書館が一般開放された。建物は芸術性が高く、港のランドマークとして来館者に読書や休憩の場を提供する。同市は現在、海口湾エリアに質の高い観光スポットを建設し、都市景観の整備を進めている。(海口=新華社記者/蒲暁旭)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月15日
    (4)チェコのプラハ動物園、一般公開を再開

    12日、プラハ動物園で飼育されているニシハイイロペリカン。新型コロナウイルス感染症の流行拡大を受け、数カ月にわたり閉園していたチェコのプラハ動物園が12日、屋外エリアの一般公開を再開した。(プラハ=新華社配信/DanaKesnerova)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月15日
    (3)「中国一の牛の県」陽信県の牛骨彫刻芸術山東省

    9日、陽信県の牛骨彫刻芸術館に展示されている彫刻作品。中国山東省浜州市陽信県は「中国一の牛の県」と呼ばれ、肉牛繁殖規模の大きさと牛骨資源の豊富さで知られる。同県の牛骨彫刻は、蒸して脂肪や汚れ、臭いを除去し、切断や研磨、組み合わせを経た牛骨を、彫刻家がさまざまな彫刻技法を駆使し、生き生きとした人物や花、鳥などの芸術作品に仕上げる。(済南=新華社記者/郭緒雷)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月15日
    (2)中英両国の古生物学者、1億年前の昆虫の糞石を発見

    共焦点レーザー顕微鏡で見た昆虫の糞石。(資料写真)中国科学院南京地質古生物研究所は14日、中国と英国の古生物学者がミャンマーで見つかった約1億年前の琥珀からこのほど、大量の花粉で構成された二つの昆虫の糞石(糞の化石)を発見したと明らかにした。糞石の近くからは花粉がついた昆虫の化石も見つかり、昆虫による被子植物の受粉が約1億年前に始まっていたことを示す証拠となった。(南京=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月15日
    (2)チェコのプラハ動物園、一般公開を再開

    12日、プラハ動物園で飼育されているモウコノウマ。新型コロナウイルス感染症の流行拡大を受け、数カ月にわたり閉園していたチェコのプラハ動物園が12日、屋外エリアの一般公開を再開した。(プラハ=新華社配信/DanaKesnerova)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月15日
    (5)チェコのプラハ動物園、一般公開を再開

    12日、プラハ動物園で飼育されているオオフラミンゴ。新型コロナウイルス感染症の流行拡大を受け、数カ月にわたり閉園していたチェコのプラハ動物園が12日、屋外エリアの一般公開を再開した。(プラハ=新華社配信/DanaKesnerova)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月15日
    (5)「中国一の牛の県」陽信県の牛骨彫刻芸術山東省

    9日、陽信県の牛骨彫刻芸術館に展示されている彫刻作品。中国山東省浜州市陽信県は「中国一の牛の県」と呼ばれ、肉牛繁殖規模の大きさと牛骨資源の豊富さで知られる。同県の牛骨彫刻は、蒸して脂肪や汚れ、臭いを除去し、切断や研磨、組み合わせを経た牛骨を、彫刻家がさまざまな彫刻技法を駆使し、生き生きとした人物や花、鳥などの芸術作品に仕上げる。(済南=新華社記者/郭緒雷)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月15日
    (2)「中国一の牛の県」陽信県の牛骨彫刻芸術山東省

    9日、陽信県の牛骨彫刻芸術館に展示されている彫刻作品。中国山東省浜州市陽信県は「中国一の牛の県」と呼ばれ、肉牛繁殖規模の大きさと牛骨資源の豊富さで知られる。同県の牛骨彫刻は、蒸して脂肪や汚れ、臭いを除去し、切断や研磨、組み合わせを経た牛骨を、彫刻家がさまざまな彫刻技法を駆使し、生き生きとした人物や花、鳥などの芸術作品に仕上げる。(済南=新華社記者/郭緒雷)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月15日
    (2)先端畜産業研究に特化した産学共同研究院、杭州市に設立

    12日、西湖大学牧原集団共同研究院の特別招聘研究員、博士課程指導教員など中心となるメンバーの一部。中国浙江省杭州市に12日、西湖大学牧原集団共同研究院が設立された。同研究院は、人々の生活に大きな影響を及ぼす畜産業の課題に焦点を当て、スマート化や環境保護、伝染病の予防・抑制、栄養面の研究開発などの分野で将来を見据えた科学研究協力を実施し、最新の研究成果を技術や生産性向上に転化していく。(杭州=新華社記者/殷暁聖)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月15日
    (3)先端畜産業研究に特化した産学共同研究院、杭州市に設立

    12日、発言する西湖大学の施一公(し・いつこう)学長。中国浙江省杭州市に12日、西湖大学牧原集団共同研究院が設立された。同研究院は、人々の生活に大きな影響を及ぼす畜産業の課題に焦点を当て、スマート化や環境保護、伝染病の予防・抑制、栄養面の研究開発などの分野で将来を見据えた科学研究協力を実施し、最新の研究成果を技術や生産性向上に転化していく。(杭州=新華社記者/殷暁聖)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:06.24
    2021年04月15日
    「新華社」ジャイアントパンダの「恋愛バトル」を目撃陝西省仏坪県

    中国陝西省漢中市仏坪県でこのほど、野外観察業務を行っていた巡視員が、野生のジャイアントパンダの「恋愛バトル」を目撃した。木の上で待つ1頭の雌を巡り、たくましい2頭の雄が激しく争い、すでに敗北した別の2頭の雄もチャンスをうかがっていた。毎年3~5月はパンダの発情期で、パートナーを得るための争いが繰り広げられるという。(記者/孫正好) =配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月15日
    (3)中英両国の古生物学者、1億年前の昆虫の糞石を発見

