KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • アパレルメーカー
  • ウルムチ
  • 丁磊
  • 仕事
  • 夫婦
  • 実業
  • 従業員
  • 新疆ウイグル自治区
  • 記者

「日応」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
41
( 1 41 件を表示)
  • 1
41
( 1 41 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1962年10月13日
    岡山の〝空の玄関〞オープン

    旧岡山空港の開港式がこの日盛大に行われ、大小約20機が空港周辺を祝賀飛行した。県営空港では全国2番目。滑走路の長さは1200メートル。昭和63年に新空港(岡山市日応寺)にその座を譲り、岡南飛行場として小型機の基地になっている。=1962(昭和37)年10月13日、岡山市浦安、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018111304136

  • 1999年04月16日
    盛り上がる中日応援団 巨人―中日1

    巨人―中日 中日の攻勢に盛り上がる応援団=東京ドーム

    商品コード: 1999041600185

  • 1999年04月17日
    引き揚げる応援団 12連勝逃がした中日

    開幕12連勝を逃がし残念そうな表情で引き揚げる中日応援団=17日夜、東京ドーム

    商品コード: 1999041700105

  • 1999年10月26日
    応援する中日応援団 「名古屋でぜひ日本一を」

    舞台をナゴヤドームに移した日本シリーズ第3戦、超満員のスタンドで応援する中日ファン=26日夜

    商品コード: 1999102600141

  • 2018年02月27日
    国際線25万人突破 岡山空港17年度

    国際定期線利用者が過去最多を記録した岡山空港。岡山空港(愛称・岡山桃太郎空港、岡山市北区日応寺)を発着する国際定期線の2017年度利用者が、前年度比22.2%増の25万8034人と初めて25万人を超えたことが10日までに分かった。訪日ブームを背景にしたアジアからの観光客増加が追い風となった格好で、国内定期線やチャーターを含む全体の利用者も同5.7%増の152万1785人と10年ぶりに150万人台まで回復した。=2018(平成30)年2月27日、岡山市北区日応寺、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018051600707

  • 2018年08月10日
    「岡山桃太郎空港」PR 新看板お目見え

    岡山空港の旅客ターミナルビルにお目見えした「岡山桃太郎空港」の看板。岡山空港(岡山市北区日応寺)の旅客ターミナルビルの看板が10日、今年3月に決まった愛称の「岡山桃太郎空港」に変更された。変更されたのはビル屋上付近に設置されている4カ所のうち、「岡山空港」と表示していた2カ所。「桃太郎」は桃をイメージしたピンク色で、「岡山」と「空港」は晴れの国を思わせる青色とした。いずれも縦1・5メートル、横11メートル。=2018(平成30)年8月10日、岡山市北区日応寺、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018081400276

  • 2019年05月27日
    岡山市北区日応寺 手荷物検査に探知犬 豚コレラ受け

    手荷物受取所でスーツケースのにおいをかぐ探知犬。中国などアジアでのアフリカ豚コレラ発生を受け、農林水産省動物検疫所神戸支所は27日、岡山桃太郎空港(岡山市北区日応寺)で検疫探知犬による初の手荷物検査を行った。=2019(令和元)年5月27日、岡山市北区日応寺、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019060500184

  • 2019年07月11日
    中日応援団・資料

    プロ野球中日の試合で埋まったナゴヤドームの外野応援席=2019年7月8日

    商品コード: 2019071100011

  • 2019年07月11日
    中日応援団・資料

    プロ野球中日の試合で埋まったナゴヤドームの外野応援席=2019年7月8日

    商品コード: 2019071100009

  • 2020年05月07日
    定期便が全て運休となり、閑散とした岡山桃太郎空港

    定期便が全て運休となり、閑散とした岡山桃太郎空港。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、岡山桃太郎空港(岡山市北区日応寺)発着の定期便が7日、全て運休となった。唯一運航していた東京線も欠航となったためで、1988年の開港以来初めて。現時点では17日までの予定だが、さらに延びる可能性がある。=2020(令和2)年5月7日、岡山県岡山市北区日応寺、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052601565

