KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 記者
  • 令和
  • 平成
  • 風景
  • 景観
  • 歴史
  • 国家
  • 観光客
  • 新型コロナウイルス
  • 技術

「新華」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
207,893
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
207,893
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1941年12月31日
    560点の古い写真に見る中国の古建築物の美

    展覧会「都市の姿-営造学社のレンズを通した広漢」で展示される、1941年に中国営造学社が撮影した成都市から広漢市までの途中に建てられた四つの牌坊(中国の伝統的建築様式の門の一つである)。これらはすべて清代に建てられた節孝坊(忠孝貞節の女性を顕彰するために建てられた牌坊)。中国四川省の成都博物館は9日から、著名建築家の梁思成氏らが残した同省徳陽市南西部の古城広漢市の古い写真560点を展示する展覧会「都市の姿-営造学社のレンズを通した広漢」を開く。これらの写真の中の広漢の姿を通して、昔の中国の都市を垣間見ることができる。1930年に設立された中国営造学社は、古い建築物の保護・研究を目的とした民間学術団体で、梁思成氏や劉惇楨氏など著名な学者が集まっていた。1941年に、広漢出身の戴季陶氏が県誌の改訂を提案し、営造学社に参加を求めた。営造学社は長く広漢に滞在し、一通りの建物を写真に収め、詳細な測量や製図も行ったが、これらの写真は結局発表されず、その存在も次第に忘れられていった。だが数年前、中国中央テレビ(CCTV)の胡勁草ディレクターがドキュメンタリー番組「梁思成林徽因」撮影のために、清華大学建築学院資料室で資料を調べていた際、偶然これらの白黒写真を発見した。(成都=新華社配信/成都博物館提供)=1941(昭和16)年、クレジット:成都博物館提供/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018060600809

  • 1941年12月31日
    560点の古い写真に見る中国の古建築物の美

    展覧会「都市の姿-営造学社のレンズを通した広漢」で展示される、1941年に中国営造学社が撮影した湔江書院。かつては広漢で有名な書院(私塾)だった。中国四川省の成都博物館は9日から、著名建築家の梁思成氏らが残した同省徳陽市南西部の古城広漢市の古い写真560点を展示する展覧会「都市の姿-営造学社のレンズを通した広漢」を開く。これらの写真の中の広漢の姿を通して、昔の中国の都市を垣間見ることができる。1930年に設立された中国営造学社は、古い建築物の保護・研究を目的とした民間学術団体で、梁思成氏や劉惇楨氏など著名な学者が集まっていた。1941年に、広漢出身の戴季陶氏が県誌の改訂を提案し、営造学社に参加を求めた。営造学社は長く広漢に滞在し、一通りの建物を写真に収め、詳細な測量や製図も行ったが、これらの写真は結局発表されず、その存在も次第に忘れられていった。だが数年前、中国中央テレビ(CCTV)の胡勁草ディレクターがドキュメンタリー番組「梁思成林徽因」撮影のために、清華大学建築学院資料室で資料を調べていた際、偶然これらの白黒写真を発見した。(成都=新華社配信/成都博物館提供)=1941(昭和16)年、クレジット:成都博物館提供/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018060600914

  • 1941年12月31日
    560点の古い写真に見る中国の古建築物の美

    展覧会「都市の姿-営造学社のレンズを通した広漢」で展示される、1941年に中国営造学社が撮影した広漢市内にあった牌坊(中国の伝統的建築様式の門の一つ)。梁思成が撮影した時には牌坊の戒石銘はすでに「天下為公」(天下もって公と為す)に変わっていた。中国四川省の成都博物館は9日から、著名建築家の梁思成氏らが残した同省徳陽市南西部の古城広漢市の古い写真560点を展示する展覧会「都市の姿-営造学社のレンズを通した広漢」を開く。これらの写真の中の広漢の姿を通して、昔の中国の都市を垣間見ることができる。1930年に設立された中国営造学社は、古い建築物の保護・研究を目的とした民間学術団体で、梁思成氏や劉惇楨氏など著名な学者が集まっていた。1941年に、広漢出身の戴季陶氏が県誌の改訂を提案し、営造学社に参加を求めた。営造学社は長く広漢に滞在し、一通りの建物を写真に収め、詳細な測量や製図も行ったが、これらの写真は結局発表されず、その存在も次第に忘れられていった。だが数年前、中国中央テレビ(CCTV)の胡勁草ディレクターがドキュメンタリー番組「梁思成林徽因」撮影のために、清華大学建築学院資料室で資料を調べていた際、偶然これらの白黒写真を発見した。(成都=新華社配信/成都博物館提供)=1941(昭和16)年、クレジット:成都博物館提供/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018060600874

  • 1941年12月31日
    560点の古い写真に見る中国の古建築物の美

    展覧会「都市の姿-営造学社のレンズを通した広漢」で展示される、1941年に中国営造学社が撮影した懸山建築の山門(寺院の正門)。「龍居古刹」の4文字が見える。中国四川省の成都博物館は9日から、著名建築家の梁思成氏らが残した同省徳陽市南西部の古城広漢市の古い写真560点を展示する展覧会「都市の姿-営造学社のレンズを通した広漢」を開く。これらの写真の中の広漢の姿を通して、昔の中国の都市を垣間見ることができる。1930年に設立された中国営造学社は、古い建築物の保護・研究を目的とした民間学術団体で、梁思成氏や劉惇楨氏など著名な学者が集まっていた。1941年に、広漢出身の戴季陶氏が県誌の改訂を提案し、営造学社に参加を求めた。営造学社は長く広漢に滞在し、一通りの建物を写真に収め、詳細な測量や製図も行ったが、これらの写真は結局発表されず、その存在も次第に忘れられていった。だが数年前、中国中央テレビ(CCTV)の胡勁草ディレクターがドキュメンタリー番組「梁思成林徽因」撮影のために、清華大学建築学院資料室で資料を調べていた際、偶然これらの白黒写真を発見した。(成都=新華社配信/成都博物館提供)=1941(昭和16)年、クレジット:成都博物館提供/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018060600888

  • 1941年12月31日
    560点の古い写真に見る中国の古建築物の美

    展覧会「都市の姿-営造学社のレンズを通した広漢」で展示される、1941年に中国営造学社が撮影した広漢市高駢鎮にある広東会館の劇台(舞台)。まさに彫刻の殿堂だ。中国四川省の成都博物館は9日から、著名建築家の梁思成氏らが残した同省徳陽市南西部の古城広漢市の古い写真560点を展示する展覧会「都市の姿-営造学社のレンズを通した広漢」を開く。これらの写真の中の広漢の姿を通して、昔の中国の都市を垣間見ることができる。1930年に設立された中国営造学社は、古い建築物の保護・研究を目的とした民間学術団体で、梁思成氏や劉惇楨氏など著名な学者が集まっていた。1941年に、広漢出身の戴季陶氏が県誌の改訂を提案し、営造学社に参加を求めた。営造学社は長く広漢に滞在し、一通りの建物を写真に収め、詳細な測量や製図も行ったが、これらの写真は結局発表されず、その存在も次第に忘れられていった。だが数年前、中国中央テレビ(CCTV)の胡勁草ディレクターがドキュメンタリー番組「梁思成林徽因」撮影のために、清華大学建築学院資料室で資料を調べていた際、偶然これらの白黒写真を発見した。(成都=新華社配信/成都博物館提供)=1941(昭和16)年、クレジット:成都博物館提供/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018060600882

