KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 昭和
  • 握手
  • 中央
  • 中曽根弘文
  • 永田町
  • ホテル
  • 委員長
  • 発足
  • 出席
  • 日本

「曾根」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
4,333
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
4,333
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • -
    対岸から見た長崎港パノラマ(3枚組)

    大波止から新地、大浦海岸通り、松ヶ枝橋、南山手、小曽根、浪の平、古河町に至る3枚綴りのパノラマ写真。中島川変流工事が終わり、新大橋、梅香崎橋、松ヶ枝橋がすでに架設されているので、明治20年(1887)代後半の撮影。1枚目は、左側に海から見た出島の全景、中央に新大橋、新地と続き、梅香崎まで。2枚目は、梅香崎から南山手ロシア領事館付近まで。居留地の中心部が写されている。3枚目は、南山手居留地中心部から南端を越え、古河町まで。南山手居留地の南端が写されている。=撮影年月日不明、長崎、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号107‐1‐0]

    商品コード: 2017081502037

  • -
    長崎港と浪の平南山手

    南山手の琴平神社から居留地の南端と浪の平を展望する。右手前の大きな建物は、明治20年(1887) 尋常小曽根小学校の校舎を鍋冠山麓に新築し、改称した尋常鎮鼎小学校(後の浪平小学校)。玄関には先生らしき人が立ち、校庭には男女の生徒が見える。右手、丘の上の「ヨンゴ松」の直下はグラバー邸。明治20年代中頃。=撮影年月日不明、長崎、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号73‐24‐0]

    商品コード: 2017082400574

  • -
    南山手の洋館群

    マリア学園付近から見た南山手の洋館群。右手の白い建物はロシア領事館、右上には「よんご松」とグラバー邸が見える。中央左の高台の屋敷はシャーマン・ピナニール邸で、眼下に小曽根町が広がっている。=撮影年月日不明、長崎、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号73‐25‐0]

    商品コード: 2017082800600

  • -
    対岸から見た長崎港パノラマ(3枚組)

    大波止から新地、大浦海岸通り、松ヶ枝橋、南山手、小曽根、浪の平、古河町に至る3枚綴りのパノラマ写真。中島川変流工事が終わり、新大橋、梅香崎橋、松ヶ枝橋がすでに架設されているので、明治20年(1887)代後半の撮影。1枚目は、左側に海から見た出島の全景、中央に新大橋、新地と続き、梅香崎まで。2枚目は、梅香崎から南山手ロシア領事館付近まで。居留地の中心部が写されている。3枚目は、南山手居留地中心部から南端を越え、古河町まで。南山手居留地の南端が写されている。=撮影年月日不明、長崎、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号107‐1‐0]

    商品コード: 2017081501922

  • -
    対岸から見た長崎港パノラマ(3枚組)

    大波止から新地、大浦海岸通り、松ヶ枝橋、南山手、小曽根、浪の平、古河町に至る3枚綴りのパノラマ写真。中島川変流工事が終わり、新大橋、梅香崎橋、松ヶ枝橋がすでに架設されているので、明治20年(1887)代後半の撮影。1枚目は、左側に海から見た出島の全景、中央に新大橋、新地と続き、梅香崎まで。2枚目は、梅香崎から南山手ロシア領事館付近まで。居留地の中心部が写されている。3枚目は、南山手居留地中心部から南端を越え、古河町まで。南山手居留地の南端が写されている。=撮影年月日不明、長崎、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号107‐1‐0]

    商品コード: 2017081501933

  • -
    長崎港と浪の平南山手

    南山手外国人居留地の南の端付近から長崎市街地方向を望む。写真右の建物は、明治20年(1887) 7月、尋常小曾根小学校を改称した尋常鎮鼎小学校。学校の裏手から山麓一帯が南山手外国人居留地。左側の町並みは手前から古河町、浪の平町。写真中央の工場付近が小曾根町の三菱炭鉱社と麦粉会社。居留地末期の明治30年(1897)頃。=撮影年月日不明、長崎、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号105‐45‐0]

