KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 新型肺炎
  • 中国浙江省
  • 新疆ウイグル自治区
  • 中国河北省
  • ジャイアントパンダ
  • 黒竜江省
  • 中国福建省
  • ドローン
  • 国際交流
  • 中国江西省

「新華社」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 映像
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
8,345
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
8,345
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:58.66
    2021年05月11日
    「新華社」ウランプハ砂漠でニクジュヨウが豊作内モンゴル自治区

    砂漠に生息する寄生植物ニクジュヨウは、貴重な中医薬材として知られ「砂漠人参」とも呼ばれる。中国で8番目に大きな砂漠、内モンゴル自治区のウランプハ砂漠では現在、そのニクジュヨウが豊作を迎えている。1ムー(約667平方メートル)あたりの生産高は3千元(1元=約17円)余りで、生態環境、経済、社会に一石三鳥の利益をもたらしている。ウランプハ砂漠の総面積は1500万ムー(約100万ヘクタール)。うち約430万ムー(約28万6700ヘクタール)が同自治区バヤンノール市磴口(とうこう)県に属する。同県では長年にわたり、砂漠化防止と砂漠産業を有機的に結合し、砂漠のかん木「梭梭(ソウソウ)」の植林を促進。梭梭の根にニクジュヨウを接ぐことで防風、砂地の固定、生態環境改善を進め、一定の経済効果も生み出している。同県では現在、民間企業20社余りがニクジュヨウ事業を営む。50万ムー(約3万3300ヘクタール)にわたる梭梭の人工林で、年間500トンのニクジュヨウが生産されており、中国最大のニクジュヨウ人工栽培・生産拠点となっている。(記者/李雲平) =配信日: 2021(令和3)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:29.23
    2021年05月10日
    「新華社」消火活動中のヘリ、洱海に墜落雲南省大理市

    10日午前10時20分(日本時間同11時20分)ごろ、中国雲南省大理ペー族自治州大理市の湖、洱海(じかい)にヘリコプターが墜落した。ヘリは湾橋鎮湾橋村大沙壩山の森林火災現場で散水作業を実施するため、洱海で取水していた。同市は迅速に緊急対応を開始。現在、海事、消防、医療などの救助隊が全力を挙げて救出活動に当たっている。墜落原因については調査が続いている。(記者/孫敏) =配信日: 2021(令和3)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:12.70
    2021年05月09日
    「新華社」サファリパークのヒョウが脱走、周辺住民に注意喚起浙江省杭州市

    中国浙江省杭州市富陽区政府は8日、同区銀湖街道受降四聯村金苑山荘で7日午後8時ごろ、住民から「ヒョウに似た動物を見た」と警察に通報があったと発表した。同区の関係部門による合同調査で、ヒョウは市内のサファリパーク「杭州野生動物世界」から逃げ出した子どものヒョウ3頭であることが確認され、すでに2頭が捕獲されている。地元政府は現在、周辺地域を全面的な管理下に置き、ローラー作戦で残る1頭の捜索に当たっている。同時に同パークに対して直ちに営業を停止し、速やかにヒョウが脱走した原因を調査するよう指導した。(記者/許舜達、鄭夢雨) =配信日: 2021(令和3)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:30.06
    2021年05月09日
    「新華社」雲海に沈む夕日湖南省張家界

    中国湖南省張家界五雷山風景区で7日午後、雲海が夕日に照らされる幻想的な「霞海」の光景が出現した。(記者/范軍威) =配信日: 2021(令和3)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:14.36
    2021年05月09日
    「新華社」重慶市の陰条嶺国家級自然保護区でキョンを発見

    中国重慶市巫渓(ふけい)県にある陰条嶺国家級自然保護区の職員がこのほど、回収した赤外線カメラのデータを整理していたところ、中国の「三有保護動物(有益で、重要な経済的、科学的研究価値を持つ陸上野生生物)」に指定されたキョンの鮮明な映像を発見した。キョンは小型のシカ科動物で、低木の茂みに1匹または雄雌1対で生息することを好み、主に中国の亜熱帯地域に分布している。同保護区は多くの動植物資源が豊かな生態環境を育んでおり、多数の絶滅危惧種も生息している。(記者/黄偉) =配信日: 2021(令和3)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:08.31
    2021年05月09日
    「新華社」地元で人気の「チョコレートの町」浙江省嘉興市

    中国浙江省嘉興市大雲鎮には、チョコレートの町がある。町の「チョコレートエネルギー工場」では、全長156メートルの透明な見学コースに沿って進むと、チョコレートの製造過程を見学したり、さまざまな味のチョコレートや原液を味わうことができる。また「チョコレート市庁舎」では、チョコレート作りも楽しめる。労働節(メーデー)連休(1~5日)期間中、チョコレートの町は地元で人気の行楽スポットとなり、延べ5万人以上の観光客が訪れた。(記者/唐弢)=配信日:2021(令和3)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:12.14
    2021年05月09日
    「新華社」鳥籠から大空へ飛び立つ希少な渡り鳥遼寧省瀋陽市

    5月と10月の第2土曜日は国連環境計画(UNEP)が制定した「世界渡り鳥デー」。希少な渡り鳥は動物園の「人気者」ではあるが、中国遼寧省瀋陽市の一部の動物園ではこれらの「人気者」に対して厳しい野生化訓練が行われている。訓練を経て条件が整った渡り鳥は自然に返される。瀋陽森林動物園では「鶴放飛」と呼ばれる特別な展示が毎日開催されている。来園者は人工飼育されたタンチョウ十数羽が、鳥籠から一斉に大空へと飛び立つ様子を見ることができる。関係部門の承認を得て1990年、同園に「瀋陽ツル類人工繁殖研究基地」が設置された。30年にわたる努力により、タンチョウなどの人工繁殖が行われた希少なツル類は700羽余りに達した。東北アジアの渡り鳥飛行経路上に位置する瀋陽市は、渡り鳥の重要な休息地、中継地となっている。同市はこれら渡り鳥の保護や研究活動を行うため、市内を流れる渾河(こんが)に鳥類テーマパーク「瀋陽鳥島」を建設した。現在、約100種類千羽以上の渡り鳥が同地で繁殖しており、自由な生活を送っている。(記者/姜兆臣) =配信日: 2021(令和3)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:00.02
    2021年05月09日
    「新華社」成都市に「三星堆文化」テイストを取り入れた列車が登場四川省

    中国の鉄道車両最大手、中国中車(CRRC)傘下の中国中車長春軌道客車はこのほど、三星堆(さんせいたい)文化の「太陽神鳥」や「黄金仮面」からインスピレーションを得て塗装を施した都市間軌道動車組(新型全自動運転スマート市内列車)を発表した。四川省成都市の「1時間通勤圏」に投入される。同列車は最高時速160キロ、8両編成の定員は最大2956人。技術専門家の張洪軍(ちょう・こうぐん)氏によると、列車は最高レベルの自動運転技術を採用し、自動的にスリープを解除、発車および停車、車庫に戻ることを可能にするスマート走行機能を搭載している。また、業界で初めて自動昇降運転席を設置。無人運転の場合は運転台を車内に隠すことができる。特筆すべきは、車窓と一体化したOLEDディスプレイを搭載している点で、乗客は乗車中も交通情報を調べたり、ライブ配信動画を視聴したりできる。張氏は、高速大容量通信を実現する第5世代移動通信システム(5G)技術を導入したことで、情報の緻密なやり取りが可能になったとの見方を示した。同列車は高速鉄道「復興号」と同じ高強度車体断面構造、流線形の先頭車両のデザイン、騒音防止技術を採用しており、高速走行時の車内の騒音は平均70デシベル。スマート検知システムにより車内の温度や明るさ、内外圧力差が自動的に調整され、より快適な車内環境を実現している。(記者/張楠、段続)=配信日:2021(令和3)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:09.46
    2021年05月08日
    「新華社」舞台でよみがえるシルクロード要衝の歴史と文化甘粛省

    中国甘粛省張掖(ちょうえき)市臨沢県にある観光リゾートタウン「丹霞口旅遊度假小鎮」でこのほど、大型歴史舞台劇「回道張掖」が上演された。同劇は地元の民俗風習を深く掘り下げ、独自の文化の特色を残すことで、シルクロードの要衝・張掖の2千年余りにわたる歴史的場面を生き生きと再現している。(記者/張睿) =配信日: 2021(令和3)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:52.73
    2021年05月07日
    「新華社」クムタグ砂漠で蜃気楼が頻繁に出現新疆ウイグル自治区

    中国新疆ウイグル自治区ピチャン(鄯善)県にあるクムタグ(庫木塔格)砂漠では1~5日の労働節(メーデー)連休中、たびたび蜃気楼(しんきろう)が出現した。各地から訪れた観光客は、砂漠に浮かび上がった湖面や砂丘、高層ビルなどを目にし、神秘的な自然現象を楽しんだ。正午ごろになると、砂漠から火焔山の支脈に向かう長さ約40キロ、幅約20キロの範囲に湖が出現、湖面の波や水草などもかすかに見ることができる。蜃気楼は光が屈折することで生じる自然現象で、見え方は時間の経過とともに変化し続ける。同砂漠では連日、蜃気楼が頻繁に出現し、通常、午前11時半ごろから午後6時半ごろの間に見られる。(記者/周生斌) =配信日: 2021(令和3)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:29.24
    2021年05月07日
    「新華社」中国、リモートセンシング衛星「遥感30号08」打ち上げに成功

    中国は7日午前2時11分(日本時間同3時11分)、四川省の西昌衛星発射センターから運搬ロケット「長征2号C」を使い、リモートセンシング衛星「遥感30号08」を打ち上げ、予定の軌道に投入することに成功した。「遥感30号08」は複数の衛星でネットワークを構築するモデルを採用しており、主に電磁環境探査と関連技術のテストに用いられる。今回のミッションではさらに、衛星「天啓星座12星」も搭載し、打ち上げた。天啓星座12星は天啓モノのインターネット(IoT)衛星群(コンステレーション)の構成部分で、主にデータの収集・伝送サービスの提供に使われる。長征シリーズ運搬ロケットの飛行は今回で369回目。(記者/薛晨) =配信日: 2021(令和3)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:52.37
    2021年05月07日
    「新華社」ドミニカ共和国大統領、中国製ワクチンの初回接種完了

