KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 氷点下
  • 記者
  • 風景
  • 位置
  • 寒さ
  • ハルビン
  • 世界
  • 寒気
  • 平成

「最低気温」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
540
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
540
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1953年08月28日
    スケッチ14512 36年ぶりの最低気温

    36年ぶりの最低気温にセーターを着込んで銀座を歩く女性=1953(昭和28)年8月28日、東京都中央区銀座

    商品コード: 2017042000477

  • 1995年09月09日
    日本の南極越冬基地 世界記録更新「お預け」?

    最低気温の世界記録観測に期待が掛かる日本の南極越冬基地「ドーム基地」(国立極地研究所提供)(カラーポジ)

    商品コード: 1995090900003

  • 1995年09月09日
    日本の南極越冬基地 世界記録更新「お預け」?

    最低気温の世界記録観測に期待が掛かる日本の南極越冬基地「ドーム基地」(国立極地研究所提供)(カラーポジ)

    商品コード: 1995090900002

  • 1996年10月30日
    裸の方がまし

    秋も深まるなか、米ニューヨークの中心地で、裸で気勢を上げている男女は、動物愛護精神から毛皮の着用に反対する若いモデルの集団です。腰の部分だけは「毛皮に背を向けよう」と書かれた垂れ幕で覆っていますが、後は素っ裸。この日のニューヨークの最低気温は九度と、まさに毛皮を着たくなる冷え込みですが、モデルたちは「毛皮を着るくらいなら裸の方がまし」とでもいいたげです。(ロイター=共同)

    商品コード: 1996103000042

  • 1997年08月24日
    手を振る登山客 北アルプスも秋の気配

    夏山シーズンも終盤を迎えた北アルプスの奥穂高岳山頂で、取材ヘリに手を振る登山客。穂高岳山荘の話では頂上付近は、最低気温約5度、最高気温約20度と残暑の続く下界に比べひと足早い秋の気配=24日午前、共同通信社ヘリから

    商品コード: 1997082400012

  • 2000年11月29日
    愛知県足助町の香嵐渓 冬の日差しに紅葉の山

    朝の最低気温が氷点下を記録、初霜が降り、厳しい冷え込みとなった愛知県足助町の紅葉の名所・香嵐渓(こうらんけい)。イロハカエデを中心に約四千本のモミジが赤く色付き、小さな飯盛山を初冬の日差しの中に鮮やかに浮かび上がらせた(写真)。 昨年同様遅れ気味だった紅葉もピークを迎え、多い日には約三万三千人の見物客が訪れた。夜間のライトアップは例年通り三十日で終わりになるが、十二月に入ってもしばらくは目を楽しませてくれそうだ。

    商品コード: 2000112900077

  • 2004年07月21日
    汗ぬぐう男性 東京の最低気温30・1度

    信号待ちの間に汗をぬぐう男性=21日午前8時56分、東京都千代田区丸の内

    商品コード: 2004072100042

  • 2004年07月21日
    日傘差す女性 東京の最低気温30・1度

    強い日差しの中、日傘を差して歩く女性=21日午前8時26分、東京都千代田区丸の内

    商品コード: 2004072100040

  • 2005年01月06日
    一面に広がる氷の芸術 幻想的な輝き放つ氷の世界

    6日夜、中国黒竜江省ハルビン市で恒例の「氷雪祭り」が開催された。最低気温は氷点下20度以下に冷え込み、氷や雪の2000個以上の作品が市民や観光客を楽しませている。幻想的な光を放つ宮殿や教会を模した氷の造形物に囲まれると、おとぎの国に入り込んだような気分に。祭りは2月下旬ごろまで続くという。(共同)

    商品コード: 2005010600206

  • 2005年01月06日
    氷の宮殿と馬車 幻想的な光を放つ氷の世界

    6日夜、中国黒竜江省ハルビン市で恒例の「氷雪祭り」が開催された。最低気温は氷点下20度以下に冷え込み、氷や雪の2000個以上の作品が市民や観光客を楽しませている。幻想的な光を放つ宮殿や教会を模した氷の造形物に囲まれると、おとぎの国に入り込んだような気分に。祭りは2月下旬ごろまで続くという。(共同)

    商品コード: 2005010600210

  • 2006年03月04日
    青空と富士山 快晴の下、雪化粧の富士山

    4日朝、快晴の空の下に雪に覆われた富士山がくっきりと姿を現し、ふもとの山梨県忍野村から望むことができた。甲府地方気象台によると、4日午前7時の富士山頂の気温は氷点下25.5度。最低気温の平年値より約5度低かった。山梨県内では3日夕方から夜にかけて富士山の北側を中心に雪が降り、一時大雪注意報も発令されていた。

    商品コード: 2006030400063

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2008年11月20日
    夕暮れの東京タワーと富士 寒さにくっきり富士山

    強い寒気が流れ込んだ20日、東京都心の朝は最低気温6・6度を記録し、この秋一番の冷え込みとなった。終日空気が澄み渡り、夕暮れにはライトアップされた東京タワーと富士山が幻想的なコントラスト。高層ビルで慌ただしく働くビジネスマンたちも、窓越しの絶景に思わず見とれていた。=東京・汐留から撮影

    商品コード: 2008112000304

  • 2010年01月07日
    A Chinese man walks past a big snowman Beijing

    January 7, 2010, BEIJING, CHINA: A Chinese woman walks takes a photograph of a big snowman in downtown Beijing on January 7, 2010. China‘s capital experienced the lowest temperatures in half a century last week, causing widespread chaos on roads and leaving tens of thousands of passengers stranded at airports. But worse, weather forcasts predict more severe weather in the coming weeks. (Credit Image: © Stephen Shaver/ZUMA Press Wire)、クレジット:©Stephen Shaver/ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022030801358

  • 2010年01月07日
    A Chinese man walks past a big snowman Beijing

    January 7, 2010, BEIJING, CHINA: A Chinese man walks past a big snowman in downtown Beijing on January 7, 2010. China‘s capital experienced the lowest temperatures in half a century last week, causing widespread chaos on roads and leaving tens of thousands of passengers stranded at airports. But worse, weather forcasts predict more severe weather in the coming weeks. (Credit Image: © Stephen Shaver/ZUMA Press Wire)、クレジット:©Stephen Shaver/ZUMA Press Wire/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022030801517

  • 2010年08月24日
    「酷・残暑」あと2週間?

    7月17日~8月23日の平均・最高・最低気温の平均値

    商品コード: 2010082400313

  • 2010年08月24日
    「酷・残暑」あと2週間?

    7月17日~8月23日の平均・最高・最低気温の平均値

    商品コード: 2010082400314

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2011年11月01日
    帰国したTMATの医師ら 最低気温0度で救援活動

    トルコ東部の大地震被災地での医療活動を終え、帰国したTMATの医師ら=1日午後、成田空港

    商品コード: 2011110100543

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年01月05日
    富士山と東京タワー 東京タワーと富士山

    5日夕、連日の寒気の流れ込みで未明の最低気温が1・9度と冷え込んだ東京都では、季節風による乾燥で大気中の水蒸気やほこりが減少し、ライトアップされた東京タワー越しに富士山のシルエットがくっきりと浮かびあがり幻想的なコントラストをつくり上げていた=東京都港区

    商品コード: 2012010500374

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年01月05日
    東京タワーと富士山 東京タワーと富士山

    5日夕、連日の寒気の流れ込みで未明の最低気温が1・9度と冷え込んだ東京都では、季節風による乾燥で大気中の水蒸気やほこりが減少し、ライトアップされた東京タワー越しに富士山のシルエットがくっきりと浮かびあがり幻想的なコントラストをつくり上げていた=東京都港区

    商品コード: 2012010500376

  • 2012年02月04日
    立春の気配ちょっぴり

    東京都心の最低気温

    商品コード: 2012020400046

  • 2012年02月04日
    立春の気配ちょっぴり

    東京都心の最低気温

    商品コード: 2012020400047

  • 2012年12月19日
    クリスマス寒波到来か

    東京都心の12月の最低気温と平年値

    商品コード: 2012121900515

  • 2012年12月19日
    クリスマス寒波到来か

    東京都心の12月の最低気温と平年値

    商品コード: 2012121900516

  • 02:52.60
    2015年02月04日
    「立春」厳寒でスタート 北海道では霜の花出現

    二十四節気の上で「立春」を迎えた4日、日本列島は北海道の各地でこの冬の最低気温を更新する厳しい冷え込みとなり、関東甲信や中国、四国などでも最も寒い時期を下回った。一方で、東北や九州を中心に3月下旬~4月上旬並みの春らしさとなった地域もあった。今季最低の氷点下22・0度まで冷え込んだ北海道旭川市内の忠別川では薄く張った氷の上に霜の花が咲く「フロストフラワー」が出現。日の出を迎えて朝日を浴びると、川面に点在する大きさ数センチの白い結晶がきらきらと輝いていた。<映像内容>氷が薄く張った川に出現したフロストフラワー、朝日を浴び、白い結晶がきらきらと輝いた、撮影日:2015(平成27)年2月4日、撮影場所:北海道旭川市

    商品コード: 2019031100744

  • 00:39.90
    2016年01月24日
    沖縄・那覇市で最低気温8・9度 西日本で大雪

    日本列島は24日、上空に今冬一番の強い寒気が入り、西日本(近畿、中四国、九州)を中心に大雪になった。長崎市や鹿児島市など九州の平野部でも積雪を観測した。沖縄も冷え込み、那覇市の24日朝の最低気温は8・9度だった。 〈映像内容〉那覇市内の様子、雑観、撮影日:2016(平成28)年1月24日、撮影場所:沖縄県那覇市

