KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 記者
  • 位置
  • 発展
  • 都市
  • 歴史
  • メイカー
  • 中原
  • 別山
  • 垣根

「日干しれんが」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
42
( 1 42 件を表示)
  • 1
42
( 1 42 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2017年05月15日
    れんがづくりの作業場 米欧協調、利益見えず

    村内でほぼ唯一残っている日干しれんがづくりの作業場。70人いた職人は5人にまで激減した=8日、イラン北東部ザイヌディン(共同)

    商品コード: 2017051500400

  • 2017年05月15日
    職を失った男性 米欧協調、利益見えず

    日干しれんがづくりの職を失った男性。職探しが難航しているという=8日、イラン北東部ザイヌディン(共同)

    商品コード: 2017051500401

  • 2017年09月24日
    パルシットさん一家 夢の母国、現実前に色あせ

    泥と日干しれんがでできた家に暮らすパルシットさん(左から2人目)と家族=14日、アフガニスタン・ヘジュラトバード(共同)

    商品コード: 2017092400346

  • 01:07.52
    2018年10月07日
    「新華社」農作物の天日干し「晒秋」を空撮江西省婺源県

    中国江西省上饒(じょうじょう)市婺源(ぶげん)県はかねてより「中国で最も美しい村」と呼ばれ、白壁に黒い屋根瓦、自然あふれる山や川、紺碧の空に白い雲、そして美しい風景を利用した大型パフォーマンス「夢裏老家」(夢の中の故郷)で知られる。果実が実る秋、同県篁嶺景区の晒秋(さいしゅう)の光景も最も美しい時期に入る。「晒秋」は、篁嶺の村で500年あまり続いてきた農作業につけられた美しい呼び名だ。村に入ると、時代の波をくぐり抜けてきた徽派建築(中国の伝統的な建築流派)の民家の日干しれんがの壁や家の軒下に設置された干し棚、平たいざるに色とりどりの果実が加わり、独特の「晒秋」の農村風景を織りなしている。(記者/彭菁、温美良)<映像内容>農作物の天日干し「晒秋」の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018100920255

  • 02:24.00
    2018年10月25日
    「新華社」800年前のレリーフと木製像発見ペルー·チャンチャン遺跡

    南米ペルーの文化省はこのほど、同国の考古学者が7月に世界遺産として知られるチャンチャン古代都市遺跡で、800年前のものとみられるレリーフが施された壁や20体の木製人物像を発見したと発表した。チャンチャン遺跡はペルー北西部の都市トルヒーリョから北西に4キロほどの場所にあり、12世紀に建設された世界最大の日干しレンガ造りの古代都市。今回発見されたレリーフの壁や木製像は遺跡北側の区画にあり、これまで泥と日干しレンガのかけらに埋もれていた。発掘修復プロジェクト責任者のエンリケ・ガヨソ氏によると、チャンチャン遺跡はトルヒーリョ近郊の海岸沿いの砂漠地帯にあり、壁に施された正方形と波模様のレリーフはそれぞれ、魚を捕る網と海の波を象徴している。また、土壁の中に規則正しく並べられた20体の木製人物像は、1100~1300年の間に作られた可能性があり、像のうち1体がひどく破損しているほかは、保存状態が良好だという。像はいずれも直立した状態で高さ約70センチ。顔は粘土と砕いた貝殻か骨を混ぜて作ったベージュ色の仮面に覆われ、両手にそれぞれつえと盾を持っている。同国の考古学者は、手にしているつえはこれらの人物の地位と階層を表し、盾は防御と保護を意味すると考えている。古代都市チャンチャンは「アメリカ大陸の建築上の傑作」とされる。この日干しレンガの建造物は、自然による浸食や盗掘者による破壊で脆弱になっていることから、1986年の遺産登録と同時に危機遺産リストにも登録されている。(記者/張国英)<映像内容>チャンチャン古代都市遺跡の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102925478

  • 2019年09月18日
    メイカーの村が人気観光地に河南省新県田鋪大塆

    18日、河南省新県田鋪大塆の景色。中国中部の大別山の奥地に位置する河南省信陽市新県田鋪郷の田鋪大塆は、長い歴史を持ち独自の特色を備えた村。山や川に囲まれ美しい景色が広がり、中原(黄河中下流域の平原をさす)、楚、徽派の文化が混じり合っている。村ではここ数年、革命史跡を巡る「紅色観光」の資源を生かし、20以上ある「創客(メイカー、起業家)」の店が発展を遂げてきた。都市の喧騒(けんそう)を忘れさせてくれる自然の静けさに包まれ、日干しレンガの壁、斜め屋根の家屋、木製の格子窓、竹の垣根など伝統的家屋に触れられるとあって評判は瞬く間に広まり、人気の観光地となった。(信陽=新華社記者/馮大鵬)=2019(令和元)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019092500912

