KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 李雲生
  • 李雲在
  • 記者
  • 令和
  • フフホト
  • ムー
  • 風景
  • 内容
  • 映像
  • 様子

「李雲」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
505
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
505
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2001年05月30日
    アネルカのゴール フランス―韓国

    フランス―韓国 前半、右からのセンタリングを押し込み、3点目を決めるフランス・アネルカ(手前)。GK李雲在=大邱総合競技場(共同)

    商品コード: 2001053000163

  • 2001年06月03日
    李雲在が好セーブ 韓国―オーストラリア

    韓国―オーストラリア後半、オーストラリア・ゼーン(20)がゴール前に持ち込むが韓国GK李雲在が好セーブ=水原ワールドカップ競技場(共同)

    商品コード: 2001060300123

  • 2002年05月21日
    ヘスキーと李雲在 韓国―イングランド

    韓国―イングランド 前半、イングランドのヘスキーがゴール前に持ち込むが韓国GK李雲在がセーブ=済州W杯競技場(共同)

    商品コード: 2002052100232

  • 2002年06月10日
    マシスが先制ゴール 韓国―米国

    韓国―米国 前半、米国のマシス(11)が先制ゴールを決める。GK李雲在=大邱総合競技場(ロイター=共同)

    商品コード: 2002061000125

  • 2002年06月18日
    ビエリが先制ゴール 韓国―イタリア

    韓国―イタリア 前半、左CKからイタリアのビエリ(中央右)が頭で押し込み先制ゴールを奪う。GK李雲在=大田W杯競技場(共同)

    商品コード: 2002061800258

  • 2002年06月22日
    PKを阻止のGK李雲在 スペイン―韓国

    PK戦でスペイン4人目、ホアキンのPKを阻止する韓国GK李雲在=光州W杯競技場(共同)

    商品コード: 2002062200164

  • 2002年06月22日
    好捕するGK李雲在 スペイン―韓国

    スペイン―韓国 前半、スペインのモリエンテスのシュートを好捕するGK李雲在=光州W杯競技場(共同)

    商品コード: 2002062200076

  • 2002年06月22日
    PK阻止する李雲在 スペイン―韓国

    PK戦でスペイン4人目ホアキンのPKを阻止する韓国GK李雲在=光州W杯競技場(共同)

    商品コード: 2002062200139

  • 2002年06月22日
    李雲在がPKを阻止 スペイン―韓国

    PK戦でスペイン4人目のホアキンのPKを阻止した韓国GK李雲在=光州W杯競技場(共同)

    商品コード: 2002062200141

  • 2002年06月22日
    韓国ゴール前競り合い スペイン―韓国

    スペイン―韓国 前半、右CKからのボールをゴール前で競り合う韓国GK李雲在(右端)、モリエンテス(9)ら=光州W杯競技場(共同)

    商品コード: 2002062200087

  • 2002年06月22日
    GKをねぎらう監督 スペイン―韓国

    韓国GK李雲在(1)をねぎらうヒディンク監督(左から2人目)。右端は洪明甫=光州W杯競技場(共同)

    商品コード: 2002062200181

  • 2002年06月22日
    モリエンテスとGK李雲在 スペイン―韓国

    スペイン―韓国 後半、ゴール前で競り合うスペインのモリエンテス(9)とGK李雲在(1)=光州W杯競技場(共同)

    商品コード: 2002062200105

  • 2002年06月23日
    喜ぶヒディンク監督 異文化に溶け込んだ監督

    22日、PK戦でスペインを破り、韓国GK李雲在(手前)と抱き合って喜ぶヒディンク監督=光州W杯競技場(ロイター=共同)

    商品コード: 2002062300072

  • 2002年06月25日
    喜ぶバラックとGK ドイツ―韓国

    ドイツ―韓国 後半、先制ゴールを決め、ユニホームを頭からかぶり喜ぶドイツのバラック。GK李雲在=ソウルW杯競技場(共同)

    商品コード: 2002062500248

  • 2002年06月25日
    大喜びのバラックとGK ドイツ―韓国

    ドイツ―韓国 後半、先制ゴールを決め、大喜びするドイツのバラック。GK李雲在=ソウルW杯競技場(共同)

    商品コード: 2002062500250

  • 2002年06月25日
    あおむけになる韓国GK ドイツ―韓国

    ドイツ―韓国 後半、バラック(左)に先制ゴールを決められ、あおむけになる韓国のGK李雲在=ソウルW杯競技場(共同)

    商品コード: 2002062500253

  • 2002年06月25日
    健闘たたえ合う両GK ドイツ―韓国

    試合終了後、健闘をたたえ合うドイツのGKカーン(右)と韓国のGK李雲在=ソウルW杯競技場(共同)

    商品コード: 2002062500265

  • 2002年06月25日
    抱き合うGKと韓国選手 ドイツ―韓国

    試合終了後、健闘をたたえ合い、抱き合うドイツのGKカーン(手前左)と韓国のGK李雲在。後方は肩を落とす韓国選手=ソウルW杯競技場(共同)

    商品コード: 2002062500278

  • 2002年06月25日
    バラックが先制ゴール ドイツ―韓国

    ドイツ―韓国 後半、先制ゴールを決めて駆け出すドイツのバラック。右は倒れるGK李雲在=ソウルW杯競技場(共同)

    商品コード: 2002062500267

  • 2002年06月25日
    雄たけび上げるバラック ドイツ―韓国

    ドイツ―韓国 後半、先制ゴールを決め、雄たけびを上げるドイツのバラック。GK李雲在=ソウルW杯競技場(共同)

    商品コード: 2002062500252

  • 2002年06月25日
    ゴール決めたバラック ドイツ―韓国

    ドイツ―韓国 後半30分、ドイツのバラック(13)が先制ゴールを決める。左端はGK李雲在=ソウルW杯競技場(共同)

    商品コード: 2002062500254

  • 2002年06月25日
    叫ぶバラック ドイツ―韓国

    ドイツ―韓国 後半、先制ゴールを決め、ベンチに向かって叫ぶドイツのバラック。右はGK李雲在=ソウルW杯競技場(共同)

    商品コード: 2002062500255

  • 2002年06月29日
    イルハンが3点目 韓国―トルコ

    韓国―トルコ 前半、イルハンがトルコの3点目となるシュートを放つ。GK李雲在=大邱総合競技場(共同)

    商品コード: 2002062900199

  • 2002年06月29日
    イルハンがシュート 韓国―トルコ

    韓国―トルコ 前半、3点目のゴールをループシュートで決めるトルコのイルハン。GK李雲在=大邱総合競技場(共同)

    商品コード: 2002062900201

  • 2002年09月07日
    李雲在と北朝鮮選手 12年ぶりに南北サッカー

    南北親善サッカーの前半、韓国GK李雲在(左)を助け起こす北朝鮮選手(8)=7日、ソウルW杯競技場(共同)

    商品コード: 2002090700163

  • 2003年05月31日
    日本―韓国 サッカー国際親善試合

    日本―韓国 前半、ゴール前に鈴木(左から2人目)が持ち込むがGK李雲在に阻まれる=国立競技場

    商品コード: 2003053100134

  • 2005年02月19日
    ゴールを決める大島 サッカーA3杯

    ゴールを決める横浜Mの大島(中央)。GKは水原の李雲在(ロイター=共同)

    商品コード: 2005021900127

  • 2006年02月01日
    懸命に守る韓国 サッカーカールスバーグ杯

    韓国―デンマーク 前半、デンマークの攻撃を懸命にしのぐ韓国選手たち(中央左側の2人)。GK李雲在=香港(共同)

    商品コード: 2006020100286

  • 2006年06月19日
    韓国のGK李雲在 フランス―韓国

    フランス―韓国 前半、フランスのビエラが放ったヘディングシュートをはじき返す韓国のGK李雲在=ライプチヒ(ロイター=共同)

    商品コード: 2006061900059

  • 2006年06月19日
    アンリ止めるGK李雲在 フランス―韓国

    フランス―韓国 フランスのアンリ(中央)のシュートを止めるGK李雲在=ライプチヒ(ロイター=共同)

    商品コード: 2006061900046

  • 2007年07月23日
    韓国のGK李雲在 PKに強い韓国の守護神

    サッカーのアジア・カップ準々決勝のPK戦で、イランのマハダビキアのキックを止める韓国のGK李雲在=22日、クアラルンプール(ロイター=共同)

    商品コード: 2007072300188

  • 2008年07月07日
    記念写真納まるGK楢崎ら 鹿島、浦和から6選手

    サッカー日韓オールスター戦の出場選手発表記者会見で写真に納まる、(左から)Jリーグ選抜チームのオリベイラ監督、GK楢崎選手、Kリーグ選抜チームのGK李雲在、車範根監督=7日午後、東京都文京区の日本サッカーミュージアム

