KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 記者
  • 令和
  • しん
  • 京劇
  • 平成
  • 発展
  • 観衆
  • 東京
  • 詩人
  • しょうへい

「明初」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
40
( 1 40 件を表示)
  • 1
40
( 1 40 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • -
    Manco Capac (13th century). First governor and founder of the Inca civilization. Anonymous painting.

    Manco Capac (13th century). First governor and founder of the Inca civilization. Anonymous painting.、クレジット:Album/Prisma/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2019091705739

  • -
    MSR-1-PREOHEMIUM-CODICE CON INICIAL DONDE APARECE ESTABON.FOL1-1456-GEOGRAFO GRIEGO. ESTRABON.

    キーワード:エル・グレコ、画家、MSR-1-PREOHEMIUM-CODICE CON INICIAL DONDE APARECE ESTABON.FOL1-1456-GEOGRAFO GRIEGO. Author: ESTRABON. Location: MONASTERIO-BIBLIOTECA-COLECCION. SAN LORENZO DEL ESCORIAL. MADRID. SPAIN.、クレジット:Album/Oronoz/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2019101609651

  • -
    ARTE OTONIANO.

    ARTE OTONIANO. SIGLO X. FRANCIA. RELICARIO DE SANTA FE DE CONQUES. Estatua con interior de madera recubierta totalmente de oro, plata y joyas de distinta época. Son notables los esmaltes de la corona con piedras preciosas encastadas. Se identifican materiales del bajo imperio romano, bizantinos y carolingios.、クレジット:Album/J.D. Dallet/Prisma/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2020042304903

  • -
    Eastern Mediterranean Civilizations.

    Eastern Mediterranean Civilizations. Ebla. Syrian city of III millennium BC. Capital of the Semitic Kingdom. Files of Lower City. Syria.、クレジット:Album/Prisma/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2020051306176

  • 1989年08月08日
    法人化JOCの堤初代会長 体協からの完全独立が狙い

    共同通信との会見に応じた法人化JOCの堤義明初代会長

    商品コード: 1989080800036

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2008年10月01日
    金子国交相と本保長官 観光庁、運輸安全委が発足

    観光庁の看板除幕式で握手する本保芳明初代長官(左)と金子国交相=1日午前、東京・霞が関

    商品コード: 2008100100069

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2008年10月01日
    握手する国交相と初代長官 観光庁、運輸安全委が発足

    観光庁の看板の前で握手する本保芳明初代長官(右から2人目)と金子国交相=1日午前、東京・霞が関

    商品コード: 2008100100072

  • 2012年07月24日
    笑顔で練習するなでしこ なでしこ、あす未明初陣

    カナダとの初戦に向けた練習で、笑顔を見せるサッカー女子日本代表の(左から)宮間、阪口、沢、大野、近賀、丸山=24日、コベントリーの練習会場(共同)(宮間あや、阪口夢穂、澤穂希、大野忍、近賀ゆかり、丸山桂里奈)

    商品コード: 2012072400616

  • 2012年07月24日
    試合会場のパノラマ なでしこ、あす未明初陣

    サッカー女子日本代表がカナダとの初戦を行うコベントリー競技場=23日(10枚掛け合わせのパノラマ写真)(共同)

    商品コード: 2012072400622

  • 2012年07月24日
    五輪マークと沢 なでしこ、あす未明初陣

    カナダとの初戦に向けた練習を終え、笑顔を見せる沢=24日、コベントリーの練習会場(共同)(澤穂希)

    商品コード: 2012072400686

  • 2015年10月01日
    辞令交付される渡辺長官 防衛装備庁が発足

    防衛装備庁が発足し、中谷防衛相(右端)から辞令を交付される渡辺秀明初代長官(左端)=1日午前、防衛省

    商品コード: 2015100100110

  • 2018年10月14日
    没入型昆曲「浮生六記」、蘇州の名園滄浪亭で上演

    14日、滄浪亭の庭園の中で昆曲「浮生六記」を演じる出演者。没入型園林版昆曲(注1)「浮生六記」(注2)の通し上演が14日夜、中国江蘇省蘇州市の滄浪亭(そうろうてい、獅子林や拙政園、留園と合わせて、蘇州の四大名園と称される)で行われた。観衆は、出演者が本当の庭園の中で移動したり止まったりして行う演技をバーチャルリアリティーの「没入型環境」のように感じて浸り込み、昆曲の美しいメロディーを聴きながら、詩趣に富む庭園の景色を味わった。(蘇州=新華社配信/徐志強)注1昆曲とは、京劇より古い演劇形式で、元末から明初、江蘇省昆山一帯に生まれた戯曲。注2「浮生六記」とは、清代の文人・沈復(しん・ふく)が、亡き妻である陳芸(ちん・うん)との幸せな結婚の日々を回想しつつ、自らの人生についてまとめた自伝。=2018(平成30)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101801612

