KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 小型無人機
  • ドローン
  • 群馬県長野原町
  • 設計時速
  • 建設現場
  • 工事現場
  • 建設予定地
  • 一帯一路
  • 付帯施設
  • 沖縄県名護市

「本体工事」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
225
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
225
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2021年01月02日
    浙江三澳原発1号機の本体工事着工

    浙江三澳原子力発電所1号機の本体工事現場。(2020年12月31日撮影、小型無人機から)中国浙江三澳原子力発電所1号機の本体工事がこのほど、本格着工された。同原発は初めて民間の資本参加を受け入れ、原発企業の混合所有制改革の新モデルを生み出した。中国広核集団(中広核)が明らかにした。(深圳=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月02日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月19日
    中国ラオス鉄道最大の駅、ビエンチャン駅の本体工事が完了

    19日、ビエンチャン駅の本体工事完了式に参加する中国とラオスの建設関係者。中国ラオス鉄道ビエンチャン駅の本体工事完了式が19日、ラオスの首都ビエンチャンで行われた。同駅ではこれに続き、2次構造物と内装設備の施工が行われる。(ビエンチャン=新華社配信/KaikeoSaiyasane)=2020(令和2)年11月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月19日
    中国ラオス鉄道最大の駅、ビエンチャン駅の本体工事が完了

    19日、建設が進むビエンチャン駅。中国ラオス鉄道ビエンチャン駅の本体工事完了式が19日、ラオスの首都ビエンチャンで行われた。同駅ではこれに続き、2次構造物と内装設備の施工が行われる。(ビエンチャン=新華社配信/KaikeoSaiyasane)=2020(令和2)年11月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月19日
    中国ラオス鉄道最大の駅、ビエンチャン駅の本体工事が完了

    19日、ビエンチャン駅の工事現場で働く作業員。中国ラオス鉄道ビエンチャン駅の本体工事完了式が19日、ラオスの首都ビエンチャンで行われた。同駅ではこれに続き、2次構造物と内装設備の施工が行われる。(ビエンチャン=新華社配信/KaikeoSaiyasane)=2020(令和2)年11月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月29日
    中国独自建設の半潜水式石油貯蔵プラットフォーム、本体工事が完了

    10月29日、石油貯蔵プラットフォームの建設現場。(小型無人機から)中国が独自に建設する半潜水式石油貯蔵プラットフォームの本体工事が10月29日、順調に完了した。同プラットフォームの最大貯油量は約2万立方メートルで、水深1500メートルの深海で開発が進む中国初の自主運営大型ガス田「陵水17-2」プロジェクトに使用される。完成、引き渡しは来年1月を予定している。(煙台=新華社記者/王毓国)=2020(令和2)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月29日
    中国独自建設の半潜水式石油貯蔵プラットフォーム、本体工事が完了

    10月29日、空から見た石油貯蔵プラットフォーム。(小型無人機から)中国が独自に建設する半潜水式石油貯蔵プラットフォームの本体工事が10月29日、順調に完了した。同プラットフォームの最大貯油量は約2万立方メートルで、水深1500メートルの深海で開発が進む中国初の自主運営大型ガス田「陵水17-2」プロジェクトに使用される。完成、引き渡しは来年1月を予定している。(煙台=新華社記者/王毓国)=2020(令和2)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月29日
    中国独自建設の半潜水式石油貯蔵プラットフォーム、本体工事が完了

    10月29日、空から見た石油貯蔵プラットフォーム。(小型無人機から)中国が独自に建設する半潜水式石油貯蔵プラットフォームの本体工事が10月29日、順調に完了した。同プラットフォームの最大貯油量は約2万立方メートルで、水深1500メートルの深海で開発が進む中国初の自主運営大型ガス田「陵水17-2」プロジェクトに使用される。完成、引き渡しは来年1月を予定している。(煙台=新華社記者/王毓国)=2020(令和2)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月29日
    中国独自建設の半潜水式石油貯蔵プラットフォーム、本体工事が完了

    10月29日、空から見た石油貯蔵プラットフォーム。(小型無人機から)中国が独自に建設する半潜水式石油貯蔵プラットフォームの本体工事が10月29日、順調に完了した。同プラットフォームの最大貯油量は約2万立方メートルで、水深1500メートルの深海で開発が進む中国初の自主運営大型ガス田「陵水17-2」プロジェクトに使用される。完成、引き渡しは来年1月を予定している。(煙台=新華社記者/王毓国)=2020(令和2)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月28日
    中国独自建設の半潜水式石油貯蔵プラットフォーム、本体工事が完了

    10月28日、石油貯蔵プラットフォーム下部の船体部分をけん引しながらドックに進入するタグボート。中国が独自に建設する半潜水式石油貯蔵プラットフォームの本体工事が10月29日、順調に完了した。同プラットフォームの最大貯油量は約2万立方メートルで、水深1500メートルの深海で開発が進む中国初の自主運営大型ガス田「陵水17-2」プロジェクトに使用される。完成、引き渡しは来年1月を予定している。(煙台=新華社記者/王毓国)=2020(令和2)年10月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月28日
    中国独自建設の半潜水式石油貯蔵プラットフォーム、本体工事が完了

    10月28日、石油貯蔵プラットフォーム下部の船体部分をケーブルで固定する作業員。中国が独自に建設する半潜水式石油貯蔵プラットフォームの本体工事が10月29日、順調に完了した。同プラットフォームの最大貯油量は約2万立方メートルで、水深1500メートルの深海で開発が進む中国初の自主運営大型ガス田「陵水17-2」プロジェクトに使用される。完成、引き渡しは来年1月を予定している。(煙台=新華社記者/王毓国)=2020(令和2)年10月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月15日
    世界初の高速鉄道海上斜長橋、主塔の本体工事が完成

    15日、南側の主塔で頂上部の施工が進む泉州湾跨海大橋。(小型無人機から)中国福建省福州市とアモイ(廈門)市間で建設中の福廈高速鉄道で15日、泉州湾跨海大橋の主塔の本体工事が完了した。全長20・29キロで、うち9キロが泉州湾の中部海域をまたぐ。福廈高速鉄道は総延長277キロで、設計時速は350キロ。2022年の営業運転開始を見込む。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年9月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月15日
    世界初の高速鉄道海上斜長橋、主塔の本体工事が完成

    15日、福厦鉄道泉州湾跨海大橋の南側主塔の頂上部で作業する作業員。(小型無人機から)中国福建省福州市とアモイ(廈門)市間で建設中の福廈高速鉄道で15日、泉州湾跨海大橋の主塔の本体工事が完了した。全長20・29キロで、うち9キロが泉州湾の中部海域をまたぐ。福廈高速鉄道は総延長277キロで、設計時速は350キロ。2022年の営業運転開始を見込む。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年9月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月15日
    世界初の高速鉄道海上斜長橋、主塔の本体工事が完成

    15日、南側の主塔で頂上部の施工が進む泉州湾跨海大橋。(小型無人機から)中国福建省福州市とアモイ(廈門)市間で建設中の福廈高速鉄道で15日、泉州湾跨海大橋の主塔の本体工事が完了した。全長20・29キロで、うち9キロが泉州湾の中部海域をまたぐ。福廈高速鉄道は総延長277キロで、設計時速は350キロ。2022年の営業運転開始を見込む。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年9月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:57.61
    2020年09月15日
    「新華社」世界初の高速鉄道海上斜長橋、主塔の本体工事が完成

    中国福建省福州市とアモイ(廈門)市間で建設中の福廈高速鉄道で15日、泉州湾跨海大橋の主塔の本体工事が完了した。全長20・29キロで、うち9キロが泉州湾の中部海域をまたぐ。設計時速が350キロに達する高速鉄道の橋梁の中で、海上斜長橋は同橋が世界初となる。設計は国有建設大手、中国鉄建傘下の第四勘察設計院集団が担当した。福廈高速鉄道は総延長277キロで、設計時速は350キロ。中国の高速鉄道で線路が海を渡るのは同路線が初めて。2022年の営業運転開始を見込んでおり、福州-アモイ間の所要時間は1時間以内に短縮される。(記者/林善伝)<映像内容>泉州湾跨海大橋の主塔の本体工事の様子、撮影日:2020(令和2)年9月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月15日
    世界初の高速鉄道海上斜長橋、主塔の本体工事が完成

