KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 旧正月
  • 記者
  • 春節
  • 令和
  • 平成
  • 交通
  • 集団
  • 乗客
  • 風景
  • スタート

「春運」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
565
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
565
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1959年12月31日
    春節帰省ラッシュの記憶郷愁は1枚の乗車券にあった

    1950年代に撮影された北京駅の乗車券販売窓口の作業風景。(資料写真)新中国の初代の鉄道乗車券は常備券(硬券)で、乗車情報を手作業で加える必要があった。当時は、まるで漢方薬を調合するように無数の棚から対応する乗車券を取り出し、販売していた。販売員は日付印字機を使って券に日付を印刷し、座席番号を貼り付け、そろばんで価格を計算する。当時は切符の販売に時間がかかり、ミスの発生率も高かった。1997年、コンピューターで印刷した赤い軟券が正式に使用され、「手作り」からキーボードの文字打ちに作業が変わったことで、乗車券の販売にかかる時間も数分から数十秒へと短縮された。2008年には青い磁気乗車券が登場し、自動改札機の導入後は乗客が自分で切符を投入して改札を通過できるようになった。2011年、ネット予約がスタートし、乗車券購入の流れは大幅に簡略化された。現在では、ペーパーレスの電子乗車券もすでに普及が始まり、乗客は「顔認証」で乗車することができる。将来、形のある乗車券は過去のものになるかもしれない。(北京=新華社配信/北京駅提供)=1950年代、クレジット:北京駅/新華社/共同通信イメージズ ※画像が荒れています。

    商品コード: 2019020519558

  • 1959年12月31日
    春節帰省ラッシュの記憶郷愁は1枚の乗車券にあった

    1950年代に撮影された北京駅の乗車券販売窓口で乗車券を買い求める人々。(資料写真)新中国の初代の鉄道乗車券は常備券(硬券)で、乗車情報を手作業で加える必要があった。当時は、まるで漢方薬を調合するように無数の棚から対応する乗車券を取り出し、販売していた。販売員は日付印字機を使って券に日付を印刷し、座席番号を貼り付け、そろばんで価格を計算する。当時は切符の販売に時間がかかり、ミスの発生率も高かった。1997年、コンピューターで印刷した赤い軟券が正式に使用され、「手作り」からキーボードの文字打ちに作業が変わったことで、乗車券の販売にかかる時間も数分から数十秒へと短縮された。2008年には青い磁気乗車券が登場し、自動改札機の導入後は乗客が自分で切符を投入して改札を通過できるようになった。2011年、ネット予約がスタートし、乗車券購入の流れは大幅に簡略化された。現在では、ペーパーレスの電子乗車券もすでに普及が始まり、乗客は「顔認証」で乗車することができる。将来、形のある乗車券は過去のものになるかもしれない。(北京=新華社配信/北京駅提供)=1950年代、クレジット:北京駅/新華社/共同通信イメージズ ※画像が荒れています。

    商品コード: 2019020519365

  • 1997年01月31日
    春節帰省ラッシュの記憶郷愁は1枚の乗車券にあった

    ウルムチ駅では30年余り続いた手作業で乗車情報を加えた乗車券の販売を終え、コンピューターで印字された乗車券の販売が始まった。(1997年1月撮影)新中国の初代の鉄道乗車券は常備券(硬券)で、乗車情報を手作業で加える必要があった。当時は、まるで漢方薬を調合するように無数の棚から対応する乗車券を取り出し、販売していた。販売員は日付印字機を使って券に日付を印刷し、座席番号を貼り付け、そろばんで価格を計算する。当時は切符の販売に時間がかかり、ミスの発生率も高かった。1997年、コンピューターで印刷した赤い軟券が正式に使用され、「手作り」からキーボードの文字打ちに作業が変わったことで、乗車券の販売にかかる時間も数分から数十秒へと短縮された。2008年には青い磁気乗車券が登場し、自動改札機の導入後は乗客が自分で切符を投入して改札を通過できるようになった。2011年、ネット予約がスタートし、乗車券購入の流れは大幅に簡略化された。現在では、ペーパーレスの電子乗車券もすでに普及が始まり、乗客は「顔認証」で乗車することができる。将来、形のある乗車券は過去のものになるかもしれない。(北京=新華社記者/艾尼瓦爾)=1997(平成9)年1月、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020518110

  • 1998年01月07日
    春節帰省ラッシュの記憶郷愁は1枚の乗車券にあった

    昼休みを利用して河北化工学校(現在の河北化工医薬職業技術学院)を訪れ、千人近い学生に乗車券を届ける石家荘駅の職員。(1998年1月7日撮影)新中国の初代の鉄道乗車券は常備券(硬券)で、乗車情報を手作業で加える必要があった。当時は、まるで漢方薬を調合するように無数の棚から対応する乗車券を取り出し、販売していた。販売員は日付印字機を使って券に日付を印刷し、座席番号を貼り付け、そろばんで価格を計算する。当時は切符の販売に時間がかかり、ミスの発生率も高かった。1997年、コンピューターで印刷した赤い軟券が正式に使用され、「手作り」からキーボードの文字打ちに作業が変わったことで、乗車券の販売にかかる時間も数分から数十秒へと短縮された。2008年には青い磁気乗車券が登場し、自動改札機の導入後は乗客が自分で切符を投入して改札を通過できるようになった。2011年、ネット予約がスタートし、乗車券購入の流れは大幅に簡略化された。現在では、ペーパーレスの電子乗車券もすでに普及が始まり、乗客は「顔認証」で乗車することができる。将来、形のある乗車券は過去のものになるのかもしれない。(北京=新華社記者/周文広)=1998(平成10)年1月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020518349

  • 2003年01月22日
    春節帰省ラッシュの記憶郷愁は1枚の乗車券にあった

    広東省東莞市の三和塑膠製品有限公司で、南昌鉄路局「春運」(中国で旧正月の前後に生じる大規模な帰省・Uターンラッシュに伴う特別輸送体制)サービスグループから届けられた春節後の復路乗車券を手に笑顔を見せる江西省上饒市出身の張雲英(ちょう・うんえい)さん(手前左)。(2003年1月22日撮影)新中国の初代の鉄道乗車券は常備券(硬券)で、乗車情報を手作業で加える必要があった。当時は、まるで漢方薬を調合するように無数の棚から対応する乗車券を取り出し、販売していた。販売員は日付印字機を使って券に日付を印刷し、座席番号を貼り付け、そろばんで価格を計算する。当時は切符の販売に時間がかかり、ミスの発生率も高かった。1997年、コンピューターで印刷した赤い軟券が正式に使用され、「手作り」からキーボードの文字打ちに作業が変わったことで、乗車券の販売にかかる時間も数分から数十秒へと短縮された。2008年には青い磁気乗車券が登場し、自動改札機の導入後は乗客が自分で切符を投入して改札を通過できるようになった。2011年、ネット予約がスタートし、乗車券購入の流れは大幅に簡略化された。現在では、ペーパーレスの電子乗車券もすでに普及が始まり、乗客は「顔認証」で乗車することができる。将来、形のある乗車券は過去のものになるかもしれない。(北京=新華社記者/陳春園)=2003(平成15)年1月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020518348

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2007年02月06日
    春節帰省ラッシュの記憶郷愁は1枚の乗車券にあった

    出稼ぎ労働者の団体予約を受け、済南高新区の建設現場で乗車券を手渡す済南駅の職員(右端)。(2007年2月6日)新中国の初代の鉄道乗車券は常備券(硬券)で、乗車情報を手作業で加える必要があった。当時は、まるで漢方薬を調合するように無数の棚から対応する乗車券を取り出し、販売していた。販売員は日付印字機を使って券に日付を印刷し、座席番号を貼り付け、そろばんで価格を計算する。当時は切符の販売に時間がかかり、ミスの発生率も高かった。1997年、コンピューターで印刷した赤い軟券が正式に使用され、「手作り」からキーボードの文字打ちに作業が変わったことで、乗車券の販売にかかる時間も数分から数十秒へと短縮された。2008年には青い磁気乗車券が登場し、自動改札機の導入後は乗客が自分で切符を投入して改札を通過できるようになった。2011年、ネット予約がスタートし、乗車券購入の流れは大幅に簡略化された。現在では、ペーパーレスの電子乗車券もすでに普及が始まり、乗客は「顔認証」で乗車することができる。将来、形のある乗車券は過去のものになるかもしれない。(北京=新華社記者/徐速絵)=2007(平成19)年2月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020518108

  • 2008年01月28日
    春運の記憶笑顔と涙のプラットホーム

    鄭州駅のプラットホームで、ほかほかのご飯とおかずを買い求める乗客。(2008年1月28日撮影)駅のプラットホームは「春運」(旧正月前後の帰省・Uターンラッシュ)の縮図だ。ここでは、帰省の喜びと別れの名残惜しさが残した心温まる瞬間を、数多く見つけることができる。(鄭州=新華社記者/陶明)=2008(平成20)年1月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021217982

  • 2010年01月30日
    春運の記憶変わりゆく列車と変わらぬ未来への憧れ

    左:2003年1月23日、福建省福州市から重慶市へ向かうL28号列車の11号車で、荷物棚に荷物を詰め込む乗車直後の乗客。(福州=新華社記者/姜克紅)右:2010年1月30日、湖北省武漢市と広東省広州市を結ぶ武広高速鉄道の車内で、乗客の荷物が安全に収納されているかを点検する車掌の姜飛(きょう・ひ)さん。(武漢=新華社記者/李明放)中国の列車はこの数十年来、見た目やハード面、サービス面で、極めて大きな変化を経験した。歩みを止めない中国人は、これら全ての変化を実感しながら前進し続けている。春運(春節前後の帰省・Uターンラッシュ)期間中の列車は、家族との再会への期待や、永遠に変わることのない故郷を気遣う思い、まだ見ぬ未来への憧れなど、中国人が最も忘れられない記憶を乗せ、大きな変化の中で過去と現在を走り抜け、希望を抱いて明日へと向かう。(北京=新華社配信)=2010(平成22)年1月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020412080