  • 2019年09月18日
    メイカーの村が人気観光地に河南省新県田鋪大塆

    18日、田鋪大塆を散策する観光客。中国中部の大別山の奥地に位置する河南省信陽市新県田鋪郷の田鋪大塆は、長い歴史を持ち独自の特色を備えた村。山や川に囲まれ美しい景色が広がり、中原(黄河中下流域の平原をさす)、楚、徽派の文化が混じり合っている。村ではここ数年、革命史跡を巡る「紅色観光」の資源を生かし、20以上ある「創客(メイカー、起業家)」の店が発展を遂げてきた。都市の喧騒(けんそう)を忘れさせてくれる自然の静けさに包まれ、日干しレンガの壁、斜め屋根の家屋、木製の格子窓、竹の垣根など伝統的家屋に触れられるとあって評判は瞬く間に広まり、人気の観光地となった。(信陽=新華社記者/馮大鵬)=2019(令和元)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019092500764

  • 2019年09月18日
    メイカーの村が人気観光地に河南省新県田鋪大塆

    18日、田鋪大塆の手工芸品を扱う店舗「匠心工房」で特徴的な靴の中敷きを編む職人。中国中部の大別山の奥地に位置する河南省信陽市新県田鋪郷の田鋪大塆は、長い歴史を持ち独自の特色を備えた村。山や川に囲まれ美しい景色が広がり、中原(黄河中下流域の平原をさす)、楚、徽派の文化が混じり合っている。村ではここ数年、革命史跡を巡る「紅色観光」の資源を生かし、20以上ある「創客(メイカー、起業家)」の店が発展を遂げてきた。都市の喧騒(けんそう)を忘れさせてくれる自然の静けさに包まれ、日干しレンガの壁、斜め屋根の家屋、木製の格子窓、竹の垣根など伝統的家屋に触れられるとあって評判は瞬く間に広まり、人気の観光地となった。(信陽=新華社配信/郝源)=2019(令和元)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019092501135

  • 2019年09月18日
    メイカーの村が人気観光地に河南省新県田鋪大塆

    18日、田鋪大塆の店舗に並ぶ、特徴的な小さな靴。中国中部の大別山の奥地に位置する河南省信陽市新県田鋪郷の田鋪大塆は、長い歴史を持ち独自の特色を備えた村。山や川に囲まれ美しい景色が広がり、中原(黄河中下流域の平原をさす)、楚、徽派の文化が混じり合っている。村ではここ数年、革命史跡を巡る「紅色観光」の資源を生かし、20以上ある「創客(メイカー、起業家)」の店が発展を遂げてきた。都市の喧騒(けんそう)を忘れさせてくれる自然の静けさに包まれ、日干しレンガの壁、斜め屋根の家屋、木製の格子窓、竹の垣根など伝統的家屋に触れられるとあって評判は瞬く間に広まり、人気の観光地となった。(信陽=新華社配信/郝源)=2019(令和元)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019092501010

  • 2019年09月18日
    メイカーの村が人気観光地に河南省新県田鋪大塆

    18日、田鋪大塆のメイカーの店舗「女朋友的店(彼女の店)」。中国中部の大別山の奥地に位置する河南省信陽市新県田鋪郷の田鋪大塆は、長い歴史を持ち独自の特色を備えた村。山や川に囲まれ美しい景色が広がり、中原(黄河中下流域の平原をさす)、楚、徽派の文化が混じり合っている。村ではここ数年、革命史跡を巡る「紅色観光」の資源を生かし、20以上ある「創客(メイカー、起業家)」の店が発展を遂げてきた。都市の喧騒(けんそう)を忘れさせてくれる自然の静けさに包まれ、日干しレンガの壁、斜め屋根の家屋、木製の格子窓、竹の垣根など伝統的家屋に触れられるとあって評判は瞬く間に広まり、人気の観光地となった。(信陽=新華社配信/郝源)=2019(令和元)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019092500977

  • 2019年09月18日
    メイカーの村が人気観光地に河南省新県田鋪大塆

    18日、田鋪大塆の手工芸品を扱う店舗「匠心工房」の店主、彭芳珍(ほう・ほうちん)さん。中国中部の大別山の奥地に位置する河南省信陽市新県田鋪郷の田鋪大塆は、長い歴史を持ち独自の特色を備えた村。山や川に囲まれ美しい景色が広がり、中原(黄河中下流域の平原をさす)、楚、徽派の文化が混じり合っている。村ではここ数年、革命史跡を巡る「紅色観光」の資源を生かし、20以上ある「創客(メイカー、起業家)」の店が発展を遂げてきた。都市の喧騒(けんそう)を忘れさせてくれる自然の静けさに包まれ、日干しレンガの壁、斜め屋根の家屋、木製の格子窓、竹の垣根など伝統的家屋に触れられるとあって評判は瞬く間に広まり、人気の観光地となった。(信陽=新華社配信/郝源)=2019(令和元)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019092500937

