KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • あざ
  • 三男
  • 作品
  • 南東
  • 史料
  • 太和
  • 平成
  • 建安文学
  • 影響
  • 後漢

「曹植」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
14
( 1 14 件を表示)
  • 1
14
( 1 14 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2011年07月14日
    三国志随一の文才、曹植の墓を訪ねて山東省東阿県

    魚山曹植墓風景区の神道(参道)。奥に見えるのが曹植墓。(2011年7月14日撮影)「三国志」の英雄曹操の三男、曹植(そう・しょく)の墓は、山東省聊城(りょうじょう)市東阿(とうあ)県の県城(県政府所在地)から南東20キロ、黄河北岸の魚山(ぎょさん)にあり、現在は魚山曹植墓風景区となっている。史料によれば、墓の造営は魏の太和七年(233年)3月。その後も修繕が繰り返された。曹植は字(あざな)を子建といい、中国古代の著名な政治家としてだけでなく、後漢の建安文学を代表する文学者としても知られ、その作品は後世に多大な影響を与えた。(済南=新華社配信/魚山曹植墓風景区管理処提供)=2011(平成23)年7月14日、クレジット:魚山曹植墓風景区管理処/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019080211167

  • 2014年06月02日
    三国志随一の文才、曹植の墓を訪ねて山東省東阿県

    魚山曹植墓風景区の「聞梵処」。曹植が仏教音楽を聞いた場所とされる。(2014年6月2日撮影)「三国志」の英雄曹操の三男、曹植(そう・しょく)の墓は、山東省聊城(りょうじょう)市東阿(とうあ)県の県城(県政府所在地)から南東20キロ、黄河北岸の魚山(ぎょさん)にあり、現在は魚山曹植墓風景区となっている。史料によれば、墓の造営は魏の太和七年(233年)3月。その後も修繕が繰り返された。曹植は字(あざな)を子建といい、中国古代の著名な政治家としてだけでなく、後漢の建安文学を代表する文学者としても知られ、その作品は後世に多大な影響を与えた。(済南=新華社配信/魚山曹植墓風景区管理処提供)=2014(平成26)年6月2日、クレジット:魚山曹植墓風景区管理処/新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

    商品コード: 2019080211161

  • 2014年06月02日
    三国志随一の文才、曹植の墓を訪ねて山東省東阿県

    魚山曹植墓風景区の「梵音洞」。「聞梵処」の下にあり、曹植が聞いた音楽はこの洞窟から聞こえたものだとされる。(2014年6月2日撮影)「三国志」の英雄曹操の三男、曹植(そう・しょく)の墓は、山東省聊城(りょうじょう)市東阿(とうあ)県の県城(県政府所在地)から南東20キロ、黄河北岸の魚山(ぎょさん)にあり、現在は魚山曹植墓風景区となっている。史料によれば、墓の造営は魏の太和七年(233年)3月。その後も修繕が繰り返された。曹植は字(あざな)を子建といい、中国古代の著名な政治家としてだけでなく、後漢の建安文学を代表する文学者としても知られ、その作品は後世に多大な影響を与えた。(済南=新華社配信/魚山曹植墓風景区管理処提供)=2014(平成26)年6月2日、クレジット:魚山曹植墓風景区管理処/新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

    商品コード: 2019080211170

  • 2015年07月16日
    三国志随一の文才、曹植の墓を訪ねて山東省東阿県

    魚山曹植墓風景区の全景。(2015年7月16日撮影)「三国志」の英雄曹操の三男、曹植(そう・しょく)の墓は、山東省聊城(りょうじょう)市東阿(とうあ)県の県城(県政府所在地)から南東20キロ、黄河北岸の魚山(ぎょさん)にあり、現在は魚山曹植墓風景区となっている。史料によれば、墓の造営は魏の太和七年(233年)3月。その後も修繕が繰り返された。曹植は字(あざな)を子建といい、中国古代の著名な政治家としてだけでなく、後漢の建安文学を代表する文学者としても知られ、その作品は後世に多大な影響を与えた。(済南=新華社配信/魚山曹植墓風景区管理処提供)=2015(平成27)年7月16日、クレジット:魚山曹植墓風景区管理処/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019080211179

  • 2016年03月25日
    三国志随一の文才、曹植の墓を訪ねて山東省東阿県

    「曹子建墓記念館」に展示されている曹植の有名な詩「白馬篇」。(2016年3月25日撮影)「三国志」の英雄曹操の三男、曹植(そう・しょく)の墓は、山東省聊城(りょうじょう)市東阿(とうあ)県の県城(県政府所在地)から南東20キロ、黄河北岸の魚山(ぎょさん)にあり、現在は魚山曹植墓風景区となっている。史料によれば、墓の造営は魏の太和七年(233年)3月。その後も修繕が繰り返された。曹植は字(あざな)を子建といい、中国古代の著名な政治家としてだけでなく、後漢の建安文学を代表する文学者としても知られ、その作品は後世に多大な影響を与えた。(済南=新華社配信/魚山曹植墓風景区管理処提供)=2016(平成28)年3月25日、クレジット:魚山曹植墓風景区管理処/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019080211145

