KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 中国浙江省
  • 浙江省杭州市
  • ドローン
  • 小型無人機
  • 無形文化遺産
  • マージャン
  • 互助グループ
  • 他人同士
  • 余杭区塘
  • 余杭区瓶

「杭州市余杭区」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
109
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
109
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 01:15.57
    2021年03月04日
    「新華社」絶滅危惧種「中華ミズニラ」の群生地、浙江省杭州市で発見

    中国固有で絶滅危惧種の水生シダ植物、「中華ミズニラ」(学名:IsoetessinensisPalmer)は、数億年前に出現した「生きた化石」で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで絶滅寸前(CR)に指定される遺存植物。専門家がこのほど、浙江省杭州市余杭区径山鎮の長楽営林場で中華ミズニラの大規模な群生地を発見した。同営林場でこれまでに見つかった中華ミズニラ群生地の総面積は300平方メートル超に上り、個体数は2万株余り。全国で発見されている群生地と比較して、面積や個体数、密度はいずれも非常に珍しい規模となる。(記者/鄭夢雨) =配信日: 2021(令和3)年3月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:16.09
    2021年01月31日
    「新華社」高齢者がバスの下敷きに、市民が車持ち上げ救出浙江省杭州市

    中国浙江省杭州市余杭区で29日、交差点を曲がろうとした路線バスが横断歩道を歩いていた70代の男性と接触し、男性がバスの車輪の下敷きになる事故があった。現場では事故を目撃した他の車の運転手や宅配配達員、買い物に来ていた女性らがバスに駆け寄り、力を合わせて車体を持ち上げ、男性を救出した。男性はその後、救急車で病院に搬送されたが、命に別条はないという。事故原因の調査は現在も進められている。(記者/馬剣) =配信日: 2021(令和3)年1月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月07日
    立冬の定期市に伝統グルメの香り漂う浙江省杭州市

    7日、定期市で地元の冬の風物詩「羊肉の醤油煮」を作る料理人。立冬を迎えた7日、中国浙江省杭州市余杭区運河街道で古くから続く定期市「五杭集鎮」で、運河魚羊美食フェアが開かれた。地元グルメがふるまわれ、伝統の民俗ショーも行われた。五杭集鎮は800年以上の歴史を持つ。(杭州=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月07日
    立冬の定期市に伝統グルメの香り漂う浙江省杭州市

    7日、定期市の屋台で作られた地元の冬の風物詩「羊肉の醤油煮」。立冬を迎えた7日、中国浙江省杭州市余杭区運河街道で古くから続く定期市「五杭集鎮」で、運河魚羊美食フェアが開かれた。地元グルメがふるまわれ、伝統の民俗ショーも行われた。五杭集鎮は800年以上の歴史を持つ。(杭州=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月07日
    立冬の定期市に伝統グルメの香り漂う浙江省杭州市

    7日、運河魚羊美食フェアの屋台に並ぶ地元グルメ。立冬を迎えた7日、中国浙江省杭州市余杭区運河街道で古くから続く定期市「五杭集鎮」で、運河魚羊美食フェアが開かれた。地元グルメがふるまわれ、伝統の民俗ショーも行われた。五杭集鎮は800年以上の歴史を持つ。(杭州=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月07日
    立冬の定期市に伝統グルメの香り漂う浙江省杭州市

    7日、運河魚羊美食フェアのグルメ交流展で、出品料理を採点する審査員。立冬を迎えた7日、中国浙江省杭州市余杭区運河街道で古くから続く定期市「五杭集鎮」で、運河魚羊美食フェアが開かれた。地元グルメがふるまわれ、伝統の民俗ショーも行われた。五杭集鎮は800年以上の歴史を持つ。(杭州=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月07日
    立冬の定期市に伝統グルメの香り漂う浙江省杭州市

    7日、運河魚羊美食フェアのグルメ交流展で、出品料理を採点する審査員。立冬を迎えた7日、中国浙江省杭州市余杭区運河街道で古くから続く定期市「五杭集鎮」で、運河魚羊美食フェアが開かれた。地元グルメがふるまわれ、伝統の民俗ショーも行われた。五杭集鎮は800年以上の歴史を持つ。(杭州=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月07日
    立冬の定期市に伝統グルメの香り漂う浙江省杭州市

    7日、定期市で地元の冬の風物詩「羊肉の醤油煮」を作る料理人。立冬を迎えた7日、中国浙江省杭州市余杭区運河街道で古くから続く定期市「五杭集鎮」で、運河魚羊美食フェアが開かれた。地元グルメがふるまわれ、伝統の民俗ショーも行われた。五杭集鎮は800年以上の歴史を持つ。(杭州=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月07日
    立冬の定期市に伝統グルメの香り漂う浙江省杭州市

    7日、運河魚羊美食フェアの開幕式で披露された竜舞と獅子舞。立冬を迎えた7日、中国浙江省杭州市余杭区運河街道で古くから続く定期市「五杭集鎮」で、運河魚羊美食フェアが開かれた。地元グルメがふるまわれ、伝統の民俗ショーも行われた。五杭集鎮は800年以上の歴史を持つ。(杭州=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月07日
    立冬の定期市に伝統グルメの香り漂う浙江省杭州市

    7日、運河定期市で披露された竜舞と獅子舞。立冬を迎えた7日、中国浙江省杭州市余杭区運河街道で古くから続く定期市「五杭集鎮」で、運河魚羊美食フェアが開かれた。地元グルメがふるまわれ、伝統の民俗ショーも行われた。五杭集鎮は800年以上の歴史を持つ。(杭州=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月07日
    立冬の定期市に伝統グルメの香り漂う浙江省杭州市

    7日、運河定期市で行われた民俗パレード。立冬を迎えた7日、中国浙江省杭州市余杭区運河街道で古くから続く定期市「五杭集鎮」で、運河魚羊美食フェアが開かれた。地元グルメがふるまわれ、伝統の民俗ショーも行われた。五杭集鎮は800年以上の歴史を持つ。(杭州=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月07日
    立冬の定期市に伝統グルメの香り漂う浙江省杭州市

    7日、定期市で地元の冬の風物詩「羊肉の醤油煮」を器に盛る料理人。立冬を迎えた7日、中国浙江省杭州市余杭区運河街道で古くから続く定期市「五杭集鎮」で、運河魚羊美食フェアが開かれた。地元グルメがふるまわれ、伝統の民俗ショーも行われた。五杭集鎮は800年以上の歴史を持つ。(杭州=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月28日
    杭州アジア大会に向けた送電線移転工事、最終段階へ

    28日、杭州市余杭区に新設された鉄塔の上で進む高所作業。(小型無人機から)中国浙江省杭州市で2022年に開催される第19回アジア競技大会に向け移転工事が行われている500キロボルトの送電線「窯杭線」は28日、最後の導線の圧着架線が完了した。停電を伴う工事は間もなく終わり、プロジェクトは最終段階に入る。(杭州=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年8月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月28日
    杭州アジア大会に向けた送電線移転工事、最終段階へ

    28日、杭州市余杭区に新設された鉄塔の上で付属品の設置と調整を行う作業員。(小型無人機から)中国浙江省杭州市で2022年に開催される第19回アジア競技大会に向け移転工事が行われている500キロボルトの送電線「窯杭線」は28日、最後の導線の圧着架線が完了した。停電を伴う工事は間もなく終わり、プロジェクトは最終段階に入る。(杭州=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年8月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月28日
    杭州アジア大会に向けた送電線移転工事、最終段階へ

    28日、杭州市余杭区に新設された鉄塔の上で付属品の設置と調整を行う作業員。(小型無人機から)中国浙江省杭州市で2022年に開催される第19回アジア競技大会に向け移転工事が行われている500キロボルトの送電線「窯杭線」は28日、最後の導線の圧着架線が完了した。停電を伴う工事は間もなく終わり、プロジェクトは最終段階に入る。(杭州=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年8月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月28日
    杭州アジア大会に向けた送電線移転工事、最終段階へ