  • 1941年12月31日
    560点の古い写真に見る中国の古建築物の美

    展覧会「都市の姿-営造学社のレンズを通した広漢」で展示される、1941年に中国営造学社が撮影した「宗祠」(一族の祖先を祭る祠)へ向かう男児。木造の門には威風堂々としている門神(住宅の入口に立ち、門番の役目を果たす神)が庭園を守り、壁には壁画が残っている。中国四川省の成都博物館は9日から、著名建築家の梁思成氏らが残した同省徳陽市南西部の古城広漢市の古い写真560点を展示する展覧会「都市の姿-営造学社のレンズを通した広漢」を開く。これらの写真の中の広漢の姿を通して、昔の中国の都市を垣間見ることができる。1930年に設立された中国営造学社は、古い建築物の保護・研究を目的とした民間学術団体で、梁思成氏や劉惇楨氏など著名な学者が集まっていた。1941年に、広漢出身の戴季陶氏が県誌の改訂を提案し、営造学社に参加を求めた。営造学社は長く広漢に滞在し、一通りの建物を写真に収め、詳細な測量や製図も行ったが、これらの写真は結局発表されず、その存在も次第に忘れられていった。だが数年前、中国中央テレビ(CCTV)の胡勁草ディレクターがドキュメンタリー番組「梁思成林徽因」撮影のために、清華大学建築学院資料室で資料を調べていた際、偶然これらの白黒写真を発見した。(成都=新華社配信/成都博物館提供)=1941(昭和16)年、クレジット:成都博物館提供/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018060600878

  • 1941年12月31日
    560点の古い写真に見る中国の古建築物の美

    展覧会「都市の姿-営造学社のレンズを通した広漢」で展示される、1941年に中国営造学社が撮影した広漢市の西城門。中国四川省の成都博物館は9日から、著名建築家の梁思成氏らが残した同省徳陽市南西部の古城広漢市の古い写真560点を展示する展覧会「都市の姿-営造学社のレンズを通した広漢」を開く。これらの写真の中の広漢の姿を通して、昔の中国の都市を垣間見ることができる。1930年に設立された中国営造学社は、古い建築物の保護・研究を目的とした民間学術団体で、梁思成氏や劉惇楨氏など著名な学者が集まっていた。1941年に、広漢出身の戴季陶氏が県誌の改訂を提案し、営造学社に参加を求めた。営造学社は長く広漢に滞在し、一通りの建物を写真に収め、詳細な測量や製図も行ったが、これらの写真は結局発表されず、その存在も次第に忘れられていった。だが数年前、中国中央テレビ(CCTV)の胡勁草ディレクターがドキュメンタリー番組「梁思成林徽因」撮影のために、清華大学建築学院資料室で資料を調べていた際、偶然これらの白黒写真を発見した。(成都=新華社配信/成都博物館提供)=1941(昭和16)年、クレジット:成都博物館提供/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018060600913

  • 1941年12月31日
    560点の古い写真に見る中国の古建築物の美

    展覧会「都市の姿-営造学社のレンズを通した広漢」で展示される、1941年に中国営造学社が撮影した金輪場の町並み。定期的に立つ市は「檐廊」と呼ばれる広い軒下で行われた。中国四川省の成都博物館は9日から、著名建築家の梁思成氏らが残した同省徳陽市南西部の古城広漢市の古い写真560点を展示する展覧会「都市の姿-営造学社のレンズを通した広漢」を開く。これらの写真の中の広漢の姿を通して、昔の中国の都市を垣間見ることができる。1930年に設立された中国営造学社は、古い建築物の保護・研究を目的とした民間学術団体で、梁思成氏や劉惇楨氏など著名な学者が集まっていた。1941年に、広漢出身の戴季陶氏が県誌の改訂を提案し、営造学社に参加を求めた。営造学社は長く広漢に滞在し、一通りの建物を写真に収め、詳細な測量や製図も行ったが、これらの写真は結局発表されず、その存在も次第に忘れられていった。だが数年前、中国中央テレビ(CCTV)の胡勁草ディレクターがドキュメンタリー番組「梁思成林徽因」撮影のために、清華大学建築学院資料室で資料を調べていた際、偶然これらの白黒写真を発見した。(成都=新華社配信/成都博物館提供)=1941(昭和16)年、クレジット:成都博物館提供/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018060600890

  • 1941年12月31日
    560点の古い写真に見る中国の古建築物の美

    展覧会「都市の姿-営造学社のレンズを通した広漢」で展示される、1941年に中国営造学社が撮影した広漢市南門城壁の上に建てられた奎星閣。「漢州八景」(漢州は現在の四川省徳陽市一帯)に挙げられる「奎楼文筆」は奎星閣を指す。中国四川省の成都博物館は9日から、著名建築家の梁思成氏らが残した同省徳陽市南西部の古城広漢市の古い写真560点を展示する展覧会「都市の姿-営造学社のレンズを通した広漢」を開く。これらの写真の中の広漢の姿を通して、昔の中国の都市を垣間見ることができる。1930年に設立された中国営造学社は、古い建築物の保護・研究を目的とした民間学術団体で、梁思成氏や劉惇楨氏など著名な学者が集まっていた。1941年に、広漢出身の戴季陶氏が県誌の改訂を提案し、営造学社に参加を求めた。営造学社は長く広漢に滞在し、一通りの建物を写真に収め、詳細な測量や製図も行ったが、これらの写真は結局発表されず、その存在も次第に忘れられていった。だが数年前、中国中央テレビ(CCTV)の胡勁草ディレクターがドキュメンタリー番組「梁思成林徽因」撮影のために、清華大学建築学院資料室で資料を調べていた際、偶然これらの白黒写真を発見した。(成都=新華社配信/成都博物館提供)=1941(昭和16)年、クレジット:成都博物館提供/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018060600897

  • 1941年12月31日
    560点の古い写真に見る中国の古建築物の美

    展覧会「都市の姿-営造学社のレンズを通した広漢」で展示される、1941年に中国営造学社が撮影した広漢市東門の上に築かれた砲楼(櫓)。中国四川省の成都博物館は9日から、著名建築家の梁思成氏らが残した同省徳陽市南西部の古城広漢市の古い写真560点を展示する展覧会「都市の姿-営造学社のレンズを通した広漢」を開く。これらの写真の中の広漢の姿を通して、昔の中国の都市を垣間見ることができる。1930年に設立された中国営造学社は、古い建築物の保護・研究を目的とした民間学術団体で、梁思成氏や劉惇楨氏など著名な学者が集まっていた。1941年に、広漢出身の戴季陶氏が県誌の改訂を提案し、営造学社に参加を求めた。営造学社は長く広漢に滞在し、一通りの建物を写真に収め、詳細な測量や製図も行ったが、これらの写真は結局発表されず、その存在も次第に忘れられていった。だが数年前、中国中央テレビ(CCTV)の胡勁草ディレクターがドキュメンタリー番組「梁思成林徽因」撮影のために、清華大学建築学院資料室で資料を調べていた際、偶然これらの白黒写真を発見した。(成都=新華社配信/成都博物館提供)=1941(昭和16)年、クレジット:成都博物館提供/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018060600867

  • 1941年12月31日
    560点の古い写真に見る中国の古建築物の美

    展覧会「都市の姿-営造学社のレンズを通した広漢」で展示される、1941年に中国営造学社が撮影した城隍廟(都市神である城隍神を祭る廟)にある鐘鼓楼。中国四川省の成都博物館は9日から、著名建築家の梁思成氏らが残した同省徳陽市南西部の古城広漢市の古い写真560点を展示する展覧会「都市の姿-営造学社のレンズを通した広漢」を開く。これらの写真の中の広漢の姿を通して、昔の中国の都市を垣間見ることができる。1930年に設立された中国営造学社は、古い建築物の保護・研究を目的とした民間学術団体で、梁思成氏や劉惇楨氏など著名な学者が集まっていた。1941年に、広漢出身の戴季陶氏が県誌の改訂を提案し、営造学社に参加を求めた。営造学社は長く広漢に滞在し、一通りの建物を写真に収め、詳細な測量や製図も行ったが、これらの写真は結局発表されず、その存在も次第に忘れられていった。だが数年前、中国中央テレビ(CCTV)の胡勁草ディレクターがドキュメンタリー番組「梁思成林徽因」撮影のために、清華大学建築学院資料室で資料を調べていた際、偶然これらの白黒写真を発見した。(成都=新華社配信/成都博物館提供)=1941(昭和16)年、クレジット:成都博物館提供/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018060600873