    共焦点レーザー顕微鏡で見た昆虫の糞石。(資料写真)中国科学院南京地質古生物研究所は14日、中国と英国の古生物学者がミャンマーで見つかった約1億年前の琥珀からこのほど、大量の花粉で構成された二つの昆虫の糞石(糞の化石)を発見したと明らかにした。糞石の近くからは花粉がついた昆虫の化石も見つかり、昆虫による被子植物の受粉が約1億年前に始まっていたことを示す証拠となった。(南京=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月15日
    (5)中英両国の古生物学者、1億年前の昆虫の糞石を発見

    共焦点レーザー顕微鏡で見たヒゲボソケシキスイ科の甲虫。(資料写真)中国科学院南京地質古生物研究所は14日、中国と英国の古生物学者がミャンマーで見つかった約1億年前の琥珀からこのほど、大量の花粉で構成された二つの昆虫の糞石(糞の化石)を発見したと明らかにした。糞石の近くからは花粉がついた昆虫の化石も見つかり、昆虫による被子植物の受粉が約1億年前に始まっていたことを示す証拠となった。(南京=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月15日
    (7)チェコのプラハ動物園、一般公開を再開

    12日、プラハ動物園で飼育されているフンボルトペンギン。新型コロナウイルス感染症の流行拡大を受け、数カ月にわたり閉園していたチェコのプラハ動物園が12日、屋外エリアの一般公開を再開した。(プラハ=新華社配信/DanaKesnerova)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月15日
    (3)チェコのプラハ動物園、一般公開を再開

    12日、プラハ動物園で飼育されているフラミンゴ。新型コロナウイルス感染症の流行拡大を受け、数カ月にわたり閉園していたチェコのプラハ動物園が12日、屋外エリアの一般公開を再開した。(プラハ=新華社配信/DanaKesnerova)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月15日
    (7)中英両国の古生物学者、1億年前の昆虫の糞石を発見

    昆虫により受粉する初期の高等被子植物の想像図。(資料写真、中国科学院南京地質古生物研究所製図者孫捷より)中国科学院南京地質古生物研究所は14日、中国と英国の古生物学者がミャンマーで見つかった約1億年前の琥珀からこのほど、大量の花粉で構成された二つの昆虫の糞石(糞の化石)を発見したと明らかにした。糞石の近くからは花粉がついた昆虫の化石も見つかり、昆虫による被子植物の受粉が約1億年前に始まっていたことを示す証拠となった。(南京=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月15日
    (8)「中国一の牛の県」陽信県の牛骨彫刻芸術山東省

    9日、陽信県の牛骨彫刻芸術館に展示されている彫刻作品。中国山東省浜州市陽信県は「中国一の牛の県」と呼ばれ、肉牛繁殖規模の大きさと牛骨資源の豊富さで知られる。同県の牛骨彫刻は、蒸して脂肪や汚れ、臭いを除去し、切断や研磨、組み合わせを経た牛骨を、彫刻家がさまざまな彫刻技法を駆使し、生き生きとした人物や花、鳥などの芸術作品に仕上げる。(済南=新華社記者/郭緒雷)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月15日
    (2)汪洋氏、内モンゴル自治区を視察

    13日、フフホト市第三十中学校を視察する汪洋氏。汪洋(おう・よう)中国共産党中央政治局常務委員・中国人民政治協商会議(政協)全国委員会主席はこのほど、内モンゴル自治区を視察した。(フフホト=新華社記者/丁林)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月15日
    (12)雲洞図書館の一般開放始まる海南省海口市

    13日、海南省海口市の雲洞図書館でくつろぐ観光客ら。中国海南省海口市の海口湾エリアで13日、初の高標準スポットとなる雲洞図書館が一般開放された。建物は芸術性が高く、港のランドマークとして来館者に読書や休憩の場を提供する。同市は現在、海口湾エリアに質の高い観光スポットを建設し、都市景観の整備を進めている。(海口=新華社記者/蒲暁旭)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月15日
    (13)雲洞図書館の一般開放始まる海南省海口市

    13日、海南省海口市の海口湾エリアにある雲洞図書館で本を読む観光客。中国海南省海口市の海口湾エリアで13日、初の高標準スポットとなる雲洞図書館が一般開放された。建物は芸術性が高く、港のランドマークとして来館者に読書や休憩の場を提供する。同市は現在、海口湾エリアに質の高い観光スポットを建設し、都市景観の整備を進めている。(海口=新華社記者/蒲暁旭)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月15日
    (14)雲洞図書館の一般開放始まる海南省海口市

    13日、海南省海口市の海口湾にある雲洞図書館の内部。中国海南省海口市の海口湾エリアで13日、初の高標準スポットとなる雲洞図書館が一般開放された。建物は芸術性が高く、港のランドマークとして来館者に読書や休憩の場を提供する。同市は現在、海口湾エリアに質の高い観光スポットを建設し、都市景観の整備を進めている。(海口=新華社記者/蒲暁旭)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月15日
    (1)小麦黄さび病の防除を実施陝西省

