KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 中国国際輸入博覧会
  • 中国市場
  • 展示ブース
  • 中国輸入
  • 新型肺炎
  • 日系企業
  • コンベンションセンター
  • 国家エキシビション
  • アピール
  • 展示エリア

「日本企業」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
1,646
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
1,646
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2021年04月07日
    ドコモに次ぐTOB規模

    日本企業に対する主なM&A

  • 2021年04月07日
    ドコモに次ぐTOB規模

    日本企業に対する主なM&A

  • 2021年04月07日
    ドコモに次ぐTOB規模

    日本企業に対する主なM&A

  • 2021年04月07日
    ドコモに次ぐTOB規模

    日本企業に対する主なM&A

  • 2021年03月31日
    日立、1兆円で米IT買収

    日本企業による海外関連の主な大型買収

  • 2021年03月31日
    日立、1兆円で米IT買収

    日本企業による海外関連の主な大型買収

  • 2021年03月30日
    (1)日本企業の「質の高い発展」参画を歓迎林松添中国人民対外友好協会会長

    26日、「中日桜友誼林」記念碑の前で記念撮影する中国人民対外友好協会の林松添会長。中国人民対外友好協会の林松添(りん・しょうてん)会長はこのほど、江蘇省無錫市で中日桜友誼林建設34周年記念イベントに参加した際、新華社の単独取材に応じ、「中国と日本の人々が幸せで穏やかな生活を送れることは、両国とアジア諸国の共通利益に合致し、共通の願いでもあり、変わることのない事実である」との見解を示した。林氏は、無錫市の日本企業は千社余りを数え、在住の日本人は2千人を超えており、長江デルタ地域は日本の投資協力が集中する地域になっていると説明。日本の企業にとって中国は巨大な市場を持っており、人々の消費力も強く、インフラ整備も一流となっていると指摘し、中国は日本が改革開放に積極的に参画し、発展を後押ししてくれたことに感謝しており、引き続き中国の質の高い発展への参画を歓迎すると表明した。(無錫=新華社記者/常博深)= 配信日: 2021(令和3)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月30日
    (3)日本企業の「質の高い発展」参画を歓迎林松添中国人民対外友好協会会長

    26日、「中日桜友誼林」を視察する中国人民対外友好協会の林松添会長(中央)ら一行。中国人民対外友好協会の林松添(りん・しょうてん)会長はこのほど、新華社の単独取材に応じ、「中国と日本の人々が幸せで穏やかな生活を送れることは、両国とアジア諸国の共通利益に合致し、共通の願いでもあり、変わることのない事実である」との見解を示した。林氏は、無錫市の日本企業は千社余りを数え、在住の日本人は2千人を超えており、長江デルタ地域は日本の投資協力が集中する地域になっていると説明。日本の企業にとって中国は巨大な市場を持っており、人々の消費力も強く、インフラ整備も一流となっていると指摘し、中国は日本が改革開放に積極的に参画し、発展を後押ししてくれたことに感謝しており、引き続き中国の質の高い発展への参画を歓迎すると表明した。(無錫=新華社記者/肖月)= 配信日: 2021(令和3)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:12.48
    2021年03月30日
    「新華社」日本企業の「質の高い発展」参画を歓迎林松添中国人民対外友好協会会長

    中国人民対外友好協会の林松添(りん・しょうてん)会長はこのほど、江蘇省無錫市で中日桜友誼林建設34周年記念イベントに参加した際、新華社の単独取材に応じ、「中国と日本の人々が幸せで穏やかな生活を送れることは、両国とアジア諸国の共通利益に合致し、共通の願いでもあり、変わることのない事実である」との見解を示した。林氏は、無錫市の日本企業は千社余りを数え、在住の日本人は2千人を超えており、長江デルタ地域は日本の投資協力が集中する地域になっていると説明。日本の企業にとって中国は巨大な市場を持っており、人々の消費力も強く、インフラ整備も一流となっていると指摘し、中国は日本が改革開放に積極的に参画し、発展を後押ししてくれたことに感謝しており、引き続き中国の質の高い発展への参画を歓迎すると表明した。同市ではこのほど、「2021無錫国際花見ウイーク・中日桜友誼林建設34周年記念イベント」が開催された。林氏は同イベントを高く評価し、「桜は中日両国民の友好の象徴。われわれは桜を媒介に皆さんを花見に招待し、中日友好の成果を目の当たりにする。今回一堂に会したのは、長谷川清巳氏ら長期にわたって中日友好に尽力した人々に敬意を表するためであり、また中国が中日友好に力を注ぐ決意と信念を日本の人々に示すためでもある」と述べた。(記者/常博深、肖月) =配信日: 2021(令和3)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月30日
    (2)日本企業の「質の高い発展」参画を歓迎林松添中国人民対外友好協会会長

    26日、「中日桜友誼林」の園内で記念撮影する中国人民対外友好協会の林松添会長。中国人民対外友好協会の林松添(りん・しょうてん)会長はこのほど、江蘇省無錫市で中日桜友誼林建設34周年記念イベントに参加した際、新華社の単独取材に応じ、「中国と日本の人々が幸せで穏やかな生活を送れることは、両国とアジア諸国の共通利益に合致し、共通の願いでもあり、変わることのない事実である」との見解を示した。林氏は、無錫市の日本企業は千社余りを数え、在住の日本人は2千人を超えており、長江デルタ地域は日本の投資協力が集中する地域になっていると説明。日本の企業にとって中国は巨大な市場を持っており、人々の消費力も強く、インフラ整備も一流となっていると指摘し、中国は日本が改革開放に積極的に参画し、発展を後押ししてくれたことに感謝しており、引き続き中国の質の高い発展への参画を歓迎すると表明した。(無錫=新華社記者/常博深)= 配信日: 2021(令和3)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月30日
    (4)日本企業の「質の高い発展」参画を歓迎林松添中国人民対外友好協会会長