  • 2018年10月14日
    没入型昆曲「浮生六記」、蘇州の名園滄浪亭で上演

    14日、滄浪亭の庭園の中で昆曲「浮生六記」を演じる出演者。没入型園林版昆曲(注1)「浮生六記」(注2)の通し上演が14日夜、中国江蘇省蘇州市の滄浪亭(そうろうてい、獅子林や拙政園、留園と合わせて、蘇州の四大名園と称される)で行われた。観衆は、出演者が本当の庭園の中で移動したり止まったりして行う演技をバーチャルリアリティーの「没入型環境」のように感じて浸り込み、昆曲の美しいメロディーを聴きながら、詩趣に富む庭園の景色を味わった。(蘇州=新華社配信/徐志強)注1昆曲とは、京劇より古い演劇形式で、元末から明初、江蘇省昆山一帯に生まれた戯曲。注2「浮生六記」とは、清代の文人・沈復(しん・ふく)が、亡き妻である陳芸(ちん・うん)との幸せな結婚の日々を回想しつつ、自らの人生についてまとめた自伝。=2018(平成30)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101801605

  • 2018年10月14日
    没入型昆曲「浮生六記」、蘇州の名園滄浪亭で上演

    14日、滄浪亭の庭園の中で昆曲「浮生六記」を演じる出演者。没入型園林版昆曲(注1)「浮生六記」(注2)の通し上演が14日夜、中国江蘇省蘇州市の滄浪亭(そうろうてい、獅子林や拙政園、留園と合わせて、蘇州の四大名園と称される)で行われた。観衆は、出演者が本当の庭園の中で移動したり止まったりして行う演技をバーチャルリアリティーの「没入型環境」のように感じて浸り込み、昆曲の美しいメロディーを聴きながら、詩趣に富む庭園の景色を味わった。(蘇州=新華社配信/徐志強)注1昆曲とは、京劇より古い演劇形式で、元末から明初、江蘇省昆山一帯に生まれた戯曲。注2「浮生六記」とは、清代の文人・沈復(しん・ふく)が、亡き妻である陳芸(ちん・うん)との幸せな結婚の日々を回想しつつ、自らの人生についてまとめた自伝。=2018(平成30)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101801357

  • 2018年10月23日
    上海崑劇団、早稲田大学で崑劇の名作を上演

    23日、早稲田大学で崑劇「虎嚢弾・山亭」の一部を披露する上海昆劇団の俳優。上海昆劇団の俳優が23日、日本の早稲田大学で崑劇(注1)の名作の「扈家荘」(こかそう)(注2)や「虎嚢弾・山亭」(このうだん・さんてい)(注3)、「玉簪記・琴挑」(ぎょくさんき・きんちょう)(注4)の一部を披露し、観衆から大きな拍手と歓声を浴びた。(東京=新華社記者/杜瀟逸)注1崑劇とは、江蘇省崑山一帯に生まれた演劇形式。京劇より古く、元末から明初にかけてこの地で流行した形式を基に、明代に成立した。注2「扈家荘」は、「水滸伝」(すいこでん)の中の、扈三娘(こさんじょう)を中心に展開する物語。扈家荘というのは、「扈一族の村」という意味。注3「虎嚢弾・山亭」は、「水滸伝」(すいこでん)の中の、魯智深(ろ・ちしん)の「酔打山門」を中心に展開する物語。注4「玉簪記」は明代の高濂(こう・れん)の作品。南宋時代の読書人、潘必正(はん・ひっせい)と陳妙常(ちん・みょうじょう)との偶然の出会いと恋愛の物語を描いたもの。「琴挑」(きんちょう)は新版「玉簪記」の一幕。=2018(平成30)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018103000141

  • 2018年10月23日
    上海崑劇団、早稲田大学で崑劇の名作を上演

    23日、早稲田大学で崑劇「玉簪記・琴挑」の一部を披露する上海昆劇団の俳優。上海昆劇団の俳優が23日、日本の早稲田大学で崑劇(注1)の名作の「扈家荘」(こかそう)(注2)や「虎嚢弾・山亭」(このうだん・さんてい)(注3)、「玉簪記・琴挑」(ぎょくさんき・きんちょう)(注4)の一部を披露し、観衆から大きな拍手と歓声を浴びた。(東京=新華社記者/杜瀟逸)注1崑劇とは、江蘇省崑山一帯に生まれた演劇形式。京劇より古く、元末から明初にかけてこの地で流行した形式を基に、明代に成立した。注2「扈家荘」は、「水滸伝」(すいこでん)の中の、扈三娘(こさんじょう)を中心に展開する物語。扈家荘というのは、「扈一族の村」という意味。注3「虎嚢弾・山亭」は、「水滸伝」(すいこでん)の中の、魯智深(ろ・ちしん)の「酔打山門」を中心に展開する物語。注4「玉簪記」は明代の高濂(こう・れん)の作品。南宋時代の読書人、潘必正(はん・ひっせい)と陳妙常(ちん・みょうじょう)との偶然の出会いと恋愛の物語を描いたもの。「琴挑」(きんちょう)は新版「玉簪記」の一幕。=2018(平成30)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018103000103

