KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 曲沃県
  • 令和
  • 青銅器
  • 侯馬市
  • 押収
  • 王国
  • 翼城県
  • 記者
  • 伝統文化
  • 位置

「曲沃」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
46
( 1 46 件を表示)
  • 1
46
( 1 46 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2019年07月27日
    山西青銅博物館が開館太原市

    27日、山西青銅博物館で展示された獣面紋方彝(じゅんめんもんほうい)。中国山西省太原市の山西青銅博物館が27日、正式に開館した。省レベルで青銅器をテーマとした博物館が開設されるのは初めて。同省考古学の多年にわたる成果を示す文化財2200点余りを展示しており、曲沃県晋侯墓地や絳県横水墓地、翼城大河口墓地、太原趙卿墓、侯馬晋国遺跡の出土品も含まれる。同省公安機関が文化財取締特別行動で取り戻した貴重な文化財から厳選した約700点も展示している。(太原=新華社記者/詹彦)=2019(令和元)年7月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072900438

  • 2019年07月27日
    山西青銅博物館が開館太原市

    27日、山西青銅博物館で展示された鳳鳥紋提梁卣(ほうちょうもんていりょうゆう)。中国山西省太原市の山西青銅博物館が27日、正式に開館した。省レベルで青銅器をテーマとした博物館が開設されるのは初めて。同省考古学の多年にわたる成果を示す文化財2200点余りを展示しており、曲沃県晋侯墓地や絳県横水墓地、翼城大河口墓地、太原趙卿墓、侯馬晋国遺跡の出土品も含まれる。同省公安機関が文化財取締特別行動で取り戻した貴重な文化財から厳選した約700点も展示している。(太原=新華社記者/詹彦)=2019(令和元)年7月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072900331

  • 2019年07月27日
    山西青銅博物館が開館太原市

    27日、山西青銅博物館で展示された獣面紋鼎(じゅうめんもんてい)。中国山西省太原市の山西青銅博物館が27日、正式に開館した。省レベルで青銅器をテーマとした博物館が開設されるのは初めて。同省考古学の多年にわたる成果を示す文化財2200点余りを展示しており、曲沃県晋侯墓地や絳県横水墓地、翼城大河口墓地、太原趙卿墓、侯馬晋国遺跡の出土品も含まれる。同省公安機関が文化財取締特別行動で取り戻した貴重な文化財から厳選した約700点も展示している。(太原=新華社記者/詹彦)=2019(令和元)年7月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072900437

  • 2019年07月27日
    山西青銅博物館が開館太原市

    27日、山西青銅博物館で展示された子匿円鼎(しとくえんてい)。中国山西省太原市の山西青銅博物館が27日、正式に開館した。省レベルで青銅器をテーマとした博物館が開設されるのは初めて。同省考古学の多年にわたる成果を示す文化財2200点余りを展示しており、曲沃県晋侯墓地や絳県横水墓地、翼城大河口墓地、太原趙卿墓、侯馬晋国遺跡の出土品も含まれる。同省公安機関が文化財取締特別行動で取り戻した貴重な文化財から厳選した約700点も展示している。(太原=新華社記者/詹彦)=2019(令和元)年7月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072900277

  • 2020年01月07日
    「文化財保護引き受け」でよみがえる中国の歴史的建築物

    7日、山西省曲沃県南林交村にある竜泉寺。元代(1271~1368年)に建てられた同寺は保護、修復を経て、県級文物保護単位から全国重点文物保護単位に格上げされた。中国は現在、「文化財の保護引き受け」を推進しており、民間活力の文化財保護への参加を奨励することで、消失の危機に瀕していた多くの歴史的建築物を再生している。(太原=新華社記者/呂夢琦)=2020(令和2)年1月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010901548

  • 2020年01月07日
    「文化財保護引き受け」でよみがえる中国の歴史的建築物

    7日、山西省曲沃県南林交村にある竜泉寺の廟門。元代(1271~1368年)に建てられた同寺は保護、修復を経て、県級文物保護単位から全国重点文物保護単位に格上げされた。中国は現在、「文化財の保護引き受け」を推進しており、民間活力の文化財保護への参加を奨励することで、消失の危機に瀕していた多くの歴史的建築物を再生している。(太原=新華社記者/呂夢琦)=2020(令和2)年1月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010901516

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年01月08日
    「青銅器の王国」山西青銅博物館を探訪太原市