  • 2019年09月18日
    メイカーの村が人気観光地に河南省新県田鋪大塆

    18日、河南省新県の田鋪大塆の街並み。(小型無人機から)中国中部の大別山の奥地に位置する河南省信陽市新県田鋪郷の田鋪大塆は、長い歴史を持ち独自の特色を備えた村。山や川に囲まれ美しい景色が広がり、中原(黄河中下流域の平原をさす)、楚、徽派の文化が混じり合っている。村ではここ数年、革命史跡を巡る「紅色観光」の資源を生かし、20以上ある「創客(メイカー、起業家)」の店が発展を遂げてきた。都市の喧騒(けんそう)を忘れさせてくれる自然の静けさに包まれ、日干しレンガの壁、斜め屋根の家屋、木製の格子窓、竹の垣根など伝統的家屋に触れられるとあって評判は瞬く間に広まり、人気の観光地となった。(信陽=新華社記者/馮大鵬)=2019(令和元)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019092501137

  • 2019年09月18日
    メイカーの村が人気観光地に河南省新県田鋪大塆

    18日、田鋪大塆の店舗に並ぶ、トラの形をした伝統的な枕。中国中部の大別山の奥地に位置する河南省信陽市新県田鋪郷の田鋪大塆は、長い歴史を持ち独自の特色を備えた村。山や川に囲まれ美しい景色が広がり、中原(黄河中下流域の平原をさす)、楚、徽派の文化が混じり合っている。村ではここ数年、革命史跡を巡る「紅色観光」の資源を生かし、20以上ある「創客(メイカー、起業家)」の店が発展を遂げてきた。都市の喧騒(けんそう)を忘れさせてくれる自然の静けさに包まれ、日干しレンガの壁、斜め屋根の家屋、木製の格子窓、竹の垣根など伝統的家屋に触れられるとあって評判は瞬く間に広まり、人気の観光地となった。(信陽=新華社配信/郝源)=2019(令和元)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019092500970

  • 2019年09月18日
    メイカーの村が人気観光地に河南省新県田鋪大塆

    18日、河南省新県の田鋪大塆。(小型無人機から)中国中部の大別山の奥地に位置する河南省信陽市新県田鋪郷の田鋪大塆は、長い歴史を持ち独自の特色を備えた村。山や川に囲まれ美しい景色が広がり、中原(黄河中下流域の平原をさす)、楚、徽派の文化が混じり合っている。村ではここ数年、革命史跡を巡る「紅色観光」の資源を生かし、20以上ある「創客(メイカー、起業家)」の店が発展を遂げてきた。都市の喧騒(けんそう)を忘れさせてくれる自然の静けさに包まれ、日干しレンガの壁、斜め屋根の家屋、木製の格子窓、竹の垣根など伝統的家屋に触れられるとあって評判は瞬く間に広まり、人気の観光地となった。(信陽=新華社記者/馮大鵬)=2019(令和元)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019092501044

  • 2019年09月18日
    メイカーの村が人気観光地に河南省新県田鋪大塆

    18日、田鋪大塆のメイカーによる民宿「老家寒舎」。中国中部の大別山の奥地に位置する河南省信陽市新県田鋪郷の田鋪大塆は、長い歴史を持ち独自の特色を備えた村。山や川に囲まれ美しい景色が広がり、中原(黄河中下流域の平原をさす)、楚、徽派の文化が混じり合っている。村ではここ数年、革命史跡を巡る「紅色観光」の資源を生かし、20以上ある「創客(メイカー、起業家)」の店が発展を遂げてきた。都市の喧騒(けんそう)を忘れさせてくれる自然の静けさに包まれ、日干しレンガの壁、斜め屋根の家屋、木製の格子窓、竹の垣根など伝統的家屋に触れられるとあって評判は瞬く間に広まり、人気の観光地となった。(信陽=新華社配信/郝源)=2019(令和元)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019092501046

  • 2019年09月18日
    メイカーの村が人気観光地に河南省新県田鋪大塆

    18日、河南省新県の田鋪大塆で遊ぶ子ども。中国中部の大別山の奥地に位置する河南省信陽市新県田鋪郷の田鋪大塆は、長い歴史を持ち独自の特色を備えた村。山や川に囲まれ美しい景色が広がり、中原(黄河中下流域の平原をさす)、楚、徽派の文化が混じり合っている。村ではここ数年、革命史跡を巡る「紅色観光」の資源を生かし、20以上ある「創客(メイカー、起業家)」の店が発展を遂げてきた。都市の喧騒(けんそう)を忘れさせてくれる自然の静けさに包まれ、日干しレンガの壁、斜め屋根の家屋、木製の格子窓、竹の垣根など伝統的家屋に触れられるとあって評判は瞬く間に広まり、人気の観光地となった。(信陽=新華社配信/郝源)=2019(令和元)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019092500948