    商品コード: 2017081501939

  • -
    浪の平と長崎港

    南山手外国人居留地の南端にある金刀比羅神社の高台から浪の平越しに長崎市街地を望む。右の空き地の居留地境には、明治20年(1887)7月に建つ尋常鎮鼎小学校はまだない。左側の古河町と浪の平町の海岸には中小の造船所が見える。上の工場付近は小曾根町の三菱炭坑社となる。=1874(明治7)年頃、長崎、撮影者:上野彦馬?、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号118‐2‐0]

    商品コード: 2017081601014

  • -
    甲府の市街地

    山梨県甲府市所在の甲府城から南側に広がる市街地を撮影した写真。手前に写る洋風の建物群は明治9年(1876)に山梨県令藤村紫朗が甲府城内に設置した勧業試験場のうち、鍛冶曲輪に建設されたブドウ酒醸造に係る建物群であることから、撮影時期は明治初期と考えられる。写真奥には甲府盆地南端の曽根丘陵および御坂山塊が見え、写真左奥には富士山を望む。=撮影年月日不明、甲府、撮影者:A.ファサリ、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号82‐46‐0]

    商品コード: 2017081401501

  • -
    飽の浦からの汽船と南山手

    飽の浦から長崎港と対岸の南山手を望む写真である。対岸の海岸側は浪の平町、小曽根町、松ケ 枝町である。鍋冠山の下腹にはロシア領事館等の洋館が見える。左の団平船による艦船への石炭積み込み風景は珍しい映像である。=明治中期、長崎、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号21‐12‐0]

    商品コード: 2017080201888

  • -
    北の新地

    いわゆる北新地は、元禄年間の堂島川改修をそもそものはじまりとする。明治45年曾根崎川の埋め立てによって現在の地形になるまでは、商業地の堂島新地と遊所の曾根崎新地に二分されていた。=撮影年月日不明、大阪、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号23‐18‐0]

    商品コード: 2017080400500

  • 1931年09月07日
    日本電報通信社資料

    奉天-東京間2000マイルマラソン。8月10日に奉天を出発、29日目で大阪に着いた日大の曽根茂(右)と国沢利明の両選手=1931(昭和6)年9月7日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 1931090700003

  • 1931年09月16日
    日本電報通信社資料

    奉天-東京間2000マイルマラソンを完走し、花束を手にする日大の曽根茂(右)、国沢利明の両選手=1931(昭和6)年9月16日、宮城前広場(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 1931091600001

  • 1931年09月17日
    日本電報通信社資料

    奉天-東京間2000マイルマラソン。大阪に着き大阪府庁を訪問した日大の曽根茂(右)と国沢利明の両選手=1931(昭和6)年9月7日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 1931091700004

  • 1947年04月04日
    (なかそね・やすひろ) 中曽根康弘

    首相、通産相、運輸相、防衛庁長官、自民党・党総務会長、群馬3区、科学技術庁長官、原子力委員長、行管庁長官=1947(昭和22)年4月4日

    商品コード: 2003112600101

  • 1949年11月25日
    (なかそね・やすひろ) 中曽根康弘

    首相、通産相、運輸相、防衛庁長官、自民党・党総務会長、群馬3区、科学技術庁長官、原子力委員長、行管庁長官、1949(昭和24)年11月25日撮影

    商品コード: 2005101500063

  • 1951年02月04日
    日共機関紙「平和のこえ」手入れ

    スタンド「永楽」の捜索=1951(昭和26)年2月4日、大阪市北区曽根崎(26年内地378)

    商品コード: 2013041600337

  • 1952年01月31日
    吉田首相防衛隊新設を明言

    衆院予算委で中曽根氏(民主)の質問に答える吉田首相=1952(昭和27)年1月31日(吉田茂)(27年内地308)

    商品コード: 2007011800193

  • 1952年05月31日
    バークホワイト女史来日

    大阪・曽根崎署で取材中のライフ誌のカメラマン、マーガレット・バークホワイト女史(中央)=1952(昭和27)年5月30日(27年内地・大阪)