    8日、山西青銅博物館で展示されている青銅器「獣面文簋(じゅうめんもんき)」。中国山西省太原市の山西青銅博物館は、国内初の青銅器に特化した省級博物館。同省が多年にわたり実施してきた考古学発掘事業で得られた文化財約2200点を展示している。主な展示品には、曲沃県の晋侯墓地や絳(こう)県の横水墓地、翼城県の大河口墓地、太原市の趙卿墓、侯馬市の晋国遺跡の出土品がある。うち、約700点は公安機関がここ数年で実施した文化財犯罪に対する取り締まりで押収されたものだという。(太原=新華社配信/柴婷)=2020(令和2)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012320424

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年01月08日
    「青銅器の王国」山西青銅博物館を探訪太原市

    8日、山西青銅博物館で展示されている青銅酒器「鳳鳥文提梁卣(ほうちょうもんていりょうゆう)」。中国山西省太原市の山西青銅博物館は、国内初の青銅器に特化した省級博物館。同省が多年にわたり実施してきた考古学発掘事業で得られた文化財約2200点を展示している。主な展示品には、曲沃県の晋侯墓地や絳(こう)県の横水墓地、翼城県の大河口墓地、太原市の趙卿墓、侯馬市の晋国遺跡の出土品がある。うち、約700点は公安機関がここ数年で実施した文化財犯罪に対する取り締まりで押収されたものだという。(太原=新華社配信/柴婷)=2020(令和2)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012320349

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年01月08日
    「青銅器の王国」山西青銅博物館を探訪太原市

    8日、山西青銅博物館で展示されている青銅酒器「獣面文尊(じゅうめんもんそん)」。中国山西省太原市の山西青銅博物館は、国内初の青銅器に特化した省級博物館。同省が多年にわたり実施してきた考古学発掘事業で得られた文化財約2200点を展示している。主な展示品には、曲沃県の晋侯墓地や絳(こう)県の横水墓地、翼城県の大河口墓地、太原市の趙卿墓、侯馬市の晋国遺跡の出土品がある。うち、約700点は公安機関がここ数年で実施した文化財犯罪に対する取り締まりで押収されたものだという。(太原=新華社配信/柴婷)=2020(令和2)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012320480

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年01月08日
    「青銅器の王国」山西青銅博物館を探訪太原市

    8日、山西青銅博物館で展示されている青銅器「晋侯作師氏姞簋(しんこうさくししきつき)」。中国山西省太原市の山西青銅博物館は、国内初の青銅器に特化した省級博物館。同省が多年にわたり実施してきた考古学発掘事業で得られた文化財約2200点を展示している。主な展示品には、曲沃県の晋侯墓地や絳(こう)県の横水墓地、翼城県の大河口墓地、太原市の趙卿墓、侯馬市の晋国遺跡の出土品がある。うち、約700点は公安機関がここ数年で実施した文化財犯罪に対する取り締まりで押収されたものだという。(太原=新華社配信/柴婷)=2020(令和2)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012320486

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年01月08日
    「青銅器の王国」山西青銅博物館を探訪太原市

    8日、山西青銅博物館で展示されている青銅酒器「史父丁卣(しふていゆう)」。中国山西省太原市の山西青銅博物館は、国内初の青銅器に特化した省級博物館。同省が多年にわたり実施してきた考古学発掘事業で得られた文化財約2200点を展示している。主な展示品には、曲沃県の晋侯墓地や絳(こう)県の横水墓地、翼城県の大河口墓地、太原市の趙卿墓、侯馬市の晋国遺跡の出土品がある。うち、約700点は公安機関がここ数年で実施した文化財犯罪に対する取り締まりで押収されたものだという。(太原=新華社配信/柴婷)=2020(令和2)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012320766

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年01月08日
    「青銅器の王国」山西青銅博物館を探訪太原市

    8日、山西青銅博物館で展示されている青銅酒器「獣面文尊(じゅうめんもんそん)」。中国山西省太原市の山西青銅博物館は、国内初の青銅器に特化した省級博物館。同省が多年にわたり実施してきた考古学発掘事業で得られた文化財約2200点を展示している。主な展示品には、曲沃県の晋侯墓地や絳(こう)県の横水墓地、翼城県の大河口墓地、太原市の趙卿墓、侯馬市の晋国遺跡の出土品がある。うち、約700点は公安機関がここ数年で実施した文化財犯罪に対する取り締まりで押収されたものだという。(太原=新華社配信/柴婷)=2020(令和2)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012320801

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年01月08日
    「青銅器の王国」山西青銅博物館を探訪太原市