    商品コード: 2008070700229

  • 2008年08月02日
    PK阻まれる山瀬 日韓オールスター戦

    Jリーグ選抜―Kリーグ選抜 後半、Jリーグ選抜の山瀬がPKを放つが、GK李雲在の好セーブに阻まれる=国立競技場

    商品コード: 2008080200314

  • 2009年08月07日
    握手する小笠原と李雲在 きょう日韓オールスター戦

    JOMOカップの前夜祭で、握手するKリーグ選抜の李雲在(左)とJリーグ選抜の小笠原=7日、仁川(共同)

    商品コード: 2009080700439

  • 2010年02月10日
    失点で座り込む韓国GK サッカー東アジア選手権

    中国―韓国 前半、中国に2点目を許し、座り込む韓国GK李雲在(左)=味スタ

    商品コード: 2010021000623

  • 2018年04月12日
    日本料理店中国の二、三線都市で盛んに

    日本料理店「気楽亭」の料理、茶漬け。(資料写真)日本料理店が中国の二、三線都市で盛んになっている。日本貿易振興機構(JETRO)によると、日本料理店の開店は、中国の一線都市ではこのところ落ち着いてきているが、二、三線都市では活発になっているという。(成都=新華社配信/李雲)=2018(平成30)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051703384

  • 2018年09月06日
    日本料理店中国の二、三線都市で盛んに

    日本料理店「気楽亭」の料理、サーモンの刺身。(資料写真)日本料理店が中国の二、三線都市で盛んになっている。日本貿易振興機構(JETRO)によると、日本料理店の開店は、中国の一線都市ではこのところ落ち着いてきているが、二、三線都市では活発になっているという。(成都=新華社配信/李雲)=2018(平成30)年9月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051703374

  • 2018年09月27日
    収穫期を迎えた中国の「ヒマワリの里」

    9月27日、五原県鴻発商貿有限責任公司でヒマワリの種を加工する従業員。中国の「ヒマワリの里」と呼ばれる内モンゴル自治区巴彦淖爾(バヤンノール)市五原(ごげん)県では9月下旬から、ヒマワリの収穫が最盛期に入っている。118万ムー(約7万9千ヘクタール)のヒマワリ畑での安定した生産と収穫により、1ムーあたり800元(1元=約17円)から1千元の純利益を見込む。現在、五原県では商品作物としてのヒマワリを中心に、ヒマワリ産業観光、ヒマワリの種の加工、農村観光が一体となった経済発展の仕組みを構築しつつある。(フフホト=新華社記者/李雲平)=2018(平成30)年9月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018100321403

  • 2018年09月27日
    収穫期を迎えた中国の「ヒマワリの里」

    9月27日、五原県鴻発商貿有限責任公司でヒマワリの種を加工する従業員。中国の「ヒマワリの里」と呼ばれる内モンゴル自治区巴彦淖爾(バヤンノール)市五原(ごげん)県では9月下旬から、ヒマワリの収穫が最盛期に入っている。118万ムー(約7万9千ヘクタール)のヒマワリ畑での安定した生産と収穫により、1ムーあたり800元(1元=約17円)から1千元の純利益を見込む。現在、五原県では商品作物としてのヒマワリを中心に、ヒマワリ産業観光、ヒマワリの種の加工、農村観光が一体となった経済発展の仕組みを構築しつつある。(フフホト=新華社記者/李雲平)=2018(平成30)年9月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018100321286

  • 2018年09月27日
    収穫期を迎えた中国の「ヒマワリの里」

    9月27日、五原県鴻発商貿有限責任公司でヒマワリの種を加工する従業員。中国の「ヒマワリの里」と呼ばれる内モンゴル自治区巴彦淖爾(バヤンノール)市五原(ごげん)県では9月下旬から、ヒマワリの収穫が最盛期に入っている。118万ムー(約7万9千ヘクタール)のヒマワリ畑での安定した生産と収穫により、1ムーあたり800元(1元=約17円)から1千元の純利益を見込む。現在、五原県では商品作物としてのヒマワリを中心に、ヒマワリ産業観光、ヒマワリの種の加工、農村観光が一体となった経済発展の仕組みを構築しつつある。(フフホト=新華社記者/李雲平)=2018(平成30)年9月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018100321385

  • 2018年09月28日
    収穫期を迎えた中国の「ヒマワリの里」

    9月28日、五原県天吉泰鎮新豊村でヒマワリを刈り取る農家の李元小(り・げんしょう)さん(左)と妻の孫桃女(そん・とうじょ)さん。中国の「ヒマワリの里」と呼ばれる内モンゴル自治区巴彦淖爾(バヤンノール)市五原(ごげん)県では9月下旬から、ヒマワリの収穫が最盛期に入っている。118万ムー(約7万9千ヘクタール)のヒマワリ畑での安定した生産と収穫により、1ムーあたり800元(1元=約17円)から1千元の純利益を見込む。現在、五原県では商品作物としてのヒマワリを中心に、ヒマワリ産業観光、ヒマワリの種の加工、農村観光が一体となった経済発展の仕組みを構築しつつある。(フフホト=新華社記者/李雲平)=2018(平成30)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018100321353

  • 2018年09月28日
    収穫期を迎えた中国の「ヒマワリの里」

    9月28日、五原県套海(とうかい)鎮のヒマワリの種の買い取り所で種を選別する従業員。中国の「ヒマワリの里」と呼ばれる内モンゴル自治区巴彦淖爾(バヤンノール)市五原(ごげん)県では9月下旬から、ヒマワリの収穫が最盛期に入っている。118万ムー(約7万9千ヘクタール)のヒマワリ畑での安定した生産と収穫により、1ムーあたり800元(1元=約17円)から1千元の純利益を見込む。現在、五原県では商品作物としてのヒマワリを中心に、ヒマワリ産業観光、ヒマワリの種の加工、農村観光が一体となった経済発展の仕組みを構築しつつある。(フフホト=新華社記者/李雲平)=2018(平成30)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018100321384

  • 04:52.18
    2018年12月17日
    「新華社」内モンゴルで三北防護林建設プロジェクト、1億ムー以上を達成

    中国内モンゴル自治区政府は17日、記者会見を開き、40年にわたるたゆまぬ努力の末、中国の砂漠化防止における重要な取り組みである「三北」(東北・西北・華北)防護林建設プロジェクトで同自治区が面積計1億1348万ムー(約7万5千平方キロ)の造林を実現したと発表した。これは国家の計画造林総面積の25・1%を占め、全国トップだという。毛烏素(ムウス)、科爾沁(ホルチン)、呼倫貝爾(フルンボイル)の三大砂漠地帯では、いずれも砂漠化した土地が純減するという歴史的逆転を実現。砂漠の利用回復の新たな段階に入っている。大地に緑を増やしながら、自治区は人々の増収も忘れていない。三北プロジェクトに基づき、植林業や畜産業、加工業、エコツーリズムなどの産業が発展、中国医薬で使われるニクジュヨウなどを原料にした加工業、鹿の飼育を主体とする森林畜産業、森林などに依拠するエコツーリズムが急成長段階に入り、荒れた砂地や樹木のない山を、富を生み出す「金の砂漠、銀の山」に変えている。(記者/李雲平)<映像内容>三北防護林建設プロジェクトの様子、撮影日:2018(平成30)年12月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018122123945

  • 2019年02月15日
    日本料理が「美食の都」で人気の理由四川省成都

    2月15日、成都にある日本料理店「気楽亭」で客を迎えるオーナーの李雲(り・うん)さん。中国四川省の成都市内では数年前に日本料理店の開店が相次ぎ、300店ほどから千店余りにまで急増した。四川省の省都・成都は人口が2千万を上回る中国西部の中心都市であり、また中国の「美食の都」でもある。この美食で名高い、飲食業の競争が激しい都市にあって、日本料理はその全く異質な特徴で独自の地位を占めている。(成都=新華社記者/童芳)=2019(平成31)年2月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030401090

