KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 科学
  • 記者
  • 機体
  • 航続距離
  • 充電
  • 発展
  • 長さ
  • 電動航空機
  • 電池

「最大離陸重量」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
31
( 1 31 件を表示)
  • 1
31
( 1 31 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:41.84
    2019年10月15日
    「新華社」中国の無人ヘリAV500BW、ミサイル射撃試験に再度成功

    中国の国家級ヘリコプター研究機関である航空工業ヘリコプター設計研究所が開発した無人ヘリAV500BWがこのほど、レーザー誘導ミサイル「天雷2号」を搭載して射撃試験を行った。ミサイル2発は1・8キロと4キロ先の標的にそれぞれ正確に命中した。今回の試験は、同機にFT-8Dミサイルを搭載して無事行われた昨年の射撃試験に続き、新型ミサイルを搭載して行われた実弾検証であり、同機が各種兵器の負荷に対し優れた適応性と作戦能力があることを再度検証した。AV500BWは、軽量型の偵察・攻撃一体型無人ヘリで、最大離陸重量は500キロとなっている。(記者/李美娟)<映像内容>無人ヘリAV500BWのミサイル射撃試験の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101504348

  • 2019年10月28日
    中国、初飛行に成功4人乗り電動航空機

    28日、電動航空機「RX4E」の飛行準備をする技術スタッフ。中国が独自に開発した初の4人乗り電動航空機「RX4E」が28日午前、遼寧省瀋陽市の財湖空港で初飛行に成功した。遼寧通用航空研究院が開発した同機の主翼の長さは13・5メートル、機体の長さは8・4メートル、最大離陸重量は1200キロ。1回の充電で1・5時間、300キロを飛行できる。電池の蓄電技術が今後発展するにつれ、飛行時間と航続距離はさらなる向上が見込まれる。(瀋陽=新華社記者/楊青)=2019(令和元)年10月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110501325

  • 2019年10月28日
    中国、初飛行に成功4人乗り電動航空機

    28日、飛行中の電動航空機「RX4E」。中国が独自に開発した初の4人乗り電動航空機「RX4E」が28日午前、遼寧省瀋陽市の財湖空港で初飛行に成功した。遼寧通用航空研究院が開発した同機の主翼の長さは13・5メートル、機体の長さは8・4メートル、最大離陸重量は1200キロ。1回の充電で1・5時間、300キロを飛行できる。電池の蓄電技術が今後発展するにつれ、飛行時間と航続距離はさらなる向上が見込まれる。(瀋陽=新華社記者/楊青)=2019(令和元)年10月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110501281

  • 2019年10月28日
    中国、初飛行に成功4人乗り電動航空機

    28日、初飛行に成功し瀋陽財湖空港に着陸した電動航空機「RX4E」。中国が独自に開発した初の4人乗り電動航空機「RX4E」が28日午前、遼寧省瀋陽市の財湖空港で初飛行に成功した。遼寧通用航空研究院が開発した同機の主翼の長さは13・5メートル、機体の長さは8・4メートル、最大離陸重量は1200キロ。1回の充電で1・5時間、300キロを飛行できる。電池の蓄電技術が今後発展するにつれ、飛行時間と航続距離はさらなる向上が見込まれる。(瀋陽=新華社記者/楊青)=2019(令和元)年10月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110501349

  • 2019年10月28日
    中国、初飛行に成功4人乗り電動航空機

    28日、電動航空機「RX4E」の飛行準備をする技術スタッフ。中国が独自に開発した初の4人乗り電動航空機「RX4E」が28日午前、遼寧省瀋陽市の財湖空港で初飛行に成功した。遼寧通用航空研究院が開発した同機の主翼の長さは13・5メートル、機体の長さは8・4メートル、最大離陸重量は1200キロ。1回の充電で1・5時間、300キロを飛行できる。電池の蓄電技術が今後発展するにつれ、飛行時間と航続距離はさらなる向上が見込まれる。(瀋陽=新華社記者/楊青)=2019(令和元)年10月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110501340