  • 2010年02月19日
    春運の記憶笑顔と涙のプラットホーム

    旧正月の6日目、安徽省の亳州(はくしゅう)駅で、仕事で上海に向かう息子とそのお嫁さんに窓越しに別れを惜しむ60代の陳鐘晨(ちん・しょうしん)さん。(2010年2月19日撮影)駅のプラットホームは「春運」(旧正月前後の帰省・Uターンラッシュ)の縮図だ。ここでは、帰省の喜びと別れの名残惜しさが残した心温まる瞬間を、数多く見つけることができる。(亳州=新華社配信/張延林)=2010(平成22)年2月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021217582

  • 2010年03月10日
    春運の記憶笑顔と涙のプラットホーム

    貴陽駅で、乗客に無料でお湯を提供している乗務員。(2010年3月10日撮影)駅のプラットホームは「春運」(旧正月前後の帰省・Uターンラッシュ)の縮図だ。ここでは、帰省の喜びと別れの名残惜しさが残した心温まる瞬間を、数多く見つけることができる。(貴陽=新華社記者/楊俊江)=2010(平成22)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021217419

  • 2011年01月09日
    春節帰省ラッシュの記憶郷愁は1枚の乗車券にあった

    2011年1月9日、上海駅北広場の「春運」(中国で旧正月の前後に生じる大規模な帰省・Uターンラッシュに伴う特別輸送体制)乗車券の「大規模売り場」が130カ所の販売窓口を開設。春節輸送体制初日の乗車券発売を開始した。「大規模売り場」で乗車券を買う乗客。新中国の初代の鉄道乗車券は常備券(硬券)で、乗車情報を手作業で加える必要があった。当時は、まるで漢方薬を調合するように無数の棚から対応する乗車券を取り出し、販売していた。販売員は日付印字機を使って券に日付を印刷し、座席番号を貼り付け、そろばんで価格を計算する。当時は切符の販売に時間がかかり、ミスの発生率も高かった。1997年、コンピューターで印刷した赤い軟券が正式に使用され、「手作り」からキーボードの文字打ちに作業が変わったことで、乗車券の販売にかかる時間も数分から数十秒へと短縮された。2008年には青い磁気乗車券が登場し、自動改札機の導入後は乗客が自分で切符を投入して改札を通過できるようになった。2011年、ネット予約がスタートし、乗車券購入の流れは大幅に簡略化された。現在では、ペーパーレスの電子乗車券もすでに普及が始まり、乗客は「顔認証」で乗車することができる。将来、形のある乗車券は過去のものになるかもしれない。(北京=新華社記者/裵鑫)=2011(平成23)年1月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020518287

  • 2011年01月17日
    春節帰省ラッシュの記憶郷愁は1枚の乗車券にあった

    乗客が合肥駅の自動販売機で乗車券を取る様子。(2011年1月17日撮影)新中国の初代の鉄道乗車券は常備券(硬券)で、乗車情報を手作業で加える必要があった。当時は、まるで漢方薬を調合するように無数の棚から対応する乗車券を取り出し、販売していた。販売員は日付印字機を使って券に日付を印刷し、座席番号を貼り付け、そろばんで価格を計算する。当時は切符の販売に時間がかかり、ミスの発生率も高かった。1997年、コンピューターで印刷した赤い軟券が正式に使用され、「手作り」からキーボードの文字打ちに作業が変わったことで、乗車券の販売にかかる時間も数分から数十秒へと短縮された。2008年には青い磁気乗車券が登場し、自動改札機の導入後は乗客が自分で切符を投入して改札を通過できるようになった。2011年、ネット予約がスタートし、乗車券購入の流れは大幅に簡略化された。現在では、ペーパーレスの電子乗車券もすでに普及が始まり、乗客は「顔認証」で乗車することができる。将来、形のある乗車券は過去のものになるかもしれない。(北京=新華社記者/李健)=2011(平成23)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020518283

  • 2011年01月18日
    春運の記憶笑顔と涙のプラットホーム

    年越しのため甘粛省の故郷へ帰省する両親を見送る浙江省寧波市で働く白さん。別れ際、両親が列車の窓に「保重(元気でね)」と書き残していった。(2011年1月18日撮影)駅のプラットホームは「春運」(旧正月前後の帰省・Uターンラッシュ)の縮図だ。ここでは、帰省の喜びと別れの名残惜しさが残した心温まる瞬間を、数多く見つけることができる。(寧波=新華社記者/鞠煥宗)=2011(平成23)年1月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021217631

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2011年01月18日
    混雑する北京西駅 中国“民族大移動”本格化

    2月初めの中国の春節(旧正月)を故郷で迎える地方出身者らの帰省ラッシュ「春運」が本格化している。18日、北京西駅構内は農民工と呼ばれる出稼ぎ労働者や学生であふれていた。河南省の山村へ帰る崔群成さん(45歳)は「私の村は中国の発展の速さと無縁。狭い農地では5人家族を養えない。春節が終わったら、また北京に戻るよ」。都市と地方を人々が往復する「民族大移動」は2月末まで続く。延べ28億5千万人が、鉄道や道路、空路など交通機関を利用すると見込まれる(共同)

    商品コード: 2011011800391

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2011年01月18日
    列車に殺到する人たち 中国“民族大移動”本格化

    2月初めの中国の春節(旧正月)を故郷で迎える地方出身者らの帰省ラッシュ「春運」が本格化している。18日、北京西駅構内は農民工と呼ばれる出稼ぎ労働者や学生であふれていた。河南省の山村へ帰る崔群成さん(45歳)は「私の村は中国の発展の速さと無縁。狭い農地では5人家族を養えない。春節が終わったら、また北京に戻るよ」。都市と地方を人々が往復する「民族大移動」は2月末まで続く。延べ28億5千万人が、鉄道や道路、空路など交通機関を利用すると見込まれる(共同)

    商品コード: 2011011800392

  • 2011年01月19日
    春節帰省ラッシュの記憶郷愁は1枚の乗車券にあった

    広州南駅の改札を通る乗客(2011年1月19日撮影)。新中国の初代の鉄道乗車券は常備券(硬券)で、乗車情報を手作業で加える必要があった。当時は、まるで漢方薬を調合するように無数の棚から対応する乗車券を取り出し、販売していた。販売員は日付印字機を使って券に日付を印刷し、座席番号を貼り付け、そろばんで価格を計算する。当時は切符の販売に時間がかかり、ミスの発生率も高かった。1997年、コンピューターで印刷した赤い軟券が正式に使用され、「手作り」からキーボードの文字打ちに作業が変わったことで、乗車券の販売にかかる時間も数分から数十秒へと短縮された。2008年には青い磁気乗車券が登場し、自動改札機の導入後は乗客が自分で切符を投入して改札を通過できるようになった。2011年、ネット予約がスタートし、乗車券購入の流れは大幅に簡略化された。現在では、ペーパーレスの電子乗車券もすでに普及が始まり、乗客は「顔認証」で乗車することができる。将来、形のある乗車券は過去のものになるかもしれない。(北京=新華社記者/陳曄華)=2011(平成23)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020518277

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2011年02月10日
    春運の記憶変わりゆく列車と変わらぬ未来への憧れ

    左:2005年3月10日、新疆ウイグル自治区のウルムチからカシュガルへ向かう列車内で、掃除をする乗務員。(ウルムチ=新華社記者/沙達提)右:2011年2月10日、武漢市の高速鉄道車両基地で車内を掃除する清掃員。(武漢=新華社記者/程敏)中国の列車はこの数十年来、見た目やハード面、サービス面で、極めて大きな変化を経験した。歩みを止めない中国人は、これら全ての変化を実感しながら前進し続けている。春運(春節前後の帰省・Uターンラッシュ)期間中の列車は、家族との再会への期待や、永遠に変わることのない故郷を気遣う思い、まだ見ぬ未来への憧れなど、中国人が最も忘れられない記憶を乗せ、大きな変化の中で過去と現在を走り抜け、希望を抱いて明日へと向かう。(北京=新華社配信)=2011(平成23)年2月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020412119

  • 2011年02月10日
    春運の記憶変わりゆく列車と変わらぬ未来への憧れ

    上:2005年3月5日、列車の汚れを落とす貴州省貴陽駅の列車清掃チーム。(貴陽=新華社記者/呉東俊)下:2011年2月10日、湖北省武漢市の高速鉄道車両基地で高速鉄道の車両を洗う清掃員。(武漢=新華社記者/程敏)中国の列車はこの数十年来、見た目やハード面、サービス面で、極めて大きな変化を経験した。歩みを止めない中国人は、これら全ての変化を実感しながら前進し続けている。春運(春節前後の帰省・Uターンラッシュ)期間中の列車は、家族との再会への期待や、永遠に変わることのない故郷を気遣う思い、まだ見ぬ未来への憧れなど、中国人が最も忘れられない記憶を乗せ、大きな変化の中で過去と現在を走り抜け、希望を抱いて明日へと向かう。(北京=新華社配信)=2011(平成23)年2月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020412176

  • 2012年01月05日
    春運の記憶笑顔と涙のプラットホーム

    杭州駅のプラットホームで別れのキスを交わすカップル。(2012年1月5日)駅のプラットホームは「春運」(旧正月前後の帰省・Uターンラッシュ)の縮図だ。ここでは、帰省の喜びと別れの名残惜しさが残した心温まる瞬間を、数多く見つけることができる。(杭州=新華社記者/鞠煥宗)=2012(平成24)年1月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021217641

  • 2012年01月07日
    春節帰省ラッシュの記憶郷愁は1枚の乗車券にあった

    重慶北駅の乗車券販売窓口で「春運」(中国で旧正月の前後に生じる大規模な帰省・Uターンラッシュに伴う特別輸送体制)乗車券を購入する乗客(2012年1月7日撮影)。新中国の初代の鉄道乗車券は常備券(硬券)で、乗車情報を手作業で加える必要があった。当時は、まるで漢方薬を調合するように無数の棚から対応する乗車券を取り出し、販売していた。販売員は日付印字機を使って券に日付を印刷し、座席番号を貼り付け、そろばんで価格を計算する。当時は切符の販売に時間がかかり、ミスの発生率も高かった。1997年、コンピューターで印刷した赤い軟券が正式に使用され、「手作り」からキーボードの文字打ちに作業が変わったことで、乗車券の販売にかかる時間も数分から数十秒へと短縮された。2008年には青い磁気乗車券が登場し、自動改札機の導入後は乗客が自分で切符を投入して改札を通過できるようになった。2011年、ネット予約がスタートし、乗車券購入の流れは大幅に簡略化された。現在では、ペーパーレスの電子乗車券もすでに普及が始まり、乗客は「顔認証」で乗車することができる。将来、形のある乗車券は過去のものになるかもしれない。(北京=新華社記者/李健)=2012(平成24)年1月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020518022