    26日、「中日桜友誼林」の賞桜楼前で記念撮影する中国人民対外友好協会の林松添会長(右から3人目)ら一行。中国人民対外友好協会の林松添(りん・しょうてん)会長はこのほど、江蘇省無錫市で中日桜友誼林建設34周年記念イベントに参加した際、新華社の単独取材に応じ、「中国と日本の人々が幸せで穏やかな生活を送れることは、両国とアジア諸国の共通利益に合致し、共通の願いでもあり、変わることのない事実である」との見解を示した。林氏は、無錫市の日本企業は千社余りを数え、在住の日本人は2千人を超えており、長江デルタ地域は日本の投資協力が集中する地域になっていると説明。日本の企業にとって中国は巨大な市場を持っており、人々の消費力も強く、インフラ整備も一流となっていると指摘し、中国は日本が改革開放に積極的に参画し、発展を後押ししてくれたことに感謝しており、引き続き中国の質の高い発展への参画を歓迎すると表明した。(無錫=新華社記者/常博深)= 配信日: 2021(令和3)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月28日
    日本企業は今後も中国進出に前向き日中経済協会北京事務所所長

    26日、「中日企業協力懇談会-RCEP時代における中国(無錫)と日本の経済貿易協力」で発言する川合現氏。中国江蘇省無錫市で26日、「中日企業協力懇談会-RCEP時代における中国(無錫)と日本の経済貿易協力」が開かれた。日中経済協会北京事務所の川合現(かわい・げん)所長は新華社の取材に対し「中国市場は今伸びている。日本企業はポストコロナも積極的に投資していくだろう」と語った。(無錫=新華社記者/肖月)= 配信日: 2021(令和3)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:09.48
    2021年03月26日
    「新華社」日本企業は今後も中国進出に前向き日中経済協会北京事務所所長

    中国江蘇省無錫市で26日、「中日企業協力懇談会-RCEP時代における中国(無錫)と日本の経済貿易協力」が開かれた。日中経済協会北京事務所の川合現(かわい・げん)所長は新華社の取材に対し「中国市場は今伸びている。日本企業はポストコロナも積極的に投資していくだろう」と語った。中国や日本など15カ国が署名した東アジア地域包括的経済連携(RCEP)協定については、日本企業が中国企業と一緒に東南アジア市場を開拓する動きが加速すると指摘。無錫については、今後サービス産業化が進めば、日本の関係企業の進出も増えるとの見通しを示した。(記者/常博深、肖月)=配信日:2021(令和3)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月10日
    日本企業寄贈の発電機 支援、遠い大陸からも

    東日本大震災の捜索活動時にレスキュー・サウスアフリカに導入された発電機。日本企業から寄贈された=1日、南アフリカ・ヨハネスブルク(共同)

    撮影: 1日、南アフリカ・ヨハネスブルク

  • 2021年03月03日
    実演販売する在日中国人 中国客、実演販売でつかめ

    心斎橋パルコの特設スペースで実演販売する在日中国人ら=2020年11月、大阪市

    撮影: 2020年11月、大阪市

  • 2021年02月21日
    人権責任、鈍い日本企業

    ウイグル族弾圧を巡る欧米企業などの対応

  • 2021年02月21日
    人権責任、鈍い日本企業

    ウイグル族弾圧を巡る欧米企業などの対応

  • 2021年02月21日
    人権責任、鈍い日本企業

    ウイグル族弾圧を巡る欧米企業などの対応

  • 2021年02月21日
    人権責任、鈍い日本企業

    ウイグル族弾圧を巡る欧米企業などの対応

  • 2021年02月21日
    ウイグル弾圧で取引停止

    ウイグル族らの強制労働に関する日本企業回答(コンパクト版)

  • 2021年02月21日
    ウイグル弾圧で取引停止

    ウイグル族らの強制労働に関する日本企業回答(コンパクト版)

  • 2021年02月21日
    ウイグル弾圧で取引停止

    ウイグル族らの強制労働に関する日本企業回答(コンパクト版)

  • 2021年02月21日
    ウイグル弾圧で取引停止

    ウイグル族らの強制労働に関する日本企業回答(コンパクト版)

  • 2021年02月21日
    ウイグル弾圧で取引停止

    ウイグル族らの強制労働に関する日本企業回答

  • 2021年02月21日
    ウイグル弾圧で取引停止

    ウイグル族らの強制労働に関する日本企業回答

  • 2021年02月13日
    チョコの実情、甘くない

    日本企業4社の評価

  • 2021年02月13日
    チョコの実情、甘くない

    日本企業4社の評価

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月09日
    休業中の大手銀行支店 日本企業の操業停止相次ぐ

    クーデターで実権を握った国軍に抗議するデモの影響で、休業しているミャンマーの大手銀行支店=9日、ヤンゴン(共同)

    撮影: 9日、ヤンゴン

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月09日
    休業中の大手銀行支店 日本企業の操業停止相次ぐ

    クーデターで実権を握った国軍に抗議するデモの影響で、休業しているミャンマーの大手銀行支店=9日、ヤンゴン(共同)

    撮影: 9日、ヤンゴン

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月09日
    デモに参加した労働者 日本企業の操業停止相次ぐ

    クーデターで実権を握った国軍に抗議するデモに参加し、「ミャンマーを救え」と叫ぶ労働者たち=8日、ヤンゴン(共同)

    撮影: 8日、ヤンゴン

  • 2021年02月05日
    青野慶久氏 森氏、日本企業の病理象徴

    青野慶久・サイボウズ社長

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月02日
    止まった建設現場と通行車両 笑顔なく、静かな緊張

    2日、クーデターを受けて工事が中断した、日本企業も参加する建設現場=ヤンゴン(共同)

