KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 一種
  • 世界
  • 世紀
  • 優勝
  • 創始者
  • 勢力
  • 北京
  • 北平
  • 名家
  • 国務総理

「日本最強決定戦」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
8
( 1 8 件を表示)
  • 1
8
( 1 8 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2018年07月25日
    呉清源囲碁会館を訪ねて福建省福州市

    福建省福州市にある呉清源囲碁会館の内部。著名囲碁棋士呉清源(1914~2014年)は、中国福建省の福州北門半野軒に代々屋敷を構える名家に生まれた。9歳の時に父に連れられて北平(北京の旧称)の茶館「海平軒」(碁会所)で囲碁を習い、一流棋士から指導を受けた。13歳の時に、当時の国務総理で囲碁を得意とした段祺瑞と対局、全戦全勝した。後に日本に留学、囲碁を研究し、勢力と速度を重視する「新布石」を編み出した。1950年代には読売新聞主催の「十番碁」で一流棋士10人に連勝。その後も「日本最強決定戦」第1期と第3期で優勝し、「昭和の碁聖」「『新布石』の創始者」とたたえられる。世界の囲碁発展に革命的な貢献をした。呉清源囲碁会館は福州市の烏山のふもとにある。2008年に呉清源本人の署名と許可を得て、2010年に落成した。会館の灰色レンガ造りの建物と馬鞍墻(福州の伝統的白壁)からは、濃厚な明・清代福州古民家の風情が漂う。展示室には宋・元代の模様入り磁器製碁石や新中国で最初の「永子」(最高級碁石の一種)など、多くの囲碁に関する文化財が陳列してある。また呉清源ほか福州が輩出した多くの囲碁の名人の数奇な生涯、波乱に富んだ運命、不遇な身の上が展示されている。会館の白壁のある箇所には、巨大な碁盤が描かれているが、盤面には数えるほどの碁石が置かれているだけだ。これこそが、呉清源が日本の21世本因坊秀哉名人と対局した際に打った驚天動地、鬼神も泣かす「世紀の一戦」の布石だ。(福州=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018072700386

  • 2018年07月25日
    呉清源囲碁会館を訪ねて福建省福州市

    福建省福州市にある呉清源囲碁会館の壁に描かれている、呉清源が名人相手に「三々、星、天元」と打ち囲碁界を驚かせた布石。著名囲碁棋士呉清源(1914~2014年)は、中国福建省の福州北門半野軒に代々屋敷を構える名家に生まれた。9歳の時に父に連れられて北平(北京の旧称)の茶館「海平軒」(碁会所)で囲碁を習い、一流棋士から指導を受けた。13歳の時に、当時の国務総理で囲碁を得意とした段祺瑞と対局、全戦全勝した。後に日本に留学、囲碁を研究し、勢力と速度を重視する「新布石」を編み出した。1950年代には読売新聞主催の「十番碁」で一流棋士10人に連勝。その後も「日本最強決定戦」第1期と第3期で優勝し、「昭和の碁聖」「『新布石』の創始者」とたたえられる。世界の囲碁発展に革命的な貢献をした。呉清源囲碁会館は福州市の烏山のふもとにある。2008年に呉清源本人の署名と許可を得て、2010年に落成した。会館の灰色レンガ造りの建物と馬鞍墻(福州の伝統的白壁)からは、濃厚な明・清代福州古民家の風情が漂う。展示室には宋・元代の模様入り磁器製碁石や新中国で最初の「永子」(最高級碁石の一種)など、多くの囲碁に関する文化財が陳列してある。また呉清源ほか福州が輩出した多くの囲碁の名人の数奇な生涯、波乱に富んだ運命、不遇な身の上が展示されている。会館の白壁のある箇所には、巨大な碁盤が描かれているが、盤面には数えるほどの碁石が置かれているだけだ。これこそが、呉清源が日本の21世本因坊秀哉名人と対局した際に打った驚天動地、鬼神も泣かす「世紀の一戦」の布石だ。(福州=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018072700357

  • 2018年07月25日
    呉清源囲碁会館を訪ねて福建省福州市

    福建省福州市にある呉清源囲碁会館に展示されている呉清源の早期の棋譜。著名囲碁棋士呉清源(1914~2014年)は、中国福建省の福州北門半野軒に代々屋敷を構える名家に生まれた。9歳の時に父に連れられて北平(北京の旧称)の茶館「海平軒」(碁会所)で囲碁を習い、一流棋士から指導を受けた。13歳の時に、当時の国務総理で囲碁を得意とした段祺瑞と対局、全戦全勝した。後に日本に留学、囲碁を研究し、勢力と速度を重視する「新布石」を編み出した。1950年代には読売新聞主催の「十番碁」で一流棋士10人に連勝。その後も「日本最強決定戦」第1期と第3期で優勝し、「昭和の碁聖」「『新布石』の創始者」とたたえられる。世界の囲碁発展に革命的な貢献をした。呉清源囲碁会館は福州市の烏山のふもとにある。2008年に呉清源本人の署名と許可を得て、2010年に落成した。会館の灰色レンガ造りの建物と馬鞍墻(福州の伝統的白壁)からは、濃厚な明・清代福州古民家の風情が漂う。展示室には宋・元代の模様入り磁器製碁石や新中国で最初の「永子」(最高級碁石の一種)など、多くの囲碁に関する文化財が陳列してある。また呉清源ほか福州が輩出した多くの囲碁の名人の数奇な生涯、波乱に富んだ運命、不遇な身の上が展示されている。会館の白壁のある箇所には、巨大な碁盤が描かれているが、盤面には数えるほどの碁石が置かれているだけだ。これこそが、呉清源が日本の21世本因坊秀哉名人と対局した際に打った驚天動地、鬼神も泣かす「世紀の一戦」の布石だ。(福州=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018072700353

