KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 記者
  • 令和
  • 内容
  • 映像
  • 様子
  • 人々
  • 流域
  • 収入
  • 図案
  • 息吹

「方方」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
38
( 1 38 件を表示)
  • 1
38
( 1 38 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1942年02月19日
    第1683号 「同盟写真特報」

    世紀の要塞潰滅に、一億歓喜の爆発(1)南方方面陸軍最高指揮官寺内寿一大将(2)総参謀長塚田攻中将(3)戦勝を寿(ことほ)ぐ赤子の群(4)歴史的発表を行う大平報道部長(5)乾杯をあげる陸軍報道部員(6)マレー方面最高指揮官山下奉文中将(7)帝都上空シンガポール陥落のアドバルーン、昭和17年2月19日(木曜日)第1683号

    商品コード: 2009011900146

  • 1952年10月20日
    宇野末次郎氏

    南方方面遺骨調査団団長の宇野末次郎氏=1952(昭和27)年10月20日(27年内地2681)

    商品コード: 2013020800195

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1989年05月21日
    武装兵士の前に座り込み 戒厳令への抵抗続く

    1989年5月21日未明、北京市の西方方向から突入を図った人民解放軍兵士の前に座り込んだ学生たち=北京市郊外(共同)(天安門事件)

    商品コード: 2009060100195

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2009年06月02日
    武装兵士の前に座り込み 犠牲者遺族ら軟禁し警戒

    戒厳令が敷かれた翌日の1989年5月21日未明、北京市の西方方向から突入を図った人民解放軍兵士の前に座り込んだ学生たち=北京市郊外(共同)

    商品コード: 2009060200231

  • 2018年06月15日
    Hairy Alpenrose (Rhododendron hirsutum) on mountain meadow

    Hairy Alpenrose (Rhododendron hirsutum) on mountain meadow, view towards the Schober group, Hohe Tauern National Park, Carinthia, Austria, Europe、クレジット:imageBROKER.com/Robert Haasmann/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020112403595

  • 04:50.66
    2018年08月11日
    「新華社」青海省「天空の鏡」チャカ塩湖観光客200万人突破

    中国版「天空の鏡」の青海省海西モンゴル族チベット族自治州烏蘭県チャカ(茶卡)鎮のチャカ塩湖が11日、昨年より12日早く年間200万人目の観光客を迎えた。平坦な土地が広がるチャカ塩湖の湖面は反射率が非常に高く、まるで空がおしゃれするために用意された鏡のようで、中国の「天空の鏡」と呼ばれている。チャカ塩湖は固体と液体が共存する天然塩湖で、快晴の際の湖面はまさに鏡そのもの。今年4月、チャカ塩湖は3度にわたる総投資6億元(1元=約16円)の再整備を終えた。またこのほど、環境保護やボランティア、巡回監督・管理に力を入れ、きれいに保たれた景勝地の環境や質の高いサービスで幅広い観光客のニーズを満たしている。同時に微信(WeChat)内に公式アカウント「西鉱智旅」を開設し、観光客はスマホさえあれば、景勝地のグルメ、ホテル、交通、観光、ショッピング、エンタメに関する情報を得られ、観光客に迅速で便利な新しい娯楽モデルを提供している。(記者/韓方方、趙玉和)<映像内容>チャカ塩湖観光の様子、撮影日:2018(平成30)年8月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101801879

  • 03:31.67
    2018年12月25日
    「新華社」チベット族文化の「百科全書」大型仏画を鑑賞青海省

    中国青海省西寧市の青海チベット文化博物院には「世界一長いタンカ(仏画)」としてギネス世界記録に認定された「中国チベット族文化芸術彩絵大観」が展示されている。1枚1枚縫い目なくつながる精巧で美しいアップリケの図案を合わせてできあがった迫力満点のチベット族文化の絵巻物は見る者を魅了する。同作品は700枚余りのタンカと3千を超すアップリケの図案で構成され、長さ618メートルで幅2・5メートル、1500平方メートルの大きさを誇る。同作品は、天文、地理、歴史、宗教、医学、民俗、文化芸術、生活など多彩な内容が盛り込まれ、チベット族の先人たちの宇宙に対する認識や青海チベット高原の形成過程などが詳しく説明されており、チベット族文化の百科全書と呼ばれる。同作品には貴重な史料的価値がある。多くの散逸した寺院の資料や喪失寸前の民間資料が宗者拉傑氏によって発掘・整理され、作品に表現されている。美術的観点からは、隣り合った2枚の絵が自然につなぎ合わされ、絵師たちの優れた技術が示されていると言える。チベット族特有の絵画芸術を継承し発展させたものであるだけでなく、中華民族文化の最高の宝物でもある。(記者/趙玉和、韓方方)<映像内容>世界一長いタンカ(仏画)の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018122621881