    8日、山西青銅博物館で展示されている青銅器「獣面文鼎(じゅうめんもんてい)」。中国山西省太原市の山西青銅博物館は、国内初の青銅器に特化した省級博物館。同省が多年にわたり実施してきた考古学発掘事業で得られた文化財約2200点を展示している。主な展示品には、曲沃県の晋侯墓地や絳(こう)県の横水墓地、翼城県の大河口墓地、太原市の趙卿墓、侯馬市の晋国遺跡の出土品がある。うち、約700点は公安機関がここ数年で実施した文化財犯罪に対する取り締まりで押収されたものだという。(太原=新華社配信/柴婷)=2020(令和2)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012320855

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年01月08日
    「青銅器の王国」山西青銅博物館を探訪太原市

    8日、山西青銅博物館で展示されている青銅酒器「鳳鳥文尊(ほうちょうもんそん)」。中国山西省太原市の山西青銅博物館は、国内初の青銅器に特化した省級博物館。同省が多年にわたり実施してきた考古学発掘事業で得られた文化財約2200点を展示している。主な展示品には、曲沃県の晋侯墓地や絳(こう)県の横水墓地、翼城県の大河口墓地、太原市の趙卿墓、侯馬市の晋国遺跡の出土品がある。うち、約700点は公安機関がここ数年で実施した文化財犯罪に対する取り締まりで押収されたものだという。(太原=新華社配信/柴婷)=2020(令和2)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012320918

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年01月08日
    「青銅器の王国」山西青銅博物館を探訪太原市

    8日、山西青銅博物館で展示されている青銅器「獣面文鼎(じゅうめんもんてい)」。中国山西省太原市の山西青銅博物館は、国内初の青銅器に特化した省級博物館。同省が多年にわたり実施してきた考古学発掘事業で得られた文化財約2200点を展示している。主な展示品には、曲沃県の晋侯墓地や絳(こう)県の横水墓地、翼城県の大河口墓地、太原市の趙卿墓、侯馬市の晋国遺跡の出土品がある。うち、約700点は公安機関がここ数年で実施した文化財犯罪に対する取り締まりで押収されたものだという。(太原=新華社配信/柴婷)=2020(令和2)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012320759

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年01月08日
    「青銅器の王国」山西青銅博物館を探訪太原市

    8日、山西青銅博物館で展示されている青銅器「雲文壺(うんもんこ)」。中国山西省太原市の山西青銅博物館は、国内初の青銅器に特化した省級博物館。同省が多年にわたり実施してきた考古学発掘事業で得られた文化財約2200点を展示している。主な展示品には、曲沃県の晋侯墓地や絳(こう)県の横水墓地、翼城県の大河口墓地、太原市の趙卿墓、侯馬市の晋国遺跡の出土品がある。うち、約700点は公安機関がここ数年で実施した文化財犯罪に対する取り締まりで押収されたものだという。(太原=新華社配信/柴婷)=2020(令和2)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012320808

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年01月08日
    「青銅器の王国」山西青銅博物館を探訪太原市

    8日、山西青銅博物館で展示されている青銅器「子匿円鼎(しとくえんてい)」。中国山西省太原市の山西青銅博物館は、国内初の青銅器に特化した省級博物館。同省が多年にわたり実施してきた考古学発掘事業で得られた文化財約2200点を展示している。主な展示品には、曲沃県の晋侯墓地や絳(こう)県の横水墓地、翼城県の大河口墓地、太原市の趙卿墓、侯馬市の晋国遺跡の出土品がある。うち、約700点は公安機関がここ数年で実施した文化財犯罪に対する取り締まりで押収されたものだという。(太原=新華社配信/柴婷)=2020(令和2)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012320355

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年01月08日
    「青銅器の王国」山西青銅博物館を探訪太原市

    8日、山西青銅博物館で展示されている青銅器「獣面文方座簋(じゅうめんもんほうざき)」。中国山西省太原市の山西青銅博物館は、国内初の青銅器に特化した省級博物館。同省が多年にわたり実施してきた考古学発掘事業で得られた文化財約2200点を展示している。主な展示品には、曲沃県の晋侯墓地や絳(こう)県の横水墓地、翼城県の大河口墓地、太原市の趙卿墓、侯馬市の晋国遺跡の出土品がある。うち、約700点は公安機関がここ数年で実施した文化財犯罪に対する取り締まりで押収されたものだという。(太原=新華社配信/柴婷)=2020(令和2)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012320372

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年01月08日
    「青銅器の王国」山西青銅博物館を探訪太原市

