KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 記者
  • 令和
  • 指定
  • 保存状態
  • 全国重点文物保護単位
  • 国宝
  • 構図
  • 重要文化財
  • 部分
  • 題材

「朱砂」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
93
( 1 93 件を表示)
  • 1
93
( 1 93 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2011年11月18日
    務川県の考古調査で大量の遺跡や遺構見つかる貴州省

    務川コーラオ族ミャオ族自治県で見つかった板場朱砂鉱山の鉱洞。中国貴州省の考古研究者が行った務川(むせん)コーラオ族ミャオ族自治県の水銀鉱山遺跡での考古調査で、採掘・製錬遺跡や古墓、古道、関連建築遺跡、近現代の工業遺産などの各種遺跡・遺構が見つかった。同省北東部に位置する務川県は水銀資源が豊富で、古くから「コーラオ族のふるさと、丹砂の古県」と呼ばれている。(務川=新華社配信/貴州省文物考古研究所提供)=2011(平成23)年11月18日、クレジット:貴州省文物考古研究所/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031801095

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年08月12日
    山村で伝統的な「進学式」浙江省長興県

    12日、伝統的な進学式で孔子の教えに基づいた「弟子規」を朗読する中山村の児童。中国浙江省湖州市長興県小浦鎮の中山村で12日、古い家屋「呉宅」で「読み書きを習って知力開発礼儀正しく楽しく勉強」をテーマに伝統的な「進学式」が実施された。定年退職した地元の先生が児童に正衣冠(身なりを整える)、朱砂開智(額に朱砂で印をつける、洞察力を持つことを意味する)を行い、児童らが孔子の教えに基づいた「弟子規」を朗読し、筆で「人」の字を書き、先生にお茶を差し上げた。新学期を前に、彼らは進学式で伝統的な文化の魅力を感じ、古い歴史を持つ「国学」文化を継承、発揚させていく。(長興=新華社記者/徐昱)=2018(平成30)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018081501126

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年08月12日
    山村で伝統的な「進学式」浙江省長興県

    12日、伝統的な進学式で孔子の教えに基づいた「弟子規」を朗読する中山村の児童。中国浙江省湖州市長興県小浦鎮の中山村で12日、古い家屋「呉宅」で「読み書きを習って知力開発礼儀正しく楽しく勉強」をテーマに伝統的な「進学式」が実施された。定年退職した地元の先生が児童に正衣冠(身なりを整える)、朱砂開智(額に朱砂で印をつける、洞察力を持つことを意味する)を行い、児童らが孔子の教えに基づいた「弟子規」を朗読し、筆で「人」の字を書き、先生にお茶を差し上げた。新学期を前に、彼らは進学式で伝統的な文化の魅力を感じ、古い歴史を持つ「国学」文化を継承、発揚させていく。(長興=新華社記者/徐昱)=2018(平成30)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018081501131

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年08月12日
    山村で伝統的な「進学式」浙江省長興県

    12日、年配の先生が児童の額に「朱砂(すさ、赤の顔料の原料となる赤い石)」を塗っている。中国浙江省湖州市長興県小浦鎮の中山村で12日、古い家屋「呉宅」で「読み書きを習って知力開発礼儀正しく楽しく勉強」をテーマに伝統的な「進学式」が実施された。定年退職した地元の先生が児童に正衣冠(身なりを整える)、朱砂開智(額に朱砂で印をつける、洞察力を持つことを意味する)を行い、児童らが孔子の教えに基づいた「弟子規」を朗読し、筆で「人」の字を書き、先生にお茶を差し上げた。新学期を前に、彼らは進学式で伝統的な文化の魅力を感じ、古い歴史を持つ「国学」文化を継承、発揚させていく。(長興=新華社記者/徐昱)=2018(平成30)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018081501127

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年08月12日
    山村で伝統的な「進学式」浙江省長興県

    12日、古い家屋で伝統的な進学式に臨む中山村の児童。中国浙江省湖州市長興県小浦鎮の中山村で12日、古い家屋「呉宅」で「読み書きを習って知力開発礼儀正しく楽しく勉強」をテーマに伝統的な「進学式」が実施された。定年退職した地元の先生が児童に正衣冠(身なりを整える)、朱砂開智(額に朱砂で印をつける、洞察力を持つことを意味する)を行い、児童らが孔子の教えに基づいた「弟子規」を朗読し、筆で「人」の字を書き、先生にお茶を差し上げた。新学期を前に、彼らは進学式で伝統的な文化の魅力を感じ、古い歴史を持つ「国学」文化を継承、発揚させていく。(長興=新華社記者/徐昱)=2018(平成30)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018081501107

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年08月12日
    山村で伝統的な「進学式」浙江省長興県

    12日、進学式で先生にお茶を差し上げる中山村の児童。中国浙江省湖州市長興県小浦鎮の中山村で12日、古い家屋「呉宅」で「読み書きを習って知力開発礼儀正しく楽しく勉強」をテーマに伝統的な「進学式」が実施された。定年退職した地元の先生が児童に正衣冠(身なりを整える)、朱砂開智(額に朱砂で印をつける、洞察力を持つことを意味する)を行い、児童らが孔子の教えに基づいた「弟子規」を朗読し、筆で「人」の字を書き、先生にお茶を差し上げた。新学期を前に、彼らは進学式で伝統的な文化の魅力を感じ、古い歴史を持つ「国学」文化を継承、発揚させていく。(長興=新華社記者/徐昱)=2018(平成30)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018081501137

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年08月12日
    山村で伝統的な「進学式」浙江省長興県

    12日、児童に正衣冠(身なりを整える)を行う中山村の年配の先生。中国浙江省湖州市長興県小浦鎮の中山村で12日、古い家屋「呉宅」で「読み書きを習って知力開発礼儀正しく楽しく勉強」をテーマに伝統的な「進学式」が実施された。定年退職した地元の先生が児童に正衣冠(身なりを整える)、朱砂開智(額に朱砂で印をつける、洞察力を持つことを意味する)を行い、児童らが孔子の教えに基づいた「弟子規」を朗読し、筆で「人」の字を書き、先生にお茶を差し上げた。新学期を前に、彼らは進学式で伝統的な文化の魅力を感じ、古い歴史を持つ「国学」文化を継承、発揚させていく。(長興=新華社記者/徐昱)=2018(平成30)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018081501134

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年08月12日
    山村で伝統的な「進学式」浙江省長興県

    12日、古い家屋で伝統的な進学式に臨む中山村の児童。中国浙江省湖州市長興県小浦鎮の中山村で12日、古い家屋「呉宅」で「読み書きを習って知力開発礼儀正しく楽しく勉強」をテーマに伝統的な「進学式」が実施された。定年退職した地元の先生が児童に正衣冠(身なりを整える)、朱砂開智(額に朱砂で印をつける、洞察力を持つことを意味する)を行い、児童らが孔子の教えに基づいた「弟子規」を朗読し、筆で「人」の字を書き、先生にお茶を差し上げた。新学期を前に、彼らは進学式で伝統的な文化の魅力を感じ、古い歴史を持つ「国学」文化を継承、発揚させていく。(長興=新華社記者/徐昱)=2018(平成30)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018081501128

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年08月12日
    山村で伝統的な「進学式」浙江省長興県

    12日、伝統的な「進学式」に参加し、筆で「人」の字を書く中山村の児童。中国浙江省湖州市長興県小浦鎮の中山村で12日、古い家屋「呉宅」で「読み書きを習って知力開発礼儀正しく楽しく勉強」をテーマに伝統的な「進学式」が実施された。定年退職した地元の先生が児童に正衣冠(身なりを整える)、朱砂開智(額に朱砂で印をつける、洞察力を持つことを意味する)を行い、児童らが孔子の教えに基づいた「弟子規」を朗読し、筆で「人」の字を書き、先生にお茶を差し上げた。新学期を前に、彼らは進学式で伝統的な文化の魅力を感じ、古い歴史を持つ「国学」文化を継承、発揚させていく。(長興=新華社記者/徐昱)=2018(平成30)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018081501114

  • 2018年09月03日
    上海の小学校で「開筆礼」、児童教育始まる

    3日、「開筆礼」で「弟子規」を朗読する小学部の新1年生。中国の上海音楽学院実験学校は新学期の初日の3日、小学部の新1年生に中国の伝統的な「学びの筆に初めて接する」儀式である「開筆礼」を行った。「開筆礼」では児童らが身なりを整え、孔子の教えに基づいた「弟子規」を朗読し、筆で「人」の字を書き、朱砂開智(額に朱砂で印をつける、洞察力を持つことを意味する)を行い、太鼓を叩き、先生がお祝いの言葉を寄せるなどをした。この儀式は、児童らがしっかりと勉学に励み、教師を敬い親孝行をするよう励まし、優れた伝統文化を伝承することを目的としている。(上海=新華社記者/陳飛)=2018(平成30)年9月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018090518678

  • 2018年09月03日
    上海の小学校で「開筆礼」、児童教育始まる

    3日、「開筆礼」で先生にお辞儀をする小学部の新1年生。中国の上海音楽学院実験学校は新学期の初日の3日、小学部の新1年生に中国の伝統的な「学びの筆に初めて接する」儀式である「開筆礼」を行った。「開筆礼」では児童らが身なりを整え、孔子の教えに基づいた「弟子規」を朗読し、筆で「人」の字を書き、朱砂開智(額に朱砂で印をつける、洞察力を持つことを意味する)を行い、太鼓を叩き、先生がお祝いの言葉を寄せるなどをした。この儀式は、児童らがしっかりと勉学に励み、教師を敬い親孝行をするよう励まし、優れた伝統文化を伝承することを目的としている。(上海=新華社記者/陳飛)=2018(平成30)年9月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018090518338

  • 2018年09月03日
    上海の小学校で「開筆礼」、児童教育始まる

    3日、自分で書いた「人」の字を掲げて見せる小学部の新1年生。中国の上海音楽学院実験学校は新学期の初日の3日、小学部の新1年生に中国の伝統的な「学びの筆に初めて接する」儀式である「開筆礼」を行った。「開筆礼」では児童らが身なりを整え、孔子の教えに基づいた「弟子規」を朗読し、筆で「人」の字を書き、朱砂開智(額に朱砂で印をつける、洞察力を持つことを意味する)を行い、太鼓を叩き、先生がお祝いの言葉を寄せるなどをした。この儀式は、児童らがしっかりと勉学に励み、教師を敬い親孝行をするよう励まし、優れた伝統文化を伝承することを目的としている。(上海=新華社記者/陳飛)=2018(平成30)年9月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018090518380

  • 2018年09月03日
    上海の小学校で「開筆礼」、児童教育始まる

    3日、自分で書いた「人」の字を掲げて見せる小学部の新1年生。中国の上海音楽学院実験学校は新学期の初日の3日、小学部の新1年生に中国の伝統的な「学びの筆に初めて接する」儀式である「開筆礼」を行った。「開筆礼」では児童らが身なりを整え、孔子の教えに基づいた「弟子規」を朗読し、筆で「人」の字を書き、朱砂開智(額に朱砂で印をつける、洞察力を持つことを意味する)を行い、太鼓を叩き、先生がお祝いの言葉を寄せるなどをした。この儀式は、児童らがしっかりと勉学に励み、教師を敬い親孝行をするよう励まし、優れた伝統文化を伝承することを目的としている。(上海=新華社記者/陳飛)=2018(平成30)年9月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018090518373

  • 2018年09月03日
    上海の小学校で「開筆礼」、児童教育始まる

    3日、「開筆礼」で「人」の字を書く小学部の新1年生。中国の上海音楽学院実験学校は新学期の初日の3日、小学部の新1年生に中国の伝統的な「学びの筆に初めて接する」儀式である「開筆礼」を行った。「開筆礼」では児童らが身なりを整え、孔子の教えに基づいた「弟子規」を朗読し、筆で「人」の字を書き、朱砂開智(額に朱砂で印をつける、洞察力を持つことを意味する)を行い、太鼓を叩き、先生がお祝いの言葉を寄せるなどをした。この儀式は、児童らがしっかりと勉学に励み、教師を敬い親孝行をするよう励まし、優れた伝統文化を伝承することを目的としている。(上海=新華社記者/陳飛)=2018(平成30)年9月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018090518578

  • 2018年09月03日
    上海の小学校で「開筆礼」、児童教育始まる

    3日、「開筆礼」で「正衣冠」(身なりを整える)を行う小学部の新1年生。中国の上海音楽学院実験学校は新学期の初日の3日、小学部の新1年生に中国の伝統的な「学びの筆に初めて接する」儀式である「開筆礼」を行った。「開筆礼」では児童らが身なりを整え、孔子の教えに基づいた「弟子規」を朗読し、筆で「人」の字を書き、朱砂開智(額に朱砂で印をつける、洞察力を持つことを意味する)を行い、太鼓を叩き、先生がお祝いの言葉を寄せるなどをした。この儀式は、児童らがしっかりと勉学に励み、教師を敬い親孝行をするよう励まし、優れた伝統文化を伝承することを目的としている。(上海=新華社記者/陳飛)=2018(平成30)年9月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018090518458

