KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 落札
  • 内容
  • 映像
  • 築地市場
  • 取引
  • 場所
  • 最後
  • 様子
  • きむ
  • きよし

「木村清」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
62
( 1 62 件を表示)
  • 1
62
( 1 62 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1932年07月04日
    日本電報通信社資料

    経済問題打開策を話し合う日銀参与会初顔合わせ。左から高橋是清蔵相、木村清四郎、郷誠之助、土方久徴日銀総裁、串田万蔵の各氏ら=1932(昭和7)年7月4日、日銀(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2015062400334

  • 1950年07月25日
    安井都知事らが渡米

    渡米する(右から)真崎寿樹外務省法制課長、金刺不二太郎川崎市長、安井誠一郎東京都知事、本多市郎前国務相、木村清司地方財務委員、白鳥義三郎津田沼町長(東京千代田区の航空連絡所)=1950(昭和25)年7月25日 (25年内地番号なし)

    商品コード: 2013121900294

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年01月05日
    マグロと落札した社長 過去最高値で落札

    5649万円で競り落としたクロマグロを披露する、すしチェーン店「すしざんまい」運営の喜代村の木村清社長=5日早朝、東京・築地

    商品コード: 2012010500013

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2013年01月05日
    クロマグロと木村社長 マグロ、1億5540万円

    「初競り」で、過去最高値となる1億5540万円で競り落とした青森県大間産クロマグロを披露する喜代村の木村清社長=5日未明、東京・築地

    商品コード: 2013010500015

  • 2013年01月05日
    クロマグロの解体 最高値のマグロ披露

    1億5540万円の過去最高値で落札された青森県大間産クロマグロを解体する喜代村の木村清社長(左端)=5日午後、東京・築地のすしチェーン店「すしざんまい」本店

    商品コード: 2013010500216

  • 2013年01月05日
    解体されるクロマグロ 最高値のマグロ披露

    刀のような包丁で、1億5540万円の過去最高値で落札された青森県大間産クロマグロを解体する喜代村の木村清社長=5日午後、東京・築地のすしチェーン店「すしざんまい」本店

    商品コード: 2013010500217

  • 2014年01月05日
    最高値のクロマグロ マグロ1本736万円

    「初競り」で最高値の736万円で競り落とされた青森県大間産クロマグロ。右は競り落とした喜代村の木村清社長=5日早朝、東京・築地

    商品コード: 2014010500039

  • 2014年01月05日
    クロマグロと木村社長 マグロ1本736万円

    「初競り」で736万円の最高値で競り落とした青森県大間産クロマグロを披露する喜代村の木村清社長=5日早朝、東京・築地

    商品コード: 2014010500040

  • 2014年03月19日
    木村食品工業の社長 香港で北東北の食品PR

    現地のバイヤーにリンゴのドライフルーツなどを売り込む木村食品工業の木村清和社長(左)=19日、香港(NNA=共同)

    商品コード: 2014031900978

  • 2015年01月05日
    マグロ披露する木村社長 マグロ初競り451万円

    「初競り」で最高値の451万円で競り落とした青森県大間産クロマグロを披露する喜代村の木村清社長=5日早朝、東京・築地

    商品コード: 2015010500029

  • 2015年01月05日
    マグロと木村清社長 マグロ初競り451万円

    「初競り」で最高値の451万円で競り落とした青森県大間産クロマグロを披露する喜代村の木村清社長=5日早朝、東京・築地

    商品コード: 2015010500028

  • 2015年04月29日
    すしざんまいの木村社長 温浴施設競合で辞退

    記者会見する喜代村の木村清社長=29日、東京・築地

    商品コード: 2015042900340

  • 02:38.22
    2016年01月05日
    築地移転問題 築地市場 移転前最後の初競り マグロ1400万円

    築地市場(東京都中央区)で5日朝、今年初の取引となる「初競り」が開かれ200キロの青森県大間産クロマグロが1400万円(1キロ当たり7万円)の最高値で競り落とされた。11月には豊洲市場(江東区)に移転するため、築地での初競りは最後となる。クロマグロを落札したのは、すしチェーン「すしざんまい」を運営する喜代村(東京)。〈映像内容〉初競り前の市場関係者のあいさつ、並べられたクロマグロ、喜代 村の木村清社長のフォトセッションなど、撮影日:2016(平成28)年1月5日、撮影場所:東京都中央区 築地市場

    商品コード: 2019110801077

  • 2016年01月05日
    披露する木村社長 築地市場で最後の初競り

    「初競り」で、最高値の1400万円で競り落とした青森県大間産クロマグロを披露する喜代村の木村清社長=5日早朝、東京・築地

    商品コード: 2016010500027

  • 2016年01月05日
    木村社長と多くの報道陣 築地市場、最後の初競り

    大勢の報道陣に最高値の1400万円で競り落とした青森県大間産クロマグロを披露する喜代村の木村清社長=5日早朝、東京・築地

    商品コード: 2016010500055

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2016年11月02日
    記者会見する木村弁護士 勝訴に言葉詰まらせ喜び