    商品コード: 2013020800410

  • 1952年06月26日
    (なかそね・やすひろ) 中曽根康弘

    衆議院議員=1952(昭和27)年6月26日撮影

    商品コード: 1952062600013

  • 1952年11月28日
    池田通産相不信任

    池田通産相不信任の声明文を作成する(左から)石田、中曽根、井出、早川、小川の各改進党議員=1952(昭和27)年11月(27年内地3094)

    商品コード: 2013020800311

  • 1953年01月01日
    53年スポーツの花

    リングで練習する曽根康治選手=1953(昭和28)年1月1日掲載用 12月20日出稿(28年内地036)

    商品コード: 2012100200048

  • 1959年06月18日
    (なかそね・やすひろ) 中曽根康弘

    第2次岸内閣で初入閣し、支度をする中曽根康弘氏。右は蔦子夫人=1959(昭和34)年6月18日(科学技術庁長官、原子力委員長)

    商品コード: 1959061800015

  • 1959年09月25日
    中曽根長官会見

    大阪商工会議所で語る中曽根康弘科学技術庁長官=1959(昭和34)年9月25日撮影、大阪市中央区(34年内地6974)

    商品コード: 2004111700080

  • 1959年12月12日
    (なかそね・やすひろ) 中曽根康弘

    記者会見、1959(昭和34)年12月12日撮影

    商品コード: 1959121200006

  • 1960年04月20日
    (なかそね・やすひろ) 中曽根康弘

    政治家、1960(昭和35)年4月20日撮影

    商品コード: 1960042000007

  • 1960年11月07日
    (なかそね・やすひろ) 中曽根康弘

    和服姿でインタビューに答える=1960年11月7日整理

    商品コード: 1960110700006

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1961年10月21日
    巡査刺殺、短銃を奪う

    巡査が刺されて短銃が奪われた大阪市北区曽根崎の現場=1961(昭和36)年10月21日(36年内地5176)

    商品コード: 2011121200058

  • 1961年10月25日
    (なかそね・やすひろ) 中曽根康弘

    政治家、インタビューに答える=1961(昭和36)年10月25日

    商品コード: 1961102500001

  • 1962年09月18日
    北九州市 曽根飛行場(北九州空港)

    小倉空港(曽根飛行場)=1962(昭和37)年9月18日(本社機から)、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ (空撮)

    商品コード: 2016121500450

  • 1962年09月18日
    北九州市 北九州市市制施行

    新しく誕生する北九州市を祝って「祝合併」の人文字=1962(昭和37)年9月18日、曽根中学校(本社機から)、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2016112800245

  • 1962年09月18日
    北九州市 曽根飛行場(北九州空港)

    小倉空港(曽根飛行場)=1962(昭和37)年9月18日(本社機から)、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2016112800486

  • 1962年09月18日
    北九州市 北九州市市制施行

    新しく誕生する北九州市を祝って「祝合併」の人文字=1962(昭和37)年9月18日、曽根中学校(本社機から)、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2016112800487

  • 1963年12月19日
    (なかそね・やすひろ) 中曽根康弘

    衆院議員、自民、1963(昭和38)年12月19日撮影

    商品コード: 1963121900003

  • 1964年06月27日
    (なかそね・やすひろ) 中曽根康弘

    衆院議員、自民、1964(昭和39)年6月27日撮影

    商品コード: 1964062700003

  • 1964年09月24日
    (そね・こうじ) 曽根康治

    柔道、富士製鉄勤務、全日本柔道連盟強化委員=1964(昭和39)年9月24日出稿

    商品コード: 2006121400144

  • 1964年12月12日
    北九州市 曽根飛行場(北九州空港)

    曽根飛行場=1964(昭和39)年12月12日、北九州市(本社機から)、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ (空撮)

    商品コード: 2016121500457

  • 1964年12月12日
    北九州市 曽根飛行場(北九州空港)

    曽根飛行場(小倉空港)=1964(昭和39)年12月12日、北九州・曽根(本社機から)、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ (空撮)

