KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • こういち
  • 昭和天皇
  • 東条英機
  • クロニクル
  • 佐藤賢了
  • 侯爵
  • 内地
  • 南次郎
  • 土肥原賢二
  • 大川周明

「木戸幸一」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
15
( 1 15 件を表示)
  • 1
15
( 1 15 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1933年08月01日
    木戸幸一(きど・こういち)

    侯爵、官僚、政治家。農商務省に入省、商工省を辞した後、文部大臣、厚生大臣、内大臣ほかを歴任。戦後、A級戦犯として起訴され、終身刑の判決を受けた=1933(昭和8)年複写

    商品コード: 1933080100001

  • 1945年03月18日
    天皇が空襲被災地視察

    3月10日未明の米軍のB29による空襲で被災した東京・深川地区を視察、富岡八幡宮境内へ入る昭和天皇。後ろに続くのは(右から左へ)蓮沼蕃侍従武官長、藤田尚徳侍従長、木戸幸一内大臣=1945(昭和20)年3月18日

    商品コード: 2009110300104

  • 1945年12月08日
    木戸幸一氏

    山荘に憩う木戸幸一氏=1945(昭和20)年12月8日(20年内地1113)

    商品コード: 2014081900711

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1945年12月16日
    木戸氏入所

    車から降りた木戸幸一氏=1945(昭和20)年12月16日、巣鴨拘置所

    商品コード: 2014081900764

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1945年12月16日
    木戸氏入所

    巣鴨拘置所に入る木戸幸一氏(先頭)=1945(昭和20)年12月16日

    商品コード: 2014081900758

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1946年05月03日
    法廷内の被告たち 東京裁判始まる

    裁判初日、入廷する裁判長らを迎え起立する法廷内の被告たち。最後列右から板垣征四郎、鈴木貞一、白鳥敏夫、嶋田繁太郎、佐藤賢了、重光葵、松岡洋右、東郷茂徳、平沼騏一郎、大川周明、松井石根、大島浩、永野修身、小磯国昭、橋本欣五郎、その前列右から木村兵太郎、木戸幸一、賀屋興宣、星野直樹、武藤章、荒木貞夫、梅津美治郎、岡敬純、東条英機、南次郎、広田弘毅、畑俊六、土肥原賢二の各被告=1946(昭和21)年5月3日、東京・市ヶ谷の旧陸軍士官学校講堂(現防衛省市ヶ谷記念館)(極東国際軍事裁判)(戦犯21)

    商品コード: 1946050350002

  • 1948年11月01日
    (きど・こういち) 木戸幸一

    侯爵、貴族院議員、文相兼厚生相、A級戦犯被告、撮影日は不明

    商品コード: 1948110100014

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1955年11月16日
    木戸、大島のA級戦犯仮釈放

    巣鴨刑務所前で見送りの看護婦たちにあいさつをする木戸幸一(左)と大島浩両氏=1955(昭和30)年11月16日 (縮刷版掲載なし 30年内地番号なし)

    商品コード: 2012081400431

  • 1997年06月01日
    東条氏、木戸氏、近衛氏 木戸幸一回顧録を公開

    東条英機氏、木戸幸一氏、近衛文麿氏(東条=人物11663)(木戸=別KA64685)(近衛=別KA68011)

    商品コード: 1997060100022

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1997年06月01日
    録音テープと速記録 木戸幸一回顧録を公開

    最後の内大臣として戦前、戦中の政治に深くかかわった故木戸幸一氏の話を録音したテープと速記録(左)=東京・永田町の国立国会図書館(きど・こういち)

    商品コード: 1997060100010

  • 2014年09月11日
    通称「巣鴨プりズン」 東京拘置所

    東京都豊島区の東京拘置所、通称「巣鴨プりズン」に入る元内相木戸幸一=1945(昭和20)年12月11日 「ザ・クロニクル 戦後日本の70年」第1巻使用画像(P70)

    商品コード: 2014091100393

  • 2014年09月11日
    東京裁判始まる A級戦犯を裁いた軍事裁判

    東京裁判開廷の日、入廷する裁判長らを迎え起立する28名の被告たち。最後列右から板垣征四郎、鈴木貞一、白鳥敏夫、嶋田繁太郎、佐藤賢了、重光葵、松岡洋右、東郷茂徳、平沼騏一郎、大川周明、松井石根、大島浩、永野修身、小磯国昭、橋本欣五郎、その前列右から木村兵太郎、木戸幸一、賀屋興宣、星野直樹、武藤章、荒木貞夫、梅津美治郎、岡敬純、東条英機、南次郎、広田弘毅、畑俊六、土肥原賢二の各被告=1946(昭和21)年5月3日、東京・市ヶ谷の旧陸軍士官学校講堂(現防衛省市ヶ谷記念館)(極東国際軍事裁判)「ザ・クロニクル 戦後日本の70年」第1巻使用画像(P69)

    商品コード: 2014091100374

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2015年08月07日
    天皇が空襲被災地視察 再度の聖断で降伏決まる

    3月10日の大空襲で被災した東京・深川地区を視察する昭和天皇。後ろに続くのは(右から左へ)蓮沼蕃侍従武官長、藤田尚徳侍従長、木戸幸一内大臣=1945年3月18日

    商品コード: 2015080700772

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2015年08月19日
    木戸幸一内大臣 昭和天皇、退位に言及

    A級戦犯として出頭を前に心境を語る木戸幸一。内大臣時代の日記は昭和史の貴重な資料となっている=1945年12月初旬、東京都多摩村(現多摩市)の山荘

    商品コード: 2015081901114

  • 2016年11月11日
    木戸幸一 再び御前会議開催を要請

    木戸幸一内大臣

    商品コード: 2016111100659

  • 1