KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 開発
  • 令和
  • むら
  • 幕張メッセ
  • 記者
  • 一輪車
  • 千葉市
  • 平成
  • 日本
  • 村田昭

「村田製作所」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • マッチ度順
64
( 1 64 件を表示)
  • 1
64
( 1 64 件を表示)
絞り込み
並び順
  • マッチ度順
  • 2017年10月02日
    村田製作所のロゴ

    キーワード:村田製作所、ロゴ、CEATEC JAPAN 2017、シーテック・ジャパン=2017(平成29)年10月2日、千葉・幕張メッセ(ロイター=共同)

    商品コード: 2017102400106

  • 1995年04月27日
    村田治氏 村田製作所会長に村田治氏

    村田製作所会長に昇格する村田治氏(むらた・おさむ)京都工芸繊維大工芸学部中退。昭和30年村田製作所入社、取締役、常務、専務、副社長を経て平成3年6月から副会長。63歳。京都市出身)

    商品コード: 1995042700059

  • 2011年06月23日
    (むらた・つねお) 村田恒夫

    村田製作所の村田恒夫社長=2011年6月23日、京都府長岡京市の村田製作所本社

    商品コード: 2011062300409

  • 2019年06月13日
    村田製作所のサンプル出荷を開始した全個体電池

    村田製作所は2019年度内にセラミックス技術を応用した全固体電池の量産に乗り出す。野洲事業所(滋賀県野洲市)の電池関係の生産棟に量産ラインを新設する。当面の生産能力は月10万個を予定する。試作品の容量は他社製品と比べて100倍の10ミリアンぺア時強と業界最高レベル。17年にソニーから買収したリチウムイオン二次電池事業を含め、注力するエネルギー関連市場への展開を加速する。電解質にセラミックス材料を使った面実装タイプの「セラミックス全固体電池」を量産する。積層セラミックコンデンサー(MLCC)の製造設備を転用するほか、数億円を投じてドライルームなどの付帯設備を整える。このほどサンプル出荷を始めた。大きさは縦5・7ミリ×横9・6ミリ×高さ5・2ミリメートル。材料組成を改良し、容量を大幅に高めた。さらにエネルギー密度を向上し、既存のリチウムイオン二次電池からの置き換え需要や競合品と差別化する。=2019(令和元)年6月13日、撮影場所不明、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062103448

  • 2014年10月07日
    集団で踊るロボット ユニークなロボット登場

    村田製作所が公開した、集団で踊れるロボット「村田製作所チアリーディング部」=7日午後、千葉市の幕張メッセ

    商品コード: 2014100700521

  • 2014年09月25日
    開発された新作ロボット ロボがチアリーディング

    村田製作所が開発した新作ロボット「村田製作所チアリーディング部」=25日午前、東京都渋谷区

    商品コード: 2014092500214

  • 2014年09月25日
    開発されたチアロボット ロボがチアリーディング

    村田製作所が開発した新作ロボット「村田製作所チアリーディング部」=25日午前、東京都渋谷区

    商品コード: 2014092500235

  • 2021年08月07日
    村田恒夫氏 ひと

    村田製作所の村田恒夫会長

    商品コード: 2021080712258

  • 2020年03月19日
    (なかじま・のりお) 中島規巨

    村田製作所の中島規巨社長

    商品コード: 2020031920839

  • 1998年03月26日
    球形スピーカーで解消

    村田製作所などが開発した球形スピーカー

    商品コード: 1998032600161

  • 2018年05月12日
    村田恒夫氏 ひと

    村田製作所の村田恒夫会長兼社長

    商品コード: 2018051200187

  • 2010年06月28日
    ワイヤレス充電システム ワイヤレスで簡単充電

    村田製作所が開発した携帯電話などを置くだけで充電できるシステム

    商品コード: 2010062800595

  • 2013年02月07日
    (むらた・つねお) 村田恒夫

    村田製作所社長=2013年2月7日、京都府長岡京市

    商品コード: 2013020800456

  • 2019年10月14日
    村田製作所の全固体電池 自動運転バスが走行

    村田製作所が展示した全固体電池=14日午後、千葉市の幕張メッセ

    商品コード: 2019101400251

  • 2006年02月06日
    村田昭氏 村田昭氏が死去

    死去した村田昭氏(村田製作所創業者、名誉会長)