  • 2019年10月28日
    中国、初飛行に成功4人乗り電動航空機

    28日、滑走路に向かう電動航空機「RX4E」。中国が独自に開発した初の4人乗り電動航空機「RX4E」が28日午前、遼寧省瀋陽市の財湖空港で初飛行に成功した。遼寧通用航空研究院が開発した同機の主翼の長さは13・5メートル、機体の長さは8・4メートル、最大離陸重量は1200キロ。1回の充電で1・5時間、300キロを飛行できる。電池の蓄電技術が今後発展するにつれ、飛行時間と航続距離はさらなる向上が見込まれる。(瀋陽=新華社記者/楊青)=2019(令和元)年10月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110501333

  • 01:31.76
    2019年10月28日
    「新華社」中国、初飛行に成功4人乗り電動航空機

    中国が独自に開発した初の4人乗り電動航空機「RX4E」が28日午前、遼寧省瀋陽市財湖空港で初飛行に成功した。遼寧通用航空研究院が開発した同機の主翼の長さは13・5メートル、機体の長さは8・4メートル、最大離陸重量は1200キロ。1回の充電で1・5時間、300キロを飛行できる。電池の蓄電技術が今後発展するにつれ、飛行時間と航続距離はさらなる向上が見込まれる。(記者/高銘、王瑩、姜兆臣、高爽)<映像内容>電動航空機「RX4E」の初飛行の様子、撮影日:2019(令和元)年10月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110608581

  • 2019年10月28日
    中国、初飛行に成功4人乗り電動航空機

    28日、電動航空機「RX4E」の初飛行を祝うセレモニーに参加し機内を見学する招待客。中国が独自に開発した初の4人乗り電動航空機「RX4E」が28日午前、遼寧省瀋陽市の財湖空港で初飛行に成功した。遼寧通用航空研究院が開発した同機の主翼の長さは13・5メートル、機体の長さは8・4メートル、最大離陸重量は1200キロ。1回の充電で1・5時間、300キロを飛行できる。電池の蓄電技術が今後発展するにつれ、飛行時間と航続距離はさらなる向上が見込まれる。(瀋陽=新華社記者/楊青)=2019(令和元)年10月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110501368

  • 2020年05月15日
    世界最大の旅客機「エアバスA380」、ドミニカ共和国へ医療物資を空輸

    15日、医療物資を積み込むため天津空港に飛来したハイフライ・マルタ航空のA380。マルタのハイフライ・マルタ航空はこのほど、世界最大の旅客機「エアバスA380」を転用した貨物機で、中国天津市からドミニカ共和国へ重さ33トン、体積286立方メートルの医療物資を空輸した。同社のA380の最大離陸重量は560トンで、最大積載量は150トン。今回の運航では貨物室に加え客室の座席にも貨物を積み込んだ。(天津=新華社配信/郭亜維)=2020(令和2)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052104801

  • 2020年05月15日
    世界最大の旅客機「エアバスA380」、ドミニカ共和国へ医療物資を空輸

    15日、医療物資を積み込むため天津空港に到着したハイフライ・マルタ航空のA380。マルタのハイフライ・マルタ航空はこのほど、世界最大の旅客機「エアバスA380」を転用した貨物機で、中国天津市からドミニカ共和国へ重さ33トン、体積286立方メートルの医療物資を空輸した。同社のA380の最大離陸重量は560トンで、最大積載量は150トン。今回の運航では貨物室に加え客室の座席にも貨物を積み込んだ。(天津=新華社配信/郭亜維)=2020(令和2)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052104811

  • 2020年05月15日
    世界最大の旅客機「エアバスA380」、ドミニカ共和国へ医療物資を空輸

    15日、医療物資を積み込むため天津空港に到着したハイフライ・マルタ航空のA380。マルタのハイフライ・マルタ航空はこのほど、世界最大の旅客機「エアバスA380」を転用した貨物機で、中国天津市からドミニカ共和国へ重さ33トン、体積286立方メートルの医療物資を空輸した。同社のA380の最大離陸重量は560トンで、最大積載量は150トン。今回の運航では貨物室に加え客室の座席にも貨物を積み込んだ。(天津=新華社配信/郭亜維)=2020(令和2)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052104657

  • 2020年05月15日
    世界最大の旅客機「エアバスA380」、ドミニカ共和国へ医療物資を空輸

    15日、医療物資を積み込むため天津空港に到着したハイフライ・マルタ航空のA380。マルタのハイフライ・マルタ航空はこのほど、世界最大の旅客機「エアバスA380」を転用した貨物機で、中国天津市からドミニカ共和国へ重さ33トン、体積286立方メートルの医療物資を空輸した。同社のA380の最大離陸重量は560トンで、最大積載量は150トン。今回の運航では貨物室に加え客室の座席にも貨物を積み込んだ。(天津=新華社配信/郭亜維)=2020(令和2)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052104727

