KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 記者
  • 芸術
  • 無形文化遺産
  • けい
  • 七宝焼き
  • 国家
  • 職人
  • 寺灘郷
  • 指定

「景泰」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
160
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
160
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2017年09月01日
    シルクロードの古城「永泰亀城」を訪ねて

    甘粛省白銀市景泰県寺灘郷の「永泰亀城」。(2017年9月1日撮影)中国甘粛省白銀市景泰県寺灘郷にある永泰古城は、明の万暦36(1608)年に建造され、400年以上の歴史を持つ。同古城はシルクロード沿いに現存する代表的な明代の軍事要塞で、良好に保存されており、形が亀に似ていることから「永泰亀城」とも呼ばれる。城壁は長さ1・7キロメートル、高さ12メートルに及び、明代の長城による国境防衛体制の重要部分を担っていた。永泰古城は2006年に全国重点文物保護単位に指定された。(景泰=新華社記者/范培珅)=2017(平成29)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019090200825

  • 2017年09月01日
    シルクロードの古城「永泰亀城」を訪ねて

    空から見た「永泰亀城」。(2017年9月1日、小型無人機から)中国甘粛省白銀市景泰県寺灘郷にある永泰古城は、明の万暦36(1608)年に建造され、400年以上の歴史を持つ。同古城はシルクロード沿いに現存する代表的な明代の軍事要塞で、良好に保存されており、形が亀に似ていることから「永泰亀城」とも呼ばれる。城壁は長さ1・7キロメートル、高さ12メートルに及び、明代の長城による国境防衛体制の重要部分を担っていた。永泰古城は2006年に全国重点文物保護単位に指定された。(景泰=新華社記者/范培珅)=2017(平成29)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019090200809

  • 2017年09月01日
    シルクロードの古城「永泰亀城」を訪ねて

    「永泰亀城」の城門外側の風景。(2017年9月1日、小型無人機から)中国甘粛省白銀市景泰県寺灘郷にある永泰古城は、明の万暦36(1608)年に建造され、400年以上の歴史を持つ。同古城はシルクロード沿いに現存する代表的な明代の軍事要塞で、良好に保存されており、形が亀に似ていることから「永泰亀城」とも呼ばれる。城壁は長さ1・7キロメートル、高さ12メートルに及び、明代の長城による国境防衛体制の重要部分を担っていた。永泰古城は2006年に全国重点文物保護単位に指定された。(景泰=新華社記者/范培珅)=2017(平成29)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019090200823

  • 2017年09月01日
    シルクロードの古城「永泰亀城」を訪ねて

    空から見た「永泰亀城」。(2017年9月1日、小型無人機から)中国甘粛省白銀市景泰県寺灘郷にある永泰古城は、明の万暦36(1608)年に建造され、400年以上の歴史を持つ。同古城はシルクロード沿いに現存する代表的な明代の軍事要塞で、良好に保存されており、形が亀に似ていることから「永泰亀城」とも呼ばれる。城壁は長さ1・7キロメートル、高さ12メートルに及び、明代の長城による国境防衛体制の重要部分を担っていた。永泰古城は2006年に全国重点文物保護単位に指定された。(景泰=新華社記者/范培珅)=2017(平成29)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019090200829

  • 03:53.19
    2018年09月11日
    「新華社」【字幕あり】「景泰藍」作製技術コンテスト開幕河北省大廠

    中国の伝統的工芸、銅製の七宝焼き「景泰藍」(けいたいらん)の作製技術を競うコンテストが11日、河北省廊坊(ろうぼう)市大廠(だいしょう)回族自治県で開幕した。コンテストは北京、内モンゴル、寧夏、山西、河北などの市(自治区、省)から30組57人の景泰藍製作者が参加し、15日まで行われる。コンテスト会場では、各参加者が直径約24センチの銅素地の皿1枚と封をされた図面を受け取り、図面を見て準備に十分な時間をかけてから制作に取り掛かった。参加者は細く柔らかく強度のある赤銅線をピンセットで図案に描かれた装飾の文様の形に曲げ、銅素地の上に貼り付けていく。注意深さが必要なだけでなく根気も必要な作業で、技術を競い合うだけでなく、相互学習の場所ともなる。景泰藍の制作工法は、青銅や磁器の工法を用い、同時に伝統的な絵画や彫刻の技術を多く取り入れており、中国の伝統工芸の集大成といえる。今回の大会は景泰藍の制作技術を全面的に見せるだけでなく、参加者が伝統的な景泰藍と現在の工芸、デザインを融合することを奨励している。【解説】同コンテストは「職人精神を磨き、産業ブランドを創造」をテーマとし「展示、論述、競争、表彰」の主なイベントを通して、景泰藍産業の歴史、発展、現状を全面的に示し、大家の職人としての精神を大いに発揚、大家の優れた技術を受け継ぐのを目指している。【解説】景泰藍は正式には「銅胎掐絲琺瑯」(どうたいこうしほうろう)と言い、明時代の景泰年間に流行し、制作技術も比較的成熟して、用いられた琺瑯のうわぐすりの多くが青色を主としていることから「景泰藍」と名付けられた。2006年には国家無形文化遺産に指定された。<映像内容>コンテストの様子、関係者のコメント、撮影日:2018(平成30)年9月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※白素材有り要問い合わせ

    商品コード: 2018092015427

  • 2018年10月17日
    景泰藍伝承者林輝氏、林氏銅胎掐絲琺瑯の伝承発展を目指す

    世界で最も高い継ぎ目のない景泰藍の媽祖(まそ、航海・漁業の守護神として、中国沿海部を中心に信仰を集める道教の女神)像。この媽祖像は500キロ余りの赤銅で胎を鋳造(ちゅうぞう)したもので、20万本ほどの銅線が貼り付けられ、4匹の竜、10羽の鳳凰、40余りの牡丹、5つの蓮の花、18匹のチョウ、20の祥雲(しょううん)およびたくさんの雲の文様が埋め込まれている。また、鮮やかな色が出るように天然の鉱物性琺瑯(ほうろう)釉薬(ゆうやく)が使われ、8回の焼成の工程を経て、3千グラム余りの純金を用いた伝統的なメッキ工程の後に完成した。特筆すべき点は、高さ3・23メートルの媽祖像にはどこにも継ぎ目がなく、これまでにない景泰藍の制作技法を利用していることだ。景泰藍(けいたいらん)は明の景泰年間(1450~57)に盛んに作られた有線七宝で、当時は青いものが多かったために、「景泰藍」と称されていた。掐絲琺瑯(こうしほうろう)とも言い、その起源は紀元前12世紀まで遡り、かつて欧州や西アジアで隆盛を誇っていた。琺瑯の技法が中国に伝わってからは中国文化の影響を受け、中国の特色を備えた銅胎(どうたい、銅製の素地)琺瑯器へとしだいに発展していった。明代末期になると、景泰藍の技法は中国北部から南部へと伝えられ、莆田江口(ふでんこうこう)林氏の一族は、明代の景泰藍の技法を世々代々にわたり伝えていった。中国福建省で第五回となる省級無形文化遺産の伝承者で、林氏銅胎掐絲琺瑯の5代目の伝承者、林輝(りん・き)氏は年少の頃から景泰藍の技法に魅せられてきた。(福州=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102217067

  • 2018年10月17日
    景泰藍伝承者林輝氏、林氏銅胎掐絲琺瑯の伝承発展を目指す

    世界で最も高い継ぎ目のない景泰藍媽祖(まそ、航海・漁業の守護神として、中国沿海部を中心に信仰を集める道教の女神)像の一部の拡大写真。景泰藍(けいたいらん)は明の景泰年間(1450~57)に盛んに作られた有線七宝で、当時は青いものが多かったために、「景泰藍」と称されていた。掐絲琺瑯(こうしほうろう)とも言い、その起源は紀元前12世紀まで遡り、かつて欧州や西アジアで隆盛を誇っていた。琺瑯の技法が中国に伝わってからは中国文化の影響を受け、中国の特色を備えた銅胎(どうたい、銅製の素地)琺瑯器へとしだいに発展していった。明代末期になると、景泰藍の技法は中国北部から南部へと伝えられ、莆田江口(ふでんこうこう)林氏の一族は、明代の景泰藍の技法を世々代々にわたり伝えていった。中国福建省で第五回となる省級無形文化遺産の伝承者で、林氏銅胎掐絲琺瑯の5代目の伝承者、林輝(りん・き)氏は年少の頃から景泰藍の技法に魅せられてきた。(福州=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102216920

  • 2018年10月17日
    景泰藍伝承者林輝氏、林氏銅胎掐絲琺瑯の伝承発展を目指す

    世界で最も高い継ぎ目のない景泰藍媽祖(まそ、航海・漁業の守護神として、中国沿海部を中心に信仰を集める道教の女神)像の一部の拡大写真。景泰藍(けいたいらん)は明の景泰年間(1450~57)に盛んに作られた有線七宝で、当時は青いものが多かったために、「景泰藍」と称されていた。掐絲琺瑯(こうしほうろう)とも言い、その起源は紀元前12世紀まで遡り、かつて欧州や西アジアで隆盛を誇っていた。琺瑯の技法が中国に伝わってからは中国文化の影響を受け、中国の特色を備えた銅胎(どうたい、銅製の素地)琺瑯器へとしだいに発展していった。明代末期になると、景泰藍の技法は中国北部から南部へと伝えられ、莆田江口(ふでんこうこう)林氏の一族は、明代の景泰藍の技法を世々代々にわたり伝えていった。中国福建省で第五回となる省級無形文化遺産の伝承者で、林氏銅胎掐絲琺瑯の5代目の伝承者、林輝(りん・き)氏は年少の頃から景泰藍の技法に魅せられてきた。(福州=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102216983

  • 2018年10月17日
    景泰藍伝承者林輝氏、林氏銅胎掐絲琺瑯の伝承発展を目指す

    世界で最も高い継ぎ目のない景泰藍の媽祖(まそ、航海・漁業の守護神として、中国沿海部を中心に信仰を集める道教の女神)像。この媽祖像は500キロ余りの赤銅で胎を鋳造(ちゅうぞう)したもので、20万本ほどの銅線が貼り付けられ、4匹の竜、10羽の鳳凰、40余りの牡丹、5つの蓮の花、18匹のチョウ、20の祥雲(しょううん)およびたくさんの雲の文様が埋め込まれている。また、鮮やかな色が出るように天然の鉱物性琺瑯(ほうろう)釉薬(ゆうやく)が使われ、8回の焼成の工程を経て、3千グラム余りの純金を用いた伝統的なメッキ工程の後に完成した。特筆すべき点は、高さ3・23メートルの媽祖像にはどこにも継ぎ目がなく、これまでにない景泰藍の制作技法を利用していることだ。景泰藍(けいたいらん)は明の景泰年間(1450~57)に盛んに作られた有線七宝で、当時は青いものが多かったために、「景泰藍」と称されていた。掐絲琺瑯(こうしほうろう)とも言い、その起源は紀元前12世紀まで遡り、かつて欧州や西アジアで隆盛を誇っていた。琺瑯の技法が中国に伝わってからは中国文化の影響を受け、中国の特色を備えた銅胎(どうたい、銅製の素地)琺瑯器へとしだいに発展していった。明代末期になると、景泰藍の技法は中国北部から南部へと伝えられ、莆田江口(ふでんこうこう)林氏の一族は、明代の景泰藍の技法を世々代々にわたり伝えていった。中国福建省で第五回となる省級無形文化遺産の伝承者で、林氏銅胎掐絲琺瑯の5代目の伝承者、林輝(りん・き)氏は年少の頃から景泰藍の技法に魅せられてきた。(福州=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102216879