    商品コード: 2019081504173

  • 04:07.08
    2017年01月15日
    空撮と地上撮 厳しい寒波続く 京都各地でも積雪

    数年に1度の強い寒気が流れ込んだ日本列島は15日、全国的に厳しい冷え込みとなり、各地で今季最低気温を観測した。この冬一番の寒波が到来した京都の観光地、嵐山では15日、珍しい京都の雪景色を見ようと海外を含む多くの観光客が訪れた。なかでも嵐山のシンボル、渡月橋では、雪が時折強く舞う天候にも関わらず、多くの人が雪景色の写真を撮ったり、記念撮影をしたりしていた。〈映像内容〉積雪した京都市内の空撮、(清水寺や東寺、京都駅)雪が積もった京都・嵐山の渡月橋とその周辺雑観、雪景色の渡月橋を撮影する観光客ら、撮影日:2017(平成29)年1月15日、撮影場所:京都

    商品コード: 2019082002678

  • 01:03.56
    2017年04月13日
    「北海道新聞」春の雪、道内まだ冬

    道内は4月13日、上空に寒気が入り込んだ影響で冬型の気圧配置となり、各地で雪が降った。道北などの一部ではふぶく地域もあったが、同日夜までには収まる見込み。札幌管区気象台によると、寒さは14日には回復するという。同気象台によると、午前10時までの24時間降雪量は、上川管内上川町層雲峡で23センチ。同日の最低気温は上川管内占冠村で氷点下6.1度、夕張市で同5.4度で、札幌で同1度となり、3月下旬から4月上旬並みの気温となった。<映像内容>季節はずれの雪が降っている様子、撮影日:2017(平成29)年4月13日、撮影場所:北海道札幌市、クレジット:北海道新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091325276

  • 01:40.60
    2017年12月14日
    空撮 金閣寺が雪化粧

    強い寒気の影響で、京都市内では14日、断続的に雪が降り、同市北区の金閣寺(鹿苑寺)がこの冬初めて雪化粧した姿を見せた。京都地方気象台によると、14日朝の京都市内の最低気温は平年より1・8度低い1・5度で、1月上旬並みの冷え込みだった。雲の切れ間から時折日が差すと、屋根にうっすらと雪の積もった金閣寺が幻想的な輝きを放った。<映像内容>屋根にうっすらと雪が積もり、雪化粧した金閣寺の空撮。京都市北区で14日午前8時20分ごろ撮影。

    商品コード: 2017121500501

  • 2018年01月12日
    雪が舞う福岡市中心部 九州各地で今季最低気温

    雪の舞う福岡市中心部=12日午前

    商品コード: 2018011200283

  • 2018年03月05日
    「春スキー」がトレンドに吉林省

    吉林市万科松花湖スキー場で「春スキー」を楽しむ多くのスキー愛好家。(3月5日撮影)中国吉林省ではこのところ、暖かくなってきた春先にスキーを楽しむのがトレンドとなっている。3月に入ってから、省内の最低気温は0度前後で推移しており、寒い冬の時期と比べ、気温は快適で、ゲレンデは柔らかく、宿泊施設の値段も下がっているため、より多くのスキー愛好家がスノーシーズン最後の滑りを楽しむために訪れている。(長春=新華社配信/吉林市万科松花湖スキーリゾート提供)=2018(平成30)年3月5日、クレジット:吉林市万科松花湖スキーリゾート/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032700436

  • 2018年03月05日
    「春スキー」がトレンドに吉林省

    吉林市万科松花湖スキー場で「春スキー」を楽しむ多くのスキー愛好家。(3月5日撮影)中国吉林省ではこのところ、暖かくなってきた春先にスキーを楽しむのがトレンドとなっている。3月に入ってから、省内の最低気温は0度前後で推移しており、寒い冬の時期と比べ、気温は快適で、ゲレンデは柔らかく、宿泊施設の値段も下がっているため、より多くのスキー愛好家がスノーシーズン最後の滑りを楽しむために訪れている。(長春=新華社配信/吉林市万科松花湖スキーリゾート提供)=2018(平成30)年3月5日、クレジット:吉林市万科松花湖スキーリゾート/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032700484

  • 01:44.79
    2018年10月14日
    「新華社」胡楊林風景区国慶節の大型連休後も人気内モンゴル自治区

    中国内モンゴル自治区アルシャ盟エジン旗の胡楊(コトカケヤナギ)林風景区は、国慶節の大型連休が過ぎても人気が続いている。中国北西のゴビ砂漠に位置するエジン旗は14日早朝、冷え込みが強まっていたが、大漠胡楊風景区の入り口では多くの観光客が行列を作って入場を待っていた。秋を迎えたエジン旗の胡楊林風景区には、目に映る全てが黄金色に染まる壮大な景色が広がっている。内モンゴル自治区アルシャ盟エジン旗の胡楊林は、現在世界にわずか3カ所しかない自然の川辺にある胡楊林の一つ。胡楊は葉の色が何度も変化する樹木で、葉の色とその日の最低気温には密接な関わりがある。今年のエジン旗胡楊林風景区の胡楊の見頃は1~15日で、20日過ぎには終わりを迎える。(記者/劉磊)<映像内容>胡楊林風景区の景色、撮影日:2018(平成30)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101818277

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:37.44
    2018年11月22日
    「新華社」二十四節気「小雪」にマイナス38·2度黒竜江省大興安嶺

    22日は中国の二十四節気の「小雪」にあたる。黒竜江省の大興安嶺呼中気象台は21日、寒気の影響により大興安嶺最高峰の大白山観測所でマイナス38・2度を観測したと報じた。冬入り以来の最低気温となった。呼中鎮の交通警察は早朝からすべての主要交差点で交通整理を実施し秩序維持に努めた。外出する市民も急激な気温の低下を感じ、厚手のジャケットや綿入れの帽子、マスクで寒さに備えた。地元の暖房供給会社も顧客の暖房需要を確保するため、暖房温度を上げる緊急対応を行ったという。一方で、持続的な低温は中国で最も寒い町とされる呼中鎮に美しい景色を添えた。街を流れる呼瑪川の両岸には美しい樹氷が出現した。中国で最も寒い町と呼ばれる呼中区は大興安嶺伊勒呼里山の北麓に位置し、平均標高は800メートル以上。霜が降りない期間はわずか80日余りで、最低気温の歴史的記録はマイナス53・2度。年間平均気温もマイナス4・3度で、マイナス40度に達する日は年間で約30日にも及ぶ。(記者/馬知遥)<映像内容>黒竜江省大興安嶺でマイナス38·2度、撮影日:2018(平成30)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112616059

  • 2018年11月29日
    世界で最も寒い都市、ヤクーツクロシア連邦サハ共和国

    11月29日、ヤクーツクで撮影したトナカイ。ロシア連邦サハ共和国の首都ヤクーツクは、冬になると極寒の日々が長く続き、世界で最も寒い都市の一つ。1月の平均気温は零下40度近くで、極端な場合、最低気温が零下60度を超すこともある。(ヤクーツク=新華社記者/呉壮)=2018(平成30)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018120506275

  • 2018年12月01日
    世界で最も寒い都市、ヤクーツクロシア連邦サハ共和国

    1日、ヤクーツクの食品市場。ロシア連邦サハ共和国の首都ヤクーツクは、冬になると極寒の日々が長く続き、世界で最も寒い都市の一つ。1月の平均気温は零下40度近くで、極端な場合、最低気温が零下60度を超すこともある。(ヤクーツク=新華社記者/呉壮)=2018(平成30)年12月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018120506553

  • 2018年12月01日
    世界で最も寒い都市、ヤクーツクロシア連邦サハ共和国

    1日、ヤクーツクの街。ロシア連邦サハ共和国の首都ヤクーツクは、冬になると極寒の日々が長く続き、世界で最も寒い都市の一つ。1月の平均気温は零下40度近くで、極端な場合、最低気温が零下60度を超すこともある。(ヤクーツク=新華社記者/呉壮)=2018(平成30)年12月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018120506232

  • 2018年12月01日
    世界で最も寒い都市、ヤクーツクロシア連邦サハ共和国

    1日、ヤクーツクの食品市場。ロシア連邦サハ共和国の首都ヤクーツクは、冬になると極寒の日々が長く続き、世界で最も寒い都市の一つ。1月の平均気温は零下40度近くで、極端な場合、最低気温が零下60度を超すこともある。(ヤクーツク=新華社記者/呉壮)=2018(平成30)年12月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018120506410

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:27.11
    2018年12月01日
    「新華社」ウルムチ、大雪と砂じんに見舞われる新疆各地で悪天候

    中国新疆ウイグル自治区ウルムチ市は1日、強い寒気の影響を受け大雪「黄色」警報が発令された。空を覆う砂じんの影響も相まって市内の視界は100メートルを切り、歩行者や車は砂じんと風雪で前に進むのも困難な状況になった。最低気温は零下15度まで落ち込み、砂じん嵐による大気汚染が深刻だった。自治区内の他地域でも暴風や寒波、大雪、砂じんなど極端な天候に相次ぎ見舞われた。自治区北部では最低気温が零下15~20度まで下がり、中でもタルバガタイ地区北部やアルタイ地区、昌吉(しょうきつ)回族自治州東部は最低気温零下25~33度を記録した。トルファンやハミ、カラマイも程度の異なる低温や降雨降雪を伴う暴風や砂じん嵐に見舞われた。気象当局は、今回の寒波や暴風、降雪によって道路の凍結や局地的な吹雪、砂じん嵐が起こるとしており、交通や旅行、牧畜業、ハウス農業、都市運営、市民生活などに悪影響が及ぶとして、警戒を呼びかけている。(記者/郭燕)<映像内容>大雪と砂じんに見舞われる街の様子、撮影日:2018(平成30)年12月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018120431815