  • 2018年10月23日
    上海崑劇団、早稲田大学で崑劇の名作を上演

    23日、早稲田大学で崑劇「扈家庄」の一部を披露する上海崑劇団の俳優。上海昆劇団の俳優が23日、日本の早稲田大学で崑劇(注1)の名作の「扈家荘」(こかそう)(注2)や「虎嚢弾・山亭」(このうだん・さんてい)(注3)、「玉簪記・琴挑」(ぎょくさんき・きんちょう)(注4)の一部を披露し、観衆から大きな拍手と歓声を浴びた。(東京=新華社記者/杜瀟逸)注1崑劇とは、江蘇省崑山一帯に生まれた演劇形式。京劇より古く、元末から明初にかけてこの地で流行した形式を基に、明代に成立した。注2「扈家荘」は、「水滸伝」(すいこでん)の中の、扈三娘(こさんじょう)を中心に展開する物語。扈家荘というのは、「扈一族の村」という意味。注3「虎嚢弾・山亭」は、「水滸伝」(すいこでん)の中の、魯智深(ろ・ちしん)の「酔打山門」を中心に展開する物語。注4「玉簪記」は明代の高濂(こう・れん)の作品。南宋時代の読書人、潘必正(はん・ひっせい)と陳妙常(ちん・みょうじょう)との偶然の出会いと恋愛の物語を描いたもの。「琴挑」(きんちょう)は新版「玉簪記」の一幕。=2018(平成30)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018103000121

  • 2018年10月23日
    上海崑劇団、早稲田大学で崑劇の名作を上演

    23日、早稲田大学で崑劇「虎嚢弾・山亭」の一部を披露する上海昆劇団の俳優。上海昆劇団の俳優が23日、日本の早稲田大学で崑劇(注1)の名作の「扈家荘」(こかそう)(注2)や「虎嚢弾・山亭」(このうだん・さんてい)(注3)、「玉簪記・琴挑」(ぎょくさんき・きんちょう)(注4)の一部を披露し、観衆から大きな拍手と歓声を浴びた。(東京=新華社記者/杜瀟逸)注1崑劇とは、江蘇省崑山一帯に生まれた演劇形式。京劇より古く、元末から明初にかけてこの地で流行した形式を基に、明代に成立した。注2「扈家荘」は、「水滸伝」(すいこでん)の中の、扈三娘(こさんじょう)を中心に展開する物語。扈家荘というのは、「扈一族の村」という意味。注3「虎嚢弾・山亭」は、「水滸伝」(すいこでん)の中の、魯智深(ろ・ちしん)の「酔打山門」を中心に展開する物語。注4「玉簪記」は明代の高濂(こう・れん)の作品。南宋時代の読書人、潘必正(はん・ひっせい)と陳妙常(ちん・みょうじょう)との偶然の出会いと恋愛の物語を描いたもの。「琴挑」(きんちょう)は新版「玉簪記」の一幕。=2018(平成30)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018103000123

  • 2018年10月23日
    上海崑劇団、早稲田大学で崑劇の名作を上演

    23日、早稲田大学で崑劇「玉簪記・琴挑」の一部を披露する上海昆劇団の俳優。上海昆劇団の俳優が23日、日本の早稲田大学で崑劇(注1)の名作の「扈家荘」(こかそう)(注2)や「虎嚢弾・山亭」(このうだん・さんてい)(注3)、「玉簪記・琴挑」(ぎょくさんき・きんちょう)(注4)の一部を披露し、観衆から大きな拍手と歓声を浴びた。(東京=新華社記者/杜瀟逸)注1崑劇とは、江蘇省崑山一帯に生まれた演劇形式。京劇より古く、元末から明初にかけてこの地で流行した形式を基に、明代に成立した。注2「扈家荘」は、「水滸伝」(すいこでん)の中の、扈三娘(こさんじょう)を中心に展開する物語。扈家荘というのは、「扈一族の村」という意味。注3「虎嚢弾・山亭」は、「水滸伝」(すいこでん)の中の、魯智深(ろ・ちしん)の「酔打山門」を中心に展開する物語。注4「玉簪記」は明代の高濂(こう・れん)の作品。南宋時代の読書人、潘必正(はん・ひっせい)と陳妙常(ちん・みょうじょう)との偶然の出会いと恋愛の物語を描いたもの。「琴挑」(きんちょう)は新版「玉簪記」の一幕。=2018(平成30)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018103000099