    商品コード: 2006020600029

  • 2020年03月31日
    中島規巨氏 村田製、投資計画を維持

    インタビューに答える村田製作所の中島規巨次期社長

    商品コード: 2020033103163

  • 2020年03月31日
    中島規巨氏 村田製、投資計画を維持

    インタビューに答える村田製作所の中島規巨次期社長

    商品コード: 2020033103164

  • 2020年03月31日
    中島規巨氏 村田製、投資計画を維持

    インタビューに答える村田製作所の中島規巨次期社長

    商品コード: 2020033103162

  • 2019年01月15日
    村田恒夫会長兼社長 電子部品増強へ3千億円

    インタビューに応じる村田製作所の村田恒夫会長兼社長

    商品コード: 2019011521117

  • 2019年01月15日
    村田会長兼社長 電子部品増強へ3千億円

    インタビューに応じる村田製作所の村田恒夫会長兼社長

    商品コード: 2019011521119

  • 2003年10月01日
    自然音近いスピーカー

    村田製作所が開発した自然音に近いスピーカー

    商品コード: 2003100100211

  • 1993年08月01日
    村田昭

    村田製作所会長、インタビュー=1993(平成5)年撮影

    商品コード: 2006020600018

  • 2010年06月28日
    ワイヤレス充電システム ワイヤレス充電を開発

    村田製作所が開発した携帯電話などを置くだけで充電できるシステム

    商品コード: 2010062800626

  • 2019年12月23日
    村田恒夫会長兼社長 村田製、20年度は投資抑制

    インタビューに答える村田製作所の村田恒夫会長兼社長

    商品コード: 2019122301306

  • 2020年01月09日
    (むらた・つねお) 村田恒夫

    村田製作所会長兼社長、2019年12月19日撮影、京都府

    商品コード: 2020010902335

  • 2020年02月04日
    村田製作所の竹村取締役 電子部品5社が減益

    記者会見する村田製作所の竹村善人取締役=3日、大阪市

    商品コード: 2020020403846

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2011年06月24日
    村田恒夫社長 村田製、生産前倒しで節電

    インタビューに答える村田製作所の村田恒夫社長

    商品コード: 2011062400393

  • 2013年02月07日
    村田製作所の村田恒夫社長 スマホ向け部品を1割増強

    インタビューに答える村田製作所の村田恒夫社長

    商品コード: 2013020700321

  • 1996年04月23日
    球形スピーカーを開発

    村田製作所が開発したセラミックス製球形スピーカー

    商品コード: 1996042300084

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年04月18日
    販売中止のポケットQ 温熱グッズの販売中止

    販売中止になった、村田製作所の温熱マッサージグッズ「ポケットQ」

    商品コード: 2012041800542

  • 2013年02月13日
    記者会見する村田社長ら 電子部品2社を子会社化

    記者会見する村田製作所の村田恒夫社長(左)ら=13日、東京都中央区

    商品コード: 2013021300620

  • 1993年11月29日
    「経済ウイークリー」 父の教えは同業を荒らすな

    「よそと違うものを作り、利益を確保しなければ」と話す村田昭村田製作所会長

    商品コード: 1993112900019

  • 2019年07月12日
    (むらた・つねお) 村田恒夫

    村田製作所会長兼社長、2018年12月27日撮影、京都府長岡京市

    商品コード: 2019012101136

  • 2021年10月12日
    駐車場の太陽光パネル 村田製、工場電力再エネに

    金津村田製作所の駐車場に設置された太陽光パネル=12日午後、福井県あわら市

    商品コード: 2021101209263

  • 2021年10月12日
    工場に設置された蓄電池 村田製、工場電力再エネに

    金津村田製作所の工場敷地内に設置された蓄電池システム=12日午後、福井県あわら市

    商品コード: 2021101209258

  • 2012年01月17日
    村田恒夫社長 次世代携帯の部品増産も

    インタビューに答える村田製作所の村田恒夫社長=17日午後、京都府長岡京市

    商品コード: 2012011700420

  • 2000年03月06日
    村田昭氏 ラジオブームで飛躍

    )、企画365S、8日付朝刊以降使用  村田製作所創業者の村田昭氏資料用

    商品コード: 2004102000141

  • 2019年06月21日
    情報扱う「普遍的な力」を

    村田製作所が小学校の体育館で実施したプログラミングの出前授業=京都府長岡京市

    商品コード: 2019062102313

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年03月13日
    説明を聞く留学生ら 留学生の就活を手助け

