KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • ヘリ
  • 北海道伊達市
  • 噴煙
  • 洞爺湖温泉
  • 中央
  • 仮設住宅
  • 火山灰
  • グラフ
  • 可能性
  • 火山噴火予知連絡会

「有珠山噴火」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
135
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
135
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1977年09月04日
    白菜をつぶす農民 不気味に静まる有珠山 有珠山噴火1カ月

    火山灰をかぶった畑の白菜をつぶす農民の表情はさえない−大量に降った火山灰は、周辺の農作物に壊滅的打撃を与えた。収穫寸前だったのに、来年は作れるのだろうか=洞村(写真グラフ「不気味に静まる有珠山 有珠山噴火1カ月」6枚組の3)

    商品コード: 2014111200405

  • 1977年09月04日
    洞爺湖畔の白鳥 不気味に静まる有珠山 有珠山噴火1カ月

    まだ火山れきの残る洞爺湖畔でエサを求める白鳥−火山れきが漂う湖面に、透明度を誇ったかつての面影はなく、湖畔の白鳥も寂しげ(写真グラフ「不気味に静まる有珠山 有珠山噴火1カ月」6枚組の4)

    商品コード: 2014111200406

  • 1977年09月04日
    不気味な沈黙 不気味に静まる有珠山 有珠山噴火1カ月

    洞爺湖温泉に明かりがついたが、有珠山は不気味な沈黙を守っている(上の月は合成したもの)−8月14日以降、小康状態が続く地元では、避難命令も段階的に解かれつつある(写真グラフ「不気味に静まる有珠山 有珠山噴火1カ月」6枚組の1)

    商品コード: 2014111200402

  • 1977年09月04日
    北大の有珠地震観測所 不気味に静まる有珠山 有珠山噴火1カ月

    有感地震はやまず、相変わらず警戒は必要−観測態勢も一応整い、震源の位置、マグマの状況、地殻の変動など、かなり読み取れるようになった=壮瞥町の北海道大学有珠地震観測所(写真グラフ「不気味に静まる有珠山 有珠山噴火1カ月」6枚組の2)

    商品コード: 2014111200404

  • 1977年09月04日
    洞爺湖温泉街 不気味に静まる有珠山 有珠山噴火1カ月

    温泉街に戻った土産物店の人たちは久し振りに生気を取り戻した−商店街のシャッターが開き、道路の火山灰を洗い流して復旧への努力。久し振りに見る隣同士の顔が懐かしい=洞爺湖温泉街(写真グラフ「不気味に静まる有珠山 有珠山噴火1カ月」6枚組の5)

    商品コード: 2014111200407

  • 1977年09月04日
    まだ続く避難生活 不気味に静まる有珠山 有珠山噴火1カ月

    噴火で家を壊された人たちの避難生活はまだ続いている−火山灰の重みで家をつぶされた人、泥流の危険にさらされる沢沿いの人に、帰れる日はまだ遠い。不自由な避難生活はいつまで続くのか。「山に文句もいえねえしな…」といいながら疲れとストレスがたまる=虻田町(写真グラフ「不気味に静まる有珠山 有珠山噴火1カ月」6枚組の6)

    商品コード: 2014111200408

  • 1977年09月25日
    スケッチ企画6890D−32 有珠山

    有珠山噴火の降灰被害を受けた畑で、ブルドーザーで踏みつぶされるトウキビ=1977(昭和52)年9月25日、北海道壮瞥町

    商品コード: 2018061000202

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1977年10月03日
    有珠山噴火2カ月

    右の大有珠の麓、オガリ山の北側から左の小有珠にかけて異常に大きな隆起が続く。小有珠は沈下してこの新しい隆起と肩を並べるほど低くなっている。画面中央奥は第4火口、さらに奥は洞爺湖=1977(昭和52)年10月3日、北海道・有珠山(画面下部のマゼンタ色はネガの退変色による着色で実際は枯れた樹木が立ち並んでいる)

    商品コード: 2004052500129

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1977年10月03日
    有珠山噴火2カ月

    小有珠(手前)から大有珠にかけて、異常に大きな隆起が連続している。左端は第4火口=1977(昭和52)年10月3日、北海道・有珠山

    商品コード: 2004052500128

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    05:13.52
    1977年12月23日
    「中日映画社」1977年、にっぽん

