KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 記者
  • 平成
  • 空撮
  • ドローン
  • ムー
  • 景色
  • 景観
  • 風景
  • 構成
  • 生態系

「昌黎」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
15
( 1 15 件を表示)
  • 1
15
( 1 15 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2018年04月24日
    農繁期で忙しい「ぶどうの里」河北昌黎県

    24日、ビニールハウスでぶどうの管理に励む河北省昌黎県泥井鎮の果物農家、劉福山さん。気温の上昇に伴い、「中国ワイン用ぶどうの里」の美名をもつ中国河北省昌黎県の果物農家は農繁期に入り、ぶどうの蔓の手入れを始め、まもなく出荷する温室ぶどうの栽培管理に力を入れている。現在、同県のワイン用ぶどうと生食用ぶどうの栽培面積は5万ムー(約3333ヘクタール)で、年間生産額は3億余元(1元=約17円)となっている。(石家荘=新華社記者/楊世堯)=2018(平成30)年4月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018042600332

  • 2018年04月24日
    農繁期で忙しい「ぶどうの里」河北昌黎県

    24日、河北省昌黎県泥井鎮で、ワイン用ぶどう畑を耕す農家の人。気温の上昇に伴い、「中国ワイン用ぶどうの里」の美名をもつ中国河北省昌黎県の果物農家は農繁期に入り、ぶどうの蔓の手入れを始め、まもなく出荷する温室ぶどうの栽培管理に力を入れている。現在、同県のワイン用ぶどうと生食用ぶどうの栽培面積は5万ムー(約3333ヘクタール)で、年間生産額は3億余元(1元=約17円)となっている。(石家荘=新華社記者/楊世堯)=2018(平成30)年4月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018042600341

  • 2018年04月24日
    農繁期で忙しい「ぶどうの里」河北昌黎県

    24日、ビニールハウスでぶどうの管理に励む河北省昌黎県泥井鎮の果物農家、劉爽さん(左)夫婦。気温の上昇に伴い、「中国ワイン用ぶどうの里」の美名をもつ中国河北省昌黎県の果物農家は農繁期に入り、ぶどうの蔓の手入れを始め、まもなく出荷する温室ぶどうの栽培管理に力を入れている。現在、同県のワイン用ぶどうと生食用ぶどうの栽培面積は5万ムー(約3333ヘクタール)で、年間生産額は3億余元(1元=約17円)となっている。(石家荘=新華社記者/楊世堯)=2018(平成30)年4月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018042600343

  • 2018年04月24日
    農繁期で忙しい「ぶどうの里」河北昌黎県

    24日、河北省昌黎県泥井鎮で、一面に広がるワイン用ぶどう畑。気温の上昇に伴い、「中国ワイン用ぶどうの里」の美名をもつ中国河北省昌黎県の果物農家は農繁期に入り、ぶどうの蔓の手入れを始め、まもなく出荷する温室ぶどうの栽培管理に力を入れている。現在、同県のワイン用ぶどうと生食用ぶどうの栽培面積は5万ムー(約3333ヘクタール)で、年間生産額は3億余元(1元=約17円)となっている。(石家荘=新華社記者/楊世堯)=2018(平成30)年4月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018042600357

  • 2018年08月18日
    廃棄鉱山が「生態系を構成する金の山」に変身河北昌黎

    18日、観賞用の樹木と食用ブドウが多く栽培されている昌黎県の鉱坑公園。(小型無人機から)中国河北省昌黎県はここ数年、生態保護優先の原則を堅持し、芝生の設置や網の上からのミスト噴霧・散水といった生態修復技術を取り入れ、採掘後に残された鉱坑や破壊された山への復旧作業を実施してきた。それにより、同県では被覆物の破壊、土壌侵食などの生態系問題を解決するとともに、経済効果を得ることができた。(石家荘=新華社記者/楊世尭)=2018(平成30)年8月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018082317059

  • 2018年08月18日
    廃棄鉱山が「生態系を構成する金の山」に変身河北昌黎

    18日、観賞用の樹木と食用ブドウが多く栽培されている昌黎県の鉱坑公園。(小型無人機から)中国河北省昌黎県はここ数年、生態保護優先の原則を堅持し、芝生の設置や網の上からのミスト噴霧・散水といった生態修復技術を取り入れ、採掘後に残された鉱坑や破壊された山への復旧作業を実施してきた。それにより、同県では被覆物の破壊、土壌侵食などの生態系問題を解決するとともに、経済効果を得ることができた。(石家荘=新華社記者/楊世尭)=2018(平成30)年8月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018082317144

  • 2018年08月18日
    廃棄鉱山が「生態系を構成する金の山」に変身河北昌黎

    18日、観賞用の樹木と食用ブドウが多く栽培されている昌黎県の鉱坑公園。(小型無人機から)中国河北省昌黎県はここ数年、生態保護優先の原則を堅持し、芝生の設置や網の上からのミスト噴霧・散水といった生態修復技術を取り入れ、採掘後に残された鉱坑や破壊された山への復旧作業を実施してきた。それにより、同県では被覆物の破壊、土壌侵食などの生態系問題を解決するとともに、経済効果を得ることができた。(石家荘=新華社記者/楊世尭)=2018(平成30)年8月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018082317510

  • 2018年08月18日
    廃棄鉱山が「生態系を構成する金の山」に変身河北昌黎

    18日、観賞用の樹木と食用ブドウが多く栽培されている昌黎県の鉱坑公園。(小型無人機から)中国河北省昌黎県はここ数年、生態保護優先の原則を堅持し、芝生の設置や網の上からのミスト噴霧・散水といった生態修復技術を取り入れ、採掘後に残された鉱坑や破壊された山への復旧作業を実施してきた。それにより、同県では被覆物の破壊、土壌侵食などの生態系問題を解決するとともに、経済効果を得ることができた。(石家荘=新華社記者/楊世尭)=2018(平成30)年8月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018082317213