  • 2018年12月01日
    世界で最も寒い都市、ヤクーツクロシア連邦サハ共和国

    1日、ヤクーツクで冬の到来を祝う祭りに参加する市民。ロシア連邦サハ共和国の首都ヤクーツクは、冬になると極寒の日々が長く続き、世界で最も寒い都市の一つ。1月の平均気温は零下40度近くで、極端な場合、最低気温が零下60度を超すこともある。(ヤクーツク=新華社記者/呉壮)=2018(平成30)年12月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018120506239

  • 2018年12月02日
    世界で最も寒い都市、ヤクーツクロシア連邦サハ共和国

    2日、ヤクーツクの街に建つレーニン像。ロシア連邦サハ共和国の首都ヤクーツクは、冬になると極寒の日々が長く続き、世界で最も寒い都市の一つ。1月の平均気温は零下40度近くで、極端な場合、最低気温が零下60度を超すこともある。(ヤクーツク=新華社記者/呉壮)=2018(平成30)年12月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018120506512

  • 2018年12月02日
    世界で最も寒い都市、ヤクーツクロシア連邦サハ共和国

    2日、ヤクーツクの街で、バスを待つ市民。ロシア連邦サハ共和国の首都ヤクーツクは、冬になると極寒の日々が長く続き、世界で最も寒い都市の一つ。1月の平均気温は零下40度近くで、極端な場合、最低気温が零下60度を超すこともある。(ヤクーツク=新華社記者/呉壮)=2018(平成30)年12月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018120506544

  • 03:02.55
    2018年12月09日
    「新華社」氷点下37·7度!大興安嶺の見事な霧氷の風景

    強い寒気の影響を受けて、中国黒竜江省大興安嶺地区の呼瑪(こま)県はぐっと冷え込み、5日には最低気温が氷点下37・7度まで下がった。寒さは厳しいものの、大自然は冬の間にこの地ならではの絶景を見せてくれる。中国とロシアの国境を流れる黒竜江(アムール川)の呼瑪一帯では、数キロにわたって川が凍り付き、その上に朝霧(蒸気霧)が立ち込める光景が出現。朝日と朝霧、霧氷が織りなす珍しい景色を見せている。こうした天気の時には空気中に含まれる水蒸気が霧となり、立ち込めた朝霧に朝日がうっすらと透けて、水面をうっとりするような色彩に染め上げる。霧は川面を漂い、幻想的な景色が現れる。彼方に目を向ければ、きらきらと透き通った霧氷が、陽光に照らされてまばゆい光を放つ。日の出と共に、樹氷が国境線上に絵のような自然の景観を作り出す。大興安嶺呼瑪県の街頭では、行き交う人も車もいつもよりずっと少ない。出歩く人たちは分厚い防寒服を着込んでいる。屋台には冷凍の魚や肉、果物、サンザシあめが並べられている。(記者/馬知遥)<映像内容>霧氷の風景の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121020812

  • 01:45.17
    2018年12月22日
    「新華社」零下30度の氷結パフォーマンス黒竜江省大興安嶺地区

    冬至を迎えた22日、中国最北端の黒竜江省大興安嶺地区の各地で、氷や雪を楽しむイベントが行われた。同地区呼中(こちゅう)区のグラウンドには1200人余りの住民が集まり、全員が空に向けて一斉に熱湯をまいて、一瞬のうちに氷結させるパフォーマンスを披露した。零下30度という極寒の下、各自熱湯を用意してきた参加者は、呼中区の過去最低気温を表す「-53・2」の人文字を囲むように楕円形に並んでスタンバイ。掛け声とともに一斉に空中に熱湯をまくと、瞬く間に氷結し、霧のように弧を描きながら辺り一面に舞い上がった。同地区呼瑪(こま)県では、千人余りの住民が凍結した吉象湖の湖面いっぱいに「呼瑪(HuMa)」の頭文字である「HM」を描く人文字アートを披露。その後、各自持参した熱湯を一斉に空中にまくと、一瞬にして大きな霧の波と化し、湖全体に白雲が立ち込め、まるでこの世のものとは思えないような荘厳な風景に包まれた。参加者からは歓声が上がり、湖全体が歓喜に包まれた。大興安嶺地区では中国最北端という地理的優位性と極寒の気候を生かし、氷と雪を楽しむさまざまなイベントを予定している。「極寒の資源」を「熱い産業」に変え、「凍てつくような寒空と雪に覆われた地面」を、地域に富をもたらす「金山銀山」(宝の山)へと変えていく。(記者/馬知遥)<映像内容>雪を楽しむイベントの様子、撮影日:2018(平成30)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018122520547

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年01月01日
    雪氷きらめく「人間界の極楽浄土」新疆ウイグル自治区

    1日、雪に覆われたフームー(禾木)郷で、伝統的な馬上ゲーム「雪地姑娘追」を披露する地元住民。寒さが厳しい冬を迎え、「人間界の浄土」の美名を持つ中国新疆ウイグル自治区のカナス(喀納斯)景勝地は、一面の雪に覆われた白銀の世界が現れ、最低気温がマイナス30度まで下がっている。同景勝地は観光客に雪景色を楽しみ、民俗風情や冬ならではの娯楽・イベントを体験してもらおうと、氷雪観光資源を民俗イベントやスポーツ競技と結びつけ、馬そり、昔ながらのスキー、アーチェリー、伝統的な馬上ゲーム「姑娘追」、競馬といったイベントを行っている。(ウルムチ=新華社記者/趙戈)=2019(平成31)年1月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010700773

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年01月01日
    雪氷きらめく「人間界の極楽浄土」新疆ウイグル自治区

    1日、雪に覆われたフームー(禾木)郷で、伝統スポーツ「雪地競馬」を披露する地元住民。寒さが厳しい冬を迎え、「人間界の浄土」の美名を持つ中国新疆ウイグル自治区のカナス(喀納斯)景勝地は、一面の雪に覆われた白銀の世界が現れ、最低気温がマイナス30度まで下がっている。同景勝地は観光客に雪景色を楽しみ、民俗風情や冬ならではの娯楽・イベントを体験してもらおうと、氷雪観光資源を民俗イベントやスポーツ競技と結びつけ、馬そり、昔ながらのスキー、アーチェリー、伝統的な馬上ゲーム「姑娘追」、競馬といったイベントを行っている。(ウルムチ=新華社記者/趙戈)=2019(平成31)年1月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010700600

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年01月02日
    雪氷きらめく「人間界の極楽浄土」新疆ウイグル自治区

    2日、カナス景勝地に広がる森林地帯。(小型無人機から)寒さが厳しい冬を迎え、「人間界の浄土」の美名を持つ中国新疆ウイグル自治区のカナス(喀納斯)景勝地は、一面の雪に覆われた白銀の世界が現れ、最低気温がマイナス30度まで下がっている。同景勝地は観光客に雪景色を楽しみ、民俗風情や冬ならではの娯楽・イベントを体験してもらおうと、氷雪観光資源を民俗イベントやスポーツ競技と結びつけ、馬そり、昔ながらのスキー、アーチェリー、伝統的な馬上ゲーム「姑娘追」、競馬といったイベントを行っている。(ウルムチ=新華社記者/胡虎虎)=2019(平成31)年1月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010700604

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年01月02日
    雪氷きらめく「人間界の極楽浄土」新疆ウイグル自治区

    2日、カナス湖畔に茂るヒマラヤスギ。寒さが厳しい冬を迎え、「人間界の浄土」の美名を持つ中国新疆ウイグル自治区のカナス(喀納斯)景勝地は、一面の雪に覆われた白銀の世界が現れ、最低気温がマイナス30度まで下がっている。同景勝地は観光客に雪景色を楽しみ、民俗風情や冬ならではの娯楽・イベントを体験してもらおうと、氷雪観光資源を民俗イベントやスポーツ競技と結びつけ、馬そり、昔ながらのスキー、アーチェリー、伝統的な馬上ゲーム「姑娘追」、競馬といったイベントを行っている。(ウルムチ=新華社記者/趙戈)=2019(平成31)年1月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010700807

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年01月02日
    雪氷きらめく「人間界の極楽浄土」新疆ウイグル自治区

    2日、カナス景勝地に広がる一面の銀世界。寒さが厳しい冬を迎え、「人間界の浄土」の美名を持つ中国新疆ウイグル自治区のカナス(喀納斯)景勝地は、一面の雪に覆われた白銀の世界が現れ、最低気温がマイナス30度まで下がっている。同景勝地は観光客に雪景色を楽しみ、民俗風情や冬ならではの娯楽・イベントを体験してもらおうと、氷雪観光資源を民俗イベントやスポーツ競技と結びつけ、馬そり、昔ながらのスキー、アーチェリー、伝統的な馬上ゲーム「姑娘追」、競馬といったイベントを行っている。(ウルムチ=新華社記者/胡虎虎)=2019(平成31)年1月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010700630

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年01月02日
    雪氷きらめく「人間界の極楽浄土」新疆ウイグル自治区

    2日、カナス景勝地で、馬そりを体験する観光客。寒さが厳しい冬を迎え、「人間界の浄土」の美名を持つ中国新疆ウイグル自治区のカナス(喀納斯)景勝地は、一面の雪に覆われた白銀の世界が現れ、最低気温がマイナス30度まで下がっている。同景勝地は観光客に雪景色を楽しみ、民俗風情や冬ならではの娯楽・イベントを体験してもらおうと、氷雪観光資源を民俗イベントやスポーツ競技と結びつけ、馬そり、昔ながらのスキー、アーチェリー、伝統的な馬上ゲーム「姑娘追」、競馬といったイベントを行っている。(ウルムチ=新華社記者/胡虎虎)=2019(平成31)年1月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010700594