    13日、村民に小麦黄さび病の防除方法を説明する陝西省農業農村庁の技術者(右端)。中国陝西省ではこのところ、気温の上昇に伴い、小麦が次々と穂を出しており、生産量に関わる重要な時期を迎えている。同省の各級農業部門は「予防を第一とした総合的な防除」の植物保護方針に基づき、夏穀物の豊作実現に向け、小麦黄さび病の全面的な防除活動を実施している。(咸陽=新華社記者/都紅剛)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月15日
    (1)中医薬材料の栽培で農家の増収を促進河北省邢台市

    13日、河北省邢台市経済開発区の鑫旺家庭農場で作業をする農家。中国河北省邢台市経済開発区はここ数年、栽培業の構造調整を推進し、間作や森林を活用した林下栽培などのモデルを模索してきた。地域の状況に応じて中医薬材料の栽培を発展させ、農業の産業化や特色化を推進することで、栽培効率を高め、農家の増収を促進している。(邢台=新華社記者/駱学峰)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月15日
    (5)スポーツ施設をワクチンの臨時接種拠点に遼寧省瀋陽市

    12日、臨時接種拠点の待合室で、椅子を並べるスタッフ。中国遼寧省は新型コロナウイルスワクチンの接種を加速させており、同省瀋陽市大東区のスポーツ施設「大東全民健身センター」にこのほど、省内初のワクチン臨時接種拠点が完成した。同拠点は今後、需要に応じて随時、ワクチン接種を実施。総面積4千平方メートルで、稼働後は1日当たり6千回の接種が可能となる。(瀋陽=新華社記者/潘昱竜)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月15日
    (3)15・81カラットのピンクダイヤモンド、上海で公開

    2021年クリスティーズ春季オークションに出品予定のサクラ・ピンクダイヤモンド。(資料写真)美術品競売大手、クリスティーズが13日、中国上海市で内覧会を開き、絵画数点と15・81カラットの「サクラ・ピンクダイヤモンド」を公開した。ダイヤの推定価格は3億香港ドル(1香港ドル=約14円)に上る。同社関係者は、ポストコロナ時代の世界のコレクション市場で、中国の重要性はますます高まっていると説明した。「サクラ・ピンクダイヤモンド」は、世界オークション史上最も大きなパープル・ピンクダイヤモンド。春の日に優雅に舞う桜の花びらのような色合いから名付けられた。今回のオークションでの推定落札価格は1億9500万~3億香港ドルとされる。(上海=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月15日
    (2)15・81カラットのピンクダイヤモンド、上海で公開

    13日、内覧会で推定価格7800万香港ドルとされる常玉(じょう・ぎょく)の作品「静月瑩菊」を鑑賞する来場者。美術品競売大手、クリスティーズが13日、中国上海市で内覧会を開き、絵画数点と15・81カラットの「サクラ・ピンクダイヤモンド」を公開した。ダイヤの推定価格は3億香港ドル(1香港ドル=約14円)に上る。同社関係者は、ポストコロナ時代の世界のコレクション市場で、中国の重要性はますます高まっていると説明した。「サクラ・ピンクダイヤモンド」は、世界オークション史上最も大きなパープル・ピンクダイヤモンド。春の日に優雅に舞う桜の花びらのような色合いから名付けられた。今回のオークションでの推定落札価格は1億9500万~3億香港ドルとされる。(上海=新華社記者/孫麗萍)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月15日
    (5)15・81カラットのピンクダイヤモンド、上海で公開

    13日、内覧会で米国人アーティスト、バスキアの作品「無題」を鑑賞する来場者。美術品競売大手、クリスティーズが13日、中国上海市で内覧会を開き、絵画数点と15・81カラットの「サクラ・ピンクダイヤモンド」を公開した。ダイヤの推定価格は3億香港ドル(1香港ドル=約14円)に上る。同社関係者は、ポストコロナ時代の世界のコレクション市場で、中国の重要性はますます高まっていると説明した。「サクラ・ピンクダイヤモンド」は、世界オークション史上最も大きなパープル・ピンクダイヤモンド。春の日に優雅に舞う桜の花びらのような色合いから名付けられた。今回のオークションでの推定落札価格は1億9500万~3億香港ドルとされる。(上海=新華社記者/孫麗萍)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月15日
    (9)「故宮博物院所蔵の黄花梨・沈香文物展」開幕海南省瓊海市

    13日、海南省瓊海市の南海博物館で「故宮博物院所蔵の黄花梨・沈香文物展」を見学する来場者。中国海南省瓊海(けいかい)市の南海博物館で13日、同省特産の香木、黄花梨(ニオイシタン)や沈香で作られた逸品を展示する「故宮・故郷・故事-故宮博物院所蔵の黄花梨・沈香文物展」が正式に開幕した。黄花梨で作られた家具や沈香を使った器物計70点余りを故宮博物院の所蔵品から厳選し、シーン展示と主要展示を組み合わせる手法で紹介。海南省の特色ある地域文化を際立たせている。(海口=新華社記者/張麗蕓)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月15日
    (1)「故宮博物院所蔵の黄花梨・沈香文物展」開幕海南省瓊海市

    13日、海南省瓊海市の南海博物館で「故宮博物院所蔵の黄花梨・沈香文物展」を見学する来場者。中国海南省瓊海(けいかい)市の南海博物館で13日、同省特産の香木、黄花梨(ニオイシタン)や沈香で作られた逸品を展示する「故宮・故郷・故事-故宮博物院所蔵の黄花梨・沈香文物展」が正式に開幕した。黄花梨で作られた家具や沈香を使った器物計70点余りを故宮博物院の所蔵品から厳選し、シーン展示と主要展示を組み合わせる手法で紹介。海南省の特色ある地域文化を際立たせている。(海口=新華社記者/張麗蕓)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月15日
    (1)15・81カラットのピンクダイヤモンド、上海で公開