    28日、杭州市余杭区に新設された鉄塔の上で付属品の設置と調整を行う作業員。(小型無人機から)中国浙江省杭州市で2022年に開催される第19回アジア競技大会に向け移転工事が行われている500キロボルトの送電線「窯杭線」は28日、最後の導線の圧着架線が完了した。停電を伴う工事は間もなく終わり、プロジェクトは最終段階に入る。(杭州=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年8月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月28日
    杭州アジア大会に向けた送電線移転工事、最終段階へ

    28日、杭州市余杭区に新設された鉄塔の上で付属品の設置と調整を行う作業員。(小型無人機から)中国浙江省杭州市で2022年に開催される第19回アジア競技大会に向け移転工事が行われている500キロボルトの送電線「窯杭線」は28日、最後の導線の圧着架線が完了した。停電を伴う工事は間もなく終わり、プロジェクトは最終段階に入る。(杭州=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年8月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月28日
    杭州アジア大会に向けた送電線移転工事、最終段階へ

    28日、杭州市余杭区に新設された鉄塔の上で付属品の設置と調整を行う作業員。(小型無人機から)中国浙江省杭州市で2022年に開催される第19回アジア競技大会に向け移転工事が行われている500キロボルトの送電線「窯杭線」は28日、最後の導線の圧着架線が完了した。停電を伴う工事は間もなく終わり、プロジェクトは最終段階に入る。(杭州=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年8月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月28日
    杭州アジア大会に向けた送電線移転工事、最終段階へ

    28日、杭州市余杭区に新設された鉄塔の上で進む高所作業。(小型無人機から)中国浙江省杭州市で2022年に開催される第19回アジア競技大会に向け移転工事が行われている500キロボルトの送電線「窯杭線」は28日、最後の導線の圧着架線が完了した。停電を伴う工事は間もなく終わり、プロジェクトは最終段階に入る。(杭州=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年8月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月28日
    杭州アジア大会に向けた送電線移転工事、最終段階へ

    28日、杭州市余杭区に新設された鉄塔の下で高所作業を補助する作業員。中国浙江省杭州市で2022年に開催される第19回アジア競技大会に向け移転工事が行われている500キロボルトの送電線「窯杭線」は28日、最後の導線の圧着架線が完了した。停電を伴う工事は間もなく終わり、プロジェクトは最終段階に入る。(杭州=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年8月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月14日
    「新華社」夜のイベントで地域経済を活性化浙江省杭州市

    14日、杭州市余杭区塘棲鎮でライブ演奏を行うミュージシャン。中国浙江省杭州市余杭区塘棲鎮では今月中旬以降、毎週火曜日から土曜日の夜にさまざまなイベントが開催され、人々の余暇を豊かにするとともに地域経済を活性化させている。(杭州=新華社記者/徐昱)<映像内容>、撮影日:2020(令和2)年8月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月14日
    夜のイベントで地域経済を活性化、浙江省杭州市

    14日、杭州市余杭区塘棲鎮の夜景。(小型無人機から)中国浙江省杭州市余杭区塘棲鎮では今月中旬以降、毎週火曜日から土曜日の夜にさまざまなイベントが開催され、人々の余暇を豊かにするとともに地域経済を活性化させている。(杭州=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年8月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月14日
    夜のイベントで地域経済を活性化、浙江省杭州市

    14日、杭州市余杭区塘棲鎮イベント会場に集まった人々。(小型無人機から)中国浙江省杭州市余杭区塘棲鎮では今月中旬以降、毎週火曜日から土曜日の夜にさまざまなイベントが開催され、人々の余暇を豊かにするとともに地域経済を活性化させている。(杭州=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年8月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月14日
    夜のイベントで地域経済を活性化、浙江省杭州市

    14日、杭州市余杭区塘棲鎮の丁山湖の夜景。(小型無人機から)中国浙江省杭州市余杭区塘棲鎮では今月中旬以降、毎週火曜日から土曜日の夜にさまざまなイベントが開催され、人々の余暇を豊かにするとともに地域経済を活性化させている。(杭州=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年8月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月14日
    夜のイベントで地域経済を活性化、浙江省杭州市

    14日、杭州市余杭区塘棲鎮の丁山湖畔に設置されたステージ。(小型無人機から)中国浙江省杭州市余杭区塘棲鎮では今月中旬以降、毎週火曜日から土曜日の夜にさまざまなイベントが開催され、人々の余暇を豊かにするとともに地域経済を活性化させている。(杭州=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年8月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月14日
    夜のイベントで地域経済を活性化、浙江省杭州市

    14日、杭州市余杭区塘棲鎮でパフォーマンスを鑑賞する人々。中国浙江省杭州市余杭区塘棲鎮では今月中旬以降、毎週火曜日から土曜日の夜にさまざまなイベントが開催され、人々の余暇を豊かにするとともに地域経済を活性化させている。(杭州=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年8月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月23日
    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市

    23日、径山茶の作法を実演する茶芸師の周穎さん。中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月23日
    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市

    23日、茶の表面にできた泡に文字を書く茶芸師の周穎さん。中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月23日
    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市

    23日、改修中の径山寺の曲橋。中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月23日
    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市

    23日、径山茶の作法を実演する茶芸師の周穎さん。中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月23日
    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市

    23日、径山茶の作法を実演する茶芸師の周穎さん。中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月23日
    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市

    23日、改修中の径山寺の山門。中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月23日
    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市

    23日、杭州市余杭区径山鎮に広がる茶畑。(小型無人機から)中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月23日
    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市

    23日、改修中の径山寺。(小型無人機から)中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月23日
    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市

    23日、径山茶の作法を実演する茶芸師の周穎さん。中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月23日
    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市

    23日、径山茶を入れる際に必要な道具を紹介する茶芸師の周穎さん。中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月23日
    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市

    23日、改修中の径山寺。(小型無人機から)中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月23日
    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市

    23日、自身の茶園を紹介する周方林(しゅう・ほうりん)さん。周さんは省級無形文化遺産に指定されている径山茶の釜炒り技術の伝承者。中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月23日
    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市

    23日、改修中の径山寺。中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月23日
    800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市

    23日、径山寺で写真を撮る観光客。中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:11.75
    2020年06月23日
    「新華社」800年続くお茶を通した中日文化交流浙江省杭州市

    中国浙江省杭州市余杭区にある径山(きんざん)万寿禅寺の麓で23日、茶芸師の周穎(しゅう・えい)さんが「点茶」と呼ばれる古くから伝わるお茶の作法を観光客に披露した。茶を粉末状にひいて茶盞(ちゃさん)に入れ、少量の熱湯を注いで粉末をペースト状に混ぜ、さらに数回熱湯を加えながら、表面に細かい白い泡ができるまで茶をたて続ける、というのが作法の一連の流れとなっている。径山茶は茶葉が細く縮れた毛峰茶の一種で、その名は唐代に僧侶が径山寺の周囲に茶樹を植えたことに由来する。同寺で唐代に始まった茶会「径山茶宴」は南宋時代に日本に伝わり、現在日本で広く行われている「茶道」と深いつながりを持つと言われている。その中で育まれた中日の文化・友好交流は800年以上続いている。径山寺の定賢(ていけん)法師によると、同寺は中日の仏教および文化交流の歴史において重要な地位を占めており、日本の仏教宗派の一つ臨済宗は、同寺を祖庭としている。また、多くの学者や関係者が日本の茶道の起源は「径山茶宴」にあると考えている。定賢法師は「日本の僧侶や観光客が毎年、径山寺を訪れ、仏法や茶道などについて交流している。径山寺と径山茶は中日友好交流の長い歴史の証人となっている」と語った。(記者/商意盈、許舜達、翁忻暘)<映像内容>点茶と呼ばれるお茶の作法、杭州市の街並みなど風景、撮影日:2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月06日
    浙江省杭州市、無形文化遺産博物館が一般公開