  • 2020年05月20日
    中国初の高原型無人ヘリ、初飛行に成功江西省

    20日、離陸する高原型無人ヘリAR500C。高原型無人ヘリAR500Cがこのほど、中国江西省で初飛行に成功した。同機は同省景徳鎮市にある航空工業ヘリコプター設計研究所が独自開発したもので、国内の高原型無人ヘリ分野の空白を埋めた。同機は無人ヘリAR500Bの技術を土台にして開発された高原型無人ヘリ。最大離陸重量は500キロ、離陸高度は5千メートル、実用上昇限度は6700メートル、航続時間は約5時間、最大水平飛行速度は時速170キロ、最大巡航速度は時速165キロとなっている。(景徳鎮=新華社配信/何歓)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052601931

  • 2020年05月20日
    中国初の高原型無人ヘリ、初飛行に成功江西省

    20日、空を飛ぶ高原型無人ヘリAR500C。高原型無人ヘリAR500Cがこのほど、中国江西省で初飛行に成功した。同機は同省景徳鎮市にある航空工業ヘリコプター設計研究所が独自開発したもので、国内の高原型無人ヘリ分野の空白を埋めた。同機は無人ヘリAR500Bの技術を土台にして開発された高原型無人ヘリ。最大離陸重量は500キロ、離陸高度は5千メートル、実用上昇限度は6700メートル、航続時間は約5時間、最大水平飛行速度は時速170キロ、最大巡航速度は時速165キロとなっている。(景徳鎮=新華社配信/何歓)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052601961

  • 2020年05月20日
    中国初の高原型無人ヘリ、初飛行に成功江西省

    20日、空を飛ぶ高原型無人ヘリAR500C。高原型無人ヘリAR500Cがこのほど、中国江西省で初飛行に成功した。同機は同省景徳鎮市にある航空工業ヘリコプター設計研究所が独自開発したもので、国内の高原型無人ヘリ分野の空白を埋めた。同機は無人ヘリAR500Bの技術を土台にして開発された高原型無人ヘリ。最大離陸重量は500キロ、離陸高度は5千メートル、実用上昇限度は6700メートル、航続時間は約5時間、最大水平飛行速度は時速170キロ、最大巡航速度は時速165キロとなっている。(景徳鎮=新華社配信/何歓)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052601958

  • 2020年05月20日
    中国初の高原型無人ヘリ、初飛行に成功江西省

    20日、高原型無人ヘリAR500Cの初飛行を祝う関係者たち。高原型無人ヘリAR500Cがこのほど、中国江西省で初飛行に成功した。同機は同省景徳鎮市にある航空工業ヘリコプター設計研究所が独自開発したもので、国内の高原型無人ヘリ分野の空白を埋めた。同機は無人ヘリAR500Bの技術を土台にして開発された高原型無人ヘリ。最大離陸重量は500キロ、離陸高度は5千メートル、実用上昇限度は6700メートル、航続時間は約5時間、最大水平飛行速度は時速170キロ、最大巡航速度は時速165キロとなっている。(景徳鎮=新華社配信/何歓)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052602115

  • 01:05.00
    2020年05月23日
    「新華社」中国初の高原型無人ヘリ、初飛行に成功江西省

    高原型無人ヘリAR500Cがこのほど、中国江西省で初飛行に成功した。同機は同省景徳鎮市にある航空工業ヘリコプター設計研究所が独自開発したもので、国内の高原型無人ヘリ分野の空白を埋めた。同研究所は中国のヘリモデル開発における設計統括部門にあたる。指揮官が20日午後3時半、初飛行の指令を出すと、同機はメインローターを急回転させて飛び立った後垂直に上昇。前後進飛行、左右側面飛行、ホバリング旋回、機動飛行などのテスト飛行科目を次々とこなし、約20分間飛行してから着陸したという。データによると、機体の状態は良好で、初飛行の成功が宣言された。同機は無人ヘリAR500Bの技術を土台にして開発された高原型無人ヘリ。最大離陸重量は500キロ、離陸高度は5千メートル、実用上昇限度は6700メートル、航続時間は約5時間、最大水平飛行速度は時速170キロ、最大巡航速度は時速165キロとなっている。(記者/李美娟)<映像内容>高原型無人ヘリの初飛行の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052701219