  • 2013年01月26日
    春運の記憶笑顔と涙のプラットホーム

    浙江省の杭州駅で、寧波東発広州行きの列車の停車中にホームから車窓越しに車内の孫に「おいで」をする陽さん。(2013年1月26日撮影)駅のプラットホームは「春運」(旧正月前後の帰省・Uターンラッシュ)の縮図だ。ここでは、帰省の喜びと別れの名残惜しさが残した心温まる瞬間を、数多く見つけることができる。(杭州=新華社記者/鞠煥宗)=2013(平成25)年1月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021217634

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2014年01月25日
    春運の記憶変わりゆく列車と変わらぬ未来への憧れ

    上:2000年の春運期間中、広東省広州市の広州駅で列車に乗り帰省する、重慶市から深圳市に出稼ぎに来た人々。(広州=新華社記者/壮錦)下:2014年1月25日、広東省広州市の広州南駅から高速鉄道G6102号列車に乗った乗客。(広州=新華社配信/丁勇)中国の列車はこの数十年来、見た目やハード面、サービス面で、極めて大きな変化を経験した。歩みを止めない中国人は、これら全ての変化を実感しながら前進し続けている。春運(春節前後の帰省・Uターンラッシュ)期間中の列車は、家族との再会への期待や、永遠に変わることのない故郷を気遣う思い、まだ見ぬ未来への憧れなど、中国人が最も忘れられない記憶を乗せ、大きな変化の中で過去と現在を走り抜け、希望を抱いて明日へと向かう。(北京=新華社配信)=2014(平成26)年1月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020412222

  • 2015年02月04日
    春運の記憶変わりゆく列車と変わらぬ未来への憧れ

    上:2009年1月23日、河南省の鄭州駅で窓越しに携帯電話で通話をしながら別れを惜しむ恋人。(鄭州=新華社記者/朱祥)下:2015年2月4日、安徽省合肥市から浙江省江山市に向かう高速鉄道の車内で、第4世代移動通信システム(4G)回線に接続し友人とビデオ通話をする乗客。(合肥=新華社記者/杜宇)中国の列車はこの数十年来、見た目やハード面、サービス面で、極めて大きな変化を経験した。歩みを止めない中国人は、これら全ての変化を実感しながら前進し続けている。春運(春節前後の帰省・Uターンラッシュ)期間中の列車は、家族との再会への期待や、永遠に変わることのない故郷を気遣う思い、まだ見ぬ未来への憧れなど、中国人が最も忘れられない記憶を乗せ、大きな変化の中で過去と現在を走り抜け、希望を抱いて明日へと向かう。(北京=新華社配信)=2015(平成27)年2月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020412164

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2016年01月01日
    ラサ駅、広範な対策で「春運」に対応

    北京西からラサ行きの列車(列車番号Z21)を降りて出口に向かう乗客。【新華社ラサ】チベットラサ駅では最近、「春運」(旧正月前後の帰省・Uターンラッシュ)を迎えるため、旅客に多くの便宜を図っている。ラサ駅では「出稼ぎ農民」向けの団体乗車券取り扱いサービスを打ち出し、「法に基づく軍人優先」窓口を開設し、自動券売機を増やすことで、旅客が窓口に並んで待つ時間を短縮した。また、乗車券販売窓口で電子決済サービス「WeChat Pay」(微信支付)、支付宝(アリペイ)を導入し、支払いが不便だという問題を解決した。ラサ駅では2018年1月1日から25日にかけて、鉄道利用客が累計で14万127人、25日の鉄道利用客が6037人、春運期間中の鉄道利用客が16万5000人に上ると見込んでいる。(新華社記者/張汝鋒)   =2016(平成28)年1月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018020601083

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2016年01月01日
    ラサ駅、広範な対策で「春運」に対応

    「WeChat Pay」(微信支付)で料金を支払う乗客の二次元バーコードを読み取るラサ駅の乗車券販売窓口担当者。【新華社ラサ】チベットラサ駅では最近、「春運」(旧正月前後の帰省・Uターンラッシュ)を迎えるため、旅客に多くの便宜を図っている。ラサ駅では「出稼ぎ農民」向けの団体乗車券取り扱いサービスを打ち出し、「法に基づく軍人優先」窓口を開設し、自動券売機を増やすことで、旅客が窓口に並んで待つ時間を短縮した。また、乗車券販売窓口で電子決済サービス「WeChat Pay」(微信支付)、支付宝(アリペイ)を導入し、支払いが不便だという問題を解決した。ラサ駅では2018年1月1日から25日にかけて、鉄道利用客が累計で14万127人、25日の鉄道利用客が6037人、春運期間中の鉄道利用客が16万5000人に上ると見込んでいる。(新華社記者/張汝鋒)=2016(平成28)年1月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018020601107

  • 2016年01月24日
    春運の記憶変わりゆく列車と変わらぬ未来への憧れ

    上:2004年1月7日、上海市から安徽省阜陽市に向かう臨時列車が南京駅に停車した際、ひしめき合いながらデッキに乗り込んだ乗客。(南京=新華社配信)​下:2016年1月24日、上海市から北京市に向かうG118号列車でデッキに立つ12歳の双子の兄弟。兄の劉鴻(りゅう・こう)君(左)と弟の劉翔(りゅう・しょう)君。(上海=新華社記者/李響)中国の列車はこの数十年来、見た目やハード面、サービス面で、極めて大きな変化を経験した。歩みを止めない中国人は、これら全ての変化を実感しながら前進し続けている。春運(春節前後の帰省・Uターンラッシュ)期間中の列車は、家族との再会への期待や、永遠に変わることのない故郷を気遣う思い、まだ見ぬ未来への憧れなど、中国人が最も忘れられない記憶を乗せ、大きな変化の中で過去と現在を走り抜け、希望を抱いて明日へと向かう。(北京=新華社配信)=2016(平成28)年1月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020412292

  • 2016年02月03日
    春運の記憶笑顔と涙のプラットホーム

    広州東駅のプラットホームで、妻の雷雲(らい・うん)さんを抱き寄せ、目に涙を浮かべる樊鼎(はん・てい)さん。樊さんは広東省の「春運」の第一線で働く国境警備を担う軍人、妻の雷さんは春運時期に運行される列車の乗務員だ。雷さんの乗務する臨時旅客列車が広州東駅に到着した時、樊さんがちょうど同駅に勤務していたことから、彼らはプラットホームで30分間ほどの「2人だけの時間」をもつことができた。(2016年2月3日撮影)駅のプラットホームは「春運」(旧正月前後の帰省・Uターンラッシュ)の縮図だ。ここでは、帰省の喜びと別れの名残惜しさが残した心温まる瞬間を、数多く見つけることができる。(広州=新華社記者/劉大偉)=2016(平成28)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021217778

  • 2016年02月06日
    春運の記憶変わりゆく列車と変わらぬ未来への憧れ

    上:1984年の春運期間中、河北省の石家荘駅で乗客にホームからお湯をサービスする駅員。(石家荘=新華社記者/趙連升)下:2016年2月6日、子どもの乗客にお湯をサービスする南昌鉄路局福州旅客輸送区間の乗務員、廖輝(りょう・き)さん。(福州=新華社記者/姜克紅)中国の列車はこの数十年来、見た目やハード面、サービス面で、極めて大きな変化を経験した。歩みを止めない中国人は、これら全ての変化を実感しながら前進し続けている。春運(春節前後の帰省・Uターンラッシュ)期間中の列車は、家族との再会への期待や、永遠に変わることのない故郷を気遣う思い、まだ見ぬ未来への憧れなど、中国人が最も忘れられない記憶を乗せ、大きな変化の中で過去と現在を走り抜け、希望を抱いて明日へと向かう。(北京=新華社配信)=2016(平成28)年2月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020412290

  • 2017年01月25日
    春運の記憶変わりゆく列車と変わらぬ未来への憧れ

    上:2004年2月5日、貴陽鉄路支局貴陽機関区で機関車を操作する運転士、張欣(ちょう・きん)さん。(貴陽=新華社記者/侯少華)下:2017年1月25日、北京南駅発天津行きの列車を操作する高速鉄道の運転士、周立(しゅう・りつ)さん。(北京=新華社配信/楊宝森)中国の列車はこの数十年来、見た目やハード面、サービス面で、極めて大きな変化を経験した。歩みを止めない中国人は、これら全ての変化を実感しながら前進し続けている。春運(春節前後の帰省・Uターンラッシュ)期間中の列車は、家族との再会への期待や、永遠に変わることのない故郷を気遣う思い、まだ見ぬ未来への憧れなど、中国人が最も忘れられない記憶を乗せ、大きな変化の中で過去と現在を走り抜け、希望を抱いて明日へと向かう。(北京=新華社配信)=2017(平成29)年1月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020412012

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2017年01月31日
    春運の記憶笑顔と涙のプラットホーム

    福州駅のホームで、年越しのため高速列車で重慶に戻る娘の羅梓菡(ら・しかん)さんと窓越しに別れのキスをする福州市の出稼ぎ労働者、羅江(ら・こう)さん。(2017年1月31日)駅のプラットホームは「春運」(旧正月前後の帰省・Uターンラッシュ)の縮図だ。ここでは、帰省の喜びと別れの名残惜しさが残した心温まる瞬間を、数多く見つけることができる。(福州=新華社記者/魏培全)=2017(平成29)年1月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021217977

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年02月01日
    警察犬「プリンス」、春運中に「勤務」

    1日、成都東駅で乗客の荷物をチェックする警察犬「プリンス」。【新華社成都】今年8歳になる警察犬「プリンス」は成都鉄道公安処警察犬チームに所属するオスのラブラドール・レトリバーだ。「プリンス」は春運(旧正月前後の帰省・Uターンラッシュ)の初日から、爆発物探知犬として本格的に仕事を始めた。「プリンス」は勤務時間中に駅構内の重要な場所や見えにくい場所及び乗客の荷物に対し、鼻で嗅ぎ分けて「セキュリティチェック」をし、乗客の安全を確保する。(新華社記者/薛玉斌)=2018(平成30)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018020500894