  • 2019年09月18日
    メイカーの村が人気観光地に河南省新県田鋪大塆

    18日、田鋪大塆の壁に飾られた写真。中国中部の大別山の奥地に位置する河南省信陽市新県田鋪郷の田鋪大塆は、長い歴史を持ち独自の特色を備えた村。山や川に囲まれ美しい景色が広がり、中原(黄河中下流域の平原をさす)、楚、徽派の文化が混じり合っている。村ではここ数年、革命史跡を巡る「紅色観光」の資源を生かし、20以上ある「創客(メイカー、起業家)」の店が発展を遂げてきた。都市の喧騒(けんそう)を忘れさせてくれる自然の静けさに包まれ、日干しレンガの壁、斜め屋根の家屋、木製の格子窓、竹の垣根など伝統的家屋に触れられるとあって評判は瞬く間に広まり、人気の観光地となった。(信陽=新華社配信/郝源)=2019(令和元)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019092500998

  • 2019年10月17日
    アゼルバイジャン首都の夜 成長の象徴〝炎の塔〟

    まるで燃え上がる炎のようにライトアップされた流線形の高層ビルはその名も「フレイムタワー(炎の塔)」。石油など天然資源の採掘で成長するアゼルバイジャンの首都バクーの象徴です。手前は世界遺産の旧市街で、日干しれんがを積み上げた建物が並びます。新旧が調和した夜景を見ようと、カスピ海沿いの公園はにぎわっていました。(撮影・立川悠平、共同)

    商品コード: 2019101703568

  • 2020年03月19日
    大きく様変わりした山間部の貧困者の暮らし陝西省

    19日、仕事を終えて、帰宅の途に就く黄章友さん(左)と妻の羅光菊(ら・こうきく)さん。中国陝西省安康市寧陝(ねいせん)県城関鎮の八畝村に住む黄章友(こう・しょうゆう)さんは、幼い頃に指を怪我したため片手が不自由で、就ける仕事が限られてしまうことから、2015年には救済の対象とされる貧困者に指定された。地元政府と貧困支援策のおかげで、黄さん一家は山奥にある交通の不便な日干しれんがの家から、新しくできた貧困支援住宅に引っ越すことができた。黄さん夫婦は、2018年に同地の社区(コミュニティー)にある工場に応募して採用され、靴の製造を始めた。優秀さを認められた黄さんは、2019年に同工場の生産ラインの主任に任命された。山間部に住む貧困者の暮らしは、5年も経たないうちに大きく様変わりした。(安康=新華社記者/張博文)=2020(令和2)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020032601571

  • 2020年03月19日
    大きく様変わりした山間部の貧困者の暮らし陝西省

    19日、仕事を終えて、帰宅の途に就く黄章友さん(左)と妻の羅光菊(ら・こうきく)さん。中国陝西省安康市寧陝(ねいせん)県城関鎮の八畝村に住む黄章友(こう・しょうゆう)さんは、幼い頃に指を怪我したため片手が不自由で、就ける仕事が限られてしまうことから、2015年には救済の対象とされる貧困者に指定された。地元政府と貧困支援策のおかげで、黄さん一家は山奥にある交通の不便な日干しれんがの家から、新しくできた貧困支援住宅に引っ越すことができた。黄さん夫婦は、2018年に同地の社区(コミュニティー)にある工場に応募して採用され、靴の製造を始めた。優秀さを認められた黄さんは、2019年に同工場の生産ラインの主任に任命された。山間部に住む貧困者の暮らしは、5年も経たないうちに大きく様変わりした。(安康=新華社記者/張博文)=2020(令和2)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020032601592

  • 2020年03月19日
    大きく様変わりした山間部の貧困者の暮らし陝西省

    19日、社区にある工場で、運動靴の材料を運ぶ黄章友さん。中国陝西省安康市寧陝(ねいせん)県城関鎮の八畝村に住む黄章友(こう・しょうゆう)さんは、幼い頃に指を怪我したため片手が不自由で、就ける仕事が限られてしまうことから、2015年には救済の対象とされる貧困者に指定された。地元政府と貧困支援策のおかげで、黄さん一家は山奥にある交通の不便な日干しれんがの家から、新しくできた貧困支援住宅に引っ越すことができた。黄さん夫婦は、2018年に同地の社区(コミュニティー)にある工場に応募して採用され、靴の製造を始めた。優秀さを認められた黄さんは、2019年に同工場の生産ラインの主任に任命された。山間部に住む貧困者の暮らしは、5年も経たないうちに大きく様変わりした。(安康=新華社記者/張博文)=2020(令和2)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020032601572

  • 2020年03月19日
    大きく様変わりした山間部の貧困者の暮らし陝西省

    19日、社区にある工場で、靴の製造技法について話し合う黄章友さん(左)と妻の羅光菊(ら・こうきく)さん。中国陝西省安康市寧陝(ねいせん)県城関鎮の八畝村に住む黄章友(こう・しょうゆう)さんは、幼い頃に指を怪我したため片手が不自由で、就ける仕事が限られてしまうことから、2015年には救済の対象とされる貧困者に指定された。地元政府と貧困支援策のおかげで、黄さん一家は山奥にある交通の不便な日干しれんがの家から、新しくできた貧困支援住宅に引っ越すことができた。黄さん夫婦は、2018年に同地の社区(コミュニティー)にある工場に応募して採用され、靴の製造を始めた。優秀さを認められた黄さんは、2019年に同工場の生産ラインの主任に任命された。山間部に住む貧困者の暮らしは、5年も経たないうちに大きく様変わりした。(安康=新華社記者/張博文)=2020(令和2)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020032601568

