KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 全国重点文物保護単位
  • 指定
  • 重要文化財
  • 北宋
  • 千年
  • 建築様式
  • 国宝
  • 斗栱
  • 乾徳

「最古の木造建築」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
77
( 1 77 件を表示)
  • 1
77
( 1 77 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2009年01月22日
    法隆寺の文化遺産 金堂壁画を焼失

    1949(昭和24)年1月26日、国宝・法隆寺の金堂から火災が発生、貴重な壁画12面を焼損。原因は電気座布団からの失火ともいわれる。これがきっかけで翌年、文化財保護法が制定される。世界最古の木造建築物は93年に世界文化遺産となった。

    商品コード: 2009012200143

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2013年01月17日
    法隆寺の文化遺産 金堂壁画を焼失

    1949(昭和24)年1月26日、法隆寺の金堂で火災が発生、貴重な壁画12面を焼損した。電気座布団からの失火といわれ、これをきっかけに文化財保護法が制定された。93年、世界最古の木造建築法隆寺は世界文化遺産に登録された。

    商品コード: 2013011700253

  • 2019年11月30日
    長江以南で最古の木造建築物、華林寺をゆく福建省

    華林寺大殿の内部の様子。(11月30日撮影)中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺(かりんじ)は、北宋・乾徳2(964)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。繁栄と衰退を繰り返したこの寺は、今では大殿を残すのみとなっている。その建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特なもので、18本の木の柱があり、建物の柱上はすべて軒などを支える木の組物、斗拱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗拱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この独特な特徴は、中国南部の木造建築システムを研究する上での貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、同寺の大殿が日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」、「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与え、中日の文化交流を示す重要な歴史的証拠となっていることが分かった。中国の長江以南で最古の木造建築物として、1982年に国務院により第2回全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120406959

  • 2019年11月30日
    長江以南で最古の木造建築物、華林寺をゆく福建省

    華林寺の大殿の軒部分。(11月30日撮影)中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺(かりんじ)は、北宋・乾徳2(964)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。繁栄と衰退を繰り返したこの寺は、今では大殿を残すのみとなっている。その建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特なもので、18本の木の柱があり、建物の柱上はすべて軒などを支える木の組物、斗拱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗拱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この独特な特徴は、中国南部の木造建築システムを研究する上での貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、同寺の大殿が日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」、「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与え、中日の文化交流を示す重要な歴史的証拠となっていることが分かった。中国の長江以南で最古の木造建築物として、1982年に国務院により第2回全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120407012

  • 2019年11月30日
    長江以南で最古の木造建築物、華林寺をゆく福建省

    福建省福州市にある華林寺の大殿。(11月30日撮影)中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺(かりんじ)は、北宋・乾徳2(964)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。繁栄と衰退を繰り返したこの寺は、今では大殿を残すのみとなっている。その建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特なもので、18本の木の柱があり、建物の柱上はすべて軒などを支える木の組物、斗拱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗拱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この独特な特徴は、中国南部の木造建築システムを研究する上での貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、同寺の大殿が日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」、「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与え、中日の文化交流を示す重要な歴史的証拠となっていることが分かった。中国の長江以南で最古の木造建築物として、1982年に国務院により第2回全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120407014

  • 2019年11月30日
    長江以南で最古の木造建築物、華林寺をゆく福建省

    華林寺の大殿を構成する保存状態の良い木彫りの装飾用部材。(11月30日撮影)中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺(かりんじ)は、北宋・乾徳2(964)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。繁栄と衰退を繰り返したこの寺は、今では大殿を残すのみとなっている。その建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特なもので、18本の木の柱があり、建物の柱上はすべて軒などを支える木の組物、斗拱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗拱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この独特な特徴は、中国南部の木造建築システムを研究する上での貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、同寺の大殿が日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」、「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与え、中日の文化交流を示す重要な歴史的証拠となっていることが分かった。中国の長江以南で最古の木造建築物として、1982年に国務院により第2回全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120407024

  • 2019年11月30日
    長江以南で最古の木造建築物、華林寺をゆく福建省

    華林寺の大殿の裏門。(11月30日撮影)中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺(かりんじ)は、北宋・乾徳2(964)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。繁栄と衰退を繰り返したこの寺は、今では大殿を残すのみとなっている。その建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特なもので、18本の木の柱があり、建物の柱上はすべて軒などを支える木の組物、斗拱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗拱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この独特な特徴は、中国南部の木造建築システムを研究する上での貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、同寺の大殿が日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」、「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与え、中日の文化交流を示す重要な歴史的証拠となっていることが分かった。中国の長江以南で最古の木造建築物として、1982年に国務院により第2回全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120407035

  • 2019年11月30日
    長江以南で最古の木造建築物、華林寺をゆく福建省

    華林寺の大殿内部の柱の間にある吹き放し部分にかかる梁。(11月30日撮影)中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺(かりんじ)は、北宋・乾徳2(964)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。繁栄と衰退を繰り返したこの寺は、今では大殿を残すのみとなっている。その建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特なもので、18本の木の柱があり、建物の柱上はすべて軒などを支える木の組物、斗拱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗拱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この独特な特徴は、中国南部の木造建築システムを研究する上での貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、同寺の大殿が日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」、「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与え、中日の文化交流を示す重要な歴史的証拠となっていることが分かった。中国の長江以南で最古の木造建築物として、1982年に国務院により第2回全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120407068

  • 2019年11月30日
    長江以南で最古の木造建築物、華林寺をゆく福建省

    華林寺大殿の木造の大門。(11月30日撮影)中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺(かりんじ)は、北宋・乾徳2(964)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。繁栄と衰退を繰り返したこの寺は、今では大殿を残すのみとなっている。その建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特なもので、18本の木の柱があり、建物の柱上はすべて軒などを支える木の組物、斗拱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗拱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この独特な特徴は、中国南部の木造建築システムを研究する上での貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、同寺の大殿が日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」、「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与え、中日の文化交流を示す重要な歴史的証拠となっていることが分かった。中国の長江以南で最古の木造建築物として、1982年に国務院により第2回全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120407041

  • 2019年11月30日
    長江以南で最古の木造建築物、華林寺をゆく福建省

    華林寺の大殿内部の柱の間にある吹き放し部分にかかる梁。(11月30日撮影)中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺(かりんじ)は、北宋・乾徳2(964)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。繁栄と衰退を繰り返したこの寺は、今では大殿を残すのみとなっている。その建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特なもので、18本の木の柱があり、建物の柱上はすべて軒などを支える木の組物、斗拱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗拱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この独特な特徴は、中国南部の木造建築システムを研究する上での貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、同寺の大殿が日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」、「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与え、中日の文化交流を示す重要な歴史的証拠となっていることが分かった。中国の長江以南で最古の木造建築物として、1982年に国務院により第2回全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120407065

  • 2019年11月30日
    長江以南で最古の木造建築物、華林寺をゆく福建省

    福建省福州市にある華林寺の山門。(11月30日撮影)中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺(かりんじ)は、北宋・乾徳2(964)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。繁栄と衰退を繰り返したこの寺は、今では大殿を残すのみとなっている。その建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特なもので、18本の木の柱があり、建物の柱上はすべて軒などを支える木の組物、斗拱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗拱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この独特な特徴は、中国南部の木造建築システムを研究する上での貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、同寺の大殿が日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」、「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与え、中日の文化交流を示す重要な歴史的証拠となっていることが分かった。中国の長江以南で最古の木造建築物として、1982年に国務院により第2回全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120407011