    6日、浙江省杭州市の瓶窯老街にある無形文化遺産博物館の養蚕文化をテーマにした展示館で見学する観光客。中国浙江省杭州市余杭区の瓶窯(へいよう)老街で6日、無形文化遺産をテーマにした博物館群が一般公開された。(杭州=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月06日
    浙江省杭州市、無形文化遺産博物館が一般公開

    6日、浙江省杭州市の瓶窯老街にある「瓶窯陶芸館」で展示された陶磁器。中国浙江省杭州市余杭区の瓶窯(へいよう)老街で6日、無形文化遺産をテーマにした博物館群が一般公開された。(杭州=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月06日
    浙江省杭州市、無形文化遺産博物館が一般公開

    6日、浙江省杭州市の瓶窯老街にある「瓶窯陶芸館」を見学する観光客。中国浙江省杭州市余杭区の瓶窯(へいよう)老街で6日、無形文化遺産をテーマにした博物館群が一般公開された。(杭州=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月06日
    浙江省杭州市、無形文化遺産博物館が一般公開

    6日、浙江省杭州市の瓶窯老街にある無形文化遺産博物館群を見学する人々。中国浙江省杭州市余杭区の瓶窯(へいよう)老街で6日、無形文化遺産をテーマにした博物館群が一般公開された。(杭州=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月06日
    浙江省杭州市、無形文化遺産博物館が一般公開

    6日、浙江省杭州市の瓶窯老街にある「余杭紙傘館」で、油紙を使った伝統的な傘を作るスタッフ。中国浙江省杭州市余杭区の瓶窯(へいよう)老街で6日、無形文化遺産をテーマにした博物館群が一般公開された。(杭州=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月06日
    浙江省杭州市、無形文化遺産博物館が一般公開

    6日、浙江省杭州市の瓶窯老街にある無形文化遺産博物館の凧とランタンをテーマにした展示館で見学する人々。中国浙江省杭州市余杭区の瓶窯(へいよう)老街で6日、無形文化遺産をテーマにした博物館群が一般公開された。(杭州=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月06日
    浙江省杭州市、無形文化遺産博物館が一般公開

    6日、浙江省杭州市の瓶窯老街にある無形文化遺産博物館の凧とランタンをテーマにした展示館で見学する人々。中国浙江省杭州市余杭区の瓶窯(へいよう)老街で6日、無形文化遺産をテーマにした博物館群が一般公開された。(杭州=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月06日
    浙江省杭州市、無形文化遺産博物館が一般公開

    6日、浙江省杭州市の瓶窯老街にある無形文化遺産博物館群。(小型無人機から)中国浙江省杭州市余杭区の瓶窯(へいよう)老街で6日、無形文化遺産をテーマにした博物館群が一般公開された。(杭州=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月06日
    浙江省杭州市、無形文化遺産博物館が一般公開

    6日、浙江省杭州市の瓶窯老街にある「瓶窯陶芸館」で陶芸を体験する人々。中国浙江省杭州市余杭区の瓶窯(へいよう)老街で6日、無形文化遺産をテーマにした博物館群が一般公開された。(杭州=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月06日
    浙江省杭州市、無形文化遺産博物館が一般公開

    6日、浙江省杭州市の瓶窯老街にある「余杭紙傘館」で、油紙を使った伝統的な傘を作るスタッフ。中国浙江省杭州市余杭区の瓶窯(へいよう)老街で6日、無形文化遺産をテーマにした博物館群が一般公開された。(杭州=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月06日
    浙江省杭州市、無形文化遺産博物館が一般公開

    6日、浙江省杭州市の瓶窯老街にある「良渚玉彫館」で翡翠の彫刻について学ぶ子どもたち。中国浙江省杭州市余杭区の瓶窯(へいよう)老街で6日、無形文化遺産をテーマにした博物館群が一般公開された。(杭州=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月06日
    浙江省杭州市、無形文化遺産博物館が一般公開

    6日、浙江省杭州市の瓶窯老街にある無形文化遺産博物館の凧とランタンをテーマにした展示館で見学する人々。中国浙江省杭州市余杭区の瓶窯(へいよう)老街で6日、無形文化遺産をテーマにした博物館群が一般公開された。(杭州=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月06日
    浙江省杭州市、無形文化遺産博物館が一般公開

    6日、浙江省杭州市の瓶窯老街にある無形文化遺産博物館の養蚕文化をテーマにした展示館で見学する観光客。中国浙江省杭州市余杭区の瓶窯(へいよう)老街で6日、無形文化遺産をテーマにした博物館群が一般公開された。(杭州=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月06日
    浙江省杭州市、無形文化遺産博物館が一般公開

    6日、浙江省杭州市の瓶窯老街にある無形文化遺産博物館群。(小型無人機から)中国浙江省杭州市余杭区の瓶窯(へいよう)老街で6日、無形文化遺産をテーマにした博物館群が一般公開された。(杭州=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月06日
    浙江省杭州市、無形文化遺産博物館が一般公開

    6日、浙江省杭州市の瓶窯老街にある「良渚玉彫館」で翡翠の彫刻技術を再現したジオラマを見学する人々。中国浙江省杭州市余杭区の瓶窯(へいよう)老街で6日、無形文化遺産をテーマにした博物館群が一般公開された。(杭州=新華社記者/徐昱)=2020(令和2)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:32.41
    2020年02月14日
    「新華社」2次元バーコードが通行証杭州市、新型肺炎予防で新施策

    中国浙江省杭州市余杭区でこのほど、新型コロナウイルスによる肺炎の感染リスクを低減させる新たな取り組みが始まった。同区星橋街道湯家社区(コミュニティー)のマンション「錦繍公寓」では、社区のゲート係員が外出から戻った張雪梅(ちょう・せつばい)さんの体温を測り、「釘釘(DingTalk)」と呼ばれるSNSアプリで彼女のスマートフォン上の2次元バーコードを読み取り個人照合する。十数秒で確認は終わり、ゲートの通過が許可される。帰省先などから最近市内に戻った同市の居住者と就業者は、各区のオンライン行政窓口などを通じて個人情報や健康情報を登録することができる。登録が済めば、居住区や勤務先のゲートをバーコードスキャンと体温測定のみで通過できる。この方式であれば、ゲートでの出入場証発行手続きなどが省略でき、多くの人が手続きに列を作ることもないので、感染リスクを軽減できるという。(記者/呉帥帥)<映像内容>新型肺炎予防に2次元バーコード活用、体温測定、アプリで個人照合する様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:32.90
    2019年09月23日
    「新華社」稲香千年豊収節が開幕浙江省杭州市余杭区良渚

    中国浙江省杭州市余杭(よこう)区良渚(りょうしょ)古城遺跡公園で23日、2019年「美しい農村豊収節(祭)」の一連の活動の初日テーマイベントとして、稲香千年豊収節が開催された。イベント会場では、良渚博物院の専門家による、5千年前の炭化もみの発掘にまつわる物語の紹介や、米塑(米粉をこねて人形などを作る民間工芸)の無形文化遺産継承者による見事な作品づくりの実演が行われたほか、無人機(ドローン)編隊のパフォーマンスによって農業の先端テクノロジーが示された。会場では、良渚文明の聖地見学ができ、また市も開かれ、市民や観光客に千年にわたる稲作都市の独特の魅力を間近で体験する機会を提供した。(記者/李濤)<映像内容>稲香千年豊収節開催の様子、撮影日:2019(令和元)年9月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年07月02日
    素朴な水郷風情漂う町、新市古鎮を訪ねて浙江省徳清県