  • 2018年09月03日
    上海の小学校で「開筆礼」、児童教育始まる

    3日、「開筆礼」で太鼓をたたく小学部の新1年生。中国の上海音楽学院実験学校は新学期の初日の3日、小学部の新1年生に中国の伝統的な「学びの筆に初めて接する」儀式である「開筆礼」を行った。「開筆礼」では児童らが身なりを整え、孔子の教えに基づいた「弟子規」を朗読し、筆で「人」の字を書き、朱砂開智(額に朱砂で印をつける、洞察力を持つことを意味する)を行い、太鼓を叩き、先生がお祝いの言葉を寄せるなどをした。この儀式は、児童らがしっかりと勉学に励み、教師を敬い親孝行をするよう励まし、優れた伝統文化を伝承することを目的としている。(上海=新華社記者/陳飛)=2018(平成30)年9月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018090518310

  • 2018年09月03日
    上海の小学校で「開筆礼」、児童教育始まる

    3日、「開筆礼」で「正衣冠」(身なりを整える)を行う小学部の新1年生。中国の上海音楽学院実験学校は新学期の初日の3日、小学部の新1年生に中国の伝統的な「学びの筆に初めて接する」儀式である「開筆礼」を行った。「開筆礼」では児童らが身なりを整え、孔子の教えに基づいた「弟子規」を朗読し、筆で「人」の字を書き、朱砂開智(額に朱砂で印をつける、洞察力を持つことを意味する)を行い、太鼓を叩き、先生がお祝いの言葉を寄せるなどをした。この儀式は、児童らがしっかりと勉学に励み、教師を敬い親孝行をするよう励まし、優れた伝統文化を伝承することを目的としている。(上海=新華社記者/陳飛)=2018(平成30)年9月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018090518682

  • 2019年02月07日
    新春に「開筆礼」行われる広西南寧

    7日、「開筆礼」では、子どもの額に朱砂で「痣」(ほくろ)のような印(『痣』が同音の『智』に通じる)を描き学業成就を願う「朱砂開智」が行われた。中国広西チワン族自治区南寧市の新春文化廟会(びょうえ、縁日)で7日、伝統的な学び始めの儀式である「開筆礼」が行われた。数十人の子どもが保護者に伴われて参加し、伝統文化を体験した。(南寧=新華社記者/周華)=2019(平成31)年2月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021217078

  • 2019年02月16日
    子どもたちが伝統衣装で「開筆礼」に参加陝西省西安市

    16日、「開筆礼」で保護者と一緒に人の字を書く子ども。中国陝西省西安市の景勝地、漢城湖で16日、学び始めの儀式である「開筆礼」が行われた。漢民族の伝統的な衣裳を着た100人以上の子どもが、朱色の顔料で額に印を付ける「朱砂開智」、太鼓を鳴らす「擊鼓鳴智」、人の字を書く「啓蒙描紅」などを通し、古くから伝わる風習を体験した。(西安=新華社記者/劉瀟)=2019(平成31)年2月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022003025

  • 2019年02月16日
    子どもたちが伝統衣装で「開筆礼」に参加陝西省西安市

    16日、西安市の漢城湖で撮影した、伝統的な儀式「開筆礼」の会場。中国陝西省西安市の景勝地、漢城湖で16日、学び始めの儀式である「開筆礼」が行われた。漢民族の伝統的な衣裳を着た100人以上の子どもが、朱色の顔料で額に印を付ける「朱砂開智」、太鼓を鳴らす「擊鼓鳴智」、人の字を書く「啓蒙描紅」などを通し、古くから伝わる風習を体験した。(西安=新華社記者/劉瀟)=2019(平成31)年2月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022003081

  • 2019年02月16日
    子どもたちが伝統衣装で「開筆礼」に参加陝西省西安市

    16日、「開筆礼」で保護者にお辞儀をする子ども。中国陝西省西安市の景勝地、漢城湖で16日、学び始めの儀式である「開筆礼」が行われた。漢民族の伝統的な衣裳を着た100人以上の子どもが、朱色の顔料で額に印を付ける「朱砂開智」、太鼓を鳴らす「擊鼓鳴智」、人の字を書く「啓蒙描紅」などを通し、古くから伝わる風習を体験した。(西安=新華社記者/劉瀟)=2019(平成31)年2月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022003048

  • 2019年02月16日
    子どもたちが伝統衣装で「開筆礼」に参加陝西省西安市

    16日、「開筆礼」で「三字経」を朗読する子ども。中国陝西省西安市の景勝地、漢城湖で16日、学び始めの儀式である「開筆礼」が行われた。漢民族の伝統的な衣裳を着た100人以上の子どもが、朱色の顔料で額に印を付ける「朱砂開智」、太鼓を鳴らす「擊鼓鳴智」、人の字を書く「啓蒙描紅」などを通し、古くから伝わる風習を体験した。(西安=新華社記者/劉瀟)=2019(平成31)年2月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022003051

  • 2019年02月16日
    子どもたちが伝統衣装で「開筆礼」に参加陝西省西安市

    16日、「開筆礼」の儀式「朱砂開智」で子どもの額に朱色の顔料で印を描き、学業成就を願う保護者。中国陝西省西安市の景勝地、漢城湖で16日、学び始めの儀式である「開筆礼」が行われた。漢民族の伝統的な衣裳を着た100人以上の子どもが、朱色の顔料で額に印を付ける「朱砂開智」、太鼓を鳴らす「擊鼓鳴智」、人の字を書く「啓蒙描紅」などを通し、古くから伝わる風習を体験した。(西安=新華社記者/劉瀟)=2019(平成31)年2月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022003022

  • 2019年08月28日
    かつての水銀鉱山文化を観光に生かす貴州省銅仁市

    朱砂古鎮内の景色。(8月28日撮影)中国貴州省銅仁市万山(ばんざん)区の水銀硫化物である朱砂(しゅしゃ、辰砂)採掘の歴史は古く、秦漢時代にまでさかのぼることができ、同区はかつて朱砂の埋蔵量・産出量ともに国内随一を誇り、「千年の朱砂の都」の異名を持つ。しかし、2001年に万山水銀鉱山は、資源枯渇のため政策により閉鎖され、この地は発展の苦境に陥った。その後、同区は変革の道を模索し、2015年に独特の朱砂文化を中核に据え、国の最高ランクである5A級観光地の基準に基づいて、現存する鉱山跡地や文化財を整備開発して利用、朱砂古鎮を建設した。(銅仁=新華社記者/李驚亜)=2019(令和元)年8月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101604958

  • 2019年08月28日
    かつての水銀鉱山文化を観光に生かす貴州省銅仁市

    朱砂古鎮の観光エリア内の断崖ホテルの景色。(8月28日撮影)中国貴州省銅仁市万山(ばんざん)区の水銀硫化物である朱砂(しゅしゃ)採掘の歴史は古く、秦漢時代にまでさかのぼることができ、同区はかつて朱砂の埋蔵量・産出量ともに国内随一を誇り、「千年の朱砂の都」の異名を持つ。しかし、2001年に万山水銀鉱山は、資源枯渇のため政策により閉鎖され、この地は発展の苦境に陥った。その後、同区は変革の道を模索し、2015年に独特の朱砂文化を中核に据え、国の最高ランクである5A級観光地の基準に基づいて、現存する鉱山跡地や文化財を整備開発して利用、朱砂古鎮を建設した。(銅仁=新華社記者/劉智強)=2019(令和元)年8月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101604894

  • 2019年08月28日
    かつての水銀鉱山文化を観光に生かす貴州省銅仁市

    朱砂古鎮内の景色。(8月28日撮影)中国貴州省銅仁市万山(ばんざん)区の水銀硫化物である朱砂(しゅしゃ、辰砂)採掘の歴史は古く、秦漢時代にまでさかのぼることができ、同区はかつて朱砂の埋蔵量・産出量ともに国内随一を誇り、「千年の朱砂の都」の異名を持つ。しかし、2001年に万山水銀鉱山は、資源枯渇のため政策により閉鎖され、この地は発展の苦境に陥った。その後、同区は変革の道を模索し、2015年に独特の朱砂文化を中核に据え、国の最高ランクである5A級観光地の基準に基づいて、現存する鉱山跡地や文化財を整備開発して利用、朱砂古鎮を建設した。(銅仁=新華社記者/李驚亜)=2019(令和元)年8月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101604801

  • 2019年08月28日
    かつての水銀鉱山文化を観光に生かす貴州省銅仁市

    朱砂古鎮内の景色。(8月28日撮影)中国貴州省銅仁市万山(ばんざん)区の水銀硫化物である朱砂(しゅしゃ、辰砂)採掘の歴史は古く、秦漢時代にまでさかのぼることができ、同区はかつて朱砂の埋蔵量・産出量ともに国内随一を誇り、「千年の朱砂の都」の異名を持つ。しかし、2001年に万山水銀鉱山は、資源枯渇のため政策により閉鎖され、この地は発展の苦境に陥った。その後、同区は変革の道を模索し、2015年に独特の朱砂文化を中核に据え、国の最高ランクである5A級観光地の基準に基づいて、現存する鉱山跡地や文化財を整備開発して利用、朱砂古鎮を建設した。(銅仁=新華社記者/李驚亜)=2019(令和元)年8月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101604960

  • 2019年08月28日
    かつての水銀鉱山文化を観光に生かす貴州省銅仁市

    朱砂古鎮内の景色。(8月28日撮影)中国貴州省銅仁市万山(ばんざん)区の水銀硫化物である朱砂(しゅしゃ、辰砂)採掘の歴史は古く、秦漢時代にまでさかのぼることができ、同区はかつて朱砂の埋蔵量・産出量ともに国内随一を誇り、「千年の朱砂の都」の異名を持つ。しかし、2001年に万山水銀鉱山は、資源枯渇のため政策により閉鎖され、この地は発展の苦境に陥った。その後、同区は変革の道を模索し、2015年に独特の朱砂文化を中核に据え、国の最高ランクである5A級観光地の基準に基づいて、現存する鉱山跡地や文化財を整備開発して利用、朱砂古鎮を建設した。(銅仁=新華社記者/劉智強)=2019(令和元)年8月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101604804

  • 2019年10月05日
    かつての水銀鉱山文化を観光に生かす貴州省銅仁市

    5日、貴州省銅仁市万山区にある朱砂古鎮観光エリアの桟道を訪れた観光客。中国貴州省銅仁市万山(ばんざん)区の水銀硫化物である朱砂(しゅしゃ)採掘の歴史は古く、秦漢時代にまでさかのぼることができ、同区はかつて朱砂の埋蔵量・産出量ともに国内随一を誇り、「千年の朱砂の都」の異名を持つ。しかし、2001年に万山水銀鉱山は、資源枯渇のため政策により閉鎖され、この地は発展の苦境に陥った。その後、同区は変革の道を模索し、2015年に独特の朱砂文化を中核に据え、国の最高ランクである5A級観光地の基準に基づいて、現存する鉱山跡地や文化財を整備開発して利用、朱砂古鎮を建設した。(銅仁=新華社記者/楊文斌)=2019(令和元)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101604931

  • 2019年10月05日
    かつての水銀鉱山文化を観光に生かす貴州省銅仁市

    5日、貴州省銅仁市万山区の朱砂古鎮を散策する観光客。中国貴州省銅仁市万山(ばんざん)区の水銀硫化物である朱砂(しゅしゃ)採掘の歴史は古く、秦漢時代にまでさかのぼることができ、同区はかつて朱砂の埋蔵量・産出量ともに国内随一を誇り、「千年の朱砂の都」の異名を持つ。しかし、2001年に万山水銀鉱山は、資源枯渇のため政策により閉鎖され、この地は発展の苦境に陥った。その後、同区は変革の道を模索し、2015年に独特の朱砂文化を中核に据え、国の最高ランクである5A級観光地の基準に基づいて、現存する鉱山跡地や文化財を整備開発して利用、朱砂古鎮を建設した。(銅仁=新華社記者/楊文斌)=2019(令和元)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101604799

  • 2019年10月05日
    かつての水銀鉱山文化を観光に生かす貴州省銅仁市

    5日、貴州省銅仁市万山区朱砂古鎮の観光エリアで、廃棄された鉱洞を生かして開発されたトンネルを散策する観光客。中国貴州省銅仁市万山(ばんざん)区の水銀硫化物である朱砂(しゅしゃ)採掘の歴史は古く、秦漢時代にまでさかのぼることができ、同区はかつて朱砂の埋蔵量・産出量ともに国内随一を誇り、「千年の朱砂の都」の異名を持つ。しかし、2001年に万山水銀鉱山は、資源枯渇のため政策により閉鎖され、この地は発展の苦境に陥った。その後、同区は変革の道を模索し、2015年に独特の朱砂文化を中核に据え、国の最高ランクである5A級観光地の基準に基づいて、現存する鉱山跡地や文化財を整備開発して利用、朱砂古鎮を建設した。(銅仁=新華社記者/楊文斌)=2019(令和元)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101604873