  • 2019年11月30日
    長江以南で最古の木造建築物、華林寺をゆく福建省

    福建省福州市にある華林寺の山門の裏側。(11月30日撮影)中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺(かりんじ)は、北宋・乾徳2(964)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。繁栄と衰退を繰り返したこの寺は、今では大殿を残すのみとなっている。その建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特なもので、18本の木の柱があり、建物の柱上はすべて軒などを支える木の組物、斗拱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗拱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この独特な特徴は、中国南部の木造建築システムを研究する上での貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、同寺の大殿が日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」、「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与え、中日の文化交流を示す重要な歴史的証拠となっていることが分かった。中国の長江以南で最古の木造建築物として、1982年に国務院により第2回全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120407017

  • 2019年11月30日
    長江以南で最古の木造建築物、華林寺をゆく福建省

    華林寺の大殿内部に保存されていた主要部分の木製装飾用部材。(11月30日撮影)中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺(かりんじ)は、北宋・乾徳2(964)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。繁栄と衰退を繰り返したこの寺は、今では大殿を残すのみとなっている。その建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特なもので、18本の木の柱があり、建物の柱上はすべて軒などを支える木の組物、斗拱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗拱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この独特な特徴は、中国南部の木造建築システムを研究する上での貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、同寺の大殿が日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」、「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与え、中日の文化交流を示す重要な歴史的証拠となっていることが分かった。中国の長江以南で最古の木造建築物として、1982年に国務院により第2回全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120407029

  • 2019年11月30日
    長江以南で最古の木造建築物、華林寺をゆく福建省

    華林寺の大殿内部に保存されていた主要部分の木製装飾用部材。(11月30日撮影)中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺(かりんじ)は、北宋・乾徳2(964)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。繁栄と衰退を繰り返したこの寺は、今では大殿を残すのみとなっている。その建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特なもので、18本の木の柱があり、建物の柱上はすべて軒などを支える木の組物、斗拱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗拱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この独特な特徴は、中国南部の木造建築システムを研究する上での貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、同寺の大殿が日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」、「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与え、中日の文化交流を示す重要な歴史的証拠となっていることが分かった。中国の長江以南で最古の木造建築物として、1982年に国務院により第2回全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120407032

  • 2019年11月30日
    長江以南で最古の木造建築物、華林寺をゆく福建省

    福建省福州市にある華林寺の山門。(11月30日撮影)中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺(かりんじ)は、北宋・乾徳2(964)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。繁栄と衰退を繰り返したこの寺は、今では大殿を残すのみとなっている。その建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特なもので、18本の木の柱があり、建物の柱上はすべて軒などを支える木の組物、斗拱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗拱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この独特な特徴は、中国南部の木造建築システムを研究する上での貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、同寺の大殿が日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」、「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与え、中日の文化交流を示す重要な歴史的証拠となっていることが分かった。中国の長江以南で最古の木造建築物として、1982年に国務院により第2回全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120406996

  • 2019年11月30日
    長江以南で最古の木造建築物、華林寺をゆく福建省

    華林寺の大殿と大殿の前の石畳の道。(11月30日撮影)中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺(かりんじ)は、北宋・乾徳2(964)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。繁栄と衰退を繰り返したこの寺は、今では大殿を残すのみとなっている。その建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特なもので、18本の木の柱があり、建物の柱上はすべて軒などを支える木の組物、斗拱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗拱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この独特な特徴は、中国南部の木造建築システムを研究する上での貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、同寺の大殿が日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」、「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与え、中日の文化交流を示す重要な歴史的証拠となっていることが分かった。中国の長江以南で最古の木造建築物として、1982年に国務院により第2回全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120406998

  • 2019年11月30日
    長江以南で最古の木造建築物、華林寺をゆく福建省

    福建省福州市にある華林寺の山門。(11月30日撮影)中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺(かりんじ)は、北宋・乾徳2(964)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。繁栄と衰退を繰り返したこの寺は、今では大殿を残すのみとなっている。その建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特なもので、18本の木の柱があり、建物の柱上はすべて軒などを支える木の組物、斗拱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗拱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この独特な特徴は、中国南部の木造建築システムを研究する上での貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、同寺の大殿が日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」、「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与え、中日の文化交流を示す重要な歴史的証拠となっていることが分かった。中国の長江以南で最古の木造建築物として、1982年に国務院により第2回全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120407001

  • 2019年11月30日
    長江以南で最古の木造建築物、華林寺をゆく福建省

    華林寺の大殿の軒を支える保存状態の良い純木製の斗拱。(11月30日撮影)中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺(かりんじ)は、北宋・乾徳2(964)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。繁栄と衰退を繰り返したこの寺は、今では大殿を残すのみとなっている。その建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特なもので、18本の木の柱があり、建物の柱上はすべて軒などを支える木の組物、斗拱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗拱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この独特な特徴は、中国南部の木造建築システムを研究する上での貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、同寺の大殿が日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」、「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与え、中日の文化交流を示す重要な歴史的証拠となっていることが分かった。中国の長江以南で最古の木造建築物として、1982年に国務院により第2回全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120407002

  • 2019年11月30日
    長江以南で最古の木造建築物、華林寺をゆく福建省

    華林寺の大殿内部に保存されていた主要部分の木製装飾用部材。(11月30日撮影)中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺(かりんじ)は、北宋・乾徳2(964)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。繁栄と衰退を繰り返したこの寺は、今では大殿を残すのみとなっている。その建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特なもので、18本の木の柱があり、建物の柱上はすべて軒などを支える木の組物、斗拱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗拱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この独特な特徴は、中国南部の木造建築システムを研究する上での貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、同寺の大殿が日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」、「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与え、中日の文化交流を示す重要な歴史的証拠となっていることが分かった。中国の長江以南で最古の木造建築物として、1982年に国務院により第2回全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120407020

  • 2019年11月30日
    長江以南で最古の木造建築物、華林寺をゆく福建省

    華林寺大殿の木造の門、大殿の抬梁式架構の斗拱。(11月30日撮影)中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺(かりんじ)は、北宋・乾徳2(964)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。繁栄と衰退を繰り返したこの寺は、今では大殿を残すのみとなっている。その建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特なもので、18本の木の柱があり、建物の柱上はすべて軒などを支える木の組物、斗拱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗拱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この独特な特徴は、中国南部の木造建築システムを研究する上での貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、同寺の大殿が日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」、「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与え、中日の文化交流を示す重要な歴史的証拠となっていることが分かった。中国の長江以南で最古の木造建築物として、1982年に国務院により第2回全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120407025

  • 2019年11月30日
    長江以南で最古の木造建築物、華林寺をゆく福建省

    華林寺の大殿の軒を支える木造の斗拱。(11月30日撮影)中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺(かりんじ)は、北宋・乾徳2年(西暦964年)に建てられ、千年以上の歴史を持つ。繁栄と衰退を繰り返したこの寺は、今では大殿を残すのみとなっている。その建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特なもので、18本の木の柱があり、建物の柱上はすべて斗拱(ときょう、軒などを支える木の組み物)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、組物と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この独特な特徴は、中国南部の木造建築システムを研究する上での貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、同寺の大殿が日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」、「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与え、中日の文化交流を示す重要な歴史的証拠となっていることが分かった。中国の長江以南で最古の木造建築物として、1982年に国務院により第2回全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120407038

  • 2019年11月30日
    長江以南で最古の木造建築物、華林寺をゆく福建省

    華林寺の大殿の全景。(11月30日撮影)中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺(かりんじ)は、北宋・乾徳2(964)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。繁栄と衰退を繰り返したこの寺は、今では大殿を残すのみとなっている。その建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特なもので、18本の木の柱があり、建物の柱上はすべて軒などを支える木の組物、斗拱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗拱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この独特な特徴は、中国南部の木造建築システムを研究する上での貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、同寺の大殿が日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」、「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与え、中日の文化交流を示す重要な歴史的証拠となっていることが分かった。中国の長江以南で最古の木造建築物として、1982年に国務院により第2回全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120407007