    商品コード: 2016121500495

  • 1965年01月27日
    (なかそね・やすひろ) 中曽根康弘

    インタビューに答える中曽根康弘氏=1965(昭和40)年1月27日、中曽根事務所

    商品コード: 1965012700009

  • 1965年10月07日
    (そね・こうじ) 曽根康治

    柔道選手、富士製鉄勤務、全日本柔道連盟強化委員、第4回世界柔道選手権大会監督=1965(昭和40)年9月25日撮影

    商品コード: 2006090700030

  • 1967年08月24日
    盗んだスポーツカーで大阪へ 日米フーテン族捕まる

    日米「フーテン族」が盗んだスポーツカー=1967(昭和42)年8月24日、大阪・曽根崎署

    商品コード: 2011051000132

  • 1967年11月25日
    佐藤改造内閣記念写真

    前列左から倉石忠雄農相、三木武夫外相、佐藤栄作首相、増田甲子七防衛庁長官、(2列目)保利茂建設相、中曽根康弘運輸相、(3列目)灘尾弘吉文相、水田三喜男蔵相、小林武治郵政相、椎名悦三郎通産相、赤沢正道自治相、(4列目)園田直厚相、木村武雄国務大臣、(5列目)田中龍夫総理府総務長官、小川平二労相、木村俊夫官房長官、宮沢喜一経企庁長官、(6列目)鍋島直紹科技庁長官、高辻正己法制局長官、赤間文三法相、(7列目)石岡實官房副長官、亀岡高夫官房副長官=1967(昭和42)年11月25日、首相官邸

    商品コード: 2011060700313

  • 1967年12月01日
    (なかそね・やすひろ) 中曽根康弘

    自民党、群馬3区、首相、通産相、運輸相、防衛庁長官、党総務会長、科学技術庁長官、原子力委員長、行管庁長官=1967(昭和42)年11月21日撮影

    商品コード: 1967120100013

  • 1967年12月01日
    (なかそね・やすひろ) 中曽根康弘

    首相、通産相、運輸相、防衛庁長官、自民党総務会長、群馬3区、科学技術庁長官、原子力委員長、行管庁長官=1967(昭和42)年11月21日撮影

    商品コード: 2006041000064

  • 1967年12月15日
    (なかそね・やすひろ) 中曽根康弘

    政治家座談会にて、1967(昭和42)年12月15日撮影

    商品コード: 1967121500010

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1968年02月24日
    値上げ反対で岩井局長陳情

    岩井章総評事務局長(中央)からの運賃値上げ反対の陳情書を見る中曽根康弘運輸相=1968(昭和43)年2月24日、国会・政府委員室

    商品コード: 1968022400001

  • 1968年05月08日
    国鉄財政再建推進会議

    あいさつする中曽根康弘運輸相。右は宮沢喜一企画庁長官、左は石田礼助国鉄総裁=1968(昭和43)年5月8日、東京都千代田区のホテルニューオータニ

    商品コード: 1968050800004

  • 1968年05月24日
    運輸相、日通社長に勧告書

    沢村貴義日通社長(中央)に勧告書を読み上げる中曽根康弘運輸相=1968(昭和43)年5月24日、運輸省

    商品コード: 1968052400006

  • 1968年05月24日
    運輸相、日通社長に勧告書

    沢村貴義日通社長(右)に勧告書を手渡す中曽根康弘運輸相=1968(昭和43)年5月24日、運輸省

    商品コード: 1968052400007

  • 1968年08月07日
    (なかそね・やすひろ) 中曽根康弘

    庭の植木に水をやる中曽根康弘運輸相=1968(昭和43)年8月7日、東京都豊島区の自宅

    商品コード: 1968080700002

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1968年08月26日
    参院公害交通特別委

    飛騨川バス転落事故で答弁する中曽根康弘運輸相=1968(昭和43)年8月26日、国会

    商品コード: 1968082600002

  • 1968年10月01日
    文教関係閣僚懇談会

    大学問題について対策を協議する(左から)木村俊夫官房長官、鍋島直紹科学技術庁長官、赤沢正道自治相、木村武雄行政管理庁長官、中曽根康弘運輸相、赤間文三法相=1968(昭和43)年10月1日、首相官邸

    商品コード: 2011061700128

  • 1968年11月01日
    北九州市 曽根飛行場(北九州空港)