    15日、福厦鉄道泉州湾跨海大橋の南側主塔の頂上部で作業する作業員。(小型無人機から)中国福建省福州市とアモイ(廈門)市間で建設中の福廈高速鉄道で15日、泉州湾跨海大橋の主塔の本体工事が完了した。全長20・29キロで、うち9キロが泉州湾の中部海域をまたぐ。福廈高速鉄道は総延長277キロで、設計時速は350キロ。2022年の営業運転開始を見込む。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年9月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月15日
    世界初の高速鉄道海上斜長橋、主塔の本体工事が完成

    15日、福厦鉄道泉州湾跨海大橋の南側主塔の頂上部でコンクリートを打設する作業員。中国福建省福州市とアモイ(廈門)市間で建設中の福廈高速鉄道で15日、泉州湾跨海大橋の主塔の本体工事が完了した。全長20・29キロで、うち9キロが泉州湾の中部海域をまたぐ。福廈高速鉄道は総延長277キロで、設計時速は350キロ。2022年の営業運転開始を見込む。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年9月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月11日
    中国初の海を跨ぐ高速鉄道大橋、箱桁設置始まる

    11日、新たに建設される福厦鉄道泉州湾跨海大橋の箱桁の設置工事現場。中国福建省福州市とアモイ市を結ぶ福厦鉄道の泉州湾跨海大橋の建設現場で11日、重さ約314トンの箱桁が初めて設置された。本体工事は今後、箱桁と斜張ケーブルの設置段階に入る。同大橋は福厦鉄道の重点プロジェクトで、全長約20キロ。中国で初めて設計時速350キロの海を跨ぐ高速鉄道大橋となる。新たに建設される福厦鉄道は総延長約277キロで、2022年の開通を見込んでいる。(泉州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年9月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月11日
    中国初の海を跨ぐ高速鉄道大橋、箱桁設置始まる

    11日、新たに建設される福厦鉄道泉州湾跨海大橋の箱桁の設置工事現場。(小型無人機から)中国福建省福州市とアモイ市を結ぶ福厦鉄道の泉州湾跨海大橋の建設現場で11日、重さ約314トンの箱桁が初めて設置された。本体工事は今後、箱桁と斜張ケーブルの設置段階に入る。同大橋は福厦鉄道の重点プロジェクトで、全長約20キロ。中国で初めて設計時速350キロの海を跨ぐ高速鉄道大橋となる。新たに建設される福厦鉄道は総延長約277キロで、2022年の開通を見込んでいる。(泉州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年9月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:59.62
    2020年09月11日
    「新華社」中国初の海を跨ぐ高速鉄道大橋、箱桁設置始まる

    中国福建省福州市とアモイ市を結ぶ福厦鉄道の泉州湾跨海大橋の建設現場で11日、重さ約314トンの箱桁が初めて設置された。本体工事は今後、箱桁と斜張ケーブルの設置段階に入る。同大橋は福厦鉄道の重点プロジェクトで、全長約20キロ。中国で初めて設計時速350キロの海を跨ぐ高速鉄道大橋となる。新たに建設される福厦鉄道は総延長約277キロで、2022年の開通を見込んでいる。(記者/林善伝)<映像内容>高速鉄道大橋の建設の様子、撮影日:2020(令和2)年9月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月11日
    中国初の海を跨ぐ高速鉄道大橋、箱桁設置始まる

    11日、建設が進む福厦鉄道の泉州湾跨海大橋(右)。中国福建省福州市とアモイ市を結ぶ福厦鉄道の泉州湾跨海大橋の建設現場で11日、重さ約314トンの箱桁が初めて設置された。本体工事は今後、箱桁と斜張ケーブルの設置段階に入る。同大橋は福厦鉄道の重点プロジェクトで、全長約20キロ。中国で初めて設計時速350キロの海を跨ぐ高速鉄道大橋となる。新たに建設される福厦鉄道は総延長約277キロで、2022年の開通を見込んでいる。(泉州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年9月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月11日
    中国初の海を跨ぐ高速鉄道大橋、箱桁設置始まる

    11日、新たに建設される福厦鉄道泉州湾跨海大橋の箱桁の設置工事現場。中国福建省福州市とアモイ市を結ぶ福厦鉄道の泉州湾跨海大橋の建設現場で11日、重さ約314トンの箱桁が初めて設置された。本体工事は今後、箱桁と斜張ケーブルの設置段階に入る。同大橋は福厦鉄道の重点プロジェクトで、全長約20キロ。中国で初めて設計時速350キロの海を跨ぐ高速鉄道大橋となる。新たに建設される福厦鉄道は総延長約277キロで、2022年の開通を見込んでいる。(泉州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年9月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月11日
    中国初の海を跨ぐ高速鉄道大橋、箱桁設置始まる

    11日、新たに建設される福厦鉄道泉州湾跨海大橋の箱桁の設置工事現場。(小型無人機から)中国福建省福州市とアモイ市を結ぶ福厦鉄道の泉州湾跨海大橋の建設現場で11日、重さ約314トンの箱桁が初めて設置された。本体工事は今後、箱桁と斜張ケーブルの設置段階に入る。同大橋は福厦鉄道の重点プロジェクトで、全長約20キロ。中国で初めて設計時速350キロの海を跨ぐ高速鉄道大橋となる。新たに建設される福厦鉄道は総延長約277キロで、2022年の開通を見込んでいる。(泉州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年9月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月05日
    清遠市リニア観光専用線の建設が加速広東省

    5日、蓮湖駅の工事現場で行われた競争イベントの開幕式の様子。中国広東省清遠市で建設が進む、中国初の中低速リニアモーターカー観光専用線「清遠市リニアプロジェクト」の蓮湖駅建設現場で5日、目標達成に向けた競争イベントの開幕式が開かれた。中国鉄道建設大手、中国鉄建傘下の中鉄磁浮交通投資建設が主導する「広東清遠リニア観光専用線プロジェクト」は全長38キロ、建設は2期に分けて行われる。第1期は全長約8キロ、設計時速120キロで、銀盞温泉駅、蓮湖駅、長岡駅、長隆テーマパーク駅の計4駅を設ける。第1期のレール敷設は9月に開始し、年内に本体工事の全面的な完成を予定している。(清遠=新華社記者/劉大偉)=2020(令和2)年8月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月05日
    清遠市リニア観光専用線の建設が加速広東省

    5日、清遠市リニア観光専用線の銀盞温泉駅で作業する施工業者の中鉄十一局集団の作業員。中国広東省清遠市で建設が進む、中国初の中低速リニアモーターカー観光専用線「清遠市リニアプロジェクト」の蓮湖駅建設現場で5日、目標達成に向けた競争イベントの開幕式が開かれた。中国鉄道建設大手、中国鉄建傘下の中鉄磁浮交通投資建設が主導する「広東清遠リニア観光専用線プロジェクト」は全長38キロ、建設は2期に分けて行われる。第1期は全長約8キロ、設計時速120キロで、銀盞温泉駅、蓮湖駅、長岡駅、長隆テーマパーク駅の計4駅を設ける。第1期のレール敷設は9月に開始し、年内に本体工事の全面的な完成を予定している。(清遠=新華社記者/劉大偉)=2020(令和2)年8月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月05日
    清遠市リニア観光専用線の建設が加速広東省

    5日、清遠市リニア軌道基地で軌道桁の微調整を行う施工業者の中鉄十一局集団の技術員。中国広東省清遠市で建設が進む、中国初の中低速リニアモーターカー観光専用線「清遠市リニアプロジェクト」の蓮湖駅建設現場で5日、目標達成に向けた競争イベントの開幕式が開かれた。中国鉄道建設大手、中国鉄建傘下の中鉄磁浮交通投資建設が主導する「広東清遠リニア観光専用線プロジェクト」は全長38キロ、建設は2期に分けて行われる。第1期は全長約8キロ、設計時速120キロで、銀盞温泉駅、蓮湖駅、長岡駅、長隆テーマパーク駅の計4駅を設ける。第1期のレール敷設は9月に開始し、年内に本体工事の全面的な完成を予定している。(清遠=新華社記者/劉大偉)=2020(令和2)年8月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月05日
    清遠市リニア観光専用線の建設が加速広東省