  • 2019年11月30日
    長江以南で最古の木造建築物、華林寺をゆく福建省

    福建省福州市にある華林寺の大殿の窓。(11月30日撮影)中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺(かりんじ)は、北宋・乾徳2(964)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。繁栄と衰退を繰り返したこの寺は、今では大殿を残すのみとなっている。その建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特なもので、18本の木の柱があり、建物の柱上はすべて軒などを支える木の組物、斗拱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗拱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この独特な特徴は、中国南部の木造建築システムを研究する上での貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、同寺の大殿が日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」、「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与え、中日の文化交流を示す重要な歴史的証拠となっていることが分かった。中国の長江以南で最古の木造建築物として、1982年に国務院により第2回全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120407023

  • 2019年11月30日
    長江以南で最古の木造建築物、華林寺をゆく福建省

    華林寺の大殿を構成する保存状態の良い装飾用部材。人物の彫刻が施されている。(11月30日撮影)中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺(かりんじ)は、北宋・乾徳2(964)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。繁栄と衰退を繰り返したこの寺は、今では大殿を残すのみとなっている。その建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特なもので、18本の木の柱があり、建物の柱上はすべて軒などを支える木の組物、斗拱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗拱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この独特な特徴は、中国南部の木造建築システムを研究する上での貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、同寺の大殿が日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」、「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与え、中日の文化交流を示す重要な歴史的証拠となっていることが分かった。中国の長江以南で最古の木造建築物として、1982年に国務院により第2回全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120407026

  • 2019年11月30日
    長江以南で最古の木造建築物、華林寺をゆく福建省

    華林寺の大殿周辺の様子。(11月30日撮影)中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺(かりんじ)は、北宋・乾徳2(964)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。繁栄と衰退を繰り返したこの寺は、今では大殿を残すのみとなっている。その建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特なもので、18本の木の柱があり、建物の柱上はすべて軒などを支える木の組物、斗拱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗拱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この独特な特徴は、中国南部の木造建築システムを研究する上での貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、同寺の大殿が日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」、「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与え、中日の文化交流を示す重要な歴史的証拠となっていることが分かった。中国の長江以南で最古の木造建築物として、1982年に国務院により第2回全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120407062

  • 2020年06月06日
    現存する中国最古の木造建築、南禅寺大殿山西省

    6日、南禅寺を見学する観光客。中国山西省忻州(きんしゅう)市五台県の五台山風景区中心部から100キロ近くの場所に、第1次(1961年)全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された南禅寺大殿がある。現存する中国最古の木造建築とされる。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061112045

  • 2020年06月06日
    現存する中国最古の木造建築、南禅寺大殿山西省

    6日、南禅寺大殿内部の金剛像と脇侍菩薩(きょうじぼさつ)像。中国山西省忻州(きんしゅう)市五台県の五台山風景区中心部から100キロ近くの場所に、第1次(1961年)全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された南禅寺大殿がある。現存する中国最古の木造建築とされる。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061112095

  • 2020年06月06日
    現存する中国最古の木造建築、南禅寺大殿山西省

    6日、簡素で質朴な造りの南禅寺大殿。中国山西省忻州(きんしゅう)市五台県の五台山風景区中心部から100キロ近くの場所に、第1次(1961年)全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された南禅寺大殿がある。現存する中国最古の木造建築とされる。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061112035

  • 2020年06月06日
    現存する中国最古の木造建築、南禅寺大殿山西省

    6日、南禅寺大殿内部の彩色塑像の一部。中国山西省忻州(きんしゅう)市五台県の五台山風景区中心部から100キロ近くの場所に、第1次(1961年)全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された南禅寺大殿がある。現存する中国最古の木造建築とされる。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061112044

  • 2020年06月06日
    現存する中国最古の木造建築、南禅寺大殿山西省

    6日、南禅寺大殿の正面。中国山西省忻州(きんしゅう)市五台県の五台山風景区中心部から100キロ近くの場所に、第1次(1961年)全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された南禅寺大殿がある。現存する中国最古の木造建築とされる。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061112047

  • 2020年06月06日
    現存する中国最古の木造建築、南禅寺大殿山西省

    6日、南禅寺大殿の屋根を支える斗栱(ときょう)。中国山西省忻州(きんしゅう)市五台県の五台山風景区中心部から100キロ近くの場所に、第1次(1961年)全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された南禅寺大殿がある。現存する中国最古の木造建築とされる。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061112051

  • 2021年02月13日
    (13)長江以南で最古の木造建築物、華林寺を訪ねて福建省

    7日、福建省福州市にある華林寺の大殿。中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺は、964(北宋・乾徳2)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。寺は繁栄と衰退を繰り返し、今では大殿を残すのみとなっている。建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特で、18本の木の柱があり、柱の上は全て木の組物、斗栱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗栱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この特徴は、中国南部の木造建築を研究する上で貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、大殿は日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与えた、両国の文化交流を示す重要な歴史的証拠であることが分かった。中国の長江以南で最古の木造寺院建築として、1982年に国務院により第2期全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021500922

  • 2021年02月13日
    (8)長江以南で最古の木造建築物、華林寺を訪ねて福建省

    7日、福建省福州市にある華林寺大殿の廊下。中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺は、964(北宋・乾徳2)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。寺は繁栄と衰退を繰り返し、今では大殿を残すのみとなっている。建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特で、18本の木の柱があり、柱の上は全て木の組物、斗栱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗栱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この特徴は、中国南部の木造建築を研究する上で貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、大殿は日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与えた、両国の文化交流を示す重要な歴史的証拠であることが分かった。中国の長江以南で最古の木造寺院建築として、1982年に国務院により第2期全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021500944

  • 2021年02月13日
    (1)長江以南で最古の木造建築物、華林寺を訪ねて福建省

    7日、福建省福州市にある華林寺山門の内側。中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺は、964(北宋・乾徳2)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。寺は繁栄と衰退を繰り返し、今では大殿を残すのみとなっている。建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特で、18本の木の柱があり、柱の上は全て木の組物、斗栱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗栱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この特徴は、中国南部の木造建築を研究する上で貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、大殿は日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与えた、両国の文化交流を示す重要な歴史的証拠であることが分かった。中国の長江以南で最古の木造寺院建築として、1982年に国務院により第2期全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021500954

  • 2021年02月13日
    (11)長江以南で最古の木造建築物、華林寺を訪ねて福建省

    7日、華林寺の境内にある宋高宗趙構篆書残碑。中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺は、964(北宋・乾徳2)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。寺は繁栄と衰退を繰り返し、今では大殿を残すのみとなっている。建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特で、18本の木の柱があり、柱の上は全て木の組物、斗栱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗栱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この特徴は、中国南部の木造建築を研究する上で貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、大殿は日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与えた、両国の文化交流を示す重要な歴史的証拠であることが分かった。中国の長江以南で最古の木造寺院建築として、1982年に国務院により第2期全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021501154

  • 2021年02月13日
    (17)長江以南で最古の木造建築物、華林寺を訪ねて福建省

    7日、福建省福州市にある華林寺の大殿内部を支える梁。中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺は、964(北宋・乾徳2)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。寺は繁栄と衰退を繰り返し、今では大殿を残すのみとなっている。建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特で、18本の木の柱があり、柱の上は全て木の組物、斗栱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗栱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この特徴は、中国南部の木造建築を研究する上で貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、大殿は日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与えた、両国の文化交流を示す重要な歴史的証拠であることが分かった。中国の長江以南で最古の木造寺院建築として、1982年に国務院により第2期全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021501194