    撮影: ヤンゴン

  • 2021年01月31日
    日本企業の国際治験支援へ

    国内で開発されている新型コロナワクチン

  • 2021年01月31日
    日本企業の国際治験支援へ

    国内で開発されている新型コロナワクチン

  • 2021年01月31日
    日本企業の国際治験支援へ

    国内で開発されている新型コロナワクチン

  • 2021年01月31日
    日本企業の国際治験支援へ

    国内で開発されている新型コロナワクチン

  • 2021年01月25日
    日本、半導体の増産要請

    半導体不足を受けた日本企業の対応

  • 2021年01月25日
    日本、半導体の増産要請

    半導体不足を受けた日本企業の対応

  • 2021年01月04日
    M&A件数、9年ぶり減少

    日本企業が関連するM&A件数の推移

  • 2021年01月04日
    M&A件数、9年ぶり減少

    日本企業が関連するM&A件数の推移

  • 2021年01月04日
    M&A件数、9年ぶり減少

    日本企業が関連するM&A件数の推移

  • 2021年01月04日
    M&A件数、9年ぶり減少

    日本企業が関連するM&A件数の推移

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:30.12
    2020年12月11日
    「新華社」三菱マテ、中国山東省の強制連行労働者に謝罪と賠償金

    三菱マテリアル(旧三菱鉱業)が第2次大戦中に中国山東省から中国人を日本に強制連行し、労働者として働かせたことに対する謝罪と賠償金支払いの式典がこのほど、同省高密市で行われた。賠償金が支払われるのは今回が初めてで、労働者の遺族30人が1人10万元(1元=約16円)を受け取った。日本強制連行中国人労働者連誼会の劉煥新(りゅう・かんしん)会長は「今回、権利請求に希望が見えた。この30年間の努力は無駄にならず、今後の全面的問題解決のための基礎ができた」と述べた。第2次大戦中、日本は山東省から1万2千人余りを強制連行して働かせた。劉会長の父親で高密の農民だった劉連仁(りゅう・れんじん)さんもその1人だった。劉会長は2013年から三菱側と交渉を開始した。3年余りの苦しい交渉の末、和解が成立。三菱側は謝罪と1人につき10万元の賠償金支払いに同意した。同省青島市即墨籍の労働者遺族、江偉青(こう・いせい)さんは、賠償金は祖父や父の慰めになると話した。日本が中国を侵略した期間に、日本企業35社が中国人を労働者として働かせた。これまでに謝罪と賠償に応じたのは三菱マテリアル1社にとどまっている。(記者/李小波)=配信日:2020(令和2)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月10日
    2020高雄同心日

    高雄市政府経済発展局(経発局)が開催した、同市内で事業を展開し、市の発展に貢献する日本企業を表彰するイベント「2020高雄同心日」。日系企業12社が表彰された=2020(令和2)年12月10日、台湾・高雄、クレジット:NNA/共同通信イメージズ

  • 2020年11月30日
    日本企業、股裂き懸念

    米中の制裁合戦の構図

  • 2020年11月30日
    日本企業、股裂き懸念

    米中の制裁合戦の構図

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年11月13日
    日本企業に身代金要求続々

    被害が明らかになった主な日本企業

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年11月13日
    日本企業に身代金要求続々

    被害が明らかになった主な日本企業

  • 2020年11月13日
    日本企業、遼寧省との経済貿易協力「ステップアップ」に期待

    13日、遼寧省瀋陽市で開かれた遼寧-日本経済貿易協力懇談会で発言する在中日本企業の代表者。伊藤忠商事の森常隆東アジア総代表補佐(華北担当)は、中国遼寧省瀋陽市で13日に開かれた遼寧-日本経済貿易協力懇談会で「既存事業を継続しつつ、モビリティや医療、環境保護、情報技術(IT)、リテールなどの関連事業を拡大し、新商品や新サービスを絶え間なく提供していく」と語った。懇談会は遼寧省人民政府が主催し、日本の在中国大使館・領事館、中国進出している有名日本企業、中国にある日本の業界団体などから100人近くが出席した。(瀋陽=新華社記者/白湧泉)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月13日
    日本企業、遼寧省との経済貿易協力「ステップアップ」に期待

    13日、遼寧省瀋陽市で開かれた遼寧-日本経済貿易協力懇談会。伊藤忠商事の森常隆東アジア総代表補佐(華北担当)は、中国遼寧省瀋陽市で13日に開かれた遼寧-日本経済貿易協力懇談会で「既存事業を継続しつつ、モビリティや医療、環境保護、情報技術(IT)、リテールなどの関連事業を拡大し、新商品や新サービスを絶え間なく提供していく」と語った。懇談会は遼寧省人民政府が主催し、日本の在中国大使館・領事館、中国進出している有名日本企業、中国にある日本の業界団体などから100人近くが出席した。(瀋陽=新華社記者/白湧泉)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月12日
    日本企業の代表団、海口市を視察海南省

    12日、日本企業代表団を率いる在広州日本国総領事館の石塚英樹総領事(左)と交流する海南省共産党委員会常務委員・海口市党委員会書記の何忠友氏(右)。在広州日本国総領事館の石塚英樹総領事率いる日本企業代表団が12日、中国海南省海口市を訪問し、経済や社会の発展状況を視察した。同省共産党委員会常務委員で市党委員会書記の何忠友(か・ちゅうゆう)氏が一行と会談し、海南自由貿易港の建設を背景とする双方の協力事項について話し合った。(海口=新華社配信)=2020(令和2)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月12日
    日本企業の代表団、海口市を視察海南省

    12日、海南省海口市を訪問した三井住友銀行や日本貿易振興機構(ジェトロ)、日本航空などの日本企業や日本メディアの代表24人。在広州日本国総領事館の石塚英樹総領事率いる日本企業代表団が12日、中国海南省海口市を訪問し、経済や社会の発展状況を視察した。同省共産党委員会常務委員で市党委員会書記の何忠友(か・ちゅうゆう)氏が一行と会談し、海南自由貿易港の建設を背景とする双方の協力事項について話し合った。(海口=新華社配信)=2020(令和2)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月11日
    日本の明治、上海にアイスクリーム生産拠点を新設へ

