KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 対句
  • 旧正月
  • 記者
  • 縁起
  • 令和
  • 平成
  • 新春
  • 人々
  • 体験
  • 旧暦

「春聯」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
261
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
261
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2018年02月01日
    書道家ボランティアが「福」を贈る

    1日、江蘇省の連雲港市東駅の待合室で、プレゼントされた春聯と「福」の字をたたむ旅客。【新華社北京】2018年春節帰省ラッシュが1日から始まった。各地の書道家ボランティアが地元の各駅で、春聯(しゅんれん、旧正月に門や入り口に貼る一対のめでたい言葉を記した赤い紙)と「福」の字を書いた紙を準備し、帰省する旅客に新年の「福」を贈った。(耿玉和)=2018(平成30)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018020500875

  • 2018年02月01日
    書道家ボランティアが「福」を贈る

    1日、安徽省安慶駅の待合室で、旅客のために春聯を書く書道家。【新華社北京】2018年春節帰省ラッシュが1日から始まった。各地の書道家ボランティアが地元の各駅で、春聯(しゅんれん、旧正月に門や入り口に貼る一対のめでたい言葉を記した赤い紙))と「福」の字を書いた紙を準備し、帰省する旅客に新年の「福」を贈った。(江勝)=2018(平成30)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018020500900

  • 2018年02月01日
    書道家ボランティアが「福」を贈る

    1日、河北省石家荘駅の待合室で、プレゼントされた春聯を見せる子ども。【新華社北京】2018年春節帰省ラッシュが1日から始まった。各地の書道家ボランティアが地元の各駅で、春聯(しゅんれん、旧正月に門や入り口に貼る一対のめでたい言葉を記した赤い紙)と「福」の字を書いた紙を準備し、帰省する旅客に新年の「福」を贈った。(王偉倩)=2018(平成30)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018020500838

  • 2018年02月02日
    人の温かさに触れる帰省旅

    2日、正解して賞品をもらった子どもたちと記念写真を撮る「復興号」G79号列車の車掌、仲召爽さん(中央)。【新華社北京】2日は春運(春節前後の帰省・Uターンラッシュ)開始の二日目にあたる。北京西発深セン福田行きの高速鉄道列車「復興号」(列車番号G79)の車内では、車掌と乗務員が鉄道に関するクイズ形式のゲームを行い、正解した乗客に春聯(旧正月を迎える時に家々の門に貼られるめでたい意味の対句が書かれた赤い紙)と「福」の文字が描かれた切り紙をプレゼントして、帰省途中の乗客に温もりを届けた。(新華社記者/李鑫)=2018(平成30)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018020601012

  • 2018年02月02日
    人の温かさに触れる帰省旅

    2日、「復興号」G79号列車の車内で、クイズゲームに盛り上がる乗客。【新華社北京】2日は春運(春節前後の帰省・Uターンラッシュ)開始の二日目にあたる。北京西発深セン福田行きの高速鉄道列車「復興号」(列車番号G79)の車内では、車掌と乗務員が鉄道に関するクイズ形式のゲームを行い、正解した乗客に春聯(旧正月を迎える時に家々の門に貼られるめでたい意味の対句が書かれた赤い紙)と「福」の文字が描かれた切り紙をプレゼントして、帰省途中の乗客に温もりを届けた。(新華社記者/李鑫)=2018(平成30)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018020601021

  • 2018年02月02日
    人の温かさに触れる帰省旅

    2日、「復興号」G79号列車の車内で、賞品の「福」の文字が描かれた切り紙を見せる乗客。【新華社北京】2日は春運(春節前後の帰省・Uターンラッシュ)開始の二日目にあたる。北京西発深セン福田行きの高速鉄道列車「復興号」(列車番号G79)の車内では、車掌と乗務員が鉄道に関するクイズ形式のゲームを行い、正解した乗客に春聯(旧正月を迎える時に家々の門に貼られるめでたい意味の対句が書かれた赤い紙)と「福」の文字が描かれた切り紙をプレゼントして、帰省途中の乗客に温もりを届けた。(新華社記者/李鑫)=2018(平成30)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018020601000

  • 2018年02月02日
    人の温かさに触れる帰省旅

    2日、「福」の文字が描かれた切り紙を乗客にプレゼントする「復興号」G79号列車の車掌、仲召爽さん(右)。【新華社北京】2日は春運(春節前後の帰省・Uターンラッシュ)開始の二日目にあたる。北京西発深セン福田行きの高速鉄道列車「復興号」(列車番号G79)の車内では、車掌と乗務員が鉄道に関するクイズ形式のゲームを行い、正解した乗客に春聯(旧正月を迎える時に家々の門に貼られるめでたい意味の対句が書かれた赤い紙)と「福」の文字が描かれた切り紙をプレゼントして、帰省途中の乗客に温もりを届けた。(新華社記者/李鑫)=2018(平成30)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018020600996

  • 2018年02月03日
    「庖湯」で楽しむ故郷の味

    3日、ボランティアで「春聯」(旧正月を迎える時に家々の門に貼られるめでたい意味の対句が書かれた赤い紙)を書く漢中市の書画愛好家。中国陝西省漢中市を流れる漢江のほとりで3日、豊作を祈り、新年を祝う1千年以上続く伝統行事「庖湯会」が行われた。秦嶺山脈の南麓に位置する漢中市には、旧暦の12月になると、各家々が家畜の豚を屠殺・解体し、隣近所を招いてその肉を料理して食べる風習がある。(漢中=新華社記者/陶明)=2018(平成30)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018020600920

  • 2018年02月04日
    にぎわう春節フェア 浙江省湖州市長興県上泗安村

    4日、市場で「春聯」(縁起のいい対句を書いた赤い紙)を作る書道愛好家。 24節気の一つ、立春を迎えた4日、中国浙江省湖州市長興県の泗安鎮上泗安村で伝統的な春節(旧正月)フェアが開催された。同フェアでは「春節の趣」をテーマに、正月用品が売り出されたほか、「青竜舞」(大勢で青竜を操りアクロバティックな動きを見せる伝統舞踊)「劃旱船」(船の形の模型を付けて行う民間の伝統舞踊)、餅つきなどの特色ある催しが披露され、地元の人々や観光客は「農村の新年」を疑似体験した。同村は千年の歴史を持つ古い町で、ここ2年、歴史的な遺跡を積極的に開発、河川の浄化や古い石橋、石道、石の波止場などの修復や整備に力を入れ、伝統的な建築流派に沿った建築物を建設し、古い通りや古民家宿などの観光プロジェクトを展開したことによって、文化、観光、エコを一体化した新型の「美しい農村」となった。(長興=新華社記者/徐昱)=2018(平成30)年2月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018020600900

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年02月04日
    「春節」帰省ラッシュの陰で活躍する「緑皮車」

    沿線駅の当番担当者に野菜、肉類、春聯(春節に門や入り口の戸に張るめでたい対聯)を届ける「緑皮車」の乗務員。江西省北部の贛皖(江西省と安徽省)山岳地帯で、今ではほとんど見かけることがなくなった緑色の塗装をした従来型普通列車、「緑皮車」が運行されている。江西省の景徳鎮を出発し、同じ江西省の営里駅まで51キロの区間を約1時間で走る。道路交通が不便な山岳地帯で、この「緑皮車」は沿線山岳地帯の鉄道作業員の仕事や生活に必要な物資を運びながら、皖贛鉄道の正常な運行を保障している。今年の春節(旧正月)の期間中、鉄道部門の各職種の職員たちは残業に追われ、「緑皮車」の「乗客」も明らかに増加する。冬の贛皖山岳地帯の寒さは身にしみるが、「緑皮車」は鉄道職員たちを乗せてそれぞれの職場に送迎し、春節の旅路を温めている。(南昌=新華社記者/万象)=2018(平成30)年2月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018020600880

  • 2018年12月30日
    新年を迎える書画の町浙江省梓桐鎮

    30日、縁起の良い「福」の字を掲げて新年への期待を込める村民ら。中国浙江省杭州市淳安(じゅんあん)県梓桐(しとう)鎮で30日、新年を迎える書画文化祭が開催された。地元の農民書道家が会場で春聯や「福」の字を書いて村民に贈り、2019年の到来に備えた。梓桐鎮は現地では有名な「書画の里」で、書画制作が盛んな土地。同鎮はここ数年、特色ある書画の小鎮(小さな町)の建設を開始したほか、郷村芸術館を完成させ、農村の書画制作と芸術交流を推進している。(淳安=新華社記者/徐昱)=2018(平成30)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010400291

  • 2018年12月30日
    新年を迎える書画の町浙江省梓桐鎮

    30日、書画文化祭の会場で「福」の字を受け取る村民。中国浙江省杭州市淳安(じゅんあん)県梓桐(しとう)鎮で30日、新年を迎える書画文化祭が開催された。地元の農民書道家が会場で春聯や「福」の字を書いて村民に贈り、2019年の到来に備えた。梓桐鎮は現地では有名な「書画の里」で、書画制作が盛んな土地。同鎮はここ数年、特色ある書画の小鎮(小さな町)の建設を開始したほか、郷村芸術館を完成させ、農村の書画制作と芸術交流を推進している。(淳安=新華社記者/徐昱)=2018(平成30)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010400381