  • 2018年02月01日
    春運の旅路につく可愛い子供達

    1日、北京西駅で、列車を見て嬉しそうな子どもを抱え、G557号列車に乗る帰省客。【新華社北京】40日間にわたる2018年の「春運」(旧正月前後の帰省・Uターンラッシュ)が1日、本格的に始まった。大勢の子供たちも帰省の途につき、「春運」の主役の1人になっている。(新華社記者/鞠煥宗) =2018(平成30)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018020500878

  • 2018年02月01日
    春運の旅路につく可愛い子供達

    1日、中国貴州省貴陽北駅のロビーで、改札に向かう赤ちゃん連れの夫婦。【新華社北京】40日間にわたる2018年の「春運」(旧正月前後の帰省・Uターンラッシュ)が1日、本格的に始まった。大勢の子供たちも帰省の途につき、「春運」の主役の1人になっている。(新華社記者/劉続)=2018(平成30)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018020500880

  • 2018年02月01日
    「春運」終了期間中の旅客輸送量は約30億人

    2月1日未明、武漢駅で点検作業を待つ高速列車車両。中国では3月12日、2018年の「春運」(春節期間の帰省・Uターンラッシュに伴う特別輸送体制)が順調に終了した。中国交通運輸部の暫定的統計によると、2月1日からの計40日の期間中、全国旅客輸送量は延べ約29億7千万人で、昨年とほぼ同じだった。同部の責任者は次のように述べた。「春運」期間中、全国的輸送力は全体として状況に適したもので、利用客の「乗車券入手困難」の問題はいっそう緩和され、石炭や天然ガス、食肉、野菜など重点物資の輸送はほぼ整然と行われた。鉄道は通常輸送を確保した上で、1日当たり直通臨時的旅客列車287往復、夜間臨時高速列車88・5往復を増発した。道路にはバス84万台、座席にして2100万席余りを投入した。水路では船舶2万隻余り、座席にして100万席余りを投入した。空路では、民間航空が臨時便5166便と、夜間便1万便余りの増便を計画した。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2018(平成30)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018032200807

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年02月01日
    警察犬「プリンス」、春運中に「勤務」

    1日、成都東駅で、警察犬訓練士の宋文龍さんとたわむれる警察犬「プリンス」。【新華社成都】今年8歳になる警察犬「プリンス」は成都鉄道公安処警察犬チームに所属するオスのラブラドール・レトリバーだ。「プリンス」は春運(旧正月前後の帰省・Uターンラッシュ)の初日から、爆発物探知犬として本格的に仕事を始めた。「プリンス」は勤務時間中に駅構内の重要な場所や見えにくい場所及び乗客の荷物に対し、鼻で嗅ぎ分けて「セキュリティチェック」をし、乗客の安全を確保する。(新華社記者/薛玉斌)=2018(平成30)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018020500919

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年02月01日
    警察犬「プリンス」、春運中に「勤務」

    1日、成都東駅で乗客の荷物をチェックする警察犬「プリンス」。新華社成都】今年8歳になる警察犬「プリンス」は成都鉄道公安処警察犬チームに所属するオスのラブラドール・ レトリバーだ。「プリンス」は春運(旧正月前後の帰省・Uターンラッシュ)の初日から、爆発物探知犬として本格的に仕事を始めた。「プリンス」は勤務時間中に駅構内の重要な場所や見えにくい場所及び乗客の荷物に対し、鼻で嗅ぎ分けて「セキュリティチェック」をし、乗客の安全を確保する。(新華社記者/薛玉斌)=2018(平成30)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018020500889

  • 2018年02月01日
    春運の旅路につく可愛い子供達

    1日、北京西駅で、子どもを抱えてG557号列車に乗る帰省客。【新華社北京】40日間にわたる2018年の「春運」(旧正月前後の帰省・Uターンラッシュ)が1日、本格的に始まった。大勢の子供たちも帰省の途につき、「春運」の主役の1人になっている。(新華社記者/鞠煥宗)=2018(平成30)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018020500916

  • 2018年02月01日
    いざ、バイクで! 遠く離れた故郷へ帰省

    1日、福建省石獅路エリアを風を切って走るバイク帰省者の一団。【新華社福州】1日、40日間にわたる2018年の春運(旧正月前後の帰省・Uターンラッシュ)が本格的に始まった。春節(中国の旧正月)を故郷で過ごすバイク帰省者の一団が、朝早くから中国石油天然ガス集団(中石油)福建省泉州市荊山のガソリンスタンドで給油し、長い長い帰省の旅に出た。彼らの便宜を図るため、中石油は7年間続いている公益活動「バイク帰省者に温かいぬくもりを」をスタートさせ、福建省、江西省、湖北省、湖南省、広西チワン族自治区の5省区にある約100カ所のガソリンスタンドで「バイク帰省者」のために無料の給油サービスを行い、反射ベスト、ジンジャーティー、地図などを提供し、彼らに温かいぬくもりを届けている。(新華社記者/魏培全) =2018(平成30)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018020500908

  • 2018年02月01日
    春運の旅路につく可愛い子供達

    1日、中国黒竜江省ハルビン駅で、列車の車窓から外を眺める子供。 【新華社北京】40日間にわたる2018年の「春運」(旧正月前後の帰省・Uターンラッシュ)が1日、本格的に始まった。大勢の子供たちも帰省の途につき、「春運」の主役の1人になっている。(新華社記者/王建威)=2018(平成30)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018020500902

  • 2018年02月01日
    2018年の「春運」がスタート

    1日未明、北京駅を出発した北京発重慶北行きの3603号列車。 【新華社北京】中国2018年の「春運」(旧正月前後の帰省・Uターンラッシュ)が1日、本格的に始まった。(新華社記者/邢広利) =2018(平成30)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018020500846

  • 2018年02月01日
    2018年の「春運」がスタート

    1日未明、北京駅発重慶北行きの3603号列車に乗る旅客。【新華社北京】中国2018年の「春運」(旧正月前後の帰省・Uターンラッシュ)が1日、本格的に始まった。(新華社記者/邢広利)=2018(平成30)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018020500867

  • 03:41.75
    2018年02月01日
    中国、帰省ラッシュ開始 春節控え、30億人大移動

    中国で16日の春節(旧正月)をふるさとで過ごす人たちの帰省ラッシュ「春運」が1日、始まった。中国政府は3月12日までの期間中、去年とほぼ同水準の延べ29億8千万人が車や鉄道で移動すると予想している。 中国では春節前後の40日間を春運と呼び、政府主導で特別輸送態勢を取る。ここ数年はスマートフォンで切符を予約するのが主流で、旅客の多い路線は発売してすぐに売り切れる事態が続出。政府は臨時増便などの取り組みをアピールしているが、追い付いていない。北京駅では1日朝、大きな荷物を抱えた人たちの長い列ができた。 〈映像内容〉北京駅前の混雑の様子や大きな荷物を持った人々の様子、駅で順番待ちをする人たちの列など。撮影日:2018(平成30)年2月1日、現地時間午前10時半~11時半(日本時間午前11時半~午後0時半)に撮影、撮影場所:中国・北京駅

    商品コード: 2018020200582

  • 2018年02月01日
    いざ、バイクで! 遠く離れた故郷へ帰省

    1日、中国石油天然ガス集団(中石油)福建省泉州市荊山のガソリンスタンドで、奥さんとともにバイクで帰省する黄振春(左1)さんが、反射ベストとマフラー、地図を無料で提供するサービスを受けている。【新華社福州】1日、40日間にわたる2018年の春運(旧正月前後の帰省・Uターンラッシュ)が本格的に始まった。春節(中国の旧正月)を故郷で過ごすバイク帰省者の一団が、朝早くから中国石油天然ガス集団(中石油)福建省泉州市荊山のガソリンスタンドで給油し、長い長い帰省の旅に出た。彼らの便宜を図るため、中石油は7年間続いている公益活動「バイク帰省者に温かいぬくもりを」をスタートさせ、福建省、江西省、湖北省、湖南省、広西チワン族自治区の5省区にある約100カ所のガソリンスタンドで「バイク帰省者」のために無料の給油サービスを行い、反射ベスト、ジンジャーティー、地図などを提供し、彼らに温かいぬくもりを届けている。(新華社記者/魏培全) =2018(平成30)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018020500884

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年02月01日
    警察犬「プリンス」、春運中に「勤務」

    1日、成都市の成都東駅で、乗客の荷物をチェックする警察犬「プリンス」。【新華社成都】今年8歳になる警察犬「プリンス」は成都鉄道公安処警察犬チームに所属するオスのラブラドール・レトリバーだ。「プリンス」は春運(旧正月前後の帰省・Uターンラッシュ)の初日から、爆発物探知犬として本格的に仕事を始めた。「プリンス」は勤務時間中に駅構内の重要な場所や見えにくい場所及び乗客の荷物に対し、鼻で嗅ぎ分けて「セキュリティチェック」をし、乗客の安全を確保する。(新華社記者/薛玉斌)=2018(平成30)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018020500914

  • 2018年02月01日
    2018年の「春運」がスタート

    1日の明け方、北京駅発重慶北行きの3603号列車に乗る乗客がプラットホームへ向かう。【新華社北京】中国2018年の「春運」(旧正月前後の帰省・Uターンラッシュ)が1日、本格的に始まった。(新華社記者/邢広利)=2018(平成30)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018020500852

  • 2018年02月01日
    2018年の「春運」がスタート

    1日未明、上海南発重慶北行きのK4085号列車に乗り、出発を待つ乗客。【新華社北京】中国2018年の「春運」(旧正月前後の帰省・Uターンラッシュ)が1日、本格的に始まった。(新華社記者/丁汀) =2018(平成30)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018020500860

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年02月01日
    いざ、バイクで! 遠く離れた故郷へ帰省