    村田製作所の求人セミナーに参加した留学生=2018年11月、京都府長岡京市

    商品コード: 2019031301819

  • 01:33.32
    2006年09月26日
    新型ムラタ君、坂道もOK 村田製の自転車ロボ

    電子製品大手の村田製作所は、昨年開発し転ばずすいすい走る姿が話題を呼んだ自転車型ロボット「ムラタセイサク君」に、坂道やS字、平均台を走行できる機能を追加した新モデルを26日、報道陣に公開した。身長約50センチのムラタ君は傾斜角度が25度、幅が2センチの坂道を上り、バランスを取りながら静止した。センサーで姿勢を制御する機能も向上させ、幅が10センチのS字カーブを脱輪せずに走りきった<映像内容>自立走行で前進、バック、S字カーブを安定した姿勢を保って動くムラタ君、斜度のある幅の狭い坂道の突端で静止している様子、村田製作所本社外観、撮影日:2006(平成18)年9月26日、撮影場所:京都府長岡京市

    商品コード: 2019100207009

  • 2009年09月26日
    ムラタセイコちゃん カーブや平均台走行も

    平均台を走行する村田製作所の一輪車型ロボット「ムラタセイコちゃん」の新モデル=26日午後、京都府長岡京市

    商品コード: 2009092600179

  • 2009年09月26日
    一輪車型ロボット カーブや平均台走行も

    村田製作所の一輪車型ロボット「ムラタセイコちゃん」の新モデル=26日午後、京都府長岡京市

    商品コード: 2009092600180

  • 2020年12月15日
    電子部品を紹介する部屋 村田製、横浜の新拠点開業

    村田製作所が開業した「みなとみらいイノベーションセンター」の自動車向け電子部品を紹介する部屋=15日午後、横浜市

    商品コード: 2020121507241

  • 2010年10月05日
    村田製作所のロボット 眼鏡なし3Dは2時間待ち

    S字平均台を走行する村田製作所の「ムラタセイコちゃん」=5日午後、千葉市の幕張メッセ

    商品コード: 2010100500424

  • 2019年05月16日
    出前授業 ムラタのロボが出前授業

    村田製作所が小学校の体育館で実施したプログラミングの出前授業=16日、京都府長岡京市

    商品コード: 2019051604255

  • 2018年10月24日
    分析システムを使った面談 会議のテンポ、音声で分析

    村田製作所が開発した、場の雰囲気や会話のテンポなどの分析システムを使って面談する様子

    商品コード: 2018102428112

  • 2007年04月10日
    握手する新社長と新会長 村田製、村田氏が社長昇格

    村田製作所の社長に就任する村田恒夫副社長(右)と会長に昇格する村田泰隆社長=10日午後、京都市内のホテル

    商品コード: 2007041000204

  • 2005年09月29日
    村田製作所のロボット 転ばず走るムラタ君登場

    幅2センチの平均台の上を走行する自転車型のロボット「ムラタセイサク君」=29日、京都府長岡京市の村田製作所

    商品コード: 2005092900180

  • 2020年06月04日
    新繊維で作った試作品 電気で抗菌、新繊維を開発

    村田製作所と帝人フロンティアが共同開発した繊維「ピエクレックス」を使った試作品=4日、大阪市

    商品コード: 2020060408811

  • 2020年06月04日
    握手する両社の社長 電気で抗菌、新繊維を開発

    新繊維を共同開発したと発表した村田製作所の村田恒夫会長兼社長(左)と帝人フロンティアの日光信二社長=4日、大阪市

    商品コード: 2020060408852

  • 2019年10月30日
    村田恒夫会長兼社長 スマホ普及に部品で貢献

    2018年12月、インタビューを受ける村田製作所の村田恒夫会長兼社長。藍綬褒章受章が決まった

    商品コード: 2019103003600

  • 2019年10月30日
    取材を受ける村田恒夫氏 スマホ普及に部品で貢献

    2018年12月、インタビューを受ける村田製作所の村田恒夫会長兼社長。藍綬褒章受章が決まった

    商品コード: 2019103003602

  • 2008年09月23日
