KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 日刊工業新聞
  • インフラ
  • 世界
  • 予定
  • 事業会社
  • 共同利用
  • 合意
  • 完全子会社
  • 方向

「日ピス」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
16
( 1 16 件を表示)
  • 1
16
( 1 16 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1996年05月24日
    日ピス社長に地引氏

    日本ピストンリング社長に就任する地引啓修氏(じびき・ひろのぶ=東大経卒。62年日本長期信用銀行に入り、常務を経て95年から日本ピストンリング副社長)

    商品コード: 1996052400032

  • 2020年07月09日
    日本ピストンリングのロゴマーク

    キーワード:日本ピストンリング、NPR、日ピス、自動車部品メーカー、機械部品、企業、看板、ロゴ、ロゴマーク=2020(令和2)年7月9日、埼玉県さいたま市、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072803689

  • 2020年07月09日
    日本ピストンリングのロゴマーク

    キーワード:日本ピストンリング、NPR、日ピス、自動車部品メーカー、機械部品、企業、看板、ロゴ、ロゴマーク=2020(令和2)年7月9日、埼玉県さいたま市、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072803685

  • 2020年07月09日
    日本ピストンリングのロゴマーク

    キーワード:日本ピストンリング、NPR、日ピス、自動車部品メーカー、機械部品、企業、看板、ロゴ、ロゴマーク=2020(令和2)年7月9日、埼玉県さいたま市、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072803682

  • 2021年04月19日
    陸上は日本選手権がヤマ

    東京五輪 日本代表選考日程(コンパクト版)

    商品コード: 2021041909699

  • 2021年04月19日
    陸上は日本選手権がヤマ

    東京五輪 日本代表選考日程(コンパクト版)

    商品コード: 2021041909708

  • 2022年07月27日
    リケン・日本ピストンリング統合 共同会見

    リケンと日本ピストンリングは27日、2023年に共同持ち株会社を設立し経営統合することで合意したと発表した。両社が手がけるエンジン部品は世界的な脱炭素化の流れを受け、ピークアウトが見込まれる。統合によって生産拠点の最適化やインフラの共同利用を図ることで、既存事業を効率化し、新たな事業領域に経営資源を集中させるのが狙い。23年4月に「リケンNPR」を設立する。リケンと日本ピストンリングは事業会社として新会社の完全子会社となる。事業会社の再編についても、経営統合の3年後に実施する方向で検討する。共同持ち株会社の最高経営責任者(CEO)にはリケンの取締役、最高執行責任者(COO)には日本ピストンリングの取締役が就任する予定。写真は株式会社リケンの前川泰則代表取締役社長兼COO(左)と日本ピストンリング株式会社の高橋輝夫代表取締役社長(右)。=2022(令和4)年7月27日、日本、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022072805310

  • 2022年07月27日
    リケン・日本ピストンリング統合 共同会見

    リケンと日本ピストンリングは27日、2023年に共同持ち株会社を設立し経営統合することで合意したと発表した。両社が手がけるエンジン部品は世界的な脱炭素化の流れを受け、ピークアウトが見込まれる。統合によって生産拠点の最適化やインフラの共同利用を図ることで、既存事業を効率化し、新たな事業領域に経営資源を集中させるのが狙い。23年4月に「リケンNPR」を設立する。リケンと日本ピストンリングは事業会社として新会社の完全子会社となる。事業会社の再編についても、経営統合の3年後に実施する方向で検討する。共同持ち株会社の最高経営責任者(CEO)にはリケンの取締役、最高執行責任者(COO)には日本ピストンリングの取締役が就任する予定。写真は株式会社リケンの前川泰則代表取締役社長兼COO(左)と日本ピストンリング株式会社の高橋輝夫代表取締役社長(右)。=2022(令和4)年7月27日、日本、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022072805276