    在特会側の賠償責任が最高裁で確定したのを受け、記者会見する木村清志弁護士=2日午後、徳島市

    商品コード: 2016110200879

  • 00:48.04
    2017年01月05日
    「東奥日報」築地初競りマグロ最高値で大間町喜びに沸く

    やっぱり大間が日本一。東京・築地市場で5日朝に行われた初競りで、大間産マグロが6年連続で最高値を付けた。今年は212キロが1本7420万円(1キロ当たり35万円)で、昨年の5倍ほどの額に跳ね上がり、2013年の1億5540万円に次ぐ史上2番目の高値を記録。「漁師にとっては本当のロマン」「新年早々いいニュース」とマグロの町は喜びに沸いた。<映像内容>初競りで最高値で落札されたまぐろを運ぶ様子、まぐろを落札したすしチェーン「すしざんまい」の木村清社長、競りの様子、漁師の方のインタビュー。撮影日:2017年1月5日、撮影場所:東京・築地市場、青森県大間町 クレジット:東奥日報/共同通信イメージズ ※白素材有り要問い合わせ

    商品コード: 2017120400516

  • 05:05.57
    2017年01月05日
    今年こそ最後?築地初競り クロマグロ7420万円

    豊洲市場(東京都江東区)への移転が延期されている築地市場(中央区)で5日早朝、今年最初の取引となる「初競り」が行われ、212キロの青森県大間産クロマグロが7420万円(1キロ当たり35万円)の最高値で競り落とされた。<映像内容>築地市場の看板や外観、並んだマグロや初競りを前に値踏みをする仲卸業者ら、初競り風景、「すしざんまい」本店に運び込まれるマグロ、マグロを前に笑顔の喜代村の木村清社長、見物客など、撮影日:2017(平成29)年1月5日、撮影場所:東京 築地市場

    商品コード: 2019062624849

  • 03:55.96
    2017年01月05日
    築地市場、最後の初競り 10月に豊洲へ移転

    10月に豊洲市場(東京都江東区)へ移転する築地市場(中央区)で5日早朝、今年最初の取引となる「初競り」があり、405キロの青森県大間産クロマグロが、この日最高額の3645万円(1キロ当たり9万円)で競り落とされた。1935年の開場以来、80年以上の歴史を刻んできた築地での初競りは今回が最後。昨年まで6年連続で最高額のマグロを競り落としていた、すしチェーン「すしざんまい」の運営会社は、190キロの大間産を3040万円で落札。1キロ当たりの単価は16万円で、この日一番の高級品となった。豊洲の開場日は当初、2016年11月7日の予定だったが、同年8月に就任した小池百合子都知事が移転延期を表明し、安全性への検討を続けてきた。都と市場業界の協議を経て、昨年12月20日にようやく開場日が10月11日と決定した。築地は10月6日が最終営業日となり、跡地は2020年東京五輪・パラリンピックで使用する車両基地として整備される。 <映像内容>マグロの品定めをする業者、マグロの初競り風景、すしざんまい運営会社喜代村(東京)の木村清(きむら・きよし)社長の囲み取材(以上が撮影は5日午前4時半ごろ)、築地市場外観と看板(撮影は5日午前2時半ごろ)、築地市場近くの波除稲荷神社でのインタビュー(最高額のマグロを落札した仲卸「やま幸」の山口幸隆(やまぐち・ゆきたか)社長、提供先の和食店の運営会社の小野寺裕司(おのでら・ひろし)社長(マフラーの男性)、最高額のマグロ雑観(以上が5日午前7時半ごろ)など。

    商品コード: 2018010500733

  • 2017年01月05日
    マグロ披露する木村社長 築地市場でマグロの初競り

    最高値の7420万円で競り落とした青森県大間産クロマグロを披露する喜代村の木村清社長=5日早朝、東京・築地

    商品コード: 2017010500040

  • 2017年01月05日
    解体する木村清社長 初競りマグロ、お待ち!

