KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 歴史
  • 記者
  • 平成
  • 風景
  • 令和
  • 三国時代
  • 中心
  • 劉備
  • 鄭州
  • 建築

「曹操」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
234
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
234
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • -
    China: Illustration depicting Diaochan seducing Lu Bu (- February 199 CE) while Dong Zhuo (- 22 May 192 CE) watches

    Lu Bu (- February 199 CE), courtesy name Fengxian, was a notorious military general and warlord who lived during the time of the Three Kingdoms. He was infamous for serving and betraying various minor warlords, defecting from one to another with increasing regularity. He managed to take over Yan Province from warlord Cao Cao in 194 CE, but lost it in less than two years. Offered refuge in Xu Province by Liu Bei, Lu Bu in turn betrayed his new benefactor, seizing control of the province from his host.、クレジット:Pictures From History/ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061401622

  • -
    China: Illustration depicting Dong Zhuo (- 22 May 192 CE) throwing a halberd at Lu Bu (- February 199 CE)

    Lu Bu (- February 199 CE), courtesy name Fengxian, was a notorious military general and warlord who lived during the time of the Three Kingdoms. He was infamous for serving and betraying various minor warlords, defecting from one to another with increasing regularity. He managed to take over Yan Province from warlord Cao Cao in 194 CE, but lost it in less than two years. Offered refuge in Xu Province by Liu Bei, Lu Bu in turn betrayed his new benefactor, seizing control of the province from his host.、クレジット:Pictures From History/ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061401614

  • -
    China: Portrait of Cao Cao (155-15 March 220 CE), from a Qing Dynasty edition of ‘Romance of the Three Kingdoms‘

    Cao Cao (155-15 March 220 CE), courtesy name Mengde, was one of the most important warlords during the Tree Kingdoms period. The penultimate Chancellor of the Eastern Han dynasty, Cao rose to great power in the last years of the dynasty. When the Eastern Han dynasty fell, Cao Cao was able to secure the largest and most prosperous cities of the central plains of northern China, uniting under his rule.、クレジット:Pictures From History/ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061401605

  • 2004年06月25日
    異国の地で舞台に立つ

    「悪役ですが、『三国志』の曹操は最も愛着があって好きな役です」と語る殷秋瑞さん=横浜・中華街の「チャイナスター」

    商品コード: 2004062500074

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2005年09月29日
    三国志ゆかりの地、鄴城を訪ねて河北省臨漳県

    河北省邯鄲市臨漳県にある銅雀三台(銅雀台、金虎台、氷井台)遺跡公園の一角。(2005年9月29日撮影)中国古代の都市、鄴城(ぎょうじょう)は、現在の河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県にあり、一部は漳河を隔てた河南省安陽(あんよう)市にもまたがっていた。魏晋南北朝時代に中原(黄河の中下流域の平原地帯)地域で最も栄えた大都市の一つとされる。後漢の建安9年(西暦204年)、同地を侵攻して袁紹(えんしょう)の残存勢力を破り、冀州牧(きしゅうぼく)に任じられた曹操(そう・そう)は、鄴を本拠地として河北を治め、後に丞相(じょうしょう、君主を補佐した最高位の官吏)、魏公、魏王に封じられた。当時、後漢の名目上の都は許(現在の河南省許昌市東部)であったが、実際の政治の中心は鄴城だった。臨漳県は近年、文化・観光産業を積極的に育成し、鄴城博物館や臨漳仏造像博物館(仏像を専門に展示する全国初の博物館)および建安文学館といった文化プロジェクトを構築して、県域文化・観光産業の全体的な実力を向上させてきた。2018年に同県を訪れた観光客は、延べ369万人に達した。(臨漳=新華社配信)=2005(平成17)年9月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062103537

  • 2006年03月19日
    三国志の英雄、曹操が詩に書いた「碣石」遼寧省綏中県

    海面にそびえ立つ碣石。(2006年3月19日撮影)中国遼寧省葫芦島(ころとう)市綏中(すいちゅう)県の西56キロ、山海関の東15キロに位置する止錨湾には、海面から20メートルほど突き出た3つの巨大な岩がある。この岩は一部の専門家や学者から、三国志の英雄、曹操(そう・そう)が「観滄海(かんそうかい、蒼海を観る)」という詩に「東臨碣石(東のかた碣石に臨み)」と書いた碣石(けっせき)だとみなされている。曹操は烏桓(うかん、紀元前1世紀から紀元後3世紀にかけて、現在の中国内モンゴル自治区に居住していた遊牧民族)討伐を終えて戻る途中、碣石に登って海を望み、渤海の壮麗な景色を眺めて「観滄海」の詩を書いたとされる。(葫芦島=新華社配信)=2006(平成18)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062401730

  • 2006年04月20日
    三国志の英雄、曹操が詩に書いた「碣石」遼寧省綏中県

    大潮が引くたびに、波打ちぎわから碣石につながる道が海上に現れる。(2006年4月20日撮影)中国遼寧省葫芦島(ころとう)市綏中(すいちゅう)県の西56キロ、山海関の東15キロに位置する止錨湾には、海面から20メートルほど突き出た3つの巨大な岩がある。この岩は一部の専門家や学者から、三国志の英雄、曹操(そう・そう)が「観滄海(かんそうかい、蒼海を観る)」という詩に「東臨碣石(東のかた碣石に臨み)」と書いた碣石(けっせき)だとみなされている。曹操は烏桓(うかん、紀元前1世紀から紀元後3世紀にかけて、現在の中国内モンゴル自治区に居住していた遊牧民族)討伐を終えて戻る途中、碣石に登って海を望み、渤海の壮麗な景色を眺めて「観滄海」の詩を書いたとされる。(葫芦島=新華社配信)=2006(平成18)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062401742

  • 2006年12月27日
    三国志の英雄、曹操が詩に書いた「碣石」遼寧省綏中県

    たそがれ時、大海原に突き出た岩の間を沈んでゆく夕日。(2006年12月27日撮影)中国遼寧省葫芦島(ころとう)市綏中(すいちゅう)県の西56キロ、山海関の東15キロに位置する止錨湾には、海面から20メートルほど突き出た3つの巨大な岩がある。この岩は一部の専門家や学者から、三国志の英雄、曹操(そう・そう)が「観滄海(かんそうかい、蒼海を観る)」という詩に「東臨碣石(東のかた碣石に臨み)」と書いた碣石(けっせき)だとみなされている。曹操は烏桓(うかん、紀元前1世紀から紀元後3世紀にかけて、現在の中国内モンゴル自治区に居住していた遊牧民族)討伐を終えて戻る途中、碣石に登って海を望み、渤海の壮麗な景色を眺めて「観滄海」の詩を書いたとされる。(葫芦島=新華社配信)=2006(平成18)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062401778

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2007年09月08日
    三国志ゆかりの地、鄴城を訪ねて河北省臨漳県

    臨漳県習文郷靳彭村にあるイブキの古木。曹操がかつて馬をつないだとされる。(2007年9月8日撮影)中国古代の都市、鄴城(ぎょうじょう)は、現在の河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県にあり、一部は漳河を隔てた河南省安陽(あんよう)市にもまたがっていた。魏晋南北朝時代に中原(黄河の中下流域の平原地帯)地域で最も栄えた大都市の一つとされる。後漢の建安9年(西暦204年)、同地を侵攻して袁紹(えんしょう)の残存勢力を破り、冀州牧(きしゅうぼく)に任じられた曹操(そう・そう)は、鄴を本拠地として河北を治め、後に丞相(じょうしょう、君主を補佐した最高位の官吏)、魏公、魏王に封じられた。当時、後漢の名目上の都は許(現在の河南省許昌市東部)であったが、実際の政治の中心は鄴城だった。臨漳県は近年、文化・観光産業を積極的に育成し、鄴城博物館や臨漳仏造像博物館(仏像を専門に展示する全国初の博物館)および建安文学館といった文化プロジェクトを構築して、県域文化・観光産業の全体的な実力を向上させてきた。2018年に同県を訪れた観光客は、延べ369万人に達した。(臨漳=新華社配信)=2007(平成19)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062103562

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2007年09月08日
    三国志ゆかりの地、鄴城を訪ねて河北省臨漳県

    曹操がかつて馬をつないだ木とされるイブキの古木。(2007年資料写真)中国古代の都市、鄴城(ぎょうじょう)は、現在の河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県にあり、一部は漳河を隔てた河南省安陽(あんよう)市にもまたがっていた。魏晋南北朝時代に中原(黄河の中下流域の平原地帯)地域で最も栄えた大都市の一つとされる。後漢の建安9年(西暦204年)、同地を侵攻して袁紹(えんしょう)の残存勢力を破り、冀州牧(きしゅうぼく)に任じられた曹操(そう・そう)は、鄴を本拠地として河北を治め、後に丞相(じょうしょう、君主を補佐した最高位の官吏)、魏公、魏王に封じられた。当時、後漢の名目上の都は許(現在の河南省許昌市東部)であったが、実際の政治の中心は鄴城だった。臨漳県は近年、文化・観光産業を積極的に育成し、鄴城博物館や臨漳仏造像博物館(仏像を専門に展示する全国初の博物館)および建安文学館といった文化プロジェクトを構築して、県域文化・観光産業の全体的な実力を向上させてきた。2018年に同県を訪れた観光客は、延べ369万人に達した。(臨漳=新華社配信)=2007(平成19)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062103549

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2007年09月08日
    三国志ゆかりの地、鄴城を訪ねて河北省臨漳県

    銅雀三台(銅雀台、金虎台、氷井台)遺跡公園にそびえる曹操の像。(資料写真)中国古代の都市、鄴城(ぎょうじょう)は、現在の河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県にあり、一部は漳河を隔てた河南省安陽(あんよう)市にもまたがっていた。魏晋南北朝時代に中原(黄河の中下流域の平原地帯)地域で最も栄えた大都市の一つとされる。後漢の建安9年(西暦204年)、同地を侵攻して袁紹(えんしょう)の残存勢力を破り、冀州牧(きしゅうぼく)に任じられた曹操(そう・そう)は、鄴を本拠地として河北を治め、後に丞相(じょうしょう、君主を補佐した最高位の官吏)、魏公、魏王に封じられた。当時、後漢の名目上の都は許(現在の河南省許昌市東部)であったが、実際の政治の中心は鄴城だった。臨漳県は近年、文化・観光産業を積極的に育成し、鄴城博物館や臨漳仏造像博物館(仏像を専門に展示する全国初の博物館)および建安文学館といった文化プロジェクトを構築して、県域文化・観光産業の全体的な実力を向上させてきた。2018年に同県を訪れた観光客は、延べ369万人に達した。(臨漳=新華社配信)=2007(平成19)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062103524

  • 2009年10月17日
    三国志の舞台、荊州古城を訪ねて湖北省荊州市

    荊州古城の城壁の下で体を鍛える市民。(2009年10月17日撮影)中国湖北省荊州(けいしゅう)市の荊州城は江陵城とも呼ばれ、戦国時代の紀元前278年に秦(しん)が楚の都、郢(えい)を落とし、同地に江陵県を設置したことから、県城としての名が付いた。三国時代、劉備が益州(現在の四川省)を領有すると、軍師の諸葛亮(孔明)は荊州を関羽に預けた。関羽はその後、荊州北部の樊城(はんじょう)と襄陽(じょうよう)の曹操軍を攻撃するが、呉の孫権に隙をつかれ本拠地の荊州城と荊州の大部分を失い、自らも捕らえられ斬首された。現存する荊州古城のレンガの城壁は明代末から清代初めに築かれたもので、全体は不規則な長方形をしている。面積は4・5平方キロメートルで城壁の長さは10・5キロ。城内には土を固めた「版築(はんちく)」城壁も残り、レンガ城壁の周囲は濠に囲まれている。荊州古城は、中国でも古代の城壁が比較的よく保存されている数少ない古城の一つで、長江中流で都市を囲む城壁が唯一完全に残る場所として国内外での知名度も高い。「三国志演義」の物語が広く伝わったことから、荊州城は「三国」観光の重要な名所となっており、市内に残る30余りの「三国志」ゆかりの地や文化観光スポットを目当てに多くの観光客が訪れている。(荊州=新華社記者/肖芸九)=2009(平成21)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062401747