  • 2020年03月19日
    大きく様変わりした山間部の貧困者の暮らし陝西省

    19日、社区にある工場で、革靴の品質をチェックする黄章友さん。中国陝西省安康市寧陝(ねいせん)県城関鎮の八畝村に住む黄章友(こう・しょうゆう)さんは、幼い頃に指を怪我したため片手が不自由で、就ける仕事が限られてしまうことから、2015年には救済の対象とされる貧困者に指定された。地元政府と貧困支援策のおかげで、黄さん一家は山奥にある交通の不便な日干しれんがの家から、新しくできた貧困支援住宅に引っ越すことができた。黄さん夫婦は、2018年に同地の社区(コミュニティー)にある工場に応募して採用され、靴の製造を始めた。優秀さを認められた黄さんは、2019年に同工場の生産ラインの主任に任命された。山間部に住む貧困者の暮らしは、5年も経たないうちに大きく様変わりした。(安康=新華社記者/張博文)=2020(令和2)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020032601614

  • 2020年03月19日
    大きく様変わりした山間部の貧困者の暮らし陝西省

    19日、社区にある工場で、運動靴の縫製作業をする黄章友さん。中国陝西省安康市寧陝(ねいせん)県城関鎮の八畝村に住む黄章友(こう・しょうゆう)さんは、幼い頃に指を怪我したため片手が不自由で、就ける仕事が限られてしまうことから、2015年には救済の対象とされる貧困者に指定された。地元政府と貧困支援策のおかげで、黄さん一家は山奥にある交通の不便な日干しれんがの家から、新しくできた貧困支援住宅に引っ越すことができた。黄さん夫婦は、2018年に同地の社区(コミュニティー)にある工場に応募して採用され、靴の製造を始めた。優秀さを認められた黄さんは、2019年に同工場の生産ラインの主任に任命された。山間部に住む貧困者の暮らしは、5年も経たないうちに大きく様変わりした。(安康=新華社記者/張博文)=2020(令和2)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020032601574

  • 2020年03月19日
    大きく様変わりした山間部の貧困者の暮らし陝西省

    19日、社区にある工場で、作業に励む黄章友さん。中国陝西省安康市寧陝(ねいせん)県城関鎮の八畝村に住む黄章友(こう・しょうゆう)さんは、幼い頃に指を怪我したため片手が不自由で、就ける仕事が限られてしまうことから、2015年には救済の対象とされる貧困者に指定された。地元政府と貧困支援策のおかげで、黄さん一家は山奥にある交通の不便な日干しれんがの家から、新しくできた貧困支援住宅に引っ越すことができた。黄さん夫婦は、2018年に同地の社区(コミュニティー)にある工場に応募して採用され、靴の製造を始めた。優秀さを認められた黄さんは、2019年に同工場の生産ラインの主任に任命された。山間部に住む貧困者の暮らしは、5年も経たないうちに大きく様変わりした。(安康=新華社記者/張博文)=2020(令和2)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020032601579

  • 2020年03月19日
    大きく様変わりした山間部の貧困者の暮らし陝西省

    19日、安康市寧陝県城関鎮八畝村にある貧困支援住宅の自宅で、テレビを見る黄章友さん(左から2人目)と妻、娘。中国陝西省安康市寧陝(ねいせん)県城関鎮の八畝村に住む黄章友(こう・しょうゆう)さんは、幼い頃に指を怪我したため片手が不自由で、就ける仕事が限られてしまうことから、2015年には救済の対象とされる貧困者に指定された。地元政府と貧困支援策のおかげで、黄さん一家は山奥にある交通の不便な日干しれんがの家から、新しくできた貧困支援住宅に引っ越すことができた。黄さん夫婦は、2018年に同地の社区(コミュニティー)にある工場に応募して採用され、靴の製造を始めた。優秀さを認められた黄さんは、2019年に同工場の生産ラインの主任に任命された。山間部に住む貧困者の暮らしは、5年も経たないうちに大きく様変わりした。(安康=新華社記者/張博文)=2020(令和2)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020032601563

  • 2020年03月19日
    大きく様変わりした山間部の貧困者の暮らし陝西省

    19日、安康市寧陝県城関鎮八畝村の貧困支援住宅と社区にある工場。(小型無人機から)中国陝西省安康市寧陝(ねいせん)県城関鎮の八畝村に住む黄章友(こう・しょうゆう)さんは、幼い頃に指を怪我したため片手が不自由で、就ける仕事が限られてしまうことから、2015年には救済の対象とされる貧困者に指定された。地元政府と貧困支援策のおかげで、黄さん一家は山奥にある交通の不便な日干しれんがの家から、新しくできた貧困支援住宅に引っ越すことができた。黄さん夫婦は、2018年に同地の社区(コミュニティー)にある工場に応募して採用され、靴の製造を始めた。優秀さを認められた黄さんは、2019年に同工場の生産ラインの主任に任命された。山間部に住む貧困者の暮らしは、5年も経たないうちに大きく様変わりした。(安康=新華社記者/張博文)=2020(令和2)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020032601626