  • 2022年07月27日
    リケン・日本ピストンリング統合 共同会見

    リケンと日本ピストンリングは27日、2023年に共同持ち株会社を設立し経営統合することで合意したと発表した。両社が手がけるエンジン部品は世界的な脱炭素化の流れを受け、ピークアウトが見込まれる。統合によって生産拠点の最適化やインフラの共同利用を図ることで、既存事業を効率化し、新たな事業領域に経営資源を集中させるのが狙い。23年4月に「リケンNPR」を設立する。リケンと日本ピストンリングは事業会社として新会社の完全子会社となる。事業会社の再編についても、経営統合の3年後に実施する方向で検討する。共同持ち株会社の最高経営責任者(CEO)にはリケンの取締役、最高執行責任者(COO)には日本ピストンリングの取締役が就任する予定。写真は株式会社リケンの前川泰則代表取締役社長兼COO(左)と日本ピストンリング株式会社の高橋輝夫代表取締役社長(右)。=2022(令和4)年7月27日、日本、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022072805329

  • 2022年07月27日
    リケン・日本ピストンリング統合 共同会見

    リケンと日本ピストンリングは27日、2023年に共同持ち株会社を設立し経営統合することで合意したと発表した。両社が手がけるエンジン部品は世界的な脱炭素化の流れを受け、ピークアウトが見込まれる。統合によって生産拠点の最適化やインフラの共同利用を図ることで、既存事業を効率化し、新たな事業領域に経営資源を集中させるのが狙い。23年4月に「リケンNPR」を設立する。リケンと日本ピストンリングは事業会社として新会社の完全子会社となる。事業会社の再編についても、経営統合の3年後に実施する方向で検討する。共同持ち株会社の最高経営責任者(CEO)にはリケンの取締役、最高執行責任者(COO)には日本ピストンリングの取締役が就任する予定。写真は株式会社リケンの前川泰則代表取締役社長兼COO(左)と日本ピストンリング株式会社の高橋輝夫代表取締役社長(右)。=2022(令和4)年7月27日、日本、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022072805335

  • 2022年07月27日
    リケン・日本ピストンリング統合 共同会見

    リケンと日本ピストンリングは27日、2023年に共同持ち株会社を設立し経営統合することで合意したと発表した。両社が手がけるエンジン部品は世界的な脱炭素化の流れを受け、ピークアウトが見込まれる。統合によって生産拠点の最適化やインフラの共同利用を図ることで、既存事業を効率化し、新たな事業領域に経営資源を集中させるのが狙い。23年4月に「リケンNPR」を設立する。リケンと日本ピストンリングは事業会社として新会社の完全子会社となる。事業会社の再編についても、経営統合の3年後に実施する方向で検討する。共同持ち株会社の最高経営責任者(CEO)にはリケンの取締役、最高執行責任者(COO)には日本ピストンリングの取締役が就任する予定。写真は日本ピストンリング株式会社の高橋輝夫代表取締役社長。=2022(令和4)年7月27日、日本、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022072805313

  • 2022年07月27日
    リケン・日本ピストンリング統合 共同会見

    リケンと日本ピストンリングは27日、2023年に共同持ち株会社を設立し経営統合することで合意したと発表した。両社が手がけるエンジン部品は世界的な脱炭素化の流れを受け、ピークアウトが見込まれる。統合によって生産拠点の最適化やインフラの共同利用を図ることで、既存事業を効率化し、新たな事業領域に経営資源を集中させるのが狙い。23年4月に「リケンNPR」を設立する。リケンと日本ピストンリングは事業会社として新会社の完全子会社となる。事業会社の再編についても、経営統合の3年後に実施する方向で検討する。共同持ち株会社の最高経営責任者(CEO)にはリケンの取締役、最高執行責任者(COO)には日本ピストンリングの取締役が就任する予定。写真は株式会社リケンの前川泰則代表取締役社長兼COO(左)と日本ピストンリング株式会社の高橋輝夫代表取締役社長(右)。=2022(令和4)年7月27日、日本、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022072805318