    8日、山西青銅博物館で展示されている青銅器「伯旅父簋(はくりょふき)」。中国山西省太原市の山西青銅博物館は、国内初の青銅器に特化した省級博物館。同省が多年にわたり実施してきた考古学発掘事業で得られた文化財約2200点を展示している。主な展示品には、曲沃県の晋侯墓地や絳(こう)県の横水墓地、翼城県の大河口墓地、太原市の趙卿墓、侯馬市の晋国遺跡の出土品がある。うち、約700点は公安機関がここ数年で実施した文化財犯罪に対する取り締まりで押収されたものだという。(太原=新華社配信/柴婷)=2020(令和2)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012320543

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年01月08日
    「青銅器の王国」山西青銅博物館を探訪太原市

    8日、山西青銅博物館で展示されている青銅酒器「晋仲韋父盉(しんちゅういふか)」。中国山西省太原市の山西青銅博物館は、国内初の青銅器に特化した省級博物館。同省が多年にわたり実施してきた考古学発掘事業で得られた文化財約2200点を展示している。主な展示品には、曲沃県の晋侯墓地や絳(こう)県の横水墓地、翼城県の大河口墓地、太原市の趙卿墓、侯馬市の晋国遺跡の出土品がある。うち、約700点は公安機関がここ数年で実施した文化財犯罪に対する取り締まりで押収されたものだという。(太原=新華社配信/柴婷)=2020(令和2)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012320568

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年01月08日
    「青銅器の王国」山西青銅博物館を探訪太原市

    8日、山西青銅博物館で展示されている青銅器「夔文鼎(きぶんてい)」。中国山西省太原市の山西青銅博物館は、国内初の青銅器に特化した省級博物館。同省が多年にわたり実施してきた考古学発掘事業で得られた文化財約2200点を展示している。主な展示品には、曲沃県の晋侯墓地や絳(こう)県の横水墓地、翼城県の大河口墓地、太原市の趙卿墓、侯馬市の晋国遺跡の出土品がある。うち、約700点は公安機関がここ数年で実施した文化財犯罪に対する取り締まりで押収されたものだという。(太原=新華社配信/柴婷)=2020(令和2)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012320824

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年01月08日
    「青銅器の王国」山西青銅博物館を探訪太原市

    8日、山西青銅博物館で展示されている青銅器「乳釘文簋(にゅうていもんき)」。中国山西省太原市の山西青銅博物館は、国内初の青銅器に特化した省級博物館。同省が多年にわたり実施してきた考古学発掘事業で得られた文化財約2200点を展示している。主な展示品には、曲沃県の晋侯墓地や絳(こう)県の横水墓地、翼城県の大河口墓地、太原市の趙卿墓、侯馬市の晋国遺跡の出土品がある。うち、約700点は公安機関がここ数年で実施した文化財犯罪に対する取り締まりで押収されたものだという。(太原=新華社配信/柴婷)=2020(令和2)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012320685

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年01月08日
    「青銅器の王国」山西青銅博物館を探訪太原市

    8日、山西青銅博物館で展示されている青銅酒器「目雲文提梁卣(もくうんもんていりょうゆう)」。中国山西省太原市の山西青銅博物館は、国内初の青銅器に特化した省級博物館。同省が多年にわたり実施してきた考古学発掘事業で得られた文化財約2200点を展示している。主な展示品には、曲沃県の晋侯墓地や絳(こう)県の横水墓地、翼城県の大河口墓地、太原市の趙卿墓、侯馬市の晋国遺跡の出土品がある。うち、約700点は公安機関がここ数年で実施した文化財犯罪に対する取り締まりで押収されたものだという。(太原=新華社配信/柴婷)=2020(令和2)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012320330

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年01月08日
    「青銅器の王国」山西青銅博物館を探訪太原市

    8日、山西青銅博物館で展示されている青銅器。中国山西省太原市の山西青銅博物館は、国内初の青銅器に特化した省級博物館。同省が多年にわたり実施してきた考古学発掘事業で得られた文化財約2200点を展示している。主な展示品には、曲沃県の晋侯墓地や絳(こう)県の横水墓地、翼城県の大河口墓地、太原市の趙卿墓、侯馬市の晋国遺跡の出土品がある。うち、約700点は公安機関がここ数年で実施した文化財犯罪に対する取り締まりで押収されたものだという。(太原=新華社配信/柴婷)=2020(令和2)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012320403

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年01月08日
    「青銅器の王国」山西青銅博物館を探訪太原市