  • 2019年10月05日
    かつての水銀鉱山文化を観光に生かす貴州省銅仁市

    5日、貴州省銅仁市万山区にある朱砂古鎮観光エリアの桟道を訪れた観光客。中国貴州省銅仁市万山(ばんざん)区の水銀硫化物である朱砂(しゅしゃ)採掘の歴史は古く、秦漢時代にまでさかのぼることができ、同区はかつて朱砂の埋蔵量・産出量ともに国内随一を誇り、「千年の朱砂の都」の異名を持つ。しかし、2001年に万山水銀鉱山は、資源枯渇のため政策により閉鎖され、この地は発展の苦境に陥った。その後、同区は変革の道を模索し、2015年に独特の朱砂文化を中核に据え、国の最高ランクである5A級観光地の基準に基づいて、現存する鉱山跡地や文化財を整備開発して利用、朱砂古鎮を建設した。(銅仁=新華社記者/楊文斌)=2019(令和元)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101604887

  • 2019年10月05日
    かつての水銀鉱山文化を観光に生かす貴州省銅仁市

    5日、貴州省銅仁市万山区朱砂古鎮の観光エリアで、廃棄された鉱洞を生かして開発されたトンネルを散策する観光客。中国貴州省銅仁市万山(ばんざん)区の水銀硫化物である朱砂(しゅしゃ)採掘の歴史は古く、秦漢時代にまでさかのぼることができ、同区はかつて朱砂の埋蔵量・産出量ともに国内随一を誇り、「千年の朱砂の都」の異名を持つ。しかし、2001年に万山水銀鉱山は、資源枯渇のため政策により閉鎖され、この地は発展の苦境に陥った。その後、同区は変革の道を模索し、2015年に独特の朱砂文化を中核に据え、国の最高ランクである5A級観光地の基準に基づいて、現存する鉱山跡地や文化財を整備開発して利用、朱砂古鎮を建設した。(銅仁=新華社記者/楊文斌)=2019(令和元)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101604798

  • 2019年10月05日
    かつての水銀鉱山文化を観光に生かす貴州省銅仁市

    5日、貴州省銅仁市万山区にある朱砂古鎮観光エリアのガラスの桟道を訪れた観光客。中国貴州省銅仁市万山(ばんざん)区の水銀硫化物である朱砂(しゅしゃ)採掘の歴史は古く、秦漢時代にまでさかのぼることができ、同区はかつて朱砂の埋蔵量・産出量ともに国内随一を誇り、「千年の朱砂の都」の異名を持つ。しかし、2001年に万山水銀鉱山は、資源枯渇のため政策により閉鎖され、この地は発展の苦境に陥った。その後、同区は変革の道を模索し、2015年に独特の朱砂文化を中核に据え、国の最高ランクである5A級観光地の基準に基づいて、現存する鉱山跡地や文化財を整備開発して利用、朱砂古鎮を建設した。(銅仁=新華社記者/楊文斌)=2019(令和元)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101604790

  • 01:13.58
    2020年05月27日
    「新華社」河北省の伝統拓本技術「無極伝統古法拓印」

    「無極伝統古法拓印」は中国河北省無極県に伝わる伝統拓本技法で、主に古代の彫刻や石碑文、さまざまな人物や花鳥、動物の石板彫刻を題材にしている。烏金拓(うきんたく)や蝉翼拓(せんよくたく)、彩拓、朱砂拓など多くの手法を用いる。無極伝統古法拓印は、文字の輪郭が明確で、図案の濃淡に味わいがあるのが特徴で、奥行きと質感を備えている。2019年に同省の省級無形文化遺産リストに登録された。同技法の伝承者、張平然(ちょう・へいぜん)さんは近年、拓本技法を紹介した郷土教材「無極古法拓印」を編さんした。地元の学校教育に取り入れられ、多くの生徒や芸術家が民間伝統技巧を理解し、習得するのに役立っている。(記者/駱学峰)<映像内容>伝統拓本技法「無極伝統古法拓印」の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052802274

  • 2020年09月28日
    2020年祭孔典礼・「開筆礼」が開催貴州省

    28日、「開筆礼」で、子どもの額に朱砂で印を付ける来賓。中国貴州省貴陽市の貴陽孔学堂で28日、中国古代の思想家、孔子の生誕2571周年を祝う記念行事「2020年祭孔典礼」ならびに学び始めの儀式「開筆礼」が行われた。(貴陽=新華社記者/欧東衢)=2020(令和2)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020093005027

  • 00:40.40
    2020年12月25日
    「新華社」資源枯渇型都市から環境配慮型都市へモデルチェンジ貴州省銅仁市

    中国貴州省銅仁市万山区は「中国の水銀の都」「朱砂(しゅしゃ)王国」と称えられ、長年にわたり生産された朱砂と水銀は全国総生産量の70%以上を占めている。同区はかつて工業の重要町として大きく栄えたが、過度の採掘によりついに資源が尽き、2009年3月に「資源枯渇型都市」に登録された。同区はその後、ノスタルジック観光や環境保全型農業(エコ農業)などの産業を発展させることで、環境配慮型都市へのモデルチェンジの道を切り開いた。万山区19年の観光総合収入は前年同期比38・1%増の17億4千万元(1元=約16円)、エコ農業の生産額は8・5%増の18億5千万元に達した。(記者/汪軍) =配信日: 2020(令和2)年12月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122602829

  • 2021年09月10日
    (9)三星堆遺跡、新たに500点余りが出土黄金仮面や青銅神壇など

    2日、三星堆遺跡8号祭祀坑から出土した「朱砂彩絵觚形尊(しゅささいかいこけいそん)」。中国四川省文物考古研究院は9日、同省広漢市の三星堆(さんせいたい)遺跡について、5月以降の発掘成果を発表した。完全な形の黄金仮面や青銅神壇(祭壇)、神樹文玉琮(ぎょくそう、礼器)など国宝級の遺物を含む500点余りが出土した。現在の発掘状況は、3号祭祀坑(さいしこう)が発掘の終盤に入り、4号祭祀坑は既に発掘を終了している。5号、6号祭祀坑は発掘面積が小さく、深さも浅いことから、全体を研究室に運び、調査を行うという。7号、8号祭祀坑は遺物包含層まで発掘が進んだばかりで、大型・中型の青銅器や象牙、玉器、石器などが坑内を埋め尽くすように交差し、重なり合った状態で出土した。(成都=新華社記者/王曦)= 配信日: 2021(令和3)年9月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021091100018

  • 2021年10月21日
    (16)安国寺に残る清代の絵物語式壁画山西省呂梁市

    安国寺の清代壁画(部分)。(9月11日撮影)中国山西省呂梁市離石区の市街地から西に約7キロ離れた烏崖山の谷あいに、唐の貞観11(637)年創建の安国寺がある。仏殿の東西の壁には、仏教故事を描いた清代の壁画がある。中国の伝統的な絵物語「連環画」風の構図を採用しており、他の寺院の仏教故事が順を追った配置であるのに対し、同寺の壁画は上の半分が悟りを開いた後の釈迦(しゃか)の物語、下の半分がそれ以前の物語となっている。工筆重彩の画法を用い、石青、朱砂、石緑の顔料と墨で鮮やかに生き生きと描かれており、線は繊細で人物は躍動感にあふれ、保存状態も良い。壁画は合計124枚あり、面積は60平方メートル。省内でも保存状態の良い清代仏教故事壁画の一つとされる。2001年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(呂梁=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102106686

  • 2021年10月21日
    (10)安国寺に残る清代の絵物語式壁画山西省呂梁市

    安国寺の清代壁画(部分)。(9月11日撮影)中国山西省呂梁市離石区の市街地から西に約7キロ離れた烏崖山の谷あいに、唐の貞観11(637)年創建の安国寺がある。仏殿の東西の壁には、仏教故事を描いた清代の壁画がある。中国の伝統的な絵物語「連環画」風の構図を採用しており、他の寺院の仏教故事が順を追った配置であるのに対し、同寺の壁画は上の半分が悟りを開いた後の釈迦(しゃか)の物語、下の半分がそれ以前の物語となっている。工筆重彩の画法を用い、石青、朱砂、石緑の顔料と墨で鮮やかに生き生きと描かれており、線は繊細で人物は躍動感にあふれ、保存状態も良い。壁画は合計124枚あり、面積は60平方メートル。省内でも保存状態の良い清代仏教故事壁画の一つとされる。2001年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(呂梁=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102106406

  • 2021年10月21日
    (15)安国寺に残る清代の絵物語式壁画山西省呂梁市

    安国寺の清代壁画(部分)。(9月11日撮影)中国山西省呂梁市離石区の市街地から西に約7キロ離れた烏崖山の谷あいに、唐の貞観11(637)年創建の安国寺がある。仏殿の東西の壁には、仏教故事を描いた清代の壁画がある。中国の伝統的な絵物語「連環画」風の構図を採用しており、他の寺院の仏教故事が順を追った配置であるのに対し、同寺の壁画は上の半分が悟りを開いた後の釈迦(しゃか)の物語、下の半分がそれ以前の物語となっている。工筆重彩の画法を用い、石青、朱砂、石緑の顔料と墨で鮮やかに生き生きと描かれており、線は繊細で人物は躍動感にあふれ、保存状態も良い。壁画は合計124枚あり、面積は60平方メートル。省内でも保存状態の良い清代仏教故事壁画の一つとされる。2001年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(呂梁=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102106472

  • 2021年10月21日
    (14)安国寺に残る清代の絵物語式壁画山西省呂梁市

    安国寺の清代壁画(部分)。(9月11日撮影)中国山西省呂梁市離石区の市街地から西に約7キロ離れた烏崖山の谷あいに、唐の貞観11(637)年創建の安国寺がある。仏殿の東西の壁には、仏教故事を描いた清代の壁画がある。中国の伝統的な絵物語「連環画」風の構図を採用しており、他の寺院の仏教故事が順を追った配置であるのに対し、同寺の壁画は上の半分が悟りを開いた後の釈迦(しゃか)の物語、下の半分がそれ以前の物語となっている。工筆重彩の画法を用い、石青、朱砂、石緑の顔料と墨で鮮やかに生き生きと描かれており、線は繊細で人物は躍動感にあふれ、保存状態も良い。壁画は合計124枚あり、面積は60平方メートル。省内でも保存状態の良い清代仏教故事壁画の一つとされる。2001年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(呂梁=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102106664

  • 2021年10月21日
    (6)安国寺に残る清代の絵物語式壁画山西省呂梁市

    安国寺の清代壁画(部分)。(9月11日撮影)中国山西省呂梁市離石区の市街地から西に約7キロ離れた烏崖山の谷あいに、唐の貞観11(637)年創建の安国寺がある。仏殿の東西の壁には、仏教故事を描いた清代の壁画がある。中国の伝統的な絵物語「連環画」風の構図を採用しており、他の寺院の仏教故事が順を追った配置であるのに対し、同寺の壁画は上の半分が悟りを開いた後の釈迦(しゃか)の物語、下の半分がそれ以前の物語となっている。工筆重彩の画法を用い、石青、朱砂、石緑の顔料と墨で鮮やかに生き生きと描かれており、線は繊細で人物は躍動感にあふれ、保存状態も良い。壁画は合計124枚あり、面積は60平方メートル。省内でも保存状態の良い清代仏教故事壁画の一つとされる。2001年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(呂梁=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102106314

  • 2021年10月21日
    (4)安国寺に残る清代の絵物語式壁画山西省呂梁市

    安国寺の清代壁画(部分)。(9月11日撮影)中国山西省呂梁市離石区の市街地から西に約7キロ離れた烏崖山の谷あいに、唐の貞観11(637)年創建の安国寺がある。仏殿の東西の壁には、仏教故事を描いた清代の壁画がある。中国の伝統的な絵物語「連環画」風の構図を採用しており、他の寺院の仏教故事が順を追った配置であるのに対し、同寺の壁画は上の半分が悟りを開いた後の釈迦(しゃか)の物語、下の半分がそれ以前の物語となっている。工筆重彩の画法を用い、石青、朱砂、石緑の顔料と墨で鮮やかに生き生きと描かれており、線は繊細で人物は躍動感にあふれ、保存状態も良い。壁画は合計124枚あり、面積は60平方メートル。省内でも保存状態の良い清代仏教故事壁画の一つとされる。2001年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(呂梁=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102106296

  • 2021年10月21日
    (5)安国寺に残る清代の絵物語式壁画山西省呂梁市

    安国寺の清代壁画(部分)。(9月11日撮影)中国山西省呂梁市離石区の市街地から西に約7キロ離れた烏崖山の谷あいに、唐の貞観11(637)年創建の安国寺がある。仏殿の東西の壁には、仏教故事を描いた清代の壁画がある。中国の伝統的な絵物語「連環画」風の構図を採用しており、他の寺院の仏教故事が順を追った配置であるのに対し、同寺の壁画は上の半分が悟りを開いた後の釈迦(しゃか)の物語、下の半分がそれ以前の物語となっている。工筆重彩の画法を用い、石青、朱砂、石緑の顔料と墨で鮮やかに生き生きと描かれており、線は繊細で人物は躍動感にあふれ、保存状態も良い。壁画は合計124枚あり、面積は60平方メートル。省内でも保存状態の良い清代仏教故事壁画の一つとされる。2001年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(呂梁=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102106311