    5日、清遠市リニア観光専用線の銀盞温泉駅で作業する施工業者の中鉄十一局集団の作業員。中国広東省清遠市で建設が進む、中国初の中低速リニアモーターカー観光専用線「清遠市リニアプロジェクト」の蓮湖駅建設現場で5日、目標達成に向けた競争イベントの開幕式が開かれた。中国鉄道建設大手、中国鉄建傘下の中鉄磁浮交通投資建設が主導する「広東清遠リニア観光専用線プロジェクト」は全長38キロ、建設は2期に分けて行われる。第1期は全長約8キロ、設計時速120キロで、銀盞温泉駅、蓮湖駅、長岡駅、長隆テーマパーク駅の計4駅を設ける。第1期のレール敷設は9月に開始し、年内に本体工事の全面的な完成を予定している。(清遠=新華社記者/劉大偉)=2020(令和2)年8月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月05日
    清遠市リニア観光専用線の建設が加速広東省

    5日、清遠市リニア軌道基地で軌道桁の微調整を行う施工業者の中鉄十一局集団の技術員。中国広東省清遠市で建設が進む、中国初の中低速リニアモーターカー観光専用線「清遠市リニアプロジェクト」の蓮湖駅建設現場で5日、目標達成に向けた競争イベントの開幕式が開かれた。中国鉄道建設大手、中国鉄建傘下の中鉄磁浮交通投資建設が主導する「広東清遠リニア観光専用線プロジェクト」は全長38キロ、建設は2期に分けて行われる。第1期は全長約8キロ、設計時速120キロで、銀盞温泉駅、蓮湖駅、長岡駅、長隆テーマパーク駅の計4駅を設ける。第1期のレール敷設は9月に開始し、年内に本体工事の全面的な完成を予定している。(清遠=新華社記者/劉大偉)=2020(令和2)年8月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月05日
    清遠市リニア観光専用線の建設が加速広東省

    5日、清遠市リニア観光専用線の銀盞温泉駅で作業する施工業者の中鉄十一局集団の作業員。中国広東省清遠市で建設が進む、中国初の中低速リニアモーターカー観光専用線「清遠市リニアプロジェクト」の蓮湖駅建設現場で5日、目標達成に向けた競争イベントの開幕式が開かれた。中国鉄道建設大手、中国鉄建傘下の中鉄磁浮交通投資建設が主導する「広東清遠リニア観光専用線プロジェクト」は全長38キロ、建設は2期に分けて行われる。第1期は全長約8キロ、設計時速120キロで、銀盞温泉駅、蓮湖駅、長岡駅、長隆テーマパーク駅の計4駅を設ける。第1期のレール敷設は9月に開始し、年内に本体工事の全面的な完成を予定している。(清遠=新華社記者/劉大偉)=2020(令和2)年8月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月05日
    清遠市リニア観光専用線の建設が加速広東省

    5日、清遠市リニア観光専用線の銀盞温泉駅で作業する施工業者の中鉄十一局集団の作業員。中国広東省清遠市で建設が進む、中国初の中低速リニアモーターカー観光専用線「清遠市リニアプロジェクト」の蓮湖駅建設現場で5日、目標達成に向けた競争イベントの開幕式が開かれた。中国鉄道建設大手、中国鉄建傘下の中鉄磁浮交通投資建設が主導する「広東清遠リニア観光専用線プロジェクト」は全長38キロ、建設は2期に分けて行われる。第1期は全長約8キロ、設計時速120キロで、銀盞温泉駅、蓮湖駅、長岡駅、長隆テーマパーク駅の計4駅を設ける。第1期のレール敷設は9月に開始し、年内に本体工事の全面的な完成を予定している。(清遠=新華社記者/劉大偉)=2020(令和2)年8月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月05日
    清遠市リニア観光専用線の建設が加速広東省

    5日、広清都市間鉄道の銀盞駅(右)に隣接して建設中の清遠市リニア観光専用線の銀盞温泉駅。同線が開通すると広州方面から清遠長隆テーマパークへのアクセスが向上する。中国広東省清遠市で建設が進む、中国初の中低速リニアモーターカー観光専用線「清遠市リニアプロジェクト」の蓮湖駅建設現場で5日、目標達成に向けた競争イベントの開幕式が開かれた。中国鉄道建設大手、中国鉄建傘下の中鉄磁浮交通投資建設が主導する「広東清遠リニア観光専用線プロジェクト」は全長38キロ、建設は2期に分けて行われる。第1期は全長約8キロ、設計時速120キロで、銀盞温泉駅、蓮湖駅、長岡駅、長隆テーマパーク駅の計4駅を設ける。第1期のレール敷設は9月に開始し、年内に本体工事の全面的な完成を予定している。(清遠=新華社記者/劉大偉)=2020(令和2)年8月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月29日
    メコン川に沿って建設進む中国ラオス鉄道

    ラオス北部の村落や田畑を貫く中国ラオス鉄道。(7月29日撮影、小型無人機から)中国ラオス鉄道はメコン川の主流に沿って建設が進んでおり、トンネル、橋梁、路盤の工事が90%以上完了し、ビエンチャン駅からバンビエン駅までレールが敷設されている。現在は駅舎の工事が本格化しており、年内には本体工事が終わる見込みとなっている。(ビエンチャン=新華社配信/潘竜柱)=2020(令和2)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月28日
    メコン川に沿って建設進む中国ラオス鉄道

    ラオス北部の村落や田畑を貫く中国ラオス鉄道。(7月28日撮影、小型無人機から)中国ラオス鉄道はメコン川の主流に沿って建設が進んでおり、トンネル、橋梁、路盤の工事が90%以上完了し、ビエンチャン駅からバンビエン駅までレールが敷設されている。現在は駅舎の工事が本格化しており、年内には本体工事が終わる見込みとなっている。(ビエンチャン=新華社配信/潘竜柱)=2020(令和2)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月17日
    メコン川に沿って建設進む中国ラオス鉄道

    メコン川に架かる中国ラオス鉄道のルアンパバーン特大橋。(7月17日撮影、小型無人機から)中国ラオス鉄道はメコン川の主流に沿って建設が進んでおり、トンネル、橋梁、路盤の工事が90%以上完了し、ビエンチャン駅からバンビエン駅までレールが敷設されている。現在は駅舎の工事が本格化しており、年内には本体工事が終わる見込みとなっている。(ビエンチャン=新華社配信/梅征友)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月15日
    メコン川に沿って建設進む中国ラオス鉄道

    メコン川に架かる中国ラオス鉄道のBanLadhan特大橋。(7月15日撮影、小型無人機から)中国ラオス鉄道はメコン川の主流に沿って建設が進んでおり、トンネル、橋梁、路盤の工事が90%以上完了し、ビエンチャン駅からバンビエン駅までレールが敷設されている。現在は駅舎の工事が本格化しており、年内には本体工事が終わる見込みとなっている。(ビエンチャン=新華社配信/梅征友)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:16.32
    2020年06月24日
    「新華社」中国国内初、氷雪と冬季五輪テーマの博物館が着工

    国河北省張家口市崇礼(すうれい)区で24日、崇礼華僑氷雪博物館が正式に着工した。国内で初めてとなる、氷雪と冬季五輪をテーマとした博物館で、2022年北京冬季五輪の重要な文化遺産の一つにもなる。総建築面積は2万4035平方メートル、内部にはエントランスホールを含め4つのホールがあり、ウインタースポーツの歴史や冬季五輪の歴史、北京冬季五輪の招致から企画運営、開催の過程を、実物や写真、映像資料を通して紹介する。また、ウインタースポーツ体験エリアも1カ所設置される。博物館は21年8月に本体工事と内装を終え、同年年末に開館する予定。(記者/曲瀾娟)<映像内容>氷雪と冬季五輪をテーマとした崇礼華僑氷雪博物館の建設、撮影日:2020(令和2)年6月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月12日
    世界初3百メートル級アーチ式低温コンクリートダム完成長江上流の烏東徳水力発電所

    12日、空から見た烏東徳水力発電所。中国四川省と雲南省の境界で建設が進む、発電設備容量世界第7位、中国第4位の烏東徳水力発電所のダムの本体工事が11日午後、完成した。世界初の300メートル級アーチ式低温コンクリートダムで、総発電設備容量が1020万キロワット。一部発電ユニットが来月稼働する。建設にあたっている三峡集団が12日明らかにした。(昆明=新華社配信)=2020(令和2)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月12日
    世界初3百メートル級アーチ式低温コンクリートダム完成長江上流の烏東徳水力発電所

