KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 増加
  • 景観
  • しん
  • 令和
  • 収入
  • 園芸
  • 意味
  • 李粛
  • 範囲
  • 自治県

「東坑鎮」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
7
( 1 7 件を表示)
  • 1
7
( 1 7 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2018年07月31日
    治砂進み生気あふれる姿に陝西省楡林市のムウス砂漠

    7月31日、陝西省楡林市靖辺県東坑鎮新建村の緑に囲まれた農家。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区のオルドス市南部から陝西省北部の楡林市一帯にかけて広がる総面積約4万2200平方キロのムウス砂漠は、中国四大砂漠の一つであり、北京や天津地域に降る砂ぼこりの主要発生源でもある。三北(東北・西北・華北)防護林プロジェクト、全国的な退耕還林・還草(耕地を森林や草原に戻す)プロジェクトに加え、陝西省が取り組む自然林保護プロジェクトと全面的治砂活動により、ムウス砂漠では生態系環境が顕著に好転し、砂漠の南端にある陝西省楡林市も「沙進人退」(砂漠化による立ち退き)から「緑進沙退」(緑の増加による砂漠地域の減少)へと状況が転換している。ムウス砂漠を600キロ余り車で走破し、治砂活動の成果を取材した。(楡林=新華社記者/陶明)=2018(平成30)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080900498

  • 2019年05月31日
    多肉植物で潤うショオ族集落浙江省麗水市

    5月31日、東坑鎮深垟村の多肉植物基地で、多肉植物を手入れする村民。中国浙江省麗水市の景寧ショオ族自治県にある東坑鎮深垟(しんよう)村は、ほとんどの伝統的住宅が石造であることから、石造りの集落を意味する「石寨(せきさい)」と呼ばれる。地元ではここ数年、多肉植物栽培の普及促進が行われている。多肉植物は、石壁や住宅中庭など広い範囲で栽培されており、村の景観を美化すると同時に村民の収入も増加させている。(麗水=新華社配信/李粛人)=2019(令和元)年5月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019060301612

  • 2019年05月31日
    多肉植物で潤うショオ族集落浙江省麗水市

    5月31日、東坑鎮深垟村の石壁に生える多肉植物。中国浙江省麗水市の景寧ショオ族自治県にある東坑鎮深垟(しんよう)村は、ほとんどの伝統的住宅が石造であることから、石造りの集落を意味する「石寨(せきさい)」と呼ばれる。地元ではここ数年、多肉植物栽培の普及促進が行われている。多肉植物は、石壁や住宅中庭など広い範囲で栽培されており、村の景観を美化すると同時に村民の収入も増加させている。(麗水=新華社配信/李粛人)=2019(令和元)年5月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019060301464

  • 2019年05月31日
    多肉植物で潤うショオ族集落浙江省麗水市

    5月31日、自宅の多肉植物を手入れする東坑鎮深垟村民。中国浙江省麗水市の景寧ショオ族自治県にある東坑鎮深垟(しんよう)村は、ほとんどの伝統的住宅が石造であることから、石造りの集落を意味する「石寨(せきさい)」と呼ばれる。地元ではここ数年、多肉植物栽培の普及促進が行われている。多肉植物は、石壁や住宅中庭など広い範囲で栽培されており、村の景観を美化すると同時に村民の収入も増加させている。(麗水=新華社配信/李粛人)=2019(令和元)年5月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019060301639

  • 2019年05月31日
    多肉植物で潤うショオ族集落浙江省麗水市

    5月31日、東坑鎮深垟村の多肉植物基地。中国浙江省麗水市の景寧ショオ族自治県にある東坑鎮深垟(しんよう)村は、ほとんどの伝統的住宅が石造であることから、石造りの集落を意味する「石寨(せきさい)」と呼ばれる。地元ではここ数年、多肉植物栽培の普及促進が行われている。多肉植物は、石壁や住宅中庭など広い範囲で栽培されており、村の景観を美化すると同時に村民の収入も増加させている。(麗水=新華社配信/李粛人)=2019(令和元)年5月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019060301723

  • 2019年05月31日
    多肉植物で潤うショオ族集落浙江省麗水市

    5月31日、東坑鎮深垟村の村民が自宅で栽培する多肉植物。中国浙江省麗水市の景寧ショオ族自治県にある東坑鎮深垟(しんよう)村は、ほとんどの伝統的住宅が石造であることから、石造りの集落を意味する「石寨(せきさい)」と呼ばれる。地元ではここ数年、多肉植物栽培の普及促進が行われている。多肉植物は、石壁や住宅中庭など広い範囲で栽培されており、村の景観を美化すると同時に村民の収入も増加させている。(麗水=新華社配信/李粛人)=2019(令和元)年5月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019060301640

  • 2019年05月31日
    多肉植物で潤うショオ族集落浙江省麗水市

    5月31日、東坑鎮深垟村の多肉植物基地で、多肉植物を手入れする村民。中国浙江省麗水市の景寧ショオ族自治県にある東坑鎮深垟(しんよう)村は、ほとんどの伝統的住宅が石造であることから、石造りの集落を意味する「石寨(せきさい)」と呼ばれる。地元ではここ数年、多肉植物栽培の普及促進が行われている。多肉植物は、石壁や住宅中庭など広い範囲で栽培されており、村の景観を美化すると同時に村民の収入も増加させている。(麗水=新華社配信/李粛人)=2019(令和元)年5月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019060301677

  • 1