    ドミニカ共和国のアビナデル大統領は5日、中国製薬大手、科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)製の新型コロナウイルスワクチンの初回接種を受けた。首都サントドミンゴには同日、第4陣のワクチンが到着、これにより18歳以上の全国民を対象とした接種の開始が可能となった。サントドミンゴの国際空港で同日開かれたワクチンの引き渡し式には、ペニャ副大統領と張潤(ちょう・じゅん)駐ドミニカ共和国中国大使が出席した。ペニャ氏は「今回届いたワクチンの数はこれまでで最も多く、接種計画を継続的に推進する上で大きな役割を果たす」と語った。 =配信日: 2021(令和3)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:15.86
    2021年05月07日
    「新華社」黒竜江省鶏西市で竜巻発生人的被害なし

    中国黒竜江省鶏西市恒山区にある百貨店の近くで5日午後1時(日本時間同2時)ごろ、竜巻が発生した。竜巻の中心部が通過した場所では樹木がなぎ倒され、一部の家屋が損壊し、車2台のフロントガラスが破損したが、人的被害はなかった。同市気象局によると、今回の竜巻は寒気や暖気、地形の影響で起きた局地的なもので、強度としては弱いものだった。(記者/張濤) =配信日: 2021(令和3)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:15.04
    2021年05月07日
    「新華社」【パンダフル】「モッパン」を披露するパンダ

    中国四川省の成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地で、2頭のパンダが寄り添いながら竹を食べている。その息ぴったりな動きや食欲旺盛な食べっぷりは、まるで「モッパン」(食べ物をおいしそうに食べる食事系動画)を披露しているようだ。(記者/パンダフル蕭永航) =配信日: 2021(令和3)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:21.92
    2021年05月07日
    「新華社」立夏に季節外れの雪黒竜江省大興安嶺地区

    二十四節気の「立夏」に当たる5日、中国最北部の黒竜江省大興安嶺地区新林区で雪が降り、森林管理員が「夏の雪景色」を携帯電話で撮影した。新林区によると、雪は14時間前後にわたって降り続け、5日午後8時には一部地域で積雪が10センチに達したという。(記者/馬暁成) =配信日: 2021(令和3)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:25.29
    2021年05月06日
    「新華社」色鮮やかに輝く金華市の風景を満喫浙江省

    新緑がまぶしい爽やかな5月、日の出から日没まで、色鮮やかに輝く中国浙江省金華市の風景を楽しんでみよう。 =配信日: 2021(令和3)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    撮影: 配信日: 2021

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:55.55
    2021年05月06日
    「新華社」天山山脈の奥地に雪、送電線の巡回検査を実施新疆ウイグル自治区

    中国新疆ウイグル自治区バインゴリン・モンゴル自治州和静県バルグンタイ(巴倫台)鎮の天山山脈奥地にある220キロボルトの帆湖送電線がこのほど、激しい吹雪に見舞われた。中国の送電大手、国家電網傘下の巴州(バインゴリン・モンゴル自治州)供電の巡回検査員は、2・5キロにわたる送電線と沿線の鉄塔を空と地上の両方から点検した。この送電線は稼働以来、天山山脈奥地の林業、牧畜業、観光業の発展や各民族の生活のために電力を提供している。(記者/阿曼) =配信日: 2021(令和3)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:18.40
    2021年05月06日
    「新華社」太陽の周りに光の輪湖南省藍山県で「日暈」現象

    中国湖南省永州市藍山県でこのほど、太陽を囲む光の輪「日暈(ひがさ、にちうん)」が観測された。現象は長時間続き、正午ごろまで確認できた。市民らは足を止めて空を見上げたり、スマートフォンを向けたりしていた。日暈は大気光学現象の一種で、太陽の光が上空の雲に含まれる氷の粒により屈折または反射することで起きる。(記者/程済安) =配信日: 2021(令和3)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:41.93
    2021年05月06日
    「新華社」黒竜江上流に再び活気、大興安嶺区間が流氷期に

    中国とロシアの国境地帯を流れる黒竜江の大興安嶺区間がこのほど、気温の上昇に伴って流氷期を迎え、約7カ月間凍結していた黒竜江上流に再び活気がよみがえった。大小さまざまな氷がぶつかり合いながら流れるダイナミックな自然現象を見ようと、多くの観光客が訪れている。黒竜江は、中国で毎年最も遅く解氷する河川の一つで、源流は大興安嶺地区漠河市洛古河村から8キロ上流に位置する。例年、4月末から5月初めに流氷期を迎える。(記者/馬暁成) =配信日: 2021(令和3)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:59.58
    2021年05月06日
    「新華社」連休の景山公園、満開のボタンを楽しむ人々北京市

    中国北京市の景山公園は、労働節(メーデー)の連休期間中、晴天に恵まれ、あでやかに咲き誇るボタンを楽しんだり、写真を撮ったりする観光客の姿が見られた。「景山のボタン」は、同市の春を楽める人気スポットの一つとなっており、園内には現在、500種類以上、2万株余りのボタンが植えられている。(記者/魏夢佳) =配信日: 2021(令和3)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:12.32
    2021年05月06日
    「新華社」寄港中の船舶に陸上から電力供給、汚染物質の排出削減海南省

    中国海南省にある洋浦国際コンテナふ頭1号バースでこのほど、陸上電力供給システムから大型輸送船「振華32号」への電力供給に成功した。従来の船舶用燃料での発電に比べ、窒素酸化物(NOx)の排出量を97%、硫黄酸化物(SOx)を96%、浮遊物を96%削減できるほか、硫化物や窒化物、粉じんの排出量を年間1100トン余り抑えることができる。陸上電力供給システムの利用により、寄港中の船舶から有毒ガスがほぼ排出されなくなり、船内の発電装置を稼働させることで生じる騒音もほぼ解消される。(記者/王軍鋒、黎多江) =配信日: 2021(令和3)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:51.24
    2021年05月06日
    「新華社」ウルグアイ、サッカー選手に中国製ワクチン接種を開始

    南米ウルグアイの首都モンテビデオのセンテナリオ・スタジアムで6日、サッカー1部リーグの一部選手が中国製新型コロナウイルスワクチンの1回目の接種を受けた。中国製薬大手、科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)傘下の北京科興中維生物技術が南米サッカー連盟(CONMEBOL)に寄贈したワクチンで、これによりサッカーの南米大陸選手権(コパ・アメリカ2021)など国際大会の円滑な開催を確保するとしている。(記者/倪瑞捷、朱暁光)=配信日:2021(令和3)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:30.30
    2021年05月06日
    「新華社」山一面に咲くアンズの花内モンゴル自治区

    中国内モンゴル自治区赤峰市敖漢旗の馬鞍山ではこのところ、うららかな陽気に誘われ、さまざまな色のアンズの花が咲き競っている。(記者/魏婧宇) =配信日: 2021(令和3)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:08.88
    2021年05月05日
    「新華社」満開のナシ園、SNS映えスポットに内モンゴル自治区

    中国内モンゴル自治区のバヤンノール市政府によると、河套地域(中国北西部で黄河上・中流が湾曲して流れる地域)に広がる1万ムー(約667ヘクタール)余りのナシ園で労働節(メーデー)連休期間中、ナシの花が一斉に開花し、SNS映えスポットになっている。同地域の多くの農家は数多くのナシ園栽培合作社(協同組合)を設立し、商標登録した「早酥梨」「苹果梨」「景豊梨」などの良質なナシを中国各地に送り届けている。(記者/李雲平) =配信日: 2021(令和3)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:04.34
    2021年05月05日
    「新華社」千年の芸術を守る河北省響堂山石窟

    中国河北省邯鄲(かんたん)市峰峰(ほうほう)鉱区に、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される響堂山石窟がある。開削が始まったのは南北朝時代の北斉時代で、南石窟と北石窟があり、約15キロ離れている。現在は16の石窟が残り、各種仏像4千体余りと多くの石経がある。仏教や建築、彫刻、絵画、書道などの研究材料の宝庫となっている。石窟の保護と研究、文化の掘り起こしに長年努めてきた響堂山石窟芸術博物館の趙立春(ちょう・りつしゅん)館長(54)によると、石窟はこれまでも災禍に見舞われるたびに復活してきたという。趙氏をはじめとする研究者はこの36年、各石窟の年代特定と付番作業を終えただけでなく、仏像の造形や石経の書法などに関する権威的論文を発表してきた。趙氏の努力の下、貴重な歴史・文化・芸術遺跡はますます国内外の注目を集めるようになっている。(記者/牟宇、高博、杜一方)=配信日:2021(令和3)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:44.37
    2021年05月05日
    「新華社」小学生が伝統演劇を取り入れた体操を披露陝西省西安市

    中国陝西省西安市碑林区の東羊市小学校でこのほど、児童約千人が伝統的な古典演劇の衣装をまとい、「戯曲リズム体操」を披露した。同校はここ数年、伝統演劇を授業に取り入れる活動を進めており、児童らが自ら体を動かしながら演劇の歴史を理解し、魅力を感じることができるよう、地元に伝わる演劇の特色を生かしたリズム体操を考案した。(記者/劉瀟、李華) =配信日: 2021(令和3)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:00.41
    2021年05月05日
    「新華社」中国の医療チームがラオス到着コロナ対策を支援

    中国政府がラオスの新型コロナウイルス感染対策を支援するため派遣した医療専門家チームが4日、首都ビエンチャンに到着した。中国の姜再冬(きょう・さいとう)駐ラオス大使とラオスのキケオ副首相が出迎えた。ラオス政府は最近、感染状況の深刻化を受けて対策レベルを引き上げ、全国で封鎖管理を実施している。キケオ氏は中国がラオス国民に対する深く厚い友情を行動で示しているとし、中国の医療支援の下、ラオスは最短時間で新型コロナに打ち勝つと確信していると述べた。 =配信日: 2021(令和3)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:06.03
    2021年05月05日
    「新華社」全国超軽量動力機クラブリーグ戦開幕重慶市