  • 2021年02月13日
    (2)長江以南で最古の木造建築物、華林寺を訪ねて福建省

    7日、華林寺の山門前にある石獅子。中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺は、964(北宋・乾徳2)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。寺は繁栄と衰退を繰り返し、今では大殿を残すのみとなっている。建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特で、18本の木の柱があり、柱の上は全て木の組物、斗栱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗栱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この特徴は、中国南部の木造建築を研究する上で貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、大殿は日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与えた、両国の文化交流を示す重要な歴史的証拠であることが分かった。中国の長江以南で最古の木造寺院建築として、1982年に国務院により第2期全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021500728

  • 2021年02月13日
    (3)長江以南で最古の木造建築物、華林寺を訪ねて福建省

    7日、福建省福州市にある華林寺の山門。中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺は、964(北宋・乾徳2)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。寺は繁栄と衰退を繰り返し、今では大殿を残すのみとなっている。建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特で、18本の木の柱があり、柱の上は全て木の組物、斗栱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗栱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この特徴は、中国南部の木造建築を研究する上で貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、大殿は日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与えた、両国の文化交流を示す重要な歴史的証拠であることが分かった。中国の長江以南で最古の木造寺院建築として、1982年に国務院により第2期全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021500712

  • 2021年02月13日
    (15)長江以南で最古の木造建築物、華林寺を訪ねて福建省

    7日、華林寺大殿の補修時に残された古材。中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺は、964(北宋・乾徳2)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。寺は繁栄と衰退を繰り返し、今では大殿を残すのみとなっている。建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特で、18本の木の柱があり、柱の上は全て木の組物、斗栱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗栱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この特徴は、中国南部の木造建築を研究する上で貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、大殿は日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与えた、両国の文化交流を示す重要な歴史的証拠であることが分かった。中国の長江以南で最古の木造寺院建築として、1982年に国務院により第2期全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021500921

  • 2021年02月13日
    (10)長江以南で最古の木造建築物、華林寺を訪ねて福建省

    7日、華林寺大殿内に置かれている模型。修復時に残った古材を利用して作られた。中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺は、964(北宋・乾徳2)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。寺は繁栄と衰退を繰り返し、今では大殿を残すのみとなっている。建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特で、18本の木の柱があり、柱の上は全て木の組物、斗栱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗栱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この特徴は、中国南部の木造建築を研究する上で貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、大殿は日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与えた、両国の文化交流を示す重要な歴史的証拠であることが分かった。中国の長江以南で最古の木造寺院建築として、1982年に国務院により第2期全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021500860

  • 2021年02月13日
    (18)長江以南で最古の木造建築物、華林寺を訪ねて福建省

    7日、福建省福州市にある華林寺大殿の廊下の柱。中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺は、964(北宋・乾徳2)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。寺は繁栄と衰退を繰り返し、今では大殿を残すのみとなっている。建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特で、18本の木の柱があり、柱の上は全て木の組物、斗栱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗栱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この特徴は、中国南部の木造建築を研究する上で貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、大殿は日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与えた、両国の文化交流を示す重要な歴史的証拠であることが分かった。中国の長江以南で最古の木造寺院建築として、1982年に国務院により第2期全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021500727

  • 2021年02月13日
    (12)長江以南で最古の木造建築物、華林寺を訪ねて福建省

    7日、福建省福州市にある華林寺大殿の裏手。中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺は、964(北宋・乾徳2)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。寺は繁栄と衰退を繰り返し、今では大殿を残すのみとなっている。建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特で、18本の木の柱があり、柱の上は全て木の組物、斗栱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗栱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この特徴は、中国南部の木造建築を研究する上で貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、大殿は日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与えた、両国の文化交流を示す重要な歴史的証拠であることが分かった。中国の長江以南で最古の木造寺院建築として、1982年に国務院により第2期全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021500862

  • 2021年02月13日
    (5)長江以南で最古の木造建築物、華林寺を訪ねて福建省

    7日、福建省福州市にある華林寺の大殿。中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺は、964(北宋・乾徳2)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。寺は繁栄と衰退を繰り返し、今では大殿を残すのみとなっている。建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特で、18本の木の柱があり、柱の上は全て木の組物、斗栱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗栱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この特徴は、中国南部の木造建築を研究する上で貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、大殿は日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与えた、両国の文化交流を示す重要な歴史的証拠であることが分かった。中国の長江以南で最古の木造寺院建築として、1982年に国務院により第2期全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021500904

  • 2021年02月13日
    (16)長江以南で最古の木造建築物、華林寺を訪ねて福建省

    7日、福建省福州市にある華林寺の山門。中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺は、964(北宋・乾徳2)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。寺は繁栄と衰退を繰り返し、今では大殿を残すのみとなっている。建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特で、18本の木の柱があり、柱の上は全て木の組物、斗栱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗栱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この特徴は、中国南部の木造建築を研究する上で貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、大殿は日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与えた、両国の文化交流を示す重要な歴史的証拠であることが分かった。中国の長江以南で最古の木造寺院建築として、1982年に国務院により第2期全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021500929

  • 2021年02月13日
    (4)長江以南で最古の木造建築物、華林寺を訪ねて福建省

    7日、福建省福州市にある華林寺の大殿。中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺は、964(北宋・乾徳2)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。寺は繁栄と衰退を繰り返し、今では大殿を残すのみとなっている。建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特で、18本の木の柱があり、柱の上は全て木の組物、斗栱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗栱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この特徴は、中国南部の木造建築を研究する上で貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、大殿は日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与えた、両国の文化交流を示す重要な歴史的証拠であることが分かった。中国の長江以南で最古の木造寺院建築として、1982年に国務院により第2期全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021500835

  • 2021年02月13日
    (6)長江以南で最古の木造建築物、華林寺を訪ねて福建省

    7日、福建省福州市にある華林寺の大殿。中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺は、964(北宋・乾徳2)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。寺は繁栄と衰退を繰り返し、今では大殿を残すのみとなっている。建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特で、18本の木の柱があり、柱の上は全て木の組物、斗栱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗栱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この特徴は、中国南部の木造建築を研究する上で貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、大殿は日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与えた、両国の文化交流を示す重要な歴史的証拠であることが分かった。中国の長江以南で最古の木造寺院建築として、1982年に国務院により第2期全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021500924

  • 2021年02月13日
    (19)長江以南で最古の木造建築物、華林寺を訪ねて福建省

    7日、華林寺大殿内に置かれている大殿模型。修復時に残った古材を利用して作られた。中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺は、964(北宋・乾徳2)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。寺は繁栄と衰退を繰り返し、今では大殿を残すのみとなっている。建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特で、18本の木の柱があり、柱の上は全て木の組物、斗栱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗栱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この特徴は、中国南部の木造建築を研究する上で貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、大殿は日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与えた、両国の文化交流を示す重要な歴史的証拠であることが分かった。中国の長江以南で最古の木造寺院建築として、1982年に国務院により第2期全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021500946

  • 2021年02月13日
    (9)長江以南で最古の木造建築物、華林寺を訪ねて福建省

    7日、福建省福州市にある華林寺の大殿内部。中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺は、964(北宋・乾徳2)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。寺は繁栄と衰退を繰り返し、今では大殿を残すのみとなっている。建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特で、18本の木の柱があり、柱の上は全て木の組物、斗栱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗栱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この特徴は、中国南部の木造建築を研究する上で貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、大殿は日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与えた、両国の文化交流を示す重要な歴史的証拠であることが分かった。中国の長江以南で最古の木造寺院建築として、1982年に国務院により第2期全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021500896

