KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • りゅう
  • ブーム
  • 三体
  • 中国語
  • 作品
  • 劉慈欣
  • 日本作家クラブ
  • 星雲賞
  • 最大
  • 紹介

「日本SF作家クラブ」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
5
( 1 5 件を表示)
  • 1
5
( 1 5 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2019年09月26日
    SF作家、藤井太洋氏「『三体』は2012年来の最大のブーム」

    26日、中日両国のSF作家や学者と共に、「三体」の日本の出版界と読者における反響について話し合う藤井太洋氏。中国重慶市で25~27日、中国語で書かれた優れたSF小説に贈られる「星雲賞」の第10回授賞式を含むスペシャルイベントが開催された。第18代日本SF作家クラブ会長を務めたSF作家、藤井太洋氏はイベントの席上で、劉慈欣(りゅう・じきん)氏の作品「三体」が今年日本で発売され、日本に2012年以来最大のSFブームを巻き起こしたと紹介した。(重慶=新華社記者/谷訓)=2019(令和元)年9月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019103000358

  • 2019年09月26日
    SF作家、藤井太洋氏「『三体』は2012年来の最大のブーム」

    26日、中日両国のSF作家や学者と共に、「三体」の日本の出版界と読者における反響について話し合う藤井太洋氏。中国重慶市で25~27日、中国語で書かれた優れたSF小説に贈られる「星雲賞」の第10回授賞式を含むスペシャルイベントが開催された。第18代日本SF作家クラブ会長を務めたSF作家、藤井太洋氏はイベントの席上で、劉慈欣(りゅう・じきん)氏の作品「三体」が今年日本で発売され、日本に2012年以来最大のSFブームを巻き起こしたと紹介した。(重慶=新華社記者/谷訓)=2019(令和元)年9月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019103000357

  • 02:25.30
    2019年10月25日
    「新華社」SF作家、藤井太洋氏「『三体』は2012年来の最大のブーム」

    中国重慶市で25~27日、中国語で書かれた優れたSF小説に贈られる「星雲賞」の第10回授賞式を含むスペシャルイベントが開催された。第18代日本SF作家クラブ会長を務めたSF作家、藤井太洋氏はイベントの席上で、劉慈欣(りゅう・じきん)氏の作品「三体」が今年日本で発売され、日本に2012年以来最大のSFブームを巻き起こしたと紹介した。藤井氏は「三体」は今年の春に日本で翻訳、7月に発売されるとまたたく間に大ブームを巻き起こし、SFファンのみならず日本のさまざまな層から賞賛を受けたと紹介した。藤井氏は「有名なアニメ映画監督の新海誠氏も本書を絶賛している。日本でこれほど大きなSFブームが起こったのは2012年以来だ」と語った。「三体」は日本における小説出版の慣例を覆した。藤井氏は「三体」の日本での出版には独特の現象が見られたと指摘。総売り上げに占める電子書籍の割合が30%となり、自身の作品が持っていた25%の記録を上回って過去最高を更新したと説明した。藤井氏は「この現象は、SFファンや文学ファンだけでなく、電子書籍の主なユーザーである日本の若者が中国のSF作品を読み始めたことを意味している」と述べた。また日本語版の「三体」は英語版よりも魅力的だとも指摘した。藤井氏は「私も英語版の『三体』を読んだが、一部のディテールが失われている。日本語版はより原文に忠実な描写がされている」との認識を示した。さらに藤井氏は、日本の読者は「三体Ⅱ・黒暗森林」の日本語版の出版を心待ちにしていると述べた。(記者/趙宇飛、谷訓)<映像内容>中国のSF小説「三体」を日本のSF作家藤井太洋氏が紹介、星雲賞の授賞式を含むスペシャルイベント開催の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110608605

  • 2019年10月26日
    SF作家、藤井太洋氏「『三体』は2012年来の最大のブーム」

    26日、「星雲賞」の第10回授賞式を含むスペシャルイベントの看板。中国重慶市で25~27日、中国語で書かれた優れたSF小説に贈られる「星雲賞」の第10回授賞式を含むスペシャルイベントが開催された。第18代日本SF作家クラブ会長を務めたSF作家、藤井太洋氏はイベントの席上で、劉慈欣(りゅう・じきん)氏の作品「三体」が今年日本で発売され、日本に2012年以来最大のSFブームを巻き起こしたと紹介した。(重慶=新華社記者/谷訓)=2019(令和元)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019103000336

  • 2019年10月26日
    SF作家、藤井太洋氏「『三体』は2012年来の最大のブーム」

    26日、イベントに出席した藤井太洋氏(右端)、SF作家で第19代日本SF作家クラブ会長の林譲治氏(右から2人目)、小説家で翻訳家の立原透耶氏(左から2人目)。中国重慶市で25~27日、中国語で書かれた優れたSF小説に贈られる「星雲賞」の第10回授賞式を含むスペシャルイベントが開催された。第18代日本SF作家クラブ会長を務めたSF作家、藤井太洋氏はイベントの席上で、劉慈欣(りゅう・じきん)氏の作品「三体」が今年日本で発売され、日本に2012年以来最大のSFブームを巻き起こしたと紹介した。(重慶=新華社記者/谷訓)=2019(令和元)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019103000350

  • 1