  • 2021年10月21日
    (8)安国寺に残る清代の絵物語式壁画山西省呂梁市

    安国寺の清代壁画(部分)。(9月11日撮影)中国山西省呂梁市離石区の市街地から西に約7キロ離れた烏崖山の谷あいに、唐の貞観11(637)年創建の安国寺がある。仏殿の東西の壁には、仏教故事を描いた清代の壁画がある。中国の伝統的な絵物語「連環画」風の構図を採用しており、他の寺院の仏教故事が順を追った配置であるのに対し、同寺の壁画は上の半分が悟りを開いた後の釈迦(しゃか)の物語、下の半分がそれ以前の物語となっている。工筆重彩の画法を用い、石青、朱砂、石緑の顔料と墨で鮮やかに生き生きと描かれており、線は繊細で人物は躍動感にあふれ、保存状態も良い。壁画は合計124枚あり、面積は60平方メートル。省内でも保存状態の良い清代仏教故事壁画の一つとされる。2001年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(呂梁=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102106323

  • 2021年10月21日
    (9)安国寺に残る清代の絵物語式壁画山西省呂梁市

    安国寺の外観。(9月11日撮影)中国山西省呂梁市離石区の市街地から西に約7キロ離れた烏崖山の谷あいに、唐の貞観11(637)年創建の安国寺がある。仏殿の東西の壁には、仏教故事を描いた清代の壁画がある。中国の伝統的な絵物語「連環画」風の構図を採用しており、他の寺院の仏教故事が順を追った配置であるのに対し、同寺の壁画は上の半分が悟りを開いた後の釈迦(しゃか)の物語、下の半分がそれ以前の物語となっている。工筆重彩の画法を用い、石青、朱砂、石緑の顔料と墨で鮮やかに生き生きと描かれており、線は繊細で人物は躍動感にあふれ、保存状態も良い。壁画は合計124枚あり、面積は60平方メートル。省内でも保存状態の良い清代仏教故事壁画の一つとされる。2001年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(呂梁=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102106359

  • 2021年10月21日
    (18)安国寺に残る清代の絵物語式壁画山西省呂梁市

    安国寺の清代壁画(部分)。(9月11日撮影)中国山西省呂梁市離石区の市街地から西に約7キロ離れた烏崖山の谷あいに、唐の貞観11(637)年創建の安国寺がある。仏殿の東西の壁には、仏教故事を描いた清代の壁画がある。中国の伝統的な絵物語「連環画」風の構図を採用しており、他の寺院の仏教故事が順を追った配置であるのに対し、同寺の壁画は上の半分が悟りを開いた後の釈迦(しゃか)の物語、下の半分がそれ以前の物語となっている。工筆重彩の画法を用い、石青、朱砂、石緑の顔料と墨で鮮やかに生き生きと描かれており、線は繊細で人物は躍動感にあふれ、保存状態も良い。壁画は合計124枚あり、面積は60平方メートル。省内でも保存状態の良い清代仏教故事壁画の一つとされる。2001年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(呂梁=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102106702

  • 2021年10月21日
    (1)安国寺に残る清代の絵物語式壁画山西省呂梁市

    安国寺の清代壁画(部分)。(9月11日撮影)中国山西省呂梁市離石区の市街地から西に約7キロ離れた烏崖山の谷あいに、唐の貞観11(637)年創建の安国寺がある。仏殿の東西の壁には、仏教故事を描いた清代の壁画がある。中国の伝統的な絵物語「連環画」風の構図を採用しており、他の寺院の仏教故事が順を追った配置であるのに対し、同寺の壁画は上の半分が悟りを開いた後の釈迦(しゃか)の物語、下の半分がそれ以前の物語となっている。工筆重彩の画法を用い、石青、朱砂、石緑の顔料と墨で鮮やかに生き生きと描かれており、線は繊細で人物は躍動感にあふれ、保存状態も良い。壁画は合計124枚あり、面積は60平方メートル。省内でも保存状態の良い清代仏教故事壁画の一つとされる。2001年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(呂梁=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102106279

  • 2021年10月21日
    (2)安国寺に残る清代の絵物語式壁画山西省呂梁市

    安国寺の清代壁画(部分)。(9月11日撮影)中国山西省呂梁市離石区の市街地から西に約7キロ離れた烏崖山の谷あいに、唐の貞観11(637)年創建の安国寺がある。仏殿の東西の壁には、仏教故事を描いた清代の壁画がある。中国の伝統的な絵物語「連環画」風の構図を採用しており、他の寺院の仏教故事が順を追った配置であるのに対し、同寺の壁画は上の半分が悟りを開いた後の釈迦(しゃか)の物語、下の半分がそれ以前の物語となっている。工筆重彩の画法を用い、石青、朱砂、石緑の顔料と墨で鮮やかに生き生きと描かれており、線は繊細で人物は躍動感にあふれ、保存状態も良い。壁画は合計124枚あり、面積は60平方メートル。省内でも保存状態の良い清代仏教故事壁画の一つとされる。2001年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(呂梁=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102106280

  • 2021年10月21日
    (17)安国寺に残る清代の絵物語式壁画山西省呂梁市

    安国寺の清代壁画(部分)。(9月11日撮影)中国山西省呂梁市離石区の市街地から西に約7キロ離れた烏崖山の谷あいに、唐の貞観11(637)年創建の安国寺がある。仏殿の東西の壁には、仏教故事を描いた清代の壁画がある。中国の伝統的な絵物語「連環画」風の構図を採用しており、他の寺院の仏教故事が順を追った配置であるのに対し、同寺の壁画は上の半分が悟りを開いた後の釈迦(しゃか)の物語、下の半分がそれ以前の物語となっている。工筆重彩の画法を用い、石青、朱砂、石緑の顔料と墨で鮮やかに生き生きと描かれており、線は繊細で人物は躍動感にあふれ、保存状態も良い。壁画は合計124枚あり、面積は60平方メートル。省内でも保存状態の良い清代仏教故事壁画の一つとされる。2001年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(呂梁=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102106691

  • 2021年10月21日
    (11)安国寺に残る清代の絵物語式壁画山西省呂梁市

    安国寺の清代壁画(部分)。(9月11日撮影)中国山西省呂梁市離石区の市街地から西に約7キロ離れた烏崖山の谷あいに、唐の貞観11(637)年創建の安国寺がある。仏殿の東西の壁には、仏教故事を描いた清代の壁画がある。中国の伝統的な絵物語「連環画」風の構図を採用しており、他の寺院の仏教故事が順を追った配置であるのに対し、同寺の壁画は上の半分が悟りを開いた後の釈迦(しゃか)の物語、下の半分がそれ以前の物語となっている。工筆重彩の画法を用い、石青、朱砂、石緑の顔料と墨で鮮やかに生き生きと描かれており、線は繊細で人物は躍動感にあふれ、保存状態も良い。壁画は合計124枚あり、面積は60平方メートル。省内でも保存状態の良い清代仏教故事壁画の一つとされる。2001年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(呂梁=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102106421

  • 2021年10月21日
    (12)安国寺に残る清代の絵物語式壁画山西省呂梁市

    安国寺の外観。(9月11日撮影)中国山西省呂梁市離石区の市街地から西に約7キロ離れた烏崖山の谷あいに、唐の貞観11(637)年創建の安国寺がある。仏殿の東西の壁には、仏教故事を描いた清代の壁画がある。中国の伝統的な絵物語「連環画」風の構図を採用しており、他の寺院の仏教故事が順を追った配置であるのに対し、同寺の壁画は上の半分が悟りを開いた後の釈迦(しゃか)の物語、下の半分がそれ以前の物語となっている。工筆重彩の画法を用い、石青、朱砂、石緑の顔料と墨で鮮やかに生き生きと描かれており、線は繊細で人物は躍動感にあふれ、保存状態も良い。壁画は合計124枚あり、面積は60平方メートル。省内でも保存状態の良い清代仏教故事壁画の一つとされる。2001年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(呂梁=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102106423

  • 2021年10月21日
    (7)安国寺に残る清代の絵物語式壁画山西省呂梁市

    安国寺の清代壁画(部分)。(9月11日撮影)中国山西省呂梁市離石区の市街地から西に約7キロ離れた烏崖山の谷あいに、唐の貞観11(637)年創建の安国寺がある。仏殿の東西の壁には、仏教故事を描いた清代の壁画がある。中国の伝統的な絵物語「連環画」風の構図を採用しており、他の寺院の仏教故事が順を追った配置であるのに対し、同寺の壁画は上の半分が悟りを開いた後の釈迦(しゃか)の物語、下の半分がそれ以前の物語となっている。工筆重彩の画法を用い、石青、朱砂、石緑の顔料と墨で鮮やかに生き生きと描かれており、線は繊細で人物は躍動感にあふれ、保存状態も良い。壁画は合計124枚あり、面積は60平方メートル。省内でも保存状態の良い清代仏教故事壁画の一つとされる。2001年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(呂梁=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102106326

  • 2021年10月21日
    (13)安国寺に残る清代の絵物語式壁画山西省呂梁市

    安国寺の清代壁画(部分)。(9月11日撮影)中国山西省呂梁市離石区の市街地から西に約7キロ離れた烏崖山の谷あいに、唐の貞観11(637)年創建の安国寺がある。仏殿の東西の壁には、仏教故事を描いた清代の壁画がある。中国の伝統的な絵物語「連環画」風の構図を採用しており、他の寺院の仏教故事が順を追った配置であるのに対し、同寺の壁画は上の半分が悟りを開いた後の釈迦(しゃか)の物語、下の半分がそれ以前の物語となっている。工筆重彩の画法を用い、石青、朱砂、石緑の顔料と墨で鮮やかに生き生きと描かれており、線は繊細で人物は躍動感にあふれ、保存状態も良い。壁画は合計124枚あり、面積は60平方メートル。省内でも保存状態の良い清代仏教故事壁画の一つとされる。2001年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(呂梁=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102106452

  • 2021年10月21日
    (3)安国寺に残る清代の絵物語式壁画山西省呂梁市

    安国寺の清代壁画(部分)。(9月11日撮影)中国山西省呂梁市離石区の市街地から西に約7キロ離れた烏崖山の谷あいに、唐の貞観11(637)年創建の安国寺がある。仏殿の東西の壁には、仏教故事を描いた清代の壁画がある。中国の伝統的な絵物語「連環画」風の構図を採用しており、他の寺院の仏教故事が順を追った配置であるのに対し、同寺の壁画は上の半分が悟りを開いた後の釈迦(しゃか)の物語、下の半分がそれ以前の物語となっている。工筆重彩の画法を用い、石青、朱砂、石緑の顔料と墨で鮮やかに生き生きと描かれており、線は繊細で人物は躍動感にあふれ、保存状態も良い。壁画は合計124枚あり、面積は60平方メートル。省内でも保存状態の良い清代仏教故事壁画の一つとされる。2001年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(呂梁=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102106305

  • 2021年10月21日
    (19)安国寺に残る清代の絵物語式壁画山西省呂梁市

    安国寺の清代壁画(部分)。(9月11日撮影)中国山西省呂梁市離石区の市街地から西に約7キロ離れた烏崖山の谷あいに、唐の貞観11(637)年創建の安国寺がある。仏殿の東西の壁には、仏教故事を描いた清代の壁画がある。中国の伝統的な絵物語「連環画」風の構図を採用しており、他の寺院の仏教故事が順を追った配置であるのに対し、同寺の壁画は上の半分が悟りを開いた後の釈迦(しゃか)の物語、下の半分がそれ以前の物語となっている。工筆重彩の画法を用い、石青、朱砂、石緑の顔料と墨で鮮やかに生き生きと描かれており、線は繊細で人物は躍動感にあふれ、保存状態も良い。壁画は合計124枚あり、面積は60平方メートル。省内でも保存状態の良い清代仏教故事壁画の一つとされる。2001年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(呂梁=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102106722

  • 2021年12月30日
    (20)稷益廟の明代壁画山西省新絳県

    稷益廟の壁画(部分)。(10月29日撮影)中国山西省運城市新絳(しんこう)県の中心市街地から南西20キロの陽王鎮に、中国の伝説上の人物、后稷(こうしょく)と伯益(はくえき)を祭る稷益廟があり、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。創建時期は不明だが、元代に再建され、明の弘治年間(1488~1505年)と正徳年間(1506~1521年)に何度も修築と増築が行われた。正殿は明代の建築で、殿内の東西南の3壁面には130平方メートル余りの保存状態の良い壁画が残されている。壁画が祭る対象は「三聖」で、東の壁面の三聖は黄帝、伏羲(ふくぎ)、神農。西は大禹(たいう)、后稷、伯益となっている。これら主神の周りには、文武百官や参詣する農民の姿、后稷と伯益にまつわる伝説、野焼き、狩猟、伐木、耕作と収穫、山河と園林などの物語が描かれ、壁面に描かれた一つの農業史となっている。壁画も明代の作だが、描画と色彩には元代壁画の遺風が残る。墨で輪郭を取った人物は力強く、写実性に富んでおり、着色は朱砂が多く用いられ、石緑、石青、白色、黄色が配されている。聖地参詣を題材とした壁画は、多くの参詣者を描いた壮大な構図が多いが、この壁画は従来のしきたりにとらわれず、人物を山林と雲霧の間に描くことで観る人の想像力をかき立て、逆に参詣の規模の大きさを表現している。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123004198

