KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • こうき
  • しん
  • 建築
  • 景観
  • 皇后
  • 皇帝
  • 県級市
  • 管轄
  • 落雷
  • 配信

「景陵」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
7
( 1 7 件を表示)
  • 1
7
( 1 7 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年09月10日
    再建進む景陵の大碑楼河北省清東陵

    10日、清東陵の景陵・大碑楼の工事現場で修復作業を行う作業員。中国河北省唐山市遵化市(唐山市の管轄下にある県級市)にある清東陵(しんとうりょう、清朝の5人の皇帝や皇后たちの陵墓群)では、景陵の大碑楼(神功聖徳碑亭)の再建工事が順調に進められており、2018年末の主体工事完了を見込む。大碑楼は1952年、落雷により木造部分が焼失した。2014年に開始された再建工事では歴史的建造物修復に関する厳格な要求に基づき、可能な限り焼失前の姿を再現するよう努めている。景陵は清朝第4代・康熙(こうき)帝玄燁(げんよう)の陵墓。(唐山=新華社配信/劉満倉)=2018(平成30)年9月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091309867

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年09月10日
    再建進む景陵の大碑楼河北省清東陵

    10日、清東陵の景陵・大碑楼。(小型無人機から)中国河北省唐山市遵化市(唐山市の管轄下にある県級市)にある清東陵(しんとうりょう、清朝の5人の皇帝や皇后たちの陵墓群)では、景陵の大碑楼(神功聖徳碑亭)の再建工事が順調に進められており、2018年末の主体工事完了を見込む。大碑楼は1952年、落雷により木造部分が焼失した。2014年に開始された再建工事では歴史的建造物修復に関する厳格な要求に基づき、可能な限り焼失前の姿を再現するよう努めている。景陵は清朝第4代・康熙(こうき)帝玄燁(げんよう)の陵墓。(唐山=新華社配信/劉満倉)=2018(平成30)年9月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091309864

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年09月10日
    再建進む景陵の大碑楼河北省清東陵

    上:10日、修復中の景陵・大碑楼内にある石碑。/下:修復前の景陵・大碑楼内の石碑。(2012年5月5日撮影)(組み合わせ写真)中国河北省唐山市遵化市(唐山市の管轄下にある県級市)にある清東陵(しんとうりょう、清朝の5人の皇帝や皇后たちの陵墓群)では、景陵の大碑楼(神功聖徳碑亭)の再建工事が順調に進められており、2018年末の主体工事完了を見込む。大碑楼は1952年、落雷により木造部分が焼失した。2014年に開始された再建工事では歴史的建造物修復に関する厳格な要求に基づき、可能な限り焼失前の姿を再現するよう努めている。景陵は清朝第4代・康熙(こうき)帝玄燁(げんよう)の陵墓。(唐山=新華社配信/劉満倉)=2018(平成30)年9月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091309795

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年09月10日
    再建進む景陵の大碑楼河北省清東陵

    10日、清東陵の景陵・大碑楼の工事現場で修復作業を行う作業員。中国河北省唐山市遵化市(唐山市の管轄下にある県級市)にある清東陵(しんとうりょう、清朝の5人の皇帝や皇后たちの陵墓群)では、景陵の大碑楼(神功聖徳碑亭)の再建工事が順調に進められており、2018年末の主体工事完了を見込む。大碑楼は1952年、落雷により木造部分が焼失した。2014年に開始された再建工事では歴史的建造物修復に関する厳格な要求に基づき、可能な限り焼失前の姿を再現するよう努めている。景陵は清朝第4代・康熙(こうき)帝玄燁(げんよう)の陵墓。(唐山=新華社配信/劉満倉)=2018(平成30)年9月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091309874

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年09月10日
    再建進む景陵の大碑楼河北省清東陵

    上:10日、修復中の景陵・大碑楼。/下:修復前の景陵・大碑楼。(2011年11月13日撮影)(組み合わせ写真)中国河北省唐山市遵化市(唐山市の管轄下にある県級市)にある清東陵(しんとうりょう、清朝の5人の皇帝や皇后たちの陵墓群)では、景陵の大碑楼(神功聖徳碑亭)の再建工事が順調に進められており、2018年末の主体工事完了を見込む。大碑楼は1952年、落雷により木造部分が焼失した。2014年に開始された再建工事では歴史的建造物修復に関する厳格な要求に基づき、可能な限り焼失前の姿を再現するよう努めている。景陵は清朝第4代・康熙(こうき)帝玄燁(げんよう)の陵墓。(唐山=新華社配信/劉満倉)=2018(平成30)年9月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091309856

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:50.75
    2018年09月22日
    「新華社」清東陵景陵大碑楼、主要部分の修復工事が完工

    中国河北省唐山市が管轄する県級市、遵化(じゅんか)市にある清東陵(しんとうりょう)景陵大碑楼はこのほど、主要部分の修復工事が完工した。基壇の石の修復や彩色画の塗装などの仕上げ工事が終わった後、一般公開される。清東陵景陵は清代の康熙(こうき)帝の陵墓で、大碑楼は史上初めて内部に2つの大きな石碑を持つ形が採用されており、これらの石碑には康熙帝の偉大な功績が刻まれている。大碑楼は1952年7月に落雷で炎上し焼失したが、国家文物局は2013年4月、清東陵景陵大碑楼の修復工事案に基本合意し、2014年から修復工事が始まった。4年余りを費やした修復工事も終わりに近づいており、景陵大碑楼の復元はほぼ完了している。(記者/曲瀾娟)<映像内容>清東陵景陵大碑楼の主要部分の修復工事が完工、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092720634

  •  初夏の緑に包まれた清東陵河北省遵化市
    2020年05月23日
    初夏の緑に包まれた清東陵河北省遵化市

    23日、河北省遵化市の清東陵の景陵(康煕帝の陵墓)。(小型無人機から)中国河北省遵化市にある清王朝の陵墓群「清東陵」では、初夏を迎え深みを増した緑の木々の中に古建築が点在する絵画のような美しい光景が広がる。清東陵の総面積は80平方キロ。現存する帝王陵墓の中で最も規模が大きく、体系が整い、格式に合わせて配置されていることで知られる。中国の5A級(最高ランク)観光地に指定されているほか、ユネスコ世界遺産にも登録されている。1661(順治18)年に造営が始まった清東陵は、247年の間に宮殿や牌楼(門型建築)217基が相次ぎ建造され、大小15の陵墓園林が築かれた。皇帝5人と皇后15人、妃嬪(ひひん)136人、皇子3人、皇女2人が埋葬されている。(唐山=新華社配信/劉満倉)=2020(令和2)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052802111

  • 1