  • 2018年10月18日
    景泰藍伝承者林輝氏、林氏銅胎掐絲琺瑯の伝承発展を目指す

    莆田江口(ふでんこうこう)林氏の銅胎掐絲琺瑯の技法でデザイン・制作した作品を掲げて見せる林氏銅胎掐絲琺瑯の5代目の伝承者、林輝氏。景泰藍(けいたいらん)は明の景泰年間(1450~57)に盛んに作られた有線七宝で、当時は青いものが多かったために、「景泰藍」と称されていた。掐絲琺瑯(こうしほうろう)とも言い、その起源は紀元前12世紀まで遡り、かつて欧州や西アジアで隆盛を誇っていた。琺瑯の技法が中国に伝わってからは中国文化の影響を受け、中国の特色を備えた銅胎(どうたい、銅製の素地)琺瑯器へとしだいに発展していった。明代末期になると、景泰藍の技法は中国北部から南部へと伝えられ、莆田江口(ふでんこうこう)林氏の一族は、明代の景泰藍の技法を世々代々にわたり伝えていった。中国福建省で第五回となる省級無形文化遺産の伝承者で、林氏銅胎掐絲琺瑯の5代目の伝承者、林輝(りん・き)氏は年少の頃から景泰藍の技法に魅せられてきた。(福州=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102216678

  • 2018年10月18日
    景泰藍伝承者林輝氏、林氏銅胎掐絲琺瑯の伝承発展を目指す

    景泰藍の制作工程の一つ、印金手法を用いて模様をつける作業。景泰藍には設計、彫塑(ちょうそ)、彫刻、金メッキなど数十の工程があり、各工程には高度な工芸技術が求められる。景泰藍(けいたいらん)は明の景泰年間(1450~57)に盛んに作られた有線七宝で、当時は青いものが多かったために、「景泰藍」と称されていた。掐絲琺瑯(こうしほうろう)とも言い、その起源は紀元前12世紀まで遡り、かつて欧州や西アジアで隆盛を誇っていた。琺瑯の技法が中国に伝わってからは中国文化の影響を受け、中国の特色を備えた銅胎(どうたい、銅製の素地)琺瑯器へとしだいに発展していった。明代末期になると、景泰藍の技法は中国北部から南部へと伝えられ、莆田江口(ふでんこうこう)林氏の一族は、明代の景泰藍の技法を世々代々にわたり伝えていった。中国福建省で第五回となる省級無形文化遺産の伝承者で、林氏銅胎掐絲琺瑯の5代目の伝承者、林輝(りん・き)氏は年少の頃から景泰藍の技法に魅せられてきた。(福州=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102216818

  • 2018年10月18日
    景泰藍伝承者林輝氏、林氏銅胎掐絲琺瑯の伝承発展を目指す

    景泰藍の制作工程の一つ、金メッキ。景泰藍には設計、彫塑(ちょうそ)、彫刻、金メッキなど数十の工程があり、各工程には高度な工芸技術が求められる。景泰藍(けいたいらん)は明の景泰年間(1450~57)に盛んに作られた有線七宝で、当時は青いものが多かったために、「景泰藍」と称されていた。掐絲琺瑯(こうしほうろう)とも言い、その起源は紀元前12世紀まで遡り、かつて欧州や西アジアで隆盛を誇っていた。琺瑯の技法が中国に伝わってからは中国文化の影響を受け、中国の特色を備えた銅胎(どうたい、銅製の素地)琺瑯器へとしだいに発展していった。明代末期になると、景泰藍の技法は中国北部から南部へと伝えられ、莆田江口(ふでんこうこう)林氏の一族は、明代の景泰藍の技法を世々代々にわたり伝えていった。中国福建省で第五回となる省級無形文化遺産の伝承者で、林氏銅胎掐絲琺瑯の5代目の伝承者、林輝(りん・き)氏は年少の頃から景泰藍の技法に魅せられてきた。(福州=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102216925

  • 2018年10月18日
    景泰藍伝承者林輝氏、林氏銅胎掐絲琺瑯の伝承発展を目指す

    景泰藍の制作工程の一つ、仕上げの研磨。景泰藍には設計、彫塑(ちょうそ)、彫刻、金メッキなど数十の工程があり、各工程には高度な工芸技術が求められる。景泰藍(けいたいらん)は明の景泰年間(1450~57)に盛んに作られた有線七宝で、当時は青いものが多かったために、「景泰藍」と称されていた。掐絲琺瑯(こうしほうろう)とも言い、その起源は紀元前12世紀まで遡り、かつて欧州や西アジアで隆盛を誇っていた。琺瑯の技法が中国に伝わってからは中国文化の影響を受け、中国の特色を備えた銅胎(どうたい、銅製の素地)琺瑯器へとしだいに発展していった。明代末期になると、景泰藍の技法は中国北部から南部へと伝えられ、莆田江口(ふでんこうこう)林氏の一族は、明代の景泰藍の技法を世々代々にわたり伝えていった。中国福建省で第五回となる省級無形文化遺産の伝承者で、林氏銅胎掐絲琺瑯の5代目の伝承者、林輝(りん・き)氏は年少の頃から景泰藍の技法に魅せられてきた。(福州=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102216991

  • 2018年10月18日
    景泰藍伝承者林輝氏、林氏銅胎掐絲琺瑯の伝承発展を目指す

    景泰藍の制作工程の一つ、釉薬塗り。景泰藍には設計、彫塑(ちょうそ)、彫刻、金メッキなど数十の工程があり、各工程には高度な工芸技術が求められる。景泰藍(けいたいらん)は明の景泰年間(1450~57)に盛んに作られた有線七宝で、当時は青いものが多かったために、「景泰藍」と称されていた。掐絲琺瑯(こうしほうろう)とも言い、その起源は紀元前12世紀まで遡り、かつて欧州や西アジアで隆盛を誇っていた。琺瑯の技法が中国に伝わってからは中国文化の影響を受け、中国の特色を備えた銅胎(どうたい、銅製の素地)琺瑯器へとしだいに発展していった。明代末期になると、景泰藍の技法は中国北部から南部へと伝えられ、莆田江口(ふでんこうこう)林氏の一族は、明代の景泰藍の技法を世々代々にわたり伝えていった。中国福建省で第五回となる省級無形文化遺産の伝承者で、林氏銅胎掐絲琺瑯の5代目の伝承者、林輝(りん・き)氏は年少の頃から景泰藍の技法に魅せられてきた。(福州=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102216665

  • 2018年10月18日
    景泰藍伝承者林輝氏、林氏銅胎掐絲琺瑯の伝承発展を目指す

    景泰藍の制作工程の一つ、仕上げの研磨。景泰藍には設計、彫塑(ちょうそ)、彫刻、金メッキなど数十の工程があり、各工程には高度な工芸技術が求められる。景泰藍(けいたいらん)は明の景泰年間(1450~57)に盛んに作られた有線七宝で、当時は青いものが多かったために、「景泰藍」と称されていた。掐絲琺瑯(こうしほうろう)とも言い、その起源は紀元前12世紀まで遡り、かつて欧州や西アジアで隆盛を誇っていた。琺瑯の技法が中国に伝わってからは中国文化の影響を受け、中国の特色を備えた銅胎(どうたい、銅製の素地)琺瑯器へとしだいに発展していった。明代末期になると、景泰藍の技法は中国北部から南部へと伝えられ、莆田江口(ふでんこうこう)林氏の一族は、明代の景泰藍の技法を世々代々にわたり伝えていった。中国福建省で第五回となる省級無形文化遺産の伝承者で、林氏銅胎掐絲琺瑯の5代目の伝承者、林輝(りん・き)氏は年少の頃から景泰藍の技法に魅せられてきた。(福州=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102217044

  • 03:26.27
    2018年11月13日
    「新華社」壮大な自然景観の黄河石林甘粛省白銀市

    黄河石林は400万年前の新生代第四紀に生成され、大変珍しい壮観な地形の古石林群。石林の麓には「九曲(曲がりくねった)」黄河が「几」の字型に蛇行して東へと流れ、山河が寄り添い、大砂漠を流れる黄河と石林の、大変迫力ある素晴らしい自然景観をなしている。初冬の季節、黄河で羊の皮でできたいかだの川下り、ロバに乗っての石林渓谷巡り、馬に乗っての渓谷観光など、豊富多彩な各種旅行体験プログラムが用意され、観光客が続々と訪れている。中国甘粛省白銀(はくぎん)市景泰(けいたい)県に位置する黄河石林は、甘粛省地質遺跡自然保護区の国指定の地質公園(ジオパーク)で面積は約10平方キロ。地殻運動や、風化、降雨による侵食などの地質作用が、黄色の砂岩が主体のこの場所に黄河石林を形成した。その造形は各種各様で、景色は変化に富む。(記者/郭剛、陳斌)<映像内容>黄河石林の景観、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018111418628

  • 03:46.51
    2018年12月21日
    「新華社」携帯化、ハイテク化、多様化-変貌する中国の伝統茶器

    第1回中国(德化)茶器文化産業博覧会が21日、中国の陶磁器芸術発祥の地の一つである福建省泉州市德化県で開幕した。同博覧会には中国の10省(自治区・直轄市)、29の陶磁器産地から数百の茶器ブランドが集まり、中国茶器産業の最新のトレンドを示した。市場規模も拡大の一途をたどっている。福建省德化県の陶磁器製茶器の生産額も、2018年は60億元(1元=約16円)に達する見込みだ。巨大な市場ニーズが企業のイノベーションを活性化させている。同博覧会では、金属鉱物を用いた茶碗や景泰藍(七宝焼き)工芸を取り入れた白磁、彩り鮮やかなガラス製茶器など、さまざまなスタイルや材質、デザイン、機能を持つ茶器が精巧さや美しさを競い合うように並んでおり、来場者を魅了している。電子商取引(EC)が発達した中国では、多くの人がインターネット経由で茶器を購入している。深圳から出展した積木易搭科技技術有限公司は、茶器ネット販売の「泣きどころ」に目を付け、3Dスキャン技術によって茶器をオンライン上に立体表示させ、茶器の購入をより直感的な体験に変えようとしている。茶器を3Dスキャンすると、わずか5分で商品のスキャニングが完了するので、多くの茶器メーカーに歓迎されている。(記者/邰暁安、李穎)<映像内容>第1回中国茶器文化産業博覧会の様子、撮影日:2018(平成30)年12月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018122520519

  • 03:27.83
    2019年05月15日
    「新華社」河北省で明代高級官吏の族譜見つかる580年間の家系記す

    中国河北省辛集(しんしゅう)市の旧城鎮寨子(さいし)村の民家で、明代の重臣、王文(おうぶん)の家系を記した「王氏族譜」が発見された。同市文物保護部門が明らかにした。族譜は王文の子孫が清代に編纂したもので、明代宣徳年間(1425年~1435年)からの一族の変遷や歴史が約580年にわたり詳細に記載されている。王文は北直隷束鹿(そくろく、現在の河北省辛集市)の出身。永楽19年(1421年)に進士に合格し監察御史となり、陝西按察使、左都御史を歴任した。その後昇進し吏部尚書、少保、謹身殿大学士兼東閣大学士を務めた。景泰8年(1457年)に上皇の英宗が弟の景泰帝から帝位を奪い重祚(ちょうそ)した「奪門の変」が起こると、当時の名臣于謙(うけん)とともに無実の罪で処刑された。成化5年(1469年)に名誉が回復され「太保」の称号が追贈された。今回発見された「王氏族譜」は糸で装丁された2冊の写本と彩色の肖像画からなる。肖像画は長さ2・5メートル、幅1・2メートルの絹布が用いられ、王文が早朝朝廷に出仕する際に紫禁城前の金水橋を渡る様子が描かれていた。郷土史研究家は、王氏一族の古くからの系譜が詳細に記録されている族譜は、明代の重臣、王文の一族の家系の相続や変遷を研究する上で信頼性の高い基礎資料となると説明。長期にわたり保存状態が良く、家系の筋道も明確に記されている族譜が現代まで伝わるのは容易ではなく、河北省中南部の風俗や人情、歴史の変遷、一族の相続関係などの研究で重要な価値を持つと述べた。(記者/李継偉)<映像内容>明代高級官吏の「王氏族譜」発見、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051600504