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月01日
    運行を再開した高速バスの車内

    縫いぐるみを置いて座席を離すなど「3密」対策を取った高速バスの車内=JR岡山駅西口。新型コロナウイルス感染拡大の影響で5月上旬から全定期便が欠航していた岡山桃太郎空港(岡山市北区日応寺)で1日、東京線が一部再開した。高速バスも岡山―徳島線の運行を始めた。新型コロナ特措法に基づく緊急事態宣言の解除などを受けた県境移動の緩和で、県民の足である公共交通機関が徐々に戻りつつある。高速バスも岡山県内に本社を置く4社のうち、両備ホールディングス(岡山市北区錦町)が徳島県の会社と共同運行する徳島線3往復が再開した。JR岡山駅西口バスターミナルを午前8時半に出発する始発には、学生や会社員ら12人が乗車した。=2020(令和2)年6月1日、JR岡山駅西口=岡山市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060900464

  • 2020年06月01日
    東京線15日から3往復 岡山桃太郎空港

    全便運休を経て26日ぶりに再開している東京線=1日午後、岡山桃太郎空港。岡山県は10日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で減便している岡山桃太郎空港(岡山市北区日応寺)の東京線が15日から1日2往復追加で再開すると発表した。東京線は本来の1日10往復のうち3往復となり、26日からは沖縄線も復活。にぎわいが少しずつ戻り始める見込みだ。ただ、国際線は最長8月31日までの運休が決まるなど厳しい状況が続く。=2020(令和2)年6月1日、岡山桃太郎空港=岡山市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061502387

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月01日
    東京への定期便が再開した岡山桃太郎空港

    東京への定期便が再開した岡山桃太郎空港で手続きをする乗客ら。新型コロナウイルス感染拡大の影響で5月上旬から全定期便が欠航していた岡山桃太郎空港(岡山市北区日応寺)で1日、東京線が一部再開した。高速バスも岡山―徳島線の運行を始めた。新型コロナ特措法に基づく緊急事態宣言の解除などを受けた県境移動の緩和で、県民の足である公共交通機関が徐々に戻りつつある。岡山桃太郎空港の東京線は本来、全日本空輸と日本航空が1日5往復ずつ運航しているが、再開したのは全日空の1往復のみ。会社員や家族連れらは、感染拡大防止のため透明シートで仕切られた窓口でチェックインの手続きを済ませ、飛行機に乗り込んだ。=2020(令和2)年6月1日、岡山桃太郎空港=岡山市北区日応寺、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060900463

  • 2020年08月03日
    岡山桃太郎空港に「サーモグラフィー」

    モニター画面を確認する国内線の搭乗客=8月3日午前8時26分、岡山桃太郎空港。岡山桃太郎空港(岡山市北区日応寺)で3日、体温を自動測定する「サーモグラフィー」を使った検温が始まった。新型コロナウイルスの感染拡大防止が目的で、空港を管理する岡山県が国内線に搭乗する乗客全員に実施。発熱が分かった場合、航空会社スタッフへの声掛けを求めている。=2020(令和2)年8月3日、岡山桃太郎空港=岡山市北区日応寺、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081300075

  • 2020年11月06日
    競技用車いすを収納する専用ケース

    競技用車いすを収納する専用ケース。航空機に載せ、目的地まで安全に運ぶ。「レーサー」と呼ばれる競技用車いすがすっぽり収まるケース。航空機に積み、他の荷物がレーサーに直接当たることなく安全に目的地まで輸送する。岡山桃太郎空港(岡山市北区日応寺)に勤務する整備士らが発案。来年の東京パラリンピックに向け、岡山を拠点に練習に打ち込む選手のストレス軽減に役立っている。=2020(令和2)年11月6日、撮影場所不明、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020120202961

  • 2021年02月03日
    岡山桃太郎空港 民営化議論進む

    コンセッション方式の導入の是非が検討されている岡山桃太郎空港。岡山県管理の岡山桃太郎空港(岡山市北区日応寺)を巡り、運営権を民間に委ねる「コンセッション方式」の導入の是非が議論されている。近隣の空港で相次いで始まっており、県も有識者らの検討委員会を立ち上げ、メリットとデメリットを整理。新型コロナウイルスの収束を待って判断する構えだ。=2021(令和3)年2月3日、岡山市北区日応寺、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021801397

  • 2021年04月09日
    初代桃太郎像を清掃する岡山JCメンバー

    初代桃太郎像を清掃する岡山JCのメンバー。JR岡山駅にかつて設置されていた初代桃太郎像(高さ約1.7メートル)が、岡山桃太郎空港(岡山市北区日応寺)に移設され、5月25日にお披露目されることが決まった。岡山の空の玄関口での“再デビュー”に向け、移設を計画する岡山青年会議所(岡山JC、同市)が準備を進めている=2021(令和3)年4月9日、岡山県岡山市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042704873