    8日、山西青銅博物館で青銅器を鑑賞する来館者。中国山西省太原市の山西青銅博物館は、国内初の青銅器に特化した省級博物館。同省が多年にわたり実施してきた考古学発掘事業で得られた文化財約2200点を展示している。主な展示品には、曲沃県の晋侯墓地や絳(こう)県の横水墓地、翼城県の大河口墓地、太原市の趙卿墓、侯馬市の晋国遺跡の出土品がある。うち、約700点は公安機関がここ数年で実施した文化財犯罪に対する取り締まりで押収されたものだという。(太原=新華社配信/柴婷)=2020(令和2)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012320470

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年01月08日
    「青銅器の王国」山西青銅博物館を探訪太原市

    8日、山西青銅博物館で展示されている青銅酒器「獣面文方彝(じゅうめんもんほうい)」。中国山西省太原市の山西青銅博物館は、国内初の青銅器に特化した省級博物館。同省が多年にわたり実施してきた考古学発掘事業で得られた文化財約2200点を展示している。主な展示品には、曲沃県の晋侯墓地や絳(こう)県の横水墓地、翼城県の大河口墓地、太原市の趙卿墓、侯馬市の晋国遺跡の出土品がある。うち、約700点は公安機関がここ数年で実施した文化財犯罪に対する取り締まりで押収されたものだという。(太原=新華社配信/柴婷)=2020(令和2)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012320817

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年01月08日
    「青銅器の王国」山西青銅博物館を探訪太原市

    8日、山西青銅博物館で展示されている青銅酒器「提梁卣(ていりょうゆう)」。中国山西省太原市の山西青銅博物館は、国内初の青銅器に特化した省級博物館。同省が多年にわたり実施してきた考古学発掘事業で得られた文化財約2200点を展示している。主な展示品には、曲沃県の晋侯墓地や絳(こう)県の横水墓地、翼城県の大河口墓地、太原市の趙卿墓、侯馬市の晋国遺跡の出土品がある。うち、約700点は公安機関がここ数年で実施した文化財犯罪に対する取り締まりで押収されたものだという。(太原=新華社配信/柴婷)=2020(令和2)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012320839

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年01月08日
    「青銅器の王国」山西青銅博物館を探訪太原市

    8日、山西青銅博物館で青銅器を撮影する来館者。中国山西省太原市の山西青銅博物館は、国内初の青銅器に特化した省級博物館。同省が多年にわたり実施してきた考古学発掘事業で得られた文化財約2200点を展示している。主な展示品には、曲沃県の晋侯墓地や絳(こう)県の横水墓地、翼城県の大河口墓地、太原市の趙卿墓、侯馬市の晋国遺跡の出土品がある。うち、約700点は公安機関がここ数年で実施した文化財犯罪に対する取り締まりで押収されたものだという。(太原=新華社配信/柴婷)=2020(令和2)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012320621

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年01月08日
    「青銅器の王国」山西青銅博物館を探訪太原市

    8日、山西青銅博物館で展示されている青銅器「伐簋(ばつき)」。中国山西省太原市の山西青銅博物館は、国内初の青銅器に特化した省級博物館。同省が多年にわたり実施してきた考古学発掘事業で得られた文化財約2200点を展示している。主な展示品には、曲沃県の晋侯墓地や絳(こう)県の横水墓地、翼城県の大河口墓地、太原市の趙卿墓、侯馬市の晋国遺跡の出土品がある。うち、約700点は公安機関がここ数年で実施した文化財犯罪に対する取り締まりで押収されたものだという。(太原=新華社配信/柴婷)=2020(令和2)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012320363

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年01月08日
    「青銅器の王国」山西青銅博物館を探訪太原市

    8日、山西青銅博物館で展示されている青銅酒器「獣面文盉(じゅうめんもんか)」。中国山西省太原市の山西青銅博物館は、国内初の青銅器に特化した省級博物館。同省が多年にわたり実施してきた考古学発掘事業で得られた文化財約2200点を展示している。主な展示品には、曲沃県の晋侯墓地や絳(こう)県の横水墓地、翼城県の大河口墓地、太原市の趙卿墓、侯馬市の晋国遺跡の出土品がある。うち、約700点は公安機関がここ数年で実施した文化財犯罪に対する取り締まりで押収されたものだという。(太原=新華社配信/柴婷)=2020(令和2)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012320394

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年01月08日
    「青銅器の王国」山西青銅博物館を探訪太原市