    中国重慶市長寿区の長寿湖風景区で労働節(メーデー)5連休の初日となった1日、2021年全国超軽量動力機(ウルトラライトプレーン)クラブリーグ戦(重慶大会)と重慶フライングカーニバルが開幕した。今回の大会では、スカイスポーツの魅力を一般の人々に広く伝えるために、スポーツ競技、緊急救助、航空科学知識普及の三つの側面から、水上ポイント周回や定点投てき、機体分解・組み立ての3種目が設けられた。全国20の航空クラブから集まった国内トップレベルのパイロットが、見事なフライトパフォーマンスとプロの技を競い、重慶の航空ファンをかつてない空中ショーで魅了した。(記者/劉潺) =配信日: 2021(令和3)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:37.35
    2021年05月05日
    「新華社」九華山に大勢の観光客、感染対策は怠らず安徽省

    中国安徽省池州市の九華山は5月に入りすっきりとした晴天が続き、鮮やかな緑に包まれている。標高1200メートル余りの花台風景区からは、眼下に色とりどりの高山ツツジが艶やかに咲き乱れる光景を一望することができる。風景区では新型コロナウイルスの感染対策を徹底しており、重点エリアの人数制限やピークを避ける取り組みを実施。労働節(メーデー)連休を利用して訪れた観光客が山登りや花見を楽しんでいる。(記者/曹力)=配信日:2021(令和3)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:49.28
    2021年05月04日
    「新華社」アンズの花が豊かに彩る農村の生活内モンゴル自治区

    春も半ばを迎え、中国内モンゴル自治区通遼市ナイマン旗土城子郷平頂山村では、広大なアンズ畑が満開となった。30年前、同地域は大規模な土壌浸食に見舞われ、作物の生産量が減少しやがて耕作ができなくなってしまった。その後、1990年代にアンズの木を植え始めたことで状況は一転。生態環境が改善しただけでなく、栽培するアンズから取れる種が1ムー(約667平方メートル)当たり千元(1元=約17円)の純収入をもたらすという経済効果も生み出した。また、山一面に咲くアンズの花を見ようと毎年多くの観光客が訪れるようになったことから地元の観光業が発展し、住民の平均年収は約1万元増加した。(記者/王雪氷、賀書琛) =配信日: 2021(令和3)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:49.17
    2021年05月04日
    「新華社」フィリピン大統領、中国製ワクチンを接種

    フィリピンのドゥテルテ大統領(76)は3日、中国製の新型コロナウイルスワクチンの接種を受けた。接種の様子を撮影した動画はフェイスブックを通じて公開された。フィリピンでは最近、感染が再拡大しており、3日時点の感染者数は累計で106万人を超えている。(記者/夏鵬、閆潔) =配信日: 2021(令和3)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:51.24
    2021年05月04日
    「新華社」茶畑の緑輝く武当山湖北省

    中国湖北省十堰(じゅうえん)市の武当山では、5日の立夏を前に、前山にある八仙観村から後山の武当口村まで、鮮やかな緑の茶畑が広がっている。(記者/李偉) =配信日: 2021(令和3)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:22.64
    2021年05月04日
    「新華社」安九高速鉄道の廬山特大橋、箱桁架設完了

    中国の安徽省安慶市-江西省九江市間で建設中の安九高速鉄道でこのほど、廬山(ろざん)特大橋の最後の箱桁架設が完了した。同線は全線で箱桁架設を終え、引き続き線路敷設工事が実施される。同線が開通すると、安徽省の省都・合肥と九江がわずか1時間で結ばれる。江西、湖北、安徽3省の接続が大幅に強化され、地域間の経済協力などを促進する。(記者/黄和遜) =配信日: 2021(令和3)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:46.00
    2021年05月04日
    「新華社」山地に春を告げる100年のチャノキ福建省武夷山市

    中国福建省武夷山市洋荘郷の集落、呉三地は5月に入り、老欉(ろうそう)と呼ばれる樹齢の長いチャノキが茶摘みの季節を迎えた。呉三地は武夷山自然保護区の奥地にあり、平均標高は800メートル。豊かな自然環境に恵まれ、樹齢100年以上の老欉が2千本以上ある。茶を好む人々の「聖地」とされている。(記者/郭圻) =配信日: 2021(令和3)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:09.73
    2021年05月04日
    「新華社」広州長隆野生動物世界でライオンの五つ子お披露目

    中国広東省の広州長隆野生動物世界で2日、昨年11月8日に生まれたライオンの五つ子が一般公開された。ライオンはアフリカ最大のネコ科動物で、迫力ある声と雄壮な姿から、百獣の王と呼ばれている。広州長隆野生動物世界ではすでにベンガルトラやチーター、シベリアイタチ、ツキノワグマ、リカオン、ホッキョクグマ、ジャイアントパンダなど、希少な肉食動物の人工哺育技術を確立している。(記者/劉大偉、黄保国) =配信日: 2021(令和3)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:55.42
    2021年05月04日
    「新華社」漢江で最高幅の橋、武漢漢江湾橋が開通湖北省

    中国湖北省武漢市で1日、武漢漢江湾橋が開通した。「橋の都」と呼ばれる武漢にまた新たな橋が誕生した。主橋の長さは672メートル、主径間は408メートル。橋面幅は47メートルで、漢江に架かる橋の中で最も幅が広い。漢江は長江最大の支流で、武漢で長江に合流する。漢江湾橋は武漢知音橋と古田橋の間に位置し、道路橋としては同市で初めて建設に政府・社会資本協力モデルが採用された。(記者/熊琦) =配信日: 2021(令和3)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:41.80
    2021年05月04日
    「新華社」中国初の国産アニメ・漫画デジタル観光区が開業浙江省

    中国初となる「国産アニメ・漫画」をテーマにしたデジタル観光区が、労働節(メーデー)連休(今年は5月1~5日)の初日、浙江省杭州市臨安区河橋古鎮で一般公開された。伝統的な町並みを持つ古鎮景勝地とアニメ産業との「革新的な協力」の推進を目指す。同区では同日に公演が2回上演され、観客動員率はいずれも100%に達した。観光区の責任者を務める、杭州宏逸投資集団の駱駿(らく・しゅん)副総経理によると、同区はかつて国家4A級観光地(上から2番目のランク)だったが、新型コロナウイルス感染症拡大などの影響により、客足が遠のき、土産物屋もほぼ全てが閉店の危機的な状況に陥っていた。そこで若者を呼び込むために、同社は伝統観光地に国産アニメ・漫画の知的財産権(IP)を導入する方法を考案した。中国IT大手の騰訊控股(テンセント)と手を組み、国産アニメ「狐妖小紅娘(縁結びの妖狐ちゃん)」をテーマにしたインタラクティブな観光プロジェクトを始動。拡張現実(AR)やホログラム、テスラコイルなどの技術を駆使して、観光客に没入型体験やインタラクティブ体験を提供する。今後「アニメ・漫画+科学技術」「日帰り旅行+ナイトツアー」「オンライン+オフライン」などの方法で、リピーターを増やしていく。駱氏は「チケットは売上の一部に過ぎない。フィギュアや関連グッズなどの注文で収益性を向上させる」と説明。今後は推理ゲーム「劇本殺(マーダーミステリー)」や「密室脱出ゲーム」など、若者に人気のエンターテインメントも展開していきたいと意気込みを語った。同観光区への総投資額は15億元(1元=約17円)で、第1期プロジェクトに当たる今年は集客数20万人、売上高3千万元を見込むという。(記者/殷暁聖) =配信日: 2021(令和3)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:49.84
    2021年05月04日
    「新華社」千年前にタイムスリップ、伝統文化を楽しむ漢服愛好者

    中国湖北省十堰(じゅうえん)市の武当山瓊台風景区では、労働節(メーデー)の連休(今年は5月1~5日)中、漢民族の伝統衣装「漢服」に身を包み、伝統文化を楽しむ人たちの姿を見ることができる。同地には、古代の絵画に描かれた人物が、千年余りの時を経てよみがえったかのような光景が広がっている。(記者/李偉) =配信日: 2021(令和3)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:38.93
    2021年05月04日
    「新華社」食べるのが惜しい、皿にジャムで描いた絵山西省太原市

    中国山西省太原市のジャム絵画のスペシャリスト、劉旭峰(りゅう・きょくほう)さん(27)は、5~6年前からジャムで皿の上に絵を描くアート作品を制作している。鳥や小動物、自然の風景などが生き生きと再現されている作品を、あなたは惜しまずに食べられるだろうか。(記者/馬志異、劉翔霄、柴婷) =配信日: 2021(令和3)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:31.21
    2021年05月04日
    「新華社」G7外相会議始まる2年ぶりの対面開催

    主要7カ国(G7)外相会議が3日、英国の首都ロンドンで開幕した。対面での開催は2年ぶり。ラーブ英外相は会議に先立ち、米国のブリンケン国務長官、日本の茂木敏充外相とそれぞれ2国間会談を行った。(記者/梁希之、張代蕾、金晶) =配信日: 2021(令和3)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:55.92
    2021年05月03日
    「新華社」1500万年前の化石の宝庫「漳浦生物群」を発見福建省

    中国科学院南京地質古生物研究所はこのほど、中国や英国、ドイツなどの古生物学者が福建省漳浦(しょうほ)県で約1500万年前の化石群「漳浦生物群」を発見したと明らかにした。琥珀(こはく)や植物の化石標本を多く含み、古代の生物の熱帯雨林での暮らしを生き生きと映し出しているという。研究チームは10年に及ぶ野外活動で、昆虫を閉じ込めた琥珀2万5千個余り、植物化石5千個余りを採集した。化石の多様性という点でみると、漳浦生物群の琥珀類は過去100年間に見つかった生物入り琥珀群の中で最も多様性が豊かだという。漳浦琥珀には大量の標本が保存されていた。昆虫が最も多く、種類は20目200科に及ぶ。蚊などの双翅目(そうしもく)が55%と最多を占め、ハチやアリなどの膜翅目(まくしもく)、甲虫を含む鞘翅目(しょうしもく)、アブラムシやセミ、カメムシなどの半翅目(はんしもく)が続いた。羽毛や微生物の化石を含むものも大量に見つかった。研究チームのリーダーの1人、同研究所の王博(おう・はく)研究員によると、漳浦生物群は極めて豊富な種を持つ熱帯雨林の化石群で、約1500万年前に熱帯雨林が福建省南部に分布していたことを示している。平均気温22・5度、年間降水量2千ミリ近くで、年間を通じて植物が成長できる環境にあり、森林には花やコケが育ち、カタツムリやクモ、アリ、ミツバチ、コオロギ、甲虫なども数多く活動していた。多くの種は現在も存在しているという。今回の研究成果は1日、米科学誌「サイエンス・アドバンシズ(ScienceAdvances)」に掲載された。(記者/王珏玢、林凱) =配信日: 2021(令和3)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:03.60
    2021年05月03日
    「新華社」春の棚田に優美な曲線安徽省