    13日、2021年クリスティーズ春季オークションに出品予定のサクラ・ピンクダイヤモンド。美術品競売大手、クリスティーズが13日、中国上海市で内覧会を開き、絵画数点と15・81カラットの「サクラ・ピンクダイヤモンド」を公開した。ダイヤの推定価格は3億香港ドル(1香港ドル=約14円)に上る。同社関係者は、ポストコロナ時代の世界のコレクション市場で、中国の重要性はますます高まっていると説明した。「サクラ・ピンクダイヤモンド」は、世界オークション史上最も大きなパープル・ピンクダイヤモンド。春の日に優雅に舞う桜の花びらのような色合いから名付けられた。今回のオークションでの推定落札価格は1億9500万~3億香港ドルとされる。(上海=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月15日
    (5)「故宮博物院所蔵の黄花梨・沈香文物展」開幕海南省瓊海市

    13日、南海博物館で開幕した「故宮博物院所蔵の黄花梨・沈香文物展」の会場で写真を撮る来場者。中国海南省瓊海(けいかい)市の南海博物館で13日、同省特産の香木、黄花梨(ニオイシタン)や沈香で作られた逸品を展示する「故宮・故郷・故事-故宮博物院所蔵の黄花梨・沈香文物展」が正式に開幕した。黄花梨で作られた家具や沈香を使った器物計70点余りを故宮博物院の所蔵品から厳選し、シーン展示と主要展示を組み合わせる手法で紹介。海南省の特色ある地域文化を際立たせている。(海口=新華社記者/張麗蕓)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月15日
    習近平主席、29カ国の新任大使から信任状

    14日、記念撮影に応じる習近平氏と新任駐中国大使ら。中国の習近平(しゅう・きんぺい)国家主席は14日、北京の人民大会堂で、新たに着任した29カ国の駐中国大使から信任状を受け取った。(北京=新華社記者/姚大偉)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月15日
    (4)「故宮博物院所蔵の黄花梨・沈香文物展」開幕海南省瓊海市

    13日、海南省瓊海市の南海博物館で「故宮博物院所蔵の黄花梨・沈香文物展」を見学する来場者。中国海南省瓊海(けいかい)市の南海博物館で13日、同省特産の香木、黄花梨(ニオイシタン)や沈香で作られた逸品を展示する「故宮・故郷・故事-故宮博物院所蔵の黄花梨・沈香文物展」が正式に開幕した。黄花梨で作られた家具や沈香を使った器物計70点余りを故宮博物院の所蔵品から厳選し、シーン展示と主要展示を組み合わせる手法で紹介。海南省の特色ある地域文化を際立たせている。(海口=新華社記者/張麗蕓)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月15日
    (3)スポーツ施設をワクチンの臨時接種拠点に遼寧省瀋陽市

    12日、臨時接種拠点の2階にある接種エリアで机を並べるスタッフ。中国遼寧省は新型コロナウイルスワクチンの接種を加速させており、同省瀋陽市大東区のスポーツ施設「大東全民健身センター」にこのほど、省内初のワクチン臨時接種拠点が完成した。同拠点は今後、需要に応じて随時、ワクチン接種を実施。総面積4千平方メートルで、稼働後は1日当たり6千回の接種が可能となる。(瀋陽=新華社記者/潘昱竜)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月15日
    (7)スポーツ施設をワクチンの臨時接種拠点に遼寧省瀋陽市

    12日、臨時接種拠点1階にある接種後の待機エリアを清掃するスタッフ。中国遼寧省は新型コロナウイルスワクチンの接種を加速させており、同省瀋陽市大東区のスポーツ施設「大東全民健身センター」にこのほど、省内初のワクチン臨時接種拠点が完成した。同拠点は今後、需要に応じて随時、ワクチン接種を実施。総面積4千平方メートルで、稼働後は1日当たり6千回の接種が可能となる。(瀋陽=新華社記者/潘昱竜)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月15日
    (8)スポーツ施設をワクチンの臨時接種拠点に遼寧省瀋陽市

    12日、臨時接種拠点で、ワクチン接種を呼び掛けるパネルを設置するスタッフ。中国遼寧省は新型コロナウイルスワクチンの接種を加速させており、同省瀋陽市大東区のスポーツ施設「大東全民健身センター」にこのほど、省内初のワクチン臨時接種拠点が完成した。同拠点は今後、需要に応じて随時、ワクチン接種を実施。総面積4千平方メートルで、稼働後は1日当たり6千回の接種が可能となる。(瀋陽=新華社記者/潘昱竜)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月15日
    (6)「中国一の牛の県」陽信県の牛骨彫刻芸術山東省

    9日、陽信県の牛骨彫刻芸術館に展示されている彫刻作品。中国山東省浜州市陽信県は「中国一の牛の県」と呼ばれ、肉牛繁殖規模の大きさと牛骨資源の豊富さで知られる。同県の牛骨彫刻は、蒸して脂肪や汚れ、臭いを除去し、切断や研磨、組み合わせを経た牛骨を、彫刻家がさまざまな彫刻技法を駆使し、生き生きとした人物や花、鳥などの芸術作品に仕上げる。(済南=新華社記者/郭緒雷)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月15日
    (2)小麦黄さび病の防除を実施陝西省