  • 2019年05月28日
    シルクロードの古城「永泰亀城」を訪ねて

    空から見た「永泰亀城」。(5月28日、小型無人機から)中国甘粛省白銀市景泰県寺灘郷にある永泰古城は、明の万暦36(1608)年に建造され、400年以上の歴史を持つ。同古城はシルクロード沿いに現存する代表的な明代の軍事要塞で、良好に保存されており、形が亀に似ていることから「永泰亀城」とも呼ばれる。城壁は長さ1・7キロメートル、高さ12メートルに及び、明代の長城による国境防衛体制の重要部分を担っていた。永泰古城は2006年に全国重点文物保護単位に指定された。(景泰=新華社記者/馬寧)=2019(令和元)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019090200800

  • 2019年05月28日
    シルクロードの古城「永泰亀城」を訪ねて

    空から見た「永泰亀城」。(5月28日、小型無人機から)中国甘粛省白銀市景泰県寺灘郷にある永泰古城は、明の万暦36(1608)年に建造され、400年以上の歴史を持つ。同古城はシルクロード沿いに現存する代表的な明代の軍事要塞で、良好に保存されており、形が亀に似ていることから「永泰亀城」とも呼ばれる。城壁は長さ1・7キロメートル、高さ12メートルに及び、明代の長城による国境防衛体制の重要部分を担っていた。永泰古城は2006年に全国重点文物保護単位に指定された。(景泰=新華社記者/馬寧)=2019(令和元)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019090200833

  • 2019年05月28日
    シルクロードの古城「永泰亀城」を訪ねて

    空から見た「永泰亀城」。(5月28日、小型無人機から)中国甘粛省白銀市景泰県寺灘郷にある永泰古城は、明の万暦36(1608)年に建造され、400年以上の歴史を持つ。同古城はシルクロード沿いに現存する代表的な明代の軍事要塞で、良好に保存されており、形が亀に似ていることから「永泰亀城」とも呼ばれる。城壁は長さ1・7キロメートル、高さ12メートルに及び、明代の長城による国境防衛体制の重要部分を担っていた。永泰古城は2006年に全国重点文物保護単位に指定された。(景泰=新華社記者/馬寧)=2019(令和元)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019090200899

  • 2019年05月28日
    シルクロードの古城「永泰亀城」を訪ねて

    空から見た「永泰亀城」。(5月28日、小型無人機から)中国甘粛省白銀市景泰県寺灘郷にある永泰古城は、明の万暦36(1608)年に建造され、400年以上の歴史を持つ。同古城はシルクロード沿いに現存する代表的な明代の軍事要塞で、良好に保存されており、形が亀に似ていることから「永泰亀城」とも呼ばれる。城壁は長さ1・7キロメートル、高さ12メートルに及び、明代の長城による国境防衛体制の重要部分を担っていた。永泰古城は2006年に全国重点文物保護単位に指定された。(景泰=新華社記者/馬寧)=2019(令和元)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019090200858

  • 2019年05月31日
    「金絲彩釉」に受け継がれる匠の心河北省石家荘市

    5月31日、河北省石家荘市裕華区の工房で、金絲彩釉の彩色を行う無形文化遺産伝承者の王玉萍(おう·ぎょくへい)さん(右)。接着剤を使い木板上に各種鉱物顔料を定着させていく。中国河北省の省級無形文化遺産「金絲彩釉工芸」は、景泰藍(けいたいらん、七宝焼きの一種)の制作技術を応用した工芸技法。主な工程には、下絵付けや植線、彩色、つや出しなどがある。職人たちは、木板の上に金色の金属線で図案の輪郭を描き、さまざまな天然鉱物顔料を細かく砕いたもので彩色していく。1枚の作品を制作するには数か月から数年かかる。(石家荘=新華社配信/陳其保)=2019(令和元)年5月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019060403128

  • 2019年05月31日
    「金絲彩釉」に受け継がれる匠の心河北省石家荘市

    5月31日、河北省石家荘市裕華区の工房で「金絲彩釉工芸」の作品を掲げる無形文化遺産伝承者の王玉萍さん(右)と生徒。中国河北省の省級無形文化遺産「金絲彩釉工芸」は、景泰藍(けいたいらん、七宝焼きの一種)の制作技術を応用した工芸技法。主な工程には、下絵付けや植線、彩色、つや出しなどがある。職人たちは、木板の上に金色の金属線で図案の輪郭を描き、さまざまな天然鉱物顔料を細かく砕いたもので彩色していく。1枚の作品を制作するには数か月から数年かかる。(石家荘=新華社配信/陳其保)=2019(令和元)年5月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画像が荒れています。

    商品コード: 2019060403101

  • 2019年05月31日
    「金絲彩釉」に受け継がれる匠の心河北省石家荘市

    5月31日、河北省石家荘市裕華区の工房で、顔料を調合する無形文化遺産伝承者の王玉萍さん。中国河北省の省級無形文化遺産「金絲彩釉工芸」は、景泰藍(けいたいらん、七宝焼きの一種)の制作技術を応用した工芸技法。主な工程には、下絵付けや植線、彩色、つや出しなどがある。職人たちは、木板の上に金色の金属線で図案の輪郭を描き、さまざまな天然鉱物顔料を細かく砕いたもので彩色していく。1枚の作品を制作するには数か月から数年かかる。(石家荘=新華社配信/陳其保)=2019(令和元)年5月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019060403109

  • 2019年05月31日
    「金絲彩釉」に受け継がれる匠の心河北省石家荘市

    5月31日、河北省石家荘市裕華区の工房で「金絲彩釉」の下絵付けを行う無形文化遺産伝承者の王玉萍さん。あらかじめ選んだ図案を、カーボン紙を用い木板の上に写していく。中国河北省の省級無形文化遺産「金絲彩釉工芸」は、景泰藍(けいたいらん、七宝焼きの一種)の制作技術を応用した工芸技法。主な工程には、下絵付けや植線、彩色、つや出しなどがある。職人たちは、木板の上に金色の金属線で図案の輪郭を描き、さまざまな天然鉱物顔料を細かく砕いたもので彩色していく。1枚の作品を制作するには数か月から数年かかる。(石家荘=新華社配信/陳其保)=2019(令和元)年5月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019060403105

  • 2019年05月31日
    「金絲彩釉」に受け継がれる匠の心河北省石家荘市

    5月31日、河北省石家荘市裕華区の工房で「金絲彩釉」を制作する無形文化遺産伝承者の王玉萍さん。中国河北省の省級無形文化遺産「金絲彩釉工芸」は、景泰藍(けいたいらん、七宝焼きの一種)の制作技術を応用した工芸技法。主な工程には、下絵付けや植線、彩色、つや出しなどがある。職人たちは、木板の上に金色の金属線で図案の輪郭を描き、さまざまな天然鉱物顔料を細かく砕いたもので彩色していく。1枚の作品を制作するには数か月から数年かかる。(石家荘=新華社配信/陳其保)=2019(令和元)年5月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019060403064

  • 2019年05月31日
    「金絲彩釉」に受け継がれる匠の心河北省石家荘市

    5月31日、河北省石家荘市裕華区の工房で「金絲彩釉」の植線を行う無形文化遺産伝承者の王玉萍さん。金属製の線を木板上に接着していく。中国河北省の省級無形文化遺産「金絲彩釉工芸」は、景泰藍(けいたいらん、七宝焼きの一種)の制作技術を応用した工芸技法。主な工程には、下絵付けや植線、彩色、つや出しなどがある。職人たちは、木板の上に金色の金属線で図案の輪郭を描き、さまざまな天然鉱物顔料を細かく砕いたもので彩色していく。1枚の作品を制作するには数か月から数年かかる。(石家荘=新華社配信/陳其保)=2019(令和元)年5月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019060403111

  • 2019年05月31日
    「金絲彩釉」に受け継がれる匠の心河北省石家荘市

    5月31日、河北省石家荘市裕華区の工房で「金絲彩釉」の彩色を行う無形文化遺産伝承者の王玉萍さん。中国河北省の省級無形文化遺産「金絲彩釉工芸」は、景泰藍(けいたいらん、七宝焼きの一種)の制作技術を応用した工芸技法。主な工程には、下絵付けや植線、彩色、つや出しなどがある。職人たちは、木板の上に金色の金属線で図案の輪郭を描き、さまざまな天然鉱物顔料を細かく砕いたもので彩色していく。1枚の作品を制作するには数か月から数年かかる。(石家荘=新華社配信/陳其保)=2019(令和元)年5月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019060403049

  • 2019年06月08日
    多彩な無形文化財を紹介するイベント開催遼寧省瀋陽市

    8日、遼寧省無形文化遺産の景泰藍珀晶画を描く伝承者の劉晶(りゅう・しょう)さん。中国の「文化・自然遺産の日」(毎年6月第2土曜日)を迎えた8日、遼寧省瀋陽市にある文化遺産保護センター文馨(ぶんけい)苑で、多彩な無形文化財を紹介するイベントが開かれた。同イベントでは、無形文化財に関する知識の普及を目的に、遼寧省の無形文化財が展示された。(瀋陽=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061001385

  • 2019年06月08日
    多彩な無形文化財を紹介するイベント開催遼寧省瀋陽市

    8日、会場に展示された遼寧省無形文化財の景泰藍珀晶画。中国の「文化・自然遺産の日」(毎年6月第2土曜日)を迎えた8日、遼寧省瀋陽市にある文化遺産保護センター文馨(ぶんけい)苑で、多彩な無形文化財を紹介するイベントが開かれた。同イベントでは、無形文化財に関する知識の普及を目的に、遼寧省の無形文化財が展示された。(瀋陽=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061001392

  • 2019年07月03日
    伝統工芸「景泰藍」の海外進出が加速河北省饒陽県

    3日、河北省饒陽県にある景泰藍の工房で、完成品を並べる職人。中国河北省饒陽県はここ数年、地元特産の景泰藍(けいたいらん、七宝焼きの一種)の制作技術を伝承し、職人育成や技術刷新などの措置を実施することで、技術の水準と経済効果を大幅に向上させた。同県では現在、100種類近い景泰藍が作られており、製品は国内だけでなく日本・韓国など複数の国や地域でも販売され、地元の農民に収入増をもたらしている。(饒陽=新華社記者/李暁果)=2019(令和元)年7月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070901233

  • 2019年07月03日
    伝統工芸「景泰藍」の海外進出が加速河北省饒陽県

    3日、河北省饒陽県にある景泰藍の工房で、展示品を拭く職人。中国河北省饒陽県はここ数年、地元特産の景泰藍(けいたいらん、七宝焼きの一種)の制作技術を伝承し、職人育成や技術刷新などの措置を実施することで、技術の水準と経済効果を大幅に向上させた。同県では現在、100種類近い景泰藍が作られており、製品は国内だけでなく日本・韓国など複数の国や地域でも販売され、地元の農民に収入増をもたらしている。(饒陽=新華社記者/李暁果)=2019(令和元)年7月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070901215

  • 2019年07月03日
    伝統工芸「景泰藍」の海外進出が加速河北省饒陽県

    3日、河北省饒陽県にある景泰藍の工房で、釉薬を施す職人。中国河北省饒陽県はここ数年、地元特産の景泰藍(けいたいらん、七宝焼きの一種)の制作技術を伝承し、職人育成や技術刷新などの措置を実施することで、技術の水準と経済効果を大幅に向上させた。同県では現在、100種類近い景泰藍が作られており、製品は国内だけでなく日本・韓国など複数の国や地域でも販売され、地元の農民に収入増をもたらしている。(饒陽=新華社記者/李暁果)=2019(令和元)年7月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070901236

  • 2019年07月03日
    伝統工芸「景泰藍」の海外進出が加速河北省饒陽県

    3日、河北省饒陽県にある景泰藍の工房で、金属線を使い丹念に模様を作る職人。中国河北省饒陽県はここ数年、地元特産の景泰藍(けいたいらん、七宝焼きの一種)の制作技術を伝承し、職人育成や技術刷新などの措置を実施することで、技術の水準と経済効果を大幅に向上させた。同県では現在、100種類近い景泰藍が作られており、製品は国内だけでなく日本・韓国など複数の国や地域でも販売され、地元の農民に収入増をもたらしている。(饒陽=新華社記者/李暁果)=2019(令和元)年7月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070901232