    中国安徽省宣城市旌徳(せいとく)県興隆鎮では、水を張った棚田が日差しを受けて柔らかな光を放ち、優美なあぜの曲線をくっきりと浮かび上がらせていた。(記者/曹力)=配信日:2021(令和3)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:31.47
    2021年05月03日
    「新華社」300機余りのドローン、媽祖生誕祝う福建省湄洲島

    中国道教の女神で、航海・漁業の守護神の媽祖(まそ)を祭る媽祖文化の発祥地、福建省莆田(ほでん)市の湄洲(びしゅう)島で3日、媽祖生誕1061年を記念するイベントが開かれた。全国各地の信徒が媽祖廟を参拝し、多彩な民俗行事が催された。夜には323機の小型無人機(ドローン)が媽祖廟の上空に湄州島の輪郭や媽祖の姿を浮かび上がらせ、島全体で生誕日を祝った。(記者/郭圻)=配信日:2021(令和3)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:58.44
    2021年05月03日
    「新華社」天津イタリア街、メーデー連休にリニューアルオープン

    中国天津市河北区にある旧イタリア租界の街並みを保護・開発した「天津イタリア街」(意式風情区)は1日、全面リニューアル後初めての一般開放日を迎えた。労働節(メーデー)連休(今年は5月1~5日)を利用して多くの観光客が訪れ、休日のひとときを楽しんでいた。(記者/孫凡越、周潤健) =配信日: 2021(令和3)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:11.98
    2021年05月03日
    「新華社」「中国で最も美しい鳥」ハリオハチクイ、アモイで繁殖

    中国福建省アモイ市五縁湾栗喉蜂虎(ハリオハチクイ)自然保護区ではこのところ、多くのハリオハチクイが巣作りや求愛にいそしんでいる。職員によると、同保護区には今年、例年を超える100羽以上が南アジアから飛来した。繁殖期の到来とともにさらに増えるという。生まれたひなは9月末から10月初めに親鳥と共にアモイを離れ、越冬のため南アジアへ向かう。ハリオハチクイはハチなど飛ぶ虫を好んで食べることからその名が付いた。色鮮やかで優雅な姿から「中国で最も美しい鳥」と呼ばれている。(記者/魏培全) =配信日: 2021(令和3)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:31.68
    2021年05月03日
    「新華社」2200年の歴史新疆ウイグル自治区の唐王城遺跡

    中国新疆ウイグル自治区トムシュク市で4月28、29両日、同市にある古城遺跡「唐王城遺跡」と中国の開拓・駐屯の歴史文化に関するシンポジウムが開かれた。唐王城は2200年余り前に屯田要塞として築かれ、これまでに4千点以上の遺物が出土するなど極めて高い考古学的価値を持つ。歴史文献によると、西域を安定させる上で重要な役割を担い、古代シルクロードの重鎮と栄えたこともあった、多元的な文化が同地で交わり、複数の文明が共存していた。(記者/何軍、王菲、張嘯誠) =配信日: 2021(令和3)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:26.08
    2021年05月03日
    「新華社」広州港、ポーランド向け陸海複合一貫輸送を担う「中欧班列」の運行開始

    中国広東省広州港の埠頭(ふとう)で4月29日、海上輸送と鉄道輸送を組み合わせた複合一貫輸送を担う「中欧班列」(中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車)の「港鉄号」がポーランドに向け出発した。約15日で到着する。陸海複合一貫輸送の手段として、広州港が「中欧班列」を運行するのはこれが初めて。同港を運営する広州港集団の黄波(こう・は)総経理は「港鉄号」について、目的地までの所要時間がわずか15日間と、従来の海上輸送より約20日間短いと述べた。(記者/田建川) =配信日: 2021(令和3)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:29.56
    2021年05月03日
    「新華社」幻想的な美しさ天津の夜を彩る解放橋の「開閉ショー」

    中国天津市の中心部を流れる海河に架かる解放橋が1日夜、ゆっくりと橋面を跳ね上げた。同橋は最大60度の角度まで跳ね上がり、街を彩るイルミネーションとライトアップされた遊覧船が織りなす夜景の中で、きらびやかな「開閉ショー」を繰り広げた。(天津=新華社配信/孫凡越) =配信日: 2021(令和3)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:39.04
    2021年05月02日
    「新華社」南米サッカー連盟、中国寄贈の新型コロナワクチン受け取る

    南米サッカー連盟(CONMEBOL)は4月28日、中国製薬大手、科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)傘下の北京科興中維生物技術が寄贈した新型コロナウイルスワクチンを、ウルグアイの首都モンテビデオで受け取った。サッカー南米選手権(コパ・アメリカ2021)の円滑な開催を確保する。CONMEBOLのアレハンドロ・ドミンゲス会長と王剛(おう・ごう)駐ウルグアイ中国大使が同日夜、ワクチンを受け取るためカラスコ国際空港を訪れた。製薬会社グループが寄贈した新型コロナワクチンを受け取ったサッカー連盟は、CONMEBOLが世界で初めてとなる。(記者/倪瑞捷、禹麗貞、趙焱) =配信日: 2021(令和3)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:48.25
    2021年05月02日
    「新華社」大学生が郵便局を運営、オリジナルグッズも販売甘粛省蘭州市

    中国甘粛省の蘭州大学の学生らが運営する郵便局がこのほど、試験営業を始めた。中国郵政集団と蘭州大の共同プロジェクトで、局長も同大大学院生が務める。局内には古代シルクロードの要衝として栄えた敦煌の文化をモチーフにした扇子や絵はがき、しおり、コップなど、同大の学生がデザイン、制作した商品が並ぶ。50平方メートルほどのシェアスペースもあり、学生の創作活動や交流の場として活用してもらう。(記者/郎兵兵、張文静、龔哲) =配信日: 2021(令和3)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:20.00
    2021年05月02日
    「新華社」工事現場で恐竜の卵の化石10点を発見江西省贛州市

    中国江西省贛州(かんしゅう)市于都県楊公村の工事現場でこのほど、茶碗大の楕円形の「石塊」10点が掘削機によって掘り出された。専門家が鑑定した結果、この塊は白亜紀の恐竜の卵の化石と判明。現在は于都県博物館に収められている。同省地質調査研究院の地質鉱産エンジニア、郭金山(かく・きんざん)氏は「これらの石の表面には卵の殻の残骸があり、殻の表面にはこぶ状の突起や鎖状の曲線模様が彩られ、石の内部には芯がなく、泥や方解石が詰まっている」と説明した。恐竜の卵の化石と最も混同されやすいのは、自然に形成された泥質の塊だが、主に卵の殻の構造と表面の模様で識別できるほか、泥質の塊は内部構造が一般的に放射状や同心円状の模様になっていて芯がある。恐竜の卵の化石は、江西省で産出する特殊で貴重な化石の一つで、省内19カ所の丹霞盆地に広く分布し、贛州市と信豊県の2カ所から見つかることが多い。同省南部で発見された卵の化石は、ほとんどが卵殻片として地表に露出しており、贛州市の信豊盆地では5種類の卵が集まって出現する状況が確認されている。郭氏によると、江西省で出土した恐竜の卵の化石は既に1万点を超え、中国の主な博物館に収蔵されているが、ほとんどが約6600万年前の白亜紀のものだという。(記者/袁慧晶) =配信日: 2021(令和3)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:38.88
    2021年05月02日
    「新華社」農業農村部など、アカヒアリの侵入を全力で阻止

    中国でここ数年、アカヒアリの生息域が拡大している。アカヒアリは体長わずか数ミリだが、侵略性が非常に強いため、生態環境や農業の生産を脅かすうえ、人が刺されるとアナフィラキシーショック等の症状を引き起こす可能性もある。国内では現在、12の省・自治区・直轄市の435県・市・区にアカヒアリが分布し、一部の省、自治区ではこの数年、生息地拡大の勢いが増している。そのため3月には、農業農村部など9部門が共同で、アカヒアリの阻止、予防・抑制活動を全国で一斉に開始した。(記者/王安浩維、江文耀) =配信日: 2021(令和3)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:04.20
    2021年05月02日
    「新華社」「最も幅が広い長江大橋」武漢青山長江大橋が開通湖北省

    中国湖北省武漢市の高速道路四環線が4月30日午前0時、全線で開通した。同高速道路建設プロジェクトで最も重要な難工事で、幅が48メートルに達する「最も幅が広い長江大橋」武漢青山長江大橋も開通し、正式運用が始まった。中鉄大橋勘測設計院の徐恭義(じょ・きょうぎ)副チーフエンジニアによると、同大橋は全長7548メートル、武漢市で11番目の長江大橋で、現在長江に架かる橋の中で最も幅が広いという。上下線合わせて10車線の高速道路で、設計時速は100キロ。主塔の高さは279・5メートル、A字形の主塔としては世界最高で、ビル100階分の高さに相当する。架設工事を担当した中鉄大橋局によると、同大橋は主径間長が938メートルで、径間が世界最大のフローティング形式斜張橋となる。このタイプの橋では主鋼桁は横桁の支えがなく、ケーブルの張力でフローティングを保持、比較的ユニークな構造をしている。強風時や、まれに地震が起きた場合、フローティング形式斜張橋は橋脚による制約がないため、最大限に縦方向に揺れることで共振を防ぎ、大きな制振・エネルギー散逸効果が期待できる。(記者/熊琦) =配信日: 2021(令和3)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:03.14
    2021年05月02日
    「新華社」砂漠を舞台にしたラブストーリー上演甘粛省敦煌市