  • 1949年06月01日
    在りし日の李鵬同志

    ソ連で数学、物理、化学、ロシア語を学んだ際、ロシア語教師のフェドロワ氏(前列右から2人目)や同級生と記念撮影した李鵬(り・ほう)同志(後列左端)。(1949年6月1日撮影、北京=新華社配信)=1949(昭和24)年6月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019073103526

  • 1959年12月31日
    在りし日の李鵬同志

    中国吉林省吉林市にある豊満発電所で記念撮影した李鵬(り・ほう)同志。(1959年撮影、北京=新華社配信)=1959(昭和34)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019073103489

  • 1959年12月31日
    春節帰省ラッシュの記憶郷愁は1枚の乗車券にあった

    1950年代に撮影された北京駅の乗車券販売窓口の作業風景。(資料写真)新中国の初代の鉄道乗車券は常備券(硬券)で、乗車情報を手作業で加える必要があった。当時は、まるで漢方薬を調合するように無数の棚から対応する乗車券を取り出し、販売していた。販売員は日付印字機を使って券に日付を印刷し、座席番号を貼り付け、そろばんで価格を計算する。当時は切符の販売に時間がかかり、ミスの発生率も高かった。1997年、コンピューターで印刷した赤い軟券が正式に使用され、「手作り」からキーボードの文字打ちに作業が変わったことで、乗車券の販売にかかる時間も数分から数十秒へと短縮された。2008年には青い磁気乗車券が登場し、自動改札機の導入後は乗客が自分で切符を投入して改札を通過できるようになった。2011年、ネット予約がスタートし、乗車券購入の流れは大幅に簡略化された。現在では、ペーパーレスの電子乗車券もすでに普及が始まり、乗客は「顔認証」で乗車することができる。将来、形のある乗車券は過去のものになるかもしれない。(北京=新華社配信/北京駅提供)=1950年代、クレジット:北京駅/新華社/共同通信イメージズ ※画像が荒れています。

    商品コード: 2019020519558

  • 1959年12月31日
    春節帰省ラッシュの記憶郷愁は1枚の乗車券にあった

    1950年代に撮影された北京駅の乗車券販売窓口で乗車券を買い求める人々。(資料写真)新中国の初代の鉄道乗車券は常備券(硬券)で、乗車情報を手作業で加える必要があった。当時は、まるで漢方薬を調合するように無数の棚から対応する乗車券を取り出し、販売していた。販売員は日付印字機を使って券に日付を印刷し、座席番号を貼り付け、そろばんで価格を計算する。当時は切符の販売に時間がかかり、ミスの発生率も高かった。1997年、コンピューターで印刷した赤い軟券が正式に使用され、「手作り」からキーボードの文字打ちに作業が変わったことで、乗車券の販売にかかる時間も数分から数十秒へと短縮された。2008年には青い磁気乗車券が登場し、自動改札機の導入後は乗客が自分で切符を投入して改札を通過できるようになった。2011年、ネット予約がスタートし、乗車券購入の流れは大幅に簡略化された。現在では、ペーパーレスの電子乗車券もすでに普及が始まり、乗客は「顔認証」で乗車することができる。将来、形のある乗車券は過去のものになるかもしれない。(北京=新華社配信/北京駅提供)=1950年代、クレジット:北京駅/新華社/共同通信イメージズ ※画像が荒れています。

    商品コード: 2019020519365

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1962年12月31日
    「新華社」85歳のホッケー選手、60年にわたり競技振興に貢献山西省太原市

    1962年、太原市第12中学校のアイスホッケーチームと記念写真に納まる武之乃さん(右端)。中国山西省太原市に住む武之乃(ぶ・しだい)さん(85)は60年以上にわたりスケートとアイスホッケーの振興に携わってきた。もともと中学校で体育教員をしていた武さんは退職後の1999年、仲間とアイスホッケーチーム「ポーラーベア」を結成した。現在、チームメンバーは30人以上、平均年齢は50歳近い。武さんはそこでゴールキーパーを務めている。2022年北京冬季五輪・パラリンピックに向け武さんは現在、自身が収集してきた山西省のウインタースポーツ関連の資料を整理しており、同省体育博物館に寄贈する予定という。(太原=新華社配信)<映像内容>、撮影日:1962(昭和37)年、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081803651

  • 1964年06月11日
    (ごれいせい) 呉冷西

    中国、新華社通信社長、ジャーナリスト=1964(昭和39)年6月11日出稿(共同)

    商品コード: 2006111500048

  • 1964年06月11日
    (とうこう) ☆崗

    中国、新華社通信副社長=1964(昭和39)年6月11日出稿(共同)(鄧崗、☆登の右に郊のツクリ)

    商品コード: 2006111500049

  • 1964年06月11日
    (ごがくぶん) 呉学文

    中国、新華社通信社記者=1964(昭和39)年6月11日出稿(共同)

    商品コード: 2006111500050

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1969年12月31日
    鉱区から世界的観光地へ新疆ウイグル自治区可可托海鎮

    1950~60年代、可可托海鉱区で鉱石を運ぶ作業員。(資料写真)中国新疆ウイグル自治区北部のアルタイ山脈にある小さな町、可可托海鎮の名は中国内外でよく知られている。20世紀には神秘的な世界レベルの鉱区だった可可托海は、「閉居」期間を経て、ここ10年で世界レベルの観光地に生まれ変わった。(ウルムチ=新華社配信)=1969(昭和44)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121109935

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1969年12月31日
    鉱区から世界的観光地へ新疆ウイグル自治区可可托海鎮

    1950~60年代の可可托海3号鉱脈。(資料写真)中国新疆ウイグル自治区北部のアルタイ山脈にある小さな町、可可托海鎮の名は中国内外でよく知られている。20世紀には神秘的な世界レベルの鉱区だった可可托海は、「閉居」期間を経て、ここ10年で世界レベルの観光地に生まれ変わった。(ウルムチ=新華社配信)=1969(昭和44)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121109617

  • 1970年12月31日
    【新中国成立70周年】成都市の地下鉄に「流動博物館」のラッピング列車が登場

    1970年代に撮影された四川省の伝統芸能「清音」を披露する芸術家。(資料写真)中国四川省成都市の成都地下鉄7号線(環状線)で18日、成都軌道集団、四川省建川博物館、中車集団成都公司などが共同で企画した「流動博物館」のラッピング列車の運行が始まった。「タイムトンネル」をあしらったデザインの車内には、主催者側が丹念に収集・選択した1949年~2019年の貴重な300枚以上の歴史写真および文化財の写真とともに、新中国、特に四川、成都の70年間の奮闘の歴史や庶民の衣食住・交通手段の大きな変化を示す資料や写真などが、年代ごとに展示されている。(成都=新華社記者/金勖琪)=1970(昭和45)年、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019092014509

  • 1971年04月15日
    中米国交樹立40年困難乗り越え前進

    1971年4月15日、上海で再会の握手を交わす中国の楊瑞華(よう・ずいか、左)と米国のディック・マイルズ。両者は1959年の第25回世界卓球選手権で知り合った。中華人民共和国とアメリカ合衆国は40年前の1月1日、互いに国家の承認を行い、外交関係を樹立した。世界の2大大国、10億人以上の人びとの間で30年近く続いた隔絶や敵視、衝突と対抗が終わりを告げ、世界の大勢と歴史の歩みは一変した。「小さなボールが大きいボールを動かし」中米関係の氷を溶かした「ピンポン外交」のように、中米国交樹立は、両国の先代政治家による時局を理解し状況を判断した果断な決断と先を見通す卓越した見識を再び世界に示した。両国の歴代指導者はこの40年、傑出した政治的な知恵により、二国間関係が障害や困難を乗り越え、全体として安定的に前進するよう導いてきた。(北京=新華社記者/方国才)=1971(昭和46)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010400366

  • 1972年09月28日
    日本外交関連

    1972年9月27日、北京の毛沢東・中国主席の書斎で主席(左側から4人目)と会談する田中角栄首相(右から4人目)。左から2人目は姫鵬飛・中国外相、3人目は周恩来・中国首相。右から2人目は二階堂進官房長官、3人目は大平正芳外相。写真は新華社が配信した=1972年9月28日配信(UPI=共同)