    曽根飛行場(小倉空港)=1968(昭和43)年11月、北九州・曽根(本社機から)、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ (空撮)

    商品コード: 2016121500145

  • 1969年04月08日
    (なかそね・やすひろ) 中曽根康弘

    首相、通産相、運輸相、防衛庁長官、自民党総務会長、群馬3区、科学技術庁長官、原子力委員長、行管庁長官=1969(昭和44)年4月8日撮影

    商品コード: 2007062500055

  • 1969年04月25日
    (なかそね・やすひろ) 中曽根康弘

    インタビューに答える中曽根康弘氏=1969(昭和44)年4月25日

    商品コード: 1969042500014

  • 1969年11月26日
    (いぶか・まさる) 井深大

    ソニー社長、中曽根康弘、衛藤審吉、飛鳥田一雄との座談会、1969(昭和44)年11月26日撮影、都内のホテルにて

    商品コード: 1969112600006

  • 1969年11月26日
    (なかそね・やすひろ) 中曽根康弘

    井深大、衛藤審吉、飛鳥田一雄との座談会=1969(昭和44)年11月26日、東京・ホテルオークラ

    商品コード: 1969112600011

  • 1970年01月14日
    第三次佐藤内閣発足

    初閣議後の記念撮影に笑顔の佐藤首相、左は中曽根防衛庁長官=1970(昭和45)年1月14日 首相官邸

    商品コード: 2010122100416

  • 1970年01月14日
    第三次佐藤内閣発足

    初閣議を終え記念撮影をする第三次佐藤内閣の閣僚 最前列左から福田蔵相、佐藤首相、保利官房長官、2列目左から坂田文相、中曽根防衛庁長官、橋本運輸相、愛知外相、秋田自治相、倉石農相ら=1970(昭和45)年1月14日 首相官邸(45年内地173)

    商品コード: 2010122100413

  • 1970年01月15日
    (なかそね・やすひろ) 中曽根康弘

    インタビューに答える中曽根防衛庁長官=1970(昭和45)年1月15日

    商品コード: 1970011500002

  • 1970年01月21日
    中曽根長官が自衛隊機で北海道へ

    T-33ジェット練習機に乗込んだ中曽根康弘防衛庁長官=1970(昭和45)年1月21日、埼玉県入間市の航空自衛隊入間基地 (45年内地298)

    商品コード: 2010092400151

  • 1970年01月30日
    (なかそね・やすひろ) 中曽根康弘

    衆議院議員、自民党、群馬3区、首相、通産相、運輸相、防衛庁長官、党総務会長、科学技術庁長官、原子力委員長、行管庁長官=1970(昭和45)年1月14日撮影

    商品コード: 1970013000010

  • 1970年02月05日
    (なかそね・やすひろ) 中曽根康弘

    首相、通産相、運輸相、防衛庁長官、自民党総務会長、群馬3区、科学技術庁長官、原子力委員長、行管庁長官=1970(昭和45)年1月28日撮影

    商品コード: 2005101300103

  • 1970年02月13日
    (なかそね・やすひろ) 中曽根康弘

    自民党、群馬3区、首相、通産相、運輸相、防衛庁長官、党総務会長、科学技術庁長官、原子力委員長、行管庁長官=1970(昭和45)年1月28日撮影

    商品コード: 1970021300004

  • 1970年03月21日
    防衛大で卒業式

    卒業式で訓示する佐藤首相。演壇前列右から大森防衛大学校長、中曽根防衛庁長官=1970(昭和45)年3月21日神奈川県横須賀市 (45年内地1507)

    商品コード: 2010102200184

  • 1970年03月31日
    日航機乗っ取り事件

    国会内で開かれた緊急閣僚協議会。 手前後ろ向き右から手塚航空局長、川崎警備局長(いずれも後ろ姿)、正面左から後藤田警察庁長官、荒木国家公安委員長、橋本運輸相、愛知外相、中曽根防衛庁長官=1970(昭和45)年3月31日、国会内、(45年内地1626) (よど号事件 1970年国内十大ニュース)