  • 2021年12月30日
    (15)稷益廟の明代壁画山西省新絳県

    稷益廟の壁画(部分)。(10月29日撮影)中国山西省運城市新絳(しんこう)県の中心市街地から南西20キロの陽王鎮に、中国の伝説上の人物、后稷(こうしょく)と伯益(はくえき)を祭る稷益廟があり、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。創建時期は不明だが、元代に再建され、明の弘治年間(1488~1505年)と正徳年間(1506~1521年)に何度も修築と増築が行われた。正殿は明代の建築で、殿内の東西南の3壁面には130平方メートル余りの保存状態の良い壁画が残されている。壁画が祭る対象は「三聖」で、東の壁面の三聖は黄帝、伏羲(ふくぎ)、神農。西は大禹(たいう)、后稷、伯益となっている。これら主神の周りには、文武百官や参詣する農民の姿、后稷と伯益にまつわる伝説、野焼き、狩猟、伐木、耕作と収穫、山河と園林などの物語が描かれ、壁面に描かれた一つの農業史となっている。壁画も明代の作だが、描画と色彩には元代壁画の遺風が残る。墨で輪郭を取った人物は力強く、写実性に富んでおり、着色は朱砂が多く用いられ、石緑、石青、白色、黄色が配されている。聖地参詣を題材とした壁画は、多くの参詣者を描いた壮大な構図が多いが、この壁画は従来のしきたりにとらわれず、人物を山林と雲霧の間に描くことで観る人の想像力をかき立て、逆に参詣の規模の大きさを表現している。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123004186

  • 2021年12月30日
    (13)稷益廟の明代壁画山西省新絳県

    稷益廟の壁画(部分)。(10月29日撮影)中国山西省運城市新絳(しんこう)県の中心市街地から南西20キロの陽王鎮に、中国の伝説上の人物、后稷(こうしょく)と伯益(はくえき)を祭る稷益廟があり、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。創建時期は不明だが、元代に再建され、明の弘治年間(1488~1505年)と正徳年間(1506~1521年)に何度も修築と増築が行われた。正殿は明代の建築で、殿内の東西南の3壁面には130平方メートル余りの保存状態の良い壁画が残されている。壁画が祭る対象は「三聖」で、東の壁面の三聖は黄帝、伏羲(ふくぎ)、神農。西は大禹(たいう)、后稷、伯益となっている。これら主神の周りには、文武百官や参詣する農民の姿、后稷と伯益にまつわる伝説、野焼き、狩猟、伐木、耕作と収穫、山河と園林などの物語が描かれ、壁面に描かれた一つの農業史となっている。壁画も明代の作だが、描画と色彩には元代壁画の遺風が残る。墨で輪郭を取った人物は力強く、写実性に富んでおり、着色は朱砂が多く用いられ、石緑、石青、白色、黄色が配されている。聖地参詣を題材とした壁画は、多くの参詣者を描いた壮大な構図が多いが、この壁画は従来のしきたりにとらわれず、人物を山林と雲霧の間に描くことで観る人の想像力をかき立て、逆に参詣の規模の大きさを表現している。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123004179

  • 2021年12月30日
    (4)稷益廟の明代壁画山西省新絳県

    稷益廟の壁画(部分)。(10月29日撮影)中国山西省運城市新絳(しんこう)県の中心市街地から南西20キロの陽王鎮に、中国の伝説上の人物、后稷(こうしょく)と伯益(はくえき)を祭る稷益廟があり、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。創建時期は不明だが、元代に再建され、明の弘治年間(1488~1505年)と正徳年間(1506~1521年)に何度も修築と増築が行われた。正殿は明代の建築で、殿内の東西南の3壁面には130平方メートル余りの保存状態の良い壁画が残されている。壁画が祭る対象は「三聖」で、東の壁面の三聖は黄帝、伏羲(ふくぎ)、神農。西は大禹(たいう)、后稷、伯益となっている。これら主神の周りには、文武百官や参詣する農民の姿、后稷と伯益にまつわる伝説、野焼き、狩猟、伐木、耕作と収穫、山河と園林などの物語が描かれ、壁面に描かれた一つの農業史となっている。壁画も明代の作だが、描画と色彩には元代壁画の遺風が残る。墨で輪郭を取った人物は力強く、写実性に富んでおり、着色は朱砂が多く用いられ、石緑、石青、白色、黄色が配されている。聖地参詣を題材とした壁画は、多くの参詣者を描いた壮大な構図が多いが、この壁画は従来のしきたりにとらわれず、人物を山林と雲霧の間に描くことで観る人の想像力をかき立て、逆に参詣の規模の大きさを表現している。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123003071

  • 2021年12月30日
    (6)稷益廟の明代壁画山西省新絳県

    稷益廟の壁画(部分)。(10月29日撮影)中国山西省運城市新絳(しんこう)県の中心市街地から南西20キロの陽王鎮に、中国の伝説上の人物、后稷(こうしょく)と伯益(はくえき)を祭る稷益廟があり、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。創建時期は不明だが、元代に再建され、明の弘治年間(1488~1505年)と正徳年間(1506~1521年)に何度も修築と増築が行われた。正殿は明代の建築で、殿内の東西南の3壁面には130平方メートル余りの保存状態の良い壁画が残されている。壁画が祭る対象は「三聖」で、東の壁面の三聖は黄帝、伏羲(ふくぎ)、神農。西は大禹(たいう)、后稷、伯益となっている。これら主神の周りには、文武百官や参詣する農民の姿、后稷と伯益にまつわる伝説、野焼き、狩猟、伐木、耕作と収穫、山河と園林などの物語が描かれ、壁面に描かれた一つの農業史となっている。壁画も明代の作だが、描画と色彩には元代壁画の遺風が残る。墨で輪郭を取った人物は力強く、写実性に富んでおり、着色は朱砂が多く用いられ、石緑、石青、白色、黄色が配されている。聖地参詣を題材とした壁画は、多くの参詣者を描いた壮大な構図が多いが、この壁画は従来のしきたりにとらわれず、人物を山林と雲霧の間に描くことで観る人の想像力をかき立て、逆に参詣の規模の大きさを表現している。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123003077

  • 2021年12月30日
    (1)稷益廟の明代壁画山西省新絳県

    稷益廟の壁画(部分)。(10月29日撮影)中国山西省運城市新絳(しんこう)県の中心市街地から南西20キロの陽王鎮に、中国の伝説上の人物、后稷(こうしょく)と伯益(はくえき)を祭る稷益廟があり、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。創建時期は不明だが、元代に再建され、明の弘治年間(1488~1505年)と正徳年間(1506~1521年)に何度も修築と増築が行われた。正殿は明代の建築で、殿内の東西南の3壁面には130平方メートル余りの保存状態の良い壁画が残されている。壁画が祭る対象は「三聖」で、東の壁面の三聖は黄帝、伏羲(ふくぎ)、神農。西は大禹(たいう)、后稷、伯益となっている。これら主神の周りには、文武百官や参詣する農民の姿、后稷と伯益にまつわる伝説、野焼き、狩猟、伐木、耕作と収穫、山河と園林などの物語が描かれ、壁面に描かれた一つの農業史となっている。壁画も明代の作だが、描画と色彩には元代壁画の遺風が残る。墨で輪郭を取った人物は力強く、写実性に富んでおり、着色は朱砂が多く用いられ、石緑、石青、白色、黄色が配されている。聖地参詣を題材とした壁画は、多くの参詣者を描いた壮大な構図が多いが、この壁画は従来のしきたりにとらわれず、人物を山林と雲霧の間に描くことで観る人の想像力をかき立て、逆に参詣の規模の大きさを表現している。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123003060

  • 2021年12月30日
    (3)稷益廟の明代壁画山西省新絳県

    稷益廟の壁画(部分)。(10月29日撮影)中国山西省運城市新絳(しんこう)県の中心市街地から南西20キロの陽王鎮に、中国の伝説上の人物、后稷(こうしょく)と伯益(はくえき)を祭る稷益廟があり、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。創建時期は不明だが、元代に再建され、明の弘治年間(1488~1505年)と正徳年間(1506~1521年)に何度も修築と増築が行われた。正殿は明代の建築で、殿内の東西南の3壁面には130平方メートル余りの保存状態の良い壁画が残されている。壁画が祭る対象は「三聖」で、東の壁面の三聖は黄帝、伏羲(ふくぎ)、神農。西は大禹(たいう)、后稷、伯益となっている。これら主神の周りには、文武百官や参詣する農民の姿、后稷と伯益にまつわる伝説、野焼き、狩猟、伐木、耕作と収穫、山河と園林などの物語が描かれ、壁面に描かれた一つの農業史となっている。壁画も明代の作だが、描画と色彩には元代壁画の遺風が残る。墨で輪郭を取った人物は力強く、写実性に富んでおり、着色は朱砂が多く用いられ、石緑、石青、白色、黄色が配されている。聖地参詣を題材とした壁画は、多くの参詣者を描いた壮大な構図が多いが、この壁画は従来のしきたりにとらわれず、人物を山林と雲霧の間に描くことで観る人の想像力をかき立て、逆に参詣の規模の大きさを表現している。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123003070

  • 2021年12月30日
    (5)稷益廟の明代壁画山西省新絳県

    稷益廟の壁画(部分)。(10月29日撮影)中国山西省運城市新絳(しんこう)県の中心市街地から南西20キロの陽王鎮に、中国の伝説上の人物、后稷(こうしょく)と伯益(はくえき)を祭る稷益廟があり、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。創建時期は不明だが、元代に再建され、明の弘治年間(1488~1505年)と正徳年間(1506~1521年)に何度も修築と増築が行われた。正殿は明代の建築で、殿内の東西南の3壁面には130平方メートル余りの保存状態の良い壁画が残されている。壁画が祭る対象は「三聖」で、東の壁面の三聖は黄帝、伏羲(ふくぎ)、神農。西は大禹(たいう)、后稷、伯益となっている。これら主神の周りには、文武百官や参詣する農民の姿、后稷と伯益にまつわる伝説、野焼き、狩猟、伐木、耕作と収穫、山河と園林などの物語が描かれ、壁面に描かれた一つの農業史となっている。壁画も明代の作だが、描画と色彩には元代壁画の遺風が残る。墨で輪郭を取った人物は力強く、写実性に富んでおり、着色は朱砂が多く用いられ、石緑、石青、白色、黄色が配されている。聖地参詣を題材とした壁画は、多くの参詣者を描いた壮大な構図が多いが、この壁画は従来のしきたりにとらわれず、人物を山林と雲霧の間に描くことで観る人の想像力をかき立て、逆に参詣の規模の大きさを表現している。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123003072

  • 2021年12月30日
    (26)稷益廟の明代壁画山西省新絳県

    稷益廟の壁画(部分)。(10月29日撮影)中国山西省運城市新絳(しんこう)県の中心市街地から南西20キロの陽王鎮に、中国の伝説上の人物、后稷(こうしょく)と伯益(はくえき)を祭る稷益廟があり、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。創建時期は不明だが、元代に再建され、明の弘治年間(1488~1505年)と正徳年間(1506~1521年)に何度も修築と増築が行われた。正殿は明代の建築で、殿内の東西南の3壁面には130平方メートル余りの保存状態の良い壁画が残されている。壁画が祭る対象は「三聖」で、東の壁面の三聖は黄帝、伏羲(ふくぎ)、神農。西は大禹(たいう)、后稷、伯益となっている。これら主神の周りには、文武百官や参詣する農民の姿、后稷と伯益にまつわる伝説、野焼き、狩猟、伐木、耕作と収穫、山河と園林などの物語が描かれ、壁面に描かれた一つの農業史となっている。壁画も明代の作だが、描画と色彩には元代壁画の遺風が残る。墨で輪郭を取った人物は力強く、写実性に富んでおり、着色は朱砂が多く用いられ、石緑、石青、白色、黄色が配されている。聖地参詣を題材とした壁画は、多くの参詣者を描いた壮大な構図が多いが、この壁画は従来のしきたりにとらわれず、人物を山林と雲霧の間に描くことで観る人の想像力をかき立て、逆に参詣の規模の大きさを表現している。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123004204