    13日、陝西省興平市の麦畑で、小麦黄さび病の防除作業を行う農業用小型無人機(ドローン)。中国陝西省ではこのところ、気温の上昇に伴い、小麦が次々と穂を出しており、生産量に関わる重要な時期を迎えている。同省の各級農業部門は「予防を第一とした総合的な防除」の植物保護方針に基づき、夏穀物の豊作実現に向け、小麦黄さび病の全面的な防除活動を実施している。(咸陽=新華社記者/都紅剛)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月15日
    (1)九嶺山自然保護区でラン科エビネ属の野生個体発見江西省

    8日、発見されたCalanthesieboldiiDecneの野生個体。中国江西省にある南昌大学生命科学学院のラン科植物専門家、楊柏雲(よう・はくうん)氏の鑑定により、同省九嶺山国家級自然保護区で見つかった植物が、中国の絶滅危惧植物に指定されているラン科エビネ属の「CalanthesieboldiiDecne」であることがこのほど判明した。(南昌=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月15日
    (3)中医薬材料の栽培で農家の増収を促進河北省邢台市

    13日、河北省邢台市経済開発区の鑫旺家庭農場で作業をする農家。(小型無人機から)中国河北省邢台市経済開発区はここ数年、栽培業の構造調整を推進し、間作や森林を活用した林下栽培などのモデルを模索してきた。地域の状況に応じて中医薬材料の栽培を発展させ、農業の産業化や特色化を推進することで、栽培効率を高め、農家の増収を促進している。(邢台=新華社記者/駱学峰)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月15日
    (2)中医薬材料の栽培で農家の増収を促進河北省邢台市

    13日、河北省邢台市経済開発区の鑫旺家庭農場で作業をする農家。(小型無人機から)中国河北省邢台市経済開発区はここ数年、栽培業の構造調整を推進し、間作や森林を活用した林下栽培などのモデルを模索してきた。地域の状況に応じて中医薬材料の栽培を発展させ、農業の産業化や特色化を推進することで、栽培効率を高め、農家の増収を促進している。(邢台=新華社記者/駱学峰)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月15日
    (4)前漢時代の墓地から銅鏡80枚人の顔映せるものも陝西省

    13日、大堡子墓地から出土した銅鏡の中には、表面を覆う土を除くと人の顔を映すことのできるものもあった。中国陝西省西咸新区の大堡子墓地でこのほど、前漢時代の銅鏡80枚余りが出土した。2千年以上前の遺物だが、幾つかは人の顔を映すことができたという。同遺跡は秦漢新城高荘鎮大堡子(だいほうし)村の西にある。陝西省考古研究院が昨年5月から実施した発掘調査では、400基余りの墓が見つかり、前漢初期の土器や青銅器など各種遺物2千点(組)余りが出土した。(西安=新華社記者/楊一苗)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月15日
    (3)雲洞図書館の一般開放始まる海南省海口市

    13日、海南省海口市の海口湾にある雲洞図書館。(小型無人機から)中国海南省海口市の海口湾エリアで13日、初の高標準スポットとなる雲洞図書館が一般開放された。建物は芸術性が高く、港のランドマークとして来館者に読書や休憩の場を提供する。同市は現在、海口湾エリアに質の高い観光スポットを建設し、都市景観の整備を進めている。(海口=新華社記者/蒲暁旭)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月15日
    (2)雲洞図書館の一般開放始まる海南省海口市

    13日、海南省海口市の海口湾にある雲洞図書館。(小型無人機から)中国海南省海口市の海口湾エリアで13日、初の高標準スポットとなる雲洞図書館が一般開放された。建物は芸術性が高く、港のランドマークとして来館者に読書や休憩の場を提供する。同市は現在、海口湾エリアに質の高い観光スポットを建設し、都市景観の整備を進めている。(海口=新華社記者/蒲暁旭)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月15日
    (6)雲洞図書館の一般開放始まる海南省海口市

    13日、海南省海口市の雲洞図書館で本を読む観光客。中国海南省海口市の海口湾エリアで13日、初の高標準スポットとなる雲洞図書館が一般開放された。建物は芸術性が高く、港のランドマークとして来館者に読書や休憩の場を提供する。同市は現在、海口湾エリアに質の高い観光スポットを建設し、都市景観の整備を進めている。(海口=新華社記者/蒲暁旭)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月15日
    (9)雲洞図書館の一般開放始まる海南省海口市

    13日、海南省海口市の雲洞図書館を利用する観光客ら。中国海南省海口市の海口湾エリアで13日、初の高標準スポットとなる雲洞図書館が一般開放された。建物は芸術性が高く、港のランドマークとして来館者に読書や休憩の場を提供する。同市は現在、海口湾エリアに質の高い観光スポットを建設し、都市景観の整備を進めている。(海口=新華社記者/蒲暁旭)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月15日
    (2)前漢時代の墓地から銅鏡80枚人の顔映せるものも陝西省

    13日、大堡子墓地から出土した「家常富貴」銘の銅鏡。中国陝西省西咸新区の大堡子墓地でこのほど、前漢時代の銅鏡80枚余りが出土した。2千年以上前の遺物だが、幾つかは人の顔を映すことができたという。同遺跡は秦漢新城高荘鎮大堡子(だいほうし)村の西にある。陝西省考古研究院が昨年5月から実施した発掘調査では、400基余りの墓が見つかり、前漢初期の土器や青銅器など各種遺物2千点(組)余りが出土した。(西安=新華社配信/陳逸達)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月15日
    (5)前漢時代の墓地から銅鏡80枚人の顔映せるものも陝西省

