KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • きむ
  • しげのぶ
  • 住民
  • 自宅
  • くだ
  • 中村雄二郎
  • 住宅地
  • 地域
  • 大往生
  • 学術

「木村重信」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
6
( 1 6 件を表示)
  • 1
6
( 1 6 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1994年05月05日
    (きむら・しげのぶ) 木村重信

    国立国際美術館館長=1994(平成6)年2月25日撮影

    商品コード: 1998070200044

  • 2013年01月30日
    (きむら・しげのぶ) 木村重信

    美術史家、元国立国際美術館館長、大阪大名誉教授=2013年1月28日、大阪府豊中市の自宅

    商品コード: 2013013000580

  • 2017年02月01日
    木村重信さん 木村重信さんが死去

    木村重信さん

    商品コード: 2017020100216

  • 2017年12月19日
    学術(国内) 105歳の大往生

    渡部昇一、木村重信、篠沢秀夫、中村雄二郎

    商品コード: 2017121900452

  • 2019年06月21日
    広島県坂町の災害ごみ 復興道半ば、残る不安

    2018年7月30日(上)と今年4月7日の広島県坂町小屋浦地区。住宅地に積み上がっていた災害ごみは撤去され、満開の桜の下で住民が花見を楽しんでいた。地区内で町内会長を務める木村重信さんは「散り散りになった住民が集まって絆を強めた。『みんなで復興していこう』。今日という日がその起点になればいい」。元気よく走り回る子どもたちの姿に目を細めていた

    商品コード: 2019062103166

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年07月04日
    感謝の色紙 豪雨の被災地から

    「会うたびの声かけで、沈む心に元気が出ました」「地域のことを一手に引き受けてくださり、ありがとうございました」。住民の感謝の言葉がつづられた色紙。今春、広島県坂町小屋浦地区内の町内会長を務める木村重信さん(68)に住民から贈られた。木村さんは泥水が流れ込んだ自宅を妻と娘に任せ、地域の復旧活動に奔走した。「みんな苦しい中、自分を見てくれていたことがうれしかった。涙が出そうになった」=6月

    商品コード: 2019070402341

  • 1