    1日、帰省する出稼ぎ労働者に無料で給油サービスを行う中国石油天然ガス集団(中石油)の若いボランティア。【新華社福州】1日、40日間にわたる2018年の春運(旧正月前後の帰省・Uターンラッシュ)が本格的に始まった。春節(中国の旧正月)を故郷で過ごすバイク帰省者の一団が、朝早くから中国石油天然ガス集団(中石油)福建省泉州市荊山のガソリンスタンドで給油し、長い長い帰省の旅に出た。彼らの便宜を図るため、中石油は7年間続いている公益活動「バイク帰省者に温かいぬくもりを」をスタートさせ、福建省、江西省、湖北省、湖南省、広西チワン族自治区の5省区にある約100カ所のガソリンスタンドで「バイク帰省者」のために無料の給油サービスを行い、反射ベスト、ジンジャーティー、地図などを提供し、彼らに温かいぬくもりを届けている。(新華社記者/魏培全) =2018(平成30)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018020500922

  • 2018年02月01日
    いざ、バイクで! 遠く離れた故郷へ帰省

    1日、まだ暗いうちに家路につくバイク帰省者の一団。【新華社福州】1日、40日間にわたる2018年の春運(旧正月前後の帰省・Uターンラッシュ)が本格的に始まった。春節(中国の旧正月)を故郷で過ごすバイク帰省者の一団が、朝早くから中国石油天然ガス集団(中石油)福建省泉州市荊山のガソリンスタンドで給油し、長い長い帰省の旅に出た。彼らの便宜を図るため、中石油は7年間続いている公益活動「バイク帰省者に温かいぬくもりを」をスタートさせ、福建省、江西省、湖北省、湖南省、広西チワン族自治区の5省区にある約100カ所のガソリンスタンドで「バイク帰省者」のために無料の給油サービスを行い、反射ベスト、ジンジャーティー、地図などを提供し、彼らに温かいぬくもりを届けている。(新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018020500927

  • 2018年02月01日
    2018年の「春運」がスタート

    1日の明け方、北京駅発重慶北行きの3603号列車に乗る呉可花ちゃんとその家族。【新華社北京】中国2018年の「春運」(旧正月前後の帰省・Uターンラッシュ)が1日、本格的に始まった。(新華社記者/邢広利)=2018(平成30)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018020500853

  • 2018年02月01日
    「春運」終了期間中の旅客輸送量は約30億人

    2月1日、西安北駅で無人快速検証改札口を通る旅客。中国では3月12日、2018年の「春運」(春節期間の帰省・Uターンラッシュに伴う特別輸送体制)が順調に終了した。中国交通運輸部の暫定的統計によると、2月1日から計40日の期間中、全国旅客輸送量は延べ約29億7千万人で、昨年とほぼ同じだった。同部の責任者は次のように述べた。「春運」期間中、全国的輸送力は全体として状況に適したもので、利用客の「乗車券入手困難」の問題はいっそう緩和され、石炭や天然ガス、食肉、野菜など重点物資の輸送はほぼ整然と行われた。鉄道は通常輸送を確保した上で、1日当たり直通臨時的旅客列車287往復、夜間臨時高速列車88・5往復を増発した。道路にはバス84万台、座席にして2100万席余りを投入した。水路では船舶2万隻余り、座席にして100万席余りを投入した。空路では、民間航空が臨時便5166便と、夜間便1万便余りの増便を計画した。(西安=新華社記者/劉瀟)=2018(平成30)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018032200821

  • 2018年02月01日
    「春運」始まる北京駅 中国、帰省ラッシュ開始

    1日、春節の帰省ラッシュが始まり、混雑する北京駅(共同)

    商品コード: 2018020100848

  • 2018年02月02日
    人の温かさに触れる帰省旅

    2日、正解して賞品をもらった子どもたちと記念写真を撮る「復興号」G79号列車の車掌、仲召爽さん(中央)。【新華社北京】2日は春運(春節前後の帰省・Uターンラッシュ)開始の二日目にあたる。北京西発深セン福田行きの高速鉄道列車「復興号」(列車番号G79)の車内では、車掌と乗務員が鉄道に関するクイズ形式のゲームを行い、正解した乗客に春聯(旧正月を迎える時に家々の門に貼られるめでたい意味の対句が書かれた赤い紙)と「福」の文字が描かれた切り紙をプレゼントして、帰省途中の乗客に温もりを届けた。(新華社記者/李鑫)=2018(平成30)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018020601012

  • 2018年02月02日
    人の温かさに触れる帰省旅

    2日、「復興号」G79号列車の車内で、クイズゲームに盛り上がる乗客。【新華社北京】2日は春運(春節前後の帰省・Uターンラッシュ)開始の二日目にあたる。北京西発深セン福田行きの高速鉄道列車「復興号」(列車番号G79)の車内では、車掌と乗務員が鉄道に関するクイズ形式のゲームを行い、正解した乗客に春聯(旧正月を迎える時に家々の門に貼られるめでたい意味の対句が書かれた赤い紙)と「福」の文字が描かれた切り紙をプレゼントして、帰省途中の乗客に温もりを届けた。(新華社記者/李鑫)=2018(平成30)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018020601021

  • 2018年02月02日
    人の温かさに触れる帰省旅

    2日、「復興号」G79号列車の車内で、賞品の「福」の文字が描かれた切り紙を見せる乗客。【新華社北京】2日は春運(春節前後の帰省・Uターンラッシュ)開始の二日目にあたる。北京西発深セン福田行きの高速鉄道列車「復興号」(列車番号G79)の車内では、車掌と乗務員が鉄道に関するクイズ形式のゲームを行い、正解した乗客に春聯(旧正月を迎える時に家々の門に貼られるめでたい意味の対句が書かれた赤い紙)と「福」の文字が描かれた切り紙をプレゼントして、帰省途中の乗客に温もりを届けた。(新華社記者/李鑫)=2018(平成30)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018020601000

  • 2018年02月02日
    人の温かさに触れる帰省旅

    2日、「福」の文字が描かれた切り紙を乗客にプレゼントする「復興号」G79号列車の車掌、仲召爽さん(右)。【新華社北京】2日は春運(春節前後の帰省・Uターンラッシュ)開始の二日目にあたる。北京西発深セン福田行きの高速鉄道列車「復興号」(列車番号G79)の車内では、車掌と乗務員が鉄道に関するクイズ形式のゲームを行い、正解した乗客に春聯(旧正月を迎える時に家々の門に貼られるめでたい意味の対句が書かれた赤い紙)と「福」の文字が描かれた切り紙をプレゼントして、帰省途中の乗客に温もりを届けた。(新華社記者/李鑫)=2018(平成30)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018020600996

  • 2018年02月03日
    高速鉄道「復興号」の「お医者さん」

    2日の深夜、北京高速鉄道車両基地(南センター)の検車庫で、「復興号」の底部の状況をチェックする鉄道車両技術者の付強さん。【新華社北京】今年の「春運」(旧正月前後の帰省・Uターンラッシュ)期間中、高速列車「復興号」の数10本を含む高速列車80本が北京高速鉄道車両基地(南センター)の検車庫で毎日点検を受けている。ここでは、1500余名の作業員が「春運」の安全を守るため、昼夜交替で働いている。彼らは高速で疾走し続ける高速鉄道にとって「お医者さん」のような存在であり、多くの乗客が無事に帰省できるように黙々と献身的に働いている。(新華社記者/沈伯韓)=2018(平成30)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018020600831

  • 2018年02月03日
    高速鉄道「復興号」の「お医者さん」

    2日の深夜、北京高速鉄道車両基地(南センター)の検車庫で、「復興号」の底部の状況をチェックする鉄道車両整備士の付強さん。【新華社北京】今年の「春運」(旧正月前後の帰省・Uターンラッシュ)期間中、高速列車「復興号」の数10本を含む高速列車80本が北京高速鉄道車両基地(南センター)の検車庫で毎日点検を受けている。ここでは、1500余名の作業員が「春運」の安全を守るため、昼夜交替で働いている。彼らは高速で疾走し続ける高速鉄道にとって「お医者さん」のような存在であり、多くの乗客が無事に帰省できるように黙々と献身的に働いている。(新華社記者/沈伯韓) =2018(平成30)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018020600825

  • 2018年02月03日
    高速鉄道「復興号」の「お医者さん」

    2日の深夜、北京高速鉄道車両基地(南センター)の検車庫で「復興号」の頂部にある集電装置(パンタグラフ)の状態をチェックする作業員。【新華社北京】今年の「春運」(旧正月前後の帰省・Uターンラッシュ)期間中、高速列車「復興号」の数10本を含む高速列車80本が北京高速鉄道車両基地(南センター)の検車庫で毎日点検を受けている。ここでは、1500余名の作業員が「春運」の安全を守るため、昼夜交替で働いている。彼らは高速で疾走し続ける高速鉄道にとって「お医者さん」のような存在であり、多くの乗客が無事に帰省できるように黙々と献身的に働いている。(新華社記者/沈伯韓)  =2018(平成30)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018020600840

  • 2018年02月03日
    青島市、帰省ラッシュ「春運」にロボット投入

    3日、中国山東省の青島北駅の待合室で、質問回答ロボット「小路」を不思議そうに見つめる子供。 【新華社青島】マンマシンインターフェース、人工知能(AI)、ビッグデータなど複数の先端技術によるロボット「小路」がこのほど、中国山東省青島市の青島北駅の待合室に登場、乗客がダイヤや改札口、飲食、道案内などに関して口頭で問いかけると答えてくれる機能や検索機能を持つ。「春運」(旧正月前後の帰省・Uターンラッシュ)期間中の乗客に利便性をもたらすと期待されている。(王海濱)=2018(平成30)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018020600834

  • 2018年02月03日
    高速鉄道「復興号」の「お医者さん」

    2日の深夜、北京高速鉄道車両基地(南センター)の検車庫で、「復興号」の車体を洗う作業員。【新華社北京】今年の「春運」(旧正月前後の帰省・Uターンラッシュ)期間中、高速列車「復興号」の数10本を含む高速列車80本が北京高速鉄道車両基地(南センター)の検車庫で毎日点検を受けている。ここでは、1500余名の作業員が「春運」の安全を守るため、昼夜交替で働いている。彼らは高速で疾走し続ける高速鉄道にとって「お医者さん」のような存在であり、多くの乗客が無事に帰省できるように黙々と献身的に働いている。(新華社記者/沈伯韓)=2018(平成30)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018020600809