    11日、アイスクリーム生産拠点を新設する契約を結んだ上海市松江経済技術開発区と明治制果食品工業(上海)。日本の食品大手、明治が中国でのアイスクリーム事業を拡大する。中国子会社の明治制果食品工業(上海)がこのほど、上海市の松江経済技術開発区と生産拠点を新設する契約を結んだことが、同市松江区への取材で分かった。投資総額は約9815万ドル(1ドル=約104円)で、既設の工場敷地を拡張する。完成後は中国でのアイスクリーム生産能力が2・3倍に増える見込み。(上海=新華社配信)=2020(令和2)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月11日
    日本の明治、上海にアイスクリーム生産拠点を新設へ

    11日、アイスクリーム生産拠点を新設する契約を結んだ上海市松江経済技術開発区と明治制果食品工業(上海)。日本の食品大手、明治が中国でのアイスクリーム事業を拡大する。中国子会社の明治制果食品工業(上海)がこのほど、上海市の松江経済技術開発区と生産拠点を新設する契約を結んだことが、同市松江区への取材で分かった。投資総額は約9815万ドル(1ドル=約104円)で、既設の工場敷地を拡張する。完成後は中国でのアイスクリーム生産能力が2・3倍に増える見込み。(上海=新華社配信)=2020(令和2)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月10日
    山東省、日本企業とのプロジェクト締結総投資額9億1千万ドル

    10日、イベントで行われた調印式。中国山東省済南市と日本の東京で10日、同省と世界上位500社をつなぐイベント「山東とフォーチュン・グローバル500日本特別シンポジウム」が同時に開催された。先端設備製造業や新素材などの分野を含む外資プロジェクト14件が調印され、総投資額は9億1千万ドル(1ドル=約105円)に上った。(済南=新華社配信)=2020(令和2)年11月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月10日
    山東省、日本企業とのプロジェクト締結総投資額9億1千万ドル

    10日、オンラインで対談する中国共産党山東省委員会の劉家義(りゅう・かぎ)書記と丸紅の国分文也会長。中国山東省済南市と日本の東京で10日、同省と世界上位500社をつなぐイベント「山東とフォーチュン・グローバル500日本特別シンポジウム」が同時に開催された。先端設備製造業や新素材などの分野を含む外資プロジェクト14件が調印され、総投資額は9億1千万ドル(1ドル=約105円)に上った。(済南=新華社配信)=2020(令和2)年11月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月10日
    山東省、日本企業とのプロジェクト締結総投資額9億1千万ドル

    10日、イベントであいさつする中国の孔鉉佑(こう・げんゆう)駐日大使。中国山東省済南市と日本の東京で10日、同省と世界上位500社をつなぐイベント「山東とフォーチュン・グローバル500日本特別シンポジウム」が同時に開催された。先端設備製造業や新素材などの分野を含む外資プロジェクト14件が調印され、総投資額は9億1千万ドル(1ドル=約105円)に上った。(済南=新華社配信)=2020(令和2)年11月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月10日
    山東省、日本企業とのプロジェクト締結総投資額9億1千万ドル

    10日、山東省済南市と東京で開かれた「山東とフォーチュン・グローバル500日本特別シンポジウム」の会場。中国山東省済南市と日本の東京で10日、同省と世界上位500社をつなぐイベント「山東とフォーチュン・グローバル500日本特別シンポジウム」が同時に開催された。先端設備製造業や新素材などの分野を含む外資プロジェクト14件が調印され、総投資額は9億1千万ドル(1ドル=約105円)に上った。(済南=新華社配信)=2020(令和2)年11月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月09日
    東京都中小企業振興公社、食品商談会を開催

    11月17日と18日にバンコクで開催する、タイの食品関連企業が抱える課題を日本企業の技術・商品により解決を目指す食品商談会について説明する、東京都中小企業振興公社タイ事務所の木村正幸所長(右)と井元英路副所長=2020(令和2)年11月9日、タイ・バンコク、クレジット:NNA/共同通信イメージズ

  • 2020年11月09日
    【輸入博】米日の各大手企業、中国市場に競ってアピール

    9日、「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングの展示ブース。初出展ながら今年の一般消費財エリアで最大規模となった。中国上海市で開催された第3回中国国際輸入博覧会が10日に閉幕した。約1週間の会期中、米国と日本の多数の大手多国籍企業が中国市場向けに自社製品のアピール合戦を展開した。輸入博主催者によると、出展数は日本企業が最も多く、展示面積は米国企業が最も広かった。両国の大手多国籍企業が中国の輸入博に集結したことで、中国市場の魅力と潜在力の高さが浮き彫りとなり、世界経済の回復にも新たな自信と活力が添えられた。(上海=新華社記者/劉穎)=2020(令和2)年11月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月09日
    【輸入博】米日の各大手企業、中国市場に競ってアピール

    9日、一般消費財エリアに設けられたライオンの展示ブースで、力を入れている口腔ケア製品を手にするスタッフ。中国上海市で開催された第3回中国国際輸入博覧会が10日に閉幕した。約1週間の会期中、米国と日本の多数の大手多国籍企業が中国市場向けに自社製品のアピール合戦を展開した。輸入博主催者によると、出展数は日本企業が最も多く、展示面積は米国企業が最も広かった。両国の大手多国籍企業が中国の輸入博に集結したことで、中国市場の魅力と潜在力の高さが浮き彫りとなり、世界経済の回復にも新たな自信と活力が添えられた。(上海=新華社記者/劉穎)=2020(令和2)年11月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月09日
    【輸入博】第3回輸入博が閉幕日本企業の出展数が最多に