  • 2018年12月30日
    新年を迎える書画の町浙江省梓桐鎮

    30日、会場で字を書く淳安県梓桐鎮の農民書道家。中国浙江省杭州市淳安(じゅんあん)県梓桐(しとう)鎮で30日、新年を迎える書画文化祭が開催された。地元の農民書道家が会場で春聯や「福」の字を書いて村民に贈り、2019年の到来に備えた。梓桐鎮は現地では有名な「書画の里」で、書画制作が盛んな土地。同鎮はここ数年、特色ある書画の小鎮(小さな町)の建設を開始したほか、郷村芸術館を完成させ、農村の書画制作と芸術交流を推進している。(淳安=新華社記者/徐昱)=2018(平成30)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010400292

  • 2018年12月30日
    新年を迎える書画の町浙江省梓桐鎮

    30日、会場で字を書く淳安県梓桐鎮の農民書道家。中国浙江省杭州市淳安(じゅんあん)県梓桐(しとう)鎮で30日、新年を迎える書画文化祭が開催された。地元の農民書道家が会場で春聯や「福」の字を書いて村民に贈り、2019年の到来に備えた。梓桐鎮は現地では有名な「書画の里」で、書画制作が盛んな土地。同鎮はここ数年、特色ある書画の小鎮(小さな町)の建設を開始したほか、郷村芸術館を完成させ、農村の書画制作と芸術交流を推進している。(淳安=新華社記者/徐昱)=2018(平成30)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010400293

  • 2019年01月06日
    春節用品に囲まれ活気づく市場河北省石家荘市

    6日、石家荘市長安区義堂村にある卸売り市場で、春節の飾りを眺める子連れ客。中国河北省石家荘市の長安区にある年越し用品市場は活気づき、春聯(春節の飾り)やランタンなど特色ある春節(中国の旧正月)用品を買い求める多くの市民でにぎわっている。(石家荘=新華社配信/梁子棟)=2019(平成31)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010920949

  • 2019年01月06日
    春節用品に囲まれ活気づく市場河北省石家荘市

    6日、石家荘市長安区義堂村にある卸売り市場で、新発売の春聯の形を整える店員。中国河北省石家荘市の長安区にある年越し用品市場は活気づき、春聯(春節の飾り)やランタンなど特色ある春節(中国の旧正月)用品を買い求める多くの市民でにぎわっている。(石家荘=新華社配信/梁子棟)=2019(平成31)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010920887

  • 2019年01月06日
    春節用品に囲まれ活気づく市場河北省石家荘市

    6日、石家荘市長安区義堂村にある卸売り市場で、春節の飾りを買い求める市民。中国河北省石家荘市の長安区にある年越し用品市場は活気づき、春聯(春節の飾り)やランタンなど特色ある春節(中国の旧正月)用品を買い求める多くの市民でにぎわっている。(石家荘=新華社配信/梁子棟)=2019(平成31)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010920888

  • 2019年01月06日
    春節用品に囲まれ活気づく市場河北省石家荘市

    6日、石家荘市長安区義堂村にある卸売り市場で、春節の飾りを眺める市民。中国河北省石家荘市の長安区にある年越し用品市場は活気づき、春聯(春節の飾り)やランタンなど特色ある春節(中国の旧正月)用品を買い求める多くの市民でにぎわっている。(石家荘=新華社配信/梁子棟)=2019(平成31)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010920883

  • 2019年01月06日
    春節用品に囲まれ活気づく市場河北省石家荘市

    6日、石家荘市長安区義堂村にある卸売り市場で、春節の飾りを買い求める市民。中国河北省石家荘市の長安区にある年越し用品市場は活気づき、春聯(春節の飾り)やランタンなど特色ある春節(中国の旧正月)用品を買い求める多くの市民でにぎわっている。(石家荘=新華社配信/梁子棟)=2019(平成31)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010920891

  • 2019年01月06日
    春節用品に囲まれ活気づく市場河北省石家荘市

    6日、石家荘市長安区義堂村にある卸売り市場で、春節の飾りを買い求める市民。中国河北省石家荘市の長安区にある年越し用品市場は活気づき、春聯(春節の飾り)やランタンなど特色ある春節(中国の旧正月)用品を買い求める多くの市民でにぎわっている。(石家荘=新華社配信/梁子棟)=2019(平成31)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010920988

  • 2019年01月06日
    春節用品に囲まれ活気づく市場河北省石家荘市

    6日、石家荘市長安区義堂村にある卸売り市場で、春節の飾りを買い求める市民。中国河北省石家荘市の長安区にある年越し用品市場は活気づき、春聯(春節の飾り)やランタンなど特色ある春節(中国の旧正月)用品を買い求める多くの市民でにぎわっている。(石家荘=新華社配信/梁子棟)=2019(平成31)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010920979

  • 2019年01月06日
    春節用品に囲まれ活気づく市場河北省石家荘市

    6日、石家荘市長安区義堂村にある卸売り市場で、春節の飾りを買い求める市民。中国河北省石家荘市の長安区にある年越し用品市場は活気づき、春聯(春節の飾り)やランタンなど特色ある春節(中国の旧正月)用品を買い求める多くの市民でにぎわっている。(石家荘=新華社配信/梁子棟)=2019(平成31)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010920942

  • 2019年01月11日
    書道で楽しむ中国の旧正月上海魯迅紀念館

    後漢・三熊足石硯(脚部に3頭の熊をあしらった石の硯、上海松江博物館蔵)。(資料写真)中国の上海魯迅紀念館は、旧暦の大みそかにあたる4日、依然として人々を迎えていた。同館は春節(旧正月)期間中、「翰池墨海-選りすぐりの古硯展」を特別公開するとともに、年に1度の春聯(しゅんれん、春節に門に貼る縁起の良い対句)制作イベントを開催した。同館では古い硯(すずり)の鑑賞や春聯の制作など、筆、墨、紙、硯といった書道用品をテーマに旧正月を楽しむ企画が恒例となっている。中華伝統文化の一翼を担う硯は、研磨器から発展してきた長い歴史を持つ。文化や社会の進展に伴い、書斎に欠かせない文房具の一つとして、硯自体に豊かな芸術的要素が加えられるようになった。漢の時代から現代に至るまで「硯は物、硯は風景、硯は情緒」と言われている。(上海=新華社配信/上海魯迅紀念館)=2019(平成31)年1月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020717676

  • 2019年01月11日
    書道で楽しむ中国の旧正月上海魯迅紀念館

    清代・緑松石硯(上海松江博物館蔵)。(資料写真)中国の上海魯迅紀念館は、旧暦の大みそかにあたる4日、依然として人々を迎えていた。同館は春節(旧正月)期間中、「翰池墨海-選りすぐりの古硯展」を特別公開するとともに、年に1度の春聯(しゅんれん、春節に門に貼る縁起の良い対句)制作イベントを開催した。同館では古い硯(すずり)の鑑賞や春聯の制作など、筆、墨、紙、硯といった書道用品をテーマに旧正月を楽しむ企画が恒例となっている。中華伝統文化の一翼を担う硯は、研磨器から発展してきた長い歴史を持つ。文化や社会の進展に伴い、書斎に欠かせない文房具の一つとして、硯自体に豊かな芸術的要素が加えられるようになった。漢の時代から現代に至るまで「硯は物、硯は風景、硯は情緒」と言われている。(上海=新華社配信/上海魯迅紀念館提供)=2019(平成31)年1月11日、クレジット:上海魯迅紀念館/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020717823

  • 2019年01月11日
    書道で楽しむ中国の旧正月上海魯迅紀念館

    唐代・洪州窯の筆置き付き青釉辟雍硯(あおゆうひようけん、上海松江博物館蔵)。(資料写真)中国の上海魯迅紀念館上海魯迅紀念館は、旧暦の大みそかにあたる4日、依然として人々を迎えていた。同館は春節(旧正月)期間中、「翰池墨海-選りすぐりの古硯展」を特別公開するとともに、年に1度の春聯(しゅんれん、春節に門に貼る縁起の良い対句)制作イベントを開催した。同館では古い硯(すずり)の鑑賞や春聯の制作など、筆、墨、紙、硯といった書道用品をテーマに旧正月を楽しむ企画が恒例となっている。中華伝統文化の一翼を担う硯は、研磨器から発展してきた長い歴史を持つ。文化や社会の進展に伴い、書斎に欠かせない文房具の一つとして、硯自体に豊かな芸術的要素が加えられるようになった。漢の時代から現代に至るまで「硯は物、硯は風景、硯は情緒」と言われている。(上海=新華社配信/上海魯迅紀念館提供)=2019(平成31)年1月11日、クレジット:上海魯迅紀念館/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020717739

  • 2019年01月11日
    書道で楽しむ中国の旧正月上海魯迅紀念館

    春節(旧正月)に上海魯迅紀念館で開催された「翰池墨海-選りすぐりの古硯展」。上海松江区博物館に所蔵されている硯の名品65点を展示している。(資料写真)中国の上海魯迅記念館は、旧暦の大みそかにあたる4日、依然として人々を迎えていた。同館は春節(旧正月)期間中、「翰池墨海-選りすぐりの古硯展」を特別公開するとともに、年に1度の春聯(しゅんれん、春節に門に貼る縁起の良い対句)制作イベントを開催した。同館では古い硯(すずり)の鑑賞や春聯の制作など、筆、墨、紙、硯といった書道用品をテーマに旧正月を楽しむ企画が恒例となっている。中華伝統文化の一翼を担う硯は、研磨器から発展してきた長い歴史を持つ。文化や社会の進展に伴い、書斎に欠かせない文房具の一つとして、硯自体に豊かな芸術的要素が加えられるようになった。漢の時代から現代に至るまで「硯は物、硯は風景、硯は情緒」と言われている。(上海=新華社配信/上海魯迅記念館提供)=2019(平成31)年1月11日、クレジット:上海魯迅紀念館/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020717792