    商品コード: 2016052700372

  • 1972年12月31日
    【新中国成立70周年】習近平氏と新時代の中国

    農村に赴いていた頃、1972年に北京に帰省した際の習近平氏。新中国成立後の生まれで初の中国共産党中央委員会総書記、習近平(しゅう・きんぺい)氏は10月1日、天安門の城楼に上り、中華人民共和国成立70周年を祝う式典に出席する。70年前のこの日、毛沢東(もう・たくとう)主席がここで中華人民共和国成立を宣言した。そして今、習近平氏が「中国号」という巨大な船のかじを取って新たな時代へとこぎ出し、波を切って前進し、帆を揚げて遠くへと向かう。(北京=新華社配信)=1972(昭和47)年、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100102092

  • 1973年03月31日
    日本外交関連

    北京への出発に際して、香港の鉄道駅で新華社香港支社長の見送りを受ける初代駐中国日本大使の小川平四郎氏(右)=1973年3月31日(UPI=共同)

    商品コード: 2014072500187

  • 1975年04月22日
    北朝鮮関連

    1975年4月22日、平壌の迎賓館で、北朝鮮の金日成主席(右端)と面会するカンボジアのシアヌーク国王(前列中央)。新華社が配信した写真をワルシャワで受信した=1975年4月22日配信(UPI=共同)

    商品コード: 2014011600353

  • 1975年05月20日
    中国報道界代表団が来日

    出迎えの関係者と握手を交わす中国報道界代表団団長の朱穆之新華社社長。一行11人は、日中文化交流協会の招きで来日。報道界代表の来日は日中国交正常化以来初めてで約2週間滞在の予定=1975(昭和50)年5月20日、東京・羽田の東京国際空港

    商品コード: 2012111900129

  • 1975年05月22日
    中国報道界代表が首相訪問

    三木武夫首相(左から2人目)を表敬訪問し、握手を交わす中国報道界代表団団長の朱穆之新華社社長。左端は、陳楚駐日中国大使。朱団長は日中条約締結問題に関し「条約の早期締結に強い関心を抱いている。首相が中日関係の増進に果たされた役割を今後とも引き続き果たされるよう望む」と述べた=1975(昭和50)年5月22日、首相官邸

    商品コード: 2012111900141

  • 1975年05月28日
    スポーツ関連

    中国登山隊の一員として、1975年5月27日、女性としては世界で2番目にチョモランマ登頂に成功した藩多さん=1975年5月28日、新華社配信(UPI=共同)

    商品コード: 2014012300167

  • 1975年05月29日
    スポーツ関連

    チョモランマの海抜7007メートル地点を登る中国登山隊。1975年5月27日、登頂に成功した=1975年5月29日新華社配信(UPI=共同)

    商品コード: 2014012300169

  • 1975年05月29日
    スポーツ関連

    チョモランマにアタックする中国登山隊。1975年5月27日、登頂に成功した=1975年5月29日新華社配信(UPI=共同)

    商品コード: 2014012300168

  • 1975年09月30日
    中国とアフリカの友誼の種をまく北京交通大学·紀嘉倫教授とタンザニア‐ザンビア鉄道

    紀嘉倫(きかりん)氏が担当したタンザニア・ザンビア留学生クラスの卒業写真。(1975年9月撮影)東はタンザニアの港湾都市ダルエスサラームから西はザンビア中部のカピリムポシに至るタンザニア‐ザンビア鉄道の総延長は1860・5キロ。1970年10月に建設が始まり、1976年7月に全線竣工した。新中国の外交史を代表する事業とされる。中国政府は1972年、同鉄道の開通に協力し、タンザニア、ザンビア両国の鉄道管理能力を向上させるため、両国の留学生200人を北方交通大学(現在の北京交通大学)に受け入れた。留学生に新たな知識をより速く身につけさせるため、当時最高レベルの教師陣にクラスを担当させ、また政府の指示に基づき、1968~1970年に同校を卒業した男子学生のうち100人を呼び戻し、留学生の「チューター」とした。1969年に卒業し鄭州鉄路局で数年間勤務していた紀嘉倫氏もその中の一人だった。(北京=新華社配信/紀嘉倫提供)=1975(昭和50)年9月30日、クレジット:紀嘉倫提供/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018090303826

  • 1976年01月11日
    中国関連

    周恩来・中国首相の亡きがらに別れを惜しむ北京市民。新華社撮影写真=1976年1月11日配信(UPI=共同)

    商品コード: 2014022100655

  • 1976年01月15日
    中国関連

    故周恩来・中国首相の夫人、鄧穎超さん(左端)に哀悼の意を表する中国要人。左から鄧小平、葉剣英、王洪文の各氏。新華社の配信写真=1976年1月15日(UPI=共同)

    商品コード: 2014022100672

  • 1976年02月21日
    米大統領関連

    中国政府の招待で北京の空港に到着したニクソン米前大統領夫妻(画面中央)。新華社の配信写真=1976年2月21日(UPI=共同)

    商品コード: 2014022100652

  • 1976年09月11日
    中国関連

    毛沢東中国主席の亡きがら。新華社の配信写真=1976年9月11日(UPI=共同)

    商品コード: 2014022100646

  • 1976年09月18日
    中国関連

    毛沢東主席の追悼式典で弔辞を読む華国鋒・中国首相(左から2人目)。新華社の配信写真=1976年9月18日(UPI=共同)

    商品コード: 2014022100627

  • 1977年09月24日
    天安門広場の空撮写真

    航空機から撮影した北京の天安門広場(撮影日は不明だが昨年9月の毛主席死去から1年、毛主席記念堂の完成で天安門広場の整備が終わったのを機会に当局が発表したものと思われる)=1977(昭和52)年9月24日出稿、新華社提供

    商品コード: 2004051400148

  • 1977年09月24日
    天安門広場空撮の図解

    天安門広場の空撮写真(カラーニュースネガ番号・昭和52年0837-10)に、主要建造物の名称を書き込んだもの、新華社提供

    商品コード: 2004051400149

  • 1978年05月31日
    「曾侯乙編鐘」、孔子時代の音楽から文化外交のシンボルへ

    1978年、曾侯乙編鐘の出土した様子。2018年4月27日、中国とインドの首脳が中国湖北省の省都・武漢市で非公式会談を行い、湖北省博物館の名品展を共に鑑賞した。同館の至宝「曾侯乙編鐘(そうこういつへんしょう)」は、2つの偉大な国家が手を携える姿を見届けた。1978年5月、編鐘は同省随州で2400年以上の時を経て再び日の目を見た。出土から40年、「孔子時代の音」として、その迫力ある重厚な音色で、改革開放後の重大な出来事を見届け、そして中国と世界の距離を縮め、文化伝播のシンボルとして、対外交流の懸け橋の役割を担ってきた。(武漢=新華社配信/湖北省博物館提供)=1978(昭和53)年5月、クレジット:湖北省博物館提供/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018110517360

  • 1979年02月23日
    ベトナム関連

    1979年2月23日、中国の国営新華社通信が配信した中越戦争の写真。ベトナム軍が1年に渡って占領し、中国軍が奪回した広西チワン族自治区の山岳地帯を防衛する国境警備軍、とのキャプションが付いている=1979年2月23日(UPI=共同)

    商品コード: 2016010900118

  • 1979年03月06日
    ベトナム関連

    1979年3月5日、中国の国営新華社通信が配信した中越戦争の写真。「砲兵隊の援護を受けて、カオバン市を攻撃し、敵軍に壊滅的打撃を与える広西チワン族自治区所属の中国軍部隊」とのキャプションが付いている=1979年3月6日配信(UPI=共同)