  • 2009年12月27日
    曹操の陵墓発見

    中国・河南省安陽市安陽県

    商品コード: 2009122700180

  • 2009年12月27日
    曹操の陵墓発見

    中国・河南省安陽市安陽県

    商品コード: 2009122700181

  • 2009年12月27日
    曹操の陵墓発見

    中国・河南省安陽市安陽県

    商品コード: 2009122700182

  • 2009年12月27日
    曹操の陵墓発見

    中国・河南省安陽市安陽県

    商品コード: 2009122700183

  • 2009年12月30日
    曹操の墓出土の文化財、今夏日本へ

    河南省安陽市で見つかった曹操高陵の発掘作業現場。(2009年12月30日撮影)中国3世紀の三国時代の文化財を展示する特別展「三国志」が7月9日から9月16日まで東京・上野の東京国立博物館で開催される(10月には福岡県の九州国立博物館で開催)。曹操(そう・そう)の墓「曹操高陵」の出土品などを中心に約170点の文化財を展示する。曹操を示す「魏武王(ぎのぶおう)」の名が刻まれた石牌(せきはい)などは日本初公開となる。(鄭州=新華社記者/朱祥)=2009(平成21)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022805722

  • 2009年12月30日
    曹操の墓出土の文化財、今夏日本へ

    河南省安陽市で見つかった曹操高陵の発掘作業現場。(2009年12月30日撮影)。中国3世紀の三国時代の文化財を展示する特別展「三国志」が7月9日から9月16日まで東京・上野の東京国立博物館で開催される(10月には福岡県の九州国立博物館で開催)。曹操(そう・そう)の墓「曹操高陵」の出土品などを中心に約170点の文化財を展示する。曹操を示す「魏武王(ぎのぶおう)」の名が刻まれた石牌(せきはい)などは日本初公開となる。(鄭州=新華社記者/朱祥)=2009(平成21)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022805767

  • 2009年12月30日
    曹操の墓出土の文化財、今夏日本へ

    河南省安陽市の曹操高陵で発掘作業を行うスタッフ。(2009年12月30日撮影)。中国3世紀の三国時代の文化財を展示する特別展「三国志」が7月9日から9月16日まで東京・上野の東京国立博物館で開催される(10月には福岡県の九州国立博物館で開催)。曹操(そう・そう)の墓「曹操高陵」の出土品などを中心に約170点の文化財を展示する。曹操を示す「魏武王(ぎのぶおう)」の名が刻まれた石牌(せきはい)などは日本初公開となる。(鄭州=新華社記者/朱祥)=2009(平成21)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022805894

  • 2009年12月30日
    曹操の墓出土の文化財、今夏日本へ

    河南省安陽市の曹操高陵から出土した「魏武王」の名が刻まれた石牌。(2009年12月30日撮影)中国3世紀の三国時代の文化財を展示する特別展「三国志」が7月9日から9月16日まで東京・上野の東京国立博物館で開催される(10月には福岡県の九州国立博物館で開催)。曹操(そう・そう)の墓「曹操高陵」の出土品などを中心に約170点の文化財を展示する。曹操を示す「魏武王(ぎのぶおう)」の名が刻まれた石牌(せきはい)などは日本初公開となる。(鄭州=新華社記者/朱祥)=2009(平成21)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022805804

  • 2009年12月30日
    曹操の墓出土の文化財、今夏日本へ

    河南省安陽市で見つかった曹操高陵の発掘作業現場。(2009年12月30日撮影)。中国3世紀の三国時代の文化財を展示する特別展「三国志」が7月9日から9月16日まで東京・上野の東京国立博物館で開催される(10月には福岡県の九州国立博物館で開催)。曹操(そう・そう)の墓「曹操高陵」の出土品などを中心に約170点の文化財を展示する。曹操を示す「魏武王(ぎのぶおう)」の名が刻まれた石牌(せきはい)などは日本初公開となる。(鄭州=新華社記者/朱祥)=2009(平成21)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022805955

  • 2009年12月30日
    曹操の墓出土の文化財、今夏日本へ

    中国河南省安陽市の曹操高陵から出土した陶俑(とうよう)。(2009年12月30日撮影)中国3世紀の三国時代の文化財を展示する特別展「三国志」が7月9日から9月16日まで東京・上野の東京国立博物館で開催される(10月には福岡県の九州国立博物館で開催)。曹操(そう・そう)の墓「曹操高陵」の出土品などを中心に約170点の文化財を展示する。曹操を示す「魏武王(ぎのぶおう)」の名が刻まれた石牌(せきはい)などは日本初公開となる。(鄭州=新華社記者/朱祥)=2009(平成21)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022805707

  • 2009年12月30日
    曹操の墓出土の文化財、今夏日本へ

    河南省安陽市の曹操高陵から出土した画像石(がぞうせき)のかけら。(2009年12月30日撮影)中国3世紀の三国時代の文化財を展示する特別展「三国志」が7月9日から9月16日まで東京・上野の東京国立博物館で開催される(10月には福岡県の九州国立博物館で開催)。曹操(そう・そう)の墓「曹操高陵」の出土品などを中心に約170点の文化財を展示する。曹操を示す「魏武王(ぎのぶおう)」の名が刻まれた石牌(せきはい)などは日本初公開となる。(鄭州=新華社記者/朱祥)=2009(平成21)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022805714

  • 2009年12月30日
    曹操の墓出土の文化財、今夏日本へ

    河南省安陽市の曹操高陵から出土した「石璧(せきへき)」。(2009年12月30日撮影)。中国3世紀の三国時代の文化財を展示する特別展「三国志」が7月9日から9月16日まで東京・上野の東京国立博物館で開催される(10月には福岡県の九州国立博物館で開催)。曹操(そう・そう)の墓「曹操高陵」の出土品などを中心に約170点の文化財を展示する。曹操を示す「魏武王(ぎのぶおう)」の名が刻まれた石牌(せきはい)などは日本初公開となる。(鄭州=新華社記者/朱祥)=2009(平成21)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022805786

  • 2009年12月30日
    曹操の墓出土の文化財、今夏日本へ

    河南省安陽市の曹操高陵から出土した文化財の一部。(2009年12月30日撮影)。中国3世紀の三国時代の文化財を展示する特別展「三国志」が7月9日から9月16日まで東京・上野の東京国立博物館で開催される(10月には福岡県の九州国立博物館で開催)。曹操(そう・そう)の墓「曹操高陵」の出土品などを中心に約170点の文化財を展示する。曹操を示す「魏武王(ぎのぶおう)」の名が刻まれた石牌(せきはい)などは日本初公開となる。(鄭州=新華社記者/朱祥)=2009(平成21)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022806000

  • 2009年12月30日
    曹操の墓出土の文化財、今夏日本へ

    河南省安陽市の曹操高陵から出土した文化財の一部。(2009年12月30日撮影)中国3世紀の三国時代の文化財を展示する特別展「三国志」が7月9日から9月16日まで東京・上野の東京国立博物館で開催される(10月には福岡県の九州国立博物館で開催)。曹操(そう・そう)の墓「曹操高陵」の出土品などを中心に約170点の文化財を展示する。曹操を示す「魏武王(ぎのぶおう)」の名が刻まれた石牌(せきはい)などは日本初公開となる。(鄭州=新華社記者/朱祥)=2009(平成21)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022806019

  • 2009年12月30日
    曹操の墓出土の文化財、今夏日本へ

    河南省安陽市の曹操高陵から出土した画像石(がぞうせき)のかけら。(2009年12月30日撮影)中国3世紀の三国時代の文化財を展示する特別展「三国志」が7月9日から9月16日まで東京・上野の東京国立博物館で開催される(10月には福岡県の九州国立博物館で開催)。曹操(そう・そう)の墓「曹操高陵」の出土品などを中心に約170点の文化財を展示する。曹操を示す「魏武王(ぎのぶおう)」の名が刻まれた石牌(せきはい)などは日本初公開となる。(鄭州=新華社記者/朱祥)=2009(平成21)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022805958

  • 2009年12月30日
    曹操の墓出土の文化財、今夏日本へ

    河南省安陽市の曹操高陵から出土した「魏武王」の名が刻まれた石牌。(2009年12月30日撮影)。中国3世紀の三国時代の文化財を展示する特別展「三国志」が7月9日から9月16日まで東京・上野の東京国立博物館で開催される(10月には福岡県の九州国立博物館で開催)。曹操(そう・そう)の墓「曹操高陵」の出土品などを中心に約170点の文化財を展示する。曹操を示す「魏武王(ぎのぶおう)」の名が刻まれた石牌(せきはい)などは日本初公開となる。(鄭州=新華社記者/朱祥)=2009(平成21)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022805971

  • 2009年12月30日
    曹操の墓出土の文化財、今夏日本へ

    河南省安陽市の曹操高陵から出土した「魏武王」の名が刻まれた石牌。(2009年12月30日撮影)中国3世紀の三国時代の文化財を展示する特別展「三国志」が7月9日から9月16日まで東京・上野の東京国立博物館で開催される(10月には福岡県の九州国立博物館で開催)。曹操(そう・そう)の墓「曹操高陵」の出土品などを中心に約170点の文化財を展示する。曹操を示す「魏武王(ぎのぶおう)」の名が刻まれた石牌(せきはい)などは日本初公開となる。(鄭州=新華社記者/朱祥)=2009(平成21)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022805973

  • 2009年12月30日
    曹操の墓出土の文化財、今夏日本へ

    河南省安陽市の曹操高陵から出土した大量の画像石(がぞうせき)のかけら。(2009年12月30日撮影)中国3世紀の三国時代の文化財を展示する特別展「三国志」が7月9日から9月16日まで東京・上野の東京国立博物館で開催される(10月には福岡県の九州国立博物館で開催)。曹操(そう・そう)の墓「曹操高陵」の出土品などを中心に約170点の文化財を展示する。曹操を示す「魏武王(ぎのぶおう)」の名が刻まれた石牌(せきはい)などは日本初公開となる。(鄭州=新華社記者/朱祥)=2009(平成21)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022805997

  • 2009年12月30日
    曹操の墓出土の文化財、今夏日本へ

    河南省安陽市で見つかった曹操高陵の発掘作業現場。(2009年12月30日撮影)。中国3世紀の三国時代の文化財を展示する特別展「三国志」が7月9日から9月16日まで東京・上野の東京国立博物館で開催される(10月には福岡県の九州国立博物館で開催)。曹操(そう・そう)の墓「曹操高陵」の出土品などを中心に約170点の文化財を展示する。曹操を示す「魏武王(ぎのぶおう)」の名が刻まれた石牌(せきはい)などは日本初公開となる。(鄭州=新華社記者/朱祥)=2009(平成21)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022805773

  • 2009年12月30日
    曹操の墓出土の文化財、今夏日本へ

    河南省安陽市の曹操高陵から出土した2つの石牌。(2009年12月30日撮影)中国3世紀の三国時代の文化財を展示する特別展「三国志」が7月9日から9月16日まで東京・上野の東京国立博物館で開催される(10月には福岡県の九州国立博物館で開催)。曹操(そう・そう)の墓「曹操高陵」の出土品などを中心に約170点の文化財を展示する。曹操を示す「魏武王(ぎのぶおう)」の名が刻まれた石牌(せきはい)などは日本初公開となる。(鄭州=新華社記者/朱祥)=2009(平成21)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022805705

  • 2010年01月14日
    曹操の墓出土の文化財、今夏日本へ

    河南省安陽市で見つかった曹操高陵の発掘作業現場。(2010年1月14日撮影)中国3世紀の三国時代の文化財を展示する特別展「三国志」が7月9日から9月16日まで東京・上野の東京国立博物館で開催される(10月には福岡県の九州国立博物館で開催)。曹操(そう・そう)の墓「曹操高陵」の出土品などを中心に約170点の文化財を展示する。曹操を示す「魏武王(ぎのぶおう)」の名が刻まれた石牌(せきはい)などは日本初公開となる。(鄭州=新華社記者/朱祥)=2010(平成22)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022805646

  • 2010年01月14日
    曹操の墓出土の文化財、今夏日本へ

    河南省安陽市で見つかった曹操高陵の発掘作業現場。(2010年1月14日撮影)。中国3世紀の三国時代の文化財を展示する特別展「三国志」が7月9日から9月16日まで東京・上野の東京国立博物館で開催される(10月には福岡県の九州国立博物館で開催)。曹操(そう・そう)の墓「曹操高陵」の出土品などを中心に約170点の文化財を展示する。曹操を示す「魏武王(ぎのぶおう)」の名が刻まれた石牌(せきはい)などは日本初公開となる。(鄭州=新華社記者/朱祥)=2010(平成22)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022805806