  • 2019年01月11日
    書道で楽しむ中国の旧正月上海魯迅紀念館

    清代・菊花石硯(上海松江博物館蔵)。(資料写真)中国の上海魯迅紀念館は、旧暦の大みそかにあたる4日、依然として人々を迎えていた。同館は春節(旧正月)期間中、「翰池墨海-選りすぐりの古硯展」を特別公開するとともに、年に1度の春聯(しゅんれん、春節に門に貼る縁起の良い対句)制作イベントを開催した。同館では古い硯(すずり)の鑑賞や春聯の制作など、筆、墨、紙、硯といった書道用品をテーマに旧正月を楽しむ企画が恒例となっている。中華伝統文化の一翼を担う硯は、研磨器から発展してきた長い歴史を持つ。文化や社会の進展に伴い、書斎に欠かせない文房具の一つとして、硯自体に豊かな芸術的要素が加えられるようになった。漢の時代から現代に至るまで「硯は物、硯は風景、硯は情緒」と言われている。(上海=新華社配信/上海魯迅紀念館提供)=2019(平成31)年1月11日、クレジット:上海魯迅紀念館/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020717764

  • 2019年01月13日
    臘八粥や書道パフォーマンスで春節を迎える上海市

    13日、書道家からもらった「福」の字を両手に持って見せる子ども。中国上海市の代表的な観光スポット、豫園にある老舗漢方薬店「童涵春堂(どうかんしゅんどう)」が13日、臘八粥(旧暦12月8日に食べる数種類の穀物に各種の果実を加えて煮た甘い粥)を振る舞い、春節を迎えるイベントを行った。同店は杏仁(きょうにん)、淮山(乾燥ヤマイモ)、ハスの実、ハトムギ、ギンナン、アズキ、クコ、ブクリョウなどを煮た臘八粥を1500人分用意、さらに書道家を招いて春聯(春節の飾り)と「福」の字を書いてもらって観光客や市民に贈り、まもなく到来する春節を祝った。(上海=新華社記者/劉穎)=2019(平成31)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011624156

  • 2019年01月13日
    臘八粥や書道パフォーマンスで春節を迎える上海市

    13日、老舗漢方薬店「童涵春堂」で臘八粥を配るスタッフ。中国上海市の代表的な観光スポット、豫園にある老舗漢方薬店「童涵春堂(どうかんしゅんどう)」が13日、臘八粥(旧暦12月8日に食べる数種類の穀物に各種の果実を加えて煮た甘い粥)を振る舞い、春節を迎えるイベントを行った。同店は杏仁(きょうにん)、淮山(乾燥ヤマイモ)、ハスの実、ハトムギ、ギlンナン、アズキ、クコ、ブクリョウなどを煮た臘八粥を1500人分用意、さらに書道家を招いて春聯(春節の飾り)と「福」の字を書いてもらって観光客や市民に贈り、まもなく到来する春節を祝った。(上海=新華社記者/劉穎)=2019(平成31)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011624162

  • 2019年01月13日
    臘八粥や書道パフォーマンスで春節を迎える上海市

    13日、臘八粥を食べ中国の風習を体験する3人の日本人観光客。中国上海市の代表的な観光スポット、豫園にある老舗漢方薬店「童涵春堂(どうかんしゅんどう)」が13日、臘八粥(旧暦12月8日に食べる数種類の穀物に各種の果実を加えて煮た甘い粥)を振る舞い、春節を迎えるイベントを行った。同店は杏仁(きょうにん)、淮山(乾燥ヤマイモ)、ハスの実、ハトムギ、ギンナン、アズキ、クコ、ブクリョウなどを煮た臘八粥を1500人分用意、さらに書道家を招いて春聯(春節の飾り)と「福」の字を書いてもらって観光客や市民に贈り、まもなく到来する春節を祝った。(上海=新華社記者/劉穎)=2019(平成31)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011624163

  • 2019年01月13日
    書道家100人が集う第2回上海春聯大会開催上海市

    13日、第2回上海春聯大会の会場。第2回上海春聯大会が13日、中国上海市楊浦区で開催された。同大会は上海市の100人の著名書道家が春聯(春節の飾り)を書いて市民らに贈り、間もなく到来する新春を祝うイベント。(上海=新華社記者/陳飛)=2019(平成31)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011518274

  • 2019年01月13日
    書道家100人が集う第2回上海春聯大会開催上海市

    13日、春聯を書く書道家(右から2人目)。第2回上海春聯大会が13日、中国上海市楊浦区で開催された。同大会は上海市の100人の著名書道家が春聯(春節の飾り)を書いて市民らに贈り、間もなく到来する新春を祝うイベント。(上海=新華社記者/陳飛)=2019(平成31)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011517911

  • 2019年01月13日
    書道家100人が集う第2回上海春聯大会開催上海市

    13日、春聯を書く書道家(左)。第2回上海春聯大会が13日、中国上海市楊浦区で開催された。同大会は上海市の100人の著名書道家が春聯(春節の飾り)を書いて市民らに贈り、間もなく到来する新春を祝うイベント。(上海=新華社記者/陳飛)=2019(平成31)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011518380

  • 2019年01月13日
    臘八粥や書道パフォーマンスで春節を迎える上海市

    13日、臘八粥を食べ中国の風習を体験する日本人観光客。中国上海市の代表的な観光スポット、豫園にある老舗漢方薬店「童涵春堂(どうかんしゅんどう)」が13日、臘八粥(旧暦12月8日に食べる数種類の穀物に各種の果実を加えて煮た甘い粥)を振る舞い、春節を迎えるイベントを行った。同店は杏仁(きょうにん)、淮山(乾燥ヤマイモ)、ハスの実、ハトムギ、ギンナン、アズキ、クコ、ブクリョウなどを煮た臘八粥を1500人分用意、さらに書道家を招いて春聯(春節の飾り)と「福」の字を書いてもらって観光客や市民に贈り、まもなく到来する春節を祝った。(上海=新華社記者/劉穎)=2019(平成31)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011624145

  • 2019年01月13日
    臘八粥や書道パフォーマンスで春節を迎える上海市

    13日、春聯と「福」の字を書き観光客や市民に贈る上海の青年書道家、顧斌(こ・ひん)氏。中国上海市の代表的な観光スポット、豫園にある老舗漢方薬店「童涵春堂(どうかんしゅんどう)」が13日、臘八粥(旧暦12月8日に食べる数種類の穀物に各種の果実を加えて煮た甘い粥)を振る舞い、春節を迎えるイベントを行った。同店は杏仁(きょうにん)、淮山(乾燥ヤマイモ)、ハスの実、ハトムギ、ギンナン、アズキ、クコ、ブクリョウなどを煮た臘八粥を1500人分用意、さらに書道家を招いて春聯(春節の飾り)と「福」の字を書いてもらって観光客や市民に贈り、まもなく到来する春節を祝った。(上海=新華社記者/劉穎)=2019(平成31)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011624150

  • 2019年01月13日
    臘八粥や書道パフォーマンスで春節を迎える上海市

    13日、老舗漢方薬店「童涵春堂」で観光客や市民に臘八粥を振る舞うスタッフ。中国上海市の代表的な観光スポット、豫園にある老舗漢方薬店「童涵春堂(どうかんしゅんどう)」が13日、臘八粥(旧暦12月8日に食べる数種類の穀物に各種の果実を加えて煮た甘い粥)を振る舞い、春節を迎えるイベントを行った。同店は杏仁(きょうにん)、淮山(乾燥ヤマイモ)、ハスの実、ハトムギ、ギンナン、アズキ、クコ、ブクリョウなどを煮た臘八粥を1500人分用意、さらに書道家を招いて春聯(春節の飾り)と「福」の字を書いてもらって観光客や市民に贈り、まもなく到来する春節を祝った。(上海=新華社記者/劉穎)=2019(平成31)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011624159

  • 2019年01月13日
    臘八粥や書道パフォーマンスで春節を迎える上海市

    13日、老舗漢方薬店「童涵春堂」が作ったさまざまな食材と漢方薬を煮込んだ臘八粥。中国上海市の代表的な観光スポット、豫園にある老舗漢方薬店「童涵春堂(どうかんしゅんどう)」が13日、臘八粥(旧暦12月8日に食べる数種類の穀物に各種の果実を加えて煮た甘い粥)を振る舞い、春節を迎えるイベントを行った。同店は杏仁(きょうにん)、淮山(乾燥ヤマイモ)、ハスの実、ハトムギ、ギンナン、アズキ、クコ、ブクリョウなどを煮た臘八粥を1500人分用意、さらに書道家を招いて春聯(春節の飾り)と「福」の字を書いてもらって観光客や市民に贈り、まもなく到来する春節を祝った。(上海=新華社記者/劉穎)=2019(平成31)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011624102

  • 2019年01月13日
    臘八粥や書道パフォーマンスで春節を迎える上海市

    13日、春聯と「福」の字を書き観光客や市民に贈る上海の青年書道家、顧斌(こ・ひん)氏。中国上海市の代表的な観光スポット、豫園にある老舗漢方薬店「童涵春堂(どうかんしゅんどう)」が13日、臘八粥(旧暦12月8日に食べる数種類の穀物に各種の果実を加えて煮た甘い粥)を振る舞い、春節を迎えるイベントを行った。同店は杏仁(きょうにん)、淮山(乾燥ヤマイモ)、ハスの実、ハトムギ、ギンナン、アズキ、クコ、ブクリョウなどを煮た臘八粥を1500人分用意、さらに書道家を招いて春聯(春節の飾り)と「福」の字を書いてもらって観光客や市民に贈り、まもなく到来する春節を祝った。(上海=新華社記者/劉穎)=2019(平成31)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011624161