  • 00:21.03
    2020年08月26日
    「新華社」国産軽量スポーツ機「領雁」AG50、初飛行に成功湖北省

    中国の航空機製造大手、中国航空工業集団が独自に研究開発した軽量スポーツ機(LSA=lightsportaircraft)「領雁」AG50が26日午前8時38分、湖北省荊門(けいもん)市で初飛行に成功し、国産航空機の新メンバーに加わった。航空工業通飛所属の特殊飛行器研究所が独自に研究開発した同機は、航空クラブ、運航会社、飛行学校、個人飛行の市場ニーズに合わせる、安全・快適で低コストのオーダーメード軽量スポーツ機。並列2座席、高翼の単葉機で、標準尾翼レイアウトを採用。流線型の機体に前部3点固定式着陸装置を装備、最大離陸重量650キロ、有効積載量245キロ。最長航続距離は650キロ、最大飛行速度は毎時222キロとなっている。(記者/王斯班、熊琦)<映像内容>軽量スポーツ機「領雁」AG50の初飛行の様子、撮影日:2020(令和2)年8月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020082804586

  • 01:28.36
    2021年09月12日
    GLOBALink | China‘s Y-20 heavy transport aircraft debuts at SCO “Peace Mission 2021“

    China‘s Y-20 heavy transport aircraft has made its debut at the “Peace Mission 2021,“ a counter-terrorism military exercise for Shanghai Cooperation Organization (SCO) member states.The Y-20 aircraft arrived in Russia‘s Orenburg on Friday for the exercise, which will be held from Sept. 11 to 25.The participants are from eight SCO member states, including China, Russia, Kazakhstan, Tajikistan, Kyrgyzstan, India, Pakistan, and Uzbekistan.Since its deployment in the PLA air force, Y-20 heavy transport aircraft have participated in multiple missions including the transportation of medical personnel and supplies to COVID-19-hit areas in the country and other humanitarian relief tasks.Designed and manufactured by the state-owned Aviation Industry Corporation of China (AVIC), the Y-20 has a maximum takeoff weight of around 200 tonnes.It made its maiden flight in January 2013, and joined Ch.....、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091309713

  • 2021年11月24日
    Airbus A340 Plane Lands On Antarctica For First Time Airbus A340 Plane Lands On Antarctica For First Time

    Handout Photo - Hi Fly has made history by landing an Airbus A340 in Antarctica for the first time. Never before has an A340 landed on an Antarctic blue glacial ice runway. The aircraft will be used this season to fly a small number of tourists, alongside scientists and essential cargo to the White Continent. The Hi Fly 9H-SOL is an A340-313HGW (High Gross Weight) with a maximum take-off weight of 275 tons. Its exceptional range and 4-engine redundancy makes it ideal for this type of remote operation. Also, as there is no fuel in Wolf‘s Fang Runway, Antarctica, the plane carried 77 tons of fuel. Photo by Marc Bow/Hi Fly via ABACAPRESS.COM=2021(令和3)年11月24日、クレジット:ABACA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021112601095

  • 2021年11月24日
    Airbus A340 Plane Lands On Antarctica For First Time Airbus A340 Plane Lands On Antarctica For First Time

    Handout Photo - Hi Fly has made history by landing an Airbus A340 in Antarctica for the first time. Never before has an A340 landed on an Antarctic blue glacial ice runway. The aircraft will be used this season to fly a small number of tourists, alongside scientists and essential cargo to the White Continent. The Hi Fly 9H-SOL is an A340-313HGW (High Gross Weight) with a maximum take-off weight of 275 tons. Its exceptional range and 4-engine redundancy makes it ideal for this type of remote operation. Also, as there is no fuel in Wolf‘s Fang Runway, Antarctica, the plane carried 77 tons of fuel. Photo by Marc Bow/Hi Fly via ABACAPRESS.COM=2021(令和3)年11月24日、クレジット:ABACA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021112601197

  • 2021年11月24日
    Airbus A340 Plane Lands On Antarctica For First Time Airbus A340 Plane Lands On Antarctica For First Time