    最高値の7420万円で競り落とした青森県大間産クロマグロを、店頭で解体する喜代村の木村清社長(右)=5日午後、東京・築地のすしざんまい本店

    商品コード: 2017010500454

  • 2017年03月18日
    マグロをさばく木村社長 エジプトで日本食商談会

    18日、カイロでエジプト人らを前にマグロに包丁を入れる喜代村の木村清社長(手前左)(共同)

    商品コード: 2017031800786

  • 03:57.47
    2017年11月12日
    マグロ解体ショー体験 ミス・インターナショナル

    2017年のミス・インターナショナル世界大会に出場する各国・地域の代表者69人が12日、東京・築地で本マグロの解体ショーを見学し、すしを楽しんだ。すしチェーン「すしざんまい」を運営する喜代村(東京)の木村清(きむら・きよし)社長が解体ショーを演出した。<映像内容>東京・築地で行われた本マグロの解体ショーをミス・インターナショナル出場者が見学する様子や、フォトセッション、すしを食べる様子、木村清社長のインタビューなど。12日午後2時ごろから4時半ごろまで撮影。

    商品コード: 2017111400261

  • 01:08.60
    2019年01月05日
    大間産マグロに3億円 豊洲市場で「初競り」

    昨年10月に開場した豊洲市場(東京都江東区)が旧築地市場(中央区)から移転して初の新年を迎え、5日早朝、今年最初の取引となる「初競り」が開かれた。278キロの青森県大間産クロマグロが3億3360万円(1キロ当たり120万円)で落札され、東京の中央卸売市場で記録が残る1999年以降、最高額となった。〈映像内容〉豊洲市場外観、マグロが並べられている様子、競りの様子、最高額のマグロを競り落とした「すしざんまい」運営会社の木村清社長囲みなど、※落札されたクロマグロ自体の映像はありません、撮影日:2019(平成31)年1月5日、撮影場所:東京都内

    商品コード: 2019010700398

  • 2019年01月05日
    最高額のマグロと木村社長 大間産マグロに3億円

    豊洲市場最初の初競りで3億3360万円の最高額で落札された大間産のクロマグロ。左は「すしざんまい」運営会社の木村清社長=5日午前6時24分、東京都中央区の築地場外市場

    商品コード: 2019010500034

  • 2019年01月05日
    取材に応じる木村社長 大間産マグロに3億円

    3億3360万円の最高額で競り落とした大間産のクロマグロを前に、「すしざんまい」の店舗前で報道陣の取材に応じる運営会社の木村清社長=5日午前6時35分、東京都中央区の築地場外市場

    商品コード: 2019010500040

  • 2019年01月05日
    木村社長と最高額のマグロ 大間産マグロに3億円

    豊洲市場最初の初競りで3億3360万円の最高額で競り落とした大間産のクロマグロと写真に納まる「すしざんまい」運営会社の木村清社長=5日午前6時34分、東京都中央区の築地場外市場

    商品コード: 2019010500035

  • 2019年01月05日
    解体作業の木村社長 3億円マグロのお味は?

    豊洲市場最初の初競りで、3億3360万円の最高額で競り落とした青森県大間産クロマグロの解体作業に取り掛かる「すしざんまい」運営会社の木村清社長=5日午後、東京都中央区

    商品コード: 2019010500286

  • 2019年01月05日
    解体する木村清社長 3億円マグロのお味は?

    豊洲市場最初の初競りで、3億3360万円の最高額で競り落とした青森県大間産のクロマグロを解体する「すしざんまい」運営会社の木村清社長(中央)=5日午後、東京都中央区

    商品コード: 2019010500287

  • 2019年01月25日
    (きむら・きよし) 木村清

    「すしざんまい」運営会社社長、2019年1月5日撮影、東京都中央区

    商品コード: 2019010900352

  • 2019年03月04日
    すしざんまいの人形 すしざんまいの人形・資料

    「すしざんまい」を運営する「喜代村」の木村清社長の人形=東京都中央区

    商品コード: 2019030400100

  • 01:15.70
    2020年01月05日
    豊洲市場の初競り

    東京・豊洲市場(江東区)で5日早朝、今年最初の取引となる「初競り」が開かれた。元号が令和に変わって初の実施。276キロの青森県大間産クロマグロが1億9320万円(1キロ当たり70万円)で落札され、記録が残る1999年以降では昨年に次ぐ2番目の高値となった。競り落としたのは、すしチェーン「すしざんまい」の運営会社。同社の木村清(きむら・きよし)社長は「令和初めての初競りで、なおさら気持ちがいい」と顔をほころばせた。マグロは築地の本店に運ばれ、客に振る舞われる。<映像内容>セリ場雑観、手締め、セリの様子、すしチェーン「すしざんまい」の運営会社の木村清(きむら・きよし)社長の囲み、撮影日:2020(令和2)年1月5日、撮影場所:東京都江東区 豊洲市場