  • 04:30.74
    2019年03月05日
    「新華社」日本料理が「美食の都」で人気の理由四川省成都

    中国四川省の成都市内では数年前に日本料理店の開店が相次ぎ、300店余りから千店余りにまで急増した。日本料理はなぜ「美食の都」で人気を博しているのだろうか?成都市南部のあるショッピングプラザには、「原野家」「誠馳居」などといった日本料理店が所狭しと並んでいる。最も繁盛しているように見えるのは奥にあるごく目立たない、「気楽亭」という名の店だ。店の入り口には日本式のちょうちんが下がり、上にはおすすめ料理の名前が書かれている。店内には各種の日本酒が置かれている。いくつかの個室は日本らしく畳が敷かれた設計になっている。形の上で日本料理店らしさを追求するだけでなく、李さんはサービスにおいても、家庭的な雰囲気を出せるようにしている。努力の甲斐あって、李雲さんの「気楽亭」は心を込めて作り上げた雰囲気と本場の味、親切なサービスで評判を得た。店の雰囲気も、多くの日本料理店から目指すべき目標とされている。学習の結果、中国人が開いた日本料理店はますます日本らしくなってきている。料理が新鮮で、価格も相対的に手頃になり、雰囲気が温かく、特に異郷の成都に暮らす日本人に、わが家にいるような気分を感じさせている。毎週何回かは日本料理店に来るのが、こうした日本人たちの日常になっている。火鍋や四川料理を食べつけている四川の若者たちにも好評だ。日本の農林水産省と外務省のデータによると、アジアにおける日本料理店の店舗数はすでに7万店を超え、そのアジア市場の中でも、中国国内(香港、マカオ、台湾を除く)における日本料理店の成長ペースは最も速く、2015年の約2万3千店から、現在は5万店近くまで増加している。(記者/楊華、劉海)<映像内容>四川省成都の日本料理店の様子、インタビュー、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030502606

  • 2019年04月05日
    トラブル常習犯の野生ゾウが引っ越し雲南省シーサンパンナ

    5日、野生ゾウの身長を測る中国雲南アジアゾウ種源繁殖・救助センターのスタッフ。中国雲南省の林業・草原局によると、同省シーサンパンナ・タイ族自治州勐海(もうかい)県の雄の野生ゾウ「維吒喲」(ウェイジャヨ、勝利のゾウの意)が3月中旬以降、別の雄の象とメスを巡る戦いに敗れ、群れから追放されると、付近の村に侵入して暴れた。4日に再び同県勐阿鎮の人口密集地に入り込んだ「維吒喲」は5日、同鎮の捕獲行動指揮部により捕獲された。「維吒喲」は中国雲南アジアゾウ種源繁殖・救助センターに無事移送された。今後は同センターの職員が「維吒喲」の情緒と体調を総合的に観察・評価した上で、条件が整うタイミングを見計らい、森に返すことになる。(勐海=新華社配信/李雲生)=2019(平成31)年4月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041700514

  • 2019年04月05日
    トラブル常習犯の野生ゾウが引っ越し雲南省シーサンパンナ

    5日、野生ゾウの体温を冷ますスタッフ。中国雲南省の林業・草原局によると、同省シーサンパンナ・タイ族自治州勐海(もうかい)県の雄の野生ゾウ「維吒喲」(ウェイジャヨ、勝利のゾウの意)が3月中旬以降、別の雄の象とメスを巡る戦いに敗れ、群れから追放されると、付近の村に侵入して暴れた。4日に再び同県勐阿鎮の人口密集地に入り込んだ「維吒喲」は5日、同鎮の捕獲行動指揮部により捕獲された。「維吒喲」は中国雲南アジアゾウ種源繁殖・救助センターに無事移送された。今後は同センターの職員が「維吒喲」の情緒と体調を総合的に観察・評価した上で、条件が整うタイミングを見計らい、森に返すことになる。(勐海=新華社配信/李雲生)=2019(平成31)年4月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041700520

  • 2019年04月05日
    トラブル常習犯の野生ゾウが引っ越し雲南省シーサンパンナ

    5日、吹き矢筒で特製の麻酔薬を注入される野生ゾウ。中国雲南省の林業・草原局によると、同省シーサンパンナ・タイ族自治州勐海(もうかい)県の雄の野生ゾウ「維吒喲」(ウェイジャヨ、勝利のゾウの意)が3月中旬以降、別の雄の象とメスを巡る戦いに敗れ、群れから追放されると、付近の村に侵入して暴れた。4日に再び同県勐阿鎮の人口密集地に入り込んだ「維吒喲」は5日、同鎮の捕獲行動指揮部により捕獲された。「維吒喲」は中国雲南アジアゾウ種源繁殖・救助センターに無事移送された。今後は同センターの職員が「維吒喲」の情緒と体調を総合的に観察・評価した上で、条件が整うタイミングを見計らい、森に返すことになる。(勐海=新華社配信/李雲生)=2019(平成31)年4月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041700463

  • 2019年04月05日
    トラブル常習犯の野生ゾウが引っ越し雲南省シーサンパンナ

    5日、野生ゾウを鉄のおりに入れるための準備作業をするスタッフ。中国雲南省の林業・草原局によると、同省シーサンパンナ・タイ族自治州勐海(もうかい)県の雄の野生ゾウ「維吒喲」(ウェイジャヨ、勝利のゾウの意)が3月中旬以降、別の雄の象とメスを巡る戦いに敗れ、群れから追放されると、付近の村に侵入して暴れた。4日に再び同県勐阿鎮の人口密集地に入り込んだ「維吒喲」は5日、同鎮の捕獲行動指揮部により捕獲された。「維吒喲」は中国雲南アジアゾウ種源繁殖・救助センターに無事移送された。今後は同センターの職員が「維吒喲」の情緒と体調を総合的に観察・評価した上で、条件が整うタイミングを見計らい、森に返すことになる。(勐海=新華社配信/李雲生)=2019(平成31)年4月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041700302

  • 2019年04月05日
    トラブル常習犯の野生ゾウが引っ越し雲南省シーサンパンナ

    5日、野生ゾウに気付け薬を注射するスタッフ。中国雲南省の林業・草原局によると、同省シーサンパンナ・タイ族自治州勐海(もうかい)県の雄の野生ゾウ「維吒喲」(ウェイジャヨ、勝利のゾウの意)が3月中旬以降、別の雄の象とメスを巡る戦いに敗れ、群れから追放されると、付近の村に侵入して暴れた。4日に再び同県勐阿鎮の人口密集地に入り込んだ「維吒喲」は5日、同鎮の捕獲行動指揮部により捕獲された。「維吒喲」は中国雲南アジアゾウ種源繁殖・救助センターに無事移送された。今後は同センターの職員が「維吒喲」の情緒と体調を総合的に観察・評価した上で、条件が整うタイミングを見計らい、森に返すことになる。(勐海=新華社配信/李雲生)=2019(平成31)年4月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041700410

  • 2019年04月05日
    トラブル常習犯の野生ゾウが引っ越し雲南省シーサンパンナ

    5日、野生ゾウの体長を測る中国雲南アジアゾウ種源繁殖・救助センターのスタッフ。中国雲南省の林業・草原局によると、同省シーサンパンナ・タイ族自治州勐海(もうかい)県の雄の野生ゾウ「維吒喲」(ウェイジャヨ、勝利のゾウの意)が3月中旬以降、別の雄の象とメスを巡る戦いに敗れ、群れから追放されると、付近の村に侵入して暴れた。4日に再び同県勐阿鎮の人口密集地に入り込んだ「維吒喲」は5日、同鎮の捕獲行動指揮部により捕獲された。「維吒喲」は中国雲南アジアゾウ種源繁殖・救助センターに無事移送された。今後は同センターの職員が「維吒喲」の情緒と体調を総合的に観察・評価した上で、条件が整うタイミングを見計らい、森に返すことになる。(勐海=新華社配信/李雲生)=2019(平成31)年4月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041700487

  • 2019年04月05日
    トラブル常習犯の野生ゾウが引っ越し雲南省シーサンパンナ

    5日、野生ゾウの心拍数を検査する中国雲南アジアゾウ種源繁殖・救助センターの獣医。中国雲南省の林業・草原局によると、同省シーサンパンナ・タイ族自治州勐海(もうかい)県の雄の野生ゾウ「維吒喲」(ウェイジャヨ、勝利のゾウの意)が3月中旬以降、別の雄の象とメスを巡る戦いに敗れ、群れから追放されると、付近の村に侵入して暴れた。4日に再び同県勐阿鎮の人口密集地に入り込んだ「維吒喲」は5日、同鎮の捕獲行動指揮部により捕獲された。「維吒喲」は中国雲南アジアゾウ種源繁殖・救助センターに無事移送された。今後は同センターの職員が「維吒喲」の情緒と体調を総合的に観察・評価した上で、条件が整うタイミングを見計らい、森に返すことになる。(勐海=新華社配信/李雲生)=2019(平成31)年4月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041700480

  • 2019年04月05日
    トラブル常習犯の野生ゾウが引っ越し雲南省シーサンパンナ

    5日、鉄のおりに入れられて運搬される野生ゾウ。中国雲南省の林業・草原局によると、同省シーサンパンナ・タイ族自治州勐海(もうかい)県の雄の野生ゾウ「維吒喲」(ウェイジャヨ、勝利のゾウの意)が3月中旬以降、別の雄の象とメスを巡る戦いに敗れ、群れから追放されると、付近の村に侵入して暴れた。4日に再び同県勐阿鎮の人口密集地に入り込んだ「維吒喲」は5日、同鎮の捕獲行動指揮部により捕獲された。「維吒喲」は中国雲南アジアゾウ種源繁殖・救助センターに無事移送された。今後は同センターの職員が「維吒喲」の情緒と体調を総合的に観察・評価した上で、条件が整うタイミングを見計らい、森に返すことになる。(勐海=新華社配信/李雲生)=2019(平成31)年4月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041700346