    Handout Photo - Hi Fly has made history by landing an Airbus A340 in Antarctica for the first time. Never before has an A340 landed on an Antarctic blue glacial ice runway. The aircraft will be used this season to fly a small number of tourists, alongside scientists and essential cargo to the White Continent. The Hi Fly 9H-SOL is an A340-313HGW (High Gross Weight) with a maximum take-off weight of 275 tons. Its exceptional range and 4-engine redundancy makes it ideal for this type of remote operation. Also, as there is no fuel in Wolf‘s Fang Runway, Antarctica, the plane carried 77 tons of fuel. Photo by Marc Bow/Hi Fly via ABACAPRESS.COM=2021(令和3)年11月24日、クレジット:ABACA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021112601268

  • 2021年11月24日
    Airbus A340 Plane Lands On Antarctica For First Time Airbus A340 Plane Lands On Antarctica For First Time

    Handout Photo - Hi Fly has made history by landing an Airbus A340 in Antarctica for the first time. Never before has an A340 landed on an Antarctic blue glacial ice runway. The aircraft will be used this season to fly a small number of tourists, alongside scientists and essential cargo to the White Continent. The Hi Fly 9H-SOL is an A340-313HGW (High Gross Weight) with a maximum take-off weight of 275 tons. Its exceptional range and 4-engine redundancy makes it ideal for this type of remote operation. Also, as there is no fuel in Wolf‘s Fang Runway, Antarctica, the plane carried 77 tons of fuel. Photo by Marc Bow/Hi Fly via ABACAPRESS.COM=2021(令和3)年11月24日、クレジット:ABACA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021112601308

  • 2021年11月24日
    Airbus A340 Plane Lands On Antarctica For First Time Airbus A340 Plane Lands On Antarctica For First Time

    Handout Photo - Hi Fly has made history by landing an Airbus A340 in Antarctica for the first time. Never before has an A340 landed on an Antarctic blue glacial ice runway. The aircraft will be used this season to fly a small number of tourists, alongside scientists and essential cargo to the White Continent. The Hi Fly 9H-SOL is an A340-313HGW (High Gross Weight) with a maximum take-off weight of 275 tons. Its exceptional range and 4-engine redundancy makes it ideal for this type of remote operation. Also, as there is no fuel in Wolf‘s Fang Runway, Antarctica, the plane carried 77 tons of fuel. Photo by Marc Bow/Hi Fly via ABACAPRESS.COM=2021(令和3)年11月24日、クレジット:ABACA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021112601533

  • 2021年11月24日
    Airbus A340 Plane Lands On Antarctica For First Time Airbus A340 Plane Lands On Antarctica For First Time

    Handout Photo - Hi Fly has made history by landing an Airbus A340 in Antarctica for the first time. Never before has an A340 landed on an Antarctic blue glacial ice runway. The aircraft will be used this season to fly a small number of tourists, alongside scientists and essential cargo to the White Continent. The Hi Fly 9H-SOL is an A340-313HGW (High Gross Weight) with a maximum take-off weight of 275 tons. Its exceptional range and 4-engine redundancy makes it ideal for this type of remote operation. Also, as there is no fuel in Wolf‘s Fang Runway, Antarctica, the plane carried 77 tons of fuel. Photo by Marc Bow/Hi Fly via ABACAPRESS.COM=2021(令和3)年11月24日、クレジット:ABACA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021112600952

  • 2021年11月24日
    Airbus A340 Plane Lands On Antarctica For First Time Airbus A340 Plane Lands On Antarctica For First Time

    Handout Photo - Hi Fly has made history by landing an Airbus A340 in Antarctica for the first time. Never before has an A340 landed on an Antarctic blue glacial ice runway. The aircraft will be used this season to fly a small number of tourists, alongside scientists and essential cargo to the White Continent. The Hi Fly 9H-SOL is an A340-313HGW (High Gross Weight) with a maximum take-off weight of 275 tons. Its exceptional range and 4-engine redundancy makes it ideal for this type of remote operation. Also, as there is no fuel in Wolf‘s Fang Runway, Antarctica, the plane carried 77 tons of fuel. Photo by Marc Bow/Hi Fly via ABACAPRESS.COM=2021(令和3)年11月24日、クレジット:ABACA/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021112601214

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:00.69
    2022年06月01日
    「新華社」中国の水陸両用機AG600、フル装備モデルが初飛行に成功