    2日、新市古鎮の一角にたたずむ舟形の三角の建物。中国浙江省湖州市徳清県の新市古鎮(古い町並み)は、省内最大の平原「杭嘉湖(こうかこ)平原」の中心部に位置する。桐郷市、杭州市余杭区、湖州市と境を接しており、北京と杭州を結ぶ京杭(けいこう)大運河の河畔にある。江南水郷の古鎮群の中では、比較的保存状態が良く、独特の風習と民情を残す代表的な古鎮の一つであり、徳清県の経済と文化を担う重要な町でもある。新市古鎮は水から生まれ、水によって発展してきた。船が重要な交通手段だった時代には、地域の物資集散の拠点として多くの人口を抱え、各地から商人が集まり大いに栄えた。(徳清=新華社記者/蘭紅光)=2019(令和元)年7月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年07月02日
    素朴な水郷風情漂う町、新市古鎮を訪ねて浙江省徳清県

    2日、新市古鎮で見つけた小吃(シャオチー、軽食や簡単な料理)店の看板。中国浙江省湖州市徳清県の新市古鎮(古い町並み)は、省内最大の平原「杭嘉湖(こうかこ)平原」の中心部に位置する。桐郷市、杭州市余杭区、湖州市と境を接しており、北京と杭州を結ぶ京杭(けいこう)大運河の河畔にある。江南水郷の古鎮群の中では、比較的保存状態が良く、独特の風習と民情を残す代表的な古鎮の一つであり、徳清県の経済と文化を担う重要な町でもある。新市古鎮は水から生まれ、水によって発展してきた。船が重要な交通手段だった時代には、地域の物資集散の拠点として多くの人口を抱え、各地から商人が集まり大いに栄えた。(徳清=新華社記者/蘭紅光)=2019(令和元)年7月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年07月02日
    素朴な水郷風情漂う町、新市古鎮を訪ねて浙江省徳清県

    2日、水路が町を縦横に走る新市古鎮の一角。中国浙江省湖州市徳清県の新市古鎮(古い町並み)は、省内最大の平原「杭嘉湖(こうかこ)平原」の中心部に位置する。桐郷市、杭州市余杭区、湖州市と境を接しており、北京と杭州を結ぶ京杭(けいこう)大運河の河畔にある。江南水郷の古鎮群の中では、比較的保存状態が良く、独特の風習と民情を残す代表的な古鎮の一つであり、徳清県の経済と文化を担う重要な町でもある。新市古鎮は水から生まれ、水によって発展してきた。船が重要な交通手段だった時代には、地域の物資集散の拠点として多くの人口を抱え、各地から商人が集まり大いに栄えた。(徳清=新華社記者/蘭紅光)=2019(令和元)年7月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年07月02日
    素朴な水郷風情漂う町、新市古鎮を訪ねて浙江省徳清県

    2日、新市古鎮の水路沿いに軒を連ねる店。中国浙江省湖州市徳清県の新市古鎮(古い町並み)は、省内最大の平原「杭嘉湖(こうかこ)平原」の中心部に位置する。桐郷市、杭州市余杭区、湖州市と境を接しており、北京と杭州を結ぶ京杭(けいこう)大運河の河畔にある。江南水郷の古鎮群の中では、比較的保存状態が良く、独特の風習と民情を残す代表的な古鎮の一つであり、徳清県の経済と文化を担う重要な町でもある。新市古鎮は水から生まれ、水によって発展してきた。船が重要な交通手段だった時代には、地域の物資集散の拠点として多くの人口を抱え、各地から商人が集まり大いに栄えた。(徳清=新華社記者/蘭紅光)=2019(令和元)年7月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年07月02日
    素朴な水郷風情漂う町、新市古鎮を訪ねて浙江省徳清県

    2日、川べりのベンチに座ってくつろぐ3人家族。中国浙江省湖州市徳清県の新市古鎮(古い町並み)は、省内最大の平原「杭嘉湖(こうかこ)平原」の中心部に位置する。桐郷市、杭州市余杭区、湖州市と境を接しており、北京と杭州を結ぶ京杭(けいこう)大運河の河畔にある。江南水郷の古鎮群の中では、比較的保存状態が良く、独特の風習と民情を残す代表的な古鎮の一つであり、徳清県の経済と文化を担う重要な町でもある。新市古鎮は水から生まれ、水によって発展してきた。船が重要な交通手段だった時代には、地域の物資集散の拠点として多くの人口を抱え、各地から商人が集まり大いに栄えた。(徳清=新華社記者/蘭紅光)=2019(令和元)年7月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年07月02日
    素朴な水郷風情漂う町、新市古鎮を訪ねて浙江省徳清県

    2日、著名な作家、茅盾(ぼう・じゅん、1896~1981)の叔母の家があった西河口56号。中国浙江省湖州市徳清県の新市古鎮(古い町並み)は、省内最大の平原「杭嘉湖(こうかこ)平原」の中心部に位置する。桐郷市、杭州市余杭区、湖州市と境を接しており、北京と杭州を結ぶ京杭(けいこう)大運河の河畔にある。江南水郷の古鎮群の中では、比較的保存状態が良く、独特の風習と民情を残す代表的な古鎮の一つであり、徳清県の経済と文化を担う重要な町でもある。新市古鎮は水から生まれ、水によって発展してきた。船が重要な交通手段だった時代には、地域の物資集散の拠点として多くの人口を抱え、各地から商人が集まり大いに栄えた。(徳清=新華社記者/蘭紅光)=2019(令和元)年7月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年07月02日
    素朴な水郷風情漂う町、新市古鎮を訪ねて浙江省徳清県

    2日、水路が町を縦横に走る新市古鎮の一角。中国浙江省湖州市徳清県の新市古鎮(古い町並み)は、省内最大の平原「杭嘉湖(こうかこ)平原」の中心部に位置する。桐郷市、杭州市余杭区、湖州市と境を接しており、北京と杭州を結ぶ京杭(けいこう)大運河の河畔にある。江南水郷の古鎮群の中では、比較的保存状態が良く、独特の風習と民情を残す代表的な古鎮の一つであり、徳清県の経済と文化を担う重要な町でもある。新市古鎮は水から生まれ、水によって発展してきた。船が重要な交通手段だった時代には、地域の物資集散の拠点として多くの人口を抱え、各地から商人が集まり大いに栄えた。(徳清=新華社記者/蘭紅光)=2019(令和元)年7月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年07月02日
    素朴な水郷風情漂う町、新市古鎮を訪ねて浙江省徳清県

    2日、船上で地元の人たちと談笑する年配の船頭。中国浙江省湖州市徳清県の新市古鎮(古い町並み)は、省内最大の平原「杭嘉湖(こうかこ)平原」の中心部に位置する。桐郷市、杭州市余杭区、湖州市と境を接しており、北京と杭州を結ぶ京杭(けいこう)大運河の河畔にある。江南水郷の古鎮群の中では、比較的保存状態が良く、独特の風習と民情を残す代表的な古鎮の一つであり、徳清県の経済と文化を担う重要な町でもある。新市古鎮は水から生まれ、水によって発展してきた。船が重要な交通手段だった時代には、地域の物資集散の拠点として多くの人口を抱え、各地から商人が集まり大いに栄えた。(徳清=新華社記者/蘭紅光)=2019(令和元)年7月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年07月02日
    素朴な水郷風情漂う町、新市古鎮を訪ねて浙江省徳清県

    2日に撮影した広福橋。古鎮は河水系により18のブロックに分けられ、さまざまな古い橋が古鎮を一つにつないでいる。清代には72基の橋があったが、現在保存されているのは11基で、その多くは宋代より前に建てられたものだという。中国浙江省湖州市徳清県の新市古鎮(古い町並み)は、省内最大の平原「杭嘉湖(こうかこ)平原」の中心部に位置する。桐郷市、杭州市余杭区、湖州市と境を接しており、北京と杭州を結ぶ京杭(けいこう)大運河の河畔にある。江南水郷の古鎮群の中では、比較的保存状態が良く、独特の風習と民情を残す代表的な古鎮の一つであり、徳清県の経済と文化を担う重要な町でもある。新市古鎮は水から生まれ、水によって発展してきた。船が重要な交通手段だった時代には、地域の物資集散の拠点として多くの人口を抱え、各地から商人が集まり大いに栄えた。(徳清=新華社記者/蘭紅光)=2019(令和元)年7月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年07月02日
    素朴な水郷風情漂う町、新市古鎮を訪ねて浙江省徳清県