  • 2019年04月05日
    トラブル常習犯の野生ゾウが引っ越し雲南省シーサンパンナ

    5日、鉄のおりに入れられた野生ゾウ。中国雲南省の林業・草原局によると、同省シーサンパンナ・タイ族自治州勐海(もうかい)県の雄の野生ゾウ「維吒喲」(ウェイジャヨ、勝利のゾウの意)が3月中旬以降、別の雄の象とメスを巡る戦いに敗れ、群れから追放されると、付近の村に侵入して暴れた。4日に再び同県勐阿鎮の人口密集地に入り込んだ「維吒喲」は5日、同鎮の捕獲行動指揮部により捕獲された。「維吒喲」は中国雲南アジアゾウ種源繁殖・救助センターに無事移送された。今後は同センターの職員が「維吒喲」の情緒と体調を総合的に観察・評価した上で、条件が整うタイミングを見計らい、森に返すことになる。(勐海=新華社配信/李雲生)=2019(平成31)年4月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041700423

  • 2019年04月05日
    トラブル常習犯の野生ゾウが引っ越し雲南省シーサンパンナ

    5日、覚醒後、立ち上がろうとする野生ゾウ。中国雲南省の林業・草原局によると、同省シーサンパンナ・タイ族自治州勐海(もうかい)県の雄の野生ゾウ「維吒喲」(ウェイジャヨ、勝利のゾウの意)が3月中旬以降、別の雄の象とメスを巡る戦いに敗れ、群れから追放されると、付近の村に侵入して暴れた。4日に再び同県勐阿鎮の人口密集地に入り込んだ「維吒喲」は5日、同鎮の捕獲行動指揮部により捕獲された。「維吒喲」は中国雲南アジアゾウ種源繁殖・救助センターに無事移送された。今後は同センターの職員が「維吒喲」の情緒と体調を総合的に観察・評価した上で、条件が整うタイミングを見計らい、森に返すことになる。(勐海=新華社配信/李雲生)=2019(平成31)年4月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041700417

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年04月05日
    トラブル常習犯の野生ゾウが引っ越し雲南省シーサンパンナ

    5日、捕獲現場の周囲を警戒する特殊警察。中国雲南省の林業・草原局によると、同省シーサンパンナ・タイ族自治州勐海(もうかい)県の雄の野生ゾウ「維吒喲」(ウェイジャヨ、勝利のゾウの意)が3月中旬以降、別の雄の象とメスを巡る戦いに敗れ、群れから追放されると、付近の村に侵入して暴れた。4日に再び同県勐阿鎮の人口密集地に入り込んだ「維吒喲」は5日、同鎮の捕獲行動指揮部により捕獲された。「維吒喲」は中国雲南アジアゾウ種源繁殖・救助センターに無事移送された。今後は同センターの職員が「維吒喲」の情緒と体調を総合的に観察・評価した上で、条件が整うタイミングを見計らい、森に返すことになる。(勐海=新華社配信/李雲生)=2019(平成31)年4月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041700459

  • 2019年04月05日
    トラブル常習犯の野生ゾウが引っ越し雲南省シーサンパンナ

    5日、捕獲のタイミングを確認するため、近距離で野生ゾウを観察する小型無人機。中国雲南省の林業・草原局によると、同省シーサンパンナ・タイ族自治州勐海(もうかい)県の雄の野生ゾウ「維吒喲」(ウェイジャヨ、勝利のゾウの意)が3月中旬以降、別の雄の象とメスを巡る戦いに敗れ、群れから追放されると、付近の村に侵入して暴れた。4日に再び同県勐阿鎮の人口密集地に入り込んだ「維吒喲」は5日、同鎮の捕獲行動指揮部により捕獲された。「維吒喲」は中国雲南アジアゾウ種源繁殖・救助センターに無事移送された。今後は同センターの職員が「維吒喲」の情緒と体調を総合的に観察・評価した上で、条件が整うタイミングを見計らい、森に返すことになる。(勐海=新華社配信/李雲生)=2019(平成31)年4月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019041700416

  • 2019年05月13日
    日本料理店中国の二、三線都市で盛んに

    13日、四川省成都市の中心街で日本料理店「気楽亭」を営む李雲(り・うん)さん。日本料理店が中国の二、三線都市で盛んになっている。日本貿易振興機構(JETRO)によると、日本料理店の開店は、中国の一線都市ではこのところ落ち着いてきているが、二、三線都市では活発になっているという。(成都=新華社記者/王迪)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051703386

  • 2019年05月17日
    日本料理店中国の二、三線都市で盛んに

    李雲(り・うん)さんが営む日本料理店「気楽亭」のピーク時の様子。(資料写真)日本料理店が中国の二、三線都市で盛んになっている。日本貿易振興機構(JETRO)によると、日本料理店の開店は、中国の一線都市ではこのところ落ち着いてきているが、二、三線都市では活発になっているという。(成都=新華社配信/李雲)=2019(令和元)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051703367

  • 01:50.03
    2019年08月06日
    「新華社」499匹の羊の丸焼きを作り、ギネス世界記録認定内モンゴル自治区

    中国内モンゴル自治区バヤンノール市に位置する五原県で6日、料理人たちがギネス世界記録公式認定員の立ち会いの下、同時に499匹の羊の丸焼きを作り、「同時に丸焼きした羊の最多数」でギネス世界記録を更新した。羊の丸焼きはモンゴル族の伝統的な料理で、かつてはゲストをもてなしたり、大事な宴会を催したりするために作られていた。今では全国各地で開かれる重要イベントや祝日などに披露される特別な料理になっている。(記者/李雲平)<映像内容>「同時に丸焼きした羊の最多数」でギネス世界記録に挑戦、認定の様子、撮影日:2019(令和元)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019080904065

  • 00:36.88
    2019年08月09日
    「新華社」「中国のヒマワリの里」に広がる金色のじゅうたん

    「中国のヒマワリの里」と呼ばれる内モンゴル自治区バヤンノールの市政府によると、400万ムー(約26万6千ヘクタール)に及ぶ同市内のヒマワリ畑で5日からヒマワリが見頃を迎え、金色のじゅうたんを敷き詰めたような景色が広がっている。河套(かとう)平原に位置するバヤンノール市は、ヒマワリを主要な商品作物としており、年間栽培面積約26万6千ヘクタールという中国最大の食用ヒマワリ栽培拠点で、ヒマワリの種の集散地でもある。ヒマワリによって関連産業観光、種の加工、農村観光をけん引する一体的な経済発展の枠組みがつくられている。(記者/李雲平)<映像内容>ヒマワリ畑の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019080904059

  • 2019年09月04日
    内モンゴル自治区の河套かんがい区域、世界かんがい施設遺産に

    4日、河套かんがい区域にある三盛公水利センター。インドネシア・バリ島で4日、国際かんがい排水委員会(ICID)第70回執行理事会の全体会議が開かれ、中国内モンゴル自治区の河套かんがい区域と江西省千金陂のかんがい施設が2019年度(第6期)世界かんがい施設遺産に登録されることが決まった。(フフホト=新華社記者/李雲平)=2019(令和元)年9月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019090900537

  • 02:07.31
    2019年09月09日
    「新華社」内モンゴル自治区の河套かんがい区域、世界かんがい施設遺産に

    中国内モンゴル自治区の河套かんがい区域管理総局によると、インドネシア・バリ島でこのほど開かれた国際かんがい排水委員会(ICID)第70回執行理事会の全体会議で、同区域と江西省千金陂のかんがい施設が2019年度(第6期)世界かんがい施設遺産に登録されることが決まった。これにより、中国国内の同遺産は19カ所となり、中国は同遺産の施設の種類が最も多く、かんがい効果が最も顕著で、分布範囲が最も広い国となった。河套かんがい区域は内モンゴル自治区バヤンノール市に位置し、2千年以上にわたり黄河から取水してかんがいを行ってきた。かんがい面積は1020万ムー(68万ヘクタール)に達し、砂の含有量が多い黄河の水をかんがいに利用する模範的事例で、取水口が1カ所の自然流下型かんがい区域としては中国最大となっている。(記者/李雲平)<映像内容>内モンゴル自治区の河套かんがい区域の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019090900359