  • 2010年01月14日
    曹操の墓出土の文化財、今夏日本へ

    河南省安陽市で見つかった曹操高陵の発掘作業現場。(2010年1月14日撮影)。中国3世紀の三国時代の文化財を展示する特別展「三国志」が7月9日から9月16日まで東京・上野の東京国立博物館で開催される(10月には福岡県の九州国立博物館で開催)。曹操(そう・そう)の墓「曹操高陵」の出土品などを中心に約170点の文化財を展示する。曹操を示す「魏武王(ぎのぶおう)」の名が刻まれた石牌(せきはい)などは日本初公開となる。(鄭州=新華社記者/朱祥)=2010(平成22)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022806006

  • 2010年01月14日
    曹操の墓出土の文化財、今夏日本へ

    河南省安陽市で見つかった曹操高陵の発掘作業現場。(2010年1月14日撮影)中国3世紀の三国時代の文化財を展示する特別展「三国志」が7月9日から9月16日まで東京・上野の東京国立博物館で開催される(10月には福岡県の九州国立博物館で開催)。曹操(そう・そう)の墓「曹操高陵」の出土品などを中心に約170点の文化財を展示する。曹操を示す「魏武王(ぎのぶおう)」の名が刻まれた石牌(せきはい)などは日本初公開となる。(鄭州=新華社記者/朱祥)=2010(平成22)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022806010

  • 2010年05月07日
    三国志の英雄、関羽が眠る「当陽関陵」湖北省当陽市

    湖北省当陽市の関陵。(2010年5月7日撮影)中国湖北省当陽市の北西3キロの地点に「三国志」の英雄、関羽の遺骸を埋葬したとされる「関陵」がある。かつては「大王塚」と呼ばれ、地名を取って「当陽関陵」とも呼ばれる。墓陵は東に沮水(漢江支流)に面し、はるか彼方に景山を望む。関陵は山西省運城市解州の関帝廟と河南省洛陽市の関林とともに中国三大関廟と呼ばれ1700年余りの歴史がある。陳寿の「三国志」では関羽の最後を「建安24年(219年)、自らの油断によって荊州を失った関羽は麦城に逃れた。孫権は臨沮の夾石で関羽を捕らえ、これを斬首した。孫権は関羽の首を曹操に送り、諸侯の礼をもって亡がらを当陽に葬った」と記している。関陵は2006年5月25日、三国時代の古墓葬として、中国国務院の承認を経て第6期の全国重点文物保護単位に指定された。(当陽=新華社記者/肖芸九)=2010(平成22)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625247

  • 2010年05月07日
    三国志の英雄、関羽が眠る「当陽関陵」湖北省当陽市

    湖北省当陽市の関陵で関羽を祭る観光客。(2010年5月7日撮影)中国湖北省当陽市の北西3キロの地点に「三国志」の英雄、関羽の遺骸を埋葬したとされる「関陵」がある。かつては「大王塚」と呼ばれ、地名を取って「当陽関陵」とも呼ばれる。墓陵は東に沮水(漢江支流)に面し、はるか彼方に景山を望む。関陵は山西省運城市解州の関帝廟と河南省洛陽市の関林とともに中国三大関廟と呼ばれ1700年余りの歴史がある。陳寿の「三国志」では関羽の最期を「建安24年(219年)、自らの油断によって荊州を失った関羽は麦城に逃れた。孫権は臨沮の夾石で関羽を捕らえ、これを斬首した。孫権は関羽の首を曹操に送り、諸侯の礼をもって亡がらを当陽に葬った」と記している。関陵は2006年5月25日、三国時代の古墓葬として、中国国務院の承認を経て第6期の全国重点文物保護単位に指定された。(当陽=新華社記者/肖芸九)=2010(平成22)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625250

  • 2010年05月07日
    三国志の英雄、関羽が眠る「当陽関陵」湖北省当陽市

    湖北省当陽市の関陵。(2010年5月7日撮影)中国湖北省当陽市の北西3キロの地点に「三国志」の英雄、関羽の遺骸を埋葬したとされる「関陵」がある。かつては「大王塚」と呼ばれ、地名を取って「当陽関陵」とも呼ばれる。墓陵は東に沮水(漢江支流)に面し、はるか彼方に景山を望む。関陵は山西省運城市解州の関帝廟と河南省洛陽市の関林とともに中国三大関廟と呼ばれ1700年余りの歴史がある。陳寿の「三国志」では関羽の最後を「建安24年(219年)、自らの油断によって荊州を失った関羽は麦城に逃れた。孫権は臨沮の夾石で関羽を捕らえ、これを斬首した。孫権は関羽の首を曹操に送り、諸侯の礼をもって亡がらを当陽に葬った」と記している。関陵は2006年5月25日、三国時代の古墓葬として、中国国務院の承認を経て第6期の全国重点文物保護単位に指定された。(当陽=新華社記者/肖芸九)=2010(平成22)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062624940

  • 2010年05月07日
    三国志の英雄、関羽が眠る「当陽関陵」湖北省当陽市

    湖北省当陽市の関陵に祭られている関羽像。(2010年5月7日撮影)中国湖北省当陽市の北西3キロの地点に「三国志」の英雄、関羽の遺骸を埋葬したとされる「関陵」がある。かつては「大王塚」と呼ばれ、地名を取って「当陽関陵」とも呼ばれる。墓陵は東に沮水(漢江支流)に面し、はるか彼方に景山を望む。関陵は山西省運城市解州の関帝廟と河南省洛陽市の関林とともに中国三大関廟と呼ばれ1700年余りの歴史がある。陳寿の「三国志」では関羽の最期を「建安24年(219年)、自らの油断によって荊州を失った関羽は麦城に逃れた。孫権は臨沮の夾石で関羽を捕らえ、これを斬首した。孫権は関羽の首を曹操に送り、諸侯の礼をもって亡がらを当陽に葬った」と記している。関陵は2006年5月25日、三国時代の古墓葬として、中国国務院の承認を経て第6期の全国重点文物保護単位に指定された。(当陽=新華社記者/肖芸九)=2010(平成22)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062624912

  • 2010年05月07日
    三国志の英雄、関羽が眠る「当陽関陵」湖北省当陽市

    湖北省当陽市の関陵。(2010年5月7日撮影)中国湖北省当陽市の北西3キロの地点に「三国志」の英雄、関羽の遺骸を埋葬したとされる「関陵」がある。かつては「大王塚」と呼ばれ、地名を取って「当陽関陵」とも呼ばれる。墓陵は東に沮水(漢江支流)に面し、はるか彼方に景山を望む。関陵は山西省運城市解州の関帝廟と河南省洛陽市の関林とともに中国三大関廟と呼ばれ1700年余りの歴史がある。陳寿の「三国志」では関羽の最期を「建安24年(219年)、自らの油断によって荊州を失った関羽は麦城に逃れた。孫権は臨沮の夾石で関羽を捕らえ、これを斬首した。孫権は関羽の首を曹操に送り、諸侯の礼をもって亡がらを当陽に葬った」と記している。関陵は2006年5月25日、三国時代の古墓葬として、中国国務院の承認を経て第6期の全国重点文物保護単位に指定された。(当陽=新華社記者/肖芸九)=2010(平成22)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625060

  • 2010年05月07日
    三国志の英雄、関羽が眠る「当陽関陵」湖北省当陽市

    湖北省当陽市の関陵で関羽を祭る観光客。(2010年5月7日撮影)中国湖北省当陽市の北西3キロの地点に「三国志」の英雄、関羽の遺骸を埋葬したとされる「関陵」がある。かつては「大王塚」と呼ばれ、地名を取って「当陽関陵」とも呼ばれる。墓陵は東に沮水(漢江支流)に面し、はるか彼方に景山を望む。関陵は山西省運城市解州の関帝廟と河南省洛陽市の関林とともに中国三大関廟と呼ばれ1700年余りの歴史がある。陳寿(ちん・じゅ)の「三国志」では関羽の最期を「建安24年(219年)、自らの油断によって荊州を失った関羽は麦城に逃れた。孫権は臨沮の夾石で関羽を捕らえ、これを斬首した。孫権は関羽の首を曹操に送り、諸侯の礼をもって亡がらを当陽に葬った」と記している。関陵は2006年5月25日、三国時代の古墓葬として、中国国務院の承認を経て第6期の全国重点文物保護単位に指定された。(当陽=新華社記者/肖芸九)=2010(平成22)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625028

  • 2010年05月07日
    三国志の英雄、関羽が眠る「当陽関陵」湖北省当陽市

    湖北省当陽市の関陵。(2010年5月7日撮影)中国湖北省当陽市の北西3キロの地点に「三国志」の英雄、関羽の遺骸を埋葬したとされる「関陵」がある。かつては「大王塚」と呼ばれ、地名を取って「当陽関陵」とも呼ばれる。墓陵は東に沮水(漢江支流)に面し、はるか彼方に景山を望む。関陵は山西省運城市解州の関帝廟と河南省洛陽市の関林とともに中国三大関廟と呼ばれ1700年余りの歴史がある。陳寿の「三国志」では関羽の最期を「建安24年(219年)、自らの油断によって荊州を失った関羽は麦城に逃れた。孫権は臨沮の夾石で関羽を捕らえ、これを斬首した。孫権は関羽の首を曹操に送り、諸侯の礼をもって亡がらを当陽に葬った」と記している。関陵は2006年5月25日、三国時代の古墓葬として、中国国務院の承認を経て第6期の全国重点文物保護単位に指定された。(当陽=新華社記者/肖芸九)=2010(平成22)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625248

  • 2010年06月12日
    曹操の墓出土の文化財、今夏日本へ

    河南省安陽市の曹操高陵から出土した文化財の一部。(2010年6月12日撮影)中国3世紀の三国時代の文化財を展示する特別展「三国志」が7月9日から9月16日まで東京・上野の東京国立博物館で開催される(10月には福岡県の九州国立博物館で開催)。曹操(そう・そう)の墓「曹操高陵」の出土品などを中心に約170点の文化財を展示する。曹操を示す「魏武王(ぎのぶおう)」の名が刻まれた石牌(せきはい)などは日本初公開となる。(鄭州=新華社記者/朱祥)=2010(平成22)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022805769

  • 2010年06月12日
    曹操の墓出土の文化財、今夏日本へ

    河南省安陽市で見つかった曹操高陵の発掘作業現場。(2010年6月12日撮影)。中国3世紀の三国時代の文化財を展示する特別展「三国志」が7月9日から9月16日まで東京・上野の東京国立博物館で開催される(10月には福岡県の九州国立博物館で開催)。曹操(そう・そう)の墓「曹操高陵」の出土品などを中心に約170点の文化財を展示する。曹操を示す「魏武王(ぎのぶおう)」の名が刻まれた石牌(せきはい)などは日本初公開となる。(鄭州=新華社記者/朱祥)=2010(平成22)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022805761

  • 2010年06月12日
    曹操の墓出土の文化財、今夏日本へ

    曹操高陵の発掘現場周辺で記念品を売る地元村民。(2010年6月12日撮影)中国3世紀の三国時代の文化財を展示する特別展「三国志」が7月9日から9月16日まで東京・上野の東京国立博物館で開催される(10月には福岡県の九州国立博物館で開催)。曹操(そう・そう)の墓「曹操高陵」の出土品などを中心に約170点の文化財を展示する。曹操を示す「魏武王(ぎのぶおう)」の名が刻まれた石牌(せきはい)などは日本初公開となる。(鄭州=新華社記者/朱祥)=2010(平成22)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022805814

  • 2010年06月12日
    曹操の墓出土の文化財、今夏日本へ

    河南省安陽市で見つかった曹操高陵の発掘作業現場。(2010年6月12日撮影)。中国3世紀の三国時代の文化財を展示する特別展「三国志」が7月9日から9月16日まで東京・上野の東京国立博物館で開催される(10月には福岡県の九州国立博物館で開催)。曹操(そう・そう)の墓「曹操高陵」の出土品などを中心に約170点の文化財を展示する。曹操を示す「魏武王(ぎのぶおう)」の名が刻まれた石牌(せきはい)などは日本初公開となる。(鄭州=新華社記者/朱祥)=2010(平成22)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022805777

  • 2010年06月12日
    曹操の墓出土の文化財、今夏日本へ

    曹操高陵の発掘現場周辺で記念品を売る地元村民。(2010年6月12日撮影)中国3世紀の三国時代の文化財を展示する特別展「三国志」が7月9日から9月16日まで東京・上野の東京国立博物館で開催される(10月には福岡県の九州国立博物館で開催)。曹操(そう・そう)の墓「曹操高陵」の出土品などを中心に約170点の文化財を展示する。曹操を示す「魏武王(ぎのぶおう)」の名が刻まれた石牌(せきはい)などは日本初公開となる。(鄭州=新華社記者/朱祥)=2010(平成22)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022805808