  • 2019年01月16日
    書道で楽しむ中国の旧正月上海魯迅紀念館

    近代・雷峰塔磚硯(れいほうとうせんけん)、上海松江博物館蔵。かつて浙江省杭州市にあった雷峰塔のれんがで作られた硯。(1月16日撮影)中国の上海魯迅紀念館は、旧暦の大みそかにあたる4日、依然として人々を迎えていた。同館は春節(旧正月)期間中、「翰池墨海-選りすぐりの古硯展」を特別公開するとともに、年に1度の春聯(しゅんれん、春節に門に貼る縁起の良い対句)制作イベントを開催した。同館では古い硯(すずり)の鑑賞や春聯の制作など、筆、墨、紙、硯といった書道用品をテーマに旧正月を楽しむ企画が恒例となっている。中華伝統文化の一翼を担う硯は、研磨器から発展してきた長い歴史を持つ。文化や社会の進展に伴い、書斎に欠かせない文房具の一つとして、硯自体に豊かな芸術的要素が加えられるようになった。漢の時代から現代に至るまで「硯は物、硯は風景、硯は情緒」と言われている。(上海=新華社記者/許暁青)=2019(平成31)年1月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020717732

  • 2019年01月16日
    書道で楽しむ中国の旧正月上海魯迅紀念館

    「選りすぐりの古硯展」の会期中、上海魯迅紀念館で同時開催される春聯制作イベント。(1月16日撮影)中国の上海魯迅紀念館は、旧暦の大みそかにあたる4日、依然として人々を迎えていた。同館は春節(旧正月)期間中、「翰池墨海-選りすぐりの古硯展」を特別公開するとともに、年に1度の春聯(しゅんれん、春節に門に貼る縁起の良い対句)制作イベントを開催した。同館では古い硯(すずり)の鑑賞や春聯の制作など、筆、墨、紙、硯といった書道用品をテーマに旧正月を楽しむ企画が恒例となっている。中華伝統文化の一翼を担う硯は、研磨器から発展してきた長い歴史を持つ。文化や社会の進展に伴い、書斎に欠かせない文房具の一つとして、硯自体に豊かな芸術的要素が加えられるようになった。漢の時代から現代に至るまで「硯は物、硯は風景、硯は情緒」と言われている。(上海=新華社記者/許暁青)=2019(平成31)年1月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020717492

  • 2019年01月16日
    書道で楽しむ中国の旧正月上海魯迅紀念館

    清代・門字形端硯。(広東省肇慶市で作られる端硯は中国四大名硯の一つ、上海松江博物館蔵)。(1月16日撮影)中国の上海魯迅紀念館は、旧暦の大みそかにあたる4日、依然として人々を迎えていた。同館は春節(旧正月)期間中、「翰池墨海-選りすぐりの古硯展」を特別公開するとともに、年に1度の春聯(しゅんれん、春節に門に貼る縁起の良い対句)制作イベントを開催した。同館では古い硯(すずり)の鑑賞や春聯の制作など、筆、墨、紙、硯といった書道用品をテーマに旧正月を楽しむ企画が恒例となっている。中華伝統文化の一翼を担う硯は、研磨器から発展してきた長い歴史を持つ。文化や社会の進展に伴い、書斎に欠かせない文房具の一つとして、硯自体に豊かな芸術的要素が加えられるようになった。漢の時代から現代に至るまで「硯は物、硯は風景、硯は情緒」と言われている。(上海=新華社記者/許暁青)=2019(平成31)年1月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020717700

  • 2019年01月16日
    書道で楽しむ中国の旧正月上海魯迅紀念館

    清代・漆砂双層硯(砂を混ぜた塗料で仕上げた木製の2層硯、上海松江博物館蔵)。(1月16日撮影)中国の上海魯迅紀念館は、旧暦の大みそかにあたる4日、依然として人々を迎えていた。同館は春節(旧正月)期間中、「翰池墨海-選りすぐりの古硯展」を特別公開するとともに、年に1度の春聯(しゅんれん、春節に門に貼る縁起の良い対句)制作イベントを開催した。同館では古い硯(すずり)の鑑賞や春聯の制作など、筆、墨、紙、硯といった書道用品をテーマに旧正月を楽しむ企画が恒例となっている。中華伝統文化の一翼を担う硯は、研磨器から発展してきた長い歴史を持つ。文化や社会の進展に伴い、書斎に欠かせない文房具の一つとして、硯自体に豊かな芸術的要素が加えられるようになった。漢の時代から現代に至るまで「硯は物、硯は風景、硯は情緒」と言われている。(上海=新華社記者/許暁青)=2019(平成31)年1月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020717523

  • 2019年01月16日
    書道で楽しむ中国の旧正月上海魯迅紀念館

    「選りすぐりの古硯展」の会期中、上海魯迅紀念館で同時開催される春聯制作イベント。(1月16日撮影)中国の上海魯迅紀念館は、旧暦の大みそかにあたる4日、依然として人々を迎えていた。同館は春節(旧正月)期間中、「翰池墨海-選りすぐりの古硯展」を特別公開するとともに、年に1度の春聯(しゅんれん、春節に門に貼る縁起の良い対句)制作イベントを開催した。同館では古い硯(すずり)の鑑賞や春聯の制作など、筆、墨、紙、硯といった書道用品をテーマに旧正月を楽しむ企画が恒例となっている。中華伝統文化の一翼を担う硯は、研磨器から発展してきた長い歴史を持つ。文化や社会の進展に伴い、書斎に欠かせない文房具の一つとして、硯自体に豊かな芸術的要素が加えられるようになった。漢の時代から現代に至るまで「硯は物、硯は風景、硯は情緒」と言われている。(上海=新華社記者/許暁青)=2019(平成31)年1月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020717713

  • 2019年01月19日
    外国人が中国で農村体験

    19日、裘村(きゅうそん)鎮で奉化布竜(奉化区に伝わる竜舞)を鑑賞する外国人ら。中国浙江省寧波市奉化区裘村(きゅうそん)鎮では春節(旧正月)を前に、招待を受けた130人余りの外国人が竜舞、春聯(春節に門の両側に貼る対句)作り、餅つきなど伝統的なイベントを体験し、中国への理解を深めた。(寧波=新華社記者/黄宗治)=2019(平成31)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012500686

  • 2019年01月19日
    外国人が中国で農村体験

    19日、裘村(きゅうそん)鎮の馬頭(ばとう)村にある文化ホールで外国人に越劇を披露する俳優。中国浙江省寧波市奉化区裘村(きゅうそん)鎮では春節(旧正月)を前に、招待を受けた130人余りの外国人が竜舞、春聯(春節に門の両側に貼る対句)作り、餅つきなど伝統的なイベントを体験し、中国への理解を深めた。(寧波=新華社記者/黄宗治)=2019(平成31)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012500763

  • 2019年01月19日
    外国人が中国で農村体験

    19日、裘村(きゅうそん)鎮の馬頭(ばとう)村にある文化ホールで自分の作品を手にするインド出身の留学生。中国浙江省寧波市奉化区裘村(きゅうそん)鎮では春節(旧正月)を前に、招待を受けた130人余りの外国人が竜舞、春聯(春節に門の両側に貼る対句)作り、餅つきなど伝統的なイベントを体験し、中国への理解を深めた。(寧波=新華社記者/黄宗治)=2019(平成31)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012500680

  • 2019年01月19日
    外国人が中国で農村体験

    19日、裘村(きゅうそん)鎮の馬頭(ばとう)村にある文化ホールで越劇を鑑賞する南アフリカ出身の子ども。中国浙江省寧波市奉化区裘村(きゅうそん)鎮では春節(旧正月)を前に、招待を受けた130人余りの外国人が竜舞、春聯(春節に門の両側に貼る対句)作り、餅つきなど伝統的なイベントを体験し、中国への理解を深めた。(寧波=新華社記者/黄宗治)=2019(平成31)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012500695

  • 2019年01月19日
    年越し準備でにぎわう市場海南省海口市

    19日、海口市博愛北路の商店で春聯(春節の飾り)を買い求める市民。中国海南省海口市では、市民が市場でさまざまな「年貨」(年越し用品)を買い求め、まもなく訪れる旧正月の準備を進めている。(海口=新華社記者/楊冠宇)=2019(平成31)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012301259

  • 2019年01月19日
    外国人が中国で農村体験

    19日、裘村(きゅうそん)鎮であめ細工を味わう外国の子ども。中国浙江省寧波市奉化区裘村(きゅうそん)鎮では春節(旧正月)を前に、招待を受けた130人余りの外国人が竜舞、春聯(春節に門の両側に貼る対句)作り、餅つきなど伝統的なイベントを体験し、中国への理解を深めた。(寧波=新華社記者/黄宗治)=2019(平成31)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012500678

  • 2019年01月19日
    外国人が中国で農村体験

    19日、裘村(きゅうそん)鎮で草編みの手工芸品を鑑賞する外国人ら。中国浙江省寧波市奉化区裘村(きゅうそん)鎮では春節(旧正月)を前に、招待を受けた130人余りの外国人が竜舞、春聯(春節に門の両側に貼る対句)作り、餅つきなど伝統的なイベントを体験し、中国への理解を深めた。(寧波=新華社記者/黄宗治)=2019(平成31)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012500615