  • 03:57.32
    2019年09月12日
    「新華社」クブチ砂漠、太陽光エネルギーの集積地に

    中国で7番目に大きい砂漠である内モンゴル自治区のクブチ砂漠では、太陽光発電による砂漠化対策技術の普及と運用に伴い、10万ムー(約6700ヘクタール)の生態太陽光発電基地の建設が進んでいる。一面の「砂の海」は徐々にソーラーパネルの「青い海」に変わり、太陽光エネルギーの集積地として台頭しつつある。クブチ砂漠は総面積1万8600平方キロ、北京市に最も近い砂漠で、かつては「死の海」と呼ばれていた。同砂漠は太陽エネルギー資源が豊富で、年間平均有効日照時間は3180時間以上になる。ここ数年、造林による砂漠化対策とともに砂漠の豊富な太陽エネルギー資源を利用する、100万キロワットの太陽光発電砂漠化対策モデル事業の建設計画が進んでおり、総投資額は110億元(1元=約15円)に上る。クブチ砂漠生態太陽光発電基地では、見渡す限りの起伏が続く砂の海にソーラーパネルの列が幾重にも並び、どのパネルの下にも放牧に適した草が植えられている。太陽光発電による砂漠化対策がこれまでに5万ムー(約3300ヘクタール)完了しており、太陽光発電の建設規模は51万キロワットに達し、投資額は40億元、年間発電量は約9億キロワット時となっている。同砂漠では今年、さらに24億元を投資し、40万キロワットの太陽光発電砂漠化対策事業の建設を進めている。これにより発電量を7億キロワット時増加させ、年末までに発電と電力網への接続を行う計画だ。内モンゴル自治区は現在、クブチ砂漠で生態ガバナンスと太陽光発電を融合した新たな発展モデルを模索している。これまで使われなかった砂漠資源を利用して太陽光発電産業を発展させるとともに、ソーラーパネルの遮光効果を利用した砂漠植物栽培で牧草産業を発展させるもので、発電と同時に生態環境を改善して経済を発展させ、砂漠緑化や企業の増収、資源の高付加価値化という目標を一歩ずつ実現していく。(記者/李雲平)<映像内容>クブチ砂漠のソーラーパネルの風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019091203300

  • 02:22.33
    2019年09月13日
    「新華社」中学生が踊る「モンゴルダンス体操」がネットで話題内モンゴル自治区

    中国内モンゴル自治区バヤンノール市のモンゴル族中学の生徒が休み時間に行うモンゴル舞踊の要素を取り入れた「モンゴルダンス体操」が、ネットで話題になっている。この体操は、体を鍛えながら民族文化を伝承することができるとして、ネットユーザーから好評を得ている。同市のモンゴル族中学で13日午前に運動会が開かれ、そのオープニングをかざるプログラムとして、乗馬踊り、乳搾り踊り、民族舞踊「安代舞」といったモンゴル族の伝統舞踊のステップを盛り込んだ「モンゴルダンス体操」が披露された。民族衣装に身を包んだ生徒たちが踊る独特な魅力あふれるダンスが、観衆の注目を集めた。(記者/李雲平)<映像内容>モンゴル族の伝統舞踊のステップを盛り込んだモンゴルダンス体操、撮影日:2019(令和元)年9月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019091904863

  • 00:57.33
    2019年09月28日
    「新華社」【新中国成立70周年】「モンゴルダンス体操」で新中国成立70周年を祝う内モンゴル自治区

    中国内モンゴル自治区バヤンノール市のモンゴル族中学校で28日、第5回伝統競技運動会が開かれ、その開幕式で同市のモンゴル族学校の生徒600人余りが自身で振り付けを考えた「モンゴルダンス体操」を披露し、新中国成立70周年を祝った。(記者/李雲平)<映像内容>モンゴル族学校の生徒によるモンゴルダンス体操、撮影日:2019(令和元)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100206560

  • 01:53.40
    2019年10月03日
    「新華社」【新中国成立70周年】花畑でお祝い内モンゴル自治区磴口県

    中国内モンゴル自治区バヤンノール市磴口(とうこう)県でこのほど、新中国成立70周年を祝う花畑が公開された。数百ムー(1ムー=15分の1ヘクタール)の花畑には創意工夫がこらされており、インターネット上でも話題の観光地となっている。(記者/李雲平)<映像内容>中国の建国70周年を祝う花畑が公開、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100301721

  • 01:57.16
    2019年10月07日
    「新華社」胡楊林の黄葉が見頃内モンゴル自治区

    中国内モンゴル自治区アルシャー盟エジン旗はこのほど、胡楊(コトカケヤナギ)林の黄葉が見頃を迎え、多くの観光客でにぎわっている。生きて千年枯れず、枯れて千年も倒れず、倒れて千年腐らない「植物の化石」と呼ばれるコトカケヤナギは現在、中国で絶滅の危機に瀕している。エジン旗にはコトカケヤナギが中国で最も集中する面積44万ムー(約2万9300ヘクタール)の林がある。世界に3カ所しかないコトカケヤナギ林の一つだ。(記者/李雲平)<映像内容>胡楊林の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019100801509

  • 01:03.89
    2019年10月08日
    「新華社」黄金色に輝くコトカケヤナギ林、内モンゴル自治区の自転車ロードレース

    中国内モンゴル自治区アルシャー盟エジン旗で7、8両日、自転車ロードレースが行われた。今回は参加規模を1千人に拡大。公道(男子)、山道(男子)、山道上級者(男子)、山道(女子)の4カテゴリーに分かれて速さを競った。1日目は胡楊(コトカケヤナギ)林の周回コース59キロ、2日目は市内周回コース17・6キロというコース。エジン旗には中国で面積の最大規模となる44万ムー(1ムー=15分1ヘクタール)のコトカケヤナギ林があり、世界に3カ所しかないコトカケヤナギ林の一つだ。当地は独特な自然風景と重厚な歴史文化を前面に押し出し、レースと旅行を結び付けた観光客誘致を展開。「国際的レジャー観光地」「国家旅行模範区」の構築に一役買っている。(記者/李雲平)<映像内容>内モンゴル自治区でコトカケヤナギ林を通る自転車ロードレース開催、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101008916

  • 00:59.01
    2019年10月09日
    「新華社」内モンゴル草原の石積み道標、今では観光地にオルドス市

    中国内モンゴル自治区オルドス市の郊外に、モンゴル族が作った石積み(ケルン)の一つ、伊克敖包(イクオボー)がある。モンゴル語で「イク」は大きい、「オボー」は石や土、木片を積み上げたものを指し、同地のオボーは「中国随一のオボー」とも呼ばれる。秋の深まりとともに、イクオボーには大勢の観光客が訪れ、高台に登り市内を眺めるなど、モンゴル情緒を十分に楽しんでいる。オボーの多くは、かつて草原の遊牧民が道標や境界線として築いたものだが、次第に豊作祈願や平安の象徴へと変わっていった。イクオボーの高さは57・4メートル、面積は2289平方メートル。上下2層構造になっており、上部はモンゴル族に伝わる巨大なスゥルデ(三叉矛)と円錐形の石積み、見晴し台、下部は祭祀台と石を積み上げた山から成る。イクオボーはオルドス市カンバシ(康巴什)新区で標高が最も高い場所に位置しており、「国家測量基準地点」にもなっている。(記者/李雲平)<映像内容>モンゴル族が作った石積み道標の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101003262

  • 02:27.36
    2019年10月15日
    「新華社」1日21万人の観光客内モンゴル自治区のコトカケヤナギ林が空前の人気

    中国内モンゴル自治区文化・観光庁によると、同自治区アルシャ盟エジン旗の胡楊(コトカケヤナギ)林の1日当たりの観光客数が10月1日以降、平均21万人に達し、最多記録を達成した。同地は観光市場で空前の人気を獲得している。コトカケヤナギは中国で絶滅危惧種に指定され、「植物の化石」とも呼ばれる。エジン旗には中国最大規模の44万ムー(1ムー=15分の1ヘクタール)に及ぶコトカケヤナギ林がある。世界に現存するわずか3カ所のコトカケヤナギ林の一つで、毎年10月に見頃を迎える。エジン旗の壮大なコトカケヤナギ林は10月に入ると、金色に輝く木々が神秘的かつ多様なたたずまいを見せる。日の光に照らされた葉が紺碧の空の下で風に舞い、そぞろ歩きの観光客を童話の世界にいざなう。(記者/李雲平)<映像内容>黄葉したコトカケヤナギ林の風景、行列を作る観光客の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101605357