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月23日
    楼蘭古城で現存遺構の緊急補強工事新疆ウイグル自治区

    楼蘭古城の外周部の土で製作した日干しれんが。(6月23日撮影)中国新疆ウイグル自治区バインゴリン・モンゴル自治州チャルクリク(若羌)県内にあり、古代シルクロードの幻の都市とされる楼蘭(ろうらん)の遺跡「楼蘭古城」は現在、ロプノール湖から吹き寄せる砂塵まじりの風により激しい浸食を受けている。地元政府も今年6月から、残りわずかな建築遺構を保護するための緊急補強プロジェクトを実施している。(ウルムチ=新華社配信)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081204419

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月01日
    楼蘭古城で現存遺構の緊急補強工事新疆ウイグル自治区

    楼蘭古城の外周部の土で製作した日干しれんが。(7月1日撮影)中国新疆ウイグル自治区バインゴリン・モンゴル自治州チャルクリク(若羌)県内にあり、古代シルクロードの幻の都市とされる楼蘭(ろうらん)の遺跡「楼蘭古城」は現在、ロプノール湖から吹き寄せる砂塵まじりの風により激しい浸食を受けている。地元政府も今年6月から、残りわずかな建築遺構を保護するための緊急補強プロジェクトを実施している。(ウルムチ=新華社配信)=2020(令和2)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081204310

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月15日
    貧困を脱した村人たちの笑顔江西省神山村

    上:自家製のヤマモモ酒を見せる神山村村民の彭茶香(ほう・ちゃこう)さん。(7月15日撮影)下:経営する「農家楽(アグリツーリズム)」の施設で観光客が予約したヤマモモ酒を準備する村民の彭茶香さん。(7月15日撮影、組み合わせ写真)中国江西省井岡山(せいこうざん)市の山間に位置する神山村はかつて、同市で最も辺ぴな貧困村の一つだった。地元政府が貧困支援産業と農村観光の発展に力を入れたことで村民の収入は顕著に増加、2017年2月には正式に貧困を脱却した。同村の1人当たり平均年収は3千元足らずから2万元超に増加し、自動車保有台数も2015年の5台から2019年には39台になった。村内の曲がりくねったでこぼこ道は舗装道路へと整備され、老朽化し危険な日干しレンガの家も客家式の民家へと改築された。村には駐車場や観光客向けのトイレ、イベント広場などの施設が設置され、村民から幸せな笑みがこぼれるようになった。(井岡山=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100906191

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月15日
    貧困を脱した村人たちの笑顔江西省神山村

    養蜂基地内でハチの巣を取り出し、蜂蜜採取の準備をする神山村の村民、彭小華(ほう・しょうか)さん。(7月15日撮影)中国江西省井岡山(せいこうざん)市の山間に位置する神山村はかつて、同市で最も辺ぴな貧困村の一つだった。地元政府が貧困支援産業と農村観光の発展に力を入れたことで村民の収入は顕著に増加、2017年2月には正式に貧困を脱却した。同村の1人当たり平均年収は3千元足らずから2万元超に増加し、自動車保有台数も2015年の5台から2019年には39台になった。村内の曲がりくねったでこぼこ道は舗装道路へと整備され、老朽化し危険な日干しレンガの家も客家式の民家へと改築された。村には駐車場や観光客向けのトイレ、イベント広場などの施設が設置され、村民から幸せな笑みがこぼれるようになった。(井岡山=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100906236

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月15日
    貧困を脱した村人たちの笑顔江西省神山村

    上:自家製の蜂蜜を見せる神山村村民の彭水生(ほう・すいせい)さんと息子の彭小華(ほう・しょうか)さん。(7月15日撮影)下:顧客が注文した蜂蜜を箱詰めする村民の彭水生さんと息子の彭小華さん。(7月15日撮影、組み合わせ写真)中国江西省井岡山(せいこうざん)市の山間に位置する神山村はかつて、同市で最も辺ぴな貧困村の一つだった。地元政府が貧困支援産業と農村観光の発展に力を入れたことで村民の収入は顕著に増加、2017年2月には正式に貧困を脱却した。同村の1人当たり平均年収は3千元足らずから2万元超に増加し、自動車保有台数も2015年の5台から2019年には39台になった。村内の曲がりくねったでこぼこ道は舗装道路へと整備され、老朽化し危険な日干しレンガの家も客家式の民家へと改築された。村には駐車場や観光客向けのトイレ、イベント広場などの施設が設置され、村民から幸せな笑みがこぼれるようになった。(井岡山=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100906288

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月15日
    貧困を脱した村人たちの笑顔江西省神山村