    8日、山西青銅博物館で展示されている青銅器「晋公盤(しんこうばん)」。中国山西省太原市の山西青銅博物館は、国内初の青銅器に特化した省級博物館。同省が多年にわたり実施してきた考古学発掘事業で得られた文化財約2200点を展示している。主な展示品には、曲沃県の晋侯墓地や絳(こう)県の横水墓地、翼城県の大河口墓地、太原市の趙卿墓、侯馬市の晋国遺跡の出土品がある。うち、約700点は公安機関がここ数年で実施した文化財犯罪に対する取り締まりで押収されたものだという。(太原=新華社配信/柴婷)=2020(令和2)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012320440

  • 2021年05月20日
    (4)本物の車馬を埋めた晋侯墓、歴史は秦兵馬俑より古く山西省

    晋侯墓から出土した儀礼車の車体に描かれた彩色画。(資料写真)中国山西省曲沃県の曲村鎮一帯に、20世紀の中国商(殷)周時代考古学の重要成果の一つ、晋侯墓(曲村天馬遺跡)がある。同遺跡から得られたデータは、中国が1990年代に実施した「夏商周年代特定プロジェクト」の重要な尺度になった。晋侯墓では計9組の大型墓が見つかり、それぞれの東側に副葬品の馬と車を埋めた車馬坑があった。中でも献侯墓の車馬坑が最も大きく、西周時代最大の車馬坑として知られる。北京大学考古学部と山西省考古研究所が1997年に実施した車馬坑の発掘調査では、大量の殉馬が出土した。山西省考古研究院の吉琨璋(きち・こんしょう)研究員は「晋侯墓1号車馬坑の埋葬年代は紀元前812年で、秦始皇帝兵馬俑よりも約600年早い」と語った。(曲沃=新華社記者/劉翔霄)= 配信日: 2021(令和3)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052012814

  • 2021年05月20日
    (2)本物の車馬を埋めた晋侯墓、歴史は秦兵馬俑より古く山西省

    晋献侯墓の車馬坑で出土した装甲車。(資料写真)中国山西省曲沃県の曲村鎮一帯に、20世紀の中国商(殷)周時代考古学の重要成果の一つ、晋侯墓(曲村天馬遺跡)がある。同遺跡から得られたデータは、中国が1990年代に実施した「夏商周年代特定プロジェクト」の重要な尺度になった。晋侯墓では計9組の大型墓が見つかり、それぞれの東側に副葬品の馬と車を埋めた車馬坑があった。中でも献侯墓の車馬坑が最も大きく、西周時代最大の車馬坑として知られる。北京大学考古学部と山西省考古研究所が1997年に実施した車馬坑の発掘調査では、大量の殉馬が出土した。山西省考古研究院の吉琨璋(きち・こんしょう)研究員は「晋侯墓1号車馬坑の埋葬年代は紀元前812年で、秦始皇帝兵馬俑よりも約600年早い」と語った。(曲沃=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052011496

  • 2021年05月20日
    (1)本物の車馬を埋めた晋侯墓、歴史は秦兵馬俑より古く山西省

    曲村天馬遺跡に建てられた晋国博物館。(資料写真)中国山西省曲沃県の曲村鎮一帯に、20世紀の中国商(殷)周時代考古学の重要成果の一つ、晋侯墓(曲村天馬遺跡)がある。同遺跡から得られたデータは、中国が1990年代に実施した「夏商周年代特定プロジェクト」の重要な尺度になった。晋侯墓では計9組の大型墓が見つかり、それぞれの東側に副葬品の馬と車を埋めた車馬坑があった。中でも献侯墓の車馬坑が最も大きく、西周時代最大の車馬坑として知られる。北京大学考古学部と山西省考古研究所が1997年に実施した車馬坑の発掘調査では、大量の殉馬が出土した。山西省考古研究院の吉琨璋(きち・こんしょう)研究員は「晋侯墓1号車馬坑の埋葬年代は紀元前812年で、秦始皇帝兵馬俑よりも約600年早い」と語った。(曲沃=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052011497