    商品コード: 2020010600293

  • 2020年01月05日
    マグロと木村社長 大間マグロに1億9千万円

    豊洲市場の初競りで1億9320万円で落札された青森県大間産のクロマグロ。右は「すしざんまい」運営会社の木村清社長=5日午前6時59分、東京都中央区

    商品コード: 2020010500010

  • 2020年01月05日
    大間マグロに1億9千万円

    商品コード: 2020010500112-9

  • 2020年01月05日
    大間マグロに1億9千万円

    商品コード: 2020010500112-13

  • 2020年01月05日
    大間マグロに1億9千万円

    商品コード: 2020010500112-15

  • 2020年01月05日
    大間マグロに1億9千万円

    商品コード: 2020010500112-20

  • 2020年01月05日
    大間マグロに1億9千万円

    商品コード: 2020010500112-21

  • 2020年01月05日
    大間マグロに1億9千万円

    商品コード: 2020010500112-12

  • 2020年01月05日
    大間マグロに1億9千万円

    商品コード: 2020010500112-1

  • 2020年01月05日
    大間マグロに1億9千万円

    商品コード: 2020010500112-25

  • 2020年01月05日
    大間マグロに1億9千万円

    商品コード: 2020010500112-6

  • 2020年01月05日
    大間マグロに1億9千万円

    商品コード: 2020010500112-7

  • 2020年01月05日
    大間マグロに1億9千万円

    商品コード: 2020010500112-10

  • 2020年01月05日
    大間マグロに1億9千万円

    商品コード: 2020010500112-11

  • 2020年01月05日
    大間マグロに1億9千万円

    商品コード: 2020010500112-16

  • 2020年01月05日
    大間マグロに1億9千万円

    商品コード: 2020010500112-17

  • 2020年01月05日
    落札されたマグロ 大間マグロに1億9千万円

    豊洲市場の初競りで1億9320万円で落札された青森県大間産のクロマグロ。中央は「すしざんまい」運営会社の木村清社長=5日朝、東京都中央区

    商品コード: 2020010500112

  • 2020年01月05日
    大間マグロに1億9千万円

    商品コード: 2020010500112-4

  • 2020年01月05日
    大間マグロに1億9千万円

    商品コード: 2020010500112-5

  • 2020年01月05日
    大間マグロに1億9千万円

    商品コード: 2020010500112-8

  • 2020年01月05日
    大間マグロに1億9千万円

    商品コード: 2020010500112-14

  • 2020年01月05日
    大間マグロに1億9千万円

    商品コード: 2020010500112-22

  • 2020年01月05日
    大間マグロに1億9千万円

    商品コード: 2020010500112-23

  • 2020年01月05日
    大間マグロに1億9千万円

    商品コード: 2020010500112-24

  • 2020年01月05日
    大間マグロに1億9千万円

    商品コード: 2020010500112-2

  • 2020年01月05日
    大間マグロに1億9千万円

    商品コード: 2020010500112-18

  • 2020年01月05日
    大間マグロに1億9千万円

    商品コード: 2020010500112-19

  • 2020年01月05日
    大間マグロに1億9千万円

    商品コード: 2020010500112-3

  • 2020年01月05日
    解体作業の木村社長 大間マグロに1億9千万円

    豊洲市場の初競りで、1億9320万円で競り落とした青森県大間産クロマグロの解体作業に取り掛かる「すしざんまい」運営会社の木村清社長=5日午後、東京都中央区

    商品コード: 2020010500172

  • 2020年01月05日
    解体する木村社長ら 大間マグロに1億9千万円

    豊洲市場の初競りで、1億9320万円で競り落とした青森県大間産クロマグロを解体する「すしざんまい」運営会社の木村清社長(右奥)ら=5日午後、東京都中央区

    商品コード: 2020010500173

  • 02:35.92
    2021年01月05日
    マグロ初競り 東京・豊洲市場

    東京・豊洲市場(江東区)で5日、2021年最初の取引となる「初競り」が開かれた。今年は新型コロナウイルスの影響で一般客の見学が中止され、競りの参加者も人数を絞ったうえで全員がマスクを着用して臨んだ。 今年の初競りは208・4キロの青森県大間産マグロが2084万円で競り落とされたのが最高額。昨年は、276キロが1億9320万円で競り落とされており、新型コロナウイルスの影響などで大幅に値段が下がった。例年は、すしチェーン「すしざんまい」の運営会社が最高額のマグロを競り落としていたが、今年は別会社が競り落とした。<映像内容>並ぶ冷蔵マグロと冷凍マグロ、品定めする関係者、水産卸売会社「東都水産」江原恒社長あいさつ、手締め、マスク姿で人数絞った競り、最高値の落札をやめた「すしざんまい」運営会社の木村清社長囲み。最高値マグロを銀座すし店「銀座おのでら」に運び込む様子、落札した仲卸「やま幸」山口幸隆社長(黒い服)と「銀座おのでら」の坂上暁史料理長(白い服)の囲み取材、撮影日:2021(令和3)年1月5日、撮影場所:東京都豊洲市場

    商品コード: 2021010603844

  • 1