  • 2021年05月25日
    岡山桃太郎空港で除幕された初代桃太郎像

    岡山桃太郎空港で除幕された初代桃太郎像。かつてJR岡山駅に設置されていた初代桃太郎像(高さ約1・5メートル)が岡山桃太郎空港(岡山市北区日応寺)のターミナル正面入り口付近に移設され、25日、利用者らにお披露目された。空の玄関口の新たなシンボルとして「桃太郎のまち岡山」を県内外に広く発信する。=2021(令和3)年5月25日、岡山県岡山市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021053108394

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年01月19日
    (8)スポーツ用品メーカー鴻星爾克の工場を訪ねて新疆ウイグル自治区

    13日、鴻星爾克(新疆)の生産基地で働く従業員。中国最大の綿花産地として知られる新疆ウイグル自治区には、豊富な労働資源があり、ここ数年、国内の多くの綿紡績企業やアパレルメーカーの工場移転先となっている。中国のスポーツ用品メーカー、鴻星爾克(廈門)実業が同自治区ケリヤ(于田)県の天津工業パークに設立した工場が、3日稼動した。同社の求人広告スローガン「一緒にミシンを踏もう」は地元だけでなく、インターネット上にも広く伝わり、これまでに500人以上が従業員として採用された。現在もほぼ毎日応募がある。500人余りの従業員のうち、約100組が夫婦で働いている。共に第1期で入社したアブドゥルアゼズ・マイサイディさん(25)夫婦は「工場での仕事は規則正しく、8時間労働制で、昼休みもある。工業パークに夫婦のための寮が単独であるのもいいですね」と述べた。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)= 配信日: 2022(令和4)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022011907598

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年01月19日
    (11)スポーツ用品メーカー鴻星爾克の工場を訪ねて新疆ウイグル自治区

    13日、鴻星爾克(新疆)の生産基地で、アブドゥルアゼズ・マイサイディさんに核酸検査を行う医療スタッフ。中国最大の綿花産地として知られる新疆ウイグル自治区には、豊富な労働資源があり、ここ数年、国内の多くの綿紡績企業やアパレルメーカーの工場移転先となっている。中国のスポーツ用品メーカー、鴻星爾克(廈門)実業が同自治区ケリヤ(于田)県の天津工業パークに設立した工場が、3日稼動した。同社の求人広告スローガン「一緒にミシンを踏もう」は地元だけでなく、インターネット上にも広く伝わり、これまでに500人以上が従業員として採用された。現在もほぼ毎日応募がある。500人余りの従業員のうち、約100組が夫婦で働いている。共に第1期で入社したアブドゥルアゼズ・マイサイディさん(25)夫婦は「工場での仕事は規則正しく、8時間労働制で、昼休みもある。工業パークに夫婦のための寮が単独であるのもいいですね」と述べた。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)= 配信日: 2022(令和4)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022011907632

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年01月19日
    (20)スポーツ用品メーカー鴻星爾克の工場を訪ねて新疆ウイグル自治区

    13日、ケリヤ天津工業パークの食堂で食事をするマイヌルカーン・アマンさん(左)夫妻。中国最大の綿花産地として知られる新疆ウイグル自治区には、豊富な労働資源があり、ここ数年、国内の多くの綿紡績企業やアパレルメーカーの工場移転先となっている。中国のスポーツ用品メーカー、鴻星爾克(廈門)実業が同自治区ケリヤ(于田)県の天津工業パークに設立した工場が、3日稼動した。同社の求人広告スローガン「一緒にミシンを踏もう」は地元だけでなく、インターネット上にも広く伝わり、これまでに500人以上が従業員として採用された。現在もほぼ毎日応募がある。500人余りの従業員のうち、約100組が夫婦で働いている。共に第1期で入社したアブドゥルアゼズ・マイサイディさん(25)夫婦は「工場での仕事は規則正しく、8時間労働制で、昼休みもある。工業パークに夫婦のための寮が単独であるのもいいですね」と述べた。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)= 配信日: 2022(令和4)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022011907650

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年01月19日
    (17)スポーツ用品メーカー鴻星爾克の工場を訪ねて新疆ウイグル自治区