    商品コード: 2016010900106

  • 1979年10月25日
    写真で振り返る中国と五輪

    名古屋で開かれた国際オリンピック委員会(IOC)理事会で中華人民共和国のIOCへの復帰が決定し、祝福の握手を交わすキラニン卿マイケル・モリス会長(左)と中国オリンピック委員会(COC)の宋中(そう・ちゅう)秘書長(右)。(1979年10月25日撮影)2022年北京冬季五輪・パラリンピックの準備作業は現在、本格的に進められている。中国にとって、五輪は中国が世界に深く溶け込むのを後押しする存在で、互いに成果を上げてきた。2008年北京五輪のスローガン「一つの世界、一つの夢」から、2022年北京冬季五輪の「グリーン、共有、開放、清廉」まで、中国は絶えず五輪のために自らの知恵を提供し、貢献してきた。(北京=新華社配信)=1979(昭和54)年10月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画像が荒れています。

    商品コード: 2019020621487

  • 1979年12月31日
    改革開放40周年深圳と香港の発展を見守る羅湖橋

    1970年代の羅湖橋。(資料写真)広東省深圳市と香港特別行政区の間を流れる深圳河に架かる羅湖橋は1978年、中国内地で改革開放政策が始まると、外部とつながる重要な通路となった。同橋は40年の間、改革開放以降の内地の発展を間近で見つめ、深圳と香港の大きな変化を見守ってきた。(香港=新華社配信)=1979(昭和54)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018120711098

  • 1980年01月30日
    写真で振り返る中国と五輪

    1980年米レークプラシッド冬季五輪の選手村に到着した同五輪中国選手団。(1980年1月30日撮影)2022年北京冬季五輪・パラリンピックの準備作業は現在、本格的に進められている。中国にとって、五輪は中国が世界に深く溶け込むのを後押しする存在で、互いに成果を上げてきた。2008年北京五輪のスローガン「一つの世界、一つの夢」から、2022年北京冬季五輪の「グリーン、共有、開放、清廉」まで、中国は絶えず五輪のために自らの知恵を提供し、貢献してきた。(北京=新華社記者/夏道陵)=1980(昭和55)年1月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020621453

  • 1980年02月05日
    農業 風俗 生活 中国関連

    中国浙江省黄岩での穀物採り入れ風景。新華社によると、中国の1979年の穀物収穫量は前年より1000万トン多い3億1500万トンに達した=1980年2月5日(UPI=共同)

    商品コード: 2014021400273

  • 1980年03月29日
    曽濤

    曽濤、中国、政治、そう・とう、死去・1997年2月8日、中国国営通信新華社社長、国務院外事弁公室秘書長、ユーゴスラビア大使、フランス大使、全人代外事委員会副主任委員=1980(昭和55)年3月29日

    商品コード: 1980063000018

  • 1980年03月29日
    新華社社長、大平首相訪問

    大平正芳首相(右)と握手を交わす曽涛新華社社長=1980(昭和55)年3月29日、首相官邸(55年内地2909)

    商品コード: 2018032000187

  • 1980年12月26日
    サッカーW杯スペイン大会予選

    1980年12月26日、中国の容志行が試合開始直後に放ったロングシュートに日本のゴールキーパーは反応できず、ボールはゴールに吸い込まれた。1982年W杯のアジア・オセアニア予選グループ4の試合が1980年12月21日、香港で始まった。中国と朝鮮がグループリーグを勝ち抜き、決勝戦に進出した。中国は1980年12月26日、日本と戦い1対0で勝利した。(香港=新華社記者/羅玉和)=1980(昭和55)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018031300123

  • 1980年12月26日
    サッカーW杯スペイン大会予選

    1980年12月26日、中国代表と日本代表が試合前にペナントを交換した。1982年W杯のアジア・オセアニア予選グループ4の試合が1980年12月21日、香港で始まった。中国と朝鮮がグループリーグを勝ち抜き、決勝戦に進出した。中国は1980年12月26日、日本と戦い1対0で勝利した。(香港=新華社記者/羅玉和)=1980(昭和55)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018031300124

  • 1980年12月31日
    改革開放40周年深圳と香港の発展を見守る羅湖橋

    羅湖橋を渡って深圳と香港を往復する旅客。(1980年代初頭に撮影)広東省深圳市と香港特別行政区の間を流れる深圳河に架かる羅湖橋は1978年、中国内地で改革開放政策が始まると、外部とつながる重要な通路となった。同橋は40年の間、改革開放以降の内地の発展を間近で見つめ、深圳と香港の大きな変化を見守ってきた。(香港=新華社記者/李長永)=1980(昭和55)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018120711472

  • 1980年12月31日
    中国の著名声優、劉広寧さん死去日本映画界も追悼

    1980年代、上海を訪れた日本の女優、栗原小巻さん(左から2人目)、吉永小百合さん(右端)と写真に収まる上海電影訳製廠の声優、劉広寧さん(右から2人目)と李梓(り・し)さん。(資料写真)日本映画の中国語吹き替えを数多く担当した中国の声優、劉広寧(りゅう・こうねい)さんが25日、病気のため上海市で死去した。劉さんと親交のあった日中文化交流協会副会長を務める日本の女優、栗原小巻さんが同日、中国人民対外友好協会東アジア部に弔電を送り、哀悼の意を表した。劉さんは外国映画の吹き替えを手掛ける上海電影訳製廠の声優として、1973年から日本映画20作品余りの吹き替えを担当。最も反響が大きかったのは70年代に中国本土で公開された「愛と死」で、劉さんは栗原さん演じたヒロイン「仲田夏子」の声を担当した。(上海=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020063002298

  • 1980年12月31日
    「パンダ記者」と「萌えパンダ」の心温まるストーリー

    捕獲したパンダを担いで下山する四川省宝興県磽磧公社のスタッフ。(1980年、金勗琪さん撮影)ジャイアントパンダは古くから存在し、世界中の人々に愛されている動物だ。40年前、カメラを肩に掛け、このジャイアントパンダと触れ合いながら6年間過ごした女性がいる。現在84歳になる彼女は、1千枚以上に及ぶパンダの写真を発表し、世界中の読者に紹介したことから、中国や海外の人々から親しみを込めて「パンダ記者」と呼ばれている。彼女の名前は金勗琪(きん・きょくき)。新華社の初代パンダ担当記者だ。金さんは1952年に四川大学中国語文学科に入学。卒業後は新華社に入り、四川支社に配属された。記者生活において、6年以上にわたってパンダとの交流を重ね、四川省西部の高山密林地帯に分け入り、パンダの生息環境や生活、習性、生育・繁殖状況、人間による保護・研究を記録、報道し、1千枚以上に及ぶ写真を撮った。金さんはしばしば、山間の営林場に入って20日余り滞在していた。科学研究スタッフと共に野生のパンダを追跡し、パンダの人工繁殖や飼育の進展に注目した。金さんは当時を振り返り「子どもと過ごす時間より、パンダを撮影する時間の方が長かった」と懐かしそうに語った。(成都=新華社配信/金勗琪)=1980(昭和55)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018113022539

  • 1980年12月31日
    「パンダ記者」と「萌えパンダ」の心温まるストーリー

    成都動物園で撮影したパンダ「美美」と子どもの「蓉生」。(1980年、金勗琪さん撮影)ジャイアントパンダは古くから存在し、世界中の人々に愛されている動物だ。40年前、カメラを肩に掛け、このジャイアントパンダと触れ合いながら6年間過ごした女性がいる。現在84歳になる彼女は、1千枚以上に及ぶパンダの写真を発表し、世界中の読者に紹介したことから、中国や海外の人々から親しみを込めて「パンダ記者」と呼ばれている。彼女の名前は金勗琪(きん・きょくき)。新華社の初代パンダ担当記者だ。金さんは1952年に四川大学中国語文学科に入学。卒業後は新華社に入り、四川支社に配属された。記者生活において、6年以上にわたってパンダとの交流を重ね、四川省西部の高山密林地帯に分け入り、パンダの生息環境や生活、習性、生育・繁殖状況、人間による保護・研究を記録、報道し、1千枚以上に及ぶ写真を撮った。金さんはしばしば、山間の営林場に入って20日余り滞在していた。科学研究スタッフと共に野生のパンダを追跡し、パンダの人工繁殖や飼育の進展に注目した。金さんは当時を振り返り「子どもと過ごす時間より、パンダを撮影する時間の方が長かった」と懐かしそうに語った。(成都=新華社配信/金勗琪)=1980(昭和55)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018113022360