  • 2018年10月23日
    上海崑劇団、早稲田大学で崑劇の名作を上演

    23日、早稲田大学で崑劇「扈家庄」の一部を披露する上海崑劇団の俳優。上海昆劇団の俳優が23日、日本の早稲田大学で崑劇(注1)の名作の「扈家荘」(こかそう)(注2)や「虎嚢弾・山亭」(このうだん・さんてい)(注3)、「玉簪記・琴挑」(ぎょくさんき・きんちょう)(注4)の一部を披露し、観衆から大きな拍手と歓声を浴びた。(東京=新華社記者/杜瀟逸)注1崑劇とは、江蘇省崑山一帯に生まれた演劇形式。京劇より古く、元末から明初にかけてこの地で流行した形式を基に、明代に成立した。注2「扈家荘」は、「水滸伝」(すいこでん)の中の、扈三娘(こさんじょう)を中心に展開する物語。扈家荘というのは、「扈一族の村」という意味。注3「虎嚢弾・山亭」は、「水滸伝」(すいこでん)の中の、魯智深(ろ・ちしん)の「酔打山門」を中心に展開する物語。注4「玉簪記」は明代の高濂(こう・れん)の作品。南宋時代の読書人、潘必正(はん・ひっせい)と陳妙常(ちん・みょうじょう)との偶然の出会いと恋愛の物語を描いたもの。「琴挑」(きんちょう)は新版「玉簪記」の一幕。=2018(平成30)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018103000122

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月13日
    (35)各地に残る伝統の美、中国の古塔を巡る

    北京市昌平区の居庸関(きょようかん)関城内にある居庸関過街塔。雲台とも呼ばれる。元の至正5(1345)年に建てられ、本来は3基の白い覆鉢式塔があったが、元末明初の地震で倒壊し、基壇だけが残る。基壇は漢白玉を高さ9・5メートルまで積み上げており、中央のアーチ型門の内壁には漢字とチベット文字、西夏文字、サンスクリット文字、ウイグル文字、パスパ文字の6種類の経文が刻まれている。精緻な各種レリーフも残されており、元代建築と彫刻芸術の傑作とされる。(2015年8月28日撮影)塔はインドから中国に伝来した建築様式で、当初は仏骨や仏像、経典、僧侶の遺体などを安置する場所として使われたが、徐々に中国の伝統文化と融合し、特定の形式や風格を持つ伝統建築へと発展した。歴代の名工、名匠らは数千年の歴史の中で、中国古来の楼や閣、亭、台などの建築技法を用い、多種多様な塔を建造してきた。今ではその多くが景勝地を構成する重要な要素となっており、中でも著名な古塔は、都市や地域のシンボルとして市民に親しまれている。(北京=新華社記者/王頌)=配信日:2020(令和2)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020121506534

  • 00:58.50
    2021年02月16日
    「新華社」遵義市で発見の大型墓群、元・明期のものと確認貴州省

    中国貴州省遵義市新蒲新区蝦子鎮で2020年7月に発見された大型墓群は、半年以上の発掘研究の結果、大半が元・明時代のものと確認された。考古スタッフは22基の墓を発掘し、それぞれM1~M22と命名。21基は石室墓、1基は竪穴土坑墓だった。石室墓はさらに竪穴石室墓と横穴石室墓、改葬墓の3種類に分類された。石室墓は、不規則な石板と大量の石灰を組み合わせて築かれ、墓門もなく形状が石棺墓に似ているものが一部で見られたほか、多くの石板を積み上げた比較的複雑な構造を持ち、藻井(そうせい、装飾天井)などの特殊構造を持つものもあった。墓室は長い年月を経ているため損傷が激しく、一部の墓室からのみ人骨と数点の遺物が出土した。うちM1号墓の墓室は同墓異穴式の夫妻双室合葬墓で、体系的な構造を持ち、墓門や棺床、排水溝、壁龕(へきがん)、藻井などが設けられていた。石壁には、花弁文と纏枝文(てんしもん、唐草文)が上下互い違いに施されていた。墓室の状況から被葬者は当時の富裕層か貴族で、高い身分の人物であったと推察されるが、墓室は二つとも盗掘によりひどく損傷しており、人骨もなく出土品も棺釘2本だけだったことから、身元を特定することはできなかった。貴州省文物考古研究所の考古スタッフ、李奎(り・けい)氏によると、22基の墓のうち藻井を持つのはM1、M6、M9号墓だという。M1号墓の形状は、藻井や案など貴州省北部の宋代墓の特徴の一部を備えているが、宋代墓に比べて簡略化されており、また明代の墓ほど単純化されていないため、両者の過渡期に当たる元代か元末明初のものと推測される。M9号墓は比較的簡略に造られ、藻井構造のみが残されている。M6号墓は藻井のある墓とない墓を含み、藻井のない墓は藻井を持つ墓よりも後に築かれた過渡期の墓に属する。これらの変遷状況から、M9とM6号墓の年代は明代初期と推測される。藻井を持つ3基以外は、6枚の石板からなる単純な石室墓で、墓室の数は単室、双室、三室、五室があり、大きさは大小さまざまで、形状も多様だが、年代はいずれも明代に属するという。(記者/劉智強) =配信日: 2021(令和3)年2月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021700105