    14日、ケリヤ天津工業パークで、電動バイクで通勤するマイヌルカーン・アマンさん(右)夫妻。中国最大の綿花産地として知られる新疆ウイグル自治区には、豊富な労働資源があり、ここ数年、国内の多くの綿紡績企業やアパレルメーカーの工場移転先となっている。中国のスポーツ用品メーカー、鴻星爾克(廈門)実業が同自治区ケリヤ(于田)県の天津工業パークに設立した工場が、3日稼動した。同社の求人広告スローガン「一緒にミシンを踏もう」は地元だけでなく、インターネット上にも広く伝わり、これまでに500人以上が従業員として採用された。現在もほぼ毎日応募がある。500人余りの従業員のうち、約100組が夫婦で働いている。共に第1期で入社したアブドゥルアゼズ・マイサイディさん(25)夫婦は「工場での仕事は規則正しく、8時間労働制で、昼休みもある。工業パークに夫婦のための寮が単独であるのもいいですね」と述べた。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)= 配信日: 2022(令和4)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022011907655

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年01月19日
    (13)スポーツ用品メーカー鴻星爾克の工場を訪ねて新疆ウイグル自治区

    13日、退勤後にケリヤ天津工業パークの商店街で食料品を買うアブドゥルアゼズ・マイサイディさん(右)夫妻。中国最大の綿花産地として知られる新疆ウイグル自治区には、豊富な労働資源があり、ここ数年、国内の多くの綿紡績企業やアパレルメーカーの工場移転先となっている。中国のスポーツ用品メーカー、鴻星爾克(廈門)実業が同自治区ケリヤ(于田)県の天津工業パークに設立した工場が、3日稼動した。同社の求人広告スローガン「一緒にミシンを踏もう」は地元だけでなく、インターネット上にも広く伝わり、これまでに500人以上が従業員として採用された。現在もほぼ毎日応募がある。500人余りの従業員のうち、約100組が夫婦で働いている。共に第1期で入社したアブドゥルアゼズ・マイサイディさん(25)夫婦は「工場での仕事は規則正しく、8時間労働制で、昼休みもある。工業パークに夫婦のための寮が単独であるのもいいですね」と述べた。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)= 配信日: 2022(令和4)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022011907664

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年01月19日
    (9)スポーツ用品メーカー鴻星爾克の工場を訪ねて新疆ウイグル自治区

    13日、鴻星爾克(新疆)の生産基地で、完成品を整理する従業員。中国最大の綿花産地として知られる新疆ウイグル自治区には、豊富な労働資源があり、ここ数年、国内の多くの綿紡績企業やアパレルメーカーの工場移転先となっている。中国のスポーツ用品メーカー、鴻星爾克(廈門)実業が同自治区ケリヤ(于田)県の天津工業パークに設立した工場が、3日稼動した。同社の求人広告スローガン「一緒にミシンを踏もう」は地元だけでなく、インターネット上にも広く伝わり、これまでに500人以上が従業員として採用された。現在もほぼ毎日応募がある。500人余りの従業員のうち、約100組が夫婦で働いている。共に第1期で入社したアブドゥルアゼズ・マイサイディさん(25)夫婦は「工場での仕事は規則正しく、8時間労働制で、昼休みもある。工業パークに夫婦のための寮が単独であるのもいいですね」と述べた。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)= 配信日: 2022(令和4)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022011907603

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年01月19日
    (1)スポーツ用品メーカー鴻星爾克の工場を訪ねて新疆ウイグル自治区

    13日、新疆ウイグル自治区ホータン地区ケリヤ天津工業パークにある鴻星爾克(新疆)の生産基地。(小型無人機から)中国最大の綿花産地として知られる新疆ウイグル自治区には、豊富な労働資源があり、ここ数年、国内の多くの綿紡績企業やアパレルメーカーの工場移転先となっている。中国のスポーツ用品メーカー、鴻星爾克(廈門)実業が同自治区ケリヤ(于田)県の天津工業パークに設立した工場が、3日稼動した。同社の求人広告スローガン「一緒にミシンを踏もう」は地元だけでなく、インターネット上にも広く伝わり、これまでに500人以上が従業員として採用された。現在もほぼ毎日応募がある。500人余りの従業員のうち、約100組が夫婦で働いている。共に第1期で入社したアブドゥルアゼズ・マイサイディさん(25)夫婦は「工場での仕事は規則正しく、8時間労働制で、昼休みもある。工業パークに夫婦のための寮が単独であるのもいいですね」と述べた。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)= 配信日: 2022(令和4)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022011907582

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年01月19日
    (3)スポーツ用品メーカー鴻星爾克の工場を訪ねて新疆ウイグル自治区