    昭和52年総集編日ソ200カイリ問題。子ども達がスーパーカーの追いかけ。有珠山噴火。江川がクラウン入団拒否。<映像内容>200カイリ水域地図イラスト、海に浮かぶ漁船、ソ連船、党首会談、北方四島の地図イラスト、日ソ漁業協定が交わされる様子、主婦たちが産地直送の食料を手配する様子、質屋の繁盛の様子、スーパーカーの展示イベント、喜ぶ子ども達、時刻表を模した「遅刻」表、長い受話器、トイレのガスでガスコンロを使う主婦、有珠山噴火、街中に降り積もる火山灰、王選手のホームラン、江川卓投手のピッチング、日航ハイジャック事件で出獄を許された日本陸軍6名の様子、成田空港問題・三里塚闘争で抵抗する人々、田中角栄の公判が始まる様子、様々な政治家が活動する様子、撮影日不明・公開日:1977(昭和52)年12月23日、クレジット:中日映画社/共同通信イメージズ ※高ビットレート素材あり、要問い合わせ※テレビ番組利用の場合は、別途お問合わせ下さい。

    商品コード: 2019013001317

  • 2000年03月29日
    会見する噴火予知連会長 有珠山で噴火予知連

    有珠山噴火の可能性について述べる火山噴火予知連絡会の井田喜明会長(左から2人目)=29日午前11時15分、気象庁

    商品コード: 2000032900056

  • 2000年03月30日
    火口を調べる自衛隊ヘリ 北西斜面に断層、地割れ群

    活動が活発化した有珠山噴火口(手前)を調べる陸上自衛隊のヘリコプター。後方は洞爺湖=30日午後2時50分、北海道伊達市で共同通信社ヘリから(出稿、サブデータはK00-10315に)

    商品コード: 2000033000092

  • 2000年03月31日
    噴火の連続写真(1) 有珠山が噴火

    有珠山噴火の瞬間(1)=3月31日午後1時10分

    商品コード: 2000033100177

  • 2000年03月31日
    テレビを見る避難民 予想超えた噴煙の勢い

    有珠山の噴火を報じるテレビに見入る避難した人たち=3月31日午後3時、北海道伊達市の「だて歴史の杜カルチャーセンター」

    商品コード: 2000033100211

  • 2000年03月31日
    ニュース見る避難者 有珠山が噴火

    有珠山噴火のテレビニュースを食い入るように見る避難した人たち=3月31日午後6時、北海道壮瞥町の久保内中学校

    商品コード: 2000033100158

  • 2000年03月31日
    火山噴火予知連会長が会見 有珠山が噴火

    有珠山噴火について記者会見する火山噴火予知連絡会の井田喜明会長(右)=3月31日午後、気象庁

    商品コード: 2000033100133

  • 2000年03月31日
    噴火の連続写真(2) 有珠山が噴火

    有珠山噴火の瞬間(2)=3月31日午後

    商品コード: 2000033100178

  • 2000年03月31日
    噴火の連続写真(4) 有珠山が噴火

    有珠山噴火の瞬間(4)=3月31日午後

    商品コード: 2000033100181

  • 2000年03月31日
    疲労たまる避難者 有珠山が噴火

    有珠山噴火で先の見えない避難所生活となり、疲労で横になる避難者=3月31日夜、北海道伊達市の「だて歴史の杜カルチャーセンター」

    商品コード: 2000033100231

  • 2000年03月31日
    首相が出席し関係閣僚会議 有珠山が噴火

    有珠山噴火により開かれた関係閣僚会議であいさつする小渕首相(手前左から2人目)=3月31日午後2時、首相官邸(代表撮影)

    商品コード: 2000033100098

  • 2000年03月31日
    噴火の連続写真(3) 有珠山が噴火

    有珠山噴火の瞬間(3)=3月31日午後

    商品コード: 2000033100180

  • 2000年03月31日
    指示出す中山長官 有珠山が噴火

    「有珠山噴火非常災害対策本部」から現地の対策本部に携帯電話で指示を出す中山国土庁長官=3月31日午後、東京・霞が関

    商品コード: 2000033100206

  • 2000年04月01日
    関係閣僚会議に向かう首相 過去の教訓で初動順調

    有珠山の噴火に伴う関係閣僚会議に向かう小渕首相(中央)=3月31日午後、首相官邸

    商品コード: 2000040100097

  • 2000年04月02日
    有珠山全景 続く大規模災害の危険

    噴煙を上げる有珠山の全景。左端は洞爺湖温泉街=2日午後3時50分、北海道虻田町で共同通信社ヘリから

    商品コード: 2000040200082

  • 2000年04月02日
    閣僚会議であいさつの首相 首相が緊急入院

    有珠山噴火により開かれた関係閣僚会議であいさつする小渕首相(手前左から2人目)=3月31日午後、首相官邸(代表撮影)(K2000ー10505)