  • 00:54.42
    2021年03月30日
    「新華社」太行山脈の村「禅房花木深し」河北省武安市

    中国河北省武安市西部の太行山脈地区に「禅房」という名の村がある。春になると山一面に梅の花が咲き乱れ、唐代の詩人・常建(じょう・けん)の詩の一句「禅房花木深(禅房花木深し)」の境地を彷彿(ほうふつ)させる。訪れる観光客も後を絶たないという。村にある禅房寺は元末明初の創建で、同省の重点文物保護単位(重要文化財に相当)に指定されている。同村はここ数年、歴史文化旧跡と梅の花の景観をよりどころに観光事業を発展させ、農村振興を効果的に進めている。(記者/岳文婷) =配信日: 2021(令和3)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021033006810

  • 2021年05月08日
    Qingzhou, Shandong: Beautiful night in the ancient city in early summer

    May 7, 2021, Qingzhou, Qingzhou, China: On May 7, 2021, tourists will enjoy the night view in the scenic spot of Qingzhou Ancient City in Shandong Province. In the early summer, the scenic spot of Qingzhou Ancient City in Shandong Province was brightly lit and radiant. Tourists wandered among them to admire the night view, taste food, and feel the smoke and fire. In recent years, Qingzhou City has done a good job of combining the culture and tourism of the ancient city scenic spot, digging deep into characteristic resources, enriching consumption formats, and launching a series of night economy theme activities, attracting many tourists and citizens to come for leisure. (Credit Image: © SIPA Asia via ZUMA Wire)、クレジット:©SIPA Asia via ZUMA Wire/共同通信イメージズ ※China Rights OUT

    商品コード: 2021052101998

  • 2021年05月08日
    Qingzhou, Shandong: Beautiful night in the ancient city in early summer

    May 7, 2021, Qingzhou, Qingzhou, China: On May 7, 2021, tourists will enjoy the night view in the scenic spot of Qingzhou Ancient City in Shandong Province. In the early summer, the scenic spot of Qingzhou Ancient City in Shandong Province was brightly lit and radiant. Tourists wandered among them to admire the night view, taste food, and feel the smoke and fire. In recent years, Qingzhou City has done a good job of combining the culture and tourism of the ancient city scenic spot, digging deep into characteristic resources, enriching consumption formats, and launching a series of night economy theme activities, attracting many tourists and citizens to come for leisure. (Credit Image: © SIPA Asia via ZUMA Wire)、クレジット:©SIPA Asia via ZUMA Wire/共同通信イメージズ ※China Rights OUT

    商品コード: 2021052100542

  • 2021年05月08日
    Qingzhou, Shandong: Beautiful night in the ancient city in early summer

    May 7, 2021, Qingzhou, Qingzhou, China: On May 7, 2021, tourists will enjoy the night view in the scenic spot of Qingzhou Ancient City in Shandong Province. In the early summer, the scenic spot of Qingzhou Ancient City in Shandong Province was brightly lit and radiant. Tourists wandered among them to admire the night view, taste food, and feel the smoke and fire. In recent years, Qingzhou City has done a good job of combining the culture and tourism of the ancient city scenic spot, digging deep into characteristic resources, enriching consumption formats, and launching a series of night economy theme activities, attracting many tourists and citizens to come for leisure. (Credit Image: © SIPA Asia via ZUMA Wire)、クレジット:©SIPA Asia via ZUMA Wire/共同通信イメージズ ※China Rights OUT

    商品コード: 2021052101995

  • 2021年05月08日
    Qingzhou, Shandong: Beautiful night in the ancient city in early summer

    May 7, 2021, Qingzhou, Qingzhou, China: On May 7, 2021, tourists will enjoy the night view in the scenic spot of Qingzhou Ancient City in Shandong Province. In the early summer, the scenic spot of Qingzhou Ancient City in Shandong Province was brightly lit and radiant. Tourists wandered among them to admire the night view, taste food, and feel the smoke and fire. In recent years, Qingzhou City has done a good job of combining the culture and tourism of the ancient city scenic spot, digging deep into characteristic resources, enriching consumption formats, and launching a series of night economy theme activities, attracting many tourists and citizens to come for leisure. (Credit Image: © SIPA Asia via ZUMA Wire)、クレジット:©SIPA Asia via ZUMA Wire/共同通信イメージズ ※China Rights OUT