    14日、鴻星爾克(新疆)の生産基地で働く従業員。中国最大の綿花産地として知られる新疆ウイグル自治区には、豊富な労働資源があり、ここ数年、国内の多くの綿紡績企業やアパレルメーカーの工場移転先となっている。中国のスポーツ用品メーカー、鴻星爾克(廈門)実業が同自治区ケリヤ(于田)県の天津工業パークに設立した工場が、3日稼動した。同社の求人広告スローガン「一緒にミシンを踏もう」は地元だけでなく、インターネット上にも広く伝わり、これまでに500人以上が従業員として採用された。現在もほぼ毎日応募がある。500人余りの従業員のうち、約100組が夫婦で働いている。共に第1期で入社したアブドゥルアゼズ・マイサイディさん(25)夫婦は「工場での仕事は規則正しく、8時間労働制で、昼休みもある。工業パークに夫婦のための寮が単独であるのもいいですね」と述べた。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)= 配信日: 2022(令和4)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022011907585

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年01月19日
    (16)スポーツ用品メーカー鴻星爾克の工場を訪ねて新疆ウイグル自治区

    14日、鴻星爾克(新疆)の生産基地で、タイムレコーダーの前に並ぶマイヌルカーン・アマンさん(右)夫妻。中国最大の綿花産地として知られる新疆ウイグル自治区には、豊富な労働資源があり、ここ数年、国内の多くの綿紡績企業やアパレルメーカーの工場移転先となっている。中国のスポーツ用品メーカー、鴻星爾克(廈門)実業が同自治区ケリヤ(于田)県の天津工業パークに設立した工場が、3日稼動した。同社の求人広告スローガン「一緒にミシンを踏もう」は地元だけでなく、インターネット上にも広く伝わり、これまでに500人以上が従業員として採用された。現在もほぼ毎日応募がある。500人余りの従業員のうち、約100組が夫婦で働いている。共に第1期で入社したアブドゥルアゼズ・マイサイディさん(25)夫婦は「工場での仕事は規則正しく、8時間労働制で、昼休みもある。工業パークに夫婦のための寮が単独であるのもいいですね」と述べた。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)= 配信日: 2022(令和4)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022011907764

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年01月19日
    (5)スポーツ用品メーカー鴻星爾克の工場を訪ねて新疆ウイグル自治区

    13日、ケリヤ天津工業パークにある家賃無料の従業員寮で、両親や子どもとビデオ通話をするマイヌルカーン・アマンさん(右)夫妻。中国最大の綿花産地として知られる新疆ウイグル自治区には、豊富な労働資源があり、ここ数年、国内の多くの綿紡績企業やアパレルメーカーの工場移転先となっている。中国のスポーツ用品メーカー、鴻星爾克(廈門)実業が同自治区ケリヤ(于田)県の天津工業パークに設立した工場が、3日稼動した。同社の求人広告スローガン「一緒にミシンを踏もう」は地元だけでなく、インターネット上にも広く伝わり、これまでに500人以上が従業員として採用された。現在もほぼ毎日応募がある。500人余りの従業員のうち、約100組が夫婦で働いている。共に第1期で入社したアブドゥルアゼズ・マイサイディさん(25)夫婦は「工場での仕事は規則正しく、8時間労働制で、昼休みもある。工業パークに夫婦のための寮が単独であるのもいいですね」と述べた。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)= 配信日: 2022(令和4)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022011907587

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年01月19日
    (7)スポーツ用品メーカー鴻星爾克の工場を訪ねて新疆ウイグル自治区

    13日、鴻星爾克(新疆)の生産基地で働くアブドゥルアゼズ・マイサイディさん。中国最大の綿花産地として知られる新疆ウイグル自治区には、豊富な労働資源があり、ここ数年、国内の多くの綿紡績企業やアパレルメーカーの工場移転先となっている。中国のスポーツ用品メーカー、鴻星爾克(廈門)実業が同自治区ケリヤ(于田)県の天津工業パークに設立した工場が、3日稼動した。同社の求人広告スローガン「一緒にミシンを踏もう」は地元だけでなく、インターネット上にも広く伝わり、これまでに500人以上が従業員として採用された。現在もほぼ毎日応募がある。500人余りの従業員のうち、約100組が夫婦で働いている。共に第1期で入社したアブドゥルアゼズ・マイサイディさん(25)夫婦は「工場での仕事は規則正しく、8時間労働制で、昼休みもある。工業パークに夫婦のための寮が単独であるのもいいですね」と述べた。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)= 配信日: 2022(令和4)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022011907588