    中国甘粛省敦煌市でこのほど、砂漠実景劇「敦煌盛典」の最新版が上演された。古代シルクロードの要衝、敦煌を舞台にした全6章のラブストーリーを通して、地域の歴史や文化、人々の姿を紹介する構成となっている。市内の名所、鳴沙山・月牙泉の実際の景色を背景に、砂漠の景観と現代の舞台美術が融合され、壁面の照明も風景に溶け込んでいた。(記者/張睿)=配信日:2021(令和3)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:33.92
    2021年05月01日
    「新華社」鄭州博物館の新館が一般開放河南省

    中国河南省鄭州市で5年余り前から建設が進められていた鄭州博物館の新館が先月30日にオープンし、1日に一般開放された。同市市民公共文化サービス区の中核エリアにあり、延べ床面積は14万7千平方メートル。青少年活動センターや小劇場などの施設も併設する。鄭州博物館は1957年の開館で、所蔵する文化財は6万点余り。第1次国家1級博物館に選ばれている。(記者/楊静、李文哲) =配信日: 2021(令和3)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:42.80
    2021年05月01日
    「新華社」よみがえる国宝竜門石窟「帝后礼仏図」をリアルに再現

    中国河南省洛陽市にある竜門石窟の洞窟の一つ「賓陽中洞」の壁に刻まれたレリーフ(浮き彫り)「帝后礼仏図」に描かれた華やかなシーンが、現代の俳優によって再現され、1500年前の北魏時代にタイムスリップしたかのような光景がよみがえった。竜門石窟研究院の研究者、高丹(こう・たん)氏は「『帝后礼仏図』は、北魏時代に開削された皇室の洞窟、賓陽中洞の壁に刻まれていた。中国の石窟に残る、人物が刻まれた浮き彫りとして、極めて高い歴史的、文化的価値を持ち、その芸術性は国宝級だ」と説明した。「帝后礼仏図」は1930年代に剥ぎ取られ、売却され、海外に流失した。高氏は「われわれはあらゆる方法で『帝后礼仏図』を『復活』させたいと考えてきた。今回の俳優による再現もその一環で、準備に約3カ月間を費やした」と述べた。レリーフに描かれたシーンを再現するため、同研究院の研究者と制作チームはさまざまな関連の文献資料や写真を収集し、化粧や髪型から衣装、小道具、動きに至るまで研究を重ねてきた。高氏は「『帝后礼仏図』は『魏孝文帝礼仏図』と『文昭皇后礼仏図』の二幅一組からなり、賓陽中洞の両側に刻まれていた。俳優が再現した実写版やバーチャル展示、映像展示などを通じて、伝統芸術を現代的な方法で表現することで、中国の優れた伝統文化をより一層広めることができるだろう」と語った。(記者/王丁、王聖志、桂娟、袁月明)=配信日:2021(令和3)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:36.68
    2021年05月01日
    「新華社」江蘇省で突風やひょうの被害11人死亡

    中国江蘇省の一部地域で4月30日、突風やひょうが降る悪天候に見舞われ、11人が死亡した。同省応急管理庁が明らかにした。5月1日午前8時現在、南通、淮安、塩城、泰州、宿遷の各市で1万3688人が被災。11人が死亡、66人が負傷し、3050人が緊急避難した。同省の関連する地方と部門は、直ちに救援隊を組織し、負傷者の救助や被災者の避難などに当たらせた。(記者/李雨沢、楊丁淼、朱国亮、陳思) =配信日: 2021(令和3)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:57.19
    2021年05月01日
    「新華社」まるで水墨画、幻想的な肇慶星湖観光風景区

    中国広東省肇慶(ちょうけい)市にある国家5A級(最高ランク)の観光地「肇慶星湖観光風景区」では山や湖に雲や霧がかかり、水墨画のような幻想的な景色が広がった。 =配信日: 2021(令和3)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:53.84
    2021年05月01日
    「新華社」四川の野生パンダ、リアルタイム観測に成功

    中国四川省にあるジャイアントパンダ国家公園管理局は4月28日、同公園の臥竜エリアでこのほど、ジャイアントパンダを赤外線自動撮影カメラでリアルタイム観測することに成功したと明らかにした。またその4日後にも、同じ場所で再び野生のジャイアントパンダが撮影されたという。これは、無線によるデータ送信と人工知能(AI)によるパンダの顔認識技術を組み合わせてパンダのリアルタイム観測に成功した、全国で初めての事例となる。同月19日午後5時32分、成体のジャイアントパンダ1頭が同省牛頭山の海抜約3200メートルのエリアに入り込んだ。カメラは竹林の中を悠々と歩くパンダの姿を撮影。その映像はリアルタイムで、6キロ離れた四川臥竜国家級自然保護区管理局に転送され、「デジタル臥竜」ホールのスクリーンに鮮明に映し出された。23日には同じ場所で、別の野生のジャイアントパンダが撮影された。同管理局の副局長でパンダ研究保護事業の責任者、何廷美(か・ていび)氏は、従来型の赤外線カメラでは人の手によって定期的にデータを回収、保存する必要があり、その分析が遅れていた。しかし無線によるデータ送信と顔認識技術によって動物の動きをリアルタイムで把握でき、同時にカメラの状態も確認できるため、各観測地点で効率的なモニタリングを保障しているという。(記者/楊進) =配信日: 2021(令和3)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:33.21
    2021年05月01日
    「新華社」黄河壺口瀑布風景区、観光客の受け入れ再開山西省吉県

    中国山西省臨汾市吉県の黄河壺口瀑布風景区はこのほど、約3カ月ぶりに観光客の受け入れを再開した。解氷期に上流の水が下流の氷塊にせき止められて起こる増水被害を避けるため、一時的に閉鎖していた。(記者/趙陽)=配信日:2021(令和3)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:22.30
    2021年04月30日
    「新華社」満開のツツジと荘厳な雲海秦嶺山脈太白山

    中国陝西省にある秦嶺山脈最高峰の太白山では、降り続いた春の雨がやみ、雲と霧が立ちのぼる中、満開となった高山ツツジの花が山を覆い、雲海や山並みと共に美しい光景を作り出している。秦嶺山脈の高山ツツジは、地元の生態や気候の特色を示す最も代表的な野生植物で、標高2千メートル余りの中腹から太白山の最高点である抜仙台(標高3767メートル)までの一帯に生育している。高山ツツジの葉は、咳の特効薬として知られるびわシロップの重要な原料にもなっている。(記者/都紅剛) =配信日: 2021(令和3)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:56.48
    2021年04月30日
    「新華社」観光客を魅了する花の海北京国際ガーデンフェスティバル開幕

    中国北京市延慶区の北京世園公園で、2019年に開かれた北京国際園芸博覧会(北京園芸博)の開幕から2年を迎えた28日、「第2回北京国際花園節(ガーデンフェスティバル)」が開幕した。園内には国内外の造園家が手掛けた約30カ所の庭園が展示され、色とりどりの花々が咲き誇る美しい光景が、観光客らの目を楽しませている。(記者/魏夢佳、馬暁冬、任超) =配信日: 2021(令和3)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:16.48
    2021年04月30日
    「新華社」2600年の歴史最古の万里の長城「斉の長城」を訪ねて

    中国の万里の長城は、1987年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)世界遺産に登録された。中でも山東省にある「斉の長城」は春秋戦国時代に斉国が築いた現存する最古の長城で、考証可能な遺跡があり、保存状態も良い。歴史文化、科学研究、観光で重要な価値を持つ。斉の長城は済南、臨沂(りんぎ)、泰安、淄博(しはく)各市などを600キロ余りにわたり蛇行しており、万里の長城の中でも「千里の長城」と呼ばれる(中国の里は500メートルなので600キロは1200里)。中でも淄博市淄川区の劈山(へきざん)区間は保存状態が最も良い部分とされる。一帯には雄大な「独山寨」や高く険しい「一線天」のほか、斉の時代の兵営や石門、のろし台、劈山関、古城壁などの遺跡が残る。斉の長城は春秋時代に建設が始まり、170年余り後の戦国時代に完成したとされる。当時の山東半島では斉と魯の2国が強い影響力を持ち、両国の間で紛争が絶えなかったが、国力に勝る斉は国境線に防御壁を築いた。それが現在も斉の長城として残り、2600年以上の歴史を持つことから「長城の父」とも呼ばれている。(記者/孫暁輝、朱崢) =配信日: 2021(令和3)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:01.12
    2021年04月30日
    「新華社」中国の科学者、秦嶺キンシコウの「越冬戦略」を解明

    中国の科学者はこのほど、10年にわたる研究により、地球上で最も北に分布する葉食性コロブスの秦嶺キンシコウが、厳冬期の食料危機を乗り切るために、夏と秋に「戦略的に太っている」ことを発見した。葉を主食とする秦嶺キンシコウは、冬になると数カ月に及ぶ落葉期に直面するため、この時期の摂取エネルギーは消費エネルギーを下回り、エネルギー不足に陥ってしまう。秦嶺キンシコウは、どうやってエネルギー不足の問題を解決し、体力を維持しているのか。中国の科学者は2011年から、秦嶺山脈の北側斜面で長期的な野外追跡研究を実施し、その謎を次のように解き明かした。秦嶺キンシコウは、毎年夏と秋になると高脂肪ででんぷんを多く含む食物を大量に摂取し、脂肪組織として蓄えることで、長い冬にも耐えられる。秋の終わりには、彼らの体重が1年間で最も重くなり、冬を越すと14%も減少する。また、移動時間の短縮や、休息と摂食時間の増加、皮膚温度の低下などにより、エネルギー消費を節減。こうした総合的な対策により、秦嶺キンシコウは秦嶺山脈の冬の低温と深刻な食料不足という二重の困難に徐々に適応し、個体群の安定的な存続を確保してきたという。(記者/孫正好) =配信日: 2021(令和3)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:03.76
    2021年04月30日
    「新華社」山深くに立つ民族情緒漂う小さな駅湖北省

