KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 名所旧跡
  • 風景メイン
  • 世界遺産
  • 発掘調査
  • 日本農業新聞
  • 文物考古
  • 文化遺産
  • 考古研究
  • 特別史跡
  • 重要文化財

「旧跡」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
20,655
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
20,655
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 01:02.04
    2021年01月20日
    「新華社」古代エジプト王妃の葬祭神殿見つかるサッカラ遺跡

    エジプトギザ県のサッカラ遺跡で発掘調査を行っていた同国の合同考古学発掘隊は17日、4300年前の第6王朝の初代ファラオ・テティ王の王妃の葬祭神殿を発見したと発表した。発掘隊の責任者で、エジプトの著名考古学者ザヒ・ハワス氏は「2010年にこの地でピラミッドを発見したが誰の墓だか分からなった。16日に葬祭神殿が見つかり、残されていた文字から神殿とピラミッドの被葬者が『ネイト』という名で、テティ王の王妃であることが分かった」と説明した。ハワス氏によると、テティ王の王妃はこれまで2人とされてきたが、今回の発掘で3人目の王妃の存在が確認された。ネイト王妃の名は今回初めて古代エジプトの歴史に記されることになるという。(記者/李碧念、余福卿、楊依然) =配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (5)北京市内に雪、名所も銀世界に

    19日、北京元大都城垣遺跡公園で雪を踏みしめながら歩く市民。中国北京市で19日、雪が降り、市内の名所も一面の銀世界となった。(北京=新華社記者/任超)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (6)北京市内に雪、名所も銀世界に

    19日、雪の積もった北京元大都城垣遺跡公園を歩く子ども。中国北京市で19日、雪が降り、市内の名所も一面の銀世界となった。(北京=新華社記者/任超)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月17日
    (1)「河洛古国」双槐樹遺跡で中国最古の宮殿跡河南省鄭州市

    鞏義市河洛鎮の双槐樹遺跡。(2019年8月27日撮影、小型無人機から)中国河南省の鄭州市文物考古研究院は13日、同省鞏義(きょうぎ)市にある新石器時代仰韶文化期の双槐樹遺跡で、中国最古の宮殿跡を発見したと明らかにした。(鄭州=新華社記者/李安)= 配信日: 2021(平成33)年01月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月17日
    (2)「河洛古国」双槐樹遺跡で中国最古の宮殿跡河南省鄭州市

    鞏義市河洛鎮の双槐樹遺跡。(2019年8月27日撮影、小型無人機から)中国河南省の鄭州市文物考古研究院は13日、同省鞏義(きょうぎ)市にある新石器時代仰韶文化期の双槐樹遺跡で、中国最古の宮殿跡を発見したと明らかにした。(鄭州=新華社記者/李安)= 配信日: 2021(平成33)年01月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:03.48
    2021年01月17日
    「新華社」浙江省で上山文化の考古学成果展1万年の稲作の歴史を実証

    中国浙江省博物館の孤山館区精品館で15日、同省で発見された新石器時代文化「上山文化」に関する考古学成果展が開かれた。浙江省文物考古研究所と浙江省博物館、浦江県人民政府、上山文化遺跡連盟が浙江省文物局の指導の下で主催し、上山文化の最新の考古学的成果を2カ月間展示する。同省浦江県にある上山遺跡は2000年に発見され、2005年に上山文化と名付けられた。中国の長江下流と南東部沿海地区で年代の最も古い新石器文化で、その歴史は約1万年前にさかのぼる。浙江省文物考古研究所などの機関はこれまで、省内の銭塘江流域と霊江流域で上山文化に属する遺跡19カ所を発見した。これらの遺跡は、中国さらには東アジア地域で最も規模が大きく、最も分布が集中した初期新石器時代遺跡群を形成している。会場では、大口盆や双耳罐(そうじかん)、土器杯、土器碗、石磨盤、石磨棒など上山文化で1万年前に稲作が行われていたことを示す遺物を見ることができる。中でも「万年米」は1万年前のコメで、上山遺跡から出土した。上山文化の考古学上の最大の貢献は、稲作の起源が中国にあることを実証した点にある。同展では、上山遺跡の他にも義烏市の橋頭遺跡や仙居県の下湯遺跡から出土した器物も展示している。うち橋頭遺跡から出土した彩色土器は9千年の歴史がある。上山文化の稲作と彩色土器については、著名考古学者の厳文明(げん・ぶんめい)北京大学教授もかつて、共に「世界初」の名にふさわしいと評している。(記者/馮源) =配信日: 2021(平成33)年01月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月17日
    (4)もうすぐ春節イルミネーションに包まれた西安の街角

    14日、西安市曲江新区の曲江池遺跡公園を彩るさまざまな種類のイルミネーション。(小型無人機から)春節(旧正月)を控えて、中国の5A級(最高ランク)観光地である陝西省西安市曲江(きょくこう)新区では、街のあちこちに色鮮やかなイルミネーションが飾られ、おめでたい年越しの雰囲気に溢れている。(西安=新華社記者/邵瑞)= 配信日: 2021(平成33)年01月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月17日
    (3)「河洛古国」双槐樹遺跡で中国最古の宮殿跡河南省鄭州市

    鞏義市河洛鎮の双槐樹遺跡で見つかった2号院落「一門三道」遺構。(資料写真)中国河南省の鄭州市文物考古研究院は13日、同省鞏義(きょうぎ)市にある新石器時代仰韶文化期の双槐樹遺跡で、中国最古の宮殿跡を発見したと明らかにした。(鄭州=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月16日
    (7)金中都城壁遺跡、外城城壁体系を発見北京市

    13日、北京市豊台区の金中都西城壁高楼村遺跡で出土した城壁遺構(白線部分)。中国の北京市文物研究所が中心となり実施した金中都城壁遺跡の発掘調査でこのほど、重要な成果が得られた。金中都は正式名称を中都大興府といい、金王朝(1115年~1234年)が1153年に上京(現在の黒竜江省ハルビン市阿城区)から燕京(現在の北京)に遷都して築いた都城。今回の調査では、護城河(堀)や城壁、馬面(城壁の張り出し部分)、順城街道路などの外城の城壁体系が初めて見つかり、遺跡の形状と構造、建築方式が明らかになった。金中都の構造配置と都市の様子を復元するための重要な考古学資料であり、都市制度と沿革を解明する証拠となる。(北京=新華社記者/陳鍾昊)= 配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月16日
    (1)金中都城壁遺跡、外城城壁体系を発見北京市

    13日、北京市豊台区の金中都西城壁高楼村遺跡。中国の北京市文物研究所が中心となり実施した金中都城壁遺跡の発掘調査でこのほど、重要な成果が得られた。金中都は正式名称を中都大興府といい、金王朝(1115年~1234年)が1153年に上京(現在の黒竜江省ハルビン市阿城区)から燕京(現在の北京)に遷都して築いた都城。今回の調査では、護城河(堀)や城壁、馬面(城壁の張り出し部分)、順城街道路などの外城の城壁体系が初めて見つかり、遺跡の形状と構造、建築方式が明らかになった。金中都の構造配置と都市の様子を復元するための重要な考古学資料であり、都市制度と沿革を解明する証拠となる。(北京=新華社記者/陳鍾昊)= 配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月16日
    (8)金中都城壁遺跡、外城城壁体系を発見北京市

    13日、北京市豊台区の金中都西城壁高楼村遺跡。中国の北京市文物研究所が中心となり実施した金中都城壁遺跡の発掘調査でこのほど、重要な成果が得られた。金中都は正式名称を中都大興府といい、金王朝(1115年~1234年)が1153年に上京(現在の黒竜江省ハルビン市阿城区)から燕京(現在の北京)に遷都して築いた都城。今回の調査では、護城河(堀)や城壁、馬面(城壁の張り出し部分)、順城街道路などの外城の城壁体系が初めて見つかり、遺跡の形状と構造、建築方式が明らかになった。金中都の構造配置と都市の様子を復元するための重要な考古学資料であり、都市制度と沿革を解明する証拠となる。(北京=新華社記者/陳鍾昊)= 配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月16日
    (3)金中都城壁遺跡、外城城壁体系を発見北京市