    12日、空から見た烏東徳水力発電所。中国四川省と雲南省の境界で建設が進む、発電設備容量世界第7位、中国第4位の烏東徳水力発電所のダムの本体工事が11日午後、完成した。世界初の300メートル級アーチ式低温コンクリートダムで、総発電設備容量が1020万キロワット。一部発電ユニットが来月稼働する。建設にあたっている三峡集団が12日明らかにした。(昆明=新華社配信)=2020(令和2)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月12日
    世界初3百メートル級アーチ式低温コンクリートダム完成長江上流の烏東徳水力発電所

    12日、空から見た烏東徳水力発電所。中国四川省と雲南省の境界で建設が進む、発電設備容量世界第7位、中国第4位の烏東徳水力発電所のダムの本体工事が11日午後、完成した。世界初の300メートル級アーチ式低温コンクリートダムで、総発電設備容量が1020万キロワット。一部発電ユニットが来月稼働する。建設にあたっている三峡集団が12日明らかにした。(昆明=新華社配信)=2020(令和2)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月12日
    世界初3百メートル級アーチ式低温コンクリートダム完成長江上流の烏東徳水力発電所

    12日、空から見た烏東徳水力発電所。中国四川省と雲南省の境界で建設が進む、発電設備容量世界第7位、中国第4位の烏東徳水力発電所のダムの本体工事が11日午後、完成した。世界初の300メートル級アーチ式低温コンクリートダムで、総発電設備容量が1020万キロワット。一部発電ユニットが来月稼働する。建設にあたっている三峡集団が12日明らかにした。(昆明=新華社配信)=2020(令和2)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:02.27
    2020年06月11日
    「新華社」世界初3百メートル級アーチ式低温コンクリートダム完成長江上流の烏東徳水力発電所

    中国四川省と雲南省の境界で建設が進む、発電設備容量世界第7位、中国第4位の烏東徳水力発電所のダムの本体工事が11日午後、完成した。世界初の300メートル級アーチ式低温コンクリートダムで、総発電設備容量が1020万キロワット。一部発電ユニットが来月稼働する。建設にあたっている三峡集団が12日明らかにした。同発電所は長江上流の金沙江下流区間の四つ階段式発電所の1段目で、「西電東送(西部の電力を東部に送電するプロジェクト)」の中核的電源。役割は発電を主とし、洪水対策、水運などがあり、国のエネルギー構成の見直し、省エネ・排出削減の目標達成、長江経済ベルトの発展などに重要な意義がある。(記者/林碧鋒)<映像内容>烏東徳水力発電所のダムの工事の様子、撮影日:2020(令和2)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月11日
    世界初3百メートル級アーチ式低温コンクリートダム完成長江上流の烏東徳水力発電所

    11日、烏東徳水力発電所ダム本体工事の完成式典の様子。中国四川省と雲南省の境界で建設が進む、発電設備容量世界第7位、中国第4位の烏東徳水力発電所のダムの本体工事が11日午後、完成した。世界初の300メートル級アーチ式低温コンクリートダムで、総発電設備容量が1020万キロワット。一部発電ユニットが来月稼働する。建設にあたっている三峡集団が12日明らかにした。(昆明=新華社配信)=2020(令和2)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月11日
    世界初3百メートル級アーチ式低温コンクリートダム完成長江上流の烏東徳水力発電所

    11日、烏東徳水力発電所ダムの工事現場でコンクリートを注入する作業員。中国四川省と雲南省の境界で建設が進む、発電設備容量世界第7位、中国第4位の烏東徳水力発電所のダムの本体工事が11日午後、完成した。世界初の300メートル級アーチ式低温コンクリートダムで、総発電設備容量が1020万キロワット。一部発電ユニットが来月稼働する。建設にあたっている三峡集団が12日明らかにした。(昆明=新華社配信)=2020(令和2)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月11日
    世界初3百メートル級アーチ式低温コンクリートダム完成長江上流の烏東徳水力発電所

    11日、烏東徳水力発電所ダムの工事現場でコンクリートを注入する作業員。中国四川省と雲南省の境界で建設が進む、発電設備容量世界第7位、中国第4位の烏東徳水力発電所のダムの本体工事が11日午後、完成した。世界初の300メートル級アーチ式低温コンクリートダムで、総発電設備容量が1020万キロワット。一部発電ユニットが来月稼働する。建設にあたっている三峡集団が12日明らかにした。(昆明=新華社配信)=2020(令和2)年6月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月04日
    メコン川に沿って建設進む中国ラオス鉄道

    ラオス北部の村落や田畑を貫く中国ラオス鉄道。(6月4日撮影、小型無人機から)中国ラオス鉄道はメコン川の主流に沿って建設が進んでおり、トンネル、橋梁、路盤の工事が90%以上完了し、ビエンチャン駅からバンビエン駅までレールが敷設されている。現在は駅舎の工事が本格化しており、年内には本体工事が終わる見込みとなっている。(ビエンチャン=新華社配信/潘竜柱)=2020(令和2)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月31日
    メコン川に沿って建設進む中国ラオス鉄道

    ラオス北部の村落や田畑を貫く中国ラオス鉄道。(5月31日撮影、小型無人機から)中国ラオス鉄道はメコン川の主流に沿って建設が進んでおり、トンネル、橋梁、路盤の工事が90%以上完了し、ビエンチャン駅からバンビエン駅までレールが敷設されている。現在は駅舎の工事が本格化しており、年内には本体工事が終わる見込みとなっている。(ビエンチャン=新華社配信/潘竜柱)=2020(令和2)年5月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月31日
    メコン川に沿って建設進む中国ラオス鉄道

    ラオス北部の村落や田畑を貫く中国ラオス鉄道。(5月31日撮影、小型無人機から)中国ラオス鉄道はメコン川の主流に沿って建設が進んでおり、トンネル、橋梁、路盤の工事が90%以上完了し、ビエンチャン駅からバンビエン駅までレールが敷設されている。現在は駅舎の工事が本格化しており、年内には本体工事が終わる見込みとなっている。(ビエンチャン=新華社配信/潘竜柱)=2020(令和2)年5月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月29日
    メコン川に沿って建設進む中国ラオス鉄道

    ラオス北部の村落や田畑を貫く中国ラオス鉄道。(5月29日撮影、小型無人機から)中国ラオス鉄道はメコン川の主流に沿って建設が進んでおり、トンネル、橋梁、路盤の工事が90%以上完了し、ビエンチャン駅からバンビエン駅までレールが敷設されている。現在は駅舎の工事が本格化しており、年内には本体工事が終わる見込みとなっている。(ビエンチャン=新華社配信/潘竜柱)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月23日
    中国初の高速鉄道用海底トンネル、掘削調査完了

    23日、掘削した最後の海底岩盤を取り出す作業員。中国浙江省の寧波市と舟山市を結ぶ高速鉄道「甬舟(ようしゅう)鉄道」の海底トンネル部分の掘削調査がこのほど完了した。トンネル本体工事の着工前に行う重要な地質調査となる。甬舟鉄道は総延長77キロ。うち海底トンネル部分は全長16・2キロで、最深部は海面下78メートルに達する。これは寧波市北侖区と舟山市金塘島を結ぶ中国初の高速鉄道用海底トンネルとなる。(寧波=新華社配信)=2020(令和2)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月21日
    鉱山跡地が雪遊び施設に変身湖南省長沙市

    建設工事が始まる前の鉱山の様子。(資料写真)中国湖南省長沙市の湘江新区で建設が進む大型レジャー施設「湘江歓楽城」で、雪遊びエリア「歓楽雪域」の本体工事がこのほど完了した。造雪は半分以上が仕上がっており、スケート場やスキー場の整備と整氷作業が順次進められているほか、運営に必要な各設備も試験段階に入っている。湘江歓楽城はかつて採石が行われていた深さ約100メートル、面積約18万平方メートルの巨大鉱山の跡地に造られ、歓楽雪域はまるで鉱山の上に浮かんでいるようなデザインをしている。開園は今年の夏を予定している。(長沙=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画質が良くありません。

  • 2020年05月13日
    鉱山跡地が雪遊び施設に変身湖南省長沙市

    13日、歓楽雪域の内部。中国湖南省長沙市の湘江新区で建設が進む大型レジャー施設「湘江歓楽城」で、雪遊びエリア「歓楽雪域」の本体工事がこのほど完了した。造雪は半分以上が仕上がっており、スケート場やスキー場の整備と整氷作業が順次進められているほか、運営に必要な各設備も試験段階に入っている。湘江歓楽城はかつて採石が行われていた深さ約100メートル、面積約18万平方メートルの巨大鉱山の跡地に造られ、歓楽雪域はまるで鉱山の上に浮かんでいるようなデザインをしている。開園は今年の夏を予定している。(長沙=新華社記者/薛宇舸)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月13日
    鉱山跡地が雪遊び施設に変身湖南省長沙市