    商品コード: 2010101900212

  • 1970年04月14日
    民社党党大会開く

    党大会の開会前に党歌をうたう(右から)西尾末広常任顧問、曽根外交委員長=1970(昭和45)年4月14日、東京・九段会館 (45年内地1972)

    商品コード: 2010101900319

  • 1970年04月14日
    民社党党大会開く

    民社党第13回定期全国大会で目を閉じ固い表情で西村栄一委員中のあいさつを聞く曽根外交委員長(左から2人目=1970(昭和45)年4月14日、東京・九段会館 (45年内地1975)

    商品コード: 2010101900322

  • 1970年04月16日
    民社党党大会終わる

    委員長に選ばれた西村栄一氏と握手する曽根益氏(左)=1970(昭和45)年4月16日、東京・九段会館 (45年内地2013)

    商品コード: 2010101900327

  • 1970年06月23日
    (なかそね・やすひろ) 中曽根康弘

    記者会見、1970(昭和45)年6月23日、砂防会館にて撮影

    商品コード: 1970062300003

  • 1970年08月13日
    (そねだ・いくお) 曽根田郁夫

    参議院議員、自民党、厚生省事務次官、参選立候補、自民党、茨城=1970(昭和45)年8月1日撮影

    商品コード: 2005110700110

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1970年10月07日
    沖縄を訪れた中曽根康弘

    那覇空港到着後わずか5分足らずで中曽根長官を乗せ、北中城村キャンプ瑞慶覧陸軍司令部に向かう米軍ヘリ=1970(昭和45)年10月7日、那覇空港、クレジット:沖縄タイムス/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020807476

  • 1970年10月07日
    沖縄を訪れた中曽根康弘

    中曽根康弘防衛庁長官が7日午後、グラハム在日米軍司令官の招待で、大阪経由の日航機で来島した。戦後、防衛庁長官の来訪は初めて=1970(昭和45)年10月7日、那覇空港、クレジット:沖縄タイムス/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020807482

  • 1970年10月07日
    沖縄を訪れた中曽根康弘

    復帰前の沖縄を訪れ、ランパート高等弁務官と握手する中曽根康弘防衛庁長官=1970(昭和45)年10月7日、那覇空港、クレジット:沖縄タイムス/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020807480

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1970年10月07日
    沖縄を訪れた中曽根康弘

    中曽根康弘防衛庁長官来沖、自衛隊配備反対を叫ぶ労組や民主団体が来沖に抗議した=1970(昭和45)年10月7日、那覇空港、クレジット:沖縄タイムス/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020807484

  • 1970年10月08日
    沖縄を訪れた中曽根康弘

    8日午後、黎明の塔に花をささげる中曽根長官=1970(昭和45)年10月8日、沖縄県、クレジット:沖縄タイムス/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020807478

  • 1970年10月08日
    沖縄を訪れた中曽根康弘

    8日午後、黎明の塔に花をささげる中曽根長官=1970(昭和45)年10月8日、沖縄県、クレジット:沖縄タイムス/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020807481

  • 1970年10月08日
    沖縄を訪れた中曽根康弘

    グラハム在日米軍司令官の招待で来島した中曽根康弘防衛庁長官は8日午前、那覇市天妃の復帰準備委員会で屋良朝苗主席と会談した=1970(昭和45)年10月8日、沖縄県、クレジット:沖縄タイムス/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020807477

  • 1970年10月08日
    沖縄を訪れた中曽根康弘

    グラハム在日米軍司令官の招待で来島した中曽根康弘防衛庁長官は8日午前、那覇市天妃の復帰準備委員会で屋良朝苗主席と会談した=1970(昭和45)年10月8日午前、沖縄県、クレジット:沖縄タイムス/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021020807483

  • 1970年11月25日
    三島事件

    傷ついた右手を差し出し記者団に語る益田兼利東部方面総監(左)と中曽根康弘防衛庁長官=陸上自衛隊市ケ谷駐屯地、45内地6791、出稿(三島由紀夫、みしま・ゆきお、作家、本名・平岡公威、昭和45年11月25日、三島事件、楯の会乱入事件)