    13日、北京市豊台区の金中都西城壁高楼村遺跡で確認された馬面の輪郭(白線部分)。中国の北京市文物研究所が中心となり実施した金中都城壁遺跡の発掘調査でこのほど、重要な成果が得られた。金中都は正式名称を中都大興府といい、金王朝(1115年~1234年)が1153年に上京(現在の黒竜江省ハルビン市阿城区)から燕京(現在の北京)に遷都して築いた都城。今回の調査では、護城河(堀)や城壁、馬面(城壁の張り出し部分)、順城街道路などの外城の城壁体系が初めて見つかり、遺跡の形状と構造、建築方式が明らかになった。金中都の構造配置と都市の様子を復元するための重要な考古学資料であり、都市制度と沿革を解明する証拠となる。(北京=新華社記者/陳鍾昊)= 配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月16日
    (2)金中都城壁遺跡、外城城壁体系を発見北京市

    13日、北京市豊台区の金中都西城壁高楼村遺跡で見つかった護城河の遺構。中国の北京市文物研究所が中心となり実施した金中都城壁遺跡の発掘調査でこのほど、重要な成果が得られた。金中都は正式名称を中都大興府といい、金王朝(1115年~1234年)が1153年に上京(現在の黒竜江省ハルビン市阿城区)から燕京(現在の北京)に遷都して築いた都城。今回の調査では、護城河(堀)や城壁、馬面(城壁の張り出し部分)、順城街道路などの外城の城壁体系が初めて見つかり、遺跡の形状と構造、建築方式が明らかになった。金中都の構造配置と都市の様子を復元するための重要な考古学資料であり、都市制度と沿革を解明する証拠となる。(北京=新華社記者/陳鍾昊)= 配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月16日
    (4)金中都城壁遺跡、外城城壁体系を発見北京市

    13日、北京市豊台区の金中都西城壁高楼村遺跡で見つかった城壁建設時の地突き痕。中国の北京市文物研究所が中心となり実施した金中都城壁遺跡の発掘調査でこのほど、重要な成果が得られた。金中都は正式名称を中都大興府といい、金王朝(1115年~1234年)が1153年に上京(現在の黒竜江省ハルビン市阿城区)から燕京(現在の北京)に遷都して築いた都城。今回の調査では、護城河(堀)や城壁、馬面(城壁の張り出し部分)、順城街道路などの外城の城壁体系が初めて見つかり、遺跡の形状と構造、建築方式が明らかになった。金中都の構造配置と都市の様子を復元するための重要な考古学資料であり、都市制度と沿革を解明する証拠となる。(北京=新華社記者/陳鍾昊)= 配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月16日
    (5)金中都城壁遺跡、外城城壁体系を発見北京市

    13日、北京市豊台区の金中都西城壁高楼村遺跡で見つかった護城河の遺構。中国の北京市文物研究所が中心となり実施した金中都城壁遺跡の発掘調査でこのほど、重要な成果が得られた。金中都は正式名称を中都大興府といい、金王朝(1115年~1234年)が1153年に上京(現在の黒竜江省ハルビン市阿城区)から燕京(現在の北京)に遷都して築いた都城。今回の調査では、護城河(堀)や城壁、馬面(城壁の張り出し部分)、順城街道路などの外城の城壁体系が初めて見つかり、遺跡の形状と構造、建築方式が明らかになった。金中都の構造配置と都市の様子を復元するための重要な考古学資料であり、都市制度と沿革を解明する証拠となる。(北京=新華社記者/陳鍾昊)= 配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月16日
    (6)金中都城壁遺跡、外城城壁体系を発見北京市

    13日、北京市豊台区の金中都西城壁高楼村遺跡で出土した城壁(左)と順城街(右側凹部分)の遺構。中国の北京市文物研究所が中心となり実施した金中都城壁遺跡の発掘調査でこのほど、重要な成果が得られた。金中都は正式名称を中都大興府といい、金王朝(1115年~1234年)が1153年に上京(現在の黒竜江省ハルビン市阿城区)から燕京(現在の北京)に遷都して築いた都城。今回の調査では、護城河(堀)や城壁、馬面(城壁の張り出し部分)、順城街道路などの外城の城壁体系が初めて見つかり、遺跡の形状と構造、建築方式が明らかになった。金中都の構造配置と都市の様子を復元するための重要な考古学資料であり、都市制度と沿革を解明する証拠となる。(北京=新華社記者/陳鍾昊)= 配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月15日
    (2)長江流域最大の商代銅鋳造遺構を発見湖北省武漢市

    魯台山郭元咀遺跡で出土した炉台。(資料写真)中国の湖北省文物考古研究所はこのほど、同省武漢市黄陂区の魯台山郭元咀遺跡で商(殷)代の大規模な銅器鋳造施設の遺構を発見したと明らかにした。遺構からは熔解器具や原料、燃料など銅の精錬・鋳造に関する遺物が大量に出土した。専門家は、長江流域で最も規模が大きく、保存状態も良い商代の青銅器鋳造遺跡であり、手工業生産の一連の流れが比較的整った「銅器鋳造工房」だと評価した。(武漢=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月15日
    (1)長江流域最大の商代銅鋳造遺構を発見湖北省武漢市

    魯台山郭元咀遺跡の発掘エリア。(資料写真)中国の湖北省文物考古研究所はこのほど、同省武漢市黄陂区の魯台山郭元咀遺跡で商(殷)代の大規模な銅器鋳造施設の遺構を発見したと明らかにした。遺構からは熔解器具や原料、燃料など銅の精錬・鋳造に関する遺物が大量に出土した。専門家は、長江流域で最も規模が大きく、保存状態も良い商代の青銅器鋳造遺跡であり、手工業生産の一連の流れが比較的整った「銅器鋳造工房」だと評価した。(武漢=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:52.01
    2021年01月15日
    「新華社」長江流域最大の商代銅鋳造遺構を発見湖北省武漢市

    中国の湖北省文物考古研究所はこのほど、同省武漢市黄陂区の魯台山郭元咀遺跡で商(殷)代の大規模な銅器鋳造施設の遺構を発見したと明らかにした。遺構からは熔解器具や原料、燃料など銅の精錬・鋳造に関する遺物が大量に出土した。専門家は、長江流域で最も規模が大きく、保存状態も良い商代の青銅器鋳造遺跡であり、手工業生産の一連の流れが比較的整った「銅器鋳造工房」だと評価した。遺跡は同研究所が2019年3月から2020年12月にかけ、北京大学考古文博学院と共同で発掘調査を実施。銅鋳造施設のために築かれた人工基礎の上で、銅鋳造に関わる各種遺構を発見した。人工基礎は灄水(長江の支流)の東岸沿いに平行に築かれており、南辺の長さは29・4メートル、東辺は40・8メートル。面積は約1100平方メートルで、独立した工房エリアを構成していた。同研究所の副研究員で、同遺跡発掘プロジェクトの責任者を務める胡剛(こ・ごう)氏によると、遺構ではこれまでに炉台15基、るつぼ壁の残骸80点余り、土製鋳型120点余り、石製、銅製の工具類105点が出土。2つの境界溝と複数の大型灰坑の中からは大量の日用土器や印文硬質土器、炭化した植物種子、木炭、小動物の骨が見つかった。浮選法で選別した種子の放射性炭素年代測定値を年輪年代法で補正した数値は紀元前1401年~同1226年だった。同研究所の方勤(ほう・きん)所長は、出土した土製鋳型片から推測した器物の口径が25センチだったことから、同遺構では大型器物も鋳造されていたと指摘。銅くずの分析では銅と錫の合金(青銅)を精錬していたことも分かっており、遺構が少なくとも粗銅と合金の精錬、鋳型による鋳造を行う高い技術と生産能力を持っていたと説明した。方氏はまた、遺跡の位置づけについて「湖北省ではここ数年で最も重要な商代の考古学発見の一つといえる。紀元前1226年前後の商王朝による長江流域の統治と支配の実像を再現しており、殷墟文化第一期前後の青銅器鋳造活動の組織形態や原料の輸送ルートなど、青銅器時代の重要な学術的問題にとって大きな価値がある」と述べた。(記者/方亜東、喩珮) =配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月15日
    (3)長江流域最大の商代銅鋳造遺構を発見湖北省武漢市

    魯台山郭元咀遺跡から出土したるつぼ壁の残骸。(資料写真)中国の湖北省文物考古研究所はこのほど、同省武漢市黄陂区の魯台山郭元咀遺跡で商(殷)代の大規模な銅器鋳造施設の遺構を発見したと明らかにした。遺構からは熔解器具や原料、燃料など銅の精錬・鋳造に関する遺物が大量に出土した。専門家は、長江流域で最も規模が大きく、保存状態も良い商代の青銅器鋳造遺跡であり、手工業生産の一連の流れが比較的整った「銅器鋳造工房」だと評価した。(武漢=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月15日
    (4)長江流域最大の商代銅鋳造遺構を発見湖北省武漢市