  • 2021年05月20日
    (3)本物の車馬を埋めた晋侯墓、歴史は秦兵馬俑より古く山西省

    晋侯墓から出土した青銅器「鳥尊」。山西博物院の至宝とされる。(資料写真)中国山西省曲沃県の曲村鎮一帯に、20世紀の中国商(殷)周時代考古学の重要成果の一つ、晋侯墓(曲村天馬遺跡)がある。同遺跡から得られたデータは、中国が1990年代に実施した「夏商周年代特定プロジェクト」の重要な尺度になった。晋侯墓では計9組の大型墓が見つかり、それぞれの東側に副葬品の馬と車を埋めた車馬坑があった。中でも献侯墓の車馬坑が最も大きく、西周時代最大の車馬坑として知られる。北京大学考古学部と山西省考古研究所が1997年に実施した車馬坑の発掘調査では、大量の殉馬が出土した。山西省考古研究院の吉琨璋(きち・こんしょう)研究員は「晋侯墓1号車馬坑の埋葬年代は紀元前812年で、秦始皇帝兵馬俑よりも約600年早い」と語った。(曲沃=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052011498

  • 2022年02月04日
    (6)歴史ある曲沃県を訪ねて山西省

    2日、山西省曲沃県の晋園の一角。中国山西省臨汾市の曲沃県は、臨汾盆地の南端に位置する。「曲沃」という地名が初めて確認されたのは西周初期で、北魏時代の太和11(487)年に曲沃県が置かれてからその名は変わらず現在に至る。中国考古十大発見の一つである「曲村-天馬遺跡」は同県と隣県の境に位置しており、西周時代の晋侯とその夫人の墓19基が見つかっている。同県では近年、伝統文化を深く掘り下げようと、晋園、顧園、絳園などの歴史にまつわる都市公園を建設している。(曲沃=新華社記者/劉翔霄)= 配信日: 2022(令和4)年2月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022020411670

  • 2022年02月04日
    (9)歴史ある曲沃県を訪ねて山西省

    2日、山西省曲沃県の顧園の石碑。顧園は同県で晩年を過ごした明代末期から清代初期の儒学者、顧炎武(こ・えんぶ)を記念して建てられた。中国山西省臨汾市の曲沃県は、臨汾盆地の南端に位置する。「曲沃」という地名が初めて確認されたのは西周初期で、北魏時代の太和11(487)年に曲沃県が置かれてからその名は変わらず現在に至る。中国考古十大発見の一つである「曲村-天馬遺跡」は同県と隣県の境に位置しており、西周時代の晋侯とその夫人の墓19基が見つかっている。同県では近年、伝統文化を深く掘り下げようと、晋園、顧園、絳園などの歴史にまつわる都市公園を建設している。(曲沃=新華社記者/劉翔霄)= 配信日: 2022(令和4)年2月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022020411671

  • 2022年02月04日
    (3)歴史ある曲沃県を訪ねて山西省

    2日、山西省曲沃県の顧園を訪れた観光客。中国山西省臨汾市の曲沃県は、臨汾盆地の南端に位置する。「曲沃」という地名が初めて確認されたのは西周初期で、北魏時代の太和11(487)年に曲沃県が置かれてからその名は変わらず現在に至る。中国考古十大発見の一つである「曲村-天馬遺跡」は同県と隣県の境に位置しており、西周時代の晋侯とその夫人の墓19基が見つかっている。同県では近年、伝統文化を深く掘り下げようと、晋園、顧園、絳園などの歴史にまつわる都市公園を建設している。(曲沃=新華社記者/劉翔霄)= 配信日: 2022(令和4)年2月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022020411648

  • 2022年02月04日
    (2)歴史ある曲沃県を訪ねて山西省

    2日、山西省曲沃県の顧園を訪れた観光客。中国山西省臨汾市の曲沃県は、臨汾盆地の南端に位置する。「曲沃」という地名が初めて確認されたのは西周初期で、北魏時代の太和11(487)年に曲沃県が置かれてからその名は変わらず現在に至る。中国考古十大発見の一つである「曲村-天馬遺跡」は同県と隣県の境に位置しており、西周時代の晋侯とその夫人の墓19基が見つかっている。同県では近年、伝統文化を深く掘り下げようと、晋園、顧園、絳園などの歴史にまつわる都市公園を建設している。(曲沃=新華社記者/劉翔霄)= 配信日: 2022(令和4)年2月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022020411619

  • 2022年02月04日
    (4)歴史ある曲沃県を訪ねて山西省

    2日、夕暮れ時の山西省曲沃県の晋園。中国山西省臨汾市の曲沃県は、臨汾盆地の南端に位置する。「曲沃」という地名が初めて確認されたのは西周初期で、北魏時代の太和11(487)年に曲沃県が置かれてからその名は変わらず現在に至る。中国考古十大発見の一つである「曲村-天馬遺跡」は同県と隣県の境に位置しており、西周時代の晋侯とその夫人の墓19基が見つかっている。同県では近年、伝統文化を深く掘り下げようと、晋園、顧園、絳園などの歴史にまつわる都市公園を建設している。(曲沃=新華社記者/劉翔霄)= 配信日: 2022(令和4)年2月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022020411639