  • 2019年01月20日
    横浜中華街で中国人書道家が「福」の字をプレゼント

    20日、横浜中華街で行われたイベント会場で、書き上げた「福」の字を観光客にプレゼントする書道家(右)。春節(中国の旧正月)を前に、100人近くの中国人書道家が20日、グルメの街として知られる日本の横浜中華街で作品をプレゼントするイベントを行った。書道家らは赤い用紙に春聯(春節に門の両側に貼る縁起の良い対句)や「福」の字を書き人々にプレゼントし、辺りは中国の春節のおめでたい雰囲気に包まれた。(横浜=新華社記者/杜瀟逸)=2019(平成31)年1月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012202948

  • 2019年01月20日
    市場や街は赤一色中国各地で進む春節の準備

    20日、中国山東省臨沂(りんぎ)市で開かれた春節(旧正月)に向けた年越し用品の市場に並べられた春聯(春節に門の両側に貼る縁起の良い対句が書かれた赤い紙)。(臨沂=新華社配信/武紀全)=2019(平成31)年1月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012202963

  • 2019年01月20日
    横浜中華街で中国人書道家が「福」の字をプレゼント

    20日、横浜中華街で行われたイベント会場で書道家が書いた「福」の字。春節(中国の旧正月)を前に、100人近くの中国人書道家が20日、グルメの街として知られる日本の横浜中華街で作品をプレゼントするイベントを行った。書道家らは赤い用紙に春聯(春節に門の両側に貼る縁起の良い対句)や「福」の字を書き人々にプレゼントし、辺りは中国の春節のおめでたい雰囲気に包まれた。(横浜=新華社記者/杜瀟逸)=2019(平成31)年1月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012202980

  • 02:50.79
    2019年01月20日
    「新華社」【字幕あり】横浜中華街で中国人書道家が「福」の字をプレゼント

    春節(中国の旧正月)を前に、日本の横浜中華街で20日、100人近くの中国人書道家が「福」の字を書き人々にプレゼントし、辺りは中国の春節のおめでたい雰囲気に包まれた。「迎春送福」と題する大型チャリティイベントが同日午前10時、中華街の中国飯店の前でスタートした。今回のイベントには、中国で発行されている書道に関する週刊紙「中国書法報」の代表団と在日中国人書道家、100人弱が参加した。箏(そう)の軽やかなおめでたい音楽が流れる中、書道家らはイベントに駆けつけた地元の華僑・華人や居合わせた各国の観光客に300枚余りに及ぶ春聯(春節に門の両側に貼る縁起の良い対句)や吉祥の「福」の字をプレゼントした。特別にかけつけた日中友好協会の永田哲二常務理事は、書道は中日間の文化交流に非常に大きく貢献していると述べた。イベントの総責任者、全日本華人書法家協会の晋鴎(しん・おう)会長は新華社の取材に対し、中国の「福」文化には2千年以上の歴史があり、毎年春節には中国の家が門に「福」の字と春聯を貼り、中国の伝統的な祝日のムードをつくり出していると述べた。「迎春送福」イベントは全日本華人書法家協会が主催し、今年で2回目。主催者は中国の「福」文化をテーマとして、海外の華僑・華人を集め、中華文化の普及を共に推進していきたいとしている。(記者/姜俏梅、鄧敏)<映像内容>横浜中華街で「迎春送福」イベント開催の様子、撮影日:2019(平成31)年1月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※白素材有り要問い合わせ

    商品コード: 2019012301431

  • 2019年01月20日
    横浜中華街で中国人書道家が「福」の字をプレゼント

    20日、横浜中華街で行われたイベント会場で「福」の字を書く書道家。春節(中国の旧正月)を前に、100人近くの中国人書道家が20日、グルメの街として知られる日本の横浜中華街で作品をプレゼントするイベントを行った。書道家らは赤い用紙に春聯(春節に門の両側に貼る縁起の良い対句)や「福」の字を書き人々にプレゼントし、辺りは中国の春節のおめでたい雰囲気に包まれた。(横浜=新華社記者/杜瀟逸)=2019(平成31)年1月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012202950

  • 2019年01月21日
    故宮、「万寿灯」と「天灯」を復元宮廷の年越し風景を再現

    21日、春聯(縁起の良い対句が書かれた飾り)が掲げられた故宮の神武門前で自撮りする観光客。中国北京の故宮博物院で21日、乾清宮の土台の最上段とその下段にそれぞれ一対の「万寿灯」と「天灯」が設置され「賀歳迎祥-紫禁城の春節」展の一環として正式に一般公開された。(北京=新華社記者/金良快)=2019(平成31)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012402779

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年01月21日
    出稼ぎ労働者の長距離バイク帰省始まる福建省泉州市

    21日、江西省上饒(じょうじょう)市鄱陽(はよう)県出身の出稼ぎ労働者、孔幼栄(こう・ようえい)さん(前列左)は、同郷の人々と一緒に中国石油の泉州荊山(けいざん)ガソリンスタンドに立ち寄り、無料の朝食、春聯(しゅんれん、春節に戸口に飾る縁起の良い対句を書いた赤紙)、無料給油カードや反射ベストなどの物資を提供された。2019年の「春運」(旧正月前後の帰省・Uターンラッシュ)が21日、正式に幕を開けた。中国福建省の泉州市、アモイ市、福州市、漳州市などの都市からは、出稼ぎ労働者500人以上がバイク428台に分乗し、長い帰省の途に就いた。福建省の他に、江西省、湖北省、湖南省、広西チワン族自治区、浙江省、貴州省の6省でもバイクによる帰省がスタートした。沿線の7省121カ所の中国石油天然気集団(CNPC)のガソリンスタンドでは、無料給油などさまざまなサービスを提供している。同集団によるこうした公益活動は今年で8年目になるという。(泉州=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012402809

  • 2019年01月22日
    春節ムード高まる福州の街福建省

    22日、春聯や灯籠、中国結びなど正月用品を次々と買い求める市民。中国福建省福州市は春節(旧正月)を間近に控え、年越し用品市場の熱気が徐々に高まってきた。同市鼓西路にある店舗では、市民らが真っ赤な灯籠や春聯(春節に門の両側に貼る縁起の良い対句)、中国結びなど春節の飾り物を次々と買い求め、新春の訪れに備えていた。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年1月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012402999

  • 2019年01月22日
    春節ムード高まる福州の街福建省

    22日、飛ぶように売れるさまざまな形をした灯籠。中国福建省福州市は春節(旧正月)を間近に控え、年越し用品市場の熱気が徐々に高まってきた。同市鼓西路にある店舗では、市民らが真っ赤な灯籠や春聯(春節に門の両側に貼る縁起の良い対句)、中国結びなど春節の飾り物を次々と買い求め、新春の訪れに備えていた。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年1月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012402880

  • 2019年01月22日
    春節ムード高まる福州の街福建省

    22日、飛ぶように売れるさまざまな形をした灯籠。中国福建省福州市は春節(旧正月)を間近に控え、年越し用品市場の熱気が徐々に高まってきた。同市鼓西路にある店舗では、市民らが真っ赤な灯籠や春聯(春節に門の両側に貼る縁起の良い対句)、中国結びなど春節の飾り物を次々と買い求め、新春の訪れに備えていた。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年1月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012402898

  • 2019年01月22日
    春節ムード高まる福州の街福建省

    22日、福州市鼓西路にある対聯(対句を書いた張り紙)や灯籠を売る店。中国福建省福州市は春節(旧正月)を間近に控え、年越し用品市場の熱気が徐々に高まってきた。同市鼓西路にある店舗では、市民らが真っ赤な灯籠や春聯(春節に門の両側に貼る縁起の良い対句)、中国結びなど春節の飾り物を次々と買い求め、新春の訪れに備えていた。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年1月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012402951

  • 2019年01月23日
    春節ムードいっぱい活気あふれる中国農村の定期市

    23日、四川省内江市東興区高梁鎮の定期市で、春聯(春節に門の両側に貼る縁起の良い対句が書かれた赤い紙)を買い求める地元住民。23日は旧暦12月18日にあたり、中国四川省内江市東興区の高梁鎮は定期市で年越し用品を買い求める地元の人々で大いに賑わった。この日はちょうど市が立つ日で、市場には他の村や町および都市部から買い物客が集まり、活気にあふれていた。(内江=新華社配信/黄正華)=2019(平成31)年1月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012821455

  • 01:08.94
    2019年01月24日
    「新華社」春節ムード高まる福州の街福建省

    中国福建省福州市は春節(旧正月)を間近に控え、年越し用品市場の熱気が徐々に高まってきた。同市鼓西路にある店舗では、市民らが真っ赤な灯籠や春聯(春節に門の両側に貼る縁起の良い対句)、中国結びなど春節の飾り物を次々と買い求め、新春の訪れに備えていた。(記者/魏培全)<映像内容>春節前の年越し用品市場の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012403022

  • 2019年01月26日
    北京大学の学生が「春運」支援のボランティア活動

    26日、北京駅の待合ホールで帰省客に春聯をプレゼントする北京大学のボランティア。中国共産主義青年団北京大学委員会は春節(旧正月)前後の特別輸送態勢「春運」の開始以来、同校の100人以上の学生をボランティアとして組織、北京駅で奉仕活動を行っている。ボランティアは旅客の乗車券受け取りや荷物の運搬などを手助けし、「春聯」(しゅんれん、春節に門に張る対句)やマフラーなどもプレゼントしている。(北京=新華社記者/李欣)=2019(平成31)年1月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019013009939