    13日、歓楽雪域の外観。中国湖南省長沙市の湘江新区で建設が進む大型レジャー施設「湘江歓楽城」で、雪遊びエリア「歓楽雪域」の本体工事がこのほど完了した。造雪は半分以上が仕上がっており、スケート場やスキー場の整備と整氷作業が順次進められているほか、運営に必要な各設備も試験段階に入っている。湘江歓楽城はかつて採石が行われていた深さ約100メートル、面積約18万平方メートルの巨大鉱山の跡地に造られ、歓楽雪域はまるで鉱山の上に浮かんでいるようなデザインをしている。開園は今年の夏を予定している。(長沙=新華社記者/薛宇舸)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月13日
    鉱山跡地が雪遊び施設に変身湖南省長沙市

    13日、歓楽雪域の内部。中国湖南省長沙市の湘江新区で建設が進む大型レジャー施設「湘江歓楽城」で、雪遊びエリア「歓楽雪域」の本体工事がこのほど完了した。造雪は半分以上が仕上がっており、スケート場やスキー場の整備と整氷作業が順次進められているほか、運営に必要な各設備も試験段階に入っている。湘江歓楽城はかつて採石が行われていた深さ約100メートル、面積約18万平方メートルの巨大鉱山の跡地に造られ、歓楽雪域はまるで鉱山の上に浮かんでいるようなデザインをしている。開園は今年の夏を予定している。(長沙=新華社記者/薛宇舸)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:32.93
    2020年05月09日
    「新華社」美蘭空港の2期工事、連休中も着々海南省海口市

    中国海南省海口市で建設が進む美蘭国際空港2期プロジェクトの工事現場では、メーデー連休にも関わらず4千人以上が飛行エリアやターミナルビルなどで作業に従事した。2016年9月に全面着工した同プロジェクトは既に最終段階に入り、本体工事は来月30日の竣工を見込む。海南島と周辺島しょからなる海南省にとって、航空輸送は世界と通じる最適な交通手段だが、同空港の発着便と旅客輸送量は現時点で既に飽和状態にある。2期プロジェクトは、2025年の年間旅客数を延べ3500万人、貨物・郵便取扱量を40万トンに高めることを設計目標としている。運用開始後は、同市江東新区の外資企業地域本部誘致と臨空産業の発展を後押しするとともに、同省の観光業と大量旅客輸送を支えるインフラを保障する。(記者/王軍鋒)<映像内容>美蘭国際空港の工事現場の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:17.81
    2020年03月27日
    首里城復元、26年目標 政府方針、22年に本体着工

    政府は27日、火災で正殿などが焼失した首里城(那覇市)の復元に向けた関係閣僚会議を首相官邸で開催し、2022年中に本体工事に着手して26年までの復元を目指す工程表を決定した。防火対策を徹底し、正殿の復元はヒノキ科の無垢(むく)材を使う。沖縄県と連携して再建作業を進める。菅義偉官房長官は「首里城は沖縄県の皆さんの誇りとも言える重要な建造物だ。首里城復元に向けて責任を持って取り組む」と述べた。<映像内容>菅義偉官房長官の記者会見。入り、冒頭発言、質疑応答、撮影日:2020(令和2)年3月27日、撮影場所:首相官邸

    撮影: 2020(令和2)年3月27日

  • 2020年03月20日
    中国初の高速鉄道用海底トンネル、掘削調査完了

    海洋掘削リグで作業する技術者。(3月20日撮影)中国浙江省の寧波市と舟山市を結ぶ高速鉄道「甬舟(ようしゅう)鉄道」の海底トンネル部分の掘削調査がこのほど完了した。トンネル本体工事の着工前に行う重要な地質調査となる。甬舟鉄道は総延長77キロ。うち海底トンネル部分は全長16・2キロで、最深部は海面下78メートルに達する。これは寧波市北侖区と舟山市金塘島を結ぶ中国初の高速鉄道用海底トンネルとなる。(寧波=新華社記者/顧小立)=2020(令和2)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月20日
    中国初の高速鉄道用海底トンネル、掘削調査完了

    浙江省の寧波市と舟山市を結ぶ高速鉄道「甬舟鉄道」の海底トンネル部分の掘削調査を行う海洋掘削リグ「海勘8号」。(3月20日撮影)中国浙江省の寧波市と舟山市を結ぶ高速鉄道「甬舟(ようしゅう)鉄道」の海底トンネル部分の掘削調査がこのほど完了した。トンネル本体工事の着工前に行う重要な地質調査となる。甬舟鉄道は総延長77キロ。うち海底トンネル部分は全長16・2キロで、最深部は海面下78メートルに達する。これは寧波市北侖区と舟山市金塘島を結ぶ中国初の高速鉄道用海底トンネルとなる。(寧波=新華社記者/顧小立)=2020(令和2)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:58.86
    2020年01月31日
    「新華社」福建省の病院に感染症病棟建設へ7日以内の完成目指す

    新型コロナウイルスによる肺炎の感染予防、拡大防止をより確実に行うため、中国福建省福清市はこのほど、福清市医院に新たに感染症病棟を建設する計画を打ち出した。同病院は新型コロナウイルスによる肺炎を集中的に治療する施設として、2期に分かれて施工される。福清市城投建設投資集団の劉雲忠(りゅう・うんちゅう)董事長によると、プロジェクトの総面積は8100平方メートル。第1期工事では外来棟1棟と病棟1棟を7日以内にほぼ完成させ、第2期工事では20日以内に本体工事を終わらせる計画だという。(記者/郭圻、陳旺)<映像内容>新型肺炎患者のための感染症病棟建設、現場の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:24.04
    2020年01月07日
    「新華社」8車線48メートル橋面幅が最大の長江大橋、年内竣工へ

    中国湖北省武漢市の周先旺(しゅう・せんおう)市長は7日の市政府活動報告で、建設中の武漢青山長江大橋を2020年内に完成させる方針を示した。大橋の全長は7548メートル。主橋部は長江の中州、天興州を跨ぐ。橋面幅は48メートルで、8車線(片側4車線)の高速道路として設計されており、さらに予備車線2本を持つ。長江に架かる橋の中で橋面幅が最も広い。大スパン、重積載荷重、広全幅という特徴を持つ同大橋は、複数の世界記録を打ち立てている。938メートルの主径間長はフローティング形式斜張橋としては現時点で世界最長であり、A字形の主塔の高さも世界最高だという。同大橋は完成すると武漢市で11番目の長江大橋となる。本体工事はほぼ完了しており、高さ271・5メートルの主塔も最上部の工事が完了している。(記者/馮国棟)<映像内容>建設中の武漢青山長江大橋の様子、撮影日:2020(令和2)年1月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月11日
    河北省崇礼区の北京冬季五輪・パラ競技エリアを訪ねて

    11日、雲頂スキー公園競技場。(小型無人機から)記者はこのほど、中国河北省張家口市崇礼区にある2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技エリアを訪れ、国家スキージャンプセンター「雪如意」や張家口選手村、付帯施設が揃える「太子城氷雪小鎮」と雲頂スキー公園競技場を見学した。国家スキージャンプセンターは崇礼区の競技エリアで最も施工量が多く、技術難度が最も高い競技場の一つ。標高差が160メートル以上あり、外観がかつて中国の宮廷で吉祥の象徴として用いられた器物「如意」に似ていることから「雪如意」と名付けられた。「太子城氷雪小鎮」は敷地総面積が2・89平方キロで、建築総面積は120万平方メートルに達し、2020年9月30日から運営テストが実施される。そのすぐ隣にある張家口選手村の本体工事は来年10月に終わり、正式に引き渡される予定。雲頂スキー公園競技場は今年10月に冬季五輪・パラリンピックの競技コース6本の建設が完了し、2019~2020年の競技シーズンに相次いで開放される。(崇礼=新華社記者/楊世尭)=2019(令和元)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月11日
    河北省崇礼区の北京冬季五輪・パラ競技エリアを訪ねて