  • 2022年02月04日
    (1)歴史ある曲沃県を訪ねて山西省

    2日、夕暮れ時の山西省曲沃県の晋園。中国山西省臨汾市の曲沃県は、臨汾盆地の南端に位置する。「曲沃」という地名が初めて確認されたのは西周初期で、北魏時代の太和11(487)年に曲沃県が置かれてからその名は変わらず現在に至る。中国考古十大発見の一つである「曲村-天馬遺跡」は同県と隣県の境に位置しており、西周時代の晋侯とその夫人の墓19基が見つかっている。同県では近年、伝統文化を深く掘り下げようと、晋園、顧園、絳園などの歴史にまつわる都市公園を建設している。(曲沃=新華社記者/劉翔霄)= 配信日: 2022(令和4)年2月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022020411617

  • 2022年02月04日
    (7)歴史ある曲沃県を訪ねて山西省

    2日、山西省曲沃県の顧園の一角。中国山西省臨汾市の曲沃県は、臨汾盆地の南端に位置する。「曲沃」という地名が初めて確認されたのは西周初期で、北魏時代の太和11(487)年に曲沃県が置かれてからその名は変わらず現在に至る。中国考古十大発見の一つである「曲村-天馬遺跡」は同県と隣県の境に位置しており、西周時代の晋侯とその夫人の墓19基が見つかっている。同県では近年、伝統文化を深く掘り下げようと、晋園、顧園、絳園などの歴史にまつわる都市公園を建設している。(曲沃=新華社記者/劉翔霄)= 配信日: 2022(令和4)年2月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022020411669

  • 2022年02月04日
    (5)歴史ある曲沃県を訪ねて山西省

    2日、山西省曲沃県の晋園を訪れた観光客。中国山西省臨汾市の曲沃県は、臨汾盆地の南端に位置する。「曲沃」という地名が初めて確認されたのは西周初期で、北魏時代の太和11(487)年に曲沃県が置かれてからその名は変わらず現在に至る。中国考古十大発見の一つである「曲村-天馬遺跡」は同県と隣県の境に位置しており、西周時代の晋侯とその夫人の墓19基が見つかっている。同県では近年、伝統文化を深く掘り下げようと、晋園、顧園、絳園などの歴史にまつわる都市公園を建設している。(曲沃=新華社記者/劉翔霄)= 配信日: 2022(令和4)年2月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022020411646

  • 2022年02月04日
    (8)歴史ある曲沃県を訪ねて山西省

    2日、山西省曲沃県の顧園を訪れた観光客。中国山西省臨汾市の曲沃県は、臨汾盆地の南端に位置する。「曲沃」という地名が初めて確認されたのは西周初期で、北魏時代の太和11(487)年に曲沃県が置かれてからその名は変わらず現在に至る。中国考古十大発見の一つである「曲村-天馬遺跡」は同県と隣県の境に位置しており、西周時代の晋侯とその夫人の墓19基が見つかっている。同県では近年、伝統文化を深く掘り下げようと、晋園、顧園、絳園などの歴史にまつわる都市公園を建設している。(曲沃=新華社記者/劉翔霄)= 配信日: 2022(令和4)年2月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022020411667

  • 2022年02月05日
    (7)山西考古博物館、虎文化にまつわる文化財50点余りを展示

    3日、西周時代の玉虎(山西省臨汾市曲沃県北趙晋侯墓地出土)。中国山西省太原市の山西考古博物館では春節(旧正月)期間中、玉虎や虎文銅罐(どうかん)、虎形陶枕(とうちん、陶磁製の枕)など虎をモチーフにした文化財50点余りを展示し、中国に根付く虎文化を紹介している。(太原=新華社記者/王学濤)= 配信日: 2022(令和4)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022020511408

  • 2022年02月05日
    (6)山西考古博物館、虎文化にまつわる文化財50点余りを展示

    3日、西周時代の玉虎(山西省臨汾市曲沃県北趙晋侯墓地出土)。中国山西省太原市の山西考古博物館では春節(旧正月)期間中、玉虎や虎文銅罐(どうかん)、虎形陶枕(とうちん、陶磁製の枕)など虎をモチーフにした文化財50点余りを展示し、中国に根付く虎文化を紹介している。(太原=新華社記者/王学濤)= 配信日: 2022(令和4)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022020511409

  • 1