    商品コード: 2021052101977

  • 2021年05月08日
    Qingzhou, Shandong: Beautiful night in the ancient city in early summer

    May 7, 2021, Qingzhou, Qingzhou, China: On May 7, 2021, tourists will enjoy the night view in the scenic spot of Qingzhou Ancient City in Shandong Province. In the early summer, the scenic spot of Qingzhou Ancient City in Shandong Province was brightly lit and radiant. Tourists wandered among them to admire the night view, taste food, and feel the smoke and fire. In recent years, Qingzhou City has done a good job of combining the culture and tourism of the ancient city scenic spot, digging deep into characteristic resources, enriching consumption formats, and launching a series of night economy theme activities, attracting many tourists and citizens to come for leisure. (Credit Image: © SIPA Asia via ZUMA Wire)、クレジット:©SIPA Asia via ZUMA Wire/共同通信イメージズ ※China Rights OUT

    商品コード: 2021052100555

  • 2021年05月08日
    Qingzhou, Shandong: Beautiful night in the ancient city in early summer

    May 7, 2021, Qingzhou, Qingzhou, China: On May 7, 2021, tourists will enjoy the night view in the scenic spot of Qingzhou Ancient City in Shandong Province. In the early summer, the scenic spot of Qingzhou Ancient City in Shandong Province was brightly lit and radiant. Tourists wandered among them to admire the night view, taste food, and feel the smoke and fire. In recent years, Qingzhou City has done a good job of combining the culture and tourism of the ancient city scenic spot, digging deep into characteristic resources, enriching consumption formats, and launching a series of night economy theme activities, attracting many tourists and citizens to come for leisure. (Credit Image: © SIPA Asia via ZUMA Wire)、クレジット:©SIPA Asia via ZUMA Wire/共同通信イメージズ ※China Rights OUT

    商品コード: 2021052102002

  • 2021年05月08日
    Qingzhou, Shandong: Beautiful night in the ancient city in early summer

    May 7, 2021, Qingzhou, Qingzhou, China: On May 7, 2021, tourists will enjoy the night view in the scenic spot of Qingzhou Ancient City in Shandong Province. In the early summer, the scenic spot of Qingzhou Ancient City in Shandong Province was brightly lit and radiant. Tourists wandered among them to admire the night view, taste food, and feel the smoke and fire. In recent years, Qingzhou City has done a good job of combining the culture and tourism of the ancient city scenic spot, digging deep into characteristic resources, enriching consumption formats, and launching a series of night economy theme activities, attracting many tourists and citizens to come for leisure. (Credit Image: © SIPA Asia via ZUMA Wire)、クレジット:©SIPA Asia via ZUMA Wire/共同通信イメージズ ※China Rights OUT

    商品コード: 2021052101983

  • 2021年05月08日
    Qingzhou, Shandong: Beautiful night in the ancient city in early summer

    May 7, 2021, Qingzhou, Qingzhou, China: On May 7, 2021, tourists will enjoy the night view in the scenic spot of Qingzhou Ancient City in Shandong Province. In the early summer, the scenic spot of Qingzhou Ancient City in Shandong Province was brightly lit and radiant. Tourists wandered among them to admire the night view, taste food, and feel the smoke and fire. In recent years, Qingzhou City has done a good job of combining the culture and tourism of the ancient city scenic spot, digging deep into characteristic resources, enriching consumption formats, and launching a series of night economy theme activities, attracting many tourists and citizens to come for leisure. (Credit Image: © SIPA Asia via ZUMA Wire)、クレジット:©SIPA Asia via ZUMA Wire/共同通信イメージズ ※China Rights OUT

    商品コード: 2021052101967

  • 2021年05月08日
    Qingzhou, Shandong: Beautiful night in the ancient city in early summer

    May 7, 2021, Qingzhou, Qingzhou, China: On May 7, 2021, tourists will enjoy the night view in the scenic spot of Qingzhou Ancient City in Shandong Province. In the early summer, the scenic spot of Qingzhou Ancient City in Shandong Province was brightly lit and radiant. Tourists wandered among them to admire the night view, taste food, and feel the smoke and fire. In recent years, Qingzhou City has done a good job of combining the culture and tourism of the ancient city scenic spot, digging deep into characteristic resources, enriching consumption formats, and launching a series of night economy theme activities, attracting many tourists and citizens to come for leisure. (Credit Image: © SIPA Asia via ZUMA Wire)、クレジット:©SIPA Asia via ZUMA Wire/共同通信イメージズ ※China Rights OUT

