KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 日本海洋掘削
  • 会見
  • 昭和
  • 記者
  • 開始
  • 三宅泰雄
  • 理学部
  • みやけ
  • やすお
  • インゴット

「日本海洋」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
28
( 1 28 件を表示)
  • 1
28
( 1 28 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1947年11月30日
    (こにし・かなう) 小西和

    1873(明治6年)4月26日~1947(昭和22年)11月30日、政治家、香川1区、日本海洋会理事、撮影日不明

    商品コード: 2014021900265

  • 1951年05月13日
    海洋少年団、銀座を行進

    銀座通りを行進する日本海洋少年団=1951(昭和26)年5月13日(26年内地1455)

    商品コード: 2013080700101

  • 1952年07月23日
    日本海洋少年団第2回全国大会

    日本海洋少年団第2回全国大会=1952(昭和27)年7月23日、日比谷公園(27年内地1890)

    商品コード: 2012112800125

  • 1952年07月23日
    日本海洋少年団第2回全国大会

    日本海洋少年団第2回全国大会=1952(昭和27)年7月23日、日比谷公園(27年内地1890関連)

    商品コード: 2012112800126

  • 1968年04月10日
    (みやけ・やすお) 三宅泰雄

    東京教育大教授(理学部)、地球化学研究協会理事長(地球化学)、日本海洋学会会長、学術会議会員=1966(昭和41)年10月20日撮影

    商品コード: 1968041000007

  • 1969年10月23日
    (みやけ・やすお) 三宅泰雄

    東京教育大教授(理学部)、地球化学研究協会理事長(地球化学)、日本海洋学会会長、学術会議会員=1969(昭和44)年10月23日撮影

    商品コード: 2007071000124

  • 1972年02月25日
    (みやけ・やすお) 三宅泰雄

    東京教育大教授(理学部)、地球化学研究協会理事長(地球化学)、日本海洋学会会長、学術会議会員=1972(昭和47)年1月撮影

    商品コード: 1972022500009

  • 1972年04月20日
    三宅泰雄

    東京教育大教授(理学部)、地球化学研究協会理事長(地球化学)、日本海洋学会会長、学術会議会員=1972(昭和47)年3月3日撮影

    商品コード: 2005072600114

  • 1975年10月22日
    (みやけ・やすお) 三宅泰雄

    東京教育大教授(理学部)、地球化学研究協会理事長(地球化学)、日本海洋学会会長、学術会議会員、1975(昭和50)年10月22日撮影

    商品コード: 2008021900118

  • 1977年06月23日
    (みやけ・やすお) 三宅泰雄

    東京教育大教授(理学部)、地球化学研究協会理事長(地球化学)、日本海洋学会会長、学術会議会員=1977(昭和52)年4月8日撮影

    商品コード: 2005010700102

  • 1980年09月19日
    「ナヒモフ号」からインゴット

    「ナヒモフ号」から引き揚げられたプラチナかと思われるインゴットを公開するサルベージ会社日本海洋開発の玉内克己社長。バルチック艦隊の装甲巡洋艦「ナヒモフ号」は、日露戦争の日本海海戦のさい日本の連合艦隊に対馬海峡で撃沈され、“帝政ロシアの財宝”を積んだまま沈没したのではないかとみられている=1980(昭和55)年9月19日、長崎県上対馬町

    商品コード: 2019032900658

  • 1980年10月11日
    引き揚げられたインゴットなど公開

    「ナヒモフ号」から新たに引き揚げられたインゴット16本とネーム・プレートを公開するサルベージ会社日本海洋開発の玉内克己社長。1番上のインゴットは引き揚げ後、表面が磨き上げられている。バルチック艦隊の装甲巡洋艦「ナヒモフ号」は、日露戦争の日本海海戦で日本の連合艦隊に対馬海峡で撃沈され、“帝政ロシアの財宝”を積んだまま沈没したのではないかとみられ、引き揚げ作業が続いている=1980(昭和55)年10月11日、長崎県上対馬町の梅屋旅館

    商品コード: 2019042500264

  • 1980年10月11日
    引き揚げられたインゴットなど公開

    「ナヒモフ号」から新たに引き揚げられたインゴットとネーム・プレートを公開し、記者会見するサルベージ会社日本海洋開発の玉内克己社長。バルチック艦隊の装甲巡洋艦「ナヒモフ号」は、日露戦争の日本海海戦で日本の連合艦隊に対馬海峡で撃沈され、“帝政ロシアの財宝”を積んだまま沈没したのではないかとみられ、引き揚げ作業が続いている=1980(昭和55)年10月11日、長崎県上対馬町の梅屋旅館

    商品コード: 2019042500266

  • 1981年01月23日
    (みやけ・やすお) 三宅泰雄

    東京教育大教授(理学部)、地球化学研究協会理事長(地球化学)、日本海洋学会会長、学術会議会員=1980(昭和55)年10月25日撮影

    商品コード: 2004063000088

  • 2004年08月13日
    一部崩壊した「記念館」 世界的研究施設の存続危機

    老朽化のため壁や柱など一部が崩れた東京大・三崎臨海実験所の「日本海洋生物学百周年記念館」=神奈川県三浦市

    商品コード: 2004081300038

  • 2018年06月22日
    謝罪する市川社長 日本海洋掘削が更生手続き

    記者会見の冒頭、謝罪する日本海洋掘削の市川祐一郎社長(中央)ら=22日午後、東京都中央区

    商品コード: 2018062200944

  • 2018年06月22日
    日本海洋掘削が更生手続き

    商品コード: 2018062200946-3

  • 2018年06月22日
    日本海洋掘削が更生手続き

    商品コード: 2018062200946-2

  • 2018年06月22日
    日本海洋掘削が更生手続き

    商品コード: 2018062200946-7

  • 2018年06月22日
    日本海洋掘削が更生手続き

    商品コード: 2018062200946-10

  • 2018年06月22日
    日本海洋掘削が更生手続き

    商品コード: 2018062200946-5

  • 2018年06月22日
    日本海洋掘削が更生手続き

    商品コード: 2018062200946-6

  • 2018年06月22日
    日本海洋掘削が更生手続き

    商品コード: 2018062200946-9

  • 2018年06月22日
    会見する市川社長 日本海洋掘削が更生手続き

    会社更生手続きの開始を申し立て、記者会見する日本海洋掘削の市川祐一郎社長=22日午後、東京都中央区

    商品コード: 2018062200946

  • 2018年06月22日
    日本海洋掘削が更生手続き

    商品コード: 2018062200946-1

  • 2018年06月22日
    日本海洋掘削が更生手続き

    商品コード: 2018062200946-4

  • 2018年06月22日
    日本海洋掘削が更生手続き

    商品コード: 2018062200946-8

  • 2018年06月22日
    記者会見する市川社長 日本海洋掘削が更生手続き

    会社更生手続きの開始を申し立て、記者会見する日本海洋掘削の市川祐一郎社長=22日午後、東京都中央区

    商品コード: 2018062200943

  • 1