    魯台山郭元咀遺跡から出土した銅塊。(資料写真)中国の湖北省文物考古研究所はこのほど、同省武漢市黄陂区の魯台山郭元咀遺跡で商(殷)代の大規模な銅器鋳造施設の遺構を発見したと明らかにした。遺構からは熔解器具や原料、燃料など銅の精錬・鋳造に関する遺物が大量に出土した。専門家は、長江流域で最も規模が大きく、保存状態も良い商代の青銅器鋳造遺跡であり、手工業生産の一連の流れが比較的整った「銅器鋳造工房」だと評価した。(武漢=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月15日
    (5)長江流域最大の商代銅鋳造遺構を発見湖北省武漢市

    12日、魯台山郭元咀遺跡から出土した鋳型片。中国の湖北省文物考古研究所はこのほど、同省武漢市黄陂区の魯台山郭元咀遺跡で商(殷)代の大規模な銅器鋳造施設の遺構を発見したと明らかにした。遺構からは熔解器具や原料、燃料など銅の精錬・鋳造に関する遺物が大量に出土した。専門家は、長江流域で最も規模が大きく、保存状態も良い商代の青銅器鋳造遺跡であり、手工業生産の一連の流れが比較的整った「銅器鋳造工房」だと評価した。(武漢=新華社記者/喩珮)= 配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    (8)大理市で南詔国時代の官寺建築群見つかる雲南省

    五指山遺跡から出土した滴水(てきすい、軒瓦の先端)。(資料写真)中国の雲南省文物考古研究所はこのほど、同省大理市の五指山遺跡で南詔国時代(738~902年)の官寺を中心とする建築群遺構を発見したと明らかにした。南詔寺院の伽藍配置の特徴や窯業の生産状況に関する新たな知見が得られ、ここ数年の南詔考古学における新発見となった。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    (9)大理市で南詔国時代の官寺建築群見つかる雲南省

    五指山遺跡の遠景。(資料写真)中国の雲南省文物考古研究所はこのほど、同省大理市の五指山遺跡で南詔国時代(738~902年)の官寺を中心とする建築群遺構を発見したと明らかにした。南詔寺院の伽藍配置の特徴や窯業の生産状況に関する新たな知見が得られ、ここ数年の南詔考古学における新発見となった。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    (10)大理市で南詔国時代の官寺建築群見つかる雲南省

    五指山遺跡1号建築基礎から出土した「官家舎利」銘のある瓦。(資料写真、組み合わせ写真)中国の雲南省文物考古研究所はこのほど、同省大理市の五指山遺跡で南詔国時代(738~902年)の官寺を中心とする建築群遺構を発見したと明らかにした。南詔寺院の伽藍配置の特徴や窯業の生産状況に関する新たな知見が得られ、ここ数年の南詔考古学における新発見となった。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    (6)大理市で南詔国時代の官寺建築群見つかる雲南省

    五指山遺跡から出土した仏像。(資料写真)中国の雲南省文物考古研究所はこのほど、同省大理市の五指山遺跡で南詔国時代(738~902年)の官寺を中心とする建築群遺構を発見したと明らかにした。南詔寺院の伽藍配置の特徴や窯業の生産状況に関する新たな知見が得られ、ここ数年の南詔考古学における新発見となった。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    (1)大理市で南詔国時代の官寺建築群見つかる雲南省

    五指山遺跡から出土した経幢(きょうどう)。(資料写真)中国の雲南省文物考古研究所はこのほど、同省大理市の五指山遺跡で南詔国時代(738~902年)の官寺を中心とする建築群遺構を発見したと明らかにした。南詔寺院の伽藍配置の特徴や窯業の生産状況に関する新たな知見が得られ、ここ数年の南詔考古学における新発見となった。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    (7)大理市で南詔国時代の官寺建築群見つかる雲南省

    五指山遺跡2号建築基礎の見取り図。(資料写真)中国の雲南省文物考古研究所はこのほど、同省大理市の五指山遺跡で南詔国時代(738~902年)の官寺を中心とする建築群遺構を発見したと明らかにした。南詔寺院の伽藍配置の特徴や窯業の生産状況に関する新たな知見が得られ、ここ数年の南詔考古学における新発見となった。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    (3)大理市で南詔国時代の官寺建築群見つかる雲南省

    五指山遺跡から出土した陶瓶。(資料写真)中国の雲南省文物考古研究所はこのほど、同省大理市の五指山遺跡で南詔国時代(738~902年)の官寺を中心とする建築群遺構を発見したと明らかにした。南詔寺院の伽藍配置の特徴や窯業の生産状況に関する新たな知見が得られ、ここ数年の南詔考古学における新発見となった。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    (5)大理市で南詔国時代の官寺建築群見つかる雲南省

    五指山遺跡から出土した瓦当(がとう、筒瓦の先端部分)。(資料写真)中国の雲南省文物考古研究所はこのほど、同省大理市の五指山遺跡で南詔国時代(738~902年)の官寺を中心とする建築群遺構を発見したと明らかにした。南詔寺院の伽藍配置の特徴や窯業の生産状況に関する新たな知見が得られ、ここ数年の南詔考古学における新発見となった。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    (2)大理市で南詔国時代の官寺建築群見つかる雲南省

    五指山遺跡から出土した施釉陶製鴟尾(しび、大棟両端の飾り)。(資料写真)中国の雲南省文物考古研究所はこのほど、同省大理市の五指山遺跡で南詔国時代(738~902年)の官寺を中心とする建築群遺構を発見したと明らかにした。南詔寺院の伽藍配置の特徴や窯業の生産状況に関する新たな知見が得られ、ここ数年の南詔考古学における新発見となった。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    (4)大理市で南詔国時代の官寺建築群見つかる雲南省

    五指山遺跡1号建築基礎の平面見取り図。(資料写真)中国の雲南省文物考古研究所はこのほど、同省大理市の五指山遺跡で南詔国時代(738~902年)の官寺を中心とする建築群遺構を発見したと明らかにした。南詔寺院の伽藍配置の特徴や窯業の生産状況に関する新たな知見が得られ、ここ数年の南詔考古学における新発見となった。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    (11)大理市で南詔国時代の官寺建築群見つかる雲南省

    五指山遺跡1号建築基礎の大殿遺構。(資料写真)中国の雲南省文物考古研究所はこのほど、同省大理市の五指山遺跡で南詔国時代(738~902年)の官寺を中心とする建築群遺構を発見したと明らかにした。南詔寺院の伽藍配置の特徴や窯業の生産状況に関する新たな知見が得られ、ここ数年の南詔考古学における新発見となった。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月13日
    (2)戦国時代の甕棺墓から文字入りの土器片河北省黄驊市

    郛堤城甕棺葬遺跡から出土し修復された葬具(陶釜)。(資料写真)中国河北省黄驊(こうか)市の文化財部門の職員が、戦国時代(紀元前5世紀~同221年)の甕棺(かめかん)を修復している最中に、文字が刻まれた二つの陶盆(土器のつぼ)の破片を見つけた。専門家は、2千年余り前の都市の状況や生産・生活、埋葬習慣の研究により多くの情報をもたらしたと指摘する。(黄驊=新華社記者/王民)= 配信日: 2021(平成33)年01月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月13日
    (7)戦国時代の甕棺墓から文字入りの土器片河北省黄驊市

    郛堤城甕棺葬遺跡から出土し修復された葬具(陶釜)。(資料写真)中国河北省黄驊(こうか)市の文化財部門の職員が、戦国時代(紀元前5世紀~同221年)の甕棺(かめかん)を修復している最中に、文字が刻まれた二つの陶盆(土器のつぼ)の破片を見つけた。専門家は、2千年余り前の都市の状況や生産・生活、埋葬習慣の研究により多くの情報をもたらしたと指摘する。(黄驊=新華社記者/王民)= 配信日: 2021(平成33)年01月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月13日
    (8)戦国時代の甕棺墓から文字入りの土器片河北省黄驊市

    郛堤城甕棺葬遺跡から出土し修復された葬具(陶釜)。(資料写真)中国河北省黄驊(こうか)市の文化財部門の職員が、戦国時代(紀元前5世紀~同221年)の甕棺(かめかん)を修復している最中に、文字が刻まれた二つの陶盆(土器のつぼ)の破片を見つけた。専門家は、2千年余り前の都市の状況や生産・生活、埋葬習慣の研究により多くの情報をもたらしたと指摘する。(黄驊=新華社記者/王民)= 配信日: 2021(平成33)年01月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月13日
    (5)戦国時代の甕棺墓から文字入りの土器片河北省黄驊市