  • 2019年01月26日
    北京大学の学生が「春運」支援のボランティア活動

    26日、北京駅の待合ホールで道を案内する北京大学のボランティア。中国共産主義青年団北京大学委員会は春節(旧正月)前後の特別輸送態勢「春運」の開始以来、同校の100人以上の学生をボランティアとして組織、北京駅で奉仕活動を行っている。ボランティアは旅客の乗車券受け取りや荷物の運搬などを手助けし、「春聯」(しゅんれん、春節に門に張る対句)やマフラーなどもプレゼントしている。(北京=新華社記者/李欣)=2019(平成31)年1月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019013009777

  • 2019年01月26日
    上海市で「年俗文化展」開幕

    26日、「年俗文化展」で子どもと共に春聯(春節に赤い紙に各種縁起の良い対句を書いたものをいい、家の入口などに貼る)を書く市民。中国の上海市群衆芸術館で26日、「年俗文化展」(中国の年俗文化は旧暦の旧正月の文化で、民俗文化の一つ)が開幕した。同展は1カ月間の会期中、家を模した空間で、伝統的な年越しの風習や典故(よりどころとなる故事、典例や故実)、行事、かまどの神を祭る儀式、切り絵文化、年画(旧正月に家の壁や門に飾る版画)文化などを市民に紹介する。(上海=新華社記者/任瓏)=2019(平成31)年1月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012918929

  • 2019年01月26日
    北京大学の学生が「春運」支援のボランティア活動

    26日、北京駅前の広場で見張りに立つ北京大学のボランティア。中国共産主義青年団北京大学委員会は春節(旧正月)前後の特別輸送態勢「春運」の開始以来、同校の100人以上の学生をボランティアとして組織、北京駅で奉仕活動を行っている。ボランティアは旅客の乗車券受け取りや荷物の運搬などを手助けし、「春聯」(しゅんれん、春節に門に張る対句)やマフラーなどもプレゼントしている。(北京=新華社記者/李欣)=2019(平成31)年1月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019013009748

  • 2019年01月26日
    北京大学の学生が「春運」支援のボランティア活動

    26日、北京駅の待合ホールで、子どもに「窓花(窓に貼る切り紙細工による絵)」をプレゼントする北京大学のボランティア。中国共産主義青年団北京大学委員会は春節(旧正月)前後の特別輸送態勢「春運」の開始以来、同校の100人以上の学生をボランティアとして組織、北京駅で奉仕活動を行っている。ボランティアは旅客の乗車券受け取りや荷物の運搬などを手助けし、「春聯」(しゅんれん、春節に門に張る対句)やマフラーなどもプレゼントしている。(北京=新華社記者/李欣)=2019(平成31)年1月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019013010373

  • 2019年01月26日
    北京大学の学生が「春運」支援のボランティア活動

    26日、北京駅の待合ホールで乗客の乗車券受け取りを手伝う北京大学のボランティア。中国共産主義青年団北京大学委員会は春節(旧正月)前後の特別輸送態勢「春運」の開始以来、同校の100人以上の学生をボランティアとして組織、北京駅で奉仕活動を行っている。ボランティアは旅客の乗車券受け取りや荷物の運搬などを手助けし、「春聯」(しゅんれん、春節に門に張る対句)やマフラーなどもプレゼントしている。(北京=新華社記者/李欣)=2019(平成31)年1月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019013009951

  • 2019年01月27日
    城門で春聯を書いて春節を迎えよう江蘇省南京

    27日、イベント会場となった城壁上で、子どもらに春聯の書き方を説明する書道家(右端)。中国共産党南京市委員会宣伝部、南京市文化観光局などが共催する「金陵(南京の古い呼称)で春聯を書き、幸福な中国の新年を迎えよう」をテーマにしたイベントが27日、南京中華門の甕城(おうじょう、防衛のため城門を囲って設けられた城壁)で行われた。市民が多数訪れ、甕城の城壁上で書道家が赤い紙に春聯(春節に門の両側に貼る縁起の良い対句)や「福」の字を書くのを見学した。(南京=新華社記者/尹炣)=2019(平成31)年1月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012918475

  • 2019年01月27日
    城門で春聯を書いて春節を迎えよう江蘇省南京

    27日、イベント会場で書道家が「福」の字を書くのを見学する子どもたち。中国共産党南京市委員会宣伝部、南京市文化観光局などが共催する「金陵(南京の古い呼称)で春聯を書き、幸福な中国の新年を迎えよう」をテーマにしたイベントが27日、南京中華門の甕城(おうじょう、防衛のため城門を囲って設けられた城壁)で行われた。市民が多数訪れ、甕城の城壁上で書道家が赤い紙に春聯(春節に門の両側に貼る縁起の良い対句)や「福」の字を書くのを見学した。(南京=新華社記者/尹炣)=2019(平成31)年1月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012918625

  • 2019年01月27日
    城門で春聯を書いて春節を迎えよう江蘇省南京

    27日、南京市中華門甕城の城壁上でのイベントに訪れた市民。中国共産党南京市委員会宣伝部、南京市文化観光局などが共催する「金陵(南京の古い呼称)で春聯を書き、幸福な中国の新年を迎えよう」をテーマにしたイベントが27日、南京中華門の甕城(おうじょう、防衛のため城門を囲って設けられた城壁)で行われた。市民が多数訪れ、甕城の城壁上で書道家が赤い紙に春聯(春節に門の両側に貼る縁起の良い対句)や「福」の字を書くのを見学した。(南京=新華社記者/尹炣)=2019(平成31)年1月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012918364

  • 2019年01月27日
    城門で春聯を書いて春節を迎えよう江蘇省南京

    27日、イベントの会場となった南京市中華門甕城の城壁。(小型無人機から)中国共産党南京市委員会宣伝部、南京市文化観光局などが共催する「金陵(南京の古い呼称)で春聯を書き、幸福な中国の新年を迎えよう」をテーマにしたイベントが27日、南京中華門の甕城(おうじょう、防衛のため城門を囲って設けられた城壁)で行われた。市民が多数訪れ、甕城の城壁上で書道家が赤い紙に春聯(春節に門の両側に貼る縁起の良い対句)や「福」の字を書くのを見学した。(南京=新華社記者/尹炣)=2019(平成31)年1月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012918742

  • 2019年01月27日
    城門で春聯を書いて春節を迎えよう江蘇省南京

    27日、イベント会場で記念撮影する小学生。中国共産党南京市委員会宣伝部、南京市文化観光局などが共催する「金陵(南京の古い呼称)で春聯を書き、幸福な中国の新年を迎えよう」をテーマにしたイベントが27日、南京中華門の甕城(おうじょう、防衛のため城門を囲って設けられた城壁)で行われた。市民が多数訪れ、甕城の城壁上で書道家が赤い紙に春聯(春節に門の両側に貼る縁起の良い対句)や「福」の字を書くのを見学した。(南京=新華社記者/尹炣)=2019(平成31)年1月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012919107

  • 2019年01月27日
    城門で春聯を書いて春節を迎えよう江蘇省南京

    27日、南京市中華門甕城の城壁上でのイベントに訪れた市民。中国共産党南京市委員会宣伝部、南京市文化観光局などが共催する「金陵(南京の古い呼称)で春聯を書き、幸福な中国の新年を迎えよう」をテーマにしたイベントが27日、南京中華門の甕城(おうじょう、防衛のため城門を囲って設けられた城壁)で行われた。市民が多数訪れ、甕城の城壁上で書道家が赤い紙に春聯(春節に門の両側に貼る縁起の良い対句)や「福」の字を書くのを見学した。(南京=新華社記者/尹炣)=2019(平成31)年1月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012919168

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:21.80
    2019年01月27日
    「新華社」年越し準備でにぎわう露天市新疆ウイグル自治区月亮地村

    春節(旧正月)を控え、中国新疆ウイグル自治区昌吉回族自治州モリ・カザフ自治県エギンブラク郷月亮地村で27日、「年の市」が開かれ、わずか100戸余りの小さな村には、夜も明けないうちから人々が続々と集まった。村では毎月7日、17日、27日に市が開かれ、周辺地域の商店が村で唯一の「大通り」に出店。商品は衣・食・住を網羅しており、何でもそろっている。この日は春節前最後の「年の市」で、村民は1年で最も規模が大きいこの市にやって来て、年越し準備のための正月用品を買いそろえた。月亮地村の「年の市」では、灯籠や春聯(春節に門の両側などに貼る縁起のいい対句が書かれた赤い紙)、「福」の字を書いた紙といった春節の必需品だけでなく、服や靴、生活用品も売られているが、最も特徴的なのは農家の自家製農産品だ。農村の作業場で搾り出したごま油、手作りの酢やしょうゆ、粉食の一種である大餅や鍋盔、菓子などは最もよく売れる人気商品だ。小さい頃から月亮地村で暮らしている許艶(きょ・えん)さんは、自宅の旧家をリフォームし、農村民泊施設として宿泊客に提供している。許さんら4人姉妹はこの日、自家製の小麦粉餅や蒸し菓子を販売したが、店頭に並べるとすぐに売り切れてしまった。月亮地村は、新疆ウイグル自治区の伝統が比較的完全な形で保存されている農村で「中国伝統村落」リストに登録されている。モリ・カザフ自治県はここ数年、同村に3千万元(1元=約16円)余りを投じて、伝統村落の保護・開発や村民生活の改善、美しい農村建設を結び付けた、郷土文化を色濃く伝承する古風で質朴な農村の建設を推進している。<映像内容>中国・月亮地村の「年の市」の風景、撮影日:2019(平成31)年1月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019013010566