  • 2021年02月13日
    (7)長江以南で最古の木造建築物、華林寺を訪ねて福建省

    7日、福建省福州市にある華林寺の大殿。中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺は、964(北宋・乾徳2)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。寺は繁栄と衰退を繰り返し、今では大殿を残すのみとなっている。建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特で、18本の木の柱があり、柱の上は全て木の組物、斗栱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗栱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この特徴は、中国南部の木造建築を研究する上で貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、大殿は日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与えた、両国の文化交流を示す重要な歴史的証拠であることが分かった。中国の長江以南で最古の木造寺院建築として、1982年に国務院により第2期全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021500905

  • 2021年02月13日
    (14)長江以南で最古の木造建築物、華林寺を訪ねて福建省

    7日、華林寺大殿の補修時に残された古材。中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺は、964(北宋・乾徳2)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。寺は繁栄と衰退を繰り返し、今では大殿を残すのみとなっている。建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特で、18本の木の柱があり、柱の上は全て木の組物、斗栱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗栱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この特徴は、中国南部の木造建築を研究する上で貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、大殿は日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与えた、両国の文化交流を示す重要な歴史的証拠であることが分かった。中国の長江以南で最古の木造寺院建築として、1982年に国務院により第2期全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(福州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021500906

  • 2021年02月21日
    (23)肇慶市の禅宗古刹、梅庵を訪ねて広東省

    21日、梅庵の建築群。中国広東省肇慶(ちょうけい)市の西郊外にある梅庵は、同市の禅宗古刹として知られる。北宋の至道2(996)年の創建で、千年余りの歴史を持つ。同省最古の木造建築の一つとされ、中でも大雄宝殿は、梁(はり)や斗栱(ときょう、ますぐみ)が宋代の建築様式をとどめることから「千年の古庵、国の至宝」とたたえられる。言い伝えによると、唐代に禅宗六祖の慧能(えのう)が当時端州と呼ばれた同市を訪れた際、城の西側の丘に庵を結んで梅を植え、錫杖(しゃくじょう)で井戸を掘った。その後、智遠という僧が六祖を記念して同地に梅庵を建てた。敷地面積は5千平方メートルで、建築面積は1400平方メートル。山門前には慧能が掘ったとされる井戸が残る。「六祖井」または「六祖甘泉」と呼ばれ、同市の市街地で最も古い井戸とされる。1996年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)=配信日:2021(令和3)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030107435

  • 2021年02月21日
    肇慶市の禅宗古刹、梅庵を訪ねて広東省

    21日、梅庵境内にある六祖慧能生平故事陳列館。中国広東省肇慶(ちょうけい)市の西郊外にある梅庵は、同市の禅宗古刹として知られる。北宋の至道2(996)年の創建で、千年余りの歴史を持つ。同省最古の木造建築の一つとされ、中でも大雄宝殿は、梁(はり)や斗栱(ときょう、ますぐみ)が宋代の建築様式をとどめることから「千年の古庵、国の至宝」とたたえられる。言い伝えによると、唐代に禅宗六祖の慧能(えのう)が当時端州と呼ばれた同市を訪れた際、城の西側の丘に庵を結んで梅を植え、錫杖(しゃくじょう)で井戸を掘った。その後、智遠という僧が六祖を記念して同地に梅庵を建てた。敷地面積は5千平方メートルで、建築面積は1400平方メートル。山門前には慧能が掘ったとされる井戸が残る。「六祖井」または「六祖甘泉」と呼ばれ、同市の市街地で最も古い井戸とされる。1996年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)=配信日:2021(令和3)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030107437

  • 2021年02月21日
    肇慶市の禅宗古刹、梅庵を訪ねて広東省

    21日、梅庵周辺の様子。中国広東省肇慶(ちょうけい)市の西郊外にある梅庵は、同市の禅宗古刹として知られる。北宋の至道2(996)年の創建で、千年余りの歴史を持つ。同省最古の木造建築の一つとされ、中でも大雄宝殿は、梁(はり)や斗栱(ときょう、ますぐみ)が宋代の建築様式をとどめることから「千年の古庵、国の至宝」とたたえられる。言い伝えによると、唐代に禅宗六祖の慧能(えのう)が当時端州と呼ばれた同市を訪れた際、城の西側の丘に庵を結んで梅を植え、錫杖(しゃくじょう)で井戸を掘った。その後、智遠という僧が六祖を記念して同地に梅庵を建てた。敷地面積は5千平方メートルで、建築面積は1400平方メートル。山門前には慧能が掘ったとされる井戸が残る。「六祖井」または「六祖甘泉」と呼ばれ、同市の市街地で最も古い井戸とされる。1996年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)=配信日:2021(令和3)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030107442

  • 2021年02月21日
    肇慶市の禅宗古刹、梅庵を訪ねて広東省

    21日、梅庵大雄宝殿の廊下。中国広東省肇慶(ちょうけい)市の西郊外にある梅庵は、同市の禅宗古刹として知られる。北宋の至道2(996)年の創建で、千年余りの歴史を持つ。同省最古の木造建築の一つとされ、中でも大雄宝殿は、梁(はり)や斗栱(ときょう、ますぐみ)が宋代の建築様式をとどめることから「千年の古庵、国の至宝」とたたえられる。言い伝えによると、唐代に禅宗六祖の慧能(えのう)が当時端州と呼ばれた同市を訪れた際、城の西側の丘に庵を結んで梅を植え、錫杖(しゃくじょう)で井戸を掘った。その後、智遠という僧が六祖を記念して同地に梅庵を建てた。敷地面積は5千平方メートルで、建築面積は1400平方メートル。山門前には慧能が掘ったとされる井戸が残る。「六祖井」または「六祖甘泉」と呼ばれ、同市の市街地で最も古い井戸とされる。1996年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)=配信日:2021(令和3)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030107443

  • 2021年02月21日
    肇慶市の禅宗古刹、梅庵を訪ねて広東省

    21日、梅庵の入場口内側にある常光亭。中国広東省肇慶(ちょうけい)市の西郊外にある梅庵は、同市の禅宗古刹として知られる。北宋の至道2(996)年の創建で、千年余りの歴史を持つ。同省最古の木造建築の一つとされ、中でも大雄宝殿は、梁(はり)や斗栱(ときょう、ますぐみ)が宋代の建築様式をとどめることから「千年の古庵、国の至宝」とたたえられる。言い伝えによると、唐代に禅宗六祖の慧能(えのう)が当時端州と呼ばれた同市を訪れた際、城の西側の丘に庵を結んで梅を植え、錫杖(しゃくじょう)で井戸を掘った。その後、智遠という僧が六祖を記念して同地に梅庵を建てた。敷地面積は5千平方メートルで、建築面積は1400平方メートル。山門前には慧能が掘ったとされる井戸が残る。「六祖井」または「六祖甘泉」と呼ばれ、同市の市街地で最も古い井戸とされる。1996年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)=配信日:2021(令和3)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030107434

  • 2021年02月26日
    (24)肇慶市の禅宗古刹、梅庵を訪ねて広東省

    21日、梅庵の入場口にある菩提樹。中国広東省肇慶(ちょうけい)市の西郊外にある梅庵は、同市の禅宗古刹として知られる。北宋の至道2(996)年の創建で、千年余りの歴史を持つ。同省最古の木造建築の一つとされ、中でも大雄宝殿は、梁(はり)や斗栱(ときょう、ますぐみ)が宋代の建築様式をとどめることから「千年の古庵、国の至宝」とたたえられる。言い伝えによると、唐代に禅宗六祖の慧能(えのう)が当時端州と呼ばれた同市を訪れた際、城の西側の丘に庵を結んで梅を植え、錫杖(しゃくじょう)で井戸を掘った。その後、智遠という僧が六祖を記念して同地に梅庵を建てた。敷地面積は5千平方メートルで、建築面積は1400平方メートル。山門前には慧能が掘ったとされる井戸が残る。「六祖井」または「六祖甘泉」と呼ばれ、同市の市街地で最も古い井戸とされる。1996年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030100380