  • 2019年08月13日
    金色の大地に輝くヒマワリの笑顔甘粛省景泰県

    13日、白銀市景泰県寺灘郷で満開を迎えたヒマワリ。中国甘粛省白銀市景泰県の寺灘郷では、数万ムー(1ムー=15分の1ヘクタール)のヒマワリが満開を迎えた。一面に咲き誇る様子は無数の輝く笑顔のようにも見え、大地は金色の美しいじゅうたんへと一変した。(白銀=新華社記者/范培珅)=2019(令和元)年8月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019081407358

  • 2019年08月13日
    金色の大地に輝くヒマワリの笑顔甘粛省景泰県

    13日、白銀市景泰県寺灘郷のヒマワリ畑と風力発電タワー。中国甘粛省白銀市景泰県の寺灘郷では、数万ムー(1ムー=15分の1ヘクタール)のヒマワリが満開を迎えた。一面に咲き誇る様子は無数の輝く笑顔のようにも見え、大地は金色の美しいじゅうたんへと一変した。(白銀=新華社記者/聶建江)=2019(令和元)年8月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019081407359

  • 2019年08月13日
    シルクロードの古城「永泰亀城」を訪ねて

    雲と霧に包まれた「永泰亀城」。(8月13日、小型無人機から)中国甘粛省白銀市景泰県寺灘郷にある永泰古城は、明の万暦36(1608)年に建造され、400年以上の歴史を持つ。同古城はシルクロード沿いに現存する代表的な明代の軍事要塞で、良好に保存されており、形が亀に似ていることから「永泰亀城」とも呼ばれる。城壁は長さ1・7キロメートル、高さ12メートルに及び、明代の長城による国境防衛体制の重要部分を担っていた。永泰古城は2006年に全国重点文物保護単位に指定された。(景泰=新華社記者/范培珅)=2019(令和元)年8月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019090200803

  • 2019年08月13日
    金色の大地に輝くヒマワリの笑顔甘粛省景泰県

    13日、白銀市景泰県寺灘郷で満開を迎えたヒマワリ。中国甘粛省白銀市景泰県の寺灘郷では、数万ムー(1ムー=15分の1ヘクタール)のヒマワリが満開を迎えた。一面に咲き誇る様子は無数の輝く笑顔のようにも見え、大地は金色の美しいじゅうたんへと一変した。(白銀=新華社記者/范培珅)=2019(令和元)年8月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019081407341

  • 2019年08月13日
    シルクロードの古城「永泰亀城」を訪ねて

    空から見た「永泰亀城」。(8月13日、小型無人機から)中国甘粛省白銀市景泰県寺灘郷にある永泰古城は、明の万暦36(1608)年に建造され、400年以上の歴史を持つ。同古城はシルクロード沿いに現存する代表的な明代の軍事要塞で、良好に保存されており、形が亀に似ていることから「永泰亀城」とも呼ばれる。城壁は長さ1・7キロメートル、高さ12メートルに及び、明代の長城による国境防衛体制の重要部分を担っていた。永泰古城は2006年に全国重点文物保護単位に指定された。(景泰=新華社記者/范培珅)=2019(令和元)年8月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019090200822

  • 2019年08月13日
    金色の大地に輝くヒマワリの笑顔甘粛省景泰県

    13日、白銀市景泰県寺灘郷で満開を迎えたヒマワリ。中国甘粛省白銀市景泰県の寺灘郷では、数万ムー(1ムー=15分の1ヘクタール)のヒマワリが満開を迎えた。一面に咲き誇る様子は無数の輝く笑顔のようにも見え、大地は金色の美しいじゅうたんへと一変した。(白銀=新華社記者/聶建江)=2019(令和元)年8月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019081407354

  • 2019年08月13日
    金色の大地に輝くヒマワリの笑顔甘粛省景泰県

    13日、白銀市景泰県寺灘郷で満開を迎えたヒマワリ。中国甘粛省白銀市景泰県の寺灘郷では、数万ムー(1ムー=15分の1ヘクタール)のヒマワリが満開を迎えた。一面に咲き誇る様子は無数の輝く笑顔のようにも見え、大地は金色の美しいじゅうたんへと一変した。(白銀=新華社記者/范培珅)=2019(令和元)年8月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019081407333

  • 2019年08月13日
    金色の大地に輝くヒマワリの笑顔甘粛省景泰県

    13日、白銀市景泰県寺灘郷で満開を迎えたヒマワリ。(小型無人機から)中国甘粛省白銀市景泰県の寺灘郷では、数万ムー(1ムー=15分の1ヘクタール)のヒマワリが満開を迎えた。一面に咲き誇る様子は無数の輝く笑顔のようにも見え、大地は金色の美しいじゅうたんへと一変した。(白銀=新華社記者/范培珅)=2019(令和元)年8月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019081407303

  • 2019年08月13日
    金色の大地に輝くヒマワリの笑顔甘粛省景泰県

    13日、白銀市景泰県寺灘郷で満開を迎えたヒマワリ。(小型無人機から)中国甘粛省白銀市景泰県の寺灘郷では、数万ムー(1ムー=15分の1ヘクタール)のヒマワリが満開を迎えた。一面に咲き誇る様子は無数の輝く笑顔のようにも見え、大地は金色の美しいじゅうたんへと一変した。(白銀=新華社記者/范培珅)=2019(令和元)年8月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019081407360

  • 00:50.07
    2019年09月02日
    「新華社」シルクロードの古城「永泰亀城」を訪ねて

    中国甘粛省白銀市景泰県寺灘郷にある永泰古城は、明の万暦36(1608)年に建造され、400年以上の歴史を持つ。同古城はシルクロード沿いに現存する代表的な明代の軍事要塞で、良好に保存されており、形が亀に似ていることから「永泰亀城」とも呼ばれる。城壁は長さ1・7キロメートル、高さ12メートルに及び、明代の長城による国境防衛体制の重要部分を担っていた。永泰古城は2006年に全国重点文物保護単位に指定された。(記者/范培珅)<映像内容>明代の軍事要塞、永泰古城の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019090200994

  • 2019年10月12日
    悠久の時を経て輝きを増す「脱胎漆器」江西省上饒市

    12日、自宅で水をつけながら漆器の素地(きじ)を磨く丁国坤さん。「鄱陽脱胎漆器髹漆(きゅうしつ、漆塗を主とする漆芸技法)技術」の国家級無形文化遺産の継承者、中国江西省上饒(じょうじょう)市鄱陽県鄱陽鎮の丁国坤(てい・こくこん)さん(76)は、脱胎漆器(芯材を持たない漆器)の制作で、これまで「中国工芸美術百花賞」などの賞を数多く受賞してきた。丁さんは1973年に2人の漆芸師と協力し、伝統技術をもとに初めて開発した「鋳型凝固離型法」で従来の古いやり方を改良し、脱胎漆器の成形技術を新たなレベルに引き上げることに成功した。景徳鎮の陶磁器、北京の景泰藍(七宝焼)とともに「中華三宝」と称される脱胎漆器の制作は漢代に始まり、明清代以降には長江以南の地域で盛んになった。天然漆、綿麻の布を用いて伝統的な技法で作られる漆器は、防湿、電気絶縁性、耐酸性、防腐性、無毒などの特徴を備え、しっかりした素地や上品な装飾、調和のとれた色彩で国内外に知られている。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2019(令和元)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101605574

  • 2019年10月12日
    悠久の時を経て輝きを増す「脱胎漆器」江西省上饒市

    12日、自宅で漆器の素地(きじ)に麻布を貼りつける丁国坤さん。「鄱陽脱胎漆器髹漆(きゅうしつ、漆塗を主とする漆芸技法)技術」の国家級無形文化遺産の継承者、中国江西省上饒(じょうじょう)市鄱陽県鄱陽鎮の丁国坤(てい・こくこん)さん(76)は、脱胎漆器(芯材を持たない漆器)の制作で、これまで「中国工芸美術百花賞」などの賞を数多く受賞してきた。丁さんは1973年に2人の漆芸師と協力し、伝統技術をもとに初めて開発した「鋳型凝固離型法」で従来の古いやり方を改良し、脱胎漆器の成形技術を新たなレベルに引き上げることに成功した。景徳鎮の陶磁器、北京の景泰藍(七宝焼)とともに「中華三宝」と称される脱胎漆器の制作は漢代に始まり、明清代以降には長江以南の地域で盛んになった。天然漆、綿麻の布を用いて伝統的な技法で作られる漆器は、防湿、電気絶縁性、耐酸性、防腐性、無毒などの特徴を備え、しっかりした素地や上品な装飾、調和のとれた色彩で国内外に知られている。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2019(令和元)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101605511

  • 2019年10月12日
    悠久の時を経て輝きを増す「脱胎漆器」江西省上饒市

    12日、自宅で漆器の素地(きじ)に漆を塗る丁国坤さん。「鄱陽脱胎漆器髹漆(きゅうしつ、漆塗を主とする漆芸技法)技術」の国家級無形文化遺産の継承者、中国江西省上饒(じょうじょう)市鄱陽県鄱陽鎮の丁国坤(てい・こくこん)さん(76)は、脱胎漆器(芯材を持たない漆器)の制作で、これまで「中国工芸美術百花賞」などの賞を数多く受賞してきた。丁さんは1973年に2人の漆芸師と協力し、伝統技術をもとに初めて開発した「鋳型凝固離型法」で従来の古いやり方を改良し、脱胎漆器の成形技術を新たなレベルに引き上げることに成功した。景徳鎮の陶磁器、北京の景泰藍(七宝焼)とともに「中華三宝」と称される脱胎漆器の制作は漢代に始まり、明清代以降には長江以南の地域で盛んになった。天然漆、綿麻の布を用いて伝統的な技法で作られる漆器は、防湿、電気絶縁性、耐酸性、防腐性、無毒などの特徴を備え、しっかりした素地や上品な装飾、調和のとれた色彩で国内外に知られている。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2019(令和元)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101605522

  • 2019年10月12日
    悠久の時を経て輝きを増す「脱胎漆器」江西省上饒市

    12日、自宅で丁国坤さんが漆特有の光沢と深みを出すため、漆器の表面を磨き上げている。「鄱陽脱胎漆器髹漆(きゅうしつ、漆塗を主とする漆芸技法)技術」の国家級無形文化遺産の継承者、中国江西省上饒(じょうじょう)市鄱陽県鄱陽鎮の丁国坤(てい・こくこん)さん(76)は、脱胎漆器(芯材を持たない漆器)の制作で、これまで「中国工芸美術百花賞」などの賞を数多く受賞してきた。丁さんは1973年に2人の漆芸師と協力し、伝統技術をもとに初めて開発した「鋳型凝固離型法」で従来の古いやり方を改良し、脱胎漆器の成形技術を新たなレベルに引き上げることに成功した。景徳鎮の陶磁器、北京の景泰藍(七宝焼)とともに「中華三宝」と称される脱胎漆器の制作は漢代に始まり、明清代以降には長江以南の地域で盛んになった。天然漆、綿麻の布を用いて伝統的な技法で作られる漆器は、防湿、電気絶縁性、耐酸性、防腐性、無毒などの特徴を備え、しっかりした素地や上品な装飾、調和のとれた色彩で国内外に知られている。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2019(令和元)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101605496

  • 2019年10月12日
    悠久の時を経て輝きを増す「脱胎漆器」江西省上饒市

    12日、自宅で作品の出来栄えをチェックする丁国坤さん。「鄱陽脱胎漆器髹漆(きゅうしつ、漆塗を主とする漆芸技法)技術」の国家級無形文化遺産の継承者、中国江西省上饒(じょうじょう)市鄱陽県鄱陽鎮の丁国坤(てい・こくこん)さん(76)は、脱胎漆器(芯材を持たない漆器)の制作で、これまで「中国工芸美術百花賞」などの賞を数多く受賞してきた。丁さんは1973年に2人の漆芸師と協力し、伝統技術をもとに初めて開発した「鋳型凝固離型法」で従来の古いやり方を改良し、脱胎漆器の成形技術を新たなレベルに引き上げることに成功した。景徳鎮の陶磁器、北京の景泰藍(七宝焼)とともに「中華三宝」と称される脱胎漆器の制作は漢代に始まり、明清代以降には長江以南の地域で盛んになった。天然漆、綿麻の布を用いて伝統的な技法で作られる漆器は、防湿、電気絶縁性、耐酸性、防腐性、無毒などの特徴を備え、しっかりした素地や上品な装飾、調和のとれた色彩で国内外に知られている。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2019(令和元)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101605513