  • 2016年03月25日
    三国志随一の文才、曹植の墓を訪ねて山東省東阿県

    曹子建墓記念館に展示されている日本の僧が魚山を参拝した時の写真。曹植は中国の仏教界で梵唄(ぼんばい、仏教声楽)の祖とされ、日本でも日本の仏教音楽の始祖として敬われている。日本には魚山と名付けられた山もある。(2016年3月25日撮影)「三国志」の英雄曹操の三男、曹植(そう・しょく)の墓は、山東省聊城(りょうじょう)市東阿(とうあ)県の県城(県政府所在地)から南東20キロ、黄河北岸の魚山(ぎょさん)にあり、現在は魚山曹植墓風景区となっている。史料によれば、墓の造営は魏の太和七年(233年)3月。その後も修繕が繰り返された。曹植は字(あざな)を子建といい、中国古代の著名な政治家としてだけでなく、後漢の建安文学を代表する文学者としても知られ、その作品は後世に多大な影響を与えた。(済南=新華社配信/魚山曹植墓風景区管理処提供)=2016(平成28)年3月25日、クレジット:魚山曹植墓風景区管理処/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019080211189

  • 2016年10月17日
    三国志随一の文才、曹植の墓を訪ねて山東省東阿県

    魚山曹植墓風景区の神道に立つ石柱。「魏故陳思王曹君之神道」と刻字されている。(2016年10月17日撮影)「三国志」の英雄曹操の三男、曹植(そう・しょく)の墓は、山東省聊城(りょうじょう)市東阿(とうあ)県の県城(県政府所在地)から南東20キロ、黄河北岸の魚山(ぎょさん)にあり、現在は魚山曹植墓風景区となっている。史料によれば、墓の造営は魏の太和七年(233年)3月。その後も修繕が繰り返された。曹植は字(あざな)を子建といい、中国古代の著名な政治家としてだけでなく、後漢の建安文学を代表する文学者としても知られ、その作品は後世に多大な影響を与えた。(済南=新華社配信/魚山曹植墓風景区管理処提供)=2016(平成28)年10月17日、クレジット:魚山曹植墓風景区管理処/新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

    商品コード: 2019080211207

  • 2016年10月17日
    三国志随一の文才、曹植の墓を訪ねて山東省東阿県

    魚山曹植墓風景区の「子建祠」内にある「曹子建墓記念館」。(2016年10月17日)「三国志」の英雄曹操の三男、曹植(そう・しょく)の墓は、山東省聊城(りょうじょう)市東阿(とうあ)県の県城(県政府所在地)から南東20キロ、黄河北岸の魚山(ぎょさん)にあり、現在は魚山曹植墓風景区となっている。史料によれば、墓の造営は魏の太和七年(233年)3月。その後も修繕が繰り返された。曹植は字(あざな)を子建といい、中国古代の著名な政治家としてだけでなく、後漢の建安文学を代表する文学者としても知られ、その作品は後世に多大な影響を与えた。(済南=新華社配信/魚山曹植墓風景区管理処提供)=2016(平成28)年10月17日、クレジット:魚山曹植墓風景区管理処/新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

    商品コード: 2019080211178

  • 2016年10月17日
    三国志随一の文才、曹植の墓を訪ねて山東省東阿県

    魚山曹植墓風景区の「曹子建墓記念館」にある曹植の座像。後ろには有名な「七歩の詩」が書かれている。(2016年10月17日撮影)「三国志」の英雄曹操の三男、曹植(そう・しょく)の墓は、山東省聊城(りょうじょう)市東阿(とうあ)県の県城(県政府所在地)から南東20キロ、黄河北岸の魚山(ぎょさん)にあり、現在は魚山曹植墓風景区となっている。史料によれば、墓の造営は魏の太和七年(233年)3月。その後も修繕が繰り返された。曹植は字(あざな)を子建といい、中国古代の著名な政治家としてだけでなく、後漢の建安文学を代表する文学者としても知られ、その作品は後世に多大な影響を与えた。(済南=新華社配信/魚山曹植墓風景区管理処提供)=2016(平成28)年10月17日、クレジット:魚山曹植墓風景区管理処/新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