    13日、大堡子墓地から出土した銅鏡の表面を覆う土を取り除く考古学スタッフ。中国陝西省西咸新区の大堡子墓地でこのほど、前漢時代の銅鏡80枚余りが出土した。2千年以上前の遺物だが、幾つかは人の顔を映すことができたという。同遺跡は秦漢新城高荘鎮大堡子(だいほうし)村の西にある。陝西省考古研究院が昨年5月から実施した発掘調査では、400基余りの墓が見つかり、前漢初期の土器や青銅器など各種遺物2千点(組)余りが出土した。(西安=新華社記者/楊一苗)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月15日
    (1)中英両国の古生物学者、1億年前の昆虫の糞石を発見

    今回発見された昆虫の糞石。(資料写真)中国科学院南京地質古生物研究所は14日、中国と英国の古生物学者がミャンマーで見つかった約1億年前の琥珀からこのほど、大量の花粉で構成された二つの昆虫の糞石(糞の化石)を発見したと明らかにした。糞石の近くからは花粉がついた昆虫の化石も見つかり、昆虫による被子植物の受粉が約1億年前に始まっていたことを示す証拠となった。(南京=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月15日
    (1)チェコのプラハ動物園、一般公開を再開

    12日、プラハ動物園で飼育されているフラミンゴ。新型コロナウイルス感染症の流行拡大を受け、数カ月にわたり閉園していたチェコのプラハ動物園が12日、屋外エリアの一般公開を再開した。(プラハ=新華社配信/DanaKesnerova)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月15日
    (6)中英両国の古生物学者、1億年前の昆虫の糞石を発見

    共焦点レーザー顕微鏡で見た花粉粒。(資料写真)中国科学院南京地質古生物研究所は14日、中国と英国の古生物学者がミャンマーで見つかった約1億年前の琥珀からこのほど、大量の花粉で構成された二つの昆虫の糞石(糞の化石)を発見したと明らかにした。糞石の近くからは花粉がついた昆虫の化石も見つかり、昆虫による被子植物の受粉が約1億年前に始まっていたことを示す証拠となった。(南京=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月15日
    (6)チェコのプラハ動物園、一般公開を再開

    12日、プラハ動物園で飼育されているペリカン。新型コロナウイルス感染症の流行拡大を受け、数カ月にわたり閉園していたチェコのプラハ動物園が12日、屋外エリアの一般公開を再開した。(プラハ=新華社配信/DanaKesnerova)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月14日
    (1)李克強氏、米商工界代表とのオンライン対話会に出席

    13日、李克強氏(中央)と米商工界代表とのオンライン対話会の画面。中国の李克強(り・こくきょう)国務院総理は13日、オンライン形式で開かれた米商工界代表との対話会に北京の中南海紫光閣から出席した。(北京=新華社記者/燕雁)= 配信日: 2021(令和3)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月14日
    (2)ミュージカル「茶道:一葉乾坤」、北京で上演悠久の茶文化ひもとく

    12日、ミュージカル「茶道:一葉乾坤」の一幕。新華社傘下のニュースサイト「新華網」がプロデュースする茶文化をテーマにした叙事詩ミュージカル「茶道:一葉乾坤」が12日、北京市の中国歴史研究院光啓劇場で初演を迎えた。物語は主人公の華炎(か・えん)が見た「茶の夢」を主軸に据え、盤古開天の神話時代から唐、宋、明、清まで語られる。主人公は夢の中で茶文化の5大発展期を経験することで中国茶文化の神秘のベールを解き進め、茶道の本質が天道であり、人道、心道であることを突き止める。同劇は従来の舞台劇と異なり、交響楽と舞踊、物語を芸術表現に取り入れており、音楽に沿って展開するストーリーに3Dホログラム技術を融合させている。(北京=新華社記者/李江)= 配信日: 2021(令和3)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月14日
    (5)ミュージカル「茶道:一葉乾坤」、北京で上演悠久の茶文化ひもとく

    12日、ミュージカル「茶道:一葉乾坤」の一幕。新華社傘下のニュースサイト「新華網」がプロデュースする茶文化をテーマにした叙事詩ミュージカル「茶道:一葉乾坤」が12日、北京市の中国歴史研究院光啓劇場で初演を迎えた。物語は主人公の華炎(か・えん)が見た「茶の夢」を主軸に据え、盤古開天の神話時代から唐、宋、明、清まで語られる。主人公は夢の中で茶文化の5大発展期を経験することで中国茶文化の神秘のベールを解き進め、茶道の本質が天道であり、人道、心道であることを突き止める。同劇は従来の舞台劇と異なり、交響楽と舞踊、物語を芸術表現に取り入れており、音楽に沿って展開するストーリーに3Dホログラム技術を融合させている。(北京=新華社記者/李江)= 配信日: 2021(令和3)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月14日
    (1)ミュージカル「茶道:一葉乾坤」、北京で上演悠久の茶文化ひもとく

    12日、ミュージカル「茶道:一葉乾坤」の一幕。新華社傘下のニュースサイト「新華網」がプロデュースする茶文化をテーマにした叙事詩ミュージカル「茶道:一葉乾坤」が12日、北京市の中国歴史研究院光啓劇場で初演を迎えた。物語は主人公の華炎(か・えん)が見た「茶の夢」を主軸に据え、盤古開天の神話時代から唐、宋、明、清まで語られる。主人公は夢の中で茶文化の5大発展期を経験することで中国茶文化の神秘のベールを解き進め、茶道の本質が天道であり、人道、心道であることを突き止める。同劇は従来の舞台劇と異なり、交響楽と舞踊、物語を芸術表現に取り入れており、音楽に沿って展開するストーリーに3Dホログラム技術を融合させている。(北京=新華社記者/于耀東)= 配信日: 2021(令和3)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月14日
    (6)崖州湾の生態環境修復モデルプロジェクトに成果海南省三亜市