    郛堤城甕棺葬遺跡から出土し修復された葬具(陶釜)(資料写真)中国河北省黄驊(こうか)市の文化財部門の職員が、戦国時代(紀元前5世紀~同221年)の甕棺(かめかん)を修復している最中に、文字が刻まれた二つの陶盆(土器のつぼ)の破片を見つけた。専門家は、2千年余り前の都市の状況や生産・生活、埋葬習慣の研究により多くの情報をもたらしたと指摘する。(黄驊=新華社記者/王民)= 配信日: 2021(平成33)年01月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月13日
    (6)戦国時代の甕棺墓から文字入りの土器片河北省黄驊市

    黄驊市の郛堤城甕棺葬遺跡。(資料写真)中国河北省黄驊(こうか)市の文化財部門の職員が、戦国時代(紀元前5世紀~同221年)の甕棺(かめかん)を修復している最中に、文字が刻まれた二つの陶盆(土器のつぼ)の破片を見つけた。専門家は、2千年余り前の都市の状況や生産・生活、埋葬習慣の研究により多くの情報をもたらしたと指摘する。(黄驊=新華社記者/王民)= 配信日: 2021(平成33)年01月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月13日
    (4)戦国時代の甕棺墓から文字入りの土器片河北省黄驊市

    郛堤城甕棺葬遺跡から出土し復元された陶釜や陶盤、陶罐、筒形器などの葬具。(資料写真)中国河北省黄驊(こうか)市の文化財部門の職員が、戦国時代(紀元前5世紀~同221年)の甕棺(かめかん)を修復している最中に、文字が刻まれた二つの陶盆(土器のつぼ)の破片を見つけた。専門家は、2千年余り前の都市の状況や生産・生活、埋葬習慣の研究により多くの情報をもたらしたと指摘する。(黄驊=新華社記者/王民)= 配信日: 2021(平成33)年01月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月12日
    (3)岳陽市の羅城遺跡で新発見楚文化の湖南波及は春秋中期か

    9日、現地報告会で遺跡の状況を説明する羅城遺跡発掘プロジェクトの責任者、盛偉(せい・い)氏。中国湖南省岳陽市屈原管理区で9日、羅子国城遺跡(羅城遺跡)で実施された考古発掘の現地報告会が開かれた。参加した専門家は、遺跡北部の小洲羅で大量に出土した春秋時代中期またはそれ以前の遺構について、湖南地区で発見された年代の最も古い楚文化の遺構に属すると指摘。現在知られている典型的な楚文化が最も早い時期に湖南に伝った地点の一つが羅城遺跡であることを説明しており、湖南が正式に中原王朝の統治体系に組み込まれた起点の地といえるとの見方を示した。(岳陽=新華社記者/李紫薇)= 配信日: 2021(平成33)年01月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月12日
    (5)岳陽市の羅城遺跡で新発見楚文化の湖南波及は春秋中期か

    9日、羅子国城遺跡・小洲羅地区の発掘現場。中国湖南省岳陽市屈原管理区で9日、羅子国城遺跡(羅城遺跡)で実施された考古発掘の現地報告会が開かれた。参加した専門家は、遺跡北部の小洲羅で大量に出土した春秋時代中期またはそれ以前の遺構について、湖南地区で発見された年代の最も古い楚文化の遺構に属すると指摘。現在知られている典型的な楚文化が最も早い時期に湖南に伝った地点の一つが羅城遺跡であることを説明しており、湖南が正式に中原王朝の統治体系に組み込まれた起点の地といえるとの見方を示した。(岳陽=新華社記者/李紫薇)= 配信日: 2021(平成33)年01月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月12日
    (1)岳陽市の羅城遺跡で新発見楚文化の湖南波及は春秋中期か

    岳陽市屈原管理区にある羅子国城遺跡。(小型無人機から、資料写真)中国湖南省岳陽市屈原管理区で9日、羅子国城遺跡(羅城遺跡)で実施された考古発掘の現地報告会が開かれた。参加した専門家は、遺跡北部の小洲羅で大量に出土した春秋時代中期またはそれ以前の遺構について、湖南地区で発見された年代の最も古い楚文化の遺構に属すると指摘。現在知られている典型的な楚文化が最も早い時期に湖南に伝った地点の一つが羅城遺跡であることを説明しており、湖南が正式に中原王朝の統治体系に組み込まれた起点の地といえるとの見方を示した。(岳陽=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月12日
    (4)岳陽市の羅城遺跡で新発見楚文化の湖南波及は春秋中期か

    9日、羅子国城遺跡・小洲羅地区の発掘現場。中国湖南省岳陽市屈原管理区で9日、羅子国城遺跡(羅城遺跡)で実施された考古発掘の現地報告会が開かれた。参加した専門家は、遺跡北部の小洲羅で大量に出土した春秋時代中期またはそれ以前の遺構について、湖南地区で発見された年代の最も古い楚文化の遺構に属すると指摘。現在知られている典型的な楚文化が最も早い時期に湖南に伝った地点の一つが羅城遺跡であることを説明しており、湖南が正式に中原王朝の統治体系に組み込まれた起点の地といえるとの見方を示した。(岳陽=新華社記者/李紫薇)= 配信日: 2021(平成33)年01月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:59.92
    2021年01月12日
    「新華社」岳陽市の羅城遺跡で新発見楚文化の湖南波及は春秋中期か

    中国湖南省岳陽市屈原管理区で9日、羅子国城遺跡(羅城遺跡)で実施された考古発掘の現地報告会が開かれた。参加した専門家は、遺跡北部の小洲羅で大量に出土した春秋時代中期またはそれ以前の遺構について、湖南地区で発見された年代の最も古い楚文化の遺構に属すると指摘。現在知られている典型的な楚文化が最も早い時期に湖南に伝った地点の一つが羅城遺跡であることを説明しており、湖南が正式に中原王朝の統治体系に組み込まれた起点の地といえるとの見方を示した。湖南省文物考古研究所は2020年に小洲羅で実施した発掘調査で、土器や石器の製造など手工業活動と関わりがあるとみられる土取り場跡や窯跡、建築跡を発見した。日常生活に関連する灰坑や井戸なども見つかり、主に春秋時代中・後期に属する土器や石器などが出土した。同研究所の研究員で、羅城遺跡発掘プロジェクトの責任者を務める盛偉(せい・い)氏は「これらの遺構は、楚人が羅国の民を移住させたという文献の記載が根拠のないものではないことを示している。羅城遺跡は楚が羅国の民を移した場所である可能性が高い」と指摘。陶盆や陶罐などの器物とその組み合わせは典型的な楚文化様式であり、湖北省の江漢平原で出土した春秋時代後期の土器との類似性が高く、湘江下流の臨湘大畈遺跡に代表されるこの地域の同時代の文化遺構とは大きく異なると説明した。したがって、当時の羅城に住んでいたのは湖南の土着民ではなく、江漢平原西部の楚文化地区からの移民である可能性があるという。専門家は、羅城遺跡が文献に記載のある羅県であった可能性があるとも推測する。戦国時代に強大な勢力を誇った楚は、南方開拓へ注力するために羅県を設置した。楚の詩人、屈原(くつ・げん)が晩年の一時期を同地で過ごし、汨羅江の河畔で吟行したとの言い伝えもある。同地には高位者を埋葬したと思われる大型の封土を持つ墳墓があり「屈原の十二疑塚」と呼ばれている。(記者/崔俊傑、李紫薇) =配信日: 2021(平成33)年01月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月10日
    SEARCH OPERATION FOR SRIWIJAYA AIR FLIGHT SJ182

    Indonesian Disaster Victim Identification (DVI) officers check remains including body parts recovered during the search operation of the wreckage of Sriwijaya Air plane SJ182, at Jakarta port, Indonesia, 10 January 2021. Remains of the aircraft along with human body found by search and rescue teams in the waters of the Thousand Islands. An Indonesian passenger aircraft with 62 people on board crashed into the sea after taking off from Jakarta, authorities said Saturday. The plane carried 50 passengers on board, including 10 children, plus 12 crew members. 、クレジット:Featurechina/共同通信イメージズ  ※中国での使用禁止。