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年01月02日
    雪氷きらめく「人間界の極楽浄土」新疆ウイグル自治区

    2日、カナス湖畔で、雪景色を撮影する観光客。寒さが厳しい冬を迎え、「人間界の浄土」の美名を持つ中国新疆ウイグル自治区のカナス(喀納斯)景勝地は、一面の雪に覆われた白銀の世界が現れ、最低気温がマイナス30度まで下がっている。同景勝地は観光客に雪景色を楽しみ、民俗風情や冬ならではの娯楽・イベントを体験してもらおうと、氷雪観光資源を民俗イベントやスポーツ競技と結びつけ、馬そり、昔ながらのスキー、アーチェリー、伝統的な馬上ゲーム「姑娘追」、競馬といったイベントを行っている。(ウルムチ=新華社記者/趙戈)=2019(平成31)年1月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010700775

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年01月02日
    雪氷きらめく「人間界の極楽浄土」新疆ウイグル自治区

    2日、カナス景勝地で、雪の中乗馬を楽しむ観光客。寒さが厳しい冬を迎え、「人間界の浄土」の美名を持つ中国新疆ウイグル自治区のカナス(喀納斯)景勝地は、一面の雪に覆われた白銀の世界が現れ、最低気温がマイナス30度まで下がっている。同景勝地は観光客に雪景色を楽しみ、民俗風情や冬ならではの娯楽・イベントを体験してもらおうと、氷雪観光資源を民俗イベントやスポーツ競技と結びつけ、馬そり、昔ながらのスキー、アーチェリー、伝統的な馬上ゲーム「姑娘追」、競馬といったイベントを行っている。(ウルムチ=新華社記者/胡虎虎)=2019(平成31)年1月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010700808

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年01月02日
    雪氷きらめく「人間界の極楽浄土」新疆ウイグル自治区

    2日、カナス景勝地を貫く道路。(小型無人機から)寒さが厳しい冬を迎え、「人間界の浄土」の美名を持つ中国新疆ウイグル自治区のカナス(喀納斯)景勝地は、一面の雪に覆われた白銀の世界が現れ、最低気温がマイナス30度まで下がっている。同景勝地は観光客に雪景色を楽しみ、民俗風情や冬ならではの娯楽・イベントを体験してもらおうと、氷雪観光資源を民俗イベントやスポーツ競技と結びつけ、馬そり、昔ながらのスキー、アーチェリー、伝統的な馬上ゲーム「姑娘追」、競馬といったイベントを行っている。(ウルムチ=新華社記者/趙戈)=2019(平成31)年1月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010700806

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年01月02日
    雪氷きらめく「人間界の極楽浄土」新疆ウイグル自治区

    2日、カナス景勝地の名所の1つ、月亮湾。寒さが厳しい冬を迎え、「人間界の浄土」の美名を持つ中国新疆ウイグル自治区のカナス(喀納斯)景勝地は、一面の雪に覆われた白銀の世界が現れ、最低気温がマイナス30度まで下がっている。同景勝地は観光客に雪景色を楽しみ、民俗風情や冬ならではの娯楽・イベントを体験してもらおうと、氷雪観光資源を民俗イベントやスポーツ競技と結びつけ、馬そり、昔ながらのスキー、アーチェリー、伝統的な馬上ゲーム「姑娘追」、競馬といったイベントを行っている。(ウルムチ=新華社記者/趙戈)=2019(平成31)年1月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019010700628

  • 2019年01月10日
    国境の安全を守る満洲里税関内モンゴル自治区満洲里

    10日、夜間にロシアから入国した観光バスを念入りにチェックする満洲里税関の職員。中国内モンゴル自治区フルンボイル市に位置する満洲里は、中国最大の陸路口岸(通関地点)都市の一つとして知られている。この地の冬は寒くて長く、日中の最低気温は常にマイナス30度ほどで、最も寒い時期にはマイナス40度を下回る。このような寒さの厳しい辺境で、満洲里税関の職員たちは国境の安全を守り、ここを通過する旅人の心に温もりを与えている。(満洲里=新華社記者/鄒予)=2019(平成31)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011517622

  • 2019年01月10日
    国境の安全を守る満洲里税関内モンゴル自治区満洲里

    10日の夜8時半、満洲里の公路(道路)口岸で、一日の仕事を終えて職場の送迎バスに向かって歩く税関職員。中国内モンゴル自治区フルンボイル市に位置する満洲里は、中国最大の陸路口岸(通関地点)都市の一つとして知られている。この地の冬は寒くて長く、日中の最低気温は常にマイナス30度ほどで、最も寒い時期にはマイナス40度を下回る。このような寒さの厳しい辺境で、満洲里税関の職員たちは国境の安全を守り、ここを通過する旅人の心に温もりを与えている。(満洲里=新華社記者/才揚)=2019(平成31)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011517022

  • 2019年01月10日
    国境の安全を守る満洲里税関内モンゴル自治区満洲里

    10日、満洲里の公路(道路)口岸で、規定を超えた外貨の持ち込みを摘発し、関連状況について記録する税関職員。中国内モンゴル自治区フルンボイル市に位置する満洲里は、中国最大の陸路口岸(通関地点)都市の一つとして知られている。この地の冬は寒くて長く、日中の最低気温は常にマイナス30度ほどで、最も寒い時期にはマイナス40度を下回る。このような寒さの厳しい辺境で、満洲里税関の職員たちは国境の安全を守り、ここを通過する旅人の心に温もりを与えている。(満洲里=新華社記者/才揚)=2019(平成31)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011517292

  • 2019年01月10日
    国境の安全を守る満洲里税関内モンゴル自治区満洲里

    10日、入国審査を行う満洲里税関の職員。中国内モンゴル自治区フルンボイル市に位置する満洲里は、中国最大の陸路口岸(通関地点)都市の一つとして知られている。この地の冬は寒くて長く、日中の最低気温は常にマイナス30度ほどで、最も寒い時期にはマイナス40度を下回る。このような寒さの厳しい辺境で、満洲里税関の職員たちは国境の安全を守り、ここを通過する旅人の心に温もりを与えている。(満洲里=新華社記者/鄒予)=2019(平成31)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011517013

  • 2019年01月10日
    国境の安全を守る満洲里税関内モンゴル自治区満洲里

    10日、到着貨物の税関申告書を念入りにチェックする満洲里税関の職員。中国内モンゴル自治区フルンボイル市に位置する満洲里は、中国最大の陸路口岸(通関地点)都市の一つとして知られている。この地の冬は寒くて長く、日中の最低気温は常にマイナス30度ほどで、最も寒い時期にはマイナス40度を下回る。このような寒さの厳しい辺境で、満洲里税関の職員たちは国境の安全を守り、ここを通過する旅人の心に温もりを与えている。(満洲里=新華社記者/鄒予)=2019(平成31)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019011517030

  • 2019年01月19日
    世界初のスマートレール電車氷点下での試験運転実施

    氷点下で行われている世界初のスマートレール路面電車の試験運転。(資料写真)中国黒竜江省ハルビン市は春節(旧正月)期間中、最低気温が氷点下20度を下回る。この厳しい寒さの中、世界初のスマートレール路面電車の試験運転が行われていた。2018年5月に中国初のスマートレール路面電車モデル路線が誕生してから、この電車は公道で数カ月の試験運転を実施。厳しい寒さの中でのスマートレール電車の信頼性を検証するため、中車株洲電力機車研究所は今回、車両を最適化し、主に氷雪路面での制動や車体の安定性、カーブ走行性能、追従精度、低温環境での蓄電池の最大航続能力、運転時の最高速度、平均速度、電気部品設備の低温下での使用性能などのテストを行った。初日のテストでは、スマートレール路面電車の運転状況は全体的に良好で、適応性が高いという結果が出た。今回のテスト結果は、スマートレール電車の北部寒冷地域での実用化に科学的根拠を提供する。(長沙=新華社配信/中車株洲電力機車研究所提供)=2019(平成31)年1月19日、クレジット:中車株洲電力機車研究所/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030714734

  • 2019年01月21日
    世界初のスマートレール電車氷点下での試験運転実施

    氷点下で行われている世界初のスマートレール路面電車の試験運転。(資料写真)中国黒竜江省ハルビン市は春節(旧正月)期間中、最低気温が氷点下20度を下回る。この厳しい寒さの中、世界初のスマートレール路面電車の試験運転が行われていた。2018年5月に中国初のスマートレール路面電車モデル路線が誕生してから、この電車は公道で数カ月の試験運転を実施。厳しい寒さの中でのスマートレール電車の信頼性を検証するため、中車株洲電力機車研究所は今回、車両を最適化し、主に氷雪路面での制動や車体の安定性、カーブ走行性能、追従精度、低温環境での蓄電池の最大航続能力、運転時の最高速度、平均速度、電気部品設備の低温下での使用性能などのテストを行った。初日のテストでは、スマートレール路面電車の運転状況は全体的に良好で、適応性が高いという結果が出た。今回のテスト結果は、スマートレール電車の北部寒冷地域での実用化に科学的根拠を提供する。(長沙=新華社配信/中車株洲電力機車研究所提供)=2019(平成31)年1月21日、クレジット:中車株洲電力機車研究所/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030714705