    商品コード: 2000040200126

  • 2000年04月02日
    国土地理院が公開 有珠山噴火直後の航空写真

    建設庁国土地理院が2日、公開した北海道・有珠山の噴火約1時間20分後(3月31日午後2時30分ごろ)の航空写真。有珠山西部の「西山」斜面から黒っぽい噴煙が立ち上っている。上は洞爺湖(高度1950メートルから撮影)

    商品コード: 2000040200122

  • 2000年04月03日
    噴火口近くの建物 有珠山噴火

    国道230号線沿いの建物近くに不気味に口を開ける有珠山北西の噴火口=3日午前8時55分、北海道虻田町で共同通信社ヘリから

    商品コード: 2000040300028

  • 2000年04月03日
    飛散したとみられる石 虻田町で噴石?

    北海道虻田町内で見つかった有珠山噴火で飛散したとみられる大きな石=3日午後、北海道警伊達署

    商品コード: 2000040300118

  • 2000年04月03日
    激しく吹き出す噴煙 有珠山噴火

    洞爺湖温泉街近くの噴火口から激しく吹き出す噴煙=3日午前9時10分、北海道虻田町で共同通信社ヘリから

    商品コード: 2000040300030

  • 2000年04月03日
    水柱状の噴出物 有珠山噴火

    洞爺湖温泉街の東で、吹き上げる水柱状の噴出物=3日午前8時50分、北海道虻田町で共同通信社ヘリから

    商品コード: 2000040300045

  • 2000年04月03日
    避難地を訪れた島原市長 島原市長が涙声で激励

    有珠山噴火の避難住民を激励し、拍手で送られる吉岡庭二郎島原市長(右端)=3日午後4時、北海道豊浦町の豊浦中央公民館

    商品コード: 2000040300135

  • 2000年04月06日
    避難所の西村夫妻 「また温泉街に住みたい」

    有珠山噴火で2回目の避難生活を送る西村勝治さん、京子さん夫妻=3日、北海道虻田町

    商品コード: 2000040600002

  • 2000年04月06日
    西山西側付近の断層群 有珠山噴火から1週間

    断層群が発達している有珠山の西山西側付近。右端は寸断された国道230号=6日午後2時30分、北海道虻田町で共同通信社ヘリから

    商品コード: 2000040600117

  • 2000年04月06日
    避難先を移動する人たち 経験が培う高い住民意識

    新たな有珠山噴火で避難先が変更となり、荷物を手に移動する人たち=2日、北海道豊浦町の豊浦小学校

    商品コード: 2000040600094

  • 2000年04月06日
    降灰で車は昼間も点灯 有珠山噴火から1週間

    有珠山からの降灰で視界が落ち、昼間もライトを点灯して走行する車=6日午後3時10分、北海道壮瞥町(CD-RはK2000-11363にあり)

    商品コード: 2000040600123

  • 2000年04月06日
    降灰の壮瞥町で交通規制 有珠山噴火から1週間

    活発な火山活動を続ける有珠山からの降灰で、交通規制をする北海道警の警察官=6日午後2時50分、北海道壮瞥町(CD-RはK2000-11363にあり)

    商品コード: 2000040600125

  • 2000年04月06日
    成長する断層群と建物 有珠山噴火から1週間

    有珠山の西山西側付近で成長を続け、建物を持ち上げた断層群=6日午後2時20分、北海道虻田町で共同通信社ヘリから

    商品コード: 2000040600122

  • 2000年04月07日
    被災者支援の募金活動 J2札幌が有珠山募金

    有珠山噴火の被災者支援のため、募金活動をする岡田武史監督(中央)と選手=7日午後、JR函館駅

    商品コード: 2000040700144

  • 2000年04月08日
    壮瞥町内道路の亀裂 避難住民が一時帰宅

    北海道壮瞥町内で見つかった道路の亀裂=8日午後(有珠山噴火現地対策本部提供)(CD-RはK2000-11737に)