  • 1980年12月31日
    「パンダ記者」と「萌えパンダ」の心温まるストーリー

    ドイツに送るパンダ「宝宝」にミルクを飲ませる飼育員。(1980年、金勗琪さん撮影)ジャイアントパンダは古くから存在し、世界中の人々に愛されている動物だ。40年前、カメラを肩に掛け、このジャイアントパンダと触れ合いながら6年間過ごした女性がいる。現在84歳になる彼女は、1千枚以上に及ぶパンダの写真を発表し、世界中の読者に紹介したことから、中国や海外の人々から親しみを込めて「パンダ記者」と呼ばれている。彼女の名前は金勗琪(きん・きょくき)。新華社の初代パンダ担当記者だ。金さんは1952年に四川大学中国語文学科に入学。卒業後は新華社に入り、四川支社に配属された。記者生活において、6年以上にわたってパンダとの交流を重ね、四川省西部の高山密林地帯に分け入り、パンダの生息環境や生活、習性、生育・繁殖状況、人間による保護・研究を記録、報道し、1千枚以上に及ぶ写真を撮った。金さんはしばしば、山間の営林場に入って20日余り滞在していた。科学研究スタッフと共に野生のパンダを追跡し、パンダの人工繁殖や飼育の進展に注目した。金さんは当時を振り返り「子どもと過ごす時間より、パンダを撮影する時間の方が長かった」と懐かしそうに語った。(成都=新華社配信/金勗琪)=1980(昭和55)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018113022558

  • 1980年12月31日
    大きな変貌を遂げたチベット自治区チャムド市

    上:1950年代のチャムドの景色。(資料写真)下:1980年代のチャムドの景色。(資料写真、組み合わせ写真)中国チベット自治区東部に位置するチャムド市は、青海チベット高原で育まれた「康巴(カンパ)文化」発祥の地の一つ。この70年で同市の経済と社会は劇的に変化した。現在の人口は市全域で79万4800人に上る。(ラサ=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101200654

  • 1981年07月28日
    「新華書店」 旧満州・ハルビンの夏

    昔のロシア風の面影を残すハルビン市の繁華街・中央大通りにある「新華書店」(共同)

    商品コード: 2016022300316

  • 1981年10月14日
    エジプトのムバラク元大統領が死去91歳

    1981年10月14日、エジプト人民議会で大統領就任を宣誓するムバラク氏(右)。エジプト国営テレビによると、同国のムバラク元大統領が25日、病気で死去した、享年91歳。(北京=新華社配信)=1981(昭和56)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020022704971

  • 1981年11月13日
    中国関連

    中国北部で、軍用ヘリコプターも参加して行われた中国人民解放軍歩兵部隊の戦闘訓練。新華社の配信写真=1981年11月13日配信(UPI=共同)

    商品コード: 2017012800448

  • 1982年02月28日
    江蘇省で戦国時代晩期のつぼ

    中国江蘇省で出土した戦国時代晩期のつぼ(「新華日報」から)(共同)

    商品コード: 2016022600263

  • 1982年08月05日
    チベット自治区、200万人の飲料水問題を解決

    上:チベット自治区シガツェ(日喀則)市ギャンツェ(江孜)県で水道から水をくむ住民たち。1980年代に清潔な飲料水を供給する小さな浄水場ができるまで、ギャンツェ県の人たちは遠くまで水をくみに行っていた。(1982年8月5日撮影)下:チベット自治区ラサ市タクツェ(達孜)県(現タクツェ区)で、水道の水を使って手や顔を洗う子どもたち。(資料写真、組み合わせ写真)中国チベット自治区は2016年から2020年の間に、飲料水の整備計画に43億元(1元=約16円)を費やし、1万7581の農村飲料水事業を改善した。現在では、約200万人の住民が清潔な飲料水を利用している。(ラサ=新華社配信)=1982(昭和57)年8月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020120405666

  • 1984年07月29日
    写真で振り返る中国と五輪

    1984年ロサンゼルス五輪の初日、射撃で大会第1号の金メダルを獲得し、中国選手として五輪史上初の金メダリストとなった許海峰(きょ・かいほう)(右)。(1984年7月29日撮影)2022年北京冬季五輪・パラリンピックの準備作業は現在、本格的に進められている。中国にとって、五輪は中国が世界に深く溶け込むのを後押しする存在で、互いに成果を上げてきた。2008年北京五輪のスローガン「一つの世界、一つの夢」から、2022年北京冬季五輪の「グリーン、共有、開放、清廉」まで、中国は絶えず五輪のために自らの知恵を提供し、貢献してきた。(北京=新華社記者/官天一)=1984(昭和59)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020621481

  • 1985年12月31日
    日本人カメラマン、35年かけ中国東北部の都市の変遷を記録

    長春駅前広場で記念撮影する池宮城晃氏。(1985年撮影)中国吉林省文化館で開かれている「長春の記憶フォトコレクション-池宮城晃撮影作品展」に並ぶ写真の数々には、同省の省都、長春市の1980年代の都市建物や広場、通り、人々の暮らしぶりが記録されている。これら作品は日本のカメラマン、池宮城晃氏がこの35年間に何度も長春に足を運び撮影した貴重な都市の記憶であり、発展の変遷の記録である。(長春=新華社配信/偽満皇宮博物院提供)=1985(昭和60)年、クレジット:偽満皇宮博物院提供/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011019317

  • 1985年12月31日
    日本人カメラマン、35年かけ中国東北部の都市の変遷を記録

    池宮城晃氏が1985年に撮影した、長春に残る偽満州時代の建物。中国吉林省文化館で開かれている「長春の記憶フォトコレクション-池宮城晃撮影作品展」に並ぶ写真の数々には、同省の省都、長春市の1980年代の都市建物や広場、通り、人々の暮らしぶりが記録されている。これら作品は日本のカメラマン、池宮城晃氏がこの35年間に何度も長春に足を運び撮影した貴重な都市の記憶であり、発展の変遷の記録である。(長春=新華社配信/偽満皇宮博物院提供)=1985(昭和60)年、クレジット:偽満皇宮博物院提供/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011019363

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1985年12月31日
    世界一の人工林を見守り続ける夫妻河北省承徳市

    1980年代初頭に撮影された趙福州さんと陳秀玲さんの監視塔の前での記念写真。中国北京市の北約450キロに位置する河北省承徳(しょうとく)市塞罕壩(さいかんは)には、面積が世界最大の人工林がある。この広大な樹海の中には9つの監視塔が点在するが、そのうちの8つでは夫妻が共同で当直に当たっており、現地の人々は親しみを込めて「夫婦哨兵」と呼んでいる。彼らは塞罕壩の「目」となっている。15分ごとに望遠鏡で遠方を見渡して火事の有無を報告するのだが、この退屈な繰り返しこそが、彼らの一生の仕事だ。生涯にわたって樹海を見守り続けるとはどのような感覚なのか。「とても寂しいものです」。塞罕壩大喚起営林場防火眺望員(森林火災監視員)の趙福州(ちょう・ふくしゅう)さんは、1983年に監視員の仕事を始めてから現在まで、毎年平均して10カ月近く妻の陳秀玲(ちん・しゅうれい)さんと共に監視塔に滞在している。(承徳=新華社配信/許蘇培)=1980年代初頭、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021310244

  • 1986年06月22日
    マラドーナ氏死去サッカー元アルゼンチン代表

    サッカーW杯メキシコ大会の準々決勝で「神の手」ゴールを決めるマラドーナ氏。(1986年6月22日撮影)サッカーの元アルゼンチン代表ディエゴ・マラドーナ氏(60)が25日、自宅で心不全により死去したと同国の複数メディアが報じた。(北京=新華社配信)=1986(昭和61)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020112709420