  • 2019年01月22日
    世界初のスマートレール電車氷点下での試験運転実施

    氷点下で行われている世界初のスマートレール路面電車の試験運転。(資料写真)中国黒竜江省ハルビン市は春節(旧正月)期間中、最低気温が氷点下20度を下回る。この厳しい寒さの中、世界初のスマートレール路面電車の試験運転が行われていた。2018年5月に中国初のスマートレール路面電車モデル路線が誕生してから、この電車は公道で数カ月の試験運転を実施。厳しい寒さの中でのスマートレール電車の信頼性を検証するため、中車株洲電力機車研究所は今回、車両を最適化し、主に氷雪路面での制動や車体の安定性、カーブ走行性能、追従精度、低温環境での蓄電池の最大航続能力、運転時の最高速度、平均速度、電気部品設備の低温下での使用性能などのテストを行った。初日のテストでは、スマートレール路面電車の運転状況は全体的に良好で、適応性が高いという結果が出た。今回のテスト結果は、スマートレール電車の北部寒冷地域での実用化に科学的根拠を提供する。(長沙=新華社配信/中車株洲電力機車研究所提供)=2019(平成31)年1月22日、クレジット:中車株洲電力機車研究所/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030714735

  • 2019年01月24日
    零下30度の氷結パフォーマンス黒竜江省漠河市

    24日、黒竜江省漠河市北極村で、湯を一瞬で凍らせる遊びを楽しむ観光客。中国黒竜江省大興安嶺(だいこうあんれい)地区漠河(ばくが)市の北極村で24日、最低気温が零下30度近くの極寒の下、多くの観光客が空に向かって熱湯をまき、一瞬のうちに氷結させる遊びを楽しんだ。(漠河=新華社記者/才揚)=2019(平成31)年1月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012821305

  • 2019年01月24日
    零下30度の氷結パフォーマンス黒竜江省漠河市

    24日、黒竜江省漠河市北極村で、湯を一瞬で凍らせる遊びを楽しむ観光客。中国黒竜江省大興安嶺(だいこうあんれい)地区漠河(ばくが)市の北極村で24日、最低気温が零下30度近くの極寒の下、多くの観光客が空に向かって湯をまき、一瞬のうちに氷結させる遊びを楽しんだ。(漠河=新華社記者/才揚)=2019(平成31)年1月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012821288

  • 2019年01月24日
    零下30度の氷結パフォーマンス黒竜江省漠河市

    24日、黒竜江省漠河市北極村で、湯を一瞬で凍らせる遊びを楽しむ観光客。中国黒竜江省大興安嶺(だいこうあんれい)地区漠河(ばくが)市の北極村で24日、最低気温が零下30度近くの極寒の下、多くの観光客が空に向かって熱湯をまき、一瞬のうちに氷結させる遊びを楽しんだ。(漠河=新華社記者/王毓国)=2019(平成31)年1月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012821235

  • 2019年01月24日
    零下30度の氷結パフォーマンス黒竜江省漠河市

    24日、黒竜江省漠河市北極村で、湯を一瞬で凍らせる遊びを楽しむ観光客。中国黒竜江省大興安嶺(だいこうあんれい)地区漠河(ばくが)市の北極村で24日、最低気温が零下30度近くの極寒の下、多くの観光客が空に向かって熱湯をまき、一瞬のうちに氷結させる遊びを楽しんだ。(漠河=新華社記者/王毓国)=2019(平成31)年1月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012821612

  • 2019年01月24日
    零下30度の氷結パフォーマンス黒竜江省漠河市

    24日、黒竜江省漠河市北極村で、湯を一瞬で凍らせる遊びを楽しむ観光客。中国黒竜江省大興安嶺(だいこうあんれい)地区漠河(ばくが)市の北極村で24日、最低気温が零下30度近くの極寒の下、多くの観光客が空に向かって熱湯をまき、一瞬のうちに氷結させる遊びを楽しんだ。(漠河=新華社記者/才揚)=2019(平成31)年1月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012821294

  • 2019年01月24日
    零下30度の氷結パフォーマンス黒竜江省漠河市

    24日、黒竜江省漠河市北極村で、湯を一瞬で凍らせる遊びを楽しむ観光客。中国黒竜江省大興安嶺(だいこうあんれい)地区漠河(ばくが)市の北極村で24日、最低気温が零下30度近くの極寒の下、多くの観光客が空に向かって熱湯をまき、一瞬のうちに氷結させる遊びを楽しんだ。(漠河=新華社記者/才揚)=2019(平成31)年1月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012820845

  • 2019年01月25日
    世界初のスマートレール電車氷点下での試験運転実施

    氷点下で行われている世界初のスマートレール路面電車の試験運転。(資料写真)中国黒竜江省ハルビン市は春節(旧正月)期間中、最低気温が氷点下20度を下回る。この厳しい寒さの中、世界初のスマートレール路面電車の試験運転が行われていた。2018年5月に中国初のスマートレール路面電車モデル路線が誕生してから、この電車は公道で数カ月の試験運転を実施。厳しい寒さの中でのスマートレール電車の信頼性を検証するため、中車株洲電力機車研究所は今回、車両を最適化し、主に氷雪路面での制動や車体の安定性、カーブ走行性能、追従精度、低温環境での蓄電池の最大航続能力、運転時の最高速度、平均速度、電気部品設備の低温下での使用性能などのテストを行った。初日のテストでは、スマートレール路面電車の運転状況は全体的に良好で、適応性が高いという結果が出た。今回のテスト結果は、スマートレール電車の北部寒冷地域での実用化に科学的根拠を提供する。(長沙=新華社配信/中車株洲電力機車研究所提供)=2019(平成31)年1月25日、クレジット:中車株洲電力機車研究所/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030714729

  • 00:37.57
    2019年01月25日
    7色の氷像、渓谷彩る 北海道・層雲峡温泉

    北海道上川町で25日、7色にライトアップされた氷像が極寒の渓谷を彩る「層雲峡温泉氷瀑まつり」が始まった。毎日午後2時から10時、3月17日まで点灯する。大雪山をイメージした高さ約13メートル、幅100メートルの氷像など、約30基が赤や青などの光で幻想的に照らされた。内部の空洞に入れる氷像もあり、土、日、祝日には氷のカウンターを設置したバーも開店。25日は最低気温が氷点下10度と冷え込んだが、多くの来場者が氷像に触れたり、写真を撮ったりして楽しんだ。<映像内容>氷像、氷像の中を歩いたり氷のカウンターを見学したりする人の様子、氷像の大雪山など、撮影日:2019(平成31)年1月25日、撮影場所:北海道上川町

    商品コード: 2019012818539

  • 00:46.54
    2019年02月09日
    「北海道新聞」陸別で氷点下31.8度 道内10地点が史上最低気温 最強寒気に放射冷却重なる

    道内は2月9日、北極付近の低気圧「極渦(きょくうず)」の乱れによる観測史上最も強い上空の寒気と、晴れて地表の熱が奪われる放射冷却現象の影響で、厳しい冷え込みとなった。4地点で今季初めて氷点下30度を下回り、十勝管内陸別町では最低気温が同31・8度と今季の全国最低を更新した。千歳市など10地点で観測史上最低気温を記録、札幌管区気象台は水道管凍結などに注意を呼び掛けている。<映像内容>極寒の北海道陸別町の様子、撮影日:2019(平成31)年2月9日、撮影場所:北海道 陸別町、クレジット:北海道新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022002864

  • 02:43.92
    2019年02月12日
    「新華社」世界初のスマートレール電車氷点下での試験運転実施

    中国黒竜江省ハルビン市は春節(旧正月)期間中、最低気温が氷点下20度を下回る。この厳しい寒さの中、世界初のスマートレール路面電車の試験運転が行われている。2018年5月に中国初のスマートレール路面電車モデル路線が誕生してから、この電車は公道で数カ月の試験運転を実施。全体的な運転状況は良好で、営業運転を実現する能力をほぼ備えており、四川省宜賓(ぎひん)市や江西省九江(きゅうこう)市永修(えいしゅう)県など、中国南部の都市で相次いで導入され、今後実用化の段階に入る。厳しい寒さの中でのスマートレール電車の信頼性を検証するため、中国中車株洲電力機車研究所は今回、車両を最適化し、主に氷雪路面での制動や車体の安定性、カーブ走行性能、追従精度、低温環境での蓄電池の最大航続能力、運転時の最高速度、平均速度、電気部品設備の低温下での使用性能などのテストを行った。初日のテストでは、スマートレール路面電車の運転状況は全体的に良好で、適応性が高いという結果が出た。今回のテスト結果は、スマートレール電車の北部寒冷地域での実用化に科学的根拠を提供する。中国中車株洲電力機車研究所が2017年6月に研究開発したスマートレール路面電車は、路面の仮想レール追従技術を採用し、ゴムタイヤを装着した電動車両を輸送手段とする新型の軌道交通システムだ。レールを敷設する必要がなく、既存の道路を改修するだけで、車両に取り付けられた監視カメラや探知レーダーなどが路面の標識線や周辺の情報を収集し、路面の標識線を仮想レールとして、多軸ステアリングシステムにより、仮想レールに沿って運行する。蓄電池を搭載した車両は急速充電にも対応しており、10分間の充電で25キロの航続が可能だ。設計最高速度は時速70キロで、最小回転半径は15メートル、前後両方向に走行が可能で、低コストで輸送力が高く、車両製造工期が短いなどの特徴がある。(記者/丁春雨)<映像内容>中国のスマートレール電車の試験運転の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021218336

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:42.39
    2019年03月07日
    「新華社」冬の寒さを生かした観光業が盛んに新疆ウイグル自治区カナス

