KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 記者
  • 令和
  • ソム
  • 協同組合
  • 就業
  • 民族文化
  • 伝承
  • 特色
  • 製作
  • 劉磊

「日朗」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
13
( 1 13 件を表示)
  • 1
13
( 1 13 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年08月01日
    九寨溝地震一周年特別報道―生態系回復への道

    1日、九寨溝景勝地の諾日朗滝。中国四川省九寨溝県で2017年8月8日に発生したマグニチュード7・0の地震は、世界自然遺産の九寨溝景勝地に大きな被害をもたらした。震災後、現地の人びとは破壊された生態系の回復を図り、自然を重視しながら世界自然遺産の修復と保護に取り組んできた。(九寨溝=新華社記者/李力可)=2018(平成30)年8月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080900545

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:21.59
    2018年08月08日
    「新華社」九寨溝地震一周年特別報道―「おとぎの国」から生まれた新たな風景

    2017年8月8日、「おとぎの国」と称される中国四川省九寨溝の静寂を突如として切り裂いたマグニチュード7の地震は、世界自然遺産保護区に大きな被害をもたらした。九寨溝地震から1年を迎え、再び「おとぎの国」に足を踏み入れた。九寨溝管理局の職員の先導で九寨溝景観区に入ると、流れ落ちる瀑布や青く透明な湖だけでなく、地震で新たにできた地形までもが見え、すでに地盤が安定し麗しい風景を形作っていることがわかる。九寨溝の従来の景勝地である双龍海は、木々の間から緩やかに流れ出た水流が、断崖絶壁箇所で下方へ勢いよく落下し、L字型をした瀑布となっている。九寨溝景勝地にある27カ所の世界自然遺産において、火花海以外の景観変化は比較的小さい。下季節海、諾日朗瀑布、珍珠灘瀑布、五花海などの観光スポットでは、秀麗な景色は数年前と全く変わっていない。五花海では、石灰華(炭酸カルシウムの沈積物)が澄みきった湖水をびっしりと埋め尽くしている。九寨溝管理局地質災害観測員の任貴元氏は、五花海の中心付近の湖底から澄みきった水が数カ所湧き出しており、これらの湧き水が九寨溝の水を傑出したものにしている秘密の一つだと明らかにした。(記者/周相吉、李力可、薛晨)<映像内容>九寨溝地震で新たにできた地形、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101801889

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    04:16.08
    2019年09月25日
    「新華社」再公開待つ九寨溝の秋景色を空撮

    中国四川省アバ・チベット族チャン族自治州の九寨溝風景区で、27日から一部の観光地が再公開される。同自治州松潘県で23日に開かれた「2019年四川省アバ・チベット族チャン族自治州文化観光および全域観光発展大会」で明らかになった。九寨溝風景区は公開期間中、観光客数を1日当たり5千人以内に制限し、旅行会社による団体ツアー客のみ受け入れる。同風景区は震災から2年にわたる復興・再建を経て、全体の85%が基本的な公開条件を備えた。公開予定区域では地震対策がほぼ完了しており、諾日朗(ノリラン)滝や新たな観光地の双竜海滝も公開される。(記者/王曦)<映像内容>九寨溝の秋景色、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100206590

  • 2020年03月08日
    伝統工芸でモンゴル族女性の貧困脱出を後押し

    8日、刺しゅうを学ぶ内モンゴル自治区ヒンガン盟ホルチン右翼前旗ウラン・モド・ソムの薩日朗合作社(協同組合)の女性たち。中国内モンゴル自治区婦女連合会は、2018年から農村や放牧地の貧困女性を支援する「布絲瑰行動計画(アクションプラン)」を始動している。「布絲瑰」はモンゴル語で「女性」を意味する。同計画は少数民族に伝わる衣装のチーフ化、ファッション化、生活化、産業化への推進により、多くの女性の起業や就業、増収による貧困脱却を目指す。これまでに同自治区内に200カ所以上の生産拠点を設け、1万6千人に上る女性の雇用を生み出している。(フフホト=新華社配信/勿日汗)=2020(令和2)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031200773

  • 2020年07月01日
    モンゴル族女性、刺しゅうで豊かな暮らしを目指す

    1日、合作社で刺しゅうに励むモンゴル族の女性たち。中国内モンゴル自治区ヒンガン盟ホルチン右翼前旗のウラン・モド・ソム(烏蘭毛都蘇木)にある薩日朗巾幗(きんかく、女性を指す)民族手工芸品専業合作社(協同組合)では、モンゴル族女性20人ほどが刺しゅう作品の製作に取り組んでいる。同旗はここ数年、地元の特色あるモンゴル族の刺しゅうの発展に力を入れ、手工芸の伝承を図るとともに、モンゴル族女性1万人余りの地元での就業や増収も後押ししている。(ヒンガン盟=新華社記者/劉磊)=2020(令和2)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070611585

  • 2020年07月01日
    モンゴル族女性、刺しゅうで豊かな暮らしを目指す

    1日、合作社で刺しゅうに励むモンゴル族の女性たち。中国内モンゴル自治区ヒンガン盟ホルチン右翼前旗のウラン・モド・ソム(烏蘭毛都蘇木)にある薩日朗巾幗(きんかく、女性を指す)民族手工芸品専業合作社(協同組合)では、モンゴル族女性20人ほどが刺しゅう作品の製作に取り組んでいる。同旗はここ数年、地元の特色あるモンゴル族の刺しゅうの発展に力を入れ、手工芸の伝承を図るとともに、モンゴル族女性1万人余りの地元での就業や増収も後押ししている。(ヒンガン盟=新華社記者/貝赫)=2020(令和2)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070611757