  • 2021年01月10日
    SEARCH OPERATION FOR SRIWIJAYA AIR FLIGHT SJ182

    Indonesian Disaster Victim Identification (DVI) officers check remains including body parts recovered during the search operation of the wreckage of Sriwijaya Air plane SJ182, at Jakarta port, Indonesia, 10 January 2021. Remains of the aircraft along with human body found by search and rescue teams in the waters of the Thousand Islands. An Indonesian passenger aircraft with 62 people on board crashed into the sea after taking off from Jakarta, authorities said Saturday. The plane carried 50 passengers on board, including 10 children, plus 12 crew members. 、クレジット:Featurechina/共同通信イメージズ  ※中国での使用禁止。

  • 2021年01月10日
    SEARCH OPERATION FOR SRIWIJAYA AIR FLIGHT SJ182

    Indonesian Disaster Victim Identification (DVI) officers check remains including body parts recovered during the search operation of the wreckage of Sriwijaya Air plane SJ182, at Jakarta port, Indonesia, 10 January 2021. Remains of the aircraft along with human body found by search and rescue teams in the waters of the Thousand Islands. An Indonesian passenger aircraft with 62 people on board crashed into the sea after taking off from Jakarta, authorities said Saturday. The plane carried 50 passengers on board, including 10 children, plus 12 crew members.、クレジット:Featurechina/共同通信イメージズ  ※中国での使用禁止。

  • 2021年01月10日
    SEARCH OPERATION FOR SRIWIJAYA AIR FLIGHT SJ182

    Indonesian Disaster Victim Identification (DVI) officers check remains including body parts recovered during the search operation of the wreckage of Sriwijaya Air plane SJ182, at Jakarta port, Indonesia, 10 January 2021. Remains of the aircraft along with human body found by search and rescue teams in the waters of the Thousand Islands. An Indonesian passenger aircraft with 62 people on board crashed into the sea after taking off from Jakarta, authorities said Saturday. The plane carried 50 passengers on board, including 10 children, plus 12 crew members. 、クレジット:Featurechina/共同通信イメージズ  ※中国での使用禁止。

  • 2021年01月10日
    SEARCH OPERATION FOR SRIWIJAYA AIR FLIGHT SJ182

    Indonesian Disaster Victim Identification (DVI) officers check remains including body parts recovered during the search operation of the wreckage of Sriwijaya Air plane SJ182, at Jakarta port, Indonesia, 10 January 2021. Remains of the aircraft along with human body found by search and rescue teams in the waters of the Thousand Islands. An Indonesian passenger aircraft with 62 people on board crashed into the sea after taking off from Jakarta, authorities said Saturday. The plane carried 50 passengers on board, including 10 children, plus 12 crew members. 、クレジット:Featurechina/共同通信イメージズ  ※中国での使用禁止。

  • 2021年01月10日
    SEARCH OPERATION FOR SRIWIJAYA AIR FLIGHT SJ182

    Indonesian Disaster Victim Identification (DVI) officers check remains including body parts recovered during the search operation of the wreckage of Sriwijaya Air plane SJ182, at Jakarta port, Indonesia, 10 January 2021. Remains of the aircraft along with human body found by search and rescue teams in the waters of the Thousand Islands. An Indonesian passenger aircraft with 62 people on board crashed into the sea after taking off from Jakarta, authorities said Saturday. The plane carried 50 passengers on board, including 10 children, plus 12 crew members. 、クレジット:Featurechina/共同通信イメージズ  ※中国での使用禁止。

  • 2021年01月10日
    SEARCH OPERATION FOR SRIWIJAYA AIR FLIGHT SJ182

    Indonesian Disaster Victim Identification (DVI) officers check remains including body parts recovered during the search operation of the wreckage of Sriwijaya Air plane SJ182, at Jakarta port, Indonesia, 10 January 2021. Remains of the aircraft along with human body found by search and rescue teams in the waters of the Thousand Islands. An Indonesian passenger aircraft with 62 people on board crashed into the sea after taking off from Jakarta, authorities said Saturday. The plane carried 50 passengers on board, including 10 children, plus 12 crew members. 、クレジット:Featurechina/共同通信イメージズ  ※中国での使用禁止。

  • 2021年01月10日
    SEARCH OPERATION FOR SRIWIJAYA AIR FLIGHT SJ182

    Indonesian Disaster Victim Identification (DVI) officers check remains including body parts recovered during the search operation of the wreckage of Sriwijaya Air plane SJ182, at Jakarta port, Indonesia, 10 January 2021. Remains of the aircraft along with human body found by search and rescue teams in the waters of the Thousand Islands. An Indonesian passenger aircraft with 62 people on board crashed into the sea after taking off from Jakarta, authorities said Saturday. The plane carried 50 passengers on board, including 10 children, plus 12 crew members. 、クレジット:Featurechina/共同通信イメージズ  ※中国での使用禁止。

  • 2021年01月10日
    SEARCH OPERATION FOR SRIWIJAYA AIR FLIGHT SJ182

    Indonesian Disaster Victim Identification (DVI) officers check remains including body parts recovered during the search operation of the wreckage of Sriwijaya Air plane SJ182, at Jakarta port, Indonesia, 10 January 2021. Remains of the aircraft along with human body found by search and rescue teams in the waters of the Thousand Islands. An Indonesian passenger aircraft with 62 people on board crashed into the sea after taking off from Jakarta, authorities said Saturday. The plane carried 50 passengers on board, including 10 children, plus 12 crew members. 、クレジット:Featurechina/共同通信イメージズ  ※中国での使用禁止。

  • 2021年01月09日
    岳陽市の羅城遺跡で新発見楚文化の湖南波及は春秋中期か

    9日、羅子国城遺跡から出土した春秋時代中期の土器。中国湖南省岳陽市屈原管理区で9日、羅子国城遺跡(羅城遺跡)で実施された考古発掘の現地報告会が開かれた。参加した専門家は、遺跡北部の小洲羅で大量に出土した春秋時代中期またはそれ以前の遺構について、湖南地区で発見された年代の最も古い楚文化の遺構に属すると指摘。現在知られている典型的な楚文化が最も早い時期に湖南に伝った地点の一つが羅城遺跡であることを説明しており、湖南が正式に中原王朝の統治体系に組み込まれた起点の地といえるとの見方を示した。(岳陽=新華社記者/李紫薇)=配信日:2021(令和3)年1月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月07日
    (2)3300年前の「湖畔の豪邸」跡見つかる新疆ウイグル自治区

    バルクル・カザフ自治県のキョルヤカ遺跡で発見された約3300年前の大型住居跡。(資料写真)中国の新疆東天山考古調査隊はこのほど、新疆ウイグル自治区哈密(ハミ)市バルクル・カザフ自治県にあるキョルヤカ(海子沿)遺跡の中心部で、約3300年前の大型住居跡を発見したと発表した。東天山地区でこれまでに発掘された中で最も規模が大きく、構造も整った単体建築遺構だという。調査隊の責任者の1人、西北大学文化遺産学院考古学部の任萌(じん・ほう)副主任は「複雑な構造と広大な面積を持ち、北のバルクル湖からわずか800メートルしか離れていないことから、われわれは『デラックス・レイクビュールーム』と呼んでいる」と語った。(バルクル・カザフ=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月07日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月07日
    (1)3300年前の「湖畔の豪邸」跡見つかる新疆ウイグル自治区

    バルクル・カザフ自治県のキョルヤカ遺跡で発見された約3300年前の大型住居跡。(資料写真)中国の新疆東天山考古調査隊はこのほど、新疆ウイグル自治区哈密(ハミ)市バルクル・カザフ自治県にあるキョルヤカ(海子沿)遺跡の中心部で、約3300年前の大型住居跡を発見したと発表した。東天山地区でこれまでに発掘された中で最も規模が大きく、構造も整った単体建築遺構だという。調査隊の責任者の1人、西北大学文化遺産学院考古学部の任萌(じん・ほう)副主任は「複雑な構造と広大な面積を持ち、北のバルクル湖からわずか800メートルしか離れていないことから、われわれは『デラックス・レイクビュールーム』と呼んでいる」と語った。(バルクル・カザフ=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月07日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月31日
    New Year‘s Eve in Seoul

    SEOUL, SOUTH KOREA, DEC 31: Myeongdong Cathedral in Seoul, South Korea, is pictured on December 31, 2020. Completed in 1898, Myeongdong Cathedral is the first Roman Catholic parish church in Korea and also the first Gothic building ever built in the nation. It was designated as Historic site No. 285. Due to the COVID-19 outbreak, the Seoul Metropolitan Government announced that it canceled its annual New Year‘s Eve bell-ringing ceremony at the Bosingak Pavilion in central Seoul and will hold it virtually. A prerecorded ringing of the bell will be streamed on the city‘s Website at 00:00. The ceremony‘s cancellation is made for the first time in 67 years since it began in 1953. (Photo by Seokyong Lee/Penta Press)、クレジット:Penta Press/共同通信イメージズ