  • 2010年09月02日
    曹操の墓出土の文化財、今夏日本へ

    河南省安陽市の曹操高陵の前に建てられた看板。曹操高陵の発見は2009年の全国十大考古新発見に選ばれた。(2010年9月2日撮影)中国3世紀の三国時代の文化財を展示する特別展「三国志」が7月9日から9月16日まで東京・上野の東京国立博物館で開催される(10月には福岡県の九州国立博物館で開催)。曹操(そう・そう)の墓「曹操高陵」の出土品などを中心に約170点の文化財を展示する。曹操を示す「魏武王(ぎのぶおう)」の名が刻まれた石牌(せきはい)などは日本初公開となる。(鄭州=新華社記者/朱祥)=2010(平成22)年9月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022805966

  • 2011年01月30日
    三国志の英雄、曹操が詩に書いた「碣石」遼寧省綏中県

    波打ちぎわの海水が氷結する冬の時期に撮影した碣石。(2011年1月30日撮影)中国遼寧省葫芦島(ころとう)市綏中(すいちゅう)県の西56キロ、山海関の東15キロに位置する止錨湾には、海面から20メートルほど突き出た3つの巨大な岩がある。この岩は一部の専門家や学者から、三国志の英雄、曹操(そう・そう)が「観滄海(かんそうかい、蒼海を観る)」という詩に「東臨碣石(東のかた碣石に臨み)」と書いた碣石(けっせき)だとみなされている。曹操は烏桓(うかん、紀元前1世紀から紀元後3世紀にかけて、現在の中国内モンゴル自治区に居住していた遊牧民族)討伐を終えて戻る途中、碣石に登って海を望み、渤海の壮麗な景色を眺めて「観滄海」の詩を書いたとされる。(葫芦島=新華社配信)=2011(平成23)年1月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062401762

  • 2011年03月26日
    三国志の舞台、荊州古城を訪ねて湖北省荊州市

    濠に囲まれた荊州古城。(2011年3月26日撮影)中国湖北省荊州(けいしゅう)市の荊州城は江陵城とも呼ばれ、戦国時代の紀元前278年に秦(しん)が楚の都、郢(えい)を落とし、同地に江陵県を設置したことから、県城としての名が付いた。三国時代、劉備が益州(現在の四川省)を領有すると、軍師の諸葛亮(孔明)は荊州を関羽に預けた。関羽はその後、荊州北部の樊城(はんじょう)と襄陽(じょうよう)の曹操軍を攻撃するが、呉の孫権に隙をつかれ本拠地の荊州城と荊州の大部分を失い、自らも捕らえられ斬首された。現存する荊州古城のレンガの城壁は明代末から清代初めに築かれたもので、全体は不規則な長方形をしている。面積は4・5平方キロメートルで城壁の長さは10・5キロ。城内には土を固めた「版築(はんちく)」城壁も残り、レンガ城壁の周囲は濠に囲まれている。荊州古城は、中国でも古代の城壁が比較的よく保存されている数少ない古城の一つで、長江中流で都市を囲む城壁が唯一完全に残る場所として国内外での知名度も高い。「三国志演義」の物語が広く伝わったことから、荊州城は「三国」観光の重要な名所となっており、市内に残る30余りの「三国志」ゆかりの地や文化観光スポットを目当てに多くの観光客が訪れている。(荊州=新華社記者/肖芸九)=2011(平成23)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062401857

  • 2011年03月26日
    三国志の舞台、荊州古城を訪ねて湖北省荊州市

    濠に囲まれた荊州古城。(2011年3月26日撮影)中国湖北省荊州(けいしゅう)市の荊州城は江陵城とも呼ばれ、戦国時代の紀元前278年に秦(しん)が楚の都、郢(えい)を落とし、同地に江陵県を設置したことから、県城としての名が付いた。三国時代、劉備が益州(現在の四川省)を領有すると、軍師の諸葛亮(孔明)は荊州を関羽に預けた。関羽はその後、荊州北部の樊城(はんじょう)と襄陽(じょうよう)の曹操軍を攻撃するが、呉の孫権に隙をつかれ本拠地の荊州城と荊州の大部分を失い、自らも捕らえられ斬首された。現存する荊州古城のレンガの城壁は明代末から清代初めに築かれたもので、全体は不規則な長方形をしている。面積は4・5平方キロメートルで城壁の長さは10・5キロ。城内には土を固めた「版築(はんちく)」城壁も残り、レンガ城壁の周囲は濠に囲まれている。荊州古城は、中国でも古代の城壁が比較的よく保存されている数少ない古城の一つで、長江中流で都市を囲む城壁が唯一完全に残る場所として国内外での知名度も高い。「三国志演義」の物語が広く伝わったことから、荊州城は「三国」観光の重要な名所となっており、市内に残る30余りの「三国志」ゆかりの地や文化観光スポットを目当てに多くの観光客が訪れている。(荊州=新華社記者/肖芸九)=2011(平成23)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062401760

  • 2011年04月04日
    三国志の舞台、荊州古城を訪ねて湖北省荊州市

    荊州古城の城壁。(2011年4月4日撮影)中国湖北省荊州(けいしゅう)市の荊州城は江陵城とも呼ばれ、戦国時代の紀元前278年に秦(しん)が楚の都、郢(えい)を落とし、同地に江陵県を設置したことから、県城としての名が付いた。三国時代、劉備が益州(現在の四川省)を領有すると、軍師の諸葛亮(孔明)は荊州を関羽に預けた。関羽はその後、荊州北部の樊城(はんじょう)と襄陽(じょうよう)の曹操軍を攻撃するが、呉の孫権に隙をつかれ本拠地の荊州城と荊州の大部分を失い、自らも捕らえられ斬首された。現存する荊州古城のレンガの城壁は明代末から清代初めに築かれたもので、全体は不規則な長方形をしている。面積は4・5平方キロメートルで城壁の長さは10・5キロ。城内には土を固めた「版築(はんちく)」城壁も残り、レンガ城壁の周囲は濠に囲まれている。荊州古城は、中国でも古代の城壁が比較的よく保存されている数少ない古城の一つで、長江中流で都市を囲む城壁が唯一完全に残る場所として国内外での知名度も高い。「三国志演義」の物語が広く伝わったことから、荊州城は「三国」観光の重要な名所となっており、市内に残る30余りの「三国志」ゆかりの地や文化観光スポットを目当てに多くの観光客が訪れている。(荊州=新華社記者/肖芸九)=2011(平成23)年4月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062401820

  • 2011年04月04日
    三国志の舞台、荊州古城を訪ねて湖北省荊州市

    荊州古城の城壁。(2011年4月4日撮影)中国湖北省荊州(けいしゅう)市の荊州城は江陵城とも呼ばれ、戦国時代の紀元前278年に秦(しん)が楚の都、郢(えい)を落とし、同地に江陵県を設置したことから、県城としての名が付いた。三国時代、劉備が益州(現在の四川省)を領有すると、軍師の諸葛亮(孔明)は荊州を関羽に預けた。関羽はその後、荊州北部の樊城(はんじょう)と襄陽(じょうよう)の曹操軍を攻撃するが、呉の孫権に隙をつかれ本拠地の荊州城と荊州の大部分を失い、自らも捕らえられ斬首された。現存する荊州古城のレンガの城壁は明代末から清代初めに築かれたもので、全体は不規則な長方形をしている。面積は4・5平方キロメートルで城壁の長さは10・5キロ。城内には土を固めた「版築(はんちく)」城壁も残り、レンガ城壁の周囲は濠に囲まれている。荊州古城は、中国でも古代の城壁が比較的よく保存されている数少ない古城の一つで、長江中流で都市を囲む城壁が唯一完全に残る場所として国内外での知名度も高い。「三国志演義」の物語が広く伝わったことから、荊州城は「三国」観光の重要な名所となっており、市内に残る30余りの「三国志」ゆかりの地や文化観光スポットを目当てに多くの観光客が訪れている。(荊州=新華社記者/肖芸九)=2011(平成23)年4月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062401826

  • 2011年04月04日
    三国志の舞台、荊州古城を訪ねて湖北省荊州市

    荊州古城の城壁。(2011年4月4日撮影)中国湖北省荊州(けいしゅう)市の荊州城は江陵城とも呼ばれ、戦国時代の紀元前278年に秦(しん)が楚の都、郢(えい)を落とし、同地に江陵県を設置したことから、県城としての名が付いた。三国時代、劉備が益州(現在の四川省)を領有すると、軍師の諸葛亮(孔明)は荊州を関羽に預けた。関羽はその後、荊州北部の樊城(はんじょう)と襄陽(じょうよう)の曹操軍を攻撃するが、呉の孫権に隙をつかれ本拠地の荊州城と荊州の大部分を失い、自らも捕らえられ斬首された。現存する荊州古城のレンガの城壁は明代末から清代初めに築かれたもので、全体は不規則な長方形をしている。面積は4・5平方キロメートルで城壁の長さは10・5キロ。城内には土を固めた「版築(はんちく)」城壁も残り、レンガ城壁の周囲は濠に囲まれている。荊州古城は、中国でも古代の城壁が比較的よく保存されている数少ない古城の一つで、長江中流で都市を囲む城壁が唯一完全に残る場所として国内外での知名度も高い。「三国志演義」の物語が広く伝わったことから、荊州城は「三国」観光の重要な名所となっており、市内に残る30余りの「三国志」ゆかりの地や文化観光スポットを目当てに多くの観光客が訪れている。(荊州=新華社記者/肖芸九)=2011(平成23)年4月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062401859

  • 2011年04月04日
    三国志の舞台、荊州古城を訪ねて湖北省荊州市

    荊州古城の城壁。(2011年4月4日撮影)中国湖北省荊州(けいしゅう)市の荊州城は江陵城とも呼ばれ、戦国時代の紀元前278年に秦(しん)が楚の都、郢(えい)を落とし、同地に江陵県を設置したことから、県城としての名が付いた。三国時代、劉備が益州(現在の四川省)を領有すると、軍師の諸葛亮(孔明)は荊州を関羽に預けた。関羽はその後、荊州北部の樊城(はんじょう)と襄陽(じょうよう)の曹操軍を攻撃するが、呉の孫権に隙をつかれ本拠地の荊州城と荊州の大部分を失い、自らも捕らえられ斬首された。現存する荊州古城のレンガの城壁は明代末から清代初めに築かれたもので、全体は不規則な長方形をしている。面積は4・5平方キロメートルで城壁の長さは10・5キロ。城内には土を固めた「版築(はんちく)」城壁も残り、レンガ城壁の周囲は濠に囲まれている。荊州古城は、中国でも古代の城壁が比較的よく保存されている数少ない古城の一つで、長江中流で都市を囲む城壁が唯一完全に残る場所として国内外での知名度も高い。「三国志演義」の物語が広く伝わったことから、荊州城は「三国」観光の重要な名所となっており、市内に残る30余りの「三国志」ゆかりの地や文化観光スポットを目当てに多くの観光客が訪れている。(荊州=新華社記者/肖芸九)=2011(平成23)年4月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062401753

  • 2011年05月01日
    三国志の赤壁古戦場を訪ねて湖北省赤壁市

    赤壁古戦場風景区の入り口。(2011年5月1日撮影)中国後漢時代の208年、現在の湖北省で三国志の英雄、曹操と孫権、劉備の軍勢が激突する大規模な戦役が行われた。史上「赤壁の戦い」と呼ばれる。「少数が多数を制し、弱者が強者に勝つ」戦いとして中国史上でも有名な戦役の一つであり、三国鼎立(ていりつ)の局面を開く契機となった。(赤壁=新華社配信)=2011(平成23)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070501682

  • 2011年07月14日
    三国志随一の文才、曹植の墓を訪ねて山東省東阿県

    魚山曹植墓風景区の神道(参道)。奥に見えるのが曹植墓。(2011年7月14日撮影)「三国志」の英雄曹操の三男、曹植(そう・しょく)の墓は、山東省聊城(りょうじょう)市東阿(とうあ)県の県城(県政府所在地)から南東20キロ、黄河北岸の魚山(ぎょさん)にあり、現在は魚山曹植墓風景区となっている。史料によれば、墓の造営は魏の太和七年(233年)3月。その後も修繕が繰り返された。曹植は字(あざな)を子建といい、中国古代の著名な政治家としてだけでなく、後漢の建安文学を代表する文学者としても知られ、その作品は後世に多大な影響を与えた。(済南=新華社配信/魚山曹植墓風景区管理処提供)=2011(平成23)年7月14日、クレジット:魚山曹植墓風景区管理処/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019080211167