  • 2021年12月30日
    (18)稷益廟の明代壁画山西省新絳県

    稷益廟の壁画(部分)。(10月29日撮影)中国山西省運城市新絳(しんこう)県の中心市街地から南西20キロの陽王鎮に、中国の伝説上の人物、后稷(こうしょく)と伯益(はくえき)を祭る稷益廟があり、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。創建時期は不明だが、元代に再建され、明の弘治年間(1488~1505年)と正徳年間(1506~1521年)に何度も修築と増築が行われた。正殿は明代の建築で、殿内の東西南の3壁面には130平方メートル余りの保存状態の良い壁画が残されている。壁画が祭る対象は「三聖」で、東の壁面の三聖は黄帝、伏羲(ふくぎ)、神農。西は大禹(たいう)、后稷、伯益となっている。これら主神の周りには、文武百官や参詣する農民の姿、后稷と伯益にまつわる伝説、野焼き、狩猟、伐木、耕作と収穫、山河と園林などの物語が描かれ、壁面に描かれた一つの農業史となっている。壁画も明代の作だが、描画と色彩には元代壁画の遺風が残る。墨で輪郭を取った人物は力強く、写実性に富んでおり、着色は朱砂が多く用いられ、石緑、石青、白色、黄色が配されている。聖地参詣を題材とした壁画は、多くの参詣者を描いた壮大な構図が多いが、この壁画は従来のしきたりにとらわれず、人物を山林と雲霧の間に描くことで観る人の想像力をかき立て、逆に参詣の規模の大きさを表現している。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123004192

  • 2021年12月30日
    (14)稷益廟の明代壁画山西省新絳県

    稷益廟の壁画(部分)。(10月29日撮影)中国山西省運城市新絳(しんこう)県の中心市街地から南西20キロの陽王鎮に、中国の伝説上の人物、后稷(こうしょく)と伯益(はくえき)を祭る稷益廟があり、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。創建時期は不明だが、元代に再建され、明の弘治年間(1488~1505年)と正徳年間(1506~1521年)に何度も修築と増築が行われた。正殿は明代の建築で、殿内の東西南の3壁面には130平方メートル余りの保存状態の良い壁画が残されている。壁画が祭る対象は「三聖」で、東の壁面の三聖は黄帝、伏羲(ふくぎ)、神農。西は大禹(たいう)、后稷、伯益となっている。これら主神の周りには、文武百官や参詣する農民の姿、后稷と伯益にまつわる伝説、野焼き、狩猟、伐木、耕作と収穫、山河と園林などの物語が描かれ、壁面に描かれた一つの農業史となっている。壁画も明代の作だが、描画と色彩には元代壁画の遺風が残る。墨で輪郭を取った人物は力強く、写実性に富んでおり、着色は朱砂が多く用いられ、石緑、石青、白色、黄色が配されている。聖地参詣を題材とした壁画は、多くの参詣者を描いた壮大な構図が多いが、この壁画は従来のしきたりにとらわれず、人物を山林と雲霧の間に描くことで観る人の想像力をかき立て、逆に参詣の規模の大きさを表現している。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123004181

  • 2021年12月30日
    (9)稷益廟の明代壁画山西省新絳県

    稷益廟の壁画(部分)。(10月29日撮影)中国山西省運城市新絳(しんこう)県の中心市街地から南西20キロの陽王鎮に、中国の伝説上の人物、后稷(こうしょく)と伯益(はくえき)を祭る稷益廟があり、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。創建時期は不明だが、元代に再建され、明の弘治年間(1488~1505年)と正徳年間(1506~1521年)に何度も修築と増築が行われた。正殿は明代の建築で、殿内の東西南の3壁面には130平方メートル余りの保存状態の良い壁画が残されている。壁画が祭る対象は「三聖」で、東の壁面の三聖は黄帝、伏羲(ふくぎ)、神農。西は大禹(たいう)、后稷、伯益となっている。これら主神の周りには、文武百官や参詣する農民の姿、后稷と伯益にまつわる伝説、野焼き、狩猟、伐木、耕作と収穫、山河と園林などの物語が描かれ、壁面に描かれた一つの農業史となっている。壁画も明代の作だが、描画と色彩には元代壁画の遺風が残る。墨で輪郭を取った人物は力強く、写実性に富んでおり、着色は朱砂が多く用いられ、石緑、石青、白色、黄色が配されている。聖地参詣を題材とした壁画は、多くの参詣者を描いた壮大な構図が多いが、この壁画は従来のしきたりにとらわれず、人物を山林と雲霧の間に描くことで観る人の想像力をかき立て、逆に参詣の規模の大きさを表現している。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123004151

  • 2021年12月30日
    (10)稷益廟の明代壁画山西省新絳県

    稷益廟の壁画(部分)。(10月29日撮影)中国山西省運城市新絳(しんこう)県の中心市街地から南西20キロの陽王鎮に、中国の伝説上の人物、后稷(こうしょく)と伯益(はくえき)を祭る稷益廟があり、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。創建時期は不明だが、元代に再建され、明の弘治年間(1488~1505年)と正徳年間(1506~1521年)に何度も修築と増築が行われた。正殿は明代の建築で、殿内の東西南の3壁面には130平方メートル余りの保存状態の良い壁画が残されている。壁画が祭る対象は「三聖」で、東の壁面の三聖は黄帝、伏羲(ふくぎ)、神農。西は大禹(たいう)、后稷、伯益となっている。これら主神の周りには、文武百官や参詣する農民の姿、后稷と伯益にまつわる伝説、野焼き、狩猟、伐木、耕作と収穫、山河と園林などの物語が描かれ、壁面に描かれた一つの農業史となっている。壁画も明代の作だが、描画と色彩には元代壁画の遺風が残る。墨で輪郭を取った人物は力強く、写実性に富んでおり、着色は朱砂が多く用いられ、石緑、石青、白色、黄色が配されている。聖地参詣を題材とした壁画は、多くの参詣者を描いた壮大な構図が多いが、この壁画は従来のしきたりにとらわれず、人物を山林と雲霧の間に描くことで観る人の想像力をかき立て、逆に参詣の規模の大きさを表現している。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123004152

  • 2021年12月30日
    (24)稷益廟の明代壁画山西省新絳県

    稷益廟の壁画(部分)。(10月29日撮影)中国山西省運城市新絳(しんこう)県の中心市街地から南西20キロの陽王鎮に、中国の伝説上の人物、后稷(こうしょく)と伯益(はくえき)を祭る稷益廟があり、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。創建時期は不明だが、元代に再建され、明の弘治年間(1488~1505年)と正徳年間(1506~1521年)に何度も修築と増築が行われた。正殿は明代の建築で、殿内の東西南の3壁面には130平方メートル余りの保存状態の良い壁画が残されている。壁画が祭る対象は「三聖」で、東の壁面の三聖は黄帝、伏羲(ふくぎ)、神農。西は大禹(たいう)、后稷、伯益となっている。これら主神の周りには、文武百官や参詣する農民の姿、后稷と伯益にまつわる伝説、野焼き、狩猟、伐木、耕作と収穫、山河と園林などの物語が描かれ、壁面に描かれた一つの農業史となっている。壁画も明代の作だが、描画と色彩には元代壁画の遺風が残る。墨で輪郭を取った人物は力強く、写実性に富んでおり、着色は朱砂が多く用いられ、石緑、石青、白色、黄色が配されている。聖地参詣を題材とした壁画は、多くの参詣者を描いた壮大な構図が多いが、この壁画は従来のしきたりにとらわれず、人物を山林と雲霧の間に描くことで観る人の想像力をかき立て、逆に参詣の規模の大きさを表現している。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123004200

  • 2021年12月30日
    (22)稷益廟の明代壁画山西省新絳県

    稷益廟の壁画(部分)。(10月29日撮影)中国山西省運城市新絳(しんこう)県の中心市街地から南西20キロの陽王鎮に、中国の伝説上の人物、后稷(こうしょく)と伯益(はくえき)を祭る稷益廟があり、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。創建時期は不明だが、元代に再建され、明の弘治年間(1488~1505年)と正徳年間(1506~1521年)に何度も修築と増築が行われた。正殿は明代の建築で、殿内の東西南の3壁面には130平方メートル余りの保存状態の良い壁画が残されている。壁画が祭る対象は「三聖」で、東の壁面の三聖は黄帝、伏羲(ふくぎ)、神農。西は大禹(たいう)、后稷、伯益となっている。これら主神の周りには、文武百官や参詣する農民の姿、后稷と伯益にまつわる伝説、野焼き、狩猟、伐木、耕作と収穫、山河と園林などの物語が描かれ、壁面に描かれた一つの農業史となっている。壁画も明代の作だが、描画と色彩には元代壁画の遺風が残る。墨で輪郭を取った人物は力強く、写実性に富んでおり、着色は朱砂が多く用いられ、石緑、石青、白色、黄色が配されている。聖地参詣を題材とした壁画は、多くの参詣者を描いた壮大な構図が多いが、この壁画は従来のしきたりにとらわれず、人物を山林と雲霧の間に描くことで観る人の想像力をかき立て、逆に参詣の規模の大きさを表現している。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123004201

  • 2021年12月30日
    (17)稷益廟の明代壁画山西省新絳県

    稷益廟の壁画(部分)。(10月29日撮影)中国山西省運城市新絳(しんこう)県の中心市街地から南西20キロの陽王鎮に、中国の伝説上の人物、后稷(こうしょく)と伯益(はくえき)を祭る稷益廟があり、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。創建時期は不明だが、元代に再建され、明の弘治年間(1488~1505年)と正徳年間(1506~1521年)に何度も修築と増築が行われた。正殿は明代の建築で、殿内の東西南の3壁面には130平方メートル余りの保存状態の良い壁画が残されている。壁画が祭る対象は「三聖」で、東の壁面の三聖は黄帝、伏羲(ふくぎ)、神農。西は大禹(たいう)、后稷、伯益となっている。これら主神の周りには、文武百官や参詣する農民の姿、后稷と伯益にまつわる伝説、野焼き、狩猟、伐木、耕作と収穫、山河と園林などの物語が描かれ、壁面に描かれた一つの農業史となっている。壁画も明代の作だが、描画と色彩には元代壁画の遺風が残る。墨で輪郭を取った人物は力強く、写実性に富んでおり、着色は朱砂が多く用いられ、石緑、石青、白色、黄色が配されている。聖地参詣を題材とした壁画は、多くの参詣者を描いた壮大な構図が多いが、この壁画は従来のしきたりにとらわれず、人物を山林と雲霧の間に描くことで観る人の想像力をかき立て、逆に参詣の規模の大きさを表現している。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123004189

  • 2021年12月30日
    (16)稷益廟の明代壁画山西省新絳県

    稷益廟の壁画(部分)。(10月29日撮影)中国山西省運城市新絳(しんこう)県の中心市街地から南西20キロの陽王鎮に、中国の伝説上の人物、后稷(こうしょく)と伯益(はくえき)を祭る稷益廟があり、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。創建時期は不明だが、元代に再建され、明の弘治年間(1488~1505年)と正徳年間(1506~1521年)に何度も修築と増築が行われた。正殿は明代の建築で、殿内の東西南の3壁面には130平方メートル余りの保存状態の良い壁画が残されている。壁画が祭る対象は「三聖」で、東の壁面の三聖は黄帝、伏羲(ふくぎ)、神農。西は大禹(たいう)、后稷、伯益となっている。これら主神の周りには、文武百官や参詣する農民の姿、后稷と伯益にまつわる伝説、野焼き、狩猟、伐木、耕作と収穫、山河と園林などの物語が描かれ、壁面に描かれた一つの農業史となっている。壁画も明代の作だが、描画と色彩には元代壁画の遺風が残る。墨で輪郭を取った人物は力強く、写実性に富んでおり、着色は朱砂が多く用いられ、石緑、石青、白色、黄色が配されている。聖地参詣を題材とした壁画は、多くの参詣者を描いた壮大な構図が多いが、この壁画は従来のしきたりにとらわれず、人物を山林と雲霧の間に描くことで観る人の想像力をかき立て、逆に参詣の規模の大きさを表現している。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123004185

  • 2021年12月30日
    (23)稷益廟の明代壁画山西省新絳県

    稷益廟の壁画(部分)。(10月29日撮影)中国山西省運城市新絳(しんこう)県の中心市街地から南西20キロの陽王鎮に、中国の伝説上の人物、后稷(こうしょく)と伯益(はくえき)を祭る稷益廟があり、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。創建時期は不明だが、元代に再建され、明の弘治年間(1488~1505年)と正徳年間(1506~1521年)に何度も修築と増築が行われた。正殿は明代の建築で、殿内の東西南の3壁面には130平方メートル余りの保存状態の良い壁画が残されている。壁画が祭る対象は「三聖」で、東の壁面の三聖は黄帝、伏羲(ふくぎ)、神農。西は大禹(たいう)、后稷、伯益となっている。これら主神の周りには、文武百官や参詣する農民の姿、后稷と伯益にまつわる伝説、野焼き、狩猟、伐木、耕作と収穫、山河と園林などの物語が描かれ、壁面に描かれた一つの農業史となっている。壁画も明代の作だが、描画と色彩には元代壁画の遺風が残る。墨で輪郭を取った人物は力強く、写実性に富んでおり、着色は朱砂が多く用いられ、石緑、石青、白色、黄色が配されている。聖地参詣を題材とした壁画は、多くの参詣者を描いた壮大な構図が多いが、この壁画は従来のしきたりにとらわれず、人物を山林と雲霧の間に描くことで観る人の想像力をかき立て、逆に参詣の規模の大きさを表現している。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123004199