    中国新疆ウイグル自治区アルタイ(阿勒泰)地区のカナス(喀納斯)は冬の寒さが極めて厳しいが、地元の牧畜民はこの寒さを利用して、豊かになる道を歩んでいる。ミランベックさんは牧畜民だが、3年前にその仕事をやめ、自宅の木造家屋を使って、毎年十数万元(1元=約17円)の収入を得ている。新疆ウイグル自治区カナス風景区にある禾木郷は降雪期間が長く、最低気温が氷点下50度を記録したこともある。交通や電力などのインフラの改善に伴い、この地の清らかな氷雪に覆われた風景に魅了された国内外の観光客が訪れるようになり、山深い豪雪地帯の牧畜民に利益をもたらしている。いち早く商機を見出したミランベックさんは、数部屋ある木造家屋の自宅を民宿にリフォームした。世界中から訪れる観光客は地元の牧畜民に確かな収入をもたらし、観光業によって多くの牧畜民が冬を「閑散期」から「繁忙期」へと変え、豊かになる道を歩んでいる。(記者/宿伝義、周曄、宣力祺、張暁竜、胡虎虎)<映像内容>中国新疆ウイグル自治区カナスの冬の風景、観光の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030714668

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年06月18日
    地震速報、2・1秒短縮

    最高・最低気温の予想誤差

    商品コード: 2019061801607

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年06月18日
    地震速報、2・1秒短縮

    最高・最低気温の予想誤差

    商品コード: 2019061801608

  • 01:33.62
    2019年09月18日
    「新華社」中国の「北極」で今秋初の霜害が発生黒竜江省漠河市

    中国の「北極」と呼ばれる黒竜江省漠河市では強い冷気の影響を受けてこのほど気温が低下し、摂氏0度を下回り、初の霜害が発生した。同市は省北西部、大興安嶺山脈の北麓に位置し、冬の最低気温はしばしばマイナス40度前後まで下がる。(記者/馬暁成)<映像内容>今秋初の霜害が発生、植物の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019091904847

  • 2019年11月15日
    氷点下40度近くの冷え込みがもたらす霧氷黒竜江省大興安嶺

    15日、寒気の影響を受け、呼中区を流れる呼瑪河の両岸に出現した霧氷。中国黒竜江省大興安嶺地区では寒気の影響で気温の低い日が続いている。呼中(こちゅう)区、漠河(ばくが)市など、多くの地域では最低気温がすでに氷点下40度近くに達している。呼中区を流れる呼瑪(こば)河の両岸に、美しい樹氷の景色が出現した。真っ白な霧氷が太陽の光を浴びてきらきらと輝き、まるでおとぎ話のような美しい風景が一面に広がっている。(大興安嶺=新華社配信/馮宏偉)=2019(令和元)年11月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111902829

  • 2019年11月15日
    氷点下40度近くの冷え込みがもたらす霧氷黒竜江省大興安嶺

    15日、寒気の影響を受け、呼中区を流れる呼瑪河の両岸に出現した霧氷。中国黒竜江省大興安嶺地区では寒気の影響で気温の低い日が続いている。呼中(こちゅう)区、漠河(ばくが)市など、多くの地域では最低気温がすでに氷点下40度近くに達している。呼中区を流れる呼瑪(こば)河の両岸に、美しい樹氷の景色が出現した。真っ白な霧氷が太陽の光を浴びてきらきらと輝き、まるでおとぎ話のような美しい風景が一面に広がっている。(大興安嶺=新華社配信/馮宏偉)=2019(令和元)年11月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111902769

  • 2019年11月15日
    氷点下40度近くの冷え込みがもたらす霧氷黒竜江省大興安嶺

    15日、寒気の影響を受け、呼中区を流れる呼瑪河の両岸に出現した霧氷。中国黒竜江省大興安嶺地区では寒気の影響で気温の低い日が続いている。呼中(こちゅう)区、漠河(ばくが)市など、多くの地域では最低気温がすでに氷点下40度近くに達している。呼中区を流れる呼瑪(こば)河の両岸に、美しい樹氷の景色が出現した。真っ白な霧氷が太陽の光を浴びてきらきらと輝き、まるでおとぎ話のような美しい風景が一面に広がっている。(大興安嶺=新華社配信/馮宏偉)=2019(令和元)年11月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111902705

  • 01:28.36
    2019年11月27日
    「新華社」蓮花湖のアイスバブルが絶景黒竜江省漠河市

    中国黒竜江省漠河市では、寒気の到来により最低気温が氷点下30度前後まで下がる日が続いている。市内の蓮花湖も凍結し、凍った水の中に「アイスバブル」と呼ばれる自然現象が珍しい景観を作りだしている。アイスバブルは、湖底の植物が発するメタンガスが氷の中に閉じ込められることで、アイスバブルが現れる。(記者/馬暁成、李建平)<映像内容>自然現象「アイスバブル」の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019112701784

  • 00:41.81
    2019年11月30日
    「新華社」中国最北端の「冷蔵庫」ホテルに泊まってみよう

    中国黒竜江省漠河(ばくが)市北極村風景区にある「氷雪ホテル」が11月末にオープンした。ベッドからソファ、ワインセラーに至るまで、内部のあらゆる設備は氷と雪を使って丹念に造られ、一歩足を踏み入れるとまるで「冷蔵庫」の中に入ったような、今までにない新鮮さが感じられる。毛布、寝袋、電気毛布等の防寒用具も完備されており、宿泊客は心地よい「冬眠」を体験することができる。中国最北端に位置する漠河市は1年のうち8ヶ月は雪に覆われている。年平均気温は氷点下5度ほどで、厳寒期の最低気温が氷点下50度まで下がることもある。同市は独特な自然環境を活かして冬季観光に力を入れており、訪れる人々に多彩な氷と雪の体験を提供している。(記者/周天翮、張天朗)<映像内容>氷と雪で作られた「氷雪ホテル」の内観、撮影日:2019(令和元)年11月末、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120604635

  • 2019年12月19日
    寒気の影響で氷霧が発生黒竜江省大興安嶺

    19日、氷霧が観測された呼中区内の様子。中国黒竜江省大興安嶺地区の関連部門によると、寒気の影響で同地区の漠河市、呼中区などで最低気温が氷点下40度以下となる厳しい冷え込みが続いており、各地で微小な氷の結晶からなる霧、氷霧が観測された。(ハルビン=新華社配信/馮宏偉)=2019(令和元)年12月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122401608

  • 2019年12月19日
    寒気の影響で氷霧が発生黒竜江省大興安嶺

    19日、各地で氷霧が観測された漠河市内の路上で働く作業員。中国黒竜江省大興安嶺地区の関連部門によると、寒気の影響で同地区の漠河市、呼中区などで最低気温が氷点下40度以下となる厳しい冷え込みが続いており、各地で微小な氷の結晶からなる霧、氷霧が観測された。(ハルビン=新華社配信/王景陽)=2019(令和元)年12月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122401523

  • 01:07.11
    2019年12月25日
    「新華社」中国の最も寒い地でマラソン1500人が参加内モンゴル自治区

    中国の史上最低気温、氷点下58度を記録し「中国の寒極」とされる内モンゴル自治区フルンボイル市根河市で25日、2019中国寒極マラソンが開かれた。同マラソンはフルンボイル市人民政府が主催し、ハーフマラソンとヘルシーラン(5キロ)の2種目に、中国各地とモンゴルからの1500人余りの選手が参加した。(記者/葉紫嫣、徐欽、徐壮)<映像内容>2019中国寒極マラソンの様子、撮影日:2019(令和元)年12月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010701463

  • 01:23.67
    2020年01月06日
    「新華社」氷点下40度、凍った梨がハンマーに黒竜江省漠河市

    中国最北端に位置する黒竜江省漠河(ばくが)市では強い寒気の影響を受け、最低気温が氷点下40度まで下がっている。この気温はどのくらいの寒さなのだろうか。市内の複数の屋台には、さまざまな冷凍品が並んでいる。凍った梨はハンマーとしても使えるほどの硬さになっていた。(記者/梁冬)<映像内容>凍った梨をトンカチのように使う様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020011005926

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:16.11
    2020年01月06日
    「新華社」中国の「北極」の治安を守る警察官

    国黒竜江省漠河(ばくが)市北極村は、中ロ国境の黒竜江南岸に位置し、毎年100万人近くの観光客を迎えている。村の最低気温は氷点下40度を下回る。北極辺境派出所は70年以上の歴史を持ち、173キロに及ぶ国境線と2798平方キロの国境管理区内における治安維持を担っている。「北極観光」の発展に伴い、観光客の安全確保も警察の重要業務となった。管轄エリアの治安や戸籍、国境の管理などのほか、毎年観光シーズンには違法漁業の取り締まり、観光客に対するサポートと国境に関する法律の周知も重要となる。(記者/斉泓鑫、楊思琪、唐鉄富)<映像内容>中国の北極村の風景、観光客の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010901966

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年01月11日
    「死の海」の奥深く、地球を「CTスキャン」する人々

    11日、タクラマカン砂漠の中にある地震データ採集用計器車両の駐車地点。(小型無人機から)地球物理学的探査(物理探査)は石油・天然ガス開発の最初のステップであり、地球のCTスキャンに相当する。物理探査作業員は厳格な測線配置に対応する位置で掘削し、人工的に地震を発生させ、地震波のデータを取得する。科学研究員は、データで構成された「CT画像」を通じて、地下の地質構造をはっきりと見て、石油や天然ガスがどこに埋蔵されているかを判断できる。中国石油集団東方地球物理学勘探(BGP)タリム物理探査処2113隊は2019年10月、中国新疆ウイグル自治区のタクラマカン砂漠の奥地に入り、3次元反射法地震探査を開始した。2千人近い物理探査作業員が1千平方キロの範囲内で2020年4月まで作業を続け、国家のために石油と天然ガスを探す。彼らは間もなく、14年連続でタクラマカン砂漠の奥地で春節(旧正月)を迎える。豊富な石油・天然ガス資源が眠る新疆のタクラマカン砂漠は、「死の海」とも呼ばれる乾燥した地域。年間降水量は50ミリ以下で、冬の地表の最低気温は氷点下30度を下回り、世界で石油と天然ガスの探査が最も困難な地域の一つとされる。(シャヤール=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年1月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012000767