    商品コード: 2019080211209

  • 2016年10月17日
    三国志随一の文才、曹植の墓を訪ねて山東省東阿県

    魚山曹植墓風景区の曹植墓の前に設置された石碑。「曹植墓は三国時代・魏の太和7年(233年)3月の造営。1996年11月に国務院から第4期国家級重点文化財保護単位に登録」と書かれている。(2016年10月17日撮影)「三国志」の英雄曹操の三男、曹植(そう・しょく)の墓は、山東省聊城(りょうじょう)市東阿(とうあ)県の県城(県政府所在地)から南東20キロ、黄河北岸の魚山(ぎょさん)にあり、現在は魚山曹植墓風景区となっている。史料によれば、墓の造営は魏の太和七年(233年)3月。その後も修繕が繰り返された。曹植は字(あざな)を子建といい、中国古代の著名な政治家としてだけでなく、後漢の建安文学を代表する文学者としても知られ、その作品は後世に多大な影響を与えた。(済南=新華社配信/魚山曹植墓風景区管理処提供)=2016(平成28)年10月17日、クレジット:魚山曹植墓風景区管理処/新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

    商品コード: 2019080211185

  • 2016年10月17日
    三国志随一の文才、曹植の墓を訪ねて山東省東阿県

    魚山曹植墓風景区の「子建祠」正門。(2016年10月17日撮影)「三国志」の英雄曹操の三男、曹植(そう・しょく)の墓は、山東省聊城(りょうじょう)市東阿(とうあ)県の県城(県政府所在地)から南東20キロ、黄河北岸の魚山(ぎょさん)にあり、現在は魚山曹植墓風景区となっている。史料によれば、墓の造営は魏の太和七年(233年)3月。その後も修繕が繰り返された。曹植は字(あざな)を子建といい、中国古代の著名な政治家としてだけでなく、後漢の建安文学を代表する文学者としても知られ、その作品は後世に多大な影響を与えた。(済南=新華社配信/魚山曹植墓風景区管理処提供)=2016(平成28)年10月17日、クレジット:魚山曹植墓風景区管理処/新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

    商品コード: 2019080211212

  • 2016年10月17日
    三国志随一の文才、曹植の墓を訪ねて山東省東阿県

    魚山曹植墓風景区の曹植墓の前に立つもう一つの石碑。「魏陳思王曹子建墓」と書かれている。(2016年10月17日撮影)「三国志」の英雄曹操の三男、曹植(そう・しょく)の墓は、山東省聊城(りょうじょう)市東阿(とうあ)県の県城(県政府所在地)から南東20キロ、黄河北岸の魚山(ぎょさん)にあり、現在は魚山曹植墓風景区となっている。史料によれば、墓の造営は魏の太和七年(233年)3月。その後も修繕が繰り返された。曹植は字(あざな)を子建といい、中国古代の著名な政治家としてだけでなく、後漢の建安文学を代表する文学者としても知られ、その作品は後世に多大な影響を与えた。(済南=新華社配信/魚山曹植墓風景区管理処提供)=2016(平成28)年10月17日、クレジット:魚山曹植墓風景区管理処/新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

    商品コード: 2019080211142

  • 2019年04月20日
    三国志随一の文才、曹植の墓を訪ねて山東省東阿県

    魚山曹植墓風景区の「子建祠」正門。(2019年4月20日撮影)「三国志」の英雄曹操の三男、曹植(そう・しょく)の墓は、山東省聊城(りょうじょう)市東阿(とうあ)県の県城(県政府所在地)から南東20キロ、黄河北岸の魚山(ぎょさん)にあり、現在は魚山曹植墓風景区となっている。史料によれば、墓の造営は魏の太和七年(233年)3月。その後も修繕が繰り返された。曹植は字(あざな)を子建といい、中国古代の著名な政治家としてだけでなく、後漢の建安文学を代表する文学者としても知られ、その作品は後世に多大な影響を与えた。(済南=新華社配信/魚山曹植墓風景区管理処提供)=2019(平成31)年4月20日、クレジット:魚山曹植墓風景区管理処/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019080211217

  • 2019年04月20日
    三国志随一の文才、曹植の墓を訪ねて山東省東阿県

    魚山曹植墓風景区の「羊茂台」。言い伝えによれば、曹植が読書をした場所と伝えられており「曹植の読書台」とも呼ばれる。(2019年4月20日撮影)「三国志」の英雄曹操の三男、曹植(そう・しょく)の墓は、山東省聊城(りょうじょう)市東阿(とうあ)県の県城(県政府所在地)から南東20キロ、黄河北岸の魚山(ぎょさん)にあり、現在は魚山曹植墓風景区となっている。史料によれば、墓の造営は魏の太和七年(233年)3月。その後も修繕が繰り返された。曹植は字(あざな)を子建といい、中国古代の著名な政治家としてだけでなく、後漢の建安文学を代表する文学者としても知られ、その作品は後世に多大な影響を与えた。(済南=新華社配信/魚山曹植墓風景区管理処提供)=2019(平成31)年4月20日、クレジット:魚山曹植墓風景区管理処/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019080211218

  • 1