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年01月19日
    (10)スポーツ用品メーカー鴻星爾克の工場を訪ねて新疆ウイグル自治区

    13日、鴻星爾克(新疆)の生産基地で、給与振込用のキャッシュカードの番号を登録する従業員。中国最大の綿花産地として知られる新疆ウイグル自治区には、豊富な労働資源があり、ここ数年、国内の多くの綿紡績企業やアパレルメーカーの工場移転先となっている。中国のスポーツ用品メーカー、鴻星爾克(廈門)実業が同自治区ケリヤ(于田)県の天津工業パークに設立した工場が、3日稼動した。同社の求人広告スローガン「一緒にミシンを踏もう」は地元だけでなく、インターネット上にも広く伝わり、これまでに500人以上が従業員として採用された。現在もほぼ毎日応募がある。500人余りの従業員のうち、約100組が夫婦で働いている。共に第1期で入社したアブドゥルアゼズ・マイサイディさん(25)夫婦は「工場での仕事は規則正しく、8時間労働制で、昼休みもある。工業パークに夫婦のための寮が単独であるのもいいですね」と述べた。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)= 配信日: 2022(令和4)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022011907605

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年01月19日
    (12)スポーツ用品メーカー鴻星爾克の工場を訪ねて新疆ウイグル自治区

    13日、鴻星爾克(新疆)の生産基地で、従業員に縫製技術を指導する班長(手前中央)。中国最大の綿花産地として知られる新疆ウイグル自治区には、豊富な労働資源があり、ここ数年、国内の多くの綿紡績企業やアパレルメーカーの工場移転先となっている。中国のスポーツ用品メーカー、鴻星爾克(廈門)実業が同自治区ケリヤ(于田)県の天津工業パークに設立した工場が、3日稼動した。同社の求人広告スローガン「一緒にミシンを踏もう」は地元だけでなく、インターネット上にも広く伝わり、これまでに500人以上が従業員として採用された。現在もほぼ毎日応募がある。500人余りの従業員のうち、約100組が夫婦で働いている。共に第1期で入社したアブドゥルアゼズ・マイサイディさん(25)夫婦は「工場での仕事は規則正しく、8時間労働制で、昼休みもある。工業パークに夫婦のための寮が単独であるのもいいですね」と述べた。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)= 配信日: 2022(令和4)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022011907653

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年01月19日
    (15)スポーツ用品メーカー鴻星爾克の工場を訪ねて新疆ウイグル自治区

    13日、鴻星爾克(新疆)の生産基地で働くマイヌルカーン・アマンさん(手前)。中国最大の綿花産地として知られる新疆ウイグル自治区には、豊富な労働資源があり、ここ数年、国内の多くの綿紡績企業やアパレルメーカーの工場移転先となっている。中国のスポーツ用品メーカー、鴻星爾克(廈門)実業が同自治区ケリヤ(于田)県の天津工業パークに設立した工場が、3日稼動した。同社の求人広告スローガン「一緒にミシンを踏もう」は地元だけでなく、インターネット上にも広く伝わり、これまでに500人以上が従業員として採用された。現在もほぼ毎日応募がある。500人余りの従業員のうち、約100組が夫婦で働いている。共に第1期で入社したアブドゥルアゼズ・マイサイディさん(25)夫婦は「工場での仕事は規則正しく、8時間労働制で、昼休みもある。工業パークに夫婦のための寮が単独であるのもいいですね」と述べた。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)= 配信日: 2022(令和4)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022011907648

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年01月19日
    (6)スポーツ用品メーカー鴻星爾克の工場を訪ねて新疆ウイグル自治区

    13日、鴻星爾克(新疆)の生産基地で働く従業員。中国最大の綿花産地として知られる新疆ウイグル自治区には、豊富な労働資源があり、ここ数年、国内の多くの綿紡績企業やアパレルメーカーの工場移転先となっている。中国のスポーツ用品メーカー、鴻星爾克(廈門)実業が同自治区ケリヤ(于田)県の天津工業パークに設立した工場が、3日稼動した。同社の求人広告スローガン「一緒にミシンを踏もう」は地元だけでなく、インターネット上にも広く伝わり、これまでに500人以上が従業員として採用された。現在もほぼ毎日応募がある。500人余りの従業員のうち、約100組が夫婦で働いている。共に第1期で入社したアブドゥルアゼズ・マイサイディさん(25)夫婦は「工場での仕事は規則正しく、8時間労働制で、昼休みもある。工業パークに夫婦のための寮が単独であるのもいいですね」と述べた。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)= 配信日: 2022(令和4)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022011907584