    11日、雲頂スキー公園競技場。(小型無人機から)記者はこのほど、中国河北省張家口市崇礼区にある2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技エリアを訪れ、国家スキージャンプセンター「雪如意」や張家口選手村、付帯施設が揃える「太子城氷雪小鎮」と雲頂スキー公園競技場を見学した。国家スキージャンプセンターは崇礼区の競技エリアで最も施工量が多く、技術難度が最も高い競技場の一つ。標高差が160メートル以上あり、外観がかつて中国の宮廷で吉祥の象徴として用いられた器物「如意」に似ていることから「雪如意」と名付けられた。「太子城氷雪小鎮」は敷地総面積が2・89平方キロで、建築総面積は120万平方メートルに達し、2020年9月30日から運営テストが実施される。そのすぐ隣にある張家口選手村の本体工事は来年10月に終わり、正式に引き渡される予定。雲頂スキー公園競技場は今年10月に冬季五輪・パラリンピックの競技コース6本の建設が完了し、2019~2020年の競技シーズンに相次いで開放される。(崇礼=新華社記者/楊世尭)=2019(令和元)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月11日
    河北省崇礼区の北京冬季五輪・パラ競技エリアを訪ねて

    11日、雲頂スキー公園でスキーを楽しむ愛好家。記者はこのほど、中国河北省張家口市崇礼区にある2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技エリアを訪れ、国家スキージャンプセンター「雪如意」や張家口選手村、付帯施設が揃える「太子城氷雪小鎮」と雲頂スキー公園競技場を見学した。国家スキージャンプセンターは崇礼区の競技エリアで最も施工量が多く、技術難度が最も高い競技場の一つ。標高差が160メートル以上あり、外観がかつて中国の宮廷で吉祥の象徴として用いられた器物「如意」に似ていることから「雪如意」と名付けられた。「太子城氷雪小鎮」は敷地総面積が2・89平方キロで、建築総面積は120万平方メートルに達し、2020年9月30日から運営テストが実施される。そのすぐ隣にある張家口選手村の本体工事は来年10月に終わり、正式に引き渡される予定。雲頂スキー公園競技場は今年10月に冬季五輪・パラリンピックの競技コース6本の建設が完了し、2019~2020年の競技シーズンに相次いで開放される。(崇礼=新華社記者/楊世尭)=2019(令和元)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月10日
    河北省崇礼区の北京冬季五輪・パラ競技エリアを訪ねて

    10日、北京冬季五輪・パラリンピックの張家口選手村。(小型無人機から)記者はこのほど、中国河北省張家口市崇礼区にある2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技エリアを訪れ、国家スキージャンプセンター「雪如意」や張家口選手村、付帯施設が揃える「太子城氷雪小鎮」と雲頂スキー公園競技場を見学した。国家スキージャンプセンターは崇礼区の競技エリアで最も施工量が多く、技術難度が最も高い競技場の一つ。標高差が160メートル以上あり、外観がかつて中国の宮廷で吉祥の象徴として用いられた器物「如意」に似ていることから「雪如意」と名付けられた。「太子城氷雪小鎮」は敷地総面積が2・89平方キロで、建築総面積は120万平方メートルに達し、2020年9月30日から運営テストが実施される。そのすぐ隣にある張家口選手村の本体工事は来年10月に終わり、正式に引き渡される予定。雲頂スキー公園競技場は今年10月に冬季五輪・パラリンピックの競技コース6本の建設が完了し、2019~2020年の競技シーズンに相次いで開放される。(崇礼=新華社記者/楊世尭)=2019(令和元)年12月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月10日
    河北省崇礼区の北京冬季五輪・パラ競技エリアを訪ねて

    10日、国家スキージャンプセンター「雪如意」。(小型無人機から)記者はこのほど、中国河北省張家口市崇礼区にある2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技エリアを訪れ、国家スキージャンプセンター「雪如意」や張家口選手村、付帯施設が揃える「太子城氷雪小鎮」と雲頂スキー公園競技場を見学した。国家スキージャンプセンターは崇礼区の競技エリアで最も施工量が多く、技術難度が最も高い競技場の一つ。標高差が160メートル以上あり、外観がかつて中国の宮廷で吉祥の象徴として用いられた器物「如意」に似ていることから「雪如意」と名付けられた。「太子城氷雪小鎮」は敷地総面積が2・89平方キロで、建築総面積は120万平方メートルに達し、2020年9月30日から運営テストが実施される。そのすぐ隣にある張家口選手村の本体工事は来年10月に終わり、正式に引き渡される予定。雲頂スキー公園競技場は今年10月に冬季五輪・パラリンピックの競技コース6本の建設が完了し、2019~2020年の競技シーズンに相次いで開放される。(崇礼=新華社記者/楊世尭)=2019(令和元)年12月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月10日
    河北省崇礼区の北京冬季五輪・パラ競技エリアを訪ねて

    10日、国家スキージャンプセンター「雪如意」。記者はこのほど、中国河北省張家口市崇礼区にある2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技エリアを訪れ、国家スキージャンプセンター「雪如意」や張家口選手村、付帯施設が揃える「太子城氷雪小鎮」と雲頂スキー公園競技場を見学した。国家スキージャンプセンターは崇礼区の競技エリアで最も施工量が多く、技術難度が最も高い競技場の一つ。標高差が160メートル以上あり、外観がかつて中国の宮廷で吉祥の象徴として用いられた器物「如意」に似ていることから「雪如意」と名付けられた。「太子城氷雪小鎮」は敷地総面積が2・89平方キロで、建築総面積は120万平方メートルに達し、2020年9月30日から運営テストが実施される。そのすぐ隣にある張家口選手村の本体工事は来年10月に終わり、正式に引き渡される予定。雲頂スキー公園競技場は今年10月に冬季五輪・パラリンピックの競技コース6本の建設が完了し、2019~2020年の競技シーズンに相次いで開放される。(崇礼=新華社記者/楊世尭)=2019(令和元)年12月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月10日
    河北省崇礼区の北京冬季五輪・パラ競技エリアを訪ねて

    10日、国家スキージャンプセンター「雪如意」。(小型無人機から)記者はこのほど、中国河北省張家口市崇礼区にある2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技エリアを訪れ、国家スキージャンプセンター「雪如意」や張家口選手村、付帯施設が揃える「太子城氷雪小鎮」と雲頂スキー公園競技場を見学した。国家スキージャンプセンターは崇礼区の競技エリアで最も施工量が多く、技術難度が最も高い競技場の一つ。標高差が160メートル以上あり、外観がかつて中国の宮廷で吉祥の象徴として用いられた器物「如意」に似ていることから「雪如意」と名付けられた。「太子城氷雪小鎮」は敷地総面積が2・89平方キロで、建築総面積は120万平方メートルに達し、2020年9月30日から運営テストが実施される。そのすぐ隣にある張家口選手村の本体工事は来年10月に終わり、正式に引き渡される予定。雲頂スキー公園競技場は今年10月に冬季五輪・パラリンピックの競技コース6本の建設が完了し、2019~2020年の競技シーズンに相次いで開放される。(崇礼=新華社記者/楊世尭)=2019(令和元)年12月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月10日
    河北省崇礼区の北京冬季五輪・パラ競技エリアを訪ねて

    10日、国家冬季バイアスロンセンターの会場技術センター。記者はこのほど、中国河北省張家口市崇礼区にある2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技エリアを訪れ、国家スキージャンプセンター「雪如意」や張家口選手村、付帯施設が揃える「太子城氷雪小鎮」と雲頂スキー公園競技場を見学した。国家スキージャンプセンターは崇礼区の競技エリアで最も施工量が多く、技術難度が最も高い競技場の一つ。標高差が160メートル以上あり、外観がかつて中国の宮廷で吉祥の象徴として用いられた器物「如意」に似ていることから「雪如意」と名付けられた。「太子城氷雪小鎮」は敷地総面積が2・89平方キロで、建築総面積は120万平方メートルに達し、2020年9月30日から運営テストが実施される。そのすぐ隣にある張家口選手村の本体工事は来年10月に終わり、正式に引き渡される予定。雲頂スキー公園競技場は今年10月に冬季五輪・パラリンピックの競技コース6本の建設が完了し、2019~2020年の競技シーズンに相次いで開放される。(崇礼=新華社記者/楊世尭)=2019(令和元)年12月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月10日
    河北省崇礼区の北京冬季五輪・パラ競技エリアを訪ねて