    中国湖北省恩施トゥチャ族ミャオ族自治州建始県にある高坪駅は、面積3千平方メートルと小規模ながら、トゥチャ族文化を色濃く反映している。同駅の完成により、湖北省の4県と重慶市、12の郷・鎮に住む60万人以上が容易に移動できるようになった。(記者/譚元斌) =配信日: 2021(令和3)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:53.80
    2021年04月30日
    「新華社」天敵昆虫、害虫駆除に大活躍湖南省

    中国湖南省長沙市にある「南方天敵繁育・応用工程技術研究センター」は、農作物や森林に被害をもたらす害虫200種類以上の駆除を目的に、天敵昆虫の研究を行っている。天敵昆虫を利用した生物的防除法は、環境汚染を引き起こす農薬などを使った従来の化学的防除法に代わる手段であり、地球環境の保護にもつながる。森林資源は常にカミキリムシやマツカレハ、黄色い紡績竹イナゴなど森林破壊をもたらす害虫の脅威にさらされているが、農薬などの化学的防除法に頼り過ぎると、生態系を破壊することになる。そこで研究者らは、天敵昆虫を利用した生物的防除法による駆除を実施した。まず、野外で益虫の卵や幼虫を採集して研究室に持ち帰り、適切な宿主に寄生させる。一定期間、他の害虫を食べて成長させるためだという。その後、強い個体を選んで人工気候室で大規模に繁殖させ、繁殖に成功したら小袋に入れる。乾燥剤のような小袋の中には、タマゴコバチ科のハチが寄生したガの一種サクサンの卵がたくさん入っている。天敵昆虫は全国規模で的を絞って生物的防除に用いられており、10万ヘクタール以上の面積に投入されている。(記者/程済安、周勉) =配信日: 2021(令和3)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:15.02
    2021年04月30日
    「新華社」太陽の周りに光の輪湖南省武岡市に「日暈」出現

    中国湖南省武岡市に30日午後0時45分(日本時間同1時45分)ごろ、太陽の周りに光の輪ができる「日暈(ひがさ、にちうん)」が現れた。日暈は大気光学現象の一種で、太陽の光が上空の雲に含まれる氷の粒により屈折または反射することで起きる。(鍾曙) =配信日: 2021(令和3)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:53.00
    2021年04月30日
    「新華社」中国初の全屋内型「高床式」500キロボルト変電所、稼働段階に

    中国重慶市両江新区にある全屋内型「高床式」の金山500キロボルト変電所が4月30日、24時間の試運転を終え、稼働段階に入った。山に沿って建設された同変電所は「高床式」の土台を採用して建設された。外観は同市の伝統的な高床式住居「吊脚楼」によく似ており、小さい敷地に効率よく設備が配置でき、周囲の環境にもなじむなどの利点がある。同変電所の稼働後は、同市北部地域の200キロボルト送電網がさらに高度化され、同地域の電力不足が大幅に改善し、両江新区に住む200万人以上の電力需要を十分に満たすことができる。(記者/沙青、劉潺、黄偉)=配信日:2021(令和3)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:00.96
    2021年04月30日
    「新華社」中国の科学者、雲南省景東県で地衣類の新種を発見

    中国の科学者はこのほど、雲南省普洱(ふじ)市景東イ族自治県で採集したヨコワサルオガセの一種の標本について、3年以上の研究の結果、地衣類の新種「磺盤(こうばん)ヨコワサルオガセ」と特定し、研究成果を国際学術誌に発表した。2017年に中国科学院微生物研究所真菌学国家重点実験室の郭守玉(かく・しゅぎょく)博士と、河北師範大学生命科学学院の韓留福(かん・りゅうふく)教授らが同県内の哀牢山を実地調査したところ、地衣類の同新種を発見。その後2回に分けて多数の標本を採集し、研究室に持ち帰り詳細な研究を行った。形態学的、解剖学的、科学的特徴および地理的分布から、特定のDNAバーコードの特定の配列を組み合わせて系統樹を作成し、複数の標本を比較することで最終的に新種として確定した。研究員によると、地衣類は真菌と藻類が共生する特殊な生物で、根、茎、葉の分化がなく、「生物圏のパイオニア」と呼ばれている。ヨコワサルオガセはその地衣類の中でも重要なグループという。(記者/孫敏) =配信日: 2021(令和3)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:12.32
    2021年04月30日
    「新華社」巨大宣紙「四丈宣」を作る安徽省宣城市

    中国安徽省宣城市涇(けい)県の宣紙工場でこのほど、作業員50人余りが巨大な「すきげた(紙をすく木枠)」を操作し「四丈宣」と呼ばれる巨大宣紙の紙すきを行った。一糸乱れぬ動作で繊維を溶かした水槽の水を2回すくうと、すき上げた湿紙をすきげたからはずし、紙床に積み重ねる。乾燥や裁断などの工程を経ると長さ13・2メートル、幅3・6メートルの四丈宣が完成する。宣紙は伝統手工芸品で、寸法が大きくなれば加工難度が上がるが、芸術的価値は高まる。四丈宣は書画芸術家が大型作品を創作する際に用いる特別な宣紙であり、宣紙技術の伝承と発展にも寄与している。(記者/韓旭、周牧、黄博涵) =配信日: 2021(令和3)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:55.72
    2021年04月29日
    「新華社」中国固有種のオタマジャクシを高解像度で撮影雲南省

    中国雲南省紅河ハニ族イ族自治州屏辺ミャオ族自治県の大囲山でこのほど、中国固有種のヒゲガエル「密棘髭蟾」(学名:Vibrissaphoraliui)のオタマジャクシを高解像度で撮影することに成功した。大囲山は地形や気候環境、生息環境が複雑かつ多様性に富み、名実ともに「動植物の遺伝子バンク」となっている。雲南大囲山国家級自然保護区管護局屏辺管理保護分局資源保護科の楊沢鵬(よう・たくほう)アシスタントエンジニアによると、密棘髭蟾は別名を「原髭蟾」といい、中国の国家2級保護動物に指定されている。オタマジャクシは灰褐色で大きめの体をしていて、頭頂部に星型の斑点があり、楕円形の体の後ろには太い尾がついている。成体は岩の下を好んで生息し、水辺で繁殖することが多い。(記者/曽維) =配信日: 2021(令和3)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:47.40
    2021年04月29日
    「新華社」シソ栽培のデジタル化で切り開く振興の道福建省恵安県

    中国福建省泉州市恵安県輞川(ぼうせん)鎮では、1枚8分(0・08元、1元=約17円)で出荷するシソの葉が「黄金の葉」と呼ばれている。同鎮でデジタル化された大温室が完成すると、温度や湿度、土壌の酸性度などのデータの分析、リアルタイムでの照明調節が可能となり、生産効率は3倍になった。年間生産高は1500万元を超え、農家の収入は大幅に増加した。農業が非常に盛んな同鎮は、農業IoT(モノのインターネット)のスマート制御システムなどの現代技術を導入することで、同省初のシソ生産基地を作り上げた。(記者/陳旺)=配信日:2021(令和3)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:29.83
    2021年04月29日
    「新華社」世界遺産「大足石刻」の千手観音、修復の舞台裏重慶市

    中国重慶市大足区にある大足石刻の千手観音は、彫刻と金箔、色絵が一体となった中国に現存する最大の摩崖(まがい)石刻彫像。仏龕(ぶつがん)は高さ7・2メートル、幅12・5メートルで、面積は88平方メートルに及ぶ。同区宝頂山大仏湾に位置し、南宋の淳熙年間(1174~89年)から淳祐年間(1241~52年)にかけて造営された。国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産「大足石刻」の重要な代表作であり「世界の石刻芸術の至宝」として知られる。唐宋時代に中国の政治・経済の中心が徐々に北から南に移ると、北方の石窟寺院の彫像は衰退し、現在の四川省と重慶市で石窟寺院の造営が盛んになった。大足石刻を開削したのは南宋の昌州(州治は現在の大足区)米糧里の僧・趙智鳳(ちょう・ちほう)で、1174年頃に宝頂山を訪れ、岩壁に沿って仏教道場を開くことを着想。その後数十年間かけて数千体の仏像を作った。千手千眼を持つ迫力に満ちた千手観音像もこの時誕生した。21世紀に入ると、長年風雨に浸食された千手観音像は劣化が加速。2007年には手の指が1本脱落し、その保護は一刻の猶予も許されない状況を迎えた。国家文物局は08年、「大足宝頂山千手観音緊急補強・保護プロジェクト」を始動させ、国家石質文化財保護の第1号プロジェクトに指定した。大足石刻研究院保護工程センターの陳卉麗(ちん・きれい)主任は「調査をすると、石像の本体の風化や金箔のひび割れ、彩色の脱落など34種類の問題が見つかった」と当時を振り返る。このような大規模な石質文化財の修復は前例がないため、中国文化遺産研究院など10余りの機関の文化財保護や施工部門の専門家、技術者100人近くが修復作業に参加したという。修復作業ではX線による傷の探知、赤外線カメラによる検査、3次元ビデオ顕微鏡での観察など現代科学技術が活用された。ただ、千手観音本体の修復が重要段階に入ると、想定外の難問が次々と現れた。金箔の補強には安定し耐久性のある接着剤が必要になり、解決までに3年近くを要した。陳氏は「材料の比較と試験を繰り返し、最終的に西南地区の伝統的な生漆(きうるし)を改良し、難問を克服した」と語る。=配信日:2021(令和3)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:50.94
    2021年04月29日
    「新華社」新疆ウイグル自治区、新エネ中古車を初輸出

    中国新疆ウイグル自治区から始めて輸出される中古の小型新エネルギー車(NEV)が26日、カザフスタンと国境を接するコルガス(霍爾果斯)を通関した。北京汽車集団や広州汽車集団、江淮汽車、比亜迪(BYD)などの車両21台、総額41万ドル(1ドル=約109円)で、カザフスタンを経由してウズベキスタンへ送られる。同自治区の中古車輸出企業は現在、周辺国市場での新エネ中古車需要に注目しており、オンラインでの顧客マッチングを積極的に進めるほか、オンライン販売と対面アフターサービスを組み合わせた新たなビジネスモデルを模索している。(記者/周生斌) =配信日: 2021(令和3)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:19.47
    2021年04月29日
    「新華社」全国最大の孔子廟、曲阜の孔廟で歴史の重みを感じる山東省