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年01月19日
    (2)スポーツ用品メーカー鴻星爾克の工場を訪ねて新疆ウイグル自治区

    13日、鴻星爾克(新疆)の生産基地で働く従業員。中国最大の綿花産地として知られる新疆ウイグル自治区には、豊富な労働資源があり、ここ数年、国内の多くの綿紡績企業やアパレルメーカーの工場移転先となっている。中国のスポーツ用品メーカー、鴻星爾克(廈門)実業が同自治区ケリヤ(于田)県の天津工業パークに設立した工場が、3日稼動した。同社の求人広告スローガン「一緒にミシンを踏もう」は地元だけでなく、インターネット上にも広く伝わり、これまでに500人以上が従業員として採用された。現在もほぼ毎日応募がある。500人余りの従業員のうち、約100組が夫婦で働いている。共に第1期で入社したアブドゥルアゼズ・マイサイディさん(25)夫婦は「工場での仕事は規則正しく、8時間労働制で、昼休みもある。工業パークに夫婦のための寮が単独であるのもいいですね」と述べた。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)= 配信日: 2022(令和4)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022011907583

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年01月19日
    (4)スポーツ用品メーカー鴻星爾克の工場を訪ねて新疆ウイグル自治区

    13日、鴻星爾克(新疆)の生産基地で働く従業員。中国最大の綿花産地として知られる新疆ウイグル自治区には、豊富な労働資源があり、ここ数年、国内の多くの綿紡績企業やアパレルメーカーの工場移転先となっている。中国のスポーツ用品メーカー、鴻星爾克(廈門)実業が同自治区ケリヤ(于田)県の天津工業パークに設立した工場が、3日稼動した。同社の求人広告スローガン「一緒にミシンを踏もう」は地元だけでなく、インターネット上にも広く伝わり、これまでに500人以上が従業員として採用された。現在もほぼ毎日応募がある。500人余りの従業員のうち、約100組が夫婦で働いている。共に第1期で入社したアブドゥルアゼズ・マイサイディさん(25)夫婦は「工場での仕事は規則正しく、8時間労働制で、昼休みもある。工業パークに夫婦のための寮が単独であるのもいいですね」と述べた。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)= 配信日: 2022(令和4)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022011907586

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年01月19日
    (16)スポーツ用品メーカー鴻星爾克の工場を訪ねて新疆ウイグル自治区

    14日、鴻星爾克(新疆)の生産基地で、タイムレコーダーの前に並ぶマイヌルカーン・アマンさん(右)夫妻。中国最大の綿花産地として知られる新疆ウイグル自治区には、豊富な労働資源があり、ここ数年、国内の多くの綿紡績企業やアパレルメーカーの工場移転先となっている。中国のスポーツ用品メーカー、鴻星爾克(廈門)実業が同自治区ケリヤ(于田)県の天津工業パークに設立した工場が、3日稼動した。同社の求人広告スローガン「一緒にミシンを踏もう」は地元だけでなく、インターネット上にも広く伝わり、これまでに500人以上が従業員として採用された。現在もほぼ毎日応募がある。500人余りの従業員のうち、約100組が夫婦で働いている。共に第1期で入社したアブドゥルアゼズ・マイサイディさん(25)夫婦は「工場での仕事は規則正しく、8時間労働制で、昼休みもある。工業パークに夫婦のための寮が単独であるのもいいですね」と述べた。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)= 配信日: 2022(令和4)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022011907787

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年01月19日
    (14)スポーツ用品メーカー鴻星爾克の工場を訪ねて新疆ウイグル自治区

    13日、鴻星爾克(新疆)の生産基地で、夫に縫製方法を教えるマイヌルカーン・アマンさん(左)。中国最大の綿花産地として知られる新疆ウイグル自治区には、豊富な労働資源があり、ここ数年、国内の多くの綿紡績企業やアパレルメーカーの工場移転先となっている。中国のスポーツ用品メーカー、鴻星爾克(廈門)実業が同自治区ケリヤ(于田)県の天津工業パークに設立した工場が、3日稼動した。同社の求人広告スローガン「一緒にミシンを踏もう」は地元だけでなく、インターネット上にも広く伝わり、これまでに500人以上が従業員として採用された。現在もほぼ毎日応募がある。500人余りの従業員のうち、約100組が夫婦で働いている。共に第1期で入社したアブドゥルアゼズ・マイサイディさん(25)夫婦は「工場での仕事は規則正しく、8時間労働制で、昼休みもある。工業パークに夫婦のための寮が単独であるのもいいですね」と述べた。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)= 配信日: 2022(令和4)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022011907645