    2日、新市古鎮を流れる水路を進む清掃船。中国浙江省湖州市徳清県の新市古鎮(古い町並み)は、省内最大の平原「杭嘉湖(こうかこ)平原」の中心部に位置する。桐郷市、杭州市余杭区、湖州市と境を接しており、北京と杭州を結ぶ京杭(けいこう)大運河の河畔にある。江南水郷の古鎮群の中では、比較的保存状態が良く、独特の風習と民情を残す代表的な古鎮の一つであり、徳清県の経済と文化を担う重要な町でもある。新市古鎮は水から生まれ、水によって発展してきた。船が重要な交通手段だった時代には、地域の物資集散の拠点として多くの人口を抱え、各地から商人が集まり大いに栄えた。(徳清=新華社記者/蘭紅光)=2019(令和元)年7月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年07月02日
    素朴な水郷風情漂う町、新市古鎮を訪ねて浙江省徳清県

    2日、新市古鎮を流れる水路を進む船。中国浙江省湖州市徳清県の新市古鎮(古い町並み)は、省内最大の平原「杭嘉湖(こうかこ)平原」の中心部に位置する。桐郷市、杭州市余杭区、湖州市と境を接しており、北京と杭州を結ぶ京杭(けいこう)大運河の河畔にある。江南水郷の古鎮群の中では、比較的保存状態が良く、独特の風習と民情を残す代表的な古鎮の一つであり、徳清県の経済と文化を担う重要な町でもある。新市古鎮は水から生まれ、水によって発展してきた。船が重要な交通手段だった時代には、地域の物資集散の拠点として多くの人口を抱え、各地から商人が集まり大いに栄えた。(徳清=新華社記者/蘭紅光)=2019(令和元)年7月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年07月02日
    素朴な水郷風情漂う町、新市古鎮を訪ねて浙江省徳清県

    2日、著名な作家、茅盾(ぼう・じゅん、1896~1981)の小説に基づいて制作された映画「林商店」のロケ地。中国浙江省湖州市徳清県の新市古鎮(古い町並み)は、省内最大の平原「杭嘉湖(こうかこ)平原」の中心部に位置する。桐郷市、杭州市余杭区、湖州市と境を接しており、北京と杭州を結ぶ京杭(けいこう)大運河の河畔にある。江南水郷の古鎮群の中では、比較的保存状態が良く、独特の風習と民情を残す代表的な古鎮の一つであり、徳清県の経済と文化を担う重要な町でもある。新市古鎮は水から生まれ、水によって発展してきた。船が重要な交通手段だった時代には、地域の物資集散の拠点として多くの人口を抱え、各地から商人が集まり大いに栄えた。(徳清=新華社記者/蘭紅光)=2019(令和元)年7月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年07月02日
    素朴な水郷風情漂う町、新市古鎮を訪ねて浙江省徳清県

    2日、著名な作家、茅盾(ぼう・じゅん、1896~1981)の小説に基づいて制作された映画「林商店」のロケ地。中国浙江省湖州市徳清県の新市古鎮(古い町並み)は、省内最大の平原「杭嘉湖(こうかこ)平原」の中心部に位置する。桐郷市、杭州市余杭区、湖州市と境を接しており、北京と杭州を結ぶ京杭(けいこう)大運河の河畔にある。江南水郷の古鎮群の中では、比較的保存状態が良く、独特の風習と民情を残す代表的な古鎮の一つであり、徳清県の経済と文化を担う重要な町でもある。新市古鎮は水から生まれ、水によって発展してきた。船が重要な交通手段だった時代には、地域の物資集散の拠点として多くの人口を抱え、各地から商人が集まり大いに栄えた。(徳清=新華社記者/蘭紅光)=2019(令和元)年7月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年07月02日
    素朴な水郷風情漂う町、新市古鎮を訪ねて浙江省徳清県

    2日、著名な作家、茅盾(ぼう・じゅん、1896~1981)の小説に基づいて制作された映画「林商店」のロケ地。中国浙江省湖州市徳清県の新市古鎮(古い町並み)は、省内最大の平原「杭嘉湖(こうかこ)平原」の中心部に位置する。桐郷市、杭州市余杭区、湖州市と境を接しており、北京と杭州を結ぶ京杭(けいこう)大運河の河畔にある。江南水郷の古鎮群の中では、比較的保存状態が良く、独特の風習と民情を残す代表的な古鎮の一つであり、徳清県の経済と文化を担う重要な町でもある。新市古鎮は水から生まれ、水によって発展してきた。船が重要な交通手段だった時代には、地域の物資集散の拠点として多くの人口を抱え、各地から商人が集まり大いに栄えた。(徳清=新華社記者/蘭紅光)=2019(令和元)年7月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年07月02日
    素朴な水郷風情漂う町、新市古鎮を訪ねて浙江省徳清県

    2日、新市古鎮を流れる水路を進む船。中国浙江省湖州市徳清県の新市古鎮(古い町並み)は、省内最大の平原「杭嘉湖(こうかこ)平原」の中心部に位置する。桐郷市、杭州市余杭区、湖州市と境を接しており、北京と杭州を結ぶ京杭(けいこう)大運河の河畔にある。江南水郷の古鎮群の中では、比較的保存状態が良く、独特の風習と民情を残す代表的な古鎮の一つであり、徳清県の経済と文化を担う重要な町でもある。新市古鎮は水から生まれ、水によって発展してきた。船が重要な交通手段だった時代には、地域の物資集散の拠点として多くの人口を抱え、各地から商人が集まり大いに栄えた。(徳清=新華社記者/蘭紅光)=2019(令和元)年7月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:28.31
    2019年05月23日
    「新華社」「昆虫農場」で食品廃棄物処理杭州市

    中国浙江省杭州市余杭区崇賢街道に、珍しい「昆虫農場」があり、年間3400トン余りの食品廃棄物を昆虫が食べ、周辺18万人による食品ロス処理難を解消できる。この昆虫はアメリカミズアブの幼虫。農場経営者で、浙江大学環境・資源学院の張志剣(ちょう・しけん)副教授は、養殖槽の丸くて白い小さな虫を両手ですくった。「これらは廃棄物を処理してくれる功労者」と述べた。初春になり、アメリカミズアブの卵がかえり、12~14日間でさなぎになる。2週間足らずで、幼虫の重さは2千倍以上増える。この2千倍以上の増加は食品廃棄物を食べたことによるものだ。1キロのアメリカミズアブの幼虫では4キロの食品廃棄物の処理が可能だ。廃棄物の一括減量化は80%以上にのぼる。幼虫と排泄物は環境にやさしい有機肥料に加工して市場で販売できる。張副教授によると、アメリカミズアブの成虫はハエと幾分似ているが、動くことが好きではなく、あまり食べず、寿命が2週間ぐらいで、病原微生物は寄せ付けない。張副教授は浙江大と崇賢街道から支援を受け、2016年に昆虫農場を立ち上げた。3年後、敷地が数ムー(15ムー=1ヘクタール)のこの小さな農場は1日12トン前後の食品廃棄物を処理できるようになり、ほぼ崇賢街道の18万人の食品ロス問題を解決した。昆虫農場は2018年、乾燥アメリカミズアブと有機肥料の売上高が100万元(1元=約17円)に達した。昆虫農場は、食品廃棄物の資源化処理問題を解決するだけでなく、人気の環境保護教育実践基地にもなった。参観者は小学生から大学生まで、年間300人を超える。「見学を終え、昆虫農場を出た子供たちが小さいころからゴミ分別、環境保護の意識を確立することを期待する」と、張副教授は述べた。(記者/朱涵、顧小立、宋立峰)<映像内容>昆虫によって食品廃棄物を処理する施設の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年05月16日
    「昆虫農場」で食品廃棄物処理年間数千トン杭州市

