KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 南京
  • 建設
  • 発展
  • 設立
  • チャンス
  • 分析
  • 外観
  • 夜景
  • 市街

「日本電波工業」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • マッチ度順
3
( 1 3 件を表示)
  • 1
3
( 1 3 件を表示)
絞り込み
並び順
  • マッチ度順
  • 2021年06月17日
    (2)蘇州ハイテク産業開発区、入居の日韓企業を手厚く支援

    8日、蘇州ハイテク産業開発区で日用品を販売する日系百貨店の泉屋。中国江蘇省蘇州ハイテク産業開発区(蘇州高新区)は1990年代の建設当初に優良外資企業を相次いで誘致した。94年に最初の日系企業、蘇州日本電波工業が設立されたのに続き、蘇州メナードや蘇州松下電工が設立され、同区の発展の序幕が静かに開いた。(南京=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061704218

  • 2021年06月17日
    (1)蘇州ハイテク産業開発区、入居の日韓企業を手厚く支援

    8日、蘇州ハイテク産業開発区の夜景。中国江蘇省蘇州ハイテク産業開発区(蘇州高新区)は1990年代の建設当初に優良外資企業を相次いで誘致した。94年に最初の日系企業、蘇州日本電波工業が設立されたのに続き、蘇州メナードや蘇州松下電工が設立され、同区の発展の序幕が静かに開いた。(南京=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061704220

  • 2020年12月10日
    日本のビジネスマンを引き付ける、蘇州の「暮らしやすさ」

    蘇州日本電波工業の外観。(資料写真)日本人ビジネスマンの藤原信光さんが初めて江蘇省蘇州市を訪れたのは1993年の晩秋だった。市街を縦横に走る水路とそこに架かる数々の小さな橋、古典園林、シルク工芸などに魅了され、この地に住むと決め、暮らし続けて30年近くが過ぎた。蘇州が日系企業を引き付けるのは単に「チャンスが多いから」だけではなく、「生活しやすい」ことも大きいと藤原さんは分析する。(蘇州=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020121501339

  • 1