  • 2020年12月31日
    New Year‘s Eve in Seoul

    SEOUL, SOUTH KOREA, DEC 31: Myeongdong Cathedral in Seoul, South Korea, is pictured on December 31, 2020. Completed in 1898, Myeongdong Cathedral is the first Roman Catholic parish church in Korea and also the first Gothic building ever built in the nation. It was designated as Historic site No. 285. Due to the COVID-19 outbreak, the Seoul Metropolitan Government announced that it canceled its annual New Year‘s Eve bell-ringing ceremony at the Bosingak Pavilion in central Seoul and will hold it virtually. A prerecorded ringing of the bell will be streamed on the city‘s Website at 00:00. The ceremony‘s cancellation is made for the first time in 67 years since it began in 1953. (Photo by Seokyong Lee/Penta Press)、クレジット:Penta Press/共同通信イメージズ

  • 2020年12月29日
    (6)唐九成宮遺跡で出土の宮殿遺構、皇帝の寝殿か陝西省

    24日、隋仁寿宮・唐九成宮遺跡4号殿の基礎遺構。中国陝西省宝鶏市麟遊(りんゆう)県はこのほど、同県にある隋仁寿宮・唐九成宮遺跡4号殿の発掘調査で、隋唐時代の宮殿建築の基礎遺構と石製香炉や銀製かんざし、鍍金乳鋲(めっきちびょう)などの遺物500点余りが出土したと発表した。専門家は、唐の高宗と武則天(則天武后)の寝殿ではないかとみている。(西安=新華社記者/欣芷如)= 配信日: 2020(令和2)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月29日
    紹興市の王陽明旧居遺跡、発掘調査で全貌明らかに浙江省

    王陽明旧居遺跡から出土した彫刻れんがの破片。(資料写真)中国浙江省紹興市でこのほど開かれた「2020年浙江省考古重要発見報告会」で、明代の儒学者で陽明学の始祖、王陽明(おう・ようめい)の旧居遺跡の全貌が明らかにされた。王陽明の旧居が考古学的に確認されたのは初めてだという。(紹興=新華社配信)=配信日:2020(令和2)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月29日
    (1)唐九成宮遺跡で出土の宮殿遺構、皇帝の寝殿か陝西省

    隋仁寿宮・唐九成宮遺跡4号殿の発掘現場。(11月20日撮影、小型無人機から)中国陝西省宝鶏市麟遊(りんゆう)県はこのほど、同県にある隋仁寿宮・唐九成宮遺跡4号殿の発掘調査で、隋唐時代の宮殿建築の基礎遺構と石製香炉や銀製かんざし、鍍金乳鋲(めっきちびょう)などの遺物500点余りが出土したと発表した。専門家は、唐の高宗と武則天(則天武后)の寝殿ではないかとみている。(西安=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月29日
    紹興市の王陽明旧居遺跡、発掘調査で全貌明らかに浙江省

    王陽明旧居遺跡から出土した磁器片。(資料写真)中国浙江省紹興市でこのほど開かれた「2020年浙江省考古重要発見報告会」で、明代の儒学者で陽明学の始祖、王陽明(おう・ようめい)の旧居遺跡の全貌が明らかにされた。王陽明の旧居が考古学的に確認されたのは初めてだという。(紹興=新華社配信)=配信日:2020(令和2)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月29日
    紹興市の王陽明旧居遺跡、発掘調査で全貌明らかに浙江省

    王陽明旧居遺跡から出土した磁器片。(資料写真)中国浙江省紹興市でこのほど開かれた「2020年浙江省考古重要発見報告会」で、明代の儒学者で陽明学の始祖、王陽明(おう・ようめい)の旧居遺跡の全貌が明らかにされた。王陽明の旧居が考古学的に確認されたのは初めてだという。(紹興=新華社配信)=配信日:2020(令和2)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月29日
    (2)唐九成宮遺跡で出土の宮殿遺構、皇帝の寝殿か陝西省

    隋仁寿宮・唐九成宮遺跡4号殿で出土した纏枝忍冬(てんしにんどう)文の笠石。(11月8日撮影)中国陝西省宝鶏市麟遊(りんゆう)県はこのほど、同県にある隋仁寿宮・唐九成宮遺跡4号殿の発掘調査で、隋唐時代の宮殿建築の基礎遺構と石製香炉や銀製かんざし、鍍金乳鋲(めっきちびょう)などの遺物500点余りが出土したと発表した。専門家は、唐の高宗と武則天(則天武后)の寝殿ではないかとみている。(西安=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月29日
    (4)唐九成宮遺跡で出土の宮殿遺構、皇帝の寝殿か陝西省

    24日、隋仁寿宮・唐九成宮遺跡4号殿の発掘現場。中国陝西省宝鶏市麟遊(りんゆう)県はこのほど、同県にある隋仁寿宮・唐九成宮遺跡4号殿の発掘調査で、隋唐時代の宮殿建築の基礎遺構と石製香炉や銀製かんざし、鍍金乳鋲(めっきちびょう)などの遺物500点余りが出土したと発表した。専門家は、唐の高宗と武則天(則天武后)の寝殿ではないかとみている。(西安=新華社記者/欣芷如)= 配信日: 2020(令和2)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月29日
    紹興市の王陽明旧居遺跡、発掘調査で全貌明らかに浙江省

    王陽明旧居遺跡の発掘現場。(資料写真、小型無人機から)中国浙江省紹興市でこのほど開かれた「2020年浙江省考古重要発見報告会」で、明代の儒学者で陽明学の始祖、王陽明(おう・ようめい)の旧居遺跡の全貌が明らかにされた。王陽明の旧居が考古学的に確認されたのは初めてだという。(紹興=新華社配信)=配信日:2020(令和2)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月29日
    (3)唐九成宮遺跡で出土の宮殿遺構、皇帝の寝殿か陝西省

    24日、隋仁寿宮・唐九成宮遺跡4号殿で出土した礎石。中国陝西省宝鶏市麟遊(りんゆう)県はこのほど、同県にある隋仁寿宮・唐九成宮遺跡4号殿の発掘調査で、隋唐時代の宮殿建築の基礎遺構と石製香炉や銀製かんざし、鍍金乳鋲(めっきちびょう)などの遺物500点余りが出土したと発表した。専門家は、唐の高宗と武則天(則天武后)の寝殿ではないかとみている。(西安=新華社記者/欣芷如)= 配信日: 2020(令和2)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月29日
    (5)唐九成宮遺跡で出土の宮殿遺構、皇帝の寝殿か陝西省

    24日、隋仁寿宮・唐九成宮遺跡4号殿の基礎遺構。中国陝西省宝鶏市麟遊(りんゆう)県はこのほど、同県にある隋仁寿宮・唐九成宮遺跡4号殿の発掘調査で、隋唐時代の宮殿建築の基礎遺構と石製香炉や銀製かんざし、鍍金乳鋲(めっきちびょう)などの遺物500点余りが出土したと発表した。専門家は、唐の高宗と武則天(則天武后)の寝殿ではないかとみている。(西安=新華社記者/欣芷如)= 配信日: 2020(令和2)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月25日
    出雲国風土記の渡し場か

    松江市「朝酌矢田Ⅱ遺跡」

  • 2020年12月25日
    出雲国風土記の渡し場か

    松江市「朝酌矢田Ⅱ遺跡」

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月25日
    (7)新疆の黒山嶺採掘遺跡、トルコ石の西方起源説を覆す

    黒山嶺緑松石採掘遺跡から出土した彩色毛皮や毛縄、皮革。(2019月11月12日撮影)中国新疆ウイグル自治区の黒山嶺緑松石(トルコ石)採掘遺跡は、同自治区でこれまで見つかった鉱業遺跡群の中で最も大きく、世界でも最大規模の古代トルコ石採掘遺跡群となる。遺跡群の発見と研究は、中国古代のトルコ石文化財に使われた鉱料の起源を探る重要な手掛かりとなり、同自治区で出土したトルコ石が西方からもたらされたとする説を覆した。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)= 配信日: 2020(令和2)年12月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月25日
    (1)新疆の黒山嶺採掘遺跡、トルコ石の西方起源説を覆す