  • 2018年07月25日
    呉清源囲碁会館を訪ねて福建省福州市

    福建省福州市にある呉清源囲碁会館の内部。著名囲碁棋士呉清源(1914~2014年)は、中国福建省の福州北門半野軒に代々屋敷を構える名家に生まれた。9歳の時に父に連れられて北平(北京の旧称)の茶館「海平軒」(碁会所)で囲碁を習い、一流棋士から指導を受けた。13歳の時に、当時の国務総理で囲碁を得意とした段祺瑞と対局、全戦全勝した。後に日本に留学、囲碁を研究し、勢力と速度を重視する「新布石」を編み出した。1950年代には読売新聞主催の「十番碁」で一流棋士10人に連勝。その後も「日本最強決定戦」第1期と第3期で優勝し、「昭和の碁聖」「『新布石』の創始者」とたたえられる。世界の囲碁発展に革命的な貢献をした。呉清源囲碁会館は福州市の烏山のふもとにある。2008年に呉清源本人の署名と許可を得て、2010年に落成した。会館の灰色レンガ造りの建物と馬鞍墻(福州の伝統的白壁)からは、濃厚な明・清代福州古民家の風情が漂う。展示室には宋・元代の模様入り磁器製碁石や新中国で最初の「永子」(最高級碁石の一種)など、多くの囲碁に関する文化財が陳列してある。また呉清源ほか福州が輩出した多くの囲碁の名人の数奇な生涯、波乱に富んだ運命、不遇な身の上が展示されている。会館の白壁のある箇所には、巨大な碁盤が描かれているが、盤面には数えるほどの碁石が置かれているだけだ。これこそが、呉清源が日本の21世本因坊秀哉名人と対局した際に打った驚天動地、鬼神も泣かす「世紀の一戦」の布石だ。(福州=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018072700343

  • 2018年07月25日
    呉清源囲碁会館を訪ねて福建省福州市

    福建省福州市にある呉清源囲碁会館に収蔵されている呉清源の棋譜。著名囲碁棋士呉清源(1914~2014年)は、中国福建省の福州北門半野軒に代々屋敷を構える名家に生まれた。9歳の時に父に連れられて北平(北京の旧称)の茶館「海平軒」(碁会所)で囲碁を習い、一流棋士から指導を受けた。13歳の時に、当時の国務総理で囲碁を得意とした段祺瑞と対局、全戦全勝した。後に日本に留学、囲碁を研究し、勢力と速度を重視する「新布石」を編み出した。1950年代には読売新聞主催の「十番碁」で一流棋士10人に連勝。その後も「日本最強決定戦」第1期と第3期で優勝し、「昭和の碁聖」「『新布石』の創始者」とたたえられる。世界の囲碁発展に革命的な貢献をした。呉清源囲碁会館は福州市の烏山のふもとにある。2008年に呉清源本人の署名と許可を得て、2010年に落成した。会館の灰色レンガ造りの建物と馬鞍墻(福州の伝統的白壁)からは、濃厚な明・清代福州古民家の風情が漂う。展示室には宋・元代の模様入り磁器製碁石や新中国で最初の「永子」(最高級碁石の一種)など、多くの囲碁に関する文化財が陳列してある。また呉清源ほか福州が輩出した多くの囲碁の名人の数奇な生涯、波乱に富んだ運命、不遇な身の上が展示されている。会館の白壁のある箇所には、巨大な碁盤が描かれているが、盤面には数えるほどの碁石が置かれているだけだ。これこそが、呉清源が日本の21世本因坊秀哉名人と対局した際に打った驚天動地、鬼神も泣かす「世紀の一戦」の布石だ。(福州=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018072700347