  • 2019年01月27日
    城門で春聯を書いて春節を迎えよう江蘇省南京

    27日、城壁に掛けられる大型春聯の除幕式を行う来賓。中国共産党南京市委員会宣伝部、南京市文化観光局などが共催する「金陵(南京の古い呼称)で春聯を書き、幸福な中国の新年を迎えよう」をテーマにしたイベントが27日、南京中華門の甕城(おうじょう、防衛のため城門を囲って設けられた城壁)で行われた。市民が多数訪れ、甕城の城壁上で書道家が赤い紙に春聯(春節に門の両側に貼る縁起の良い対句)や「福」の字を書くのを見学した。(南京=新華社記者/尹炣)=2019(平成31)年1月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012919133

  • 2019年01月27日
    城門で春聯を書いて春節を迎えよう江蘇省南京

    27日、南京市中華門の甕城の城壁に掛けられた大型春聯。(小型無人機から)中国共産党南京市委員会宣伝部、南京市文化観光局などが共催する「金陵(南京の古い呼称)で春聯を書き、幸福な中国の新年を迎えよう」をテーマにしたイベントが27日、南京中華門の甕城(おうじょう、防衛のため城門を囲って設けられた城壁)で行われた。市民が多数訪れ、甕城の城壁上で書道家が赤い紙に春聯(春節に門の両側に貼る縁起の良い対句)や「福」の字を書くのを見学した。(南京=新華社記者/尹炣)=2019(平成31)年1月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012918611

  • 2019年01月27日
    城門で春聯を書いて春節を迎えよう江蘇省南京

    27日、イベント会場となった城壁上で、書道家が「福」の字を書くのを見学する市民。中国共産党南京市委員会宣伝部、南京市文化観光局などが共催する「金陵(南京の古い呼称)で春聯を書き、幸福な中国の新年を迎えよう」をテーマにしたイベントが27日、南京中華門の甕城(おうじょう、防衛のため城門を囲って設けられた城壁)で行われた。市民が多数訪れ、甕城の城壁上で書道家が赤い紙に春聯(春節に門の両側に貼る縁起の良い対句)や「福」の字を書くのを見学した。(南京=新華社記者/尹炣)=2019(平成31)年1月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012919129

  • 2019年01月28日
    「福」の字と共に心温まる旅に出る

    1月28日、瀋陽北駅で乗客のために「福」の字や春聯(春節に家の玄関などに貼る縁起の良い対句が書かれた赤い紙)を書く遼寧省書法家協会の書家ら。中国特有の現象で、人類史上最大規模の周期的な大移動とも言われる「春運」(旧正月前後の帰省・Uターンラッシュ)。2019年の春運期間の乗客数は延べ29億9千万人と予測されている。乗客の移動の需要を満たすため、中国の各運輸部門は繁忙期にも人情味あるサービスを提供し、乗客の心を温めている。(瀋陽=新華社記者/丁非白)=2019(平成31)年1月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020411963

  • 01:37.30
    2019年01月30日
    「新華社」エジプトで春節を祝うイベント開催

    「2019ハッピー・チャイニーズ・ニュー・イヤー・スプリング・フェスティバル」が今年もエジプトの紅海沿いの都市シャルム・エル・シェイクで開催され、現地の観光客は中国の年越しの雰囲気を大いに楽しんだ。3日間の会期で行われるイベントは現地時間1月30日夜、娯楽観光施設のハリウッド・シャルム・エル・シェイクで開幕した。山西省の刺繍、太原の切り紙細工など無形文化遺産の展示から、しんこ細工、雑技、伝統的な手品まで、中国らしさにあふれた文芸パフォーマンスが用意された。各国から訪れた観光客は、ちょうちんや春聯(春節に門に張る縁起の良い対句)などが飾り付けられた会場で足を止めると、数々の見事な演技をスマートフォンで撮影し歓声を上げた。太原市文化局の李紅星(り・こうせい)副局長は、山西省の芸術家たちが今回のイベントで国家・省級の無形文化遺産を10項目近く披露したと紹介し、これを機会に山西省と中国の素晴らしい伝統文化を盛り上げたいと期待した。(記者/湯潔峰、呉丹妮)<映像内容>エジプトで中国の春節を祝うイベント開催の様子、撮影日:2019(平成31)年1月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020412909

  • 04:16.23
    2019年01月30日
    「新華社」【字幕あり】赤ちゃんパンダ4頭、都江堰市の「住民身分証」取得

    中国四川省都江堰(とこうえん)市の中国ジャイアントパンダ保護研究センター都江堰基地でこのほど、4枚の特別な「住民身分証」が掲示された。これは、昨年同センターが都江堰市と共同で世界中から名前を公募した4頭のジャイアントパンダの「住民身分証」で、これらのパンダは「青城(チンチェン)」「玉塁(ユーレイ)」「離堆(リートゥイ)」「霊岩(リンイェン)」と名付けられた。同センター都江堰基地の蝶泉園では、子どもを連れたパンダ好きの家族が春節(旧正月)を前に忙しく働いていた。これはパンダの「飼い主」の仕事を体験するイベントで、パンダ好きの人々が飼育員の指導の下、飼育舎の掃除や笹の葉の準備、ミルク作りなどを通して「育て親」の苦労や難しさを体感した。パンダ好きの家族らは忙しく働いた後、特別プレゼントとして、都江堰市の書道家が書いた春聯(春節に門に貼る縁起の良い紙)を受け取った。それぞれの春聯には「青城」「玉塁」「離堆」「霊岩」の4つの名前にちなんだ言葉が書かれており、ファンにとっては4頭からの贈り物といえる貴重なものだ。今回名前を披露した4頭のジャイアントパンダは、一昨年の同センター・パンダ幼稚園のメンバーで、現在、彼らの健康状態は良好で、元気で活発に暮らしている。日常生活も専門の飼育員によって管理されている。昨年末現在、中国ジャイアントパンダ保護研究センターで飼育されているジャイアントパンダは285頭に上っている。世界の飼育総数の60%近くを占めており、人工飼育個体群数が世界最多で、最も合理的な遺伝構造を有した、最も活力のあるジャイアントパンダ個体群となっている。<映像内容>パンダのお世話を体験する人たちの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※白素材有り要問い合わせ

    商品コード: 2019013010538

  • 2019年01月31日
    心温まるサービスで患者に新春の喜びを届ける江西省

    1月31日、江西省人民医院の腫瘍科で、患者の血圧を測る看護師。中国江西省人民医院は新春を前に、「サービスの向上と患者への配慮」と題した活動を行った。外来診療に「心の癒しコーナー」を設け、患者やその家族にリラックスしてもらうため、定期的に音楽を演奏するほか、入院患者へ春聯や中国結びなど春節の飾り物を贈り、新春の到来を共に祝った。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2019(平成31)年1月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020411925

  • 2019年01月31日
    心温まるサービスで患者に新春の喜びを届ける江西省

    1月31日、江西省人民医院の外来診療ロビーの一角に設けられた「心の癒しコーナー」でピアノを弾くボランティア。中国江西省人民医院は新春を前に、「サービスの向上と患者への配慮」と題した活動を行った。外来診療に「心の癒しコーナー」を設け、患者やその家族にリラックスしてもらうため、定期的に音楽を演奏するほか、入院患者へ春聯や中国結びなど春節の飾り物を贈り、新春の到来を共に祝った。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2019(平成31)年1月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020412226

  • 2019年01月31日
    心温まるサービスで患者に新春の喜びを届ける江西省

    1月31日、江西省人民医院の腫瘍科で、入院患者とその家族に新春の喜びを伝える病院スタッフ。中国江西省人民医院は新春を前に、「サービスの向上と患者への配慮」と題した活動を行った。外来診療に「心の癒しコーナー」を設け、患者やその家族にリラックスしてもらうため、定期的に音楽を演奏するほか、入院患者へ春聯や中国結びなど春節の飾り物を贈り、新春の到来を共に祝った。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2019(平成31)年1月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020412205

  • 2019年01月31日
    心温まるサービスで患者に新春の喜びを届ける江西省

    1月31日、江西省人民医院の外来診療ロビーの一角に設けられた「心の癒しコーナー」でピアノを弾くボランティア。中国江西省人民医院は新春を前に、「サービスの向上と患者への配慮」と題した活動を行った。外来診療に「心の癒しコーナー」を設け、患者やその家族にリラックスしてもらうため、定期的に音楽を演奏するほか、入院患者へ春聯や中国結びなど春節の飾り物を贈り、新春の到来を共に祝った。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2019(平成31)年1月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020411857

  • 2019年02月02日
    オリンピック·ミュージアムを彩る「中国の赤」

    2日、赤いちょうちんで飾られたローザンヌのオリンピック・ミュージアム。スイスのローザンヌにあるオリンピック・ミュージアムで2日、赤いちょうちんや春聯(春節に門に貼る縁起の良い対句)など、中国の旧正月の飾り付けが行われた。同ミュージアムでは旧暦の大みそかに当たる4日、「チャイナレッド(中国の赤)・点灯2022」と題した「オリンピックに喝采」イベントを開催し、国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長がスイスの華人らと共に新春を祝う。(ローザンヌ=新華社記者/徐金泉)=2019(平成31)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020518345