    江西省井岡山に位置する神山村の一角。(7月15日撮影)中国江西省井岡山(せいこうざん)市の山間に位置する神山村はかつて、同市で最も辺ぴな貧困村の一つだった。地元政府が貧困支援産業と農村観光の発展に力を入れたことで村民の収入は顕著に増加、2017年2月には正式に貧困を脱却した。同村の1人当たり平均年収は3千元足らずから2万元超に増加し、自動車保有台数も2015年の5台から2019年には39台になった。村内の曲がりくねったでこぼこ道は舗装道路へと整備され、老朽化し危険な日干しレンガの家も客家式の民家へと改築された。村には駐車場や観光客向けのトイレ、イベント広場などの施設が設置され、村民から幸せな笑みがこぼれるようになった。(井岡山=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100906254

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月15日
    貧困を脱した村人たちの笑顔江西省神山村

    神山村村民の左秀発(さ・しゅうはつ)さんの家で餅つきを体験する観光客。(7月15日撮影)中国江西省井岡山(せいこうざん)市の山間に位置する神山村はかつて、同市で最も辺ぴな貧困村の一つだった。地元政府が貧困支援産業と農村観光の発展に力を入れたことで村民の収入は顕著に増加、2017年2月には正式に貧困を脱却した。同村の1人当たり平均年収は3千元足らずから2万元超に増加し、自動車保有台数も2015年の5台から2019年には39台になった。村内の曲がりくねったでこぼこ道は舗装道路へと整備され、老朽化し危険な日干しレンガの家も客家式の民家へと改築された。村には駐車場や観光客向けのトイレ、イベント広場などの施設が設置され、村民から幸せな笑みがこぼれるようになった。(井岡山=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100906294

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月15日
    貧困を脱した村人たちの笑顔江西省神山村

    上:経営する「農家楽(アグリツーリズム)」の施設で自家製の乾燥トウガラシを見せる神山村村民の彭夏英(ほう・かえい)さん。(7月15日撮影)下:「農家楽」の施設で観光客に料理を提供する村民の彭夏英さん。(7月15日撮影、組み合わせ写真)中国江西省井岡山(せいこうざん)市の山間に位置する神山村はかつて、同市で最も辺ぴな貧困村の一つだった。地元政府が貧困支援産業と農村観光の発展に力を入れたことで村民の収入は顕著に増加、2017年2月には正式に貧困を脱却した。同村の1人当たり平均年収は3千元足らずから2万元超に増加し、自動車保有台数も2015年の5台から2019年には39台になった。村内の曲がりくねったでこぼこ道は舗装道路へと整備され、老朽化し危険な日干しレンガの家も客家式の民家へと改築された。村には駐車場や観光客向けのトイレ、イベント広場などの施設が設置され、村民から幸せな笑みがこぼれるようになった。(井岡山=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100906246

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月15日
    貧困を脱した村人たちの笑顔江西省神山村

    神山村を観光する観光客。(7月15日撮影)中国江西省井岡山(せいこうざん)市の山間に位置する神山村はかつて、同市で最も辺ぴな貧困村の一つだった。地元政府が貧困支援産業と農村観光の発展に力を入れたことで村民の収入は顕著に増加、2017年2月には正式に貧困を脱却した。同村の1人当たり平均年収は3千元足らずから2万元超に増加し、自動車保有台数も2015年の5台から2019年には39台になった。村内の曲がりくねったでこぼこ道は舗装道路へと整備され、老朽化し危険な日干しレンガの家も客家式の民家へと改築された。村には駐車場や観光客向けのトイレ、イベント広場などの施設が設置され、村民から幸せな笑みがこぼれるようになった。(井岡山=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100906209

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月15日
    貧困を脱した村人たちの笑顔江西省神山村

    経営する土産品店で黄桃のドライフルーツを観光客に販売する神山村村民の張麗萍(ちょう・れいへい)さん。(7月15日撮影)中国江西省井岡山(せいこうざん)市の山間に位置する神山村はかつて、同市で最も辺ぴな貧困村の一つだった。地元政府が貧困支援産業と農村観光の発展に力を入れたことで村民の収入は顕著に増加、2017年2月には正式に貧困を脱却した。同村の1人当たり平均年収は3千元足らずから2万元超に増加し、自動車保有台数も2015年の5台から2019年には39台になった。村内の曲がりくねったでこぼこ道は舗装道路へと整備され、老朽化し危険な日干しレンガの家も客家式の民家へと改築された。村には駐車場や観光客向けのトイレ、イベント広場などの施設が設置され、村民から幸せな笑みがこぼれるようになった。(井岡山=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100906279

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月15日
    貧困を脱した村人たちの笑顔江西省神山村