    商品コード: 2000040800128

  • 2000年04月10日
    見舞金を手渡す森首相 有珠山見舞金200万円

    山口博司北海道副知事(左)に、有珠山噴火被害の見舞金を手渡す森首相=10日午後、首相官邸

    商品コード: 2000041000115

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2000年04月14日
    始まった仮設住宅の工事 仮設住宅建設始まる

    北海道虻田町で始まった有珠山噴火で避難した住民用の仮設住宅建設工事=14日午前9時15分

    商品コード: 2000041400010

  • 2000年04月15日
    避難者激励する森首相 森首相が避難者激励

    避難所で有珠山噴火の被災者を激励する森首相(右)=15日午後3時58分、北海道伊達市の伊達高等養護学校(代表撮影)

    商品コード: 2000041500058

  • 2000年04月15日
    幼児と森首相 森首相が避難者激励

    有珠山噴火の避難所を訪問、幼児に声を掛ける森首相(右端)=15日午後3時50分、北海道伊達市の伊達高等養護学校(代表撮影)

    商品コード: 2000041500065

  • 2000年04月15日
    ヘリで到着した森首相ら 森首相が避難者激励

    有珠山噴火の現地調査のために自衛隊のヘリで到着した(前列右から)森首相、神崎公明党代表、扇保守党党首ら=15日午後2時58分、北海道伊達市の館山野球場

    商品コード: 2000041500041

  • 2000年04月15日
    避難所で赤ちゃん抱く女性 避難住民アンケート

    有珠山噴火で避難所生活を強いられ、疲れた表情で赤ちゃんを抱く女性=北海道壮瞥町の久保内中学校

    商品コード: 2000041500042

  • 2000年04月15日
    避難所で激励する森首相 森首相が避難者激励

    有珠山噴火の避難所を訪問し、被災者を激励する森首相(左から4人目)=15日午後3時53分、北海道伊達市の伊達高等養護学校(代表撮影)

    商品コード: 2000041500059

  • 2000年04月15日
    被災者見舞う森首相ら 森首相が避難住民激励

    有珠山噴火の避難所を訪れ、被災者と笑顔で話す森首相(中央)。右から2人目は公明党の神崎代表、右端は保守党の扇党首=15日午後3時58分、北海道伊達市の伊達高等養護学校(代表撮影)

    商品コード: 2000041500080

  • 2000年04月16日
    郵便局訪れた八代郵政相 八代郵政相が被災地視察

    有珠山噴火で、職員激励のため伊達郵便局を訪れた八代郵政相=16日午後、北海道伊達市

    商品コード: 2000041600038

  • 2000年04月18日
    岡田教授が記者会見 火山性微動のパターン変化

    北海道・有珠山噴火で虻田町の月浦地区で採取された噴石を前に記者会見する岡田弘北海道大教授(中央)=18日午後7時15分、伊達市役所

    商品コード: 2000041800151

  • 2000年04月19日
    雪化粧した有珠山 有珠山噴火

    久しぶりの快晴で姿を見せた雪化粧した有珠山。手前は噴煙上げる金比羅山側火口=19日午前9時15分、北海道洞爺町で共同通信社ヘリから(CD-RはK2000-13083に)

    商品コード: 2000041900038

  • 2000年04月19日
    工事が進む仮設住宅 仮設住宅の入居説明始まる

    工事が進む有珠山噴火の避難住民用の仮設住宅=19日午後、北海道壮瞥町

    商品コード: 2000041900132

  • 2000年04月19日
    白煙上げる西山噴火口群 有珠山噴火

    白煙を噴き上げる有珠山の西山西側の噴火口群。左奥は噴煙上げる金比羅山側火口=19日午前9時30分、北海道虻田町で共同通信社ヘリから(CD-RはK2000-13083に)

    商品コード: 2000041900039

  • 2000年04月19日
    絵などを手にする学園長 激励の手紙や絵を郵送

    北海道・有珠山噴火の避難住民への激励の寄せ書きや絵日記を手に持つ「日本語学園協同システム」の中島良典・学園長(共同)

    商品コード: 2000041900113

  • 2000年04月19日
    仮設住宅の内装工事 仮設住宅の入居説明始まる

    急ピッチで進む有珠山噴火の避難住民用の仮設住宅の内装工事=19日午後、北海道壮瞥町

    商品コード: 2000041900133

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2000年04月20日
    網を仕掛ける漁師 洞爺湖でワカサギ漁再開