  • 2019年10月12日
    悠久の時を経て輝きを増す「脱胎漆器」江西省上饒市

    12日、自宅で金属の絵柄を漆器に貼り付ける丁国坤さん。「鄱陽脱胎漆器髹漆(きゅうしつ、漆塗を主とする漆芸技法)技術」の国家級無形文化遺産の継承者、中国江西省上饒(じょうじょう)市鄱陽県鄱陽鎮の丁国坤(てい・こくこん)さん(76)は、脱胎漆器(芯材を持たない漆器)の制作で、これまで「中国工芸美術百花賞」などの賞を数多く受賞してきた。丁さんは1973年に2人の漆芸師と協力し、伝統技術をもとに初めて開発した「鋳型凝固離型法」で従来の古いやり方を改良し、脱胎漆器の成形技術を新たなレベルに引き上げることに成功した。景徳鎮の陶磁器、北京の景泰藍(七宝焼)とともに「中華三宝」と称される脱胎漆器の制作は漢代に始まり、明清代以降には長江以南の地域で盛んになった。天然漆、綿麻の布を用いて伝統的な技法で作られる漆器は、防湿、電気絶縁性、耐酸性、防腐性、無毒などの特徴を備え、しっかりした素地や上品な装飾、調和のとれた色彩で国内外に知られている。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2019(令和元)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101605581

  • 2019年10月12日
    悠久の時を経て輝きを増す「脱胎漆器」江西省上饒市

    12日、自宅で一番のお気に入り作品「似花非花」を掲げて見せる丁国坤さん。「鄱陽脱胎漆器髹漆(きゅうしつ、漆塗を主とする漆芸技法)技術」の国家級無形文化遺産の継承者、中国江西省上饒(じょうじょう)市鄱陽県鄱陽鎮の丁国坤(てい・こくこん)さん(76)は、脱胎漆器(芯材を持たない漆器)の制作で、これまで「中国工芸美術百花賞」などの賞を数多く受賞してきた。丁さんは1973年に2人の漆芸師と協力し、伝統技術をもとに初めて開発した「鋳型凝固離型法」で従来の古いやり方を改良し、脱胎漆器の成形技術を新たなレベルに引き上げることに成功した。景徳鎮の陶磁器、北京の景泰藍(七宝焼)とともに「中華三宝」と称される脱胎漆器の制作は漢代に始まり、明清代以降には長江以南の地域で盛んになった。天然漆、綿麻の布を用いて伝統的な技法で作られる漆器は、防湿、電気絶縁性、耐酸性、防腐性、無毒などの特徴を備え、しっかりした素地や上品な装飾、調和のとれた色彩で国内外に知られている。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2019(令和元)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101605582

  • 2019年10月12日
    悠久の時を経て輝きを増す「脱胎漆器」江西省上饒市

    12日、自宅で作品の出来栄えをチェックする丁国坤さん。「鄱陽脱胎漆器髹漆(きゅうしつ、漆塗を主とする漆芸技法)技術」の国家級無形文化遺産の継承者、中国江西省上饒(じょうじょう)市鄱陽県鄱陽鎮の丁国坤(てい・こくこん)さん(76)は、脱胎漆器(芯材を持たない漆器)の制作で、これまで「中国工芸美術百花賞」などの賞を数多く受賞してきた。丁さんは1973年に2人の漆芸師と協力し、伝統技術をもとに初めて開発した「鋳型凝固離型法」で従来の古いやり方を改良し、脱胎漆器の成形技術を新たなレベルに引き上げることに成功した。景徳鎮の陶磁器、北京の景泰藍(七宝焼)とともに「中華三宝」と称される脱胎漆器の制作は漢代に始まり、明清代以降には長江以南の地域で盛んになった。天然漆、綿麻の布を用いて伝統的な技法で作られる漆器は、防湿、電気絶縁性、耐酸性、防腐性、無毒などの特徴を備え、しっかりした素地や上品な装飾、調和のとれた色彩で国内外に知られている。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2019(令和元)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101605546

  • 2019年10月12日
    悠久の時を経て輝きを増す「脱胎漆器」江西省上饒市

    12日、自宅で漆器の素地(きじ)に絵を描く丁国坤さん。「鄱陽脱胎漆器髹漆(きゅうしつ、漆塗を主とする漆芸技法)技術」の国家級無形文化遺産の継承者、中国江西省上饒(じょうじょう)市鄱陽県鄱陽鎮の丁国坤(てい・こくこん)さん(76)は、脱胎漆器(芯材を持たない漆器)の制作で、これまで「中国工芸美術百花賞」などの賞を数多く受賞してきた。丁さんは1973年に2人の漆芸師と協力し、伝統技術をもとに初めて開発した「鋳型凝固離型法」で従来の古いやり方を改良し、脱胎漆器の成形技術を新たなレベルに引き上げることに成功した。景徳鎮の陶磁器、北京の景泰藍(七宝焼)とともに「中華三宝」と称される脱胎漆器の制作は漢代に始まり、明清代以降には長江以南の地域で盛んになった。天然漆、綿麻の布を用いて伝統的な技法で作られる漆器は、防湿、電気絶縁性、耐酸性、防腐性、無毒などの特徴を備え、しっかりした素地や上品な装飾、調和のとれた色彩で国内外に知られている。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2019(令和元)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101605488

  • 2019年10月12日
    悠久の時を経て輝きを増す「脱胎漆器」江西省上饒市

    12日、自宅で漆器の素地(きじ)に漆(うるし)を塗る丁国坤さん。「鄱陽脱胎漆器髹漆(きゅうしつ、漆塗を主とする漆芸技法)技術」の国家級無形文化遺産の継承者、中国江西省上饒(じょうじょう)市鄱陽県鄱陽鎮の丁国坤(てい・こくこん)さん(76)は、脱胎漆器(芯材を持たない漆器)の制作で、これまで「中国工芸美術百花賞」などの賞を数多く受賞してきた。丁さんは1973年に2人の漆芸師と協力し、伝統技術をもとに初めて開発した「鋳型凝固離型法」で従来の古いやり方を改良し、脱胎漆器の成形技術を新たなレベルに引き上げることに成功した。景徳鎮の陶磁器、北京の景泰藍(七宝焼)とともに「中華三宝」と称される脱胎漆器の制作は漢代に始まり、明清代以降には長江以南の地域で盛んになった。天然漆、綿麻の布を用いて伝統的な技法で作られる漆器は、防湿、電気絶縁性、耐酸性、防腐性、無毒などの特徴を備え、しっかりした素地や上品な装飾、調和のとれた色彩で国内外に知られている。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2019(令和元)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101605569

  • 2019年10月12日
    悠久の時を経て輝きを増す「脱胎漆器」江西省上饒市

    12日、自宅で漆器の土台となる「木地(きじ)」を作る丁国坤さん。「鄱陽脱胎漆器髹漆(きゅうしつ、漆塗を主とする漆芸技法)技術」の国家級無形文化遺産の継承者、中国江西省上饒(じょうじょう)市鄱陽県鄱陽鎮の丁国坤(てい・こくこん)さん(76)は、脱胎漆器(芯材を持たない漆器)の制作で、これまで「中国工芸美術百花賞」などの賞を数多く受賞してきた。丁さんは1973年に2人の漆芸師と協力し、伝統技術をもとに初めて開発した「鋳型凝固離型法」で従来の古いやり方を改良し、脱胎漆器の成形技術を新たなレベルに引き上げることに成功した。景徳鎮の陶磁器、北京の景泰藍(七宝焼)とともに「中華三宝」と称される脱胎漆器の制作は漢代に始まり、明清代以降には長江以南の地域で盛んになった。天然漆、綿麻の布を用いて伝統的な技法で作られる漆器は、防湿、電気絶縁性、耐酸性、防腐性、無毒などの特徴を備え、しっかりした素地や上品な装飾、調和のとれた色彩で国内外に知られている。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2019(令和元)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101605532

  • 2019年10月12日
    悠久の時を経て輝きを増す「脱胎漆器」江西省上饒市

    12日、自宅で漆器の素地(きじ)に漆(うるし)を塗る丁国坤さん。「鄱陽脱胎漆器髹漆(きゅうしつ、漆塗を主とする漆芸技法)技術」の国家級無形文化遺産の継承者、中国江西省上饒(じょうじょう)市鄱陽県鄱陽鎮の丁国坤(てい・こくこん)さん(76)は、脱胎漆器(芯材を持たない漆器)の制作で、これまで「中国工芸美術百花賞」などの賞を数多く受賞してきた。丁さんは1973年に2人の漆芸師と協力し、伝統技術をもとに初めて開発した「鋳型凝固離型法」で従来の古いやり方を改良し、脱胎漆器の成形技術を新たなレベルに引き上げることに成功した。景徳鎮の陶磁器、北京の景泰藍(七宝焼)とともに「中華三宝」と称される脱胎漆器の制作は漢代に始まり、明清代以降には長江以南の地域で盛んになった。天然漆、綿麻の布を用いて伝統的な技法で作られる漆器は、防湿、電気絶縁性、耐酸性、防腐性、無毒などの特徴を備え、しっかりした素地や上品な装飾、調和のとれた色彩で国内外に知られている。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2019(令和元)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101605555

  • 2019年10月12日
    悠久の時を経て輝きを増す「脱胎漆器」江西省上饒市

    12日、自宅の入口前で弟子たちと記念写真を撮る丁国坤さん(左から2人目)。「鄱陽脱胎漆器髹漆(きゅうしつ、漆塗を主とする漆芸技法)技術」の国家級無形文化遺産の継承者、中国江西省上饒(じょうじょう)市鄱陽県鄱陽鎮の丁国坤(てい・こくこん)さん(76)は、脱胎漆器(芯材を持たない漆器)の制作で、これまで「中国工芸美術百花賞」などの賞を数多く受賞してきた。丁さんは1973年に2人の漆芸師と協力し、伝統技術をもとに初めて開発した「鋳型凝固離型法」で従来の古いやり方を改良し、脱胎漆器の成形技術を新たなレベルに引き上げることに成功した。景徳鎮の陶磁器、北京の景泰藍(七宝焼)とともに「中華三宝」と称される脱胎漆器の制作は漢代に始まり、明清代以降には長江以南の地域で盛んになった。天然漆、綿麻の布を用いて伝統的な技法で作られる漆器は、防湿、電気絶縁性、耐酸性、防腐性、無毒などの特徴を備え、しっかりした素地や上品な装飾、調和のとれた色彩で国内外に知られている。(南昌=新華社記者/胡晨歓)=2019(令和元)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101605528

  • 01:45.84
    2019年11月11日
    「新華社」力洋古宅、山海の里の古風な建築美

    力洋古宅(りきようこたく)は中国浙江省寧波市寧海県力洋村にある歴史的な価値を持つ屋敷群。古宅の多くは北京の四合院に似た形状で、口の字型の正屋(母屋)を廂房(正屋の両脇の建物)と後堂が取り囲み、楼廊(2階構造の外廊下)がつながり、中庭が相通じ、「回」の字の構造になっている。屋根の棟の部分はいずれも中央に浮き彫りの施された棟瓦があり、景泰藍(七宝焼)の円形の鉢が埋め込まれている。飾り瓦と灰塑(焼き物の屋根飾り)によって屋根の棟は竜の形を成し、山海の里・力洋の文化的特色を表している。(記者/顧小立)<映像内容>力洋古宅の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111802279