    崖州湾の東鑼島周辺海域で海に投入される大型サンゴ苗床。(2020年11月18日撮影、小型無人機から)中国海南省三亜市で実施されている崖州(がいしゅう)湾生態環境修復モデルプロジェクトは、修復面積が2ムー(約1300平方メートル)に達した。関係部門がこのほど明らかにした。生物多様性の後退に歯止めがかかり、プロジェクトは初期段階の成果を上げた。プロジェクトは、崖州湾で続く海洋生態環境の悪化や自然回復が難しい海洋生態系などの問題を解決する方法を科学的に探求するのが目的で、同省の国家生態文明試験区建設に向けた試験的役割も担っている。三亜サンゴ礁生態研究所が崖州湾東鑼島周辺海域で実施している系統的なサンゴ礁生態修復モデルプロジェクトでは、苗床の設置や苗の補植、監視と保護などを通じて、サンゴ生息環境改善区やサンゴ礁再生区を整備。今ではサンゴの生存率が70%を超え、サンゴ被度も10%増加している。(海口=新華社記者/楊冠宇)= 配信日: 2021(令和3)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月14日
    (1)栗戦書氏、陝西省で固形廃棄物環境汚染防止法の実施状況を検査

    11日、非鉄金属製造企業の漢中鋅業でスラグ総合利用無害化処理プロジェクトを視察する栗戦書氏。栗戦書(りつ・せんしょ)中国共産党中央政治局常務委員・全国人民代表大会(全人代)常務委員会委員長は9〜13日、全人代常務委法執行検査グループを率い、陝西省で固形廃棄物環境汚染防止法の実施状況を検査した。(西安=新華社記者/黄敬文)= 配信日: 2021(令和3)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月14日
    (18)崖州湾の生態環境修復モデルプロジェクトに成果海南省三亜市

    崖州湾の東鑼島周辺海域に生息するヤギ目のサンゴ。(3月17日撮影)中国海南省三亜市で実施されている崖州(がいしゅう)湾生態環境修復モデルプロジェクトは、修復面積が2ムー(約1300平方メートル)に達した。関係部門がこのほど明らかにした。生物多様性の後退に歯止めがかかり、プロジェクトは初期段階の成果を上げた。プロジェクトは、崖州湾で続く海洋生態環境の悪化や自然回復が難しい海洋生態系などの問題を解決する方法を科学的に探求するのが目的で、同省の国家生態文明試験区建設に向けた試験的役割も担っている。三亜サンゴ礁生態研究所が崖州湾東鑼島周辺海域で実施している系統的なサンゴ礁生態修復モデルプロジェクトでは、苗床の設置や苗の補植、監視と保護などを通じて、サンゴ生息環境改善区やサンゴ礁再生区を整備。今ではサンゴの生存率が70%を超え、サンゴ被度も10%増加している。(海口=新華社記者/楊冠宇)= 配信日: 2021(令和3)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月14日
    (2)西安発の中欧班列、今年の運行数が千本を突破

    13日、西安国際港駅で出発を待つカザフスタン行き「中欧班列」X9041。中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車「中欧班列」X9041が13日、貨車50両に自転車や玩具、食器洗い機などを積載して西安国際港駅を出発し、カザフスタンに向かった。2021年の陝西省発中欧班列はこれでちょうど千本となった。(西安=新華社記者/李一博)= 配信日: 2021(令和3)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月14日
    (4)伝統のボートレース「溱潼会船」江蘇省

    8日、江蘇省泰州市姜堰区で行われた「溱潼会船節」に参加した舟。中国江蘇省泰州市姜堰区の溱湖国家湿地公園で8日、伝統のボートレース「溱潼会船節」が開催された。レースは清明節の前後に行われる特色ある民俗行事で、舟数百艘と選手1万人余りが一堂に会し、華麗な技を競った。同省中部の里下河地区に位置する同区は低地が多く、水路網が密集している。「溱潼会船」は南宋時代から千年近く受け継がれ、「水上の縁日」として親しまれている。(南京=新華社配信/顔禹銘)= 配信日: 2021(令和3)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月14日
    (9)伝統のボートレース「溱潼会船」江蘇省

    8日、空から見た「溱潼会船節」の会場。(小型無人機から)中国江蘇省泰州市姜堰区の溱湖国家湿地公園で8日、伝統のボートレース「溱潼会船節」が開催された。レースは清明節の前後に行われる特色ある民俗行事で、舟数百艘と選手1万人余りが一堂に会し、華麗な技を競った。同省中部の里下河地区に位置する同区は低地が多く、水路網が密集している。「溱潼会船」は南宋時代から千年近く受け継がれ、「水上の縁日」として親しまれている。(南京=新華社配信/顔禹銘)= 配信日: 2021(令和3)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月14日
    (4)鄭万高速鉄道の湖北区間、スラブ軌道敷設工事が追い込みに