    アメリカミズアブの幼虫。中国浙江省杭州市余杭区崇賢街道に、珍しい「昆虫農場」がある。年間3400トン余りの食品廃棄物を昆虫が食べ、周辺18万人による食品ロス・廃棄問題を解決する施設だ。この昆虫はアメリカミズアブの幼虫。農場経営者で、浙江大学環境・資源学院の張志剣(ちょう・しけん)副教授は、養殖槽の丸くて白い小さな虫を両手ですくい、「これらは廃棄物を処理してくれる功労者」と語った。(杭州=新華社記者/顧小立)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年05月16日
    「昆虫農場」で食品廃棄物処理年間数千トン杭州市

    「昆虫農場」の経営者で、浙江大学環境・資源学院の張志剣副教授と農場の管理者。中国浙江省杭州市余杭区崇賢街道に、珍しい「昆虫農場」がある。年間3400トン余りの食品廃棄物を昆虫が食べ、周辺18万人による食品ロス・廃棄問題を解決する施設だ。この昆虫はアメリカミズアブの幼虫。農場経営者で、浙江大学環境・資源学院の張志剣(ちょう・しけん)副教授は、養殖槽の丸くて白い小さな虫を両手ですくい、「これらは廃棄物を処理してくれる功労者」と語った。(杭州=新華社記者/顧小立)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年05月16日
    「昆虫農場」で食品廃棄物処理年間数千トン杭州市

    「昆虫農場」の経営者で、浙江大学環境・資源学院の張志剣副教授。中国浙江省杭州市余杭区崇賢街道に、珍しい「昆虫農場」がある。年間3400トン余りの食品廃棄物を昆虫が食べ、周辺18万人による食品ロス・廃棄問題を解決する施設だ。この昆虫はアメリカミズアブの幼虫。農場経営者で、浙江大学環境・資源学院の張志剣(ちょう・しけん)副教授は、養殖槽の丸くて白い小さな虫を両手ですくい、「これらは廃棄物を処理してくれる功労者」と語った。(杭州=新華社記者/顧小立)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年05月16日
    「昆虫農場」で食品廃棄物処理年間数千トン杭州市

    「昆虫農場」の外観。中国浙江省杭州市余杭区崇賢街道に、珍しい「昆虫農場」がある。年間3400トン余りの食品廃棄物を昆虫が食べ、周辺18万人による食品ロス・廃棄問題を解決する施設だ。この昆虫はアメリカミズアブの幼虫。農場経営者で、浙江大学環境・資源学院の張志剣(ちょう・しけん)副教授は、養殖槽の丸くて白い小さな虫を両手ですくい、「これらは廃棄物を処理してくれる功労者」と語った。(杭州=新華社記者/顧小立)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:57.39
    2019年04月11日
    「新華社」中国の高齢者が「互助グループ」を結成老後の孤独を解消

    中国浙江省杭州市余杭区瓶窯(へいよう)鎮港東村で暮らす十数人の高齢者グループは毎日、行動を共にしている。街を歩いたり、買い物をしたり、ダンスをしたり、マージャンをしたりと、まるで長年の友人のように打ち解けている。だが実は、彼らはほんの1年前まで見ず知らずの他人同士だった。「私たち数人の老人で『互助グループ』を立ち上げた」。「互助グループ」の発起人である朱栄林(しゅ・えいりん)さんはこう述べた。グループの目的は非常に単純で、名誉や利益のためではなく、ただ老後を仲間と楽しく過ごし、何かあった時は互いに助け合える関係を作るためだった。このような「養老」(高齢者の世話や介護)スタイルが中国の高齢者の間で広まりつつある。データによると、人口の高齢化は中国の現段階、あるいは21世紀の重要な国内事情の一つとなっている。「高齢者の健康青書:中国高齢者の健康に関する研究報告(2018)」によると、2018年末時点で、中国の満60歳以上の高齢者は2億4900万人に上り、総人口の17・9%を占めた。21世紀半ばには、満60歳以上の高齢者は5億人に迫り、総人口の35%前後を占めると予測されている。(記者/殷暁聖)<映像内容>中国の高齢者グループの共同生活の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年03月29日
    中国の高齢者が「互助グループ」を結成浙江省杭州市

    来週の外出について相談する「互助グループ」の高齢者ら。(3月29日撮影)中国浙江省杭州市余杭区瓶窯(へいよう)鎮港東村で暮らす十数人の高齢者グループは毎日、行動を共にしている。街を歩いたり、買い物をしたり、ダンスをしたり、マージャンをしたりと、まるで長年の友人のように打ち解けている。だが実は、彼らはほんの1年前まで見ず知らずの他人同士だった。「私たち数人の老人で『互助グループ』を立ち上げた」。「互助グループ」の発起人である朱栄林(しゅ・えいりん)さんはこう述べた。グループの目的は非常に単純で、名誉や利益のためではなく、ただ老後を仲間と楽しく過ごし、何かあった時は互いに助け合える関係を作るためだった。このような「養老」(高齢者の世話や介護)スタイルが中国の高齢者の間で広まりつつある。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2019(平成31)年3月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年03月29日
    中国の高齢者が「互助グループ」を結成浙江省杭州市

    町で開幕した桃の花祭りで花見をする「互助グループ」の高齢者ら。(3月29日撮影)中国浙江省杭州市余杭区瓶窯(へいよう)鎮港東村で暮らす十数人の高齢者グループは毎日、行動を共にしている。街を歩いたり、買い物をしたり、ダンスをしたり、マージャンをしたりと、まるで長年の友人のように打ち解けている。だが実は、彼らはほんの1年前まで見ず知らずの他人同士だった。「私たち数人の老人で『互助グループ』を立ち上げた」。「互助グループ」の発起人である朱栄林(しゅ・えいりん)さんはこう述べた。グループの目的は非常に単純で、名誉や利益のためではなく、ただ老後を仲間と楽しく過ごし、何かあった時は互いに助け合える関係を作るためだった。このような「養老」(高齢者の世話や介護)スタイルが中国の高齢者の間で広まりつつある。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2019(平成31)年3月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年03月29日
    中国の高齢者が「互助グループ」を結成浙江省杭州市

    町で開幕した桃の花祭りで花見をする「互助グループ」の高齢者ら。(3月29日撮影)中国浙江省杭州市余杭区瓶窯(へいよう)鎮港東村で暮らす十数人の高齢者グループは毎日、行動を共にしている。街を歩いたり、買い物をしたり、ダンスをしたり、マージャンをしたりと、まるで長年の友人のように打ち解けている。だが実は、彼らはほんの1年前まで見ず知らずの他人同士だった。「私たち数人の老人で『互助グループ』を立ち上げた」。「互助グループ」の発起人である朱栄林(しゅ・えいりん)さんはこう述べた。グループの目的は非常に単純で、名誉や利益のためではなく、ただ老後を仲間と楽しく過ごし、何かあった時は互いに助け合える関係を作るためだった。このような「養老」(高齢者の世話や介護)スタイルが中国の高齢者の間で広まりつつある。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2019(平成31)年3月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年03月29日
    中国の高齢者が「互助グループ」を結成浙江省杭州市

