KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 平成
  • 記者
  • 村民
  • オーツ麦
  • オートムギ
  • 上昇
  • 値段
  • 共同購入
  • 劉磊
  • 栽培

「朝陽鎮」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
11
( 1 11 件を表示)
  • 1
11
( 1 11 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2018年05月18日
    「受注生産エンバク」の種まき開始内モンゴル自治区化徳県

    18日、畑で「受注生産エンバク」の種を見せる内モンゴル自治区化徳県新社村の村民。中国内モンゴル自治区化徳県朝陽鎮新社村の農家では気温の上昇に伴い、エンバクの種まきが始まった。例年と異なり、村内の農家は駐村工作隊の支援によりエンバクの種を共同購入。企業がまとめて回収する「受注生産エンバク」を約1500ムー(約100ヘクタール)栽培する。1斤(0・5キロ)の値段は通常のエンバクより0・7元(1元=約17円)高く、1ムー当たり200~400元の増収となる。(化徳=新華社記者/劉磊)=2018(平成30)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018052100746

  • 2018年05月18日
    「受注生産エンバク」の種まき開始内モンゴル自治区化徳県

    18日、内モンゴル自治区化徳県新社村での「受注生産エンバク」の種まきの様子。(ドローンで撮影)中国内モンゴル自治区化徳県朝陽鎮新社村の農家では気温の上昇に伴い、エンバクの種まきが始まった。例年と異なり、村内の農家は駐村工作隊の支援によりエンバクの種を共同購入。企業がまとめて回収する「受注生産エンバク」を約1500ムー(約100ヘクタール)栽培する。1斤(0・5キロ)の値段は通常のエンバクより0・7元(1元=約17円)高く、1ムー当たり200~400元の増収となる。(化徳=新華社記者/劉磊)=2018(平成30)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018052100745

  • 2018年05月18日
    「受注生産エンバク」の種まき開始内モンゴル自治区化徳県

    18日、「受注生産エンバク」の畑を耕す内モンゴル自治区化徳県新社村の村民。中国内モンゴル自治区化徳県朝陽鎮新社村の農家では気温の上昇に伴い、エンバクの種まきが始まった。例年と異なり、村内の農家は駐村工作隊の支援によりエンバクの種を共同購入。企業がまとめて回収する「受注生産エンバク」を約1500ムー(約100ヘクタール)栽培する。1斤(0・5キロ)の値段は通常のエンバクより0・7元(1元=約17円)高く、1ムー当たり200~400元の増収となる。(化徳=新華社記者/劉磊)=2018(平成30)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018052100701

  • 2018年05月18日
    「受注生産エンバク」の種まき開始内モンゴル自治区化徳県

    18日、「受注生産エンバク」の畑を耕す内モンゴル自治区化徳県新社村の村民。中国内モンゴル自治区化徳県朝陽鎮新社村の農家では気温の上昇に伴い、エンバクの種まきが始まった。例年と異なり、村内の農家は駐村工作隊の支援によりエンバクの種を共同購入。企業がまとめて回収する「受注生産エンバク」を約1500ムー(約100ヘクタール)栽培する。1斤(0・5キロ)の値段は通常のエンバクより0・7元(1元=約17円)高く、1ムー当たり200~400元の増収となる。(化徳=新華社記者/劉磊)=2018(平成30)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018052100726

  • 2018年05月18日
    「受注生産エンバク」の種まき開始内モンゴル自治区化徳県

    18日、内モンゴル自治区化徳県新社村での「受注生産エンバク」の種まきの様子。(ドローンで撮影)中国内モンゴル自治区化徳県朝陽鎮新社村の農家では気温の上昇に伴い、エンバクの種まきが始まった。例年と異なり、村内の農家は駐村工作隊の支援によりエンバクの種を共同購入。企業がまとめて回収する「受注生産エンバク」を約1500ムー(約100ヘクタール)栽培する。1斤(0・5キロ)の値段は通常のエンバクより0・7元(1元=約17円)高く、1ムー当たり200~400元の増収となる。(化徳=新華社記者/劉磊)=2018(平成30)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018052100734

  • 2018年05月18日
    「受注生産エンバク」の種まき開始内モンゴル自治区化徳県

    18日、種まき機にエンバクの種を入れる内モンゴル自治区化徳県新社村の村民。中国内モンゴル自治区化徳県朝陽鎮新社村の農家では気温の上昇に伴い、エンバクの種まきが始まった。例年と異なり、村内の農家は駐村工作隊の支援によりエンバクの種を共同購入。企業がまとめて回収する「受注生産エンバク」を約1500ムー(約100ヘクタール)栽培する。1斤(0・5キロ)の値段は通常のエンバクより0・7元(1元=約17円)高く、1ムー当たり200~400元の増収となる。(化徳=新華社記者/劉磊)=2018(平成30)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018052100663