  • 2011年10月29日
    三国志の赤壁古戦場を訪ねて湖北省赤壁市

    赤壁古戦場風景区の夜景。(2011年10月29日撮影)中国後漢時代の208年、現在の湖北省で三国志の英雄、曹操と孫権、劉備の軍勢が激突する大規模な戦役が行われた。史上「赤壁の戦い」と呼ばれる。「少数が多数を制し、弱者が強者に勝つ」戦いとして中国史上でも有名な戦役の一つであり、三国鼎立(ていりつ)の局面を開く契機となった。(赤壁=新華社記者/梁建強)=2011(平成23)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070501609

  • 2011年10月29日
    三国志の赤壁古戦場を訪ねて湖北省赤壁市

    赤壁古戦場風景区の夜景。(2011年10月29日撮影)中国後漢時代の208年、現在の湖北省で三国志の英雄、曹操と孫権、劉備の軍勢が激突する大規模な戦役が行われた。史上「赤壁の戦い」と呼ばれる。「少数が多数を制し、弱者が強者に勝つ」戦いとして中国史上でも有名な戦役の一つであり、三国鼎立(ていりつ)の局面を開く契機となった。(赤壁=新華社記者/梁建強)=2011(平成23)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070501577

  • 2011年10月29日
    三国志の赤壁古戦場を訪ねて湖北省赤壁市

    赤壁古戦場風景区の建物。(2011年10月29日撮影)中国後漢時代の208年、現在の湖北省で三国志の英雄、曹操と孫権、劉備の軍勢が激突する大規模な戦役が行われた。史上「赤壁の戦い」と呼ばれる。「少数が多数を制し、弱者が強者に勝つ」戦いとして中国史上でも有名な戦役の一つであり、三国鼎立(ていりつ)の局面を開く契機となった。(赤壁=新華社配信)=2011(平成23)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070501657

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2011年11月13日
    三国志ゆかりの地、鄴城を訪ねて河北省臨漳県

    銅雀三台(銅雀台、金虎台、氷井台)遺跡公園にたたずむ碑廊。(2011年11月13日撮影)中国古代の都市、鄴城(ぎょうじょう)は、現在の河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県にあり、一部は漳河を隔てた河南省安陽(あんよう)市にもまたがっていた。魏晋南北朝時代に中原(黄河の中下流域の平原地帯)地域で最も栄えた大都市の一つとされる。後漢の建安9年(西暦204年)、同地を侵攻して袁紹(えんしょう)の残存勢力を破り、冀州牧(きしゅうぼく)に任じられた曹操(そう・そう)は、鄴を本拠地として河北を治め、後に丞相(じょうしょう、君主を補佐した最高位の官吏)、魏公、魏王に封じられた。当時、後漢の名目上の都は許(現在の河南省許昌市東部)であったが、実際の政治の中心は鄴城だった。臨漳県は近年、文化・観光産業を積極的に育成し、鄴城博物館や臨漳仏造像博物館(仏像を専門に展示する全国初の博物館)および建安文学館といった文化プロジェクトを構築して、県域文化・観光産業の全体的な実力を向上させてきた。2018年に同県を訪れた観光客は、延べ369万人に達した。(臨漳=新華社配信)=2011(平成23)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062103490

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2011年11月20日
    三国志ゆかりの地、鄴城を訪ねて河北省臨漳県

    河北省邯鄲市臨漳県にある銅雀三台(銅雀台、金虎台、氷井台)遺跡公園。(2011年11月20日撮影)中国古代の都市、鄴城(ぎょうじょう)は、現在の河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県にあり、一部は漳河を隔てた河南省安陽(あんよう)市にもまたがっていた。魏晋南北朝時代に中原(黄河の中下流域の平原地帯)地域で最も栄えた大都市の一つとされる。後漢の建安9年(西暦204年)、同地を侵攻して袁紹(えんしょう)の残存勢力を破り、冀州牧(きしゅうぼく)に任じられた曹操(そう・そう)は、鄴を本拠地として河北を治め、後に丞相(じょうしょう、君主を補佐した最高位の官吏)、魏公、魏王に封じられた。当時、後漢の名目上の都は許(現在の河南省許昌市東部)であったが、実際の政治の中心は鄴城だった。臨漳県は近年、文化・観光産業を積極的に育成し、鄴城博物館や臨漳仏造像博物館(仏像を専門に展示する全国初の博物館)および建安文学館といった文化プロジェクトを構築して、県域文化・観光産業の全体的な実力を向上させてきた。2018年に同県を訪れた観光客は、延べ369万人に達した。(臨漳=新華社配信)=2011(平成23)年11月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062103502

  • 2012年04月26日
    三国志の赤壁古戦場を訪ねて湖北省赤壁市

    赤壁古戦場風景区の入り口。(2012年4月26日撮影)中国後漢時代の208年、現在の湖北省で三国志の英雄、曹操と孫権、劉備の軍勢が激突する大規模な戦役が行われた。史上「赤壁の戦い」と呼ばれる。「少数が多数を制し、弱者が強者に勝つ」戦いとして中国史上でも有名な戦役の一つであり、三国鼎立(ていりつ)の局面を開く契機となった。(赤壁=新華社配信)=2012(平成24)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070501676

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年08月14日
    三国志ゆかりの地、鄴城を訪ねて河北省臨漳県

    三国時代の歴史に関する展示品が収められている鄴城博物館。(2012年8月14日撮影)中国古代の都市、鄴城(ぎょうじょう)は、現在の河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県にあり、一部は漳河を隔てた河南省安陽(あんよう)市にもまたがっていた。魏晋南北朝時代に中原(黄河の中下流域の平原地帯)地域で最も栄えた大都市の一つとされる。後漢の建安9年(西暦204年)、同地を侵攻して袁紹(えんしょう)の残存勢力を破り、冀州牧(きしゅうぼく)に任じられた曹操(そう・そう)は、鄴を本拠地として河北を治め、後に丞相(じょうしょう、君主を補佐した最高位の官吏)、魏公、魏王に封じられた。当時、後漢の名目上の都は許(現在の河南省許昌市東部)であったが、実際の政治の中心は鄴城だった。臨漳県は近年、文化・観光産業を積極的に育成し、鄴城博物館や臨漳仏造像博物館(仏像を専門に展示する全国初の博物館)および建安文学館といった文化プロジェクトを構築して、県域文化・観光産業の全体的な実力を向上させてきた。2018年に同県を訪れた観光客は、延べ369万人に達した。(臨漳=新華社配信)=2012(平成24)年8月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062103503

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年09月14日
    三国志ゆかりの地、鄴城を訪ねて河北省臨漳県

    河北省邯鄲市臨漳県にある鄴城博物館。(2012年9月14日撮影)中国古代の都市、鄴城(ぎょうじょう)は、現在の河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県にあり、一部は漳河を隔てた河南省安陽(あんよう)市にもまたがっていた。魏晋南北朝時代に中原(黄河の中下流域の平原地帯)地域で最も栄えた大都市の一つとされる。後漢の建安9年(西暦204年)、同地を侵攻して袁紹(えんしょう)の残存勢力を破り、冀州牧(きしゅうぼく)に任じられた曹操(そう・そう)は、鄴を本拠地として河北を治め、後に丞相(じょうしょう、君主を補佐した最高位の官吏)、魏公、魏王に封じられた。当時、後漢の名目上の都は許(現在の河南省許昌市東部)であったが、実際の政治の中心は鄴城だった。臨漳県は近年、文化・観光産業を積極的に育成し、鄴城博物館や臨漳仏造像博物館(仏像を専門に展示する全国初の博物館)および建安文学館といった文化プロジェクトを構築して、県域文化・観光産業の全体的な実力を向上させてきた。2018年に同県を訪れた観光客は、延べ369万人に達した。(臨漳=新華社配信)=2012(平成24)年9月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062103548

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年09月20日
    三国志ゆかりの地、鄴城を訪ねて河北省臨漳県

    臨漳仏造像博物館所蔵の仏教造像。(2012年9月20日撮影)中国古代の都市、鄴城(ぎょうじょう)は、現在の河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県にあり、一部は漳河を隔てた河南省安陽(あんよう)市にもまたがっていた。魏晋南北朝時代に中原(黄河の中下流域の平原地帯)地域で最も栄えた大都市の一つとされる。後漢の建安9年(西暦204年)、同地を侵攻して袁紹(えんしょう)の残存勢力を破り、冀州牧(きしゅうぼく)に任じられた曹操(そう・そう)は、鄴を本拠地として河北を治め、後に丞相(じょうしょう、君主を補佐した最高位の官吏)、魏公、魏王に封じられた。当時、後漢の名目上の都は許(現在の河南省許昌市東部)であったが、実際の政治の中心は鄴城だった。臨漳県は近年、文化・観光産業を積極的に育成し、鄴城博物館や臨漳仏造像博物館(仏像を専門に展示する全国初の博物館)および建安文学館といった文化プロジェクトを構築して、県域文化・観光産業の全体的な実力を向上させてきた。2018年に同県を訪れた観光客は、延べ369万人に達した。(臨漳=新華社配信)=2012(平成24)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062103553

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年09月20日
    三国志ゆかりの地、鄴城を訪ねて河北省臨漳県

    臨漳仏造像博物館所蔵の仏教造像。(2012年9月20日撮影)中国古代の都市、鄴城(ぎょうじょう)は、現在の河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県にあり、一部は漳河を隔てた河南省安陽(あんよう)市にもまたがっていた。魏晋南北朝時代に中原(黄河の中下流域の平原地帯)地域で最も栄えた大都市の一つとされる。建安9年(西暦204年)、同地を侵攻して袁紹(えんしょう)の残存勢力を破り、冀州牧(きしゅうぼく)に任じられた曹操(そう・そう)は、鄴を本拠地として河北を治め、後に丞相(じょうしょう、君主を補佐した最高位の官吏)、魏公、魏王に封じられた。当時、後漢の名目上の都は許(現在の河南省許昌市東部)であったが、実際の政治の中心は鄴城だった。臨漳県は近年、文化・観光産業を積極的に育成し、鄴城博物館や臨漳仏造像博物館(仏像を専門に展示する全国初の博物館)および建安文学館といった文化プロジェクトを構築して、県域文化・観光産業の全体的な実力を向上させてきた。2018年に同県を訪れた観光客は、延べ369万人に達した。(臨漳=新華社配信)=2012(平成24)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062103486

  • 2013年04月13日
    三国志の舞台、荊州古城を訪ねて湖北省荊州市

    荊州古城の東門「寅賓門」と城楼「賓陽楼」。(2013年4月13日撮影)中国湖北省荊州(けいしゅう)市の荊州城は江陵城とも呼ばれ、戦国時代の紀元前278年に秦(しん)が楚の都、郢(えい)を落とし、同地に江陵県を設置したことから、県城としての名が付いた。三国時代、劉備が益州(現在の四川省)を領有すると、軍師の諸葛亮(孔明)は荊州を関羽に預けた。関羽はその後、荊州北部の樊城(はんじょう)と襄陽(じょうよう)の曹操軍を攻撃するが、呉の孫権に隙をつかれ本拠地の荊州城と荊州の大部分を失い、自らも捕らえられ斬首された。現存する荊州古城のレンガの城壁は明代末から清代初めに築かれたもので、全体は不規則な長方形をしている。面積は4・5平方キロメートルで城壁の長さは10・5キロ。城内には土を固めた「版築(はんちく)」城壁も残り、レンガ城壁の周囲は濠に囲まれている。荊州古城は、中国でも古代の城壁が比較的よく保存されている数少ない古城の一つで、長江中流で都市を囲む城壁が唯一完全に残る場所として国内外での知名度も高い。「三国志演義」の物語が広く伝わったことから、荊州城は「三国」観光の重要な名所となっており、市内に残る30余りの「三国志」ゆかりの地や文化観光スポットを目当てに多くの観光客が訪れている。(荊州=新華社配信/黄志剛)=2013(平成25)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062401809