    スマートフォンで株式相場をチェックする80歳の朱栄林さん(左)と71歳の王荷花(おう・かか)さん。(3月29日撮影)中国浙江省杭州市余杭区瓶窯(へいよう)鎮港東村で暮らす十数人の高齢者グループは毎日、行動を共にしている。街を歩いたり、買い物をしたり、ダンスをしたり、マージャンをしたりと、まるで長年の友人のように打ち解けている。だが実は、彼らはほんの1年前まで見ず知らずの他人同士だった。「私たち数人の老人で『互助グループ』を立ち上げた」。「互助グループ」の発起人である朱栄林(しゅ・えいりん)さんはこう述べた。グループの目的は非常に単純で、名誉や利益のためではなく、ただ老後を仲間と楽しく過ごし、何かあった時は互いに助け合える関係を作るためだった。このような「養老」(高齢者の世話や介護)スタイルが中国の高齢者の間で広まりつつある。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2019(平成31)年3月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年03月29日
    中国の高齢者が「互助グループ」を結成浙江省杭州市

    居間で踊る「互助グループ」の高齢者ら。(3月29日撮影)中国浙江省杭州市余杭区瓶窯(へいよう)鎮港東村で暮らす十数人の高齢者グループは毎日、行動を共にしている。街を歩いたり、買い物をしたり、ダンスをしたり、マージャンをしたりと、まるで長年の友人のように打ち解けている。だが実は、彼らはほんの1年前まで見ず知らずの他人同士だった。「私たち数人の老人で『互助グループ』を立ち上げた」。「互助グループ」の発起人である朱栄林(しゅ・えいりん)さんはこう述べた。グループの目的は非常に単純で、名誉や利益のためではなく、ただ老後を仲間と楽しく過ごし、何かあった時は互いに助け合える関係を作るためだった。このような「養老」(高齢者の世話や介護)スタイルが中国の高齢者の間で広まりつつある。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2019(平成31)年3月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年03月29日
    中国の高齢者が「互助グループ」を結成浙江省杭州市

    台所で水仕事をしている58歳の陳姮(ちん・こう)さん(手前)と71歳の王荷花(おう・かか)さん。(3月29日撮影)中国浙江省杭州市余杭区瓶窯(へいよう)鎮港東村で暮らす十数人の高齢者グループは毎日、行動を共にしている。街を歩いたり、買い物をしたり、ダンスをしたり、マージャンをしたりと、まるで長年の友人のように打ち解けている。だが実は、彼らはほんの1年前まで見ず知らずの他人同士だった。「私たち数人の老人で『互助グループ』を立ち上げた」。「互助グループ」の発起人である朱栄林(しゅ・えいりん)さんはこう述べた。グループの目的は非常に単純で、名誉や利益のためではなく、ただ老後を仲間と楽しく過ごし、何かあった時は互いに助け合える関係を作るためだった。このような「養老」(高齢者の世話や介護)スタイルが中国の高齢者の間で広まりつつある。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2019(平成31)年3月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年03月29日
    中国の高齢者が「互助グループ」を結成浙江省杭州市

    庭で犬に餌を与える76歳の王嘉宝(おう・かほう)さん。(3月29日撮影)中国浙江省杭州市余杭区瓶窯(へいよう)鎮港東村で暮らす十数人の高齢者グループは毎日、行動を共にしている。街を歩いたり、買い物をしたり、ダンスをしたり、マージャンをしたりと、まるで長年の友人のように打ち解けている。だが実は、彼らはほんの1年前まで見ず知らずの他人同士だった。「私たち数人の老人で『互助グループ』を立ち上げた」。「互助グループ」の発起人である朱栄林(しゅ・えいりん)さんはこう述べた。グループの目的は非常に単純で、名誉や利益のためではなく、ただ老後を仲間と楽しく過ごし、何かあった時は互いに助け合える関係を作るためだった。このような「養老」(高齢者の世話や介護)スタイルが中国の高齢者の間で広まりつつある。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2019(平成31)年3月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年03月29日
    中国の高齢者が「互助グループ」を結成浙江省杭州市

    明日入居する老人の荷物を部屋に運ぶ80歳の朱栄林さん(左)と76歳の王嘉宝(おう・かほう)さん。(3月29日撮影)中国浙江省杭州市余杭区瓶窯(へいよう)鎮港東村で暮らす十数人の高齢者グループは毎日、行動を共にしている。街を歩いたり、買い物をしたり、ダンスをしたり、マージャンをしたりと、まるで長年の友人のように打ち解けている。だが実は、彼らはほんの1年前まで見ず知らずの他人同士だった。「私たち数人の老人で『互助グループ』を立ち上げた」。「互助グループ」の発起人である朱栄林(しゅ・えいりん)さんはこう述べた。グループの目的は非常に単純で、名誉や利益のためではなく、ただ老後を仲間と楽しく過ごし、何かあった時は互いに助け合える関係を作るためだった。このような「養老」(高齢者の世話や介護)スタイルが中国の高齢者の間で広まりつつある。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2019(平成31)年3月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年03月25日
    中国の高齢者が「互助グループ」を結成浙江省杭州市

    庭でニラを刈り、昼食の準備をする71歳の王荷花(おう・かか)さん。(3月25日撮影)中国浙江省杭州市余杭区瓶窯(へいよう)鎮港東村で暮らす十数人の高齢者グループは毎日、行動を共にしている。街を歩いたり、買い物をしたり、ダンスをしたり、マージャンをしたりと、まるで長年の友人のように打ち解けている。だが実は、彼らはほんの1年前まで見ず知らずの他人同士だった。「私たち数人の老人で『互助グループ』を立ち上げた」。「互助グループ」の発起人である朱栄林(しゅ・えいりん)さんはこう述べた。グループの目的は非常に単純で、名誉や利益のためではなく、ただ老後を仲間と楽しく過ごし、何かあった時は互いに助け合える関係を作るためだった。このような「養老」(高齢者の世話や介護)スタイルが中国の高齢者の間で広まりつつある。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2019(平成31)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年03月25日
    中国の高齢者が「互助グループ」を結成浙江省杭州市

    インターネットで将棋をしている80歳の朱栄林さんをマージャンに誘う58歳の陳姮(ちん・こう)さん。(3月25日撮影)中国浙江省杭州市余杭区瓶窯(へいよう)鎮港東村で暮らす十数人の高齢者グループは毎日、行動を共にしている。街を歩いたり、買い物をしたり、ダンスをしたり、マージャンをしたりと、まるで長年の友人のように打ち解けている。だが実は、彼らはほんの1年前まで見ず知らずの他人同士だった。「私たち数人の老人で『互助グループ』を立ち上げた」。「互助グループ」の発起人である朱栄林(しゅ・えいりん)さんはこう述べた。グループの目的は非常に単純で、名誉や利益のためではなく、ただ老後を仲間と楽しく過ごし、何かあった時は互いに助け合える関係を作るためだった。このような「養老」(高齢者の世話や介護)スタイルが中国の高齢者の間で広まりつつある。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2019(平成31)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年03月25日
    中国の高齢者が「互助グループ」を結成浙江省杭州市

    カレンダーの裏に「互助グループ」日記を書く68歳の蒋一純(しょう・いちじゅん)さん。これまで200枚近くを記録した。(3月25日撮影)中国浙江省杭州市余杭区瓶窯(へいよう)鎮港東村で暮らす十数人の高齢者グループは毎日、行動を共にしている。街を歩いたり、買い物をしたり、ダンスをしたり、マージャンをしたりと、まるで長年の友人のように打ち解けている。だが実は、彼らはほんの1年前まで見ず知らずの他人同士だった。「私たち数人の老人で『互助グループ』を立ち上げた」。「互助グループ」の発起人である朱栄林(しゅ・えいりん)さんはこう述べた。グループの目的は非常に単純で、名誉や利益のためではなく、ただ老後を仲間と楽しく過ごし、何かあった時は互いに助け合える関係を作るためだった。このような「養老」(高齢者の世話や介護)スタイルが中国の高齢者の間で広まりつつある。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2019(平成31)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年03月25日
    中国の高齢者が「互助グループ」を結成浙江省杭州市