    洞爺湖で有珠山噴火後初めて再開された採卵のためのワカサギ漁。小型ボートに乗った漁師たちは、噴煙を気にしながら湖上に定置網を設置していた=20日午前、北海道壮瞥町

    商品コード: 2000042000043

  • 2000年04月21日
    募金活動する宇都宮さんら ふるさと頑張れ、募金活動

    北海道・有珠山噴火で避難生活を続けている住民支援のため、募金を呼び掛ける宇都宮節子さん(右端)ら=21日夜、東京・JR町田駅

    商品コード: 2000042100116

  • 2000年04月22日
    祝福される新郎新婦 有珠山噴火の避難所で挙式

    避難所で結婚式を挙げ、集まった人たちに祝福される金子祐一さんと奈々さん=22日午後5時55分、北海道壮瞥町の久保内農村環境改善センター

    商品コード: 2000042200120

  • 2000年04月23日
    土のうづくり急ピッチ 泥流対策で河川工事始まる

    有珠山噴火の泥流対策で、急ピッチで進められる土のうづくり=23日午後、北海道壮瞥町

    商品コード: 2000042300073

  • 2000年04月24日
    小菅光男さん 泥流被害の恐ろしさ語る

    前回の有珠山噴火時の泥流被害の恐ろしさを語る小菅光男さん=23日、北海道大滝村

    商品コード: 2000042400104

  • 2000年04月26日
    人けのない土産物店 土産物店一斉に再開へ

    有珠山噴火で客足が途絶えた昭和新山ふもとの土産物店=23日、北海道壮瞥町(CD-RはK2000-13624にあり)

    商品コード: 2000042600142

  • 2000年04月28日
    北海道伊達市の避難所 8千人がいまも避難生活

    避難生活を続ける住民で混み合う北海道伊達市の「だて歴史の杜カルチャーセンター」=24日

    商品コード: 2000042800116

  • 2000年04月28日
    一時帰宅終えた避難住民 8千人がいまも避難生活

    一時帰宅を終え、荷物を手に避難所へ戻るバスを待つ避難住民=24日、北海道豊浦町の豊浦中学校

    商品コード: 2000042800115

  • 2000年04月28日
    有珠山噴火前と約1カ月後 噴煙続く有珠山1カ月

    噴火以前の有珠山(上・3月30日)と噴火から1カ月近くたち噴煙を上げる有珠山・金比羅山側の火口(下・4月25日)=北海道虻田町で共同通信社ヘリから

    商品コード: 2000042800120

  • 2000年04月28日
    火山灰の中を歩く人 8千人がいまも避難生活

    火山灰が降る中、避難所へ戻る人たち=3月31日午後、北海道壮瞥町

    商品コード: 2000042800121

  • 2000年04月28日
    川南明則さん ローン抱え、また被災

    有珠山噴火による自宅の被災の様子を語る川南明則さん=北海道虻田町

    商品コード: 2000042800004

  • 2000年04月28日
    建設進む仮設住宅 8千人がいまも避難生活

    避難所生活が続く住民のため、急ピッチで進められている仮設住宅の建設作業=26日、北海道壮瞥町で共同通信社ヘリから

    商品コード: 2000042800114

  • 2000年04月28日
    噴煙上げる有珠山 予測困難な今後の活動

    依然活発な噴火活動を続ける北海道・有珠山=26日午後、北海道虻田町で共同通信社ヘリから

    商品コード: 2000042800119

  • 2000年04月29日
    噴煙を上げる有珠山 有珠山噴火から1カ月

    盛んに噴煙を上げる北海道・有珠山。手前は火山灰に覆われた洞爺湖温泉街=29日午後2時、北海道虻田町で共同通信社ヘリから(CD-RはK2000-13083に)

    商品コード: 2000042900042

  • 2000年05月03日
    現地の報告を受ける閣僚ら 政府が有珠山対策会議

    有珠山噴火対策関係閣僚会議で、現地対策本部からテレビ電話を通じて報告を受ける閣僚ら=3日午前、首相官邸(代表撮影)(CD-Rあり)

    商品コード: 2000050300008

  • 2000年05月05日
    たこ揚げの子どもたち 避難所でこどもの日

    有珠山噴火の避難所前で開かれた「こどもフェスティバル」で、手作りのたこを揚げる子どもたち=5日午後、北海道伊達市・だて歴史の杜カルチャーセンター

    商品コード: 2000050500036

  • 2000年05月06日
    説明を聞く住民 噴火で専門家が住民に説明

    有珠山噴火の状況を説明する北海道大の岡田弘教授(手前右)らの報告を聞く住民=6日午後、北海道壮瞥町の壮瞥町公民館(出稿データはK2000-15561のCD-Rに)