    12日、鄭万高速鉄道南漳(なんしょう)駅でスラブ軌道用締結装置を設置する中鉄十一局の作業員。中国河南省鄭州市と重慶市万州区を結ぶ鄭万高速鉄道の湖北区間では現在、スラブ軌道敷設工事が最終段階に入っており、中国鉄道建設大手、中国鉄建傘下の中鉄十一局集団など、建設に携わる企業の作業員が懸命に工事を進めている。同高速鉄道は、縦横各8本のルートからなる高速鉄道網「八縦八横」北京-昆明路線の重要な構成部分。全長は818キロ、設計速度は時速350キロで、鄭州南駅から湖北省を経由して重慶市に入り、万州北駅に至る。(南漳=新華社記者/杜華挙)= 配信日: 2021(令和3)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月14日
    (1)西安発の中欧班列、今年の運行数が千本を突破

    13日、西安国際港駅で出発を待つカザフスタン行き「中欧班列」X9041。中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車「中欧班列」X9041が13日、貨車50両に自転車や玩具、食器洗い機などを積載して西安国際港駅を出発し、カザフスタンに向かった。2021年の陝西省発中欧班列はこれでちょうど千本となった。(西安=新華社記者/李一博)= 配信日: 2021(令和3)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月14日
    (5)西安発の中欧班列、今年の運行数が千本を突破

    13日、西安国際港駅で出発を待つカザフスタン行き「中欧班列」X9041。中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車「中欧班列」X9041が13日、貨車50両に自転車や玩具、食器洗い機などを積載して西安国際港駅を出発し、カザフスタンに向かった。2021年の陝西省発中欧班列はこれでちょうど千本となった。(西安=新華社記者/李一博)= 配信日: 2021(令和3)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月14日
    (1)淡紫の花にうっとり、嘉定紫藤園のフジが満開上海市

    13日、上海市の嘉定紫藤園で、フジの花を楽しむ人たち。中国上海市嘉定(かてい)区の嘉定紫藤園でこのほど、フジの花が満開を迎え、大勢の市民や観光客を楽しませている。(上海=新華社記者/王翔)= 配信日: 2021(令和3)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月14日
    (2)伝統工芸の竹がさで農家の増収を後押し貴州省

    11日、貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州三穂県瓦寨鎮の上街村にある「再成竹がさ加工工場」で、竹がさの部材をトラックに積む行商人。中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州三穂(さんすい)県の伝統工芸品、「瓦寨斗笠」(竹がさ)は400年以上の歴史を持つ。美しい見た目や精巧な作りから、今でも日よけや雨よけとして用いられ、民間工芸品の収集品となっている。同県はここ数年、竹編み技術の伝承者や地元人材による家内制手工業工房の設立を積極的に奨励。竹がさの原材料を無料で農家に配布して分散加工を行い、回収、制作、販売を一体化することで、地元農家の収入増を効果的に後押ししている。また、技法の伝承と産業の発展に力を入れ、竹編み技法の伝承者や職人によるさまざまな研修を定期的に実施し、「瓦寨斗笠」の制作技法をさらに継承・発展させるための取り組みを行っている。(黔東南=新華社記者/楊文斌)= 配信日: 2021(令和3)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月14日
    (1)鄭万高速鉄道の湖北区間、スラブ軌道敷設工事が追い込みに

    12日、鄭万高速鉄道南漳(なんしょう)駅のスラブ軌道敷設工事現場。(小型無人機から)中国河南省鄭州市と重慶市万州区を結ぶ鄭万高速鉄道の湖北区間では現在、スラブ軌道敷設工事が最終段階に入っており、中国鉄道建設大手、中国鉄建傘下の中鉄十一局集団など、建設に携わる企業の作業員が懸命に工事を進めている。同高速鉄道は、縦横各8本のルートからなる高速鉄道網「八縦八横」北京-昆明路線の重要な構成部分。全長は818キロ、設計速度は時速350キロで、鄭州南駅から湖北省を経由して重慶市に入り、万州北駅に至る。(南漳=新華社記者/杜華挙)= 配信日: 2021(令和3)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月14日
    (3)オランダ・ラボバンク、重慶のトウガラシ産業を支援

    9日、重慶市の農家とトウガラシ価格の上昇について議論するラボバンク・チャイナのPaulSchuilwerve最高経営責任者(CEO、左)。中国重慶市の供銷合作社(農村部の流通協同組合)系企業、重慶市農業生産資料集団はこのほど、同市巫山県とトウガラシ産業の発展に向けた協力協定を締結した。オランダ農業金融大手のラボバンクと国連環境計画(UNEP)が共同で設立したAGRI3基金が支援する。重慶市の優良農業プロジェクトに投資、参画することで、地元トウガラシ産業を後押しする。(重慶=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月14日
    (5)中国女子サッカー、東京五輪出場決定サッカー女子五輪予選

    13日、ゴールが決まり喜ぶ中国代表。東京五輪女子サッカーアジア予選は13日、中国江蘇省蘇州市でプレーオフ第2戦が行われ、延長戦の末に中国と韓国が2-2で引き分け、4-3の総得点差で中国が五輪出場を決めた。(蘇州=新華社記者/楊磊)= 配信日: 2021(令和3)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月14日
    (3)中国女子サッカー、東京五輪出場決定サッカー女子五輪予選

    13日、ゴールを決める中国代表の王霜(おう・そう、左から2人目)。東京五輪女子サッカーアジア予選は13日、中国江蘇省蘇州市でプレーオフ第2戦が行われ、延長戦の末に中国と韓国が2-2で引き分け、4-3の総得点差で中国が五輪出場を決めた。(蘇州=新華社記者/丁旭)= 配信日: 2021(令和3)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...