  • 04:05.54
    2019年01月06日
    「新華社」厳冬に黄河を泳いで横断青海省でレース開催

    中国青海省海南チベット族自治州貴徳県で6日、第9回中国青海国際(冬季)黄河横断チャレンジングレースが行われた。美しい黄河で繰り広げられる激しいレースにロシア、フランス、ドイツなど17の国と地域から122人が参加し栄冠を競った。標高が高く酸素が希薄で、水温が低く水の流れが急なことが冬季黄河横断レースの特徴で、全ての選手が直面する試練となる。各国の選手は標高2200メートル余りの高原特有の酸素が希薄な環境下で、氷点下十数度の気温の中、次々と黄河へ飛び込み、横からの水流に逆らいながら、全力で泳いだ。刺すような冷たさの黄河の水が選手に極限の試練を与えたが、選手はひるむことなく冷たい水中を進む。懸命に泳ぐ選手を岸で見守る観客は盛り上がり、熱いエールを送った。今回のレースは省内今年初の国際大会となった。同レースの開催は人々に青海省独特の自然環境、歴史文化およびスポーツイベントを知ってもらい、同時に社会全体の生態環境や母なる大河の保護についての意識を高めてもらうことを目的としている。また同省各地でその生態環境に立脚した地域の特色あるレースの開催をさらに促進し、青海省の四季のスポーツイベント開催を盛り上げたいとの思いがある。(記者/韓方方、王艶)<映像内容>第9回中国青海国際黄河横断チャレンジングレースの様子、撮影日:2019(平成31)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010921081

  • 02:55.95
    2019年01月22日
    「新華社」高さ53メートルの温度計が青海省西寧市に出現

    中国青海省西寧(せいねい)市の海湖(かいこ)新区にあるビルの外壁に出現した巨大な温度計が人目を引いている。この温度計は高さ53メートルで、温度感知技術を利用して室外温度をリアルタイムに記録しており、セ氏40度から零下30度まで表示することができる。黒いビルの外壁で、巨大な温度計の目盛りが気温の変化に伴って絶えず上下している。市民は温度計を通じて、「夏の都」(夏が過ごしやすい)西寧の暑さ寒さ、万物の変化、それぞれの季節がもたらす感覚の変化、都市の魅力を感じることができる。観光客が西寧の気温をリアルタイムに知るのにも便利だ。温度計は夜になると光るようになっており、非常に美しく、観光スポットとなっている。(記者/韓方方、趙玉和)<映像内容>高層ビルに巨大な温度計が出現、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012202064

  • 03:22.43
    2019年02月15日
    「新華社」秦腔の古き調べで迎える新春青海省互助トゥ族自治県

    中国北西部の伝統演劇「秦腔(しんこう)」は、乱弾(らんだん)とも呼ばれ、青海省海東市互助トゥ族自治県にも古くから伝わる。同県では家々で伝統劇を歌い継ぐ風習があり、しばしば大掛かりな「秦腔」が上演されている。互助県秦劇団では農民が役者を務める。劇団は2011年4月に各郷鎮にあった8つのアマチュア劇団を統合し結成され、2017年5月には劇団を元に互助県秦韻戯曲演芸有限公司が設立された。同劇団は民間の秦腔公演団体であり、「戯曲(伝統劇)芸術を受け継ぎ後世に伝え、人びとの生活を彩り、文化を繁栄興隆させる」ことを理念に、河湟(かこう、青海省東部の黄河上流とその支流の湟水一帯)流域で活動している。農村や学校への出張公演にも力を入れており、毎年の公演回数は150回上以上、観客数は10万人以上に達する。中国北西部で流行した秦腔は、「八百里秦川」と呼ばれる陝西省の渭河(いが)平原から河湟地域へ伝わり、さらに互助トゥ族が生活する地域へと伝わった。秦腔はこの地で静かにトゥ族の郷土文化に溶け込んでいった。互助秦腔は2017年、青海省の省級無形文化遺産リストに登録されている。(記者/韓方方、趙玉和)<映像内容>中国北西部の伝統演劇「秦腔」上演の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021501703