  • 2019年02月02日
    オリンピック·ミュージアムを彩る「中国の赤」

    2日、赤いちょうちんで飾られたローザンヌのオリンピック・ミュージアムのロビーを通る観光客。スイスのローザンヌにあるオリンピック・ミュージアムで2日、赤いちょうちんや春聯(春節に門に貼る縁起の良い対句)など、中国の旧正月の飾り付けが行われた。同ミュージアムでは旧暦の大みそかに当たる4日、「チャイナレッド(中国の赤)・点灯2022」と題した「オリンピックに喝采」イベントを開催し、国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長がスイスの華人らと共に新春を祝う。(ローザンヌ=新華社記者/徐金泉)=2019(平成31)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020518003

  • 2019年02月02日
    オリンピック·ミュージアムを彩る「中国の赤」

    2日、赤いちょうちんで飾られたローザンヌのオリンピック・ミュージアム。スイスのローザンヌにあるオリンピック・ミュージアムで2日、赤いちょうちんや春聯(春節に門に貼る縁起の良い対句)など、中国の旧正月の飾り付けが行われた。同ミュージアムでは旧暦の大みそかに当たる4日、「チャイナレッド(中国の赤)・点灯2022」と題した「オリンピックに喝采」イベントを開催し、国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長がスイスの華人らと共に新春を祝う。(ローザンヌ=新華社記者/徐金泉)=2019(平成31)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020518168

  • 2019年02月02日
    オリンピック·ミュージアムを彩る「中国の赤」

    2日、ローザンヌのオリンピック・ミュージアムにある聖火台の後方につるされた赤いちょうちん。スイスのローザンヌにあるオリンピック・ミュージアムで2日、赤いちょうちんや春聯(春節に門に貼る縁起の良い対句)など、中国の旧正月の飾り付けが行われた。同ミュージアムでは旧暦の大みそかに当たる4日、「チャイナレッド(中国の赤)・点灯2022」と題した「オリンピックに喝采」イベントを開催し、国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長がスイスの華人らと共に新春を祝う。(ローザンヌ=新華社記者/徐金泉)=2019(平成31)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020518188

  • 2019年02月02日
    オリンピック·ミュージアムを彩る「中国の赤」

    2日、ローザンヌのオリンピック・ミュージアムに赤いちょうちんをつるすスタッフ(左)。スイスのローザンヌにあるオリンピック・ミュージアムで2日、赤いちょうちんや春聯(春節に門に貼る縁起の良い対句)など、中国の旧正月の飾り付けが行われた。同ミュージアムでは旧暦の大みそかに当たる4日、「チャイナレッド(中国の赤)・点灯2022」と題した「オリンピックに喝采」イベントを開催し、国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長がスイスの華人らと共に新春を祝う。(ローザンヌ=新華社記者/徐金泉)=2019(平成31)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020518146

  • 2019年02月02日
    オリンピック·ミュージアムを彩る「中国の赤」

    2日、赤いちょうちんで飾られたローザンヌのオリンピック・ミュージアム。スイスのローザンヌにあるオリンピック・ミュージアムで2日、赤いちょうちんや春聯(春節に門に貼る縁起の良い対句)など、中国の旧正月の飾り付けが行われた。同ミュージアムでは旧暦の大みそかに当たる4日、「チャイナレッド(中国の赤)・点灯2022」と題した「オリンピックに喝采」イベントを開催し、国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長がスイスの華人らと共に新春を祝う。(ローザンヌ=新華社記者/徐金泉)=2019(平成31)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020518222

  • 2019年02月02日
    オリンピック·ミュージアムを彩る「中国の赤」

    2日、ローザンヌのオリンピック・ミュージアムに赤いちょうちんをつるすスタッフ。スイスのローザンヌにあるオリンピック・ミュージアムで2日、赤いちょうちんや春聯(春節に門に貼る縁起の良い対句)など、中国の旧正月の飾り付けが行われた。同ミュージアムでは旧暦の大みそかに当たる4日、「チャイナレッド(中国の赤)・点灯2022」と題した「オリンピックに喝采」イベントを開催し、国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長がスイスの華人らと共に新春を祝う。(ローザンヌ=新華社記者/徐金泉)=2019(平成31)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020518186

  • 2019年02月02日
    オリンピック·ミュージアムを彩る「中国の赤」

    2日、ローザンヌのオリンピック・ミュージアムに飾られた赤いちょうちんと中国結び。スイスのローザンヌにあるオリンピック・ミュージアムで2日、赤いちょうちんや春聯(春節に門に貼る縁起の良い対句)など、中国の旧正月の飾り付けが行われた。同ミュージアムでは旧暦の大みそかに当たる4日、「チャイナレッド(中国の赤)・点灯2022」と題した「オリンピックに喝采」イベントを開催し、国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長がスイスの華人らと共に新春を祝う。(ローザンヌ=新華社記者/徐金泉)=2019(平成31)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020518190

  • 2019年02月03日
    白酒、火鍋、春聯-米国の若者が四川で体験した中国のお正月

    3日、四川省宜賓市で観光するカイルさん。米国のテキサス州からやって来た「95後」(1995~1999生まれ)の若者、カイル・オバーマン(中国名、欧陽凱)さんは今年、中国西部の四川省宜賓(ぎひん)市で初めて中国の春節(旧正月)を過ごした。この小さな町で白酒を飲み、火鍋を食べ、支付宝(アリペイ)のキャンペーンに参加して、中国らしい新年の雰囲気を存分に味わいながら、同時にデジタル技術が中国の小さな町や人々の生活にもたらした変化も実感した。(宜賓=新華社配信)=2019(平成31)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022107417

  • 2019年02月03日
    白酒、火鍋、春聯-米国の若者が四川で体験した中国のお正月

    カイルさんが大好きな四川料理。(2月3日撮影)米国のテキサス州からやって来た「95後」(1995~1999生まれ)の若者、カイル・オバーマン(中国名、欧陽凱)さんは今年、中国西部の四川省宜賓(ぎひん)市で初めて中国の春節(旧正月)を過ごした。この小さな町で白酒を飲み、火鍋を食べ、支付宝(アリペイ)のキャンペーンに参加して、中国らしい新年の雰囲気を存分に味わいながら、同時にデジタル技術が中国の小さな町や人々の生活にもたらした変化も実感した。(宜賓=新華社配信)=2019(平成31)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022107317

  • 01:40.31
    2019年02月04日
    「新華社」切り絵の正月飾りで新年を祝う

    中国陝西省延安市の切り絵職人、張艶(ちょう・えん)さんは毎年春節(旧正月)の前に春聯(しゅんれん、春節に門に張る縁起の良い対句)を作って友人らに贈り、新年を祝っている。(記者/梁愛平、李亜楠)<映像内容>切り絵職人の作業風景、作品など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020412913

  • 02:58.00
    2019年02月04日
    「新華社」赤ちゃんパンダの年越し日記「旧暦大晦日は賑やかな飾り付け」

    4日は旧暦の大晦日に当たる。中国では古くからこの日に新年の飾り物をする習慣があり「貼年紅」と呼ばれる。家の門に「春聯」(春節に門の両側に貼る縁起の良い対句が書かれた赤い紙)、壁などに「年画」(正月用の版画)、窓に「窓花」(切り絵細工)を貼ることで、新年の喜びと調和を表し、新しい年の平安を祈る。四川省の成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地では、飼育員が色々な食べ物で作った「正月飾り」を赤ちゃんパンダの飼育舎に飾り付けた。きれいな飾りは年越し気分を盛り上げるだけでなく、パンダの活動を増やすこともできる。一石二鳥と言える。(記者/蕭永航、張超群)<映像内容>正月飾りをつけるパンダの飼育舎の様子、撮影日:2019(平成31)年2月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020518454

  • 2019年02月05日
    白酒、火鍋、春聯-米国の若者が四川で体験した中国のお正月

    5日、四川省宜賓市で寒中水泳を体験する米国の若者カイルさん。米国のテキサス州からやって来た「95後」(1995~1999生まれ)の若者、カイル・オバーマン(中国名、欧陽凱)さんは今年、中国西部の四川省宜賓(ぎひん)市で初めて中国の春節(旧正月)を過ごした。この小さな町で白酒を飲み、火鍋を食べ、支付宝(アリペイ)のキャンペーンに参加して、中国らしい新年の雰囲気を存分に味わいながら、同時にデジタル技術が中国の小さな町や人々の生活にもたらした変化も実感した。(宜賓=新華社配信)=2019(平成31)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022107421

  • 2019年02月05日
    白酒、火鍋、春聯―米国の若者が四川で体験した中国のお正月

    5日、四川省宜賓市で寒中水泳を体験するカイルさん。米国のテキサス州からやって来た「95後」(1995〜1999生まれ)の若者、カイル・オバーマン(中国名、欧陽凱)さんは今年、中国西部の四川省宜賓(ぎひん)市で初めて中国の春節(旧正月)を過ごした。この小さな町で白酒を飲み、火鍋を食べ、支付宝(アリペイ)のキャンペーンに参加して、中国らしい新年の雰囲気を存分に味わいながら、同時にデジタル技術が中国の小さな町や人々の生活にもたらした変化も実感した。(宜賓=新華社配信)=2019(平成31)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022604017

  • 1
  • 2
  • 3