  • 02:59.85
    2019年10月15日
    「新華社」内モンゴル自治区に現代の酪農基地を建設

    中国の酪農地帯である内モンゴル自治区は、乳資源や科学研究などの優位性を生かして「現代の酪農基地」を建設し、乳業企業の生産水準と生産効率を引き続き向上させていく。同自治区農牧庁が明らかにした。同自治区では現在、家畜牛の遺伝改良プログラムを実施しており、中心となる品種改良施設の建設を加速させ、種牛ステーションと繁殖用雌牛場の共同品種改良を支援。中国内外で上位100位に入る種牛の育成や、モウコウマとフタコブラクダの品種の選抜育種、現地化した乳用羊の生産、生産性の高い乳牛群の構築を実施する。また、黄河流域の乳業を主産業とする旗、県、区で人工授精用の凍結精液の使用を支援し、家畜群の増加と生産向上を加速させる。(記者/李雲平)<映像内容>内モンゴル自治区の酪農基地の様子、乳牛や種牛の育成など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101703319

  • 01:47.58
    2019年10月16日
    「新華社」今年は豊作、河套地域で稲の収穫始まる内モンゴル自治区

    中国内モンゴル自治区磴口(とうこう)県のウランプハ(烏蘭布和)砂漠では、16日の世界食料デーに合わせ、1千ムー(約67ヘクタール)の水田で有機栽培米の収穫が行われた。河套地域(中国北西部の黄河上・中流の湾曲流域)5万6千ムー(約3740ヘクタール)の水田の収穫作業が幕を開けた。同県で栽培された1千ムーの有機栽培米は化学肥料や農薬を使わず、有機肥料として牛糞を使用している。1ムー(15分の1ヘクタール)あたりの平均収穫量は200キロ余り。500グラムあたり19・8元(1元=約15円)の卸値で計算すると、1ムーあたり7千~8千元の経済効果をもたらす。(記者/李雲平、恩浩)<映像内容>有機栽培米の収穫の様子、撮影日:2019(令和元)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102500755

  • 00:44.32
    2019年10月17日
    「新華社」バヤンノール国際マラソン、熱気の中でスタート

    中国内モンゴル自治区バヤンノール市の黄河のほとりでこのほど、2019バヤンノール国際マラソンが行われた。参加選手2万5千人が熱気の中でスタートを切り、黄河沿いの公道を走りながら水辺の秋景色も楽しんだ。2016年に始まった同マラソンは、中国陸上協会認定により最上級の「金メダル」の大会に認定されている。今大会は中国陸上協会と内モンゴル自治区体育局、バヤンノール市政府が主催し、バヤンノール市体育局、臨河区政府の運営で、フルマラソン、ハーフマラソン、健康ランニング(4・5キロ)の3種目が実施された。(記者/李雲平、恩浩)<映像内容>2019バヤンノール国際マラソンの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101703340

  • 00:50.68
    2019年10月17日
    「新華社」ウランプハ砂漠の有機牧場に実りの秋内モンゴル自治区

    実りの秋を迎え、中国八大砂漠の一つ、内モンゴル自治区のウランプハ(烏蘭布和)砂漠に広がる20万ムー(1ムー=約15分の1ヘクタール)余りの有機牧草地も豊作の喜びに沸いている。ムラサキウマゴヤシ(アルファルファ)の圃場は空から見ると、砂地に描いた巨大な円い緑のじゅうたんのようだ。ウランプハ砂漠は総面積1500万ムーのうち430万ムーがバヤンノール市磴口(とうこう)県に位置している。70年に及ぶ生態管理事業を経て、同県下のウランプハ砂漠は280万ムーが緑化され、生態バリアを形成。さらに有機牧場も姿を現わした。(記者/李雲平、恩浩)<映像内容>ウランプハ砂漠の有機牧草地、収穫の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019101703339

  • 01:27.28
    2019年10月24日
    「新華社」豊作の喜びに沸く内モンゴル自治区バヤンノール市

    本格的な秋の収穫シーズンに入った中国内モンゴル自治区バヤンノール市では、米やヒマワリ、ヒョウタンなどが豊作となっている。同市は農作物栽培の黄金地帯とされる北緯40度に位置し、日照時間が長く、昼夜の気温差が大きい。黄河の豊かな水を約1100万ムー(約73万ヘクタール)の農地に引き込み、硬質小麦やヒマワリの種、トマト、クコなどの特産品を栽培しており、「塞外糧倉、天下厨房」(万里の長城以北の穀倉地帯、天下の台所)と呼ばれている。(記者/李雲平、恩浩)<映像内容>内モンゴル自治区バヤンノール市で農作物の収穫の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019102500767

  • 02:03.15
    2019年10月28日
    「新華社」ヒマワリの種で高収量、高収入内モンゴル・バヤンノール市

    中国の「ヒマワリの里」、内モンゴル自治区バヤンノール市では、今年の気候に恵まれるにより、ヒマワリが豊作となっている。市況も好調で、1ムー(約667平方メートル)当たりの純収入は約千元(1元=約15円)に達する見込みで、全体として高収量、高価格、高収入の活況を呈している。同市五原県は河套(かとう)平原の奥深くに位置し、中国最大の食用ヒマワリ栽培県で、ヒマワリの産業拠点となっている。毎年の栽培面積は約120万ムー(約8万ヘクタール)に上り、全国の総栽培面積の約7分の1を占める。(記者/李雲平、恩浩)<映像内容>ヒマワリの収穫の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画質が良くありません。

    商品コード: 2019103000370

  • 01:11.54
    2019年10月29日
    「新華社」中国気象局、河套地域の気候条件が良質の作物栽培に適していると認定

    中国気象局の専門家は10月29日に開かれた「天賦河套・黄金農業栽培地帯」気候認証発表会で、全体的な定性・定量評価により、内モンゴル自治区の河套地域(中国北西部で黄河上・中流が湾曲して流れる地域)が作物栽培にとって非常に優れた気候条件を備えており、良質な農作物の栽培に適した地域であることを認定したと発表した。同自治区バヤンノール市は世界的な農作物栽培の黄金地帯である北緯40度に位置し、市内の河套かんがい区域は取水口が1カ所の自然流下型かんがい区域としてはアジア最大となっている。同市は肥沃な土地と独特の気候により、小麦やヒマワリ、メロン、トマトなど特色ある良質な農作物を育ててきた。中国気象局公共気象サービスセンターは2018年から、河套地域の良質な農作物の生育理由について気候検証作業を実施。概念モデルと30年分の気候データを用いて、同地域の作物栽培条件について全体的な定性・定量評価を行った。検証結果によると、河套地域は雨や曇りの日が比較的少なく、日照時間が長く、昼夜の温度差が大きい。これらの条件は作物にとって栄養となる物質を蓄積し、病害虫の発生を抑えるのに役立ち、春小麦やトウモロコシ、ヒマワリなど主要作物にとって鍵となる生育期の適温保証率が80%以上となっている。光や熱、水、土壌資源の配置の優位性が際立っており、黄金の栽培地帯の形成に適した自然条件を作り上げている。(記者/李雲平)<映像内容>「天賦河套・黄金農業栽培地帯」気候認証発表会、農業の様子、撮影日:2019(令和元)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111104551

  • 00:46.88
    2019年10月30日
    「新華社」アルカリ性土壌が肥沃な地に内モンゴル・バヤンノール市

    秋が深まり、中国内モンゴル自治区バヤンノール市の黄河の岸辺に位置する臨河区の進歩村に広がる5千ムー(約333ヘクタール)のアルカリ性土壌を改良してできた水田では、機械を使った稲刈りが行われている。進歩村の耕地は黄河の水防堤と隣り合っているため、塩分を含んだアルカリ性の水の影響を一年中受け、アルカリ化が年々深刻になり、一部の土地では耕作の放棄を余儀なくされていた。耕地の利用効率を高めるため、地元では今年、同自治区の徳欣安農業発展公司を誘致し、1200万元(1元=約15円)を投じて5千ムーの土地の使用権を得て、無公害良質水稲の栽培と水田での魚やカニなどの養殖というプロジェクトを展開した。かつてのアルカリ性土壌が今では肥沃な地へと姿を変えた。この喜ばしい変化は、現地に適した手法を導入し、先進的なテクノロジーや管理モデルを採用して現代的な立体農業を発展させた結果だ。プロジェクトではレーザー均平技術を利用して土地の整備を行い、かんがいや排水のための用水路を整えるだけでなく、使用する堆肥や有機肥料を統一し、稲作と養殖に同じ水を使用することで、総合的な節水率は20%以上になった。推計では、同プロジェクトにより、水田1ムー(約667平方メートル)当たり300キロのコメを生産することができ、稲作による予想収入は6300元に達する。魚介類の養殖では1ムー当たり千元の収入が見込まれ、合わせて7300元で、1ムー当たりの平均純収入は5千元前後となる見通し。強みを補い合い、資源を総合的に利用する稲作・養殖の道が徐々に見つかりつつある。(記者/李雲平、恩浩)<映像内容>アルカリ性土壌を改良してできた水田、稲刈りの風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110608594