  • 03:03.19
    2019年02月19日
    「新華社」芸術僧の指先が作り出すタール寺の「酥油花」

    元宵節(旧暦1月15日)に当たる19日、中国青海省西寧市湟中(こうちゅう)県にあるチベット仏教の有名寺院、タール寺(塔爾寺)で年に一度の酥油花(バター細工)展が行われた。国内外から観光客や信徒が大勢訪れ、足を止めて鑑賞した。酥油花の制作過程はとても大変だ。バターは熱で溶けやすいため、一年で最も寒い時期に制作しなければならない。タール寺の芸術僧は氷点下十数度の部屋で、何度も熱湯に手を入れてバターを成形し、その後、氷水で指の温度を下げなければならない。タール寺は可動文化財10数万点を保有しており、このうち国家一級文化財は1万点を超える。今年末に同寺の文化財展示センターが完成し、来年には一般公開される予定だ。(記者/韓方方)<映像内容>チベット仏教のタール寺でバター細工の「酥油花」展示、制作の様子、撮影日:2019(平成31)年2月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022604086

  • 01:53.47
    2019年04月11日
    「新華社」長江源流の瑪可河流域でキエリテンの生息を初めて確認

    中国青海省のゴロクチベット族自治州を流れる長江源流域の瑪可(めか)河流域でこのほど、野外調査を行っていた研究者が、キエリテンの姿を見つけ、映像に収めることに成功した。また、ヤマジャコウジカ、オナガゴーラル、サンバーなどの希少種も記録した。同調査で、キエリテンの生息に関して、青海省全土で初めて映像に記録することに成功した。同種は、中国国家二級保護野生動物で、東南アジア、ヒマラヤ南山麓、泰嶺山脈以南の森林に生息し、シカなどの小型有蹄類を集団で捕食している。また、同流域は高山峡谷地域であり、同種が森林で活動的に暮らす種であることから、同区域は、生息動物の種類が豊富で、南北の動物が交錯する場所となっていることがわかった。また、中国国家一級保護野生動物のクチジロジカとジャコウジカの2種、中国国家二級保護野生動物のオナガゴーラル、サンバー、マエガミジカなどの7種も発見された。上記の結果により、同流域は三江源流地域で有蹄動物が最も多い地域であることが明らかになった。(記者/趙玉和、韓方方、李亜光)<映像内容>中国青海省のキエリテンなど希少動物を撮影した様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041223800

  • 2020年02月06日
    Floods at Rein

    06 February 2020, North Rhine-Westphalia, Mülheim: A cargo ship is sailing up the Rhine near Duisburg in the direction of Cologne. The water levels of the Rhine have continued to rise in North Rhine-Westphalia. The flooding caused restrictions on shipping traffic. Photo: Roland Weihrauch/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020020708865

  • 02:01.07
    2020年06月04日
    「新華社」特産の塩で広げる豊かさへの道青海省都蘭河村

    中国青海省海西モンゴル族チベット族自治州烏蘭県都蘭河村はかつて、農業の他には特に産業のない貧しい村だった。2018年から、同村は地元のチャカ塩湖で産出する「チャカ青塩」の薬用および観賞用の価値を足掛かりに、国からの補助金50万元(1元=約15円)と浙江省から青海省へのペアリング支援資金100万元を活用し、村に塩彫刻加工工場を建設。人々が増収により豊かになるための道を広げた。村は1企業1郷村の連携振興策と結び付け、サポーター企業が塩や電子レンジなど原材料や加工設備を提供し、農家の塩彫刻制作に対する参加意欲を喚起している。工場は「合作社(協同組合)+小規模工場+村民」の発展モデルを採用、生産拠点の構築を通じて分散していた農家を結集し、労働契約を締結することで、農家の収入を保障している。(記者/趙玉和、韓方方)<映像内容>塩彫刻加工工場の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060508924

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:59.96
    2021年03月17日
    「新華社」伝統的なチベット式建物の守り人青海省