    中国古代の思想家・孔子の故郷、山東省曲阜市に、孔子を祭る孔廟がある。創建は春秋時代の紀元前478年。各時代に修繕や拡張を繰り返し、現在の敷地面積は327ムー(21・8ヘクタール)に及ぶ。全国にある孔子廟の中で最も規模が大きい。孔廟と隣接する孔府(孔子の邸宅)、市街地北にある孔林(孔子と一族の墓所)は、合わせて「三孔」と呼ばれる。1994年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(記者/張明然、馬悦)=配信日:2021(令和3)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:22.18
    2021年04月29日
    「新華社」孔子がテーマのリゾート「尼山聖境」を訪ねて山東省曲阜市

    中国山東省曲阜(きょくふ)市にある尼山は、中国古代の思想家、政治家、教育家である孔子の生誕地として有名で、歴代の儒者が訪れた儒教の聖地として知られる。総計画面積35・76平方キロメートルの孔子がテーマのリゾート「尼山聖境」は、「優れた文化を持つリゾート地」「世界レベルの人文的な観光目的地」として位置づけられている。現在、33億4500万元(1元=約17円)が投じられた第1期プロジェクトでは、孔子像や大学堂などが建てられ、中国古代の思想集団「儒家」の文化をテーマとした体験エリアが形成されている。(記者/馬悦、張明然) =配信日: 2021(令和3)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:54.02
    2021年04月29日
    「新華社」中国盲導犬大連訓練基地を訪ねて遼寧省大連市

    中国遼寧省の中国盲導犬大連訓練基地は、2006年に設立された中国内地初の盲導犬訓練施設。中国残疾人聯合会の承認を受け、全国に向けて盲導犬の繁殖や訓練、運用など専門指導を行う唯一の非営利団体でもある。同基地で訓練を受けた盲導犬は計239匹で、全国の障害者に無償貸与され、活動している。世界では、視覚障害者の1%以上が盲導犬を使用していれば盲導犬国とみなされるが、中国では約1700万人いる視覚障害者に対し、同基地が提供できる盲導犬は年間35匹に過ぎない。より多くの視覚障害者のニーズを満たすには、長い道のりを歩まなければならない。(記者/姜兆臣、朱輝、潘昱竜、張博群)=配信日:2021(令和3)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:01.40
    2021年04月29日
    「新華社」国家1級保護動物のスローロリス、民家の窓で発見雲南省

    中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州隴川県で4月29日午前、国家1級保護動物のスローロリスが民家の窓につかまっているのを住民が発見した。通報を受け、同県公安局森林警察大隊と消防救援大隊の隊員が捕獲道具を持って現場に駆け付け、無事スローロリスを保護した。(記者/姚兵)=配信日:2021(令和3)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:34.58
    2021年04月29日
    「新華社」農業専門家がメロン農家を後押し黒竜江省肇州県

    中国黒竜江省大慶市肇州(ちょうしゅう)県の新福郷は「メロンの里」として知られる。春の耕作シーズンを迎えた2万3千ムー(約1533ヘクタール)のメロン畑には、ビニールハウスが建ち並ぶ。新福郷は農村部へのテクノロジー普及の「ラストワンマイル(最後の1マイル)」問題を解決するため、黒竜江八一農墾大学と協力メカニズムを構築した。農家に栽培知識を教える施設を設立したほか、通信アプリ「微信(ウィーチャット)」のグループチャットを立ち上げ、専門家が農家の質問に随時回答できるようにした。メロン栽培の各段階では、専門家が農地を訪れ指導を行っており、病気の苗や土壌などを実験室に持ち帰り研究することで、メロン農家をサポートしている。(記者/張濤、楊喆)=配信日:2021(令和3)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:15.49
    2021年04月29日
    「新華社」孔子の故郷、曲阜の孔子博物館を訪ねて山東省

    中国山東省済寧市曲阜市にある孔子博物館は、孔子を記念し、その思想を集中的に展示することで儒教文化を代表とする中国の伝統文化を広く伝えるために建設された。敷地面積は16・8万キロメートルで、建物総面積は5・5万キロメートル。曲阜にある孔子にまつわる文化遺産「三孔」(孔廟、孔府、孔林)の延長として位置づけられる施設で、各種文化財70万点を所蔵する。(記者/張明然、馬悦)=配信日:2021(令和3)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:40.44
    2021年04月29日
    「新華社」かわいらしい「雲絵」に託す生命の賛歌雲南省大理市

    中国雲南省大理市に住む周魚(しゅう・ぎょ)さんは、雲の写真を背景にかわいらしい絵を重ねる「雲絵」を描く。2019年8月18日から毎日描き続けているという。彼女の絵筆の下、雲には生命と物語が吹き込まれる。周さんは北方地方の出身。「大理市の雲は本当にきれい。描かないともったいないと思った」と雲絵を始めた時の心境を語る。周さんは新型コロナウイルスの感染拡大期間中、人々を励まし、鼓舞するためコロナを題材にした多くの作品を制作した。昨年の清明節(2020年4月4日)には、感染症との闘いで命を落とした医療従事者を記念するため「忘れないし、忘れられない。ありがとう」という作品を描いた。コロナから人々を守るために命を捧げた人々に感謝を表すため、描かれた人が背景の虹を捧げているように描いたという。これからは温かさや癒しをテーマにした絵を描いていきたいという。「ストレスを抱える人も、うつ病に悩まされる人も、皆が雲絵を見てよろこび、感動してくれることがこの絵の価値だと思う。描き続けるのもそのためだ」と語った。(記者/趙珮然、周磊)=配信日:2021(令和3)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:54.99
    2021年04月29日
    「新華社」国網蘇州供電、帯電絶縁材料塗布ロボットを初採用江蘇省

    中国送電大手、国家電網傘下の国網蘇州供電はこのほど、帯電絶縁材料塗布ロボットを初めて採用し、感電やショートの危険がある10キロボルト架空裸電線への絶縁材料塗布作業を、送電を止めることなく実施することに成功した。帯電絶縁塗布ロボットが江蘇省蘇州市で採用されたのは今回が初めてで、給電の信頼性向上のほか、電線資源の節約も実現した。作業現場では、ロボットが分速3メートルでゆっくりと移動し、帯電作業の条件下で10キロボルト架空裸電線に絶縁塗料を均一に塗布。わずか1時間ほどで、長さ52メートルの裸電線3本の絶縁塗料塗布作業を完了した。(記者/李光正)=配信日:2021(令和3)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:58.75
    2021年04月28日
    「新華社」陝西省太白県で初めて国家1級保護動物のトキを発見

    中国陝西省宝鶏市太白県黄柏鎮皂角湾(そうかくわん)村の水田では今年の4月初めから、1羽のトキが毎日餌を探しに飛来している。国家1級保護動物に指定されているトキが同県で確認されたのは、これが初めてとなる。地元の村民によると、このトキは毎朝空が明るくなるころ村の水田に飛んで来て、餌を探している。村民が農作業をしている間は、トキは水田の脇にたたずんだり、のんびりと歩いたりして、夕方になると再び水田のそばの低木や村の林に飛んで来て、羽を休めているという。村民は、このトキは村から40キロ余り離れた「トキの里」と呼ばれる同省漢中市洋県から飛来してきたはずだと語っている。(記者/都紅剛) =配信日: 2021(令和3)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:59.32
    2021年04月28日
    「新華社」48万頭の家畜が春の大移動新疆ウイグル自治区

    中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州アルタイ地区ブルルトカイ(福海)県では4月中旬に入り、牧畜民が家畜48万頭を冬用の牧場から春・秋用の牧場へと移動させ始めている。アルタイ地区はここ数年、草原の生態保護に力を入れており、牧畜民が草原を科学的かつ合理的に利用するよう指導してきた。春の移動の場合、7~8カ所の中継点を経由しながら、約1カ月をかけて、春・秋用の牧場へと到着する。(記者/沙達提) =配信日: 2021(令和3)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:06.28
    2021年04月28日
    「新華社」エジプトのカンフー達人、中国文化の普及に尽力

    エジプト人のヤヒヤさんはよく、自分は「半分エジプト人、半分中国人」だと話す。中国で長期滞在経験があり、中国文化を深く愛しているからだ。若い頃、中国武術に夢中になり、1990年代に中国で中国語と武術を学んだ。帰国してからは、多くのスポーツクラブで武術教室を開き、ナイル川河畔にカンフーを広めた。現在はエジプト武術協会の副主席を務めるが、今でも道場に顔を出し、生徒を指導している。中国では中国語と武術だけでなく、中医学も学んだ。中国の武術、伝統医学、歴史、経済など著作は40冊余りに上る。エジプトでは中国文化に興味を持つ人が増え続けているという。ヤヒヤさんの武術教室や鍼灸(しんきゅう)教室にも若者がますます増えている。ヤヒヤさんは「エジプトとアラブ世界で中国文化をよりよく広めていきたい」と語った。(記者/楊依然、余福卿)=配信日:2021(令和3)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:16.32
    2021年04月28日
    「新華社」ネットイース傘下の網易雲音楽、インディーズ音楽賞を配信

    中国ネットサービス大手、網易(ネットイース)傘下の音楽配信サービス「網易雲音楽(ネットイースクラウドミュージック)」が主催するインディーズ音楽賞「硬地圍爐夜2019~20」の授賞式がこのほどネット配信され、18組のアーティストがパフォーマンスを披露した。式典では音楽関係者がプロの視点から選んだ「アルバム賞」「男性アーティスト賞」「女性アーティスト賞」などの各賞が贈られ、各受賞者はそれぞれ喜びのコメントと楽曲を披露した。中国ではここ数年、インディーズ音楽がメジャーレーベルと肩を並べる勢いで伸びており、網易雲音楽で楽曲を配信するインディーズミュージシャンは20年末時点で前年比倍増の20万組超、年間再生数は3千億回を超えている。インディーズミュージシャンを支援するための「PLAY動画プラン」も発表された。楽曲配信ルートを増やし、収益源を拡大することで、インディーズミュージックシーンをさらに盛り上げたいとしている。(記者/殷暁聖)=配信日:2021(令和3)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:31.59
    2021年04月28日
    「新華社」内モンゴル・シリンゴル盟で大規模な砂嵐消防が緊急出動