  • 02:15.80
    2019年11月07日
    「新華社」中国乳業大手の伊利、1~9月期決算は2桁台の増収増益

    中国の乳業大手、内蒙古伊利実業集団(伊利集団)がこのほど発表した2019年1~9月期決算は、売上高が前年同期比11・98%増の686億7700万元(1元=約16円)、純利益が11・7%増の56億4800万元と、いずれも2桁台の増収増益となった。売上高や純利益、総合市場シェア、消費者浸透率などの主要指標はアジア首位を維持。ROA(純資産利益率)では引き続き世界をリードしている。(記者/李雲平)<映像内容>内蒙古伊利実業集団の製造の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111104775

  • 02:06.64
    2019年11月11日
    「新華社」黄河北部流域、歩み始めた稲作への道内モンゴル・バヤンノール

    黄河最北端、中国内モンゴル自治区の河套(かとう)地域は、土地改良などの総合事業によって広大なアルカリ性土壌が肥沃な土地に生まれ変わり、地元農民は新たな稲作の路を歩み始めた。内モンゴル自治区バヤンノール市五原県套海(とうかい)鎮錦旗(きんき)村の万畝河灘有機水稲栽培モデル区に広がる1万4千ムー(約933ヘクタール)の水田ではここ数日、収穫の最盛期を迎えている。かつてのアルカリ性土壌は、今や豊かに稲穂が実る風景に生まれ変わった。同モデル区では「企業+合作社+農家」の形式を採用し、中国科学院と内モンゴル農業科学院が共同開発した量子テクノロジー農作物栽培技術を柱に、品種選択から施肥、農薬散布、刈入れなど各段階において農家にトータルな技術指導サービスを実施。生産資材の購入と播種、管理、収穫、販売を統一する「五統一」を実現し、農家に科学的栽培を総合的に指導している。生産予測データによると、今年1ムー(約667平方メートル)当たりのもみ米生産高は約500キログラムで、約325キログラムの米となり、歩留まりは約65パーセントに達する。500グラム当たり5元(1元=約15円)の価格で計算すると、1ムー当たりの売り上げは約3250元、実収入は2000元ほどになる。河套地域は黄河が「几」の字のような形に湾曲し、アルカリ性の黄河の水が浸出することで、沿岸域の農地への影響は年々深刻になっているという。現地ではこの数年、土地改良などの総合事業を継続し、広大なアルカリ性の土壌が肥沃な土地に生まれ変わっている。(記者/李雲平、恩浩)<映像内容>内モンゴル自治区河套地域の稲作、収穫の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111802281

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:45.21
    2019年11月11日
    「新華社」クブチ砂漠で進む環境配慮型の農業基地建設内モンゴル自治区

    中国内モンゴル自治区農牧業庁などの部門によると、最新の砂漠化対策技術の利用普及が進むのにつれて、以前は風じんや砂じんが猛威を振るっていたクブチ(庫布其)砂漠の奥地にスマート農業が発展しており、栽培基地には「稲穂が風に揺れる」豊かな実りの風景が広がっているという。中国で7番目に大きい砂漠であるクブチ砂漠は総面積1万8600平方キロ。首都北京市に最も近い砂漠で、かつては「死の海」と呼ばれていた。長年にわたる砂漠化対策によって、6千平方キロ余りが緑化され、エコロジー経済が地元経済の成長ポイントになりつつある。30年余り前、クブチ砂漠の中心に近い一帯は高い砂丘の上を砂嵐が吹きすさぶ、訪れる人もまれな、稲作など考えもつかない場所だった。地元ではここ数年、クブチ砂漠奥地に緑化や甘草の植栽、生物学的土壌改良剤の研究開発など一連の事業を進め、生物学と科学技術に基づく手法を駆使した生態管理によって砂漠を耕作可能な土地に変えている。また、環境汚染の問題がなく、太陽光線が強く、昼夜の温度差が大きいという砂漠の自然的優位性を生かし、米やジャガイモ、有機野菜や果物などの作物栽培にも成功している。現在では、クブチ砂漠のグリーン(環境配慮型)農業栽培面積は5万ムー(約3300ヘクタール)に達しており、さらなる砂漠の緑化拡大と企業の業務効率化、資源の価値向上の実現を目指している。(記者/李雲平)<映像内容>クブチ砂漠の奥地でスマート農業が発展、収穫の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111802278

  • 01:03.68
    2019年11月11日
    「新華社」草原と水の都の絶景内モンゴル自治区

    中国内モンゴル自治区の黄河流域にある「草原と水の都」バヤンノール市ではこのほど、色鮮やかな晩秋の風景が広がった。同市は大きく湾曲して流れる黄河の北側に位置し、「国家級庭園都市」に指定されている。都市機能向上のためインフラ整備を進めた結果、市内の緑化率が31・7%、1人当たりの公園緑地面積は12・06平方メートルに達するなど、快適で暮らしやすい生活環境を実現している。(記者/李雲平)<映像内容>バヤンノール市の晩秋の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111802284

  • 01:46.66
    2019年11月13日
    「新華社」「中国のゴビラクダの郷」を駆けるラクダたち

    「中国ゴビラクダの郷」と呼ばれる中国内モンゴル自治区ウラド後旗で13日、第4回国際ラクダ文化観光フェスティバルが開幕した。ウラド後旗は、中国で最も早くからラクダの飼育を始め、「中国のゴビラクダの郷」「ラクダポロの郷」「フタコブラクダの郷」「駿足ラクダの郷」と呼ばれている。ゴビラクダの数は現在、2002年の4千頭から5万頭まで増加している。開幕式には、無形文化遺産チーム、中国・モンゴル友好チーム、レスリングチーム、モンゴル代表チーム、ラクダポロ協会チームなどが相次いで登場した。国旗掲揚の後、聖火が灯され、モンゴル族の最高神である長生天(テングリ)からの恵みに感謝し、ウラド草原が天候に恵まれ、幸福であるよう祈りがささげられた。(記者/李雲平)<映像内容>第4回国際ラクダ文化観光フェスティバルの様子、撮影日:2019(令和元)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019112003864

  • 2019年11月21日
    砂漠で育ったカンゾウが豊作内モンゴル自治区

    21日、トラクターで土を掘り返し、カンゾウを収穫する作業員。中国内モンゴル自治区のウランブフ砂漠でこのほど、野生に近い状態で有機栽培された1千ムー(1ムー=約667平方メートル)のカンゾウ(甘草)が豊作の季節を迎えた。同地では、窒素固定機能を利用した砂漠化防止策により1ムーあたり約9千元(1元=約16円)の生産額を実現し、カンゾウの持つ不思議な生態的特性の効果、経済的・社会的効果をさらに発揮させている。(フフホト=新華社記者/李雲平)=2019(令和元)年11月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019112701744

  • 2019年11月21日
    砂漠で育ったカンゾウが豊作内モンゴル自治区

    21日、仕分けの済んだカンゾウ。中国内モンゴル自治区のウランブフ砂漠でこのほど、野生に近い状態で有機栽培された1千ムー(1ムー=約667平方メートル)のカンゾウ(甘草)が豊作の季節を迎えた。同地では、窒素固定機能を利用した砂漠化防止策により1ムーあたり約9千元(1元=約16円)の生産額を実現し、カンゾウの持つ不思議な生態的特性の効果、経済的・社会的効果をさらに発揮させている。(フフホト=新華社記者/李雲平)=2019(令和元)年11月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019112701667

  • 2019年11月21日
    砂漠で育ったカンゾウが豊作内モンゴル自治区

    21日、カンゾウを収穫する作業員。中国内モンゴル自治区のウランブフ砂漠でこのほど、野生に近い状態で有機栽培された1千ムー(1ムー=約667平方メートル)のカンゾウ(甘草)が豊作の季節を迎えた。同地では、窒素固定機能を利用した砂漠化防止策により1ムーあたり約9千元(1元=約16円)の生産額を実現し、カンゾウの持つ不思議な生態的特性の効果、経済的・社会的効果をさらに発揮させている。(フフホト=新華社記者/李雲平)=2019(令和元)年11月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019112701735

  • 2019年11月21日
    砂漠で育ったカンゾウが豊作内モンゴル自治区

    21日、カンゾウを収穫する作業員。中国内モンゴル自治区のウランブフ砂漠でこのほど、野生に近い状態で有機栽培された1千ムー(1ムー=約667平方メートル)のカンゾウ(甘草)が豊作の季節を迎えた。同地では、窒素固定機能を利用した砂漠化防止策により1ムーあたり約9千元(1元=約16円)の生産額を実現し、カンゾウの持つ不思議な生態的特性の効果、経済的・社会的効果をさらに発揮させている。(フフホト=新華社記者/李雲平)=2019(令和元)年11月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019112701672