    中国青海省玉樹チベット族自治州称多県出身のニマ(尼瑪)さんは(40)は、有名なチベット建築の大工だった父親の影響で、幼い頃から伝統的なチベット式の建物に強い関心を抱いていた。2010年の玉樹地震でふるさとの多くの家屋が損壊した様子を見て、伝統的なチベット式の村落や建物を保護することが急務だと感じた。家屋の再建が始まると、通天河(つうてんが)流域にあるチベット族の伝統村落を保護する活動に積極的に参加するようになった。15年に「玉樹古建築保護協会」を設立し、三江源(長江、黄河、瀾滄江の源流)地区に分布する100以上の古村落を調査。場所やレイアウト、装飾の特徴、風俗・習慣などの基本情報をまとめた資料を作成したほか、観光地として「古村落生活体験区」をオープンする手助けもした。伝統的な村落で独特の風習に触れることができる体験区は多くの観光客を呼び込み、伝統的なチベット式建物と古村落が持つ大きな価値が徐々に鮮明になった。現地政府はここ数年、支援策を打ち出して、村民が郷土の建物を利用して民宿や古村落生活体験区、旅行・観光業を手掛けることを奨励している。伝統的なチベット式建物や工芸を保存しながら発展させ、古村落のおもかげをとどめることがニマさんの最大の願いとなっている。(記者/韓方方、張宏祥) =配信日: 2021(令和3)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021031715415

  • 2021年06月09日
    Chinese Mars Rover Sends Back Martian Surface Images

    June 9, 2021, Utopia Planitia, Mars: The lander carrying a rover of the Tianwen-1 mission touched down in the southern part of Utopia Planitia, a vast plain on the northern hemisphere of Mars, on May 15, becoming the country‘s first probe to land on a planet other than Earth. The first photograph, a black and white image, was taken by an obstacle avoidance camera installed in front of the Mars rover. The image shows that a ramp on the lander has been extended to the surface of Mars. The terrain of the rover‘s forward direction is clearly visible in the image, and the horizon of Mars appears curved due to the wide-angle lens. (Credit Image: © CNSA/ZUMA Press Wire Service)、クレジット:©CNSA/ZUMA Press Wire Service/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061202660

  • 2021年06月09日
    Chinese Mars Rover Sends Back Martian Surface Images

    June 9, 2021, Utopia Planitia, Mars: The lander carrying a rover of the Tianwen-1 mission touched down in the southern part of Utopia Planitia, a vast plain on the northern hemisphere of Mars, on May 15, becoming the country‘s first probe to land on a planet other than Earth. The first photograph, a black and white image, was taken by an obstacle avoidance camera installed in front of the Mars rover. The image shows that a ramp on the lander has been extended to the surface of Mars. The terrain of the rover‘s forward direction is clearly visible in the image, and the horizon of Mars appears curved due to the wide-angle lens. (Credit Image: © CNSA/ZUMA Press Wire Service)、クレジット:©CNSA/ZUMA Press Wire Service/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061203352

  • 00:37.14
    2021年07月06日
    「新華社」クリーンエネルギーが照らす、可能性あふれる未来青海省

    中国送電大手、国家電網傘下の青海省電力によると、青海省の6月の新エネルギーによる発電設備容量が過去最高の994万キロワット(kW)となった。内訳は風力が116万kW、太陽光が878万kW。省全体の発電設備容量に占める新エネルギー発電の割合は79%を占め、当月の需要電力の1・04倍となり、同省の電力需給バランスとクリーンエネルギー発電の域外送電に貢献した。青海省はクリーンエネルギー資源が豊富で、エネルギー開発の大きな可能性を秘めている。同省はここ数年、「クリーンエネルギー省」建設に力を入れ、新エネルギー発電を急速に発展させてきた。第13次5カ年規画(2016~20年)以来、新エネルギー発電の設備容量の割合は30%から61%に増加した。2020年には、新たなグリッド接続を開始したことで発電設備容量が861万kW増加、その全てが新エネルギー発電に由来している。21年5月末時点で、同省全体の発電設備容量は4050万kWとなり、うち水力発電が1193万kW、太陽光発電が1591万kW、風力発電が853万kW、太陽熱発電が21万kWだった。(記者/韓方方) =配信日: 2021(令和3)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021070610523

  • 2022年02月25日
    (1)湟水河にカモの群れ、市民ら和む青海省海東市

    23日、湟水河のほとりで休むカモ。中国青海省海東市楽都区を流れる湟水河のほとりでは、二十四節気「雨水」に当たる19日ごろからカモの群れがすみ着き、道行く市民らを和ませている。湟水河は黄河上流の主要な支流で、市内139キロを流れる。同市住民の約75%が流域に居住している。同市はここ数年、流域の生態管理を強化しており、環境改善に伴い水鳥の姿が戻りつつある。2020年以降、水鳥が餌やすみかを求めて湟水河に飛来し、現在その数は100羽を超えている。(西寧=新華社記者/韓方方)= 配信日: 2022(令和4)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022022505036