  • 2021年12月30日
    (21)稷益廟の明代壁画山西省新絳県

    稷益廟の壁画(部分)。(10月29日撮影)中国山西省運城市新絳(しんこう)県の中心市街地から南西20キロの陽王鎮に、中国の伝説上の人物、后稷(こうしょく)と伯益(はくえき)を祭る稷益廟があり、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。創建時期は不明だが、元代に再建され、明の弘治年間(1488~1505年)と正徳年間(1506~1521年)に何度も修築と増築が行われた。正殿は明代の建築で、殿内の東西南の3壁面には130平方メートル余りの保存状態の良い壁画が残されている。壁画が祭る対象は「三聖」で、東の壁面の三聖は黄帝、伏羲(ふくぎ)、神農。西は大禹(たいう)、后稷、伯益となっている。これら主神の周りには、文武百官や参詣する農民の姿、后稷と伯益にまつわる伝説、野焼き、狩猟、伐木、耕作と収穫、山河と園林などの物語が描かれ、壁面に描かれた一つの農業史となっている。壁画も明代の作だが、描画と色彩には元代壁画の遺風が残る。墨で輪郭を取った人物は力強く、写実性に富んでおり、着色は朱砂が多く用いられ、石緑、石青、白色、黄色が配されている。聖地参詣を題材とした壁画は、多くの参詣者を描いた壮大な構図が多いが、この壁画は従来のしきたりにとらわれず、人物を山林と雲霧の間に描くことで観る人の想像力をかき立て、逆に参詣の規模の大きさを表現している。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123004197

  • 2021年12月30日
    (25)稷益廟の明代壁画山西省新絳県

    稷益廟の壁画(部分)。(10月29日撮影)中国山西省運城市新絳(しんこう)県の中心市街地から南西20キロの陽王鎮に、中国の伝説上の人物、后稷(こうしょく)と伯益(はくえき)を祭る稷益廟があり、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。創建時期は不明だが、元代に再建され、明の弘治年間(1488~1505年)と正徳年間(1506~1521年)に何度も修築と増築が行われた。正殿は明代の建築で、殿内の東西南の3壁面には130平方メートル余りの保存状態の良い壁画が残されている。壁画が祭る対象は「三聖」で、東の壁面の三聖は黄帝、伏羲(ふくぎ)、神農。西は大禹(たいう)、后稷、伯益となっている。これら主神の周りには、文武百官や参詣する農民の姿、后稷と伯益にまつわる伝説、野焼き、狩猟、伐木、耕作と収穫、山河と園林などの物語が描かれ、壁面に描かれた一つの農業史となっている。壁画も明代の作だが、描画と色彩には元代壁画の遺風が残る。墨で輪郭を取った人物は力強く、写実性に富んでおり、着色は朱砂が多く用いられ、石緑、石青、白色、黄色が配されている。聖地参詣を題材とした壁画は、多くの参詣者を描いた壮大な構図が多いが、この壁画は従来のしきたりにとらわれず、人物を山林と雲霧の間に描くことで観る人の想像力をかき立て、逆に参詣の規模の大きさを表現している。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123004205

  • 2021年12月30日
    (19)稷益廟の明代壁画山西省新絳県

    稷益廟の壁画(部分)。(10月29日撮影)中国山西省運城市新絳(しんこう)県の中心市街地から南西20キロの陽王鎮に、中国の伝説上の人物、后稷(こうしょく)と伯益(はくえき)を祭る稷益廟があり、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。創建時期は不明だが、元代に再建され、明の弘治年間(1488~1505年)と正徳年間(1506~1521年)に何度も修築と増築が行われた。正殿は明代の建築で、殿内の東西南の3壁面には130平方メートル余りの保存状態の良い壁画が残されている。壁画が祭る対象は「三聖」で、東の壁面の三聖は黄帝、伏羲(ふくぎ)、神農。西は大禹(たいう)、后稷、伯益となっている。これら主神の周りには、文武百官や参詣する農民の姿、后稷と伯益にまつわる伝説、野焼き、狩猟、伐木、耕作と収穫、山河と園林などの物語が描かれ、壁面に描かれた一つの農業史となっている。壁画も明代の作だが、描画と色彩には元代壁画の遺風が残る。墨で輪郭を取った人物は力強く、写実性に富んでおり、着色は朱砂が多く用いられ、石緑、石青、白色、黄色が配されている。聖地参詣を題材とした壁画は、多くの参詣者を描いた壮大な構図が多いが、この壁画は従来のしきたりにとらわれず、人物を山林と雲霧の間に描くことで観る人の想像力をかき立て、逆に参詣の規模の大きさを表現している。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123004191

  • 2021年12月30日
    (12)稷益廟の明代壁画山西省新絳県

    稷益廟の壁画(部分)。(10月29日撮影)中国山西省運城市新絳(しんこう)県の中心市街地から南西20キロの陽王鎮に、中国の伝説上の人物、后稷(こうしょく)と伯益(はくえき)を祭る稷益廟があり、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。創建時期は不明だが、元代に再建され、明の弘治年間(1488~1505年)と正徳年間(1506~1521年)に何度も修築と増築が行われた。正殿は明代の建築で、殿内の東西南の3壁面には130平方メートル余りの保存状態の良い壁画が残されている。壁画が祭る対象は「三聖」で、東の壁面の三聖は黄帝、伏羲(ふくぎ)、神農。西は大禹(たいう)、后稷、伯益となっている。これら主神の周りには、文武百官や参詣する農民の姿、后稷と伯益にまつわる伝説、野焼き、狩猟、伐木、耕作と収穫、山河と園林などの物語が描かれ、壁面に描かれた一つの農業史となっている。壁画も明代の作だが、描画と色彩には元代壁画の遺風が残る。墨で輪郭を取った人物は力強く、写実性に富んでおり、着色は朱砂が多く用いられ、石緑、石青、白色、黄色が配されている。聖地参詣を題材とした壁画は、多くの参詣者を描いた壮大な構図が多いが、この壁画は従来のしきたりにとらわれず、人物を山林と雲霧の間に描くことで観る人の想像力をかき立て、逆に参詣の規模の大きさを表現している。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123004180

  • 2021年12月30日
    (11)稷益廟の明代壁画山西省新絳県

    稷益廟の壁画(部分)。(10月29日撮影)中国山西省運城市新絳(しんこう)県の中心市街地から南西20キロの陽王鎮に、中国の伝説上の人物、后稷(こうしょく)と伯益(はくえき)を祭る稷益廟があり、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。創建時期は不明だが、元代に再建され、明の弘治年間(1488~1505年)と正徳年間(1506~1521年)に何度も修築と増築が行われた。正殿は明代の建築で、殿内の東西南の3壁面には130平方メートル余りの保存状態の良い壁画が残されている。壁画が祭る対象は「三聖」で、東の壁面の三聖は黄帝、伏羲(ふくぎ)、神農。西は大禹(たいう)、后稷、伯益となっている。これら主神の周りには、文武百官や参詣する農民の姿、后稷と伯益にまつわる伝説、野焼き、狩猟、伐木、耕作と収穫、山河と園林などの物語が描かれ、壁面に描かれた一つの農業史となっている。壁画も明代の作だが、描画と色彩には元代壁画の遺風が残る。墨で輪郭を取った人物は力強く、写実性に富んでおり、着色は朱砂が多く用いられ、石緑、石青、白色、黄色が配されている。聖地参詣を題材とした壁画は、多くの参詣者を描いた壮大な構図が多いが、この壁画は従来のしきたりにとらわれず、人物を山林と雲霧の間に描くことで観る人の想像力をかき立て、逆に参詣の規模の大きさを表現している。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123004155

  • 2021年12月30日
    (8)稷益廟の明代壁画山西省新絳県

    稷益廟の壁画(部分)。(10月29日撮影)中国山西省運城市新絳(しんこう)県の中心市街地から南西20キロの陽王鎮に、中国の伝説上の人物、后稷(こうしょく)と伯益(はくえき)を祭る稷益廟があり、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。創建時期は不明だが、元代に再建され、明の弘治年間(1488~1505年)と正徳年間(1506~1521年)に何度も修築と増築が行われた。正殿は明代の建築で、殿内の東西南の3壁面には130平方メートル余りの保存状態の良い壁画が残されている。壁画が祭る対象は「三聖」で、東の壁面の三聖は黄帝、伏羲(ふくぎ)、神農。西は大禹(たいう)、后稷、伯益となっている。これら主神の周りには、文武百官や参詣する農民の姿、后稷と伯益にまつわる伝説、野焼き、狩猟、伐木、耕作と収穫、山河と園林などの物語が描かれ、壁面に描かれた一つの農業史となっている。壁画も明代の作だが、描画と色彩には元代壁画の遺風が残る。墨で輪郭を取った人物は力強く、写実性に富んでおり、着色は朱砂が多く用いられ、石緑、石青、白色、黄色が配されている。聖地参詣を題材とした壁画は、多くの参詣者を描いた壮大な構図が多いが、この壁画は従来のしきたりにとらわれず、人物を山林と雲霧の間に描くことで観る人の想像力をかき立て、逆に参詣の規模の大きさを表現している。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123004150

  • 2021年12月30日
    (2)稷益廟の明代壁画山西省新絳県

    稷益廟の壁画(部分)。(10月29日撮影)中国山西省運城市新絳(しんこう)県の中心市街地から南西20キロの陽王鎮に、中国の伝説上の人物、后稷(こうしょく)と伯益(はくえき)を祭る稷益廟があり、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。創建時期は不明だが、元代に再建され、明の弘治年間(1488~1505年)と正徳年間(1506~1521年)に何度も修築と増築が行われた。正殿は明代の建築で、殿内の東西南の3壁面には130平方メートル余りの保存状態の良い壁画が残されている。壁画が祭る対象は「三聖」で、東の壁面の三聖は黄帝、伏羲(ふくぎ)、神農。西は大禹(たいう)、后稷、伯益となっている。これら主神の周りには、文武百官や参詣する農民の姿、后稷と伯益にまつわる伝説、野焼き、狩猟、伐木、耕作と収穫、山河と園林などの物語が描かれ、壁面に描かれた一つの農業史となっている。壁画も明代の作だが、描画と色彩には元代壁画の遺風が残る。墨で輪郭を取った人物は力強く、写実性に富んでおり、着色は朱砂が多く用いられ、石緑、石青、白色、黄色が配されている。聖地参詣を題材とした壁画は、多くの参詣者を描いた壮大な構図が多いが、この壁画は従来のしきたりにとらわれず、人物を山林と雲霧の間に描くことで観る人の想像力をかき立て、逆に参詣の規模の大きさを表現している。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021123003061

  • 2022年03月18日
    (1)千年の歴史あるタンカ、地元の人々の増収を後押し青海省

    同仁市の絵師が制作した堆繡(立体的に見える絹の刺しゅうの技法)の絵画作品。(1月12日撮影)中国の青蔵高原独自の特色を備えた芸術の一つ「タンカ(チベット仏教の仏画)」は、メノウやサンゴ、朱砂など貴重な天然鉱物の顔料を用いて仏教に関する題材を布幔(布製の垂れ幕)に描き、絹織物で表具を施した掛け軸で、千年以上の歴史を持つ。青海省黄南チベット族自治州同仁市を流れる隆務河ほとりの熱貢(レゴン)地区で発祥したことに由来して名付けられた「レゴンタンカ」は、中国のチベット仏教芸術の主要流派「レゴン芸術」における代表的な存在となっている。かつては交通の便の悪さや情報不足などから、精巧で美しいレゴンタンカはあまり知られていなかったが、ここ数年は鮮やかで美しい色彩や繊細な筆致、独特の画風が各地の収集家を魅了している。同仁市は現在、人口9万200人を抱え、うちレゴン芸術に従事する人が約1万人、事業収入は14億元(1元=約19円)に達している。レゴン芸術は同市の農牧民にとって重要な収入源で、地元の人々の増収を後押しし、富をもたらす特色のある産業となっている。(西寧=新華社記者/顧玲)= 配信日: 2022(令和4)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032204551

  • 2022年03月18日
    (5)千年の歴史あるタンカ、地元の人々の増収を後押し青海省

    自身が制作したタンカ「吉祥の馬の頭」を紹介する工芸美術師の格桑嘉措(ゲサンジアツォ)さん(43)。(1月11日撮影)中国の青蔵高原独自の特色を備えた芸術の一つ「タンカ(チベット仏教の仏画)」は、メノウやサンゴ、朱砂など貴重な天然鉱物の顔料を用いて仏教に関する題材を布幔(布製の垂れ幕)に描き、絹織物で表具を施した掛け軸で、千年以上の歴史を持つ。青海省黄南チベット族自治州同仁市を流れる隆務河ほとりの熱貢(レゴン)地区で発祥したことに由来して名付けられた「レゴンタンカ」は、中国のチベット仏教芸術の主要流派「レゴン芸術」における代表的な存在となっている。かつては交通の便の悪さや情報不足などから、精巧で美しいレゴンタンカはあまり知られていなかったが、ここ数年は鮮やかで美しい色彩や繊細な筆致、独特の画風が各地の収集家を魅了している。同仁市は現在、人口9万200人を抱え、うちレゴン芸術に従事する人が約1万人、事業収入は14億元(1元=約19円)に達している。レゴン芸術は同市の農牧民にとって重要な収入源で、地元の人々の増収を後押しし、富をもたらす特色のある産業となっている。(西寧=新華社記者/顧玲)= 配信日: 2022(令和4)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032204545