  • 2022年07月27日
    リケン・日本ピストンリング統合 共同会見

    リケンと日本ピストンリングは27日、2023年に共同持ち株会社を設立し経営統合することで合意したと発表した。両社が手がけるエンジン部品は世界的な脱炭素化の流れを受け、ピークアウトが見込まれる。統合によって生産拠点の最適化やインフラの共同利用を図ることで、既存事業を効率化し、新たな事業領域に経営資源を集中させるのが狙い。23年4月に「リケンNPR」を設立する。リケンと日本ピストンリングは事業会社として新会社の完全子会社となる。事業会社の再編についても、経営統合の3年後に実施する方向で検討する。共同持ち株会社の最高経営責任者(CEO)にはリケンの取締役、最高執行責任者(COO)には日本ピストンリングの取締役が就任する予定。写真は株式会社リケンの前川泰則代表取締役社長兼COO(左)と日本ピストンリング株式会社の高橋輝夫代表取締役社長(右)。=2022(令和4)年7月27日、日本、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022072805309

  • 2022年07月27日
    リケン・日本ピストンリング統合 共同会見

    リケンと日本ピストンリングは27日、2023年に共同持ち株会社を設立し経営統合することで合意したと発表した。両社が手がけるエンジン部品は世界的な脱炭素化の流れを受け、ピークアウトが見込まれる。統合によって生産拠点の最適化やインフラの共同利用を図ることで、既存事業を効率化し、新たな事業領域に経営資源を集中させるのが狙い。23年4月に「リケンNPR」を設立する。リケンと日本ピストンリングは事業会社として新会社の完全子会社となる。事業会社の再編についても、経営統合の3年後に実施する方向で検討する。共同持ち株会社の最高経営責任者(CEO)にはリケンの取締役、最高執行責任者(COO)には日本ピストンリングの取締役が就任する予定。写真は日本ピストンリング株式会社の高橋輝夫代表取締役社長。=2022(令和4)年7月27日、日本、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022072805279

  • 2022年07月27日
    リケン・日本ピストンリング統合 共同会見

    リケンと日本ピストンリングは27日、2023年に共同持ち株会社を設立し経営統合することで合意したと発表した。両社が手がけるエンジン部品は世界的な脱炭素化の流れを受け、ピークアウトが見込まれる。統合によって生産拠点の最適化やインフラの共同利用を図ることで、既存事業を効率化し、新たな事業領域に経営資源を集中させるのが狙い。23年4月に「リケンNPR」を設立する。リケンと日本ピストンリングは事業会社として新会社の完全子会社となる。事業会社の再編についても、経営統合の3年後に実施する方向で検討する。共同持ち株会社の最高経営責任者(CEO)にはリケンの取締役、最高執行責任者(COO)には日本ピストンリングの取締役が就任する予定。写真は株式会社リケンの前川泰則代表取締役社長兼COO。=2022(令和4)年7月27日、日本、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022072805277

  • 2022年07月27日
    リケン・日本ピストンリング統合 共同会見

    リケンと日本ピストンリングは27日、2023年に共同持ち株会社を設立し経営統合することで合意したと発表した。両社が手がけるエンジン部品は世界的な脱炭素化の流れを受け、ピークアウトが見込まれる。統合によって生産拠点の最適化やインフラの共同利用を図ることで、既存事業を効率化し、新たな事業領域に経営資源を集中させるのが狙い。23年4月に「リケンNPR」を設立する。リケンと日本ピストンリングは事業会社として新会社の完全子会社となる。事業会社の再編についても、経営統合の3年後に実施する方向で検討する。共同持ち株会社の最高経営責任者(CEO)にはリケンの取締役、最高執行責任者(COO)には日本ピストンリングの取締役が就任する予定。写真は株式会社リケンの前川泰則代表取締役社長兼COO(左)と日本ピストンリング株式会社の高橋輝夫代表取締役社長(右)。=2022(令和4)年7月27日、日本、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022072805308

  • 1