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年01月19日
    (16)スポーツ用品メーカー鴻星爾克の工場を訪ねて新疆ウイグル自治区

    14日、鴻星爾克(新疆)の生産基地で、タイムレコーダーの前に並ぶマイヌルカーン・アマンさん(右)夫妻。中国最大の綿花産地として知られる新疆ウイグル自治区には、豊富な労働資源があり、ここ数年、国内の多くの綿紡績企業やアパレルメーカーの工場移転先となっている。中国のスポーツ用品メーカー、鴻星爾克(廈門)実業が同自治区ケリヤ(于田)県の天津工業パークに設立した工場が、3日稼動した。同社の求人広告スローガン「一緒にミシンを踏もう」は地元だけでなく、インターネット上にも広く伝わり、これまでに500人以上が従業員として採用された。現在もほぼ毎日応募がある。500人余りの従業員のうち、約100組が夫婦で働いている。共に第1期で入社したアブドゥルアゼズ・マイサイディさん(25)夫婦は「工場での仕事は規則正しく、8時間労働制で、昼休みもある。工業パークに夫婦のための寮が単独であるのもいいですね」と述べた。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)= 配信日: 2022(令和4)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022011907649

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年01月19日
    (19)スポーツ用品メーカー鴻星爾克の工場を訪ねて新疆ウイグル自治区

    13日、ケリヤ天津工業パークの食堂で列に並ぶマイヌルカーン・アマンさん夫妻。中国最大の綿花産地として知られる新疆ウイグル自治区には、豊富な労働資源があり、ここ数年、国内の多くの綿紡績企業やアパレルメーカーの工場移転先となっている。中国のスポーツ用品メーカー、鴻星爾克(廈門)実業が同自治区ケリヤ(于田)県の天津工業パークに設立した工場が、3日稼動した。同社の求人広告スローガン「一緒にミシンを踏もう」は地元だけでなく、インターネット上にも広く伝わり、これまでに500人以上が従業員として採用された。現在もほぼ毎日応募がある。500人余りの従業員のうち、約100組が夫婦で働いている。共に第1期で入社したアブドゥルアゼズ・マイサイディさん(25)夫婦は「工場での仕事は規則正しく、8時間労働制で、昼休みもある。工業パークに夫婦のための寮が単独であるのもいいですね」と述べた。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)= 配信日: 2022(令和4)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022011907666

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年01月19日
    (18)スポーツ用品メーカー鴻星爾克の工場を訪ねて新疆ウイグル自治区

    13日、午前中の仕事を終え、ケリヤ天津工業パークの食堂に向かうマイヌルカーン・アマンさん(左)夫妻。中国最大の綿花産地として知られる新疆ウイグル自治区には、豊富な労働資源があり、ここ数年、国内の多くの綿紡績企業やアパレルメーカーの工場移転先となっている。中国のスポーツ用品メーカー、鴻星爾克(廈門)実業が同自治区ケリヤ(于田)県の天津工業パークに設立した工場が、3日稼動した。同社の求人広告スローガン「一緒にミシンを踏もう」は地元だけでなく、インターネット上にも広く伝わり、これまでに500人以上が従業員として採用された。現在もほぼ毎日応募がある。500人余りの従業員のうち、約100組が夫婦で働いている。共に第1期で入社したアブドゥルアゼズ・マイサイディさん(25)夫婦は「工場での仕事は規則正しく、8時間労働制で、昼休みもある。工業パークに夫婦のための寮が単独であるのもいいですね」と述べた。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)= 配信日: 2022(令和4)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022011907660

  • 2022年05月20日
    (2)中日共同イノベーションセンターが運用開始四川省成都市

    中国四川省の成都ハイテク産業開発区で建設中の「中日応接間(中日レセプションホール)」。(資料写真)中国四川省の成都ハイテク産業開発区は19日、中心業務地区(CBD)に建設した「中日共同イノベーションセンター」がこのほど、運用を始めたと明らかにした。(成都=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052006434

  • 1