KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • 令和
  • 記者
  • 万里の長城
  • 介入
  • 修繕
  • 原則
  • 朔州
  • 崩壊
  • 住居
  • 入り口

「月亮門」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
4
( 1 4 件を表示)
  • 1
4
( 1 4 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  慈善活動に尽力した李一族の豪邸「李家大院」山西省
    2020年09月06日
    慈善活動に尽力した李一族の豪邸「李家大院」山西省

    6日、邸宅内にある私塾院の「月亮門」。入り口は日本風の引き戸になっている。中国山西省運城市万栄県にある全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される李家大院は、かつての豪商の邸宅で、今では地元の観光スポットになっている。古色蒼然(そうぜん)とした住居は、中国式と西洋式が調和した「中西折衷」の造りをしているだけでなく、慈善文化の「生きた教材」でもある。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年9月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020091801694

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2023年09月15日
    (1)万里の長城を「最小限の介入」で守る山西省の取り組み

    山西省の「猴児嶺長城」に残る10号敵台(見張り台)「月亮門」。16年に暴風雨で崩壊したが約4年かけて修繕された。(5月14日撮影)中国山西省では「万里の長城」を後世に長く残すため、文化財関係者らが「最小限の介入」原則の下、補修作業を行っている。(朔州=新華社記者/王学濤)= 配信日: 2023(令和5)年9月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023091507447

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2023年09月15日
    (5)万里の長城を「最小限の介入」で守る山西省の取り組み

    暴風雨で崩壊したが修繕された山西省「猴児嶺長城」の10号敵台「月亮門」。(5月14日撮影)中国山西省では「万里の長城」を後世に長く残すため、文化財関係者らが「最小限の介入」原則の下、補修作業を行っている。(朔州=新華社記者/王学濤)= 配信日: 2023(令和5)年9月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023091507468

  •  (2)万里の長城を「最小限の介入」で守る山西省の取り組み
    2023年09月15日
    (2)万里の長城を「最小限の介入」で守る山西省の取り組み

    修繕された10号敵台「月亮門」の前で記念撮影する観光客。(5月14日撮影)中国山西省では「万里の長城」を後世に長く残すため、文化財関係者らが「最小限の介入」原則の下、補修作業を行っている。(朔州=新華社記者/王学濤)= 配信日: 2023(令和5)年9月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023091507442

  • 1