    黒山嶺緑松石採掘遺跡から出土した遺物。(2019月11月12日撮影)中国新疆ウイグル自治区の黒山嶺緑松石(トルコ石)採掘遺跡は、同自治区でこれまで見つかった鉱業遺跡群の中で最も大きく、世界でも最大規模の古代トルコ石採掘遺跡群となる。遺跡群の発見と研究は、中国古代のトルコ石文化財に使われた鉱料の起源を探る重要な手掛かりとなり、同自治区で出土したトルコ石が西方からもたらされたとする説を覆した。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)= 配信日: 2020(令和2)年12月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月25日
    (8)新疆の黒山嶺採掘遺跡、トルコ石の西方起源説を覆す

    黒山嶺緑松石採掘遺跡で発掘調査をする西北大学文化遺産学院文物保護技術学部の先怡衡(せん・いこう)副教授。(2019月11月12日撮影)中国新疆ウイグル自治区の黒山嶺緑松石(トルコ石)採掘遺跡は、同自治区でこれまで見つかった鉱業遺跡群の中で最も大きく、世界でも最大規模の古代トルコ石採掘遺跡群となる。遺跡群の発見と研究は、中国古代のトルコ石文化財に使われた鉱料の起源を探る重要な手掛かりとなり、同自治区で出土したトルコ石が西方からもたらされたとする説を覆した。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)= 配信日: 2020(令和2)年12月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月25日
    (2)新疆の黒山嶺採掘遺跡、トルコ石の西方起源説を覆す

    黒山嶺緑松石採掘遺跡で発掘調査をする考古学スタッフ。(2019月11月12日撮影)中国新疆ウイグル自治区の黒山嶺緑松石(トルコ石)採掘遺跡は、同自治区でこれまで見つかった鉱業遺跡群の中で最も大きく、世界でも最大規模の古代トルコ石採掘遺跡群となる。遺跡群の発見と研究は、中国古代のトルコ石文化財に使われた鉱料の起源を探る重要な手掛かりとなり、同自治区で出土したトルコ石が西方からもたらされたとする説を覆した。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)= 配信日: 2020(令和2)年12月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月25日
    (5)新疆の黒山嶺採掘遺跡、トルコ石の西方起源説を覆す

    黒山嶺緑松石採掘遺跡で出土遺物に番号を付ける考古学スタッフ。(2019月11月11日撮影)中国新疆ウイグル自治区の黒山嶺緑松石(トルコ石)採掘遺跡は、同自治区でこれまで見つかった鉱業遺跡群の中で最も大きく、世界でも最大規模の古代トルコ石採掘遺跡群となる。遺跡群の発見と研究は、中国古代のトルコ石文化財に使われた鉱料の起源を探る重要な手掛かりとなり、同自治区で出土したトルコ石が西方からもたらされたとする説を覆した。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)= 配信日: 2020(令和2)年12月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月25日
    (3)新疆の黒山嶺採掘遺跡、トルコ石の西方起源説を覆す

    黒山嶺緑松石採掘遺跡で見つかったトルコ石を示す考古学スタッフ。(2019月11月12日撮影)中国新疆ウイグル自治区の黒山嶺緑松石(トルコ石)採掘遺跡は、同自治区でこれまで見つかった鉱業遺跡群の中で最も大きく、世界でも最大規模の古代トルコ石採掘遺跡群となる。遺跡群の発見と研究は、中国古代のトルコ石文化財に使われた鉱料の起源を探る重要な手掛かりとなり、同自治区で出土したトルコ石が西方からもたらされたとする説を覆した。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)= 配信日: 2020(令和2)年12月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月25日
    (4)新疆の黒山嶺採掘遺跡、トルコ石の西方起源説を覆す

    黒山嶺緑松石採掘遺跡で石鎚の数を数える西北大学文化遺産学院文物保護技術学部の先怡衡(せん・いこう)副教授。(2019月11月12日撮影)中国新疆ウイグル自治区の黒山嶺緑松石(トルコ石)採掘遺跡は、同自治区でこれまで見つかった鉱業遺跡群の中で最も大きく、世界でも最大規模の古代トルコ石採掘遺跡群となる。遺跡群の発見と研究は、中国古代のトルコ石文化財に使われた鉱料の起源を探る重要な手掛かりとなり、同自治区で出土したトルコ石が西方からもたらされたとする説を覆した。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)= 配信日: 2020(令和2)年12月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月25日
    (6)新疆の黒山嶺採掘遺跡、トルコ石の西方起源説を覆す

    黒山嶺緑松石採掘遺跡から出土した陶罐(とうかん)。(2019月11月12日撮影)中国新疆ウイグル自治区の黒山嶺緑松石(トルコ石)採掘遺跡は、同自治区でこれまで見つかった鉱業遺跡群の中で最も大きく、世界でも最大規模の古代トルコ石採掘遺跡群となる。遺跡群の発見と研究は、中国古代のトルコ石文化財に使われた鉱料の起源を探る重要な手掛かりとなり、同自治区で出土したトルコ石が西方からもたらされたとする説を覆した。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)= 配信日: 2020(令和2)年12月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月24日
    (4)文化遺産分野で中国初の人工気象実験室が運用開始

    国家古代壁画・土造遺跡保護マルチフィールド結合実験室の外観。(7月30日撮影)中国甘粛省敦煌市の敦煌研究院は、文化遺産分野で中国初の人工気象実験室「国家古代壁画・土造遺跡保護マルチフィールド結合実験室」がこのほど稼働を始めたと明らかにした。文化遺産保護の基礎研究で重要な役割を果たす。実験室の敷地面積は1万6千平方メートルで、夏季庫と冬季庫、風雨庫からなる。室内を温度マイナス30度~60度、湿度10~90%に調整できるほか、雨や風、雪、日照などの気象条件も再現できる。土造遺跡で採取した重さ数トンの大型サンプルも搬入可能だという。(蘭州=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月24日
    (3)文化遺産分野で中国初の人工気象実験室が運用開始

    フルスペクトル日射システムを調整するスタッフ。(2018年7月16日撮影)中国甘粛省敦煌市の敦煌研究院は、文化遺産分野で中国初の人工気象実験室「国家古代壁画・土造遺跡保護マルチフィールド結合実験室」がこのほど稼働を始めたと明らかにした。文化遺産保護の基礎研究で重要な役割を果たす。実験室の敷地面積は1万6千平方メートルで、夏季庫と冬季庫、風雨庫からなる。室内を温度マイナス30度~60度、湿度10~90%に調整できるほか、雨や風、雪、日照などの気象条件も再現できる。土造遺跡で採取した重さ数トンの大型サンプルも搬入可能だという。(蘭州=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月24日
    (1)2千年前の秦漢都城遺跡で後宮の遺構見つかる陝西省西安市

    19日、陝西省西安市閻良区の秦漢櫟陽城遺跡。中国陝西省西安市閻良区にある秦漢櫟陽(れきよう)城遺跡でこのほど、新たな発見があった。3号古城と呼ばれる地域から、浴室や壁炉(暖炉)、かまどなどの遺構が多数見つかった。2千年以上前の秦漢時代の都城にあった後宮の跡ではないかと推測される。(西安=新華社記者/楊一苗)= 配信日: 2020(令和2)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月24日
    (2)2千年前の秦漢都城遺跡で後宮の遺構見つかる陝西省西安市

    19日、秦漢櫟陽城遺跡の3号古城で見つかった浴室遺構。中国陝西省西安市閻良区にある秦漢櫟陽(れきよう)城遺跡でこのほど、新たな発見があった。3号古城と呼ばれる地域から、浴室や壁炉(暖炉)、かまどなどの遺構が多数見つかった。2千年以上前の秦漢時代の都城にあった後宮の跡ではないかと推測される。(西安=新華社記者/楊一苗)= 配信日: 2020(令和2)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月24日
    (5)2千年前の秦漢都城遺跡で後宮の遺構見つかる陝西省西安市

    19日、考古学者らが修復した秦漢櫟陽城遺跡出土の各種建築部材。中国陝西省西安市閻良区にある秦漢櫟陽(れきよう)城遺跡でこのほど、新たな発見があった。3号古城と呼ばれる地域から、浴室や壁炉(暖炉)、かまどなどの遺構が多数見つかった。2千年以上前の秦漢時代の都城にあった後宮の跡ではないかと推測される。(西安=新華社記者/楊一苗)= 配信日: 2020(令和2)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月24日
    (5)文化遺産分野で中国初の人工気象実験室が運用開始