  • 02:50.36
    2019年11月21日
    「新華社」砂漠で育ったカンゾウが豊作内モンゴル自治区

    中国内モンゴル自治区のウランブフ砂漠でこのほど、野生に近い状態で有機栽培された1千ムー(1ムー=約667平方メートル)のカンゾウ(甘草)が豊作の季節を迎えた。同地では、窒素固定機能を利用した砂漠化防止策により1ムーあたり約9千元(1元=約16円)の生産額を実現し、カンゾウの持つ不思議な生態的特性の効果、経済的・社会的効果をさらに発揮させている。中国で重要な漢方薬材や補助薬として用いられるカンゾウは、砂漠化防止プロセスを経て、窒素固定による土壌改良機能を備えるようになったという。同砂漠の十分な日照と昼夜の気温差の大きさおよび乾燥した気候と適切な砂壌土は、カンゾウの栽培に有利な条件となっている。また、ウランブフ砂漠有機カンゾウ栽培基地は同自治区バヤンノール市磴口(とうこう)県沙金套海ソムにあり、内モンゴル王爺地蓯蓉生物有限公司が総面積2千ムーの栽培を請け負っている。今回収穫されたのは栽培面積1千ムーの畑で採れた栽培期間3年のカンゾウ。同栽培基地は自然に近い栽培方法を取り入れ、すべての過程で化学肥料や農薬を使用しないことから、中国の良質なカンゾウ生産地となっているという。今後、同砂漠で野生に近い状態で有機栽培されたカンゾウの栽培面積は5万ムーまで拡大され、生態的特性の効果、経済的・社会的効果の全面的な向上が実現される見通し。(記者/李雲平)<映像内容>ウランブフ砂漠で有機栽培されたカンゾウの収穫の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120201028

  • 2019年11月21日
    砂漠で育ったカンゾウが豊作内モンゴル自治区

    21日、トラクターで土を掘り返し、カンゾウを収穫する作業員。中国内モンゴル自治区のウランブフ砂漠でこのほど、野生に近い状態で有機栽培された1千ムー(1ムー=約667平方メートル)のカンゾウ(甘草)が豊作の季節を迎えた。同地では、窒素固定機能を利用した砂漠化防止策により1ムーあたり約9千元(1元=約16円)の生産額を実現し、カンゾウの持つ不思議な生態的特性の効果、経済的・社会的効果をさらに発揮させている。(フフホト=新華社記者/李雲平)=2019(令和元)年11月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019112701739

  • 2019年11月21日
    砂漠で育ったカンゾウが豊作内モンゴル自治区

    21日、カンゾウを仕分ける作業員。中国内モンゴル自治区のウランブフ砂漠でこのほど、野生に近い状態で有機栽培された1千ムー(1ムー=約667平方メートル)のカンゾウ(甘草)が豊作の季節を迎えた。同地では、窒素固定機能を利用した砂漠化防止策により1ムーあたり約9千元(1元=約16円)の生産額を実現し、カンゾウの持つ不思議な生態的特性の効果、経済的・社会的効果をさらに発揮させている。(フフホト=新華社記者/李雲平)=2019(令和元)年11月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019112701773

  • 01:09.40
    2019年11月22日
    「新華社」黄河湿地にコサギの群れ内モンゴル自治区バヤンノール市

    初冬を迎え、中国の黄河流域に位置する内モンゴル自治区バヤンノール市臨河区黄河国家湿地公園では、コサギの群れが餌を探して飛び回るなど、人と自然の調和のとれた風景が広がっている。(記者/李雲平)<映像内容>黄河湿地のコサギの群れの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※サイズの小さい動画です。

    商品コード: 2019112505717

  • 2019年11月24日
    黄河湿地にサギの群れ内モンゴル自治区バヤンノール市

    24日、内モンゴル自治区バヤンノール市臨河区の黄河国家湿地公園で生息し、餌を探すサギ。初冬を迎え、中国の黄河流域に位置する内モンゴル自治区バヤンノール市臨河区の黄河国家湿地公園では、サギの群れが餌を探して飛び回るなど、人と自然の調和のとれた風景が広がっている。(フフホト=新華社記者/李雲平)=2019(令和元)年11月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120200387

  • 2019年11月24日
    黄河湿地にサギの群れ内モンゴル自治区バヤンノール市

    24日、内モンゴル自治区バヤンノール市臨河区の黄河国家湿地公園で生息し、餌を探すサギの群れ。初冬を迎え、中国の黄河流域に位置する内モンゴル自治区バヤンノール市臨河区の黄河国家湿地公園では、サギの群れが餌を探して飛び回るなど、人と自然の調和のとれた風景が広がっている。(フフホト=新華社記者/李雲平)=2019(令和元)年11月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120200444

  • 2019年11月24日
    黄河湿地にサギの群れ内モンゴル自治区バヤンノール市

    24日、内モンゴル自治区バヤンノール市臨河区の黄河国家湿地公園で生息し、餌を探すサギ。初冬を迎え、中国の黄河流域に位置する内モンゴル自治区バヤンノール市臨河区の黄河国家湿地公園では、サギの群れが餌を探して飛び回るなど、人と自然の調和のとれた風景が広がっている。(フフホト=新華社記者/李雲平)=2019(令和元)年11月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120200436

  • 2019年11月24日
    黄河湿地にサギの群れ内モンゴル自治区バヤンノール市

    24日、内モンゴル自治区バヤンノール市臨河区の黄河国家湿地公園で生息し、餌を探すサギ。初冬を迎え、中国の黄河流域に位置する内モンゴル自治区バヤンノール市臨河区の黄河国家湿地公園では、サギの群れが餌を探して飛び回るなど、人と自然の調和のとれた風景が広がっている。(フフホト=新華社記者/李雲平)=2019(令和元)年11月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120200455

  • 2019年11月24日
    黄河湿地にサギの群れ内モンゴル自治区バヤンノール市

    24日、内モンゴル自治区バヤンノール市臨河区の黄河国家湿地公園で生息し、餌を探すサギ。初冬を迎え、中国の黄河流域に位置する内モンゴル自治区バヤンノール市臨河区の黄河国家湿地公園では、サギの群れが餌を探して飛び回るなど、人と自然の調和のとれた風景が広がっている。(フフホト=新華社記者/李雲平)=2019(令和元)年11月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120200382

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年11月27日
    「ラクダの里」でラクダ運動会開催内モンゴル自治区

    11月27日、レースで疾走するラクダ。中国内モンゴル自治区アルシャー盟エジン旗で11月27、28両日、「2019中国・エジン旗ラクダ文化ナーダム」が開催された。同自治区内をはじめ、寧夏回族自治区、青海省、甘粛省、新疆ウイグル自治区などから680人余りの選手が6千頭以上のラクダを連れて参加し、レースや騎射、品評会など18種目で激しい競争を繰り広げた。アルシャー盟は中国のフタコブラクダの主要生産地の一つで、飼育頭数は約12万頭に上り「中国のラクダの里」と呼ばれている。(フフホト=新華社記者/李雲平)=2019(令和元)年11月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120200928

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:12.92
    2019年11月27日
    「新華社」「ラクダの里」でラクダ運動会開催内モンゴル自治区

    中国内モンゴル自治区アルシャー盟エジン旗で11月27、28両日、「2019中国・エジン旗ラクダ文化ナーダム」が開催された。同自治区内をはじめ、寧夏回族自治区、青海省、甘粛省、新疆ウイグル自治区などから680人余りの選手が6千頭以上のラクダを連れて参加し、レースや騎射、品評会など18種目で激しい競争を繰り広げた。アルシャー盟は中国のフタコブラクダの主要生産地の一つで、飼育頭数は約12万頭に上り「中国のラクダの里」と呼ばれている。(記者/李雲平)<映像内容>2019中国・エジン旗ラクダ文化ナーダムの様子、撮影日:2019(令和元)年11月、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120200655

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年11月27日
    「ラクダの里」でラクダ運動会開催内モンゴル自治区

    11月27日、レースで疾走するラクダ。中国内モンゴル自治区アルシャー盟エジン旗で11月27、28両日、「2019中国・エジン旗ラクダ文化ナーダム」が開催された。同自治区内をはじめ、寧夏回族自治区、青海省、甘粛省、新疆ウイグル自治区などから680人余りの選手が6千頭以上のラクダを連れて参加し、レースや騎射、品評会など18種目で激しい競争を繰り広げた。アルシャー盟は中国のフタコブラクダの主要生産地の一つで、飼育頭数は約12万頭に上り「中国のラクダの里」と呼ばれている。(フフホト=新華社記者/李雲平)=2019(令和元)年11月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120200952

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6