    中国が独自に開発・製造した消火・水難救助用の大型水陸両用機「AG600」が5月31日午前10時55分(日本時間同11時55分)、広東省珠海市で新構造を採用したフル装備モデルでの初飛行に成功した。今回初飛行に成功したフル装備モデルは、最大離陸重量60トン、最大積載水量12トンで、国産の大型空中消火機の空白を埋めた。国内の産業チェーン、サプライチェーン(供給網)、イノベーションチェーンに軸足を置き、エンジンや主要な航空機搭載システムなどを全て国内で調達、多数の新技術、新素材、新プロセスが応用されている。AG600は、中国が急務としていた緊急救助体制と国家自然災害予防体制の構築を実現するために開発された大型航空装備で、中国で初めて民間航空機の耐空性基準に基づいて開発された大型特殊航空機となる。大型輸送機「運-20」、大型旅客機「C919」と並び、三大国産大型航空機の一つに数えられる。(記者/王浩明、黄国保、魏蒙) =配信日: 2022(令和4)年6月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022060111076

  • 2022年07月27日
    CHINA-HEILONGJIANG-HARBIN-Z15 HELICOPTER (CN)

    (220727) -- HARBIN, July 27, 2022 (Xinhua) -- Photo taken on July 26, 2022 shows a Z15 (AC352) helicopter in Harbin, northeast China‘s Heilongjiang Province. The Civil Aviation Administration of China (CAAC) on Tuesday granted certification to the Z15 helicopter, the country‘s first homegrown, medium-sized helicopter model, for civil use. Z15, also known as AC352, was developed by AVIC Harbin Aircraft Industry Group Co., Ltd. under a cooperation program between AVIC and Airbus Helicopters. It can carry up to 16 passengers with a 7.5-tonne maximum take-off weight and a maximum range of 850 km. (Xinhua)= 配信日: 2022(令和4)年7月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022072708783

  • 2022年07月27日
    CHINA-HEILONGJIANG-HARBIN-Z15 HELICOPTER (CN)

    (220727) -- HARBIN, July 27, 2022 (Xinhua) -- Photo taken on July 26, 2022 shows a Z15 (AC352) helicopter in Harbin, northeast China‘s Heilongjiang Province. The Civil Aviation Administration of China (CAAC) on Tuesday granted certification to the Z15 helicopter, the country‘s first homegrown, medium-sized helicopter model, for civil use. Z15, also known as AC352, was developed by AVIC Harbin Aircraft Industry Group Co., Ltd. under a cooperation program between AVIC and Airbus Helicopters. It can carry up to 16 passengers with a 7.5-tonne maximum take-off weight and a maximum range of 850 km. (Xinhua)= 配信日: 2022(令和4)年7月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022072708784

  • 2022年07月27日
    CHINA-HEILONGJIANG-HARBIN-Z15 HELICOPTER (CN)

    (220727) -- HARBIN, July 27, 2022 (Xinhua) -- Photo taken on July 26, 2022 shows a Z15 (AC352) helicopter in Harbin, northeast China‘s Heilongjiang Province. The Civil Aviation Administration of China (CAAC) on Tuesday granted certification to the Z15 helicopter, the country‘s first homegrown, medium-sized helicopter model, for civil use. Z15, also known as AC352, was developed by AVIC Harbin Aircraft Industry Group Co., Ltd. under a cooperation program between AVIC and Airbus Helicopters. It can carry up to 16 passengers with a 7.5-tonne maximum take-off weight and a maximum range of 850 km. (Xinhua)= 配信日: 2022(令和4)年7月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022072708785

  • 2022年07月27日
    CHINA-HEILONGJIANG-HARBIN-Z15 HELICOPTER (CN)

    (220727) -- HARBIN, July 27, 2022 (Xinhua) -- Cellphone photo taken on July 26, 2022 shows a Z15 (AC352) helicopter in Harbin, northeast China‘s Heilongjiang Province. The Civil Aviation Administration of China (CAAC) on Tuesday granted certification to the Z15 helicopter, the country‘s first homegrown, medium-sized helicopter model, for civil use. Z15, also known as AC352, was developed by AVIC Harbin Aircraft Industry Group Co., Ltd. under a cooperation program between AVIC and Airbus Helicopters. It can carry up to 16 passengers with a 7.5-tonne maximum take-off weight and a maximum range of 850 km. (Xinhua/Zhu Yue)= 配信日: 2022(令和4)年7月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022072708778

  • 1