  • 2020年07月01日
    モンゴル族女性、刺しゅうで豊かな暮らしを目指す

    1日、合作社で、刺しゅうに励むモンゴル族の女性。中国内モンゴル自治区ヒンガン盟ホルチン右翼前旗のウラン・モド・ソム(烏蘭毛都蘇木)にある薩日朗巾幗(きんかく、女性を指す)民族手工芸品専業合作社(協同組合)では、モンゴル族女性20人ほどが刺しゅう作品の製作に取り組んでいる。同旗はここ数年、地元の特色あるモンゴル族の刺しゅうの発展に力を入れ、手工芸の伝承を図るとともに、モンゴル族女性1万人余りの地元での就業や増収も後押ししている。(ヒンガン盟=新華社記者/劉磊)=2020(令和2)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070611763

  • 2020年07月01日
    モンゴル族女性、刺しゅうで豊かな暮らしを目指す

    1日、合作社で作られたモンゴル族のたばこ入れ。美しい刺しゅうの図案が施されている。中国内モンゴル自治区ヒンガン盟ホルチン右翼前旗のウラン・モド・ソム(烏蘭毛都蘇木)にある薩日朗巾幗(きんかく、女性を指す)民族手工芸品専業合作社(協同組合)では、モンゴル族女性20人ほどが刺しゅう作品の製作に取り組んでいる。同旗はここ数年、地元の特色あるモンゴル族の刺しゅうの発展に力を入れ、手工芸の伝承を図るとともに、モンゴル族女性1万人余りの地元での就業や増収も後押ししている。(ヒンガン盟=新華社記者/劉磊)=2020(令和2)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070611548

  • 2020年07月01日
    モンゴル族女性、刺しゅうで豊かな暮らしを目指す

    1日、合作社で刺しゅうに励むモンゴル族の女性。中国内モンゴル自治区ヒンガン盟ホルチン右翼前旗のウラン・モド・ソム(烏蘭毛都蘇木)にある薩日朗巾幗(きんかく、女性を指す)民族手工芸品専業合作社(協同組合)では、モンゴル族女性20人ほどが刺しゅう作品の製作に取り組んでいる。同旗はここ数年、地元の特色あるモンゴル族の刺しゅうの発展に力を入れ、手工芸の伝承を図るとともに、モンゴル族女性1万人余りの地元での就業や増収も後押ししている。(ヒンガン盟=新華社記者/劉磊)=2020(令和2)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070611665

  • 2020年07月01日
    モンゴル族女性、刺しゅうで豊かな暮らしを目指す

    1日、合作社で孫娘に刺しゅうの技法について説明するモンゴル族の女性(左)。中国内モンゴル自治区ヒンガン盟ホルチン右翼前旗のウラン・モド・ソム(烏蘭毛都蘇木)にある薩日朗巾幗(きんかく、女性を指す)民族手工芸品専業合作社(協同組合)では、モンゴル族女性20人ほどが刺しゅう作品の製作に取り組んでいる。同旗はここ数年、地元の特色あるモンゴル族の刺しゅうの発展に力を入れ、手工芸の伝承を図るとともに、モンゴル族女性1万人余りの地元での就業や増収も後押ししている。(ヒンガン盟=新華社記者/貝赫)=2020(令和2)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070611760

  • 2020年07月01日
    モンゴル族女性、刺しゅうで豊かな暮らしを目指す

    1日、合作社で、刺しゅうに励むモンゴル族の女性。中国内モンゴル自治区ヒンガン盟ホルチン右翼前旗のウラン・モド・ソム(烏蘭毛都蘇木)にある薩日朗巾幗(きんかく、女性を指す)民族手工芸品専業合作社(協同組合)では、モンゴル族女性20人ほどが刺しゅう作品の製作に取り組んでいる。同旗はここ数年、地元の特色あるモンゴル族の刺しゅうの発展に力を入れ、手工芸の伝承を図るとともに、モンゴル族女性1万人余りの地元での就業や増収も後押ししている。(ヒンガン盟=新華社記者/劉磊)=2020(令和2)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070611602

  • 2020年07月01日
    モンゴル族女性、刺しゅうで豊かな暮らしを目指す

    1日、合作社で刺しゅう糸を選ぶモンゴル族の女性。中国内モンゴル自治区ヒンガン盟ホルチン右翼前旗のウラン・モド・ソム(烏蘭毛都蘇木)にある薩日朗巾幗(きんかく、女性を指す)民族手工芸品専業合作社(協同組合)では、モンゴル族女性20人ほどが刺しゅう作品の製作に取り組んでいる。同旗はここ数年、地元の特色あるモンゴル族の刺しゅうの発展に力を入れ、手工芸の伝承を図るとともに、モンゴル族女性1万人余りの地元での就業や増収も後押ししている。(ヒンガン盟=新華社記者/劉磊)=2020(令和2)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070611527

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年09月30日
    (7)九寨溝風景区、全域で公開再開四川省

    27日、九寨溝風景区の諾日朗(ノリラン)瀑布。中国四川省アバ・チベット族チャン族自治州九寨溝県の九寨溝風景区が28日、全域で公開を再開した。同県では2017年8月8日にマグニチュード7・0の地震が起き、景観にも大きな影響が出ていたが、計27万株の植樹などを経て、2585ムー(約172・3ヘクタール)の環境を修復。風景区の生態系の回復が順調に進んでいた。(九寨溝=新華社記者/唐文豪)= 配信日: 2021(令和3)年9月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021093012278

  • 1