    中国内モンゴル自治区シリンゴル盟では26日午後から、寒気の影響により最大瞬間風速8級(秒速17・2~20・7メートル)の強い風が吹き、各地で局地的な砂嵐が起きた。強風の影響で家屋の屋根や商店の広告看板、一部の車両、室外ダクトが破損する被害があった。地元消防部門は直ちに落下した看板を解体し、ぶら下がっていたダクトを撤去するなど、通行人に危害が及ばないよう迅速に対処した。(記者/葉紫嫣) =配信日: 2021(令和3)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:00.20
    2021年04月28日
    「新華社」高速道路でトラック横転、積み荷のニワトリ回収に警察も協力湖北省

    中国湖北省恩施トゥチャ族ミャオ族自治州の恩来(湖北省恩施-来鳳)高速道路と恩黔(湖北省恩施-重慶市黔江)高速道路のインターチェンジで24日、大型トラックが横転し、積み荷のニワトリが大量に逃げ出した。現場に駆けつけた同自治州公安局高速交通警察支隊宣黔大隊の警察官もニワトリの回収に協力。通行を回復させた。(記者/譚元斌) =配信日: 2021(令和3)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:25.82
    2021年04月28日
    「新華社」ライチョウの求愛活動を守る森林警察内モンゴル自治区

    中国内モンゴル自治区赤峰市の黄岡梁自然保護区は、気温の上昇とともに、鳥たちが繁殖の季節を迎えている。松林では連日未明から、1級保護野生動物のクロライチョウが配偶者をめぐる争いを繰り広げ、ゴロゴロと低い声で歌い、うれしそうに飛び跳ねる様子が見られる。このような自然界の「求愛」場面をカメラに収めようと、多くの愛好家が現地を訪れている。地元警察の黄岡梁派出所は、鳥たちの「求愛現場」に規制線を張り、撮影愛好家らに野生動物保護を呼び掛けるなど、鳥たちが安全に繁殖できる環境を整えている。(記者/達日罕) =配信日: 2021(令和3)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:18.64
    2021年04月28日
    「新華社」中国の億航智能、福建省で「空飛ぶタクシー」を実演飛行

    中国の小型無人機(ドローン)メーカー、広州億航智能技術(イーハン)が開発した2人乗りの「空飛ぶタクシー」が26日、福建省福州市で開かれた第4回デジタル中国建設サミットの会場で実演飛行を実施した。電動の垂直離着陸機(eVTOL)で、操縦者が搭乗しない自律飛行型。乗客は機内に設置されたスクリーンの離陸ボタンをタッチするだけで指定した目的地まで飛行することができる。第4世代(4G)・第5世代(5G)移動通信システムの高速ネットワークを活用し、遠隔操作や飛行データのリアルタイム伝送を実現した。この日の実演飛行では乗客2人を乗せ、会場周辺を一周した。(記者/魏培全) =配信日: 2021(令和3)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:49.85
    2021年04月28日
    「新華社」実物大ガンダム、上海に登場日本以外で初

    中国上海市浦東新区の金橋エリアで26日、日本国内以外で初となる実物大ガンダムの組み立て最終工程、頭部取り付け作業が完了した。上海に登場したのは「機動戦士ガンダムSEED」の主役機「フリーダムガンダム」。全高18・03メートル、重さ50トンで、288のパーツからなる。1カ月余りの調整期間を経て、来月28日に一般公開される。(記者/丁汀) =配信日: 2021(令和3)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:01.55
    2021年04月27日
    「新華社」中国初、パンダがテーマのサービスエリアが開業四川省

    中国四川省の雅安(があん)市と康定市を結ぶ雅康高速道路で27日、国内初のジャイアントパンダをテーマにした天全サービスエリアがオープンした。同サービスエリアは計画、建設、運営のプロセスでパンダや国道318号線などのテーマ要素を全面的に融合させており「四川気分」に満ちている。(記者/蕭永航)=配信日:2021(令和3)年4月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:56.66
    2021年04月27日
    「新華社」鉄塔上のコウノトリの巣を「ライブ配信」で見守り江西省

    中国送電大手、国家電網傘下の江西省電力南昌供電はこのほど、鄱陽湖(はようこ)国家級自然保護区管理局と共同で、送電塔2基の上に作られたコウノトリの巣をモニタリングするカメラを設置した。24時間全天候型の「ライブ配信」を開始し、希少鳥類の個体群回復の研究に役立てる。2台の監視カメラからの映像によると、現在、二つの巣のひな6羽は順調に育っている。(記者/姚子雲) =配信日: 2021(令和3)年4月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:50.23
    2021年04月27日
    「新華社」山西省朔州市の夜空にスーパームーン

    中国山西省朔州市の朔州老城で27日夜、月が地球に近づき満月がひときわ大きく見える「スーパームーン」が見られた。(記者/徐偉)=配信日:2021(令和3)年4月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:01.76
    2021年04月27日
    「新華社」中国初の海洋油田向け陸上電力送電プロジェクトが完成

    中国の渤海沿岸で建設中の海洋油田向け陸上電力送電プロジェクトでこのほど、全ての電力設備の設置が完了した。稼働後は、海洋油田プラットフォームの二酸化炭素(CO2)排出量を削減できる。中国が海底ケーブルを使った陸上から海洋油田への電力供給を検討し始めたのは2019年。海洋油田プラットフォームではこれまで、油田開発に伴い発生する天然ガスや原油を発電用燃料に用いていたため、地上の発電設備に比べ約2~3倍のエネルギーを消費していた。今回のプロジェクトにより、秦皇島・曹妃甸(そうひでん)油田群では標準炭換算で年平均約6万4700トンの燃料を節約でき、CO2排出量17万トン分を削減できる。渤海油田群への陸上電力送電プロジェクトは3期に分けて実施される。渤海にある六つの油田エリアが対象で、河北、山東、遼寧各省などに陸上開閉所を5カ所設けるほか、海上に電力供給ハブ施設8カ所と関連設備を建設する。(記者/楊子春)=配信日:2021(令和3)年4月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:44.95
    2021年04月27日
    「新華社」市街地かすむ甘粛省蘭州市に砂塵飛来

    中国甘粛省蘭州市で26日、砂塵嵐(さじんあらし)が発生し、市街地ではうっすらともやにつつまれたような光景が広がった。中国環境モニタリングセンターが発表した情報によると、北方地域で26~28日の昼間に砂ぼこりが広範囲に発生し、内モンゴル自治区や甘粛省の中東部、北京、黒竜江省など一部の地域に影響を及ぼすという。(記者/郎兵兵) =配信日: 2021(令和3)年4月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:42.30
    2021年04月27日
    「新華社」中国、アフガンに緊急食糧支援カブールで引き渡し式

    中国政府がアフガニスタンに緊急支援した食糧の引き渡し式が25日、アフガン政府メディア情報センターで開かれた。中国の王愚(おう・ぐ)駐アフガン大使とアフガンのジャイラニ災害管理担当大臣が共同で式典を主宰し、引き渡し証書に署名した。王氏は、中国とアフガンが良き隣人、良き友人、良きパートナーであり、常に善隣友好関係を保ち、互いに見守り助け合ってきたと指摘。ここ数年は中国がアフガンに1万3千トン以上の食糧支援を実施し、同国の数百万人の人々を支えたほか、新型コロナウイルス感染症対策では数回にわたり医療物資支援を実施し、ワクチンの無償援助も予定していると説明した。アフガンの経済再建に中国企業が積極的に参加するよう促進し、両国の協力による「一帯一路」共同建設の成果を両国の人々により多くもたらしていきたいとも語った。アフガン和平プロセスについては、中国が「アフガン人が主導し、所有する」という原則を終始支持してきたとし、国際社会と共にアフガンがよりよい未来を得られるよう支援していく考えを示した。ジャイラニ氏は、アフガン政府と国民を代表し中国政府と人民による度重なる緊急支援に謝意を表明。中国からの支援は両国の伝統的な友情を再度証明したとの認識を示した。支援を受けた食糧については、必要とする被災者に早急に支給するとし、両国が今後も人道分野で協力を深めていくことに期待を示した。(記者/史先濤) =配信日: 2021(令和3)年4月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:53.64
    2021年04月26日
    「新華社」街中に現れたハナジカを保護区に移送江西省

    中国江西省九江市彭沢県の県城(県政府所在地)で21日早朝、路上を走る野生の梅花鹿(ハナジカ)が目撃された。見つけた市民は電動バイクで並走し、警察に通報した。ハナジカは妊娠しており、警察官と野生生物保護スタッフが2時間余りかけて捕獲、無事保護区に移送した。(記者/余剛) =配信日: 2021(令和3)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:55.61
    2021年04月26日
    「新華社」紅旗、スーパーカー「S9」発表時速百キロに2秒未満

    中国自動車大手の中国第一汽車集団は、現在開催中の上海モーターショーでスーパーカー「紅旗S9」の量産タイプを初公開した。初回生産台数は99台で、2022年の納車を予定している。V型8気筒ターボエンジンと3モーターによるハイブリッド技術を採用し、合計出力は1400馬力を超える。最高時速は400キロ超で、静止状態から時速百キロまでの加速を2秒未満で行う。中国と米国、イタリアの関連企業と地方政府は2月、投資協定を結び、紅旗のスポーツカー「Sシリーズ」の共同開発を発表した。同プロジェクトは中国とイタリアで相次いで実施に移されている。(記者/張建) =配信日: 2021(令和3)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:38.36
    2021年04月26日
    「新華社」増水期の鄱陽湖、澄んだ水に映える緑

    中国江西省の鄱陽湖(はようこ)は4月初めから増水期に入った。水位の変動により、草地には水面から露出している箇所と水中に没している箇所がある。草の緑が澄んだ水に映え、春の趣あふれる美しい風景が広がる。同湖は中国の十大生態機能保護区の一つで、世界的にも重要な湿地として知られる。近年は環境保護・修復作業の強化により、湿地の生態系が効果的に改善されている。(記者/黄和遜) =配信日: 2021(令和3)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...