  • 2021年02月26日
    (9)肇慶市の禅宗古刹、梅庵を訪ねて広東省

    21日、梅庵山門殿の後ろにある韋駄天像。中国広東省肇慶(ちょうけい)市の西郊外にある梅庵は、同市の禅宗古刹として知られる。北宋の至道2(996)年の創建で、千年余りの歴史を持つ。同省最古の木造建築の一つとされ、中でも大雄宝殿は、梁(はり)や斗栱(ときょう、ますぐみ)が宋代の建築様式をとどめることから「千年の古庵、国の至宝」とたたえられる。言い伝えによると、唐代に禅宗六祖の慧能(えのう)が当時端州と呼ばれた同市を訪れた際、城の西側の丘に庵を結んで梅を植え、錫杖(しゃくじょう)で井戸を掘った。その後、智遠という僧が六祖を記念して同地に梅庵を建てた。敷地面積は5千平方メートルで、建築面積は1400平方メートル。山門前には慧能が掘ったとされる井戸が残る。「六祖井」または「六祖甘泉」と呼ばれ、同市の市街地で最も古い井戸とされる。1996年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021022607916

  • 2021年02月26日
    (17)肇慶市の禅宗古刹、梅庵を訪ねて広東省

    21日、梅庵六祖殿の側面。中国広東省肇慶(ちょうけい)市の西郊外にある梅庵は、同市の禅宗古刹として知られる。北宋の至道2(996)年の創建で、千年余りの歴史を持つ。同省最古の木造建築の一つとされ、中でも大雄宝殿は、梁(はり)や斗栱(ときょう、ますぐみ)が宋代の建築様式をとどめることから「千年の古庵、国の至宝」とたたえられる。言い伝えによると、唐代に禅宗六祖の慧能(えのう)が当時端州と呼ばれた同市を訪れた際、城の西側の丘に庵を結んで梅を植え、錫杖(しゃくじょう)で井戸を掘った。その後、智遠という僧が六祖を記念して同地に梅庵を建てた。敷地面積は5千平方メートルで、建築面積は1400平方メートル。山門前には慧能が掘ったとされる井戸が残る。「六祖井」または「六祖甘泉」と呼ばれ、同市の市街地で最も古い井戸とされる。1996年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021022607935

  • 2021年02月26日
    (5)肇慶市の禅宗古刹、梅庵を訪ねて広東省

    21日、梅庵山門前の六祖井。中国広東省肇慶(ちょうけい)市の西郊外にある梅庵は、同市の禅宗古刹として知られる。北宋の至道2(996)年の創建で、千年余りの歴史を持つ。同省最古の木造建築の一つとされ、中でも大雄宝殿は、梁(はり)や斗栱(ときょう、ますぐみ)が宋代の建築様式をとどめることから「千年の古庵、国の至宝」とたたえられる。言い伝えによると、唐代に禅宗六祖の慧能(えのう)が当時端州と呼ばれた同市を訪れた際、城の西側の丘に庵を結んで梅を植え、錫杖(しゃくじょう)で井戸を掘った。その後、智遠という僧が六祖を記念して同地に梅庵を建てた。敷地面積は5千平方メートルで、建築面積は1400平方メートル。山門前には慧能が掘ったとされる井戸が残る。「六祖井」または「六祖甘泉」と呼ばれ、同市の市街地で最も古い井戸とされる。1996年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021022607913

  • 2021年02月26日
    (14)肇慶市の禅宗古刹、梅庵を訪ねて広東省

    21日、梅庵大雄宝殿の梁(はり)と柱。中国広東省肇慶(ちょうけい)市の西郊外にある梅庵は、同市の禅宗古刹として知られる。北宋の至道2(996)年の創建で、千年余りの歴史を持つ。同省最古の木造建築の一つとされ、中でも大雄宝殿は、梁(はり)や斗栱(ときょう、ますぐみ)が宋代の建築様式をとどめることから「千年の古庵、国の至宝」とたたえられる。言い伝えによると、唐代に禅宗六祖の慧能(えのう)が当時端州と呼ばれた同市を訪れた際、城の西側の丘に庵を結んで梅を植え、錫杖(しゃくじょう)で井戸を掘った。その後、智遠という僧が六祖を記念して同地に梅庵を建てた。敷地面積は5千平方メートルで、建築面積は1400平方メートル。山門前には慧能が掘ったとされる井戸が残る。「六祖井」または「六祖甘泉」と呼ばれ、同市の市街地で最も古い井戸とされる。1996年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021022607926

  • 2021年02月26日
    (20)肇慶市の禅宗古刹、梅庵を訪ねて広東省

    21日、梅庵禅脈堂内に展示されている六祖壇経。中国広東省肇慶(ちょうけい)市の西郊外にある梅庵は、同市の禅宗古刹として知られる。北宋の至道2(996)年の創建で、千年余りの歴史を持つ。同省最古の木造建築の一つとされ、中でも大雄宝殿は、梁(はり)や斗栱(ときょう、ますぐみ)が宋代の建築様式をとどめることから「千年の古庵、国の至宝」とたたえられる。言い伝えによると、唐代に禅宗六祖の慧能(えのう)が当時端州と呼ばれた同市を訪れた際、城の西側の丘に庵を結んで梅を植え、錫杖(しゃくじょう)で井戸を掘った。その後、智遠という僧が六祖を記念して同地に梅庵を建てた。敷地面積は5千平方メートルで、建築面積は1400平方メートル。山門前には慧能が掘ったとされる井戸が残る。「六祖井」または「六祖甘泉」と呼ばれ、同市の市街地で最も古い井戸とされる。1996年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021022607938

  • 2021年02月26日
    (8)肇慶市の禅宗古刹、梅庵を訪ねて広東省

    21日、梅庵の山門殿。中国広東省肇慶(ちょうけい)市の西郊外にある梅庵は、同市の禅宗古刹として知られる。北宋の至道2(996)年の創建で、千年余りの歴史を持つ。同省最古の木造建築の一つとされ、中でも大雄宝殿は、梁(はり)や斗栱(ときょう、ますぐみ)が宋代の建築様式をとどめることから「千年の古庵、国の至宝」とたたえられる。言い伝えによると、唐代に禅宗六祖の慧能(えのう)が当時端州と呼ばれた同市を訪れた際、城の西側の丘に庵を結んで梅を植え、錫杖(しゃくじょう)で井戸を掘った。その後、智遠という僧が六祖を記念して同地に梅庵を建てた。敷地面積は5千平方メートルで、建築面積は1400平方メートル。山門前には慧能が掘ったとされる井戸が残る。「六祖井」または「六祖甘泉」と呼ばれ、同市の市街地で最も古い井戸とされる。1996年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021022607915

  • 2021年02月26日
    (11)肇慶市の禅宗古刹、梅庵を訪ねて広東省

    21日、梅庵大雄宝殿前の中庭。中国広東省肇慶(ちょうけい)市の西郊外にある梅庵は、同市の禅宗古刹として知られる。北宋の至道2(996)年の創建で、千年余りの歴史を持つ。同省最古の木造建築の一つとされ、中でも大雄宝殿は、梁(はり)や斗栱(ときょう、ますぐみ)が宋代の建築様式をとどめることから「千年の古庵、国の至宝」とたたえられる。言い伝えによると、唐代に禅宗六祖の慧能(えのう)が当時端州と呼ばれた同市を訪れた際、城の西側の丘に庵を結んで梅を植え、錫杖(しゃくじょう)で井戸を掘った。その後、智遠という僧が六祖を記念して同地に梅庵を建てた。敷地面積は5千平方メートルで、建築面積は1400平方メートル。山門前には慧能が掘ったとされる井戸が残る。「六祖井」または「六祖甘泉」と呼ばれ、同市の市街地で最も古い井戸とされる。1996年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021022607918