  • 2018年02月03日
    青島市、帰省ラッシュ「春運」にロボット投入

    3日、乗客に質問回答ロボット「小路」を紹介する青島北駅の駅員。【新華社青島】マンマシンインターフェース、人工知能(AI)、ビッグデータなど複数の先端技術によるロボット「小路」がこのほど、中国山東省青島市の青島北駅の待合室に登場、乗客がダイヤや改札口、飲食、道案内などに関して口頭で問いかけると答えてくれる機能や検索機能を持つ。「春運」(旧正月前後の帰省・Uターンラッシュ)期間中の乗客に利便性をもたらすと期待されている。(王海濱)=2018(平成30)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018020600833

  • 2018年02月03日
    高速列車「復興号」の「お医者さん」

    2日の深夜、北京高速鉄道車両基地(南センター)の検車庫で、鉄道車両整備士の付強さん(左)と張鉄健さん。 【新華社北京】今年の「春運」(旧正月前後の帰省・Uターンラッシュ)期間中、高速列車「復興号」の数10本を含む高速列車80本が北京高速鉄道車両基地(南センター)の検車庫で毎日点検を受けている。ここでは、1500余名の作業員が「春運」の安全を守るため、昼夜交替で働いている。彼らは高速で疾走し続ける高速鉄道にとって「お医者さん」のような存在であり、多くの乗客が無事に帰省できるように黙々と献身的に働いている。(新華社記者/沈伯韓) =2018(平成30)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018020600838

  • 2018年02月03日
    青島市、帰省ラッシュ「春運」にロボット投入

    3日、中国山東省の青島北駅の待合室で、質問回答ロボット「小路」で情報を検索する乗客。 【新華社青島】マンマシンインターフェース、人工知能(AI)、ビッグデータなど複数の先端技術によるロボット「小路」がこのほど、中国山東省青島市の青島北駅の待合室に登場、乗客がダイヤや改札口、飲食、道案内などに関して口頭で問いかけると答えてくれる機能や検索機能を持つ。「春運」(旧正月前後の帰省・Uターンラッシュ)期間中の乗客に利便性をもたらすと期待されている。(王海濱) =2018(平成30)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018020600812

  • 2018年02月06日
    鄭州東駅に外国人ボランティアがやって来た

    切符を見て乗客に改札口の場所を教えるドイツ人ボランティアのリーミーさん(右1)とジンユェンさん(右2)。「春運」(旧正月前後の帰省・Uターンラッシュ)期間中、中国河南省の鄭州東駅にはパキスタン、ドイツ、オーストラリアなどの国のボランティア15人が集まった。ボランティアたちは同地のボランティアと乗客の質問に答えたり、改札からホームまでの行き方を教えたり、手助けを必要とする乗客を助けたりなどして、「春運」期間中の乗客が安全・快適に帰省できるようさまざまな奉仕活動を行った。(鄭州=新華社記者/李安)=2018(平成30)年2月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018020901118

  • 2018年02月06日
    鄭州東駅に外国人ボランティアがやって来た

    6日、乗客に「福」の字が書かれた切り紙を配る外国人ボランティア。「春運」(旧正月前後の帰省・Uターンラッシュ)期間中、中国河南省の鄭州東駅にはパキスタン、ドイツ、オーストラリアなどの国のボランティア15人が集まった。ボランティアたちは同地のボランティアと乗客の質問に答えたり、改札からホームまでの行き方を教えたり、手助けを必要とする乗客を助けたりなどして、「春運」期間中の乗客が安全・快適に帰省できるようさまざまな奉仕活動を行った。(鄭州=新華社記者/李安)=2018(平成30)年2月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018020901136

  • 2018年02月06日
    鄭州東駅に外国人ボランティアがやって来た

    6日、「福」の字が書かれた紙を手に持ち、乗客に春節(中国の旧正月)のあいさつをする外国人ボランティアと駅員及び書道愛好者。「春運」(旧正月前後の帰省・Uターンラッシュ)期間中、中国河南省の鄭州東駅にはパキスタン、ドイツ、オーストラリアなどの国のボランティア15人が集まった。ボランティアたちは同地のボランティアと乗客の質問に答えたり、改札からホームまでの行き方を教えたり、手助けを必要とする乗客を助けたりなどして、「春運」期間中の乗客が安全・快適に帰省できるようさまざまな奉仕活動を行った。(鄭州=新華社記者/李安)=2018(平成30)年2月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018020901142

  • 2018年02月06日
    鄭州東駅に外国人ボランティアがやって来た

    6日、ドイツ人ボランティアのリーミーさん(左2)が、書道愛好者の指導を受けながら、乗客にプレゼントする「福」の字を書いている。「春運」(旧正月前後の帰省・Uターンラッシュ)期間中、中国河南省の鄭州東駅にはパキスタン、ドイツ、オーストラリアなどの国のボランティア15人が集まった。ボランティアたちは同地のボランティアと乗客の質問に答えたり、改札からホームまでの行き方を教えたり、手助けを必要とする乗客を助けたりなどして、「春運」期間中の乗客が安全・快適に帰省できるようさまざまな奉仕活動を行った。(鄭州=新華社記者/李安)=2018(平成30)年2月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018020901135

  • 2018年02月06日
    鄭州東駅に外国人ボランティアがやって来た

    6日、カウンターで乗客に改札への行き方を教えるパキスタン人ボランティアのエミールさん(左2)。「春運」(旧正月前後の帰省・Uターンラッシュ)期間中、中国河南省の鄭州東駅にはパキスタン、ドイツ、オーストラリアなどの国のボランティア15人が集まった。ボランティアたちは同地のボランティアと乗客の質問に答えたり、改札からホームまでの行き方を教えたり、手助けを必要とする乗客を助けたりなどして、「春運」期間中の乗客が安全・快適に帰省できるようさまざまな奉仕活動を行った。(鄭州=新華社記者/李安)=2018(平成30)年2月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018020901139

  • 2018年02月07日
    駆け回っている高速鉄道のデリバリー配達員

    南京南駅で、高速列車の入構を待っている配達員。高速鉄道のネットデリバリーサービスが開始され、旅客は列車に乗車する際、様々なグルメを味わうことができるようになった。2018年の春運(旧正月前後の帰省、Uターンラッシュ)が始まって以来、上海鉄路局の12306ネットワーク·ケータリング·サービスは、1万2千食以上の料理を運び、旅客から広く歓迎されている。このおいしい料理の背後には、立ち止まることなく駆け回っている「高速鉄道のデリバリー配達員」たちが黙々とこなすサービスが存在する。(南京=新華社記者/李響)=2018(平成30)年2月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018030100941

  • 2018年02月07日
    駆け回っている高速鉄道のデリバリー配達員

    南京南駅の12306ネットワーク・ケータリング・センターで、旅客が注文した食事を配送ボックスに入れる配達員。高速鉄道のネットデリバリーサービスが開始され、旅客は列車に乗車する際、様々なグルメを味わうことができるようになった。2018年の春運(旧正月前後の帰省、Uターンラッシュ)が始まって以来、上海鉄路局の12306ネットワーク·ケータリング·サービスは、1万2千食以上の料理を運び、旅客から広く歓迎されている。このおいしい料理の背後には、立ち止まることなく駆け回っている「高速鉄道のデリバリー配達員」たちが黙々とこなすサービスが存在する。(南京=新華社記者/李響)=2018(平成30)年2月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018030100970

  • 2018年02月07日
    駆け回っている高速鉄道のデリバリー配達員

    南京南駅の12306ネットワーク·ケータリング·センターで、注文票を受け取るデリバリー配達員。高速鉄道のネットデリバリーサービスが開始され、旅客は列車に乗車する際、様々なグルメを味わうことができるようになった。2018年の春運(旧正月前後の帰省、Uターンラッシュ)が始まって以来、上海鉄路局の12306ネットワーク·ケータリング·サービスは、1万2千食以上の料理を運び、旅客から広く歓迎されている。このおいしい料理の背後には、立ち止まることなく駆け回っている「高速鉄道のデリバリー配達員」たちが黙々とこなすサービスが存在する。(南京=新華社記者/李響)=2018(平成30)年2月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018030100956

  • 2018年02月08日
    「春運」終了期間中の旅客輸送量は約30億人

    2月8日、中国鉄路南昌局集団有限公司福州客運段(車掌区)のK46列車で働く食堂車のコック。中国では3月12日、2018年の「春運」(春節期間の帰省・Uターンラッシュに伴う特別輸送体制)が順調に終了した。中国交通運輸部の暫定的統計によると、2月1日からの計40日の期間中、全国旅客輸送量は延べ約29億7千万人で、昨年とほぼ同じだった。同部の責任者は次のように述べた。「春運」期間中、全国的輸送力は全体として状況に適したもので、利用客の「乗車券入手困難」の問題はいっそう緩和され、石炭や天然ガス、食肉、野菜など重点物資の輸送はほぼ整然と行われた。鉄道は通常輸送を確保した上で、1日当たり直通臨時的旅客列車287往復、夜間臨時高速列車88・5往復を増発した。道路にはバス84万台、座席にして2100万席余りを投入した。水路では船舶2万隻余り、座席にして100万席余りを投入した。空路では、民間航空が臨時便5166便と、夜間便1万便余りの増便を計画した。(福州=新華社記者/林善伝)=2018(平成30)年2月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018032200816

  • 2018年02月09日
    「春運」終了期間中の旅客輸送量は約30億人

    2月9日、重慶客運段(車掌区)のG8516列車で飲料水を購入し、スマートフォンで二次元バーコード読み取って決済する旅客。中国では3月12日、2018年の「春運」(春節期間の帰省・Uターンラッシュに伴う特別輸送体制)が順調に終了した。中国交通運輸部の暫定的統計によると、2月1日からの計40日の期間中、全国旅客輸送量は延べ約29億7千万人で、昨年とほぼ同じだった。同部の責任者は次のように述べた。「春運」期間中、全国的輸送力は全体として状況に適したもので、利用客の「乗車券入手困難」の問題はいっそう緩和され、石炭や天然ガス、食肉、野菜など重点物資の輸送はほぼ整然と行われた。鉄道は通常輸送を確保した上で、1日当たり直通臨時的旅客列車287往復、夜間臨時高速列車88・5往復を増発した。道路にはバス84万台、座席にして2100万席余りを投入した。水路では船舶2万隻余り、座席にして100万席余りを投入した。空路では、民間航空が臨時便5166便と、夜間便1万便余りの増便を計画した。(重慶=新華社記者/劉潺)=2018(平成30)年2月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018032200815