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年01月12日
    「死の海」の奥深く、地球を「CTスキャン」する人々

    12日、発破作業を行う爆破チームの作業員。地球物理学的探査(物理探査)は石油・天然ガス開発の最初のステップであり、地球のCTスキャンに相当する。物理探査作業員は厳格な測線配置に対応する位置で掘削し、人工的に地震を発生させ、地震波のデータを取得する。科学研究員は、データで構成された「CT画像」を通じて、地下の地質構造をはっきりと見て、石油や天然ガスがどこに埋蔵されているかを判断できる。中国石油集団東方地球物理学勘探(BGP)タリム物理探査処2113隊は2019年10月、中国新疆ウイグル自治区のタクラマカン砂漠の奥地に入り、3次元反射法地震探査を開始した。2千人近い物理探査作業員が1千平方キロの範囲内で2020年4月まで作業を続け、国家のために石油と天然ガスを探す。彼らは間もなく、14年連続でタクラマカン砂漠の奥地で春節(旧正月)を迎える。豊富な石油・天然ガス資源が眠る新疆のタクラマカン砂漠は、「死の海」とも呼ばれる乾燥した地域。年間降水量は50ミリ以下で、冬の地表の最低気温は氷点下30度を下回り、世界で石油と天然ガスの探査が最も困難な地域の一つとされる。(シャヤール=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年1月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012000742

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年01月13日
    「死の海」の奥深く、地球を「CTスキャン」する人々

    13日、砂漠を歩きながら測量を続ける測量員。(小型無人機から)地球物理学的探査(物理探査)は石油・天然ガス開発の最初のステップであり、地球のCTスキャンに相当する。物理探査作業員は厳格な測線配置に対応する位置で掘削し、人工的に地震を発生させ、地震波のデータを取得する。科学研究員は、データで構成された「CT画像」を通じて、地下の地質構造をはっきりと見て、石油や天然ガスがどこに埋蔵されているかを判断できる。中国石油集団東方地球物理学勘探(BGP)タリム物理探査処2113隊は2019年10月、中国新疆ウイグル自治区のタクラマカン砂漠の奥地に入り、3次元反射法地震探査を開始した。2千人近い物理探査作業員が1千平方キロの範囲内で2020年4月まで作業を続け、国家のために石油と天然ガスを探す。彼らは間もなく、14年連続でタクラマカン砂漠の奥地で春節(旧正月)を迎える。豊富な石油・天然ガス資源が眠る新疆のタクラマカン砂漠は、「死の海」とも呼ばれる乾燥した地域。年間降水量は50ミリ以下で、冬の地表の最低気温は氷点下30度を下回り、世界で石油と天然ガスの探査が最も困難な地域の一つとされる。(シャヤール=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012000744

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年01月13日
    「死の海」の奥深く、地球を「CTスキャン」する人々

    13日、砂漠のくぼ地で砂に車輪を取られた測量作業車をけん引する水タンク車。地球物理学的探査(物理探査)は石油・天然ガス開発の最初のステップであり、地球のCTスキャンに相当する。物理探査作業員は厳格な測線配置に対応する位置で掘削し、人工的に地震を発生させ、地震波のデータを取得する。科学研究員は、データで構成された「CT画像」を通じて、地下の地質構造をはっきりと見て、石油や天然ガスがどこに埋蔵されているかを判断できる。中国石油集団東方地球物理学勘探(BGP)タリム物理探査処2113隊は2019年10月、中国新疆ウイグル自治区のタクラマカン砂漠の奥地に入り、3次元反射法地震探査を開始した。2千人近い物理探査作業員が1千平方キロの範囲内で2020年4月まで作業を続け、国家のために石油と天然ガスを探す。彼らは間もなく、14年連続でタクラマカン砂漠の奥地で春節(旧正月)を迎える。豊富な石油・天然ガス資源が眠る新疆のタクラマカン砂漠は、「死の海」とも呼ばれる乾燥した地域。年間降水量は50ミリ以下で、冬の地表の最低気温は氷点下30度を下回り、世界で石油と天然ガスの探査が最も困難な地域の一つとされる。(シャヤール=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012000750

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年01月13日
    「死の海」の奥深く、地球を「CTスキャン」する人々

    13日、測線上にショット番号を設定する測量作業員。地球物理学的探査(物理探査)は石油・天然ガス開発の最初のステップであり、地球のCTスキャンに相当する。物理探査作業員は厳格な測線配置に対応する位置で掘削し、人工的に地震を発生させ、地震波のデータを取得する。科学研究員は、データで構成された「CT画像」を通じて、地下の地質構造をはっきりと見て、石油や天然ガスがどこに埋蔵されているかを判断できる。中国石油集団東方地球物理学勘探(BGP)タリム物理探査処2113隊は2019年10月、中国新疆ウイグル自治区のタクラマカン砂漠の奥地に入り、3次元反射法地震探査を開始した。2千人近い物理探査作業員が1千平方キロの範囲内で2020年4月まで作業を続け、国家のために石油と天然ガスを探す。彼らは間もなく、14年連続でタクラマカン砂漠の奥地で春節(旧正月)を迎える。豊富な石油・天然ガス資源が眠る新疆のタクラマカン砂漠は、「死の海」とも呼ばれる乾燥した地域。年間降水量は50ミリ以下で、冬の地表の最低気温は氷点下30度を下回り、世界で石油と天然ガスの探査が最も困難な地域の一つとされる。(シャヤール=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012000906

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年01月13日
    「死の海」の奥深く、地球を「CTスキャン」する人々

    13日、上は休憩時に水を飲む掘削作業員の鄭付紅(てい・ふこう)さん。下は気温が低いため、凍ってしまった鄭付紅さんのボトル内の水。(組み合わせ写真)地球物理学的探査(物理探査)は石油・天然ガス開発の最初のステップであり、地球のCTスキャンに相当する。物理探査作業員は厳格な測線配置に対応する位置で掘削し、人工的に地震を発生させ、地震波のデータを取得する。科学研究員は、データで構成された「CT画像」を通じて、地下の地質構造をはっきりと見て、石油や天然ガスがどこに埋蔵されているかを判断できる。中国石油集団東方地球物理学勘探(BGP)タリム物理探査処2113隊は2019年10月、中国新疆ウイグル自治区のタクラマカン砂漠の奥地に入り、3次元反射法地震探査を開始した。2千人近い物理探査作業員が1千平方キロの範囲内で2020年4月まで作業を続け、国家のために石油と天然ガスを探す。彼らは間もなく、14年連続でタクラマカン砂漠の奥地で春節(旧正月)を迎える。豊富な石油・天然ガス資源が眠る新疆のタクラマカン砂漠は、「死の海」とも呼ばれる乾燥した地域。年間降水量は50ミリ以下で、冬の地表の最低気温は氷点下30度を下回り、世界で石油と天然ガスの探査が最も困難な地域の一つとされる。(シャヤール=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012000873

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年01月13日
    「死の海」の奥深く、地球を「CTスキャン」する人々

    13日、爆破用のロッドを担いで次の掘削地点へ向かう掘削作業員の王吉武(おう・きつぶ)さん。地球物理学的探査(物理探査)は石油・天然ガス開発の最初のステップであり、地球のCTスキャンに相当する。物理探査作業員は厳格な測線配置に対応する位置で掘削し、人工的に地震を発生させ、地震波のデータを取得する。科学研究員は、データで構成された「CT画像」を通じて、地下の地質構造をはっきりと見て、石油や天然ガスがどこに埋蔵されているかを判断できる。中国石油集団東方地球物理学勘探(BGP)タリム物理探査処2113隊は2019年10月、中国新疆ウイグル自治区のタクラマカン砂漠の奥地に入り、3次元反射法地震探査を開始した。2千人近い物理探査作業員が1千平方キロの範囲内で2020年4月まで作業を続け、国家のために石油と天然ガスを探す。彼らは間もなく、14年連続でタクラマカン砂漠の奥地で春節(旧正月)を迎える。豊富な石油・天然ガス資源が眠る新疆のタクラマカン砂漠は、「死の海」とも呼ばれる乾燥した地域。年間降水量は50ミリ以下で、冬の地表の最低気温は氷点下30度を下回り、世界で石油と天然ガスの探査が最も困難な地域の一つとされる。(シャヤール=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012000944

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年01月13日
    「死の海」の奥深く、地球を「CTスキャン」する人々

    13日、測量作業をする作業員。1日当たり16キロの測量が任務だが、実際に歩く距離はこの数字を遥かに上回っている。地球物理学的探査(物理探査)は石油・天然ガス開発の最初のステップであり、地球のCTスキャンに相当する。物理探査作業員は厳格な測線配置に対応する位置で掘削し、人工的に地震を発生させ、地震波のデータを取得する。科学研究員は、データで構成された「CT画像」を通じて、地下の地質構造をはっきりと見て、石油や天然ガスがどこに埋蔵されているかを判断できる。中国石油集団東方地球物理学勘探(BGP)タリム物理探査処2113隊は2019年10月、中国新疆ウイグル自治区のタクラマカン砂漠の奥地に入り、3次元反射法地震探査を開始した。2千人近い物理探査作業員が1千平方キロの範囲内で2020年4月まで作業を続け、国家のために石油と天然ガスを探す。彼らは間もなく、14年連続でタクラマカン砂漠の奥地で春節(旧正月)を迎える。豊富な石油・天然ガス資源が眠る新疆のタクラマカン砂漠は、「死の海」とも呼ばれる乾燥した地域。年間降水量は50ミリ以下で、冬の地表の最低気温は氷点下30度を下回り、世界で石油と天然ガスの探査が最も困難な地域の一つとされる。(シャヤール=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012000779

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年01月13日
    「死の海」の奥深く、地球を「CTスキャン」する人々