    9日、第3回輸入博の食品・農業製品エリアに設けられたジェトロの展示ブースで、日本産米を使った料理を試食するために列を作る来場者。中国上海市で開催された第3回中国国際輸入博覧会が10日夕方閉幕した。同輸入博では、各国の出展企業の中で、日本の出展企業数が400社を超え、最も多かった。そのうち日本貿易振興機構(ジェトロ)が組織して出展した企業は156社だった。ジェトロは、輸入博の六つの展示エリアのうち、食品・農業製品、一般消費財、医療機器・ヘルスケア製品の三つの展示エリアにブースを設置。日本の各種製品を来場者にPRし、会場でさまざまなイベントを行った。(上海=新華社記者/許暁青)=2020(令和2)年11月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月09日
    【輸入博】米日の各大手企業、中国市場に競ってアピール

    9日、「ユニクロ」の展示ブースに掲げられた巨大なダウンジャケットは、来場者にとって外せない撮影スポットになった。中国上海市で開催された第3回中国国際輸入博覧会が10日に閉幕した。約1週間の会期中、米国と日本の多数の大手多国籍企業が中国市場向けに自社製品のアピール合戦を展開した。輸入博主催者によると、出展数は日本企業が最も多く、展示面積は米国企業が最も広かった。両国の大手多国籍企業が中国の輸入博に集結したことで、中国市場の魅力と潜在力の高さが浮き彫りとなり、世界経済の回復にも新たな自信と活力が添えられた。(上海=新華社記者/劉穎)=2020(令和2)年11月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月09日
    【輸入博】米日の各大手企業、中国市場に競ってアピール

    9日、自動車エリアで、テスラのブースを見学する来場者。中国上海市で開催された第3回中国国際輸入博覧会が10日に閉幕した。約1週間の会期中、米国と日本の多数の大手多国籍企業が中国市場向けに自社製品のアピール合戦を展開した。輸入博主催者によると、出展数は日本企業が最も多く、展示面積は米国企業が最も広かった。両国の大手多国籍企業が中国の輸入博に集結したことで、中国市場の魅力と潜在力の高さが浮き彫りとなり、世界経済の回復にも新たな自信と活力が添えられた。(上海=新華社記者/許暁青)=2020(令和2)年11月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月09日
    【輸入博】第3回輸入博が閉幕日本企業の出展数が最多に

    9日、第3回輸入博の食品・農業製品エリアに設けられたジェトロの展示ブースで、日本産米を使った料理を試食するために列を作る来場者。中国上海市で開催された第3回中国国際輸入博覧会が10日夕方閉幕した。同輸入博では、各国の出展企業の中で、日本の出展企業数が400社を超え、最も多かった。そのうち日本貿易振興機構(ジェトロ)が組織して出展した企業は156社だった。ジェトロは、輸入博の六つの展示エリアのうち、食品・農業製品、一般消費財、医療機器・ヘルスケア製品の三つの展示エリアにブースを設置。日本の各種製品を来場者にPRし、会場でさまざまなイベントを行った。(上海=新華社記者/許暁青)=2020(令和2)年11月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月09日
    【輸入博】第3回輸入博が閉幕日本企業の出展数が最多に

    9日、第3回輸入博の食品・農業製品エリアに設けられたジェトロの展示ブースで、酒を試飲する来場者。中国上海市で開催された第3回中国国際輸入博覧会が10日夕方閉幕した。同輸入博では、各国の出展企業の中で、日本の出展企業数が400社を超え、最も多かった。そのうち日本貿易振興機構(ジェトロ)が組織して出展した企業は156社だった。ジェトロは、輸入博の六つの展示エリアのうち、食品・農業製品、一般消費財、医療機器・ヘルスケア製品の三つの展示エリアにブースを設置。日本の各種製品を来場者にPRし、会場でさまざまなイベントを行った。(上海=新華社記者/張拓)=2020(令和2)年11月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月09日
    【輸入博】第3回輸入博が閉幕日本企業の出展数が最多に

    9日、第3回輸入博の食品・農業製品エリアに設けられたジェトロの展示ブースに並ぶ日本産のしょうゆ。中国上海市で開催された第3回中国国際輸入博覧会が10日夕方閉幕した。同輸入博では、各国の出展企業の中で、日本の出展企業数が400社を超え、最も多かった。そのうち日本貿易振興機構(ジェトロ)が組織して出展した企業は156社だった。ジェトロは、輸入博の六つの展示エリアのうち、食品・農業製品、一般消費財、医療機器・ヘルスケア製品の三つの展示エリアにブースを設置。日本の各種製品を来場者にPRし、会場でさまざまなイベントを行った。(上海=新華社記者/張拓)=2020(令和2)年11月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月09日
    【輸入博】米日の各大手企業、中国市場に競ってアピール

    9日、自動車エリアに設けられた米電気自動車(EV)メーカー、テスラの展示ブース。中国上海市で開催された第3回中国国際輸入博覧会が10日に閉幕した。約1週間の会期中、米国と日本の多数の大手多国籍企業が中国市場向けに自社製品のアピール合戦を展開した。輸入博主催者によると、出展数は日本企業が最も多く、展示面積は米国企業が最も広かった。両国の大手多国籍企業が中国の輸入博に集結したことで、中国市場の魅力と潜在力の高さが浮き彫りとなり、世界経済の回復にも新たな自信と活力が添えられた。(上海=新華社記者/許暁青)=2020(令和2)年11月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月09日
    【輸入博】米日の各大手企業、中国市場に競ってアピール