  • 2018年08月15日
    唐三彩、千年を越える釉薬の光

    15日、河南省洛陽市孟津県の朝陽鎮で、素焼きした器物に釉薬をかける唐三彩焼成技法の代表的伝承者、高水旺さん。中国河南省洛陽市孟津県の朝陽鎮にある南石山村は、唐代に発達したやきもの、唐三彩の生産地として国内外に広く知られている。村民の高水旺さんを代表とする職人らが1970年代に唐三彩のレプリカ技法や新たな制作技法を生み出して以降、村内の唐三彩生産企業は70社余りに増え、年間100万件近い各種唐三彩を生産している。唐三彩の焼成技法は2008年、国務院により中国国家級無形文化遺産の第2回リストに登録された。高さんはその翌年、唐三彩焼成技法の代表的伝承者として認定されている。(鄭州=新華社記者/馮大鵬)=2018(平成30)年8月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018082000838

  • 2018年08月15日
    唐三彩、千年を越える釉薬の光

    15日、河南省洛陽市孟津県の朝陽鎮で、釉薬を調合する唐三彩焼成技法の代表的伝承者、高水旺さん。中国河南省洛陽市孟津県の朝陽鎮にある南石山村は、唐代に発達したやきもの、唐三彩の生産地として国内外に広く知られている。村民の高水旺さんを代表とする職人らが1970年代に唐三彩のレプリカ技法や新たな制作技法を生み出して以降、村内の唐三彩生産企業は70社余りに増え、年間100万件近い各種唐三彩を生産している。唐三彩の焼成技法は2008年、国務院により中国国家級無形文化遺産の第2回リストに登録された。高さんはその翌年、唐三彩焼成技法の代表的伝承者として認定されている。(鄭州=新華社記者/馮大鵬)=2018(平成30)年8月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018082000813

  • 2018年08月15日
    唐三彩、千年を越える釉薬の光

    15日、河南省洛陽市孟津県朝陽鎮にある高水旺さんの唐三彩工場で作業する従業員。中国河南省洛陽市孟津県の朝陽鎮にある南石山村は、唐代に発達したやきもの、唐三彩の生産地として国内外に広く知られている。村民の高水旺さんを代表とする職人らが1970年代に唐三彩のレプリカ技法や新たな制作技法を生み出して以降、村内の唐三彩生産企業は70社余りに増え、年間100万件近い各種唐三彩を生産している。唐三彩の焼成技法は2008年、国務院により中国国家級無形文化遺産の第2回リストに登録された。高さんはその翌年、唐三彩焼成技法の代表的伝承者として認定されている。(鄭州=新華社記者/馮大鵬)=2018(平成30)年8月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018082000848

  • 2018年08月15日
    唐三彩、千年を越える釉薬の光

    15日、河南省洛陽市孟津県の朝陽鎮で、粘土の原形を修整する唐三彩焼成技法の代表的伝承者、高水旺さん。中国河南省洛陽市孟津県の朝陽鎮にある南石山村は、唐代に発達したやきもの、唐三彩の生産地として国内外に広く知られている。村民の高水旺さんを代表とする職人らが1970年代に唐三彩のレプリカ技法や新たな制作技法を生み出して以降、村内の唐三彩生産企業は70社余りに増え、年間100万件近い各種唐三彩を生産している。唐三彩の焼成技法は2008年、国務院により中国国家級無形文化遺産の第2回リストに登録された。高さんはその翌年、唐三彩焼成技法の代表的伝承者として認定されている。(鄭州=新華社記者/馮大鵬)=2018(平成30)年8月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018082000814

  • 2018年08月15日
    唐三彩、千年を越える釉薬の光

    15日、河南省洛陽市孟津県朝陽鎮にある高水旺さんの唐三彩工場で作業する従業員。中国河南省洛陽市孟津県の朝陽鎮にある南石山村は、唐代に発達したやきもの、唐三彩の生産地として国内外に広く知られている。村民の高水旺さんを代表とする職人らが1970年代に唐三彩のレプリカ技法や新たな制作技法を生み出して以降、村内の唐三彩生産企業は70社余りに増え、年間100万件近い各種唐三彩を生産している。唐三彩の焼成技法は2008年、国務院により中国国家級無形文化遺産の第2回リストに登録された。高さんはその翌年、唐三彩焼成技法の代表的伝承者として認定されている。(鄭州=新華社記者/馮大鵬)=2018(平成30)年8月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018082000842

  • 1