    商品コード: 1970112500023

  • 1970年12月01日
    (なかそね・やすひろ) 中曽根康弘

    首相、通産相、運輸相、防衛庁長官、自民党・党総務会長、群馬3区、科学技術庁長官、原子力委員長、行管庁長官=1971(昭和46)年1月(UPI=共同)

    商品コード: 2007090500084

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1970年12月12日
    日米安保条約自動継続(6月23日) 1970年国内十大ニュース5

    日米安保協議委で、自動継続を前提に返還後の沖縄防衛の検討開始などに合意。左側手前から2人目、中曽根防衛庁長官、愛知外相、右側手前から2人目、マイヤー駐日大使、一人おいてマッケイン米太平洋軍総司令官=5月19日、外務省(中曽根康弘・愛知揆一)(45年内地2662)(1970年国内十大ニュース)

    商品コード: 2004031800030

  • 1971年05月30日
    中曽根防衛庁長官、硫黄島訪問

    硫黄島を訪れ、日米将兵の慰霊碑に本土の水をかける中曽根防衛庁長官=1971(昭和46)年5月30日

    商品コード: 2010110900068

  • 1971年07月04日
    米国防長官が来日

    中曽根防衛庁長官夫妻の出迎えを受けるレアード米国防長官夫妻。右端はマイヤー駐日米大使=1971(昭和46)年7月4日、羽田空港

    商品コード: 2010120700123

  • 1971年10月15日
    中国問題で自民党総務会開く

    総務会に臨む中曽根康弘総務会長=1971(昭和46)年10月15日、東京・永田町の自民党本部

    商品コード: 1971100500001

  • 1972年03月07日
    永年在職議員表彰

    壇上に並んだ(左から)鈴木善幸、園田直、松野頼三、田中角栄、中曽根康弘、門司亮、小平久雄、倉石忠雄、受田新吉、成田知巳、佐々木更三、石田博英、勝間田清一の各永年在職議員=1972(昭和47)年3月7日、衆院本会議場(47年内地 1602)

    商品コード: 2010102500049

  • 1972年05月02日
    あいさつする中曽根会長 4新幹線建設本決まり

    鉄道建設審議会総会であいさつする中曽根康弘会長(中央奥、立っている人物)。北海道、東北(延伸)、北陸、九州新幹線の建設諮問を了承、55年度開通をめどとする答申を決めた=1972(昭和47)年5月2日、東京都千代田区のホテルニュージャパン

    商品コード: 2008121000676

  • 1972年06月19日
    中曽根派が総会

    総会後、記者会見する中曽根康弘氏=1972(昭和47)年6月19日、東京・平河町の砂防会館

    商品コード: 1972061900002

  • 1972年06月20日
    あす午後正式出馬表明

    中曽根氏の支持を受け、世話人会でごきげんの田中角栄氏。左は橋本登美三郎氏、右は郡祐一氏=1972(昭和47)年6月20日、東京・ホテルニューオータニ

    商品コード: 2010122700357

  • 1972年06月21日
    自民党総裁選

    中曽根派総会に出席し、中曽根康弘氏(左)と握手をする田中角栄氏=1972(昭和47)年6月21日、東京・平河町の砂防会館

    商品コード: 2010122700364

  • 1972年06月29日
    田中派激励大会

    激励する中曽根康弘氏=1972(昭和47)年6月29日、東京都千代田区のホテルニューオータニ

    商品コード: 1972062900009

  • 03:13.77
    1972年06月30日
    「中日映画社」密室の総裁選

    田中角栄・三木武夫・福田赳夫・大平正芳の4人が500人足らずの選挙権者で選ばれる。<映像内容> 次期総裁戦を目指す田中角栄・三木武夫・福田赳夫・大平正芳の四氏、田中角栄氏の挨拶の様子、撮影日不明・公開日:1972(昭和47)年6月30日、クレジット:中日映画社/共同通信イメージズ ※高ビットレート素材あり、要問い合わせ※テレビ番組利用の場合は、別途お問合わせ下さい。