    実験室で行われた降雪試験。(2019年5月26日撮影)中国甘粛省敦煌市の敦煌研究院は、文化遺産分野で中国初の人工気象実験室「国家古代壁画・土造遺跡保護マルチフィールド結合実験室」がこのほど稼働を始めたと明らかにした。文化遺産保護の基礎研究で重要な役割を果たす。実験室の敷地面積は1万6千平方メートルで、夏季庫と冬季庫、風雨庫からなる。室内を温度マイナス30度~60度、湿度10~90%に調整できるほか、雨や風、雪、日照などの気象条件も再現できる。土造遺跡で採取した重さ数トンの大型サンプルも搬入可能だという。(蘭州=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月24日
    (4)2千年前の秦漢都城遺跡で後宮の遺構見つかる陝西省西安市

    19日、秦漢櫟陽城遺跡の3号古城から出土した瓦当(がとう、筒瓦の先端部分)。中国陝西省西安市閻良区にある秦漢櫟陽(れきよう)城遺跡でこのほど、新たな発見があった。3号古城と呼ばれる地域から、浴室や壁炉(暖炉)、かまどなどの遺構が多数見つかった。2千年以上前の秦漢時代の都城にあった後宮の跡ではないかと推測される。(西安=新華社記者/楊一苗)= 配信日: 2020(令和2)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月24日
    (3)2千年前の秦漢都城遺跡で後宮の遺構見つかる陝西省西安市

    19日、秦漢櫟陽城遺跡の3号古城で見つかった壁炉遺構。中国陝西省西安市閻良区にある秦漢櫟陽(れきよう)城遺跡でこのほど、新たな発見があった。3号古城と呼ばれる地域から、浴室や壁炉(暖炉)、かまどなどの遺構が多数見つかった。2千年以上前の秦漢時代の都城にあった後宮の跡ではないかと推測される。(西安=新華社記者/楊一苗)= 配信日: 2020(令和2)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月24日
    (2)文化遺産分野で中国初の人工気象実験室が運用開始

    実験室で行われた原寸大版築土模型試験。(4月28日撮影)中国甘粛省敦煌市の敦煌研究院は、文化遺産分野で中国初の人工気象実験室「国家古代壁画・土造遺跡保護マルチフィールド結合実験室」がこのほど稼働を始めたと明らかにした。文化遺産保護の基礎研究で重要な役割を果たす。実験室の敷地面積は1万6千平方メートルで、夏季庫と冬季庫、風雨庫からなる。室内を温度マイナス30度~60度、湿度10~90%に調整できるほか、雨や風、雪、日照などの気象条件も再現できる。土造遺跡で採取した重さ数トンの大型サンプルも搬入可能だという。(蘭州=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月24日
    (1)文化遺産分野で中国初の人工気象実験室が運用開始

    実験室で行われた異なる角度による降雨浸食試験。(11月27日撮影)中国甘粛省敦煌市の敦煌研究院は、文化遺産分野で中国初の人工気象実験室「国家古代壁画・土造遺跡保護マルチフィールド結合実験室」がこのほど稼働を始めたと明らかにした。文化遺産保護の基礎研究で重要な役割を果たす。実験室の敷地面積は1万6千平方メートルで、夏季庫と冬季庫、風雨庫からなる。室内を温度マイナス30度~60度、湿度10~90%に調整できるほか、雨や風、雪、日照などの気象条件も再現できる。土造遺跡で採取した重さ数トンの大型サンプルも搬入可能だという。(蘭州=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月24日
    (6)2千年前の秦漢都城遺跡で後宮の遺構見つかる陝西省西安市

    19日、秦漢櫟陽城遺跡から出土した土器片に刻まれた「櫟陽」の2文字。中国陝西省西安市閻良区にある秦漢櫟陽(れきよう)城遺跡でこのほど、新たな発見があった。3号古城と呼ばれる地域から、浴室や壁炉(暖炉)、かまどなどの遺構が多数見つかった。2千年以上前の秦漢時代の都城にあった後宮の跡ではないかと推測される。(西安=新華社記者/楊一苗)= 配信日: 2020(令和2)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月23日
    元寇船のいかり引き揚げへ

    長崎・鷹島神崎遺跡

  • 2020年12月23日
    元寇船のいかり引き揚げへ

    長崎・鷹島神崎遺跡

  • 2020年12月23日
    元寇船のいかり引き揚げへ

    長崎・鷹島神崎遺跡

  • 2020年12月23日
    元寇船のいかり引き揚げへ

    長崎・鷹島神崎遺跡

  • 2020年12月22日
    (6)冬笋壩遺跡で船棺墓が集中出土重慶市

    16日、冬笋壩遺跡で出土した銅剣。中国重慶市文化遺産研究院と同市九竜坡区文物管理所からなる考古学調査隊はこのほど、九竜坡区の冬笋壩(とうじゅんは)遺跡の段階的な発掘作業を完了した。遺跡からは墓葬が集中的に分布するエリアが見つかり、幾つかの代表性のある墓を発掘した。中でも「船棺」と呼ばれる船形のひつぎを用いた墓が1957年以降で初めて集中的に出土した。(重慶=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月22日
    (2)台州市で宋代の重要窯炉遺跡見つかる浙江省

    沙埠窯遺跡で見つかった窯跡の排煙室(部分)。(資料写真)中国浙江省台州市黄岩区はこのほど、台州地区の海のシルクロード史跡の一つで、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化材に相当)に指定される沙埠窯遺跡の発掘調査で大きな成果が得られたと明らかにした。遺跡は沙埠鎮と高橋街道の間にあり、竹家嶺、鳳凰山、下山頭など七つの窯跡からなる。同省でこれまで発掘された宋代の窯跡の中で、保存状態が最も良く、構造もはっきりしている。(台州=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月22日
    (3)台州市で宋代の重要窯炉遺跡見つかる浙江省

    沙埠窯遺跡から出土した飴釉執壺(あめゆうしっこ)。(資料写真)中国浙江省台州市黄岩区はこのほど、台州地区の海のシルクロード史跡の一つで、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化材に相当)に指定される沙埠窯遺跡の発掘調査で大きな成果が得られたと明らかにした。遺跡は沙埠鎮と高橋街道の間にあり、竹家嶺、鳳凰山、下山頭など七つの窯跡からなる。同省でこれまで発掘された宋代の窯跡の中で、保存状態が最も良く、構造もはっきりしている。(台州=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月22日
    (2)冬笋壩遺跡で船棺墓が集中出土重慶市

    17日、冬笋壩遺跡で出土した船棺に保護措置を施す発掘スタッフ。中国重慶市文化遺産研究院と同市九竜坡区文物管理所からなる考古学調査隊はこのほど、九竜坡区の冬笋壩(とうじゅんは)遺跡の段階的な発掘作業を完了した。遺跡からは墓葬が集中的に分布するエリアが見つかり、幾つかの代表性のある墓を発掘した。中でも「船棺」と呼ばれる船形のひつぎを用いた墓が1957年以降で初めて集中的に出土した。(重慶=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月22日
    (7)冬笋壩遺跡で船棺墓が集中出土重慶市

    16日、冬笋壩遺跡の88号墓で出土した銅鉞(どうえつ)。中国重慶市文化遺産研究院と同市九竜坡区文物管理所からなる考古学調査隊はこのほど、九竜坡区の冬笋壩(とうじゅんは)遺跡の段階的な発掘作業を完了した。遺跡からは墓葬が集中的に分布するエリアが見つかり、幾つかの代表性のある墓を発掘した。中でも「船棺」と呼ばれる船形のひつぎを用いた墓が1957年以降で初めて集中的に出土した。(重慶=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月22日
    (3)冬笋壩遺跡で船棺墓が集中出土重慶市

    17日、冬笋壩遺跡の88号墓で出土した副葬品の一部。中国重慶市文化遺産研究院と同市九竜坡区文物管理所からなる考古学調査隊はこのほど、九竜坡区の冬笋壩(とうじゅんは)遺跡の段階的な発掘作業を完了した。遺跡からは墓葬が集中的に分布するエリアが見つかり、幾つかの代表性のある墓を発掘した。中でも「船棺」と呼ばれる船形のひつぎを用いた墓が1957年以降で初めて集中的に出土した。(重慶=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月22日
    (5)冬笋壩遺跡で船棺墓が集中出土重慶市

    16日、冬笋壩遺跡で出土した銅釜甑(どうふそう)。中国重慶市文化遺産研究院と同市九竜坡区文物管理所からなる考古学調査隊はこのほど、九竜坡区の冬笋壩(とうじゅんは)遺跡の段階的な発掘作業を完了した。遺跡からは墓葬が集中的に分布するエリアが見つかり、幾つかの代表性のある墓を発掘した。中でも「船棺」と呼ばれる船形のひつぎを用いた墓が1957年以降で初めて集中的に出土した。(重慶=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...