    9日、公衆衛生・感染対策エリアに設けられた米医薬品大手アボット・ラボラトリーズのブースに展示された新型コロナのポイント・オブ・ケア(POC)検査機器「IDNOW」。陽性は5分以内、陰性は13分以内に結果を判定できる。中国上海市で開催された第3回中国国際輸入博覧会が10日に閉幕した。約1週間の会期中、米国と日本の多数の大手多国籍企業が中国市場向けに自社製品のアピール合戦を展開した。輸入博主催者によると、出展数は日本企業が最も多く、展示面積は米国企業が最も広かった。両国の大手多国籍企業が中国の輸入博に集結したことで、中国市場の魅力と潜在力の高さが浮き彫りとなり、世界経済の回復にも新たな自信と活力が添えられた。(上海=新華社記者/劉穎)=2020(令和2)年11月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月09日
    【輸入博】米日の各大手企業、中国市場に競ってアピール

    9日、医療機器・ヘルスケア製品エリアに設けられたテルモの展示ブース。小型で軽量の体外式膜型人工肺(エクモ)は、武漢での新型コロナウイルスとの闘いの最前線で大きな役割を果たした。中国上海市で開催された第3回中国国際輸入博覧会が10日に閉幕した。約1週間の会期中、米国と日本の多数の大手多国籍企業が中国市場向けに自社製品のアピール合戦を展開した。輸入博主催者によると、出展数は日本企業が最も多く、展示面積は米国企業が最も広かった。両国の大手多国籍企業が中国の輸入博に集結したことで、中国市場の魅力と潜在力の高さが浮き彫りとなり、世界経済の回復にも新たな自信と活力が添えられた。(上海=新華社記者/劉穎)=2020(令和2)年11月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月09日
    【輸入博】米日の各大手企業、中国市場に競ってアピール

    9日、一般消費財エリアに設けられた資生堂の展示ブース。中国上海市で開催された第3回中国国際輸入博覧会が10日に閉幕した。約1週間の会期中、米国と日本の多数の大手多国籍企業が中国市場向けに自社製品のアピール合戦を展開した。輸入博主催者によると、出展数は日本企業が最も多く、展示面積は米国企業が最も広かった。両国の大手多国籍企業が中国の輸入博に集結したことで、中国市場の魅力と潜在力の高さが浮き彫りとなり、世界経済の回復にも新たな自信と活力が添えられた。(上海=新華社記者/劉穎)=2020(令和2)年11月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月09日
    【輸入博】米日の各大手企業、中国市場に競ってアピール

    9日、医療機器・ヘルスケア製品エリアで取材に応じるファンケル海外事業戦略部の中川護一次長。中川氏は輸入博に参加するため先月18日に日本を出国して上海入りし、2週間の隔離期間を経て今月2日にようやく上海市街地での自由な活動が可能になった。中国上海市で開催された第3回中国国際輸入博覧会が10日に閉幕した。約1週間の会期中、米国と日本の多数の大手多国籍企業が中国市場向けに自社製品のアピール合戦を展開した。輸入博主催者によると、出展数は日本企業が最も多く、展示面積は米国企業が最も広かった。両国の大手多国籍企業が中国の輸入博に集結したことで、中国市場の魅力と潜在力の高さが浮き彫りとなり、世界経済の回復にも新たな自信と活力が添えられた。(上海=新華社記者/張暁華)=2020(令和2)年11月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月09日
    【輸入博】米日の各大手企業、中国市場に競ってアピール

    9日、一般消費財エリアに設けられた花王の展示ブース。ファインファイバー技術を応用した製品「セカンドスキン」が全世界に初公開された。中国上海市で開催された第3回中国国際輸入博覧会が10日に閉幕した。約1週間の会期中、米国と日本の多数の大手多国籍企業が中国市場向けに自社製品のアピール合戦を展開した。輸入博主催者によると、出展数は日本企業が最も多く、展示面積は米国企業が最も広かった。両国の大手多国籍企業が中国の輸入博に集結したことで、中国市場の魅力と潜在力の高さが浮き彫りとなり、世界経済の回復にも新たな自信と活力が添えられた。(上海=新華社記者/劉穎)=2020(令和2)年11月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月09日
    【輸入博】第3回輸入博が閉幕日本企業の出展数が最多に

    9日、第3回輸入博の一般消費財エリアに設けられたジェトロの展示ブースで、生け花を観賞する来場者。中国上海市で開催された第3回中国国際輸入博覧会が10日夕方閉幕した。同輸入博では、各国の出展企業の中で、日本の出展企業数が400社を超え、最も多かった。そのうち日本貿易振興機構(ジェトロ)が組織して出展した企業は156社だった。ジェトロは、輸入博の六つの展示エリアのうち、食品・農業製品、一般消費財、医療機器・ヘルスケア製品の三つの展示エリアにブースを設置。日本の各種製品を来場者にPRし、会場でさまざまなイベントを行った。(上海=新華社記者/許暁青)=2020(令和2)年11月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月08日
    【輸入博】日本企業の「スポーツ用品・競技専門コーナー」が人気

    8日、任天堂の体験型ゲーム「リングフィットアドベンチャー」を楽しむ来場者。中国上海市で開催中の第3回中国国際輸入博覧会(輸入博)では、今回初めて設けられた「スポーツ用品・競技専門コーナー」に出展した日本企業がさまざまなイベントを行い、来場者の注目を集めている。(上海=新華社記者/黄安琪)=2020(令和2)年11月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月08日
    【輸入博】日本企業の「スポーツ用品・競技専門コーナー」が人気

    8日、スタッフ(左)とバドミントンをする来場者。中国上海市で開催中の第3回中国国際輸入博覧会(輸入博)では、今回初めて設けられた「スポーツ用品・競技専門コーナー」に出展した日本企業がさまざまなイベントを行い、来場者の注目を集めている。(上海=新華社記者/王翔)=2020(令和2)年11月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月08日
    【輸入博】米日の各大手企業、中国市場に競ってアピール