    マージャンをしている「互助グループ」の高齢者ら。(3月25日撮影)中国浙江省杭州市余杭区瓶窯(へいよう)鎮港東村で暮らす十数人の高齢者グループは毎日、行動を共にしている。街を歩いたり、買い物をしたり、ダンスをしたり、マージャンをしたりと、まるで長年の友人のように打ち解けている。だが実は、彼らはほんの1年前まで見ず知らずの他人同士だった。「私たち数人の老人で『互助グループ』を立ち上げた」。「互助グループ」の発起人である朱栄林(しゅ・えいりん)さんはこう述べた。グループの目的は非常に単純で、名誉や利益のためではなく、ただ老後を仲間と楽しく過ごし、何かあった時は互いに助け合える関係を作るためだった。このような「養老」(高齢者の世話や介護)スタイルが中国の高齢者の間で広まりつつある。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2019(平成31)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年03月25日
    中国の高齢者が「互助グループ」を結成浙江省杭州市

    鶏舎で鶏に餌をやる75歳の王桂芬(おう・けいふん)さん。(3月25日撮影)中国浙江省杭州市余杭区瓶窯(へいよう)鎮港東村で暮らす十数人の高齢者グループは毎日、行動を共にしている。街を歩いたり、買い物をしたり、ダンスをしたり、マージャンをしたりと、まるで長年の友人のように打ち解けている。だが実は、彼らはほんの1年前まで見ず知らずの他人同士だった。「私たち数人の老人で『互助グループ』を立ち上げた」。「互助グループ」の発起人である朱栄林(しゅ・えいりん)さんはこう述べた。グループの目的は非常に単純で、名誉や利益のためではなく、ただ老後を仲間と楽しく過ごし、何かあった時は互いに助け合える関係を作るためだった。このような「養老」(高齢者の世話や介護)スタイルが中国の高齢者の間で広まりつつある。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2019(平成31)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年03月25日
    中国の高齢者が「互助グループ」を結成浙江省杭州市

    庭で記念撮影をする「互助グループ」の高齢者ら。(3月25日撮影)中国浙江省杭州市余杭区瓶窯(へいよう)鎮港東村で暮らす十数人の高齢者グループは毎日、行動を共にしている。街を歩いたり、買い物をしたり、ダンスをしたり、マージャンをしたりと、まるで長年の友人のように打ち解けている。だが実は、彼らはほんの1年前まで見ず知らずの他人同士だった。「私たち数人の老人で『互助グループ』を立ち上げた」。「互助グループ」の発起人である朱栄林(しゅ・えいりん)さんはこう述べた。グループの目的は非常に単純で、名誉や利益のためではなく、ただ老後を仲間と楽しく過ごし、何かあった時は互いに助け合える関係を作るためだった。このような「養老」(高齢者の世話や介護)スタイルが中国の高齢者の間で広まりつつある。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2019(平成31)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年03月25日
    中国の高齢者が「互助グループ」を結成浙江省杭州市

    鶏舎で卵を拾う75歳の王桂芬(おう・けいふん)さん。(3月25日撮影)中国浙江省杭州市余杭区瓶窯(へいよう)鎮港東村で暮らす十数人の高齢者グループは毎日、行動を共にしている。街を歩いたり、買い物をしたり、ダンスをしたり、マージャンをしたりと、まるで長年の友人のように打ち解けている。だが実は、彼らはほんの1年前まで見ず知らずの他人同士だった。「私たち数人の老人で『互助グループ』を立ち上げた」。「互助グループ」の発起人である朱栄林(しゅ・えいりん)さんはこう述べた。グループの目的は非常に単純で、名誉や利益のためではなく、ただ老後を仲間と楽しく過ごし、何かあった時は互いに助け合える関係を作るためだった。このような「養老」(高齢者の世話や介護)スタイルが中国の高齢者の間で広まりつつある。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2019(平成31)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年01月23日
    川辺で伝統演劇、新年迎える古鎮の伝統浙江省河西埭村

    23日、伝統演劇を楽しむ河西埭村の人々。(小型無人機から)春節(旧正月)を間近に控え、中国浙江省杭州市余杭区塘棲鎮の河西埭村では伝統の民俗で新年を迎えるイベントを行った。川のほとりに舞台を建て、伝統越劇(えつげき、中国の地方演劇)の代表的な演目「梁山伯と祝英台(りょうざんぱくとしゅくえいだい)」などを上演し、水郷の古鎮の新年を迎える伝統的民俗を再現した。(杭州=新華社記者/徐昱)=2019(平成31)年1月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年01月23日
    川辺で伝統演劇、新年迎える古鎮の伝統浙江省河西埭村

    23日、伝統演劇を楽しむ河西埭村の人々。(小型無人機から)春節(旧正月)を間近に控え、中国浙江省杭州市余杭区塘棲鎮の河西埭村では伝統の民俗で新年を迎えるイベントを行った。川のほとりに舞台を建て、伝統越劇(えつげき、中国の地方演劇)の代表的な演目「梁山伯と祝英台(りょうざんぱくとしゅくえいだい)」などを上演し、水郷の古鎮の新年を迎える伝統的民俗を再現した。(杭州=新華社記者/徐昱)=2019(平成31)年1月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年01月23日
    川辺で伝統演劇、新年迎える古鎮の伝統浙江省河西埭村

    23日、漁船で伝統演劇の会場に向かう河西埭村の人々。(小型無人機から)春節(旧正月)を間近に控え、中国浙江省杭州市余杭区塘棲鎮の河西埭村では伝統の民俗で新年を迎えるイベントを行った。川のほとりに舞台を建て、伝統越劇(えつげき、中国の地方演劇)の代表的な演目「梁山伯と祝英台(りょうざんぱくとしゅくえいだい)」などを上演し、水郷の古鎮の新年を迎える伝統的民俗を再現した。(杭州=新華社記者/徐昱)=2019(平成31)年1月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年01月23日
    川辺で伝統演劇、新年迎える古鎮の伝統浙江省河西埭村

    23日、漁船で伝統演劇の会場に向かう河西埭村の人々。(小型無人機から)春節(旧正月)を間近に控え、中国浙江省杭州市余杭区塘棲鎮の河西埭村では伝統の民俗で新年を迎えるイベントを行った。川のほとりに舞台を建て、伝統越劇(えつげき、中国の地方演劇)の代表的な演目「梁山伯と祝英台(りょうざんぱくとしゅくえいだい)」などを上演し、水郷の古鎮の新年を迎える伝統的民俗を再現した。(杭州=新華社記者/徐昱)=2019(平成31)年1月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年01月23日
    川辺で伝統演劇、新年迎える古鎮の伝統浙江省河西埭村

    23日、漁船で伝統演劇の会場に向かう河西埭村の人々。春節(旧正月)を間近に控え、中国浙江省杭州市余杭区塘棲鎮の河西埭村では伝統の民俗で新年を迎えるイベントを行った。川のほとりに舞台を建て、伝統越劇(えつげき、中国の地方演劇)の代表的な演目「梁山伯と祝英台(りょうざんぱくとしゅくえいだい)」などを上演し、水郷の古鎮の新年を迎える伝統的民俗を再現した。(杭州=新華社記者/徐昱)=2019(平成31)年1月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年01月23日
    川辺で伝統演劇、新年迎える古鎮の伝統浙江省河西埭村

    23日、漁船で伝統演劇を楽しむ河西埭村の人々。春節(旧正月)を間近に控え、中国浙江省杭州市余杭区塘棲鎮の河西埭村では伝統の民俗で新年を迎えるイベントを行った。川のほとりに舞台を建て、伝統越劇(えつげき、中国の地方演劇)の代表的な演目「梁山伯と祝英台(りょうざんぱくとしゅくえいだい)」などを上演し、水郷の古鎮の新年を迎える伝統的民俗を再現した。(杭州=新華社記者/徐昱)=2019(平成31)年1月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2