  • 2013年05月19日
    三国志の舞台、荊州古城を訪ねて湖北省荊州市

    荊州古城の東門「寅賓門」と城楼「賓陽楼」。(資料写真)中国湖北省荊州(けいしゅう)市の荊州城は江陵城とも呼ばれ、戦国時代の紀元前278年に秦(しん)が楚の都、郢(えい)を落とし、同地に江陵県を設置したことから、県城としての名が付いた。三国時代、劉備が益州(現在の四川省)を領有すると、軍師の諸葛亮(孔明)は荊州を関羽に預けた。関羽はその後、荊州北部の樊城(はんじょう)と襄陽(じょうよう)の曹操軍を攻撃するが、呉の孫権に隙をつかれ本拠地の荊州城と荊州の大部分を失い、自らも捕らえられ斬首された。現存する荊州古城のレンガの城壁は明代末から清代初めに築かれたもので、全体は不規則な長方形をしている。面積は4・5平方キロメートルで城壁の長さは10・5キロ。城内には土を固めた「版築(はんちく)」城壁も残り、レンガ城壁の周囲は濠に囲まれている。荊州古城は、中国でも古代の城壁が比較的よく保存されている数少ない古城の一つで、長江中流で都市を囲む城壁が唯一完全に残る場所として国内外での知名度も高い。「三国志演義」の物語が広く伝わったことから、荊州城は「三国」観光の重要な名所となっており、市内に残る30余りの「三国志」ゆかりの地や文化観光スポットを目当てに多くの観光客が訪れている。(荊州=新華社配信)=2013(平成25)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062401817

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2013年05月25日
    三国志ゆかりの地、鄴城を訪ねて河北省臨漳県

    河北省邯鄲市臨漳県にある銅雀三台(銅雀台、金虎台、氷井台)遺跡公園にたたずむ石碑。(2013年5月25日撮影)中国古代の都市、鄴城(ぎょうじょう)は、現在の河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県にあり、一部は漳河を隔てた河南省安陽(あんよう)市にもまたがっていた。魏晋南北朝時代に中原(黄河の中下流域の平原地帯)地域で最も栄えた大都市の一つとされる。後漢の建安9年(西暦204年)、同地を侵攻して袁紹(えんしょう)の残存勢力を破り、冀州牧(きしゅうぼく)に任じられた曹操(そう・そう)は、鄴を本拠地として河北を治め、後に丞相(じょうしょう、君主を補佐した最高位の官吏)、魏公、魏王に封じられた。当時、後漢の名目上の都は許(現在の河南省許昌市東部)であったが、実際の政治の中心は鄴城だった。臨漳県は近年、文化・観光産業を積極的に育成し、鄴城博物館や臨漳仏造像博物館(仏像を専門に展示する全国初の博物館)および建安文学館といった文化プロジェクトを構築して、県域文化・観光産業の全体的な実力を向上させてきた。2018年に同県を訪れた観光客は、延べ369万人に達した。(臨漳=新華社配信)=2013(平成25)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062103488

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2013年08月29日
    三国志ゆかりの地、鄴城を訪ねて河北省臨漳県

    臨漳県の鄴城公園にある建安文学館。(資料写真)中国古代の都市、鄴城(ぎょうじょう)は、現在の河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県にあり、一部は漳河を隔てた河南省安陽(あんよう)市にもまたがっていた。魏晋南北朝時代に中原(黄河の中下流域の平原地帯)地域で最も栄えた大都市の一つとされる。後漢の建安9年(西暦204年)、同地を侵攻して袁紹(えんしょう)の残存勢力を破り、冀州牧(きしゅうぼく)に任じられた曹操(そう・そう)は、鄴を本拠地として河北を治め、後に丞相(じょうしょう、君主を補佐した最高位の官吏)、魏公、魏王に封じられた。当時、後漢の名目上の都は許(現在の河南省許昌市東部)であったが、実際の政治の中心は鄴城だった。臨漳県は近年、文化・観光産業を積極的に育成し、鄴城博物館や臨漳仏造像博物館(仏像を専門に展示する全国初の博物館)および建安文学館といった文化プロジェクトを構築して、県域文化・観光産業の全体的な実力を向上させてきた。2018年に同県を訪れた観光客は、延べ369万人に達した。(臨漳=新華社配信)=2013(平成25)年8月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062103521

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2014年02月05日
    三国志ゆかりの地、鄴城を訪ねて河北省臨漳県

    雪の中にひっそりとたたずむ建安文学館。(2014年2月5日撮影)中国古代の都市、鄴城(ぎょうじょう)は、現在の河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県にあり、その一部は漳河を隔てた河南省安陽(あんよう)市にまたがっていた。魏晋南北朝時代に中原(黄河の中下流域の平原地帯)地域で最も栄えた大都市の一つとされる。後漢の建安9年(西暦204年)、同地を侵攻して袁紹(えんしょう)の残存勢力を破り、冀州牧(きしゅうぼく)に任じられた曹操(そう・そう)は、鄴を本拠地として河北を治め、後に丞相(じょうしょう、君主を補佐した最高位の官吏)、魏公、魏王に封じられた。当時、後漢の名目上の都は許(現在の河南省許昌市東部)であったが、実際の政治の中心は鄴城だった。臨漳県は近年、文化・観光産業を積極的に育成し、鄴城博物館や臨漳仏造像博物館(仏像を専門に展示する全国初の博物館)および建安文学館といった文化プロジェクトを構築して、県域文化・観光産業の全体的な実力を向上させてきた。2018年に同県を訪れた観光客は、延べ369万人に達した。(臨漳=新華社配信)=2014(平成26)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062103504

  • 2014年06月02日
    三国志随一の文才、曹植の墓を訪ねて山東省東阿県

    魚山曹植墓風景区の「聞梵処」。曹植が仏教音楽を聞いた場所とされる。(2014年6月2日撮影)「三国志」の英雄曹操の三男、曹植(そう・しょく)の墓は、山東省聊城(りょうじょう)市東阿(とうあ)県の県城(県政府所在地)から南東20キロ、黄河北岸の魚山(ぎょさん)にあり、現在は魚山曹植墓風景区となっている。史料によれば、墓の造営は魏の太和七年(233年)3月。その後も修繕が繰り返された。曹植は字(あざな)を子建といい、中国古代の著名な政治家としてだけでなく、後漢の建安文学を代表する文学者としても知られ、その作品は後世に多大な影響を与えた。(済南=新華社配信/魚山曹植墓風景区管理処提供)=2014(平成26)年6月2日、クレジット:魚山曹植墓風景区管理処/新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

    商品コード: 2019080211161

  • 2014年06月02日
    三国志随一の文才、曹植の墓を訪ねて山東省東阿県

    魚山曹植墓風景区の「梵音洞」。「聞梵処」の下にあり、曹植が聞いた音楽はこの洞窟から聞こえたものだとされる。(2014年6月2日撮影)「三国志」の英雄曹操の三男、曹植(そう・しょく)の墓は、山東省聊城(りょうじょう)市東阿(とうあ)県の県城(県政府所在地)から南東20キロ、黄河北岸の魚山(ぎょさん)にあり、現在は魚山曹植墓風景区となっている。史料によれば、墓の造営は魏の太和七年(233年)3月。その後も修繕が繰り返された。曹植は字(あざな)を子建といい、中国古代の著名な政治家としてだけでなく、後漢の建安文学を代表する文学者としても知られ、その作品は後世に多大な影響を与えた。(済南=新華社配信/魚山曹植墓風景区管理処提供)=2014(平成26)年6月2日、クレジット:魚山曹植墓風景区管理処/新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

    商品コード: 2019080211170

  • 2014年12月28日
    三国志の舞台、荊州古城を訪ねて湖北省荊州市

    荊州古城の東門「寅賓門」と城楼「賓陽楼」。(資料写真)中国湖北省荊州(けいしゅう)市の荊州城は江陵城とも呼ばれ、戦国時代の紀元前278年に秦(しん)が楚の都、郢(えい)を落とし、同地に江陵県を設置したことから、県城としての名が付いた。三国時代、劉備が益州(現在の四川省)を領有すると、軍師の諸葛亮(孔明)は荊州を関羽に預けた。関羽はその後、荊州北部の樊城(はんじょう)と襄陽(じょうよう)の曹操軍を攻撃するが、呉の孫権に隙をつかれ本拠地の荊州城と荊州の大部分を失い、自らも捕らえられ斬首された。現存する荊州古城のレンガの城壁は明代末から清代初めに築かれたもので、全体は不規則な長方形をしている。面積は4・5平方キロメートルで城壁の長さは10・5キロ。城内には土を固めた「版築(はんちく)」城壁も残り、レンガ城壁の周囲は濠に囲まれている。荊州古城は、中国でも古代の城壁が比較的よく保存されている数少ない古城の一つで、長江中流で都市を囲む城壁が唯一完全に残る場所として国内外での知名度も高い。「三国志演義」の物語が広く伝わったことから、荊州城は「三国」観光の重要な名所となっており、市内に残る30余りの「三国志」ゆかりの地や文化観光スポットを目当てに多くの観光客が訪れている。(荊州=新華社配信)=2014(平成26)年12月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070100778

  • 2015年07月16日
    三国志随一の文才、曹植の墓を訪ねて山東省東阿県

    魚山曹植墓風景区の全景。(2015年7月16日撮影)「三国志」の英雄曹操の三男、曹植(そう・しょく)の墓は、山東省聊城(りょうじょう)市東阿(とうあ)県の県城(県政府所在地)から南東20キロ、黄河北岸の魚山(ぎょさん)にあり、現在は魚山曹植墓風景区となっている。史料によれば、墓の造営は魏の太和七年(233年)3月。その後も修繕が繰り返された。曹植は字(あざな)を子建といい、中国古代の著名な政治家としてだけでなく、後漢の建安文学を代表する文学者としても知られ、その作品は後世に多大な影響を与えた。(済南=新華社配信/魚山曹植墓風景区管理処提供)=2015(平成27)年7月16日、クレジット:魚山曹植墓風景区管理処/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019080211179

  • 2016年01月31日
    三国志の舞台、荊州古城を訪ねて湖北省荊州市

    雪化粧した荊州古城の東門「寅賓門」と城楼「賓陽楼」。(2016年1月31日撮影)中国湖北省荊州(けいしゅう)市の荊州城は江陵城とも呼ばれ、戦国時代の紀元前278年に秦(しん)が楚の都、郢(えい)を落とし、同地に江陵県を設置したことから、県城としての名が付いた。三国時代、劉備が益州(現在の四川省)を領有すると、軍師の諸葛亮(孔明)は荊州を関羽に預けた。関羽はその後、荊州北部の樊城(はんじょう)と襄陽(じょうよう)の曹操軍を攻撃するが、呉の孫権に隙をつかれ本拠地の荊州城と荊州の大部分を失い、自らも捕らえられ斬首された。現存する荊州古城のレンガの城壁は明代末から清代初めに築かれたもので、全体は不規則な長方形をしている。面積は4・5平方キロメートルで城壁の長さは10・5キロ。城内には土を固めた「版築(はんちく)」城壁も残り、レンガ城壁の周囲は濠に囲まれている。荊州古城は、中国でも古代の城壁が比較的よく保存されている数少ない古城の一つで、長江中流で都市を囲む城壁が唯一完全に残る場所として国内外での知名度も高い。「三国志演義」の物語が広く伝わったことから、荊州城は「三国」観光の重要な名所となっており、市内に残る30余りの「三国志」ゆかりの地や文化観光スポットを目当てに多くの観光客が訪れている。(荊州=新華社配信/黄志剛)=2016(平成28)年1月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062401842

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2016年02月16日
    三国志ゆかりの地、鄴城を訪ねて河北省臨漳県

    三国時代の歴史に関する展示品が収められている鄴城博物館。(2016年2月16日撮影)中国古代の都市、鄴城(ぎょうじょう)は、現在の河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県にあり、一部は漳河を隔てた河南省安陽(あんよう)市にもまたがっていた。魏晋南北朝時代に中原(黄河の中下流域の平原地帯)地域で最も栄えた大都市の一つとされる。後漢の建安9年(西暦204年)、同地を侵攻して袁紹(えんしょう)の残存勢力を破り、冀州牧(きしゅうぼく)に任じられた曹操(そう・そう)は、鄴を本拠地として河北を治め、後に丞相(じょうしょう、君主を補佐した最高位の官吏)、魏公、魏王に封じられた。当時、後漢の名目上の都は許(現在の河南省許昌市東部)であったが、実際の政治の中心は鄴城だった。臨漳県は近年、文化・観光産業を積極的に育成し、鄴城博物館や臨漳仏造像博物館(仏像を専門に展示する全国初の博物館)および建安文学館といった文化プロジェクトを構築して、県域文化・観光産業の全体的な実力を向上させてきた。2018年に同県を訪れた観光客は、延べ369万人に達した。(臨漳=新華社配信)=2016(平成28)年2月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062103538