    商品コード: 2021052101990

  • 2021年05月08日
    Qingzhou, Shandong: Beautiful night in the ancient city in early summer

    May 7, 2021, Qingzhou, Qingzhou, China: On May 7, 2021, tourists will enjoy the night view in the scenic spot of Qingzhou Ancient City in Shandong Province. In the early summer, the scenic spot of Qingzhou Ancient City in Shandong Province was brightly lit and radiant. Tourists wandered among them to admire the night view, taste food, and feel the smoke and fire. In recent years, Qingzhou City has done a good job of combining the culture and tourism of the ancient city scenic spot, digging deep into characteristic resources, enriching consumption formats, and launching a series of night economy theme activities, attracting many tourists and citizens to come for leisure. (Credit Image: © SIPA Asia via ZUMA Wire)、クレジット:©SIPA Asia via ZUMA Wire/共同通信イメージズ ※China Rights OUT

    商品コード: 2021052101982

  • 2022年03月24日
    (3)江西財経大学の日本人教師、中国の毛筆作りを体験

    毛筆製作を体験する鈴木高啓さん(右)。(3月3日撮影)日本の岐阜県出身の鈴木高啓さんは、中国江西省南昌市の江西財経大学で日本語教師をしている。鈴木さんは父親の影響を受け、小さい頃から中国文化をこよなく愛してきた。名前の「高啓」も中国元末明初の詩人に由来する。日本の学校では書道が必修科目であり、鈴木さんは大きな期待を抱いて「中国毛筆の里」として知られる同市進賢県文港鎮を訪れ、約千年の伝統を持つ毛筆作りを体験した。同鎮の毛筆製作技法は国家級無形文化遺産の代表的項目リストに登録されている。無形文化遺産の伝承者、李小平(り・しょうへい)さんによると、中国と日本では製作技法に一定の違いがある。日本の毛筆は現在も中国古代の製作技法をかなりとどめており、その技法を家族で継承していることが多い。一方中国では、科挙試験によって毛筆業界が広く発展し、徐々に現在の工場製作の形に変わってきた。(南昌=新華社記者/彭菁)= 配信日: 2022(令和4)年3月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032500779

  • 2022年03月24日
    (6)江西財経大学の日本人教師、中国の毛筆作りを体験

    毛筆製作を見学する鈴木高啓さん(左)。(3月3日撮影)日本の岐阜県出身の鈴木高啓さんは、中国江西省南昌市の江西財経大学で日本語教師をしている。鈴木さんは父親の影響を受け、小さい頃から中国文化をこよなく愛してきた。名前の「高啓」も中国元末明初の詩人に由来する。日本の学校では書道が必修科目であり、鈴木さんは大きな期待を抱いて「中国毛筆の里」として知られる同市進賢県文港鎮を訪れ、約千年の伝統を持つ毛筆作りを体験した。同鎮の毛筆製作技法は国家級無形文化遺産の代表的項目リストに登録されている。無形文化遺産の伝承者、李小平(り・しょうへい)さんによると、中国と日本では製作技法に一定の違いがある。日本の毛筆は現在も中国古代の製作技法をかなりとどめており、その技法を家族で継承していることが多い。一方中国では、科挙試験によって毛筆業界が広く発展し、徐々に現在の工場製作の形に変わってきた。(南昌=新華社記者/陳毓珊)= 配信日: 2022(令和4)年3月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032500781

  • 2022年03月24日
    (4)江西財経大学の日本人教師、中国の毛筆作りを体験

    江西省南昌市の中国毛筆文化博物館を見学する鈴木高啓さん。(3月3日撮影)日本の岐阜県出身の鈴木高啓さんは、中国江西省南昌市の江西財経大学で日本語教師をしている。鈴木さんは父親の影響を受け、小さい頃から中国文化をこよなく愛してきた。名前の「高啓」も中国元末明初の詩人に由来する。日本の学校では書道が必修科目であり、鈴木さんは大きな期待を抱いて「中国毛筆の里」として知られる同市進賢県文港鎮を訪れ、約千年の伝統を持つ毛筆作りを体験した。同鎮の毛筆製作技法は国家級無形文化遺産の代表的項目リストに登録されている。無形文化遺産の伝承者、李小平(り・しょうへい)さんによると、中国と日本では製作技法に一定の違いがある。日本の毛筆は現在も中国古代の製作技法をかなりとどめており、その技法を家族で継承していることが多い。一方中国では、科挙試験によって毛筆業界が広く発展し、徐々に現在の工場製作の形に変わってきた。(南昌=新華社記者/彭菁)= 配信日: 2022(令和4)年3月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032500777