  • 2022年03月18日
    (9)千年の歴史あるタンカ、地元の人々の増収を後押し青海省

    同仁市の無形文化遺産総合伝習センター「熱貢竜樹画苑」で、巨大なタンカを制作する絵師と受講生。(1月11日撮影)中国の青蔵高原独自の特色を備えた芸術の一つ「タンカ(チベット仏教の仏画)」は、メノウやサンゴ、朱砂など貴重な天然鉱物の顔料を用いて仏教に関する題材を布幔(布製の垂れ幕)に描き、絹織物で表具を施した掛け軸で、千年以上の歴史を持つ。青海省黄南チベット族自治州同仁市を流れる隆務河ほとりの熱貢(レゴン)地区で発祥したことに由来して名付けられた「レゴンタンカ」は、中国のチベット仏教芸術の主要流派「レゴン芸術」における代表的な存在となっている。かつては交通の便の悪さや情報不足などから、精巧で美しいレゴンタンカはあまり知られていなかったが、ここ数年は鮮やかで美しい色彩や繊細な筆致、独特の画風が各地の収集家を魅了している。同仁市は現在、人口9万200人を抱え、うちレゴン芸術に従事する人が約1万人、事業収入は14億元(1元=約19円)に達している。レゴン芸術は同市の農牧民にとって重要な収入源で、地元の人々の増収を後押しし、富をもたらす特色のある産業となっている。(西寧=新華社記者/顧玲)= 配信日: 2022(令和4)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032204555

  • 2022年03月18日
    (2)千年の歴史あるタンカ、地元の人々の増収を後押し青海省

    工芸美術師の格桑嘉措(ゲサンジアツォ)さんが制作したタンカ「吉祥の馬の頭」。(1月11日撮影)中国の青蔵高原独自の特色を備えた芸術の一つ「タンカ(チベット仏教の仏画)」は、メノウやサンゴ、朱砂など貴重な天然鉱物の顔料を用いて仏教に関する題材を布幔(布製の垂れ幕)に描き、絹織物で表具を施した掛け軸で、千年以上の歴史を持つ。青海省黄南チベット族自治州同仁市を流れる隆務河ほとりの熱貢(レゴン)地区で発祥したことに由来して名付けられた「レゴンタンカ」は、中国のチベット仏教芸術の主要流派「レゴン芸術」における代表的な存在となっている。かつては交通の便の悪さや情報不足などから、精巧で美しいレゴンタンカはあまり知られていなかったが、ここ数年は鮮やかで美しい色彩や繊細な筆致、独特の画風が各地の収集家を魅了している。同仁市は現在、人口9万200人を抱え、うちレゴン芸術に従事する人が約1万人、事業収入は14億元(1元=約19円)に達している。レゴン芸術は同市の農牧民にとって重要な収入源で、地元の人々の増収を後押しし、富をもたらす特色のある産業となっている。(西寧=新華社記者/顧玲)= 配信日: 2022(令和4)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032204579

  • 2022年03月18日
    (3)千年の歴史あるタンカ、地元の人々の増収を後押し青海省

    工芸美術師の格桑嘉措(ゲサンジアツォ)さんが制作したタンカ「知恵の目」。(1月11日撮影)中国の青蔵高原独自の特色を備えた芸術の一つ「タンカ(チベット仏教の仏画)」は、メノウやサンゴ、朱砂など貴重な天然鉱物の顔料を用いて仏教に関する題材を布幔(布製の垂れ幕)に描き、絹織物で表具を施した掛け軸で、千年以上の歴史を持つ。青海省黄南チベット族自治州同仁市を流れる隆務河ほとりの熱貢(レゴン)地区で発祥したことに由来して名付けられた「レゴンタンカ」は、中国のチベット仏教芸術の主要流派「レゴン芸術」における代表的な存在となっている。かつては交通の便の悪さや情報不足などから、精巧で美しいレゴンタンカはあまり知られていなかったが、ここ数年は鮮やかで美しい色彩や繊細な筆致、独特の画風が各地の収集家を魅了している。同仁市は現在、人口9万200人を抱え、うちレゴン芸術に従事する人が約1万人、事業収入は14億元(1元=約19円)に達している。レゴン芸術は同市の農牧民にとって重要な収入源で、地元の人々の増収を後押しし、富をもたらす特色のある産業となっている。(西寧=新華社記者/顧玲)= 配信日: 2022(令和4)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032204564

  • 2022年03月18日
    (7)千年の歴史あるタンカ、地元の人々の増収を後押し青海省

    同仁市の無形文化遺産総合伝習センター「熱貢竜樹画苑」で、タンカを制作する受講生。(1月11日撮影)中国の青蔵高原独自の特色を備えた芸術の一つ「タンカ(チベット仏教の仏画)」は、メノウやサンゴ、朱砂など貴重な天然鉱物の顔料を用いて仏教に関する題材を布幔(布製の垂れ幕)に描き、絹織物で表具を施した掛け軸で、千年以上の歴史を持つ。青海省黄南チベット族自治州同仁市を流れる隆務河ほとりの熱貢(レゴン)地区で発祥したことに由来して名付けられた「レゴンタンカ」は、中国のチベット仏教芸術の主要流派「レゴン芸術」における代表的な存在となっている。かつては交通の便の悪さや情報不足などから、精巧で美しいレゴンタンカはあまり知られていなかったが、ここ数年は鮮やかで美しい色彩や繊細な筆致、独特の画風が各地の収集家を魅了している。同仁市は現在、人口9万200人を抱え、うちレゴン芸術に従事する人が約1万人、事業収入は14億元(1元=約19円)に達している。レゴン芸術は同市の農牧民にとって重要な収入源で、地元の人々の増収を後押しし、富をもたらす特色のある産業となっている。(西寧=新華社記者/顧玲)= 配信日: 2022(令和4)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032204566

  • 2022年03月18日
    (8)千年の歴史あるタンカ、地元の人々の増収を後押し青海省

    同仁市の無形文化遺産総合伝習センター「熱貢竜樹画苑」で、タンカを制作する受講生。(1月11日撮影)中国の青蔵高原独自の特色を備えた芸術の一つ「タンカ(チベット仏教の仏画)」は、メノウやサンゴ、朱砂など貴重な天然鉱物の顔料を用いて仏教に関する題材を布幔(布製の垂れ幕)に描き、絹織物で表具を施した掛け軸で、千年以上の歴史を持つ。青海省黄南チベット族自治州同仁市を流れる隆務河ほとりの熱貢(レゴン)地区で発祥したことに由来して名付けられた「レゴンタンカ」は、中国のチベット仏教芸術の主要流派「レゴン芸術」における代表的な存在となっている。かつては交通の便の悪さや情報不足などから、精巧で美しいレゴンタンカはあまり知られていなかったが、ここ数年は鮮やかで美しい色彩や繊細な筆致、独特の画風が各地の収集家を魅了している。同仁市は現在、人口9万200人を抱え、うちレゴン芸術に従事する人が約1万人、事業収入は14億元(1元=約19円)に達している。レゴン芸術は同市の農牧民にとって重要な収入源で、地元の人々の増収を後押しし、富をもたらす特色のある産業となっている。(西寧=新華社記者/顧玲)= 配信日: 2022(令和4)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032204549

  • 2022年03月18日
    (10)千年の歴史あるタンカ、地元の人々の増収を後押し青海省

    同仁市の無形文化遺産総合伝習センター「熱貢竜樹画苑」で、タンカを制作する女性。(1月11日撮影)中国の青蔵高原独自の特色を備えた芸術の一つ「タンカ(チベット仏教の仏画)」は、メノウやサンゴ、朱砂など貴重な天然鉱物の顔料を用いて仏教に関する題材を布幔(布製の垂れ幕)に描き、絹織物で表具を施した掛け軸で、千年以上の歴史を持つ。青海省黄南チベット族自治州同仁市を流れる隆務河ほとりの熱貢(レゴン)地区で発祥したことに由来して名付けられた「レゴンタンカ」は、中国のチベット仏教芸術の主要流派「レゴン芸術」における代表的な存在となっている。かつては交通の便の悪さや情報不足などから、精巧で美しいレゴンタンカはあまり知られていなかったが、ここ数年は鮮やかで美しい色彩や繊細な筆致、独特の画風が各地の収集家を魅了している。同仁市は現在、人口9万200人を抱え、うちレゴン芸術に従事する人が約1万人、事業収入は14億元(1元=約19円)に達している。レゴン芸術は同市の農牧民にとって重要な収入源で、地元の人々の増収を後押しし、富をもたらす特色のある産業となっている。(西寧=新華社記者/顧玲)= 配信日: 2022(令和4)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032204556

  • 2022年03月18日
    (4)千年の歴史あるタンカ、地元の人々の増収を後押し青海省

    同仁市にある桑傑熱貢民族文化宮の講義棟。(1月12日撮影)中国の青蔵高原独自の特色を備えた芸術の一つ「タンカ(チベット仏教の仏画)」は、メノウやサンゴ、朱砂など貴重な天然鉱物の顔料を用いて仏教に関する題材を布幔(布製の垂れ幕)に描き、絹織物で表具を施した掛け軸で、千年以上の歴史を持つ。青海省黄南チベット族自治州同仁市を流れる隆務河ほとりの熱貢(レゴン)地区で発祥したことに由来して名付けられた「レゴンタンカ」は、中国のチベット仏教芸術の主要流派「レゴン芸術」における代表的な存在となっている。かつては交通の便の悪さや情報不足などから、精巧で美しいレゴンタンカはあまり知られていなかったが、ここ数年は鮮やかで美しい色彩や繊細な筆致、独特の画風が各地の収集家を魅了している。同仁市は現在、人口9万200人を抱え、うちレゴン芸術に従事する人が約1万人、事業収入は14億元(1元=約19円)に達している。レゴン芸術は同市の農牧民にとって重要な収入源で、地元の人々の増収を後押しし、富をもたらす特色のある産業となっている。(西寧=新華社記者/顧玲)= 配信日: 2022(令和4)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032204561

  • 2022年03月18日
    (6)千年の歴史あるタンカ、地元の人々の増収を後押し青海省

    同仁市の無形文化遺産総合伝習センター「熱貢竜樹画苑」で、タンカを制作する受講生。(1月11日撮影)中国の青蔵高原独自の特色を備えた芸術の一つ「タンカ(チベット仏教の仏画)」は、メノウやサンゴ、朱砂など貴重な天然鉱物の顔料を用いて仏教に関する題材を布幔(布製の垂れ幕)に描き、絹織物で表具を施した掛け軸で、千年以上の歴史を持つ。青海省黄南チベット族自治州同仁市を流れる隆務河ほとりの熱貢(レゴン)地区で発祥したことに由来して名付けられた「レゴンタンカ」は、中国のチベット仏教芸術の主要流派「レゴン芸術」における代表的な存在となっている。かつては交通の便の悪さや情報不足などから、精巧で美しいレゴンタンカはあまり知られていなかったが、ここ数年は鮮やかで美しい色彩や繊細な筆致、独特の画風が各地の収集家を魅了している。同仁市は現在、人口9万200人を抱え、うちレゴン芸術に従事する人が約1万人、事業収入は14億元(1元=約19円)に達している。レゴン芸術は同市の農牧民にとって重要な収入源で、地元の人々の増収を後押しし、富をもたらす特色のある産業となっている。(西寧=新華社記者/顧玲)= 配信日: 2022(令和4)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032204543

  • 00:55.28
    2022年04月18日
    「新華社」モデルチェンジで生まれ変わった朱砂産業貴州省銅仁市

    中国貴州省銅仁市万山(ばんざん)区の朱砂(しゅしゃ、水銀硫化物)工芸産業パークでは、40社近い企業が朱砂を使った工芸品の製作を手掛けている。かつて朱砂の埋蔵量・産出量ともに国内随一を誇っていた同区は、2009年3月に資源枯渇型都市に指定されて以降、産業のモデルチェンジによる発展の道を絶えず模索し、「資源の販売」から「文化クリエーティブ製品の販売」へと徐々に変化を遂げた。同パークでは現在、年間500トンの朱砂を使って工芸品を製作し、生産額は6億元(1元=約20円)超、創出した雇用は約2千人に上る。モデルチェンジにより同区の朱砂産業は新たに生まれ変わった。(記者/劉勤兵) =配信日: 2022(令和4)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041805904

  • 1