    10日、国家スキージャンプセンターの施工現場で作業を進める作業員。記者はこのほど、中国河北省張家口市崇礼区にある2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技エリアを訪れ、国家スキージャンプセンター「雪如意」や張家口選手村、付帯施設が揃える「太子城氷雪小鎮」と雲頂スキー公園競技場を見学した。国家スキージャンプセンターは崇礼区の競技エリアで最も施工量が多く、技術難度が最も高い競技場の一つ。標高差が160メートル以上あり、外観がかつて中国の宮廷で吉祥の象徴として用いられた器物「如意」に似ていることから「雪如意」と名付けられた。「太子城氷雪小鎮」は敷地総面積が2・89平方キロで、建築総面積は120万平方メートルに達し、2020年9月30日から運営テストが実施される。そのすぐ隣にある張家口選手村の本体工事は来年10月に終わり、正式に引き渡される予定。雲頂スキー公園競技場は今年10月に冬季五輪・パラリンピックの競技コース6本の建設が完了し、2019~2020年の競技シーズンに相次いで開放される。(崇礼=新華社記者/楊世尭)=2019(令和元)年12月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月10日
    河北省崇礼区の北京冬季五輪・パラ競技エリアを訪ねて

    10日、北京と張家口を結ぶ京張高速鉄道の太子城駅と「太子城氷雪小鎮」。(小型無人機から)記者はこのほど、中国河北省張家口市崇礼区にある2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技エリアを訪れ、国家スキージャンプセンター「雪如意」や張家口選手村、付帯施設が揃える「太子城氷雪小鎮」と雲頂スキー公園競技場を見学した。国家スキージャンプセンターは崇礼区の競技エリアで最も施工量が多く、技術難度が最も高い競技場の一つ。標高差が160メートル以上あり、外観がかつて中国の宮廷で吉祥の象徴として用いられた器物「如意」に似ていることから「雪如意」と名付けられた。「太子城氷雪小鎮」は敷地総面積が2・89平方キロで、建築総面積は120万平方メートルに達し、2020年9月30日から運営テストが実施される。そのすぐ隣にある張家口選手村の本体工事は来年10月に終わり、正式に引き渡される予定。雲頂スキー公園競技場は今年10月に冬季五輪・パラリンピックの競技コース6本の建設が完了し、2019~2020年の競技シーズンに相次いで開放される。(崇礼=新華社記者/楊世尭)=2019(令和元)年12月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月10日
    河北省崇礼区の北京冬季五輪・パラ競技エリアを訪ねて

    10日、国家スキージャンプセンター「雪如意」。(小型無人機から)記者はこのほど、中国河北省張家口市崇礼区にある2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技エリアを訪れ、国家スキージャンプセンター「雪如意」や張家口選手村、付帯施設が揃える「太子城氷雪小鎮」と雲頂スキー公園競技場を見学した。国家スキージャンプセンターは崇礼区の競技エリアで最も施工量が多く、技術難度が最も高い競技場の一つ。標高差が160メートル以上あり、外観がかつて中国の宮廷で吉祥の象徴として用いられた器物「如意」に似ていることから「雪如意」と名付けられた。「太子城氷雪小鎮」は敷地総面積が2・89平方キロで、建築総面積は120万平方メートルに達し、2020年9月30日から運営テストが実施される。そのすぐ隣にある張家口選手村の本体工事は来年10月に終わり、正式に引き渡される予定。雲頂スキー公園競技場は今年10月に冬季五輪・パラリンピックの競技コース6本の建設が完了し、2019~2020年の競技シーズンに相次いで開放される。(崇礼=新華社記者/楊世尭)=2019(令和元)年12月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月10日
    河北省崇礼区の北京冬季五輪・パラ競技エリアを訪ねて

    10日、国家スキージャンプセンターで作業をする除雪車。記者はこのほど、中国河北省張家口市崇礼区にある2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技エリアを訪れ、国家スキージャンプセンター「雪如意」や張家口選手村、付帯施設が揃える「太子城氷雪小鎮」と雲頂スキー公園競技場を見学した。国家スキージャンプセンターは崇礼区の競技エリアで最も施工量が多く、技術難度が最も高い競技場の一つ。標高差が160メートル以上あり、外観がかつて中国の宮廷で吉祥の象徴として用いられた器物「如意」に似ていることから「雪如意」と名付けられた。「太子城氷雪小鎮」は敷地総面積が2・89平方キロで、建築総面積は120万平方メートルに達し、2020年9月30日から運営テストが実施される。そのすぐ隣にある張家口選手村の本体工事は来年10月に終わり、正式に引き渡される予定。雲頂スキー公園競技場は今年10月に冬季五輪・パラリンピックの競技コース6本の建設が完了し、2019~2020年の競技シーズンに相次いで開放される。(崇礼=新華社記者/楊世尭)=2019(令和元)年12月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年10月19日
    中国が援助するニウエ島周回道路高度化プロジェクト、順調に進行

    19日、中鉄一局集団が援助を行う「ニウエ島周回道路高度化プロジェクト」の施工拠点を訪れ、プロジェクトの進展状況に耳を傾ける中国の呉璽駐ニュージーランド兼クック諸島・ニウエ大使(左から2人目)。中国の呉璽(ご・じ)駐ニュージーランド兼クック諸島・ニウエ大使はこのほど、新華社のインタビューに応じ、中国・ニウエ「一帯一路」協力の象徴的プロジェクトとして、中国が援助を行うニウエ島周回道路高度化プロジェクトが着実に推進し、整然と行われていると述べた。同プロジェクトの本体工事はニウエ島周回道路46キロの修復と高度化、さらに歩道2・7キロ、路面標示4・63キロの工事などが含まれる。呉璽大使は、中鉄一局集団が援助を行うニウエ島周回道路高度化プロジェクトの施工拠点を訪れ、同プロジェクトは中国とニウエの互恵協力を深化させるための重要な取り組みであり、中国が推進する中国・ニウエ両国の「一帯一路」協力を具現化したものでもあると述べた。(アロフィ=新華社配信)=2019(令和元)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年10月19日
    中国が援助するニウエ島周回道路高度化プロジェクト、順調に進行

    19日、「ニウエ島周回道路高度化プロジェクト」の施工拠点と道路。中国の呉璽(ご・じ)駐ニュージーランド兼クック諸島・ニウエ大使はこのほど、新華社のインタビューに応じ、中国・ニウエ「一帯一路」協力の象徴的プロジェクトとして、中国が援助を行うニウエ島周回道路高度化プロジェクトが着実に推進し、整然と行われていると述べた。同プロジェクトの本体工事はニウエ島周回道路46キロの修復と高度化、さらに歩道2・7キロ、路面標示4・63キロの工事などが含まれる。呉璽大使は、中鉄一局集団が援助を行うニウエ島周回道路高度化プロジェクトの施工拠点を訪れ、同プロジェクトは中国とニウエの互恵協力を深化させるための重要な取り組みであり、中国が推進する中国・ニウエ両国の「一帯一路」協力を具現化したものでもあると述べた。(アロフィ=新華社配信)=2019(令和元)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年10月19日
    中国が援助するニウエ島周回道路高度化プロジェクト、順調に進行

    19日、「ニウエ島周回道路高度化プロジェクト」の施工拠点と道路。中国の呉璽(ご・じ)駐ニュージーランド兼クック諸島・ニウエ大使はこのほど、新華社のインタビューに応じ、中国・ニウエ「一帯一路」協力の象徴的プロジェクトとして、中国が援助を行うニウエ島周回道路高度化プロジェクトが着実に推進し、整然と行われていると述べた。同プロジェクトの本体工事はニウエ島周回道路46キロの修復と高度化、さらに歩道2・7キロ、路面標示4・63キロの工事などが含まれる。呉璽大使は、中鉄一局集団が援助を行うニウエ島周回道路高度化プロジェクトの施工拠点を訪れ、同プロジェクトは中国とニウエの互恵協力を深化させるための重要な取り組みであり、中国が推進する中国・ニウエ両国の「一帯一路」協力を具現化したものでもあると述べた。(アロフィ=新華社配信)=2019(令和元)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年10月19日
    中国が援助するニウエ島周回道路高度化プロジェクト、順調に進行