    商品コード: 2000050600085

  • 2000年05月09日
    対策本部に看板 現地対策本部で開所式

    新設された有珠山噴火の現地対策本部の開所式で看板を掛ける増田敏男本部長(右から2人目)ら=9日午前、北海道伊達市(出稿データはK2000-15561のCD-Rに)

    商品コード: 2000050900035

  • 2000年05月09日
    対策本部の合同会議 現地対策本部で開所式

    新設のプレハブ棟で開かれた有珠山噴火の現地対策本部合同会議=9日午前、北海道伊達市(出稿データはK2000-15561のCD-Rに)

    商品コード: 2000050900034

  • 2000年05月09日
    観測井戸 地下水から有珠山噴火追う

    有珠山噴火の直前から地下水があふれるようになった観測井戸=4月11日、北海道伊達市の長和中学

    商品コード: 2000050900121

  • 2000年05月11日
    中山建設相と長崎虻田町長 有珠山噴火で建設相に要望

    有珠山噴火対策で中山建設相(右)に要望書を渡す長崎良夫虻田町長(中央)=11日午前、建設省(なかやま・まさあき)

    商品コード: 2000051100050

  • 2000年05月13日
    無料開放の温水プール 湖畔の温泉で部分営業再開

    有珠山噴火が続く中、無料開放されたホテルの温水プールで楽しむ家族連れ=13日午後、北海道壮瞥町

    商品コード: 2000051300047

  • 2000年05月13日
    有珠山噴火のボランティア 蓄積生き、住民高く評価

    現地対策本部のミーティングでその日の活動報告をする有珠山噴火のボランティア=11日夜、北海道・伊達市役所の分庁舎

    商品コード: 2000051300044

  • 2000年05月19日
    サインする岡田監督 岡田監督らが被災地を慰問

    サッカーJ2、コンサドーレ札幌の岡田監督(右端)と選手2名が有珠山噴火で避難している子供たち激励のため北海道豊浦町の豊浦小学校を訪れた。集まった150人余りの子供たちに「皆さんの表情が本当に明るいので逆に励まされるような気がしました」とあいさつ。最後は全員にサインをプレゼントした=19日午後

    商品コード: 2000051900131

  • 2000年05月22日
    噴煙を上げる有珠山 有珠山噴火、終息の可能性

    噴火活動が終息に向かう可能性を見せ始めた有珠山=22日午後4時20分、北海道洞爺村から

    商品コード: 2000052200130

  • 2000年05月22日
    質問に答える井田会長 有珠山噴火、終息の方向

    有珠山の噴火活動について質問に答える井田喜明・火山噴火予知連絡会会長(左から2人目)。記者会見は北海道伊達市と同時中継で結ばれた=22日午後、気象庁

    商品コード: 2000052200184

  • 2000年05月22日
    記者会見する岡田教授ら 有珠山噴火、終息の可能性

    北海道・有珠山の火山活動について見解を述べる岡田弘・北海道大教授。右は火山噴火予知連絡会の井田喜明会長=22日午後、気象庁

    商品コード: 2000052200135

  • 2000年05月22日
    テレビを見る避難住民ら 有珠山噴火、終息の可能性

    豊浦町公民館に設けられた避難所で、有珠山の噴火活動について予知連の見解を伝えるテレビのニュースを見る避難住民ら=22日午後6時15分、北海道豊浦町

    商品コード: 2000052200154

  • 2000年05月22日
    掲示板見る中学生 有珠山噴火、終息の可能性

    火山噴火予知連絡会の統一見解が張り出された掲示板を見る避難中の中学生=22日午後、北海道伊達市の「だて歴史の杜カルチャーセンター」

    商品コード: 2000052200155

  • 2000年05月22日
    洞爺湖温泉街 噴火予知連が新たな見解

    有珠山噴火で、将来像について本格的な検討が迫られる北海道虻田町の洞爺湖温泉街=22日午後4時

    商品コード: 2000052200148

  • 2000年05月22日
    TVニュース見る避難住民 有珠山噴火、終息の可能性

    有珠山噴火で火山噴火予知連絡会の見解を伝えるテレビニュースを見る避難住民=22日午後7時10分、北海道豊浦町の豊浦公民館

    商品コード: 2000052200165

  • 2000年06月15日
    観光PRのキャラバン隊 「元気ですよ洞爺湖」

    有珠山噴火災害からの復興に向け、観光PRをするキャラバン隊=15日午前10時20分、JR新宿駅東口

    商品コード: 2000061500040

  • 2000年06月16日
    あいさつする青木官房長官 第3回有珠山関係閣僚会議

    有珠山噴火災害関係閣僚会議であいさつする青木官房長官(前列左から2人目)=16日午前、首相官邸(代表撮影)(あおき・みきお)