  • 2019年12月04日
    北京の伝統工芸品、景泰藍の「誕生」に迫る

    4日、銅素地に描かれた図案に青色の染料を塗る北京市琺琅廠有限責任公司の職人。北京の特産品として知られる銅製の七宝焼き、景泰藍(けいたいらん)は「銅胎掐絲琺瑯(どうたいこうしほうろう)」とも称される北京の特色ある伝統手工芸品の一つで、世界的に有名な手工芸品でもある。上品な形に複雑な模様、美しく重みのある色彩を備え、美術、工芸、彫刻、象眼、ガラス溶錬、冶金などの専門技術を一体とした制作プロセスを持ち、鮮明な民族スタイルと濃厚な文化的味わいを感じさせる。誕生当初は宮廷御用達の貴重な品物で、元・明・清三朝の皇室に好まれていた。1956年に創業した北京市琺琅廠有限責任公司は、中国全土の景泰藍業界で唯一の「中華老字号」(中国大陸の老舗企業の称号)で、国家級無形文化遺産である景泰藍の制作技術生産性保護モデル基地でもある。(北京=新華社記者/李欣)=2019(令和元)年12月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010602851

  • 2019年12月04日
    北京の伝統工芸品、景泰藍の「誕生」に迫る

    4日、1回目の焼き付けが済んだ作品に2回目の色付けをする北京市琺琅廠有限責任公司の職人。北京の特産品として知られる銅製の七宝焼き、景泰藍(けいたいらん)は「銅胎掐絲琺瑯(どうたいこうしほうろう)」とも称される北京の特色ある伝統手工芸品の一つで、世界的に有名な手工芸品でもある。上品な形に複雑な模様、美しく重みのある色彩を備え、美術、工芸、彫刻、象眼、ガラス溶錬、冶金などの専門技術を一体とした制作プロセスを持ち、鮮明な民族スタイルと濃厚な文化的味わいを感じさせる。誕生当初は宮廷御用達の貴重な品物で、元・明・清三朝の皇室に好まれていた。1956年に創業した北京市琺琅廠有限責任公司は、中国全土の景泰藍業界で唯一の「中華老字号」(中国大陸の老舗企業の称号)で、国家級無形文化遺産である景泰藍の制作技術生産性保護モデル基地でもある。(北京=新華社記者/李欣)=2019(令和元)年12月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010602808

  • 2019年12月04日
    北京の伝統工芸品、景泰藍の「誕生」に迫る

    4日、銅素地に象眼細工を施す北京市琺琅廠有限責任公司の職人。北京の特産品として知られる銅製の七宝焼き、景泰藍(けいたいらん)は「銅胎掐絲琺瑯(どうたいこうしほうろう)」とも称される北京の特色ある伝統手工芸品の一つで、世界的に有名な手工芸品でもある。上品な形に複雑な模様、美しく重みのある色彩を備え、美術、工芸、彫刻、象眼、ガラス溶錬、冶金などの専門技術を一体とした制作プロセスを持ち、鮮明な民族スタイルと濃厚な文化的味わいを感じさせる。誕生当初は宮廷御用達の貴重な品物で、元・明・清三朝の皇室に好まれていた。1956年に創業した北京市琺琅廠有限責任公司は、中国全土の景泰藍業界で唯一の「中華老字号」(中国大陸の老舗企業の称号)で、国家級無形文化遺産である景泰藍の制作技術生産性保護モデル基地でもある。(北京=新華社記者/李欣)=2019(令和元)年12月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010602816

  • 2019年12月04日
    北京の伝統工芸品、景泰藍の「誕生」に迫る

    4日、銅素地に象眼細工を施す北京市琺琅廠有限責任公司の職人。北京の特産品として知られる銅製の七宝焼き、景泰藍(けいたいらん)は「銅胎掐絲琺瑯(どうたいこうしほうろう)」とも称される北京の特色ある伝統手工芸品の一つで、世界的に有名な手工芸品でもある。上品な形に複雑な模様、美しく重みのある色彩を備え、美術、工芸、彫刻、象眼、ガラス溶錬、冶金などの専門技術を一体とした制作プロセスを持ち、鮮明な民族スタイルと濃厚な文化的味わいを感じさせる。誕生当初は宮廷御用達の貴重な品物で、元・明・清三朝の皇室に好まれていた。1956年に創業した北京市琺琅廠有限責任公司は、中国全土の景泰藍業界で唯一の「中華老字号」(中国大陸の老舗企業の称号)で、国家級無形文化遺産である景泰藍の制作技術生産性保護モデル基地でもある。(北京=新華社記者/李欣)=2019(令和元)年12月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010602865

  • 00:47.63
    2019年12月04日
    「新華社」南京博物院の秘蔵品を紹介-清乾隆仿金釉法輪

    中国江蘇省の南京博物院が所蔵する清乾隆仿金釉法輪(しんけんりゅうほうきんゆうほうりん)。両面対称で、蓮座の脚部はラッパ状に広がっている。磁器全体に金釉(金メッキ)が施されており、ルビーやサファイヤ、エメラルドを模した宝石釉による装飾がある。底部には金彩で「乾隆年制」四文字の篆書印章款がある。法輪はチベット仏教によく見られる法器で、仏教のいわゆる「七宝」の一つであることから「輪宝」とも呼ばれる。チベット地区のラマ寺院の屋根に高々とそびえる銅に金メッキが施された法輪は、チベット仏教寺院を示すシンボルとなっている。金釉瓷法輪は官窯(宮廷直属の陶磁窯)特有の磁器工芸で、清代の乾隆、嘉慶年間に制作されていた。仏教七宝がセットになったものは七宝(景泰藍)製が多く、磁器のものは非常に珍しい。(記者/劉宇軒)<映像内容>南京博物院が所蔵する「清乾隆仿金釉法輪」、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120406954

  • 2019年12月04日
    北京の伝統工芸品、景泰藍の「誕生」に迫る

    4日、銅素地に描かれた図案に焼き付け前の1回目の色付けをする北京市琺琅廠有限責任公司の職人。北京の特産品として知られる銅製の七宝焼き、景泰藍(けいたいらん)は「銅胎掐絲琺瑯(どうたいこうしほうろう)」とも称される北京の特色ある伝統手工芸品の一つで、世界的に有名な手工芸品でもある。上品な形に複雑な模様、美しく重みのある色彩を備え、美術、工芸、彫刻、象眼、ガラス溶錬、冶金などの専門技術を一体とした制作プロセスを持ち、鮮明な民族スタイルと濃厚な文化的味わいを感じさせる。誕生当初は宮廷御用達の貴重な品物で、元・明・清三朝の皇室に好まれていた。1956年に創業した北京市琺琅廠有限責任公司は、中国全土の景泰藍業界で唯一の「中華老字号」(中国大陸の老舗企業の称号)で、国家級無形文化遺産である景泰藍の制作技術生産性保護モデル基地でもある。(北京=新華社記者/李欣)=2019(令和元)年12月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010602783

  • 2019年12月04日
    北京の伝統工芸品、景泰藍の「誕生」に迫る

    4日、銅素地に描かれた図案に青色の染料を塗る北京市琺琅廠有限責任公司の職人。北京の特産品として知られる銅製の七宝焼き、景泰藍(けいたいらん)は「銅胎掐絲琺瑯(どうたいこうしほうろう)」とも称される北京の特色ある伝統手工芸品の一つで、世界的に有名な手工芸品でもある。上品な形に複雑な模様、美しく重みのある色彩を備え、美術、工芸、彫刻、象眼、ガラス溶錬、冶金などの専門技術を一体とした制作プロセスを持ち、鮮明な民族スタイルと濃厚な文化的味わいを感じさせる。誕生当初は宮廷御用達の貴重な品物で、元・明・清三朝の皇室に好まれていた。1956年に創業した北京市琺琅廠有限責任公司は、中国全土の景泰藍業界で唯一の「中華老字号」(中国大陸の老舗企業の称号)で、国家級無形文化遺産である景泰藍の制作技術生産性保護モデル基地でもある。(北京=新華社記者/李欣)=2019(令和元)年12月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010602847

  • 2019年12月04日
    北京の伝統工芸品、景泰藍の「誕生」に迫る

    4日、北京市琺琅廠有限責任公司の職人が1回目の焼き付けが済んだ作品に2回目の色付けをしている。北京の特産品として知られる銅製の七宝焼き、景泰藍(けいたいらん)は「銅胎掐絲琺瑯(どうたいこうしほうろう)」とも称される北京の特色ある伝統手工芸品の一つで、世界的に有名な手工芸品でもある。上品な形に複雑な模様、美しく重みのある色彩を備え、美術、工芸、彫刻、象眼、ガラス溶錬、冶金などの専門技術を一体とした制作プロセスを持ち、鮮明な民族スタイルと濃厚な文化的味わいを感じさせる。誕生当初は宮廷御用達の貴重な品物で、元・明・清三朝の皇室に好まれていた。1956年に創業した北京市琺琅廠有限責任公司は、中国全土の景泰藍業界で唯一の「中華老字号」(中国大陸の老舗企業の称号)で、国家級無形文化遺産である景泰藍の制作技術生産性保護モデル基地でもある。(北京=新華社記者/李欣)=2019(令和元)年12月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010602809

  • 2019年12月12日
    北京の伝統工芸品、景泰藍の「誕生」に迫る

    12日、北京市琺琅廠有限責任公司の生産基地で、職人に焼き付けられた景泰藍の瓶。北京の特産品として知られる銅製の七宝焼き、景泰藍(けいたいらん)は「銅胎掐絲琺瑯(どうたいこうしほうろう)」とも称される北京の特色ある伝統手工芸品の一つで、世界的に有名な手工芸品でもある。上品な形に複雑な模様、美しく重みのある色彩を備え、美術、工芸、彫刻、象眼、ガラス溶錬、冶金などの専門技術を一体とした制作プロセスを持ち、鮮明な民族スタイルと濃厚な文化的味わいを感じさせる。誕生当初は宮廷御用達の貴重な品物で、元・明・清三朝の皇室に好まれていた。1956年に創業した北京市琺琅廠有限責任公司は、中国全土の景泰藍業界で唯一の「中華老字号」(中国大陸の老舗企業の称号)で、国家級無形文化遺産である景泰藍の制作技術生産性保護モデル基地でもある。(北京=新華社記者/李欣)=2019(令和元)年12月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010602864

  • 2019年12月12日
    北京の伝統工芸品、景泰藍の「誕生」に迫る

    12日、自身がデザイン・制作した大型の景泰藍作品の逸品を紹介する中国の工芸美術大師、鍾連盛(しょう・れんせい)さん。北京の特産品として知られる銅製の七宝焼き、景泰藍(けいたいらん)は「銅胎掐絲琺瑯(どうたいこうしほうろう)」とも称される北京の特色ある伝統手工芸品の一つで、世界的に有名な手工芸品でもある。上品な形に複雑な模様、美しく重みのある色彩を備え、美術、工芸、彫刻、象眼、ガラス溶錬、冶金などの専門技術を一体とした制作プロセスを持ち、鮮明な民族スタイルと濃厚な文化的味わいを感じさせる。誕生当初は宮廷御用達の貴重な品物で、元・明・清三朝の皇室に好まれていた。1956年に創業した北京市琺琅廠有限責任公司は、中国全土の景泰藍業界で唯一の「中華老字号」(中国大陸の老舗企業の称号)で、国家級無形文化遺産である景泰藍の制作技術生産性保護モデル基地でもある。(北京=新華社記者/李欣)=2019(令和元)年12月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010602866