    8日、工業技術・設備エリアに設けられた米建機大手キャタピラーの展示ブース。中国上海市で開催された第3回中国国際輸入博覧会が10日に閉幕した。約1週間の会期中、米国と日本の多数の大手多国籍企業が中国市場向けに自社製品のアピール合戦を展開した。輸入博主催者によると、出展数は日本企業が最も多く、展示面積は米国企業が最も広かった。両国の大手多国籍企業が中国の輸入博に集結したことで、中国市場の魅力と潜在力の高さが浮き彫りとなり、世界経済の回復にも新たな自信と活力が添えられた。(上海=新華社記者/方喆)=2020(令和2)年11月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月08日
    【輸入博】日本企業の「スポーツ用品・競技専門コーナー」が人気

    8日、任天堂の家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」を使った体験型ゲームを楽しむ来場者。中国上海市で開催中の第3回中国国際輸入博覧会(輸入博)では、今回初めて設けられた「スポーツ用品・競技専門コーナー」に出展した日本企業がさまざまなイベントを行い、来場者の注目を集めている。(上海=新華社記者/黄安琪)=2020(令和2)年11月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月08日
    【輸入博】日本企業の「スポーツ用品・競技専門コーナー」が人気

    8日、任天堂の体験型ゲーム「リングフィットアドベンチャー」を楽しむ来場者。中国上海市で開催中の第3回中国国際輸入博覧会(輸入博)では、今回初めて設けられた「スポーツ用品・競技専門コーナー」に出展した日本企業がさまざまなイベントを行い、来場者の注目を集めている。(上海=新華社記者/黄安琪)=2020(令和2)年11月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 03:41.32
    2020年11月08日
    「新華社」【輸入博】日本企業、中国市場にさらなる期待

    中国上海市で開かれている第3回中国国際輸入博覧会で、新華社は日本の著名企業の責任者を取材し、中国経済や市場について話を聞いた。(記者/梁晨)<映像内容>中国経済や市場について花王、資生堂、パナソニックのインタビュー、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月08日
    【輸入博】日本企業の「スポーツ用品・競技専門コーナー」が人気

    8日、ランニングマシンで仮想マラソンを体験する来場者。中国上海市で開催中の第3回中国国際輸入博覧会(輸入博)では、今回初めて設けられた「スポーツ用品・競技専門コーナー」に出展した日本企業がさまざまなイベントを行い、来場者の注目を集めている。(上海=新華社記者/王翔)=2020(令和2)年11月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月08日
    【輸入博】米日の各大手企業、中国市場に競ってアピール

    8日、自動車エリアに設けられたトヨタ自動車のブース。中国上海市で開催された第3回中国国際輸入博覧会が10日に閉幕した。約1週間の会期中、米国と日本の多数の大手多国籍企業が中国市場向けに自社製品のアピール合戦を展開した。輸入博主催者によると、出展数は日本企業が最も多く、展示面積は米国企業が最も広かった。両国の大手多国籍企業が中国の輸入博に集結したことで、中国市場の魅力と潜在力の高さが浮き彫りとなり、世界経済の回復にも新たな自信と活力が添えられた。(上海=新華社記者/方喆)=2020(令和2)年11月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月08日
    【輸入博】米日の各大手企業、中国市場に競ってアピール

    8日、自動車エリアに設けられた米自動車大手フォードの展示ブース。中国上海市で開催された第3回中国国際輸入博覧会が10日に閉幕した。約1週間の会期中、米国と日本の多数の大手多国籍企業が中国市場向けに自社製品のアピール合戦を展開した。輸入博主催者によると、出展数は日本企業が最も多く、展示面積は米国企業が最も広かった。両国の大手多国籍企業が中国の輸入博に集結したことで、中国市場の魅力と潜在力の高さが浮き彫りとなり、世界経済の回復にも新たな自信と活力が添えられた。(上海=新華社記者/方喆)=2020(令和2)年11月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月08日
    【輸入博】日本企業の「スポーツ用品・競技専門コーナー」が人気

    8日、任天堂の家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」を使った体験型ゲームを楽しむ来場者。中国上海市で開催中の第3回中国国際輸入博覧会(輸入博)では、今回初めて設けられた「スポーツ用品・競技専門コーナー」に出展した日本企業がさまざまなイベントを行い、来場者の注目を集めている。(上海=新華社記者/王翔)=2020(令和2)年11月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月08日
    【輸入博】日本企業の「スポーツ用品・競技専門コーナー」が人気

    8日、日本のスポーツ用品メーカー、ヨネックスの展示ブースで、バドミントンゲームを体験する来場者。中国上海市で開催中の第3回中国国際輸入博覧会(輸入博)では、今回初めて設けられた「スポーツ用品・競技専門コーナー」に出展した日本企業がさまざまなイベントを行い、来場者の注目を集めている。(上海=新華社記者/王翔)=2020(令和2)年11月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月08日
    【輸入博】米日の各大手企業、中国市場に競ってアピール

    8日、工業技術・設備エリアに設けられた米マイクロソフトの展示ブースで、リアルな人型ロボットを間近で見る来場者。中国上海市で開催された第3回中国国際輸入博覧会が10日に閉幕した。約1週間の会期中、米国と日本の多数の大手多国籍企業が中国市場向けに自社製品のアピール合戦を展開した。輸入博主催者によると、出展数は日本企業が最も多く、展示面積は米国企業が最も広かった。両国の大手多国籍企業が中国の輸入博に集結したことで、中国市場の魅力と潜在力の高さが浮き彫りとなり、世界経済の回復にも新たな自信と活力が添えられた。(上海=新華社記者/方喆)=2020(令和2)年11月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月07日
    【輸入博】中国で一期一会を求める日本の食品企業

    7日、第3回輸入博のジェトロ・ジャパンパビリオンで、500年以上の歴史を持つ清酒メーカーの商品を紹介するスタッフ。中国上海市で開催中の第3回中国国際輸入博覧会(輸入博)では、食品・農業製品エリアに出展する多くの日本企業の関係者が、新型コロナウイルスの影響で訪中を見合わせた。ただ中国での「一期一会」を諦めた訳ではなく、中国国内の貿易会社や代理店と協力し、最高品質の商品で各地からの来場者をもてなした。(上海=新華社記者/袁全)=2020(令和2)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月06日
    The Third International Import Expo in Shanghai The Third International Import Expo in Shanghai