    村田製作所のロボット 一輪車のセイコちゃん登場

    村田製作所が開発した一輪車型ロボット「ムラタセイコちゃん」=23日午後、京都府長岡京市

    商品コード: 2008092300079

  • 2010年09月27日
    村田製の自転車ロボット セイサク君、エコ型に

    村田製作所が公開した自転車型ロボット「ムラタセイサク君」の2010年モデル=27日午後、京都府長岡京市

    商品コード: 2010092700375

  • 2019年05月16日
    長岡京市の出前授業 ムラタのロボが出前授業

    村田製作所が小学校の体育館で実施したプログラミングの出前授業=16日、京都府長岡京市

    商品コード: 2019051604484

  • 2008年09月23日
    ムラタセイコちゃん 一輪車のセイコちゃん登場

    村田製作所が開発した一輪車型ロボット「ムラタセイコちゃん」。奥は自転車型ロボットの「ムラタセイサク君」=23日午後、京都府長岡京市

    商品コード: 2008092300070

  • 2012年09月21日
    電動歩行補助車キーパス 止まっても倒れない

    村田製作所と幸和製作所が共同開発した電動歩行補助車「KeePace」。右奥は「ムラタセイサク君」=21日、京都府長岡京市

    商品コード: 2012092100559

  • 2019年10月15日
    村田製作所の展示ブース 「共創」で暮らし豊かに

    「CEATEC2019」の村田製作所の展示ブース。画像に手をかざすとクラゲを実際に触れているような感覚になる装置=15日、千葉市

    商品コード: 2019101500928

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年10月22日
    バタンガス工場 PMM、1月に工場稼働へ

    村田製作所の生産子会社フィリピン・マニュファクチャリング・コーポレーション・オブ・ムラタ(PMM)が2013年1月に操業開始予定のバタンガス工場。この日、竣工式が行われた=2012(平成24)年10月22日、フィリピン・バタンガス州タナウアン市(NNA=共同)

    商品コード: 2012110600078

  • 2019年11月26日
    黄埔税関、知的財産権侵害の物品約190万点を押収広東省広州市

    26日、押収した国際ブランドの模倣品を見せる黄埔税関の職員。中国広東省広州市の黄埔税関は26日、同税関が越境EC(電子商取引)ルートで「Murata」のロゴマークが記された集積回路(IC)約100万点を発見・押収したことを明らかにした。これらは日本の村田製作所製の集積回路の模倣品で、約10万8千元(1元=約16円)分に相当した。(広州=新華社記者/壮錦)=2019(令和元)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120200398

  • 2019年11月26日
    黄埔税関、知的財産権侵害の物品約190万点を押収広東省広州市

    26日、黄埔税関のが押収した「Murata」のロゴマークが記された模倣品。中国広東省広州市の黄埔税関は26日、同税関が越境EC(電子商取引)ルートで「Murata」のロゴマークが記された集積回路(IC)約100万点を発見・押収したことを明らかにした。これらは日本の村田製作所製の集積回路の模倣品で、約10万8千元(1元=約16円)分に相当した。(広州=新華社記者/壮錦)=2019(令和元)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120200347

  • 2019年11月26日
    黄埔税関、知的財産権侵害の物品約190万点を押収広東省広州市

    26日、査収した国際ブランドの模倣品を見せる黄埔税関の職員。中国広東省広州市の黄埔税関は26日、同税関が越境EC(電子商取引)ルートで「Murata」のロゴマークが記された集積回路(IC)約100万点を発見・押収したことを明らかにした。これらは日本の村田製作所製の集積回路の模倣品で、約10万8千元(1元=約16円)分に相当した。(広州=新華社記者/壮錦)=2019(令和元)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120200328