  • 2018年07月25日
    呉清源囲碁会館を訪ねて福建省福州市

    福建省福州市にある呉清源囲碁会館。著名囲碁棋士呉清源(1914~2014年)は、中国福建省の福州北門半野軒に代々屋敷を構える名家に生まれた。9歳の時に父に連れられて北平(北京の旧称)の茶館「海平軒」(碁会所)で囲碁を習い、一流棋士から指導を受けた。13歳の時に、当時の国務総理で囲碁を得意とした段祺瑞と対局、全戦全勝した。後に日本に留学、囲碁を研究し、勢力と速度を重視する「新布石」を編み出した。1950年代には読売新聞主催の「十番碁」で一流棋士10人に連勝。その後も「日本最強決定戦」第1期と第3期で優勝し、「昭和の碁聖」「『新布石』の創始者」とたたえられる。世界の囲碁発展に革命的な貢献をした。呉清源囲碁会館は福州市の烏山のふもとにある。2008年に呉清源本人の署名と許可を得て、2010年に落成した。会館の灰色レンガ造りの建物と馬鞍墻(福州の伝統的白壁)からは、濃厚な明・清代福州古民家の風情が漂う。展示室には宋・元代の模様入り磁器製碁石や新中国で最初の「永子」(最高級碁石の一種)など、多くの囲碁に関する文化財が陳列してある。また呉清源ほか福州が輩出した多くの囲碁の名人の数奇な生涯、波乱に富んだ運命、不遇な身の上が展示されている。会館の白壁のある箇所には、巨大な碁盤が描かれているが、盤面には数えるほどの碁石が置かれているだけだ。これこそが、呉清源が日本の21世本因坊秀哉名人と対局した際に打った驚天動地、鬼神も泣かす「世紀の一戦」の布石だ。(福州=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018072700363

  • 2018年07月25日
    呉清源囲碁会館を訪ねて福建省福州市

    福建省福州市にある呉清源囲碁会館の内部。著名囲碁棋士呉清源(1914~2014年)は、中国福建省の福州北門半野軒に代々屋敷を構える名家に生まれた。9歳の時に父に連れられて北平(北京の旧称)の茶館「海平軒」(碁会所)で囲碁を習い、一流棋士から指導を受けた。13歳の時に、当時の国務総理で囲碁を得意とした段祺瑞と対局、全戦全勝した。後に日本に留学、囲碁を研究し、勢力と速度を重視する「新布石」を編み出した。1950年代には読売新聞主催の「十番碁」で一流棋士10人に連勝。その後も「日本最強決定戦」第1期と第3期で優勝し、「昭和の碁聖」「『新布石』の創始者」とたたえられる。世界の囲碁発展に革命的な貢献をした。呉清源囲碁会館は福州市の烏山のふもとにある。2008年に呉清源本人の署名と許可を得て、2010年に落成した。会館の灰色レンガ造りの建物と馬鞍墻(福州の伝統的白壁)からは、濃厚な明・清代福州古民家の風情が漂う。展示室には宋・元代の模様入り磁器製碁石や新中国で最初の「永子」(最高級碁石の一種)など、多くの囲碁に関する文化財が陳列してある。また呉清源ほか福州が輩出した多くの囲碁の名人の数奇な生涯、波乱に富んだ運命、不遇な身の上が展示されている。会館の白壁のある箇所には、巨大な碁盤が描かれているが、盤面には数えるほどの碁石が置かれているだけだ。これこそが、呉清源が日本の21世本因坊秀哉名人と対局した際に打った驚天動地、鬼神も泣かす「世紀の一戦」の布石だ。(福州=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018072700364

  • 2018年07月25日
    呉清源囲碁会館を訪ねて福建省福州市

    福建省福州市にある呉清源囲碁会館の展示の一部。著名囲碁棋士呉清源(1914~2014年)は、中国福建省の福州北門半野軒に代々屋敷を構える名家に生まれた。9歳の時に父に連れられて北平(北京の旧称)の茶館「海平軒」(碁会所)で囲碁を習い、一流棋士から指導を受けた。13歳の時に、当時の国務総理で囲碁を得意とした段祺瑞と対局、全戦全勝した。後に日本に留学、囲碁を研究し、勢力と速度を重視する「新布石」を編み出した。1950年代には読売新聞主催の「十番碁」で一流棋士10人に連勝。その後も「日本最強決定戦」第1期と第3期で優勝し、「昭和の碁聖」「『新布石』の創始者」とたたえられる。世界の囲碁発展に革命的な貢献をした。呉清源囲碁会館は福州市の烏山のふもとにある。2008年に呉清源本人の署名と許可を得て、2010年に落成した。会館の灰色レンガ造りの建物と馬鞍墻(福州の伝統的白壁)からは、濃厚な明・清代福州古民家の風情が漂う。展示室には宋・元代の模様入り磁器製碁石や新中国で最初の「永子」(最高級碁石の一種)など、多くの囲碁に関する文化財が陳列してある。また呉清源ほか福州が輩出した多くの囲碁の名人の数奇な生涯、波乱に富んだ運命、不遇な身の上が展示されている。会館の白壁のある箇所には、巨大な碁盤が描かれているが、盤面には数えるほどの碁石が置かれているだけだ。これこそが、呉清源が日本の21世本因坊秀哉名人と対局した際に打った驚天動地、鬼神も泣かす「世紀の一戦」の布石だ。(福州=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018072700344

  • 1