    商品コード: 2018110216337

  • 1972年07月07日
    記者会見する新大臣 田中内閣が発足

    中曽根康弘通産相・科技庁長官=1972(昭和47)年7月7日、首相官邸

    商品コード: 1972070700014

  • 1972年07月07日
    田中内閣記念撮影

    初閣議後、首相官邸の庭で記念撮影する各閣僚。前列左から中曽根康弘通産相、三木武夫国務相、田中角栄首相、大平正芳外相、小山長規国務相、郡裕一法相、2列目左から佐々木秀世運輸相、浜野清吾国務相、植木庚子郎大蔵相、稲葉修文相、田村元労相、木村武雄建設相、3列目左から二階堂進国務相、塩見俊二厚相、増原恵吉国務相、福田一自治相、足立篤郎農相、本名武国務相、山下元利内閣官房副長官、4列目左から小宮山重四郎総理府総務副長官、吉国一郎法制局長官、後藤田正晴内閣官房副長官=1972(昭和47)年7月7日(47年内地4638)電説46号(A)

    商品コード: 2010112400064

  • 1972年07月07日
    記念撮影する各閣僚 田中内閣発足

    初閣議後、首相官邸の庭で記念撮影する各閣僚。前列左から、中曽根康弘通産相、三木武夫国務相、田中角栄首相、大平正芳外相、小山長規環境庁長官、郡祐一法務相、2列目左から佐々木英世運輸相、浜野清吾行政管理庁長官、植木庚子郎大蔵相、稲葉修文部相、田村元労働相、木村武雄建設相、3列左から二階堂進官房長官、塩見俊二厚生相、増原恵吉防衛庁長官、福田一自治相、足立篤郎農林相、本名武総理府総務長官・沖縄開発庁長官、山下元利官房副長官、4列目左から小宮山重四郎総理府総務副長官、吉国一郎法制局長官、後藤田正晴官房副長官=7日(第1次田中内閣)

    商品コード: 2002080500059

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1972年07月11日
    中川代議士が釈明

    中曽根氏の「週刊新潮」告訴問題で記者会見する自民党の中川俊思衆院議員(左)=1972(昭和47)年7月11日、最高裁記者クラブ

    商品コード: 1972071100002

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1972年07月11日
    中川代議士が釈明

    中曽根氏の「週刊新潮」告訴問題で記者会見する自民党の中川俊思衆院議員=1972(昭和47)年7月11日、最高裁記者クラブ

    商品コード: 1972071100003

  • 1972年07月14日
    休憩時間のロビー 中国上海舞劇公演

    白毛女の休憩中に談笑する三木武夫国務相(手前左)と孫平化代表。後方は中曽根康弘通産相(左)と肖向前中日覚書事務所首席代表=1972(昭和47)年7月14日、日生劇場

    商品コード: 2010111200217

  • 1972年08月03日
    (なかそね・やすひろ) 中曽根康弘

    首相、通産相、運輸相、防衛庁長官、自民党総務会長、群馬3区、科学技術庁長官、原子力委員長、行管庁長官=1972(昭和47)年7月7日撮影

    商品コード: 2005080500022

  • 1972年12月10日
    衆院総選挙

    手を上げて応える中曽根康弘氏=1972(昭和47)年12月10日

    商品コード: 2011011200303

  • 1972年12月22日
    初閣議後の記念撮影

    初閣議を終え記念写真に納まる(前列左から)中曽根康弘通産相、三木武夫環境庁長官、田中角栄首相、福田赳夫行政管理庁長官、大平正芳外相、(2列目左から)坪川信三総務長官、田中伊三次法相、小坂善太郎経済企画庁長官、斎藤邦吉厚相(3列目左から)桜内義雄農相、増原恵吉防衛庁長官、江崎真澄自治相、新谷寅三郎運輸相(4列目左から)愛知揆一蔵相、金丸信建設相、奥野誠亮文相、加藤常太郎労相(5列目左から)山下元利官房副長官、小宮山重四郎総務副長官、前田佳都男科技庁長官、二階堂進官房長官、久野忠治郵政相(二階堂の右斜め前)、(最上段左から)吉国一郎法制局長官、後藤田正晴官房副長官=1972(昭和47)年12月22日、首相官邸

    商品コード: 2011020100138

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...