  • 2022年02月25日
    (6)湟水河にカモの群れ、市民ら和む青海省海東市

    23日、湟水河のほとりで休むカモ。中国青海省海東市楽都区を流れる湟水河のほとりでは、二十四節気「雨水」に当たる19日ごろからカモの群れがすみ着き、道行く市民らを和ませている。湟水河は黄河上流の主要な支流で、市内139キロを流れる。同市住民の約75%が流域に居住している。同市はここ数年、流域の生態管理を強化しており、環境改善に伴い水鳥の姿が戻りつつある。2020年以降、水鳥が餌やすみかを求めて湟水河に飛来し、現在その数は100羽を超えている。(西寧=新華社記者/韓方方)= 配信日: 2022(令和4)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022022505053

  • 01:02.42
    2022年02月25日
    「新華社」湟水河にカモの群れ、市民ら和む青海省海東市

    中国青海省海東市楽都区を流れる湟水河のほとりでは、二十四節気「雨水」に当たる19日ごろからカモの群れがすみ着き、道行く市民らを和ませている。湟水河は黄河上流の主要な支流で、市内139キロを流れる。同市住民の約75%が流域に居住している。同市はここ数年、流域の生態管理を強化しており、環境改善に伴い水鳥の姿が戻りつつある。2020年以降、水鳥が餌やすみかを求めて湟水河に飛来し、現在その数は100羽を超えている。(記者/韓方方) =配信日: 2022(令和4)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022022505060

  • 2022年02月25日
    (7)湟水河にカモの群れ、市民ら和む青海省海東市

    23日、青海省海東市楽都区を流れる湟水河。中国青海省海東市楽都区を流れる湟水河のほとりでは、二十四節気「雨水」に当たる19日ごろからカモの群れがすみ着き、道行く市民らを和ませている。湟水河は黄河上流の主要な支流で、市内139キロを流れる。同市住民の約75%が流域に居住している。同市はここ数年、流域の生態管理を強化しており、環境改善に伴い水鳥の姿が戻りつつある。2020年以降、水鳥が餌やすみかを求めて湟水河に飛来し、現在その数は100羽を超えている。(西寧=新華社記者/韓方方)= 配信日: 2022(令和4)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022022505056

  • 2022年04月22日
    (3)多彩な課外活動で子どもたちの生活に彩り青海省

    18日、体操をする文楽中心寄宿学校の児童ら。(小型無人機から)標高4500メートルの中国青海省玉樹チベット族自治州称多県にある文楽中心寄宿学校は、小中学生の宿題と塾通いの負担軽減を目的とする「二つの軽減(双減)」政策の実施以降、課外活動を充実させている。内容は体育や音楽、美術、舞踊など多岐にわたっており、高原の牧畜地域に住む子どもたちの生活を彩っている。(玉樹=新華社記者/韓方方)= 配信日: 2022(令和4)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022042205478

  • 2022年05月06日
    (9)医療支援隊員、農牧区の人々の医療アクセスを改善青海省

    4月25日、玉樹チベット族自治州人民医院の病室で回診する青海省人民医院の医師で青南医療支援隊員の謝延玲(しゃ・えんれい)さん(左)。中国の青海省は2018年12月、省級公立病院のペアリング支援の一環として青南三州(青海省南部にある玉樹、黄南、ゴロクの3チベット族自治州)の医療活動を正式に開始した。青南地区の医療支援隊員は3年以上にわたり、支援対象病院のマネジメントや医療サービス、学科設立、新技術、新業務、公衆衛生、医療改革など多方面で顕著な成果を生み、同地区の人々が抱える「診察が難しい」「病院が遠い」といった課題を徐々に解消している。(玉樹=新華社記者/韓方方)= 配信日: 2022(令和4)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050700028