    The exhibition area for Japanese companies at the Third International Import Expo in Shanghai on November 6, 2020.=2020(令和2)年11月6日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2020

  • 2020年11月06日
    The Third International Import Expo in Shanghai The Third International Import Expo in Shanghai

    The exhibition area for Japanese companies at the Third International Import Expo in Shanghai on November 6, 2020.=2020(令和2)年11月6日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2020

  • 2020年11月06日
    The Third International Import Expo in Shanghai The Third International Import Expo in Shanghai

    The exhibition area for Japanese companies at the Third International Import Expo in Shanghai on November 6, 2020.=2020(令和2)年11月6日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2020

  • 2020年11月06日
    The Third International Import Expo in Shanghai The Third International Import Expo in Shanghai

    The exhibition area for Japanese companies at the Third International Import Expo in Shanghai on November 6, 2020.=2020(令和2)年11月6日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2020

  • 2020年11月06日
    The Third International Import Expo in Shanghai The Third International Import Expo in Shanghai

    The exhibition area for Japanese companies at the Third International Import Expo in Shanghai on November 6, 2020.=2020(令和2)年11月6日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2020

  • 2020年11月06日
    The Third International Import Expo in Shanghai The Third International Import Expo in Shanghai

    The exhibition area for Japanese companies at the Third International Import Expo in Shanghai on November 6, 2020.=2020(令和2)年11月6日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2020

  • 2020年11月06日
    The Third International Import Expo in Shanghai The Third International Import Expo in Shanghai

    The exhibition area for Japanese companies at the Third International Import Expo in Shanghai on November 6, 2020.=2020(令和2)年11月6日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2020

  • 2020年11月06日
    【輸入博】第3回輸入博が閉幕日本企業の出展数が最多に

    6日、第3回輸入博の食品・農業製品エリアに設けられたジェトロの展示ブース前で、ショーの開始を待つ来場者。中国上海市で開催された第3回中国国際輸入博覧会が10日夕方閉幕した。同輸入博では、各国の出展企業の中で、日本の出展企業数が400社を超え、最も多かった。そのうち日本貿易振興機構(ジェトロ)が組織して出展した企業は156社だった。ジェトロは、輸入博の六つの展示エリアのうち、食品・農業製品、一般消費財、医療機器・ヘルスケア製品の三つの展示エリアにブースを設置。日本の各種製品を来場者にPRし、会場でさまざまなイベントを行った。(上海=新華社記者/張暁華)=2020(令和2)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月06日
    【輸入博】第3回輸入博が閉幕日本企業の出展数が最多に

    6日、第3回輸入博の食品・農業製品エリアに設けられたジェトロの展示ブースで、阿波踊りを楽しむ来場者。中国上海市で開催された第3回中国国際輸入博覧会が10日夕方閉幕した。同輸入博では、各国の出展企業の中で、日本の出展企業数が400社を超え、最も多かった。そのうち日本貿易振興機構(ジェトロ)が組織して出展した企業は156社だった。ジェトロは、輸入博の六つの展示エリアのうち、食品・農業製品、一般消費財、医療機器・ヘルスケア製品の三つの展示エリアにブースを設置。日本の各種製品を来場者にPRし、会場でさまざまなイベントを行った。(上海=新華社記者/張暁華)=2020(令和2)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月06日
    【輸入博】中国で一期一会を求める日本の食品企業

    6日、輸入博に毎年出展する東京都の貿易・イベント会社、フォレストリの展示ブースで北海道産の米を紹介するスタッフ。中国上海市で開催中の第3回中国国際輸入博覧会(輸入博)では、食品・農業製品エリアに出展する多くの日本企業の関係者が、新型コロナウイルスの影響で訪中を見合わせた。ただ中国での「一期一会」を諦めた訳ではなく、中国国内の貿易会社や代理店と協力し、最高品質の商品で各地からの来場者をもてなした。(上海=新華社記者/袁全)=2020(令和2)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月06日
    【輸入博】米日の各大手企業、中国市場に競ってアピール

    6日、工業技術・設備エリアに設けられたキヤノンの展示ブース。中国上海市で開催された第3回中国国際輸入博覧会が10日に閉幕した。約1週間の会期中、米国と日本の多数の大手多国籍企業が中国市場向けに自社製品のアピール合戦を展開した。輸入博主催者によると、出展数は日本企業が最も多く、展示面積は米国企業が最も広かった。両国の大手多国籍企業が中国の輸入博に集結したことで、中国市場の魅力と潜在力の高さが浮き彫りとなり、世界経済の回復にも新たな自信と活力が添えられた。(上海=新華社記者/方喆)=2020(令和2)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月06日
    【輸入博】中国で一期一会を求める日本の食品企業

    6日、第3回輸入博のキリンブースに並ぶ紅葉パッケージの秋限定ビール。中国上海市で開催中の第3回中国国際輸入博覧会(輸入博)では、食品・農業製品エリアに出展する多くの日本企業の関係者が、新型コロナウイルスの影響で訪中を見合わせた。ただ中国での「一期一会」を諦めた訳ではなく、中国国内の貿易会社や代理店と協力し、最高品質の商品で各地からの来場者をもてなした。(上海=新華社記者/袁全)=2020(令和2)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月06日
    【輸入博】中国市場で新たな商機を探る日本の百年企業

    6日、第3回輸入博で貝印が開設したライブコマースルーム。中国上海市で開かれている第3回中国国際輸入博覧会では、日本企業の展示ブースが注目を集めている。各ブースの担当者の多くが新型コロナウイルス終息後の中国市場に期待を示す。(上海=新華社記者/殷暁聖)=2020(令和2)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...