  • 2022年03月24日
    (1)江西財経大学の日本人教師、中国の毛筆作りを体験

    江西省南昌市の中国毛筆文化博物館を見学する鈴木高啓さん。(3月3日撮影)日本の岐阜県出身の鈴木高啓さんは、中国江西省南昌市の江西財経大学で日本語教師をしている。鈴木さんは父親の影響を受け、小さい頃から中国文化をこよなく愛してきた。名前の「高啓」も中国元末明初の詩人に由来する。日本の学校では書道が必修科目であり、鈴木さんは大きな期待を抱いて「中国毛筆の里」として知られる同市進賢県文港鎮を訪れ、約千年の伝統を持つ毛筆作りを体験した。同鎮の毛筆製作技法は国家級無形文化遺産の代表的項目リストに登録されている。無形文化遺産の伝承者、李小平(り・しょうへい)さんによると、中国と日本では製作技法に一定の違いがある。日本の毛筆は現在も中国古代の製作技法をかなりとどめており、その技法を家族で継承していることが多い。一方中国では、科挙試験によって毛筆業界が広く発展し、徐々に現在の工場製作の形に変わってきた。(南昌=新華社記者/陳毓珊)= 配信日: 2022(令和4)年3月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022033104081

  • 2022年03月24日
    (7)江西財経大学の日本人教師、中国の毛筆作りを体験

    江西省南昌市の中国毛筆文化博物館を見学する鈴木高啓さん。(3月3日撮影)日本の岐阜県出身の鈴木高啓さんは、中国江西省南昌市の江西財経大学で日本語教師をしている。鈴木さんは父親の影響を受け、小さい頃から中国文化をこよなく愛してきた。名前の「高啓」も中国元末明初の詩人に由来する。日本の学校では書道が必修科目であり、鈴木さんは大きな期待を抱いて「中国毛筆の里」として知られる同市進賢県文港鎮を訪れ、約千年の伝統を持つ毛筆作りを体験した。同鎮の毛筆製作技法は国家級無形文化遺産の代表的項目リストに登録されている。無形文化遺産の伝承者、李小平(り・しょうへい)さんによると、中国と日本では製作技法に一定の違いがある。日本の毛筆は現在も中国古代の製作技法をかなりとどめており、その技法を家族で継承していることが多い。一方中国では、科挙試験によって毛筆業界が広く発展し、徐々に現在の工場製作の形に変わってきた。(南昌=新華社記者/陳毓珊)= 配信日: 2022(令和4)年3月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032500780

  • 2022年03月24日
    (5)江西財経大学の日本人教師、中国の毛筆作りを体験

    中国と日本の毛筆製作技法の違いを説明する李小平さん(右)。(3月3日撮影)日本の岐阜県出身の鈴木高啓さんは、中国江西省南昌市の江西財経大学で日本語教師をしている。鈴木さんは父親の影響を受け、小さい頃から中国文化をこよなく愛してきた。名前の「高啓」も中国元末明初の詩人に由来する。日本の学校では書道が必修科目であり、鈴木さんは大きな期待を抱いて「中国毛筆の里」として知られる同市進賢県文港鎮を訪れ、約千年の伝統を持つ毛筆作りを体験した。同鎮の毛筆製作技法は国家級無形文化遺産の代表的項目リストに登録されている。無形文化遺産の伝承者、李小平(り・しょうへい)さんによると、中国と日本では製作技法に一定の違いがある。日本の毛筆は現在も中国古代の製作技法をかなりとどめており、その技法を家族で継承していることが多い。一方中国では、科挙試験によって毛筆業界が広く発展し、徐々に現在の工場製作の形に変わってきた。(南昌=新華社記者/陳毓珊)= 配信日: 2022(令和4)年3月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022033007227

  • 2022年03月24日
    (2)江西財経大学の日本人教師、中国の毛筆作りを体験

    鈴木高啓さん(左)に毛筆の製作過程を説明する李小平さん。(3月3日撮影)日本の岐阜県出身の鈴木高啓さんは、中国江西省南昌市の江西財経大学で日本語教師をしている。鈴木さんは父親の影響を受け、小さい頃から中国文化をこよなく愛してきた。名前の「高啓」も中国元末明初の詩人に由来する。日本の学校では書道が必修科目であり、鈴木さんは大きな期待を抱いて「中国毛筆の里」として知られる同市進賢県文港鎮を訪れ、約千年の伝統を持つ毛筆作りを体験した。同鎮の毛筆製作技法は国家級無形文化遺産の代表的項目リストに登録されている。無形文化遺産の伝承者、李小平(り・しょうへい)さんによると、中国と日本では製作技法に一定の違いがある。日本の毛筆は現在も中国古代の製作技法をかなりとどめており、その技法を家族で継承していることが多い。一方中国では、科挙試験によって毛筆業界が広く発展し、徐々に現在の工場製作の形に変わってきた。(南昌=新華社記者/陳毓珊)= 配信日: 2022(令和4)年3月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032500778

  • 1