  • 2019年12月12日
    北京の伝統工芸品、景泰藍の「誕生」に迫る

    12日、北京景泰藍芸術博物館に展示された景泰藍作品の逸品の数々。北京の特産品として知られる銅製の七宝焼き、景泰藍(けいたいらん)は「銅胎掐絲琺瑯(どうたいこうしほうろう)」とも称される北京の特色ある伝統手工芸品の一つで、世界的に有名な手工芸品でもある。上品な形に複雑な模様、美しく重みのある色彩を備え、美術、工芸、彫刻、象眼、ガラス溶錬、冶金などの専門技術を一体とした制作プロセスを持ち、鮮明な民族スタイルと濃厚な文化的味わいを感じさせる。誕生当初は宮廷御用達の貴重な品物で、元・明・清三朝の皇室に好まれていた。1956年に創業した北京市琺琅廠有限責任公司は、中国全土の景泰藍業界で唯一の「中華老字号」(中国大陸の老舗企業の称号)で、国家級無形文化遺産である景泰藍の制作技術生産性保護モデル基地でもある。(北京=新華社記者/李欣)=2019(令和元)年12月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010602826

  • 2019年12月12日
    北京の伝統工芸品、景泰藍の「誕生」に迫る

    12日、北京市琺琅廠有限責任公司の生産基地で、景泰藍の瓶の焼き付けをする職人。北京の特産品として知られる銅製の七宝焼き、景泰藍(けいたいらん)は「銅胎掐絲琺瑯(どうたいこうしほうろう)」とも称される北京の特色ある伝統手工芸品の一つで、世界的に有名な手工芸品でもある。上品な形に複雑な模様、美しく重みのある色彩を備え、美術、工芸、彫刻、象眼、ガラス溶錬、冶金などの専門技術を一体とした制作プロセスを持ち、鮮明な民族スタイルと濃厚な文化的味わいを感じさせる。誕生当初は宮廷御用達の貴重な品物で、元・明・清三朝の皇室に好まれていた。1956年に創業した北京市琺琅廠有限責任公司は、中国全土の景泰藍業界で唯一の「中華老字号」(中国大陸の老舗企業の称号)で、国家級無形文化遺産である景泰藍の制作技術生産性保護モデル基地でもある。(北京=新華社記者/李欣)=2019(令和元)年12月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010602819

  • 2019年12月12日
    北京の伝統工芸品、景泰藍の「誕生」に迫る

    12日、作品の1回目の焼き付け作業の様子。北京の特産品として知られる銅製の七宝焼き、景泰藍(けいたいらん)は「銅胎掐絲琺瑯(どうたいこうしほうろう)」とも称される北京の特色ある伝統手工芸品の一つで、世界的に有名な手工芸品でもある。上品な形に複雑な模様、美しく重みのある色彩を備え、美術、工芸、彫刻、象眼、ガラス溶錬、冶金などの専門技術を一体とした制作プロセスを持ち、鮮明な民族スタイルと濃厚な文化的味わいを感じさせる。誕生当初は宮廷御用達の貴重な品物で、元・明・清三朝の皇室に好まれていた。1956年に創業した北京市琺琅廠有限責任公司は、中国全土の景泰藍業界で唯一の「中華老字号」(中国大陸の老舗企業の称号)で、国家級無形文化遺産である景泰藍の制作技術生産性保護モデル基地でもある。(北京=新華社記者/李欣)=2019(令和元)年12月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010602801

  • 2019年12月12日
    北京の伝統工芸品、景泰藍の「誕生」に迫る

    12日、1回目の焼き付け作業が行われる作品。北京の特産品として知られる銅製の七宝焼き、景泰藍(けいたいらん)は「銅胎掐絲琺瑯(どうたいこうしほうろう)」とも称される北京の特色ある伝統手工芸品の一つで、世界的に有名な手工芸品でもある。上品な形に複雑な模様、美しく重みのある色彩を備え、美術、工芸、彫刻、象眼、ガラス溶錬、冶金などの専門技術を一体とした制作プロセスを持ち、鮮明な民族スタイルと濃厚な文化的味わいを感じさせる。誕生当初は宮廷御用達の貴重な品物で、元・明・清三朝の皇室に好まれていた。1956年に創業した北京市琺琅廠有限責任公司は、中国全土の景泰藍業界で唯一の「中華老字号」(中国大陸の老舗企業の称号)で、国家級無形文化遺産である景泰藍の制作技術生産性保護モデル基地でもある。(北京=新華社記者/李欣)=2019(令和元)年12月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010602814

  • 2019年12月12日
    北京の伝統工芸品、景泰藍の「誕生」に迫る

    12日、作品の1回目の焼き付け作業の様子。北京の特産品として知られる銅製の七宝焼き、景泰藍(けいたいらん)は「銅胎掐絲琺瑯(どうたいこうしほうろう)」とも称される北京の特色ある伝統手工芸品の一つで、世界的に有名な手工芸品でもある。上品な形に複雑な模様、美しく重みのある色彩を備え、美術、工芸、彫刻、象眼、ガラス溶錬、冶金などの専門技術を一体とした制作プロセスを持ち、鮮明な民族スタイルと濃厚な文化的味わいを感じさせる。誕生当初は宮廷御用達の貴重な品物で、元・明・清三朝の皇室に好まれていた。1956年に創業した北京市琺琅廠有限責任公司は、中国全土の景泰藍業界で唯一の「中華老字号」(中国大陸の老舗企業の称号)で、国家級無形文化遺産である景泰藍の制作技術生産性保護モデル基地でもある。(北京=新華社記者/李欣)=2019(令和元)年12月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010602798

  • 2019年12月12日
    北京の伝統工芸品、景泰藍の「誕生」に迫る

    12日、中国の工芸美術大師、戴加林(たい・かりん)さんが創作した景泰藍作品の逸品。北京の特産品として知られる銅製の七宝焼き、景泰藍(けいたいらん)は「銅胎掐絲琺瑯(どうたいこうしほうろう)」とも称される北京の特色ある伝統手工芸品の一つで、世界的に有名な手工芸品でもある。上品な形に複雑な模様、美しく重みのある色彩を備え、美術、工芸、彫刻、象眼、ガラス溶錬、冶金などの専門技術を一体とした制作プロセスを持ち、鮮明な民族スタイルと濃厚な文化的味わいを感じさせる。誕生当初は宮廷御用達の貴重な品物で、元・明・清三朝の皇室に好まれていた。1956年に創業した北京市琺琅廠有限責任公司は、中国全土の景泰藍業界で唯一の「中華老字号」(中国大陸の老舗企業の称号)で、国家級無形文化遺産である景泰藍の制作技術生産性保護モデル基地でもある。(北京=新華社記者/李欣)=2019(令和元)年12月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010602855

  • 2019年12月12日
    北京の伝統工芸品、景泰藍の「誕生」に迫る

    12日、北京景泰藍芸術博物館に展示された景泰藍作品の逸品の数々。北京の特産品として知られる銅製の七宝焼き、景泰藍(けいたいらん)は「銅胎掐絲琺瑯(どうたいこうしほうろう)」とも称される北京の特色ある伝統手工芸品の一つで、世界的に有名な手工芸品でもある。上品な形に複雑な模様、美しく重みのある色彩を備え、美術、工芸、彫刻、象眼、ガラス溶錬、冶金などの専門技術を一体とした制作プロセスを持ち、鮮明な民族スタイルと濃厚な文化的味わいを感じさせる。誕生当初は宮廷御用達の貴重な品物で、元・明・清三朝の皇室に好まれていた。1956年に創業した北京市琺琅廠有限責任公司は、中国全土の景泰藍業界で唯一の「中華老字号」(中国大陸の老舗企業の称号)で、国家級無形文化遺産である景泰藍の制作技術生産性保護モデル基地でもある。(北京=新華社記者/李欣)=2019(令和元)年12月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010602828

  • 2020年04月04日
    黄河の「筏師」、観光川下りを再開甘粛省白銀市

    4日、甘粛省白銀市景泰県を流れる黄河の岸辺で羊皮いかだを担ぐ筏師。中国甘粛省白銀市景泰県に位置する黄河石林景勝地では、いかだをこぐ「筏師(いかだし)」たちが徐々に仕事を再開、羊皮いかだの手入れをして観光客を待っている。羊皮いかだは、黄河沿岸の民間に古くから伝わる水上移動や運搬に使われた手段で、木枠の下に空気を入れて膨らませた羊の皮をいくつもつないで作られている。今では主に観光用として使われ、地元の民俗文化遺産にも登録されている。(白銀=新華社配信/馬希平)=2020(令和2)年4月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040800632

  • 2020年04月04日
    黄河の「筏師」、観光川下りを再開甘粛省白銀市

    4日、甘粛省白銀市景泰県で羊皮いかだを担ぎ岸辺に向かう筏師たち。中国甘粛省白銀市景泰県に位置する黄河石林景勝地では、いかだをこぐ「筏師(いかだし)」たちが徐々に仕事を再開、羊皮いかだの手入れをして観光客を待っている。羊皮いかだは、黄河沿岸の民間に古くから伝わる水上移動や運搬に使われた手段で、木枠の下に空気を入れて膨らませた羊の皮をいくつもつないで作られている。今では主に観光用として使われ、地元の民俗文化遺産にも登録されている。(白銀=新華社配信/馬希平)=2020(令和2)年4月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040800669

  • 2020年04月04日
    黄河の「筏師」、観光川下りを再開甘粛省白銀市

    4日、甘粛省白銀市景泰県を流れる黄河の岸辺で休憩する筏師。中国甘粛省白銀市景泰県に位置する黄河石林景勝地では、いかだをこぐ「筏師(いかだし)」たちが徐々に仕事を再開、羊皮いかだの手入れをして観光客を待っている。羊皮いかだは、黄河沿岸の民間に古くから伝わる水上移動や運搬に使われた手段で、木枠の下に空気を入れて膨らませた羊の皮をいくつもつないで作られている。今では主に観光用として使われ、地元の民俗文化遺産にも登録されている。(白銀=新華社配信/馬希平)=2020(令和2)年4月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040800679

  • 2020年04月04日
    黄河の「筏師」、観光川下りを再開甘粛省白銀市

    4日、甘粛省白銀市景泰県で羊皮いかだの手入れをする筏師。中国甘粛省白銀市景泰県に位置する黄河石林景勝地では、いかだをこぐ「筏師(いかだし)」たちが徐々に仕事を再開、羊皮いかだの手入れをして観光客を待っている。羊皮いかだは、黄河沿岸の民間に古くから伝わる水上移動や運搬に使われた手段で、木枠の下に空気を入れて膨らませた羊の皮をいくつもつないで作られている。今では主に観光用として使われ、地元の民俗文化遺産にも登録されている。(白銀=新華社配信/馬希平)=2020(令和2)年4月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040800680

  • 2020年04月04日
    黄河の「筏師」、観光川下りを再開甘粛省白銀市

    4日、甘粛省白銀市景泰県の黄河の岸辺で羊皮いかだに水をかける筏師。中国甘粛省白銀市景泰県に位置する黄河石林景勝地では、いかだをこぐ「筏師(いかだし)」たちが徐々に仕事を再開、羊皮いかだの手入れをして観光客を待っている。羊皮いかだは、黄河沿岸の民間に古くから伝わる水上移動や運搬に使われた手段で、木枠の下に空気を入れて膨らませた羊の皮をいくつもつないで作られている。今では主に観光用として使われ、地元の民俗文化遺産にも登録されている。(白銀=新華社配信/馬希平)=2020(令和2)年4月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040800682

  • 2020年04月04日
    黄河の「筏師」、観光川下りを再開甘粛省白銀市

    4日、甘粛省白銀市景泰県を流れる黄河の岸辺で観光客を羊皮いかだに乗せる筏師。中国甘粛省白銀市景泰県に位置する黄河石林景勝地では、いかだをこぐ「筏師(いかだし)」たちが徐々に仕事を再開、羊皮いかだの手入れをして観光客を待っている。羊皮いかだは、黄河沿岸の民間に古くから伝わる水上移動や運搬に使われた手段で、木枠の下に空気を入れて膨らませた羊の皮をいくつもつないで作られている。今では主に観光用として使われ、地元の民俗文化遺産にも登録されている。(白銀=新華社配信/馬希平)=2020(令和2)年4月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040800663