    13日、砂を使って手袋に付着した泥を落とす掘削作業員の潘洪星(はん・こうせい)さん。地球物理学的探査(物理探査)は石油・天然ガス開発の最初のステップであり、地球のCTスキャンに相当する。物理探査作業員は厳格な測線配置に対応する位置で掘削し、人工的に地震を発生させ、地震波のデータを取得する。科学研究員は、データで構成された「CT画像」を通じて、地下の地質構造をはっきりと見て、石油や天然ガスがどこに埋蔵されているかを判断できる。中国石油集団東方地球物理学勘探(BGP)タリム物理探査処2113隊は2019年10月、中国新疆ウイグル自治区のタクラマカン砂漠の奥地に入り、3次元反射法地震探査を開始した。2千人近い物理探査作業員が1千平方キロの範囲内で2020年4月まで作業を続け、国家のために石油と天然ガスを探す。彼らは間もなく、14年連続でタクラマカン砂漠の奥地で春節(旧正月)を迎える。豊富な石油・天然ガス資源が眠る新疆のタクラマカン砂漠は、「死の海」とも呼ばれる乾燥した地域。年間降水量は50ミリ以下で、冬の地表の最低気温は氷点下30度を下回り、世界で石油と天然ガスの探査が最も困難な地域の一つとされる。(シャヤール=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012000754

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年01月13日
    「死の海」の奥深く、地球を「CTスキャン」する人々

    13日、上は砂漠で昼食をとる測量作業員の周国燕(しゅう・こくえん)さん(左)と夫の杞朝金(き・ちょうきん)さん。下は冷え切った饅頭(マントウ)を食べる測量作業員の周国燕さん。(組み合わせ写真)地球物理学的探査(物理探査)は石油・天然ガス開発の最初のステップであり、地球のCTスキャンに相当する。物理探査作業員は厳格な測線配置に対応する位置で掘削し、人工的に地震を発生させ、地震波のデータを取得する。科学研究員は、データで構成された「CT画像」を通じて、地下の地質構造をはっきりと見て、石油や天然ガスがどこに埋蔵されているかを判断できる。中国石油集団東方地球物理学勘探(BGP)タリム物理探査処2113隊は2019年10月、中国新疆ウイグル自治区のタクラマカン砂漠の奥地に入り、3次元反射法地震探査を開始した。2千人近い物理探査作業員が1千平方キロの範囲内で2020年4月まで作業を続け、国家のために石油と天然ガスを探す。彼らは間もなく、14年連続でタクラマカン砂漠の奥地で春節(旧正月)を迎える。豊富な石油・天然ガス資源が眠る新疆のタクラマカン砂漠は、「死の海」とも呼ばれる乾燥した地域。年間降水量は50ミリ以下で、冬の地表の最低気温は氷点下30度を下回り、世界で石油と天然ガスの探査が最も困難な地域の一つとされる。(シャヤール=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012000866

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年01月13日
    「死の海」の奥深く、地球を「CTスキャン」する人々

    13日、砂漠にテントを張る作業員。地球物理学的探査(物理探査)は石油・天然ガス開発の最初のステップであり、地球のCTスキャンに相当する。物理探査作業員は厳格な測線配置に対応する位置で掘削し、人工的に地震を発生させ、地震波のデータを取得する。科学研究員は、データで構成された「CT画像」を通じて、地下の地質構造をはっきりと見て、石油や天然ガスがどこに埋蔵されているかを判断できる。中国石油集団東方地球物理学勘探(BGP)タリム物理探査処2113隊は2019年10月、中国新疆ウイグル自治区のタクラマカン砂漠の奥地に入り、3次元反射法地震探査を開始した。2千人近い物理探査作業員が1千平方キロの範囲内で2020年4月まで作業を続け、国家のために石油と天然ガスを探す。彼らは間もなく、14年連続でタクラマカン砂漠の奥地で春節(旧正月)を迎える。豊富な石油・天然ガス資源が眠る新疆のタクラマカン砂漠は、「死の海」とも呼ばれる乾燥した地域。年間降水量は50ミリ以下で、冬の地表の最低気温は氷点下30度を下回り、世界で石油と天然ガスの探査が最も困難な地域の一つとされる。(シャヤール=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012000743

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年01月13日
    「死の海」の奥深く、地球を「CTスキャン」する人々

    13日、坑井掘削用のドリルパイプを連結する掘削作業員。地球物理学的探査(物理探査)は石油・天然ガス開発の最初のステップであり、地球のCTスキャンに相当する。物理探査作業員は厳格な測線配置に対応する位置で掘削し、人工的に地震を発生させ、地震波のデータを取得する。科学研究員は、データで構成された「CT画像」を通じて、地下の地質構造をはっきりと見て、石油や天然ガスがどこに埋蔵されているかを判断できる。中国石油集団東方地球物理学勘探(BGP)タリム物理探査処2113隊は2019年10月、中国新疆ウイグル自治区のタクラマカン砂漠の奥地に入り、3次元反射法地震探査を開始した。2千人近い物理探査作業員が1千平方キロの範囲内で2020年4月まで作業を続け、国家のために石油と天然ガスを探す。彼らは間もなく、14年連続でタクラマカン砂漠の奥地で春節(旧正月)を迎える。豊富な石油・天然ガス資源が眠る新疆のタクラマカン砂漠は、「死の海」とも呼ばれる乾燥した地域。年間降水量は50ミリ以下で、冬の地表の最低気温は氷点下30度を下回り、世界で石油と天然ガスの探査が最も困難な地域の一つとされる。(シャヤール=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012000762

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年01月14日
    「死の海」の奥深く、地球を「CTスキャン」する人々

    14日、バッテリーを持ち野営地へ戻るライン測線担当の4人の女性作業員。地球物理学的探査(物理探査)は石油・天然ガス開発の最初のステップであり、地球のCTスキャンに相当する。物理探査作業員は厳格な測線配置に対応する位置で掘削し、人工的に地震を発生させ、地震波のデータを取得する。科学研究員は、データで構成された「CT画像」を通じて、地下の地質構造をはっきりと見て、石油や天然ガスがどこに埋蔵されているかを判断できる。中国石油集団東方地球物理学勘探(BGP)タリム物理探査処2113隊は2019年10月、中国新疆ウイグル自治区のタクラマカン砂漠の奥地に入り、3次元反射法地震探査を開始した。2千人近い物理探査作業員が1千平方キロの範囲内で2020年4月まで作業を続け、国家のために石油と天然ガスを探す。彼らは間もなく、14年連続でタクラマカン砂漠の奥地で春節(旧正月)を迎える。豊富な石油・天然ガス資源が眠る新疆のタクラマカン砂漠は、「死の海」とも呼ばれる乾燥した地域。年間降水量は50ミリ以下で、冬の地表の最低気温は氷点下30度を下回り、世界で石油と天然ガスの探査が最も困難な地域の一つとされる。(シャヤール=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012000910

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年01月14日
    「死の海」の奥深く、地球を「CTスキャン」する人々

    14日、配線作業をする作業員の陳莉雲(ちん・りうん)さん。地球物理学的探査(物理探査)は石油・天然ガス開発の最初のステップであり、地球のCTスキャンに相当する。物理探査作業員は厳格な測線配置に対応する位置で掘削し、人工的に地震を発生させ、地震波のデータを取得する。科学研究員は、データで構成された「CT画像」を通じて、地下の地質構造をはっきりと見て、石油や天然ガスがどこに埋蔵されているかを判断できる。中国石油集団東方地球物理学勘探(BGP)タリム物理探査処2113隊は2019年10月、中国新疆ウイグル自治区のタクラマカン砂漠の奥地に入り、3次元反射法地震探査を開始した。2千人近い物理探査作業員が1千平方キロの範囲内で2020年4月まで作業を続け、国家のために石油と天然ガスを探す。彼らは間もなく、14年連続でタクラマカン砂漠の奥地で春節(旧正月)を迎える。豊富な石油・天然ガス資源が眠る新疆のタクラマカン砂漠は、「死の海」とも呼ばれる乾燥した地域。年間降水量は50ミリ以下で、冬の地表の最低気温は氷点下30度を下回り、世界で石油と天然ガスの探査が最も困難な地域の一つとされる。(シャヤール=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012000782

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年01月14日
    「死の海」の奥深く、地球を「CTスキャン」する人々

    14日、検波器を1セット設置し終え、腰を伸ばして休息をとる配線作業員の張進秀(ちょう・しんしゅう)さん。地球物理学的探査(物理探査)は石油・天然ガス開発の最初のステップであり、地球のCTスキャンに相当する。物理探査作業員は厳格な測線配置に対応する位置で掘削し、人工的に地震を発生させ、地震波のデータを取得する。科学研究員は、データで構成された「CT画像」を通じて、地下の地質構造をはっきりと見て、石油や天然ガスがどこに埋蔵されているかを判断できる。中国石油集団東方地球物理学勘探(BGP)タリム物理探査処2113隊は2019年10月、中国新疆ウイグル自治区のタクラマカン砂漠の奥地に入り、3次元反射法地震探査を開始した。2千人近い物理探査作業員が1千平方キロの範囲内で2020年4月まで作業を続け、国家のために石油と天然ガスを探す。彼らは間もなく、14年連続でタクラマカン砂漠の奥地で春節(旧正月)を迎える。豊富な石油・天然ガス資源が眠る新疆のタクラマカン砂漠は、「死の海」とも呼ばれる乾燥した地域。年間降水量は50ミリ以下で、冬の地表の最低気温は氷点下30度を下回り、世界で石油と天然ガスの探査が最も困難な地域の一つとされる。(シャヤール=新華社記者/丁磊)=2020(令和2)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012000739

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6