  • 2022年05月06日
    (12)チベット族の無形文化遺産「蘇魯金属工芸技術」に新たな輝き青海省雑多県

    4月20日、弟子に装飾品の製作技術を教える土丁江才さん。中国青海省玉樹チベット族自治州雑多県はここ数年、無形文化遺産の伝承と地元牧畜民の増収に力を入れている。チベット族の無形文化遺産「蘇魯金属工芸技術」の伝承拠点を設置し、地元の伝承者、土丁江才(トォディンギャムツェ)さんを招いて牧畜民を対象に技術教習を行い、チベットナイフやベルト、指輪などの手工芸品を製作している。市場ニーズに合わせて金型を進化させ、図案を刷新して製品を改良し、オーダーメードにも対応している。牧畜民の手作りの工芸品は現在、甘粛省や四川省、西蔵(シーザン)自治区などで販売され、一部は海外にも輸出されている。無形文化遺産を伝承するだけでなく、地元住民の収入増も実現している。(玉樹=新華社記者/韓方方)= 配信日: 2022(令和4)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050604093

  • 2022年05月06日
    (11)チベット族の無形文化遺産「蘇魯金属工芸技術」に新たな輝き青海省雑多県

    4月20日、蘇魯金属工芸技術で製作された手工芸品。中国青海省玉樹チベット族自治州雑多県はここ数年、無形文化遺産の伝承と地元牧畜民の増収に力を入れている。チベット族の無形文化遺産「蘇魯金属工芸技術」の伝承拠点を設置し、地元の伝承者、土丁江才(トォディンギャムツェ)さんを招いて牧畜民を対象に技術教習を行い、チベットナイフやベルト、指輪などの手工芸品を製作している。市場ニーズに合わせて金型を進化させ、図案を刷新して製品を改良し、オーダーメードにも対応している。牧畜民の手作りの工芸品は現在、甘粛省や四川省、西蔵(シーザン)自治区などで販売され、一部は海外にも輸出されている。無形文化遺産を伝承するだけでなく、地元住民の収入増も実現している。(玉樹=新華社記者/韓方方)= 配信日: 2022(令和4)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050604094

  • 2022年05月06日
    (10)無形文化遺産伝承者、中国伝統楽器と西洋楽器で民謡を奏でる青海省

    4月20日、娘許扎西さんが自作した牛角簫。中国青海省玉樹チベット族自治州雑多県扎青郷地青村に住む娘許扎西(ニャシュル・タシ)さん(64)は、省級無形文化遺産に指定されている伝統音楽「格吉薩三扎」の代表的伝承者となっている。「格吉薩三扎」をより多くの人に身近に感じてもらうために、娘許扎西さんは鷹笛や牛角簫、鹿骨笛などの民族楽器を自作し、サクソフォンやアコーディオンなどの西洋楽器を使って民謡を演奏し、伝統芸能に新しい息吹を吹き込んでいる。(玉樹=新華社記者/韓方方)= 配信日: 2022(令和4)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050605332

  • 2022年05月06日
    (9)無形文化遺産伝承者、中国伝統楽器と西洋楽器で民謡を奏でる青海省

    4月20日、牛角簫を吹く娘許扎西さん。中国青海省玉樹チベット族自治州雑多県扎青郷地青村に住む娘許扎西(ニャシュル・タシ)さん(64)は、省級無形文化遺産に指定されている伝統音楽「格吉薩三扎」の代表的伝承者となっている。「格吉薩三扎」をより多くの人に身近に感じてもらうために、娘許扎西さんは鷹笛や牛角簫、鹿骨笛などの民族楽器を自作し、サクソフォンやアコーディオンなどの西洋楽器を使って民謡を演奏し、伝統芸能に新しい息吹を吹き込んでいる。(玉樹=新華社記者/韓方方)= 配信日: 2022(令和4)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050605335

  • 2022年05月06日
    (4)医療支援隊員、農牧区の人々の医療アクセスを改善青海省

    4月25日、玉樹チベット族自治州人民医院の医師に腹部のMRI(核磁気共鳴画像装置)診断について説明する青海省人民医院の医師で青南医療支援隊員の祁永紅(き・えいこう)さん(奥)。中国の青海省は2018年12月、省級公立病院のペアリング支援の一環として青南三州(青海省南部にある玉樹、黄南、ゴロクの3チベット族自治州)の医療活動を正式に開始した。青南地区の医療支援隊員は3年以上にわたり、支援対象病院のマネジメントや医療サービス、学科設立、新技術、新業務、公衆衛生、医療改革など多方面で顕著な成果を生み、同地区の人々が抱える「診察が難しい」「病院が遠い」といった課題を徐々に解消している。(玉樹=新華社記者/韓方方)= 配信日: 2022(令和4)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050700021