  • 1986年06月29日
    マラドーナ氏死去サッカー元アルゼンチン代表

    トロフィーを高く掲げるマラドーナ氏。サッカーW杯メキシコ大会の決勝戦でアルゼンチンは西ドイツを3-2で下し、優勝した。(1986年6月29日撮影)サッカーの元アルゼンチン代表ディエゴ・マラドーナ氏(60)が25日、自宅で心不全により死去したと同国の複数メディアが報じた。(北京=新華社配信)=1986(昭和61)年6月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020112709565

  • 1986年12月31日
    日本人カメラマン、35年かけ中国東北部の都市の変遷を記録

    池宮城晃氏が1986年に撮影した旧偽満州皇宮勤民楼。中国吉林省文化館で開かれている「長春の記憶フォトコレクション-池宮城晃撮影作品展」に並ぶ写真の数々には、同省の省都、長春市の1980年代の都市建物や広場、通り、人々の暮らしぶりが記録されている。これら作品は日本のカメラマン、池宮城晃氏がこの35年間に何度も長春に足を運び撮影した貴重な都市の記憶であり、発展の変遷の記録である。(長春=新華社配信/偽満皇宮博物院提供)=1986(昭和61)年、クレジット:偽満皇宮博物院提供/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011019328

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1986年12月31日
    かやぶき小屋から環境配慮型校舎へ重慶市新金帯小学校の変遷

    教室の外の空き地でテストを受ける金帯公社中心小学校(現新金帯小学校)の児童。(1986年撮影、資料写真)中国重慶市梁平区金帯鎮にある新金帯小学校は農村の小学校だ。1966年の開校当初、学校には校門や塀がなく、街の関帝廟(かんていびょう)が教室代わりに、土手が校庭代わりになっていた。1980年代には校舎を持つようになったが、簡素な教室には電灯が1台しかなく、窓にはガラスもなかった。1994年には2500平方メートルの校舎を建設するとともに、校庭も整備し、バスケットゴールが設置された。その後、総合棟や実験室、コンピューター室、図書室などを相次いで建設。2008年の汶川地震(四川大地震)では大きな損害を受けたが、2011年、場所を移した新金帯小学校が完成し、かつて関帝廟の中にあった「かやぶき小屋」から環境に配慮した農村のエコ校舎へと変貌を遂げた。(重慶=新華社記者/唐奕)=1986(昭和61)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121021204

  • 1986年12月31日
    【新中国成立70周年】成都市の地下鉄に「流動博物館」のラッピング列車が登場

    1986年に撮影された四川省広漢市にある三星堆遺跡の発掘現場。(資料写真)中国四川省成都市の成都地下鉄7号線(環状線)で18日、成都軌道集団、四川省建川博物館、中車集団成都公司などが共同で企画した「流動博物館」のラッピング列車の運行が始まった。「タイムトンネル」をあしらったデザインの車内には、主催者側が丹念に収集・選択した1949年~2019年の貴重な300枚以上の歴史写真および文化財の写真とともに、新中国、特に四川、成都の70年間の奮闘の歴史や庶民の衣食住・交通手段の大きな変化を示す資料や写真などが、年代ごとに展示されている。(成都=新華社記者/金勖琪)=1986(昭和61)年、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019092014468

  • 1986年12月31日
    在りし日の李鵬同志

    北京の中南海西花庁で記念撮影する鄧穎超(とう・えいちょう)同志(中央)、李鵬(り・ほう)同志(左)、夫人の朱琳(しゅ・りん)氏。(1986年撮影、北京=新華社記者/王新慶)=1986(昭和61)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019073103525

  • 1987年12月31日
    「パンダ記者」と「萌えパンダ」の心温まるストーリー

    ニューヨーク科学アカデミーが1987年に金勗琪さんに授与した証書。金さんが制作に参加した書籍「ジャイアントパンダ」が第16回児童科学普及図書特別賞を受賞したことを表彰している。ジャイアントパンダは古くから存在し、世界中の人々に愛されている動物だ。40年前、カメラを肩に掛け、このジャイアントパンダと触れ合いながら6年間過ごした女性がいる。現在84歳になる彼女は、1千枚以上に及ぶパンダの写真を発表し、世界中の読者に紹介したことから、中国や海外の人々から親しみを込めて「パンダ記者」と呼ばれている。彼女の名前は金勗琪(きん・きょくき)。新華社の初代パンダ担当記者だ。金さんは1952年に四川大学中国語文学科に入学。卒業後は新華社に入り、四川支社に配属された。記者生活において、6年以上にわたってパンダとの交流を重ね、四川省西部の高山密林地帯に分け入り、パンダの生息環境や生活、習性、生育・繁殖状況、人間による保護・研究を記録、報道し、1千枚以上に及ぶ写真を撮った。金さんはしばしば、山間の営林場に入って20日余り滞在していた。科学研究スタッフと共に野生のパンダを追跡し、パンダの人工繁殖や飼育の進展に注目した。金さんは当時を振り返り「子どもと過ごす時間より、パンダを撮影する時間の方が長かった」と懐かしそうに語った。(成都=新華社記者/張超群)=1987(昭和62)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018113022294

  • 1988年06月30日
    改革開放40周年深圳と香港の発展を見守る羅湖橋

    羅湖橋を歩く旅客。(1988年6月撮影)広東省深圳市と香港特別行政区の間を流れる深圳河に架かる羅湖橋は1978年、中国内地で改革開放政策が始まると、外部とつながる重要な通路となった。同橋は40年の間、改革開放以降の内地の発展を間近で見つめ、深圳と香港の大きな変化を見守ってきた。(香港=新華社記者/陳小波)=1988(昭和63)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018120711523

  • 1988年12月31日
    米クリーブランド管弦楽団、21年ぶりに上海で公演

    上海盧湾体育館で演奏するクリーブランド管弦楽団。(1998年撮影、資料写真)100年の歴史を持つ米国のクリーブランド管弦楽団が6日夜、上海交響楽団音楽ホールで特別コンサートを開いた。同管弦楽団が上海で公演するのは21年ぶり。1918年に創設されたクリーブランド管弦楽団は「米国の5大交響楽団」の一つ。6日夜、同楽団はベートーベンのピアノ協奏曲第5番変ホ長調「皇帝」とリヒャルト・シュトラウスの交響詩「英雄の生涯」を演奏した。(上海=新華社配信/クリーブランド管弦楽団提供)=1988(昭和63)年、クレジット:クリーブランド管弦楽団/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041223640

  • 1989年12月31日
    日本人カメラマン、35年かけ中国東北部の都市の変遷を記録

    池宮城晃氏が1980年代に撮影した長春の建物。中国吉林省文化館で開かれている「長春の記憶フォトコレクション-池宮城晃撮影作品展」に並ぶ写真の数々には、同省の省都、長春市の1980年代の都市建物や広場、通り、人々の暮らしぶりが記録されている。これら作品は日本のカメラマン、池宮城晃氏がこの35年間に何度も長春に足を運び撮影した貴重な都市の記憶であり、発展の変遷の記録である。(長春=新華社配信/偽満皇宮博物院提供)=1980年代、クレジット:偽満皇宮博物院提供/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011019224

  • 1989年12月31日
    日本人カメラマン、35年かけ中国東北部の都市の変遷を記録

    池宮城晃氏が1980年代に撮影した長春の街並み。中国吉林省文化館で開かれている「長春の記憶フォトコレクション-池宮城晃撮影作品展」に並ぶ写真の数々には、同省の省都、長春市の1980年代の都市建物や広場、通り、人々の暮らしぶりが記録されている。これら作品は日本のカメラマン、池宮城晃氏がこの35年間に何度も長春に足を運び撮影した貴重な都市の記憶であり、発展の変遷の記録である。(長春=新華社配信/偽満皇宮博物院提供)=1980年代、クレジット:偽満皇宮博物院提供/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011019311