    19日、中鉄一局集団が援助を行う「ニウエ島周回道路高度化プロジェクト」の施工拠点を訪れ、プロジェクトの進展状況に耳を傾ける中国の呉璽駐ニュージーランド兼クック諸島・ニウエ大使(中央)。中国の呉璽(ご・じ)駐ニュージーランド兼クック諸島・ニウエ大使はこのほど、新華社のインタビューに応じ、中国・ニウエ「一帯一路」協力の象徴的プロジェクトとして、中国が援助を行うニウエ島周回道路高度化プロジェクトが着実に推進し、整然と行われていると述べた。同プロジェクトの本体工事はニウエ島周回道路46キロの修復と高度化、さらに歩道2・7キロ、路面標示4・63キロの工事などが含まれる。呉璽大使は、中鉄一局集団が援助を行うニウエ島周回道路高度化プロジェクトの施工拠点を訪れ、同プロジェクトは中国とニウエの互恵協力を深化させるための重要な取り組みであり、中国が推進する中国・ニウエ両国の「一帯一路」協力を具現化したものでもあると述べた。(アロフィ=新華社配信)=2019(令和元)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年09月09日
    最大幅を更新武漢・青山長江大橋の本体工事がおおむね完了

    9日、建設が進む武漢・青山長江大橋。(小型無人機から)中国湖北省の武漢・青山長江大橋の本体工事が9日、おおむね完了した。幅48メートルに達する橋面のアスファルト舗装も同日、本格的に開始した。「最大幅を持つ長江大橋」の施工は今後、アスファルト舗装や照明工事が順次進められる。青山長江大橋は全長7548メートル、メインスパンが938メートルに達する、武漢市で11番目の長江大橋で、橋面は武漢・沌口(とんこう)長江大橋よりさらに2メートル広く、現在長江に架かる橋の中で最も幅が広い。青山長江大橋は両側10車線の高速道路で、設計時速は100キロメートルとなっている。(武漢=新華社記者/熊琦)=2019(令和元)年9月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年09月09日
    最大幅を更新武漢・青山長江大橋の本体工事がおおむね完了

    9日、建設が進む武漢・青山長江大橋。(小型無人機から)中国湖北省の武漢・青山長江大橋の本体工事が9日、おおむね完了した。幅48メートルに達する橋面のアスファルト舗装も同日、本格的に開始した。「最大幅を持つ長江大橋」の施工は今後、アスファルト舗装や照明工事が順次進められる。青山長江大橋は全長7548メートル、メインスパンが938メートルに達する、武漢市で11番目の長江大橋で、橋面は武漢・沌口(とんこう)長江大橋よりさらに2メートル広く、現在長江に架かる橋の中で最も幅が広い。青山長江大橋は両側10車線の高速道路で、設計時速は100キロメートルとなっている。(武漢=新華社記者/熊琦)=2019(令和元)年9月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年09月09日
    最大幅を更新武漢・青山長江大橋の本体工事がおおむね完了

    9日、建設が進む武漢・青山長江大橋。(小型無人機から)中国湖北省の武漢・青山長江大橋の本体工事が9日、おおむね完了した。幅48メートルに達する橋面のアスファルト舗装も同日、本格的に開始した。「最大幅を持つ長江大橋」の施工は今後、アスファルト舗装や照明工事が順次進められる。青山長江大橋は全長7548メートル、メインスパンが938メートルに達する、武漢市で11番目の長江大橋で、橋面は武漢・沌口(とんこう)長江大橋よりさらに2メートル広く、現在長江に架かる橋の中で最も幅が広い。青山長江大橋は両側10車線の高速道路で、設計時速は100キロメートルとなっている。(武漢=新華社記者/熊琦)=2019(令和元)年9月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年09月09日
    最大幅を更新武漢・青山長江大橋の本体工事がおおむね完了

    9日、建設が進む武漢・青山長江大橋。中国湖北省の武漢・青山長江大橋の本体工事が9日、おおむね完了した。幅48メートルに達する橋面のアスファルト舗装も同日、本格的に開始した。「最大幅を持つ長江大橋」の施工は今後、アスファルト舗装や照明工事が順次進められる。青山長江大橋は全長7548メートル、メインスパンが938メートルに達する、武漢市で11番目の長江大橋で、橋面は武漢・沌口(とんこう)長江大橋よりさらに2メートル広く、現在長江に架かる橋の中で最も幅が広い。青山長江大橋は両側10車線の高速道路で、設計時速は100キロメートルとなっている。(武漢=新華社記者/熊琦)=2019(令和元)年9月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年06月16日
    メコン川に沿って建設進む中国ラオス鉄道

    ラオス北部の山里にある中国電建水電三局の鉄橋トンネル建設現場。中国ラオス鉄道はメコン川の主流に沿って建設が進んでおり、トンネル、橋梁、路盤の工事が90%以上完了し、ビエンチャン駅からバンビエン駅までレールが敷設されている。現在は駅舎の工事が本格化しており、年内には本体工事が終わる見込みとなっている。(ビエンチャン=新華社配信)=2019(令和元)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年06月12日
    八ツ場ダムほぼ完成
  • 2019年06月12日
    八ツ場ダムほぼ完成
  • 2019年06月12日
    八ツ場ダムほぼ完成
  • 2019年06月12日
    八ツ場ダムほぼ完成
  • 2019年06月12日
    八ツ場ダムほぼ完成
  • 2019年06月12日
    八ツ場ダムの比較写真 八ツ場ダムほぼ完成

    2009年5月(左)と12日の八ツ場ダム。本体工事がほぼ完成した=群馬県長野原町(共同通信社ヘリから)

  • 2019年06月12日
    八ツ場ダムほぼ完成
  • 2019年06月12日
    八ツ場ダムほぼ完成
  • 2019年06月12日
    八ツ場ダムほぼ完成
  • 2019年06月12日
    八ツ場ダムほぼ完成
  • 2019年06月12日
    八ツ場ダムほぼ完成
  • 2019年06月12日
    八ツ場ダムほぼ完成
  • 2019年06月12日
    八ツ場ダムほぼ完成
  • 2019年06月12日
    八ツ場ダムほぼ完成
  • 2019年06月12日
    八ツ場ダム 八ツ場ダムほぼ完成

    本体工事がほぼ完了した八ツ場ダム=12日午前、群馬県長野原町

    撮影: 12日午前、群馬県長野原町

  • 2019年06月12日
    八ツ場ダム 八ツ場ダムほぼ完成

    本体工事がほぼ完成した群馬県長野原町の八ツ場ダム=12日午前9時48分(共同通信社ヘリから)

    撮影: 12日午前9時48分

  • 2019年06月12日
    ほぼ完成の八ツ場ダム 八ツ場ダムほぼ完成

    本体工事がほぼ完成した群馬県長野原町の八ツ場ダム=12日午前9時48分(共同通信社ヘリから)

    撮影: 12日午前9時48分

  • 2019年06月12日
    ほぼ完成した八ツ場ダム 八ツ場ダムほぼ完成

    本体工事がほぼ完成した群馬県長野原町の八ツ場ダム=12日午前9時49分(共同通信社ヘリから)

    撮影: 12日午前9時49分

  • 01:02.93
    2019年06月12日
    空撮 群馬・八ツ場ダムほぼ完成

    群馬県長野原町で建設中の八ツ場ダム本体工事が計画から70年近くを経てほぼ完成したのを記念し、国土交通省関東地方整備局は12日に式典を同町内で開いた。今後試験的に水をためて健全性を確認するなどして、2020年3月に完成を目指す。 八ツ場ダムは国が1952年に調査を開始した。住民は当初激しく反対したが、高台の代替地に集団移転する生活再建案を受け入れ、94年に周辺工事が始まった。民主党政権が2009年に建設中止を表明し、本体工事の入札を凍結したが、その後の自公政権下で入札が行われ、15年1月に着工した。〈映像内容〉ほぼ完成した八ッ場ダムの空撮。、撮影日:2019(令和元)年6月12日、撮影場所:群馬県長野原町

    撮影: 2019(令和元)年6月12日

  • 2019年06月12日
    青島膠東国際空港の建設工事が最終段階に

    12日に撮影した建設中の青島膠東国際空港。(小型無人機から)中国山東省青島市の青島膠東(こうとう)国際空港の建設工事がこのほど、最終段階に入った。同空港工事建設指揮部によると、ターミナルエリア、滑走路などを含む飛行エリア、付帯エリアの3大施設の本体工事がほぼ完了した。(青島=新華社記者/李紫恒)=2019(令和元)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年06月12日
    青島膠東国際空港の建設工事が最終段階に

    12日に撮影した建設中の青島膠東国際空港。(小型無人機から)中国山東省青島市の青島膠東(こうとう)国際空港の建設工事がこのほど、最終段階に入った。同空港工事建設指揮部によると、ターミナルエリア、滑走路などを含む飛行エリア、付帯エリアの3大施設の本体工事がほぼ完了した。(青島=新華社記者/李紫恒)=2019(令和元)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2
  • 3