  • 2022年05月06日
    (8)医療支援隊員、農牧区の人々の医療アクセスを改善青海省

    4月25日、患者の耳を検査する青海省人民医院の医師で青南医療支援隊員の王菲(おう・ひ)さん(右)。中国の青海省は2018年12月、省級公立病院のペアリング支援の一環として青南三州(青海省南部にある玉樹、黄南、ゴロクの3チベット族自治州)の医療活動を正式に開始した。青南地区の医療支援隊員は3年以上にわたり、支援対象病院のマネジメントや医療サービス、学科設立、新技術、新業務、公衆衛生、医療改革など多方面で顕著な成果を生み、同地区の人々が抱える「診察が難しい」「病院が遠い」といった課題を徐々に解消している。(玉樹=新華社記者/韓方方)= 配信日: 2022(令和4)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050700027

  • 2022年05月06日
    (3)医療支援隊員、農牧区の人々の医療アクセスを改善青海省

    4月25日、患者の体を検査をする青海省婦女児童医院の医師で青南医療支援隊員の孫敬(そん・けい)さん。中国の青海省は2018年12月、省級公立病院のペアリング支援の一環として青南三州(青海省南部にある玉樹、黄南、ゴロクの3チベット族自治州)の医療活動を正式に開始した。青南地区の医療支援隊員は3年以上にわたり、支援対象病院のマネジメントや医療サービス、学科設立、新技術、新業務、公衆衛生、医療改革など多方面で顕著な成果を生み、同地区の人々が抱える「診察が難しい」「病院が遠い」といった課題を徐々に解消している。(玉樹=新華社記者/韓方方)= 配信日: 2022(令和4)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050700025

  • 2022年05月06日
    (8)無形文化遺産伝承者、中国伝統楽器と西洋楽器で民謡を奏でる青海省

    4月20日、横笛で民謡を演奏する娘許扎西さん。中国青海省玉樹チベット族自治州雑多県扎青郷地青村に住む娘許扎西(ニャシュル・タシ)さん(64)は、省級無形文化遺産に指定されている伝統音楽「格吉薩三扎」の代表的伝承者となっている。「格吉薩三扎」をより多くの人に身近に感じてもらうために、娘許扎西さんは鷹笛や牛角簫、鹿骨笛などの民族楽器を自作し、サクソフォンやアコーディオンなどの西洋楽器を使って民謡を演奏し、伝統芸能に新しい息吹を吹き込んでいる。(玉樹=新華社記者/韓方方)= 配信日: 2022(令和4)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050605338

  • 2022年05月06日
    (3)無形文化遺産伝承者、中国伝統楽器と西洋楽器で民謡を奏でる青海省

    4月20日、娘許扎西さんが自作した鹿骨笛。中国青海省玉樹チベット族自治州雑多県扎青郷地青村に住む娘許扎西(ニャシュル・タシ)さん(64)は、省級無形文化遺産に指定されている伝統音楽「格吉薩三扎」の代表的伝承者となっている。「格吉薩三扎」をより多くの人に身近に感じてもらうために、娘許扎西さんは鷹笛や牛角簫、鹿骨笛などの民族楽器を自作し、サクソフォンやアコーディオンなどの西洋楽器を使って民謡を演奏し、伝統芸能に新しい息吹を吹き込んでいる。(玉樹=新華社記者/韓方方)= 配信日: 2022(令和4)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050605301

  • 2022年05月06日
    (2)チベット族の無形文化遺産「蘇魯金属工芸技術」に新たな輝き青海省雑多県

    4月20日、完成した金属工芸品を見せる土丁江才さん。中国青海省玉樹チベット族自治州雑多県はここ数年、無形文化遺産の伝承と地元牧畜民の増収に力を入れている。チベット族の無形文化遺産「蘇魯金属工芸技術」の伝承拠点を設置し、地元の伝承者、土丁江才(トォディンギャムツェ)さんを招いて牧畜民を対象に技術教習を行い、チベットナイフやベルト、指輪などの手工芸品を製作している。市場ニーズに合わせて金型を進化させ、図案を刷新して製品を改良し、オーダーメードにも対応している。牧畜民の手作りの工芸品は現在、甘粛省や四川省、西蔵(シーザン)自治区などで販売され、一部は海外にも輸出されている。無形文化遺産を伝承するだけでなく、地元住民の収入増も実現している。(玉樹=新華社記者/韓方方)= 配信日: 2022(令和4)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050604072