  • 2018年08月19日
    廃棄鉱山が「生態系を構成する金の山」に変身河北昌黎

    19日、廃棄鉱坑のあった土地を開墾してつくられた昌黎県のワイナリー。(小型無人機から)中国河北省昌黎県はここ数年、生態保護優先の原則を堅持し、芝生の設置や網の上からのミスト噴霧・散水といった生態修復技術を取り入れ、採掘後に残された鉱坑や破壊された山への復旧作業を実施してきた。それにより、同県では被覆物の破壊、土壌侵食などの生態系問題を解決するとともに、経済効果を得ることができた。(石家荘=新華社記者/楊世尭)=2018(平成30)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018082317009

  • 2018年11月28日
    トウモロコシのわらで作った迷路が人気河北省昌黎県

    28日、昌黎県劉台荘鎮白棗林村で空から撮影したトウモロコシのわらで作った迷路。(小型無人機から)中国河北省秦皇島(しんのうとう)市昌黎(しょうれい)県劉台荘(りゅうたいそう)鎮白棗林(はくそうりん)村にある収穫後の畑でこのほど、トウモロコシのわらで作った10ムー(約0・67ヘクタール)に広がる迷路が公開され、大勢の観光客が訪れている。(石家荘=新華社記者/楊世尭)=2018(平成30)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018120310320

  • 2018年11月28日
    トウモロコシのわらで作った迷路が人気河北省昌黎県

    28日、昌黎県劉台荘鎮白棗林村で、トウモロコシのわらで作った迷路を楽しむ観光客。(小型無人機から)中国河北省秦皇島(しんのうとう)市昌黎(しょうれい)県劉台荘(りゅうたいそう)鎮白棗林(はくそうりん)村にある収穫後の畑でこのほど、トウモロコシのわらで作った10ムー(約0・67ヘクタール)に広がる迷路が公開され、大勢の観光客が訪れている。(石家荘=新華社記者/楊世尭)=2018(平成30)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018120310455

  • 02:21.91
    2019年11月30日
    「新華社」「酔わせる」技術を競うコンテストソムリエと醸造家が対決河北省

    中国河北省秦皇島市昌黎県で11月30日、第1回河北秦皇島ワイン職業技能コンテストが行われ、北京市、天津市、浙江省および河北省張家口市、秦皇島市などから参加した選手97人が、日頃鍛えた技を競い合った。コンテストはソムリエ、醸造家の2種目に分かれ、ブドウ栽培、醸造、テイスティングといったワイン業界の広範囲に及ぶスキルを含む理論面のテストと実技テストの2つで構成されている。同県は中国で有名な「ブドウの里」で、ブドウ栽培では400年以上の歴史がある。新中国成立後の初のワインは、1983年にこの地で生まれた。(記者/曲瀾娟)<映像内容>第1回河北秦皇島ワイン職業技能コンテストの様子、撮影日:2019(令和元)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120407132

  • 01:05.20
    2020年06月12日
    「新華社」カラアカシタビラメの稚魚20万匹を渤海に放流河北省秦皇島市

    中国河北省秦皇島市昌黎県の灤河口(らんがこう)ふ頭で12日、渤海の伏季休漁期(一年で最も暑い時期に当たる「三伏」中の休漁期間)を利用した増殖放流活動が行われた。同省漁政執法総隊と秦皇島市海洋・漁業局の指導の下、地元漁師がカラアカシタビラメ(学名:Cynoglossussemilaevis)の稚魚20万匹を漁船に積み、秦皇島海域に放流した。増殖放流は海洋の生物資源を豊かにし、生態系を回復させるとともに、地元の漁師に増産と増収をもたらすことができる。(記者/郭雅茹)<映像内容>渤海の休漁期間にカラアカシタビラメを放流する様子、撮影日:2020(令和2)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061706267

  • 00:50.47
    2021年03月06日
    「新華社」うっすらと雪化粧した水岩寺河北省昌黎県

    気温が上がり、少しずつ春らしくなってきた中国河北省秦皇島市昌黎(しょうれい)県でこのほど、雪が降り、碣石山のふもとにある水岩寺では、アブラマツやヒノキ、昔ながらの建物などがうっすらと雪化粧した。(記者/高博) =配信日: 2021(令和3)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030804219

  • 2021年05月03日
    (16)唐代の文人、韓愈を祭る韓文公祠を訪ねて広東省潮州市

    4月23日、韓文公祠の主祠に残る北宋の詩人、蘇軾(そ・しょく)の書いた字が刻まれた「潮州昌黎伯韓文公廟碑」。中国広東省潮州(ちょうしゅう)市の韓文公祠は、同省東部を流れる韓江の東岸にそびえる筆架山(韓山)の西麓にあり、中国に現存する最も歴史が古く、最も完全な状態で残る、唐代の文人、韓愈(かん・ゆ)を祭る祠堂(しどう)として知られる。歴代の碑刻40点が保存されており、潮州の文化と歴史を理解する上で貴重な資料となっている。同祠は潮州の古代建築芸術の模範とされてきた。韓祠景勝地は敷地面積134・64ムー(約9ヘクタール)、建物群の総面積は1万1868平方メートルを超える。北宋の咸平2(999)年に創建された同祠は当初、金山の麓に建てられたが、南宋の淳熙16(1189)年に当時の知州(州の長官)によって韓山の現在の場所に移され、以来800年以上の歴史を重ねてきた。(潮州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021050704694

  • 1