  • 2020年04月04日
    黄河の「筏師」、観光川下りを再開甘粛省白銀市

    4日、黄河の甘粛省白銀市景泰県区間で羊皮いかだをこぐ筏師。中国甘粛省白銀市景泰県に位置する黄河石林景勝地では、いかだをこぐ「筏師(いかだし)」たちが徐々に仕事を再開、羊皮いかだの手入れをして観光客を待っている。羊皮いかだは、黄河沿岸の民間に古くから伝わる水上移動や運搬に使われた手段で、木枠の下に空気を入れて膨らませた羊の皮をいくつもつないで作られている。今では主に観光用として使われ、地元の民俗文化遺産にも登録されている。(白銀=新華社配信/馬希平)=2020(令和2)年4月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040800699

  • 2020年04月04日
    黄河の「筏師」、観光川下りを再開甘粛省白銀市

    4日、甘粛省白銀市景泰県の黄河の岸辺で休憩する筏師。中国甘粛省白銀市景泰県に位置する黄河石林景勝地では、いかだをこぐ「筏師(いかだし)」たちが徐々に仕事を再開、羊皮いかだの手入れをして観光客を待っている。羊皮いかだは、黄河沿岸の民間に古くから伝わる水上移動や運搬に使われた手段で、木枠の下に空気を入れて膨らませた羊の皮をいくつもつないで作られている。今では主に観光用として使われ、地元の民俗文化遺産にも登録されている。(白銀=新華社配信/馬希平)=2020(令和2)年4月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040800657

  • 2020年04月04日
    黄河の「筏師」、観光川下りを再開甘粛省白銀市

    4日、甘粛省白銀市景泰県で羊皮いかだを点検する筏師。中国甘粛省白銀市景泰県に位置する黄河石林景勝地では、いかだをこぐ「筏師(いかだし)」たちが徐々に仕事を再開、羊皮いかだの手入れをして観光客を待っている。羊皮いかだは、黄河沿岸の民間に古くから伝わる水上移動や運搬に使われた手段で、木枠の下に空気を入れて膨らませた羊の皮をいくつもつないで作られている。今では主に観光用として使われ、地元の民俗文化遺産にも登録されている。(白銀=新華社配信/馬希平)=2020(令和2)年4月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040800638

  • 2020年04月04日
    黄河の「筏師」、観光川下りを再開甘粛省白銀市

    4日、観光客を乗せた筏で黄河の甘粛省白銀市景泰県区間を下る筏師。中国甘粛省白銀市景泰県に位置する黄河石林景勝地では、いかだをこぐ「筏師(いかだし)」たちが徐々に仕事を再開、羊皮いかだの手入れをして観光客を待っている。羊皮いかだは、黄河沿岸の民間に古くから伝わる水上移動や運搬に使われた手段で、木枠の下に空気を入れて膨らませた羊の皮をいくつもつないで作られている。今では主に観光用として使われ、地元の民俗文化遺産にも登録されている。(白銀=新華社配信/馬希平)=2020(令和2)年4月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040800652

  • 2020年04月04日
    黄河の「筏師」、観光川下りを再開甘粛省白銀市

    4日、黄河の白銀市景泰県区間で羊皮いかだをこぐ筏師。中国甘粛省白銀市景泰県に位置する黄河石林景勝地では、いかだをこぐ「筏師(いかだし)」たちが徐々に仕事を再開、羊皮いかだの手入れをして観光客を待っている。羊皮いかだは、黄河沿岸の民間に古くから伝わる水上移動や運搬に使われた手段で、木枠の下に空気を入れて膨らませた羊の皮をいくつもつないで作られている。今では主に観光用として使われ、地元の民俗文化遺産にも登録されている。(白銀=新華社配信/馬希平)=2020(令和2)年4月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040800658

  • 2020年04月04日
    黄河の「筏師」、観光川下りを再開甘粛省白銀市

    4日、甘粛省白銀市景泰県を流れる黄河の岸辺で羊皮いかだに飛び乗る筏師。中国甘粛省白銀市景泰県に位置する黄河石林景勝地では、いかだをこぐ「筏師(いかだし)」たちが徐々に仕事を再開、羊皮いかだの手入れをして観光客を待っている。羊皮いかだは、黄河沿岸の民間に古くから伝わる水上移動や運搬に使われた手段で、木枠の下に空気を入れて膨らませた羊の皮をいくつもつないで作られている。今では主に観光用として使われ、地元の民俗文化遺産にも登録されている。(白銀=新華社配信/馬希平)=2020(令和2)年4月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040800660

  • 2020年06月06日
    「北京消費シーズン」がスタート、消費回復を加速

    6日、王府井の商店で景泰藍(銅の七宝焼き)の施釉を体験する子ども。中国北京市は6日、消費促進イベント「北京消費シーズン」を開始した。同市の商業活動再開を後押しし、景気回復の加速を図る。今回のイベントでは120億元(1元=約15円)以上の消費クーポンが配布される。(北京=新華社記者/彭子洋)=2020(令和2)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060908520

  • 2020年06月12日
    上海で「国際伝統芸術招待展」開幕日本からも数多く出展

    12日、中国の銅製の七宝焼、景泰藍(けいたいらん)の花瓶。中国の上海芸術品博物館で12日、第10回「国際伝統芸術招待展」が開幕した。世界22カ国・地域から中国の徳化磁器をはじめ、ペルシャの細密画やフィンランドのガラス工芸などの伝統工芸品が幅広く出展。日本各地の伝統工芸品も数多く紹介される。(上海=新華社記者/孫麗萍)=2020(令和2)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061503500

  • 2020年06月26日
    景泰藍企業、急ピッチで注文・生産に対応河北省

    26日、大廠回族自治県の工芸品メーカー、京東工芸品で、景泰藍作品に色付けをする従業員。「中国景泰藍(銅製の七宝焼)の里」と呼ばれる河北省廊坊市大廠(だいしょう)回族自治県ではここ数日、感染予防・抑制の徹底を前提に、景泰藍企業が全面的に操業・生産を再開し、注文と生産に追われている。同自治県には一定規模以上の景泰藍企業10余社があり、生産された製品は国内外のバイヤーから好評を得ている。(廊坊=新華社記者/王暁)=2020(令和2)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070200540

  • 2020年06月26日
    景泰藍企業、急ピッチで注文・生産に対応河北省

    26日、大廠回族自治県の工芸品メーカー、京東工芸品で、景泰藍作品に色付けをする従業員。「中国景泰藍(銅製の七宝焼)の里」と呼ばれる河北省廊坊市大廠(だいしょう)回族自治県ではここ数日、感染予防・抑制の徹底を前提に、景泰藍企業が全面的に操業・生産を再開し、注文と生産に追われている。同自治県には一定規模以上の景泰藍企業10余社があり、生産された製品は国内外のバイヤーから好評を得ている。(廊坊=新華社記者/王暁)=2020(令和2)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070200554

  • 2020年06月26日
    景泰藍企業、急ピッチで注文・生産に対応河北省

    26日、大廠回族自治県の工芸品メーカー、京東工芸品で、景泰藍の加工作業をする従業員。「中国景泰藍(銅製の七宝焼)の里」と呼ばれる河北省廊坊市大廠(だいしょう)回族自治県ではここ数日、感染予防・抑制の徹底を前提に、景泰藍企業が全面的に操業・生産を再開し、注文と生産に追われている。同自治県には一定規模以上の景泰藍企業10余社があり、生産された製品は国内外のバイヤーから好評を得ている。(廊坊=新華社記者/王暁)=2020(令和2)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070200500

  • 2020年06月26日
    景泰藍企業、急ピッチで注文・生産に対応河北省

    26日、大廠回族自治県の工芸品メーカー、京東工芸品で、景泰藍の加工作業をする従業員。「中国景泰藍(銅製の七宝焼)の里」と呼ばれる河北省廊坊市大廠(だいしょう)回族自治県ではここ数日、感染予防・抑制の徹底を前提に、景泰藍企業が全面的に操業・生産を再開し、注文と生産に追われている。同自治県には一定規模以上の景泰藍企業10余社があり、生産された製品は国内外のバイヤーから好評を得ている。(廊坊=新華社記者/王暁)=2020(令和2)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070200503

  • 2020年06月26日
    景泰藍企業、急ピッチで注文・生産に対応河北省

    26日、大廠回族自治県の工芸品メーカー、京東工芸品で、景泰藍作品に色付けをする従業員。「中国景泰藍(銅製の七宝焼)の里」と呼ばれる河北省廊坊市大廠(だいしょう)回族自治県ではここ数日、感染予防・抑制の徹底を前提に、景泰藍企業が全面的に操業・生産を再開し、注文と生産に追われている。同自治県には一定規模以上の景泰藍企業10余社があり、生産された製品は国内外のバイヤーから好評を得ている。(廊坊=新華社記者/王暁)=2020(令和2)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070200557

  • 2020年06月26日
    景泰藍企業、急ピッチで注文・生産に対応河北省

    26日、大廠回族自治県の工芸品メーカー、京東工芸品で、景泰藍作品に色付けをする従業員。「中国景泰藍(銅製の七宝焼)の里」と呼ばれる河北省廊坊市大廠(だいしょう)回族自治県ではここ数日、感染予防・抑制の徹底を前提に、景泰藍企業が全面的に操業・生産を再開し、注文と生産に追われている。同自治県には一定規模以上の景泰藍企業10余社があり、生産された製品は国内外のバイヤーから好評を得ている。(廊坊=新華社記者/王暁)=2020(令和2)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070200563

  • 2020年06月26日
    景泰藍企業、急ピッチで注文・生産に対応河北省

    26日、大廠回族自治県の工芸品メーカー、京東工芸品で、景泰藍作品の色付け作業の様子。「中国景泰藍(銅製の七宝焼)の里」と呼ばれる河北省廊坊市大廠(だいしょう)回族自治県ではここ数日、感染予防・抑制の徹底を前提に、景泰藍企業が全面的に操業・生産を再開し、注文と生産に追われている。同自治県には一定規模以上の景泰藍企業10余社があり、生産された製品は国内外のバイヤーから好評を得ている。(廊坊=新華社記者/王暁)=2020(令和2)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070200505

  • 00:50.80
    2020年07月13日
    「新華社」生産急ぐ「景泰藍の里」河北省大廠回族自治県

    中国河北省廊坊市大廠(だいしょう)回族自治県は、銅製七宝焼「景泰藍」の里と呼ばれており、その制作技術は2014年に国家級無形文化遺産の代表的項目リストに登録された。景泰藍生産企業は連日、徹底した感染対策の下で生産・操業を全面的に再開しており、注文品の生産を急いでいる。同自治県には一定規模(年商2千万元、1元=約15円)以上の景泰藍生産企業が14社あり、年間売上高は1億元に上る。製品は中国各地で販売されるだけでなく、中東や東南アジア、欧米など数十カ国に輸出されている。(記者/岳文婷)<映像内容>銅製七宝焼「景泰藍」の制作の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072300529

  • 2020年08月13日
    10万ムーのヒマワリ畑が満開に甘粛省

    13日、甘粛省白銀市景泰県寺灘郷に咲くヒマワリ。初秋を迎えた中国甘粛省白銀市景泰県寺灘郷では、10万ムー(約6700ヘクタール)の畑一面にヒマワリが咲き誇っている。郷内ではここ数年、平たんな土地に乾燥した砂地が広がる環境を生かし、食用ヒマワリの生産拠点を建設してきた。すでに栽培と加工、科学技術、観光を一体化した国家現代農業産業パークが形成されつつある。(景泰=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年8月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081700608

  • 2020年08月13日
    10万ムーのヒマワリ畑が満開に甘粛省

    13日、甘粛省白銀市景泰県寺灘郷に咲くヒマワリ。初秋を迎えた中国甘粛省白銀市景泰県寺灘郷では、10万ムー(約6700ヘクタール)の畑一面にヒマワリが咲き誇っている。郷内ではここ数年、平たんな土地に乾燥した砂地が広がる環境を生かし、食用ヒマワリの生産拠点を建設してきた。すでに栽培と加工、科学技術、観光を一体化した国家現代農業産業パークが形成されつつある。(景泰=新華社記者/范培珅)=2020(令和2)年8月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081700636

  • 1
  • 2