  • 2018年02月11日
    「春運」終了期間中の旅客輸送量は約30億人

    2月11日、長春駅の待合ロビーで改札に並ぶ旅客。中国では3月12日、2018年の「春運」(春節期間の帰省・Uターンラッシュに伴う特別輸送体制)が順調に終了した。中国交通運輸部の暫定的統計によると、2月1日からの計40日の期間中、全国旅客輸送量は延べ約29億7千万人で、昨年とほぼ同じだった。同部の責任者は次のように述べた。「春運」期間中、全国的輸送力は全体として状況に適したもので、利用客の「乗車券入手困難」の問題はいっそう緩和され、石炭や天然ガス、食肉、野菜など重点物資の輸送はほぼ整然と行われた。鉄道は通常輸送を確保した上で、1日当たり直通臨時的旅客列車287往復、夜間臨時高速列車88・5往復を増発した。道路にはバス84万台、座席にして2100万席余りを投入した。水路では船舶2万隻余り、座席にして100万席余りを投入した。空路では、民間航空が臨時便5166便と、夜間便1万便余りの増便を計画した。(長春=新華社記者/張楠)=2018(平成30)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018032200811

  • 2018年02月11日
    1990年代生まれの女性の「デジタル化春運」

    11日、陽知涵さんの荷物を積み込むライドシェアの運転手。「春運」と呼ばれる春節(旧正月)前後の帰省・Uターンラッシュで駅や空港などが混雑し、チケットの購入が大変なこの時期、1990年代生まれの若者の帰省・Uターンには、ネットでのチケット購入、ビデオ通話、デジタル決済、スマホを使った配車予約など、デジタル化やハイテク化、高効率や利便性といった特徴が現れている。今年27歳の陽知涵さんは四川外国語大学ロシア語学部の教師。陽さんは11日午前9時ごろ、重慶市沙坪壩区にある大学を出発し、ライドシェアや高速鉄道、カーシェアなどを駆使、無駄のない乗り換えにより午後0時半ごろには四川省成都市武侯区の実家に到着した。陽さんは感動して一言「今の春運は本当に便利!」。(重慶=新華社記者/王全超)=2018(平成30)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018021300946

  • 2018年02月11日
    1990年代生まれの女性の「デジタル化春運」

    11日、重慶市の沙坪壩駅の待合室で携帯電話を充電する陽知涵さん。 「春運」と呼ばれる春節(旧正月)前後の帰省・Uターンラッシュで駅や空港などが混雑し、チケットの購入が大変なこの時期、1990年代生まれの若者の帰省・Uターンには、ネットでのチケット購入、ビデオ通話、デジタル決済、スマホを使った配車予約など、デジタル化やハイテク化、高効率や利便性といった特徴が現れている。今年27歳の陽知涵さんは四川外国語大学ロシア語学部の教師。陽さんは11日午前9時ごろ、重慶市沙坪壩区にある大学を出発し、ライドシェアや高速鉄道、カーシェアなどを駆使、無駄のない乗り換えにより午後0時半ごろには四川省成都市武侯区の実家に到着した。陽さんは感動して一言「今の春運は本当に便利!」。(重慶=新華社記者/王全超)=2018(平成30)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018021300948

  • 2018年02月11日
    1990年代生まれの女性の「デジタル化春運」

    11日朝、中国鉄道局の公式アプリ「12306」で高速鉄道のチケットを予約し座席を選択する陽知涵さん。 ネットでのチケット購入、ビデオ通話、デジタル決済、携帯電話を使った配車予約など、1990年代生まれの若者の「春運」(旧正月前後の帰省・Uターンラッシュ)には、デジタル化やハイテク化、高効率や利便性といった特徴が現れている。今年27歳の陽知涵さんは四川外国語大学ロシア語学部の教師。陽さんは11日午前9時ごろ、重慶市沙坪壩区にある大学を出発し、滴滴社の配車サービスや高速鉄道、カーシェアリングなどを駆使、無駄のない乗り換えにより午後0時半ごろには四川省成都市武侯区の実家に到着した。陽さんは感動して一言「今の春運は本当に便利!」。(重慶=新華社記者/王全超)=2018(平成30)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018021300928

  • 2018年02月11日
    1990年代生まれの女性の「デジタル化春運」

    11日、成都市でカーシェア車に乗って家に帰る陽知涵さん。 「春運」と呼ばれる春節(旧正月)前後の帰省・Uターンラッシュで駅や空港などが混雑し、チケットの購入が大変なこの時期、1990年代生まれの若者の帰省・Uターンには、ネットでのチケット購入、ビデオ通話、デジタル決済、スマホを使った配車予約など、デジタル化やハイテク化、高効率や利便性といった特徴が現れている。今年27歳の陽知涵さんは四川外国語大学ロシア語学部の教師。陽さんは11日午前9時ごろ、重慶市沙坪壩区にある大学を出発し、ライドシェアや高速鉄道、カーシェアなどを駆使、無駄のない乗り換えにより午後0時半ごろには四川省成都市武侯区の実家に到着した。陽さんは感動して一言「今の春運は本当に便利!」。(重慶=新華社記者/王全超)=2018(平成30)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018021300924

  • 2018年02月11日
    1990年代生まれの女性の「デジタル化春運」

    11日、G8510号の列車でモバイル決済を利用しておやつを購入する陽知涵さん。 「春運」と呼ばれる春節(旧正月)前後の帰省・Uターンラッシュで駅や空港などが混雑し、チケットの購入が大変なこの時期、1990年代生まれの若者の帰省・Uターンには、ネットでのチケット購入、ビデオ通話、デジタル決済、スマホを使った配車予約など、デジタル化やハイテク化、高効率や利便性といった特徴が現れている。今年27歳の陽知涵さんは四川外国語大学ロシア語学部の教師。陽さんは11日午前9時ごろ、重慶市沙坪壩区にある大学を出発し、ライドシェアや高速鉄道、カーシェアなどを駆使、無駄のない乗り換えにより午後0時半ごろには四川省成都市武侯区の実家に到着した。陽さんは感動して一言「今の春運は本当に便利!」。(重慶=新華社記者/王全超)=2018(平成30)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018021300944

  • 2018年02月12日
    春運の記憶変わりゆく列車と変わらぬ未来への憧れ

    上:2016年1月31日、内モンゴル自治区フルンボイル市の根河駅で列車に乗って帰省する人々。(フルンボイル=新華社記者/連振)下:2018年2月12日、重慶市の重慶西駅のホームで発車準備をする高速鉄道列車。(重慶=新華社記者/劉潺)中国の列車はこの数十年来、見た目やハード面、サービス面で、極めて大きな変化を経験した。歩みを止めない中国人は、これら全ての変化を実感しながら前進し続けている。春運(春節前後の帰省・Uターンラッシュ)期間中の列車は、家族との再会への期待や、永遠に変わることのない故郷を気遣う思い、まだ見ぬ未来への憧れなど、中国人が最も忘れられない記憶を乗せ、大きな変化の中で過去と現在を走り抜け、希望を抱いて明日へと向かう。(北京=新華社配信)=2018(平成30)年2月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020412018

  • 2018年12月23日
    2019年「春運」期間の鉄道切符、販売開始

    23日、「春運」期間の鉄道切符の販売が開始し、旅行のために「春運」初日の学割切符をスマートフォンで購入する市民。中国2019年の「春運」(春節の帰省・Uターンラッシュ)期間の鉄道切符のインターネットまたは電話による予約購入が、23日開始した。2019年は2月5日が春節(旧正月)に当たり、春運は前後40日間の1月21日~3月1日に設定されている。(ハルビン=新華社記者/曹霽陽)=2018(平成30)年12月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018122521191

  • 2018年12月23日
    2019年「春運」期間の鉄道切符、販売開始

    23日、「春運」期間の鉄道切符の販売が開始し、購入した「春運」初日の鉄道切符を見せる市民。中国2019年の「春運」(春節の帰省・Uターンラッシュ)期間の鉄道切符のインターネットまたは電話による予約購入が、23日開始した。2019年は2月5日が春節(旧正月)に当たり、春運は前後40日間の1月21日~3月1日に設定されている。(南昌=新華社記者/鮑贛生)=2018(平成30)年12月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018122521209

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年12月23日
    2019年「春運」期間の鉄道切符、販売開始

    23日、上海市昌平路の市政工事現場で、農民工(農村出身の出稼ぎ労働者)に鉄道予約サイト「12306」を利用した「春運」期間の鉄道切符の購入方法を説明する、上海駅の青年ボランティアチームのメンバー。中国2019年の「春運」(春節の帰省・Uターンラッシュ)期間の鉄道切符のインターネットまたは電話による予約購入が、23日開始した。2019年は2月5日が春節(旧正月)に当たり、春運は前後40日間の1月21日~3月1日に設定されている。(上海=新華社記者/陳飛)=2018(平成30)年12月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018122521163

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年12月23日
    2019年「春運」期間の鉄道切符、販売開始

    23日、農民工(農村出身の出稼ぎ労働者)のためにインターネットで鉄道切符を購入する、安九(安徽省安慶市-江西省九江市)鉄道の安徽区間潜山製梁工場の青年ボランティア。中国2019年の「春運」(春節の帰省・Uターンラッシュ)期間の鉄道切符のインターネットまたは電話による予約購入が、23日開始した。2019年は2月5日が春節(旧正月)に当たり、春運は前後40日間の1月21日~3月1日に設定されている。(合肥=新華社記者/曹力)=2018(平成30)年12月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018122521150