  • 2021年02月26日
    (7)肇慶市の禅宗古刹、梅庵を訪ねて広東省

    21日、梅庵の山門殿。中国広東省肇慶(ちょうけい)市の西郊外にある梅庵は、同市の禅宗古刹として知られる。北宋の至道2(996)年の創建で、千年余りの歴史を持つ。同省最古の木造建築の一つとされ、中でも大雄宝殿は、梁(はり)や斗栱(ときょう、ますぐみ)が宋代の建築様式をとどめることから「千年の古庵、国の至宝」とたたえられる。言い伝えによると、唐代に禅宗六祖の慧能(えのう)が当時端州と呼ばれた同市を訪れた際、城の西側の丘に庵を結んで梅を植え、錫杖(しゃくじょう)で井戸を掘った。その後、智遠という僧が六祖を記念して同地に梅庵を建てた。敷地面積は5千平方メートルで、建築面積は1400平方メートル。山門前には慧能が掘ったとされる井戸が残る。「六祖井」または「六祖甘泉」と呼ばれ、同市の市街地で最も古い井戸とされる。1996年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021022607914

  • 2021年02月26日
    (13)肇慶市の禅宗古刹、梅庵を訪ねて広東省

    21日、梅庵大雄宝殿の廊下。中国広東省肇慶(ちょうけい)市の西郊外にある梅庵は、同市の禅宗古刹として知られる。北宋の至道2(996)年の創建で、千年余りの歴史を持つ。同省最古の木造建築の一つとされ、中でも大雄宝殿は、梁(はり)や斗栱(ときょう、ますぐみ)が宋代の建築様式をとどめることから「千年の古庵、国の至宝」とたたえられる。言い伝えによると、唐代に禅宗六祖の慧能(えのう)が当時端州と呼ばれた同市を訪れた際、城の西側の丘に庵を結んで梅を植え、錫杖(しゃくじょう)で井戸を掘った。その後、智遠という僧が六祖を記念して同地に梅庵を建てた。敷地面積は5千平方メートルで、建築面積は1400平方メートル。山門前には慧能が掘ったとされる井戸が残る。「六祖井」または「六祖甘泉」と呼ばれ、同市の市街地で最も古い井戸とされる。1996年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021022607925

  • 2021年02月26日
    (18)肇慶市の禅宗古刹、梅庵を訪ねて広東省

    21日、梅庵六祖殿に安置された六祖像。中国広東省肇慶(ちょうけい)市の西郊外にある梅庵は、同市の禅宗古刹として知られる。北宋の至道2(996)年の創建で、千年余りの歴史を持つ。同省最古の木造建築の一つとされ、中でも大雄宝殿は、梁(はり)や斗栱(ときょう、ますぐみ)が宋代の建築様式をとどめることから「千年の古庵、国の至宝」とたたえられる。言い伝えによると、唐代に禅宗六祖の慧能(えのう)が当時端州と呼ばれた同市を訪れた際、城の西側の丘に庵を結んで梅を植え、錫杖(しゃくじょう)で井戸を掘った。その後、智遠という僧が六祖を記念して同地に梅庵を建てた。敷地面積は5千平方メートルで、建築面積は1400平方メートル。山門前には慧能が掘ったとされる井戸が残る。「六祖井」または「六祖甘泉」と呼ばれ、同市の市街地で最も古い井戸とされる。1996年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021022607936

  • 2021年02月26日
    (21)肇慶市の禅宗古刹、梅庵を訪ねて広東省

    21日、梅庵観音殿前の高深莫測池(左)。中国広東省肇慶(ちょうけい)市の西郊外にある梅庵は、同市の禅宗古刹として知られる。北宋の至道2(996)年の創建で、千年余りの歴史を持つ。同省最古の木造建築の一つとされ、中でも大雄宝殿は、梁(はり)や斗栱(ときょう、ますぐみ)が宋代の建築様式をとどめることから「千年の古庵、国の至宝」とたたえられる。言い伝えによると、唐代に禅宗六祖の慧能(えのう)が当時端州と呼ばれた同市を訪れた際、城の西側の丘に庵を結んで梅を植え、錫杖(しゃくじょう)で井戸を掘った。その後、智遠という僧が六祖を記念して同地に梅庵を建てた。敷地面積は5千平方メートルで、建築面積は1400平方メートル。山門前には慧能が掘ったとされる井戸が残る。「六祖井」または「六祖甘泉」と呼ばれ、同市の市街地で最も古い井戸とされる。1996年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021022607941

  • 2021年02月26日
    (22)肇慶市の禅宗古刹、梅庵を訪ねて広東省

    21日、梅庵境内にある六祖植梅像。中国広東省肇慶(ちょうけい)市の西郊外にある梅庵は、同市の禅宗古刹として知られる。北宋の至道2(996)年の創建で、千年余りの歴史を持つ。同省最古の木造建築の一つとされ、中でも大雄宝殿は、梁(はり)や斗栱(ときょう、ますぐみ)が宋代の建築様式をとどめることから「千年の古庵、国の至宝」とたたえられる。言い伝えによると、唐代に禅宗六祖の慧能(えのう)が当時端州と呼ばれた同市を訪れた際、城の西側の丘に庵を結んで梅を植え、錫杖(しゃくじょう)で井戸を掘った。その後、智遠という僧が六祖を記念して同地に梅庵を建てた。敷地面積は5千平方メートルで、建築面積は1400平方メートル。山門前には慧能が掘ったとされる井戸が残る。「六祖井」または「六祖甘泉」と呼ばれ、同市の市街地で最も古い井戸とされる。1996年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021022607942

  • 2021年02月26日
    (23)肇慶市の禅宗古刹、梅庵を訪ねて広東省

    21日、梅庵の建築群。中国広東省肇慶(ちょうけい)市の西郊外にある梅庵は、同市の禅宗古刹として知られる。北宋の至道2(996)年の創建で、千年余りの歴史を持つ。同省最古の木造建築の一つとされ、中でも大雄宝殿は、梁(はり)や斗栱(ときょう、ますぐみ)が宋代の建築様式をとどめることから「千年の古庵、国の至宝」とたたえられる。言い伝えによると、唐代に禅宗六祖の慧能(えのう)が当時端州と呼ばれた同市を訪れた際、城の西側の丘に庵を結んで梅を植え、錫杖(しゃくじょう)で井戸を掘った。その後、智遠という僧が六祖を記念して同地に梅庵を建てた。敷地面積は5千平方メートルで、建築面積は1400平方メートル。山門前には慧能が掘ったとされる井戸が残る。「六祖井」または「六祖甘泉」と呼ばれ、同市の市街地で最も古い井戸とされる。1996年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030100467