  • 2022年05月06日
    (7)チベット族の無形文化遺産「蘇魯金属工芸技術」に新たな輝き青海省雑多県

    4月20日、銀片を加工する伝承拠点の受講生。中国青海省玉樹チベット族自治州雑多県はここ数年、無形文化遺産の伝承と地元牧畜民の増収に力を入れている。チベット族の無形文化遺産「蘇魯金属工芸技術」の伝承拠点を設置し、地元の伝承者、土丁江才(トォディンギャムツェ)さんを招いて牧畜民を対象に技術教習を行い、チベットナイフやベルト、指輪などの手工芸品を製作している。市場ニーズに合わせて金型を進化させ、図案を刷新して製品を改良し、オーダーメードにも対応している。牧畜民の手作りの工芸品は現在、甘粛省や四川省、西蔵(シーザン)自治区などで販売され、一部は海外にも輸出されている。無形文化遺産を伝承するだけでなく、地元住民の収入増も実現している。(玉樹=新華社記者/韓方方)= 配信日: 2022(令和4)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050604089

  • 2022年05月06日
    (11)無形文化遺産伝承者、中国伝統楽器と西洋楽器で民謡を奏でる青海省

    4月20日、孫の伊培吾桑(イペ・ウサン)さんに内モンゴル民謡「鴻雁(ホンガル)」の横笛演奏を教える娘許扎西さん(右)。中国青海省玉樹チベット族自治州雑多県扎青郷地青村に住む娘許扎西(ニャシュル・タシ)さん(64)は、省級無形文化遺産に指定されている伝統音楽「格吉薩三扎」の代表的伝承者となっている。「格吉薩三扎」をより多くの人に身近に感じてもらうために、娘許扎西さんは鷹笛や牛角簫、鹿骨笛などの民族楽器を自作し、サクソフォンやアコーディオンなどの西洋楽器を使って民謡を演奏し、伝統芸能に新しい息吹を吹き込んでいる。(玉樹=新華社記者/韓方方)= 配信日: 2022(令和4)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050605381

  • 2022年05月06日
    (5)医療支援隊員、農牧区の人々の医療アクセスを改善青海省

    4月25日、玉樹チベット族自治州人民医院の小児科外来で診察する青海省婦女児童医院の医師で青南医療支援隊員の孫敬(そん・けい)さん(左)。中国の青海省は2018年12月、省級公立病院のペアリング支援の一環として青南三州(青海省南部にある玉樹、黄南、ゴロクの3チベット族自治州)の医療活動を正式に開始した。青南地区の医療支援隊員は3年以上にわたり、支援対象病院のマネジメントや医療サービス、学科設立、新技術、新業務、公衆衛生、医療改革など多方面で顕著な成果を生み、同地区の人々が抱える「診察が難しい」「病院が遠い」といった課題を徐々に解消している。(玉樹=新華社記者/韓方方)= 配信日: 2022(令和4)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022050700024

  • 01:00.48
    2022年05月09日
    「新華社」チベット族の無形文化遺産「蘇魯金属工芸技術」に新たな息吹青海省

    中国青海省玉樹チベット族自治州雑多県で、同自治州の無形文化遺産「蘇魯金属工芸技術」を駆使して製作した特色ある手工芸品が人気を博している。鳥獣や吉祥八宝の図案が刻まれた、赤サンゴやトルコ石をはめ込んだアクセサリー、ベルト、チベットナイフなどの製品は、甘粛省や四川省、雲南省、西蔵(シーザン)自治区などへ販売され、一部はネパールなどにも輸出されている。同県蘇魯郷山栄村出身の土丁江才(トォディンギャムツェ)さん(50)は、19歳から「蘇魯金属工芸技術」を学び始め、これまでに10人以上の弟子を育てた。弟子のほとんどは貧困家庭出身の子どもだが、手工芸品の製作技術を身に付けたことで毎日200~300元(1元=約19円)の収入が得られるようになった。土丁江才さんらが作った製品は牧畜民の間で人気がある一方、地元政府の協力により青海省以外でも注目されるようになった。土丁江才さんは、より多くの若者がこの技術を学び、想像力に富んだ民族手工芸品をさらに多くの地方に届けたいと話している。(記者/童昊、央秀達珍、韓方方) =配信日: 2022(令和4)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022051000827

  • 1