  • 2018年12月23日
    2019年「春運」期間の鉄道切符、販売開始

    23日、「春運」期間の鉄道切符の販売が開始し、スマートフォンで切符を購入する中国黒竜江省ハルビン市の市民、李暁穎(り・ぎょうえい)さん。中国2019年の「春運」(春節の帰省・Uターンラッシュ)期間の鉄道切符のインターネットまたは電話による予約購入が、23日開始した。2019年は2月5日が春節(旧正月)に当たり、春運は前後40日間の1月21日~3月1日に設定されている。(ハルビン=新華社記者/曹霽陽)=2018(平成30)年12月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018122521141

  • 2019年01月06日
    上海で「春運」に向け高速鉄道メンテナンス訓練実施

    6日、試験車の屋根に設置された監視カメラを保守点検する高速鉄道のデータ分析担当者、冉海飛(ぜん・かいひ)さん。中国鉄路上海局集団の金山北総合メンテナンス作業エリアで6日、高速鉄道のメンテナンス技能訓練が行われた。作業員らは間もなく始まる「春運」と呼ばれる旧正月「春節」前後の帰省・Uターンラッシュ(今年は1月21日~3月1日)に備え、線路修復や架線・電気系統の整備、車両の保守点検などの訓練を行った。(上海=新華社記者/方喆)=2019(平成31)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011120750

  • 2019年01月06日
    春節輸送を支える新型「復興号」が導入間近

    6日、CR200J型列車の検測とメンテナンスを行う作業員。「緑の巨人」と呼ばれる中国の時速160キロの動力集中方式列車CR200J型「復興号」は現在、中国鉄路上海局集団の上海車両基地で静的および動的検測を行っており、中国で「春運」と呼ばれる旧正月「春節」前後の特別輸送期間(今年は1月21日~3月1日)直前の導入を見込んでいる。同列車は高速鉄道と優位性を相互補完し、旅客に差別化されたサービスを提供する。(上海=新華社記者/陳飛)=2019(平成31)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010921016

  • 2019年01月06日
    上海で「春運」に向け高速鉄道メンテナンス訓練実施

    6日、架線のハンガー交換訓練をする高速鉄道の保守作業員、沈月明(しん・げつめい)さん(左)と達雲輝(たつ・うんき)さん。中国鉄路上海局集団の金山北総合メンテナンス作業エリアで6日、高速鉄道のメンテナンス技能訓練が行われた。作業員らは間もなく始まる「春運」と呼ばれる旧正月「春節」前後の帰省・Uターンラッシュ(今年は1月21日~3月1日)に備え、線路修復や架線・電気系統の整備、車両の保守点検などの訓練を行った。(上海=新華社記者/方喆)=2019(平成31)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011120633

  • 2019年01月06日
    春節輸送を支える新型「復興号」が導入間近

    6日、CR200J型列車のボギー台車の検測とメンテナンスを行う作業員。「緑の巨人」と呼ばれる中国の時速160キロの動力集中方式列車CR200J型「復興号」は現在、中国鉄路上海局集団の上海車両基地で静的および動的検測を行っており、中国で「春運」と呼ばれる旧正月「春節」前後の特別輸送期間(今年は1月21日~3月1日)直前の導入を見込んでいる。同列車は高速鉄道と優位性を相互補完し、旅客に差別化されたサービスを提供する。(上海=新華社記者/陳飛)=2019(平成31)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010920954

  • 2019年01月06日
    春節輸送を支える新型「復興号」が導入間近

    6日、CR200J型列車の車輪と車軸の検測とメンテナンスを行う作業員。「緑の巨人」と呼ばれる中国の時速160キロの動力集中方式列車CR200J型「復興号」は現在、中国鉄路上海局集団の上海車両基地で静的および動的検測を行っており、中国で「春運」と呼ばれる旧正月「春節」前後の特別輸送期間(今年は1月21日~3月1日)直前の導入を見込んでいる。同列車は高速鉄道と優位性を相互補完し、旅客に差別化されたサービスを提供する。(上海=新華社記者/陳飛)=2019(平成31)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010921018

  • 2019年01月06日
    春節輸送を支える新型「復興号」が導入間近

    6日、CR200J型列車の静的検測とメンテナンスを行う作業員。「緑の巨人」と呼ばれる中国の時速160キロの動力集中方式列車CR200J型「復興号」は現在、中国鉄路上海局集団の上海車両基地で静的および動的検測を行っており、中国で「春運」と呼ばれる旧正月「春節」前後の特別輸送期間(今年は1月21日~3月1日)直前の導入を見込んでいる。同列車は高速鉄道と優位性を相互補完し、旅客に差別化されたサービスを提供する。(上海=新華社記者/陳飛)=2019(平成31)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010921029

  • 2019年01月06日
    春節輸送を支える新型「復興号」が導入間近

    6日、CR200J型列車の二等車。「緑の巨人」と呼ばれる中国の時速160キロの動力集中方式列車CR200J型「復興号」は現在、中国鉄路上海局集団の上海車両基地で静的および動的検測を行っており、中国で「春運」と呼ばれる旧正月「春節」前後の特別輸送期間(今年は1月21日~3月1日)直前の導入を見込んでいる。同列車は高速鉄道と優位性を相互補完し、旅客に差別化されたサービスを提供する。(上海=新華社記者/陳飛)=2019(平成31)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010921036

  • 2019年01月06日
    上海で「春運」に向け高速鉄道メンテナンス訓練実施

    6日、作業エリアでレール切断の技術を磨く高速鉄道の保守作業員、孫逸斐(そん・いつひ)さん。中国鉄路上海局集団の金山北総合メンテナンス作業エリアで6日、高速鉄道のメンテナンス技能訓練が行われた。作業員らは間もなく始まる「春運」と呼ばれる旧正月「春節」前後の帰省・Uターンラッシュ(今年は1月21日~3月1日)に備え、線路修復や架線・電気系統の整備、車両の保守点検などの訓練を行った。(上海=新華社記者/方喆)=2019(平成31)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011120623

  • 2019年01月06日
    上海で「春運」に向け高速鉄道メンテナンス訓練実施

    6日、同僚と共に試験車が採集したデータを分析する高速鉄道のデータ分析担当者、冉海飛(ぜん・かいひ)さん(手前)。中国鉄路上海局集団の金山北総合メンテナンス作業エリアで6日、高速鉄道のメンテナンス技能訓練が行われた。作業員らは間もなく始まる「春運」と呼ばれる旧正月「春節」前後の帰省・Uターンラッシュ(今年は1月21日~3月1日)に備え、線路修復や架線・電気系統の整備、車両の保守点検などの訓練を行った。(上海=新華社記者/方喆)=2019(平成31)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011120590

  • 2019年01月06日
    上海で「春運」に向け高速鉄道メンテナンス訓練実施

    6日、作業エリアでレール切断の技術を磨く高速鉄道の保守作業員、孫逸斐(そん・いつひ)さん。中国鉄路上海局集団の金山北総合メンテナンス作業エリアで6日、高速鉄道のメンテナンス技能訓練が行われた。作業員らは間もなく始まる「春運」と呼ばれる旧正月「春節」前後の帰省・Uターンラッシュ(今年は1月21日~3月1日)に備え、線路修復や架線・電気系統の整備、車両の保守点検などの訓練を行った。(上海=新華社記者/方喆)=2019(平成31)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011120686

  • 2019年01月06日
    上海で「春運」に向け高速鉄道メンテナンス訓練実施

    6日、作業エリアで分岐器の転轍機を保守点検する高速鉄道の作業員、鮑亜(ほう・あ)さん。中国鉄路上海局集団の金山北総合メンテナンス作業エリアで6日、高速鉄道のメンテナンス技能訓練が行われた。作業員らは間もなく始まる「春運」と呼ばれる旧正月「春節」前後の帰省・Uターンラッシュ(今年は1月21日~3月1日)に備え、線路修復や架線・電気系統の整備、車両の保守点検などの訓練を行った。(上海=新華社記者/方喆)=2019(平成31)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011120669

  • 2019年01月06日
    春節輸送を支える新型「復興号」が導入間近

    6日、CR200J型列車の配電盤の検測とメンテナンスを行う作業員。「緑の巨人」と呼ばれる中国の時速160キロの動力集中方式列車CR200J型「復興号」は現在、中国鉄路上海局集団の上海車両基地で静的および動的検測を行っており、中国で「春運」と呼ばれる旧正月「春節」前後の特別輸送期間(今年は1月21日~3月1日)直前の導入を見込んでいる。同列車は高速鉄道と優位性を相互補完し、旅客に差別化されたサービスを提供する。(上海=新華社記者/陳飛)=2019(平成31)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010921028

  • 2019年01月06日
    春節輸送を支える新型「復興号」が導入間近

    6日、CR200J型列車の食堂車のカウンター。「緑の巨人」と呼ばれる中国の時速160キロの動力集中方式列車CR200J型「復興号」は現在、中国鉄路上海局集団の上海車両基地で静的および動的検測を行っており、中国で「春運」と呼ばれる旧正月「春節」前後の特別輸送期間(今年は1月21日~3月1日)直前の導入を見込んでいる。同列車は高速鉄道と優位性を相互補完し、旅客に差別化されたサービスを提供する。(上海=新華社記者/陳飛)=2019(平成31)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010921017

  • 2019年01月06日
    春節輸送を支える新型「復興号」が導入間近

    6日、CR200J型列車の寝台車。「緑の巨人」と呼ばれる中国の時速160キロの動力集中方式列車CR200J型「復興号」は現在、中国鉄路上海局集団の上海車両基地で静的および動的検測を行っており、中国で「春運」と呼ばれる旧正月「春節」前後の特別輸送期間(今年は1月21日~3月1日)直前の導入を見込んでいる。同列車は高速鉄道と優位性を相互補完し、旅客に差別化されたサービスを提供する。(上海=新華社記者/陳飛)=2019(平成31)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010920969

  • 2019年01月06日
    上海で「春運」に向け高速鉄道メンテナンス訓練実施

    6日、架線のハンガー交換訓練をする高速鉄道の保守作業員。中国鉄路上海局集団の金山北総合メンテナンス作業エリアで6日、高速鉄道のメンテナンス技能訓練が行われた。作業員らは間もなく始まる「春運」と呼ばれる旧正月「春節」前後の帰省・Uターンラッシュ(今年は1月21日~3月1日)に備え、線路修復や架線・電気系統の整備、車両の保守点検などの訓練を行った。(上海=新華社記者/方喆)=2019(平成31)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011120748

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6