  • 1991年12月31日
    中国、世界のSFに独特の貢献を果たす

    中国四川省成都市で1991年に開催された世界SF協会年次総会の様子。これが中国で開催された初めての国際的なSF交流イベントとなった。(資料写真)中国のSF作家、劉慈欣(りゅう・じきん)氏のヒューゴー賞受賞作品「三体」の日本語版が今年7月に早川書房から刊行されて以来、発行部数は既に13万部を超えている。中国四川省成都市でこのほど、第5回中国(成都)国際SF大会が開かれ、日本語版担当編集者の梅田麻莉絵氏が出席し、「三体」は今年日本で最もよく売れたSF小説だと紹介した。盛り上がりが続く「三体」ブームと、劉慈欣氏や郝景芳(かく・けいほう)氏ら中国SF作家が世界的なSF賞を受賞したことは、中国のSFが世界から注目をされ始め、またその独特の世界観と「東洋哲学」が世界のSFに貢献していることを示している。(成都=新華社配信)=1991(平成3)年、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120604520

  • 1992年06月12日
    在りし日の李鵬同志

    ブラジル・リオデジャネイロで開かれた「国連環境開発会議」(UNCED)で発言する李鵬(り・ほう)同志。(1992年6月12日撮影、北京=新華社記者/李生南)=1992(平成4)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019073103534

  • 1994年09月26日
    取材を受ける新華社 中国選手団予定通り派遣

    中国選手団を予定通り派遣するとの知らせで、日本の報道関係者から取材を受ける中国の新華社通信の記者=26日午後11時、広島市南区のアジア大会プレスセンター

    商品コード: 1994092600088

  • 1994年10月03日
    新華社・蘭紅光カメラマン 中国金メダルの瞬間狙う

    東京特派員を4年間勤めた日本通の中国・新華社通信の蘭紅光カメラマン(顔可)

    商品コード: 1994100300003

  • 1994年11月15日
    新華書店 北京の書店移転論争が決着

    北京・王府井(ワンフーチン)通りの新華書店(共同)中国特派員5765(カラーネガ)

    商品コード: 1994111500003

  • 1994年12月31日
    西アフリカの中医学博士、中国で農村医育成20年で5千人

    1994年に撮影されたディアッラ氏が成都中医薬大学の中医学博士号を取得した時の記念写真。中国北京市で4日に閉幕した中国・アフリカ協力フォーラム(FOCAC)北京サミットに参加したアフリカ52カ国および世界やアフリカ地区の27機構の代表には、特別な経歴を持つ1人の男性が含まれていた。彼の名はブバカール・ディアッラ。西アフリカのマリ出身で今年55歳。外国人として中国で初めて中医学(中国伝統医学)の博士号を取得したディアッラ氏は、中国で20年以上中医学医師として働き、西南部の複数の省で5千人を超える農村医を指導してきた。彼にとって中医学は長い歴史を持つ中華文明古来の至宝であり、アフリカの人々に幸せをもたらす良き処方せんでもある。(昆明=新華社記者/王迪)=1994(平成6)年12月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018090615319

  • 1995年10月18日
    中国外務省の高層ビル起工

    18日、香港での式典で中国外務省の高層ビル完成予想模型を前にする姜外務次官(右)と周新華社香港支社長(中央)(共同)(姜恩柱外務次官、周南・新華社香港支社長、中国外務省の香港事務所となる高層ビルの起工式)

    商品コード: 1995101800073

  • 1996年02月20日
    在りし日の李鵬同志

    旧暦の元日に棗園村の秧歌(ヤンコ踊り)隊とともに陝西省の「大秧歌」を踊る李鵬同志。1996年2月19、20両日、李鵬(り・ほう)同志は50年ぶりに中国陝西省延安市を訪れ、地元の幹部や民衆と会い、人々とともに新年(春節)を迎えた。(北京=新華社記者/劉建国)=1996(平成8)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019073103483

  • 1996年03月05日
    「舌先の幸福感」を求めて変わりゆく鉄道と食の70年

    1990年代の食堂車。(資料写真)中国高速鉄道の営業距離は3万キロに達し、中国は世界で高速鉄道の距離が最も長く、輸送密度が最も高い国となった。乗客の旅への期待は「快適さ」から「グルメ」へと広がり、「舌先の幸福感」は新中国成立から70年にわたり追求されてきた。(北京=新華社配信/北京鉄路局提供)=1996(平成8)年3月5日、クレジット:北京鉄路局/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019090501038

  • 1996年03月08日
    香港でハンスト 中台関係損なうと演習非難

    8日、香港の新華社香港支社前で、中国のミサイル演習に抗議して2日間のハンストに入った香港の青年組織のメンバー4人(ロイター=共同)

    商品コード: 1996030800119

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1996年03月15日
    上陸演習する解放軍兵士 中国が新たに3軍合同演習

    「激戦」を想定し上陸演習する中国人民解放軍兵士。昨年11月、台湾の対岸にあたる中国福建省で行われた陸海空軍の合同演習で新華社により撮影された(共同)

    商品コード: 1996031500113

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1996年03月15日
    発射される中国ミサイル 中国が新たに3軍合同演習

    台湾沖に向け発射された中国人民解放軍第二砲兵部隊のミサイル。中国国営通信新華社が15日配信した(共同)

    商品コード: 1996031500109

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1996年03月15日
    上陸演習する解放軍兵士 中国が新たに3軍合同演習

    「激戦」を想定し上陸演習する中国人民解放軍兵士。昨年11月、台湾の対岸にあたる中国福建省で行われた陸海空軍の合同演習で新華社により撮影された(共同)

    商品コード: 1996031500114

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1996年03月15日
    発射される中国ミサイル 中国が新たに3軍合同演習

    台湾沖に向け発射された中国人民解放軍第二砲兵部隊のミサイル。中国国営通信新華社が15日配信した(共同)

    商品コード: 1996031500108

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1996年03月20日
    地対空ミサイル 中国、演習第2波を終了

    20日終了した中国人民解放軍の実弾演習で、新華社が撮影した空軍の地対空ミサイル(共同)

    商品コード: 1996032000073

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1996年03月20日
    地対空ミサイル 中国、演習第2波を終了

    20日終了した中国人民解放軍の実弾演習で、新華社が撮影した空軍の地対空ミサイル(共同)

    商品コード: 1996032000076

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1996年03月20日
    航行するミサイル駆逐艦 中国、演習第2波を終了

    20日終了した中国人民解放軍の実弾演習で、新華社が撮影した台湾海峡南部を航行する海軍のミサイル駆逐艦(共同)

    商品コード: 1996032000072

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1996年03月20日
    海軍のミサイル駆逐艦 中国、演習第2波を終了

    20日終了した中国人民解放軍の実弾演習で、台湾海峡南部で新華社が撮影した仮想敵潜水艦にロケット弾を発射する海軍のミサイル駆逐艦(共同)

    商品コード: 1996032000079

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1996年03月20日
    航行するミサイル駆逐艦 中国、演習第2波を終了

    20日終了した中国人民解放軍の実弾演習で、新華社が撮影した台湾海峡南部を航行する海軍のミサイル駆逐艦(共同)

    商品コード: 1996032000078

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1996年03月20日
    海軍のミサイル駆逐艦 中国、演習第2波を終了

    20日終了した中国人民解放軍の実弾演習で、台湾海峡南部で新華社が撮影した仮想敵潜水艦にロケット弾を発射する海軍のミサイル駆逐艦(共同)

    商品コード: 1996032000077

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1996年03月25日
    行軍する解放軍戦車部隊 中国、演習終了を発表

    台湾海峡での陸海空軍合同演習で、行軍する中国人民解放軍の戦車部隊。新華社が撮影、25日に公表された(共同)

    商品コード: 1996032500119

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1996年03月25日
    輸送船と上陸する戦車 中国、演習終了を発表

    台湾海峡での陸海空軍合同演習で、輸送船から上陸する中国人民解放軍の戦車と装甲車。新華社が撮影、25日に公表された(共同)

    商品コード: 1996032500129

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1996年03月25日
    行軍する解放軍戦車部隊 中国、演習終了を発表

    台湾海峡での陸海空軍合同演習で、行軍する中国人民解放軍の戦車部隊。新華社が撮影、25日に公表された(共同)

    商品コード: 1996032500125

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...