  • 2016年03月25日
    三国志随一の文才、曹植の墓を訪ねて山東省東阿県

    「曹子建墓記念館」に展示されている曹植の有名な詩「白馬篇」。(2016年3月25日撮影)「三国志」の英雄曹操の三男、曹植(そう・しょく)の墓は、山東省聊城(りょうじょう)市東阿(とうあ)県の県城(県政府所在地)から南東20キロ、黄河北岸の魚山(ぎょさん)にあり、現在は魚山曹植墓風景区となっている。史料によれば、墓の造営は魏の太和七年(233年)3月。その後も修繕が繰り返された。曹植は字(あざな)を子建といい、中国古代の著名な政治家としてだけでなく、後漢の建安文学を代表する文学者としても知られ、その作品は後世に多大な影響を与えた。(済南=新華社配信/魚山曹植墓風景区管理処提供)=2016(平成28)年3月25日、クレジット:魚山曹植墓風景区管理処/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019080211145

  • 2016年03月25日
    三国志随一の文才、曹植の墓を訪ねて山東省東阿県

    曹子建墓記念館に展示されている日本の僧が魚山を参拝した時の写真。曹植は中国の仏教界で梵唄(ぼんばい、仏教声楽)の祖とされ、日本でも日本の仏教音楽の始祖として敬われている。日本には魚山と名付けられた山もある。(2016年3月25日撮影)「三国志」の英雄曹操の三男、曹植(そう・しょく)の墓は、山東省聊城(りょうじょう)市東阿(とうあ)県の県城(県政府所在地)から南東20キロ、黄河北岸の魚山(ぎょさん)にあり、現在は魚山曹植墓風景区となっている。史料によれば、墓の造営は魏の太和七年(233年)3月。その後も修繕が繰り返された。曹植は字(あざな)を子建といい、中国古代の著名な政治家としてだけでなく、後漢の建安文学を代表する文学者としても知られ、その作品は後世に多大な影響を与えた。(済南=新華社配信/魚山曹植墓風景区管理処提供)=2016(平成28)年3月25日、クレジット:魚山曹植墓風景区管理処/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019080211189

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2016年04月07日
    三国志ゆかりの地、鄴城を訪ねて河北省臨漳県

    仏像を専門に展示する全国初の博物館、臨漳仏造像博物館の内部。(2016年4月7日撮影)中国古代の都市、鄴城(ぎょうじょう)は、現在の河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県にあり、一部は漳河を隔てた河南省安陽(あんよう)市にもまたがっていた。魏晋南北朝時代に中原(黄河の中下流域の平原地帯)地域で最も栄えた大都市の一つとされる。後漢の建安9年(西暦204年)、同地を侵攻して袁紹(えんしょう)の残存勢力を破り、冀州牧(きしゅうぼく)に任じられた曹操(そう・そう)は、鄴を本拠地として河北を治め、後に丞相(じょうしょう、君主を補佐した最高位の官吏)、魏公、魏王に封じられた。当時、後漢の名目上の都は許(現在の河南省許昌市東部)であったが、実際の政治の中心は鄴城だった。臨漳県は近年、文化・観光産業を積極的に育成し、鄴城博物館や臨漳仏造像博物館(仏像を専門に展示する全国初の博物館)および建安文学館といった文化プロジェクトを構築して、県域文化・観光産業の全体的な実力を向上させてきた。2018年に同県を訪れた観光客は、延べ369万人に達した。(臨漳=新華社配信)=2016(平成28)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062103576

  • 2016年05月17日
    三国志の名将周瑜が水軍を鍛えた「点将台」を訪ねて江西省九江市

    江西省九江市の甘棠湖にある煙水亭。(2016年5月17日撮影、小型無人機から)中国江西省九江市を流れる長江南岸の甘棠(かんとう)湖にある煙水亭(えんすいてい)は、三国時代の呉の名将、周瑜(しゅう・ゆ)が水軍の訓練をした際に陣頭指揮を取った「点将台」があった場所といわれており、同市の観光スポットの一つとなっている。「赤壁の戦い」の前、孫権は周瑜を「大都督」に任じ、甘棠湖で水軍を訓練し曹操の軍勢を迎え撃つよう命じた。周瑜は「点将台」に立ち日夜を問わず猛訓練を行い、劉備とも手を組み、赤壁で曹操軍を大敗させた。(南昌=新華社記者/周密)=2016(平成28)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071202514

  • 2016年05月17日
    三国志の名将周瑜が水軍を鍛えた「点将台」を訪ねて江西省九江市

    江西省九江市の甘棠湖にある煙水亭。後方に写るのは長江。(2016年5月17日撮影)中国江西省九江市を流れる長江南岸の甘棠(かんとう)湖にある煙水亭(えんすいてい)は、三国時代の呉の名将、周瑜(しゅう・ゆ)が水軍の訓練をした際に陣頭指揮を取った「点将台」があった場所といわれており、同市の観光スポットの一つとなっている。「赤壁の戦い」の前、孫権は周瑜を「大都督」に任じ、甘棠湖で水軍を訓練し曹操の軍勢を迎え撃つよう命じた。周瑜は「点将台」に立ち日夜を問わず猛訓練を行い、劉備とも手を組み、赤壁で曹操軍を大敗させた。(南昌=新華社記者/周密)=2016(平成28)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071202403

  • 2016年05月17日
    三国志の名将周瑜が水軍を鍛えた「点将台」を訪ねて江西省九江市

    江西省九江市の甘棠湖にある煙水亭。(2016年5月17日撮影)中国江西省九江市を流れる長江南岸の甘棠(かんとう)湖にある煙水亭(えんすいてい)は、三国時代の呉の名将、周瑜(しゅう・ゆ)が水軍の訓練をした際に陣頭指揮を取った「点将台」があった場所といわれており、同市の観光スポットの一つとなっている。「赤壁の戦い」の前、孫権は周瑜を「大都督」に任じ、甘棠湖で水軍を訓練し曹操の軍勢を迎え撃つよう命じた。周瑜は「点将台」に立ち日夜を問わず猛訓練を行い、劉備とも手を組み、赤壁で曹操軍を大敗させた。(南昌=新華社記者/周密)=2016(平成28)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071202487

  • 2016年05月17日
    三国志の名将周瑜が水軍を鍛えた「点将台」を訪ねて江西省九江市

    江西省九江市の甘棠湖にある煙水亭。後方に写るのは長江。(2016年5月17日撮影)中国江西省九江市を流れる長江南岸の甘棠(かんとう)湖にある煙水亭(えんすいてい)は、三国時代の呉の名将、周瑜(しゅう・ゆ)が水軍の訓練をした際に陣頭指揮を取った「点将台」があった場所といわれており、同市の観光スポットの一つとなっている。「赤壁の戦い」の前、孫権は周瑜を「大都督」に任じ、甘棠湖で水軍を訓練し曹操の軍勢を迎え撃つよう命じた。周瑜は「点将台」に立ち日夜を問わず猛訓練を行い、劉備とも手を組み、赤壁で曹操軍を大敗させた。(南昌=新華社記者/周密)=2016(平成28)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071202502

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2016年07月13日
    三国志ゆかりの地、鄴城を訪ねて河北省臨漳県

    臨漳県の鄴城公園にある建安文学館。(2016年7月13日撮影)中国古代の都市、鄴城(ぎょうじょう)は、現在の河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県にあり、一部は漳河を隔てた河南省安陽(あんよう)市にもまたがっていた。魏晋南北朝時代に中原(黄河の中下流域の平原地帯)地域で最も栄えた大都市の一つとされる。後漢の建安9年(西暦204年)、同地を侵攻して袁紹(えんしょう)の残存勢力を破り、冀州牧(きしゅうぼく)に任じられた曹操(そう・そう)は、鄴を本拠地として河北を治め、後に丞相(じょうしょう、君主を補佐した最高位の官吏)、魏公、魏王に封じられた。当時、後漢の名目上の都は許(現在の河南省許昌市東部)であったが、実際の政治の中心は鄴城だった。臨漳県は近年、文化・観光産業を積極的に育成し、鄴城博物館や臨漳仏造像博物館(仏像を専門に展示する全国初の博物館)および建安文学館といった文化プロジェクトを構築して、県域文化・観光産業の全体的な実力を向上させてきた。2018年に同県を訪れた観光客は、延べ369万人に達した。(臨漳=新華社配信)=2016(平成28)年7月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070100779

  • 2016年07月24日
    曹操が政務を執った「曹丞相府」を訪ねて河南省許昌市

    河南省許昌市の曹丞相府にある蔵兵洞。(2016年7月24日撮影)「三国志」の英雄、曹操が漢の丞相(じょうしょう)として政務を執ったとされる場所が、河南省許昌市に「曹丞相府」として復元されている。三国時代の曹魏の覇業の礎となった屯田制や求賢令もこの地で生まれたとされる。史料によると、曹操は建安年間(196年~220年)、後漢の献帝を自らの本拠の許昌に迎え、河北平定後には丞相に任ぜられ、天子の威光をもって諸侯に命令を発した。臣下として最高の恩恵「九錫(きゅうしゃく)」を与えられ、魏王に封じられた。曹丞相府は市内魏武帝広場の東側に位置し、府門や求賢堂、議事堂、蔵兵洞など漢代の建築様式を模した復元建築群からなる。同市の三国文化観光地の重要な構成部分となっている。(鄭州=新華社記者/李安)=2016(平成28)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062800175

  • 2016年07月24日
    「関羽千里行」の起点、許昌の灞陵橋を訪ねて河南省

    許昌市の灞陵橋景勝地にある関羽が曹操に別れを告げる場面のレリーフ。(2016年7月24日撮影)中国河南省許昌市の市街地から西へ4キロの地点に「三国志」の英雄、関羽が旧主劉備の元へ帰参するにあたり曹操に別れを告げたとされる「灞陵橋(はりょうきょう)」がある。言い伝えでは、後漢の建安5年(200年)、曹操との戦に敗れ捕らわれた関羽は、曹操の本拠地の許昌で礼を持って厚遇されていたが、旧主を忘れず、その居場所が分かると、曹操から与えられた金品を封印し官印を門に掛け、劉備の元へ向かった。曹操は配下の武将を引き連れ灞陵橋まで追い掛け、酒を賜り袍(ほう、衣服)を贈ったが、関羽は計略を疑い、橋の上で馬に乗ったまま刀で袍を拾い上げ、礼を述べて立ち去った。「単騎千里を走り、五関に六将を斬る」と呼ばれる三国志で有名な「関羽の千里行」のエピソードは、この地から始まったとされる。(鄭州=新華社記者/李安)=2016(平成28)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070304550

  • 2016年07月24日
    「関羽千里行」の起点、許昌の灞陵橋を訪ねて河南省

    許昌市の灞陵橋景勝地の一角。(2016年7月24日撮影)中国河南省許昌市の市街地から西へ4キロの地点に「三国志」の英雄、関羽が旧主劉備の元へ帰参するにあたり曹操に別れを告げたとされる「灞陵橋(はりょうきょう)」がある。言い伝えでは、後漢の建安5年(200年)、曹操との戦に敗れ捕らわれた関羽は、曹操の本拠地の許昌で礼を持って厚遇されていたが、旧主を忘れず、その居場所が分かると、曹操から与えられた金品を封印し官印を門に掛け、劉備の元へ向かった。曹操は配下の武将を引き連れ灞陵橋まで追い掛け、酒を賜り袍(ほう、衣服)を贈ったが、関羽は計略を疑い、橋の上で馬に乗ったまま刀で袍を拾い上げ、礼を述べて立ち去った。「単騎千里を走り、五関に六将を斬る」と呼ばれる三国志で有名な「関羽の千里行」のエピソードは、この地から始まったとされる。(鄭州=新華社記者/李安)=2016(平成28)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070304610

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2016年07月24日
    関羽ゆかりの地、許昌春秋楼を訪ねて河南省