    井岡山市神山村の村民たちの笑顔。(7月15日撮影、組み合わせ写真)中国江西省井岡山(せいこうざん)市の山間に位置する神山村はかつて、同市で最も辺ぴな貧困村の一つだった。地元政府が貧困支援産業と農村観光の発展に力を入れたことで村民の収入は顕著に増加、2017年2月には正式に貧困を脱却した。同村の1人当たり平均年収は3千元足らずから2万元超に増加し、自動車保有台数も2015年の5台から2019年には39台になった。村内の曲がりくねったでこぼこ道は舗装道路へと整備され、老朽化し危険な日干しレンガの家も客家式の民家へと改築された。村には駐車場や観光客向けのトイレ、イベント広場などの施設が設置され、村民から幸せな笑みがこぼれるようになった。(井岡山=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100906290

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月16日
    貧困を脱した村人たちの笑顔江西省神山村

    上:自身の果樹園で実った黄桃を見せる神山村村民の左炳陽(さ・へいよう)さん。(7月16日撮影)下:自宅で黄桃をカットし、ドライフルーツに加工する準備をする村民の左炳陽さん。(7月16日撮影、組み合わせ写真)中国江西省井岡山(せいこうざん)市の山間に位置する神山村はかつて、同市で最も辺ぴな貧困村の一つだった。地元政府が貧困支援産業と農村観光の発展に力を入れたことで村民の収入は顕著に増加、2017年2月には正式に貧困を脱却した。同村の1人当たり平均年収は3千元足らずから2万元超に増加し、自動車保有台数も2015年の5台から2019年には39台になった。村内の曲がりくねったでこぼこ道は舗装道路へと整備され、老朽化し危険な日干しレンガの家も客家式の民家へと改築された。村には駐車場や観光客向けのトイレ、イベント広場などの施設が設置され、村民から幸せな笑みがこぼれるようになった。(井岡山=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100906370

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月16日
    貧困を脱した村人たちの笑顔江西省神山村

    上:自身の果樹園で実った黄桃を見せる神山村村民の尹嬌月(いん・きょうげつ)さん。(7月16日撮影)下:村内で手作りの涼粉(ところてん状の食べ物)を観光客に販売する村民の尹嬌月さん。(7月16日撮影、組み合わせ写真)中国江西省井岡山(せいこうざん)市の山間に位置する神山村はかつて、同市で最も辺ぴな貧困村の一つだった。地元政府が貧困支援産業と農村観光の発展に力を入れたことで村民の収入は顕著に増加、2017年2月には正式に貧困を脱却した。同村の1人当たり平均年収は3千元足らずから2万元超に増加し、自動車保有台数も2015年の5台から2019年には39台になった。村内の曲がりくねったでこぼこ道は舗装道路へと整備され、老朽化し危険な日干しレンガの家も客家式の民家へと改築された。村には駐車場や観光客向けのトイレ、イベント広場などの施設が設置され、村民から幸せな笑みがこぼれるようになった。(井岡山=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100906374

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年11月13日
    幻の都市「楼蘭」の遺跡で補強工事完了新疆ウイグル自治区

    日干しれんが造りの3部屋からなる「三間房」の補修を準備する文化財保護スタッフ。(11月13日撮影)中国新疆ウイグル自治区バインゴリン・モンゴル自治州にあり、古代シルクロードの幻の都市とされる楼蘭(ろうらん)の遺跡「楼蘭古城」でこのほど、6月から進められていた建築遺構の緊急補強工事が完了した。(ウルムチ=新華社配信)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020120704632

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:00.96
    2020年12月05日
    「新華社」幻の都市「楼蘭」の遺跡で補強工事完了新疆ウイグル自治区

    中国新疆ウイグル自治区バインゴリン・モンゴル自治州にあり、古代シルクロードの幻の都市とされる楼蘭(ろうらん)の遺跡「楼蘭古城」でこのほど、6月から進められていた建築遺構の緊急補強工事が完了した。工事は日干しれんが造りの3部屋からなる「三間房」と仏塔、これらを支える台地を対象に実施。世界文化遺産の保護プロジェクトで多数の実績がある中鉄西北科学研究院が工事を請け負い、同社の周鵬(しゅう・ほう)氏率いる文化財保護スタッフ20人以上が近くに泊まり込んで進めていた。楼蘭遺跡は同州チャルクリク(若羌)県にあり、一帯では強風に見舞われる日が毎年少なくとも80日ある。県の文化財担当部門が昨年、遺跡の巡回調査で風食が進み深刻な状況にあることを確認。台地の下層部分は空洞を形成し、いつ崩壊してもおかしくない状態だった。周氏は工事について「遺跡周辺の台地の表層から採取した粘土で日干しれんがを作った。れんがは日陰の涼しい場所で14日間乾燥養生させてから、損傷部分の補修に使った」と語った。補強措置に加え、風速や湿度など気象要素を自動で収集するシステムを設置し、三間房と仏塔をレーザースキャンで3Dデータ化した。周氏は「何年かしてから遺跡を再びスキャンした時に今回のデータとの比較ができる。収集した気象データを組み合わせることで、気候環境と遺跡の風食との関係を研究することも可能だ。今後の楼蘭遺跡の保護に役立てば」と話している。(記者/張暁竜)<映像内容>楼蘭古城の緊急補強工事の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020121805210

  • 1