    商品コード: 2000061600077

  • 2000年06月29日
    仮設住宅で自転車を押す人 有珠山噴火から3カ月

    北海道・有珠山の噴火から30日で3カ月、「終息宣言」のめども立たず長引く仮設住宅生活で避難住民は今後の暮らしに不安を募らせている=29日午後、北海道壮瞥町

    商品コード: 2000062900128

  • 2000年08月02日
    噴火記録の編集作業 有珠山噴火の経験を後世に

    有珠山噴火の記録をまとめる本の編集作業に取り組む、虻田町町史編集委員会のメンバー=7月31日、北海道・虻田町役場

    商品コード: 2000080200013

  • 2000年08月11日
    対策本部の看板外す職員 有珠山の政府対策本部解散

    有珠山噴火の政府現地対策本部で看板を外す国土庁の職員=11日午前10時10分、北海道伊達市

    商品コード: 2000081100019

  • 2000年08月22日
    説明受ける震災遺児ら 震災遺児が虻田町訪問

    有珠山噴火について長崎良夫・虻田町長(左手前)から説明を受ける兵庫の震災遺児ら=22日午後、北海道の虻田町役場

    商品コード: 2000082200103

  • 2001年01月13日
    有珠山噴火の記録集 有珠山噴火の記録集を出版

    室蘭民報社が出版した「有珠山 平成噴火とその記録」

    商品コード: 2001011300052

  • 2001年03月19日
    洞爺湖温泉小の入学式 虻田町で1年遅れの入学式

    有珠山噴火の影響で1年遅れで行われた洞爺湖温泉小学校の入学式=19日午前9時50分、北海道虻田町

    商品コード: 2001031900026

  • 2001年03月28日
    金比羅火口と洞爺湖温泉街 「安全宣言」も集客進まず

    )の(ロ)、社会321S、30日付朝刊用、解禁厳守  噴火から1年を迎える北海道・有珠山の金比羅山火口と洞爺湖温泉街。火口からは小規模な水蒸気爆発が続いている=17日、北海道虻田町で共同通信社ヘリから

    商品コード: 2001032800104

  • 2001年03月28日
    砂防工事の説明会 火山と共生へ変わる意識

    )の(ハ)、社会323S、30日付朝刊用、解禁厳守  洞爺湖温泉街の砂防工事についての説明会で、模型を前に説明を聞く住民ら=15日、北海道虻田町

    商品コード: 2001032800107

  • 2001年03月28日
    虻田町月浦地区の仮設住宅 幸せな人を見るのがつらい

    )の(ハ)、社会322S、30日付朝刊用、解禁厳守  北海道虻田町月浦地区の仮設住宅。現在でも約300人が不便な生活を強いられている=18日

    商品コード: 2001032800105

  • 2001年03月30日
    泥流の上にフキノトウ 有珠山新火口付近を公開

    有珠山噴火による泥流の上に顔を出した春を告げるフキノトウ=30日午後4時40分、北海道虻田町

    商品コード: 2001033000132

  • 2001年03月31日
    火口見物する宿泊客 有珠山噴火から1年

    洞爺湖温泉街のホテルの屋上から従業員のガイドで有珠山の新火口を見物する宿泊客=31日午前8時45分、北海道虻田町

    商品コード: 2001033100015

  • 2001年03月31日
    有珠山の金比羅山火口 有珠山噴火から1年

    噴火から1年目の朝を迎えた北海道・有珠山の金比羅山火口=31日午前6時50分、北海道虻田町

    商品コード: 2001033100007

  • 2001年03月31日
    とうやこ幼稚園の卒園式 有珠山噴火から1年

    噴石で建物が全壊し、移転先で行われたとうやこ幼稚園の卒園式=31日午前10時20分、北海道・虻田町

    商品コード: 2001033100031

  • 1
  • 2