  • 00:29.38
    2021年06月10日
    「新華社」深圳で中日企業のマッチング交流会、日本から40社超が参加

    中国広東省深圳市商務局は9日、日本の中日友好団体、日中経済協会と中日企業のマッチング交流会を共同で開いた。日本からは40を超える企業や団体の代表約80人がオンラインで参加。深圳の会場には、フレキシブルディスプレーメーカーの深圳市柔宇科技(ロヨル)や遺伝子解析大手の深圳華大基因(BGIジェノミクス)、医療機器メーカーの深圳邁瑞生物医療電子など十数社が集まった。同局の張非夢(ちょう・ひむ)局長はあいさつで、日本は先進的な製造業やバイオメディカル、新素材、新エネルギーなどで特有の強みがある一方、深圳は産業の発展を支援するシステムが整っていることから、日本企業と互いの優位性を補い、情報共有やウィンウィンの協力が実現できるとの考えを示した。交流会では、市関連部門が日本企業の質問に詳しく答えた。日本からは総合化学大手の旭化成と住友化学、投資ファンド運営のMonozukuriVentures(モノヅクリベンチャーズ)、ソフトウエア開発のビーマップ、医療機器製造のメロディ・インターナショナルなどが自社の最新技術や製品を紹介したほか、中国企業との協力によるビジネスチャンスを掘り起こすため、同市の各業界を代表する企業と意見交換した。深圳は長年にわたり、日本と緊密な経済・貿易関係を築いてきた。新型コロナウイルス感染拡大という逆境の中、昨年の貿易総額は前年比4・9%増の217億ドル(1ドル=約110円)。うち輸出は7・9%増の79億8千万ドル、輸入は3・1%増の137億2千万ドルだった。深圳企業による対日投資も盛んで、昨年末までに日本で計71社・団体を新規設立。累計投資額は契約ベースで2億1600万ドル、実行ベースで4322万6300ドルに上った。一方、深圳進出の日本企業は昨年末時点で千社近くに上り、実行ベースの外資導入額は37億ドルを超えた。村田製作所やオムロン、トヨタ自動車、ファナック、住友電気工業、富士電機など日本の多くの大手企業が進出し、着実な発展を遂げている。 =配信日: 2021(令和3)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061014115

  • 2020年10月06日
    大阪産業技術研究所が開発したリチウムイオン電池用固体電解質シート

    大阪産業技術研究所(ORIST)は、厚みが30マイクロメートル(マイクロは100万分の1)以下と薄膜ながら強度を備えた自立型のリチウムイオン電池用固体電解質シートを開発した。量産技術もめどをつけた。従来の固体電解質に比べ厚みが10分の1以下で、電気抵抗が小さいのが特徴。電極とともに積み重ねられ、大容量、高出力の全固体電池の実用化へ応用が期待される。全固体電池は電気自動車(EV)やIoT(モノのインターネット)機器への搭載に向け電極の開発が進む一方、正・負極間の電解質の厚みが大容量化の課題となっている。同研究所は、微細な貫通孔を持つ樹脂フィルムに電解質粉末を充填することで、強度を保ちつつ電解質の薄膜化に成功。電気抵抗を抑えられるほか、高度な充放電特性を備えることも確認された。今後、リチウムイオン電池材料評価研究センター(リブテック、大阪府池田市)が開発を進める電極と共に性能検証を進める。同シートはベースとなる樹脂フィルムに、感光材料を利用しパターンを生成するリソグラフィ技術で微細な孔を開け、硫化物系の固体電解質粉末を充填させ、加熱・加圧処理を施して作製する。同研究所は8センチメートル角のシート作製に成功したが、製造装置次第で大面積化できるという。全固体電池は実用化へ向け開発が加速。国内では村田製作所が2020年度下期中に酸化物系全固体電池の量産を開始し、トヨタ自動車が京都大学とフッ化物イオン電池の開発に乗り出している。大阪産業技術研究所は従来着目されてこなかった電解層の薄膜化により、全固体電池の大型化へ道を開いた。同シートは新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が支援する「先進・革新蓄電池材料評価技術開発」第2期事業の一環で開発した。=2020(令和2)年10月6日、撮影場所不明、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020102403159

  • 1