    許昌春秋楼の印楼。(2016年7月24日撮影)中国河南省許昌市にある春秋楼は、関羽が曹操との戦に敗れ、一時的にその軍門に下った後に住んでいたとされる建築群。元代以降に周辺の建物などが改めて整備され、春秋楼一帯の古い建築群からなる観光地「許昌春秋楼」は現在、同省の重点文物保護単位となっている。「三国志・蜀書」によると、建安5年(西暦200年)、劉備は攻め込んできた曹操に敗れて袁紹(えん・しょう)の元へ逃げたが、その際関羽は曹操の捕虜となってしまう。曹操は関羽を偏将軍に任命し、礼をもって厚くもてなしたという。言い伝えによると、関羽は下邳(かひ)で曹操に敗れた際、劉備の甘(かん)・糜(び)両夫人の安全を守るべく、曹魏の武将・張遼と三つの約束を交わし、一時的に曹操に降伏して許昌に身を委ねた。のちに曹操に豪邸を授かったが、関羽は人目をはばかり、家屋を二つに分けて両夫人を内院に住まわせ、自身は外院に住み、部屋でともしびの下で「春秋」を夜明けまで読みふけったという。「春秋楼」の名はそれに由来している。(鄭州=新華社記者/李安)=2016(平成28)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062601577

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2016年07月24日
    関羽ゆかりの地、許昌春秋楼を訪ねて河南省

    許昌春秋楼にある関聖殿の内部を見学する観光客。(2016年7月24日撮影)中国河南省許昌市にある春秋楼は、関羽が曹操との戦に敗れ、一時的にその軍門に下った後に住んでいたとされる建築群。元代以降に周辺の建物などが改めて整備され、春秋楼一帯の古い建築群からなる観光地「許昌春秋楼」は現在、同省の重点文物保護単位となっている。「三国志・蜀書」によると、建安5年(西暦200年)、劉備は攻め込んできた曹操に敗れて袁紹(えん・しょう)の元へ逃げたが、その際関羽は曹操の捕虜となってしまう。曹操は関羽を偏将軍に任命し、礼をもって厚くもてなしたという。言い伝えによると、関羽は下邳(かひ)で曹操に敗れた際、劉備の甘(かん)・糜(び)両夫人の安全を守るべく、曹魏の武将・張遼と三つの約束を交わし、一時的に曹操に降伏して許昌に身を委ねた。のちに曹操に豪邸を授かったが、関羽は人目をはばかり、家屋を二つに分けて両夫人を内院に住まわせ、自身は外院に住み、部屋でともしびの下で「春秋」を夜明けまで読みふけったという。「春秋楼」の名はそれに由来している。(鄭州=新華社記者/李安)=2016(平成28)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062601513

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2016年07月24日
    関羽ゆかりの地、許昌春秋楼を訪ねて河南省

    許昌春秋楼にある「春秋」を読む関羽の彫像。(2016年7月24日撮影)中国河南省許昌市にある春秋楼は、関羽が曹操との戦に敗れ、一時的にその軍門に下った後に住んでいたとされる建築群。元代以降に周辺の建物などが改めて整備され、春秋楼一帯の古い建築群からなる観光地「許昌春秋楼」は現在、同省の重点文物保護単位となっている。「三国志・蜀書」によると、建安5年(西暦200年)、劉備は攻め込んできた曹操に敗れて袁紹(えん・しょう)の元へ逃げたが、その際関羽は曹操の捕虜となってしまう。曹操は関羽を偏将軍に任命し、礼をもって厚くもてなしたという。言い伝えによると、関羽は下邳(かひ)で曹操に敗れた際、劉備の甘(かん)・糜(び)両夫人の安全を守るべく、曹魏の武将・張遼と三つの約束を交わし、一時的に曹操に降伏して許昌に身を委ねた。のちに曹操に豪邸を授かったが、関羽は人目をはばかり、家屋を二つに分けて両夫人を内院に住まわせ、自身は外院に住み、部屋でともしびの下で「春秋」を夜明けまで読みふけったという。「春秋楼」の名はそれに由来している。(鄭州=新華社記者/李安)=2016(平成28)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062601527

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2016年07月24日
    関羽ゆかりの地、許昌春秋楼を訪ねて河南省

    許昌春秋楼建築群の一角。(2016年7月24日撮影)中国河南省許昌市にある春秋楼は、関羽が曹操との戦に敗れ、一時的にその軍門に下った後に住んでいたとされる建築群。元代以降に周辺の建物などが改めて整備され、春秋楼一帯の古い建築群からなる観光地「許昌春秋楼」は現在、同省の重点文物保護単位となっている。「三国志・蜀書」によると、建安5年(西暦200年)、劉備は攻め込んできた曹操に敗れて袁紹(えん・しょう)の元へ逃げたが、その際関羽は曹操の捕虜となってしまう。曹操は関羽を偏将軍に任命し、礼をもって厚くもてなしたという。言い伝えによると、関羽は下邳(かひ)で曹操に敗れた際、劉備の甘(かん)・糜(び)両夫人の安全を守るべく、曹魏の武将・張遼と三つの約束を交わし、一時的に曹操に降伏して許昌に身を委ねた。のちに曹操に豪邸を授かったが、関羽は人目をはばかり、家屋を二つに分けて両夫人を内院に住まわせ、自身は外院に住み、部屋でともしびの下で「春秋」を夜明けまで読みふけったという。「春秋楼」の名はそれに由来している。(鄭州=新華社記者/李安)=2016(平成28)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062601528

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2016年07月24日
    関羽ゆかりの地、許昌春秋楼を訪ねて河南省

    許昌春秋楼の関聖殿にある関羽の彫像。(2016年7月24日撮影)中国河南省許昌市にある春秋楼は、関羽が曹操との戦に敗れ、一時的にその軍門に下った後に住んでいたとされる建築群。元代以降に周辺の建物などが改めて整備され、春秋楼一帯の古い建築群からなる観光地「許昌春秋楼」は現在、同省の重点文物保護単位となっている。「三国志・蜀書」によると、建安5年(西暦200年)、劉備は攻め込んできた曹操に敗れて袁紹(えん・しょう)の元へ逃げたが、その際関羽は曹操の捕虜となってしまう。曹操は関羽を偏将軍に任命し、礼をもって厚くもてなしたという。言い伝えによると、関羽は下邳(かひ)で曹操に敗れた際、劉備の甘(かん)・糜(び)両夫人の安全を守るべく、曹魏の武将・張遼と三つの約束を交わし、一時的に曹操に降伏して許昌に身を委ねた。のちに曹操に豪邸を授かったが、関羽は人目をはばかり、家屋を二つに分けて両夫人を内院に住まわせ、自身は外院に住み、部屋でともしびの下で「春秋」を夜明けまで読みふけったという。「春秋楼」の名はそれに由来している。(鄭州=新華社記者/李安)=2016(平成28)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062601489

  • 2016年07月24日
    曹操が政務を執った「曹丞相府」を訪ねて河南省許昌市

    河南省許昌市の曹丞相府の一角。(2016年7月24日撮影)「三国志」の英雄、曹操が漢の丞相(じょうしょう)として政務を執ったとされる場所が、河南省許昌市に「曹丞相府」として復元されている。三国時代の曹魏の覇業の礎となった屯田制や求賢令もこの地で生まれたとされる。史料によると、曹操は建安年間(196年~220年)、後漢の献帝を自らの本拠の許昌に迎え、河北平定後には丞相に任ぜられ、天子の威光をもって諸侯に命令を発した。臣下として最高の恩恵「九錫(きゅうしゃく)」を与えられ、魏王に封じられた。曹丞相府は市内魏武帝広場の東側に位置し、府門や求賢堂、議事堂、蔵兵洞など漢代の建築様式を模した復元建築群からなる。同市の三国文化観光地の重要な構成部分となっている。(鄭州=新華社記者/李安)=2016(平成28)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062800123

  • 2016年07月24日
    曹操が政務を執った「曹丞相府」を訪ねて河南省許昌市

    河南省許昌市の曹丞相府の一角。(2016年7月24日撮影)「三国志」の英雄、曹操が漢の丞相(じょうしょう)として政務を執ったとされる場所が、河南省許昌市に「曹丞相府」として復元されている。三国時代の曹魏の覇業の礎となった屯田制や求賢令もこの地で生まれたとされる。史料によると、曹操は建安年間(196年~220年)、後漢の献帝を自らの本拠の許昌に迎え、河北平定後には丞相に任ぜられ、天子の威光をもって諸侯に命令を発した。臣下として最高の恩恵「九錫(きゅうしゃく)」を与えられ、魏王に封じられた。曹丞相府は市内魏武帝広場の東側に位置し、府門や求賢堂、議事堂、蔵兵洞など漢代の建築様式を模した復元建築群からなる。同市の三国文化観光地の重要な構成部分となっている。(鄭州=新華社記者/李安)=2016(平成28)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062800142

  • 2016年07月24日
    「関羽千里行」の起点、許昌の灞陵橋を訪ねて河南省

    許昌市の灞陵橋景勝地に立つ関羽の像。(2016年7月24日撮影)中国河南省許昌市の市街地から西へ4キロの地点に「三国志」の英雄、関羽が旧主劉備の元へ帰参するにあたり曹操に別れを告げたとされる「灞陵橋(はりょうきょう)」がある。言い伝えでは、後漢の建安5年(200年)、曹操との戦に敗れ捕らわれた関羽は、曹操の本拠地の許昌で礼を持って厚遇されていたが、旧主を忘れず、その居場所が分かると、曹操から与えられた金品を封印し官印を門に掛け、劉備の元へ向かった。曹操は配下の武将を引き連れ灞陵橋まで追い掛け、酒を賜り袍(ほう、衣服)を贈ったが、関羽は計略を疑い、橋の上で馬に乗ったまま刀で袍を拾い上げ、礼を述べて立ち去った。「単騎千里を走り、五関に六将を斬る」と呼ばれる三国志で有名な「関羽の千里行」のエピソードは、この地から始まったとされる。(鄭州=新華社記者/李安)=2016(平成28)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070304571

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2016年07月24日
    関羽ゆかりの地、許昌春秋楼を訪ねて河南省

    春秋楼。(2016年7月24日撮影)中国河南省許昌市にある春秋楼は、関羽が曹操との戦に敗れ、一時的にその軍門に下った後に住んでいたとされる建築群。元代以降に周辺の建物などが改めて整備され、春秋楼一帯の古い建築群からなる観光地「許昌春秋楼」は現在、同省の重点文物保護単位となっている。「三国志・蜀書」によると、建安5年(西暦200年)、劉備は攻め込んできた曹操に敗れて袁紹(えん・しょう)の元へ逃げたが、その際関羽は曹操の捕虜となってしまう。曹操は関羽を偏将軍に任命し、礼をもって厚くもてなしたという。言い伝えによると、関羽は下邳(かひ)で曹操に敗れた際、劉備の甘(かん)・糜(び)両夫人の安全を守るべく、曹魏の武将・張遼と三つの約束を交わし、一時的に曹操に降伏して許昌に身を委ねた。のちに曹操に豪邸を授かったが、関羽は人目をはばかり、家屋を二つに分けて両夫人を内院に住まわせ、自身は外院に住み、部屋でともしびの下で「春秋」を夜明けまで読みふけったという。「春秋楼」の名はそれに由来している。(鄭州=新華社記者/李安)=2016(平成28)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062601554

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2016年07月24日
    関羽ゆかりの地、許昌春秋楼を訪ねて河南省

    許昌春秋楼にある「春秋」を読む関羽の彫像。(2016年7月24日撮影)中国河南省許昌市にある春秋楼は、関羽が曹操との戦に敗れ、一時的にその軍門に下った後に住んでいたとされる建築群。元代以降に周辺の建物などが改めて整備され、春秋楼一帯の古い建築群からなる観光地「許昌春秋楼」は現在、同省の重点文物保護単位となっている。「三国志・蜀書」によると、建安5年(西暦200年)、劉備は攻め込んできた曹操に敗れて袁紹(えん・しょう)の元へ逃げたが、その際関羽は曹操の捕虜となってしまう。曹操は関羽を偏将軍に任命し、礼をもって厚くもてなしたという。言い伝えによると、関羽は下邳(かひ)で曹操に敗れた際、劉備の甘(かん)・糜(び)両夫人の安全を守るべく、曹魏の武将・張遼と三つの約束を交わし、一時的に曹操に降伏して許昌に身を委ねた。のちに曹操に豪邸を授かったが、関羽は人目をはばかり、家屋を二つに分けて両夫人を内院に住まわせ、自身は外院に住み、部屋でともしびの下で「春秋」を夜明けまで読みふけったという。「春秋楼」の名はそれに由来している。(鄭州=新華社記者/李安)=2016(平成28)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062601561

  • 1
  • 2
  • 3