  • 2021年02月26日
    (1)肇慶市の禅宗古刹、梅庵を訪ねて広東省

    21日、梅庵の入場口。中国広東省肇慶(ちょうけい)市の西郊外にある梅庵は、同市の禅宗古刹として知られる。北宋の至道2(996)年の創建で、千年余りの歴史を持つ。同省最古の木造建築の一つとされ、中でも大雄宝殿は、梁(はり)や斗栱(ときょう、ますぐみ)が宋代の建築様式をとどめることから「千年の古庵、国の至宝」とたたえられる。言い伝えによると、唐代に禅宗六祖の慧能(えのう)が当時端州と呼ばれた同市を訪れた際、城の西側の丘に庵を結んで梅を植え、錫杖(しゃくじょう)で井戸を掘った。その後、智遠という僧が六祖を記念して同地に梅庵を建てた。敷地面積は5千平方メートルで、建築面積は1400平方メートル。山門前には慧能が掘ったとされる井戸が残る。「六祖井」または「六祖甘泉」と呼ばれ、同市の市街地で最も古い井戸とされる。1996年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021022607693

  • 2021年02月26日
    (6)肇慶市の禅宗古刹、梅庵を訪ねて広東省

    21日、梅庵山門前に咲く梅。中国広東省肇慶(ちょうけい)市の西郊外にある梅庵は、同市の禅宗古刹として知られる。北宋の至道2(996)年の創建で、千年余りの歴史を持つ。同省最古の木造建築の一つとされ、中でも大雄宝殿は、梁(はり)や斗栱(ときょう、ますぐみ)が宋代の建築様式をとどめることから「千年の古庵、国の至宝」とたたえられる。言い伝えによると、唐代に禅宗六祖の慧能(えのう)が当時端州と呼ばれた同市を訪れた際、城の西側の丘に庵を結んで梅を植え、錫杖(しゃくじょう)で井戸を掘った。その後、智遠という僧が六祖を記念して同地に梅庵を建てた。敷地面積は5千平方メートルで、建築面積は1400平方メートル。山門前には慧能が掘ったとされる井戸が残る。「六祖井」または「六祖甘泉」と呼ばれ、同市の市街地で最も古い井戸とされる。1996年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021022607912

  • 2021年02月26日
    (10)肇慶市の禅宗古刹、梅庵を訪ねて広東省

    21日、梅庵の大雄宝殿。中国広東省肇慶(ちょうけい)市の西郊外にある梅庵は、同市の禅宗古刹として知られる。北宋の至道2(996)年の創建で、千年余りの歴史を持つ。同省最古の木造建築の一つとされ、中でも大雄宝殿は、梁(はり)や斗栱(ときょう、ますぐみ)が宋代の建築様式をとどめることから「千年の古庵、国の至宝」とたたえられる。言い伝えによると、唐代に禅宗六祖の慧能(えのう)が当時端州と呼ばれた同市を訪れた際、城の西側の丘に庵を結んで梅を植え、錫杖(しゃくじょう)で井戸を掘った。その後、智遠という僧が六祖を記念して同地に梅庵を建てた。敷地面積は5千平方メートルで、建築面積は1400平方メートル。山門前には慧能が掘ったとされる井戸が残る。「六祖井」または「六祖甘泉」と呼ばれ、同市の市街地で最も古い井戸とされる。1996年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021022607917

  • 2021年02月26日
    (16)肇慶市の禅宗古刹、梅庵を訪ねて広東省

    21日、梅庵六祖殿の正面。中国広東省肇慶(ちょうけい)市の西郊外にある梅庵は、同市の禅宗古刹として知られる。北宋の至道2(996)年の創建で、千年余りの歴史を持つ。同省最古の木造建築の一つとされ、中でも大雄宝殿は、梁(はり)や斗栱(ときょう、ますぐみ)が宋代の建築様式をとどめることから「千年の古庵、国の至宝」とたたえられる。言い伝えによると、唐代に禅宗六祖の慧能(えのう)が当時端州と呼ばれた同市を訪れた際、城の西側の丘に庵を結んで梅を植え、錫杖(しゃくじょう)で井戸を掘った。その後、智遠という僧が六祖を記念して同地に梅庵を建てた。敷地面積は5千平方メートルで、建築面積は1400平方メートル。山門前には慧能が掘ったとされる井戸が残る。「六祖井」または「六祖甘泉」と呼ばれ、同市の市街地で最も古い井戸とされる。1996年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021022607934

  • 2021年02月26日
    (15)肇慶市の禅宗古刹、梅庵を訪ねて広東省

    21日、梅庵大雄宝殿内の主梁。中国広東省肇慶(ちょうけい)市の西郊外にある梅庵は、同市の禅宗古刹として知られる。北宋の至道2(996)年の創建で、千年余りの歴史を持つ。同省最古の木造建築の一つとされ、中でも大雄宝殿は、梁(はり)や斗栱(ときょう、ますぐみ)が宋代の建築様式をとどめることから「千年の古庵、国の至宝」とたたえられる。言い伝えによると、唐代に禅宗六祖の慧能(えのう)が当時端州と呼ばれた同市を訪れた際、城の西側の丘に庵を結んで梅を植え、錫杖(しゃくじょう)で井戸を掘った。その後、智遠という僧が六祖を記念して同地に梅庵を建てた。敷地面積は5千平方メートルで、建築面積は1400平方メートル。山門前には慧能が掘ったとされる井戸が残る。「六祖井」または「六祖甘泉」と呼ばれ、同市の市街地で最も古い井戸とされる。1996年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021022607927

  • 2021年02月26日
    (19)肇慶市の禅宗古刹、梅庵を訪ねて広東省

    21日、梅庵禅脈堂の内部。中国広東省肇慶(ちょうけい)市の西郊外にある梅庵は、同市の禅宗古刹として知られる。北宋の至道2(996)年の創建で、千年余りの歴史を持つ。同省最古の木造建築の一つとされ、中でも大雄宝殿は、梁(はり)や斗栱(ときょう、ますぐみ)が宋代の建築様式をとどめることから「千年の古庵、国の至宝」とたたえられる。言い伝えによると、唐代に禅宗六祖の慧能(えのう)が当時端州と呼ばれた同市を訪れた際、城の西側の丘に庵を結んで梅を植え、錫杖(しゃくじょう)で井戸を掘った。その後、智遠という僧が六祖を記念して同地に梅庵を建てた。敷地面積は5千平方メートルで、建築面積は1400平方メートル。山門前には慧能が掘ったとされる井戸が残る。「六祖井」または「六祖甘泉」と呼ばれ、同市の市街地で最も古い井戸とされる。1996年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(肇慶=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021022607937

  • 00:59.35
    2021年02月26日
    「新華社」肇慶市の禅宗古刹、梅庵を訪ねて広東省

    中国広東省肇慶(ちょうけい)市の西郊外にある梅庵は、同市の禅宗古刹として知られる。北宋の至道2(996)年の創建で、千年余りの歴史を持つ。同省最古の木造建築の一つとされ、中でも大雄宝殿は、梁(はり)や斗栱(ときょう、ますぐみ)が宋代の建築様式をとどめることから「千年の古庵、国の至宝」とたたえられる。言い伝えによると、唐代に禅宗六祖の慧能(えのう)が当時端州と呼ばれた同市を訪れた際、城の西側の丘に庵を結んで梅を植え、錫杖(しゃくじょう)で井戸を掘った。その後、智遠という僧が六祖を記念して同地に梅庵を建てた。敷地面積は5千平方メートルで、建築面積は1400平方メートル。山門前には慧能が掘ったとされる井戸が残る。「六祖井」または「六祖甘泉」と呼ばれ、同市の市街地で最も古い井戸とされる。1996年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(記者/壮錦、映像提供/肇慶市広播電視台) =配信日: 2021(令和3)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021022600635

  • 2021年04月12日
    法隆寺とランナー 聖火リレー奈良2日目

    世界最古の木造建築とされる奈良県斑鳩町の法隆寺で、聖火のトーチを掲げて走るランナー=12日午後

    商品コード: 2021041211969

  • 1